個人向けパソコンに比べて堅牢性やセキュリティ面が良好で、安心して使えるモデルが豊富な「法人向けパソコン」。性能に優れたパーツを搭載しており、動作が快適なのも特徴です。

しかし、法人向けパソコンは、多くの大手メーカーが取り扱っているため、どれを選べばよいのか分からない方も多いはず。そこで今回は、法人向けパソコンのおすすめモデルをご紹介します。選び方についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

法人向けパソコンと個人向けパソコンの違い

法人向けパソコンのメリット・デメリット

By: mouse-jp.co.jp

法人向けパソコンのメリットは、堅牢性やセキュリティ機能に優れている点です。特に持ち運びなどで落としてしまう可能性があるノートパソコンについては、頑丈な作りになっているモノが多くラインナップされています。

セキュリティ面については、バックアップや情報漏洩を防止する機能などを搭載しているモデルがあり、安心して仕事に取り組めます。

一方、法人向けパソコンのデメリットは、付属のソフトやサービスが最低限に抑えられている場合が多い点です。ソフトについては、業務の内容に応じて都度必要なモノをインストールしていく必要があります。

ただし法人向けパソコンは、ソフトの数を絞ることでコストが抑えられているほか、必要以上にストレージを圧迫しない側面もあります。

個人向けパソコンのメリット・デメリット

By: asus.com

個人向けパソコンのメリットは、法人向けよりも製品の種類が豊富で、好みのスペックのパソコンを選びやすい点にあります。また、法人向けはビジネスシーンを想定した作りのため、シンプルなデザインのモデルがほとんどですが、個人向けは個性的なデザインのモデルもラインナップされています。

個人向けパソコンのデメリットは、法人向けパソコンに比べてセキュリティ性能や管理機能にやや劣ること。また、長期的なサポートが可能なモデルが多い法人向けと比較して、保証期間が約1年程度と短い製品が多いのデメリットです。

法人向けパソコンの選び方

スペックをチェック

CPUはCore i5・Ryzen 5以上

By: dell.com

CPUは、Core i5・Ryzen 5以上のスペックを有したモノを選ぶのがおすすめです。CPUは、パソコンの動作を処理するための部品で、高性能であるほど動作が軽くなったり、消費電力を抑えたりできます。

CPUの種類は、Intelの「Core i」と、AMDの「Ryzen」シリーズが主流です。Core i5・Ryzen 5は、複数のOfficeソフトの同時利用や、長時間の作業を行うのに適しています。動画編集などの高負荷作業を行う方は、より高性能なCore i7・Ryzen 7以上のスペックを検討してみてください。

そのほかにもCPUは、Celeron・Pentium・Athlonなどがありますが、これらはエントリーモデルなので、Core i5・Ryzen 5に比べると快適性に劣ります。

メモリは8~16GBあれば十分

By: mouse-jp.co.jp

メモリは、8~16GBを目安に選びましょう。メモリとは、ストレージから読み出したデータを一時的に保存する部品のことです。容量が大きいほどパソコンの処理速度が向上し、複数のソフトを使用しても快適に作業を行えます。

仕事で書類を作成したり、資料用にWebサイトを表示したりするのがメインの方は、8GBのメモリを内蔵していると快適です。複数のソフトを立ち上げたり、画像編集ソフトなどを使ったりする方は、16GBのメモリを搭載しているパソコンが適しています。

なかには、32GB以上のメモリを搭載したパソコンもあります。4K動画編集などの高負荷の作業を行うのに必要なスペックなので、多くの方は8~16GBのメモリがあれば十分です。

ストレージは256GB以上

By: dosparaplus.com

ストレージは、SSDの256GB以上を選ぶのがおすすめ。ストレージとは、パソコンで作成したデータやダウンロードしたデータなどを保存する部品のことです。

ストレージの種類は「HDD」と「SSD」の2種類があります。SSDは、HDDに比べてデータの読み込みやソフトの起動が高速なため、作業が快適。また、使用時の静音性に優れているのも特徴です。

一方でHDDは、TB単位の大容量モデルでも、比較的にリーズナブルな価格で導入できるのがメリット。しかし、SSDに比べると動作が遅く、使用時に音や振動が起こるのがデメリットです。

ストレージの容量は、書類作成がメインの方だと256GBで十分です。多くのソフトや動画などのデータを扱う場合は、256GBよりも大きい容量のストレージを検討してみてください。

OSはWindows 11

By: mouse-jp.co.jp

OSとは、パソコンを稼働させるシステムのこと。法人向けパソコンのOSの種類は、Microsoftの「Windows」、Appleの「Mac OS」が代表的です。OSは、それぞれで使い勝手が異なるほか、対応できるソフトにも違いがあります。

Windowsは、対応するソフトが幅広いので安心。種類は大きく分けて「Windows 10」と「Windows 11」があります。しかし、Windows 10は2025年10月14日にサポートが終了するため注意。OSにこだわりがなければ、Windows 11を選ぶのがおすすめです。

Mac OSは、搭載している機種やUIのデザイン性がよく、画像や動画編集のようなクリエイティブワークを得意とします。また、iPhoneやiPadなどのApple製品と連携しやすいのもポイントです。ただし、Windows搭載のパソコンに比べて価格は高い傾向にあります。

ノートパソコンを持ち運びたいなら画面サイズや重量をチェック

By: amazon.co.jp

頻繁にノートパソコンを出先へ持ち運ぶ方は、製品選びの際に画面サイズや重量をチェックしておきましょう。作業性と持ち運び性のバランスを考慮すると、ノートパソコンの画面サイズは13インチ程度、重量は0.7~1.2kg程度を目安に選ぶのがおすすめです。

画面が大きいノートパソコンは作業性に優れているものの、本体のサイズが大きくほか重量も増すため、持ち運び性に乏しくなります。

Officeソフトが搭載されているかチェック

By: mouse-jp.co.jp

法人向けパソコンを選ぶ際は、Officeソフトが搭載されているかをチェックしましょう。製品によっては、同じ機種でもオプションの違いによって、Officeソフトが付属しているモノと付属していないモノがあります。

Officeソフトは別途で導入することも可能です。しかし、パソコンに付属している場合のほうが、コストを抑えて導入できるというメリットがあります。

搭載端子をチェック

By: hp.com

法人向けパソコンは、モデルによって搭載している端子が大きく異なるため、事前にしっかりと確認しておきましょう。搭載端子の確認ができていないと、必要なときにデータが読み込めなかったり、モニターに映像を出力できなかったりするので注意が必要です。

パソコンに搭載されている端子は、USB Type-A・Type-C・SDカードスロット・LANケーブル端子・HDMI端子・光学ドライブ・ヘッドフォン端子・マイク端子などがあります。パソコンの利用環境や想定される業務内容を考慮して、必要な端子を備えたモデルを選びましょう。

法人向けパソコンの相場はいくらぐらい?

法人向けパソコンの相場は、製品のスペックにより大きく異なります。ブラウジングや簡単な資料作成ができるエントリークラスの場合は5~7万円程度、動画閲覧や複数のソフトの立ち上げなどができるミドルクラスは8~15万円程度が相場です。

CADやデザインソフトなどの作業に適したハイエンドモデルは15~20万円程度、ワークステーションと呼ばれるCGや画像編集などの利用に適したモデルは20万円以上の費用がかかります。

一般的なビジネス用途で使う方は、8~15万円程度のミドルクラスのパソコンを目安に検討してみてください。

法人向けパソコンのおすすめメーカー

富士通(FUJITSU)

By: fujitsu.com

富士通は、1935年に設立された、神奈川県に本社を構えるパソコンメーカーです。パソコンの製造以外にもさまざまな事業を展開しており、世界中で信頼できるテクノロジーやサービスを提供しています。

富士通の法人向けパソコンは、デスクトップパソコンの「ESPRIMO」とノートパソコンの「LIFEBOOK」シリーズが代表的です。

日本電気(NEC)

By: amazon.co.jp

日本電気は、1899年に設立された、東京都に本社を構えるパソコンメーカーです。2011年にレノボとの合弁で「NECパーソナルコンピュータ株式会社」を設立し、パソコンの開発・製造を行っています。

日本電気は、デスクトップパソコンの「Mate J」シリーズなどを展開。ビジネス用途に適応するインターフェイスや機能を豊富に搭載しており便利です。

デル(Dell)

By: dell.com

デルは、アメリカのテキサス州に本社を構えるパソコンメーカーです。総合IT企業として事業を展開しており、日本では「デル・テクノロジーズ」として、国内に高品質のパソコンやサービスを提供しています。

デルの法人向けパソコンは、コストパフォーマンスに優れた「Vostro」が代表的。製品ラインナップが豊富な分、用途に合わせたパソコンを選びやすいのが特徴です。

ヒューレット・パッカード(HP)

By: hp.com

ヒューレット・パッカードは、1939年にアメリカのカリフォルニア州で創業したパソコンメーカーです。日本では、1963年に合同会社を設立、2015年に分社として「日本ヒューレット・パッカード」が誕生しています。

ヒューレット・パッカードの法人向けパソコンは、Pro・EliteBookなどのシリーズが代表的。また、法人向けデスクトップパソコンはシンプルなのに対し、ノートパソコンは高級感のあるデザインが特徴です。

レノボ(Lenovo)

By: lenovo.com

レノボは、アメリカ・中国・日本に開発拠点を構えるパソコンメーカーです。世界の各地域に拠点を置くことで、世界中で求められている製品の開発に対応しています。

レノボの法人向けパソコンは、ThinkCentre・ThinkBookなどが人気です。ThinkBookは、ノイズキャンセリング機能やメモ機能などが充実しており、快適にオンライン会議を行えます。

法人向けデスクトップパソコンのおすすめモデル

富士通(FUJITSU) ESPRIMO G6012/MX

富士通(FUJITSU) ESPRIMO G6012/MX

富士通のウルトラスモールモデルに属し、高いパフォーマンスを発揮できる法人向けデスクトップパソコンです。本製品は、省スペース設計を追求したモデルで、幅広い設置場所に対応します。

OSは法人向けのWindows 11 Proを搭載。そのほかのスペックは、CPUがCore i5-12500T、メモリは8GB、ストレージは256GBのSSDを採用しています。

また、AIノイズキャンセリング機能を搭載しており、オンライン会議で不要な環境ノイズを軽減可能。端子は、DisplayPortやHDMIなどを備えており、マルチディスプレイ環境の構築にも対応します。

日本電気(NEC) デスクトップパソコン Mate J タイプML ML-G

日本電気(NEC) デスクトップパソコン Mate J タイプML ML-G

コンパクトな筐体に、さまざまな接続端子を備えている法人向けデスクトップパソコン。USB Type-AやUSB Type-C、PCI Expressスロットを搭載しており、さまざまな周辺機器との連携が可能です。

USBやマイク・ヘッドフォン端子は本体前面に配置しているため、スムーズにケーブルを抜き差しできます。また、DisplayPortとHDMIを備えているのも嬉しいポイント。最大4画面の同時接続に対応します。

CPUは第12世代のIntel Core i5を搭載しており、複数タスクの同時進行が可能。OSはビジネス用途に適したWindows11 Proを採用しています。

デル(Dell) Vostro スモールデスクトップ

デル(Dell) Vostro スモールデスクトップ

拡張性が高く、必要に応じてカスタマイズが可能な法人向けデスクトップパソコンです。本体はストレージとメモリを拡張できるため、汎用性が高いモノを使いたい方におすすめ。ストレージはSSDを標準搭載しており、パソコンやソフトの立ち上げがスムーズです。

OSは直感的に使いやすく、幅広いソフトに対応するWindows 11を採用。CPUは12世代のCore i5で、一般的な事務作業であれば、快適に操作できます。

本体は、商用グレードのセキュリティチップ「Trusted Platform Module 2.0」を搭載。優れたセキュリティ機能により、外部の攻撃からパソコンを保護します。本体前面には、メディアカードリーダーやUSB Type-Aなど、使う頻度の多い端子を配置しており便利です。

ヒューレット・パッカード(HP) Pro Mini 400 G9

ヒューレット・パッカード(HP) Pro Mini 400 G9

設置スペースを最小限に抑えられる法人向けデスクトップパソコンです。本体は、一般的なCDアルバムよりも一回り大きい程度のサイズで、デスクやモニター裏などに設置可能。デスク上をすっきりとさせたい方におすすめです。

また、高負荷時の駆動音が静かで、集中して業務を行いたい方にもぴったり。CPUはCore i5 12500T、メモリは8GB、ストレージは256GBのSSDを内蔵し、資料作成やWeb閲覧を快適に行えます。

接続端子は、USB Type-AやUSB Type-Cを本体前面や背面に搭載。本体にはスピーカーも内蔵しています。比較的安価に導入できる法人向けデスクトップパソコンです。

ヒューレット・パッカード(HP) 285 Pro G8 Microtower PC

ヒューレット・パッカード(HP) 285 Pro G8 Microtower PC

本体前面にUSBポートを搭載した、使い勝手のよい法人向けデスクトップパソコンです。本体前面のUSBポートは合計6つを搭載し、豊富なデバイスを接続できます。背面にはHDMIとVGAポートを搭載しているので、マルチディスプレイ環境にも対応可能です。

CPUはRyzen 5 PRO 5650G、メモリは16GB、ストレージは512GBのSSDを採用。性能の高いパーツ構成で、ビジネス用途において十分なパフォーマンスを発揮します。メンテナンス性や拡張性も良好で、長く使いやすいのもポイントです。

筐体はミニタワーサイズのため、省スペースで設置できます。また、環境に配慮した作りになっているのも魅力。環境評価システム「EPEAT」のシルバーランクに属しています。高性能ながら長く使うことも考えて製造されているおすすめの法人向けデスクトップパソコンです。

ヒューレット・パッカード(HP) HP Elite Tower 800 G9 Desktop PC

By: ext.hp.com

カスタマイズ性や安全性の高さが魅力の法人向けデスクトップパソコンです。本製品は、11個のUSBポート、4つのベイ、4つのフルハイトPCIeスロットなどを搭載し、幅広いカスタマイズが可能。工具なしでストレージなどの部品を交換できる設計です。

本体は550W電源の採用により、高性能のグラフィックカードにも対応可能。独自の静音化技術「HP Run Quiet 」によって高負荷時でも静音性に優れており、仕事に集中できます。また、ファームウェアを監視するセキュリティ機能を標準搭載。ウイルスに感染しても、自動で正常な状態に復帰できると謳われています。

本体は、机からの落下や温度の高低差など、さまざまな環境を考慮したテストをクリア。米軍調達基準のMIL-STD-810Hにも準拠しているため、堅牢性を求める方にもおすすめです。

レノボ(Lenovo) ThinkCentre neo 50q Tiny Gen 4

レノボ(Lenovo) ThinkCentre neo 50q Tiny Gen 4

By: lenovo.com

コンパクトさと高機能を両立した法人向けデスクトップパソコンです。本体は1L程度の小型サイズで、幅広い設置場所に対応します。コストパフォーマンスの高さも魅力で、導入コストを抑えたい方にもおすすめです。

CPUはCore i5-13420H、メモリは16GBを搭載。ブラウジングや資料作成であれば、快適に作業を行えます。ストレージはスムーズな起動やデータの読み書きができる256GBのSSDを採用。用途に応じて、工具を使わずにHDDへの交換も可能です。

本体は高度なセキュリティ機能「ThinkShield」を搭載。デバイスのバックアップやリカバリーなどの機能を備えています。また、スリムな本体ながら、USBやDisplayPortなどの接続端子を豊富に配置しているのも嬉しいポイントです。

エイスース(ASUS) ExpertCenter D5 SFF D500SC

エイスース(ASUS) ExpertCenter D5 SFF D500SC

スペースを抑えたスリムなボディと、高い生産性が魅力の法人向けデスクトップパソコンです。本体はコンパクトなデザインで、限られたスペースでの設置に対応。縦置き・横置きが可能で、横向きにすればパソコン本体の上にディスプレイを置けるのもポイントです。

また、熱の発生源ごとに独立した通風スペースを設けているため、高負荷の状態でも高い静音性を発揮します。本体に搭載しているノイズキャンセリング機能は、雑音と人間の声を識別して、クリアな音声を出力。スピーカーも、雑音を取り除いた人の声だけを再生可能です。

本体は、要求の厳しいMIL-STD-810H軍用規格に適合しており、高い堅牢性を発揮。さまざまなオフィス環境に耐えられる設計で、安心して使いやすい法人向けデスクトップパソコンです。

マウスコンピューター(MouseComputer) CA-A5A01

マウスコンピューター(MouseComputer) CA-A5A01

幅広い設置場所に対応する、コンパクトデザインの法人向けデスクトップパソコン。本体のサイズは、約幅194×奥行150×高さ28mmです。取り外し可能なフットスタンドが付いており、縦置きと横置きに対応。付属のVESA規格対応マウントを使えば、対応モニターの背面にパソコンを設置できます。

USBは使用頻度の多いType-AとType-Cを搭載。外部出力端子は、4K対応のHDMIとフルHD対応のD-Sub端子を備えているので、2画面の同時出力が可能です。

スペックはCPUにAMD Ryzen 5 5500Uを、メモリに16GBを、ストレージに256GBのSSDを内蔵しており、優れた処理能力を発揮します。実用性が高いおすすめの法人向けデスクトップパソコンです。

マウスコンピューター(MouseComputer) MH-I5U01

マウスコンピューター(MouseComputer) MH-I5U01

Webサイトの閲覧やOfficeソフトを使用するのにおすすめの法人向けデスクトップパソコンです。本体には、OfficeソフトのWord・Excel・Outlookがプリインストールされています。

CPUはCore i5-13400、メモリは8GB、ストレージは512GBのM.2 SSDを採用。書類作成から軽いクリエイティブ作業まで対応します。本体は拡張性が良好で、光学ドライブやメモリの増設などが可能。必要に応じて快適性や生産性を向上できます。

機器の開発・製造が日本国内で行われているのもおすすめポイント。品質面においてハイクオリティのパソコンを探している方はチェックしてみてください。

法人向けノートパソコンのおすすめモデル

富士通(FUJITSU) LIFEBOOK U9413/MX

富士通(FUJITSU) LIFEBOOK U9413/MX

軽量かつコンパクトな筐体で、カバンに入れて持ち運ぶ頻度の多い方におすすめの法人向けノートパソコンです。本体は最薄部が約15.8mmと薄く、カバンに収納しやすい設計。14インチながらも画面アスペクト比が16:10と広いため、一度に多くの情報を閲覧できます。

バッテリーは約32時間の連続使用に対応。バッテリー残量を気にせず外で作業できます。本体はUSB Power Deliveryに対応したUSB Type-Cを搭載しており、専用の機器を用意すれば充電が可能です。

また、オンライン会議に便利な「AIカメラエフェクター」と「AIノイズキャンセラー」などの機能を搭載。肌補正や背景ぼかし、環境ノイズの軽減などを行い、WEB会議での快適性を向上しています。

ヒューレット・パッカード(HP) 255 G10

ヒューレット・パッカード(HP) 255 G10

テンキー付きで、数字を扱う機会の多い方におすすめの法人向けノートパソコンです。本製品はコスパがよく、幅広い用途に対応しやすいモデル。テンキー付きかつディスプレイが15インチと大画面ながら軽量で、持ち運びに便利です。

OSはWindows 11、CPUはRyzen 5またはRyzen 7 7530U、メモリは8GBを採用。一般的なビジネス用途にぴったりのスペックで、快適な作業を実現します。

本体は指紋認証センサーを搭載しており、スムーズにロック解除できるのもポイント。WebカメラやAIベースのノイズキャンセリング機能を搭載も備えており、雑音のある環境下でもビデオ会議が可能です。また、薄くて軽量なボディながらも頑丈な設計で、安心して持ち運べます。

レノボ(Lenovo) ThinkBook 14 Gen 5 AMD

レノボ(Lenovo) ThinkBook 14 Gen 5 AMD

By: lenovo.com

Ryzen 5 7530UのCPUとAMD Radeonグラフィックスの搭載による、高いパフォーマンスが魅力の法人向けノートパソコンです。本製品は高速なパフォーマンスで、データ解析やコンテンツ作成におすすめのモデル。512GBのSSDを内蔵しており、大容量のファイルも保存できます。

本体はクーリング性能が良好で、重たい作業時でも安定した動作を実現。また、電源ボタンに指紋センサーを統合することで、ワンタッチでのログインが可能です。

画面は14インチでフルHDのIPS液晶を採用。高視野角でクリアな映像を楽しめます。マイクはノイズキャンセリング機能付きで、テレワークでの雑音を低減。端子は、4-in-1メディアカードリーダー・USB 3.2 Gen2 Type-C・HDMIなどを搭載しており便利です。

マウスコンピューター(MouseComputer) mouse B5 B5I7I01SR3SJW1AZ

マウスコンピューター(MouseComputer) mouse B5 B5I7I01SR3SJW1AZ

テレワークを含むビジネス用途に適した法人向けノートパソコンです。本体はIntelの第11世代Core i7とIris Xe グラフィックスの搭載により、高い描画性能を発揮します。文書作成・表計算・画像編集・複数ソフトの立ち上げが快適なほか、オンライン会議でバーチャル背景を表示したい方にもおすすめです。

15.6インチの液晶を採用。HDMI端子などを使えば、最大3画面表示に対応します。キーボードはテンキー付きで、数字を扱う業務にぴったりです。バッテリー駆動時間は約9時間で、出先での業務にも対応。端子は、microSDカードやSDXCカードが使えるカードリーダーを搭載しています。

本体は持ち運びにも対応したサイズのため、オフィスや自宅など作業環境が頻繁に変わる方に便利。Microsoft Officeとの互換性がある「WPS Office 2 Standard」を標準付属しているのも嬉しいポイントです。

東芝(TOSHIBA) dynabook B55

東芝(TOSHIBA) dynabook B55

約11時間の連続駆動に対応した法人向けノートパソコンです。本製品は、15.6インチの製品のなかでもバッテリー駆動時間が長いモデル。長時間使用できるので、出先での作業におすすめです。また、HDMI 4K出力に対応しており、ハイスピードHDMIケーブルを使用すれば、4K解像度の映像を出力できます。

CPUはCore i5、メモリは8GB、ストレージは256GBのSSDを搭載。ビジネス用の資料作成をするのに十分なスペックを備えています。

キーボードはテンキー付きなので、数字入力作業が多い場合に便利。そのほか、CDおよびDVDの読み書きに対応したDVDスーパーマルチドライブを搭載したモデルを展開しているのも嬉しいポイントです。

エイスース(ASUS) ExpertBook B9 B9400CBA

エイスース(ASUS) ExpertBook B9 B9400CBA

持ち運び性に特化した14インチの法人向けノートパソコンです。本体は重量が約880g、厚みが約14.9mmで、カバンのなかにすっきりと収納できます。天板と底面にはマグネシウムリチウム合金素材を使用しているので、耐久性も良好です。

バッテリーの連続駆動時間は約20時間と長く、1日中出先でも作業を行えます。充電は急速仕様で、わずか44分で最大60%まで充電が可能です。セキュリティ性能も高く、顔認証と指紋認証によるロック解除に対応しています。

本体は重要なデータを保護する「TPM 2.0チップ」を搭載しているのも嬉しいポイントです。また、インターフェイスが充実しており、4Kディスプレイ出力や高速充電に対応したThunderbolt 4や、汎用性の高いUSB Type-Aポート、HDMIなども搭載しています。

イイヤマ(iiyama) SOLUTION-15FH123-i7-UXSX-M

イイヤマ(iiyama) SOLUTION-15FH123-i7-UXSX-M

さまざまなビジネスシーンに対応するおすすめの法人向けノートパソコンです。本製品は、CPUがCore i7-1255U、メモリが16GB、ストレージが500GBのSSDを搭載。全体的にスペックが高いパーツで構成されているため、幅広い用途で活用できます。

グラフィックスはIntelのIris Xe Graphicsを搭載しているので、描画性能も良好。本体はDVDリーダーライターやSD/MMC対応カードリーダーなども備えています。接続端子は、miniD-sub15PinとHDMIを搭載しており、マルチディスプレイ環境にも対応します。

ドスパラ(Dospara) raytrek R5-AA6

ドスパラ(Dospara) raytrek R5-AA6

クリエイティブワークに対応する機能を備えた法人向けノートパソコンです。CPUには、Core i7-12700Hを搭載。さまざまなアプリを高速で動作させられるスペックを備えたおすすめモデルです。

ディスプレイは15.6インチで、1920×1080のフルHDに対応。sRGBカバー率は約99%で、高色域を実現しています。グラフィックカードはNVIDIA GeForce RTX 3060を搭載しており、高い描画性能を発揮。ストレージは1TBと大容量なのもおすすめのポイントです。

入出力ポートには、HDMI 2.1やThunderbolt 4端子を搭載しているため、ノートパソコンを含めて最大3画面のマルチディスプレイ環境を構築できます。

アップル(Apple) MacBook Air 2022

アップル(Apple) MacBook Air 2022

MacBookのなかでも携帯性に優れた法人向けノートパソコンです。本製品はコンパクトかつ軽量で、カバンに入れて持ち運ぶのに便利。連続駆動時間は18時間と長く、フル充電の状態から1日中出先で作業できます。

CPUはAppleのM2チップを搭載し、高いパフォーマンスを実現。統合型のGPUも備えているので、動画編集などのクリエイティブワークにおすすめです。メモリは8GB、ストレージは256GBのSSDを搭載しています。

画面に採用されている「Liquid Retinaディスプレイ」により、明るくて鮮やかな色を表現可能。写真や動画はコントラストかつ細部までシャープに表現します。

アップル(Apple) MacBook Pro 2023

アップル(Apple) MacBook Pro 2023

独自のチップの搭載により、高いパフォーマンスを発揮できるノートパソコン。本製品は、負荷のかかるアプリを使用しても快適に使える性能の高さが魅力です。

ディスプレイは輝度やコントラスト比がよく、現実に近い色で出力できるため、クリエイティブワークにおすすめです。本体は、プロクリエイターから人気のソフト「Adobe Creative Cloud」に対応しています。本体はMac OSの搭載により、iPhoneやiPadと連携するのにぴったりです。

また、1080pカメラやスタジオ品質の3マイクアレイ、空間オーディオ対応の6スピーカーサウンドシステムを備えており、質の高い映像と音声を提供します。

端子は、3つのThunderbolt 4やHDMIポート、SDXCカードスロットなどを採用。複数のディスプレイに繋いだり、データを転送したりするのに便利です。