バーベキューや焚き火をするときに便利のが「着火剤」。風が強かったり、薪や炭が湿っていたりしてなかなか火が付かない場合でも、着火剤があれば短時間で火をつけることができます。

アウトドアシーンを満喫するためにも、ぜひ持って行きたいアイテムです。そこで、今回は着火材の扱い方とおすすめの着火材をご紹介します。

着火剤のメリット

着火材とは、火のつきにくい薪や炭などに火を着火させる燃焼材のことです。着火材は、大きく分けると「ジェルタイプ」と「固形タイプ」の2種類があります。ジェルタイプは燃やしたいモノの上に塗り、固形タイプは燃やしたいモノの下に設置してから着火することで、簡単に火おこしができます。

着火剤があれば誰にでも簡単に、短時間で火おこしができるため、アウトドア初心者の方にとって強い味方となります。もちろん、ベテランキャンパーにとっても火おこしの時間短縮ができる着火剤は必需品といえるでしょう。

着火剤って危ないの?

火おこしの便利グッズである着火材。しかし、火に関係するものであるため取り扱いには注意が必要です。特に注意したいのはジェルタイプの着火材。揮発性が高く、引火しやすいという性質があるため事故が発生しています。使用上の注意をしっかり確認しておきましょう。

継ぎ足しをしない

もっとも注意したいのが着火剤の「継ぎ足し」。ジェルタイプの着火材に使われているメチルアルコールには、燃焼していても火が見えづらいという性質があり、火が付いていないと思って継ぎ足しをしてしまうと、着火剤を伝って本体に引火して爆発する危険性があります。くれぐれも継ぎ足しはしないように気を付けてください。

着火剤を塗ったらすぐに点火する

メチルアルコールは揮発性が強く、引火しやすい性質があります。炭や薪に着火剤を塗ったまま放置すると、メチルアルコールが蒸発するので要注意。ガス化したメチルアルコールに引火すれば、爆発する危険性があります。炭や薪に着火剤をかけたら、素早く点火してください。

使ったらキャップを閉める

ジェルタイプの着火剤を使用したら、すぐにキャップを閉めるようにしましょう。キャップを開けたまま放置してしまうとメチルアルコールがガス化します。引火のリスクが増えるだけでなく、ガスを吸い込むと中毒を起こす危険性があるので注意してください。

ジェル状の着火材は必要なところに、必要な量のジェルを塗って使用できるので便利です。しかし、使い方を誤れば事故につながります。いざというときに備えて、近くには水を入れたバケツを置いておきましょう。

着火剤の選び方

By: amazon.co.jp

調理用に薪を一気に燃やしたい時には、点火が早いジェルタイプの着火材がおすすめです。ただし、ジェルタイプの着火材は、燃焼力が強いので扱いには注意しましょう。また、燃焼時間が短い点には気を付けてください。

一方、焚き火用など長時間にわたって炭を起こしたい時には、固形タイプの着火材がおすすめです。ただ、固形タイプのなかには煙がモクモクと出たり、強い臭いが発生する製品があります。料理用として使用する場合は注意して選ぶようにしてください。

着火剤のおすすめ

ロゴス(LOGOS) 着火剤 防水ファイヤーライター

完全防水の固形タイプ着火材です。木炭1kgに対しキューブ1~2個で着火できます。燃焼温度は700~750度。1度火をつければ13~17分燃焼します。

煙や臭いが発生しないので、バーベキューでの使用も良好。ビギナーからベテランにまですべてのアウトドアユーザーにおすすめです。

ブッシュクラフト(Bush Craft) ファイヤーキャンディ 20粒入り

カラフルで可愛いキャンディ型の固形着火材。燃焼時間はキャンディ1個で約10分です。使い方はキャンディをナイフでカットするか指で潰すと、中心から芯が出てくるので、これに着火するだけで対応できます。

製品ラインナップは虫が嫌うシトロネラの香り、ピーチの香り、グレープフルーツの香り、ライムの香りの4種。キャンプ女子にもおすすめの着火剤です。

ユニフレーム(UNIFLAME) 森の着火材

扱いやすい蝋を用いたタイプの固形着火剤です。素材に「間伐材」を使用しているのが特長。間伐材とは、環境保全のため、弱った木々を間引いた際に発生する木材のことです。

1片が約7分かけてゆっくりと燃焼するので、初めての方でも扱いやすいのがポイント。灯油などの揮発成分を含まないため、刺激臭もありません。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキュー ファイアブロック 着火剤

圧縮木材繊維を使用した固形タイプの着火材です。必要な分量だけ割って使うことができるコスパのいい着火材として人気があります。1片につき約10分燃焼。ゆっくり燃焼するタイプのため、備長炭の火おこしにもおすすめです。

尾上製作所(ONOE) ハイチャッカー・L CK-30

繊維状にした木材などに、蝋を練り込んだ固形タイプの着火材です。マッチ・ライターで簡単に着火可能。1ブッロクあたりの燃焼時間は約7分です。必要な分量だけ割って使用できるので、無駄なく使用できます。煙も臭いも少ないので、焚き火はもちろん、バーベキューにもおすすめです。

ワンダーブリッツ(Wunderblitz) マッチがいらない着火剤 6個入×3個

固形タイプ着火材です。圧縮木質繊維にパラフィンオイルを練り込んだ着火材で、必要な分量を割って使用します。燃焼時間は約8分です。

マッチのようにパッケージの側面にこすって着火できるため、ライターなどの火種がなくても簡単に着火することができます。アウトドアシーンはもちろん、災害時の備えとしてもおすすめです。

ニチネン(NITINEN) アウトドア着火剤 チャッカネン

チャッカネンは、着火したい場所に直接塗るゼリー状の着火剤です。逆止弁を採用しているのがポイントで、1度出した燃料がチューブ内に戻らない仕組みになっています。

また、ジェル状の着火剤は、太陽の下では炎が見えにくいという特長があるのですが、チャッカネンに火をつけると赤色に発効するので安心。ジェルタイプの着火剤を初めて使う方にもおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ファイアブリッツ着火剤 M-7497

日本のアウトドアブランド「キャプテンスタッグ」のジェル着火剤です。容器内に揮発性混合ガスが溜まりにくい逆止め弁がついています。また、屋外でも視認しやすいオレンジ色の炎、着火剤が飛び散りにくい飛散防止剤入りなど、さまざまな安全設計が施されています。

燃焼時間の目安は、20gで約10分。火が付きにくい炭火にも、簡単に着火することができます。焚き火やキャンプファイヤーはもちろん、バーベキューにもおすすめです。

尾上製作所(ONOE) 着火剤パック6個入り CK-6P

ゼリー状の着火剤を燃えるフィルムで包装した着火剤です。そのままパックに火をつけるだけで、手を汚すこともなく着火できます。

固形タイプの着火剤とチューブタイプの着火剤の利点を生かしたタイプで、追加投入も可能。量の調整もしやすく、匂いがないところが特長です。

ロゴス(LOGOS) エコココロゴス・ミニラウンドストーブ4

環境にやさしいエコココロゴスシリーズの固形着火剤です。通常は廃棄されるヤシガラを燃料として活用。森林伐採をしないエコな製品です。

コンパクトサイズのミニラウンドストーブで、1個でステーキが4枚以上焼けるパワフルな火力がポイント。マッチやライターで簡単に着火できるのも魅力です。エコなだけではなく、火力も良好。1セット4個入りです。