登山でもキャンプでも、食事は楽しみのひとつです。アウトドア向けに作られた調理器具「クッカー」を持っていれば、煮込み料理や炒め物などの凝った料理を楽しめます。

そこで今回は、クッカーを選び方とおすすめの人気製品をソロキャンプ向けとファミリー向けに分けてご紹介。クッカーを使って、凝った美味しい料理をぜひ作ってみてください。

クッカー(コッヘル)とは?

By: amazon.co.jp

クッカーとは、登山やキャンプなどアウトドアで調理をする際に使う調理器具のことで「コッヘル」とも呼ばれています。アウトドアで利用するアイテムなので、携行性に優れているのが特徴です。

素材としては軽くて丈夫なアルミやチタンが主流。また、形状は縦長の深型と浅型に分けられます。多くのクッカーはハンドル部分が折り曲げられるようになって、収納性も工夫されています。

クッカーを選ぶ時は、携行性と調理のしやすさという2つのポイントに注目して選ぶようにするとよいでしょう。また、ストーブの火力やサイズとのバランスを考慮することも重要です。

クッカーの形状は「浅型」と「深型」の2種類

By: amazon.co.jp

浅型の特徴

浅型クッカーは、底面が広めに作られているため熱がまわりやすいのが特徴。煮物や炒め物料理に最適です。また、ストーブの上で安定しやすいので調理しやすいのも魅力。お皿に移さず、クッカーのまま直接食べやすいのでソロキャンプにもおすすめです。

深型の特徴

深型クッカーは、収納性に優れているのが特徴です。中にストーブを収納できるほどの深さのあるタイプも数多くラインナップしています。

料理に関しては、インスタントラーメンやパスタを茹でるのに向いており、炒め物などには向いていません。湯沸かしメインで、手間のかかる調理はしないという方、登山などで携行性を重視する方におすすめです。

クッカーの選び方

利用シーンを考える

By: amazon.co.jp

大人数のキャンプなどでたくさんの料理を作る場合は、炒め料理や煮物が作れる浅型のクッカーを利用するのがおすすめ。車を利用する場合は、鉄やステンレスといった重めのクッカーも検討するとよいでしょう。

ハードな登山などで携行性を重視する時は、インスタントラーメンやレトルト食品を利用することが多いので、湯沸かしメインで使えるチタンかアルミの深型クッカーがおすすめ。炒め料理や焼く料理を作る場合は、アルミ素材の方が熱が均等にまわりやすいのでラクに調理できます。

素材をチェック

By: amazon.co.jp

アルミ

アルミ素材はクッカーで最も一般的な素材です。軽くて丈夫で、熱伝導性に優れているのが特徴。熱が均一にまわりやすく焦げ付きにくいため調理がしやすくなります。

ただし、酸とアルカリ性に弱いという性質があるので、酢や塩分の濃い料理をする時はできるだけ短時間で済ませるとよいでしょう。また、キズつきやすい点もデメリット。金属ヘラの使用、金属タワシで洗うなどは避けるようにしてください。

以上の点に注意すれば、アルミは手入れも簡単なのでおすすめです。携行性に留意しながらも、できるだけ厚めのアルミを選ぶと料理がしやすくなります。

チタン

チタン素材は、軽量かつ高い強度を有しているのが特徴です。また、キズがつきにくく耐食性に優れているのも魅力。保温性に優れているので、インスタントラーメンやレトルト食品など、湯沸かしメインで利用する方におすすめの素材です。

ただし、チタンのクッカーは熱が局所的に集まりやすい性質があり、焦げやすいのがデメリット。焼いたり炒めたりする料理にはあまり向いていないので注意しましょう。

ステンレス

ステンレス素材は錆びにくく、保温性が高いことが特徴です。焦げにも強いため、カレーや豚汁など長時間かかる煮込み料理などに向いています。IH対応のモデルも多いので、家庭でも使いやすい調理器具です。

ただし、保温性が高い反面、アルミほど熱伝導性はよくありません。また、ステンレスのベースは鉄なので、重いというのがデメリット。そのため、車で行くキャンプなどでは重宝しますが、登山には不向きです。

表面・底部の加工

By: amazon.co.jp

クッカーの中には、「フッ素樹脂加工」「セラミック加工表面に加工」など表面や底面に加工を施したモデルをランナップしています。

フッ素樹脂加工は油を使わずに調理しても焦げ付きに食いというメリットがありますが、高熱に弱いのがデメリットです。セラミック加工はフッ素樹脂加工とちょうど反対の性質を持っています。つまり、熱や衝撃には強いのですが、焼いたり炒めたりする時は油が必要です。

また、滑りにくく、熱伝導性を高めるために底部にウズ状の加工を施したモデルもあるのでチェックしてみてください。

単品購入か、セット購入か

By: amazon.co.jp

クッカーの多くは、各メーカーの同一シリーズで大・中・小といったサイズの違う製品を取り揃えています。同一シリーズのサイズ違いの製品は、大きい製品の中に小さいサイズの製品を収納できるように工夫されていることも多いです。

また、セットで購入すると個々で購入するより安い価格に設定されていることが一般的です。アウトドアでいろいろな料理をしたい場合は、セット購入がおすすめです。

クッカーのおすすめ|ソロキャンプ向け

イワタニプリムス(IWATANI-PRIMUS) イージークック・ソロセットM PCKK202

容量900mlのポットと400mlミニポットがセットになったイワタニプリムスのクッカーです。重量約250gと軽量で、収納サイズは12.5×12.5×15cmとパッキングしやすいのが魅力。

素材は軽くて調理がしやすいアルミ製です。「ハードアノダイズド加工」を施してアルミの弱点である耐食性を高めてあるのもメリット。内側はフッ素コーティング加工済で、焦げ付きにくく調理しやすいクッカーです。

ポットには注ぎ口と目盛りもついていて使い勝手も良好。クッカーが足りない時には、同シリーズのソロセットSを購入すれば中に入れて収納することも可能です。

スノーピーク(snow peak) ソロセット 焚 SCS-004R

880ml容量のポット、540mlのカップ、フタがセットになったスノーピークのソロ用のクッカーです。深型のポットと浅型のカップで使いやすいセット内容。収納サイズ111×132mm、メッシュ素材の専用ケースも付いておりコンパクトに収納できます。

素材は熱伝導にアルミ製で、重量は約270gとなっています。ポットの内部には、焦げ付いにくいフッ素樹脂加工を施しているのがポイント。ご飯が炊きやすく、パッキングもしやすいおすすめのクッカーです。

ユニフレーム(UNIFLAME) 山クッカー 角型 3 667705

直径約12.7cmと約10.8cmの浅型鍋と、約13cmのフライパン、フタがセットになったクッカーです。鍋とフタの素材は耐摩耗性を高める「アルマイト加工」を施したアルミニウム。フライパンはフッ素樹脂加工を施したアルミニウム製で焦げにくくなっています。ハンドルにステンレスを採用した使いやすいクッカーです。

ザック内でデッドスペースが生じにくくパッキングしやすい角型を採用しています。インスタント麺なども割らずに入れられるのが魅力です。

イーピーアイ(EPI) ATSチタンクッカー TYPE-2 M TS-104

軽くて丈夫なチタンを使用したクッカーです。1350mlの鍋と、お湯を沸かしたりもできる深型のフタがセットで付いています。

本製品は、チタンにアルミニウムを溶射しているのが特徴です。このことでアルミ層が熱を拡散させて、熱が局所に集まり焦げやすいというチタンの短所を解決。橋ゲタや船底などに用いられる加工技術で、剥離することもなくて安心です。

ハンドルに角度がついているので、手にフィットして持ちやすいのも魅力。100cc単位の目盛りもついており、水量を測るのにも便利なおすすめのクッカーです。

エバニュー(EVERNEW) チタンマグポット500ストーブセット ECA268

マグポット、アルコールストーブ、ストーブスタンドがセットになったエバニューのクッカーセットです。素材は軽くて丈夫なチタニウム製で、重量が合計175gと非常に軽量なのが魅力です。

また、ストーブもスタンドもすべてをポット内に入れられる収納力の高さもポイント。収納サイズはわずか9.7×8.7cm、専用のスタッフバッグにコンパクトにまとめられます。携行性を重視したクッカーを探している方におすすめです。

クッカーのおすすめ|ファミリー向け

モンベル(mont-bell) クッカー アルパインクッカー 18+20パンセット 1124568

直径18.0cmと20.0cmの鍋型クッカー、直径20.5cmのフライパン、フタが2枚セットになったモンベルの人気のセット。炊飯・煮物・炒めものすべてがワンセットで対応できます。

収納サイズは21.5×14.8cm、重量は約1080g。イエローのハンドルがワンポイントとなったおしゃれなデザインも魅力です。

ユニフレーム(UNIFLAME) ごはんクッカープラス 667613

アウトドアでも本格的に調理したい方におすすめのユニフレームのクッカーセットです。炊飯用のライスクッカー、アルミクッカー、フライパンが付いています。

ライスクッカーは最大3合、アルミクッカーも1合のご飯を炊くことが可能。ライスクッカーはフタの動きで火加減がわかるようになっていて便利です。

フライパンの素材には、頑丈で保温性が高い「黒皮鉄板」を採用しています。収納サイズは直径165×93mm、重量は約734gとコンパクトで軽量。アウトドアでも本格的な料理がしたいという方におすすめのクッカーです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) BBQ用炊飯器 丸型ハンゴー M-5546

キャプテンスタッグの炊飯用のクッカーです。一般的な屋外でも使える「兵式ハンゴー」と違って丸型なのが特徴。4合のご飯を炊けるほか、味噌汁やカレーなどの煮物にも利用できる便利なハンゴーです。

素材はアルミニウムで内側にはアルマイト加工、外側はエポキシ樹脂塗装を施し、フックハンドルは丈夫な鉄製です。中ブタは約2合の計量カップとしても利用できます。

コールマン(Coleman) アルミクッカーセット 2000010531

約26cmのウォックパン、約24cmフライパン、そして約18cm片手鍋のクッカーセット。ウォックパンは煮る、炒める、蒸す、焼く、をはじめ揚げ物も調理できて汎用性が高いのが魅力。ウォックパンと片手鍋にはそれぞれフタが付属しています。

素材はアルミニウム製、約2.5mmと厚めなので熱伝導性に優れています。また、焦げ付きにくくするために「ノンスティック加工」が施されているのもうれしいポイント。

ハンドルは着脱可能な「クイックハンドル式」を採用しています。セットの鍋などがすべてウォックパンに収納できて、収納サイズは約直径29×高さ13cmとコンパクトです。重量は約2.6kgと少々重めなので、車で行くキャンプなどにおすすめのクッカーセットです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用 ケトル クッカー 14cm 1.3L M-7296

ヤカンとしても鍋としても利用できるキャプテンスタッグのクッカーです。サイズは外径145×高さ90mm、重量は約370gとコンパクト・軽量ながら実容量約1Lのお湯が沸かせます。

注ぎ口はパンチング加工されているので、パスタや蕎麦、野菜を茹でた時に湯切りができます。素材は保温性が高く、光沢があって高級感のあるステンレス製。湯沸かしだけに使うのはもったいない高機能なクッカーです。

イワタニプリムス(IWATANI-PRIMUS) CF クックセットL P-C738001

アウトドアでしっかり調理したい方におすすめのイワタニプリムスのクッカーセットです。1.8ℓ鍋と3.0ℓ鍋、底部内径が15.0cmのフライパンがセットになっています。3.0ℓの鍋は、ハンドルが吊り下げやすい形状をしているため、焚き火を使った調理にも対応可能。

素材には、厚みのあるステンレスを採用しています。耐久性に優れているとともに保温性が高く、実用性が高いのが魅力。ただし、重量は約1540gとやや重めなので注意しましょう。

番外編:フライパンのおすすめ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) BBQ用 フライパン ハイフロン加工 16cmM-7892

ソロ〜2人のアウトドアクッキングでおすすめのキャプテンスタッグのフライパンです。外径170×全長265mm、ハンドル部分は取り外せるので収納がしやすいのが魅力。

素材は、熱まわりがよく軽量で扱いやすいアルミニウム製。表面は料理をこびりつきにくくするため「ハイフロン加工」を施しています。

エバニュー(EVERNEW) アルミフライパンラウンド #20 ECA197

煮る、焼く、炒めるといった調理方法が可能な、エバニューのアルミ製フライパン。表面にフッ素樹脂加工が施されているため焦げ付きにくいのが特徴です。

重量は約290g、サイズは内径20×深さ6cmのコンパクトな設計。容量も1600mlと余裕がるので調理の幅が広がります。フライパンというとかさばるというイメージがありますが、本製品はハンドルが底面に沿って折り曲げられるようになっているのでスッキリと収納できるのが魅力です。