軽量コンパクトながらパワフルな火力を発揮する「シングルバーナー」。アウトドアで水を沸かしたり、調理したりするシーンで活躍します。なるべく荷物を少なくしたい登山やソロキャンプで便利なアイテムです。

しかし、各メーカーから多くのモデルが展開されており、どれを選べばよいのか迷ってしまうことも。そこで今回は、おすすめのシングルバーナーをご紹介します。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

シングルバーナーの燃料と特徴

OD缶

By: amazon.co.jp

ODは「アウトドア」の略であり、文字通りアウトドアでの使用を想定して作られているガスカートリッジです。CB缶と比較して外気温の影響を受けにくく、寒さに強いのが特徴。高出力で強風にも耐えやすく、キャンプや登山などさまざまなアウトドアシーンで活躍します。

シングルバーナーでは主流の燃料で種類も豊富。容量違いもラインナップされており、使用頻度や用途に合わせて選べます。

CB缶

By: amazon.co.jp

家庭用カセットコンロで使用されている燃料で、カセットガスボンベの頭文字から「CB缶」と呼ばれています。スーパーやコンビニ、ドラッグストアなどで手軽に入手できるため、比較的リーズナブルな価格が魅力です。

シングルバーナーにセットする際は横向きで寝かせた状態になるので、ゴトクの位置が低くなって安定しやすいのがポイント。ただし、外気温の影響を受けやすく、低温下では出力が低下しやすいのがデメリットです。

冬のキャンプや山岳登山など、気温の低い場所での使用には不向きなことも。また、ガスランタンなどCB缶を使用しているアウトドアアイテムが少ない点にも留意しておきましょう。

ホワイトガソリン

By: amazon.co.jp

ガソリンから精製される燃料がホワイトガソリンです。揮発性が高く、低温下でも強い火力を発揮するのが特徴。外気温や気圧の影響を受けにくく、冬山登山や極寒での本格的なアウトドアを楽しんでいる方に愛用されています。

低価格で購入しやすく、ランニングコストを抑えられるのもメリット。ただし、ホワイトガソリンを使用する際は「ポンピング」と呼ばれる加圧作業が必要です。長く愛用するために使用後のメンテナンスをしっかりおこないましょう。

シングルバーナーの選び方

用途に合ったタイプをチェック

登山やソロキャンプには「一体型」がおすすめ

By: amazon.co.jp

軽量で持ち運びしやすい一体型のシングルバーナーは、登山や自転車・バイクでのソロキャンプなどにおすすめです。

できるだけ荷物をコンパクトにしたい場合に、一体型のシングルバーナーは役立ちます。小さく簡単な構造のため、そのままリュックやケースに入れるのはもちろん、コッヘルなどの調理器具の中に収納して持ち運べるのが便利です。

一方、ガス缶の上に直接装着することにより重心が高くなるため、水平なテーブルや、平らな地面の上などに置かないと、倒れやすいというデメリットがあります。

また、あまり大きい鍋や、重い調理器具は適していないことが多いので、コッヘルなどの軽いモノでお湯を沸かしたり、軽食を調理したりするのがおすすめです。

複数人で使用するなら「分離型」を

By: amazon.co.jp

分離型は、ガス缶とシングルバーナー本体が分かれており、燃料ホースで繋がっているのが特徴。本体にスタンドが付いており直接置くことができるので、安定性が高いのがポイントです。

また、重心が低くなるため耐荷重に優れた製品が多く、スキレットや鍋など重く大きい調理器具まで対応している傾向にあります。

さらに、火元とガス缶の距離を離せるので、鍋の輻射熱によるトラブルを防ぎやすいのもメリット。ファミリーキャンプなど、複数の人数で鍋を囲んで食事するスタイルなどに向いています。

発熱量をチェック

By: amazon.co.jp

シングルバーナーの発熱量は「kcal/h」の単位で表されます。1000kcal/hや1500kcal/hなど、数字の大きなモノほど高火力。シングルバーナーを選ぶ際は、2000kcal/hを目安に選んでみてください。お湯を沸かしたりラーメンを作ったりと、簡単な料理をするには十分な発熱量といえます。

ただし、さまざまなアウトドア料理にチャレンジしてみたい方は3000kcal/h以上の、より高火力なモデルがおすすめです。丈夫なゴトクを搭載していれば、ダッチオーブンを利用することも可能。料理の幅が広がるため、アウトドアで味わう食事をより楽しめます。

火力調節しやすさも重要

By: amazon.co.jp

シングルバーナーを選ぶ際は、火力調整のしやすさをチェックするのもポイントです。おすすめはつまむタイプ。火力調整のほか、点火もしやすいのが特徴です。また、指先で細かく火加減を調節できるので、ガスの無駄遣いを防いだり、料理をより美味しく仕上げたりするのに役立ちます。

ほかにもレバータイプのモノがありますが、片づけに時間がかかりやすかったり、かさばったりする場合もあります。初心者でも簡単に扱えるつまむタイプから使い始め、慣れてきたらレバータイプの製品に挑戦してみるのもおすすめです。

風防付きモデルなら屋外でも使いやすい

By: amazon.co.jp

バーナーの周りを囲んだ風防付きのモデルなら、風の影響を受けにくく、アウトドアで快適に使用可能です。なかには、羽根のような形状のゴトクが風防の役割を果たしているモデルも展開されています。

バーナーヘッド部をすり鉢状にするなど、形状の工夫で風の影響を軽減しているモデルや、クッカーとバーナーを一体化した構造により、風の影響を受けにくくしたモデルもおすすめです。

点火装置付きが便利

By: amazon.co.jp

シングルバーナーを購入する際には「イグナイター」と呼ばれる点火装置を搭載しているかをチェック。スイッチを押すだけで簡単に点火できるのが特徴です。

ワンタッチで点火できて便利なものの、気圧の低い場所や低温下では点火しにくいことも。また、破損により故障する可能性もあるので、念のためライターやマッチを用意しておくのがおすすめです。

シングルバーナーのおすすめメーカー

ソト(SOTO)

By: amazon.co.jp

バーナーや工具などを手掛けている「新富士バーナー」のアウトドアブランドです。アウトドア用バーナーをはじめ、ランタンや調理器具などを展開。シングルバーナーは、一体型と分離型を豊富にラインナップしています。

なかでも、連続使用時や低温下でも安定した火力を実現する「マイクロレギュレーター」を搭載したモデルが魅力。外気温の影響を受けにくく、火力が弱くなったり点火しにくくなったりなどのトラブルが起きにくく使えるのがポイントです。

イワタニ(Iwatani)

By: amazon.co.jp

大阪府に本社を構えている、産業・家庭用ガス専門商社「岩谷産業」が展開しているブランドです。なかでも、家庭用カセットガスコンロを多数展開しています。

シングルバーナーは、カセットガスボンベを装着するモデルをラインナップ。カセットガスボンベを横向きでセットするタイプで、一体型ながら安定性に優れているのが特徴です。

ジェットボイル(JETBOIL)

By: amazon.co.jp

アメリカで設立されたガスポータブルストーブメーカーです。クッカーとバーナー部が一体化した独創的なシングルバーナーを展開。素早くお湯を沸かせるだけでなく、収納性にも優れた製品をラインナップしています。

クッカー部に一体化した、じゃばら状の吸熱フィン「フラックスリング」を搭載しているのが特徴。燃料を節約しながら効率的にお湯を沸かせるのがメリットです。

シングルバーナーのおすすめモデル|OD缶タイプ

ソト(SOTO) シングルバーナー FUSION Trek SOD-331

持ち運びしやすいのもポイント

OD缶を燃料に使用する分離型のシングルバーナーです。マイクロレギュレーターを搭載しており、連続使用時や低温時のボンベ内の圧力低下に影響されにくいのが特徴。過酷なアウトドアシーンで安定した火力を求める方におすすめのモデルです。

ガス噴射口をシングルジェットへ改良しており、発熱量3000kcal/hものハイパワーを実現。本体重量182gの軽量コンパクトタイプで、3本のゴトクを折りたたんで持ち運びやすいのもポイントです。

ソト(SOTO) アミカス シングルバーナー SOD-320

バランスのよいおすすめのモデル

イグナイターを搭載しており、ワンタッチで点火できるシングルバーナーです。本体内部にイグナイターの電気回路を搭載して軽量コンパクト化を実現。耐衝撃性にも優れているため、使いやすいモデルです。

シンプルな一体型で初心者からベテランまで幅広いニーズに対応可能。フチをリング状に立ち上げた、すり鉢状バーナーヘッド構造によって横風に強いのもメリットです。

ソト(SOTO) マイクロレギュレーターストーブ ウインドマスター SOD-310

外気温に左右されにくい

風に強い燃焼構造の一体型シングルバーナーです。フチが高くせり上がったすり鉢状で横風が入り込みにくくなっているのが特徴。バーナーヘッド中央にくぼみを設けて空気を取り込みやすくしており、ガスを完全燃焼しやすいのもメリットです。

マイクロレギュレーター搭載で外気温に左右されにくいのもポイント。また、ゴトクを取り外せて、標準セットの小型3本ゴトクから大型4本ゴトクへの交換が可能です。

ソト(SOTO) マイクロレギュレーターストーブ SOD-300S

マイクロレギュレーターを搭載しており、外気温の影響を受けにくいシングルバーナー。低温の環境で安定した火力を発揮しやすいため、外気温-5℃の環境下でも湯沸かしが可能です。

ボンベのガス圧に影響されにくく、点火直後の火力を維持できるのもポイント。時間の経過で火力が低下することなく、長時間使いたい場合に重宝します。

燃焼効率に優れた全炎口型火口を採用しており、調理器具にムラなく熱を加えられるのも特徴。本体重量73gの超軽量モデルで持ち運びしやすいのも魅力です。

ジェットボイル(JETBOIL) アウトドアバーナー スタッシュ 1824400

本体重量約200gのシングルバーナーです。パーツの素材やサイズをバーナーとクッカーに合わせて軽量化。収納時にパーツ同士のすき間が少なく、がたつきを抑えながらスタッキングできるなど、持ち運びやすさを重視したい方におすすめのモデルです。

セットのクッカーの底にフィン状のフラックスリングを搭載しているのもポイント。熱損失を最小限に抑えて高い熱効率を実現しており、小さな火でも素早く沸騰できるのが魅力です。

ジェットボイル(JETBOIL) アウトドアバーナー フラッシュ 1824393

高い火力とエネルギー効率を両立しているシングルバーナーです。バーナーの出力向上により、沸騰到達時間が短いのが特徴。クッカーと一体化した放熱フィンのフラックスリングを搭載しているので、燃料の無駄を省きながら効率的にお湯を沸かせます。

すべてのパーツをクッカーに収納できるオールインワン設計で、バックパックにすっきり収めたい場合に便利。付属のゴトクを使用すれば鍋やフライパンで調理できるなど、使い勝手のよさも魅力です。

ジェットボイル(JETBOIL) アウトドアバーナー マイクロモ 1824380

高所や低温下で威力を発揮するシングルバーナーです。ボンベ内の圧力が低下しても自動的に火力を一定に保つサーモレギュレーターを搭載しており、外気温-6℃の低温下でも安定した火力を実現。0.8Lのコンパクトなクッカーを採用しているので、単独での登山やキャンプにおすすめのモデルです。

急速沸騰性能に加えて、細かな調節機能でとろ火も可能。煮込み料理をはじめさまざまな調理に対応します。クッカーに高い断熱性のネオプレン製コジーが付属しているのも魅力。沸騰時にコジー上からクッカーを持てるほか、ハンドル付きで注ぐ作業にも対応しています。

ジェットボイル(JETBOIL) アウトドア バーナー ミニモ 1824381

広口浅型のクッカーを採用したシングルバーナー。強火での急速沸騰からとろ火まで細かく火力を調節できるバルブを搭載しているのが特徴です。

高い熱効率を実現しているフラックスリングを搭載。無駄な燃料消費を防ぎながら、小さい火力で素早く沸騰させます。サーモレギュレーターを搭載しており、低温下や長時間の連続使用で火力を一定にキープできるのもメリットです。

ジェットボイル(JETBOIL) アウトドアバーナー スモー 1824382

1.8Lの大容量クッカーを搭載したシングルバーナーです。数人でのキャンプや登山など、一度に多く調理できるモデルを求めている方におすすめ。細かい火力調節が可能なバルブによって、強火での急速沸騰からとろ火の煮込み料理まで幅広い調理に対応できます。

ボンベ内の圧力が低下しても自動的に火力を一定に保つ、サーモレギュレーターを搭載しているのもポイント。冬期や高所でも火力の低下を防いで、常温時と同等の安定した火力をキープできます。

プリムス(PRIMUS) シングルバーナー エッセンシャルトレイルストーブ P-TRS

初心者からベテランまで使いやすさを追求して開発されたシングルバーナーです。シンプルで軽量ながら最大2200kcal/hのパワーを発揮。コンパクトな本体に可動部が少なく堅牢な造りになっているので、バランスに優れたモデルを求めている方におすすめです。

バーナーの高さを抑えた低重心設計を採用しており、転倒するリスクを軽減しているのがポイント。圧力調整機構付きバルブを搭載しているため、低温下でも一定の火力をキープできます。

プリムス(PRIMUS) シングルバーナー ウルトラバーナー P-153

軽量かつコンパクトながら、最大3600kcal/hのハイパワーを実現している一体型シングルバーナーです。時間のかかる料理をアウトドアで楽しみたい方におすすめ。また、バックパックにすっきりと収納しやすいのもメリットです。

防風性に優れた「X字ゴトク」を採用しているのもポイント。バーナーヘッドを4つに区切っており、ひとつの区画が消えてもほかの区画が火を保ちます。PSLPGマークを取得している安全性の高さも魅力です。

プリムス(PRIMUS) シングルバーナー 2243バーナー IP-2243PA

堅牢な設計が特徴のシングルバーナーです。風に強い「X字ゴトク」を採用しており、高所での登山やキャンプで活躍するモデル。着脱可能なバルブで収納しやすいほか、ナイロンバッグが付属しているなど、携帯性にも優れています。

最大3600kcal/hのハイパワーで、さまざまな調理に対応可能。ソロキャンプはもちろん、2~4人のグループでの使用にもおすすめです。

プリムス(PRIMUS) シングルバーナー フェムトストーブ P-115

イグナイターと呼ばれる点火装置を搭載したシングルバーナーです。火力調節つまみを押し込むだけのワンタッチ操作で点火できるのがポイント。バーナーに不慣れな方でも簡単に使いやすいのがメリットです。

本体重量57gの軽量設計を採用。なるべく荷物を少なくしたいソロキャンプや単独登山を検討している方にもおすすめです。

メッシュ状のバーナー孔を採用したマイクロファイバーメタルメッシュを搭載。また、スーパーファインアジャスト機構により、細かい火力調節が可能です。

プリムス(PRIMUS) シングルバーナー ウルトラスパイダーストーブII P-155S

本体重量167gを実現している分離型のシングルバーナーです。大きめの鍋を使って調理したいなど、高い安定性を求めている方におすすめ。分離型ながら軽量のため、持ち運びに適しているのもポイントです。

4本のブレードタイプのゴトクは延長することも可能。広げると直径168mmになり、広口のクッカーやフライパンを乗せても安心です。燃焼熱でガスの気化を促進させるプレヒートパイプを搭載しているため、安定した燃焼を実現しています。

プリムス(PRIMUS) シングルバーナー エクスプレススパイダーストーブII P-136S

ゴトクを開いた際に固定するロック機構を搭載しており、安定性に優れているシングルバーナー。ゴトク径156mmで、大きめのクッカーやフライパンなどで調理したい方におすすめのモデルです。

分離型ながらコンパクトに折りたたんで収納できるのもポイント。持ち運びに役立つナイロンスタッフバッグが付属しています。

出力2400kcal/hで、IP-250タイプガスを使用して約70分の燃焼が可能。ソロキャンプや単独登山から2人程度までの使用に適しています。

コールマン(Coleman) バーナー ファイアーストーム 2000028328

耐風性に優れたウインドウシールドを搭載している一体型のシングルバーナーです。炎口を囲んだ構造で風の影響を低減できるのが特徴。風の強さが気になる高所での登山やソロキャンプなどにおすすめです。

折りたためばコンパクトに収納できるため、持ち運びやすいのもメリット。点火装置を搭載しており、扱いに慣れていない初心者でもワンタッチ操作が可能です。また、最大出力時約3300kcal/hのハイパワーを実現しています。

コールマン(Coleman) シングルガスストーブ120A 2000037239

安定性の高い、脚付きガスストーブ。フライパンや鍋は直径27cm、ダッチオーブンも20cmまでのモノを使用できるので、料理の幅が広がります。ただし、煮込み料理はできないので注意が必要です。

また、ガス缶の大きさやテーブルの高さに応じて、脚の高さが調節できるのも便利。なお、専用キャリーケース込みで重さが約2.9kgのため、登山には少々向かないものの、ソロキャンプならこれ1台でさまざまな調理ができるのでおすすめです。

スノーピーク(snow peak) フラットバーナー GS-450R

スタイリッシュなデザインが魅力のシングルバーナー。スノーピークの「アイアングリルテーブル(IGT)」にセットできるバーナーですが、このまま単独での使用も可能です。

ガス缶と本体が燃料ホースで繋がっている分離型のため、鍋による輻射熱もなく、家族や友人たちと共同で使用しやすい設計。バーナーヘッドを囲む設計のため、耐風性にも優れています。火力はつまみで調整できるので、とろ火の設定も簡単です。

アイアングリルテーブルを持っている方はもちろん、おしゃれなシングルバーナーを求めている方はぜひチェックしてみてください。

スノーピーク(snow peak) ヤエン ストーブ ナギ GS-360

風防が一体化している分離型のシングルバーナーです。風の影響を受けにくく、高所や低温下でストレスなく調理したい方におすすめ。シンプルな構造でゴトクに風防をセットするだけと、組み立てやすいのも魅力です。

大きな風防が脚を兼ねており、不整地でも安定してセッティングしやすいのもポイント。鍋やフライパンなど、使う調理器具に合わせてゴトクの高さを2段階で調節できるのも便利です。

スノーピーク(snow peak) ギガパワーストーブ GS-100AR2

最高出力2500kcal/hのシングルバーナーです。携帯性・軽量性・安定性などトータルバランスに優れているのが特徴。ワンタッチで着火できるオートイグナイターを搭載しており、初めてシングルバーナーを購入する方にもおすすめです。

OD缶を使用する一体型で、コンパクトに収納して持ち運びたい方にもぴったり。また、クッカーセットとスタッキングして収納したい場合にも適しています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オーリック 小型ガスバーナーコンロ M-7900

圧電点火装置を備えており、着火しやすいシングルバーナー。収納時サイズは約幅117×奥行105×高さ65mmとコンパクトなので、持ち運びやすいモノを求めている方にもおすすめです。

最大出力2700kcal/hのハイパワーで湯沸かしはもちろん、さまざまな調理をする際にも便利。また、比較的リーズナブルな価格で購入しやすいのもメリットです。

エムエスアール(MSR) アウトドア バーナー ポケットロケット2 36884

本体重量73gのシングルバーナーです。小型軽量モデルのため、収納しやすいモデルを探している方におすすめ。ゴトクを回転させてコンパクトに収納できるのがポイントです。

小型ながら最高出力2143kcal/hのパワーを発揮。さらに、バーナーヘッドにY字型ウインドクリップを搭載しており、風の影響を受けにくいのもメリットです。

イーピーアイ(EPI) NEOストーブ S-1030

大型の五徳が特徴のシングルバーナー。直径20.5cmの大きなゴトクで、大きめのフライパンなども載せられるのが魅力です。また、高火力なのも特徴で、最大4000kcalまで対応可能。つまみタイプのマイクロアジャスト機構の搭載により、極小のとろ火なども気軽に調節できます。

専用ケース付きで、リュックやコンテナに入れてもスッキリと収納できるのもポイント。大きめの五徳で高火力のシングルバーナーを探している方におすすめです。

YOGOTO ジュニアコンパクトバーナー

登山やバックパックキャンプにおすすめの小型シングルバーナーです。折りたためば幅3×高さ5cmと、非常にコンパクト。専用ポーチに入れて、コッヘルやメスティンなどに簡単に収納できます。重量も約50gと軽量です。

五徳を広げてセッティングすれば、直径15cm以下の小・中型の鍋に対応可能。お湯を沸かしたり調理したりできます。

なお、コンパクト設計のため、自動点火装置は付いていません。点火の際は、ガスを少しずつ開けながら、マッチやライターなどの火をかざしましょう。

シングルバーナーのおすすめモデル|CB缶タイプ

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ フュージョン ST-330

燃料にCB缶を使用する分離型のシングルバーナーです。カセットボンベをスーパーやコンビニなどで手軽に入手したい方におすすめ。燃料の購入コストをなるべく抑えたい場合にも適しています。

安定性に優れた4本のゴトクを備えており、転倒のリスクを軽減しているのがポイント。約300個の炎口とすり鉢状バーナーヘッドの組み合わせにより、風の影響を低減できるのも魅力です。

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ シングルバーナー ST-310

カセットボンベを横向きにセッティングする一体型のシングルバーナーです。火力が落ちにくいマイクロレギュレーターを搭載。外気温の変化に影響を受けにくく、安定した火力を求めている方におすすめのモデルです。

電気回路を内部に内蔵したステルスイグナイターを採用しているのもポイント。また、ドロップダウンの影響で火力が低下しにくく、長時間の調理に対応しているのも魅力です。

ソト(SOTO) Gストーブ シングルバーナー ST-320

BOOK型ボディを採用したシングルバーナーです。収納時25mmのコンパクトさと、2枚のガードで燃焼部を守る構造が特徴。V字型の2枚のガードで遮熱効果と風防効果を発揮しており、安全で効率的な燃焼を実現するおすすめモデルです。

保管や収納に便利な専用ケースが付属しているのも嬉しいポイント。薄型のシングルバーナーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

イワタニ(Iwatani) ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

高熱効率バーナーと風防兼用のゴトク構造を組み合わせているシングルバーナー。アウトドアで手軽に使いやすいモデルを探している方におすすめです。

ゴトクをコンパクトに折りたためるため、持ち運びしやすいのもメリット。また、本体を守れる専用ハードケースが付属しています。

便利なワンプッシュ自動点火装置を搭載しており、操作に不慣れな方でも使いやすい仕様。鍋底16cm以下までの調理器具を乗せるのに対応しています。

スノーピーク(snow peak) HOME&CAMPバーナー GS-600KH

ガス管をセットする本体部にゴトクを収納する、ボトル形状のシングルバーナーです。収納時に立てて置けるスタイリッシュなデザインで、保管に場所を取りにくいのが特徴。日帰りキャンプやハイキングなどはもちろん、家庭でも手軽に使いたい方におすすめのモデルです。

重心をできるだけ低くなるよう設計しており、安定しやすいのもポイント。さらに、本体の脚を含めた4点で支える構造で、土鍋など大きめの調理器具にも対応しています。

フォアウィンズ(FORE WINDS) マイクロキャンプストーブ FW-MS01

手軽に手に入るCB缶タイプのシングルバーナー。本体とガス缶の一体型なので、着脱や取り扱いがしやすいのがポイントです。

使用できる鍋のサイズは18cm以下、鍋底は16cm以下。ソロキャンプなどで使いたい方におすすめです。

脚が3本付きで、テーブルや地面の上でも安定します。専用ケース付きのため、持ち運びや収納も便利です。

ユニフレーム(UNIFLAME) テーブルトップバーナーUS-D 2 610107

大鍋料理におすすめのシングルバーナーです。しっかりした五徳で安定性を高めているため、約15kgの鍋も置けます。スキレットやダッチオーブンも使用できるため、キャンプでの料理の幅が広がるのがうれしいポイントです。

ガス缶を十分に離したうえであれば、別売のファイアグリル用鉄板も使用でき、バーベキューも楽しめる優れモノ。レギュラーガスで最大火力3000kcal/hと、さまざまな料理で活躍します。また、汁受けが直径20cmと大きく、鍋の吹きこぼれを軽減。グループキャンプにおすすめの製品です。

シングルバーナーのおすすめモデル|ホワイトガソリンタイプ

ソト(SOTO) MUKAストーブ SOD-371

燃料にホワイトガソリンを使用するシングルバーナーです。低温下でも強い火力を発揮しやすいのが特徴。外気温や気圧の変化に対応しやすく、冬山登山や極寒地での本格的なアウトドアシーンで活躍するおすすめモデルです。

ノズルを交換せずに自動車用レギュラーガソリンを使えるのも便利。一般的なガソリンストーブと異なり、頻繁にメンテナンスする手間を省けるのも魅力です。

ソト(SOTO) ストームブレイカー SOD-372

高い耐風性能を備えているシングルバーナーです。強風時に短時間で湯沸かしできるハイパワーを求めている方におすすめ。ガソリンとガスの両方を使用できる使い勝手のよさも魅力です。

フレキシブルホースと回転収納式ゴトクの組み合わせにより、コンパクトに収納できるのも便利。整流燃焼を採用しているため、一般的な乱流燃焼と比較して燃焼音が静かなのもポイントです。

エムエスアール(MSR) シングルバーナー ドラゴンフライ 36030

さまざまな燃料に対応可能なシングルバーナーです。ホワイトガソリン・無鉛ガソリン・灯油・軽油・ジェット燃料に対応するマルチフューエルタイプ。燃料切れに対応しやすいモデルを求めている方におすすめです。

ゴトクサイズ190mmで大きな鍋を乗せやすいのもポイント。大人数のグループで使用するのにも適しています。また、簡易メンテナンスキットが付属しているのも魅力です。

オプティマス(OPTIMUS) ガソリンストーブ 123R スベア 1104

おしゃれなデザインが特徴のシングルバーナー。ホワイトガソリン120mlで2時間ほど燃焼します。使い込むほどに味が出てくるソリッドブラスの本体は、アンティーク感があり、おしゃれなキャンプギアを探している方におすすめです。

ホワイトガソリンの特徴である火力の安定性が魅力。最大火力1300kcal/hと、小型ながら調理にも活躍します。

シングルバーナーの売れ筋ランキングをチェック

シングルバーナーのランキングをチェックしたい方はこちら。