キャンプや登山など、アウトドアで料理をするために必須のアイテム「クッカー」。焚き火をしながら、手軽に料理が楽しめるクッカーは、素材や形状もさまざまなタイプが販売されています。そのため、スタイルに応じたアイテム選びが重要です。

そこで今回は、クッカーの選び方や、おすすめモデルをご紹介します。ぜひ、クッカーを選ぶ際の参考にしてみてください。

クッカーとは?

By: amazon.co.jp

家庭で使用する調理器具よりもミニサイズで、焚き火台やバーナーなどで調理できるのが、アウトドア用のクッカー。コンパクトなので、リュックなどに収納して持ち運びがしやすいのも特徴です。

クッカーは、素材や大きさなどにより性能も異なります。そのため、人数やアウトドアのスタイルに適したアイテムを選びましょう。また、家庭用調理器具と同じように、鍋やフライパンなど、料理の種類によっても使い分ける必要があります。

クッカーの選び方

素材をチェック

アルミ

By: rakuten.co.jp

熱伝導率が高いので、調理がしやすいのがアルミ製クッカーのメリットです。焦げつきにくくお手入れも簡単なため、アウトドア初心者の方でも使用しやすい素材。ただし、保温性が低いので、調理が冷めやすいのがデメリットです。

強度も低く、取り扱いには注意が必要。その半面、比較的軽量で持ち運びがしやすく、価格も安いモデルが多いのが魅力です。

ステンレス

By: amazon.co.jp

優れた保温性と耐久性を備えているのがメリットのステンレス製クッカー。錆びにくく、壊れにくいのも特徴です。デメリットは、熱伝導率が低いので、焦げつきやすく、調理にも時間がかかってしまう点。さらに、頑丈な反面、重さがあるため、持ち運びが大変なのも難点です。

しかし、調理した料理が冷めにくい性質があるので、インスタントラーメンやカップスープなどの料理をつくるのに適しています。

チタン

By: amazon.co.jp

非常に軽量で、耐久性にも優れているのがチタン製クッカーのメリットです。軽いので、長距離の移動や登山への持ち運びに便利。デメリットは、熱伝導率が低いので焦げつきやすく、調理の際にムラが出る場合がある点です。

そのため、簡単な炒め物や、少量の鍋料理などでの使用に適した素材。そして、価格が高めのモデルが多いため、購入時に検討が必要な場合もあります。しかし、錆びにくく強度も高い特徴があるため、厳しい環境のアウトドアなど、さまざまなシーンで使いやすいのが魅力です。

深さをチェック

深型

By: amazon.co.jp

登山用ザックやリュックなどに収まりがよく、持ち運びしやすい形状なのがメリットの深型クッカー。インスタントラーメンなどの簡単な調理には適していますが、熱の回りに難点があります。

そのため、しっかり火を通さないといけない炒め物や、煮込み料理には不向きなのがデメリット。しかし、キャンプや登山などのアウトドアに持ち運ぶ際には、深さがあり食材やグッズを入れておけるので便利です。

浅型

By: amazon.co.jp

熱の伝わりがよく、炒め物や煮込み料理など、幅広い調理が楽しめるのがメリットの浅型クッカー。アウトドアで本格的な料理を味わうのに適しています。

ただし、幅面積が広く、ザックやリュックに収納しにくい形状なのがデメリット。なるべく荷物を少なくしたい登山などの場合には不向きなケースもあります。その半面、底が浅いため洗いやすく、お手入れが簡単なので便利です。

スタッキング可能なら収納も簡単

By: amazon.co.jp

クッカーの中に、アウトドアに必要なグッズや、調理アイテムなどを重ねて収納するのが「スタッキング」。鍋やフライパンには空間が生まれるため、いろいろなモノが収納できれば持ち運びに便利です。

スタッキング可能なタイプのクッカーであれば、ザックやリュックに収納するのも簡単。しかし、小さなサイズのクッカーや、組み合わせによってはスタッキングしにくいタイプもあります。

収納のしやすさを重視する場合には、形状や大きさなど、組み合わせてスタッキングが可能かどうかもチェックしてみましょう。

ファミリーキャンプならクッカーセット

By: coleman.co.jp

ファミリーキャンプによく行く方や、大人数でアウトドアを楽しみたい方におすすめしたいのが、クッカーセット。クッカーやフライパン、ライスクッカー、ザルなどが一式揃っており、手軽に使い始められます。

コンパクトにスタッキング収納ができるので、収納性と携帯性も良好です。最近は、IHに対応したクッカーセットもあり、家でも外でも使えるタイプが人気。気になる方はぜひチェックしてみてください。

クッカーのおすすめメーカー

モンベル(mont-bell)

By: montbell.jp

日本の大阪府に拠点があるアウトドア製品の総合メーカー「モンベル」。キャンプ用クッカーをはじめ、テントやバックパック、寝袋、登山靴、レインウェアなど、多岐に渡る高性能なアウトドアアイテムを取り扱っています。

モンベルが展開しているクッカーで代表的なのが、調理がしやすく、軽量な「アルパインシリーズ」。ソロキャンプから、グループでのキャンプなど、シーンに合わせて種類も豊富です。スタッキングもできる大きさや形状のモノがセットでも販売されており、アウトドアを楽しむ方に人気を集めています。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

創業以来、革新的で高品質な新製品の開発が行われている「スノーピーク」。日本の新潟市に拠点を置く、アウトドア製品の総合メーカーです。車で寝泊まりや移動をしながら旅行する「オートキャンプ」スタイルを発信したメーカーとしても知られます。

スノーピークから提供されるクッカーには「アルミパーソナルクッカーセット」など、軽量でコンパクトなタイプが多いのが特徴。収納にも便利で、持ち運びがしやすくて使い勝手がよいアイテムを多数展開しています。

ダグ(DUG)

By: amazon.co.jp

日本の埼玉県を拠点とする「ユニバーサルトレーディング株式会社」が取り扱う、アウトドア製品のブランド「ダグ」。ソロやファミリーでのキャンプ、ツーリングなどさまざまなシーンに応じたアイテムを取り扱っています。

クッカーとしては、優れた耐久性や耐摩耗性を備えた「ブラックアルミクッカー」シリーズや、焚き火で吊るして使用できる「Takibi」シリーズなどを展開。用途によって幅広く使えるのも特徴です。

クッカーのおすすめモデル

モンベル(mont-bell) アルパインクッカー 18

火の通りがはやいアルミ製で、素早く調理ができる深型クッカー。サイズは直径19×高さ12.3cmで、少人数からファミリーユースまで、さまざまなシーンでマルチに活躍するクッカーです。

シリコンカバー付きのハンドルは熱くなりにくく、扱いやすいのが特徴。また、吊りハンドルとサイドハンドルがついているのもポイントで、鍋の取り回しが楽なほか、吊りハンドルで焚き火にかけられるのも魅力です。クッカーの内側には目盛りがついており、使い勝手にこだわって設計されています。

重さ341g、収納時サイズは19.5×13cm。付属の収納袋でコンパクトにまとまるので、どこにでも気軽に持ち運びできます。使いやすく、少人数からファミリーまでカバーできるクッカーを探している方におすすめです。

モンベル(mont-bell) アルパインクッカー ディープ 11

軽量で、火の通りがはやいアルミ製のクッカー。ソロキャンプや登山によく行く方におすすめです。フタは器として使うほかに、1人分の目玉焼きを作ったり、深型で調理をしている間に湯を沸かしたりと、鍋としても活躍します。収納性も良好で、250サイズのガスカートリッジと小型ストーブなどの収納が可能です。

本体サイズは、直径12.7×10cm、重さ219g。本体の容量は0.75Lで、1人分のカップラーメンを作るときなどにぴったりです。使い勝手のよいコンパクトなクッカーを探している方は、チェックしてみてください。

モンベル(mont-bell) アルパイン クッカー スクエア 13

荷物をパッキングするときに、デッドスペースを減らす四角い形のアルミ製クッカー。市販のインスタントラーメンを調理するのにちょうどよい形状で、ソロキャンプによく行く方におすすめです。また、角型でお湯が注ぎやすく、ケトルとしても活躍します。

本体サイズは、幅14.2×奥行き14.2×高さ8.6cm。重さが200gと軽く、付属の収納ケースで携帯性も良好です。ソロキャンプや登山で、気軽に使えるクッカーを探している方に適しています。

モンベル(mont-bell) アルパインクッカー ソロセット

「アルパインクッカー ディープ 9」と「アルパインクッカー ディープ 11」の2つの深型クッカーがセットになったアイテムで、ソロキャンプに行く方におすすめです。「アルパインクッカー ディープ 9」は、本体サイズ9.3×8cm、容量は0.4Lで、中に110サイズのガスカートリッジが収まります。

収納時サイズは13×11cmで、スタッキングしてすっきり収まるのも嬉しいポイント。ソロキャンプ用のクッカーを探している方におすすめです。

モンベル(mont-bell) アルパインクッカー 16+18 パンセット

アルパインクッカー16・アルパインクッカー18・アルパインフライパン18の3点セット。煮込み料理や炒め物、吊りハンドルを使って焚き火料理などが同時にでき、キャンプでゆっくりと食事を楽しみたい方におすすめです。

収納時サイズは20.5×14cmで、スタッキングしてすっきり収納できるのもポイント。こだわりのキャンプ料理を作りたい方や、鍋とフライパンがセットになったクッカーを探している方は、ぜひ検討してみてください。

スノーピーク(snow peak) コッへル・クッカーセット トレック 900ml SCS-008

深型クッカーと、フライパンとしても利用できるフタがついたアルミ製のクッカーです。深型クッカーのサイズは12×10.7cm、容量は0.9Lで2人分のパスタを茹でられ、そのままパスタソースを混ぜれば手軽に食事を作れます。また、深型鍋にはアルマイト加工が施されており、耐久性の高さもポイントです。

フタのサイズは12.7×3.9cm、容量は0.25L。食器として使ったり、炒め物をしたりと、さまざまな使い方ができるので便利です。収納時サイズは、13×14cmとコンパクトにまとまり、どこにでも気軽に持ち運べます。

深型クッカーの中には、110サイズのガスカートリッジの収納が可能。ほかのサイズの深型クッカーともスタッキングできるので、サイズ違いで購入するのもおすすめです。

スノーピーク(snow peak) アルミパーソナルクッカーセット SCS-020

軽量コンパクトで人気の高い、アルミ製のクッカーセット。大きさの違う浅型クッカー2個と、フタの代わりにもなるフライパン2個がセットのアイテムで、ソロキャンプから少人数キャンプまで、幅広いシーンで活躍します。

クッカーのLサイズは14.8×7.5cm、Sサイズは12.8×6.9cm。容量はそれぞれ1Lと、0.7Lです。浅型で開口部が広いので、調理しやすいのが特徴。カラトリーで料理をすくいやすいほか、さっと洗えるのもメリットです。内側は、耐久性を高めるためにアルマイト加工が施されています。

フタのLサイズは、15.7×3.3cm、Sサイズは13.2×3cm。4つのアイテムはすっきりとスタッキングでき、収納時サイズは15.5×10cmと、コンパクトにまとまります。クッカーとしても、食器としても使いやすいサイズで、さまざまなシーンに対応が可能。使い勝手のよいクッカーセットを探している方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) チタン トレック 700 SCS-005T

本格的なソロキャンプからピクニックまで、気軽に持ち歩ける深型クッカー。素材はチタンで、重さ136gと軽量なのが特徴です。クッカーのサイズは、直径10.5×11.3cm。中に110サイズのガスカートリッジと小型ストーブを収納できます。

フタには、湯切りに便利なスリットがあるため、パスタなどの麺類を茹でるときに便利。また、フタは本体に引っ掛けられるので、汚したり、紛失したりしにくいのもポイント。とにかく軽くて、シンプルなクッカーを探している方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) チキンラーメンクッカー SCS-080

同ブランドと日清チキンラーメンがコラボした、ユニークなソロ向けクッカーです。チタン製のため本体の重さは140gと、軽量なのが特徴。卵ケースが付属しているのも嬉しいポイントです。

クッカーのサイズは、16×16.7×9cm、容量0.98Lで、カップや袋のチキンラーメンがぴったり入る形状。調理しやすい浅型クッカーなので、ラーメンだけでなく、ほかの調理にも活用できます。

ハンドルは折りたためるので、収納性も良好。人とは違ったデザインを求めている方や、キャンプ道具にこだわりのある方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) パンクッカー CS-600

キャンプでも、自宅でも使えるアルミ製のクッカーセット。ディープフライパン・シャローフライパン・ライスクッカーの3点セットで、IHにも対応しているため、利用シーンを選ばずオールラウンドに活躍するおすすめのクッカーです。

直径26×高さ8.6cmのディープフライパンは、焼く・煮る・揚げるの調理法にマルチで対応。シャローフライパンは、直径26×高さ6.1cmと浅型で、調理がしやすく使い勝手が良好です。また、ライスクッカーは、1点から集中して湯気を出す仕組みのため、ふっくらと美味しくお米を炊き上げます。

クッカーの内側にはフッ素樹脂加工が施されており、焦げにくくお手入れが簡単なのもポイントです。取っ手は取り外してスタッキングできるため、収納性も良好。キャンプはもちろん、自宅でもすっきりと収納できます。

アウトドアシーンだけでなく、家でも使えるクッカーを探している方や、大人数の料理が作れるクッカーを探している方におすすめです。

ダグ(DUG) HEAT-1 DG-1100

底に設けられたジャバラ状の「ヒートエクスチェンジャー」の採用により、燃料の使用を最小限に抑えたクッカー。炎が外部に逃げることを防ぎ、底からクッカー全体に熱を効率よく伝導させることで、スピーディーに湯を沸かせます。

素材は、耐久性の高さに定評のある加工が施されたアルミを採用。ハンドル部分にはシリコンカバーがついており、取り回しがしやすいのも嬉しいポイントです。また、ハンドルは折りたためるので収納性にも優れています。

本体サイズは、直径12×高さ13cm、容量は1L。重さは206gと軽いので、バッグパックに入れて気軽に持ち歩けます。軽量コンパクトで、熱効率のよいクッカーを探している方におすすめです。

ダグ(DUG) ポットM DG-0207

鍋や食器としても使えるフタがセットのアルミ製クッカー。クッカーのサイズは直径12.5×高さ10.2cm、フタは直径12×高さ6cmで、容量はそれぞれ1Lと0.5Lです。クッカーの中には、カートリッジと小型バーナーが収納でき、付属のケースでコンパクトにまとまります。

本体に「ハードアノダイズド加工」が施されているため、高い耐久性と耐摩耗性を備えているのもメリット。また、本体には注ぎ口が設けてあり、使い勝手も良好です。ソロキャンプ用に向いていて、長く愛用できるクッカーを探している方は、チェックしてみてください。

ダグ(DUG) 焚火缶 3点セット DG-0103

持ち手がついており、オプションのトライポッドを揃えれば、吊り下げて焚き火料理ができるクッカー。キャンプシーンならではのダイナミックな焚き火料理を楽しみたい方におすすめです。

S・M・Lサイズの深型クッカーとフタのセットで、人数や作る料理に合わせてチョイスできます。フタは、器やフライパン、浅型クッカーの代わりになるほか、深型クッカーは高さがあるので炊飯も可能です。

収納時はスタッキングしてコンパクトにまとまるのもポイント。3点セットにもかかわらず、価格がリーズナブルなのでエントリーモデルにおすすめです。アルマイト加工が施された昔ながらのアルミ製なので、シンプルなクッカーを探している方は、ぜひ検討してみてください。

エバニュー(EVERNEW) チタンウルトラライトクッカー3 ECA253

ものづくりで有名な新潟県燕市で製造されているクッカー。本アイテムは、現地の燕商工会議が、品質安全性を確認した製品だけに与えられる「メイド・イン・ツバメ」を取得しています。

特殊薄板のチタンを採用することで、軽量化を図っているのもポイント。重さは130gで、本体サイズは、直径15×深さ7.7cmで2〜3人の登山やキャンプにおすすめです。容量は1.3Lあり、雪を溶かして水を作らなければならないシーンにも適しています。登山やクライミングに携帯できる、軽量のクッカーを探している方におすすめです。

エバニュー(EVERNEW) チタンパスタもクッカーS ECA521

1〜2人分の料理にちょうどよいチタン製のクッカーです。フタには湯切りがついており、パスタが簡単に作れるのがポイント。また、調理中でも素手で扱えるように、ハンドルにはシリコンチューブがついているほか、クッカー内部には目盛りが刻まれているため、使い勝手がよいのも特徴です。

本体サイズは、直径9.3×深さ11.1cmで、容量は0.75L。重さは95gで、チタン製ならではの軽量さが魅力です。クッカーの中に110サイズのカートリッジが収納できます。

ユニフレーム(UNIFLAME) 山クッカー 角型 3

収納時のデッドスペースを減らす角型のアルミ製クッカー。大小サイズの違うクッカーが2個と、フライパンがセットのアイテムです。

大きなサイズのクッカーは、約12.7×12.7×深さ7.45cmで、お米が2合まで炊けます。また、小さなサイズは、約10.8×10.8×深さ6.4cmで、1合まで炊飯が可能です。

本アイテムで、炊飯から汁物、メインディッシュまで、1食分のメニューが同時に調理できます。さまざまなシーンでオールラウンドに活躍するので、初めてのクッカーセットにおすすめです。

ユニフレーム(UNIFLAME) fanライスクッカーDX

キャンプ先でも、炊きたての美味しいご飯が食べたい方におすすめのライスクッカー。熱伝導性に優れた2mmの肉厚アルミニウムを採用しているほか、美味しさを逃さない独自の形状で、焚き火・炭火・ガスバーナーのいずれの方法でも、ふっくら炊き上げます。

火にかけて、フタが「カタカタ」したら弱火にすればよいので、火加減のタイミングも簡単。クッカー内側には目盛りがあるため、使い勝手も優れています。

サイズは、約直径21×11.5cmで、たっぷり5号まで炊飯が可能。ファミリーキャンプに行く方におすすめです。

ユニフレーム(UNIFLAME) fan5DX 660232

4〜5人分の調理できるクッカーセット。鍋の材質と形状が異なる5つのアイテムが揃っており、さまざまな調理シーンに対応できます。

セット内容は、ステンレス大鍋・ステンレス片手鍋・アルミフライパン・アルミライスクッカー・メッシュバスケットの5点。野菜の水切りや洗い物にも便利なメッシュバスケットがついているのがポイントで、大鍋のフタはフライパンのフタとしても利用できます。

スタッキングが可能で、収納時は約直径23×19.5cmと、付属のケースでコンパクトにまとまるのも嬉しいポイント。家族分の1食の調理がまかなえるので、ファミリーキャンプ用のクッカーを探している方におすすめです。

コールマン(Coleman) パックアウェイ ソロクッカーセット

ソロキャンプにぴったりのアルミ製クッカーセットです。深型クッカーは、約直径12.5×高さ10cm、容量0.9L。カップは約直径12×高さ5cmで、容量は0.4Lです。収納時サイズは、約12×高さ15cmと、付属のメッシュポーチでコンパクトにまとまります。

持ち手が熱くなりにくいシリコンカバーがついているほか、深型クッカーには注ぎ口と目盛りが付いており、使い勝手がよいのが特徴。また、クッカーの底には、ゴトクの上で滑りにくい「スパイラル加工」が施されているため、安定感も良好です。

クッカーの内側は汚れや焦げ付きがさっと落とせる「ノンスティック加工」なので、後片付けも簡単。外側にはキズに強いハードアノダイズ加工で、耐久性が高いのもメリットです。後片付けが楽で、使い勝手のよいソロ用クッカーを探している方は、ぜひ検討してみてください。

コールマン(Coleman) アルミクッカーコンボ 2000026764

深型クッカー・フライパン・ライスクッカー・ザル・軽量カップ・フタなど、料理に必要なツールが揃ったオールインワンセット。ファミリーキャンプに行く方におすすめです。

深型クッカーのサイズは、約直径22×高さ17cm、ライスクッカーは約直径19×高さ18cm。フライパンのサイズは、約直径22.5×4cmで、汎用性が高く、使い勝手のよいサイズ感です。また、深型クッカーの中にそのほかのアイテムをすっきりスタッキング収納ができます。

内側はノンスティック加工が施されているため、汚れや焦げがつきにくく、後片付けが簡単なのも魅力。家族分の食事をカバーできるクッカーセットを探している方におすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ラグナ ステンレスクッカー Lセット M-5504

丈夫でサビに強いステンレス製のクッカーです。16cm鍋・20cm鍋・22cmフライパン・0.9Lケトル・取っ手がセットのアイテム。ものづくりの町で有名な新潟県燕三条で作られており、長く愛用できるクッカーを探している方におすすめです。

すべてのアイテムはスタッキングでき、付属の収納ケースにコンパクトにまとまるのもポイント。美しい光沢を放つステンレス製クッカーを、この機会にぜひ検討してみてください。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ステンレス角型 ラーメンクッカー 1.3L UH-4202

ステンレス製の角型ラーメンクッカーです。サイズは17.1×26.2×長さ11.1cmで、1〜2人分の調理に向いており、クッカーの中にインスタントラーメンが2個入るのも便利。優れた保温性を備えたステンレス製のため、あたたかいまま食事ができます。

湯切りのあるフタと、クッカーには300・500・700mlの目盛りがあり、使い勝手も良好。デッドスペースの少ない角型なので、トレッキングやソロキャンプに携帯しやすいクッカーを探している方におすすめです。

Soomloom チタン7点クッカーセット

容量0.8Lと1Lの深型クッカーが2個、フタとしても代用できるフライパンが2個、マグカップ、スプーンとフォークの7点がセットになったアイテム。チタン製クッカーで、総重量は約485gという軽さが特徴です。

スタッキングできるので、収納時は約11×14cmと、すっきりまとまるのもポイント。また、チタン製にもかかわらずリーズナブルな価格も大きな魅力です。

料理に必要なツールが揃っており、ソロキャンプからファミリーキャンプまで、さまざまなシーンで活躍します。チタン製のクッカーセットを探している方におすすめです。