登山でもキャンプでも、食事は楽しみのひとつです。アウトドア向けに作られた調理器具「クッカー」を持っていれば、煮込み料理や炒め物などの凝った料理を楽しめます。

そこで今回は、クッカーの選び方とおすすめの製品をソロキャンプ向けとファミリー向けに分けてご紹介。クッカーを使って、凝った美味しい料理を作ってみてください。

クッカーとは?

By: amazon.co.jp

クッカーとは、登山やキャンプなどアウトドアで調理をする際に使う調理器具のことで「コッヘル」とも呼ばれています。アウトドアで使用するアイテムなので、持ち運びに優れているのが特徴です。

使われている素材は、軽くて丈夫なアルミやチタンが主流。また、形状は縦長の深型と浅型に分けられ、多くのクッカーはハンドル部分が折り曲げられるため、収納性に優れています。

クッカーを選ぶ時は、持ち運びのしやすさと調理のしやすさという2つのポイントに注目して選びましょう。また、ストーブの火力やサイズとのバランスを考慮することも重要です。

クッカーの選び方

利用シーンを考慮して形状を選ぶ

By: amazon.co.jp

炒め料理や煮物作りに適した浅型

浅型のクッカーは容量に対し底面積が大きく、バーナーの炎を広範囲で受けられるのが特徴。内部にムラなく熱が回るので、煮込み料理や炒め物におすすめです。もちろん、インスタントラーメンなどの簡単な調理もできます。

底が浅いため、使い終わった後の洗い物も簡単です。デメリットは、容量が大きくややかさばるので収納がしづらい点。荷物を減らす必要のあるソロキャンプや登山には不向きです。

しかし、調理の幅が広がるので、本格的な食事を作りたい方や複数人分作りたい方におすすめ。複数人でキャンプをする際は、1台持っておくと便利です。

湯沸かしメインで使える深型

深型のクッカーは、さっとお湯を沸かしたいときに便利なアイテムです。クッカーの直径に対して深さがあるため、お湯を沸かすだけでなく飲み物や簡単なスープを作ったり、麺類を茹でたりする用途にも最適。ソロキャンプの場合は深型のクッカーでインスタントラーメンなどを作り、そのままクッカーを器代わりに食べることも可能です。

バックパックに収納しやすい形状で、持ち運びに優れているのも魅力。クッカーの内部に他の荷物を詰めれば、無駄なスペースがなくなり収納性にも期待できます。デメリットは火の回りにムラが出やすい点。火をしっかり通して調理する必要のある煮込み料理や炒め料理には不向きです。

素材をチェック

By: amazon.co.jp

アルミ

アルミ素材はクッカーで最も一般的な素材です。軽量かつ耐久性と熱伝導性に優れているのが特徴。熱が均一に回りやすく焦げ付きにくいため調理時も快適です。また、手入れが簡単で扱いやすいのも魅力。

ただし、酸とアルカリ性に弱いので、酢や塩分の濃い料理をする時はできるだけ短時間で済ませましょう。また、キズが付きやすく、金属ヘラや金属タワシの使用には注意する必要があります。

チタン

チタン素材は、軽量かつ高い強度を有しているのが特徴です。また、キズが付きにくく耐食性に優れているのも魅力。保温性に優れているので、インスタントラーメンやレトルト食品など、湯沸かしをメインで使用する方におすすめの素材です。

ただし、チタンのクッカーは熱が局所的に集まりやすい性質があり、焦げやすいのがデメリット。焼いたり炒めたりする料理には不向きなので注意しましょう。

ステンレス

ステンレス素材は錆びにくく、保温性に優れているのが特徴です。焦げにも強いため、カレーや豚汁など長時間かかる煮込み料理などに向いています。IH対応のモデルも多いので、家庭でも使いやすい調理器具です。

ただし、保温性が高い反面、アルミほど熱伝導性はよくありません。また、ステンレスのベースは鉄なので、重いのが難点。そのため、車で行くキャンプなどでは重宝しますが、登山には不向きです。

表面・底部の加工

By: amazon.co.jp

クッカーの中には、表面や底面に「フッ素樹脂加工」「セラミック加工」を施したモデルがあります。

フッ素樹脂加工は油を使わずに調理しても焦げ付きにくいですが、高熱に弱いのが難点。セラミック加工は、フッ素樹脂加工と反対の性質をもっており、熱や衝撃には強いですが、焼いたり炒めたりする時は油が必要です。

それぞれの長所と短所を踏まえた上で、使用用途に合ったモデルを選びましょう。

単品購入か、セット購入か

By: amazon.co.jp

クッカーは、セットで販売されているモノが多く、大・中・小でサイズが異なります。セットでサイズが異なる理由は、大きいサイズのクッカーに小さいサイズのクッカーを収納できるほか、さまざまな料理が作れるためです。

また、セットで購入すると個々で購入するより価格が安い傾向にあります。アウトドアでいろいろな料理をしたい場合は、セット購入がおすすめです。

クッカーのおすすめブランド

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

スノーピークは、全国でも有名な金属加工の街、新潟県燕三条で生まれた人気アウトドアメーカーです。調理器具に関しても「食こそ、キャンプの最大の歓び」という考えの下、妥協のない製品開発を行っています。

また、クッカーのラインナップが豊富なのも特徴です。ソロキャンプからファミリーキャンプまで、幅広いニーズに応えるクッカーが販売されているため、アウトドア初心者の方にもおすすめ。また、軽量性に特化したモデルもあるため、ツーリングや登山用のクッカーを探している方もチェックしておきましょう。

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: amazon.co.jp

ユニフレームは、1985年に新潟県燕市で誕生したアウトドアメーカーです。同メーカーの製品は長期間に渡って使い続けられるよう設計されており、耐久性が高くシンプルで使いやすいのが魅力。高品質でありながらリーズナブルなので、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめです。

また、焚き火台やバーナー、ランタンなどにもキャンプの定番製品が多く、クッカーと共に調理器具を一式揃えることもできます。国内メーカーなので、修理などの依頼が容易でアフターフォローが充実しているのもポイント。シンプルで良質なギアを探している方におすすめのアウトドアメーカーです。

イワタニプリムス(IWATANI-PRIMUS)

By: amazon.co.jp

イワタニプリムスは、燃焼器具やアウトドア用品の製造販売・輸出入を手がける企業です。プリムスならではの軽量で高性能なアイテムは、ハードな環境でのアウトドアにもおすすめ。持ち運びに優れているため、ソロキャンプやツーリング、登山などに最適です。プリムスは燃焼器具に高いノウハウを備えているので、これからキャンプ用具を買い揃える方はクッカーとあわせてバーナーを用意するとよりアウトドアを楽しめます。

また、クッカーはラインナップも充実しており、自分に適したアイテムを見つけられます。本格的なキャンプや登山に挑戦する方は、チェックしておきましょう。

エバニュー(EVERNEW)

By: amazon.co.jp

エバニューは、日本のスポーツ器具メーカーによるブランドです。クッカーの開発を得意としており、1994年に加工が難しいと言われていた世界初のチタン製コッヘルを開発したことでも有名。現在は、金属加工の街・新潟県燕市で日本一の軽さを備える「ウルトラライト・コッヘル」を製造しています。

チタン製クッカーは、熟練の職人が各工程を手作業で加工することで、わずか0.3mmの薄さを実現。軽量で持ち運びに優れたクッカーは、荷物を極限まで軽くしたい方に最適です。また、チタン材にセラミックコーティングを施し、チタンのデメリットである焦げ付きやすい点を克服した「セラミック0.4シリーズ」も展開しています。チタン製クッカーの焦げ付きが気になる方にもおすすめです。

イーピーアイ(EPI)

By: amazon.co.jp

イーピーアイは、1961年にイギリス・ストックポートで誕生したブランドです。同ブランドの製品は、イギリスで培った技術を元に、現在では日本の職人によって開発・製造されているのが特徴。ひとつひとつのパーツを手作業で仕上げ、厳しい管理の下入念なチェックや検査を行っており、メイド・イン・ジャパンならではの高い安全性と機能性が魅力です。

クッカーは、同ブランドが得意とするストーブと同様、ソロキャンプや登山に適したアイテムを多数ラインナップしているのが特徴。軽量で耐久性に優れたクッカーを探している方におすすめのブランドです。

クッカーのおすすめ|ソロキャンプ向け

イワタニプリムス(IWATANI-PRIMUS) イージークック・ソロセットM PCKK202

容量900mlのポットと400mlのミニポットがセットになったイワタニプリムスのクッカーです。重量約250gと軽量で、収納サイズは直径12.5×15cmとパッキングしやすいのが魅力。

素材は軽くて調理がしやすいアルミ製です。「ハードアノダイズド加工」を施しており、アルミの腐食を軽減します。また内側はフッ素コーティング加工済で、焦げ付きにくく調理しやすいクッカーです。

ポットは、注ぎ口と目盛りが付いていて使い勝手も良好。クッカーが足りない時には、同シリーズのソロセットSを購入すれば中に入れて収納することも可能です。

スノーピーク(snow peak) ソロセット 焚 SCS-004R

880ml容量のポット、540mlのカップ、フタがセットになったスノーピークのソロ用のクッカー。深型のポットと浅型のカップで使いやすいセット内容です。収納サイズは直径111×132mm、メッシュ素材の専用ケースも付いており、収納しやすいのが魅力。

素材は熱伝導に優れたアルミを採用しています。また、ポットの内部には焦げ付きにくいフッ素樹脂加工を施しているため、ご飯を炊いた時もポット内部に米が付きにくいのが特徴です。

ユニフレーム(UNIFLAME) 山クッカー 角型 3 667705

直径12.7cmと10.8cmの浅型鍋と13cmのフライパンにフタが付属しているクッカーです。鍋とフタの素材は、耐摩耗性を高める「アルマイト加工」を施したアルミニウム。フライパンはフッ素樹脂加工を施したアルミニウムで焦げにくくなっています。ハンドルにステンレスを採用した使いやすいクッカーです。

角形を採用しているため、リュックに収納する際も無駄なスペースができにくいのが魅力。持ち運びに優れた耐久性の高い製品を探している方におすすめです。

イーピーアイ(EPI) ATSチタンクッカー TYPE-2 M TS-104

軽くて丈夫なチタンを使用したクッカーです。1350mlの鍋とお湯を沸かす際に使える深型のフタが付属しています。本製品は、チタンにアルミニウム溶射を施したことにより、焦げにくくなっているのが特徴です。

また、ハンドルに角度がついているので、持ちやすいのも魅力。さらに、100cc単位の目盛りも付いており、水量を測るのにも便利な製品です。

エバニュー(EVERNEW) チタンマグポット500ストーブセット ECA268

マグポット、アルコールストーブ、ストーブスタンドが揃ったクッカーセット。素材は軽くて丈夫なチタニウム製で、重量が合計175gと非常に軽量なのが魅力です。

収納サイズは直径9.7×8.7cmとコンパクトで、ストーブもスタンドもすべてポット内に入れられる収納性の高さもポイント。持ち運びに優れたクッカーを探している方におすすめです。

クッカーのおすすめ|ファミリー向け

ユニフレーム(UNIFLAME) ごはんクッカープラス 667613

ユニフレームの大人数向けクッカーセットです。炊飯用のライスクッカー、アルミクッカー、フライパンが付いています。

ライスクッカーは最大3合、アルミクッカーは1合のご飯を炊くことが可能。また、ライスクッカーはご飯が炊ける前にフタがカタカタと動き出すため、炊きあがりのタイミングがわかりやすく便利です。

フライパンの素材には、頑丈で保温性が高い「黒皮鉄板」を採用しています。収納サイズは直径165×93mm、重量は約734gと大人数向けのクッカーの中ではコンパクトで軽量。アウトドアでも本格的に調理ができるクッカーを探している方におすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) BBQ用炊飯器 丸型ハンゴー M-5546

キャプテンスタッグの炊飯用クッカーです。一般的な屋外でも使える「兵式ハンゴー」と違って丸型なのが特徴。4合のご飯を炊けるほか、味噌汁やカレーなどの調理にも使えます。

素材はアルミニウムで内側にはアルマイト加工、外側はエポキシ樹脂塗装を施し、フックハンドルは丈夫な鉄製です。中ブタは約2合の計量カップとしても使用できます。

コールマン(Coleman) アルミクッカーセット 2000010531

コールマンの機能性に優れたモデルです。ウォックパンとフライパン、片手鍋のクッカーセット。ウォックパンは煮る、炒める、蒸す、焼く、をはじめ揚げ物も調理できる汎用性の高さが魅力です。ウォックパンと片手鍋にはそれぞれフタが付属しています。

素材は約2.5mm厚アルミニウムを使用しており、熱伝導性に優れているのが特徴。また、焦げ付きにくくするために「ノンスティック加工」が施されているのもポイントです。

ハンドルは着脱可能な「クイックハンドル式」を採用しています。セットの鍋がすべてウォックパンに収納できるほか、収納サイズは約直径29×高さ13cmとコンパクトなのが魅力。重量は約2.6kgと少々重めなので、車で行くキャンプなどにおすすめのクッカーセットです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ用 ケトル クッカー 14cm 1.3L M-7296

ヤカンとしても鍋としても使用できるキャプテンスタッグのクッカーです。サイズは外径145×高さ90mm、重量は約370gとコンパクトで軽量ながら約1Lのお湯を沸かせるのが魅力。

注ぎ口はパンチング加工されているので、お湯を沸かすだけでなく、パスタや蕎麦、野菜を茹でた時に湯切りできるのもポイントです。素材は保温性が高く、高級感のあるステンレス製を採用。汎用性に優れた製品を探している方におすすめです。

イワタニプリムス(IWATANI-PRIMUS) CF クックセットL P-C738001

本格的に調理したい方におすすめのイワタニプリムスのクッカーセットです。1.8L鍋と3.0L鍋、底部内径が15cmのフライパンがセットになっており、3.0Lの鍋は、ハンドルが吊り下げやすい形状をしているため、焚き火を使った調理にも対応可能。

素材には、厚みのあるステンレスを採用しています。耐久性に優れているとともに高い保温性と機能性が魅力。ただし、重量は約1540gとやや重めなので、アウトドアで使用する場合は、持ち運びに注意しましょう。

番外編:フライパンのおすすめ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) BBQ用 フライパン ハイフロン加工 16cmM-7892

1〜2人のアウトドアクッキングでおすすめのキャプテンスタッグのフライパンです。外径170×全長265mm、ハンドル部分は取り外せるので収納に優れているのが魅力。

素材は、熱回りがよく軽量で扱いやすいアルミニウムを採用しています。また、表面には料理をこびり付きにくくするための「ハイフロン加工」を施しているのが特徴。小型ガスバーナーコンロに対応しているのでキャンプやツーリングにおすすめです。

エバニュー(EVERNEW) アルミフライパンラウンド #20 ECA197

煮る、焼く、炒めるといった調理方法が可能な、エバニューのアルミ製フライパン。表面にフッ素樹脂加工が施されているため焦げ付きにくいのが特徴です。

重量は約290g、サイズは内径20×深さ6cmとコンパクトなのもポイント。また、容量も1600mlと余裕があるので調理の幅が広がります。フライパンというとかさばるイメージがありますが、本製品はハンドルが底面に沿って折り曲げられるので収納性に優れているのが魅力です。