アウトドア用の調理器具のなかでも携帯性に優れている「シングルバーナー」。ソロキャンパーはもちろん少人数でキャンプをしたいときにも便利で、お湯を手軽に沸かせるほか、ちょっとした料理にもスムーズに対応できます。

しかし、どの製品も似たような形状をしているため、違いがわかりにくい方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、シングルバーナーのおすすめモデルをご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

シングルバーナーの魅力

By: amazon.co.jp

キャンプでは、美しい自然の景色を堪能しながらの飲食も楽しみのひとつ。しかし、山や海で火を起こすのは大変な作業です。そこでおすすめなのがシングルバーナー。コーヒーや簡単な料理も、シングルバーナーがあれば手軽に楽しめます。五徳を使用して固定できるので、鍋やヤカンでお湯を沸かしても安全です。

コンパクトで持ち運びもしやすいため、登山などのアウトドアや移動しながらのキャンプでも便利。薪を燃やす場合のような手間も後処理も必要ありません。キャンプではお湯を沸かしたり料理を作ったりすること以外にも、寒い時期に暖をとるなど、さまざまな用途で活躍するアウトドアアイテムです。

シングルバーナーの種類

一体型

By: amazon.co.jp

一体型とは、燃料タンク部分とバーナー本体が一体になっている製品です。燃料ホースを必要とせず、構造がシンプルで軽量なのがメリット。持ち運ぶ荷物の数をできるだけ減らしたい方におすすめです。

なお、分離型と比べて比較的重心の高い製品が多く、大きな鍋などを載せて料理するのには向いていないので留意しておきましょう。

分離型

By: amazon.co.jp

分離型は、燃料ホースを介してバーナー本体と燃料タンクを繋いでいるのが特徴。調理器具を置くパーツ(五徳)のついたバーナー本体を地面やテーブルに直接置いて使用するため、重心が低く安定しています。大きく重量のある鍋などでも、安心して火にかけられるのがメリットです。

一方、一体型と比較してスペースを必要とするのがデメリット。使用する際は、サイズもしっかりと確認しておきましょう。

シングルバーナーの選び方

燃料で選ぶ

簡単な操作で着火できる「LPガス」

By: rakuten.co.jp

LPガスとは、液体化したガスのこと。シングルバーナー用としては、カートリッジに充填されたOD缶やCB缶として販売されています。最大のメリットは使い勝手に優れている点。バーナーにセットしてバルブを開き、点火スイッチを操作するだけで簡単に着火できます。

また、ガソリンのように前作業やメンテナンスも不要なので、面倒な手間がかかりません。しかし、LPガスは外気温の影響を受けやすく、極寒でのキャンプ時には火力が低下してしまうことがあります。とくに長時間の使用では、缶が冷えてしまい、火力が落ちてしまうこともあるため注意が必要です。

火力が強くコスパが高い「ガソリン式」

By: shinfuji.co.jp

ガソリン式シングルバーナーの燃料としておもに使用されるのは、ガソリンを精製した「ホワイトガソリン」。揮発性が高く、強い火力を得られるのが特徴です。ポンピングによってタンク内に圧力をかけることでガソリンが気化して、火力を発揮します。

また、価格も安いため、コストパフォーマンスに優れているのも魅力。ランニングコストを考慮した場合は、LPガス式よりもガソリン式シングルバーナーの方がおすすめです。

一方、デメリットはタンク内に圧力をかける「ポンピング作業」に手間がかかること。ポンピング作業はガソリン式バーナーを使用するうえで欠かせない作業で、しっかりと加圧することで気温や気圧に左右されない安定した火力を得られます。

ガス缶の種類で選ぶ

寒冷地でも安定して使える「OD缶」

By: amazon.co.jp

アウトドアでの使用を目的としたガス缶で、メーカーによって手軽な110サイズから標準の250サイズ、500サイズの大容量までラインナップされています。キャンプの人数や用途などニーズに応じての使用が可能です。

OD缶のメリットは寒冷地でも安定して使えるほか、火力も強く、燃料として使用できるバーナーやランタンの製品が多いこと。使い勝手のよさを重要視したい方はチェックしてみてください。

入手しやすく手軽に使用できる「CB缶」

By: amazon.co.jp

家庭で使用されることも多く、ガス缶として一般的に馴染み深いのがCB缶。鍋料理などをする際、カセットコンロの燃料に使用するカセットボンベです。

CB缶のメリットは、コンビニや100円ショップ、スーパーなどで購入できることに加え、価格が安い点。一方、OD缶に比べ耐寒性が低く火力も弱く、燃料として使用できるバーナーやランタンの製品が少ないので注意しておきましょう。手軽に購入できるモデルを探している方におすすめです。

安定性を確認

By: amazon.co.jp

アウトドアシーンでシングルバーナーを使う場合、凹凸のある地面や砂利の上に置くことも考えられます。倒れたり、ぐらついたりすることがないように設置の安定性には配慮しておきましょう。

なお、一般的に分離型は一体型と比べて重心が低くなるため、安定性に優れたモデルが多数あります。また、五徳も安定感に関わる重要なポイントなので、購入前にチェックしてみてください。

シングルバーナーのおすすめブランド

ソト(SOTO)

By: rakuten.co.jp

愛知県に拠点を構え、アウトドア用のランタンやバーナーをおもに製造・販売している「新富士バーナー」が手がけるアウトドアブランド。キャッチコピーとして「炎の総合メーカー」と謳っており、一体型や分離型シングルバーナーの豊富なラインナップが特徴です。

とくに、ボンベ内の圧力が低下しやすいカセットガスの弱点を解消する「マイクロレギュレーター」を搭載した分離型シングルバーナーは、安定した火力を発揮するとして高い評価を受けています。また、豊富なオプションを用意しているのも魅力のひとつです。

イワタニ(Iwatani)

By: rakuten.co.jp

産業や家庭用ガスの専門商社としてLPGの国内シェアトップを誇る、カセットコンロのパイオニアブランド。家庭用だけではなく、アウトドアでも便利なカセットガスで使用できるコンロやバーナーを取り扱っています。

製品のデザインも美しく、カセットガスの使用でも火力が強く安定しているのが特徴。また、軽量でコンパクトのため、キャンプやアウトドアでも持ち運びが楽なのもポイントです。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

「人生に、野遊びを。」をキャッチコピーにかかげる日本のアウトドア総合ブランド。キャンプや登山用アイテムからアパレルまで、徹底的なユーザーファーストで製品の開発を行っています。使い勝手がよく、初心者からベテランまで多くのキャンパーから支持を獲得。厳しい自然下でテストを繰り返して発売されるアウトドアギアは高い評価を受けています。

シンプルな一体型シングルバーナーから分離型シングルバーナーまで多くのモデルがラインナップされており、自分好みの1台を見つけやすいおすすめのブランドです。

ジェットボイル(JETBOIL)

By: jetboil.jp

クッカーとバーナーの一体収納型を採用した、独創的なデザインのアウトドアバーナーを製造・販売しているバーナーブランド。わずかな燃料ですばやく湯沸かしや調理ができるモデルは、世界中のキャンパーやバックパッカーから多くの支持を得ています。

なかでもシングルバーナー「ZIP」は、500mlの水をわずか2分半で沸騰させる燃焼力が魅力。また、コンパクトな状態で持ち運べるため、なるべく荷物を減らしたいソロキャンプや登山で活躍します。

シングルバーナーのおすすめ人気モデル|一体型

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ ST-310

燃料にCB缶を使用する出力2500kcal/hのシングルバーナーです。収納時のサイズは140×70×110mmとコンパクト。重さも350gと軽量なので、リュックに入れて気軽に持ち運ぶことが可能です。

本体にイグナイターを内蔵しているのが特徴。点火作業が容易にできるため、初心者にもおすすめのモデルです。マッチやライターを持ち運ぶ手間もいりません。

また、マイクロレギュレーターを搭載しているのもポイント。朝晩が冷え込む季節でも、安定した火力で料理をすることが可能です。気化熱によるドロップダウンも抑えられるので、長時間の調理でも安心して使用できます。

ソト(SOTO) アミカス コンパクトストーブ SOD-320

ソト(SOTO) アミカス コンパクトストーブ SOD-320

携帯性に優れた一体型の製品を探している方におすすめのシングルバーナーです。収納サイズが40×43×75mm、重量が81gと軽量コンパクトながら、出力は2600kcal/hと料理をするのに十分な発熱量を確保しています。

燃料にはOD缶を採用。イグナイターを内蔵しているため点火作業も簡単です。価格も手頃なので、コスパのよいシングルバーナーを探している方はぜひチェックしてみてください。

ソト(SOTO) Gストーブ ST-320

ソト(SOTO) Gストーブ ST-320

まるで本のように開閉するBOOK型のシングルバーナーです。折りたたむと燃焼部を覆うようにカバーするユニークな構造を採用。運搬中もほかのキャンプ道具と接触することなく、大切な燃焼パーツをしっかりと保護します。

開くと五徳にもなる本体は、風を遮り熱を逃さない役割も果たすため効率的に燃焼することが可能です。燃料にはCB缶を採用しています。

また、収納時の厚さはわずか25mmと、薄型でスタイリッシュなデザインなのも魅力です。専用の収納ケースが付属しているので、持ち運びの際にも重宝します。携帯性に優れ、ラフに取り扱っても大丈夫な製品を探している方におすすめのモデルです。

イワタニ(Iwatani) ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB

イワタニ(Iwatani) ジュニアコンパクトバーナー

一体型かつ低重心の製品を探している方におすすめのモデルです。燃料のCB缶を横向きにしてセットするのが特徴。ガスボンベがスタンドになるタイプと比べて五徳の重心が低くなるため、安定して使用することが可能です。

折りたたみ式の五徳を採用しており、収納サイズは82×68×109mmとコンパクト。専用のハードケースが付属しているので、持ち運びやすいだけでなく保管時にも重宝します。

スノーピーク(snow peak) ギガパワーストーブ 地 オート GS-100AR2

スノーピーク(snow peak) ギガパワーストーブ 地 オート GS-100AR2

重量が90gと軽量な、持ち運びのしやすいシングルバーナーです。出力が2500kcal/hあるので、コーヒーを入れたり簡単な料理をしたりと、アウトドアの多様なシーンで活躍。燃料にはOD缶を採用しています。

軽量モデルながらオートイグナイター備えているため、初心者でも簡単に点火することが可能。ソロキャンプはもちろん、ファミリーキャンプに持っていくサブバーナーとしてもおすすめです。

大型のワイヤーツマミを採用しているのが特徴。寒い時期のキャンプや登山など、手袋をしていても火力調節しやすいので重宝します。

スノーピーク(snow peak) HOME & CAMPバーナー

スノーピーク(snow peak) HOME & CAMPバーナー

リビングにも違和感なく置ける、おしゃれなデザインのシングルバーナーを探している方におすすめのモデルです。バーナーと五徳部分を本体内に収納できるのが特徴。折りたたむとカセットボンベ程度の大きさになるため、トートバッグやリュックに入れて気軽に出かけることが可能です。

ボトル状のスリムな本体で、キッチンやリビングなど、未使用時の保管場所を選ばないのもポイント。燃料にはCB缶を採用しており、使用時には本体内にスッキリと収まります。カセットコンロと同様のツマミがついているので、点火や火力調節も簡単です。

ジェットボイル(JETBOIL) シングルバーナー ZIP 1824325

ジェットボイル(JETBOIL) シングルバーナー ZIP 1824325

断熱カバーと蓋のついた専用クッカーがセットになったシングルバーナー。底にあるフラックスリングが熱を逃さずクッカーに伝えるため、効率的にあたためることが可能。0.5Lの水なら約2分30秒で沸騰します。短時間でお湯を沸かせるシングルバーナーが欲しい方におすすめのモデルです。

付属の五徳を使えば、クッカーを使用することも可能。また、燃料のOD缶に装着できるスタビライザーがついており、安定した状態で料理ができます。ガスカートリッジを含め全てのパーツをクッカー内に収納できるので、携帯にも便利です。

コールマン(Coleman) スポーツスターII デュアルフューエル 533

コールマン(Coleman) スポーツスターII デュアルフューエル 533

コールマンが販売する、ガソリンタイプの人気シングルバーナーです。ホワイトガソリンに加え、自動車用の無鉛ガソリンも使用できるのが特徴。キャンプ中、万が一燃料を切らしてしまっても車の燃料で代用できるため便利です。

給油後のポンピング作業は必要ですが、火力は強く、登山や冬のキャンプでも強い味方になります。使い勝手に優れたガソリン式のランタンを使用している方は、ぜひチェックしてみてください。

シングルバーナーのおすすめ人気モデル|分離型

ソト(SOTO) シングルバーナー ST-301

ソト(SOTO) シングルバーナー ST-301

CB缶を使用する分離型のシングルバーナーです。外径が200mmの大きな五徳を搭載しているのが特徴。直径250mmまでの大型鍋が使用できるため、たくさんの量を一度に料理したい方にもおすすめのモデルです。ソロからファミリーキャンプまで幅広いシーンで活躍します。

発熱量も3200kcal/hと大出力。ガスボンベ1本で約1.4時間の連続使用が可能です。初心者の方でも簡単に扱えるアイテムを探している方は、チェックしてみてください。

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ FUSION ST-330

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ FUSION ST-330

マイクロレギュレーターを内蔵した分離型のシングルバーナーです。低温環境でも炎が安定しているのが特徴。春先や晩秋など、朝晩が冷え込む季節のキャンプにもおすすめの製品です。燃料にはCB缶を採用しているので、コンビニやスーパーなどで簡単に調達できます。

バーナーヘッド部にはすり鉢形状を採用。また、約300個の火口から出る炎は火足も短いため風の影響を受けにくく、安定して燃焼することが可能です。

4本足の五徳は折りたたみ式。大きな鍋を乗せても安定するうえ、収納するとコンパクトになるので持ち運びの際も便利です。

ソト(SOTO) ストームブレイカー SOD-372

ソト(SOTO) ストームブレイカー SOD-372

ガソリンとガスが使用できるシングルバーナーです。ノズルの交換なしで2種類の燃料に対応できるので便利。春夏のキャンプでは取り扱いの簡単なガス燃料を使用し、秋から冬にかけては低温下でも火力の強いガソリンを使うなど、季節に応じて使い分けをすることも可能です。

ガスボンベにはOD缶を採用しています。また、ホワイトガソリンだけでなく自動車用ガソリンが使えるのもポイント。緊急時にも対応しやすいため、防災アイテムとしても活躍します。幅広い燃料に対応した製品が欲しい方におすすめのモデルです。

なお、ガソリン燃料を使用する際には、別途SOTOの「広口フューエルボトル」が必要となるので留意しておきましょう。

スノーピーク(snow peak) フラットバーナー GS-450

スノーピーク(snow peak) フラットバーナー GS-450

OD缶をホースで接続する分離型の製品です。天面がフラットになっているので、コッヘルやフライパンなど、さまざまな大きさの調理器具を乗せやすいのが特徴。クッカーの種類にかかわらず、安定して火にかけられるシングルバーナーを探している方におすすめのモデルです。

また、ガスボンベは付属の金具で本体に固定することも可能。本体とボンベを一緒に持てるため、バーナーの位置を移動させたいときなどに便利です。さらに、各パーツは分解して清掃できるのもポイント。メンテナンスのしやすさも本製品の魅力です。

スノーピーク(snow peak) ヤエン ストーブ ナギ GS-360

スノーピーク(snow peak) ヤエン ストーブ ナギ GS-360

風防がセットになった製品を探している方におすすめのシングルバーナーです。風のある日でも安定した火力が得られやすいので便利。五徳部分を風防に引っ掛けてセッティングします。また、風防がスタンドの役目を果たすため、ガタつきが発生しにくく安定して料理することが可能です。

燃料はOD缶で、最大出力は2800kcal/h。風防の上下をひっくり返すことで、五徳の高さを変えられるのも魅力です。使用する調理器具のサイズや形状に合わせて、使いやすい高さで調理してみてください。

ユニフレーム(UNIFLAME) セパレートバーナー US-S

ユニフレーム(UNIFLAME) セパレートバーナー US-S

4つの折りたたみ式五徳を備えたシンプルな分離型モデルです。ソロ用のカップから大きな鍋まで、幅広い調理器具が使用可能。燃料にはCB缶を採用しており、プレミアガスの使用時には約3000kcal/hの高火力が発生します。

圧電点火方式を採用しているため着火作業も簡単。ベテランキャンパーはもちろん、初心者にもおすすめのモデルです。専用のメッシュケースが付属しているので持ち運びの際に重宝します。

プリムス(PRIMUS) シングルバーナー ウルトラ・スパイダーストーブII P-155S

プリムス(PRIMUS) シングルバーナー ウルトラ・スパイダーストーブII P-155S

出力3000kcal/hの分離型シングルバーナーです。燃料にはOD缶を採用しています。折りたたみ式の拡張可能な五徳を採用しているのが特徴。ソロ用のコッヘルからファミリーキャンプで使用する鍋まで、調理器具の大きさに応じて調節できる製品を探している方におすすめのモデルです。

また、五徳パーツはスタンドと一体型になっており、大きな鍋を乗せて安定しているのもポイント。コンパクトに折りたたんで収納できるため、リュックの中でもかさばりません。

さらに、プレヒートパイプを搭載しているのも本製品の特徴。燃焼時の熱を利用しガスの気化を助けるので、長時間連続で使用しても安定した火力が得られます。

プリムス(PRIMUS) シングルバーナー エクスプレス・スパイダーストーブⅡ P-136S

プリムス(PRIMUS) シングルバーナー エクスプレス・スパイダーストーブⅡ P-136S

携帯性に優れたコンパクトな製品を探している方におすすめの、分離型シングルバーナーです。スタンド機能も兼ねたシンプルな構造の五徳を採用しています。折りたためば手のひらにも乗せられる小さなボディが特徴。重量も195gと軽量なので、リュックに入れて気軽に出かけられます。

燃料にはOD缶を採用しており、2400kcal/hを出力することが可能です。また、ガスの気化を促進するプレヒートパイプを備えているのもポイント。連続使用中の火力低下が抑えられるため、安心して料理ができます。