低コストで高スペックなモデルを購入できる「BTOパソコン」。自分の用途や好みに合わせてカスタマイズできることから、多くの人の支持を集めています。しかし、パソコンの知識に自信がない方はどのように選ぶべきか悩んでしまう場合も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、BTOパソコンのおすすめメーカーをご紹介。BTOパソコンの魅力や、どのようなカスタマイズができるのかもあわせて解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

BTOパソコンとは?

By: stormst.com

BTOパソコンとは、メーカーやパソコンショップにオーダーメイドで作成を依頼できるパソコンのこと。BTOは「Build To Order」の頭文字を取った略称で、受注生産を意味します。

完成品のパソコンとは異なり、CPUやメモリなどのパーツを自分好みに組み合わせられるのが特徴。また、ソフトウェアや保証サービスなども予算や用途に応じて組み込めるため、自分だけの特別な一台が欲しい方におすすめです。

パーツの組み合わせが自由という点では自作パソコンにも似ていますが、BTOパソコンは専門の知識を持ったスタッフのサポートを受けられるのがポイント。組み立てまで請け負ってもらえるため、細かい作業が苦手な方でも安心です。

BTOパソコンのメリット

By: tsukumo.co.jp

価格が安くコスパが高い

BTOパソコンは販売者と製造元が同一で仲介業者を挟まないため、市販のパソコンよりも安価に購入できるのが魅力です。

さらに、メーカーやショップはパーツを大量に仕入れてパーツ単位での在庫管理を行っているため、原価を安く抑え、低価格でのパソコン製造が可能。パソコンを自作した場合よりも安価に購入できる場合があります。

また、自分の用途に必要なパーツやソフトウェアだけを組み合わせて作成するので、余分なモノが入っていないのもポイント。用途に合った高品質なパソコンを低価格で入手でき、コストパフォーマンスに優れています。

用途に合わせてカスタマイズできる

BTOパソコンは自分の用途に合わせてパーツをカスタマイズできるのが特徴。自作PCほどの自由さはありませんが、メーカーやショップによって異なる数種類のなかから、それぞれのパーツごとに希望するスペックのモノを組み合わせられます。

高機能なパーツを組み合わせることで、低価格でもハイスペックなパソコンの組み立てが可能。ビジネス用途からゲーミング用途まで、さまざまな需要に対応できます。

自作PCの知識がない初心者でも安心

自作PCならば自分でイチから組み上げる必要がありますが、BTOパソコンの場合、専門の知識を持ったスタッフに組み立てを任せられるので安心です。目的を伝えれば必要なスペックを教えてもらえる場合もあり、パソコンの知識に自信がない方でも気軽に購入できます。

さらに、各パーツは厳しい品質チェックと相性の確認が行われているのもポイント。組み立て時のミスや、パーツの相性が悪いことによる動作不良などのリスクを軽減できます。自分ひとりで組み立てるのが不安な方や、パーツの相性などを考えず高性能なパソコンを組みたい方におすすめです。

サポート体制も充実している

サポート体制が充実したメーカーやショップが多いのもポイント。購入前後にわからないことを相談できる「相談窓口」をはじめ、他社製品の修理、メンテナンスを受け付けているメーカーもあります。

また、相談窓口にもさまざまなツールを採用。電話やFAX、チャット、LINEなどに対応している場合があります。自分のやりやすい方法で問い合わせができるので、電話が苦手な方や、メールを打つのが面倒だという方でも使いやすいのが特徴です。

BTOパソコンの人気おすすめメーカー

ドスパラ

By: dospara.co.jp

業界トップクラスの知名度とシェア数を有する老舗のパソコン専門店。インターネット通販だけではなく全国に22軒の実店舗を構えており、対面でも相談や修理の依頼をできるのが魅力です。デスクトップ・ノート・ゲーミング・クリエイター用のパソコンやタブレット、PC周辺機器などを取り扱っています。

特に有名なのがゲーミングPCである「GALLERIA」シリーズで、エントリーからハイエンドまで幅広く対応できるのが特徴。最短当日出荷、カスタマイズを依頼しても翌日出荷が可能なモデルもあり、自分の求める高スペックなモデルがすぐに手元に欲しい方におすすめです。

BTOパソコンの性能・価格・品質のバランスが整っているのも魅力。国内に工場を構えており、熟練のスタッフによって生産されています。組み立て後には徹底した検査や試験が実施されているため、初期不良も発生しにくく安心です。

電話サポート窓口が24時間、365日開いているのもポイント。万が一故障した場合でも平均72時間の素早い修理対応が期待できます。また、他社製のパソコンの修理にも対応していたり、突然の動作不良やパソコン設定の相談などにも対応してもらえたりと、手厚いサポート体制が整っているメーカーです。

パソコン工房

By: pc-koubou.jp

2020年8月で創業30周年を迎えたパソコンショップです。BTOパソコンの種類が豊富で、ビジネスやゲーミング、トレーディング、クリエイターなどさまざまな用途に適した製品を選択可能。最新パーツを導入するスピードが速いため、いち早く最新スペックの製品を購入できます。

購入前に専門知識を持ったスタッフに相談できる相談窓口や、チャット相談を受け付けているのが特徴。購入後も24時間365日対応のサポートセンターが設置されているため、ソフトウェアのインストールやパソコンのエラー対応など、困ったことがあればすぐに相談できます。

パソコン工房オリジナルのゲーミングPCブランド「LEVEL∞」が、数多くのeSportsチームやプロゲーマー、eSports大会とコラボしているのもポイント。人気ゲームの推奨スペックを満たし、推奨認定を取得したモデルも多数取り扱っています。これからPCゲームを始めたいという方でも安心です。

価格設定が比較的安いので、コストパフォーマンスに優れているのも魅力。国内生産で納期も短いため、できるだけ早く、安価にBTOパソコンを購入したい方におすすめです。

G-TUNE

By: g-tune.jp

マウスコンピュータが取り扱う、PCゲームに特化したゲーミングPCブランド。多くのeSports大会や実況配信などに利用されており、プロゲーマーからも支持されています。プロゲーマー推奨スペックの「プロゲーマーモデル」や、プレイしたいゲームタイトルに合わせて選べる「ゲーム推奨スペック/モデル」を取り扱っているため、初心者でも安心です。

豊富な拡張性を備えているのが特徴。高速SSDと大容量HDDの同時搭載といった初歩的な拡張から、高熱伝導率CPUグリスの搭載といったマニアックなこだわりまで実現できます。

「高冷却性能」を実現した筐体を採用しているのもポイント。限られたスペースを有効活用して、吸気と排熱を効率的に行うデザインを追求しています。パソコンの動作が速いだけでなく、安定して稼働するため、負荷の高いゲームを長時間でも楽しめます。

工具いらずで簡単にメンテナンスができる構造のため、長く使い続けたい方におすすめ。また、24時間365日の電話サポートやLINEを通じたサポートも行っています。故障時には平均72時間のスピーディーな修理対応が期待できるのも魅力です。

FRONTIER

By: frontier-direct.jp

大手家電量販店であるヤマダ電機グループのパソコンブランドです。BTOパソコンを扱うショップのなかでも比較的歴史が長く、品質の高さにこだわって生産を行っています。

FRONTIER最大の特徴は、業界トップクラスの割引額です。ほとんど常時開催されている「期間限定セール」や「月末セール」では、ハイスペックモデルも惜しみなく安価に販売されています。セール以外にもお得なキャンペーンが多数開催されているため、予算が少ない方やコスパを重視する方に適しています。

自分の希望に沿ったスペックの製品を見つけやすいのも魅力。カテゴリごとの案内ページが見やすく、キーワードや予算ごとに絞っての検索にも対応しています。また、購入前に予算や用途をもとに適切なモデルを提案してくれる「ぴったり相談サポート」窓口が設置されており、知識に自信がない方でも安心です。

購入後も10:00~19:00でコールセンターが開設されているため、何か問題が起こった場合に相談が可能。有償ですが、データ復旧サービスやバッテリーフレッシュサービスなども扱っているため、長く大切に使いたい方にもおすすめです。

マウスコンピューター(MouseComputer)

By: mouse-jp.co.jp

予算や用途に沿った製品を選びやすいBTOパソコンメーカー。メインブランドである「mouse」をはじめ、ビジネスPCの「MousePro」やゲーミングPCの「G-Tune」、クリエイターPCの「DAIV」とさまざまなブランドの製品をカスタマイズできます。

特に「DAIV」は他社のクリエイターPCと比較しても安価なモデルが多く、コスパを重視したい方におすすめ。幅広いラインナップで各種クリエイターからの支持を集めています。やりたいことから選べる「コンセプトモデル」も用意されているため、初心者でも安心です。

全ブランドにおけるラインナップもデスクトップやノートパソコン、タブレットなどを多彩に展開。長野県の工場で1台1台をスタッフによって組み立て、品質チェックや負荷試験などの厳しい検査をクリアした製品だけが出荷されるため、高品質です。

手厚いサポート体制も特徴。パソコン本体には「24時間×365日電話サポート」と「1年間無償保証」が標準で付帯しています。日時を問わず困ったことを相談できるため、パソコン初心者でも安心です。また、72時間以内の修理を目標としており、故障時にも素早い対応が期待できます。

TSUKUMO

By: tsukumo.co.jp

PCパーツショップの有名店である「TSUKUMO」のBTOパソコンショップ。一般向けのeX.computerとゲーム向けのG-GEARの2ブランドを展開しています。取り扱いの少ない小型PCや、クリエイター向けの専門的なパソコンなども扱っているのが特徴です。

PCパーツショップならではの高品質なパーツを採用しているのが魅力。プロが厳選した高品質なパーツに対し、基本性能を引き上げるような形でパフォーマンスの向上を図っているため、安定した動作を期待できます。厳しい動作検証も行われており、パーツの相性問題も起こりにくく安心です。

一部を除いた全製品に「カスペルスキー インターネット セキュリティ (90日版)」がプリインストールされているのもポイント。購入直後からウイルス対策を気にすることなく使用できます。

納期は製品ごとに異なりますが、完成品モデルならば最短当日、オーダーメイドモデルでも最短3日での出荷に対応。高品質なパーツで組まれたBTOパソコンが欲しい方におすすめです。

レノボ(Lenovo)

By: lenovo.com

世界でもトップクラスのシェア率を誇るパソコンメーカー。特にノートパソコンのカスタマイズ性が高く、多くのモデルで大容量メモリや高精細なディスプレイ、電源のカスタマイズなどに対応しています。

レノボで有名なのは「ThinkPad」シリーズですが、最近はゲーミング用の「LEGION」シリーズにも注力。NVIDIA GeForce RTX 2080 SUPERなどの高性能なグラフィックボードを搭載したノートパソコンもカスタマイズできます。

大手メーカーならではの手厚いサポート体制も魅力。電話窓口はもちろん、LINEチャットやWebチャットによる相談にも対応しています。保証期間中の製品の場合、担当者からのコールバックを受け付けることも可能です。

数あるBTOメーカーのなかでも比較的価格が安く、コストパフォーマンスに優れています。また、各種キャンペーンも頻繁に行っているため、信頼性の高いメーカーでお得にBTOパソコンを購入したい方におすすめです。

SEVEN

By: pc-seven.co.jp

カスタマイズ性の高さが人気のBTOパソコンショップです。ある程度のパソコン知識は必要ですが、必要なスペックのパーツ選択の幅が広く、しっかりとこだわって自分のだけの1台を組めるのが魅力。性能のバランスがよい製品から必要な機能を絞った製品まで、希望に沿ったカスタマイズが可能です。

カスタマイズするパーツの相性チェックが事前に行われているのもポイント。相性問題が起こらないことを事前に検証したうえで、カスタムページに掲載されます。取り付けができないパーツに関しては選択不可になっているため、相性問題を気にせずにカスタマイズ可能です。

ゲーミングPCブランド「ZEFT」シリーズの取り扱いも魅力。省スペースなモデルからハイエンドモデルまでさまざまな組み合わせを楽しめます。

納期は平均1.4営業日、最大でも5営業日を謳っています。すべてデスクトップ型のパソコンですが、BTOパソコンには珍しく見た目の自由度も高いので、外観にこだわりたい方にもおすすめです。

STORM

By: stormst.com

有名企業や大学などにもパソコンを納入している老舗のBTOパソコンメーカー。メモリやSSD、電源にこだわりを持っており、高品質なパーツで性能の高いパソコンを製造しています。

ラインナップはデスクトップパソコンのみですが、スタンダードなモノから1台で2つのシステムを搭載している特別仕様のモノまでさまざまな製品を購入できるのが特徴。静音性にこだわった製品や省スペースで設置できる製品もあるため、さまざまなニーズに対応できます。

カスタマイズ性が高いのも魅力。スペックからだけでなく、ケースからパソコンを選べるので、外観にこだわりたい方も安心です。使用者の目的や用途に合ったパソコンを製造するため、構成にないカスタムの希望にも対応できる場合があります。

初期構成でもバランスがとれたモデルがほとんどですが、カスタマイズによってダウングレードしたり、アップグレードしたりしての価格調節が可能。性能のわりに安く入手できるモデルが多いため、コスパ重視の方にもおすすめです。

サイコム

By: sycom.co.jp

選べるパーツや構成が豊富なBTOパソコンメーカーです。多種多様なオプションパーツが揃っており、フルカスタマイズに近い感覚で用途に適したパソコンの組み立てが可能。既存のパーツだけではなく、サイコムオリジナルのテクノロジーを使った製品もあり、珍しいラインナップが揃っています。

取り扱う基本的なパーツを社内で検証しているのが特徴。組み合わせによる相性問題もデータベースに登録されています。登録されたデータは「サイコムあんしん相性チェッカー」として公開されており、不可能な組み合わせを選ぶと自動的にWeb上でアラートを表示。相性を気にせず自由にパーツを組み合わせられます。

熟練の専門スタッフによる丁寧な組み立ても魅力。特に配線にこだわっており、美しいだけでなく、後にユーザー自身で増設を行うことも考えて組まれています。

ユーザーサポートが手厚いのもポイント。購入されたBTOパソコンにはすべてオリジナルのユーザーガイドが付属しています。また、保証期間外でも無料で相談できるサポート窓口が設置されているほか、有償修理と有償アップグレードにも対応。初心者から上級者まで幅広く対応できるおすすめメーカーです。

VSPEC

By: vspec-bto.com

初期構成のあるモデルからフルカスタマイズモデルまで幅広く扱っているBTOパソコンショップ。300種類を超えるPCケースと2000種類近いPCパーツから自由に組み合わせを選択できるカスタマイズ性の高さが魅力です。

自分の希望に合ったパソコンを組める「フルカスタム自動見積り」ページが特徴。基本的なパーツを選択できる「シンプルコース」と、全てのパーツを選べる「フルカスタムコース」に分かれています。

自動見積りページでは相性チェックシステムにより、パーツごとの色違いから物理的に選択不可能なパーツまで、組み合わせで不都合が生じそうな部分をポップアップで表示。製品の外観までしっかりとこだわって選択できます。

納期は通常8営業日、短納期の5営業日、送料無料の14営業日の3通りから選択可能。価格が高めで手元に届くまでの時間はかかりますが、その分自分の希望にしっかり応える1台を組めるので、細かい部分までこだわりたい上級者におすすめです。

ark

By: ark-pc.co.jp

秋葉原に店舗を構えるパソコンショップ「アーク」のオンラインショップ。BTOパソコンではビジネスユースに適したスリムなデスクトップパソコンから海外製のゲーミングノートパソコンまで、ほかのショップにはないラインナップを取り揃えています。

構成パーツのメーカーと型番がしっかり表記されているのが特徴。特にメモリは全てのBTOパソコンに高品質なものを採用しています。標準構成からカスタマイズパーツまで可能な限りのパーツで型番を表示しているため、より的確なカスタマイズが可能です。組み立ては常に最新パーツと向き合っているPCパーツのスペシャリストが1台1台行うため、安心して任せられます。

出荷前の動作試験が入念に行われているのも魅力。12項目を合計24時間以上にわたって検証しています。納品後、初期不良期間内の不具合発生率1%以下を謳っており、高品質なパソコンの納入が期待できます。

「BTOパソコン週替わり数量限定セール」など、現行のハイエンドモデルを安価に入手できるセールを行っているのもポイント。購入後も24時間、365日のサポートサービスを行っているため、初心者でも安心です。

OMEN by HP

By: jp.ext.hp.com

OMEN by HPは、パソコンの世界シェア率がトップクラスである「HP」のゲーミングPCブランドです。他社のBTOパソコンに比べてデザイン性に優れているのが魅力。外観にこだわったおしゃれなBTOパソコンを購入できます。

基本構成は固定されていますが、オプションとしてゲーミングキーボードやゲーミングマウス、ヘッドセットなどのゲーミングアクセサリを追加できるのが特徴。ゲーミングチェアなどの大型製品も同時に購入できるので、これからゲーミング環境を整える方におすすめです。

BTOパソコンにはOMEN独自のコマンドセンサーを搭載。CPUとGPUの温度や使用率、ネットワーク状況、パフォーマンスなどを手軽に確認できます。ライティングや設定のカスタマイズも簡単にでき、快適な操作の実現が可能です。

OMEN製品購入者向けのサポート窓口の手厚さもポイント。サポートスタッフ全員が熟練のゲームプレイヤーで、PCゲームに使われる用語などに精通しています。実体験を伴わなければ理解が難しいPCの専門用語に対しても必要に応じてわかりやすくサポートしてくれるので、初心者でも安心です。

デル(Dell)

By: dell.com

アメリカに本社を置く大手パソコンメーカー。ビジネスユースに適した「Inspiron」や、高いパフォーマンスと拡張性が魅力の「XPS」、ゲームを快適にプレイできる「ALIENWARE」など、用途に応じたさまざまなブランドを内蔵しています。

BTOパソコンのラインナップはデスクトップとノートパソコン、ワークステーションの3通り。それぞれ細かなカスタマイズに対応しているだけでなく、モニターなどの周辺機器も合わせて購入できます。

製品の購入前に相談できる購入サポートや、何かトラブルがあったときのテクニカルサポートなど、さまざまな窓口が設置されているのもポイント。さらに、海外での使用中に問題が発生した場合にも対応できるサポートセンターの一覧があるなど、グローバル企業ならではのサポート体制が整っています。

頻繁にセールが開催されているため、タイミングによっては安価に高スペックなモデルを購入できることも。大手メーカーの安心感を保ちながらも希望に合ったカスタマイズをしやすいメーカーです。

BTOパソコンでカスタマイズできる主な項目

OS

By: pixabay.com

パソコンを動かすために必要不可欠なソフトウェアがOS(オペレーティングシステム)です。現在はWindows 10 HomeまたはWindows 10 Proが主流で、多くのBTOパソコンはこの2種類から選択して組み込みます。

Windows 10 Homeは、なじみやすく使いやすいのが特徴。素早い起動と再開が可能で、マルチタスクも円滑に行えます。また、ウイルスやマルウェア、ランサムウェアなどの脅威からパソコンを保護し、文書の改ざん対策を行うなど、包括的なセキュリティが組み込まれているのも魅力です。

一方、Windows 10 Proは、Windows 10 Homeの機能をすべて備えたうえに、暗号化やリモートログイン、仮想マシン作成などの機能を搭載。重要な文書の管理や、開発途中のソフトウェア試験などを簡単に行えます。

基本的な機能を満たす製品が欲しいのならばWindows 10 Home、ビジネス用途に使いたいならばWindows 10 Proがおすすめです。

CPU

By: pixabay.com

CPUはパソコンの性能を決める重要なパーツのひとつ。「GHz」のように表記されるクロック周波数やコア数、スレッド数の数値が高いほどパフォーマンスが高くなります。

BTOパソコンでは、ゲーミング性能が高く、幅広い用途で使える「Intel Core i」シリーズと、マルチスレッド性能に優れ、コストパフォーマンスがよい「Ryzen」シリーズが主流。使用用途によって選択することが大切です。

どちらのシリーズでも、新しい世代で数字が大きな製品の方が性能は高くなります。性能を比較して、自分の用途に合ったCPUを選ぶようにしましょう。

メモリ

By: pixabay.com

メモリは、CPUとストレージの間でデータをやりとりするときに情報を一時的に保存するパーツのこと。搭載されたメモリ容量が大きければ大きいほど、さまざまな処理の速度が向上し、効率的な作業が可能です。

データを処理するために必要なメモリが不足した場合は、メモリよりも処理速度が遅いストレージにデータが保存され、処理速度が大きく低下します。複数のアプリケーションを同時に使用する場合や、高解像度な動画の編集、PCゲームのプレイなど、処理するデータ量が多い場合には大容量のメモリがおすすめです。

メモリを2枚搭載する「デュアルチャネル」や、4枚搭載する「クアッドパネル」などを活用するとより高速な処理が可能。最大で128GBまで搭載できるモデルもあるので、速度を重視したい場合にはメモリの容量もチェックしておきましょう。

ストレージ種類と容量

By: amazon.co.jp

ストレージは「貯蔵」や「保管」の意味を持つ英単語で、データを保存しておく記憶媒体の総称です。代表的なのがHDDとSSDで、容量が大きければ大きいほど大量のデータを保存できます。

HDDはレコードプレーヤーのような構造をしており、大容量のデータを保存できるのが特徴。ほかのストレージパーツに比べて容量あたりの単価が低いため、コストを抑えてリーズナブルに容量アップのカスタマイズが可能です。

SSDは高速性と静音性が特徴。フラッシュメモリを用いてデータを記録するため、機械的な駆動時間が不要で、素早いデータの読み書きが可能です。また、衝撃や振動への耐性があり、持ち運びの多いモバイル環境にも適しています。

グラフィックボード(GPU)

By: amazon.co.jp

グラフィックボードは、パソコンの映像に関する処理を行うための重要なパーツ。複雑な映像の処理速度も向上するため、フルHDの動画再生や、高画質のPCゲームなどをストレスなく楽しみたいならば、性能の高いグラフィックボードがおすすめです。

グラフィックボードのメーカーとしては「AMD」と「NVIDIA」が主流。動画視聴やeSportsを楽しむ目的ならば、「AMD RADEON」シリーズ、もしくは「NVIDIA GEFORCE」シリーズが適しています。

一方、プロのクリエイターなどには「AMD FIREPRO」シリーズや「NVIDIA QUADRO」シリーズがおすすめ。各シリーズのなかでも性能には差があるため、自分が必要とするスペックを確認してから選択するようにしましょう。

電源

By: amazon.co.jp

電源ユニットは、パソコンを安定して動作させるための重要なパーツ。消費電力が大きくなるほど熱が発生し、劣化が早くなったり騒音の原因となったりする可能性があります。目安として、システムの最大消費電力の2倍程度の電源を選ぶのがおすすめです。

大容量の電源ユニットを選択することで、電源ユニットへの負荷を軽減し、劣化を遅らせられるのがメリット。また、将来何かしらのパーツを拡張する場合にも、電源に余裕があれば安心して増設できます。

電源ユニットを選ぶ際には、「80PLUS認証電源」を選びましょう。80PLUS認証は電気の変換効率を示しています。電源からの負荷率が100%のとき、最低ランクのスタンダードで80%、最高ランクのTITANIUMで90%と変換効率が高いのが特徴。電気代の削減にもつながります。

Office・セキュリティソフトの有無

By: amazon.co.jp

Officeソフトやセキュリティソフトを組み込むかどうかもポイント。ビジネス用途に使わないからOfficeはなし、全てフリーソフトで代替するからどちらも不要など、自由に選択できます。

OfficeソフトはMicrosoft Officeが主流で、「Office Personal 2019」「Office Home & Business 2019」「Office Professional 2019」の3種類から選択可能。Word、Excel、Outlook、OneNoteの追加機能は全モデルに付属していますが、PowerPointやAccessなどは上位製品のみなので、注意が必要です。

セキュリティソフトは、メーカーによって種類が異なります。こだわりのソフトがある場合には、そのソフトをプリインストールできるメーカーを選ぶか、インストールしても動作に問題がないかを購入前に確認するようにしましょう。

マウス・キーボードなどの周辺機器

By: amazon.co.jp

BTOパソコンを購入する場合には、マウスやキーボードなどの周辺機器も揃えておく必要があります。メーカーによって金額は異なりますが、基本無料で周辺機器の有無を選べるメーカーもあるので、購入する場合にはチェックしてみてください。

また、ゲーミング用途で購入するならば、より高性能なゲーミングマウスやゲーミングキーボードがおすすめ。ゲーミングPCを購入する際にオプションとして選択できる場合もあります。用途に応じて適切な周辺機器を選択するようにしましょう。