ビジネスシーンで使用することの多いソフトが標準で搭載されている「法人向けパソコン」。ビジネスで使用するパソコンには必要のないソフト・アプリはインストールされておらず、サクサク動作するのが魅力です。

また、メーカーが法人向けに販売しているパソコンは、余分な機能を省くことでリーズナブルな価格のモデルが多くラインナップされています。そこで今回は、おすすめの法人向けパソコンをご紹介。普通のパソコンとの違いも解説するのでチェックしてみてください。

法人向けパソコンと個人向けパソコンの違い

個人向けパソコンとの大きな違いは、デフォルトで備えられているソフトの有無です。各企業ごとにソフトを導入する法人向けパソコンは、付属ソフトが限られています。

特に動画・音楽・写真などのソフトを省略しているため、余計なソフトにCPUやメモリを消費しない設計です。また、法人向けパソコンにはセキュリティソフトを搭載していないモデルが多くあります。そのため、よりセキュリティレベルの高い法人向けソフトを別途セットアップする必要があることは注意しておきましょう。

デスクトップパソコンかノートパソコンか

デスクトップパソコン

By: asus.com

法人向けデスクトップパソコンは、ノートパソコンに比べて高性能なモデルが多くラインナップされているのが特徴。各デスク備え付けで使うので、有線でインターネットに接続することがほとんど。個人のデスクが決まっているオフィスでの導入におすすめです。

また、画像編集や動画編集などパソコンに負担がかかりやすい作業も快適に動かせるモデルが多いので、クリエイター向けのパソコンを探している方はデスクトップパソコンを選びましょう。

ノートパソコン

By: dynabook.com

ノートパソコンはサイズが小さいモデルが多いため、持ち運んで使用できるのが魅力。フリーアドレスを導入しているオフィスはもちろん、会議室やほかのデスクで作業したいときに便利です。

また、ノートパソコンの多くに無線LANが搭載されています。営業の外回りなど外出先で使用することが多い場合はノートパソコンをチェックしておきましょう。

法人向けパソコンの選び方

OSをチェック

ビジネスパソコンで主流の「Windows」

法人向けパソコンのOSは「Windows」が主流。ビジネスシーンで使用されることが多いWindowsであれば、ソフトや周辺機器の互換性に悩む必要がありません。

個人用パソコンに搭載されているWindowsには、動画・音楽・写真・メールなど多様なソフトがインストール済み。法人向けパソコンであれば、余計なソフトを搭載していないシンプルなWindows OSを備えています。ビジネスに必要なソフトだけを選んでインストールし、業務に最適な環境を構築可能です。

クリエイターに人気の「macOS」

企業の業態によっては、「macOS」を搭載するパソコン「Mac」をメインで使用している場合があります。「イラストレーター」や「フォトショップ」など、現在ではWindowsでも使用できる画像編集ソフトですが、昔はmacOSでしか使用できませんでした。その名残から、macOSはデザイナー・クリエイターといった業種で多く使用される傾向があります。

また、日本国内で人気のiPhoneやタブレットの代表的製品であるiPadは、Macと同様にアップルが開発するデバイス。そのため、iPhone・iPadに搭載されている「iOS」との互換性が高いこともmacOSのメリットです。

CPUやメモリをチェック

パソコンの頭脳と言われている「CPU」。処理性能やコストを決める大きな要因になるパーツです。Officeソフトをメインに使用する場合は「core i5」、動画や高画質画像の編集を行う場合は「core i7」を目安にしてください。

メモリは、ウィンドウを多く開いたりソフトを複数起動したりといった際の動作の速度に影響します。メモリ容量が低ければ、CPUの性能が存分に発揮されません。快適な動作を求めるのであれば、最低でも4GB以上のメモリが必要。動画・画像の編集といった高負荷作業を行う場合は、8GB以上がおすすめです。

接続端子をチェック

ビジネスシーンでは、パソコン本体とさまざまな機器を接続することがあります。インターネットを優先で接続する場合には有線LANポートを、マウスやキーボードの接続にはUSBポートが必要です。

そのほか、プロジェクターや外部ディスプレイと接続してプレゼン資料を表示する場合は、映像出力端子の有無を確認しておきましょう。HDMIポートやDVIポートなどの接続端子を搭載したモデルがおすすめです。

エクセルやパワーポイントなどをチェック

ビジネスシーンでは、ほとんどの場合でOfficeソフトを使用します。メーカーによっては、Officeソフトをインストールした法人向けパソコンを扱っている場合もあります。

Excel・Word・PowerPointなど、使用するソフトが決まっているのであれば、インストール済みの法人向けパソコンを選択してコストを抑えられるのでチェックしておきましょう。

法人向けパソコンのおすすめモデル

日本電気(NEC) デスクトップ Mate J タイプML PC-MRM28LZ6ACS3

日本電気(NEC) デスクトップ Mate J タイプML PC-MRM28LZ6ACS3

スタンダードな性能を備えた使いやすい法人向けパソコン。CPUにインテルのCore i5-8400、メモリ8GBを使用しており、高い処理性能を備えています。ストレージは500GBのHDDを採用。Officeソフトで作成した資料程度であれば十分保存できます。

インターネット接続は、1000BASE-Tの高速インターネット接続に対応。そのほか、マイクロソフトの「Office Personal 2016」が付属しています。標準機能を抑えたデスクトップパソコンを探している方におすすめです。

富士通(FUJITSU) ESPRIMO D588/TX FMVD3802JP

富士通(FUJITSU) ESPRIMO D588/TX FMVD3802JP

コンパクトなボディで設置場所を選ばない法人向けデスクトップパソコン。本体のサイズは約89×338×332mmで、縦だけでなく横向きでの設置が可能です。CPUには第8世代のインテルのCore i5-8500を採用。メモリは8GB搭載しているので、一般的な使用であればサクサクと動作します。

パソコン本体のカバーは工具なしで取り外しできるので、メモリやHDDを増設する際に便利です。映像出力端子はDisplayPortを搭載。変換ケーブルを利用すれば、HDMI・VGA・DVIにも対応でき、4K解像度での出力も可能です。

OSは「Windows10 Pro」、付属ソフトとして「Office Home&Business 2016」を搭載。キーボードやマウスも付属しているので、ディスプレイさえあれば購入後すぐに使用できておすすめです。

ヒューレットパッカード(HP) EliteDesk 800 G3 SF

ヒューレットパッカード(HP) EliteDesk 800 G3 SF

さまざまな端子を備えた、法人向けデスクトップパソコン。本体前面にUSB Type-Cポートを1基・USB3.1ポートを2基・USB2.0ポートを2基備えているので使い勝手に優れています。

背面にはUSB3.1ポートを4基・USB2.0ポートを2基・有線LANポートを搭載。映像出力端子はDisplayPortを2基搭載しており、複数のモニターへ出力できます。

CPUはインテルのCore i5-7500、メモリ8GBを採用しているので、動作も快適です。ストレージには1TBのHDDを備えているので、ビジネスに必要なソフトやデータを安心して保存しておけます。

OSには「Windows10 Pro」を採用。強固なセキュリティだけでなく、ウィンドウを画面の端に合わせて移動・リサイズする「Snap機能」や、1台のパソコン内に仮想デスクトップを複数作成できる「仮想デスクトップ機能」など、業務を快適に行いたい方におすすめです。

レノボ(Lenovo) ThinkCentre M715q Tiny 10VGCTO1WW-9-2-5-A-N

レノボ(Lenovo) ThinkCentre M715q Tiny 10VGCTO1WW-9-2-5-A-N

コンパクトなボディと優れたコスパが魅力の法人向けデスクトップパソコン。本体サイズは約345×182×179mmと小型で、デスク上のスペースを有効に使えます。CPUはAMDのRyzen 5 PRO 2400Eを採用。3.20GHzのクロック周波数を誇る高スペックCPUながら、コスパに優れています。

メモリ容量は8GB、ストレージには256GBのSSDを採用。高速データ転送が可能なM.2 SSDにより、OSやソフトの起動をスムーズに行えます。インターネット接続は有線・無線の両方に対応。Bluetoothを搭載しているので、無線でのキーボード・マウス接続を考えている場合におすすめです。

インターフェイスはUSB3.1を3基・USB2.0を3基装備。映像出力はDiplayPortでの接続に対応しています。コンパクトなサイズながら幅広い用途で使える、おすすめのモデルです。

エイスース(ASUS) VivoMini VC65-C1 VC65-C1G5058ZN

エイスース(ASUS) VivoMini VC65-C1 VC65-C1G5058ZN

高性能な小型法人向けデスクトップパソコン。本体サイズは約197.5×61.9×196.3mmとコンパクトながら、DVDスーパーマルチドライブを備えています。コンパクトな本体は、付属しているVESA規格対応マウントを使用して壁にも設置可能。デスク上のスペースを確保したい場合におすすめです。

電源アダプターは本体に内蔵。コンセントから本体まで、電源コードだけで済むので余計なスペースを必要としません。CPUにはインテルのCore i5-8400T、メモリ容量 8GBを搭載。ストレージには256GBのSSDを採用しています。

インターフェイスはUSB3.1を5基・USB Type-Cを搭載。映像出力端子は、D-sub・DisplayPort・HDMIを備えており、ディスプレイを複数使用する場合におすすめです。

アップル(Apple) iMac 27インチ Retina 5Kディスプレイ

アップル(Apple) iMac 27インチ Retina 5Kディスプレイ

ディスプレイ一体型で使い勝手に優れた、アップルのiMac。27インチのRetinaディスプレイは、5120×2880と高解像度です。CPUはインテルのCore i5を採用。6コアの高性能プロセッサーで、「Turbo Boost」使用時のクロック周波数は最大4.1GHzを誇ります。

メモリ容量はCPUとは別にRadeonのグラフィックプロセッサーを搭載。映像や画像の編集に優れた性能を発揮します。メモリ容量は8GB、ストレージは1TBのHDDを搭載していますが、オプションでアップグレードの選択ができます。

そのほか、使い勝手に優れたキーボードとマウスが付属。インタフェースは、USB3.0ポートを4基・USB Type-Cポートを2基・有線LANポートを搭載しています。SDカードスロットも備えているので、カメラからの動画・画像データ転送が手軽にできるのが魅力。クリエイター向けのハイスペックなモデルを探している方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) dynabook VC72/D PV72DBGCKU7QA11ds-2020265

東芝(TOSHIBA) dynabook VC72/D PV72DBGCKU7QA11ds-2020265

タブレットとしても使える2in1タイプの法人向けノートパソコン。本体サイズは約299×219×15.4mm、重さが約1.099kgとコンパクトなので、持ち運びに便利です。

ディスプレイは、1920×1080のフルHDを採用しており、精細な映像を楽しめます。専用のアクティブ静電ペンが付属しているので、メモやイラストの書き込みにおすすめです。

CPUはインテルのCore i5-7300U、メモリは8GBを搭載。ストレージにはデータ転送速度に優れたSSDを採用しています。さらに、ビジネスシーンで使用頻度の高い「Office Home&Business」が付属しています。インターネット接続は有線・無線の両方に対応。営業など外でパソコンを使用することが多い方におすすめのモデルです。

富士通(FUJITSU) LIFEBOOK A576/PX FMVA1601XP

富士通(FUJITSU) LIFEBOOK A576/PX FMVA1601XP

テンキー搭載の15.6インチ法人向けノートパソコン。フルサイズキーボードを搭載しているので、データの入力や経理業務におすすめです。CPUはインテルのCore i5-6300U、メモリは4GBを採用。メールの送受信やOfficeソフトによる資料作成におすすめです。

ノートパソコンながらスーパーマルチドライブ搭載。DVD・CDを使用してデータの読み込みや保存を行う際に便利です。OSには「Windows10 Pro」を採用。「Office Personal 2016」が付属しており、表計算やビジネス文書の作成も可能。

有線に加えて無線にも対応。オフィス内の移動はもちろん、外出先でもWi-Fiが届いている場所であればインターネットへ接続できます。

日本電気(NEC) ノート VersaPro J タイプVF PC-VJE18FBGB414

日本電気(NEC) ノート VersaPro J タイプVF PC-VJE18FBGB414

スリムなボディにベーシックな機能を備えた法人向けノートパソコン。本体サイズは約385.6×258×22.6mmで、15.6インチディスプレイを備えながら、コンパクトでスリムなボディを実現しています。CPUにインテルのCeleron i5-3865U、メモリ容量は4GB。ベーシックな性能でコストを重視した仕様です。

バッテリーの最大駆動時間は約8時間あり、1日中安心して使用できます。インターフェイスにはUSB3.0ポートを3基搭載。高速なデータ転送を求める場合におすすめです。プロジェクターへの映像出力に便利なHDMIポート採用しているので、会議などで別のモニターへ画面を出力する際に活躍します。

そのほか、Web会議などで便利なWebカメラを搭載。さらに、搭載されている顔認証ソフト「NeoFace Monitor」により、ログイン時のパスワード入力を省略できます。セキュリティ面にも優れた、おすすめのモデルです。