アウトドア用の調理器具のなかでも携帯性に優れた「シングルバーナー」。ソロキャンパーはもちろん、少人数でキャンプをしたいときにも便利です。お湯を手軽に沸かせるほか、ちょっとした料理にもスムーズに対応できます。

しかし、どの製品も似たような形状をしているため、違いがわかりにくい方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、シングルバーナーのおすすめモデルをご紹介します。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

シングルバーナーの魅力

By: amazon.co.jp

キャンプでは、美しい自然の景色を堪能しながらの飲食も楽しみのひとつ。しかし、山や海で火を起こすのは大変な作業です。そこでおすすめなのがシングルバーナー。コーヒーや簡単な料理も、シングルバーナーがあれば手軽に楽しめます。五徳を使用して固定できるので、鍋やヤカンでお湯を沸かすときにも安心して使用可能です。

コンパクトで持ち運びもしやすいため、登山などのアウトドアや移動しながらのキャンプでも便利。薪を燃やす場合のような手間も、後処理も必要ありません。キャンプではお湯を沸かしたり料理を作ったりすること以外にも、寒い時期に暖をとるなど、さまざまな用途で活躍するアウトドアアイテムです。

シングルバーナーの種類

一体型

By: amazon.co.jp

一体型とは、燃料タンク部分とバーナー本体が一体になっている製品です。燃料ホースを必要とせず、構造がシンプルで軽量なのがメリット。持ち運ぶ荷物の数をできるだけ減らしたい方におすすめです。

なお、分離型と比べて比較的重心の高い製品が多く、大きな鍋などを載せて料理するのには向いていないので留意しておきましょう。

分離型

By: amazon.co.jp

分離型は、燃料ホースを介してバーナー本体と燃料タンクを繋いでいるのが特徴。調理器具を置くパーツ(五徳)のついたバーナー本体を地面やテーブルに直接置いて使用するため、重心が低く安定しています。大きく重量のある鍋などでも、安心して火にかけられるのがメリットです。

一方、一体型と比較してスペースを必要とするのがデメリット。使用する際は、サイズもしっかりと確認しておきましょう。

シングルバーナーの選び方

燃料で選ぶ

簡単な操作で着火できる「LPガス」

By: rakuten.co.jp

LPガスとは、液体化したガスのこと。シングルバーナー用としては、カートリッジに充填されたOD缶やCB缶として販売されています。最大のメリットは使い勝手に優れている点。バーナーにセットしてバルブを開き、点火スイッチを操作するだけで簡単に着火できます。

また、ガソリンのように前作業やメンテナンスも不要なので、面倒な手間がかかりません。しかし、LPガスは外気温の影響を受けやすく、極寒でのキャンプ時には火力が低下してしまうことがあります。特に長時間の使用では、缶が冷えてしまい、火力が落ちることがあるため注意が必要です。

火力が強くコスパが高い「ガソリン式」

By: shinfuji.co.jp

ガソリン式シングルバーナーの燃料としておもに使用されるのは、ガソリンを精製した「ホワイトガソリン」。揮発性が高く、強い火力を得られるのが特徴です。ポンピングによってタンク内に圧力をかけることでガソリンが気化して、火力を発揮します。

また、価格も安いため、コストパフォーマンスに優れているのも魅力。ランニングコストを考慮した場合は、LPガス式よりもガソリン式シングルバーナーの方がおすすめです。

一方、デメリットはタンク内に圧力をかける「ポンピング作業」に手間がかかること。ポンピング作業はガソリン式バーナーを使用するうえで欠かせない作業で、しっかりと加圧することで気温や気圧に左右されない安定した火力を得られます。

ガス缶の種類で選ぶ

寒冷地でも安定して使える「OD缶」

By: amazon.co.jp

アウトドアでの使用を目的としたガス缶で、メーカーによって手軽な110サイズから標準の250サイズ、500サイズの大容量までラインナップされています。キャンプの人数や用途などニーズに応じて選択が可能です。

OD缶のメリットは寒冷地でも安定して使えるほか、火力も強く、燃料として使用できるバーナーやランタンの製品が多いこと。使い勝手のよさを重要視したい方はチェックしてみてください。

入手しやすく手軽に使用できる「CB缶」

By: amazon.co.jp

家庭で使用されることも多く、ガス缶として一般的に馴染み深いのがCB缶。鍋料理などをする際、カセットコンロの燃料に使用するカセットボンベです。

CB缶のメリットは、コンビニや100円ショップ、スーパーなどで購入できることに加え、価格が安い点。一方、OD缶に比べ耐寒性が低く火力も弱く、燃料として使用できるバーナーやランタンの製品が少ないので注意しておきましょう。手軽に購入できるモデルを探している方におすすめです。

安定性を確認

By: amazon.co.jp

アウトドアシーンでシングルバーナーを使う場合、凹凸のある地面や砂利の上に置くことも考えられます。倒れたり、ぐらついたりすることがないように設置の安定性には配慮しておきましょう。

なお、一般的に分離型は一体型と比べて重心が低くなるため、安定性に優れたモデルが多数あります。また、五徳も安定感に関わる重要なポイントなので、購入前にチェックしてみてください。

シングルバーナーのおすすめブランド

ソト(SOTO)

By: rakuten.co.jp

愛知県に拠点を構え、アウトドア用のランタンやバーナーをおもに製造・販売している「新富士バーナー」が手がけるアウトドアブランド。キャッチコピーとして“炎の総合メーカー”と謳っており、一体型や分離型シングルバーナーの豊富なラインナップが特徴です。

特に、ボンベ内の圧力が低下しやすいCB缶の弱点を解消する「マイクロレギュレーター」を搭載した分離型シングルバーナーは、安定した火力を発揮するとして高い評価を受けています。また、豊富なオプションを用意しているのも魅力のひとつです。

イワタニ(Iwatani)

By: i-cg.jp

産業や家庭用ガスの専門商社としてLPGの国内シェアトップを誇る、カセットコンロのパイオニアブランド。家庭用だけではなく、アウトドアでも便利なCB缶で使用できるコンロやバーナーを取り扱っています。

製品のデザインも美しく、CB缶の使用でも火力が強く安定しているのが特徴。また、軽量でコンパクトのため、キャンプやアウトドアでも持ち運びが楽なのもポイントです。

スノーピーク(snow peak)

By: snowpeak.co.jp

“人生に、野遊びを。”をキャッチコピーにかかげる日本のアウトドア総合ブランド。キャンプや登山用アイテムからアパレルまで、徹底的なユーザーファーストで製品の開発を行っています。使い勝手がよく、初心者からベテランまで多くのキャンパーから支持を獲得。厳しい自然下でテストを繰り返して発売されるアウトドアギアは高い評価を受けています。

シンプルな一体型シングルバーナーから分離型シングルバーナーまで多くのモデルがラインナップされており、自分好みの1台を見つけやすいおすすめのブランドです。

ジェットボイル(JETBOIL)

By: jetboil.jp

クッカーとバーナーの一体収納型を採用した、独創的なデザインのアウトドアバーナーを製造・販売しているバーナーブランド。わずかな燃料ですばやく湯沸かしや調理ができるモデルは、世界中のキャンパーやバックパッカーから多くの支持を得ています。

なかでもシングルバーナー「ZIP」は、500mlの水をわずか2分半で沸騰させる燃焼力が魅力。また、コンパクトな状態で持ち運べるため、なるべく荷物を減らしたいソロキャンプや登山で活躍します。

シングルバーナーのおすすめ人気モデル|一体型

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

低温下でも火力が安定しやすいシングルバーナーを探している方におすすめのモデルです。マイクロレギュレーターを搭載しているのが特徴。真冬はもちろん、朝晩が冷え込む早春や晩秋のキャンプでも重宝します。

また、気化熱によるドロップダウンの影響が最小限に抑えられるのも本モデルの特徴です。煮込み料理などで長時間使用するようなシーンでも、火力が低下して慌てる心配はありません。

燃料にはCB缶を使用。簡単に入手できるだけでなく、自宅のカセットコンロでも使えるので便利です。コンパクトに折りたためるため簡単に持ち運べます。

ソト(SOTO) アミカス コンパクトストーブ SOD-320

ソト(SOTO) アミカス コンパクトストーブ SOD-320

燃料にOD缶を使用する、出力3.0kwの高火力モデルです。ベテランキャンパーはもちろん、初心者にも適しています。イグナイターを搭載しているため、ワンタッチで点火可能なのもポイント。ライターやマッチを持っていく必要はありません。

大型のワイヤーツマミを備えており、火力調節が簡単にできます。また、バーナーヘッド部をすり鉢形状に設計しているのもポイントです。風による影響を受けにくいので、安定した火力で料理が行えます。

収納サイズは幅40×奥行43×高さ75mmと非常にコンパクト。本体重量も81gと軽量なため、リュックに入れて気軽に出かけられます。

イワタニ(Iwatani) ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

イワタニ(Iwatani) ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

燃料にCB缶を使用する製品です。1リットルの水が約4分で沸騰する、火力の高さが特徴のシングルバーナー。五徳が風防の機能も果たすため、風が強い日でも安心して料理できます。

折りたたみサイズは、幅82×奥行68×高さ109mmとコンパクトなので、ツーリング・ハイキング・登山におすすめ。大きさ18cmまでの鍋が使用可能で、イグナイターを搭載しているため、初心者でも簡単に着火作業が行えます。また、専用のハードケースが付属しているので、持ち運びや保管の際に便利です。

スノーピーク(snow peak) HOME&CAMPバーナー GS-600SL

スノーピーク(snow peak) HOME&CAMPバーナー GS-600SL

自宅と野外のどちらでも活躍するシングルバーナーです。収納時のスリムでスタイリッシュなデザインが特徴。キッチンやリビングのインテリアとしてもよく映える、美しいフォルムの製品を探している方に適したモデルです。

カラーは好みや部屋のインテリアに合わせて選べるブラック・シルバー・カーキの3色をラインナップ。組み立ては本体裏のロックピンを押しながら回転させるだけと簡単です。工具などを使用する必要はありません。

燃料には入手しやすいCB缶を使用。4箇所で支える安定した構造なので、大きめの鍋でも安心して使えるおすすめのアイテムです。

スノーピーク(snow peak) ギガパワー マイクロマックス ウルトラライト GST-120R

スノーピーク(snow peak) ギガパワー マイクロマックス ウルトラライト GST-120R

軽くて持ち運びやすいシングルバーナーが欲しい方におすすめのモデルです。重量はわずか56gと非常に軽量。折りたたみ式構造を採用しているため、コンパクトに収納して簡単に携帯できます。

軽量モデルながら火力が高いのも本モデルの魅力です。最高出力は2800kcal/h。ワイヤーハンドルを搭載しているので、細かな火力調節も可能です。お湯を沸かしたり料理をしたりと、さまざまなシーンで活躍します。

ソロキャンプをはじめ登山やツーリング用途にピッタリの製品を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

スノーピーク(snow peak) ギガパワーストーブ 地 オート GS-100AR2

スノーピーク(snow peak) ギガパワーストーブ 地 オート GS-100AR2

イグナイターを搭載したシングルバーナーです。初心者にも扱いやすいコンパクトな製品を探している方におすすめのモデル。点火のためにマッチやライターを持ち運ぶ必要はありません。

また、収納時のサイズは45×37×82mm、重量は90gと軽量なので、リュックに入れて気軽に持ち運び可能です。小さなボディながら2500kcal/hと火力が高いのも本モデルの特徴。ワイヤーハンドルで火力調節ができるため、多様なシーンで活躍します。

ジェットボイル(JETBOIL) ジェットボイルフラッシュ

ジェットボイル(JETBOIL) ジェットボイルフラッシュ

人気のジェットボイルシリーズのなかでも、最速でお湯が沸かせるモデル。目的地に到着後、できるだけ早くコーヒーやお茶をいれたい方におすすめのシングルバーナーです。

0.5Lの水が、わずか100秒ほどで沸騰します。また、効率よく熱を伝える「フラックスリング」を搭載しているのもポイント。バーナーが発生する熱をクッカー内に閉じ込めることで、効率的に温度を上げられます。

また、沸騰インジゲーターを備えているのも本モデルの特徴。沸騰したのが色の変化で分かるので重宝します。付属の五徳をセットすれば、鍋やフライパンでも使用可能。高火力を活かしたさまざまな料理が楽しめます。

コールマン(Coleman) スポーツスターII 508A700J

コールマン(Coleman) スポーツスターII 508A700J

燃料にホワイトガソリンを使用する、コールマンの人気モデルです。寒い季節でも安定した火力を維持できるのが魅力。真冬のソロキャンプをはじめ登山やスキーなど、多様なウインターアクティビティを楽しみたい方におすすめです。

また、ホワイトガソリンタイプのランタンを使っている方なら、燃料の共有ができるので便利です。約520ccの燃料タンクを搭載。満タンにしておけば、約1.5〜3時間連続で使用可能です。ただし、使用前にはポンピング作業が必要になるため、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

シングルバーナーのおすすめ人気モデル|分離型

ソト(SOTO) シングルバーナー ST-301

ソト(SOTO) シングルバーナー ST-301

キャンプやツーリングにおすすめのシングルバーナーです。展開すると外径が200mmに広がる五徳を搭載しています。直径250mmまでの大きな鍋でも使用可能。多様な調理器具が使えるため、料理のレパートリーも広げられます。また、低重心設計がされているので安定性も良好です。

着火には圧電点火方式を採用。初心者の方でも簡単に3200kcal/hの高火力を扱うことが可能です。燃料にはスーパーやコンビニで容易に入手できるCB缶を使用するため、キャンプ場に着いてから燃料の積み忘れに気がついても、慌てる心配がありません。

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ FUSION ST-330

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ FUSION ST-330

マイクロレギュレーターを内蔵した分離型の製品です。低温下や連続使用時でも、ボンベ内の圧力低下による影響を受けにくいのが特徴。寒い時期でも安定した火力で料理ができるシングルバーナーを探している方におすすめのモデルです。

安定性に優れた4本の折りたたみ式五徳を採用しているため、1人用の小さなコッヘルから大型の鍋まで使用可能。ソロキャンプはもちろん、大人数のキャンプでも活躍します。コンパクトに折りたたんで持ち運びできるので便利です。

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ FUSION Trek SOD-330

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ FUSION Trek SOD-330

燃料にOD缶を使用する、分離型のシングルバーナーです。最高出力が2800kcal/hの高火力モデル。マイクロレギュレーターを搭載しているため、寒い季節でも安定して燃焼します。冬のソロキャンプや登山にもおすすめのモデルです。

折りたたみ式構造を採用しており、収納時のサイズは幅110×奥行60×高さ100mmとコンパクト。専用のポーチが付属しているので、持ち運びも簡単です。ただし、イグナイターは搭載していません。点火用のマッチかライターを持参する必要があるため、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

ソト(SOTO) ストームブレイカー SOD-372

ソト(SOTO) ストームブレイカー SOD-372

OD缶とホワイトガソリンが使用でき、フューエルボトルに対応したハイブリッドモデルです。ノズル交換不要で使えるなど取り扱いも簡単。ほかのキャンプ道具で使用している燃料のタイプや用途に応じて、自在に使い分けられるので重宝します。

回転収納式の五徳を採用しているため、コンパクトに折りたたみ可能。万が一の燃料切れにも対応する、使い勝手のよい製品を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

スノーピーク(snow peak) ヤエンストーブ レギ GS-370

スノーピーク(snow peak) ヤエンストーブ レギ GS-370

不整地でも使用しやすいシングルバーナーを探している方におすすめのモデルです。本体とOD缶の接合部分に金属製パーツを採用しているのが特徴。組み立てればガスカートリッジと一体構造になるため、岩場や砂利の上でも容易に水平を保てます。

脚部の高さが2段階に調節できるのも本モデルの特徴。使用するガスカートリッジのサイズに応じて変えられるので重宝します。コンパクトなイグナイターが付属しているため、初心者でも簡単に点火しやすい製品です。

スノーピーク(snow peak) フラットバーナー GS-450

スノーピーク(snow peak) フラットバーナー GS-450

フラットな形状のバーナートップを備えたモデルです。小さなシェラカップから大きな鍋まで、多様な調理器具を火にかけやすく便利。ソロキャンプはもちろん、ファミリーキャンプにもおすすめのシングルバーナーです。

バーナーヘッドが外部に露出していないため、多少風が強くても安定した火力で料理が行えます。また、収納時に各パーツを細かく分解できるのもポイント。持ち運びがしやすいだけでなく掃除もしやすいので、清潔な状態に保っておくことが可能です。別売の「アイアングリルテーブル」への取り付けができるなど、拡張性にも優れています。

プリムス(PRIMUS) ウルトラ・スパイダーストーブII P-155S

プリムス(PRIMUS) ウルトラ・スパイダーストーブII P-155S

広口の鍋やフライパンも使えるシングルバーナーです。広げれば直径168mmになる、折りたたみ式の延長五徳を搭載しているのが特徴。2〜4人程度の家族やグループキャンプにおすすめのモデルです。

X字型に展開した五徳は風防機能も果たすため、風のなかでも安定した火力で料理が行えます。また、プレヒート機構を採用しているのも本モデルの特徴。発生した熱を利用してガスの気化を促進できるので、長時間の使用による火力の低下を最小限に抑えることが可能。なお、燃料にはOD缶を使用します。

ユニフレーム(UNIFLAME) セパレートバーナー US-S 610077

ユニフレーム(UNIFLAME) セパレートバーナー US-S 610077

入手しやすいCB缶を使用するモデルです。折りたたむとコンパクトに収納できるため、持ち運びも簡単。自宅にあるカセットコンロの燃料を使用して、気軽にアウトドアに出かけたい方にもおすすめのモデルです。専用のメッシュケースが付属しているので、携帯する際に重宝します。

直径5mmのステンレス材を採用した丈夫な五徳を搭載。安定性が高いため、大きな鍋でも料理ができます。ソロからグループまで、さまざまなキャンプスタイルに対応するおすすめのシングルバーナーです。