パソコンを購入するときにまず悩むのが、WindowsにするかMacにするかということ。初めてパソコンを買う方の場合、「そもそもWindowsとMacって何が違うの?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、WindowsとMacの違いを解説します。それぞれのおすすめモデルもご紹介するので、ぜひ自分の用途に合う1台を見つけてみてください。

WindowsとMacの違い

OSの違い

まず、WindowsとMacで大きく異なるところはコンピューターの土台となる「OS」です。Windowsの場合は「Microsoft」がOSを開発しています。パソコン本体はMicrosoft以外にヒューレット・パッカードやパナソニックなど、さまざまなメーカーが製造。一方で、Macの場合は「Apple」がOSからパソコン本体までを全て自社で完結しているのが特徴です。

対応ソフトの違い

MacとWindowsの違いを知るうえで、一番重要なポイントが対応しているソフトの数です。ビジネス用途に開発されているソフトウェアはWindows向けのモノが多く、Macの場合は純正アプリや代替となるソフトでカバーすることになります。

Officeのソフトに関しては、Macにも純正ソフトがあるうえに、Officeソフトウェア自体もMacに対応しているモノがあります。また、Windowsで作成した各種Officeファイルの互換性もあるので、WordファイルやExcelファイルの閲覧はもちろん、PowerPointを使ったプレゼン資料の作成などでは特にストレスにはなりません。

操作性の違い

キーボード

By: amazon.co.jp

WindowsとMacではキーボードの配置や、ショートカットキーの使い方にも違いがあります。例えば、Windowsの「Ctrl」キーと同じような役割を果たすのは、Macでは「command」キー。配置に関してもWindowsの「Ctrl」キーが一番左下にあるのに対し、Macの「command」キーは、左下から3番目あたりに配置されています。

トラックパッド

WindowsとMacでは「トラックパッド」の操作性も異なります。特にMacのトラックパッドの性能は高く、滑らかで直感的な操作ができます。そのため、MacユーザーよりもWindowsユーザーの方が、マウスを使用することが多いのも特徴。WindowsからMac、MacからWindowsに買い換える際は、トラックパッドの操作性が違うところも考慮しておくのがおすすめです。

製品数の違い

Windowsはさまざまなメーカーが開発したパソコンに搭載されているため、デザインやスペック、価格帯なども多種多様。一方で、MacはOSからパソコン本体の開発まで「Apple」が行っており、デザインに統一性があるのが特徴です。

また、Windowsはリーズナブルなモノから高価なモノまで、価格のバリエーションが多いのもポイント。Macは基本高価ですが、高い性能とデザイン性を備えており、ブランド力も魅力です。

おすすめのWindows PC

マイクロソフト(Microsoft) Surface Laptop Go THJ-00045

12.4インチの液晶パネルを採用した、コンパクトなノートパソコンです。タッチスクリーンを採用しているのが特徴。指先による直感的な操作がおこなえるため、パソコンに不慣れな初心者の方でも安心です。インテルのCore i5プロセッサと8GBのメモリを搭載しており、多くのアプリが快適に動作します。

マイクロソフトの製品としては手頃な価格なのも魅力。子供の学習用途をはじめ、大学生が調べ物をしたりレポートを作成したりするのにもおすすめのモデルです。720pのHDカメラを内蔵しているため、リモート授業でも活躍します。

Officeソフトが付属しており、ビジネス用途でも重宝するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

デル(Dell) ノートパソコン Inspiron 14 5402

第11世代のCore i7プロセッサと16GBメモリを実装した、高性能Windowsノートパソコンです。1TBの大容量SSDを採用しているのが特徴。プライベート・ビジネスどちらの用途でも、一般的な使い方であれば容量不足に悩むことはありません。OSやアプリの起動はもちろん、データへのアクセスも高速です。カバーを開けると電源が入るためスマートに使いはじめられます。

フルHD表示の14インチ液晶を搭載しており、視認性は良好。視野角が広いので、斜め方向からでも鮮明な画像を見ることが可能です。友人と動画を視聴したり、同僚とスプレットシートの内容を確認したりと、さまざまなシーンで重宝します。

USB Type-A・Type-C・HDMI・SDカードスロットなどを搭載。インターフェースが充実しているのも本モデルの魅力です。

エイスース(ASUS) ノートPC VivoBook 15 X512JA

フルHD表示が可能な15.6インチ液晶を搭載したノートパソコンです。大きなスプレッドシートでも広い範囲が見渡せるので、データの確認や入力作業が効率的に行えます。第10世代のインテルCore i7プロセッサと16GBの大容量メモリを組み合わせた高性能なモデル。マルチタスク環境でも快適に使用することが可能です。

ストレージに512GBのSSDを搭載しているため、一般的なビジネス用途なら容量不足に悩むことはほとんどありません。持ち出して使うことも可能な大画面モデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ヒューレット・パッカード(HP) デスクトップパソコン HP All-in-One 22

CPUにインテルのCore i3を採用した、価格の安いデスクトップパソコンです。128GBのSSDと2TBのHDDを組み合わせた、デュアルストレージを搭載。低価格モデルながら十分なストレージ容量を確保しています。動画を視聴したりネットサーフィンを楽しんだりと、ホームユースにおすすめのモデルです。

タッチパネルを採用しているのがポイント。タイピングに不慣れなパソコン初心者の方でも、スマホに近い感覚で気軽に操作できます。モダンでスタイリッシュなデザインも本モデルの特徴です。リビンクや書斎など、部屋のインテリアとしてもよく映えます。

日本電気(NEC) デスクトップPC LAVIE Desk All-in-one PC-HA970RAW

おしゃれなインテリアにもよく映える「カフェボードデザイン」を採用したデスクトップパソコンです。地上・BS・CSデジタルチューナーを内蔵しているのが特徴。テレビ番組の視聴や録画ができるので重宝します。256GBのSSDに加えて3TBの大容量HDDを搭載しているため、長時間の映画やドラマもしっかりと録画することが可能です。

HDMI入力端子を備えているのもポイント。デジタルビデオカメラやゲーム機の外部モニターとしても利用できます。1台あればパソコン・テレビ・録画レコーダー・外部モニターとマルチに使えるので、一人暮らしの方にもおすすめのモデルです。

レノボ(Lenovo) デスクトップPC ThinkCentre M720q Tiny 10T7000JJP

設置場所が決めやすいスリムタワー型のデスクトップパソコンです。第8世代インテルCore i3プロセッサと4GBメモリという必要最小限のスペックを搭載。ウェブサイトの閲覧や動画の視聴といった使い方におすすめのモデルです。

500GBのHDDを内蔵しているため、写真や動画、音楽など多くのデータが余裕を持って保存できます。子供の学習用途にも適しているので、興味のある方は一度チェックしてみてください。

デル(Dell) デスクトップPC Inspiron 3881 DI350A-ANHBB

置き場所を選ばないコンパクトサイズのデスクトップパソコンです。省スペース設計のため、自宅の書斎やオフィスのデスク周りでも場所をとりません。第10世代のインテルCore i5プロセッサと8GBのメモリを搭載しています。

インターフェースが充実しているのも本モデルの特徴です。USB Type-AやType-C、HDMIやVGAはもちろん、Display Portなどを搭載しているため、古いモデルから新しい機種まで多様な周辺機器を接続することが可能。光学ドライブも備えているのでDVDで映画を楽しんだり、販促用のコンテンツを制作したりと、プライベートからビジネスまで便利に使えます。

おすすめのMac PC

アップル(Apple) MacBook Air MGN93J/A

2020年11月に発売された最新モデルのMacbook Airです。搭載するCPUがインテルのCore iシリーズから、M1チップへ変更されたのが従来モデルとの最大の違い。M1チップとはAppleが独自に開発した、CPU・GPU・Neural Engineなどを1つにまとめた高性能プロセッサのことです。Macに最適化した設計がされているため、消費電力を最小限に抑えながらさまざまな処理が高速でこなせます。

バッテリー駆動時間の長寿命化がひとつの例。ワイヤレスでのインターネット利用は最大15時間、ムービー再生なら最大18時間も充電せずに使用できます。使い方にもよりますが1〜2日程度の旅行や出張であれば、荷物になるACアダプターがなくても使用可能です。

電力効率に優れたM1チップを採用することで、ファンレス設計を実現しているのもポイント。カフェや図書館など、あらゆるシーンで静かに使えるのも魅力です。

アップル(Apple) MacBook Pro 13インチ MYD82J/A

M1チップを搭載した新型のMacBook Proです。MacBook AirのM1チップには、7コアと8コアの2種類のGPUタイプがあるのに対し、Proに実装しているのは8コアタイプのみ。より負荷のかかる作業もストレスなく実行できます。

MacBook Airにはない「Touch Bar」を備えているのもポイントです。Touch Barとは、アプリや作業内容に応じて自動で切り替わる、便利なファンクションタッチキーのこと。使用頻度の高いショートカットや機能の登録ができるため、効率的に作業を進めたい方におすすめです。

バッテリーで最大20時間駆動するので、外出時や出張時に便利。動画編集や音楽制作などをおこなう、クリエイターの方にぴったりのモデルです。

アップル(Apple) MacBook Pro 16インチ MVVK2J/A

MacBookシリーズのフラッグシップモデルです。インテルの2.3GHz、8コアCore i9プロセッサと16GBの大容量メモリを実装する高性能ノートパソコン。シリーズ最大の16インチRetinaディスプレイを搭載しています。大きく高精細な画面で、画像や動画を楽しむことが可能です。

独立したGPUを搭載しているのも本モデルの特徴。AMDの「Radeon Pro 5500M」を実装しているため、動画編集や3Dレンダリングといった負荷のかかる作業もスムーズにこなします。1TBのSSDを採用しているので、大容量の動画ファイルも高速にたくさん保存することが可能です。

持ち運べるプロのクリエイター向けモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アップル(Apple) iMac MHK03J/A

手頃な価格が魅力のオールインワンタイプのデスクトップパソコンです。初めて購入するデスクトップ型Macとしてもおすすめのモデル。インテルのGPU「Iris Plus Graphics 640」を実装しています。ウェブサイトの閲覧や動画の視聴といった日常使いはもちろん、動画編集などの作業にも対応することが可能です。

ディスプレイ上部には「FaceTime HDカメラ」を配置。友人や家族とのビデオチャットだけでなく、リモートワークでも活躍します。豊富なインターフェースを備えているのも本モデルの特徴です。USB-A・USB-C・有線LAN・SDカードスロットなどを搭載。

USB Type-CポートはThunderbolt 3に対応しているため、外部モニターを接続するのにも利用できます。コスパに優れたホームユースにおすすめのモデルです。

アップル(Apple) iMac Pro MHLV3J/A

動画の編集や音楽制作などをおこなうプロのクリエイターにおすすめのiMacです。高負荷作業とされるCADやグラフィックデザインなどにも使用される、インテルの高性能プロセッサ「Xeon W」を採用しているのが特徴。高負荷作業も高速で処理することが可能です。

さらに、AMDのハイレンジGPU「Radeon Pro Vega 56」を実装しており、複雑なグラフィックの描画もスムーズにこなします。モニターには5K表示が可能な27インチのRetinaディスプレイ搭載。画像や映像の加工作業も、高精細な大きな画面でしっかりと確認しながら進めることが可能です。

作業の効率化を検討しているクリエイターの方も、ぜひチェックしてみてください。

アップル(Apple) Mac Pro

デスクトップ型Macのハイエンドモデルです。インテルのXeon Wプロセッサを搭載する高性能モデル。同じく、高性能パーツを採用しているiMac Proとの大きな違いは優れた拡張性です。アルミ素材で作られた外装ケースは簡単に取り外せるため、全ての内部パーツにアクセスがしやすく設計されています。

12のDIMMスロットを搭載しており、32GBの標準メモリを最大1.5TBまで増設することが可能。プロ向けのアプリをマルチタスク環境で使用するような場面でも、快適に操作できます。必要とされるソフトや作業内容などビジネス環境が変化しても、あらゆる場面で対応がしやすいので安心です。

アップル(Apple) Mac mini MXNG2J/A

Appleが販売する小型PCタイプのMacです。3.0GHzで駆動する6コアのCore i5プロセッサを搭載。さらに、8GBのメモリと512GBの大容量SSDをコンパクトなボディに内蔵しています。高性能で持ち運びのできる、デスクトップMacを求める方におすすめのモデルです。

小型ながら豊富なインターフェースを搭載しているのが特徴。4つのUSB Type-Cをはじめ、Type-A×2・HDMI・有線LANといったポートを備えているため、さまざまな周辺機器が接続できます。また、Type-CポートはThunderbolt 3規格に対応しているので、最大40Gbpsの高速データ転送やディスプレイ出力・給電など多目的に利用することが可能です。