高性能でさまざまな用途に活用できる「デスクトップパソコン」。ビジネス用途に適したモデルから、PCゲームやイラスト制作、動画編集などに適した高性能なモデルまで、各メーカーから多彩な製品が発売されています。

そこで今回は、おすすめのデスクトップパソコンを機能性別にピックアップ。選び方もあわせて紹介しているので、参考にしてみてください。

デスクトップパソコンとは?

By: amazon.co.jp

デスクトップパソコンとは、机の上に据え置いて使うパソコンのこと。重さがあるため持ち運びには適していませんが、拡張性に優れているのが特徴です。好みや使い方に合わせてパーツの構成を変えたり、後からパーツの交換や増設ができたりと、自分だけの1台を作れます。

パーツを搭載できるスペースが広いため、高性能なパーツや大きめのパーツも使用可能。比較的安価に処理能力の高いパソコンを作れるのが魅力です。また、冷却性などにも優れており、発熱量の多いパーツを搭載しても安定した動作が期待できます。

ディスプレイやキーボード、マウスなどの周辺機器は別途購入する必要がありますが、自分の求める性能に応じたモノを選択可能。大画面や複数モニターを使ったり、ボタンをたくさん備えたマウスを使ったりと自分好みにカスタマイズできます。

デスクトップパソコンのメリット

コスパが高い

By: lenovo.com

デスクトップパソコンは、ノートパソコンに比べてコスパが高いのが魅力。パソコンはCPUやメモリ、ストレージなどさまざまなパーツを組み合わせて作られています。高性能なパソコンを作るためにはたくさんのパーツが必要なので、小型化しようとすると一部の機能を諦めたり、高コストなモノを使ったりする必要があります。

ノートパソコンは小型なため持ち運びには適していますが、使えるスペースが限られているため、高性能を両立しようとすると価格も高くなりがちです。一方、デスクトップパソコンは据え置いて使うことを前提に大きく作られているので、多くのパーツを搭載できます。

デスクトップパソコンは性能の高い大きめのパーツも組み込みやすく、安価に高性能を実現可能。同程度のスペックを有したモデルでも、デスクトップパソコンの方がコストを抑えて作れるのがメリットです。

大きな画面で作業ができる

By: lenovo.com

大きな画面で作業できるのもメリットのひとつ。主流なのは22~24インチサイズですが、20インチ以下のコンパクトなモニターや、27インチ以上の大型のモニターも接続して使えます。複数ウィンドウを開いての作業や動画編集、ゲームプレイなども快適に行えて便利です。

複数台のモニター接続も簡単。モニターを設置するためのスペースは必要ですが、使える画面が増えるため効率よく作業を行えます。自分好みの大きさの画面で作業をしたい場合にもおすすめです。

周辺機器などを自由に選べる

By: lg.com

モニターやキーボード、マウスなどの周辺機器を自分好みのモノで揃えられる魅力。デスクトップパソコンは本体のみの販売なので、周辺機器は自分で準備する必要があります。購入してすぐ使える手軽さはありませんが、用途に応じたアイテムを使えるため便利です。

また、デスクトップパソコンは本体サイズが大きめなので、USBポートやHDMIポートなどの端子を多めに備えたモデルも豊富。パソコンを動かすための機器だけでなく、扇風機やヒーター、PCゲーム用のコントローラーなども接続できます。さまざまな機器を揃えて作業環境を快適にしたい場合にもおすすめです。

デスクトップパソコンの選び方

デスクトップパソコンの種類

スタンダードな「タワー型」

By: mouse-jp.co.jp

タワー型は縦長の箱型筐体を採用しているのが特徴。幅20×奥行40×高さ50cm程度のサイズが主流です。ほかに、幅10×高さ30×奥行40cm程度の「ミニタワー」や細身の「スリムタワー」など、大きさにも種類があります。

設置のためのスペースは必要ですが、メンテナンス性や拡張性が高いのが魅力。パーツを増設したり交換したり、パソコンの内部を掃除したりといった作業が比較的楽に行えます。

また、箱内のスペースが広いため排熱性も良好。高性能なパーツは発熱量が大きいモノも多いため、適度な排熱を行うことによりパフォーマンスの維持も期待できます。高性能で動作の安定したパソコンを探している方におすすめです。

省スペースで設置できる「モニター一体型」

By: jp.ext.hp.com

モニター一体型はデスクトップパソコンの本体とモニターをひとつにした形状が特徴。ディスプレイの背面に本体パーツを詰め込んだ形で、高性能ながら省スペースで設置できるのが魅力です。別途でモニターを購入する必要がなく、配線も少なくデスク周りをすっきりと片づけられます。

一方、拡張性がやや低い点には注意が必要。パーツの増設や交換に対応できないモデルも多いため、購入前に求めるスペックを満たしているか確認しておきましょう。ノートパソコンよりも高性能で、一般的なデスクトップパソコンよりも省スペースで設置できるモデルを探している方におすすめです。

OSの種類と違い

Windows

Windows OSは、米国Microsoft社が提供するオペレーティングシステム。世界的なシェアが高く、さまざまなソフトやアプリに対応しているのが特徴です。アイコンとマウスで直感的に操作できる「GUI」という仕組みを採用しています。

また、用途に応じて複数のバージョンからOSを選択できるのも魅力。現行の最新バージョンはWindows 11ですが、1世代前のWindows 10を使っているユーザーもいます。

ビジネス用途に使いやすい「Pro」と、コスパに優れた「Home」の2つのエディションがあるのもポイント。「Pro」は「Home」の持つ機能と独自の機能を備えているため、ハイグレードなパソコンが欲しい方におすすめです。自分の用途に応じたモノを選ぶようにしましょう。

mac OS

mac OSは米国Apple社のパソコン用に開発されたオペレーティングシステム。シンプルなデザインで、直感的に操作しやすいGUIを導入しています。強力なグラフィックス機能を有しているのが特徴。出版やデザインなど、DTPの分野で根強い人気を集めています。

高性能で使い勝手のよいソフトウェアが豊富にプリインストールされているのも魅力。動画編集や音楽作成などのクリエイティブな作業も行えます。また、Officeソフトに似たソフトウェアやプログラム言語をはじめから使える環境も実現されているため、さまざまな用途に対応できて便利です。

ストレージに新しいOSをインストールできる「Boot Camp」機能を搭載しているのもポイント。mac OSとあわせて2つのOSを使い分けることも可能なため、利便性に優れています。クリエイティブワークに使いたい方におすすめです。

WindowsとMacの違いについて詳しくはこちら

スペックの見方と役割を知ろう

CPU

CPUは、パソコン全体の性能を左右する重要なパーツです。デスクトップパソコンにおいては、「Intel Core i」シリーズと「AMD Ryzen」シリーズの2種類が主流。シリーズごとにグレードや世代があり、後に続く数字が大きいほど高性能を備えています。

CPUの性能は、主に「クロック周波数」と「コア数・スレッド数」の数値から判別が可能。クロック周波数は、1秒間に処理できる演算処理の計算回数を示す数値で、大きいほどスピーディーな処理が可能です。

コア数・スレッド数は、同時に行える演算処理の個数を示す数値。大きいほど同時にできる作業も増えるため、作業効率を向上できます。性能が高いほど価格も高くなるため、高負荷の作業を行う場合は高性能なモノ、メールやWebの閲覧程度の軽作業なら数値の低いモノなど、用途に応じたモデルを選ぶようにしましょう。

メモリ

メモリは、CPUが処理を行っているデータを一時的に保存しておくパーツです。パソコンにおける作業スペースの役割を果たすパーツで、容量が大きいほど効率的にデータの処理を行えます。容量が不足すると処理速度が落ちるので、快適さを重視する場合には大容量メモリを搭載したモデルを選びましょう。

目安として、文書作成なら4~8GB、PCゲームや動画編集をするなら16GB以上のモノがおすすめ。さらに、複数のソフトを同時に動かす場合には32GB以上のモデルが便利です。使用用途によって適切な容量が異なるので、自分の用途に合わせて選んでみてください。

ストレージの種類と容量

ストレージはパソコン上のデータを保存しておく記録用のパーツで、「SSD」と「HDD」の2種類が主流。ストレージの容量が大きいほど多くのデータを保存できます。種類によって特徴が異なるので、用途に応じて選んだり、両方搭載して使い分けたりするのがおすすめです。

SSDは読み書きを高速に行えるのが特徴。容量当たりの価格は高めですが、アプリやソフトの起動が速く、快適に使用できます。特に、OSをSSDに保存しておくとパソコンを素早く立ち上げられるため便利です。

HDDは安価に大容量のデータを保存できるのが魅力。PCゲームをプレイする場合や、動画編集などの大きなデータを扱う場合には、大容量のHDDを搭載しておくと安心です。

グラフィックボード(GPU)

グラフィックボードとは、パソコンのディスプレイに画像や映像を映し出すためのパーツです。機能としてはCPUにも搭載されているため、文書編集などの軽作業は独立したパーツがなくても快適に行えます。しかし、動画の編集やイラスト制作、PCゲームなどに使う場合には、専用のグラフィックボードを備えておくと安心です。

グラフィックボードは「NVIDIA GeForce」と「AMD Radeon」の2ブランドが主流。GeForceはゲームプレイ、Radeonは動画再生能力に優れているのが特徴です。各ブランド内でも性能に応じてシリーズ分けされているため、用途に合わせて選ぶようにしましょう。

表示したい映像に対して性能の低いグラフィックボードを選んでしまうと、映像にカクつきや不具合が生じる場合があるので。注意が必要。負荷の高い作業やPCゲーム用に使う場合には、高性能なグラフィックボードを搭載したモデルがおすすめです。

ビジネスで使用するならofficeソフトをチェック

ビジネス用途で使用する場合には、Officeソフトの有無を確認しておきましょう。Officeソフトとは、ビジネス分野で利用頻度が高いソフトウェアを一つにまとめたアプリケーションソフトのこと。米国Microsoft社の提供する「Microsoft Office」が有名ですが、類似品も発売されています。

Microsoft Officeを標準搭載したモデルの場合には、文書作成を行う「Word」、表計算を行う「Excel」、プレゼンテーションを行う「PowerPoint」の3つが揃っているモノがおすすめ。Officeソフトはあとから自分で購入したり、サブスクリプションで契約したりもできるので、使用頻度を考慮して検討してみてください。

DVD・Blu-ray用ドライブの有無をチェック

パソコンでDVDやBlu-rayを使用したい場合には、光学ドライブの有無をチェックしておきましょう。光学ドライブとは、音楽や映像などを記録できるCDやDVD、Blu-rayなどの再生・書き込みに対応した機器のこと。光学ドライブの種類によってどのディスクに対応しているかが異なるので注意が必要です。

光学ドライブは音楽や映像の視聴だけでなく、PCパーツや周辺機器のドライバをインストールしたり、パソコンのバックアップデータを保存したりするのにも役立ちます。光学ドライブは外付けのモデルもありますが、頻繁に使う場合には内臓モデルを選んでおくと便利です。

無線LAN接続(Wi-Fi)に対応しているかチェック

配線をすっきりさせたい場合には無線LAN接続に対応したモデルがおすすめ。デスクトップパソコンを使用する場合はLANケーブルでの有線接続が一般的ですが、配線を繋げない場所に設置する場合や、LANケーブルの不調時などでもインターネットを使えるため便利です。

デスクトップパソコンのなかには無線LANカードを搭載していないモデルもあるため、Wi-Fiで使いたい場合には注意が必要。購入前には仕様欄で確認するようにしてみてください。

なお、無線LANには最大通信速度の異なる複数の規格があります。最も速いのはWi-Fi 6とも称されている「IEEE802.11ax」で、次点で速いのはWi-Fi 5と称される「IEEE802.11ac」です。速度を重視する場合には規格もチェックしておきましょう。

用途や目的に合わせたモデルを選ぼう

安く購入したいならスペックを抑えたエントリーモデルがおすすめ

By: mouse-jp.co.jp

普段使い用のデスクトップパソコンが欲しい場合には、エントリーモデルがおすすめです。エントリーモデルとは、初心者向けに作られたモデルのこと。基本性能はやや低めですが、価格も安く設定されているため、比較的気軽に購入できます。

エントリーモデルのデスクトップパソコンは、CPUがIntel Core i3~i5もしくはAMD Ryzen 3~5程度、メモリが4~8GBの製品が主流。インターネットの閲覧やメールのやり取り、Officeソフトを使った作業などが快適に行えるスペックを備えています。

ビジネスシーンでの活用やネットの閲覧など、負荷の軽い作業のみに使う場合や、安い価格で購入できるモデルを探している場合には、エントリーモデルをチェックしてみてください。

動画編集やイラスト制作で使うならある程度のスペックを備えたモデルを

By: dell.com

動画編集やイラスト制作など、負荷のかかる作業をしたい場合にはある程度のスペックが必要。CPUはIntel Core i5~i7や、AMD Ryzen 5~7程度、メモリは8~16GB以上のモデルを選ぶのがおすすめです。

負荷の大きい作業を行う場合には、CPUの処理性能と作業スペースであるメモリの容量が重要。複数ソフトを同時に使ったり、大容量のデータを扱ったりする場合には、大きなメモリを備えたモデルを選ぶと安心です。

また、ストレージはデータの転送がスピーディーに行えるSSDを採用したモデルが便利。ソフトの起動や素材の読み込みなどの時間を短縮することにより、快適な作業環境を整えられます。画質を重視する場合にはGPUも要チェック。適度なスペックを備えたモデルを選ぶようにしましょう。

PCゲームをプレイしたいならゲーミングPCがおすすめ

By: mouse-jp.co.jp

デスクトップパソコンでPCゲームを楽しみたい場合には、ゲーミングPCを選びましょう。ゲーミングPCとは、ゲームプレイを前提として作られたパソコンのこと。3Dグラフィックが美しく、リアリティのある映像も快適に楽しめる高性能モデルが多数ラインナップされています。

ゲーミングPCの最大の特徴は、高性能なグラフィックボードを搭載していること。また、高速処理が可能な高性能CPUや、データ処理の効率が良い大容量メモリも搭載しています。発熱の大きいパーツも効率よく冷却できるよう、エアフローなどに優れた製品も豊富です。

最低でもCPUはIntel Core i5かAMD Ryzen 5、グラフィックボードはNVIDIA GeForce GTX1660かAMD Radeon RX 6500XT、メモリは16GB以上を備えたモデルがおすすめ。プレイしたいゲームの推奨構成に合わせて、適切な製品を探してみてください。

デスクトップパソコンのおすすめメーカー

ヒューレット・パッカード(HP)

By: jp.ext.hp.com

HPは、アメリカの大手パソコンメーカー。デスクトップパソコンやタブレットPC、サーマルインクジェットプリンターなど、さまざまな製品を取り扱っています。世界的に見ても市場シェア率が高く、人気のあるメーカーです。

HPのパソコンは、セキュリティと堅牢性、デザイン性を兼ね備えているのが特徴。個人向けや法人向けの扱いやすいモデルに加え、ゲーミングモデルや画面一体型のモデルなど多彩な製品をラインナップしています。

デル(Dell)

By: dell.com

Dellはアメリカに本社を置く多国籍テクノロジー企業です。パソコンや周辺機器、クラウドソリューションなど、パソコン関係のさまざまな製品やサービスを提供しています。

デスクトップパソコンにおいては、ビジネスやプライベートで使えるスタンダードなタワー型やオールインワン、ゲーミングモデルまで多彩にラインナップ。用途に応じたシリーズ展開も行われており、自分に適したモデルを探しやすいおすすめのメーカーです。

富士通(FUJITSU)

By: fujitsu.com

富士通は日本の大手電気機器メーカー。パソコンや周辺機器、スマホ、ネットワーク機器などさまざまな製品の製造と販売を行っています。サポート体制が充実しており、初心者などの使い慣れない方も使いやすいのが魅力です。

デスクトップパソコンにおいては、「FMV ESPRIMO」シリーズを展開。モニター一体型モデルとタワー型モデルの両方を取り扱っており、自分の用途に合わせたスペックの製品を選択できます。初めてデスクトップパソコンを買う方におすすめです。

日本電気(NEC)

日本電気は東京に本社を置く日本の大手電機メーカー。パソコンやタブレット、パソコン周辺機器に加え、ネットワーク事業なども手掛けているのが特徴です。官公庁や医療機関などにもシステムを提供しており、幅広い業種をサポートしています。

デスクトップパソコンではモニター一体型を中心に、タワー型もラインナップ。シンプルデザインの「LAVIE」ブランドでエントリーからハイスペックまで、多彩な機能を搭載したモデルを展開しています。

デスクトップパソコンのおすすめ|高コスパモデル

ヒューレット・パッカード(HP) Pavilion Desktop TP01

ビジネスからプライベートまで幅広い用途で活用できるスタンダードなミニタワーデスクトップパソコン。CPUに第11世代のIntel Core i5を搭載しているのが特徴です。8GBのメモリも備えており、マルチタスクもスムーズにこなせます。

大容量1TBのHDDストレージを搭載しているのも魅力。資料や写真、動画などの大きなデータも余裕をもって保存できます。OSはWindows 11を標準搭載。Microsoft Officeと互換性のあるWPS Officeソフト付きで、ビジネス用途でも快適に使えます。

インターフェイスが充実しているのもポイント。DVDライターやメディアカードリーダーなどを搭載しており、データのバックアップなども楽に行えます。また、VGA端子とHDMI端子を1つずつ搭載。マルチモニター環境も作れる、コスパのよいおすすめモデルです。

デル(Dell) Inspiron コンパクトデスクトップ Inspiron 3891

Windows 11 Homeを標準搭載したコンパクトなデスクトップパソコン。第10世代Intel Core i3プロセッサーと8GBのメモリを搭載しているのが特徴です。優れた処理能力でスピーディーに操作できます。

ストレージに256GBのSSDと大容量1TBのHDDを標準搭載しているのも魅力。速く読み込みたいソフトなどはSSDに、保存しておきたいデータはHDDになどの使い分けが可能です。たくさんのデータを保存できるので、思い出の動画や写真のバックアップにも適しています。

豊富な接続端子を備えているのもポイント。USBポートやHDMIポート、VGAポートなどによりさまざまな機器と接続できます。また、SDカードスロットも搭載。有線キーボードと有線マウスも付属しており、モニターを準備するだけで使い始められるコスパのよいおすすめモデルです。

富士通(Fujitsu) ESPRIMO WD2/F3

ビジネスシーンで使いやすいハイパフォーマンスなデスクトップパソコン。Windows 11 ProとMicrosoft Office Home and Business 2021を標準搭載しているのが特徴です。書類作成や表計算、複数ソフトを開いてのマルチタスクなども快適に行えます。

CPUはIntel Core i5を採用。8GBのメモリと256GBのSSDを合わせて、スピーディーかつ快適な動作が期待できます。また、キーボードの左右にある2つのCtrlキーを同時押しすることでPC本体の電源をつけることが可能。机の下などのスペースに本体を置きたい場合に便利です。

豊富なインターフェースを備えているのも魅力。前後合計7つのUSBポートを搭載しており、さまざまな機器を繋げます。4K表示に対応したHDMI出力も標準搭載。インテリアに馴染みやすいおしゃれなシンプルデザインの、扱いやすいおすすめモデルです。

レノボ(Lenovo) IdeaCentre 350

比較的安い価格で購入できるコスパに優れたデスクトップパソコン。処理能力に優れたAMD Ryzen 5と高速な8GBのメモリを搭載しているのが特徴です。複数の作業を同時に行うマルチタスクも快適にこなせます。

多彩なインターフェースを備えているのも魅力です。前面にはUSB 3.0を2ポートとUSB 2.0を2Port、7-in-1メディアカードリーダー、オーディオ関連ポートを搭載。背面にはUSB 2.0を4ポート、VGAとHDMIポート、オーディオ関連ポートなどを備えており、必要な周辺機器を楽に接続できます。

ストレージは1TBの大容量HDDを採用。また、DVDスーパーマルチドライブも備えているため、バックアップも簡単に行えます。スタイリッシュでおしゃれなコンパクトデザインで、コスパに優れたおすすめの製品です。

マウスコンピューター(MouseComputer) mouse SL5

横幅約100mmのスリムボディと実用性を両立したデスクトップパソコン。縦置きと横置きの両方に対応しており、設置場所を選びやすいのが特徴です。省スペース設計なのでデスク上に置いても邪魔になりにくく、快適に使えます。

OSはWindows 11 Home、CPUはIntel Core i5を標準搭載。8GBのメモリと256GBのSSDストレージも採用しているため、スピーディーな読み込みと優れた処理能力が期待できます。有線LANだけでなくWi-Fi 6にも対応。Bluetooth 5モジュールも内蔵しているため、無線での通信も快適です。

豊富なインターフェースも魅力。使用頻度の高いUSB3.0 Type-Aポート2基とマルチカードリーダーを前面に備えています。優れた冷却性能とメンテナンス性により初心者でも扱いやすく、用途に応じたカスタマイズもできる便利なおすすめモデルです。

デスクトップパソコンのおすすめ|高性能モデル

ヒューレット・パッカード(HP) ENVY Desktop TE01

クリエイティブアプリを快適に使える高性能を備えたデスクトップパソコン。CPUはIntel Core i7-10700F、グラフィックボードはNVIDIA GeForce RTX 3060 Tiを搭載しているのが特徴です。負荷の大きい制作作業や高画質の動画編集などもスムーズに行えます。

32GBのメモリと512GBのSSDストレージを採用しているのも魅力。さらに、2TBの大容量HDDも搭載しているため、大きなデータも容易に扱えます。また、AI機能によってクリエイティブワークをアシストする「RTX Studio」を搭載。作業の高速化に役立ちます。

「WPS Office Standard Edition」が付属しているのも魅力。制作作業だけでなく、文書作成や表計算などのビジネス用途でも活躍します。排熱効果を高めるデザインを採用した、長時間のハードワークにも耐えうるおすすめの高性能モデルです。

デル(Dell) XPSデスクトップ

クリエイター向けに設計されたハイパフォーマンスなデスクトップパソコン。パワフルな第12世代のIntel Core i7プロセッサーと臨場感あふれるNVIDIA GeForce RTX3060Tiを搭載しているのが特徴です。負荷の大きいクリエイティブワークも集中してスムーズ且つ快適に行えます。

メモリは16GB、ストレージは512GBのSSDと1TBのHDDを搭載。大きなデータも扱いやすく、便利です。さらに、インターフェースが充実しているのも魅力。豊富なUSBポートと複数の映像出力端子により、複数のツールを繋ぎながらマルチモニターで作業ができます。

高度な熱設計もポイント。効率的なエアフローと静音性を実現しており、長時間でも高速で動作でいます。有線LANのみでなく、Wi-Fi 6やBluetooth5.0にも対応。スタイリッシュデザインで使い勝手に優れた、クリエイターにおすすめのモデルです。

マウスコンピューター(MouseComputer) DAIV Z5-T6

CGやイラストの制作などに適した高性能なデスクトップパソコン。単一作業のパフォーマンスが高いIntel Core i7を搭載しているのが特徴です。グラフィックボードは高画質な動画の編集も快適に行えるNVIDIA T600を採用しています。

32GBのメモリと512GBのSSD、2TBのHDDを標準搭載。大容量のデータもスムーズに処理して保存できるため、クリエイティブな作業を行いたい場合も安心です。また、USB3.0やオーディオなどのポートをフロント上部に配置。パソコンをデスク下に設置した場合も快適に使えるように設計されています。

マットな質感でタフな使用にも耐えるデザインも魅力。スタジオ内での移動を想定して本体上部にラバー加工を施したハンドルが配置されています。Wi-FiやBluetoothなどの無線通信にも対応。さまざまなシーンでの活躍が期待できるハイパフォーマンスなおすすめモデルです。

パソコン工房 SENSE-M066-127-RBX

CPUに第12世代のIntel Core i7を搭載したミニタワータイプのデスクトップパソコン。12コア20スレッドのハイスペックCPUにより、負荷の大きい作業も快適にこなせるのが特徴です。16GBのメモリと500GBのSSDストレージも標準搭載しており、素早い動作を期待できます。

グラフィックボードはハイスペックなNVIDIA GeForce RTX 3060を採用。高画質での動画編集やイラスト制作に適しています。また、高速なゲームプレイにも対応しているので、マルチに使えて便利です。

インターフェースが充実しているのもポイント。前面にはオーディオ端子とUSB 3.0端子を2基、背面にはUSBやオーディオ端子、LANポート、ディスプレイ出力ポートなどを多数備えています。マルチモニター環境にも対応した、使い勝手とコスパのよいおすすめモデルです。

レノボ(Lenovo) ThinkCentre Neo 50t Mini-Tower プレミアム

第12世代のIntel Core i7プロセッサーを搭載したデスクトップパソコン。12コア20スレッド、最大4.9GHzのハイパフォーマンスCPUによって、膨大なデータもスピーディーに処理できるのが特徴です。グラフィックスを多用する作業中でも快適に動作します。

16GBのメモリと512GBのSSDストレージを標準搭載。OSはWindows 11 Homeを採用しています。また、高度なセキュリティ機能「ThinkShield」や「Smart USB Protection」を搭載しているのも魅力。システム保護やデータの暗号化、USBポートからのデータ流出などのリスクを低減できます。

メーカー独自のICE 5.0機能を搭載しているのもポイント。消費電力を抑制しながらも、高いパフォーマンスを実現できます。多彩なインターフェースも搭載。比較的安い価格で高性能を実現できるおすすめのモデルです。

デスクトップパソコンのおすすめ|モニター一体型

ヒューレット・パッカード(HP) All-in-One 22 9EH04AA-AAAD

動画視聴やネット閲覧、ちょっとした資料作成などの軽作業に適したモニター一体型デスクトップパソコン。タッチスクリーンに対応した21.5インチのフルHDディスプレイを搭載しているのが特徴です。視野角の広いIPSパネルを採用しているため、さまざまな角度から美しい映像を楽しめます。

OSはWindows 11 Home、CPUはAMD Ryzen 3を搭載。8GBのメモリと125GBのSSD、2TBのHDDも搭載しているため、パソコンやソフトの起動は速く、たくさんのデータを保存できます。

DVDライターや多彩なインターフェースを標準搭載しているのも魅力。さらに、ワイヤレスキーボードとマウスも付属しているため、購入してすぐに使い始められます。Microsoft Office Home & Business 2019付きでビジネス用途にも使用できる、コスパのよいおすすめモデルです。

富士通(FUJITSU) ESPRIMO FH90/F3

高輝度・高色純度・広視野角の27型大画面液晶を搭載したモニター一体型デスクトップパソコン。第11世代のIntel Core i7プロセッサーと、16GBのメモリ、256GBのSSDストレージを搭載しているのが特徴です。動画編集などの高負荷な作業も快適に処理できる高性能により、幅広い用途で使えます。

オーディオメーカー「Pioneer」とのコラボによって生まれたハイレゾ対応の高音質スピーカーを搭載。また、地上・BS・CSデジタルチューナーも2基搭載しています。パソコンながら、テレビ番組の視聴や録画にも対応できて便利です。

インターフェースも充実。HDMI入出力ポートやUSBポートを備え、さまざまな機器と接続できます。Microsoft Office Home and Business 2021も標準搭載。ビジネスからプライベートまで幅広いシーンで活躍する、使い勝手に優れたおすすめモデルです。

日本電気(NEC) LAVIE A23 PC-A2365CA

2高精細なフルハイビジョン映像を楽しめる23.8型液晶を搭載したモニター一体型デスクトップパソコン。画面の位置がやや低いため、目が疲れにくい下向きの視線で画面を見られるのが特徴です。広い視野角を持つIPS液晶を採用しており、画面を斜めから見ても綺麗な映像を楽しめます。

高画質な写真や動画の処理も快適に行える第10世代Intel Core i7を搭載しているのも魅力。8GBのメモリと512GBのSSDも備えているため、素早い動作を期待できます。また、臨場感あるサウンドを楽しめる「YAMAHAサウンドシステム」も搭載。スピーカーを用意しなくても音声を再生できます。

HDMI入力端子を備えているのもポイント。ゲーム機などを接続すればディスプレイとしても使用できます。声でパソコンの起動や終了、アプリ操作などができる「Voice起動」と「LAVIE AIエージェント」も搭載した、おすすめのモデルです。

レノボ(Lenovo) デスクトップPC ideacentre AIO 360 F0G10048JP

比較的安い価格で購入できる、コスパに優れたモニター一体型デスクトップパソコン。処理能力の高いAMD Ryzen 3と8GBのメモリを搭載しているのが特徴です。512GBのSSDストレージも搭載しており、パソコンやアプリの起動が素早く、スムーズに作業ができます。

高音質なステレオスピーカーを搭載しているのも魅力。2つの3Wスピーカーでリアルなサウンドを楽しめます。また、HD720pのカメラを標準搭載。ポップアップ式で映像を見せるかどうかのコントロールも可能で、ビデオ会議などを快適に行えます。

Microsoft OfficeHome & Business 2021も搭載。資料作成も楽にできて便利です。USBポートやHDMIポート、DVDドライブも搭載。ビジネス用途で使いやすいコンパクトなおすすめモデルです。

エイスース(ASUS) Zen AiO 24 A5401

23.8インチの大型ディスプレイを搭載したモニター一体型パソコン。約6mmの狭額ベゼルディスプレイを採用し、画面比率約90%を実現しているのが特徴です。sRGB100%のリアルで鮮やかな色合いと、ASUS Splendidテクノロジーによる色味の自動調整にも対応しています。

Windows11とIntel Core i7-10700T、16GBのメモリを標準搭載。Webブラウジングや文章作成、簡単な写真編集や動画編集までさまざまな用途で活躍します、さらに、512GBのSSDと1TBのHDDによるデュアルストレージを搭載。大容量のデータも快適に扱えます。

臨場感のある豊かなサウンドもポイント。ハイエンドオーディオにもみられるような内部構造デザインを取り入れ、パワフルな重低音とクリアな音の表現に対応しています。Officeソフトも付属した、多彩な用途に活用できるおすすめのモデルです。

デスクトップパソコンのおすすめ|ゲーミングPC

ドスパラ(Dospara) GALLERIA RM5C-R36T

価格を抑えながらもゲームプレイに必要なスペックを備えたスタンダードモデルのゲーミングPC。ミドルレンジ性能をハイエンドクラスに引き上げる「GeForce RTX 3060 Ti」を搭載しているのが特徴です。高解像度かつ高画質で遅延の少ないゲームプレイを楽しめます。

CPUはIntel Core i5-12400を搭載。6コア12スレッドで、負荷の大きいFPSゲームなども快適にプレイできます。16GBのメモリと、500GBのNVMe SSDも搭載しており、ゲーム起動や読み込みもスムーズ。快適なプレイアビリティを実現しています。

ドスパラ独自のPCケースを採用しているのもポイント。低速回転でも大風量を起こせる大型ファンも搭載しており、静音性と高い冷却性能を両立しています。ゲーミングPC初心者や中級者などの、ピュアにゲームを楽しみたい方におすすめのモデルです。

ドスパラ(Dospara) GALLERIA XA7C-R37T

PCゲームを高品質かつ快適に楽しめる高性能を備えた「X-Series」のゲーミングPC。グラフィックボードにアッパーミドルクラスのGeForce RTX 3070 Tiを搭載しているのが特徴です。応答速度が速く、リアリティのある高画質を実現できるため、快適にゲームをプレイできます。

CPUはIntel Core i7-12700を採用。12コア20スレッドでマルチタスクもスムーズにこなせます。ストレージには1TBのNVMe SSDを標準搭載。ゲームの起動や読み込みによるストレスの軽減が可能です。

静音ファンと大型放熱ヒートシンクを組みわせた高性能なCPUファンも魅力。安定した強力な冷却性能により、スムーズな動作をサポートします。周辺機器の接続を行いやすい「ななめ45度コンソールパネル」も採用した、ヘビーゲーマーにもおすすめの製品です。

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune PP-Z-6700XT

ゲームの快適さや映像の美しさにもこだわりたいヘビーゲーマー向けのフラッグシップゲーミングPC。CPUに高性能なIntel Core i9-11900Kを搭載しているのが特徴です。8コア16スレッドでマルチタスクもこなしやすい他、オーバークロックにも対応しています。

グラフィックボードは高性能なAMD Radeon RX 6700 XTを採用。強力なパフォーマンスを実現しており、1440pでも高FPSでゲームを楽しめます。また、32GBのメモリと1TBのNVMe SSD、4TBのHDDを標準搭載。たくさんのゲームやデータを保存できるため、配信などを行いたい方にも適しています。

スロットイン方式の光学ドライブを標準搭載しているのも魅力。DVDやCD、ソフトウェアのインストールなどにも対応できます。堅牢で使い勝手のよいオリジナルPCケースを採用した、ハイスペックなおすすめモデルです。

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune EN-Z

幅広いジャンルのゲームに対応できるゲーミングPC。拡張性に優れており、OSやCPU、メモリ、SSD、電源などの多彩なカスタマイズに対応しているのが特徴です。基本性能でも快適なゲームプレイが期待できます。

グラフィックボードにレイトレーシング対応のGeForce RTX 3060を採用。光の挙動をシミュレートした高度なビジュアル処理を実現できます。CPUはIntel Core™ i7-12700Kを搭載。12コア20スレッドで、実況配信や動画編集など、ゲームをしながら同時に別作業を行いたい方にも適しています。

16GBのメモリと512GBのNVMe SSD、2TBのHDDを標準搭載。さまざまなデータを保存して処理できます。機能性を追求したシンプルなデザインのケースを採用した、ミドルゲーマーにおすすめのモデルです。

パソコン工房 LEVEL-R7X6-LCR58X-DUX

カスタマイズ性に優れたミドルタワータイプのゲーミングPC。高品質で高性能な電源ユニットやCPU、グラフィックカードを搭載しているのが特徴です。基本性能から高いポテンシャルを有したフラッグシップモデル「R-Class」シリーズで、安定したゲームプレイが期待できます。

グラフィックボードはAMD Radeon RX 6700 XT、CPUはAMD Ryzen 7 5800Xを採用。さらに、16GBのメモリや1TBのNVMe SSDも搭載しており、スムーズかつ快適にゲームをプレイできます。PCケースはメンテナンス性にも優れており、楽にメンテナンスができて便利です。

CPUクーラーは240mmの水冷クーラーを搭載。効率的なエアフローと合わせて、優れた冷却性能を実現しています。シンプルでクールなマットデザインがおしゃれな、おすすめの製品です。

ゲーミングPCをもっと見たい片はこちら

デスクトップパソコンのおすすめ|Mac

アップル(Apple) iMac

わずか11.5mmの薄さに高性能を詰め込んだ24インチのiMac。Macのために設計されたシステムONチップ「M1チップ」を搭載しているのが特徴です。1枚のM1チップに、プロセッサーやグラフィックス、メモリなど多彩な機能を搭載して、薄型ながら高性能な一体型デスクトップパソコンを実現しています。

P3広色域に対応した4.5K Retinaディスプレイを採用。10億以上の色で、臨場感たっぷりに画像を再現します。さらに、使用している場所の光に合わせてディスプレイの色温度を自動調整する「True Toneテクノロジー」も採用。反射防止コーティングも施されており、快適かつ見やすい画面で作業ができます。

高画質なカメラとスタジオ品質のマイク、6スピーカーサウンドシステムを搭載しているのも魅力。リモート会議や動画制作なども快適に行えます。マルチタスク性能に優れており、多彩なアプリも使えるおすすめモデルです。

アップル(Apple) Mac Studio

コンパクトながらも多彩な機能を有したデスクトップパソコン。縦横19.7×高さ9.5cmの小型ボディながら、10コアCPUと24コアGPUを内蔵した「M1 Max」を搭載しているのが特徴です。複数アプリの実行や動画編集、プロレベルの音楽制作などもハイスピードで行えます。

12個の高性能ポートを備えているのも魅力。前面はカメラや外付けストレージをはじめとしたデバイスの接続、背面は最大4台のPro Display XDRと1台の4Kテレビの接続が可能です。大きな画面で美しく表示しながら作業をしたり、動画を楽しんだりできます。

32GBのメモリと512GBのSSDストレージを標準搭載。Wi-Fi6による高速ワイヤレス接続や、Bluetooth 5.0ワイヤレステクノロジーにも対応しています。高度な機械学習を可能にした16コアNeural Engineも採用。軽量コンパクトで場所も取りにくく、快適に使えるハイスペックなおすすめモデルです。

アップル(Apple) Mac mini

縦横19.7×高さ3.6cmのコンパクトサイズながら、ビッグマシン級の性能を有したデスクトップパソコン。8コアCPUと8コアGPU、16コアNeural Engineを内蔵したApple M1チップを搭載しているのが特徴です。ビジネスからプライベート、クリエイティブまでさまざまな用途に活用できます。

M1チップとmacOS Montereyの連携によるスムーズな動作も魅力。負荷の高いアプリを操作する際やネットサーフィンも快適です。8GBのメモリと大容量のオールフラッシュSSDストレージを基本搭載しており、効率的な作業をサポートします。

多彩なポートを備えているのもポイント。複数のモニターを接続しての作業にも対応できます。Wi-Fi6や10Gb Ethernetによる高速通信にも対応。プライバシー機能やセキュリティ機能にも優れた、コスパのよいおすすめモデルです。

アップル(Apple) Mac Pro

幅広いジャンルのプロユーザーに適したタワー型のデスクトップパソコン。最大28コアを搭載したIntel Xeonプロセッサーを搭載しているのが特徴です。ハイパフォーマンスなCPUにより、作品のレンダリングや複数デバイスでのアプリケーションの同時シミュレーションなどもパワフルにこなせます。

グラフィックスにはRadeon Pro W6800X Duoを採用。複数のGPUを採用することによって、高いパフォーマンスを引き出せます。3Dビデオアセットのアニメーション化や8Kシーンの合成など、負荷の大きい作業も快適にこなせるのが魅力です。

大容量のメモリとストレージにも対応。多くのデータを保存したり、同時に作業を行ったりしたい場合も快適に使えます。多彩な入出力ポートも備えており、拡張性も良好。ハイスペックでクリエイティブワークに適したAppleのデスクトップパソコンが欲しい方におすすめです。

デスクトップパソコンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

デスクトップパソコンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

デスクトップパソコンにおすすめの周辺機器

ベンキュー(BenQ) 23.8インチ アイケアディスプレイ GW2480

ウルトラスリムベゼルデザインで画面への没入感が高い23.8インチのPCモニター。独自のアイケアテクノロジーとして、「ブルーライト軽減」「フリッカフリー技術」を採用しているのが特徴です。ブルーライトや画面のちらつきを抑えるため、長時間でも快適に作業を行えます。

ディスプレイにIPSパネルを採用しているのも魅力。水平垂直に178°まで、色の減衰などが少ない美しい映像を楽しめます。また、「ブライトネスインテリジェンステクノロジー」を採用。周辺環境の光量を検出して輝度を自動調整するため、画面が見やすく快適です。

スタイリッシュなデザインもポイント。スタンドの背面にケーブル収納を施しているため、ディスプレイ正面からケーブルが見えないように整理でき、デスク上をすっきりと見せられます。1920×1080のフルHD画質に対応した、コスパのよいおすすめモデルです。

LGエレクトロニクス(LG Electronics) 31.5インチ UltraGear 32GN600-BAJP

2560×1440のWQHD高解像度で映像を楽しめるゲーミングモニター。毎秒165コマを表示できるリフレッシュレート165Hzに対応しているのが特徴です。映像のコマが切り替わる際に黒画面を挿入する「1ms Motion Blur Reduction」により、残像感の少ないくっきりした映像を実現しています。

明るい部分をより明るく、暗い部分を深い黒で再現する「HDR」に対応。キメの細かい表現までしっかりと描写できるため、ブルーレイやVODサービスなどの映像も楽しめます。ちらつきやカクつきの少ないなめらかな映像表示も可能です。

入力端子はHDMIが2つとDisplayPortが1つ。用途に応じて接続方法を変更できます。ノングレアタイプの液晶で反射などによる画面への映り込みも少なく、長時間使用も快適。没入感の高いモニターで、ゲームや映画などを楽しみたい方におすすめのハイエンドモデルです。

エレコム(ELECOM) 有線超薄型コンパクトキーボード TK-FCP097

最薄部6.5mmの薄型コンパクトな有線キーボ―ド。軽い力で打鍵できる「パンタグラフ方式」を採用しているのが特徴です。コンパクトながらも19mmのキーピッチと日本語104キーを搭載。キートップ下に鉄板を内蔵しており、しっかりとした打ち心地と安定感を実現しています。

12種類のマルチファンクションキーを搭載しているのも魅力。ボリューム操作やメディアプレーヤーの操作なども手元で簡単に行えます。また、Windows OSとmac OSのそれぞれに適した入力モードを搭載。さまざまなパソコンで使用できて便利です。

専用ドライバのインストール不要で使えるのもポイント。パソコンのUSBポートに接続するだけで使えるので、難しい設定が苦手な方も安心して使えます。キートップに見やすいオリジナルフォントを使用した、使いやすいおすすめモデルです。

ロジクール(Logicool) Logicool G PRO X ゲーミングキーボード G-PKB-002

プロ仕様の高性能なゲーミングキーボード。ユーザー自身での入れ替えが可能なメカニカルスイッチ方式を採用しているのが特徴です。優れた応答性や耐久性を保ちながら、自分好みの打鍵感を実現できます。

テンキーレスデザインも魅力。コンパクトサイズでマウスを操作するスペースを広く取れます。また、キーボードの角度を3段階から調節可能。タイピングしやすいポジションを見つけて操作できます。

独自ソフト「Logicool G HUB」を用いることでライティングやコマンドのプログラムも可能。F1~F12キーを用途に合わせてカスタマイズできます。高性能でカスタマイズ性にも優れたキーボードを探している方におすすめです。

エレコム(ELECOM) 抗菌ワイヤレス静音BlueLEDマウス M-BL21DBSK

財団法人日本規格協会が定める抗菌性試験に準拠した抗菌仕様のワイヤレスマウス。非磁性体で約10m、スチールデスクなどで約3mの範囲で使用できる2.4GHz帯を採用しているのが特徴です。1円玉サイズのコンパクトなマイクロレシーバーをUSBポートに差し込むだけで使用できます。

ネットの閲覧などの操作に便利な「進む」「戻る」ボタンが付いた5ボタン式を採用。専用の無料ソフトを使えば各ボタンに好みの機能を割り当てられるため便利です。また、マウスのボタンには静音スイッチを採用。カチカチ音が鳴りにくいため、音が気になる方にも適しています。

小さな凹凸やホコリにも光を反射させる「BlueLED」を搭載。使用する場所を選ばず、快適に操作ができます。電池の消耗を抑えられる電源スイッチや、電池の交換時期を知らせる電離残量ランプも備えた、使い勝手のよいおすすめマウスです。

ロジクール(Logicool) LOGICOOL PEBBLE M350

スリムデザインながら、手の平にフィットしやすい丸みを帯びたワイヤレスタイプのマウス。BluetoothとUSBレシーバーの2通りの方法でパソコンと接続できるのが特徴です。Windowsやmac OSをはじめ、さまざまな機器との接続に対応しています。

静音性の高い構造も魅力。クリック感は保ちつつ、クリック音とスクロール音を低減しています。また、重量は約100gと軽量なため、スムーズに動かして使えます。

ロングバッテリー仕様なのもポイント。不使用時は自動でバッテリーを節約するスリープモードに切り替わるため、電池が長持ちします。3ボタンのシンプル構造で扱いやすい、高コスパのおすすめモデルです。

周辺機器についてはこちらをチェックしてください。