アウトドアシーンでの食事を簡単に済ませたい方におすすめなのが「カセットコンロ」。屋外で使用する際は”風に弱い”という点がネックでしたが、最近ではそんな弱点を克服するべく、キャンプブランドやガス機器メーカーからアウトドア用のカセットコンロが続々と登場しています。

そこで今回は、アウトドアで活躍するおすすめのカセットコンロをご紹介。選び方のポイントやカセットコンロのメリットについても解説します。

カセットコンロの特徴

By: amazon.co.jp

カセットコンロは、火を使った調理が手軽に行えるのが特徴。キャンプなどのアウトドアでは焚き火や炭火による調理も人気がありますが、準備や撤収に手間がかかるというデメリットがあります。

カセットコンロは、カセットボンベをセットしてつまみを回すだけで着火と消火が可能。片付ける際も、カセットボンベを抜くだけと簡単なのも魅力です。

また、燃料となるカセットボンベが「CB缶」と呼ばれるリーズナブルなガス缶であるのもメリット。ランニングコストを抑えられる上、スーパーやコンビニなどで容易に入手できる便利なアイテムです。

カセットコンロの選び方

用途で選ぶ

By: amazon.co.jp

カセットコンロは、屋外と屋内どちらでも使われる道具です。山や海、キャンプなどのアウトドアシーンで使う場合は、風よけ付きのモデルを選ぶのがおすすめ。風がある環境でも炎が安定しやすく、快適に調理できます。

屋内で鍋やプレート料理をするためにカセットコンロを使いたい場合は、屋外用よりも安全性を重視しましょう。屋内でガス漏れのトラブルがあると、屋外よりも空気がこもりやすく事故の危険性が高まるため、安全装置の有無をチェックするのがおすすめです。

また、頻繁にカセットコンロを利用するなら、燃費のよいエコタイプのモデルを選びましょう。エコという表示があるモノや、連続燃焼時間が長く、ガス消費量の少ないモノが燃費のよい製品です。このようなモデルはランニングコストを低く抑えられるので、使う頻度が高い方はぜひチェックしてみてください。

使いやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

カセットコンロを選ぶ際には、カセットボンベの取り外しが簡単かどうか、持ち運びがしやすいかどうかをチェックしましょう。特にマグネット式のカセットコンロは、手軽にボンベを装着できるので便利です。

専用のケースが付いていれば、カバンの中でカセットコンロ本体が動かず持ち運べるので重宝します。また、カセットコンロ本体はなるべく薄いモノの方が、低重心なので倒れにくく安心です。

使用する人数で選ぶ

By: amazon.co.jp

使用する人数に合ったサイズを選ぶことも重要です。カセットコンロのサイズは、大きく分けて1~2人用のコンパクトタイプと、3~6人程度のファミリータイプの2つがあります。

サイズや製品によってはゴトクのサイズが微妙に異なるので、使いたいクッカーや鍋などがある場合は、必ず事前にサイズを確認しておきましょう。

手入れのしやすさや安全性で選ぶ

By: amazon.co.jp

手入れのしやすさもポイントのひとつ。ゴトクや汁受け皿などを取り外して洗えるタイプの方が、手入れが簡単で長く使えます。

また、安全性も重要なチェックポイント。爆発事故を防止するために、ボンベの温度が上がると自動的にガスを遮断して火を消す「圧力感知安全装置」が付いているモノがおすすめです。

アウトドア用カセットコンロのおすすめ機種

イワタニ(Iwatani) カセットフー マーベラスⅡ CB-MVS-2

アウトドア向けのカセットコンロとして人気の高い製品。取り外し可能なトップカバーの風よけとバーナー部分を囲む風防リングにより、屋外でも炎が安定しやすい設計です。また、バーナーの炎口を282個に細分化し配置することで、風の影響を受けにくい高火力を実現しています。

トップカバーを閉じると、カバンのように容易に持ち運ぶことが可能。荷物の多いキャンプなどのシーンでも簡単にセッティングできます。4〜5人向けの9号サイズの土鍋を置けるので、グループキャンプにもおすすめです。

カセットボンベの着脱はマグネット式で、圧力感知安全装置も搭載。たくさんの便利な機能を有する、アウトドアにおすすめのカセットコンロです。

イワタニ(Iwatani) カセットフー タフまる CB-ODX-1

アウトドアでのハードな調理にも耐えうる頑丈なカセットコンロです。耐荷重20kgの堅牢な設計で、ダッチオーブン調理も可能。鍋底が16〜24cmの幅広い調理器具を使用できます。

2つの風防を搭載しており、風を遮断しながら空気を下から取り込んで燃焼を促します。火足が短い多孔式バーナーなので風によって、火が消えにくいのもメリットです。

専用のキャリングケースが付属しており、持ち運びも容易。オプションパーツのプレートを別途購入すれば、焼肉・網焼き・鉄板焼き・たこ焼きなどの調理もできるので料理の幅が広がります。丈夫なアウトドア仕様でキャンプにおすすめのアイテムです。

イワタニ(Iwatani) カセットフー 風まる CB-KZ-1

風に強いカセットコンロです。外側風防と内側風防の「ダブル風防ユニット」により、鍋や調理器具の大きさに関わらず高い遮風効果を実現。風を遮りながら内側風防の下に空気の通り道を設けることで酸素を供給し、燃焼を促進します。

そのため、風のある環境でも安定した加熱調理が可能。3000kcal/hの高火力で、屋外での鉄板焼き・鍋料理・煮込み料理などが行えます。専用キャリングケースが付属しており、持ち運びしやすいのもアウトドア向けのポイントです。

また、圧力感知安全装置も搭載。比較的価格もお手頃なので、アウトドア用としてシンプルに使えるカセットコンロを探している方におすすめです。

イワタニ(Iwatani) カセットフー BO ボー EX CB-AH-41

「カセットフー」シリーズ最強火力のカセットコンロで、最大発熱量3500kcal/hの高火力が魅力です。厚い肉をしっかり焼いたり、大鍋で大量の煮込み料理をしたりと、高火力ならではのアウトドア料理が楽しめます。

「ダブル風防」を搭載しているので風にも強い設計です。目安として、直径31cm前後の9号土鍋まで使用可能。4〜5人分の食事を作るのに最適です。カセットボンベの着脱は便利なマグネット式を採用しています。

圧力感知安全装置などの安全装置を搭載しているので、安全面についても安心。専用キャリングケースも付属しています。火力の強いカセットコンロとして、人気の高いおすすめモデルです。

イワタニ(Iwatani) カセットガスホットプレート 焼き上手さんα CB-GHP-A

ホットプレートとしても使えるカセットコンロです。縦34×横27×深さ2cmの着脱可能なグリルプレートを搭載しており、広い鉄板で焼肉やバーベキュー、お好み焼きなどの料理が楽しめます。

ホットプレートのように電源がいらずカセットボンベによるコードレスでの調理が可能であり、アウトドアだけでなく屋内でも便利に使えておすすめ。プレートを外せば、土鍋などをのせて使うカセットコンロとして調理できます。目安として、8号サイズの土鍋まで使用可能。3〜4人分の鍋料理を行えます。

フッ素コートが施されているので、お手入れが簡単なのもメリット。連続燃焼時間が約120分と長く、燃費がよいのも魅力です。また、圧力感知安全装置を搭載しており安全に使用できます。プレート調理とゴトク調理の両方が行えるので、さまざまなシーンに対応できる高性能なモデルです。

イワタニ(Iwatani) カセットガス スタンドBBQグリル CB-SBG-1

アウトドアで便利なスタンド付きのカセットコンロ。スタンドは着脱可能で、スタンド型とテーブルトップ型の2WAYで使用できます。カセットボンベは2本セットでき、2800kcal/hの高火力グリルを2つ搭載。「グリルプレート」をセットするとバーベキューや焼肉などのグリル調理ができます。プレートを取り外せば、ゴトク部分での鍋料理・フライパン調理・湯沸しなどができる利便性の高いモデルです。

バーナー部分は風の影響を防ぐように設計されており、水皿を深くした独自の構造や282個の炎口を持つ多孔式バーナーを採用。風に強く安定した燃焼を実現しています。また、運搬時はスタンドを利用したキャリースタイルで容易に持ち運び可能。設営・撤収も簡単なのでキャンプなどのアウトドアに最適です。

キングキャンプ(KingCamp) カセットコンロ KG2760

約25×20×10cmの小型カセットコンロです。重量は約1.1kgと軽いので、容易に持ち運べます。少人数での食事や簡単な調理におすすめ。バーナー周りに風防を搭載しており、風のある屋外でも炎が安定します。

天板にはシルバーフッ素コートが施されており、お手入れしやすいのもポイント。圧力感知安全装置を搭載しているので安全に使用できます。専用キャリングケースも付属している、ソロキャンプやツーリング用におすすめの小型モデルです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 炉端焼 卓上カセットコンロ M-6303

人気アウトドアブランド「キャプテンスタッグ」による炉端焼カセットコンロです。カセットコンロでありながら網焼きや串焼きの調理が可能。焼肉・バーベキュー・海鮮焼き・焼き鳥といった料理を、炭を使わず手軽に楽しめるのでキャンプを盛り上げてくれます。

水を張ったトレーに余分な油やあくなどが落ちるので、後片付けも容易。トレーやふくしゃ板は取り外し可能で、お手入れが簡単なのもメリットです。

圧力感知安全装置を搭載しており、安心して使えます。手軽に網焼きや串焼きができるので、アウトドアはもちろん屋内でも活躍するおすすめモデルです。

ユニフレーム(UNIFLAME) ミニバーナー US-700

気軽に持ち運べるモノを探している方におすすめのモデル。約9×8×12cmのコンパクトなボディでありながら、2400kcal/hの十分な火力を持つ高性能な製品です。

組み立て不要ですぐに調理ができます。重量は約315gと軽く、ツーリングや登山などのアウトドアに最適。お湯を沸かしたり、小さめのフライパンや鍋を使って調理したりといった簡単な料理には十分に使えるおすすめアイテムです。

家庭用カセットコンロのおすすめ機種

イワタニ(Iwatani) カセットフー エコプレミアム CB-EPR-1

10号の土鍋をおいて使えるカセットコンロ。家族が多い方や5〜6人の大人数で使いたい方におすすめです。燃料を効率よく使える内炎式バーナーを搭載しており、省エネ効果が期待できるのが特徴。

天板はフッ素コート加工を施しているので、お手入れがラクにできるのも魅力。安全面に関しては、圧力感知安全装置などをしっかりと搭載しているので安心して使えます。大きな土鍋がおけて、エコに使えるモデルを探している方におすすめです。

イワタニ(Iwatani) カセットフー スーパー達人スリム CB-SS-1

スマートな薄型カセットコンロです。テーブル面からゴトクのトップ位置までわずか74mmとゴトクの高さを低く抑えており、調理時の安定感を高めています。食事の際も取り分けやすく快適です。

使用できる鍋の大きさは9号サイズが目安で、4〜5人で食事をするのに適しています。トッププレートはフッ素コートが施されているので、使用後のお手入れもラクラク。カセットボンベの着脱は便利なマグネット式です。収納する際に場所を取りにくい薄型のモノを探している方は是非チェックして見てください。

イワタニ(Iwatani) アモルフォ プレミアム CB-AMO-80

スタイリッシュなデザインのカセットコンロです。高級感あるおしゃれなデザインはで、グッドデザイン賞を受賞しています。高級料亭でも使用されており、上質な食卓空間を演出できるおすすめモデルです。

圧力感知安全装置のほか、再点火型の立ち消え安全装置を搭載。鍋のふきこぼれなどで消えた火を自動で再点火できる上、とろ火での調理も火が消えずガス漏れを防止します。多彩な安全装置によって安心して使えるのも魅力です。

最大発熱量は2500kcal/hと火力も十分。デザイン性の高いカセットコンロを探している方におすすめの製品です。

カセットコンロのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

カセットコンロのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。