アウトドア用の調理器具のなかでも携帯性に優れている「シングルバーナー」。ソロキャンパーはもちろん、少人数でキャンプをしたい時にも便利で、お湯を手軽に沸かせるほか、ちょっとした料理にもスムーズに対応できます。

とはいえ、製品はどれも似たような形状をしているので、いまいち違いがわからないもの。そこで今回はシングルバーナーのおすすめモデルをご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

シングルバーナーの選び方

燃料で選ぶ

火力が強くコスパが高い「ガソリン式」

By: amazon.co.jp

火力が強く、コストパフォーマンスに優れているのがガソリン式のシングルバーナー。燃料となる「ホワイトガソリン」は安価で手に入れることができ、火力が安定しているのもポイントです。

なお、着火する前に「ポンピング」することが重要。ホワイトガソリンを使用する際は本体内に圧力をかけることで燃料を送り出すので、この作業が不可欠となります。特にキャンプ初心者の方は事前に確認しておきましょう。

簡単な操作で着火できる「LPガス」

By: amazon.co.jp

キャンプビギナーでも扱いやすいのがLPガスのシングルバーナー。簡単な操作で着火できるのが魅力です。気温の低下に伴い火力が弱くなってしまうことがありますが、手軽さがウリのアイテムです。

ガス缶の種類で選ぶ

寒冷地でも安定して使える「OD缶」

By: amazon.co.jp

ガス燃料の種類は、「OD缶」と「CB缶」の2タイプがあります。OD缶はアウトドアでの使用を前提として作られているので、火力は安定しているのが特徴。ただし、使い勝手が良好な分、高価なのがデメリットです。

入手しやすく手軽に使用できる「CB缶」

CB缶は比較的入手しやすく、リーズナブルなのが特徴。なお、室内向けのアイテムなのでアウトドアシーンでは火力の不安定さが気になる場合があります。家庭のカセットコンロでも使われるタイプです。

By: amazon.co.jp

形状で選ぶ

1〜2人でのキャンプに適した「一体型」

By: amazon.co.jp

一体型のシングルバーナーは軽量かつ小型で、持ち運びに便利。ソロキャンパーはもちろん、本格的な登山を行う方も携帯していることが多いアイテムです。

ガス缶の上に本体を設置し、その上にクッカーを乗せて使うためバランスが取りづらいものの、お湯を沸かすなど簡単な作業に適しています。

大規模な調理が可能な「分離型」

By: amazon.co.jp

大人数で使う場合は分離型がおすすめ。本体そのものの重心が低く、クッカーを乗せても安定するので、より調理がしやすいのが特徴です。一体型と比べるとやや設置にスペースを要するので、その点は留意しておきましょう。

重量とサイズをチェック

By: amazon.co.jp

一体型のモデルの多くは重量が50〜200gほどであり、最大でも300gほどです。それに対し、分離型のモデルは200gほどから、重いモノでは1kgを超えるモデルもあります。

サイズに関しても同様で、一体型の方が小型でコンパクトに収納できるモデルが多い一方、分離型はやや横広がりの設置となります。

携帯性は大切なポイントなので、購入前にしっかりとチェックしておきましょう

安定性を確認

By: amazon.co.jp

アウトドアシーンでシングルバーナーを使う場合、凹凸のある地面や砂利の上に置くことも考えられるので、設置の安定性には配慮しておきましょう。

なお、一般的に分離型は一体型と比べて重心が低くなるため、安定性に優れたモデルが多数あります。また、調理器具を置くパーツ(ゴトク)も重要な部分なので、購入前にチェックしておくのがおすすめです。

シングルバーナーのおすすめブランド

ソト(SOTO)

By: amazon.co.jp

「ソト」は1978年に設立された工業用バーナーの製造会社「新富士バーナー」のアウトドアブランド。スタート当時から積極的にユーザーが必要とする炎にこだわっており、シングルバーナーやツーバーナーなど、さまざまなキャンプスタイルに合わせた製品を取り揃えています。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

製品のクオリティに定評がある「スノーピーク」。新潟県三条市に本社を置くアウトドアブランドで、キャンプビギナーからベテランまで、幅広いユーザーから支持されています。長く使える高品質なアイテムを探している方はぜひチェックしておきましょう。

イーピーアイ(EPI)

By: amazon.co.jp

1961年にイギリスのストックポートでスタートした「EPIガス」。各国の山岳遠征隊や登山家をサポートしたことで、名が知れたブランドです。1994年からは日本国内で製造が開始。なお、日本の冒険家として名高い植村直己氏の遠征に携わったことでも知られています。

プリムス(PRIMUS)

By: amazon.co.jp

「プリムス」は1892年にスタートしたスウェーデンの燃焼器具ブランド。
もともとアウトドア専用のストーブに定評があり、1911年に初めて人類が南極点に到達した際や1953年に成されたエベレストの初登頂時にも同社の製品が使用されていたことは語り草になっています。製品ラインナップとしては、クッカーやシングルバーナーを手掛け、多くのキャンパーから支持されているのがポイントです。

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

アメリカの総合アウトドアメーカーとして有名な「コールマン」。テントやチェアなどのキャンプ用品はもちろん、アウターやバッグなどのファッションアイテムまで、幅広いジャンルの製品をリリースしています。

調理器具も豊富で、バーナーやグリルはもちろん、トーチやライナーなどをラインナップしているのもポイント。アウトドア用品一式をまとめて買い揃えたい方にもおすすめのブランドです。

シングルバーナーのおすすめ人気モデル|ガソリン式

ソト(SOTO) ストームブレイカー SOD-372

ホワイトガソリンとOD缶の両方が使えるハイブリッド型のシングルバーナー。どちらの燃料を使う場合でもノズルの交換が必要ありません。余熱の必要がなく、初心者でも簡単に扱える手軽さも魅力です。

本体サイズは直径170×高さ95mm、重量205gのコンパクトサイズで持ち運びに便利です。バーナーヘッドには300個もの炎口がすり鉢状に配置されているので耐風性は良好。広い火口に多数の炎口を設けているため燃焼音も静かと機能面にも優れます。

また、自動車用レギュラーガソリンも燃料として使えるのもポイント。災害時でも活躍してくれます。汎用性の高い調理器具を求めている方は要チェックのアイテムです。

ソト(SOTO) MUKAストーブ SOD-371

ホワイトガソリンを燃料にする分離型のシングルバーナー。一般的なガソリンバーナーとは違って予熱が必要なく、キャンプ初心者の方でも手軽に扱えるのが魅力です。

発熱量は4000kcal/hと高いのもポイント。火力調節はダイヤルを回すことで対応できます。ダイヤル本体を押し込むと瞬時に消火できる緊急停止機能が搭載されているので、安全性にも配慮しています。

また、自動車用のレギュラーガソリンを燃料として使用することも可能。ノズル詰まりが起きにくいのもポイントです。本体サイズは幅135×奥行135×高さ800mm、重量は160gと軽量コンパクト。使い勝手のよいおすすめのアイテムです。

コールマン(Coleman) フェザーストーブ 442-726J

小型かつ軽量ながら、火力に優れたガソリン式の一体型シングルバーナー。本体サイズが130x155mmとコンパクトながらも、最高火力は2125kcal/hと十分です。

基本燃料はホワイトガソリンですが、自動車用のレギュラーガソリンを燃料に使うことが可能。なお、常時使うとジェネレーターの寿命を縮めてしまう危険性があることは留意しなければなりませんが、災害時にも活躍が期待できる便利なアイテムです。

コールマン(Coleman) スポーツスターII 0508A700J

寒さや風に強いのが特徴のガソリン式の一体型シングルバーナー。プレヒートなしで点火できるのも魅力です。

本体サイズは約140×140mm、重量は960gとやや重さは気になりますがで、重心が低く安定しているのがポイント。4本ゴトクを採用していることもあり、さまざまな調理に対応できます。

エムエスアール(MSR) ドラゴンフライ 36030

ホワイトガソリンを主燃料とする分離型のシングルバーナー。二重バルブ設計になっており、自由に火力を調節できるのが魅力です。

ホワイトガソリン以外にも自動車用のレギュラーガソリンや灯油、軽油などを燃料として使用することが可能。価格としては高価なアイテムですが、高火力ながら燃焼音が低いので、静音性を重視したい方におすすめのアイテムです。

エムエスアール(MSR) XGKEX 040818110430

堅牢性や耐風性、耐寒性に優れたガソリン式の分離型シングルバーナー。冬山や8000m級の山などの過酷な環境下でも使用できるように作られた同モデルは、数々の山岳遠征隊や登山家に使用されています。

主となる燃料はホワイトガソリンですが、自動車用のレギュラーガソリンや灯油、軽油なども燃料として使用できるマルチフューエルタイプ。満足度の高いシングルバーナーを求めている方は要チェックです。

シングルバーナーのおすすめ人気モデル|OD缶タイプ

ソト(SOTO) アミカス SOD-320

一体型タイプのOD缶用シングルバーナー。バーナーヘッドをすり鉢状に据えることで燃焼に必要な空気を効率よく取り込んでいるため、230gの専用OD缶で約1.5時間の使えるのがポイントです。

本体サイズは幅76×奥行100×高さ86mm、重量は81gとコンパクトながら、発熱量は2600kcal/hと十分。折りたたみ式で、収納時には幅40×奥行43×高さ75mmとさらに小さくなるので、携帯性にも優れています。

クッカーを支えるゴトクは4本タイプで安定性は良好。トータルバランスに優れたシングルバーナーを探している方におすすめです。

ソト(SOTO) マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310

一体型タイプのOD缶用シングルバーナー。マイクロレギュレーター搭載で寒さに強く、風防の使用がなくても風に強いのが魅力です。

火力は2800kcal/h。本体に付属している3本ゴトクは工具なしで着脱することが可能なほか、別売りの大型4本ゴトクが取り付けも可能です。

3本ゴトク使用時の本体サイズは幅90×奥行117×高さ100mm、重量は67gと軽量かつコンパクトな点も魅力。機登山やキャンプ時の荷物を極力少なくしたいという方におすすめのアイテムです。

スノーピーク(snow peak) ギガパワーマイクロマックスウルトラライト GST-120R

OD缶を燃料とする一体型のシングルバーナー。最高出力は2800kcal/hと十分ながら、56gと軽量なモデルです。

板状の3本ゴトクはクッカーをしっかりと支えるだけでなく、風防としての役割も担っています。ゴトクの先端は折りたたむことが可能。収納性に優れるのも注目すべきポイントです。

本体側面にはワイヤーハンドルが付いており、火力の調整も可能。燃焼時間は110gのOD缶で約50分、220gのOD缶で約85分が目安となります。安全性や機能性、携帯性など、トータルバランスに優れたアイテムです。

スノーピーク(snow peak) ギガパワーストーブ 地 オート GS-100AR

「胸ポケットに入るストーブを作る」というコンセプトの元に開発されたシングルバーナー。OD缶を使用するタイプで、サイズは収納時で45×37×82mm、専用ケースも付属しています。

小型ながら最大出力は2500kcal/hと高火力。「オートイグナイタ」という点火装置が搭載しており、ワンタッチで点火できるのもポイントです。「アウトドアの荷物をなるべく軽くしたい」という方にぜひチェックしておきましょう。

スノーピーク(snow peak) ヤエンストーブ レギ GS-370

OD缶タイプのハイブリッドシングルバーナー。一体型でありながら、分離式並みの低重心に設計されているのが特徴です。

設置面積が広く、岩場や砂利といった不安定な地形の上でも水平を出すことができ、場所を選ばず火を起こせます。

最大出力は2900kcal/hと高火力。脚部はガスカートリッジに応じて高さを変更できる仕様になっているので、使い勝手も良好です。また、本体は2分割でき、収納性にも優れています。

イーピーアイ(EPI) QUO STOVE S-1032

OD缶を燃料とする一体型のシングルバーナー。燃焼効率が高い直噴型のバーナーヘッドを採用しているので、短い時間でお湯を沸かせられます。ガスの消費量が抑えられるので、経済的なのもポイントです。

本体の重量は約98gとコンパクトながら、最高出力2300kcalと火力は高め。燃焼時間も約2時間とスタミナも十分です。また、マイクロアジャスト機構が搭載されており、自由に火力調節ができるのも魅力。

機能が充実しているほか、使い方も簡単なので「初めてシングルバーナーを使ってみたい」という方におすすめです。

イーピーアイ(EPI) REVO-3700 STOVE S-1028

OD缶タイプながら、最高出力4200kcalと大火力の一体型シングルバーナー。小さいバーナーヘッドのわりに炎口をたくさん搭載しているのが特徴です。バーナーヘッドの素材はメーカー独自開発の「S.F.P.M.」を採用。耐風性にも優れます。

マイクロアジャスト機構が搭載しており、火力調節を自由に行えるのも魅力。高所でも難なく火がつけられる自動点火装置が付いているので、操作も良好です。

軽量ながらも厚みがあり、頑丈な4本ゴトクを採用。先端は折りたたむことができるので、収納性や携帯性にも優れます。機能性と軽量性を兼ね備えたおすすめのアイテムです。

プリムス(PRIMUS) 115フェムトストーブ P115F

点火装置付きながら57gという軽さと手のひらに収まるほどのコンパクトサイズが特徴のOD缶タイプの一体型シングルバーナー。火力調整つまみを押し込むだけで火をつけることができ、誰でも手軽に扱えるのが魅力です。

バーナー部には多孔性のあるメッシュ状のMFMMを採用。空気とガスを効率よく燃焼部に運びます。また、スーパーファインアジャスト機構を搭載しており、火力調整がスムーズにできるのもポイントです。

プリムス(PRIMUS) 153ウルトラバーナー P-153

コンパクトかつ軽量でありながら、3600kcal/hのパワーを要するOD缶タイプの一体型シングルバーナー。収納サイズは75×88×30mm、本体重量は110gです。

ゴトクには安定性の高い4本タイプのモノを採用。直径は148mmと広く、鍋やクッカーを気兼ねなく設置できます。収納時には折りたためるので、持ち運びにも便利。火力と軽量性、携帯性を兼ね備えた便利なアイテムです。

プリムス(PRIMUS) 2243バーナー IP-2243PA

耐久性に優れたOD缶タイプの一体型シングルバーナー。安定性のあるゴトクを採用しているのが特徴です。X字のゴトクはバーナーヘッドが4つに区切られており、ひとつの区画が消えてしまっても他の区画は消えないように設計されています。

また、288もの炎口が用意されており、安定して火力が出せるのもポイント。さまざまな調理に対応できるアイテムです。最大出力は3600kcal/hと火力は十分。バルブは着脱式になっており、収納性も良好です。

コールマン(Coleman) アウトランダー マイクロストーブPZ 203535

持ち運びに便利なOD缶タイプの一体型シングルバーナー。折りたたみ式のゴトクを採用しているほか、収納時に便利なプラスチックケースが付属しているのもポイントです。

最高火力は2500kcal/h。230gのOD缶で約1〜2時間の燃焼が可能です。また価格は4000円台と比較的リーズナブルなので、初めてシングルバーナーを使ってみたいという方にもおすすめのアイテムです。

シングルバーナーのおすすめ人気モデル|CB缶タイプ

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

CB缶を燃料とした直結タイプのシングルバーナー。寒さで火力が低下してしまうというCB缶の弱点を、マイクロレギュレーターでカバーしているのが特徴です。

本体の重心が低いほか、ゴトクの外形が130mmと広いのもポイント。直径190mmまでの鍋を使用することも可能です。発熱量は2500kcal/hと十分。使用時の本体寸法は166×奥行142×高さ110mmとそれなりのサイズがあるものの、収納時は幅140×奥行70×高さ110mmとコンパクトにまとまります。

ソト(SOTO) G-ストーブ ST-320

シングルバーナーのなかでは特殊な形状をしているアイテム。バーナー部を2枚板でカバーすることで、遮熱性と耐風性に配慮しています。CB缶を燃料としており、250gの専用CB缶で約2.6時間の使用が可能。コスパ良好なのもポイントです。

頑丈な作りになっているのでパッキングしやすいのも魅力。収納時には薄さ25mmになるほか、ケースも付属しているので持ち運びにも便利です。

ユニフレーム(UNIFLAME) ミニバーナー US-700 610183

組み立て不要ですぐに使えるCB缶タイプの一体型シングルバーナー。シンプルな作りなので誰でも使いやすいほか、コンパクトなのも特徴です。

本体の材質には軽くて丈夫なステンレスを採用。最大火力は3000kcal/h、燃焼時間は1時間半前後と使い勝手は良好です。長く使えるシングルバーナーを求めている方におすすめです。

ユニフレーム(UNIFLAME) テーブルトップバーナー US-D 610138

耐久性の高いゴトクを採用したCB缶タイプの分離式シングルバーナー。耐荷重は15kgと十分で、鍋はもちろん、グリル用の鉄板も乗せられます。

最大火力は3900kcal/hとCB缶タイプのなかではハイパワー。とろ火にも対応しており、火力の調節も可能です。本体サイズは200×200×90mm。ウレタン内蔵の収納ケースが付属しており、持ち運びにも便利。使い勝手良好のアイテムです。