スマホやタブレットの普及に伴い、以前よりも存在感が薄れつつある「デスクトップパソコン」。とはいえ、動画編集などのクリエイティブなPC作業においては依然として優位性が高いので、選ぶ際には用途と予算に見合った製品を見つけ出すことが重要です。

そこで今回はデスクトップパソコンのおすすめモデルをご紹介します。買い替えを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

デスクトップパソコンのメリット

workstation-405768_1920

デスクトップパソコンのメリットは製品スペックの高さ。ノートパソコンの場合、持ち運びを考慮して薄型化や軽量化、さらには耐久性も考慮する必要がありますが、デスクトップパソコンは筐体スペースが十分に確保できるので、性能の高いパーツを採用できるのが特徴です。

また、スペックの不足を感じる場合は、別途パーツを増設することも可能。そのため、動画編集など負荷のかかる処理をする場合はデスクトップパソコンがおすすめです。

デスクトップパソコンの選び方

スペックで選ぶ

ストレージをチェック

memory-870720_640

PCに搭載されているストレージ主にHDD(ハードディスクドライブ)とSSD(ソリッドステートドライブ)の2種類。HDDは容量当たりの価格が安いのが特徴で、2TBや4TBを超える大容量でも比較的リーズナブルに購入できるのが魅力です。

チェックするポイントは容量と回転速度で、容量はGB(ギガバイト)ないし、TB(テラバイト)で表示されます。また、回転速度は「rpm」で表され、主に5400rpmと7200rpmに分かれます。5400rpmのモノは発熱量が低く、パソコンの動作音が静かなのがポイントですが、データ処理速度が遅いのがネック。7200rpmのモノはその逆で、処理速度を重視する場合は7200rpmを選びましょう。

一方、SSDはHDDよりも耐久性が高いのが特徴。本体内部で駆動するバーツがないので静音性に配慮できるほか、本体サイズが小さくて軽いのもポイントです。

メモリーチップでデータの読み書きを行うため処理速度が早く、ソフトの起動時間もHDDと比較して短いのも魅力。画像編集や動画制作などでデータの保存をストレスなくスムーズに行いたい方におすすめです。ただし、HDDに比べて容量当たりの価格が高いこと、また故障した際にはデータ復旧が難しいので、その点は注意しておきましょう。

CPUをチェック

cpu-1137501_640

CPUはパソコンの頭脳に例えられる部分で、性能が高いほどあらゆる処理速度が向上します。CPUを製造しているメーカーは、主にインテルとAMDの2社。なお、ほとんどのノートパソコンにはインテルのCPUが搭載されています。

CPUの表記は「メーカー+ブランド+型番」で構成され、例えば「Intel Core i7 7500U」であれば、メーカー名はインテル、ブランドはCore i7、型番は7500Uを示しています。

ちなみに、Coreとはシリーズ名のことで、末尾の数字の大きさは性能に比例。「i5」と「i7」であれば後者のほうが優秀で、よりパソコンがサクサクと動きます。ただし、性能に比例して価格も高くなるので、その点は考慮しておきましょう。

ゲーミングや動画編集などの重いデータ処理も行うのであれば、Core i5以上のCPUがおすすめ。文書作成やウェブ閲覧程度の用途であれば、Corei3でも十分です。

なお、同じCore i7やCore i5のなかでもスペックは細かく分かれていますが、同シリーズで迷った際はCPU周波数もチェック。単位はGHzで示され、この値が高い方が、よりCPUの処理速度が高速であることを指しています。気になる方はぜひ確認しておきましょう。

グラフィックボードをチェック

By: amazon.co.jp

グラフィックボード(GPU)とは映像処理を専門に担当するプロセッサーのこと。解像度の4Kや3Dグラフィックの綺麗なゲーム画面を表示するには、パフォーマンスの高いグラフィックボードが必要となります。

グラフィックボードのメーカーは、NVIDIAとAMDの2社が有名。前者は安定した動作に定評があり、特に「NVIDIA」の「GeForce」シリーズは各ゲームメーカーの推奨スペックの基準となっています。一方、後者の「Radeon」シリーズは、比較的安価ながらハイスペックなグラフィックボードを揃えているのが特徴。コスパにすぐれたグラフィックボードを求めている方におすすめです。

メモリをチェック

memory-1761599_960_720

メモリとは、1度に作業できるスペースのようなもので、容量が大きければ大きいほど多くの作業を同時に行えます。また、スペックが高いほどデータの重いゲームや動画編集がサクサクと快適に作業できるようになるのもポイント。ウェブ閲覧や文書作成程度であれば4~8GB、普段使いであれば8GB以上をベースに考え、動画編集やゲーミング用の場合は16~32GBを目安としましょう。

なお、メモリには、DDRと呼ばれる階層があり、後に続く数字が大きければ大きいほど、処理速度と省エネ性がアップします。例えば、「DDR3-3100」と「DDR4-3000」であれば後者の方が優秀。また同じDDRであれば数字が高いほうがハイスペックです。

Windows 32bitと64bitの違い

bit(ビット)はCPUが扱えるデータの単位のこと。32bitと64bitとを比べると64bitの方が高スペックです。現在、64bitが主流なため、普段使いでも64bitのデスクトップパソコンを選びましょう。なお、Windows 32bitの場合、メモリの性能が8GBであっても、最大4GBまでしか発揮できないので、その点には注意が必要です。

機能・オプションで選ぶ

Wi-Fiをチェック

wireless-touch-keyboard-k400-plus

By: logicool.co.jp

ノートパソコンの場合、無線LAN機能はほぼ必須ですが、据え置きが前提のデスクトップパソコンの場合、Wi-Fiでは有線LANより回線速度が低下しストレスを感じることもあるので、ユーザーの用途によって必要かどうかを見極めましょう。なお、インターネットなどの通信速度を重視するなら、IEEE802.11acに対応するモデルがおすすめです。

テレビ機能を搭載しているか?

009e4a1ba434bd85e40569700c6e02ae_s

NECや富士通などの、国産メーカーのデスクトップパソコンには、テレビ機能を搭載しているモデルもあります。普通のテレビと同様に、地上デジタルやBS、CSの各放送を楽しみたい方はチェックしておきましょう。

なお、ハイスペック機種には、ブルーレイドライブが搭載されているモデルもあります。なかには裏番組の録画も可能な「ダブル録画」に対応しているモデルもあるので、「テレビ視聴もデスクトップパソコンでまかないたい」という方は対応の有無を確認しておきましょう。

ディスプレイをチェック

288P6LJEB1_11-RTP-global-001

By: philips.co.jp

ディスプレイの種類には大きく分けて2タイプがあり、表面に光沢があるものを「グレア液晶」、光沢が抑えられているものを「ノングレア液晶」と呼びます。

グレア液晶は、映像が精細になる一方、照明が反射するので場所によっては映像に集中できなくなる恐れがあります。ノングレア液晶は明るい場所でも画面が見やすいものの、画面全体の発色は地味です。

一概にどちらが優れているとはいえませんが、ゲームや映像コンテンツを楽しみたいのならば高精細な「グレア液晶」、仕事に使用するのならば目への負担が少ない「ノングレア液晶」がおすすめです。

映像出力をチェック

img_005a

By: eizo.co.jp

最近のパソコンではディスプレイへの映像出力にHDMI端子を採用しているモデルが増えています。「HDMI」とは接続端子として広く普及している規格で、劣化しづらいデジタル信号を採用しているのが特徴。ハイクオリティな映像と音声を出力することが可能です。

また、HDMIケーブル1本で映像と音声の両方が出力されるため、配線がスッキリするのもポイント。用意されている端子の数が多ければ多いほど、汎用性が広がるので、幅広い用途でデスクトップパソコンを活用したい方はぜひチェックしておきましょう。

デスクトップパソコンのおすすめメーカー

日本電気(NEC)

By: amazon.jp

一般的なデスクトップモデルはもちろん、スリムタイプや一体型タイプのラインナップも豊富なNEC。優れた液晶ディスプレイや音響技術を活かし、テレビや映画などのコンテンツを高品質で視聴可能。さらに、録画もできるAV機能と、スタイリッシュなデザインも人気です。

また、マニュアルや初心者用の解説書、使い方が学べるアプリケーションなどが用意されているのもポイント、特にパソコン初心者の方におすすめのメーカーです。

富士通(FUJITSU)

fh53b1_front_bk

By: fmworld.net

ノートパソコンの「FMV LIFEBOOK」や一体型モデルの「FMV ESPRIMO」シリーズで有名な富士通。わかりやすいマニュアルやサポート体制が充実しているので、幅広い年齢層のユーザーから支持されているメーカーです。

デル(Dell)

desktop-tower-xps-se-pdp-magnum-polaris_Module-01

By: dell.com

デルは製品ラインナップが充実したメーカー。お手頃モデルの「Inspiron」や高性能モデルの「XPS」、ハイスペックゲーミングモデルの「ALIENWARE」が代表的です。さらに、コストパフォーマンスの高さもポイント。予算と自分の好みに合わせたBTOモデルをチョイスできるのも魅力です。

ヒューレットパッカード(HP)

By: jp.ext.hp.com

ヒューレットパッカードは、ビジネスパソコンから個人向けまで、幅広いニーズに合ったパソコンが選べるのが特徴。スタンダードモデルの「Pavilion」やハイエンドゲーミング用の「OMEN by HP」シリーズなどは注目のモデルです。

アップル(Apple)

By: apple.com

アップルは、OSからパソコン、モバイル端末まで開発をしているのが最大の強み。なかでもMacはスタイリッシュなデザインと性能の高さを兼ね備えているのが特徴です。

デスクトップモデルはディスプレイ一体型の「iMac」、クリエイティブな作業に適した「Mac Pro」などをラインナップしています。

2019年おすすめのデスクトップパソコン

エイサー(Acer) Aspire XC-830-N18F3470

無線LAN通信IEEE802.11ac対応のデスクトップパソコン。Wi-Fi通信でのインターネット接続が可能で、ルーターからパソコンまでLANケーブルを這わす必要がありません。

CPUはインテルプロセッサーの下位モデルである「Celeron」ながら、メモリを8GB搭載しており処理性能は上々。ストレージは大容量のHDD 1TBを搭載しています。

インターフェースにはUSB3.1 Gen 1ポートを2基、USB2.0ポートを4基備えており、外部機器を複数接続可能。キーボードやマウスの他、マウスパッドも付属しているので入力機器を所有していない方におすすめです。

レノボ(Lenovo) ideacentre AIO 520 i5 F0DJ0005JP

レノボ(Lenovo) ideacentre AIO 520 i5 F0DJ0005JP

奥行きが21.2cmの省スペース設計を採用しており、スリムで置きやすいオールインワンタイプのデスクトップパソコン。薄型のフレームでスタイリッシュな印象を与えられるのも特徴です。ワイヤレスマウスとキーボードもパソコン本体と同様のデザインを使用しているため、統一感があります。

第8世代インテルCoreプロセッサーを搭載することで、マルチタスクを快適にこなせるのが魅力。電力の消費を抑えられる超低電圧設計を採用しているのもポイントです。機能性の高さはもちろん、デザイン性の高さも備えたデスクトップパソコンを探している方はぜひチェックしてみてください。

富士通(FUJITSU) FMV ESPRIMO FH90/C3 FMVF90C3B

本体下部にハイレゾ対応の大容量2.1chスピーカーを搭載したデスクトップパソコン。「Pioneer」とコラボして開発された高音質スピーカーは、臨場感あふれるサウンドを満喫できます。また、スピーカー内部にサブウーファーが内蔵されているので、迫力ある低音域の再生が可能です。

メモリは「Optane」対応モデルを採用しHDD性能を向上。高速なデータ転送を苦手とするHDDながら、パソコンやアプリ・ソフトの起動が快適に行えます。

CPUはインテルの高性能プロセッサーであるCore i7+8750Hを搭載。メモリ容量16GBで簡単な動画編集もこなせます。価格はそれなりにしますが、1台で何役もこなしてくれるデスクトップパソコンなので、財布に余裕のある方におすすめです。

ゲーム用ハイスペックデスクトップパソコンのおすすめモデル

ヒューレットパッカード(HP) PAVILION GAMING 690-0023jp OHB 4LY24AA-AAAB

コストパフォーマンスに優れたAMDプロセッサーを搭載。6コア12スレッドのRyzen 5 2600をCPUに採用し、グラフィックボードにはRadeon RX580を搭載しています。

ミドルスペックのグラフィック処理能力を備え、スムーズでラグの少ないゲームプレイが可能。高機能プロセッサーが発する熱を効果的に抑える冷却性能やゲームサウンドの邪魔をしない静音性能なども充実しています。

ストレージにはSSD 256GBとHDD 2TBを装備。OSやゲームの起動速度に優れたSSDと大容量の保存が可能なHDDの使い分けが可能です。

ボディのフロント部分にはブラッシュ加工が施され、グリーンに輝くLEDがクールな印象を与えます。ゲーミングパソコンとしてはコンパクトな部類に入るボディサイズで、広い設置スペースが確保できない方におすすめです。

エムエスアイ(MSI) AEGIS 3 8th 8RE-082JP+GK40/GM10

特徴的なデザインを持ったハイスペックゲーミングパソコン。ゲームの雰囲気を盛り上げるクールなデザインの筐体は、上部やサイドにGPU・メモリなどのパーツが配置されており、ユーザーがアクセスしやすい設計になっています。ボディ外側には折り畳み可能なヘッドセットハンガーを搭載。カスタマイズ可能なLEDライティングも豪華です。

CPUにはインテルのCore i7-8700、GPUにはGeForce GTX1080を採用し、パワフルな映像処置能力を発揮。ストレージに256GBのM.2 SSDを搭載しており、ゲームデータのロードやOSの起動をストレスなく行えます。

パソコンゲームのサウンドは「Nahimic 3」で細かく設定可能。オーディオ基盤を独立させ、「EMIシールド」で電磁波からの影響を防ぐことでノイズや歪みを抑えています。

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune MASTERPIECE i1 640PA1-SMN MP-S7K33SIR8ZF

第9世代のインテルプロセッサーを搭載したゲーム用デスクトップパソコン。CPUはCore i9-9700K、グラフィックボードはNDIVIA GeForce RTX2080を搭載し、ハイレベルな映像処理機能を実現しています。

ストレージは、SSD 480GBとHDD 3TBを採用したデュアルタイプ。メモリ容量は32GBで、最大64GBまで増設可能です。

ボディの底面全体から空気を取り込める設計で、パソコンケース内の空気を効率的に冷却。排気用には120mm大型ファンをボディリアに装備しています。また、スタイリッシュなデザインのボディは、熱処理が施されており冷却性能だけでなく堅牢性も抜群です。

側面はガラス素材でケース内部を一目で確認可能。取り外しがワンプッシュで行え、パソコンパーツへ簡単にアクセスできます。パーツのアップグレードを自分でされる方にはおすすめの機能です。

コスパ良好のデスクトップパソコンおすすめモデル

デル(Dell) Inspiron 3470 スモールデスクトップ 19Q11

最小限のスペースに設置できるコンパクト型デスクトップパソコン。第8世代インテルCore i3-8100プロセッサーを搭載し、WebやYouTube動画の閲覧、Officeソフトでの資料作成などをサクサクこなせるパワーを持ちます。

ストレージはHDD 1TBを装備。OSや各種ソフト・アプリの他、カメラで撮影した思い出の写真・動画などを保存するのに充分な容量を備えています。

Inspiron 3470はデル純正のキーボードとマウスを標準付属。ディスプレイはオプションで購入するか、「HDMI」や「VGA」に対応しているディスプレイを別で用意する必要があります。

基本的なパソコンの使用には充分すぎるスペックを備え、販売価格は5万円程度と安価なので、エントリーモデルのデスクトップパソコンとしておすすめです。

レノボ(Lenovo) ThinkCentre M715q Tiny 10VGCTO1WW-9-2-5-A-N

小型ボディに高性能AMDを搭載。手の平サイズのコンパクトなデザインながら、厳しい品質テストに合格した高い耐久性と信頼性を持っています。CPUには第7世代のAMD Ryzen5 Proを搭載。ストレージはデータ転送能力に優れたSSDを採用し、ユーザーにストレスを与えず素早いOS起動が可能です。

コンパクトなボディは、ディスプレイやテレビを壁面に取りつける際の規格「VESA」に対応。オプションのマウントを使用して、モニター背面やディスプレイアームへ取り付けできます。最大3台の外部ディスプレイに接続可能。モニターの表示領域を広げて作業効率を向上させたい方におすすめです。

一体型デスクトップパソコンのおすすめモデル

エイスース(ASUS) Vivo Aio V241ICUK-I3HAB

シルバーを基調としたスタイリッシュなボディが魅力的なオールインワンパソコン。約7mmの極狭ベゼルは視界の邪魔になりにくく、フルHD解像度の映像を一層美しく見せます。背面にはUSB3.0ポートを4基と、USB2.0・オーディオジャック・HDMIポートを配置。液晶画面下部には精度の高い音声認識が可能なアレイマイクを搭載。ビデオチャットや「Windows Cortana」の使用よる音声操作に最適です。

CPUはCore i5-8250Uプロセッサーを採用。ネットサーフィンや音楽鑑賞をサクサクこなせるパワーを持ちます。搭載されているスピーカーはバスレフ式で力強い重低音を再生。メーカー独自の「Audio Wizard」により5つのサウンドモードが選択でき、高品質な臨場感あふれるサウンドを堪能できます。

インターネット接続は802.11ac対応で、ケーブルレスによるネットワーク接続が可能。モデムやルーターから距離のある位置に設置したい方におすすめです。

日本電気(NEC) LAVIE Desk ALL-in-one DA370/FAB PC-DA370FAB

地上デジタルやBSデジタル、110度CSデジタル用チューナーを装備したオールインワンデスクトップパソコン。23.8型ディスプレイを搭載しており、フルHDでテレビの視聴が楽しめます。

本体に内蔵されたスピーカーは音響機器メーカー「YAMAHA」のステレオスピーカーを採用。「AudioEngine」と呼ばれる技術で、動画や映画、テレビの音声をより自然な音で再生できます。映像ストリーミング配信を観られる方はもちろん、DVDスパーマルチドライブが搭載されているので、DVD鑑賞が趣味の方にもおすすめです。

ワイヤレスのキーボードやマウスが付属しており、他のアクセサリを購入することなく使用可能。「Office Personal Premium」と「Office 365」アプリが内蔵されているので、ビジネスマンにも使いやすいデスクトップパソコンです。

アップル(Apple) 21.5インチiMac MNDY2J/A

Retina 4Kディスプレイを搭載した一体型デスクトップパソコン。4096×2304ピクセルの超高解像度ディスプレイで驚くほど美しい映像が楽しめます。エンターテインメントコンテンツの閲覧だけでなく、メールやOfficeソフトで作成した資料の文字が鮮明に映しだされるので、ビジネス仕様としても最適です。

CPUは、パワフルな処理機能を持つインテルのクアッドコアを採用。メモリ容量は8GBで一般的な映像処理にもたつくことはありません。また、8GBで物足りない方はオプションで16GBに変更も可能です。

内蔵されているアプリケーションの多くは「iPhone」と共通。日本国内のスマホシェア率1位を誇る「iPhone」ユーザーの方であれば、使い勝手はもちろん、データの共有や転送なども簡単に行えるのでおすすめです。

動画編集に向いているデスクトップパソコンおすすめモデル

エイサー(Acer) Nitro N50-600-N78G/G6

コンパクトな筐体に高性能グラフィック処理機能を搭載したデスクトップパソコン。一般的なゲーミングパソコンや動画編集用パソコンと比較して一回り小さなボディに高性能CPU・GPUを搭載しています。ボディ上部にはQiワイヤレス充電パッドを備えており、Qi規格対応のスマホを置くだけで充電できます。

CPUはCore i7-8700、GPUはGeForce GTX1060を採用。ストレージにはSSDとHDDの両方を採用しているため、OSや動画データのロードをストレスなく行える上に容量の大きな画像や映像の保存も可能です。メモリ容量は8GBながら、最大64GBまで増設可能。アップグレードすることによって、動画編集の作業効率アップが図れます。

映像出力ポートを複数備えてデュアルモニターに対応している点や、SDカードスロットを備えて外部からの映像データを簡単に取り込める点など、ユーザーが使いやすいように考慮された設計が魅力です。

デル(Dell) XPS タワースペシャルエディション DX80VR-8NLCL

動画や写真の編集ソフトを標準搭載したハイスペックパソコン。Cyberlink社のビデオ編集ソフト「PowerDirector」と写真編集ソフト「PhotoDirector」を搭載しているので、パソコンと別に編集ソフトを購入する必要がありません。

CPUにインテルCore i7-8700、GPUにNDIVIA GeForce GTX 1060、メモリ16GB、M.2 SSD 256GB、HDD 2TBなど、パソコンの処理能力を決定づける基本的なパーツは全てハイスペック。映像の編集や再生をパワフルに処理します。

メモリ容量は最大64GBまで増設することが可能。サウンドカードやグラフィックカードの追加にも対応できるので、カスタマイズ性が高いのも魅力です。

仕事用に向いているデスクトップパソコンおすすめモデル

富士通(FUJITSU) FMV ESPRIMO DHシリーズ WD1/C2 AZ_WD1C2_Z868

手の平サイズで置き場所に困らない分離型デスクトップパソコン。本体脚部を含んでも幅83×奥行188×高さ192mmのコンパクトボディでデスク上の狭いスペースに設置できます。

CPUにCeleron G4900Tを採用、ストレージはHDD 500GB、メモリ4GBと基本性能を抑えてコストを重視しつつ、ビジネスシーンでの使用で充分なスペックをキープしています。

無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/acに対応しており、インターネットへの接続はオフィス内のワイヤレス環境を利用可能。ビジネスシーンでは必須の「Office Home and Bussiness 2016」も付属しています。ディスプレイはノングレアタイプで画面への映り込みを防止できるので、業務へ集中して取り組みたい方におすすめです。

日本電気(NEC) LAVIE Desk Tower DT150/FAW

パソコン本体の他にディスプレイ・キーボード・マウスが付属。パソコンの使用に必要な周辺機器がセットになっているので、購入後すぐに使えるメリットがあります。ビジネスに必須のOfficeソフトは「Office Personal Premium」と「Office 365サービス」が付属。資料やビジネス文書の作成に最適です。

ディスプレイはノングレアタイプで広視野角のIPS液晶パネルを採用。蛍光灯や太陽光による映り込みで作業が妨げられることを防ぎます。ストレージは1TBのHDDを搭載。OSやビジネスに必要なソフトを保存しても容量には余裕があります。

付属品とは別のディスプレイを追加すればデュアルモニターに対応。DisplayPortを2基とミニD-sub15ピンポートを1基備えており複数のディスプレイを接続し、表示領域を大きくしたい方におすすめです。

デスクトップパソコンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

デスクトップパソコンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。