さまざまな使用方法が可能な「デスクトップパソコン」。オンラインゲームや動画編集など、さまざまな場面で活躍します。最近では多くのデスクトップパソコンが登場しており、どのモデルを選べばよいのか迷いがちです。

そこで今回は、おすすめのデスクトップパソコンをご紹介。デスクトップパソコンの種類や選び方、おすすめのメーカーなどについても解説するので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

デスクトップパソコンとは?

By: hp.com

デスクトップパソコンとは、机上などの安定した場所に据え置いて使用することを想定して作られたパソコンのこと。ノートパソコンとは違って携行性を考えずに設計されたモデルが多く、搭載されている各パーツが大きく重いのが特徴です。

また、パーツを追加したり、スペックの高いパーツに交換したりと自分だけのオリジナルモデルが作れるのもポイント。保存するデータの増減や、扱うアプリケーション・ソフトに応じて、手軽に組み替えられます。

デスクトップパソコンのメリット

ノートパソコンより安価

By: hp.com

デスクトップパソコンは、性能あたりのコストがノートパソコンよりも安価なのがメリットです。ノートパソコンは小さなボディにさまざまなパーツを組み込むことで性能と携行性を両立させており、製造の過程で高度な技術と高い製造コストが用いられています。

一方、デスクトップパソコンは、単純な構造を採用しているモデルが多く、ノートパソコンほどコストが発生しません。そのため、家でのみ使用する方は、デスクトップパソコンを選ぶのがおすすめです。

周辺機器のカスタマイズ性が高い

デスクトップパソコンに用いられているパーツは、ほぼすべてが統一された規格で作られています。そのため、規格さえ合っていれば、メーカー関係なくパーツを交換することが可能。カスタマイズ性が高いのもデスクトップパソコンの魅力です。

ハイスペックなモデルも豊富

By: g-tune.jp

デスクトップパソコンは、基本的にノートパソコンよりも本体のサイズが大きくなります。そのため、ノートパソコンには搭載できない大型のパーツや性能の高いパーツが組み込み可能。ハイスペックなモデルも豊富にあります。

ハイスペックなデスクトップパソコンを使えば、ノートパソコンでは行えないような複雑な作業や処理も実行可能。容量のある動画の編集や、最新ゲームのプレイなどで高いパフォーマンスを発揮するのがポイントです。

ノートパソコンについて詳しく知りたい方はこちら

デスクトップパソコンの種類

モニター一体型

By: dell.com

「モニター一体型」は、名前の通りモニターとパソコンがひとつになっているデスクトップパソコンです。省スペースでさまざまな場所に設置できることや、デスク周りの配線がすっきりするのが特徴です。

なかにはタッチスクリーンに対応しているモデルもあり、タブレットやスマートフォンのように直感的な操作が行えるのもポイント。また、テレビチューナーを内蔵したモデルもラインナップされています。

一方でモニターが交換できないなど、ほかのデスクトップパソコンと比較して拡張性が低い点には注意が必要です。カスタマイズする予定がない方や、デザイン性に優れたデスクトップパソコンを探している方に適しています。

タワー型

By: hp.com

「タワー型」は、モニターとパソコンが分離しているデスクトップパソコンのことです。高い性能が備わっているパーツを搭載したモデルが多いことや、ほかのデスクトップパソコンよりカスタマイズしやすいのが特徴です。

パーツにアプローチしやすい設計を採用したモデルが多いので、交換や増設が簡単に行えます。また、ケースサイズが大きく排熱性にも優れているモデルも多いため、長時間の作業やゲームをする際におすすめです。

なお、タワー型には「ミニタワー型」や「スリムタワー型」があります。通常のタワー型に比べると拡張性は低いですが、狭い環境での利用を想定している方におすすめです。

スティック型・コンパクトPC

By: rakuten.co.jp

「スティック型」とは、USBメモリを大きくしたような形状のデスクトップパソコンです。拡張性や性能性、冷却性はほかのデスクトップパソコンに劣るものの、モニターさえあれば使えることや持ち運べることが魅力です。

「コンパクトPC」は、小型なのが特徴のデスクトップパソコン。拡張性はほとんどありませんが、設置場所を選ばないのが魅力です。また、なかには通常のデスクトップパソコンと同等のスペックを持つモデルもあります。

デスクトップパソコンの選び方

OSをチェック

Windows

By: nec-lavie.jp

「Windows」は、マイクロソフト社が手掛けているOSです。多くのデスクトップパソコンがOSにWindowsを採用しています。WordやExcelなどのOfficeソフトが標準搭載されているモデルもあり、ビジネスでの使用におすすめです。

また、さまざまなアプリケーションとPCゲームに対応していることや、拡張性が高いこともポイント。一方で、古いバージョンを使用していると、セキュリティの問題が発生しやすい点には注意が必要です。

Mac

「Mac」は、 Apple社が手掛けているOSです。Apple社が開発したデスクトップパソコンにのみ搭載されています。さまざまなアプリケーションがプリインストールされていることや、高いセキュリティ性を備えているのが特徴です。

また、iPhoneやiPadと連動できるので、Appleユーザーの方におすすめ。一方で、Appleストアに認められたアプリケーションしかインストールできないことや、プレイできるゲームの種類が少ない点に留意しましょう。

スペックをチェック

CPU

「CPU」とは、デスクトップパソコンのなかで頭脳にあたるパーツのこと。メーカーは、「インテル」と「AMD」の2社が有名です。WindowsやMacにかかわらず、多くのモデルにインテルのCPUが用いられています。

CPUで確認しておきたいのが「クロック」と「コア」の2つ。クロックとは、処理作業の際に発せられる信号を扱うスピードのことです。「Hz」という単位で表わされます。クロックの数値が高いほど、同じ時間内により多くの処理が実行可能です。

また、コアは処理作業を実行するCPUの中核を担っています。コアの数が多いほど、一度に多くの作業が実行可能。オンラインゲームを動画サイトで実況プレイするなど、複数のタスクを同時に行う機会が多い場合はコアが多いタイプがおすすめです。

メモリ

By: rakuten.co.jp

「メモリ」とは、作業データを一時的に記録しておく保管場所のことです。メモリの容量が大きいほど重いデータの処理や多くの作業がスムーズに行えます。容量が大きくなるにつれて値段が高くなるので、ニーズに応じて選ぶのが重要です。

インターネットの閲覧やメールの送受信、文章作成などが主な用途の場合は4GBもあれば十分快適に使用できます。また、PCゲームを楽しむ場合や動画の編集を行う場合には16~32GBを目安に選ぶのがおすすめです。

ストレージ

By: nec-lavie.jp

「ストレージ」とは、データを長期的に保存することを目的として盛り込まれている記憶装置のこと。容量が大きいほど、動画や音楽などのファイルが多く保存できます。

また、ストレージは動作に影響を及ぼすことがあり、ストレージがいっぱいになると動作が重くなるほか、アプリケーションが強制終了されることがあるので注意が必要です。あらかじめ容量が大きいモノを選ぶか、増設することで問題が解決できます。

なお、ストレージは「SSD」と「HDD」の2種類。SSDはデータの読み書きが速く、耐衝撃性に優れています。一方のHDDはSSDよりも価格が安く容量が大きいのがポイントです。

グラフィックボード

By: nvidia.com

「グラフィックボード」とは、画像や映像の処理を担うパーツのこと。グラフィックボードを製造しているメーカーは主にNVIDIAとAMDの2社です。NVIDIA社は「GeForce」シリーズを手掛けており、AMD社は「Radeon」シリーズを展開しています。

デスクトップパソコンのなかには、グラフィックボードを搭載していないモデルも。インターネットの閲覧や文章作成が主な場合は問題ありませんが、オンラインゲームや動画編集を楽しみたい場合はグラフィックボード搭載モデルを選ぶのがおすすめです。

光学式ドライブ

By: ext.hp.com

「光学式ドライブ」とは、CD・DVD・ブルーレイの読み書きを行うパーツのこと。光学式ドライブにはさまざまな種類があるので、持っているディスクを基準に選ぶのがおすすめです。

DVDの読み書きをメインで行う場合には、「DVDスーパーマルチドライブ」が適しています。ブルーレイに対応していませんが、すべてのDVDで読み書きが可能。CD-ROM・CD-R・CD-RWなどに対応しているのもポイントです。

また、ブルーレイを主に使用する場合は、読み書きに対応している「ブルーレイドライブ」や読み込みだけ行える「ブルーレイコンボドライブ」がおすすめ。いずれもDVDやCDも取り扱い可能です。

なお、最近では光学式ドライブが搭載されていないモデルもあります。ディスクを使う機会がない方はドライブレスのモデルを選びましょう。仮に必要になった場合でも、外付けの光学式ドライブを追加で購入する方法があります。

Wi-Fi

By: biccamera.com

インターネットの接続方法にはWi-Fiと有線LANの2種類があり、デスクトップパソコンのなかにはWi-Fiに対応しているモデルもあります。Wi-Fi対応モデルはインターネットへの接続にケーブルを用いないので、すっきりと設置できるのが魅力です。

また、Wi-Fi非対応のデスクトップパソコンでも、無線LANアダプターを接続することでWi-Fiが使用できる環境になります。ただし、Wi-Fiは有線LANと比べると遅延が発生しやすいので、オンラインゲームを楽しみたい方は有線LANを使用するのがおすすめです。

用途・目的別デスクトップパソコンのチェックポイント

コスパ重視

By: hp.com

動画編集などの複雑な作業や最新のゲームをする機会がなく、コスパ重視でデスクトップパソコンを選びたい方はメモリやストレージの容量、光学式ドライブやグラフィックボードの有無を確認しましょう。

メモリやストレージは、使用用途に応じて選ぶのがおすすめです。インターネットの閲覧や簡単な作業でしか使わない場合、容量の少ないモデルでも快適に使用できます。また、光学式ドライブやグラフィックボード非搭載のモデルを選べばコストが抑えられます。

ゲーミング

パソコンでゲームをすることが主な目的の方は、CPU・メモリ・グラフィックボードの3つを主にチェックしておきましょう。最新のゲームを遊ぶ場合、CPUやメモリのスペックが高いと快適にプレイできます。

また、グラフィックボードの性能がよいと、美麗な映像でゲームが楽しめるほか、対戦ゲームが優位に進められるのもポイント。逆にスペックが低いと頻繁にフリーズしたり画面がカクついたりするので注意が必要です。

ゲーミングPCについて詳しく知りたい方はこちら

イラスト制作や写真・動画編集

By: biccamera.com

イラスト制作や写真・動画編集でデスクトップパソコンの購入を検討している場合は、メモリとグラフィックボードを主にチェックするのがおすすめです。特に動画編集をする場合、最低でもメモリが16GB以上あるモデルを選びましょう。

写真を編集する場合、グラフィックボードの性能が高いモデルを選べば、細かい色のグラデーションを確認しながら作業が行えます。

デスクトップパソコンのおすすめメーカー

デル(Dell)

By: dell.com

「デル」は、1984年に設立されたアメリカの多国籍コンピューターメーカーです。本体や関連機器の開発や修理、サポートなどを主に行っています。アメリカのみならずヨーロッパやアジアなど世界規模で事業を展開しているのが特徴です。

デルでは、タワー型やモニター一体型、ゲーミングなど、さまざまなデスクトップパソコンを扱っています。ビジネス向けの「Inspiron」やゲーム向けの「ALIENWARE」など、用途に応じてシリーズを展開しているのが特徴です。

ヒューレット・パッカード(HP)

By: hp.com

「ヒューレット・パッカード」は、1939年にビル・ヒューレットとデイブ・パッカードによって設立されたアメリカのコンピューターメーカー。日本法人として「日本HP」が設立されており、東京都に本社を構えています。

ヒューレット・パッカードの魅力は、リーズナブルな価格のデスクトップパソコンを多数取り扱っていることです。そのため、コスパに優れたモデルを探している方におすすめ。また、ビジネス用から動画編集用まで、種類が豊富にあるのもポイントです。

日本電気(NEC)

By: nec-lavie.jp

「日本電気」は、1899年に設立された日本の電機メーカー。一般的には「NEC」という略称で知られており、ロゴマークや関連会社の名前にも用いられています。パソコンの製造・開発のほか、ネットワークサービス事業やグローバル事業なども行っているのが特徴です。

日本電気では「LAVIE」というデスクトップパソコンシリーズを展開しており、モニター一体型やタワー型など、さまざまなモデルをラインナップしています。サポート体制が充実しているので、初めてデスクトップパソコンを購入する方におすすめです。

アップル(Apple)

By: biccamera.com

「Apple」は、iPhoneやiPad、ワイヤレスイヤホンなどのウェアラブル製品を手掛けている多国籍企業です。「iMac」というデスクトップパソコンを展開しており、ソフトウェア製品では「macOS」や「iOS」の開発を行っています。

Appleのデスクトップパソコンは、独自のOSを導入していることや、便利なアプリケーションがプリインストールされていることが特徴。また、高いセキュリティ性が備わっているのも魅力です。

デスクトップパソコンのおすすめモデル|モニター一体型

デル(Dell) Inspiron 27 7700

本体サイズが幅611.7×奥行42×高さ453.2mmのスリムボディで、わずかなスペースを活用して設置できるモニター一体型のデスクトップパソコン。使用しないときには、本体の下にキーボードとマウスが収納できます。

27インチのフレームレスフルHDディスプレイが採用されており、映像が表示される液晶部分を広く設けているのが特徴です。また、ディスプレイの上には収納可能なWebカメラを搭載しているので、WEB会議などに使いたい方にも適しています。

本体背面に複数のインターフェースが備わっているのもポイント。メモリが8GBあるため、YouTubeなどの動画閲覧が快適に楽しめます。また、512GBのSSDと1TBのHDDが搭載されているので、多くのデータが保存可能です。

ヒューレット・パッカード(HP) All-in-One 22-df

21.5インチのフルHDディスプレイを搭載しているモニター一体型のデスクトップパソコン。IPSパネルと狭額ベゼルを採用しているので、斜めからでもきれいに見えます。また、タッチスクリーン対応で、直感的に操作できるのが特徴です。

128GBのSSDと2TBのHDDが搭載されているなど、ストレージの容量も良好。大切なデータがたくさん保管できます。また、メモリは8GBあり、動画が快適に閲覧できるのもポイントです。

筐体上部には指で出し入れできるプライバシーWEBカメラを搭載。不意な映し出しを防ぐため、オンライン会議での使用に適しています。初めてデスクトップパソコンを購入する方やライトユーザーにおすすめのモデルです。

日本電気(NEC) LAVIE Home All-in-one HA970/RA

256GBのSSDと3TBのHDDが搭載されているモニター一体型のデスクトップパソコン。動画・写真・音楽など、容量の大きなデータでも多く保管できます。また、8GBのメモリや第10世代 インテル Core i7プロセッサも備わり、複雑な操作がサクサク行えるのも魅力です。

地上・BS・110度CSデジタルの3波に対応したダブルチューナーを搭載。2番組同時に録画が可能です。また、ブルーレイディスクドライブも備わっているので、映画やバラエティなど、さまざまなコンテンツが楽しめます。

液晶パネルを振動させて音を鳴らす「Crystal Sound Display」を搭載しており、没入感のあるサウンドが堪能できるのもポイント。声操作に対応しているため、話しかけるだけで音楽の再生が行えます。テレビも楽しみたい方におすすめのモデルです。

アップル(Apple) iMac 27インチ

27インチのRetina 5Kディスプレイを採用しているモニター一体型のデスクトップパソコン。10億色の再現が可能なほか、500ニトの輝度が備わっています。また、スタイリッシュなデザインで、さまざまなインテリアとマッチするのも特徴です。

光を散乱させることで光の映り込みを低減するNano-textureガラスがオプションで選択可能。日光や直射光が当たったり、外の明るさが変化したりしても、安定して美麗な映像が楽しめます。不要なかすみや輝きが少なくなるのも魅力です。

CPUは、第10世代インテルCore i5プロセッサを搭載。メモリは128GBまで拡張可能で、負荷が高い作業もサクサク快適にこなせます。グラフィックボードは、Radeon Pro 5300を採用。写真や動画編集などにおすすめのモデルです。

デスクトップパソコンのおすすめモデル|タワー型

デル(Dell) Vostro 3681 SV350A-AWL

プライベートからビジネスまで、幅広い用途で活躍するタワー型のデスクトップパソコンです。第10世代のインテルCore i5プロセッサと、8GBのメモリを搭載したコスパのよいモデル。ウェブサイトの閲覧や動画の視聴はもちろん、エクセルやワードといったビジネスアプリの使用時も軽快に動作します。

DVD RWドライブを搭載しているのも本モデルの特徴です。映画などのコンテンツが楽しめるほか、製品のPRや取説を焼き付ければ販促用のオリジナルディスクが制作できます。ストレージには256GBのSSDを採用。OSやアプリの起動をはじめ、作成したデータへのアクセスが速いので快適に使用できます。

ヒューレット・パッカード(HP) Pavilion Desktop TP01

使用頻度の高いインターフェースをボディ前面に搭載したタワー型のデスクトップパソコンです。SDカードスロットを使えばデジカメのデータが簡単に移行できます。

マルチモニターに対応しているので、ウィンドウの切り替えや移動が簡単にでき、シームレスに作業が行えるのも特徴。また、それぞれの画面に異なるアプリケーションやソフトを表示できるため、効率よくタスクがこなせます。

プロセッサはCore i3・Core i5・Core i7から選択可能。メモリも8GBと16GBがあるので、使用用途に応じて選び分けられます。プライベートシーンからビジネスシーンまで、さまざまな使い方が可能なモデルです。

レノボ(Lenovo) IdeaCentre 550i

インテルCore i3プロセッサを搭載したスリムタワー型のデスクトップパソコン。安価な価格で購入できるため、初めてパソコンを購入する方にもおすすめです。

USBやメディアカードリーダーなど、ボディの前面・背面に多くのインターフェースが備わっているのも特徴。さまざまな周辺機器が接続できます。また、DVDスーパーマルチドライブも搭載されており、DVDやCDの読み書きも可能です。

メタリック調で、スタリッシュなデザインの筐体を採用しているのもポイント。さまざまなインテリアにマッチします。

レノボ(Lenovo) ThinkCentre M70c Small

2台のディスプレイへ同時に接続が可能なミニタワー型のデスクトップパソコン。範囲の広いExcelの表でも一度に表示できます。また、作業画面と参考資料を別々のモニターに映すことで、生産性が向上するのも魅力です。

USB3.1ポートやコンボジャックなど、よく使うインターフェースがボディ前面に搭載されているのが特徴。背面にもUSB2.0やVGAなどが搭載されています。また、DVDスーパーマルチドライブを使えば、DVDの読み書きも可能です。

TCG 2.0に準拠したチップが備わっているなど、セキュリティ面に優れているのもポイント。USBポートからのデータ流出やネットワーク侵入を防ぐ「Smart USB Protection」も備わっています。ビジネスをサポートするおすすめのモデルです。

エイスース(ASUS) S640MB

グラフィックボードにNVIDIA GeForce GTX 1050を採用しているタワー型のデスクトップパソコン。映像のカクつきが少なく、リアルで臨場感のある映画や動画が楽しめます。また、動画などの映像を編集するのにもおすすめです。

USBポートが計10個搭載されているなど、インターフェースが豊富なのも特徴。ファイルのやり取りやデバイスへの接続が自由に行えます。また、光学式ドライブにDVDスーパーマルチドライブが採用されているのもポイントです。

ピュアシルバーで統一されたスタイリッシュなボディで、さまざまなインテリアに溶け込みます。また、Wi-Fiに対応しているので、有線LANを使わずにすっきりと設置できるのも魅力。機能性とデザイン性を兼ね備えているモデルです。

エイサー(Acer) Aspire XC-830-A18F

CPUにインテルのCeleronプロセッサを搭載した、ホームユースにおすすめのモデルです。8GBのメモリを搭載しており、ネットサーフィンや動画の視聴にぴったり。HDDタイプながら1TBの大容量ストレージを搭載しているため、容量不足になりにくいのが魅力です。書類・写真・ビデオなど多くのファイルが保存できます。さらに、空きスロットが準備されているのでSSDを増設することも可能です。

タワー型の筐体にはスリムでスタイリッシュなデザインを採用。横幅が約10cmしかないため、スペースの限られた場所にも設置できます。また、気軽に購入できる安い価格も本モデルの特徴。デスクトップを検討している初心者の方にもピッタリなので、一度チェックしてみてください。

デスクトップパソコンのおすすめモデル|スティック型・コンパクトPC

アップル(Apple) Mac mini M1

本体サイズが幅197×奥行197×高さ36mmとコンパクトで、さまざまな場所に設置できるコンパクトPCです。スタイリッシュなデザインで、インテリアにマッチしやすいのが魅力。メモリは8GBあり、動画などのコンテンツが快適に視聴可能です。

また、最大2台のモニターへ同時に接続可能。複数のアプリケーションやソフトが一度に表示でき、作業効率が向上します。CPUには8コアの「Apple M1チップ」を搭載しており、重たいタスクにも対応可能です。

小型ボディながらも、USBポートやHDMIなど複数のインターフェースが備わっているのもポイント。Wi-FiやBluetoothなどの通信機能にも対応しています。おしゃれで高機能な製品を探している方はチェックしてみてください。

レノボ(Lenovo) ThinkCentre M90n-1 Nano

本体サイズが幅179×奥行88×高さ22mmと小型で、ワークスペースが広く使えるコンパクトPC。壁や机の下など、邪魔になりにくい所へ設置できます。また、通常のデスクトップパソコンと同等の性能や低消費電力を実現しているのが特徴です。

CPUには第8世代インテルCore i5プロセッサを採用。USB Type-Cポートなど、さまざまなインターフェースが搭載されており、多くの機器からデータが取り込めます。マルチタスクも快適に処理できるのが魅力です。

TCG V2.0に準拠したセキュリティチップを内蔵しているのもポイント。パスワードや暗号化キーでデータをしっかり保護可能です。また、セキュリティキーホールで物理的な盗難が防げるなど、高いセキュリティ性が備わっています。

レノボ(Lenovo) ThinkCentre M75n Nano IoT

ヒートシンク付きのファンレス構造を採用しているコンパクトPC。埃を吸い込みにくく、故障のリスクを軽減するのが特徴です。また、ファンが搭載されていない静音設計で、稼働音を気にせず使用できます。

アメリカ軍の調達基準であるMIL規格に準拠しているため、さまざまな環境下で使用できるのが特徴。幅179×奥行88×高さ34.5mmのコンパクトなボディで、簡単に設置や管理が行えます。また、重量が約720gと軽量で、持ち運べるのも魅力です。

USB3.1 Gen 2 Type-Cポートやシリアルポートなどのインターフェースを搭載しており、さまざまなデバイスが接続可能。また、セキュリティチップやSmart USB Protectionが備わっているので、セキュリティ面も良好です。

エイスース(ASUS) VivoMini VC65-C1

スタイリッシュな見た目のコンパクトPC。本体サイズは197.5×61.9×196.3mmとコンパクトで、設置場所の選択肢が多いのも特徴です。

インテルCore i5プロセッサと8GBのメモリを搭載。通常のデスクトップパソコンと同等のパフォーマンスを発揮するので、さまざまな作業がスムーズに行えます。

ボディ前面にはDVDスーパーマルチドライブを搭載。そのほかにもUSBポートやカードリーダーなど、複数のインターフェースが備わっています。また、Wi-Fiに対応しており、ワイヤレスで使用できるのも魅力です。

エイスース(ASUS) VivoStick PC TS10

本体をモニターやテレビのHDMI端子に挿して使用するスティック型のデスクトップパソコンです。本体サイズはわずか幅139×奥行36×高さ16.5mmとコンパクト。重さが75gしかないので、ポケットの中に入れて持ち運べるのが特徴です。

滑らかな曲線を使用したスタイリッシュなデザインで、どの角度からでも高級感が演出できる見た目もポイント。落ち着いた雰囲気に仕上げられています。また、電源ボタンにワンポイントが施されているなど、細部にまでこだわりが見られるのも魅力です。

CPUにはクアッドコアのインテル Atom x5-Z8350プロセッサを採用。フルHDの画面出力にも対応しています。また、ボディにはUSBポートが2つ搭載されているので、周辺機器の接続も可能です。

デスクトップパソコンのおすすめモデル|ゲーミング

ドスパラ(Dospara) GALLERIA XA7R-R37

ボディ前面に、新世界に入り込むためのゲートをイメージしたRGB-LEDライトがあしらわれているゲーミングデスクトップパソコン。ボディ全体にはガンメタリック塗装が施されています。スタイリッシュな見た目が特徴です。

CPUはRyzen 7 3700X、グラフィックスにはGeForce RTX 3070 8GB GDDR6を採用。最新ゲームが迫力のある映像で楽しめます。また、140mmの冷却ファンを搭載しているので、本体が熱くなりにくいのも魅力です。

コンソールパネルには45°の傾斜が付けられているため、さまざまな角度からインターフェースにアクセスしやすいのもポイント。電源のオン・オフもスムーズに行えます。デザイン性と機能性を兼ね備えているモデルです。

ドスパラ(Dospara) GALLERIA ZA9C-R37

SSDに1TBのNVMe SSDを搭載しているゲーミングデスクトップパソコン。読み込み速度が1秒間に3200MBと高速で、ゲームの起動がスムーズに行えます。また、メモリは16GBを採用しており、最新ゲームもサクサク楽しむことが可能です。

CPUには第10世代のインテル Core i9を採用。多くの処理が同時に行えます。また、グラフィックボードには高い応答性が備わったNVIDIAのGeForce RTX 3070を搭載。動きの激しいゲームでもカクつきにくいのが魅力です。

本体前面に45°の傾斜が付けられたコンソールパネルが備わっているのもポイント。ボディには好みに応じて色を変えられるLEDライトがあしらわれています。ハイエンドモデルを探している方におすすめのモデルです。

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune HN-A

1秒間に最大約5000MBの読み込み速度を誇る高速SSDを搭載したゲーミングデスクトップパソコン。4K高画質の最新ゲームがサクサク楽しめます。また、プロ仕様のソフトを使った本格的な動画編集も快適に楽しめるのが魅力です。

グラフィックボードには遅延の少ないNVIDIA GeForce RTX 3070を採用。レーシングゲームや格闘ゲーム、FPSなど動きの激しいゲームが優位に進行可能です。また、ゲームをしながらのライブ配信でも高いパフォーマンスを発揮します。

ボディサイドにガラスパネルを配し、全体をブラックで統一したケースを採用。無骨なデザインと効率性を重視した設計が特徴です。ヘビーゲーマーにもおすすめで、ゲーマーの要望が随所に反映されています。

マウスコンピューター(MouseComputer) G-Tune HN-Z

CPUにインテル Core i9-10900Kを採用しているゲーミングデスクトップパソコン。多くの処理作業が一度に素早く行えます。SNSで攻略法をチェックしながらゲームを進めたい方におすすめです。

ボディ底面に大型の吸気口が備わっており、かつ水冷CPUクーラーを搭載しているのが特徴。効率的な冷却を実現しており、長時間のプレイでも本体が熱くなりにくいのが魅力です。また、LEDファンが最大6個まで搭載できます。

リアルタイムレイトレーシング対応ゲームの場合、光源や陰影が高いクオリティで描写されるのもポイント。没入感のあるゲーミングが楽しめます。さまざまなシーンでの使用におすすめのモデルです。

デル(Dell) ALIENWARE AURORA R11

Killer E3000 2.5GB有線LANとWiFi6対応のKillerワイヤレスを標準搭載しているゲーミングデスクトップパソコンです。Killer DoubleShot Pro機能により、有線LANと無線LANが同時に接続可能。快適なコネクション環境が獲得できます。

2基の軸流ファンや4本の10mm銅製ヒートパイプを搭載するなど、高い冷却機能が備わっているのも特徴。筐体前面から冷たい空気を取り込む仕様を採用しています。長時間のプレイでも本体が熱を持ちにくいのが魅力です。

最大15個のUSBポートやイヤホンジャックなど、インターフェースが多数搭載されているのもポイント。ハイパフォーマンスモデルを探している方におすすめモデルです。

デスクトップパソコンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

デスクトップパソコンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。