ビジネス利用からネットショッピングまで、幅広い場面で役に立つ「パソコン」。大きく分けて「ノートパソコン」と「デスクトップパソコン」の2種類がありますが、初めて購入する際などは、どちらを選べばいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ノートパソコンとデスクトップパソコンの違いや、それぞれのメリットを詳しく解説。おすすめモデルもご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

ノートパソコンとデスクトップパソコンの違い

ノートパソコンとは?

ノートのように薄く折りたため、どこへでも持ち運びやすい携帯性を備えているのがノートパソコンの特徴。バッテリーを内蔵しており、充電すればコンセントのない場所でも使用可能です。自宅やオフィスはもちろん、カフェや図書館、新幹線の車内などさまざまな場所で使えます。

また、タッチパッドを搭載しているのもノートパソコンの特徴です。表面を指でなぞったりタップしたりすることで、メニューの選択や画面のスクロールなどの操作が行えます。

ノートパソコンについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

デスクトップパソコンとは?

机の上など決まった場所に設置して使用するのがデスクトップパソコン。電源に繋げながら使用する必要があり、設置場所がコンセントの近くに限定されるため、持ち運びながらの使用はできません。また、多くのモデルではモニターやキーボードは別売りです。

デスクトップパソコンは、自分に合った快適な作業環境を整えやすいのが特徴。大きな液晶モニターやフルサイズキーボードなど、好みの周辺機器を利用できます。拡張性にも優れているので、将来的にアップグレードすることも可能です。

また、本体とモニターが一体のオールインワンタイプも人気。省スペース設計なのでデスク周りが広々と使えます。

デスクトップパソコンについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ノートパソコンとデスクトップパソコンのメリット

ノートパソコンのメリット

持ち運んで使用できる

好きな場所に持ち運んで使えるのがノートパソコンのメリット。コンパクトに折りたためるうえ、軽量なモデルも多いのが特徴です。

また、バッテリーを内蔵しているため、短時間の使用ならACアダプターを持ち歩く必要がないのも便利なポイント。外出先はもちろん、自宅でもリビングやキッチン、寝室など場所を選ばす使用できます。

電気代が安い

省電力なモバイル向けのCPUを採用するなど、電力消費を低く抑えるためのさまざまな工夫が施されているのもノートパソコンの特徴です。

さらに、デスクトップモデルと比較して搭載する液晶サイズが小さく、消費電力が低めで電気代は安い傾向にあります。パソコンを毎日長時間使用する方には、電気代が低く抑えられるのもメリットのひとつです。

設置も省スペース

小さなスペースに置いて使えるのもノートパソコンのメリットです。13インチ前後のモデルであれば、必要なスペースはA4用紙1枚程度。移動中や出先なら膝の上に乗せて使用することも可能です。

使い終わった後は折りたたんで机の引き出しに収納したり、本棚に立てかけたりできます。使用時・未使用時ともに邪魔になりにくいのが魅力です。

デスクトップパソコンのメリット

拡張性・カスタマイズ性が高い

高い拡張性を備えているのがデスクトップパソコンのメリットです。本体内部へのアクセスが容易で拡張スロットなどを搭載しているため、購入後でもメモリやストレージの増設が可能。自分の使い方や用途に応じてカスタマイズしやすいのが魅力です。

ただし、コンパクトタワーやオールインワンタイプのモデルは拡張性が低い傾向にあるので、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

コストパフォーマンスが高い

デスクトップパソコンには、コストパフォーマンスが高いメリットもあります。同じ性能のノートパソコンとデスクトップパソコンを比較すると、後者の方が安い価格で購入可能。ノートパソコンに使われる部品はコンパクトなボディに組み込むため、より小型化したパーツを採用しなければならず比較的高価です。

より高性能なモデルを安価で購入したい場合は、デスクトップパソコンをチェックしてみてください。

ハイスペックな用途にも適している

カスタマイズがしやすい利点を利用し、ハイスペックモデルに仕上げられるのもメリットのひとつ。パーツの増設に伴ってさらに大きな電力が必要な場合でも、大容量電源に交換して対応可能です。

また、ノートパソコンと比べて筐体サイズが大きく、放熱面で有利なのもポイント。高性能パーツから発生する大量の熱を効率的に冷却できます。長時間稼働しても安定した動作を確保しやすいのが特徴です。

ノートパソコンとデスクトップパソコンどっちを選べばいい?

ノートパソコンが適した方

いろんな場所へ持ち運んで作業したい

自宅や職場はもちろん、カフェや図書館、コワーキングスペースなど、さまざまな場所で作業がしたい方にはノートパソコンがおすすめです。バッテリーを搭載しているため、屋外や飛行機の機内などの電源が取れない場所でも重宝します。

小型で軽量なモデルなら、カバンやリュックの中でもかさばらずに持ち運び可能。なかには重さが1kgを切る非常に軽量なモデルも販売されています。通勤や通学などで、毎日持ち運ぶような方におすすめです。

設置スペースが限られている

ノートパソコンは、部屋が狭かったり机が小さかったりと設置場所に困っている方にも適しています。13インチ前後の製品なら、コピー用紙1枚分くらいのスペースがあれば使用可能です。

また、使い終わったら本棚や机の引き出しに収納しておけるのも便利なポイント。15インチ以上など大型液晶を搭載したモデルの場合、省スペースなデスクトップパソコン代わりとしても重宝します。

PCゲームや動画編集をしない方

ノートパソコンは、どちらかというとPCゲームや動画編集作業をしない方に向いています。負荷のかかる作業をスムーズにこなすためには高性能CPUや大容量メモリ、GPUなどハイスペックモデルが必要ですが、同じ性能のデスクパソコンと比較すると価格が高くなりがちです。

ノートパソコンは動画視聴やネットサーフィンといったホームユースや、書類やプレゼン資料の作成など一般的なビジネス用途に適しています。

デスクトップが適した方

決まった場所でしか作業をしない

自宅やオフィスなど決まった場所でしか使用しないのであれば、デスクトップパソコンがおすすめ。設置場所を確保する必要はあるものの、高性能なモデルを割安で購入できるのが魅力です。

視認性に優れた大型モニターや、軽快にタイピングができるフルサイズキーボードなどを組み合わせると使い勝手が向上。将来的なアップグレードにも対応しやすいので、ぜひチェックしてみてください。

自分に合ったPC環境を揃えたい

デスクトップパソコンは、自分に合ったPC環境を整えたいと考えている方にも適しています。タワー型の製品を選べば、液晶モニターやキーボードなど、周辺機器との組み合わせは自由自在です。

例えば、机の上を配線でゴチャつかせたくない方なら、ワイヤレスタイプのキーボードやマウスが選べます。迫力ある映像で映画を楽しみたい場合は大画面の4Kモニターを使用するなど、自分好みの構成にしやすいので便利です。

ハイスペックなPCゲームを快適に遊びたい

人気のシューティングゲームなど、ハイスペックなPCゲームを思う存分楽しみたい方にもデスクトップパソコンがおすすめです。価格が同じなら、ノートパソコンよりも高性能なモデルを手に入れることが可能。リアルな映像の3Dタイトルが快適にプレイできます。

また、拡張性に優れているのもポイントです。よりハイスペックが要求される新ゲームが登場しても対応しやすいので安心。さまざまなタイトルをプレイしたい方はぜひ検討してみてください。

ノートパソコンのおすすめモデル

アップル(Apple) MacBook Pro 2022 13インチ M2チップ

スペックが高く電力効率に優れたノートパソコン。2022年に発表されたM2チップを採用しており、CPUやGPU、最大メモリ数が従来のM1チップより高性能なのが特徴です。

バッテリーは最大20時間使えるので、1日中充電しなくても駆動するのが魅力。また、サイズも13.3 インチとコンパクトなため、電源を気にせず好きな場所に持ち運んで使えます。

また、環境に合わせてディスプレイの色温度を自動調節するTrue Tone機能を搭載。明るすぎず暗すぎない色合いで表示するので、目への負担を軽減できます。

Touch IDを使って指紋認証できるため、セキュリティ面でも安心。そのほか、FaceTime HDカメラが搭載されており、高画質でオンライン通話したい方におすすめです。

アップル(Apple) MacBook Air M1(2020)

Apple独自のM1チップを採用しているノートパソコン。8コアCPUを搭載しているため処理速度が早く、一般的なIntelモデルより消費電力が少ないのが魅力です。

最大18時間駆動できる大容量バッテリーを搭載しており、長時間連続して利用できるのも特徴。サイズは13.3 インチで重量が1.29 kgと軽量でコンパクトなので、出先へ持ち運んで長時間作業する方にぴったりです。

解像度2560×1600のRetinaディスプレイを採用しており、鮮やかな画質を得られるのもポイント。サクサク作業できて持ち運びやすいノートパソコンを探している方におすすめの製品です。

レノボ(Lenovo) IdeaPad Duet 560 Chromebook

13.3型で重量が1.2kgと、軽量コンパクトなノートパソコン。メモリ容量が4GB、ストレージは64GBで、動画視聴やネットサーフィン、大学のレポートなどで利用する方にぴったりです。

キーボードを外してタブレットとして利用できるのも特徴。本モデルはUSIペンが付属したタッチパネル仕様なので、メモ書きやイラスト作成にも向いています。

有機ELディスプレイを採用しているほか、4つのスピーカーが搭載されているのもメリット。立体感のある音響と綺麗な映像を楽しみたい方におすすめです。

エイスース(ASUS) ASUS X545 X545FA-BQ138T

指紋認証センサーを搭載している、セキュリティ性能の高いノートパソコン。指で指紋センサーをワンタッチするだけでログインできるので、パスワードを入力する手間が省けます。

メモリは8GBで、ストレージは512GB。メモリはネットサーフィンや事務作業を行うのに十分な容量を備えています。ストレージはSSDを採用しているため、起動やアプリの立ち上げを高速で行えるのが魅力です。

サイズは15.6型とノートパソコンのなかでは比較的大きいのが特徴。複数のタブを開いてビジネス用の書類やプレゼン資料を作成したり、画面いっぱいに動画を開いて視聴したりできます。ディスプレイはノングレア加工なので、光が反射しないのもおすすめポイントです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Laptop Go THJ-00020

トラックパッドのサイズが大きく使いやすいノートパソコン。サイズが12.4インチで重量が1110gと、ノートパソコンのなかでも比較的コンパクトで軽量なので、持ち運んで出先で利用するのに適しています。

CPUはインテルのCorei5で、メモリが8GB、ストレージが256GB。一般的なビジネス用途で利用するのに十分なスペックを搭載しています。最大13時間連続で利用できるため、電源がない出先で長時間作業したい方におすすめです。

ノートパソコンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ノートパソコンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

デスクトップパソコンのおすすめモデル

マウスコンピューター(MouseComputer) デスクトップパソコン LM-R711SIAB11PZN

マウスコンピューターから2022年に発売されたデスクトップパソコン。横幅9.9cm×高さ29cmとタワー型のデスクトップパソコンの中でも比較的コンパクトなため、デスクの幅を取らず利用できます。

USB3.2ポートやUSB3.1ポートを搭載しており、複数の外部機器を接続できるのも魅力。DVDスーパーマルチドライブも備わっているので、ビジネス用途に使うだけでなく、プライベートでDVD鑑賞を楽しむことなどもできます。

CPUはインテルのCorei7で、メモリが16GB、ストレージがSSDで512GBとハイスペックなのもおすすめポイント。負荷のかかりやすいPCゲームから動画編集まで対応できます。タワー型パソコンのなかでも比較的お手頃な価格で購入できるのも魅力です。

ドスパラ(Dospara) ガレリア XA7C-R37

重厚感あふれるデザインが特徴のタワー型デスクトップパソコン。低速回転でも大風量な140mmの大型冷却ファンを搭載しており、静かな動作で冷却効果が高いのが特徴です。

CPUはインテルのCorei7で、メモリが16GB、ストレージがSSDの1TBと優れたスペックを備えているのも魅力。大画面の4Kモニターと併用して迫力ある映像を楽しんだり、パソコンの性能が重視されるPCゲームをプレイしたりするのに向いています。

本製品の正面にはLEDライトが搭載されており、色やライトのオンオフを自分で設定できるのも特徴。本体上部には、操作に必要なボタンや入力ポート部分が45°の角度で搭載されているので、スムーズに操作できます。

アップル(Apple) iMac Retina 5K 27-inch 2020

インテルの最新CPUであるCore i9を採用した、モニター一体型のデスクトップパソコン。メモリが16GB、ストレージがSSDの1TBで、スペックの高さが特徴です。

Retina 5Kディスプレイを採用しているほか、画面サイズは27インチなので、綺麗な映像を大画面で楽しめるのも魅力。作業場所が決まっている方や、負荷の高いPCゲームや動画編集を楽しみたい方におすすめです。

デスクトップパソコンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

デスクトップパソコンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。