ノートパソコンはもちろん、スマホやタブレットの普及に伴い、以前よりも存在感が薄れつつあるデスクトップパソコン。とはいえ、動画編集などのクリエイティブなPC作業においてその優位性は変わらず高性能です。

そこで今回は、画面サイズが大きいモノやメモリ、ストレージが充実しているデスクトップパソコンをご紹介。特に買い替えを検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

デスクトップパソコンのメリット

workstation-405768_1920

デスクトップパソコンのメリットは、何といってもそのスペックの高さ。ノートパソコンの場合、持ち運びを考慮して薄型化や軽量化、さらには耐久性も考慮する必要がありますが、デスクトップパソコンは据え置きなので、モバイル性を重視する必要がありません。

また、スペックの不足を感じる場合は、別途パーツを増設可能。そのため、動画編集など負荷のかかる処理をする場合はデスクトップパソコンがおすすめです。

デスクトップパソコンの選び方

スペックで選ぶ

ストレージをチェック

memory-870720_640

最近のPCに搭載されているストレージの主流は、HDD(ハードディスクドライブ)とSSD(ソリッドステートドライブ)の2種類。それぞれ価格や特徴が異なるので、選ぶ際は注意が必要です。

HDDとは、これまで最も一般的だった記憶メディア。チェックするポイントは容量と回転速度で、容量はGB(ギガバイト)ないし、TB(テラバイト)で表示されます。また、回転速度は「rpm」で表され、主に5400rpmと7200rpmに分かれます。5400rpmのモノは発熱量が低く、パソコンの動作音が静かなのがポイントですが、データ処理速度が遅いのがネック。7200rpmのモノはその逆で、処理速度を重視する場合は7200rpmを選びましょう。

一方、SSDはHDDと比べてアクセス時間が速く、静かで衝撃に強いのが特徴。ただし、価格は高い傾向があります。予算に余裕がある場合はSSDを搭載したモデルがおすすめです。

CPUをチェック

cpu-1137501_640

CPUは、パソコンの処理を担っているパーツです。このパーツのスペックが高ければ高いほど、パソコンはサクサクと動きます。重い処理実行する場合や、ゲーム用のパソコンを探している方は、Core i7のCPUを搭載したモデルを選びましょう。

普段使いのパソコンを探している方は、Core i3~i5でも十分です。ただし、同じCore i7やCore i5の中でもスペックは細かく分かれます。その見分け方がGHz。このGHzの値が、CPUの処理速度を表しています。

グラフィックボードをチェック

By: amazon.co.jp

グラフィックボードは、3Dグラフィックや動画の編集、高画質なゲームを楽しみたいなら搭載しておきたいパーツ。ブラウジングや文章作成程度のPC作業であれば、それほど重要なパーツではありません。

グラフィックボードのメーカーは、NVIDIAとAMDの2社が有名です。ゲーミング用であれば、NVIDIAのGeforceシリーズをおすすめします。動画編集などのグラフィック作業であれば、AMDのRadeonシリーズがおすすめです。

メモリをチェック

memory-1761599_960_720

メモリは、普段使いならば4~8GB、ゲーミング用の場合は8~16GBが目安です。また、メモリの世代によってもスペックが違います。メモリの世代は、DDR3とDDR4とがあり、パフォーマンスはDDR4の方が優秀。消費電力も、DDR4の方が40%程度低いです。

しかし、その分価格も高いため、自分に必要かどうかを見極めるようにしましょう。特に高いスペックのデスクトップパソコンを必要としない方は、DDR3のメモリでもアリです。

Windows 32bitと64bitの違い

bit(ビット)はCPUが扱えるデータの単位のこと。32bitと64bitとを比べると64bitの方が高スペックです。現在、64bitが主流なため、普段使いでも64bitのデスクトップパソコンを選びましょう。

なお、Windows 32bitの場合、メモリの性能が8GBであっても、最大4GBまでしか発揮できないので、注意が必要です。

機能・オプションで選ぶ

Wi-Fiをチェック

wireless-touch-keyboard-k400-plus

By: logicool.co.jp

ノートパソコンの場合、無線LAN機能はほぼ必須ですが、据え置きが前提のデスクトップパソコンの場合、Wi-Fiでは有線LANより回線速度が低下しストレスを感じることもあるので、ユーザーの用途によって必要かどうかを見極めましょう。なお、インターネットなどの通信速度を重視するなら、IEEE802.11acに対応するモデルがおすすめです。

テレビ機能を搭載しているか?

009e4a1ba434bd85e40569700c6e02ae_s

NECや富士通などの、国産メーカーの液晶一体型パソコンには、テレビ機能を搭載しているモデルも。普通のテレビと同様に、地上デジタルやBS、CSの各放送を楽しめます。

ハイスペックなモデルには、ブルーレイレコーダーのようなダブル録画ができるモノもあるので、リビングや自室でもテレビを見たい方や、パソコンをレコーダーとして使いたい方は要チェックです。

ディスプレイをチェック

288P6LJEB1_11-RTP-global-001

By: philips.co.jp

液晶一体型パソコンの場合、ディスプレイのみの変更ができないので、より慎重に画面サイズや解像度をチェックしましょう。なお、リビングなどでテレビとして利用する場合、画面サイズが大きなタイプがおすすめです。

映像出力をチェック

img_005a

By: eizo.co.jp

最近のパソコンでは、ディスプレイへの映像出力に、HDMIを採用しているモデルが増えています。さらに、VGA出力があれば、古いディスプレイなどにも映像出力が可能。

ただし、コンパクトな省スペースパソコンや低価格パソコンの場合、VGA出力に対応していないモノもあります。利用するディスプレイの入力端子に対応しているか必ず確認しましょう。

デスクトップパソコンのおすすめメーカー

日本電気(NEC)

By: amazon.jp

一般的なデスクトップモデルはもちろん、スリムタイプや一体型タイプのラインナップも豊富なNEC。優れた液晶ディスプレイや音響技術を活かし、テレビや映画などのコンテンツを高品質で視聴可能。さらに、録画もできるAV機能と、スタイリッシュなデザインも人気です。

また、マニュアルや初心者用の解説書、使い方が学べるアプリケーションなどが用意されているのもポイント、特にパソコン初心者の方におすすめのメーカーです。

富士通(FUJITSU)

fh53b1_front_bk

By: fmworld.net

ノートパソコンの「FMV LIFEBOOK」や一体型モデルの「FMV ESPRIMO」シリーズで有名な富士通。わかりやすいマニュアルやサポート体制が充実しているので、幅広い年齢層のユーザーから支持されているメーカーです。

デル(Dell)

desktop-tower-xps-se-pdp-magnum-polaris_Module-01

By: dell.com

デルは製品ラインナップが充実したメーカー。お手頃モデルの「Inspiron」や高性能モデルの「XPS」、ハイスペックゲーミングモデルの「ALIENWARE」が代表的です。さらに、コストパフォーマンスの高さもポイント。予算と自分の好みに合わせたBTOモデルをチョイスできるのも魅力です。

ヒューレットパッカード(HP)

K0000899789

By: kakaku.com

ヒューレットパッカードは、ビジネスパソコンから個人向けまで、幅広いニーズに合ったパソコンが選べるのが特徴。スタンダードモデルの「Pavilion」やハイエンドゲーミング用の「OMEN by HP」シリーズなどは注目のモデルです。

アップル(Apple)

By: apple.com

アップルは、OSからパソコン、モバイル端末まで開発をしているのが最大の強み。なかでもMacはスタイリッシュなデザインと性能の高さを兼ね備えているのが特徴です。

デスクトップモデルはディスプレイ一体型の「iMac」、クリエイティブな作業に適した「Mac Pro」などをラインナップしています。

2018年おすすめのデスクトップパソコン

富士通(FUJITSU) 23.8型デスクトップパソコン ESPRIMO FMVF77B3B

CPUに最大周波数3.80GHzのインテルCore i7-7700HQを搭載。メインメモリに8GBを備えた富士通のハイスペックデスクトップパソコンです。

最大の特徴はTVのダブルチューナーを搭載している点。地上デジタル放送やBS・110度CSデジタル放送の3波に対応しているので、海外ドラマやスポーツ放送など多彩なプログラムを長時間録画できます。もちろん2局同時録画も可能です。

23.8型ディスプレイは高速応答・高色純度・高輝度を実現しています。4辺のフレームを極限まで狭くした高いデザイン性も魅力。奥行きは約17cmの省スペース設計で、デスク周りを広く使えるのもメリットです。

キーボードには、「3段階押下圧」機能を搭載。小指で打つキーは弱い力でも反応するよう、キーポジションごとに3段階に圧力を調節してあります。長時間打鍵しても指が疲れにくいのがポイント。日本語入力システムは変換能力に優れたATOKを採用しているのも魅力です。

文書作成からエンターテイメントまで快適に楽しめるスタイリッシュなデスクトップパソコン。ハイクオリティなパソコンを探している方におすすめのモデルです。

デル(Dell) デスクトップパソコン Officeモデル Inspiron 3668

長期間に渡って利用できるマイクロタワーデスクトップパソコンです。CPUにはクアッドコアのインテル Core i5-7400を採用。最大周波数は3.5GHzです。メモリは高性能DDR4 SDRAMの8GBが搭載されています。

最大の特徴は、ストレージに128GBのSSDと1TBのHDD2つ搭載している点です。OSやソフトウェアは高速のSSDにインストールして操作の快適性を高めながら、画像や動画などのデータは大容量1TBのHDDに保存できます。

OSはWindows10 Home 64bit。オフィスソフトにMicrosoft OfficeのHome&Business Premiumが付属しています。Office Premiumは、WordやExcelなどを常に最新バージョンで使用できるので、バージョンアップを気にせずに使えるのがポイントです。

ネットワークもギガbitの有線LANをはじめ、802.11ac規格のWi-Fi、Bluetooth4.0を備えています。性能・拡張性・ソフトウェア・価格のバランスがよく、長期的に使用できるコスパの高いデスクトップパソコンです。

アップル(Apple) iMac Retina 5Kディスプレイモデル 27インチ

「クリエイターのためのMac」を体現しているアップルの一体型デスクトップパソコンです。CPU・グラフィックス(GPU)、ストレージ容量によって3つのタイプが用意されています。

iMacの高画質を支えているのがP3という広い色域です。標準的なRGBと比較して約25%も多いカラーを使えるのが特徴。プロのクリエイターはもちろん、写真や画像・動画編集などが趣味の方に適したのモデルです。

本モデルは、Thunderbolt 3(USB-C)ポートを2つ搭載しているので、外付けドライブやカメラと高速通信が可能。5Kディスプレイを1台、または4Kディスプレイを2台接続できるので、デュアルディスプレイ環境を構築したい方にもおすすめです。

アップル(Apple) iMac Pro

パソコンというよりはワークステーションと呼ぶのがふさわしいアップルのハイエンドデスクトップモデル。クリエイターやソフトウェア開発者、研究者といったプロの要求に応えるスペックの高さが魅力です。

CPUには最大18コアのIntel Xeon Wプロセッサーを採用しています。動作周波数は3.2GHzですが、Turbo Boost時は最大4.2GHzまでクロックアップするハイスペック。ストレージは1TBのSSDを搭載しています。HDDと比べて耐久性が高いため、長く安心して使うことが可能です。

ディスプレイは高精細の27インチのRetina 5Kディスプレイを採用。静止画はもちろん、2Dや3Dを問わず超美麗なグラフィックを再現できます。性能に妥協したくないプロの方におすすめのデスクトップパソコンです。

ゲーム用ハイスペックデスクトップパソコンのおすすめモデル

デル(Dell) ゲーミングデスクトップ

CPUにAMD Ryzenを搭載したハイパフォーマンスのデスクトップパソコン。メモリ容量も8GBと大容量で、ゲーミングに適した仕様が特徴です。

本体サイズは216×437.5×458.86mmとかなり存在感がありますが、デュアルドライブを搭載し、システム用とデータ保管用でSSDとHDDを組み合わせて効率よく使えます。また、Adobeのフォトショッププレミアエレメント15も付属しているので、かなり凝った動画や画像の編集作業も可能です。

パソコンに負荷をかけない通気・温度設計のほか、Gigabit Ethernet(802.11ac 2.4/5GHz)とBluetooth4.0にも対応しているのもポイントです。

ヒューレットパッカード(HP) OMEN by HP 880-077jp

CPUにインテルCorei7-7700プロセッサー、インテルターボ・ブースト・テクノロジー2.0を搭載したゲーミングデスクトップパソコンです。メモリ容量は驚愕の32GB、ストレージは512GBのM.2 SSDに2TBのHDDを搭載しています。

外観は西洋式の甲冑と、近未来感たっぷりな戦闘機のような斬新なデザインも特徴。ゲーミングデスクトップとしての性能を極限まで追求したデスクトップパソコンです。

マウスコンピューター(MouseComputer) NG-F712SHBG8-ZBJ

CPUに第8世代インテルCorei7-8700を搭載したゲーミングPC。グラフィックボードに高性能のGTX1080を搭載しており、CPUと合わせて高速な映像処理を実現。3DCGや物理演算などを利用したゲームも快適に遊べます。

メモリは16GB、ストレージは240GBのSSDと2TBのHDDを搭載しているため、画像・動画編集もラクラク。ゲーム実況をしたい方はもちろん、プレイ動画を作成したい方にも最適です。

また、ケース天板にはUSB3.0ポートとUSB2.0ポートを各2つ、さらにマイク・ヘッドホン端子を搭載しているのもポイント。VRゴーグルを接続しやすいことから、VR対応PCゲームにも適しています。スペックだけではなく、使い勝手を重視している方にもおすすめのデスクトップパソコンです。

コスパ良好のデスクトップパソコンおすすめモデル

デル(Dell) デスクトップパソコン Inspiron 3268 Core i3モデル

コスパ良好で、ビジネスからプライベートまで幅広いシーンで利用されているデルのスタンダードモデル。5万円前後という低価格でありながら、CPUにはインテルCore i3-7100を搭載しています。

文書作成といった基本的な作業はもちろん、家族写真の保存・音楽鑑賞・動画サイトの閲覧など、エンターテイメント利用に十分なスペックを有しています。

ストレージは1TBのHDD、メモリは4GBを搭載。映像出力方法はVGAとHDMIに対応しているため、ほとんどのパソコンモニターと接続できます。また、USB端子を6つ搭載しているので、周辺機器との接続に困ることもありません。パソコン初心者はもちろん、インターネットサイト利用がメインの方におすすめのデスクトップPCです。

エイサー(Acer) Aspire XC-730-N18F

価格が3万円台のデスクトップパソコン。CPUはインテルCeleronプロセッサーJ3355を搭載。メモリ8GB、HDDは1TBと普段使いでは十分すぎるスペックです。

接続端子はUSB2.0と3.0、映像出力ではHDMIやVGAに対応。4Kの出力にも対応しているので、高画質な動画や画像を楽しめます。なお、本体の幅は約10cm。デスクトップパソコンながら、スマートに設置できるのもポイントです。

一体型デスクトップパソコンのおすすめモデル

富士通(FUJITSU) ESPRIMO FH90/B3 FMVF90B3B

27型液晶ディスプレイを採用した一体型のデスクトップパソコン。オーディオメーカー「パイオニア」とのコラボレーションによるハイレゾ対応の高音質スピーカーを採用しているのが特徴です。

さらに、フロント部分のインターフェイスが充実しており、HDMI入力切替ボタンをはじめ、イヤホンジャック・USB3.0ポート2つ・SDカードスロット・ブルーレイディスクドライブも搭載しています。また、本体下のスペースにキーボードを収納できるので、パソコン周りをすっきりとまとめられるのもポイントです。

日本電気(NEC) LAVIE Desk All-in-one PC-DA770GAW

テレビの視聴はもちろん、録画にも対応できる一体型デスクトップパソコン。ブルーレイディスクドライブを搭載しているほか、画面サイズが23.8型と大きいので、迫力ある画面でコンテンツを楽しめます。

OSはWindows 10 Homeの64bitで、CPUにはCore i7 7500Uを搭載。家庭用のデスクトップパソコンを探している方におすすめです。

アップル(Apple) iMac 21.5インチ

21.5インチでLEDバックライトディスプレイを採用した標準色(sRGB)のiMacです。第7世代の2.3GHzデュアルコアIntel Core i5を搭載。Turbo Boost使用時は最大で3.6GHzになります。

メモリは8GBですが、16GBに増設することも可能です。また、11acのWi-Fiと、Bluetooth 4.2にも対応。iMacの中でも価格が安いので、初めてMacを使う方におすすめです。

アップル(Apple) iMac Retina 4Kディスプレイモデル 21.5インチ

Retina 4Kディスプレイを搭載した21.5インチのiMacです。解像度は4096×2304ピクセル。広色域に対応しており、通常のディスプレイと比較して色彩の表現範囲が広がっています。

CPUは3.4GHz。メモリは8・16・32GBから選べます。ストレージは1TB Fusion Driveを標準搭載。写真・動画編集を業務にしている方はもちろん、映像コンテンツをより楽しみたいという方におすすめです。

アップル(Apple) iMac Retina 5Kディスプレイモデル 27インチ

By: apple.com

27インチRetina 5KディスプレイのiMacです。解像度は5120×2880ピクセル。広色域に対応しており、写真や動画がより鮮やかに映ります。

CPUは3.8GHz。オプションで4.2GHzのクアッドコアIntel Core i7に変更可能です。ストレージは2TB Fusion Driveを搭載しており、アプリやファイルに素早くアクセスできるのが魅力。さまざまなネットコンテンツを満喫したい方におすすめのハイエンドモデルです。

動画編集に向いているデスクトップパソコンおすすめモデル

デル(Dell) デスクトップパソコン XPSタワー Core i7 スタンダードモデル 18Q45

Geforce GT1030という、グラフィックボードを搭載しています。Geforceシリーズのグラフィックボードは、ハイスペックなモノが多いのが特徴。

本モデルでも、美しい映像美を堪能できます。映画などのエンタメコンテンツをパソコンで楽しみたい方におすすめです。また、画像処理や動画処理などをする方にもおすすめ。最適な環境下で作業ができます。

アップル(Apple) Mac Pro

Mac Proは、一見パソコンには見えない円筒形のボディが特徴的なハイエンドパソコン。CPUにIntel Xeon E5プロセッサー、GPUにはデュアルAMD FirePro D500を搭載。高速でデータの読み書きができるPCIeベースのSSDを採用しているのも特徴です。

USB3.0やThunderbolt、HDMI 1.4ポートなどのインターフェイスに対応しているのもポイント。ビデオ編集や3Dモデリングなど、クリエイティブな分野に特化したデスクトップパソコンを探している方におすすめです。

仕事用に向いているデスクトップパソコンおすすめモデル

エイスース(ASUS) VivoPC K20CD

エイスースのデスクトップパソコンシリーズ「VivoPC」。なかでもおすすめなのが、Core i5プロセッサー搭載した本モデルです。映像は3840×2160ドットの4K出力なので、対応ディスプレイを用意すれば高解像度で動画を堪能できます。

また、メーカー独自のサウンド技術「ASUS SonicMaster」テクノロジーを搭載。最大消費電力が約98Wと省エネ仕様なのもポイントです。

エイスース(ASUS) Zen AiO ZN220ICUK-I57200U

LEDバックライトを採用したスリムデザインの一体型デスクトップパソコン。IPS液晶テクノロジーを導入した21.5型のディスプレイを採用しているので、見やすさ重視でデスクトップパソコンを選びたい方におすすめです。

本製品のOSはWindows 10 Home 64bit。Core i5 プロセッサーや8GBのメモリ、128GBのSSD、1TBのHDDを搭載。なお、背面インターフェイスも充実しており、USB 3.0ポートが4つあるほか、HDMI出力やマイク、イヤホンジャックを備えているのもポイントです。

デスクトップパソコンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

デスクトップパソコンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。