アウトドア用の調理器具のなかでも携帯性に優れている「シングルバーナー」。ソロキャンパーはもちろん少人数でキャンプをしたいときにも便利で、お湯を手軽に沸かせるほか、ちょっとした料理にもスムーズに対応できます。

しかし、どの製品も似たような形状をしているので、違いがわかりにくいという方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、シングルバーナーのおすすめモデルをご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

シングルバーナーとは?

By: rakuten.co.jp

シングルバーナーとは、ゴトクがひとつのアウトドア用バーナー。ガスカートリッジをセットして手軽に湯沸かしや調理ができるうえ、セッティングや使い方も簡単なので、アウトドア初心者でも気軽に使用できる定番アウトドアギアです。

シングルバーナーには大きく分けて2つのタイプがあります。バーナー部に直接ガスカートリッジをセットして使用するタイプが「一体型」。ちょっとした調理やお湯を沸かしてコーヒーを淹れるのにおすすめです。コンパクトに収納できで持ち運びも簡単なので、ソロキャンプにも適しています。

一方、カートリッジとバーナーをホースでつなぐ「分離型」は、ゴトクが大きめで安定感に優れているのが特徴です。鍋も乗せられるのでソロキャンプのほか、少人数のキャンプでも活躍します。

また、使用するガスカートリッジもモデルによって異なります。入手しやすく低価格が特徴のカセットボンベ(CB缶)と、ハイパワーながらコンパクトに収納できるアウトドア缶(OD缶)を燃料とする2タイプがあるので、使用シーンに応じて選択するのがおすすめです。

シングルバーナーの選び方

燃料で選ぶ

簡単な操作で着火できる「LPガス」

By: amazon.co.jp

LPガスとは、液体化したガスのこと。シングルバーナー用としては、カートリッジに充填されたOD缶やCB缶として販売されています。最大のメリットは使い勝手に優れている点。バーナーにセットしてバルブを開き、点火スイッチを操作するだけで簡単に着火できます。

また、ガソリンのように前作業やメンテナンスも不要なので、面倒な手間がかかりません。しかし、LPガスは外気温の影響を受けやすく、極寒でのキャンプ時には火力が低下してしまうことがあります。特に長時間の使用では缶が冷えてしまい、火力が落ちてしまうこともあるので注意が必要です。

火力が強くコスパが高い「ガソリン式」

By: shinfuji.co.jp

ガソリン式シングルバーナーの燃料として主に使用されるのは、ガソリンを精製した「ホワイトガソリン」。揮発性が高く、強い火力を得られるのが特徴です。ポンピングによってタンク内に圧力をかけることでガソリンが気化し、外気温に影響されにくく、火力を発揮します。

また、価格も安いため、コストパフォーマンスに優れているのが魅力。ランニングコストを考慮した場合は、LPガス式よりもガソリン式シングルバーナーの方がおすすめです。

火力が強くコスパが高いメリットの一方で、デメリットはタンク内に圧力をかける「ポンピング作業」に手間がかかること。ガソリン式バーナーを使用するうえで欠かせない作業であり、しっかりと加圧することで気温や気圧に左右されない安定した火力を得られます。

ガス缶の種類で選ぶ

寒冷地でも安定して使える「OD缶」

By: amazon.co.jp

OD缶はアウトドアでの使用を前提として作られているので、安定した火力を備えているのが特徴。サイズがコンパクトなモデルが多いのでアウトドアで使用する際に便利です。

入手しやすく手軽に使用できる「CB缶」

By: amazon.co.jp

CB缶は比較的入手しやすく、リーズナブルなのが特徴です。コンビニなどでも手軽に入手できるため、ガスがなくなった際に調達しやすいのもポイント。ただし、室内向けのアイテムなのでアウトドアシーンでは火力の不安定さが気になる場合があります。価格重視の方はチェックしておきましょう。

形状で選ぶ

1〜2人でのキャンプに適した「一体型」

By: amazon.co.jp

一体型のシングルバーナーは、軽量かつ小型で持ち運びに便利。ソロキャンパーはもちろん、本格的な登山を行う方も携帯していることが多いアイテムです。ガス缶のうえに本体を設置し、さらにクッカーを乗せて使うためバランスが取りづらいものの、お湯を沸かすなど簡単な作業に適しています。

大規模な調理が可能な「分離型」

By: amazon.co.jp

大人数で使う場合は分離型がおすすめ。本体そのものの重心が低く、クッカーを乗せても安定するので、調理がしやすいのが特徴です。一体型と比べるとやや設置にスペースを要するので、注意しておきましょう。

安定性を確認

By: amazon.co.jp

アウトドアシーンでシングルバーナーを使う場合、凹凸のある地面や砂利のうえに置くことも考えられます。倒れたりすることがないように、設置の安定性には配慮しておきましょう。

なお、一般的に分離型は一体型と比べて重心が低くなるため、安定性に優れたモデルが多数あります。また、調理器具を置くパーツ(ゴトク)も重要なポイントなので、購入前にチェックしておきましょう。

シングルバーナーのおすすめブランド

ソト(SOTO)

By: amazon.co.jp

愛知県に拠点を構え、アウトドア用のランタンやバーナーを主に製造や販売している「新富士バーナー」が手掛けるアウトドアブランド。キャッチコピーとして「炎の総合メーカー」と謳っており、一体型や分離型シングルバーナーの豊富なラインナップが特徴です。

特に、連続使用時や低温時にボンベ内の圧力が低下しやすいカセットガスの弱点を解消する、「マイクロレギュレーター」を搭載した分離型シングルバーナーは、安定した火力を発揮するとして高い評価を受けています。また、豊富なオプションを用意しているのも魅力のひとつです。

分離型シングルバーナーのゴトクの滑りを防止する「アシストグリップ」や、風の影響による燃焼不良を防ぐ「ウインドウスクリーン」のほか、メンテナンスキットや交換部品なども用意されています。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

「人生に、野遊びを。」をキャッチコピーにかかげる日本のアウトドア総合ブランド。キャンプや登山用アイテムからアパレルまで徹底的なユーザーファーストで商品開発をおこなっています。使い勝手がよいため、初心者からベテランまで多くのキャンパーから支持を獲得。厳しい自然下でテストを繰り返して発売されるアウトドアギアは高い評価を受けています。

シンプルな一体型シングルバーナーから分離型シングルバーナーまで多くのモデルがラインナップされており、なかでも「ギガパワープレートバーナーLI」が特徴的です。フラットステンレストップにゴトクをセットした分離型シングルバーナーで、大きめのフライパンや鍋を乗せられるなど、抜群の安定性を誇ります。

プリムス(PRIMUS)

By: rakuten.co.jp

1892年にスウェーデンで誕生した老舗の屋外向け燃焼器具ブランド。シングルバーナーをはじめランタンやクッカーなどの製造や販売を手掛けており、特にコンパクトでシンプルなデザインが特徴のシングルバーナーは、世界中のキャンパーや登山家に長年愛され続けています。

コンパクトながら堅牢設計の各モデルは、過酷なアウトドアシーンでも活躍。特に、点火装置付きで57gもの軽量性を実現させた「115フェムトストーブ」は最軽量の一体型シングルバーナーとして、なるべく荷物を軽くコンパクトにしたいソロキャンパーに最適なモデルです。

オプションも数多く発売されており、OD缶ガスカートリッジ底部にセットする「カートリッジホルダー」や「フットレスト」を使用すれば、凹凸のある地面でも安定性を確保できます。また、素材にチタンを採用した分離型シングルバーナー用の雪上用スタビライザー「ストーブパウTI」も便利です。雪のうえに設置した際の沈み込みを防いでくれます。

シングルバーナーのおすすめ人気モデル|OD缶タイプ

ソト(SOTO) アミカス クッカーコンボ SOD-320CC

ソト(SOTO) アミカス クッカーコンボ SOD-320CC

キャンプ初心者におすすめのシングルバーナーと大小クッカーのセットです。バーナーの重量が81gと軽量であることが魅力。クッカー大(1000ml)のなかにバーナーを収納し、クッカー小(500ml)でフタをし、収納袋に入れれば持ち運びもラクラクです。

バーナーヘッドのフチを立ち上げて、すり鉢状の構造にしたことで、防風性が向上しています。また、イグナイターの回路をバーナー内部に収めたことにより、耐衝撃性や着火性能も良好です。さらに、4本ゴトクを採用しており、クッカーをしっかり支えられるのもメリット。

そして、発熱量は2600kcal/hなので、約1.5時間連続使用できます。バーナーとクッカーを別々に揃えるより、リーズナブルなのもポイント。初めての1台として、おすすめのシングルバーナーです。

ソト(SOTO) マイクロレギュレーターストーブ SOD-300S

ソト(SOTO) マイクロレギュレーターストーブ SOD-300S

点火装置を搭載していながら、重量わずか73gと軽量の一体型シングルバーナー。収納時のサイズが幅52×奥行き52×高さ81mmとコンパクトに折りたためるので、持ち運びにも便利です。

発熱量は2800kcal/hと余裕のある出力。マイクロレギュレーターを備えているため、-5℃という低温でも安定した燃焼が可能です。専用のOD缶を用いた場合、約90分間連続使用できます。燃焼性能・携行性・価格のバランスがとれた、おすすめの一体型シングルバーナーです。

スノーピーク(snow peak) ギガパワープレートバーナーLI GS-400

スノーピーク(snow peak) ギガパワープレートバーナーLI GS-400

凹凸のないフラットな調理スペースが魅力の、スノーピークの分離型シングルバーナーです。使用時のサイズは幅470×奥行き310×高さ130mm。広々としているとともに、高さが抑えられているのがポイントです。

OD缶を倒立させる独自の装着方法を採用しており、安定して出力できます。発熱量は3000kcal/h。1Lの水なら約4分30秒で湯沸かしできます。調理の際に活躍するので、料理好きな方におすすめです。

プリムス(PRIMUS) P-115 フェムトストーブ

プリムス(PRIMUS) P-115 フェムトストーブ

点火装置が付いた、重さ57gの軽量シングルバーナー。収納時のサイズは幅74×奥行き54×高さ27mmと、手のひらに収まるサイズです。小型サイズでありながら、発熱量は2100kcal/hを実現。IP250ガスカートリッジ使用時は約80分連続使用できます。

そのほか、スーパーファインアジャストバルブを採用しているのもポイント。ガスと空気が混合されるため、とろ火などの細かい火力調整ができます。荷物を減らしたいソロキャンパーにおすすめのシングルバーナーです。

プリムス(PRIMUS) P-155S ウルトラスパイダーストーブⅡ

プリムス(PRIMUS) P-155S ウルトラスパイダーストーブⅡ

発熱量3000kcal/hと大火力の分離型ながら、重量167gと軽量なシングルバーナー。収納時サイズは幅100×奥行き93×高さ30mmとコンパクトです。本製品の特徴は、プレヒートを搭載している点。燃焼熱でガスの気化を促すため、安定した燃焼が可能です。

ゴトク径は通常118mmですが、168mmまで延長できるのがポイント。4枚のゴトクはブレード状をしており、風除けとしての役割も果たします。また、脚部と一体化しているため、調理時の安定性も良好。軽量でコンパクトなモデルでありながら、3〜4人用としても利用できる、おすすめのシングルバーナーです。

イーピーアイ(EPI) APSA-III ストーブ 日本製 S-1020

イーピーアイ(EPI) APSA-III ストーブ 日本製 S-1020

イーピーアイのOD缶分離型シングルバーナーのスタンダードモデル。レギュラーガス使用時の発熱量は3360kcal/hですが、パワーガスカートリッジを使用すると4000kacl/hの大出力になります。

使用時サイズは幅250×奥行き250×高さ90mmで、重量は約426g。ゴトクは直径160mmの安定感がある4本式を採用しています。本モデルの特徴は、自動点火装置が燃料側に搭載されている点。初心者の方でも、鍋をゴトクのうえに置いた状態で点火しやすいのがメリットです。

イーピーアイ(EPI) NEO STOVE ストーブ 日本製 S-1030

イーピーアイ(EPI) NEO STOVE ストーブ 日本製 S-1030

直径205mmの大きなゴトクを搭載した、OD缶用シングルバーナーです。大きな鍋やフライパンを使った料理もできるのがメリット。発熱量も4500kcal/hと圧倒的な大出力です。マイクロアジャスト機構を搭載しており、とろ火などの微妙な出力調整も簡単にできます。

収納時サイズは幅84×奥行き82×高さ132mmで、重量は185g。大出力モデルとしては軽量かつ、コンパクトです。セラミック部分をステンレス製カバーで保護しており、耐久性も良好。持ち運びしやすい大出力バーナーを探している方に、おすすめのモデルです。

イーピーアイ(EPI) QUO STOVE ストーブ 日本製 S-1032

イーピーアイ(EPI) QUO STOVE ストーブ 日本製 S-1032

収納時サイズ幅54×奥行き52×高さ89mmで、重量98gの軽量コンパクトなシングルバーナー。折りたためば手のひらに収まるサイズながら、最大発熱量は約2600kcal/hと十分な火力を備えています。

炎が垂直に吹き出す直噴型ヘッドを採用しており、風が強いときでも安定して燃焼しやすいのがメリット。点火装置のイグナイターにはカバーを付けて、耐衝撃性を高めています。1〜2人で使用する際に、おすすめのシングルバーナーです。

ジェットボイル(JETBOIL) バーナー フラッシュ

ジェットボイル(JETBOIL) バーナー フラッシュ

バーナーの出力性能を高めたことにより、最高出力が従来比約2倍になった一体型シングルバーナーです。500mlの水の沸騰到達時間が50秒短縮されて、約100秒で沸騰できるのが魅力。

エネルギー効率が高い理由は「フラックスリング」。クッカーと一体化した蛇腹状の吸熱フィンです。熱を受ける表面積が増大するとともに、熱の拡散を防いでいます。さらに、本体横のインジケーターで温度の変化を色で知らせてくれるのもポイントです。

収納時サイズは幅104×奥行き104×高さ180mmで、本体重量は440g。すべてのパーツが本体内に収納できます。また、表面に突起物がないため、バックパックへの出し入れもスムーズ。デザイン性が高く、カラーバリエーションも4色と豊富な、おすすめのシングルバーナーです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オーリック小型ガスバーナー・角型クッカーセット UF-13

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オーリック小型ガスバーナー・角型クッカーセット UF-13

シングルバーナー・クッカー・ガスカートリッジがセットになった製品です。ケース収納時サイズは幅117×奥行き105×高さ65mmで、本体重量は300g。発熱量は2700kcal/hと大きめなのがメリットです。

ステンレス製の角型クッカーの使用時サイズは、幅171×奥行き262×高さ111mm。煮物や炒め物なども調理できます。購入後すぐに使える、おすすめのモデルです。

シングルバーナーのおすすめ人気モデル|CB缶タイプ

ソト(SOTO) シングルバーナー SOD-301

ソト(SOTO) シングルバーナー SOD-301

外径200mmの大型ゴトクを搭載した、CB缶分離型シングルバーナー。発熱量は3200kcal/hなので、大きな鍋やフライパンを使った料理も楽に調理できる大火力です。

ステンレス製のバーナーにはセラミック塗装を施しており、汚れがつきにくいのがメリット。本体の重量は690gで、収納時サイズは幅160×奥行き100×高さ90mmです。バーナーヘッドには風防を搭載しているので、耐風性も良好。大人数の調理用としても、おすすめのシングルバーナーです。

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ フュージョン ST-330

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ フュージョン ST-330

重量が250gと軽量なのが魅力のモデルです。持ち運び時には4本のゴトクを折りたたんで、幅110×奥行き75×高さ90mmとコンパクトになります。発熱量は2500kcal/hでレギュラーのCB缶で90分間、燃焼可能です。

本製品のメリットは、マイクロレギュレーターを搭載している点。連続使用時や低温での圧力低下による影響を受けにくのが特徴です。すり鉢状のバーナーヘッドとともに、耐風性を高めています。CB缶シングルバーナーのスタンダードとしておすすめのモデルです。

シングルバーナーのおすすめ人気モデル|ガソリンタイプ

オプティマス(OPTIMUS) No.123R SVEA 01104

オプティマス(OPTIMUS) No.123R SVEA 01104

1899年に設立されたオプティマスは、創業以来登山用ストーブを製造しているスウェーデンのメーカー。本製品は100年以上にわたって生産されているシングルバーナーです。

収納サイズは幅100×奥行き100×高さ130mmで、重量は550g。燃料にホワイトガソリンを使用しており、出力は1300kcal/hと控えめですが、120mlのガソリンで約120分の連続使用ができます。耐久性に定評があり、長く愛用する方も多いシングルバーナーです。

オプティマス(OPTIMUS) NOVA 11010

オプティマス(OPTIMUS) NOVA 11010

ホワイトガソリンをはじめ、灯油・ディーゼル油などの石油系燃料を使用できる、ガソリンタイプのシングルバーナーです。さまざまな燃料に対応しているので、燃料調達が容易なのがメリット。450mlの燃料で最長150分の連続使用ができます。

短時間で予熱できるほか、過酷な環境下での使用に耐えられる耐久性の高さがポイントです。自衛隊や海外軍隊でも使用されている、オプティマスのハイエンドモデル。そのため、アウトドア用としてはもちろん、災害時などの非常用調理器具としてもおすすめです。