アウトドアシーンにおいて、本格的な“外メシ”を楽しむためにはバーベキューコンロやグリルがあると便利。炭などの燃料を用意する必要がありますが、1度に大量の料理を作れるので、特に大人数でキャンプをする際には重宝するアイテムです。

とはいえ、購入を検討している方にとっては、どの製品を選べばよいのか悩んでしまうもの。そこで今回はバーベキューコンロやグリルのおすすめモデルをご紹介します。さまざまなタイプの製品をピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

バーベキューコンロ・グリルの選び方

バーベキューコンロ・グリルのタイプをチェック

日帰りバーベキューなら「スタンダードタイプ」

By: amazon.co.jp

スタンダードタイプとは、長方形のコンロに脚がついたアイテム。高さを自由に調節できるモノや炭入れを外せるモノなど、使い勝手に配慮した製品が多いのが特徴です。

アウトドアシーンで使う際は座るテーブルから離れて設置できるのもポイント。なお、同タイプは脚がたためるモノが多いので、使用時のサイズはもちろん、持ち運ぶ時のサイズ感がどれくらいになるのかも確認しておきましょう。

少人数におすすめの「卓上タイプ」

By: amazon.co.jp

卓上タイプは、テーブルの上に設置して使用できるバーベキューコンロです。焼肉屋のようにみんなでコンロを囲めるのが特徴。また、他のタイプに比べて準備や後片付けが比較的簡単にできるのも魅力です。

コンパクトな製品が多く、燃料が少なく済むのもポイント。なお、アイテムによってはコンロの底に水を入れられるモノや焼き加減を調節できるモノもあるので、機能面は事前にチェックしておきましょう。

焚き火も楽しめる「焚き火台タイプ」

By: amazon.co.jp

焚き火台タイプは、その名の通り、本来は焚き火で使用するモノですが、網などを用意すれば調理にも対応することができます。

コンロとして使うには総じて高さが足りないので、立った状態で調理するには腰を屈めることになりますが、逆に言えばアウトドアチェアに座りながらでも調理することができます。

また、焚き火用に設計されているため耐熱性に優れており、丈夫なのもポイント。アウトドアシーンの調理で映えるダッチオーブンを使用する際にも本体の高さがない分持ち上げる必要がないので、おすすめです。

大勢でワイワイと焼くなら「パーティータイプ」

By: amazon.co.jp

パーティータイプとは、大きな肉をじっくりと焼き上げるなど本格的なアウトドア調理に対応できる大型のバーベキューコンロです。脚がしっかりしている据え置き型であれば、自宅の庭やベランダなどでも使えます。

ただし、十分な調理スペースを要するほか、本体の重量もあるため、収納性や携帯性を考えると他のタイプの方が便利です。使用頻度や用途をしっかり考えてから購入に踏み切りましょう。

バーベキューコンロ・グリルのサイズをチェック

By: amazon.co.jp

バーベキューコンロ・グリルのサイズは使う人数に合わせて選びましょう。闇雲に大きめのサイズを選ぶ方もいますが、大きなサイズは炭やガスなどの燃料もたくさん必要になるうえ、サイズが大きくなり重量も増してしまいます。

大人数の場合は大きなサイズをひとつ用意するよりも、コンパクトサイズのアイテムを複数使用したほうが便利な場合もあります。ぜひ製品の特性を吟味した上で選ぶようにしましょう。

1〜3人用

By: amazon.co.jp

焼き面の広さは30×20cmほどが最適。1〜3人用のモデルとしてソロキャンプ向けのコンパクトなタイプから、折りたたむとスーツケース型になるタイプなど多くのバーベキューコンロ・グリルがラインナップされています。

4〜5人用

By: amazon.co.jp

焼き面の広さは40×30cmほどが最適。卓上でも使えるコンパクトなモデルから脚つきスタンダードタイプなど選べるモデルが豊富です。家族連れのバーベキューにも適しています。

6〜8人用

By: amazon.co.jp

焼き面の広さが60×40cmほどの大きなモノが大人数グループにはおすすめ。脚付きのスタンダードタイプを中心にラインナップされています。

これ以上のサイズは主にイベント用や業務用に使われるビッグサイズがメイン。購入する際はアウトドア調理の経験や予算との兼ね合いなども考慮するようにしましょう。

バーベキューコンロ・グリルの素材をチェック

価格がお手頃な「スチール製」

By: amazon.co.jp

スチール製は価格がリーズナブルなので、初めてアウトドアシーンでバーベキューを楽しみたいと考えている方や使用頻度が低い方におすすめ。重量があるため持ち運びにはややストレスを感じる場合があるほか、錆びやすいので使用後の手入れにも注意が必要です。

お手入れ簡単な「ステンレス製」

By: amazon.co.jp

ステンレス製は、軽くてサビに強いためラクにお手入れできるのが特徴。ただし、価格は総じて高めです。キャンプ場などでバーベキューをやる機会が多い方にはステンレス製を選ぶのがおすすめです。

火元をチェック

ジューシーに焼ける「炭火式」

炭火は火起こしや炭の後片付けなどに手間がかかりますが、料理の味は遠赤外線効果と燻製効果により、ふっくらジューシーかつ香ばしく仕上げられます。

なお、炭にもいくつか種類があり、リーズナブルな価格の「黒炭」や火力が安定している白炭(備長炭)、火が長持ちするオガ炭(オガライト)などが代表的。総じてキャンプ場で直接購入するよりも事前に個人で用意したほうがお得なので、ぜひ検討してみましょう。

簡単にセッティングできる「ガス式」

By: amazon.co.jp

ガスはコンロをセットするだけなので簡単にバーベキューを始めることができ、火加減の調整が簡単。後片付けもラクなので、バーベキュー初心者の方におすすめです。なお、バーナー(コンロ)の数を確認しておくことも重要。用途や料理のメニュー、バーベキューを楽しむ人数に合わせて最適なアイテムを選びましょう。

バーベキューコンロ・グリルのおすすめ人気モデル

コールマン(Coleman)

「コールマン」はアメリカの総合アウトドアメーカー。あらゆるキャンプ道具をリリースしているほか、日本向けに設計、製造された製品も多いのも特徴です。

また、同メーカーのアイテムは高品質かつ便利な機能性を備えていることに加え、コスパも良好。アウトドア初心者からベテランキャンパーまで安心して使用できます。

コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダープロ 2000010395

コールマン(Coleman) コンロ クールスパイダープロ 2000010395

オールステンレス製のバーベキューコンロ。スタンダードタイプであり、焼き網の高さを4段階で調節できるのが特徴です。焼き加減を微調整しながら、肉が焦げ付いてしまうのを防げます。

また、炭床が引き出せる仕様なので、炭の処理や補充が簡単なのもポイント。網に触れることなく炭の補充ができ、安全に使用できます。

なお、ボディ全体がメッシュでできているため、空気が入り込みやすく炭の燃焼効率が高いのも魅力。デザイン性にも優れています。初心者でも美味しく食材を焼き上げられる、おすすめのバーベキューコンロです。

コールマン(Coleman) パーティーボールグリル 2000021948

コールマン(Coleman) パーティーボールグリル 2000021948

2~3人の小人数バーベキューにぴったりの球状グリルです。蓋付きなので、スモークウッドを使って美味しい燻製料理を楽しめます。また、コンパクトサイズで脚は折りたためるため、収納の際にスペースをとらないのもポイント。

ポップな色合いのツートンカラーでデザイン性にも優れているほか、価格帯もお手頃なので気軽に購入できます。スモーク料理を楽しみたい方にもおすすめ。おしゃれなバーベキューコンロを探している方も要チェックです。

コールマン(Coleman) ロードトリップグリル LXE-J2 2000017066

コールマン(Coleman) ロードトリップグリル LXE-J2 2000017066

5~6人の大人数で楽しめるガス仕様のバーベキューコンロです。バナーは2ヶ所あり、合わせて最高約5000kcalと高い火力で焼き上げられます。点火装置は電池式で、点火ボタンを押すだけで簡単に着火できるのも魅力です。

また、グリルの左右にはスライド式のテーブルが設置されているため、食材や調味料をテーブルに置いて楽々調理できるのもポイント。なお、グリルにはホーロー加工を施しているので、蓋を閉めることでオーブン調理も可能。調理器具を掛けられるホルダーや本体移動に便利なホイールも付属した、機能性の高いおすすめアイテムです。

コールマン(Coleman) ファイヤーディスク 2000031235

コールマン(Coleman) ファイヤーディスク 2000031235

初心者でも簡単に使用できる焚き火台タイプのバーベキューコンロ。3本の脚を伸ばすだけで簡単に設営できるほか、脚を折りたたむと厚さ約10cmとコンパクトになるため、収納性に優れているのが特徴です。

なお、バーベキュー用の焼き網が付属しているのに加え、30kgの重さまでカバーできるのもポイント。ダッチオーブンでの調理にも対応できます。なお、その際には別途のダッチオーブンスタンドを用意しましょう。

オールステンレス製で作りが丈夫なのも魅力。収納ケース付きでさまざまな場所へ持ち運べるおすすめのアイテムです。

ロゴス(LOGOS)

「ロゴス」は大阪に本社を置くアウトドアブランド。各製品は使いやすいさとリーズナブルな価格が魅力です。

“水辺5メートルから標高800メートルまで”をポリシーにしており、山岳道具からマリンスポーツに関わるアイテムまで、幅広く取り揃えているのが特徴。キャンプ用品はもちろんのこと、バーベキューにおいても便利なアイテムを数多くリリースしています。

ロゴス(LOGOS) the ピラミッドTAKIBI 81064162

ロゴス(LOGOS) the ピラミッドTAKIBI 81064162

灰の受け皿が付いた本格焚き火台タイプのバーベキューコンロ。通気性をよくして炭を燃やしやすくする火格子「ロストル」を採用しており、炭の燃焼効率が高いのが特徴です。

また、火床を台形デザインにすることで輻射熱が焼き網へと向かうため、少ない量の炭でも火力をしっかりと保ちながら調理できます。

なお、焼き網を乗せる五徳は耐荷重性能に優れているので、ダッチオーブンを直接置けるのも魅力。さらに、丸串と平串を差し込めるプレートも備わっているため、魚や野菜などの串焼き料理も楽しめます。専用バッグも付属し、コンパクトに収納できるのもおすすめポイントです。

ロゴス(LOGOS) ピラミッドグリル ステンレスグリル 81063112

ロゴス(LOGOS) ピラミッドグリル ステンレスグリル 81063112

約10秒で瞬時に組み立てられると謳うバーベキューコンロです。折りたたまれたパーツを開いて重ねるだけなので、アウトドア初心者でも安心して使用できます。また、組み立て時のサイズは19×19×15cmと省スペースであり、卓上でバーベキューを楽しめるのもポイント。

なお、専用の収納ポーチが付属しているため、持ち運びも簡単です。1~2人用の製品なので、ベランダでのお手軽バーベキューやツーリングなどにも最適。気軽にバーベキューを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

ロゴス(LOGOS) バーベキューコンロ エコセラテーブルチューブラルS 81063940

ロゴス(LOGOS) バーベキューコンロ エコセラテーブルチューブラルS 81063940

テーブル面に限りなく近い薄型設計の卓上バーベキューコンロです。高さがないため焼きながら食べやすいのに加え、収納や持ち運びも簡単。また、ネジ止めをしておらず火床が外せるので、掃除や組み立てもスムーズにできます。

なお、セラミックプレートを採用した遠赤外線効果により炭の量を半減できるほか、火床の加熱を抑えられるので火床が長持ちするのもポイント。食材がこんがり美味しく焼き上がる2~4人用のバーベキューコンロです。

ロゴス(LOGOS) the KAMADO コンプリート 81064156

ロゴス(LOGOS) the KAMADO コンプリート 81064156

400℃以上の高温調理が可能なバーベキューコンロです。独自のピラミッド10面体構造で対流熱を効率的に発生させることにより、ピザなどが焼けるのが特徴。また、鍋をセットすればスープやカレーなども作れます。

開口部には左右にスライドできる遮温カバーを設けることで熱を逃がさないほか、グリル内の様子を確認しながら調理を進められるのもポイント。さらに、35cmのローポジションと68cmのハイポジションの2段階に高さを調節できるので、使い勝手は良好です。パーツは折りたたみ式でコンパクトに収納することが可能。汎用性の高いおすすめアイテムです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

「キャプテンスタッグ」は調理器具や生活雑貨などを取り扱う「パール金属株式会社」のアウトドア部門として誕生。現在は独立しており、バーベキューコンロを中心に、多種多様なアウトドアアイテムをリリースしています。使いやすさと購入のしやすさをコンセプトとした製品を取り揃えているのが特徴です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー用コンロ ヘリオン M-6499

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー用コンロ ヘリオン M-6499

1~2人用のスチール製バーベキューコンロです。コンパクトサイズであるのに加え部品は折りたためるので、持ち運びやすく収納性に優れているのが特徴。また、焼き網の下と両サイドのスペースが広いため、炭を簡単に追加できるのもポイントです。

なお、網を外せば串を並べて串焼きも楽しめるので、本格的な炭火焼き鳥にも最適。リーズナブルな価格で購入できるのも魅力です。週末の手軽なバーベキューシーンに活躍するバーベキューコンロを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ヘキサステンレス ファイア グリル バッグ付 M-6500

バーベキュー用、焚き火用、ダッチオーブン用と1台で3役こなせるバーベキューコンロです。25cmのダッチオーブンがぴったり入るサイズであるのに加え、焼き網を取り外すことで焚き火台としても使用できます。

また、折りたたまれているスタンドと本体を広げてセットするだけで簡単に組み立てられるほか、薄型でコンパクトに収納できるのもポイントです。なお、ステンレス製なので錆びにくく、長く愛用できるのも魅力。汎用性の高いバーベキューコンロを探している方におすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 卓上カセットコンロ M-6303

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)  卓上カセットコンロ M-6303

ガスで簡単に着火できる、卓上タイプのバーベキューコンロです。トレイに水をはれるため余分な油は水に落ち、簡単に片づけられるのが特徴。なお、トレイや輻射板は取り外し可能なので、スムーズにお手入れできるのもポイントです。

また、安全装置が付いているので風通しのよい室内で使用できるのも魅力。串焼き台もセットで付属しているので、メインの調理器としてはもちろん、サブ用のバーベキューコンロを探している方にもおすすめです。

イワタニ(Iwatani)

「イワタニ」は大阪に本社を構える「岩谷産業株式会社」のブランド。カセットボンベのメーカーとして広く知られ、展開している家庭用品もガスを利用した製品が中心です。

同メーカーのバーベキューコンロは十分な火力をもちながら安全性にも配慮されており、安心して使えるのが特徴。また、コンパクトで携帯性に優れているのも魅力です。実用性の高いバーベキューコンロを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

イワタニ(Iwatani) テーブルトップ型BBQグリル フラットツイングリル CB-TBG-1

イワタニ(Iwatani) テーブルトップ型BBQグリル フラットツイングリル CB-TBG-1

カセットガスを燃料にした卓上バーベキューコンロです。炭の準備や火起こし不要ですぐに焼き始められるほか、後片付けも簡単なのが特徴。また、2箇所で焼ける2バーナーなので同時に異なる調理を楽しめます。

さらに、カセットボンベを誤装着した場合はガスが出ないのに加え、安全装置が付いているのもポイント。なお、サイズが大きいので持ち運びにはややストレスを感じますが、庭先や河原でバーベキューするには便利なアイテムです。

イワタニ(Iwatani) カセットフー 風まる ブローケース入り CB-KZ-1-A

イワタニ(Iwatani) カセットフー 風まる ブローケース入り CB-KZ-1-A

風が強いアウトドアシーンでも快適に使用できる卓上バーベキューコンロです。空気は通しながらも風を通さない「ダブル風防ユニット」を採用しているため、強風でも火加減が安定しているのが特徴です。

また、ガス圧の低下を防いで最後まで火力を維持する「ヒートパネル方式」によって、燃料を無駄にせず最後まで使いきれるのもポイント。なお、樹脂の間の空気層により衝撃から本体を守るプラスチック製ケースが付いてくるため、持ち運びも簡単です。非常時用としても使えるバーベキューコンロを求めている方は要チェックです。

イワタニ(Iwatani) カセットフー アウトドアこんろ タフまる CB-ODX-1

イワタニ(Iwatani) カセットフー アウトドアこんろ タフまる CB-ODX-1

耐荷重20kgで、ダッチオーブンも使用できる卓上タイプのバーベキューコンロ。「ダブル風防ユニット」を搭載しているほか、風に流されにくい「多孔式バーナー」を採用しているため、風が強い場所でも使えるのが特徴です。

また、別売りの「カセットフーアクセサリーシリーズ」を使えばタコ焼きや焼きそば、焼肉など多彩なメニューを楽しめます。専用ケース付きで携帯性も良好。鍋底24cmの大きな調理器具にも対応した、使い勝手のよいバーベキューコンロです。

ユニフレーム (UNIFLAME)

ユニフレームは「ユニークな炎(フレーム)を創造する」という理念の下、1985年に新潟県燕市で誕生したブランド。品質のよさとリーズナブルな価格帯が魅力で、さまざまなアウトドア製品をラインナップしています。

特にバーナーなどの火を扱うアイテムには定評があり、耐久性が高いのがポイント。なかでも焚き火台の「ファイアグリル」は同社を代表する製品です。ぜひチェックしておきましょう。

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル 683040

「ファイアグリル」は強度が高く、使い勝手が良好のバーベキューコンロ。本体の四隅にあえて隙間を設けることにより、空気を取り入れてグリルの熱変形を防いでくれます。また、約20kgの重さまで耐えられるのでダッチオーブンを使えるのも特徴です。

通気性をよくする火格子「ロストル」を採用しているため、火加減が安定しているのもポイント。グリル内の四隅に余分なスペースを確保できるので、炭の補充がしやすいのも魅力です。実用性に優れていながらもリーズナブルな価格で気軽に購入できるおすすめのアイテムです。

ユニフレーム(UNIFLAME) ユニセラ TG-3

ユニフレーム(UNIFLAME) ユニセラ TG-3

4~5人用の卓上バーベキューコンロ。工具を使わずに主壁部を2分割できるので、お手入れが簡単にできるのが特徴です。

また、本体底部はV字型になっているため、スムーズに火が起こせるポイント。さらに、グリル内側にはセラミックパネルを搭載しているので、遠赤外線の熱で食材がしっかり焼き上がるのも魅力です。

ユニフレーム(UNIFLAME) UFタフグリル SUS-450 665510

ユニフレーム(UNIFLAME) UFタフグリル SUS-450 665510

2層構造のステンレスを採用することで耐久性に優れているスタンダードタイプのバーベキューコンロです。本体の横揺れを最大限に抑えるオフセット設計を採用しているため、安全に使用できます。

燃焼効率が良好なのもポイント。なお、別売りの短い脚をセットすれば焚き火台としても使用できます。丈夫で長持ちするバーベキューコンロを探している方におすすめです。

ウェーバー(Weber)

「ウェーバー」は高品質なグリルをリリースするアメリカのブランド。食材のポテンシャルをうまく引き出せる製品や、暗闇でも使用できるハンドルライト付きのアイテムなど、ワンランク上のバーベキューグッズが揃っています。

また、同ブランドのバーベキューコンロはあらゆる気象条件のもとで検証を繰り返して製造されているため、悪天候に耐えられるのが魅力。世界中のキャンパーから愛され続けているおすすめのブランドです。

ウェーバー(Weber) Q1000ガスグリル 50060008

ウェーバー(Weber) Q1000ガスグリル 50060008

ガスを使用するバーベキューコンロながら、炭同様のクオリティの高い料理が楽しめるのが特徴。鋳鉄性の焼き網にメーカー独自の「フレーバライザーシステム」を採用することで、煙の少ないのもポイントです。

また、蓋は鋳造アルミニウム製なので雨風やサビに強いほか、厚みがあるのも注目点。熱や水分、香りを閉じ込めてさまざまな食材を美味しく調理できます。なお、アルミのトレイを搭載することでグリルから出る余分な脂や焦げはトレイに溜まるため、トレイを交換するだけで簡単に掃除ができるのも魅力。タイマーも付いているので、使い勝手良好のおすすめアイテムです。

ウェーバー(Weber) オリジナルケトルプレミアム 14401008

ウェーバー(Weber) オリジナルケトルプレミアム 14401008

10~12人で使用できる球状のバーベキューコンロ。大型でありながらキャスターが付いているので、楽に持ち運べるのが特徴です。

また、焼き網は耐熱性と熱保持力に優れているため、食材にしっかり焼き目を付けられるのもポイント。両端はヒンジ式なので網を持ち上げなくても炭の継ぎ足しができます。

なお、グリル内の酸素量を調整できるので、温度調節が可能なほか、温度計が付いているので調理コントロールもスムーズに対応可能。さらに、本体はホーロー加工を施しているため傷つきにくく、お手入れも簡単です。

ハーフェレ(HAFELE)

「ハーフェレ」とはドイツのブランド。家具金物や建築金物などを取り扱っており、日本を含む世界各国に営業拠点を設けているのが特徴。グローバルにユーザーのニーズを反映した製品をリリースしています。

ハーフェレ(HAFELE) ジャパン ロータスグリル 無煙炭火バーベキューコンロ G-OR-34N

ハーフェレ(HAFELE) ジャパン ロータスグリル 無煙炭火バーベキューコンロ G-OR-34N

煙が出にくいのが特徴のバーベキューコンロです。食材の脂が炭に付着するのを防ぐことで、煙を大幅に低減させてくれます。また、グリル内部には電池駆動式のファンを搭載し、空気を効果的に炭へ吹き付けるので炭への着火はスピーディー。送風量はスイッチひとつでコントロールできるため、火力調節も容易です。

容器は二重構造になっているので外側が熱くなりにくく、卓上で安心して使えるのもポイント。煙を気にせずにバーベキューが楽しめるおすすめアイテムです。

バーベキューコンロのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

バーベキューコンロのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。