アウトドアシーンにおいて、本格的な“外メシ”を楽しむためにはバーベキューコンロやグリルがあると便利。炭などの燃料を用意する必要がありますが、一度に大量の料理を作れるので、特に大人数でキャンプをする際には重宝するアイテムです。

しかし、用途によってさまざまなタイプに分かれるため、購入を検討している方にとってはどの製品を選べばよいのか悩んでしまうもの。そこで今回はバーベキューコンロやグリルのおすすめモデルをご紹介します。

バーベキューコンロ・グリルの選び方

バーベキューコンロ・グリルのタイプをチェック

日帰りバーベキューなら「スタンダードタイプ」

By: amazon.co.jp

スタンダードタイプとは、長方形のコンロに脚がついたアイテム。高さを自由に調節できるモノや炭入れを外せるモノなど、使い勝手に配慮した製品が多いのが特徴。手軽に使えるモノが多く、持ち運びもしやすいため、日帰りバーベキューに便利です。

アウトドアシーンで使う際は座るテーブルから離れて設置できるのもポイント。なお、同タイプは脚がたためるモノが多いので、使用時のサイズはもちろん、持ち運ぶ時のサイズ感がどれくらいになるのかも確認しておきましょう。

少人数におすすめの「卓上タイプ」

By: amazon.co.jp

卓上タイプは、テーブルの上に設置して使用できるバーベキューコンロ。焼肉屋のようにみんなでコンロを囲めます。また、ほかのタイプに比べて準備や後片付けが比較的簡単にできるのも魅力です。

コンパクトな製品が多く、燃料が少なく済むのもポイント。なお、アイテムによってはコンロの底に水を入れられるモノや焼き加減を調節できるモノもあるので、機能面は事前にチェックしておきましょう。

焚き火も楽しめる「焚き火台タイプ」

By: amazon.co.jp

焚き火台タイプは、その名の通り、本来は焚き火で使用するモノですが、網などを用意すれば調理も可能です。コンロとして使うには総じて高さが足りないので、立った状態で調理するには腰を屈める必要がありますが、アウトドアチェアに座りながらでも調理することができます。

また、焚き火用に設計されているため、耐熱性に優れており丈夫なのもポイント。アウトドアシーンの調理で映えるダッチオーブンを使用する際にも、本体の高さがない分持ち上げる必要がないのでおすすめです。

大勢でワイワイと焼くなら「パーティータイプ」

By: amazon.co.jp

パーティータイプとは、大きな肉をじっくりと焼き上げるなど本格的なアウトドア調理に対応できる大型のバーベキューコンロです。脚がしっかりしている据え置き型であれば、自宅の庭やベランダなどでも使えます。

ただし、十分な調理スペースが必要になるほか、本体の重量もあるため、使用頻度や用途をしっかり考えてから購入に踏み切りましょう。

バーベキューコンロ・グリルのサイズをチェック

By: amazon.co.jp

バーベキューコンロ・グリルのサイズは使う人数に合わせて選びましょう。大きめのサイズを選ぶ方もいますが、大きなサイズは炭やガスなどの燃料もたくさん必要になるうえ、サイズが大きくなることで重量も増してしまいます。

大人数の場合は大きなサイズをひとつ用意するよりも、コンパクトサイズのアイテムを複数使用したほうが便利な場合もあるので、ぜひ製品の特性を吟味した上で選ぶようにしましょう。

1〜3人用

By: amazon.co.jp

焼き面の広さは30×20cmほどがおすすめです。1〜3人用のモデルとしてソロキャンプ向けのコンパクトなタイプから、折りたたむとスーツケース型になるタイプなど多くのバーベキューコンロ・グリルがラインナップされています。

4〜5人用

By: amazon.co.jp

焼き面の広さは40×30cmほどがおすすめ。卓上でも使えるコンパクトなモデルから脚つきスタンダードタイプなど選べるモデルが豊富です。家族連れのバーベキューにも適しています。

6〜8人用

By: amazon.co.jp

大人数グループには、焼き面の広さが60×40cmほどの大きなモノがおすすめです。大人数サイズは、脚付きのスタンダードタイプを中心にラインナップされています。

これ以上のサイズは主にイベント用や業務用に使われるビッグサイズがメイン。購入する際はアウトドア調理の経験や予算との兼ね合いなども考慮するようにしましょう。

バーベキューコンロ・グリルの素材をチェック

価格がお手頃な「スチール製」

By: amazon.co.jp

スチール製は価格がリーズナブルなので、初めてアウトドアシーンでバーベキューを楽しみたいと考えている方や使用頻度が低い方におすすめ。ただし、重量があるため持ち運びにはややストレスを感じる場合があるほか、錆びやすいので使用後の手入れにも注意が必要です。

お手入れ簡単な「ステンレス製」

By: amazon.co.jp

ステンレス製は、軽くてサビに強いためラクにお手入れできるのが特徴。価格は総じて高めですが、キャンプ場などでバーベキューをする機会が多い方はお手入れのしやすいステンレス製を選ぶのがおすすめです。

火元をチェック

ジューシーに焼ける「炭火式」

炭火は火起こしや炭の後片付けなどに手間がかかりますが、遠赤外線効果と燻製効果により、料理を香ばしくふっくらジューシーに仕上げられます。

なお、炭にもいくつか種類があり、リーズナブルな価格の「黒炭」や火力が安定している白炭(備長炭)、火が長持ちするオガ炭(オガライト)などが代表的です。キャンプ場で購入するよりも事前に個人で用意したほうがお得なので、ぜひ検討してみましょう。

簡単にセッティングできる「ガス式」

By: amazon.co.jp

ガス式はコンロをセットするだけなので、簡単にバーベキューを始めることができ、火加減の調整が簡単です。後片付けもラクなので、バーベキュー初心者の方におすすめします。

なお、火力に関わってくる要素として、バーナー(コンロ)の数を確認しておくことも重要です。用途や料理のメニュー、バーベキューを楽しむ人数に合わせて最適なアイテムを選びましょう。

バーベキューコンロ・グリルのおすすめ人気モデル

コールマン(Coleman)

「コールマン」はアメリカの総合アウトドアメーカー。あらゆるキャンプ道具をリリースしているほか、日本向けに設計、製造された製品が多いのも特徴です。

また、同メーカーのアイテムは高品質かつ便利な機能性を備えていることに加え、コスパも良好。アウトドア初心者からベテランキャンパーまで安心して使用できるメーカーです。

コールマン(Coleman) フォールディングクールステージ テーブルトップグリル

コールマン(Coleman)  フォールディングクールステージ テーブルトップグリル

テーブルの上に設置してバーベキューをおこなうシチュエーションにおすすめの製品です。通気性に優れたメッシュボディを採用しており、炭の燃焼効率が高いのが特徴。コンパクトサイズで2~4人くらいでバーベキューを楽しむのにピッタリです。

また、コールマンの人気製品「BBQテーブル」の中央のくぼみにぴったりと収まるため、併せて使用することで使い勝手が向上します。

コールマン(Coleman) クールスパイダーステンレスグリル

コールマン(Coleman)  クールスパイダーステンレスグリル

通気性に優れたメッシュボディを採用しており、錆びに強く耐久性に優れているステンレス製のスタンド型バーベキューグリル。3~4人でバーベキューを楽しむのに最適なサイズです。ステンレスなのでお手入れも簡単。後片付けのことは気にせずバーベキューを楽しめます。

最大の特徴は、スタンドの高さをハイ・ローの2段階で変えられること。シチュエーションに応じて高さを調整できるので、非常に便利です。また、炭の補給や交換が簡単におこなえる、引き出し式のロストルを搭載しています。

コールマン(Coleman) クールスパイダープロ 2000010394

コールマン(Coleman) クールスパイダープロ 2000010394

大人数の家族や仲間でバーベキューを楽しむシチュエーションに最適なサイズで、メッシュボディが印象的なオールステンレスの大型モデルです。メッシュボディを採用することで通気性がよく、燃料効率が高いのが特徴。

また、焼き網の高さはレバーを使用して4段階に調整可能なので、火加減の調整が容易です。焼き網に加えて鉄板も付属しているので、焼きそばなどの鉄板料理も楽しめます。

コールマン(Coleman) グリル ロードトリップグリル LXE-J2 2000017066

コールマン(Coleman)  グリル ロードトリップグリル LXE-J2 2000017066

ガスカートリッジを使用するスタンド型のバーベキューグリルです。サイズは118×46×112.5cmと5~6人ほどの人数でバーベキューを楽しむのに最適。炭を使用しないので、キャンプ初心者でも手軽にさまざまなアウトドアクッキングが楽しめます。

重量は約18㎏ありますが、ホイールが搭載されているので移動も簡単。また、フタもクックトップは取り外し可能なのでお手入れも簡単です。

コールマン(Coleman) パーティーボールグリル

コールマン(Coleman)  パーティーボールグリル

ポップなツートンカラーの色使いが印象的なフタ付きグリル。サイズはおよそφ36×50cmと1~2人の少人数での使用に適しているため、手軽にバーベキューを楽しみたい方におすすめです。フタが付いているので、スモークウッドを使用して燻製料理も楽しめます。脚は折りたためばコンパクトに収納可能。

おしゃれなデザインと独特な丸いシルエットが特徴的で、キャンプサイトで映える彩り鮮やかなモデルです。

コールマン(Coleman) ステンレスファイヤープレイス3 2000023233

コールマン(Coleman)  ステンレスファイヤープレイス3  2000023233

キャンプファイヤーを彷彿とさせる井桁型の見た目が印象的なモデル。本格的に焚き火を楽しむのに最適なデザインながら、料理も充分に楽しめる焚き火台です。

付属の焼網を使ってバーベキューを楽しむのはもちろん、フライパンを使った調理やダッチオーブン料理も可能なので、アウトドアクッキングの幅が広がります。

コールマン(Coleman) パックアウェイグリル2

コールマン(Coleman)  パックアウェイグリル2

1~2人での使用に最適なシンプルな小型バーベキューグリルです。ステンレス製のチャコールトレイが付属しており、下に空間があるのでテーブルトップとしても使用できます。収納はグリル本体の3分の1ほどの高さに収まるので非常にコンパクト。

ハンドルが付いた専用の収納ケースも付属しているので、ソロキャンプや登山、電車でアウトドアスポットにお出かけする際などの持ち運びも容易です。

ロゴス(LOGOS)

「ロゴス」は大阪に本社を置くアウトドアブランド。各製品は使いやすさとリーズナブルな価格が魅力です。

“水辺5メートルから標高800メートルまで”をポリシーにしており、山岳道具からマリンスポーツに関わるアイテムまで、幅広く取り揃えているのが特徴。キャンプ用品はもちろんのこと、バーベキューにおいても便利なアイテムを数多くリリースしています。

ロゴス(LOGOS) ROSY 卓上ステングリル 81064170

ロゴス(LOGOS) ROSY 卓上ステングリル 81064170

頑丈で錆びに強いステンレス製の卓上用グリルです。重さはわずか600gと、ステンレス製ならではの軽さで、耐久性にも優れています。また、難しいセッティングも不要なので、ソロキャンプや2人程度のキャンプなどで手軽にバーベキューを楽しむのにおすすめのモデル。

「串焼き専用ラック」が付属しており、串焼きや焼き鳥を手軽に楽しめるのもうれしいポイントです。

ロゴス(LOGOS) ステンチューブグリル

ロゴス(LOGOS) ステンチューブグリル

6人程度の家族や仲間たちとバーベキューを楽しむのに最適なモデル。残った灰を丸めて廃棄できる「BBQお掃除楽ちんカバー」がセットされています。火床が汚れると掃除が大変ですが、お手入れの心配をせずにバーベキューが楽しめるのがポイント。

また、火床には耐久性に優れたステンレスを採用しており、側面には傾斜をつけて炭を入れやすい工夫が施されています。火床の形状を炭の量を節約できるので、エコで省エネバーベキューを目指す方におすすめです。

ロゴス(LOGOS) ピラミッドグリル 81063112

ロゴス(LOGOS) ピラミッドグリル 81063112

少人数での焚き火やバーベキューに最適な小型のグリルです。収納時のサイズは24.5×18.5cmと、非常にコンパクト。専用のポーチを使用してスマートに収納できます。また、バックパックにも難なく収納できるので、なるべく荷物を少なくしたい登山やソロキャンプにおすすめのモデルです。

ロゴス(LOGOS) the ピラミッドTAKIBI

ロゴス(LOGOS) the ピラミッドTAKIBI

素材にステンレスを採用した焚き火台です。重たいダッチオーブンが直置きできる丈夫なゴトクや串焼プレートが付属しており、幅広く調理を楽しみたいアウトドアクッキング好きにおすすめ。

また、炭の量が少なくても火力を保てる火床が採用されています。輻射熱を焼き面に当てる独自構造によって、効率のよい燃焼力を発揮します。人気アウトドアブランド「ロゴス」の大きなロゴがあしらわれているデザインも秀逸です。

ロゴス(LOGOS) グリルキューブグリルキューブ 81062800 1602

ロゴス(LOGOS) グリルキューブグリルキューブ  81062800 1602

コンパクトでシンプル、加えてキュートなデザインも印象的な卓上用グリル。サイズは16.5×16.5×13cmと1~2人に最適なモデルで、少人数の女子キャンプにもおすすめです。焼網とゴトクを付け替えるだけで、バーベキュー・串焼き・機器による調理といった使い分けが可能。

肉を焼いたり、フライパンや鍋を使って調理をしたりと、アウトドアクッキングの楽しみが広がるバーベキューグリルです。

ロゴス(LOGOS) BBQエレグリル 81060000

ロゴス(LOGOS) BBQエレグリル 81060000

電気式のバーベキューグリルなので、電源コンセントが確保できるオートキャンプサイトでの使用に最適です。折りたたみ可能で足にはホイールを搭載しており、持ち運びも簡単。

グリルプレートを外せば、そのまま丸洗いできるのでお手入れも簡単におこなえます。電気式のため、自宅の庭でも手軽にバーベキューが楽しめる使い勝手のよさもポイントです。

ロゴス(LOGOS) バーベキューコンロ エコセラテーブルチューブラルS 81063940

ロゴス(LOGOS) バーベキューコンロ エコセラテーブルチューブラルS 81063940

一般的な卓上グリルと比べて、焼き面が限りなくテーブルに近いのが特徴的な卓上グリルです。高さが低いのでテーブルに置いても使いやすく、子どもと一緒にバーベキューをする際にも重宝します。セラミックプレートを採用しており、使用する炭は通常の半分程度で済むため、燃料代が節約できる点もポイント。

火床の厚さも従来モデルの約半分なので、収納や持ち運びが簡単です。また、火床は取り外しができ、後片付けも素早くおこなえます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

「キャプテンスタッグ」は調理器具や生活雑貨などを取り扱う「パール金属株式会社」のアウトドア部門として誕生。現在は独立しており、バーベキューコンロを中心に、多種多様なアウトドアアイテムをリリースしています。使いやすさと購入のしやすさをコンセプトとした製品を取り揃えているのが特徴です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ヘキサステンレス ファイアグリル M-6500

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)  ヘキサステンレス ファイアグリル  M-6500

バーベキュー・焚き火・ダッチオーブンの3通りの使い方ができ、ロースタイルのキャンプにおすすめのバーベキューグリルです。サイズは47.5×41×30cmで焼き面が六角形のシルエットとなっており、4人程度で囲むのに最適。バーベキューを楽しんだあとに、焚き火を囲んで語り合う至福のひとときを楽しめます。

本体にはステンレスを採用しているため、耐久性に優れており、組み立てや撤収も簡単。折りたためば平たくコンパクトになり、専用のバッグを使用してスマートに収納できます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキューコンロ グリル エフェクト ツーウェイ 600 ツイン M-6380

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキューコンロ グリル NEW エフェクト ツーウェイ 600 ツイン M-6380

幅が約60cmあり、4~6人ほどでバーベキューを楽しむのに最適なサイズのバーベキューコンロ。高さは71cmと26cmの2段階に調整可能です。

中央部で焼き網と鉄板に分けて調理できるので、肉を焼き網で焼きながら、となりの鉄板で焼きそばを作ることも可能。1台で2通りの料理を楽しめます。全面焼き網にしたり鉄板にしたりも可能なので、使い勝手のよいモデルです。

キャプテンスタッグ (CAPTAIN STAG) クローナ M-6402

キャプテンスタッグ (CAPTAIN STAG) クローナ M-6402

ソロキャンプや少人数でのバーベキューを楽しむ際に丁度よい大きさのシンプルなバーベキューグリル。1000円程度で購入できるコストパフォーマンスに優れたモデルなので、キャンプ初心者や年に数回ほどしかバーベキューをしないような、使用頻度の少ない方に向いています。

最大の特徴は、網の位置を3段階で変えられること。スリットが入ったスタンドが付いており、網を差し込む位置を変えることで簡単に火加減の調整が可能です。脚部や網の高さを調整するスタンドを取り外して火床に収めれば、非常にコンパクトに収納できます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) カマド スマートグリル B6型 UG-34

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) カマド スマートグリル B6型 UG-34

非常にコンパクトなバーベキューグリルなので、ソロキャンプにぴったり。ゴトクと網がセットになっており、まさに「かまど」のような外観が特徴的で、煮込みや焼きなどさまざまな調理で活躍します。横から炭をくべる構造なので、座りながらのんびりとバーベキューや焚き火を楽しむことが可能です。

また、組み立ての際はネジが不要なので、セッティングもスマート。また、折りたためばB6サイズの収納ポーチにすっぽりと収まるほどコンパクトになります。

イワタニ(Iwatani)

「イワタニ」は大阪に本社を構える「岩谷産業株式会社」のブランド。カセットボンベのメーカーとして広く知られ、展開している家庭用品もガスを利用した製品が中心です。

同メーカーのバーベキューコンロは十分な火力をもちながら安全性にも配慮されており、安心して使えるのが特徴。また、コンパクトで携帯性に優れているのも魅力です。実用性の高いバーベキューコンロを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

イワタニ(Iwatani) スタンド型BBQグリル グリルスター CB-SBG-1

イワタニ(Iwatani) スタンド型BBQグリル グリルスター CB-SBG-1

2本のカセットガスを使用するスタンド型のバーベキューグリルです。炭をおこしたり片付けたりなどが面倒な方や、バーベキュー初心者におすすめ。カセットガスを水平方向に平置きで装着するタイプなので、スタンドを取り外せば卓上タイプとしても使用できます。

また、組み立てや折りたたみも簡単。キャスター付きなので、まるでキャリーケースを運ぶように移動がスムーズです。

イワタニ(Iwatani) カセットフー タフまる CB-KZ-1-A

イワタニ(Iwatani) カセットフー タフまる CB-KZ-1-A

ダッチオーブンを乗せても問題ない、耐荷重20kgを誇るアウトドア派に人気のカセットガスコンロです。別売りのグリルを使用すればグリル料理も可能ですが、鍋やダッチオーブン料理、フライパン調理などを楽しむ場合に向いています。また、自宅でも使える点も便利。

アウトドアでの使用に適したカセットコンロで、風に強い新開発の「ダブル風防ユニット」や、強い火力を維持する「ヒートパネル方式」を採用するなど、風に対応する工夫が随所に施されています。持ち運びに便利な専用キャリングケースが付属している点もうれしいポイントです。

ユニフレーム(UNIFLAME)

ユニフレームは「ユニークな炎(フレーム)を創造する」という理念の下、1985年に新潟県燕市で誕生したブランド。品質のよさとリーズナブルな価格帯が魅力で、さまざまなアウトドア製品をラインナップしています。

特にバーナーなどの火を扱うアイテムには定評があり、耐久性が高いのがポイント。なかでも焚き火台の「ファイアグリル」は同社を代表する製品なのでぜひチェックしておきましょう。

ユニフレーム(UNIFLAME) ユニセラTG-3

ユニフレーム(UNIFLAME) ユニセラTG-3

ステンレスと特殊セラミックを素材に使用した卓上用のバーベキューグリル。コンパクトモデルなので一見小さく見えますが、網の大きさは焼き肉店で一般的に使われている大きさなので、4~5人でバーベキューを楽しむのに最適なサイズです。

V字型の構造を採用したセラミックパネルの働きにより、熱を反射し効率よく炭を燃焼できるため、少ない炭で食材を調理できます。

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル 683040

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル 683040

焚き火とバーベキューが楽しめるステンレス製グリルです。2~4人程度のキャンプに最適。別売りのロストルを購入すれば、ダッチオーブンも乗せられるので、アウトドアクッキング好きにおすすめです。

焼き網を本体の爪に乗せる構造を採用することで4隅にスペースを確保でき、火の調整が容易な点もポイント。また、4つの脚がクロスするように配置されており、安定性に優れています。

ユニフレーム(UNIFLAME) UFタフグリル SUS-600 665404

ユニフレーム(UNIFLAME) UFタフグリル SUS-600 665404

サイズは90×46cmと大きなバーベキューグリル。大型モデルなので大人数での使用でも余裕があり、オートキャンプ、バーベキューで活躍します。また、本体には耐久性に優れたステンレスを採用。付属の焼き網も長い期間愛用できます。

その耐久性により、バーベキューはもちろん、長時間の使用になりがちな焚き火や炭火料理もじっくりと楽しめるモデルです。

ユニフレーム(UNIFLAME) ユニセラ TG-3ミニ 614952

ユニフレーム(UNIFLAME) ユニセラ TG-3ミニ 614952

人気のユニフレーム ユニセラ TG-3のミニサイズ版です。軽くコンパクトなので、女性にも持ち運びがしやすく、女子キャンプや極力荷物を少なくしたいソロキャンパーにおすすめします。V字型構造とセラミックパネルの効果により、炭の消費が少なく済む点もポイント。また、小型ながらも安定感に優れているので、安心して焚き火やバーベキューを楽しめます。

ウェーバー(weber)

「ウェーバー」は高品質なグリルをリリースするアメリカのブランド。食材のポテンシャルをうまく引き出せる製品や、暗闇でも使用できるハンドルライト付きのアイテムなど、ワンランク上のバーベキューグッズが揃っています。

また、同ブランドのバーベキューコンロはあらゆる気象条件のもとで検証を繰り返して製造されているため、悪天候に耐えられるのが魅力。世界中のキャンパーから愛され続けているおすすめのブランドです。

ウェーバー(weber) ジャンボジョーグリル

ウェーバー(weber) ジャンボジョーグリル

丸型が特徴的なウェーバーの人気グリル「スモーキージョー」のビッグサイズ版です。大きなお肉もしっかり焼くことができ、アメリカンバーベキューの雰囲気が味わえるモデル。分厚いステーキを豪快に調理するのにピッタリです。

ボウル型のフタを活用すれば熱が循環しやすく、食材に均一に火が通るようになります。フタの持ち手には、持っても熱くならないよう「ヒートシールド加工」が施されており、安全性も高いおすすめモデルです。

ウェーバー(weber) オリジナルケトルプレミアム 14401008

ウェーバー(weber) オリジナルケトルプレミアム 14401008

大人数でバーベキューを楽しむなら本製品がおすすめ。スタンド式のバーベキューグリルで、バーベキューのほか、スモークやオーブン料理も調理可能です。

レバーと連動して溜まった灰を3枚の羽根で掻き出す「ワンタッチクリーニングシステム」の採用で掃除も簡単。また、灰の受け皿を搭載しており、灰が飛び出しづらい構造です。

ウェーバー(weber) チャコールゴーエニィウェアーグリル 121008

ウェーバー(weber) チャコールゴーエニィウェアーグリル 121008

4人までのバーベキューにおすすめのバーベキューグリル。丸型の大型グリルが主流のウェーバーのラインナップの中でも、長方形のシルエットが印象的な異色のモデルです。空気弁がフタと本体に搭載されており、簡単に温度調整が可能です。

また、四角い形は丸型より収納しやすい点もポイント。脚がフタのロックとなるため、持ち運んでいる最中でもフタが開かないので便利です。

ハーフェレ(HAFELE)

「ハーフェレ」とはドイツのブランド。家具金物や建築金物などを取り扱っており、日本を含む世界各国に営業拠点を設けているのが特徴。グローバルにユーザーのニーズを反映した製品をリリースしています。

ハーフェレ(HAFELE) ロータスグリルXL G-RO-435

ハーフェレ(HAFELE) ロータスグリルXL G-RO-435

シンプルながらも存在感があるシルエットが印象的な卓上用のグリルです。最大の特徴は煙がでないこと。煙が気になってバーベキューが楽しめなかった自宅の庭でも、思う存分家族や友人とバーベキューを楽しめます。

特別な組み立ても不要なので、テーブルの上に置けばすぐにバーベキューが楽しめる点もポイント。グリル周りは熱くなりすぎず、火をつけたまま持てるほどなので、お子さんが不意に触ってしまっても火傷しにくいので安心です。

バーベキューコンロのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

バーベキューコンロのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。