近年スマートフォンの利便性が向上しているとはいえカバーできる範囲には限界があり、パソコンの方が適していることも多々あります。一方、パソコンを選ぶ上で悩ましいポイントといえば、デスクトップパソコンとノートパソコンのどちらを選べばよいのかという点です。

そこで今回は、デスクトップパソコンとノートパソコンの違いを解説しつつ、それぞれのおすすめ製品をご紹介します。

デスクトップパソコンとノートパソコンの違い

デスクトップパソコンの特徴

デスクトップパソコンは自由度の高さが一番の特徴。パソコンの内部に十分なスペースがあるので、メモリの増設などのカスタマイズに優れています。特に高性能なグラフィックボードを搭載できるのがノートパソコンと比較してのメリット。一度購入した後でも、使用状況に応じてパーツを追加して最適な作業環境を構築可能です。

パソコンの内部に十分なスペースがあるということは、放熱がしっかりとできることにもつながります。そのため、発熱量が大きい高性能なCPUを搭載でき、高度な作業が可能。さらに外部に対しても拡張性が高く、さまざまな周辺機器をつなげることができます。

デスクトップパソコンがおすすめな人

デスクトップパソコンは、基本的に一度設置をしたら場所を動かすことがありません。そのため、パソコン専用のスペースが確保でき、いつも決まった場所で作業をするという方におすすめです。

デスクトップパソコンには高性能なCPUやグラフィックボードを搭載できるので、3Dイラストの作成や動画編集など、CPUに負担のかかるグラフィックデザイン関係の作業に適しています。同様に、画面の中の3D空間を激しく動き回るようなゲームをしたいという方にもおすすめ。グラフィック処理の能力が高く、動作がスムーズになるのでストレスになりません。

仕事を中心にパソコンを使いたいという方にも、デスクトップパソコンのモニターが大きいという点はメリットです。画面が広く高解像度なので、画像加工など効率よく作業が可能。Excelでも広い範囲を画面に表示できるので、多くのデータを扱うときにはかどります。

デスクトップパソコンについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

ノートパソコンの特徴

ノートパソコンは、携帯性に優れていて持ち運びができるという点が一番の特徴。もし自宅内でパソコンを置く場所がなくても、ノートパソコンならケーブルなどが最小限で済み、限られたスペースでも使用が可能です。

デスクトップパソコンの場合は、使用の際に常時電源ケーブルをコンセントに挿しておく必要がありますが、ノートパソコンはバッテリーで駆動するのでコンセントから抜いても大丈夫。突然の停電や、不用意に電源プラグが抜けてしまっても、作業中のデータが消えてしまうという心配がありません。

ノートパソコンがおすすめな人

自宅だけでなくオフィスや学校などへ持ち運び、普段慣れているパソコンで作業をしたいという方にノートパソコンはおすすめです。最近は薄くて軽いノートパソコンも発売され、カバンに入れての移動も苦になりません。さらに、バッテリー稼働時間が長く、移動中の作業も可能です。

パソコンを主に自宅でしか使用しないという方でも、使わないときは片付けることができるのもおすすめな点。家族がいても、お部屋の中で寝室や居間など場所を選ばずに作業ができるので便利です。

ノートパソコンについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

デスクトップパソコン3選

日本エイサー(Acer) Aspire XC-730-N18F

本体の幅が約10cmの省スペース型デスクトップパソコンです。広い置き場所が必要になるというデスクトップパソコンの悩みを解消。価格もリーズナブルで手に取りやすく、コストパフォーマンスに優れていておすすめです。

周辺機器の接続についてはUSB3.0のポートが正面に2つ、背後に2つと十分な拡張性があります。DVDスーパーマルチドライブを搭載しているので、DVDやCDのコンテンツを再生可能。SDカードのスロットもあるので、デジタルカメラなどのデータの取り込みも容易にできます。

デル(Dell) Inspiron 3668 18Q31

処理速度の速い機種を探しているなら本製品がおすすめ。CPUにインテルCore i5を採用し、通常の作業であればストレスなく処理できます。さらに、記憶装置に通常のハードディスクに加えて読み込み・書き込みのスピードが速いSSDも搭載しているので、高速なレスポンスが可能です。

また、拡張スロットを4基備えているので、購入後の利用状況に合わせて拡張できます。Wi-FiおよびBluetoothを内蔵しているので、無線環境も標準装備。対応した周辺機器がワイヤレスで利用でき、デスクトップパソコンでありながらケーブルが減らせます。

富士通(FUJITSU) FMV ESPRIMO FHシリーズ WF2/B2

大画面と省スペースを両立させたデスクトップパソコン。液晶モニターと本体が一体となっているので、ケーブルの接続が必要なくデスク周りがすっきりさせたい方にもおすすめです。

27型のワイド液晶画面は、動画視聴にもぴったり。本体前面には、パイオニア社とのコラボ―レーションで開発したハイレゾ対応スピーカーを内蔵しています。臨場感のある音を体験でき、大画面と合わせて映画の鑑賞にもおすすめです。

ノートパソコン3選

デル(Dell) Inspiron 14 7460

耐久性の高い14インチノートパソコン。天板にはアルミニウム素材、天板内部にはマグネシウム合金を採用しているので、外部からの衝撃に対して堅牢性があり安心です。

ノートパソコンの弱点ともいえる画面の広さについては、画面の周りのベゼルを7ミリと大変細くするという工夫があり、通常なら13インチディスプレイとなる本体サイズに14インチのディスプレイを実現。小さなボディと大きな画面を兼ね備えた優れモノです。

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pro FJX-00014

外出先でも高いパフォーマンスを求める方におすすめのタブレット型のノートパソコンです。キーボードは別売ですが、接続させれば通常のノートパソコンと同様の資料作成などの入力作業が可能。キーボードを取り外した状態だとわずか770gと軽量なので、いつも携帯したいという方におすすめです。

画面はタッチスクリーンになっているので、スマートフォンを操作するのと同じ感覚で操作できます。本体はファンレスによる静穏化を実現。さらに、記憶装置にはSSDを採用しているので、動作音が静かで周りを気にせずに作業ができます。最大13.5時間持続するタフなバッテリーも魅力です。

日本電気(NEC) LAVIE Smart NS(e) PC-SN16CJSA9-2

家の中で使うのがメインのノートパソコンとしておすすめ。重量2.4kgとノートパソコンのなかでも重いので持ち運びには適していませんが、38×26cmのサイズはスペースが限られていても置き場所に困りません。

もちろんDVDスーパーマルチドライブも搭載。画面サイズはノートパソコンとしては大きめの15.6インチなので、動画鑑賞にもおすすめです。また、多くの便利なソフトが本体にバンドルされているので、パソコンに詳しくない方でも活用可能。携帯性よりもスペックを重視してノートパソコンを選びたい方には特におすすめの機種です。