キャンプやバーベキューなど、アウトドアでご飯を炊く際に便利な「ライスクッカー」。飯ごうよりも扱いやすいため、初心者の方でも失敗しにくく、美味しいご飯を炊くことが可能です。

そこで今回は、ライスクッカーのおすすめ人気モデルをご紹介します。使い方や選び方についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ライスクッカーとは?

By: snowpeak.co.jp

ライスクッカーとは、クッカー(鍋類)のなかでも炊飯に使用することを目的として開発されたモノです。ライスクッカーは、普通の鍋と比べて厚みがあるため、吹きこぼれや焦げ付きなどのトラブルが起こりにくいのがメリット。また、熱がムラなく伝わるので、美味しいご飯が炊きやすいのも魅力です。

ライスクッカーと飯ごうはどっちがよい?

焚き火で調理をするのが一般的な飯ごうは、火加減や水加減が難しく、慣れるまでに時間がかかります。一方、ライスクッカーは飯ごうと比べて厚みがあるので、炊いた時のムラや食材の焦げ付きが起こりにくく、手軽にご飯が炊けます。また、炊飯時間も短く、食材に火が通りやすいのも魅力です。

飯ごうよりも調理しやすく、キャンプなどのアウトドアでも美味しいご飯を味わいたい方にはライスクッカーの方が適しています。

ライスクッカーのおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

アメリカで創業したコールマンは、世界中で人気のアウトドアメーカー。ランタンやテントなどのキャンプアイテムだけでなく、クックウェアにも力を入れています。

コールマンのアルミを採用したライスクッカーは、軽量で持ち運びに便利。数種類のクッカーをセットにした製品はコンパクトで携帯に優れ、さまざまな料理に活用できるのもポイントです。

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: uniflame.co.jp

ユニフレームは新潟県燕三条に本社を構える、日本のキャンプ用品総合メーカー。バーベキュー用品やタープなどのキャンプ用品をはじめとして、クッカーやテーブルウェアも充実しているのが魅力です。

ユニフレームが展開しているライスクッカーのなかには、フタがカタカタ鳴る音で火加減のタイミングを知らせるモデルもあります。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

キャプテンスタッグは、家庭用の鍋やフライパンで有名な「パール金属」が展開する、アウトドアブランドです。当初はキャンプ用の鍋や食器の販売からスタートしましたが、現在ではシュラフやテント、自転車、カヌーなどのアウトドア用品まで製品の幅を広げています。

ライスクッカーは、3層鋼ステンレス製で熱効率がよいモデルをラインナップ。一度に5合炊けるモノもあるので、大人数向けのライスクッカーを探している方はチェックしてみてください。

ライスクッカーの使い方

1. お米を研ぐ

ボールにお米を入れて、流水で10秒程洗い、油や糠(ぬか)を取り除きます。10秒たったらボールに手を入れて回し研ぎ、濁った水を捨てましょう。再び水を入れたら、半透明になるまで同じ作業を繰り返します。なお、お米は力任せに研ぐと、潰れてでんぷん質が流れてしまい美味しさが半減するので、優しく洗うことを意識してみてください。

お米を研ぎ終わったら水に30分~1時間ほど浸しておきます。お米は水分を吸収することでふっくらと仕上がるため、浸す時間を忘れないように計算しながら準備しましょう。バーベキューなどの準備に取り掛かる前にお米を研いでおくと、慌てることなくスムーズに炊飯できます。

山のキャンプ場で湧水が汲める場合は、自然の恵みをお米と共に美味しく味わえる絶好の機会なので、ぜひ利用してみてください。

2. フタをして火にかける

By: uniflame.co.jp

お米の炊き始めは火加減が重要。最初はバーナーや直火を強めにし、お米と適量の水を入れてライスクッカーにフタをします。時間が経つと沸騰してフタの隙間から湯気が出てきますが、湯気が出なくなるまで火を弱めずに加熱するのがポイント。慌てて火を弱めると、べちゃついてしまったり硬くなったりすることがあるので注意しましょう。

お米を美味しく炊くには、基本をしっかり守ることが大切です。ライスクッカーに説明書が付いている場合は、手順通りの火加減にすることで大きな失敗をすることなくご飯が炊けます。

3. 湯気が出なくなったら蒸らす

By: amazon.co.jp

ライスクッカーから湯気が出なくなったら、素早く火を止めて10分蒸らします。蒸らし時間が経過したらしゃもじでお米をかき混ぜ、もう一度フタをして数分蒸らせば完成。冷める前に美味しく食べるのがおすすめです。

ライスクッカーの選び方

炊飯できる容量をチェック

By: amazon.co.jp

一度の調理で炊飯できる量は、製品ごとに異なるので確認しておきましょう。例えば、3合まで炊けるコンパクトなモノもあれば、5合までたっぷりと炊ける製品もあります。家族や普段一緒にキャンプをする仲間の人数を考慮しつつ選びましょう。

ライスクッカーの素材をチェック

By: captainstag.net

ライスクッカーの素材には、主にアルミニウムやステンレスなどが採用されています。アルミニウム製のライスクッカーは、食材に対して熱が均等に伝わりやすく、焦げ付きにくいのがメリットです。

一方、ステンレス製のライスクッカーは耐久性や耐食性に優れており、傷みにくいうえ、焚き火での調理にも使えるといったメリットがあります。ライスクッカーを選ぶ際には、素材の特徴を確認してから選んでみてください。

ライスクッカーの機能・特徴をチェック

By: amazon.co.jp

ライスクッカーのなかには、より美味しいご飯が炊ける「二重蓋構造」を採用したモノや、同シリーズのクッカーを重ねて収納できる「スタッキング」仕様のモノなどがあります。

また、強い火力でも傷みにくい底面を採用していたり、お焦げを簡単に剥がせるよう加工されていたりするモノもラインナップ。ライスクッカーを快適に使えるよう、製品ごとの機能や特徴もしっかりとチェックしておきましょう。

ライスクッカーのおすすめ人気モデル

コールマン(Coleman) アルミライスクッカー 2000012931

コールマン(Coleman) アルミライスクッカー 2000012931

人気のアウトドア用品メーカー、コールマンのアルミニウム製ライスクッカーです。セット内容が鍋・内蓋・米とぎ用のザル・軽量カップ・メッシュポーチと充実。ライスクッカーは3合までの炊飯が可能で、少人数でのアウトドアにぴったりです。

鍋のメイン素材は2.5mm厚のアルミニウムを採用し、熱を効率よくお米全体に伝えます。鍋の底は、強い火力でも傷みにくいようにステンレスプレートを採用。鍋の内部には目盛りが付いているので水量の調節に便利です。また、ノンスティック加工も施されており、おこげができてもキレイに剥がせます。

ユニフレーム(UNIFLAME) fanライスクッカーDX 660089

ユニフレーム(UNIFLAME) fanライスクッカーDX 660089

簡単にご飯が炊ける2~5合用のライスクッカー。本体には目盛りが付いており、水加減の調節が簡単にできます。フタは重みを持たせているので、加熱の際に圧力がかかりやすい設計です。

調理はフタがカタカタと動きだしたタイミングで弱火にし、湯気が収まったタイミングで蒸らせば美味しいご飯が炊けます。本体はアルミニウム製で肉厚が2mmと厚いため、鍋の底と上部を均等に加熱。フチは大きく立ち上がりを持たせているので、吹きこぼれを防ぎます。本製品はフッ素加工も施されており、ご飯が鍋にこびりつきにくいおすすめアイテムです。

ユニフレーム(UNIFLAME) fan5 DX 660232

ユニフレーム(UNIFLAME) fan5 DX 660232

ライスクッカーと、大鍋・片手鍋・フライパン・メッシュバスケットがセットになったモデル。ライスクッカーは、調理時にフタが動くことで火加減のタイミングを知らせるので簡単に美味しいご飯が炊けます。5合炊きまで対応しているため、ファミリーでの使用におすすめです。

ライスクッカーはセット品の大鍋に収まるサイズで湯せんが可能。好きなタイミングであたたかいご飯を味わえます。ライスクッカーとフライパンはフッ素加工されているのでお手入れも簡単です。

容量は大鍋が約5.5Lで、片手鍋が約2L。それぞれのクッカーはスタッキングが可能のため、楽に持ち運べます。

ユニフレーム(UNIFLAME) キャンプ羽釜 660218

ユニフレーム(UNIFLAME) キャンプ羽釜 660218

キャンプで羽釜炊きのご飯が楽しめる製品。羽釜の形状は熱を均等に伝えるほか、内部で対流が起きるので美味しいご飯が炊けます。本体はアルミニウム素材をメインに採用しており、熱の伝導率が高いのも特徴です。

本製品は3合までの炊飯に対応。また、フタとツバの部分はステンレス製のため耐久性にも優れています。ツマミは天然木を採用しているので、あたたかみも感じられるおすすめアイテムです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 3層鋼 段付ライスクッカー(5合) UH-4001

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 3層鋼 段付ライスクッカー(5合) UH-4001

金物の町として有名な、新潟県燕三条で生産されているライスクッカーです。本体は熱伝導率に優れた軟鉄にステンレスを挟み込んだ設計。鍋全体に均一に熱が通ってご飯が美味しく炊けるほか、高い火力や衝撃にも耐え得る耐久性を実現しています。

本体は目盛り付きで、お米と水の分量を量るのに便利です。本体サイズは外径175×高さ140mmで5合炊きが可能。量が必要なファミリーや大人数向けのキャンプに適しています。また、ハンドルは吊るしやすいように形状が工夫されているのも嬉しいポイントです。

スノーピーク(snow peak) パンクッカー CS-600

スノーピーク(snow peak) パンクッカー CS-600

ライスクッカーと2種のフライパンがセットになったモデルです。いずれのクッカーもフッ素樹脂加工を施しており、食材がこびりつきにくく、お手入れも簡単。アルミニウム製で熱伝導率に優れているのも魅力です。

ライスクッカーはフタに蒸気穴が設けてあり、湯気の量で炊飯の状態を確認可能。鍋の内部は水の量を管理しやすいように、水量を確認できるゲージが付属しています。

フライパンは浅型と深型の2種類があり、用途に応じて使い分けられるのもポイント。両方とも取手が取り外し可能で、使い勝手にも優れています。IHにも対応しており、アウトドアだけでなく家庭での調理にも役立つおすすめアイテムです。

トランギア(trangia) メスティン TR-210

トランギア(trangia) メスティン TR-210

トランギアのアルミニウム製ライスクッカー。約1.8合までの炊飯が可能かつ、重量も150gと比較的軽量なので、ソロキャンプでの持ち込みにぴったり。移動の際には小物入れとしても機能するのも嬉しいポイントです。

アルミニウム製のため熱伝導率が高く、アルコールバーナーで加熱して美味しくご飯が炊けるのもポイント。ライスクッカーとしてだけでなく、ランチボックスとしても使えるおすすめアイテムです。

キース(Keith) チタンライスクッカー

キース(Keith) チタンライスクッカー

チタン製で軽量かつ耐久性に優れたライスクッカーです。本製品は外鍋と内鍋がセットの二重構造。スタッキングした状態でお米を加熱すれば、内鍋に開いた穴から全体に蒸気に蒸気がまわり、美味しくご飯が炊けます。

お米は2合弱ほどの量なら炊けるので、ソロや二人でのキャンプにおすすめです。また、パッキン付きで、フタをしたあとの密閉性が高いのもポイント。フタはロック機構も備えているほか、専用の収納ケースも付属しているため持ち運びの際も安心です。

ロック部の取手は長めに設計されており、吊るして加熱可能。なお、製品が円筒形で縦長なので、五徳に載せて調理する場合は倒さないように注意しておきましょう。

ハリオ(HARIO) フタがガラスご飯釜 GNN-200B

ハリオ(HARIO) フタがガラスご飯釜 GNN-200B

陶器製の鍋と耐熱ガラスのフタで簡単に炊飯できるライスクッカーです。鍋に厚みを持たせているので重量は約3kgと重たいものの、その分お米に伝わる熱を自動的に調節できる優れモノ。火力調節を自身でする必要がないため、手間がかかりにくいのも魅力です。

フタはガラス製で、鍋の中身が見られるので調理時も安心。火を止めるタイミングはフタにあるホイッスルで知らせます。鍋は日本製の萬古焼で、しっかりとした作りなのも魅力です。使い勝手に優れたアイテムを探している方は、チェックしてみてください。

MiliCamp メスティン MR-250

MiliCamp メスティン MR-250

コスパに優れた汎用性の高いライスクッカー。値段が安いので手に入れやすく、食器・弁当箱・小物入れとしても機能する万能のアイテムです。素材はアルミニウムを採用。重量が約165gと軽量なほか、熱伝導率が高いためご飯を美味しく炊けます。

容量は800mlで、約2合の炊飯に対応したサイズ。ソロキャンプでの使用に適しており、小物入れとしても持ち運べます。また、炊飯の代わりにフライパンや鍋の代わりとして使用することも可能。小サイズのバーナーでも熱が全体に回るので、簡単に調理ができます。