キャンプなどのアウトドアで大活躍するシングルバーナー。お湯を沸かしたり、料理をしたりとキャンプをより楽しむには必須のアイテムです。定番アイテムだからこそ、シングルバーナーは各アウトドアメーカーから豊富に販売されており、どれを選べばよいか迷ってしまうことも。

今回は、そんなシングルバーナーを選ぶ際のポイントをご説明します。あわせておすすめモデルをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

シングルバーナーの選び方

燃料で選ぶ

By: amazon.co.jp

シングルバーナーで主流の燃料は、「ホワイトガソリン」と「LPガス」の2種類。LPガスの中にも「OD缶」と「CB缶」があるので、この3種類の違いを確認していきましょう。それぞれに特徴があるため、自分の用途に沿ったモノを選ぶことが重要です。

「ホワイトガソリン」は火力が強く、リーズナブルでコストパフォーマンスがよいのが特徴。ただし、一般的にはガス缶よりも扱いが難しいと言われ、重くてかさばるというデメリットがあります。

LPガスの「OD缶」は火力が強く、寒冷地であっても火力が下がらずに使用できるのがメリットです。また、対応するキャンプ用品が多いのも嬉しいポイント。デメリットはややコストがかかる点です。

LPガスの「CB缶」は、スーパーやコンビニなどで手軽に入手でき、低コストなのがメリット。デメリットは、寒冷地だと火力が下がりやすい点や、ガスランタンなど他のアイテムに対応するモデルが少ない点が挙げられます。

「一体型」か「分離型」か?

By: amazon.co.jp

シングルバーナーは、本体とガス缶の接続方法によって「一体型」と「分離型」に分けられます。2つの違いを見ていきましょう。

「一体型」は、ガス缶をシングルバーナー本体の下部に直接取り付けて使用するタイプです。ガス缶と本体をまとめてコンパクトに収納できるモデルもあり、持ち運びに便利。お湯を沸かすなどの簡単な調理に使われるタイプなので、1〜2人でのキャンプに適しています。

一方、「分離型」はガス缶をホースでシングルバーナーと接続しガスを送り込むタイプ。燃料となるガス缶が本体から離れており、シングルバーナーが自立するため安定性に優れています。そのため、一体型よりも大規模な調理が可能であり、複数人でも使用可能。ただし、サイズが大きく重量もあるため、一体型よりも持ち運びに労力を必要とします。

重量とサイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

重量とサイズは、携行性に大きく影響するため重要なポイント。この2点は、シングルバーナーが一体型か分離型かという違いにも影響されます。

一体型のモデルの多くは重量が50〜200gほどであり、最大でも300gほどです。それに対し、分離型のモデルは200gほどから、重いモノでは1kgを超えるモデルもあります。

サイズに関しても同様で、一体型の方が小型でコンパクトに収納できるモデルが多く、分離型には比較的大きなモデルが多いです。

もちろん、分離型はその分可能な調理の幅も広がるので、キャンプなどのアウトドアで本格的な料理を行いたい方にはおすすめ。携行性は大切なポイントなので、購入前にしっかりとチェックしましょう。

安定性で選ぶ

By: amazon.co.jp

アウトドアでシングルバーナーを使う場合、直接地面や砂利の上に置くことも少なくありません。簡単に倒れることのないよう、十分な安定性のあるモノが望ましいです。

一般的に分離型は一体型と比べて重心が低くなるため、安定性に優れたモデルが多数あります。また、こうした接続タイプにかかわらず、「ゴトク」と呼ばれる鍋を直接支えるパーツに安定性を高めるための工夫がされているモデルもあるので、ぜひチェックしてみてください。

シングルバーナーのおすすめ人気モデル

ソト(SOTO)

ソト(SOTO) マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310

重量約67gの軽量シングルバーナー。OD缶を燃料とした一体型タイプであり、寒さや風の厳しい環境でも安定した火力を実現しています。「マイクロレギュレーター」の搭載により、寒冷地であっても外気温に左右されず、2800kcal/hの出力が可能です。

バーナーヘッド部分に独自のすり鉢状の構造を採用することで、防風と燃焼に必要な二次空気の取り込みを両立しています。そのため、強風時でも炎が流されず、短時間でしっかりと鍋を加熱することが可能。風や寒さに負けずしっかりと調理ができるモデルなので、ひとつあると重宝します。

また、従来品より繊細な火力調整ができるようにバルブに改良を加えてあり、とろ火から強火まで使い分けられるのもメリット。鍋を支えるゴトク部分は着脱ができるので、取り外せばコンパクトに携行可能なおすすめモデルです。

ソト(SOTO) AMICUS SOD-320

「ソト」による一体型タイプのOD缶用シングルバーナー。バランスよく機能を搭載しているため、エントリーモデルとしてもおすすめの1台です。バーナーヘッドをすり鉢状に設計することで、防風性能を向上させ、燃焼に必要な空気を効率よく取り込みます。

風の強い環境でも安定した火力を保てるため、しっかりと調理をすることが可能。また、電気回路を内部に収めることで、着火性能と耐衝撃性が向上しています。本体の重量は約81gと軽量で、サイズもコンパクトなため携行性も十分。

鍋を支えるゴトクは4本タイプなので、安定性にも優れています。発熱量は2600kcal/hであり、230gの専用OD缶で約1.5時間の使用が可能。コストパフォーマンスがよく、幅広い需要に応えられる点がおすすめのシングルバーナーです。

ソト(SOTO) MUKAストーブ SOD-371

ホワイトガソリンを燃料とする分離型タイプのシングルバーナーです。国内外で多数の受賞歴を持つ、人気のおすすめモデル。一般的なガソリンバーナーと異なり、点火時に予熱を行う必要がなく、より手軽に扱えるよう改良されています。

ガソリンバーナーのメリットである発熱量は4000kcal/hの強火力。LPガスタイプよりも火力が強いだけでなく、ダイヤルの操作で弱火から強火まで微調整ができるので、本格的な調理も行えます。緊急停止機能が搭載されているため、万が一のときも安心。

また、自動車用のレギュラーガソリンをホワイトガソリンの代わりに使用することも可能。レギュラーガソリンでも同程度の燃焼性を実現し、リーズナブルで入手が容易なことからコストパフォーマンスや利便性に大きなメリットがあります。

重量は約333gと、火力に対し比較的軽量です。火力の強いガソリンタイプのシングルバーナーを探している方におすすめします。

ソト(SOTO) ストームブレイカー SOD-372

ホワイトガソリンとOD缶の両方が使える、珍しいハイブリッド型のシングルバーナー。どちらの燃料を使用した場合でも、ノズルの交換が不要な上、予熱もいらないので手間がかかりません。

バーナーヘッドにすり鉢状の構造を採用することで、防風性を高めながら空気を効率よく取り込み、強風時でもしっかり加熱できます。これにより、燃料の消費量を抑え、荷物とコストの両方を削減できるところが魅力です。

また、重量は本体のみで約225gと軽く、ゴトクをコンパクトに収納できるため、携行性が高い点もメリット。発熱量は3000kcal/hであり、自動車用レギュラーガソリン480ml使用時で約1.6時間燃焼できます。さまざまな燃料に対応するので、ひとつあると緊急時にも役立つシングルバーナーです。

スノーピーク(snow peak)

スノーピーク(snow peak) ギガパワーマイクロマックスウルトラライト GST-120R

約56gの超軽量型シングルバーナーです。OD缶タイプの一体型であり、コンパクトなサイズながらも最高出力2800kcal/hと十分な火力を持ちます。火力調整機能も付いているので、ちょっとした調理やお湯を沸かす用途には不足ないモデルです。

3枚のゴトクは安定性を高めながら風防の役目も果たし、収納時には折りたたんで小さくまとめることも可能。軽量・コンパクトなサイズに特化したモデルなので、ソロキャンプ用や予備のシングルバーナーとしておすすめします。

燃焼時間は、同社のOD缶110gタイプで約50分、220gタイプで約85分。スノーピークのガスランタンなど、他にOD缶を使用するアイテムを持っている方はガス缶を兼用できるため、さらに荷物の軽量化を図れておすすめです。

コールマン(Coleman)

コールマン(Coleman) アウトランダー マイクロストーブPZ

「コールマン」による人気のシングルバーナー。OD缶を燃料とする一体型タイプであり、本体重量約200gの軽さと着火のしやすさがポイントです。つまみを回してボタンを押すだけで、簡単に着火が行えます。

最高で2500kcal/hの十分な火力を持ち、230gのOD缶を使用した場合で約1〜2時間の燃焼が可能。火力に対しコストパフォーマンスが優れていると人気です。ゴトクは折りたたみ式なので、コンパクトに収納して持ち運べます。

また、専用のプラスチックケースが付属しているため、キャンプで使用した際に多少汚れても、他の荷物を汚す心配がありません。コンパクトなシングルバーナーとしておすすめのモデルです。

イワタニ(Iwatani)

イワタニ(Iwatani) ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

CB缶を燃料とする一体型シングルバーナーの人気モデルです。ワンプッシュで手軽に自動点火でき、1Lの水を約4分で沸かせる高い加熱性能を誇ります。燃焼時間は同社のCB缶使用時で約2時間と、長時間使用できておすすめです。

最大で直径16cmの鍋に対応するゴトクは風防も兼ねており、折りたたんでコンパクトに収納可能。約274gの軽量タイプなので携行性に優れています。また、専用ハードケースが付属しているのもポイント。

リーズナブルながら機能が充実していると人気のモデルです。燃料となるCB缶もランニングコストが低めなので、コストパフォーマンスの高いシングルバーナーとしておすすめします。

ユニフレーム(UNIFLAME)

ユニフレーム(UNIFLAME) ミニバーナー US-700 610183

組み立て不要のコンパクトなシングルバーナー。CB缶を使用する一体型タイプであり、ステンレスを採用した耐久性の高いボディが魅力です。三角形の形状はデザイン性だけでなく、安定性を向上させています。

CB缶の装着は、缶を押し込んで回すだけの簡単操作。最大火力はプレミアムガス使用時で3000kcal/h、レギュラーガス使用時で2400kcal/h。燃焼時間は1時間半前後と十分な燃焼性能を備えています。重量は約315gで、持ち運びも容易です。

また、火種が不要で、ワンタッチで点火できる利便性もポイント。比較的リーズナブルでありながら、長く使えると評判です。コストパフォーマンスのよいCB缶タイプのシングルバーナーを探している方におすすめします。

プリムス(PRIMUS)

プリムス(PRIMUS) 115フェムトストーブ SWEDEN P-115F

「プリムス」の人気シングルバーナーにスウェーデンカラーを施したオリジナルモデル。黄色と青色を使った、おしゃれでカラフルなデザインが魅力です。同じカラーリングのナイロンポーチが付属しており、ガスライターもポケットに収納できます。

OD缶タイプの一体型で、点火装置付きでありながらわずか約57gの超軽量タイプ。プリムスのラインナップの中でも最軽量のモデルです。

最大出力2100kcal/h、燃焼時間は230gのOD缶使用時で約80分と、確かな燃焼性能を備えています。火力調節機能も搭載しており、とろ火から強火まで細かく調節が可能。少人数での使用や、ソロキャンプにおすすめの1台です。

プリムス(PRIMUS) 153ウルトラバーナー P-153

OD缶タイプの人気が高いシングルバーナー。小型で約116gの軽量タイプでありながら、最大火力3600kcal/hのハイパワーを誇るのが長所です。燃焼時間は230gのOD缶で約55分。火力が強いため、ソロキャンプはもちろん複数人での使用にもおすすめです。

4本のX字型ゴトクは安定性が高く、防風性能にも優れています。また、最大148mmもの直径を持ちながら、収納時には折りたたんでコンパクトにできるので持ち運びに便利。

ナイロンスタッフバッグが付属しており、使用後は簡単に片付けられるのもポイントです。さらに、自動点火装置を搭載しているため、火種が不要なのもメリット。シングルバーナーの中でもファンの多いおすすめモデルです。

プリムス(PRIMUS) 2243バーナー IP-2243PA

プリムスの伝統的なシングルバーナー。長年に渡り愛されてきた、高い機能性が魅力のモデルです。X字型のゴトクは安定性と防風性が共に高く、効率よく調理できる形状。

また、288個搭載された炎口は、火が消えにくく安定した火力があると評判です。最大出力は3600kcal/hであり、OD缶タイプの中では優れた燃焼性能を誇ります。

本体重量は約250gであり、より軽量モデルの方が携行には便利ですが、このくらいの重量がある方が風に倒される心配がなく使いやすいという方も。ほどよい重量としっかりとした堅牢な作りが人気の理由です。

収納に便利なナイロンスタッフバッグも付属しています。グループや家族連れでの使用におすすめのシングルバーナーです。

イーピーアイ(EPI)

イーピーアイ(EPI) QUO STOVE S-1032

OD缶を燃料とする一体型のシングルバーナー。重量約98gの軽量ボディで、最高出力2600kcalを実現しています。燃焼時間が約2時間と長いところもおすすめのポイント。マイクロアジャスト機構の採用により、とろ火から強火まで火力を調節できます。

自動点火装置を搭載しているので、容易に点火が可能。また、ゴトクは安定性の高い4本タイプであり、収納時は折りたたむことで手のひらサイズにまとめられます。専用ケースが付属しているため、持ち運びも便利。

同じOD缶を燃料とする軽量の一体型タイプの中では、比較的リーズナブルなモデルです。なおかつ、必要な機能が高いレベルで搭載されており、コストパフォーマンスに優れています。

イーピーアイ(EPI) REVO-3700 STOVE S-1028

「イーピーアイ」が手がけるシングルバーナーの中でも高い人気を持つモデルです。重量約111gの軽量モデルでありながら、最高出力4200kcalの高火力を誇ります。バーナーヘッド部分に「S.F.P.M」と呼ばれる新素材を採用し、理想的な炎口密度を生み出すことで高火力を実現。

また、耐風性を高めるための工夫もされており、風や寒さに負けずに安定した火力を保てます。マイクロアジャスト機構の採用により、とろ火から強火まで繊細な火力調整が可能なのも魅力。自動点火装置が付いているため、高所でも楽に点火が行えます。

ゴトクにはほどよい厚みがあり、安定して鍋を支えることが可能。折りたたんでコンパクトに収納でき、専用ケースが付属しているため容易に携行できます。ソロキャンプや少人数での使用におすすめの、軽量性と高火力を兼ね備えるモデルです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オーリック 小型ガスバーナー・クッカーセット M-6400

OD缶タイプの一体型シングルバーナーです。ジャストサイズの片手鍋と、OD缶が付属しているので、1セット購入するだけで簡単な煮炊きに必要なモノが揃います。そのため、キャンプを始めるにあたってのエントリー機としてもおすすめです。

本体重量は約300gで、出力は2700kcal/hと十分な燃焼性能を有します。また、自動点火装置を搭載しており、操作が簡単な点も魅力。専用ケースが付属しているため、持ち運びもラクラク行えます。リーズナブルな価格に対し、重量と出力も十分なクオリティのおすすめモデルです。

ジェットボイル(JETBOIL)

ジェットボイル(JETBOIL) MiniMo

アメリカのアウトドア専門誌「BACKPACKER」による権威ある賞を獲得したシングルバーナー。デザイン性が高く、高機能なおすすめモデルです。

付属している専用のクッカーは口径127mmの広口で、快適に調理・食事が行えます。このモデルのクッカーは80%以上の高い熱効率を持ち、一般的なシングルバーナーと比べガスの消費量が半分程度。そのため、コストパフォーマンスの向上や荷物の削減に有効です。

また、高さが低く抑えられているので、安定性に優れているのも魅力。火力調節機能の搭載により、とろ火から強火までを使い分けて幅広い調理を楽しめるのもポイントです。

さらに、低温環境下や長時間の使用でも火力が下がらない「サーモレギュレートテクノロジー」を採用。火力を安定して保つことが可能なため、快適に調理が行えるのもメリットです。全てのパーツをクッカーにまとめてすっきりと収納できるので、携行性にも優れています。

エムエスアール(MSR)

エムエスアール(MSR) ドラゴンフライ 36030

ホワイトガソリンを燃料とする、分離型のシングルバーナーです。二重バルブ設計によって、とろ火から強火まで火力をコントロール可能。火力の調整能力が高いので、とろ火での炊飯にも適しています。ソロキャンプからグループキャンプまで幅広く使用可能です。

また、大きな特徴として、ホワイトガソリンの他にも無鉛ガソリン、灯油、ディーゼル、ジェット燃料が使用できる点が挙げられます。幅広い燃料に対応しているので、用意していた燃料が切れた緊急時などにも活躍するモデルです。

最高出力は約2192kcal/hで、燃焼時間は600mlのホワイトガソリン使用時で約2時間。十分な火力と燃費に定評があります。ガソリンストーブで有名な「エムエスアール」の人気モデルなので、ホワイトガソリンタイプのシングルバーナーを探している方はぜひ検討してみてください。

トランギア(trangia)

トランギア(trangia) アルコールバーナー TR-B25

アルコールを燃料とするシングルバーナー。長年キャンプ好きから愛されてきた人気モデルです。ホワイトガソリンやLPガスを燃料とするモノに比べると火力は弱いですが、重量わずか約110gの軽量性とコンパクトなボディは高い携行性を発揮します。

使い方は簡単で、アルコールをタンクに注ぎ火をつけるだけ。しばらく経つと燃料が温められ、しっかりと炎が立ち上がります。スライド扉を調整することで、火力の調整も可能。タンク本体に対し3分の2ほどアルコールを注入すると、約25分間燃焼します。

また、寒冷地であってもLPガスと比べて火力が下がらないのもポイント。火力が弱めとはいえ、お湯を沸かしたり、とろ火で炊飯したりといった用途には十分に使えます。

さらに、ゴトクなどのオプションアイテムも豊富に販売されており、機能を拡張することも可能。コンパクトで扱いが容易なため、簡単な調理やソロキャンプなどの用途におすすめのアイテムです。

エバニュー(EVERNEW)

エバニュー(EVERNEW) アルコールバーナー ゴトク付き EBY250

「エバニュー」によるアルコールバーナー。耐久性の高いステンレス製で、ゴトクが付属しているため幅広い用途に使用できます。

本体サイズは直径7.5×高さ5.5cmとコンパクト。重量は約125gと軽量なので持ち運びも容易です。容量120mlの本体にアルコールをフル充填することで、約40分もの間燃焼できます。

アルコールバーナーはさまざまなメーカーから販売されていますが、このモデルはクオリティに定評のある「エバニュー」製な上に、ゴトクが付属しているので扱いやすくおすすめ。アルコールバーナーのエントリー機として最適な1台です。