屋内外を問わず、簡単に調理ができる「カセットコンロ」。電源コードなどを必要としないため、気軽に持ち運べるのが特徴です。とはいえ、各製品は見た目に多少の違いはあれど構造が似ているため、選ぶ際は悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、カセットコンロのおすすめモデルをご紹介します。特にキャンプなどのアウドドアシーンでも使いやすいアイテムをピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

カセットコンロの選び方

利用シーンに合ったモデルを選ぼう

アウトドア用ならコンパクトで防風性能が高いモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

アウトドア用のカセットコンロを選ぶ際は、風の影響を考慮しておきましょう。強風下では火が消える可能性があるほか、無駄なガスを消費してしまうため注意が必要。トップカバーを設けているタイプのほか、炎口を細かく配置して風の影響を抑える工夫をしているモデルがおすすめです。

また、大勢でキャンプする際は、大きめの鍋を乗せられる耐久性も重要。なかには、重たいダッチオーブンにも対応できるモデルもあるのでチェックしてみてください。

駐車場からキャンプサイトやBBQ場まで距離がある場合は、取っ手付きや専用ケース付きの持ち運びしやすいモデルが便利。スタンド式のタイヤを装備しているモデルなら移動もスムーズです。

なお、車の荷室がキャンプ道具でいっぱいになってしまう場合や小さめのテーブルで使用するなら、コンパクトなモデルも候補に入れておきましょう。

家庭用は火力調節ができる安全性が高いモデルを

By: i-cg.jp

家庭用のカセットコンロは、さまざまな調理に対応できるタイプがおすすめ。火力を細かく調節できるモデルなら、強火やとろ火など調理メニューに合わせやすく便利です。フタが付いたグリルパンタイプもあり、「焼く」「煮る」「蒸す」など多彩な料理を楽しめます。

グリルパンやホットプレートとしても使える1台2役のモデルにも注目。フッ素コートを施しているプレートなら、お手入れも簡単です。圧力を感知する安全装置や誤装着状態ではガスが出ない仕組みを採用しているモノなど、安全性もチェックしておきましょう。

火力をチェック

By: amazon.co.jp

カセットコンロは製品によって火力に違いがあるので、その点も要確認。家庭で使われているガスコンロの最大火力はおよそ4.2kW(3600kcal/h)ほどです。

カセットコンロはこの数値を上回る製品はあまりありませんが、ある程度の火力が欲しい方は、2.9kW(2500kcal/h)以上を目安にカセットコンロを選ぶのがおすすめ。火力があることで大容量の鍋などにも対応でき、料理によっては時短調理が可能になります。

連続燃焼時間をチェック

1回の調理で長時間カセットコンロの使用を検討している方は、連続燃焼時間もチェックしておきましょう。連続燃焼時間はメーカーによってガス消費量(g/h)で表記されている場合もありますが、この数値が低いほうが長時間連続して使用できるという意味になります。

また、カセットコンロには、バーナー中心に向かって燃える「内炎式」と外に向かって燃える「外炎式」があります。一般的なカセットコンロは外炎式が採用されていますが、外炎式よりも内炎式のモノのほうが比較的連続燃焼時間は長い傾向にあるので参考にしてみてください。

安全性をチェック

By: amazon.co.jp

カセットコンロは火とガスを扱うため、使い方を間違えると大変危険です。トラブルなく使用するためにも安全性の高いモノを選びましょう。ボンベをセットする際に安心な機能として「マグネット装着式」のタイプがあります。正しい位置でセットしやすい設計なので、カセットコンロの扱いに慣れていない方におすすめです。

そのほかにも、加熱でボンベに圧力がかかると破裂する恐れがあるので、そこをケアするには「圧力感知安全装置」が搭載されていると安全。また、調理中に容器からのふきこぼれで火が消えることを考慮して、火が消えても自動で再点火する安全装置があれば安心です。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

カセットコンロの大きさは約30×30cm程度が一般的です。ファミリーや大勢の仲間たちと大きな鍋を囲みたいときは、横幅を大きめに設計したモデルがおすすめ。コンパクトなモデルに大きな鍋を乗せると不安定になるほか、ボンベが異常に加熱されることもあり危険です。

重たい鍋を使用したい場合は、薄型のモデルなら重心が低く安定します。また、ボンベ部の高さも要チェック。ボンベ部に鍋やグリルが当たってしまうと、使いにくく感じることもあります。モデルによっては、ボンベ部が出っ張っていないフラットなタイプもあるのでチェックしてみてください。

お手入れのしやすさも重要

By: amazon.co.jp

カセットコンロは使用後のお手入れしやすい製品がおすすめです。カセットコンロで調理していると汁物のふきこぼれや、油が飛ぶことによりどうしても汚れが付いてしまうもの。ゴトクや汁受けが取り外し可能だと、付いてしまった汚れも拭き取りやすいので便利です。

また、汚れが付きやすいパーツにフッ素コーティングが施されているモノだと、汚れを簡単に落とせるため洗い物も楽に済みます。

カセットコンロのおすすめメーカー

イワタニ(Iwatani)

「イワタニ」は大阪に本社を構える「岩谷産業株式会社」のブランド。カセットボンベのメーカーとして広く知られ、展開している家庭用品もガスを利用した製品が中心です。

同ブランドのカセットコンロはラインナップが豊富なのが特徴。製品は強い火力を維持してガスを最後まで使いきれるアイテムや風防機能が付いているモノや、炉端焼き用コンロなど、実用性に優れたアイテムを揃えています。長年にわたりカセットコンロを取り扱っているおすすめの老舗メーカーです。

ニチネン(NITINEN)

「ニチネン」は固形燃料やカセットコンロなどの製造販売を手掛ける国内メーカー。カセットコンロのみならず、ガスボンベも豊富に取り扱っています。

同メーカーのカセットコンロは高品質かつ安全性に配慮されているのが特徴。圧力感知安全機構などの優れた安全機能を備えていながらも比較的リーズナブルに購入できる製品を揃えています。

アウトドア用カセットコンロのおすすめモデル

イワタニ(Iwatani) カセットフー マーベラスII CB-MVS-2

トップカバーが取り外せるタイプのカセットコンロ。バーナー周りを囲む「風防リング」により、風が気になるアウトドアでの使用におすすめです。282個もの炎口を細かく配置した「多孔式バーナー」を搭載。3.5kWの高火力と相まって、風の影響を抑えながら安定した火力をキープします。

本体に取っ手を設けているため持ち運びに便利。トップカバーを閉じれば縦置き収納も可能で、自宅で保管しやすいのもポイントです。ボンベを適度にあたためて火力を維持させる「ヒートパネル方式」により、火力を落とさずに無駄なガス消費を節約できます。

シャンパンゴールドの高級感のあるカラーリングも魅力。おしゃれなグランピングを楽しむ際にも適した1台です。

イワタニ(Iwatani) カセットフー 風まる ブローケース入り CB-KZ-1-A

空気を通しても風を通さない独自開発の「ダブル風防ユニット」を搭載したアウトドア用カセットコンロです。風の強いときでも安定した火力をキープできるため、キャンプなどアウトドアシーンで活躍します。

専用キャリングケースが付属しているのもポイント。頑丈で耐久性に優れており、駐車場からキャンプサイトまで距離がある場合などに便利です。重さ15kgまで使える耐荷重設計も魅力。大勢で大きな鍋を囲みたいときに重宝します。底がフラットなので、ちりとり鍋やすき焼き鍋も使用可能です。

イワタニ(Iwatani) カセットフー アウトドアこんろ タフまる CB-ODX-1

耐荷重20kgのアウトドア用カセットコンロです。耐久性に優れており、重量感のあるダッチオーブンも使用可能。さまざまなアウトドアクッキングを楽しめるおすすめのモデルです。

2つの風防を備えた独自構造「ダブル風防ユニット」により、風の影響を受けにくく安定した火力をキープ。鍋や調理器具の大きさや形状にかかわらず、しっかりと風をさえぎります。熱に強く頑強な「アルミダイキャスト製スタンド」を備えており、テーブルの上に置いても傷めることなく安心です。

専用キャリングケースが付属しているので、持ち運びや保管に便利。焼き肉プレートや網焼きプレート、たこ焼きプレートなど、別売りのアイテムで多彩なメニューが調理できるのも魅力です。

イワタニ(Iwatani) カセットコンロ カセットフー BO EX CBAH41

最大発熱量4.1kWのアウトドア用カセットコンロです。高火力により多めの分量を楽に調理できるほか、強火で一気にお肉を焼き上げたいときにも活躍。大人数のキャンプで、大きめの鍋を使ってカレーを煮込むような場合にもおすすめです。

2つの風防を設けたダブル風防により、強風時でも安定した火力を発揮。本体をがっちりと固定できるブロー形成キャリングケースが付属しており、外部の衝撃から守りながら持ち運べます。プレコートフッ素鋼板のトッププレートで汚れを拭き取りやすく、お手入れしやすいのもポイントです。

イワタニ(Iwatani) テーブルトップ型BBQグリル フラットツイングリル CB-TBG-1

2本のカセットガスを使用する2バーナータイプのカセットコンロ。底面がフラットな構造で、テーブルの上に置いて調理可能です。最大発熱量3.3kW×2口のハイパワーにより、アウトドアはもちろん、自宅での調理器具としても活躍するおすすめのモデルです。

バーベキュー調理用のグリルプレート2口分が付属。風に強い深型汁受けの採用により、ムラのない火力で調理できます。グリルプレートは取り外しできるため、広い調理面積で26cm径の鍋も使用可能。グリルプレートとバーナーを組み合わせれば、さまざまな調理に対応できます。

カセットガスは磁石で固定するマグネット方式で、簡単に脱着が可能。誤装着状態ではガスが出ない安全構造になっているほか、ボンベが異常加熱状態になると自動的に外れるなど、安全性にも優れています。

イワタニ(Iwatani) スタンド型BBQグリル グリルスターII CB-SBG-2

スタンド型とテーブルトップの2WAYタイプで使えるカセットコンロです。アウトドアでBBQを楽しむ際はスタンド型、自宅やテーブル上で調理したい場合はテーブルトップと、シーンによって使い分けが可能。2バーナータイプで取り外せるグリルプレートも付属しており、さまざまな調理で活躍します。

タイヤキャリー付きで移動も楽々。駐車場からキャンプサイトやBBQ場まで距離がある場合に重宝します。カバーはそのまま風防になるほか、風の影響を抑える多孔式バーナーを採用しているのもポイント。282個もの炎口から出る炎は風に強く、安定した火力をキープできます。

イワタニ(Iwatani) カセットガスホットプレート 焼き上手さんα CB-GHP-A

ホットプレートタイプのカセットコンロ。コードレスで使用場所を選ばないため、アウトドアや自宅でのホームパーティーなど、さまざまなシチュエーションで手軽に調理を楽しめるおすすめのモデルです。

調理高さ5cmの窓ガラス付き深型カバーが付いているのもポイント。厚みのある食材に早く火を通したいときに役立ちます。プレートは端に油がたまりやすい構造になっているほか、フッ素コート加工でお手入れも簡単。また、取り外しが可能で、通常のゴトクタイプのカセットコンロとしても活躍します。

ニチネン(NITINEN) 卓上用ガスバーベキューコンロ ジュージューボーイ 2 KC-111

焼き網をセットするタイプのカセットコンロです。サイズは幅39.8×高さ13×奥行22.1cmとコンパクトで、テーブル上に置いて使いやすいモデル。カセットガスのセットは脱着が簡単なマグネット式を採用しているなど、アウトドアで手軽にBBQを楽しみたい方におすすめのモデルです。

最大発熱量2.3kWで、同社のカセットガス「マイボンベL」使用で約90分の連続燃焼が可能。圧力感知安全装置を搭載しており、安全性にも優れています。

家庭用カセットコンロのおすすめモデル

イワタニ(Iwatani) セットコンロ カセットフー 達人スリムIII CB-SS-50

ゴトクの高さが74mmの家庭用カセットコンロです。一般的なモデルと比べて薄く、テーブルに置いた際に鍋の中身を取りやすくなっています。スリムなフォルムとゴールドのカラーリングで、インテリアとの調和を重視したい方にもおすすめです。

炎の出口を縦長に配置した「タテ型炎口バーナー」を採用しているのもポイント。横に広がらない炎で無駄な火を抑制するほか、ヒートパネル方式で火力を落とさずにガスを無駄なく消費できます。トッププレートにはフッ素コートを施しており、サッと拭き取るだけでお手入れできるのもポイントです。

イワタニ(Iwatani) カセットコンロ カセットフー プチスリムII CBJRCPS50

省スペース設計の家庭用カセットコンロ。小さめのテーブルに置きやすいため、少人数家族や一人暮らし用としておすすめのモデルです。

最大発熱量1.86kWでガス消費量は少なめ。「イワタニカセットガス」使用時で約112分と、長時間燃焼できます。トッププレートにはフッ素コートを施しており、お手入れも簡単。オレンジゴールドのおしゃれなカラーも魅力の1台です。

イワタニ(Iwatani) カセットフー エコプレミアム CB-EPR-1

スタイリッシュなデザインが特徴的な家庭用カセットコンロです。トッププレートに専用色の高性能プレコートフッ素鋼板を採用。汚れを拭き取りやすく、簡単にお手入れできるモデルを探している方におすすめです。

バーナーの位置をカセットガスから離した設計により、大きな鍋も使用可能。従来モデルでは使えなかった10号土鍋を乗せられるなど、大勢で鍋を囲みたいときに便利です。熱を逃がしにくい内炎式バーナーを搭載しているのもポイント。少ないガスでも、鍋底をまんべんなく加熱できるパワーを備えています。

イワタニ(Iwatani) アモルフォ プレミアム

ステンレスのフラットな鏡面デザインが印象的な、家庭用カセットコンロ。おしゃれな空間にマッチする、上質なデザイン性を求めている方におすすめのモデルです。鍋の中身を取りやすい仕様のため、調理や食事をより快適に楽しめます。

点火つまみは弱火ノッチ機構を備えており、弱火の位置でストッパーが効きやすいのもポイント。スムーズに火力調節できるほか、とろ火に合わせやすくなっています。また、鍋から吹きこぼれで炎が消えても、センサーが感知して自動的に再点火する機能も便利です。

イワタニ(Iwatani) カセットガスのグリルパン ビストロの達人II CB-GP

さまざまな調理でマルチに使えるカセットコンロです。独自形状でグリルとホットプレートの1台2役で使用可能。プレートとフタを外せばカセットコンロとしても使えるなど、ガスを引いていない一人暮らしの調理器具としてもおすすめのモデルです。

中火でストッパーが働くノッチ付き点火つまみにより、火力調節も簡単。専用のビストロレシピも付属しているなど、調理が苦手な方にもおすすめの1台です。

イワタニ(Iwatani) カセットコンロ カセットフー KAGURA CBMK36

木目調の和モダンな外観が魅力の家庭用カセットコンロ。底面からゴトクまでの高さは110mmで、カセットガスの出っ張りがないフラットなデザインが特徴。底面にくぼみを設けて合計3台まで重ねられるため、複数台をすっきりと収納したい場合におすすめのモデルです。

無駄なガス消費を抑える「タテ型炎口バーナー」を採用しているのもポイント。炎が外に広がらない安定した火力ですばやく調理できるほか、ガス消費量を節約できます。フッ素コートトッププレートの採用により、お手入れが簡単なのも魅力です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 風月 卓上カセットコンロ ジュニア M-6349

リーズナブルながら高性能なアウトドア用品の販売で知られる「キャプテンスタッグ」のカセットコンロです。幅225×奥行190×高さ105mmのコンパクト設計が特徴。出力2.1kWで小さめの鍋に適しているなど、一人暮らし用の調理器具としてもおすすめのモデルです。

重さは約1kgで持ち運びしやすく、防災用や緊急時用として備えておきたい場合にも適しています。弱火から強火まで調節できるほか、汁受け皿付きでお手入れしやすいのも魅力です。

カセットコンロのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

カセットコンロのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。