火起こしの際に役立つ「着火剤」。燃えにくい炭や薪も容易に燃焼し、火の準備にかかる時間を短縮できるのが魅力です。特に焚き火やバーベキューを頻繁に行う方におすすめ。しかし、着火剤には複数の種類が存在するため、用途に合わせて選ぶ必要があります。

そこで今回は、着火剤の選び方とおすすめ製品をご紹介。ぜひ参考にして、焚き火やバーベキューをより快適に楽しんでみてください。

着火剤の選び方

種類で選ぶ

固形タイプ

固形タイプ

By: amazon.co.jp

固形タイプの着火剤は小分けにできる製品が多く、燃焼時間も長めで扱いやすいのが特徴です。ただし、湿気てしまうと燃焼しにくくなるため、封を開けてから早めに使い切る必要があります。基本的な使用方法は、着火剤を先にセットし、上に炭を置いてから着火剤へ点火するだけと簡単です。

ただし、固形タイプは素材に石油由来の成分を含んでいるモノが多いので、独特のニオイがする場合もあります。ニオイを避けたい方には、天然素材から作られたモノがおすすめ。燃えやすさは通常よりも劣りますが、ニオイによる不快感が軽減されます。

ジェルタイプ

ジェルタイプ

By: amazon.co.jp

ジェルタイプの着火剤は火力が出やすく、燃やしにくいオガ炭や備長炭、薪などにも点火しやすいのが特徴。使用量を任意で調節する必要があるので、上級者向けのタイプです。ジェルタイプは、固形タイプのように湿気を気にする必要が少なく、保存しやすいというメリットもあります。

使用方法は、炭や薪の上から適量を出して着火するだけ。ただし、必要以上にジェルを使用すると勢いよく炎が上がるため、ヤケドには注意が必要です。また、ジェルを継ぎ足す際も、炎に直接かけると容器に燃え移ってしまう場合があるので、取り扱いには気を付けましょう。

燃焼時間で選ぶ

燃焼時間で選ぶ

By: amazon.co.jp

着火剤は製品によって燃焼時間が異なるので、必ずチェックしておきましょう。また、炭によっては火が付きにくい場合もあります。特に、備長炭やオガ炭などの点火しにくい燃料を使用する場合は、燃焼時間がなるべく長い着火剤を選ぶのがおすすめ。目安としては、10分以上燃焼時間を有する製品だと安心です。

どうしても着火が難しい場合は、火起こし器を併用するのもひとつの方法。火起こし器による煙突効果で、より簡単に炭を燃焼できます。

ニオイの強さをチェック

ニオイの強さをチェック

By: amazon.co.jp

着火剤はニオイの少ないモノを選ぶと、燃焼時の不快感を抑えられます。ニオイが強いモノは気分が悪くなりやすいほか、調理の際に、食材へニオイが移ってしまう場合もあるので注意が必要です。

特に、石油系の素材を用いた製品は、燃焼時に強いニオイが出る傾向にあります。少しでもニオイを抑えたい方は、石油系の成分が含まれていないモノを選ぶようにしましょう。

防水性をチェック

防水性をチェック

By: logos.ne.jp

着火剤のなかには、防水性に優れた製品も存在します。防水性が高いモノなら、雨の日でも着火がしやすいほか、湿気で燃えにくくなるのを防ぐことが可能です。

また、パウチで小分けされたジェルタイプの製品は、外部からの水気をしっかりシャットアウトできます。中身の成分が揮発しにくく安心です。

着火剤のおすすめ

ロゴス(LOGOS) 防水ファイヤーライター

ロゴス(LOGOS) 防水ファイヤーライター

スピーディーに着火できる、ロゴスのロングセラー製品です。「水に濡れても燃え続ける」と謳われている固形タイプの着火剤で、突然の雨などでも火が消えにくい仕様。完全防水仕様のため、湿気にくいのも魅力です。

燃焼時間は1個あたり13~17分で、バーベキューや暖炉の着火剤としてもおすすめ。内容量は21個入りで、数日に分けて使えて便利です。

ロゴス(LOGOS) エコココロゴス・ミニラウンドストーブ4

ロゴス(LOGOS) エコココロゴス・ミニラウンドストーブ4

不要なヤシガラを再利用した、エコロジーな固形タイプの着火剤。穴あき構造により燃焼効率を向上しており、サイズもコンパクトなので、小さな火床にも使いやすい仕様です。1個あたりにつき、ステーキを約4枚焼ける高火力が特徴。使用量が少なくて済み、経済的に使えます。

着火には連続燃焼式のライターを使うのがおすすめですが、マッチでも簡単に燃焼可能。点火してからは1分ほどで火がまわり、その際に炎が高く燃え上がるため、注意が必要です。

本製品は4個入りですが、ほかにも3個入りと6個入りがラインナップされているので、用途や使用人数に合わせて選びましょう。なお、大きめサイズを探している方は、同シリーズの「エコココロゴス・ラウンドストーブ2」も検討してみてください。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ファイアブロック 着火剤9片入 M-6711

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ファイアブロック 着火剤9片入 M-6711

乾燥した粘土状のブロック型着火剤。1パックあたり9片が小分けされており、必要な分だけ切り取ることで経済的に使えます。使い方は、炭と一緒に置いて燃やすだけの簡単仕様。ライターのほかマッチからでも着火可能で、一度火を点ければ5~10分ほど燃焼します。バーベキューはもちろん、薪ストーブの点火用としてもおすすめです。

少量でしっかり燃焼するほか、軽くて薄いので、持ち運びや保管にも便利。ニオイも少ないため、不快感なく使いやすいのも嬉しいポイントです。

ユニフレーム(UNIFLAME) 森の着火材

ユニフレーム(UNIFLAME) 森の着火材

環境に優しく、使い勝手のよい固形タイプの着火剤。原料に、間伐材やリサイクル品を採用しています。また、灯油のような揮発成分を含まないため、長期間乾きにくい仕様。手が汚れにくく、ニオイが少ないのも特徴です。

内容量は計12回分で、1片につき燃焼時間は約7分。コスパに優れており、初めて着火剤を使用する方にもおすすめです。

ブッシュクラフト(Bush Craft) ティンダーウッド

ブッシュクラフト(Bush Craft) ティンダーウッド

天然の松の木から切り出された、あたたかみのある着火剤。松脂を多く含む部分のみを切り出しており、腐りにくいのが特徴です。

防水性も高いため、水に濡れてもナイフで薄く切り出して「フェザースティック」にすれば、簡単に着火可能。通常の着火剤に比べて手間はかかるものの、ブッシュクラフトならではの楽しさを味わえます。また、松の木の独特な香りを楽しめるのも、魅力のひとつです。

なお、着火後は黒い煙が出やすいので、一度で大量に使わないよう要注意。内容量は300gで、燃焼時間は1本あたり10~20分持続します。

ブッシュクラフト(Bush Craft) 麻の火口 10g

ブッシュクラフト(Bush Craft) 麻の火口 10g

100%天然の、麻の繊維でできた着火剤。非常に着火しやすく、ファイヤースターターからでも火が起こせます。麻ひものヨリを解く手間を省きたい方にもおすすめです。

内容量は10g。焚き火初心者の方なら握りこぶし大の量を用いて約5回分、火起こしに慣れている方なら少量の使用で約10回分使えます。軽量なうえ、圧縮すればコンパクトになるので、持ち運びにも便利です。

10g入り以外にも30・50・100g入りがラインナップされているため、使用頻度の多い方はぜひチェックしてみてください。

ブッシュクラフト(Bush Craft) ファイヤーキャンディ

ブッシュクラフト(Bush Craft) ファイヤーキャンディ

飴玉のような見た目がかわいい着火剤。ケースにはブリキの缶を採用しており、持ち運びや保管に便利です。未使用時は完全防水仕様のため、湿気を気にせずに使えるのがポイント。使用方法は、粒をナイフなどでカットし、中の芯に着火する仕組みです。

ひとつの缶に4色入りで、種類によって香りが異なるのも特徴。オレンジは虫が嫌うシトロネラの香り、ピンクはピーチ、イエローはグレープフルーツ、グリーンにはライムの香りが採用されています。

燃焼時間は約10分で、内容量は20粒。ユニークな着火剤を探している方におすすめの製品です。

ウェーバー(weber) 100%天然素材点火キューブ

ウェーバー(Weber) 100%天然素材点火キューブ

ヨーロッパ産のおが屑を使用した、天然素材100%の着火剤。ウェーバー独自の技術を用いて固形化しており、化学物質は一切使用していません。ニオイや煙が控えめなので、子供連れのファミリーキャンプにもおすすめです。

内容量は48個入りで、1回あたり2~3個で火起こしができます。1袋あれば20回前後のバーベキューで使えるほか、値段もお手頃なのが魅力。パッケージはチャック付きのため、保存の際も安心です。

石油入りの着火剤と比べると火力はやや劣りますが、ニオイや煙を抑えたい方に適しています。

尾上製作所(ONOE) ハイチャッカー・L

尾上製作所(ONOE) ハイチャッカー・L

コスパに優れたブロック状の着火剤。内容量は135gで、1袋あたり30片分入っています。値段が安く内容量も多いので、ひとつ購入すれば長期間の使用が可能。また、炭の使用量に合わせて切り分けられるため、少人数でのバーベキューにも適しています。

燃焼時間は約7分に対応。マッチからでも簡単に着火できるので、焚き火やバーベキューを快適に楽しみたい方におすすめです。本製品はLサイズですが、着火剤を頻繁に使用しない方は、同シリーズのSサイズを検討してみてください。

尾上製作所(ONOE) 着火剤パック入り 6P

尾上製作所(ONOE) 着火剤パック入り 6P

パウチで小分けされた、ジェルタイプの着火剤です。マッチやライターから簡単に着火でき、燃焼しやすいのが特徴。燃焼時間は1個につき約13分で、備長炭などの点火しにくい炭にも使いやすい製品です。

密閉されているため、空気に触れる心配が少なく揮発しにくいのも魅力。パウチを開けずにそのまま点火するだけなので、手が汚れにくいのも嬉しいポイントです。また、長期保存もでき、キャンプやバーベキュー初心者の方にも適しています。

一般的に、ジェルタイプの着火剤は安全に継ぎ足しにくいのが懸念点。本製品なら、パウチに入ったまま簡単に投入できます。ただし、不意にパウチが破れてしまうと危険なため、保管や持ち運びの際には注意が必要です。

ファイヤーアップ(Fire up) ファイヤーアップ 100キューブバケット

ファイヤーアップ(Fire up) ファイヤーアップ 100キューブバケット

環境に優しい圧縮おが粉と植物油を用いた、固形タイプの着火剤。石油系成分を使用していないため、燃焼時の嫌なニオイが気になりません。長期間保存しても油分が揮発しにくく、安定した火力を出せるのも特徴です。

燃焼時間は約10分と長めなので、火が付きにくい炭を使用する際にもぴったり。内容量は100個入りで、1回あたり1~2個の使用で済みます。頻繁にバーベキューや焚き火を楽しむ方におすすめの製品です。