屋内外を問わず、簡単に調理ができる「カセットコンロ」。電源コードなどを必要としないので、気軽に持ち運べるのが特徴です。

とはいえ、各製品は見た目に多少の違いはあれど構造が似ているので、選ぶ際は悩んでしまうもの。そこで今回はカセットコントのおすすめモデルをご紹介します。特にキャンプなどのアウドドアシーンでも使いやすいアイテムをピックアップしたので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

カセットコンロの特徴

By: amazon.co.jp

カセットコンロはその名の通り、カセットボンベをセットして使う調理器具。つまみを回すだけで着火と消火が可能なので、取り扱いが簡単なのが特徴です。

また、燃料となるカセットボンベは「CB缶」と呼ばれるモノで、リーズナブルに購入できるのがメリット。ランニングコストを抑えられる上、スーパーやコンビニなどでも取り扱っているので、比較的用容易に入手できるのもポイントです。

なお、類似のアイテムとして「OD缶」がありますが、こちらはアウトドア向けのアイテム。おもにキャンプシーンで使う「ツーバーナーコンロ」で使用するタイプです。CB缶より火力は安定していますが、高価でランニングコストがかかるのがデメリット。カセットコンロを購入する際は念のためどちらに対応しているか確認しておきましょう。

カセットコンロの選び方

利用シーンで選ぶ

屋内利用が中心なら安全性を重視

By: amazon.co.jp

屋内での利用する際は安全性に配慮する必要があります。風通しがよい屋外とは異なり、屋内は空気がこもりがちなので、万が一カセットボンベからガスが漏れてしまうと爆発などの大事故に繋がる恐れがあります。

製品を選ぶ際はガス漏れを防ぐ機能や圧力を感知する安全装置が備わっているかどうか確認しておきましょう。

キャンプなど屋外で使用する場合は風よけが必須

By: amazon.co.jp

キャンプやバーベキューなど屋外で使用する場合は、強い風によってコンロの火が流れてしまうことが多いため、風よけや風防機能を備えたアイテムが便利です。

取り外し可能なトップカバーが付いたモノや正面や斜めからの風を防ぐためにコンロの形が工夫されているモノなど、各製品によって機能はさまざまなので、特にアウトドアシーンでの使用を考えている方はしっかりとチェックしておきましょう。

使用頻度が高い方には燃費のよいエコタイプもおすすめ

By: amazon.co.jp

カセットコンロの使用頻度が高い場合には、エコタイプの製品が経済的。火の形状を工夫してムダ火を抑えてくれるモノやボンベの温度低下を防ぐことで火力を維持してガスを無駄なく消費できるモノなどがおすすめです。各製品を比較する際は1時間あたりのガス消費量や最大発熱量(火力)、連続燃焼時間を把握しておきましょう。

カセットボンベの着脱方法をチェック

By: amazon.co.jp

カセットコンロを選ぶ際には、カセットボンベの取り外しが簡単かどうか、持ち運びがしやすいかどうかをチェックしましょう。特にマグネット式のカセットコンロは、手軽にボンベをセットできるので便利です。

なお、製品によっては持ち運びに便利な取っ手が付いていたり、専用のケースが付属していたりする場合があるので、アウトドアシーンでの使用頻度が高い方はチェックしておきましょう。

薄型の方が低重心で倒れにくく安心

By: amazon.co.jp

薄型のカセットコンロは重心が低く、安定感が高いため重い鍋でも設置しやすいのが特徴。気になる方は本体サイズのスペックを確認しておきましょう。

なお、調理器具の高さを抑えられるため調理はしやすいものの、製品によっては熱源が見えにくい場合もあり、火力調節の目視にストレスを感じることがあります。その点は留意しておきましょう。

使用する鍋や鉄板、人数を考慮してサイズを決める

By: amazon.co.jp

カセットコンロを選ぶ際は性能だけではなく、サイズの確認も重要。一般的には、1~2人の少人数で使用するコンパクトタイプと3~6人程度で使うファミリータイプの2種類があるため、使用人数を考慮しましょう。

また、使用する鍋や鉄板の大きさに合っているかどうかも要チェック。カセットコンロより大きな調理器具を置いてしまうと、調理器具とカセットボンベが接触してボンベが熱くなり、事故に繋がってしまう恐れがあります。

一方、カセットコンロより極端に小さな調理器具をセットすると、調理器具とゴトクのサイズが合わず、設置が安定しないので注意。事前に使用したい調理器具の大きさを確認したうえで、適切なサイズのカセットコンロを選びましょう。

お手入れしやすい材質や構造かどうか

By: amazon.co.jp

カセットコンロは調理時の吹きこぼれなどで汚れてしまいがちなので、簡単にお手入れができるモノのほうが便利。特にゴトクや汁受け部分が取り外せるタイプの製品は、汚れをふき取りやすいので使い勝手は良好です。

なお、製品に使われている材質や各パーツの加工によってお手入れのしやすさは変わってきます。特に気になる方はプレート部分にフッ素加工を施しているかどうかはチェックしておきましょう。

圧力感知機能などの安全装置の有無

By: amazon.co.jp

カセットコンロはガスを使うため、安全装置の有無は必ず確認しておきましょう。安全装置の種類はアイテムによって異なりますが、特にボンベの温度が上がってボンベ内部の圧力が異常に上昇した場合、自動的にボンベが外れてガスの供給が止まる圧力感知機能が付いていると安心です。

そのほかにも、ボンベの接続部をしっかりと密閉することで気密性、安全性を高めたモノや、点火ミスなどで火が消えてしまった場合は自動でガスを遮断する機能が付いたモノなど、さまざまな機能があります。購入する際は事前に確認しておきましょう。

カセットコンロのおすすめメーカー

イワタニ(Iwatani)

By: amazon.co.jp

「イワタニ」は大阪に本社を構える「岩谷産業株式会社」のブランド。カセットボンベのメーカーとして広く知られ、展開している家庭用品もガスを利用した製品が中心です。

同ブランドのカセットコンロの市場シェアは約65%で、ラインナップが豊富なのも特徴。製品は強い火力を維持してガスを最後まで使いきれるアイテムや風防機能が付いているモノ、炉端焼き用コンロなど、実用性に優れたアイテムが揃っています。長年に渡りカセットコンロを取り扱っているおすすめの老舗メーカーです。

ニチネン(NITINEN)

By: amazon.co.jp

「ニチネン」は固形燃料やカセットコンロなどの製造販売を手掛ける国内メーカー。カセットコンロのみならず、ガスボンベも豊富に取り扱っています。

同メーカーのカセットコンロは高品質かつ安全性に配慮しているのが特徴。圧力感知安全機構などの優れた安全機能を備えていながらも比較的リーズナブルに購入できる製品が揃っています。

キングキャンプ(KingCamp)

By: amazon.co.jp

「キングキャンプ」は2001年に中国で設立されたアウトドアメーカーです。キャンプ用品や旅行グッズ、レジャーアイテムなどの幅広い製品を取り扱っています。

同メーカーのカセットコンロは、アウトドアシーンに特化した高い実用性が特徴。風よけ機能のほかにも携帯性や収納性にこだわったモノなどもあり、屋外でのバーベキューシーンで活躍してくれます。コスパにも優れたおすすめメーカーです。

アウトドア用カセットコンロのおすすめ機種

イワタニ(Iwatani) カセットフー 風まる ブローケース入り CB-KZ-1-A

強い風でも安定した加熱性能を保てるカセットコンロです。燃焼に必要な空気を取り込みながらも炎に当たる風はしっかりと遮ってくれる「ダブル風防ユニット」を採用しているため、屋外でも快適に調理できます。

また、強い火力を維持してガスを最後まで消費できる「ヒートパネル方式」や簡単にボンベを装着できる独自の「マグネット方式」、ボンベの温度が上がると自動的にガスが止まる「圧力感知装置」などを備えており、安全性も良好です。

衝撃を吸収して本体をしっかり守る専用キャリングケース付きなので、持ち運びやすいのも魅力。実用性の高いおすすめモデルです。

イワタニ(Iwatani) カセットフー ボー(BO) EX CB-AH-41

同社の人気シリーズ「カセットフー」のなかで火力が強いカセットコンロ。強風をしっかり遮る「ダブル風防ユニット」を搭載しているのに加え、カセットボンベ1本で4.1kWとハイパワーです。風のあるアウトドアシーンでも強い火力を確保できるので、さまざまな調理に対応できます。

さらに、トッププレートには「高性能プレコートフッ素鋼板」を採用しているため、汚れが付きにくく簡単にお手入れできるのも魅力です。また、ガスを最後まで消費する「ヒートパネル方式」や簡単に装着できる「マグネット方式」、安全性に配慮した「圧力感知装置」が付いているのもポイント。専用ケース付きで持ち運びにも便利なおすすめアイテムです。

イワタニ(Iwatani) カセットフー タフまる CB-ODX-1

耐荷重20kgでタフに使えるカセットコンロ。輻射熱に強いため、キャンプシーンの豪快な調理に重宝するダッチオーブンも使えるのが特徴です。また、空気は通して風は通さない「ダブル風防ユニット」を搭載しているほか、炎が風に流されにくい「多孔式バーナー」を採用しているので、野外でも快適に使用できます。

さらに、別売りの「カセットフーアクセサリーシリーズ」に対応しているため、タコ焼きや焼きそば、焼肉など多彩なメニューが楽しめるのも魅力です。

イワタニ(Iwatani) カセットフー マーベラスII CB-MVS-2

機能性が高く、アウトドアシーンに重宝するカセットコンロです。取り外し可能な風よけカバーとバーナー周りをぐるりと囲む風防リング、さらに小さな炎口を細かく配置した「多孔式バーナー」により、風の影響をしっかり抑えてくれます。

安全かつ簡単にボンベを装着できる「マグネット方式」を採用しているほか、「圧力感知安全装置」も付いているので安心して使用できるのもポイント。また、カセットコンロ本体に取っ手があるため、持ち運びも簡単です。

イワタニ(Iwatani) カセットガスホットプレート 焼き上手さんα(アルファ) CB-GHP-A

プレートを外せばカセットコンロとしても使える、直火式のホットプレートです。最大発熱量は2.1kW(1800kcal/h相当)。厚さ5cmの食材までしっかり火を通せます。フタが付属しているので蒸し焼きにも対応できます。

また、プレートの縁に油が溜まる構造を採用しているのもポイント。さらに、ホットプレートでありながらカセットボンベを使うコードレスタイプなので、汎用性が高いのも魅力です。

キングキャンプ(KingCamp) カセットコンロ ミニ KG2760

少人数でのアウトドアシーンにおすすめのコンパクトタイプです。重量は約1.1kgと軽量であるほか、専用のキャリングケースも付いてくるので、持ち運びに便利です。

また、ガスのムダ使いを抑える風よけ機能や圧力感知安全装置が付いているのに加え、調理器具の滑りを防ぐノンスリップデザインを採用しているのもポイント。ステンレス素材なので耐腐食性や耐油性にも優れており、お手入れが簡単なのも魅力です。小型のカセットコンロを探している方はぜひチェックしておきましょう。

ニチネン(NITINEN) ジュージューボーイ KC-101

屋外用のカセットコンロです。ガスの火力と輻射板の遠赤外線効果、さらに2本のストレートバーナーによって、均一に素早く火を通して美味しく焼き上げます。

また、ヒートパネル付きなので燃料を最後まで無駄なく消費できるのもポイント。圧力感知安全装置も付いているので安心して使用できます。キャンプシーンで重宝するおすすめのアイテムです。

家庭用カセットコンロのおすすめ機種

イワタニ(Iwatani) カセットフー 達人スリム CB-AS-1

薄型タイプのカセットコンロです。テーブルからコンロのトップ位置までの高さが74mmなので、調理時や食べる時に鍋の中身を確認しながら快適に使用できます。また、炎の出口が縦型になっているため炎が横に広がりにくく、ムダ火を抑制してくれるのもポイント。

さらに、燃料を最後まで消費できる「ヒートパネル方式」や安全にボンベを装着できる「マグネット方式」、安全性に配慮した「圧力感知装置」などのさまざまな便利機能を備えています。トッププレートには優れた耐汚性をもつ「高性能プレコートフッ素鋼板」を採用しているため、お手入れも簡単。使い勝手のよいおすすめのアイテムです。

イワタニ(Iwatani) カセットフー エコプレミアム CB-EPR-1

加熱効率に優れたエコタイプのカセットコンロです。内側に炎が出る「内炎式エコバーナー」を採用することにより、通常のバーナーに比べ16%の省エネが期待できます。

また、安全にカセットボンベを装着できる「マグネット方式や「圧力感知装置」が付いており、室内でも安心して使用できるのもポイント。さらに、天板には耐久性の高い「光沢シルバーフッ素コート」を施しているので、汚れが付きにくくお手入れも簡単。満足度の高いおすすめのアイテムです。

イワタニ(Iwatani) 炉ばた焼器 炙りや CB-ABR-1

カセットボンベを使用する炉ばた焼き器。七輪でじっくり焼き上げたような炙り焼きや炉ばた焼きが楽しめるのに加え、網を外せば焼き鳥などの串焼きにも対応できます。

また、輻射板から放たれる輻射熱で焼くため均一に火を通せるほか、ボンベやテーブルが熱くなるのを抑制する構造を採用しているのもポイント。さらに、「圧力感知安全装置」や簡単にボンベを装着できる「マグネット方式」を採用しているため、安全に使用できます。アウトドアシーンで手軽に焼き物をしたい方におすすめのアイテムです。

イワタニ(Iwatani) スモークレス焼肉グリル やきまる CB-SLG-1

煙の発生を抑えたカセットガス式のグリルです。炎の上に肉の脂が落ちない構造を採用しているほか、プレートの表面温度を210~250℃にコントロールすることで脂が煙になるのを抑制します。

また、プレート表面にフッ素加工を施しているため汚れがこびり付きにくく、簡単にお手入れできるのも魅力。さらに、小型サイズなので収納時にもかさばりません。煙を気にせずに手軽に美味しい焼肉を食べられるおすすめの製品です。

イワタニ(Iwatani) アモルフォ プレミアム

高級感のあるおしゃれなデザインが魅力のカセットコンロです。ゴトクまでの高さは84mmと薄型なので、使い勝手は良好です。また、炎が内側に出てムダ火を抑える「内炎式燃焼」のバーナーを搭載しているほか、ガスを最後まで使い切る「ヒートパイプ加温機構」を採用しているため、省エネにも配慮しています。

さらに、吹きこぼれなどで炎が消えてしまっても温度変化を感知して自動的に再点火してくれるので安全性も考慮されています。高い機能性とデザイン性を兼ね備えたおすすめのハイエンドアイテムです。

ニチネン(NITINEN) マイコンロ・エコ 省エネタイプ KC-315

従来モデルよりもガスの消費量を約18%カットした省エネタイプのカセットコンロ。炎が外に広がらない「内炎式バーナー」を採用することにより、効率よく燃料を使用できます。また、燃料をしっかり使い切る「ヒートパネル」を搭載しているのもポイント。

さらに、「圧力感知安全装置付」が付いているため、室内でも安心して使えます。錆びにくいステンレス製の汁受け皿を採用した、実用性の高いおすすめモデルです。

ニチネン(NITINEN) マイコンロ・小鍋っ子 KC-330

幅22.5×高さ11×奥行18.8cmとコンパクト仕様の一人用カセットコンロです。風を防ぐ仕様のゴトクと内炎式バーナーを採用しているので、熱効率は良好です。

また、「圧力感知安全装置」が付いているため安全性にも配慮。ちょっとした調理で使うサブのカセットコンロを探している方やソロキャンプで使いやすいカセットコンロを探している方におすすめです。

グリーンウッド(Green Wood) カセットコンロ GC-TH1

「グリーンウッド」は石油ストーブや電気ストーブ、ガス調理器具、キャンプ用品などを取り扱っているメーカーで、本製品はゴトクの高さが78mmとオーソドックスなカセットコンロです。

「ヒートパネル方式」を採用しているため燃料を最後まで無駄なく使えるほか、「圧力感知ガス遮断方式」を採用することによって安全に使用できるのもポイント。なお、フッ素加工を施しているので汚れが付きにくく、お手入れも簡単です。

カセットコンロのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

カセットコンロのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。