“バーベキュー”といえば肉を焼くイメージが強いので網は持参するものですが、大人数であれば焼きそばなども食べたくなるので、鉄板をスタンバイしておくと便利です。

そこで今回はバーベキューにおすすめの鉄板をピックアップ。メリットや選び方についてもご紹介するので、アウドドアシーンでさまざまな料理を用意したい方は、ぜひ購入を検討してみてください。

バーベキュー鉄板のメリット

By: amazon.co.jp

最近注目されているのは厚手の鉄板。その最大のメリットは蓄熱性にあります。熱を均一に安定した状態で鉄板全体に伝えるので、調理しやすく、美味しく仕上がるのが大きなメリット。肉類や海鮮のグリルはもちろん、焼きそばやお好み焼き、さまざまな炒め物などは鉄板の実力が発揮されます。

鉄板は熱による反りや歪みにも強く、手入れも簡単。焦げ付いても鉄ヘラでガシガシ擦って落とせます。使用後の手入れと管理をしっかりとやっていれば、半永久的に使用可能です。

網との違い

By: amazon.co.jp

炭火の場合、網焼きは遠赤外線効果で身をふっくらと焼き上げ、したたり落ちる脂の煙での燻煙効果で香ばしさが加わり、美味しい料理ができます。しかし、炭火は火加減の調節が難しく、表面は焦げているのに中は生だったり、ちょっと油断したら丸焦げになってしまったりと、失敗しがちです。

一方、鉄板は炭火や薪、ガスなど熱源を選ばず使えるほか、蓄熱効果により簡単に調理が可能。しかも、失敗が少なく、おいしく料理が仕上がります。また、網に比べて厚手の鉄板は熱による反りや歪みに強いのもメリットです。

しかし、網に比べて価格が高く、重いというデメリットもあります。それでも、鉄板料理のレパートリーの幅広さと美味しさを考えると魅力的と言えるでしょう。

バーベキュー鉄板の選び方

By: amazon.co.jp

厚さで選ぶ

バーベキュー鉄板を選ぶ際に特に注意すべきは厚さ。鉄板は厚いほど美味しく焼けると言われています。逆に薄すぎる鉄板は熱ムラが起こりやすく、高温の熱による反りや歪みが生じやすいのでおすすめしません。

ステーキ店やお好み焼き店など、プロ仕様の厚さ6mmの鉄板は確かにおいしく焼けますが、重さがあり持ち運びが大変です。そこで、おすすめは2.5~4.5mmの厚さ。おいしく焼けて持ち運びの負担も比較的少なくバランスが取れています。

形状で選ぶ

次に形状ですが、1枚の鉄板そのものというシンプルなタイプから、主に焼肉用として鉄板に穴があいていて余分な脂を落とし炭火の香りも楽しめるタイプ、フチが高くなっていて焼きそばなどを作る際に食材が落ちないようになっているモデルなど、さまざまな形状があるので何を焼くかによってタイプを選んでください。

使用人数で選ぶ

サイズは使用人数、グリルの大きさに合わせて選びましょう。大き目のグリルなら鉄板と網を半分ずつ分けて鉄板焼きと炭火網焼きの両方を楽しむこともできます。

バーベキュー鉄板のおすすめ

コールマン(Coleman) クラシックアイアングリドル

人気ブランド・コールマンのバーベキュー鉄板。同ブランド製品の「413Hパワーハウスツーバーナー」にジャストサイズのアイテムです。蓄熱性に優れ、素早くうま味を閉じ込めておいしく焼き上げます。

本モデルは肉の脂を落として焼ける波型の面と、焼きそばやお好み焼きなどが作れるフラットな面のリバーシブル式。料理の幅がグッと広がります。アウトドアで鉄板料理を始めたいという初心者にもおすすめのモデルです。

スノーピーク(snow peak) グリルプレート黒皮鉄板

高品質アウトドアギアで知られるスノーピークのグリルプレート。サビに強く油がよく馴染む黒皮鉄板製で3~4人でちょうどよいサイズです。ステーキや焼肉はもちろん、焼きそばや焼うどんなどの炒め物まで、本格鉄板焼きが存分に楽しめます。

スノーピークのグリル台のほかにも、コールマンのツーバーナーにもピッタリのサイズ。使って納得のおすすめバーベキュー鉄板です。

スノーピーク(snow peak) 鋳鉄グリドルハーフ

スノーピークの肉を焼くのに最適な鉄板グリルです。同社のグリル「リフトアップBBQ−BOX」を使えば、焼き面の半分を鉄板、もう半分を網焼きにして使用可能。鉄板焼きと網焼きの両方を楽しめます。黒皮鉄板なので耐久性に優れ、手入れも簡単。アウトドア料理の幅がグッと広がるアイテムです。

ロッジ(LODGE) ダブルリバーシブルグリドル LDP3

世界トップクラスの鋳鉄技術を誇る「ロッジ」のバーベキュー鉄板です。フラット面と波型面のリバーシブルタイプ。焼きそばや炒め物などはフラット面で、ステーキや焼肉は波型面で焼くことで余分な脂が落ちておいしく焼けます。熱をゆっくりじっくりと伝える鋳鉄製なのでおいしく焼けて冷めにくいのが特長です。

ロッジ(LODGE) バーベキュー グリルグレート 01033737000000

網状の表面が余分な脂を落とし、燻煙効果で香りづけができるグリルプレート。美しい焼き目がつき食欲をそそります。鉄板と網焼きのよいところをあわせ持っているので、ステーキや焼肉、海鮮、野菜など、食材のおいしさを引き出してくれると人気のモデル。本格的なバーベキュー料理が楽しめます。

ユニフレーム(UNIFLAME) ラウンド鉄板

ユニフレームの丸型バーベキュー鉄板。鉄板は4.5mmの厚さがあり、蓄えられた熱が冷めにくく、熱ムラも少ないのでおいしく調理できます。焼肉や海鮮焼き、焼きそばなどの炒め物はもちろん、深さがあるのですき焼きやパエリアなどにも対応。丸型鉄板を探している方におすすめです。

ジェットスロウ(JetSlow) 冒険用品 ヨコザワテッパン 袋付

厚さ5mmのA5サイズで重さは約1kg。一見小さく見えますが1~5人まで対応可能です。手持ちのガスストーブにセットするだけで簡単に手早く、しかも本格鉄板料理が楽しめます。厚い鉄板に熱が蓄えられ、均一に優しく焼き上げるので食材のおいしさが際立つ仕組み。ツーリングや釣行などのソロ・キャンプにもおすすめのバーベキュー鉄板です。

モリカワ(MORIKAWA) 極厚グリルプレート (網焼きタイプ) 

鉄板の厚さ4.5mmと優れた蓄熱性能を発揮するグリルプレートです。しかも、半分が網焼きに対応しており、鉄板焼きと網焼きが両方楽しめます。網焼きで肉類・海鮮・野菜を焼きつつ、鉄板で焼きそばやお好み焼きなどを同時に調理なんてことも本モデルなら可能です。

大人数でのバーベキューにも対応できる特大サイズですが、もう少し小さなファミリー向けまでサイズは各種揃っています。バラエティに富んだ料理が楽しめるおすすめモデルです。