コンパクトなためデスクの上で邪魔にならず、簡単に持ち運んで便利に使えるのが「小型PC」の魅力です。最近ではスペックを抑えた価格の安いモノから、クリエイティブな現場で活躍するハイスペックなプロユースモデルまで、さまざまな製品が販売されています。

そこで今回は、小型PCのおすすめモデルをご紹介。使用するメリット・デメリットや選び方についても解説するので、興味のある方はチェックしてみてください。

小型PCのメリット・デメリット

メリット

By: asus.com

コンパクトなため、ちょっとしたスペースにも設置できるのが小型PCのメリットです。パソコン本体の設置場所を確保するのが難しい方におすすめ。デスクトップパソコン用の見やすいディスプレイや、軽快にタイピングできるフルサイズキーボードなどを接続して、快適に作業をおこなうことが可能です。ディスプレイの背面に取り付けられるよう、VESA規格に対応した製品なども販売されています。

携帯性に優れているのも小型PCの特徴。周辺機器の環境が整っている場所であれば、どこへでも持って行って使えます。オフィスで作成した資料を訪問先のプロジェクターに繋いでプレゼンをおこなう、といった使い方も可能です。

テレビに接続すれば動画の視聴ができるなど、さまざまな場所で多目的に利用できます。手のひらに乗る超小型の製品もあるので、気になる方はチェックしてみてください。

デメリット

By: asus.com

徹底した省スペース設計がされている一方で、拡張性に乏しいのが小型PCのデメリット。PCI-eスロットがないため、グラフィックボードやインターフェースカードなどを後付けすることができません。光学ドライブを搭載していない製品がほどんどなので、DVDなどを利用したい方は外付ドライブを別途購入することになります。

また、一般的なデスクトップパソコンと比較して、コスパが低い傾向があるのもポイントです。同等スペックのモデルを選んでも価格が多少高くなってしまうこともあるため、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

小型PCの選び方

CPUとメモリはしっかりチェック

By: asus.com

CPUとメモリは、小型PC全体の処理速度を左右する重要なパーツです。CPUは人間でいうと「頭脳」、メモリは仕事をする際の「作業台」にあたります。ウェブサイトの閲覧や動画視聴程度の内容であれば、CPUはIntelのCeleronプロセッサ、メモリは4GBほどで十分です。

一方、ビジネスでもサクサク使いたいなら、Core i5以上のプロセッサと8GB程度のメモリは必要。さらに、動画の加工や編集といったクリエイティブな作業目的の場合は、Core i7プロセッサや16GBなど大容量メモリを選択するのがおすすめです。

ただし、高性能なCPUや大容量のメモリは価格も高くなるので注意が必要。目的に応じて適切なスペックのモデルを選んでみてください。

HDDやSSDを後付けできるか

By: asus.com

アプリやゲームなど、保存の必要なデータ量はどんどん増加します。ストレージに余裕のある小型PCを選んだつもりでも、いつの間にか容量がいっぱいになることも。HDDやSSDが後付けできる仕様なら、容量不足に対応しやすいのでおすすめです。

2.5インチのSATAスロットやM.2スロット搭載モデルなど、HDDやSSDを簡単に増設できる製品もあるため、心配な方はチェックしてみましょう。

搭載インターフェースの種類と数

By: amazon.co.jp

小型PCを選ぶ際にはインターフェースの種類や数の確認も大切です。USB Type-Aはキーボードやマウスなど、多くの周辺機器を繋ぐのに便利なポート。必要な数が確保されているかしっかりとチェックしておきましょう。

ほかにも、映像用のHDMI・Display Port・VGAや有線LAN・SDカードスロットなどといったポート類があります。利用するデバイスとの接続が可能か、よく確認してみてください。

小型PCのおすすめメーカー

エイスース(ASUS)

By: rakuten.co.jp

台湾に本社を構えるパソコンや周辺機器などを販売するメーカーです。パソコン製品はエントリーユーザー向けの手頃な価格のモデルから、高性能なゲーミングマシンまで幅広いラインナップが人気。小型PCでもVivoMini・PN・PBなど多くのシリーズを展開しています。

高性能CPUやGPUを搭載したプロ仕様モデルもあるなど、クリエイターの方にもおすすめのメーカーです。

アップル(Apple)

By: apple.com

iPhoneやiPadといった革新的なデバイスの開発で人気のメーカーです。パソコンはノートタイプのMacBookシリーズと、デスクトップタイプのiMacシリーズを展開。唯一、小型PCタイプとなるのが「Mac mini」シリーズです。

2020年11月にはIntelのCore iプロセッサ搭載モデルに加え、M1チップ採用モデルが追加されました。Macに最適化されているため、従来モデルを上回るハイパフォーマンスが期待できます。

小型PCのおすすめモデル

エイスース(ASUS) デスクトップミニパソコン VC65-C1G7096ZN

省スペース性能を重視する方におすすめの小型PCです。VESAマウントに対応しているのが特徴。モニター背面に取り付けられるためデスク上が広く使えます。電源アダプター内蔵型なので、ACアダプターを置く必要もありません。

DisplayPort・HDMI・VGAと3系統の出力ポートを搭載しており、最大3台のモニターに繋げられます。マルチディスプレイ環境の構築を考えている方にもピッタリのモデルです。IntelのCore i7プロセッサと8GBのメモリを実装しているため、アプリがサクサク動作します。メモリの最大搭載量は32GBです。

「DVDスーパーマルチドライブ」を内蔵しているのも本モデルの特徴。映画や音楽など多様なコンテンツを楽しめます。

エイスース(ASUS) ミニPC PN50-BBR025MD

HDDとSSD、メモリを搭載していないベアボーンモデルです。予算や目的に応じて、自由にセットアップできる小型PCを求める方におすすめの製品。ストレージはSATAとM.2に対応しており、HDDもしくはSSDが組み込めます。また、DDR4規格のメモリは最大64GBまで実装することが可能です。

CPUにはAMDの「Ryzen R3 4300U」を採用。「Radeon Graphics」を内蔵しており、最大4台のモニターへ同時に出力できます。さらに、4Kや8Kモニターへの表示にも対応しているなど、グラフィック性能を重視する方におすすめのモデルです。

アップル(Apple) Mac mini MGNR3J/A

Appleが発売する小型PCです。独自に開発した「M1」チップを採用しているのが特徴。CPU・GPU・Neural Engineといった機能を1チップに集約しています。多くの処理を低消費電力で実行できる高性能かつ高効率なプロセッサです。ビジネスユースはもちろん、動画編集などクリエイティブな作業でも活躍します。

ストレージは256GBのSSDと標準的な容量を搭載。「Thunderbolt 3」対応のUSB Type-Cポートを備えているため、大容量ファイルの移行やバックアップを高速で実行することが可能です。そのほか、USB Type-A・HDMI・有線LANなど豊富なインターフェースを搭載しています。

CHUWI 小型PC HeroBox

普段使いに適した小型PCを探している方におすすめのモデルです。IntelのCeleronプロセッサと8GBのメモリを搭載しており、ネットサーフィンや動画の視聴が快適におこなえます。256GBのSSDを搭載しているため、一般的な使い方であれば容量不足もほぼ心配ありません。また、購入しやすい手頃な価格も本モデルの特徴です。

ファンレス設計で静音性が高く、静かな環境でも周囲に気兼ねなく使用できます。コンパクトなボディは0.6kgと軽量なため、カバンやリュックに入れて容易に持ち運ぶことが可能です。

CHUWI LarkBox Pro

携帯性を重視する方におすすめの小型PCです。61×61×43mmと手のひらサイズのコンパクトなモデル。重さも127gと非常に軽量なため、オフィス内であればそのまま手で持って移動できます。デスクでプレゼン資料を作成し、会議室でプロジェクターに繋いで発表するといった便利な使い方も可能です。

優れた拡張性を有しているのも本モデルの特徴。搭載しているストレージ容量は128GBのeMMCと抑えめですが、最大1TBのSATA対応SSDが増設できるので安心です。また、最大128GBのmicroSDカードが利用できます。

そのほか、4K出力に対応したHDMIポートを搭載するなど、小型ながら多様な用途で活躍するモデルです。

MINISFORUM DeskMini UM250

プライベートからビジネスまで、幅広いシーンで使える小型PCを求める方におすすめのモデルです。CPUにはコスパに優れたAMDのRyzen 5を採用。16GBのメモリを搭載しているため、軽めの画像編集などクリエイティブな作業にも対応できます。メモリは最大32GBタイプへの換装ができるので、将来的により大きな容量が必要になっても安心です。

さらに、搭載している512GBのSSDは、最大2TBタイプに換装が可能など拡張性は良好。写真や動画といったファイルも余裕を持って保存できます。

豊富な映像出力ポートを備えているのも本モデルの特徴です。HDMIとDisplayPortに加え、USB Type-Cポートを搭載。最大3台のモニターで効率的に作業がおこなえます。リモートワーク用途にもピッタリなので、気になる方はチェックしてみてください。

ACEPC 小型PC

気軽に購入できる、安い小型PCが欲しい方におすすめのモデルです。Celeron N3350プロセッサが搭載された控えめのスペック。ウェブサイトの閲覧や文書作成といった軽い作業用途に向いています。VESAマウントに対応しているため、デスク上のスペースが限られている環境にもピッタリです。

ストレージ容量は、2.5インチのSSDもしくはHDDが増設できるので安心。簡単に取り付けられるのが嬉しいポイントです。厚さ45mmと薄型設計のため、カバンに入れて容易に持ち運べます。

Skynew ミニパソコン W3

ビジネス用途におすすめの小型PCです。第10世代のCore i5プロセッサを搭載しているのが特徴。8GBのメモリも実装しているため、ビジネスアプリも快適に利用することが可能です。プレゼン資料の作成や表計算シートでのデータ分析など、さまざまなシーンで活躍します。

256GBのSSDだけでなく、2.5インチのSATAスロットも備えているので、万が一容量が不足しても増設可能。DisplayPortとHDMIポートを搭載しており、デュアルディスプレイ環境での作業もできます。

インテル(Intel) NUC 小型PCベアボーン BOXNUC6I5SYK

手頃な価格が魅力のベアボーンです。IntelのCore i5プロセッサを実装しており、幅広い用途に対応できる基本性能を備えているのが特徴。ウェブサイトの閲覧や動画の視聴といった普段使いから、マルチタスクを多用するビジネスユースまで、目的や予算に合った仕様の小型PCに仕上げられます。

メモリは最大32GBまで搭載でき、SSDはM.2タイプのモノを装着することが可能です。ただし、メモリとストレージは別途準備する必要があるため、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。有線LANだけでなく無線LANにも対応しているので、楽にネットワークへ接続できるのもポイントです。

Mele & Co. 小型PC

スティック形状をしたユニークなデザインの小型PCです。スリムでコンパクトなボディは、121gと非常に軽量。外回りや出張など、どこへでも簡単に持ち運べます。携帯性に優れた製品を求める方におすすめのモデルです。

本体側面にHDMI端子を搭載しているのが特徴。モニターのHDMIポートとダイレクトに接続することが可能です。訪問先でスマートにプレゼンがおこなえます。128GBのeMMCに加え、最大1TBのmicroSDカードが利用できるため、大容量ファイルを持ち歩きたいシーンでも安心です。

小型PCのAmazonランキングをチェック

小型PCのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。