キャンプやバーベキューなどアウトドアでご飯を炊く際に便利な「ライスクッカー」。飯ごうよりも扱いやすいため、初心者の方でも失敗しにくく美味しいご飯を炊くことが可能です。

そこで今回は、ライスクッカーのおすすめ人気モデルをご紹介します。使い方や選び方についても解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

ライスクッカーとは?

By: amazon.co.jp

ライスクッカーとは、クッカー(鍋類)のなかでも炊飯に使用することを目的として開発されたモノです。ライスクッカーは、普通の鍋と比べて厚みがあるため、吹きこぼれや焦げ付きなどのトラブルが起こりにくいというメリットがあります。また、熱がムラなく伝わるので美味しいご飯が炊けるのもメリットです。

ライスクッカーと飯ごうはどっちがよい?

飯ごうは、焚き火で調理をするのが一般的で、火加減や水加減が難しく慣れるまでに時間がかかります。

一方、ライスクッカーは飯ごうと比べて厚みがあるので、炊いた時のムラや食材の焦げ付きが起こりにくく手軽にご飯が炊けます。また、炊飯時間も短く、食材に火が通りやすいことで美味しいご飯が炊けるのもメリット。

飯ごうよりも調理しやすく、キャンプなどのアウトドア活動でも美味しいご飯を味わいたい方にはライスクッカーの方がおすすめです。

ライスクッカーのおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

アメリカで創業したコールマンは世界中で人気のアウトドアメーカー。ランタンやテントなどのキャンプアイテムだけでなく、クックウェアにも力を入れています。コールマンのアルミを採用したライスクッカーは軽量で持ち運びに便利。数種類のクッカーをセットにした製品はコンパクトで携帯に優れ、さまざまな料理に活用できるのでおすすめです。

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: uniflame.co.jp

ユニフレームは新潟県燕三条に本社を構える日本のキャンプ用品総合メーカーです。バーベキュー用品やタープなどのキャンプ用品をはじめとし、クッカーやテーブルウェアも充実しているのが魅力。ユニフレームがリリースするライスクッカーのなかには、フタがカタカタ鳴る音で火加減のタイミングを知らせてくれるモデルがあります。初心者の方でも失敗しにくいためおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

キャプテンスタッグは、家庭用の鍋やフライパンで有名な「パール金属」が展開するアウトドアブランドです。当初はキャンプ用の鍋や食器の販売からスタートしましたが、現在ではシュラフやテント、自転車、カヌーなどのアウトドア用品まで製品の幅を広げています。

ライスクッカーは、3層鋼ステンレス製で熱効率がよいモデルをリリース。一度に5合炊けるモデルもあるのでファミリーキャンプにぴったりなモデルを探している方はチェックしてみてください。

ライスクッカーの使い方

1. お米を研ぐ

ボールにお米を入れて、流水で10秒程洗い油や糠(ぬか)を取り除きます。10秒たったらボールに手を入れて回し研ぎ、濁った水を捨てましょう。再び水を入れたら、水が半透明になるまで研いで水を捨ててまた水を入れる作業を続けます。なお、米は力任せに研ぐと潰れてでんぷん質が流れてしまい、美味しさが半減するので優しく洗うことを意識してください。

お米が研ぎ終わったら水に30分~1時間ほど浸しておきます。お米は水分を吸収することでふっくら仕上がるので、浸す時間を忘れないように計算しながら準備しましょう。バーベキューなどの準備に取り掛かる前にお米を研いでおくと慌てることなく炊飯できます。

できるだけ美味しく炊きたい方はミネラルウォーターを使って炊くのがおすすめです。山のキャンプ場で湧水が汲める場合は、自然の恵みをお米と共に美味しく味わえる絶好の機会なのでぜひ使ってみてください。

2. フタをして火にかける

お米の炊き始めは火加減が重要。最初はバーナーや直火を強めにし、お米と適量の水を入れたライスクッカーにフタをします。時間が経つと沸騰してフタの隙間から湯気が出てきますが、湯気が出てこなくなるまで火を弱めずに加熱するのがポイント。慌てて火を弱めると、べちゃついたり硬くなったりするので注意しましょう。

お米を美味しく炊くには火加減が重要なので、基本をしっかり守ることが大事です。ライスクッカーに説明書が付いている場合は、その手順通りに火加減をすれば大きな失敗をすることなくご飯が炊けます。

3. 湯気が出なくなったら蒸らす

ライスクッカーから湯気が出なくなったら、素早く火を止めて10分蒸らします。蒸らし時間が経過したらしゃもじでお米をかき混ぜ、もう一度フタをして数分蒸らせば完成です。冷める前に美味しくいただきましょう。

ライスクッカーの選び方

炊飯できる容量をチェック

By: amazon.co.jp

一度の調理で炊飯できる量は、製品ごとに異なるので確認しておきましょう。例えば、5合までたっぷりと炊けるモノもあれば3合まで炊けるコンパクトな製品もあります。家族の人数や普段一緒にキャンプをする仲間の人数を考慮しつつ選びましょう。

ライスクッカーの素材をチェック

By: captainstag.net

ライスクッカーの素材には、主にアルミニウムやステンレス鋼などが採用されています。アルミニウム製のライスクッカーは、食材に対して均等に熱が伝わりやすく、鍋に焦げ付きにくいのがメリット。

一方、ステンレス鋼で作られたライスクッカーは、耐久性・耐食性に優れており、傷みにくいうえに焚き火での調理にも使えるといったメリットを有します。ライスクッカーを選ぶ際には、各素材が有する特徴を確認してから選びましょう。

ライスクッカーの機能・特徴をチェック

By: amazon.co.jp

ライスクッカーのなかには、より美味しいご飯が炊ける「二重蓋構造」を採用したモノや同シリーズのクッカーを重ねて収納できる「スタッキング」仕様のモノなどがあります。

また、強い火力でも傷みにくい底面を採用していたり、お焦げなどを簡単に剥がせたりする加工が施してあるモノも。ライスクッカーを快適に使えるよう、製品ごとの機能や特徴もしっかりとチェックしておきましょう。

ライスクッカーのおすすめ人気モデル

トランギア(trangia) ラージメスティン TR-209

スウェーデンで創業した「トランギア」は、バックパッカー向けの軽量で耐久性の高い製品を数多くリリースしているメーカー。弁当箱のような形をした本ライスクッカーは、アルミ素材を採用しているため全体に素早く熱が行き渡り、ホカホカの美味しいご飯が炊けます。最高で3合までのご飯を炊けるので、ファミリーでの使用にもおすすめです。

炊飯には焚き火や炭火だけでなくアルコールバーナーも使用可能。フタは食器としても使えるので、荷物を増やしたくない方にもぴったり。使用後は持ち手を折りたたんでコンパクトにできるため、収納する際も邪魔になりにくくおすすめです。

コールマン(Coleman) アルミライスクッカー 2000012931

熱伝導率に優れた2.5mm厚のアルミニウムを採用したライスクッカー。二重蓋構造で、お米の旨みを逃がさずに美味しく炊き上げられます。本体内側には便利な水の分量を量るメモリ付きで、最高3合までの炊飯が可能です。

また、手入れがしやすいノンスティック加工を施しているため、お焦げもラクに剥がせます。底面には、強い火力でも傷みにくいステンレスプレートを採用しているのもポイントです。

お米を研げるザルや、お米と水の軽量ができるカップも付属。本体と付属品は全てまとめて専用の袋に収納できるので、キャンプの荷造りや荷解きの際もラクに扱えます。キャンプ初心者の方でも簡単に美味しいご飯が炊けるおすすめのライスクッカーです。

ユニフレーム(UNIFLAME) ライスクッカーミニDX 660331

焚き火やバーナーなどのさまざまな熱源に対応したライスクッカー。沸騰中に軽く圧力をかける役目を持つ重いフタと、吹きこぼれを防いで水分を鍋の中に戻す大きな鍋フチで美味しいご飯を炊き上げます。

また、ライスクッカーミニDXは、フタのカタカタ音で火加減のタイミングを知らせてくれるため、失敗を防げるのも魅力です。炊飯容量はファミリーキャンプにもぴったりな3合まで対応しており、鍋の内側には目盛りが付きのため最適な水加減でご飯が炊けます。

本体はアルミニウムフッ素加工を施しているので炊飯後のお手入れもラクラク。天然木の取っ手もおしゃれなおすすめのライスクッカーです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 3層鋼 段付ライスクッカーUH-4001

一度に5合の炊飯ができるライスクッカー。耐食性に優れたステンレスの間に、熱を効率よく伝える軟鉄を挟み込んだ3層鋼のため、ふっくら美味しいご飯を味わえるのが特徴です。耐久性も高く、ガスバーナーの高火力や調節の難しい焚火の火力でも使用できます。

本体内側には、お米と水の分量が量れる便利なメモリ付き。また、鍋のフチがフタより高い仕様のため、吹ききこぼれも防げます。さらに、衝撃にも強いので長く愛用できます。

スノーピーク(snow peak) トレックコンボ SCS-010

容量900mlの浅型クッカーと1400mlの深型クッカーがセットになった製品。2つのクッカーを使い分けることで、ご飯と汁物が作れます。フタは食器替わりとしてもミニフライパンとしても使えるので、キャンプの荷物を減らしたい方におすすめです。

深型クッカーでは1.5合のご飯が炊くことができ、1〜2人のキャンプにぴったり。クッカーの内壁には耐摩耗性が高くアルミとの密着がよいアルマイト加工を施しているため、高い耐久性を有しているのが魅力です。

縦に長い形状の深型クッカーにはガスカートリッジを2本収納可能。収納サイズは150×150mmとコンパクトで携帯性に優れています。同シリーズのクッカーとスタッキングもできるので、バイクや自転車のツーリングで荷物をスッキリとまとめたい方にもおすすめです。

ユニフレーム(UNIFLAME) キャンプ羽釜 660218

レトロな羽釜仕様の製品。底はすり鉢のように丸みをおびており、鍋の中で水がしっかり対流しお米への吸水を促します。熱伝導性に優れたアルミ鋳造のため、お米全体にしっかり熱を伝えることが可能です。フタは重いステンレス製で沸騰しても簡単には動かないため、鍋の上から圧力をかけてご飯をふっくらモチモチした食感に仕上げます。

炊飯容量は最大で3合まで。1合のお米なら10分前後であっと言う間に炊くことが可能です。鍋の内側には1合・2合・3合のメモリがあるため、水加減も迷うことなく美味しいご飯が炊飯できます。キャンプを盛り上げられるユニークなアイテムを探している方におすすめです。

ティファール(T-fal) キャストライン ライスポット C76595

安全を考えて火を使わないキャンプをしたい方におすすめのライスポット。IH対応なのでAC電源サイトにIH調理器を持ち込めば炊飯できます。本体は蓄熱性に優れた鋳物なので、全体に効率よく熱を伝えて短時間で美味しいご飯が炊けるのが魅力です。

また、フタの裏側に付いた突起によって、炊飯中の蒸気が水滴となって鍋の中に戻る構造もポイント。水分をまんべんなく循環させて炊飯できるので、ふっくらモチモチした炊き上がりが楽しめます。フタの構造により吹きこぼれにくいのもポイント。炊飯以外の調理にも使えます。

鉄よりも約65%軽いアルミニウムを採用し、底面よりも側面の厚みを薄くした軽量設計のためラクに扱えます。アウトドアで手軽にご飯を炊きたい方におすすめです。

コイズミ(KOIZUMI) ライスクッカーミニ KSC-1512

AC電源サイトがあるキャンプ場で使える電源式のライスクッカー。0.5~1.5合のご飯が炊けるので、1~2人でのキャンプに最適なサイズです。バーナーや炭火の上でご飯を炊くスペースがない場合にも便利。

1合のお米なら約20分で炊飯でき、キャンプ場で調理時間を短縮したい方にもおすすめです。また、最大3時間のタイマーと保温機能も搭載された充実のスペックも魅力。1~12時間で設定できるタイマーを使えば、キャンプ場で早起きしてご飯を炊く必要がありません。内蓋は取り外して丸洗いできます。本体は約1.4kgと軽量なので持ち運びもラクにできます。