コンパクトなデスクにもスッキリと設置できる「一体型PC」。省スペースなデスクトップパソコンを探している方にぴったりです。しかし、さまざまなモデルが販売されているため、どれを選択すべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、一体型PCを選ぶ際のポイントについて詳しく解説します。おすすめのモデルもご紹介するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

一体型PCとは?

By: amazon.co.jp

一体型PCとは、本体とディスプレイを1つの筐体に統合したデスクトップパソコンのこと。オール・イン・ワンパソコンなどとも呼ばれています。全体が1つのユニットで構成されていることもあり、とにかくシンプルにセットアップして使用できるのが特徴です。

デザイン性に優れたモデルが数多く販売されています。部屋のインテリアに馴染みやすく、さまざまな場所に違和感なく設置可能。書斎や子供部屋といったプライベートエリアはもちろん、リビングやキッチンなど家族の共有スペースに置いて使用したい方にもおすすめのパソコンです。

一体型PCのメリット

By: dell.com

一体型PCを購入するメリットは複数あります。まず、省スペースで設置できる点。ディスプレイと本体が一体になっているため、一般的なデスクトップパソコンのように別々に設置場所を確保する必要がありません。デスクの上や下のスペースが広々と使えます。

配線作業が最小限で済む点も魅力です。本体とディスプレイを繋ぐ手間がなく、電源ケーブルをコンセントに挿すだけで使用可能。HDMIやDisplayPortなどといった接続ケーブルの種類を気にせず、初心者でも簡単に使いはじめられます。

また、見た目の統一感に優れているのもポイントです。ディスプレイと本体を別々に購入する場合は、両方のデザインやカラーがバラバラになりがち。用途に合ったスペックのモデルを選びつつ、デスク周りをおしゃれにまとめたい方にもおすすめです。

一体型PCのデメリット

By: dell.com

一体型PCは、一般的なデスクトップパソコンと比べて、拡張性に乏しいのがデメリット。PCI Expressスロットなどを備えていないため、購入してから高性能なグラボを装着したり、TVチューナーボードを追加したりといったカスタマイズはできません。

購入前に必要なスペックを搭載しているか確認しておきましょう。将来的なことも考慮し、余裕を持った性能の製品を選ぶのがおすすめです。

また、モニターだけの変更ができないのもデメリット。フルHDから4Kにアップグレードしたい場合など、一体型PC自体を買い換えなければいけないので注意が必要です。ディスプレイの解像度やサイズもしっかりとチェックしたうえで購入してみてください。

一体型PCの選び方

WindowsかMacかで選ぶ

Windowsの特徴

By: dell.com

Windowsは、マイクロソフトが開発しているOSシリーズです。一体型PCの多くに搭載されており、幅広いラインナップのなかから製品を選べます。

Windowsの特徴は、セキュリティ性能に優れている点。対マルウェア保護・対フィッシング保護・アプリのセキュリティなどの機能を備えており、さまざまな脅威からPC内のデータを守れます。仕事だけでなくプライベートで使用する場合にも安心です。

また、Windows搭載モデルは安価なモノから高価なモノまで金額幅が広いのもポイント。予算に合うモデルを見つけられます。

Macの特徴

By: apple.com

MacはAppleが展開しているパソコンです。一体型PCにおいては「iMac」シリーズをラインナップしています。

スタイリッシュな見た目を採用しており、デザイン性に優れているのがポイント。部屋のインテリアに馴染むモデルを探している方におすすめです。カラーバリエーションが豊富で、見た目にこだわりたい方にも向いています。

OSはApple独自のmacOSを採用。性能に優れたパワフルなOSで、仕事から遊びまで快適にこなせます。一体型PCの場合はCPU・GPU・メモリなどの機能を搭載したM3チップも内蔵。負荷の高い作業もスピーディーに処理します。

性能が高い一方で、展開されている製品は限られます。また、Windowsの一体型PCは価格帯に幅があるのに対して、Macの一体型PCは基本的には高額です。予算に余裕があり、かつ日常的な作業からクリエイティブな作業まで行いたい方は、Macの一体型PCをチェックしてみてください。

モニターサイズと解像度をチェック

By: amazon.co.jp

一体型PCはモニターの交換ができないため、モニターのサイズを事前にチェックしておきましょう。モニターのサイズは、23~27インチ程度が人気。ひと目で画面全体を見渡せるため、イラストの制作や資料の作成など、さまざまな作業が快適に行えます。

また、解像度を併せてチェックしておくのも重要。モニターの解像度には、1920×1080のフルHDや、3840×2160の4Kなどの種類があります。解像度が高いモノほど、動画やゲームなどのコンテンツをキレイな映像で楽しめるのが魅力です。

基本スペックをチェック

CPU

一体型PCを購入する際、CPUを事前にチェックしておきましょう。CPUとは、さまざまな作業の処理を行うPCの頭脳のこと。CPUの性能が高いモデルほど、複雑な処理が効率よく行えます。

CPUの種類には、主にIntelが手掛けている「Core i」シリーズと、AMDが手掛ける「Ryzen」シリーズの2つがあります。Intel・AMDともに、シリーズ名の後ろに付く数字が大きいほど性能が高くなるのが特徴です。

動画の編集や配信など、負荷の大きな作業をする機会が多い方には、Core i7やRyzen7以上のハイスペックモデルがおすすめ。一方で、ネットを閲覧したり文書を作成したりと、負荷が小さい作業が主な場合は、Core i5やRyzen5でも快適に作業できます。

メモリ容量

メモリはストレージよりも速く動作を行う記録スペースのこと。CPUが処理を行っている最中のデータは、メモリに一時保存されます。

メモリの容量が大きいモデルほど、効率よく作業を行えるのが特徴。動画の配信や編集などの負荷が大きな作業を行う機会が多い場合には、メモリの容量が16GBのモデルが適しています。複数のソフトを立ち上げて作業をする機会が多い方にもおすすめです。

一方で、文書作成やWeb閲覧などが主な場合は、8GBのモデルでも快適に利用できます。

ストレージの種類と容量

ストレージとは、動画や音楽といったデータやファイルを保存するスペースのことです。一体型PCを購入する際には、ストレージの容量も確認しておきましょう。ストレージの容量が大きいモデルほど、多くのデータが保存できます。

なお、ストレージにはHDDとSSDの2種類があります。HDDは、容量あたりの単価がSSDよりも安いのが特徴。一方で、SSDよりも読み書きの速度が遅く、動作音が大きい点に注意が必要です。

また、SSDはHDDと比較して容量あたりの単価が高いものの、読み書きが速く、動作音や発熱が少ないのが魅力。耐久性も高いため、スペック重視の方におすすめです。

グラフィックス性能

一体型PCでゲームを楽しみたい場合は、グラフィックス性能も事前に確認しておきましょう。グラフィックス性能が高いモデルを選べば、一体型PCであっても処理が軽いゲームであれば楽しめます。

しかし、一体型PCはパーツの収納スペースが限られており、性能の高いグラフィックボードを搭載した製品はほとんどありません。そのため、ゲーミングPCと比較すると性能面で劣るほか、対応しているゲームの数も少ないため注意が必要です。

その他の機能にも注目

周辺機器を接続するための搭載端子の種類や数

By: amazon.co.jp

一体型PCを購入する際、接続端子の種類を事前にチェックしておきましょう。接続端子の種類には、主にHDMIやUSBなどがあります。HDMIの入力端子があれば、一体型PCをモニターとしても使用できるのが特徴です。

また、接続端子の数も併せて確認しておきましょう。なかでもチェックしておきたいのがUSBの数です。USBの数が多いモデルは、マウスやキーボードといったインターフェースが多く接続できます。また、外付けのHDDやSSDが接続できるのも魅力です。

スピーカーの性能

By: nec-lavie.jp

一体型PCを購入する際、スピーカーの性能も事前に確認しておきましょう。一体型PCのなかには、音質にこだわって設計されたモデルが多くあります。スピーカーの性能がよいモノは、さまざまなコンテンツが上質なサウンドで楽しめるのが魅力です。

なかには、Dolby Atmos立体音響技術を採用し、まるで映像から直接聞こえてくるような一体感のあるサウンドが楽しめるモデルも展開されています。

また、「ヤマハスピーカー」や、その場で聞こえるようなサウンドが体感可能な「YAMAHAサウンドシステム」を使用している製品もラインナップ。自然なサウンドが楽しみたい方におすすめです。

光学ドライブの有無

By: rakuten.co.jp

一体型PCの購入を検討する際に押さえたいポイントのひとつに、光学ドライブの有無があります。光学ドライブとは、DVDやブルーレイディスクといった光学ディスクを読み込んだり書き込んだりするドライブのことです。

光学ドライブが搭載されているモデルを選べば、DVDやブルーレイディスクなどに収録された動画などのコンテンツが楽しめます。加えて、地上デジタルやBSデジタルといったテレビ番組が録画できるのも魅力です。

チューナー内蔵モデルならテレビの視聴も可能

By: rakuten.co.jp

一体型PCのなかには、テレビチューナーを内蔵しているモデルがあります。チューナー内蔵モデルであれば、テレビの視聴も可能。別途テレビを用意する必要がなくなるため、省スペース化に繋げられます。

ただし、一般的なテレビと比較して、画面サイズが小さかったりサウンドに物足りなさを感じたりする点には注意が必要。テレビ番組が見られるだけで十分という方や、個室にテレビを導入したい方などにおすすめの機能です。

一体型PCのおすすめメーカー

富士通(FUJITSU)

By: fujitsu.com

「富士通」は、「コンピューティング環境の提供により、お客様の豊かなライフスタイルに貢献する」という意志のもとに創業された総合エレクトロニクスメーカーです。主にノートPCやデスクトップPCなどの製造や販売を行っています。

富士通の一体型PCは、モニターサイズが大きく高画質なのが特徴です。動画やゲームなどのコンテンツがキレイな映像で楽しめます。加えて、暮らしに調和しやすいおしゃれな見た目で、デザイン性に優れているのも魅力です。

日本電気(NEC)

By: rakuten.co.jp

「日本電気」は、1899年に設立された、120年以上の歴史を有する電機メーカーです。システムの構築やアウトソーシングをはじめとしたITサービス事業、テレコムサービスや航空宇宙防衛といった社会インフラ事業を主に行っています。

日本電気の一体型PCは、低音再生技術「FR-Port」を内蔵したヤマハのスピーカーが搭載されているのが特徴です。高音質で音楽や動画などのコンテンツが楽しめます。また、高性能プロセッサ搭載で、負荷のかかる作業もスムーズに行えるのが魅力です。

ヒューレット・パッカード(HP)

By: hp.com

「ヒューレット・パッカード」は、1939年に創立されたコンピュータ・電子計測機器メーカーです。PCやプリンターの製造・販売を主に行っており、世界約180もの国のユーザーに支持されています。

ヒューレット・パッカードの一体型PCは、先進的な造形美や機能美が特徴。デザイン性に優れており、さまざまな空間とマッチします。また、リーズナブルなモデルからハイエンドモデルまでラインナップされているのもポイントです。

デル(Dell)

By: rakuten.co.jp

「デル」は、PCやPCの周辺機器を製造・販売しているメーカーです。主にデスクトップPCやノートPC、ドッキングステーションやキーボードなどのアイテムを手掛けています。

デルの一体型PCは、さまざまなライフスタイルやワークスタイルに対応しているのが特徴。動画やゲームを楽しんだりクリエイティブな作業をしたりと、幅広い使い方ができます。また、スタイリッシュなデザインもポイントです。

レノボ(Lenovo)

By: lenovo.com

「レノボ」は、ノートPCやデスクトップPC、周辺機器などを主に手掛けているメーカーです。「Smarter Technology for All」をビジョンとしており、医療や教育など、さまざまな現場へスマートなテクノロジーを届けています。

レノボの一体型PCは、価格が安くコストパフォーマンスに優れているのが特徴。初めて一体型PCを購入する方にもおすすめです。また、ポートが豊富にあるため、外付けのHDDやSSDなど、さまざまなインターフェースが接続できます。

一体型PCのおすすめ|人気

富士通(FUJITSU) ESPRIMO WF2/H2 RK_WF2H2_A005

富士通(FUJITSU) ESPRIMO WF2/H2 RK_WF2H2_A005 2023

27インチの低反射液晶ディスプレイが採用されている一体型PCです。輝度と色純度が高く、視野角も広いため、テレビもブルーレイディスクも迫力のある映像で楽しめます。加えて、新4K衛星放送が楽しめるチューナーが内蔵されているのも特徴です。CPUは第12世代のインテル Core i7 1260Pを搭載しています。

2+2chスピーカーシステムが採用されており、高音域から低音域までクリアなサウンドが楽しめるのもポイント。さらに、「Dolby Atmos」の空間オーディオ技術も搭載されているため、ライブ会場のような臨場感が味わえます。

SDカードスロットやUSB Type-Cなどが搭載されており、インターフェースが充実しているのもポイント。テレワーク時のセカンドディスプレイとしても使えるため、ビジネスシーンでも活躍するおすすめのアイテムです。

日本電気(NEC) LAVIE A27 A2797/GAB オールインワンデスクトップPC PC-A2797GAB

日本電気(NEC) LAVIE A27 A2797/GAB オールインワンデスクトップPC PC-A2797GAB 2023

27インチのワイドフルHDディスプレイが搭載されているオールインワンデスクトップPCです。広い視野角を持つIPS液晶が採用されているため、斜めからでも美しい映像を楽しめます。加えて、画面の高さと角度が変えられ、見やすい位置で使えるのも特徴です。

テレビ番組を録画したり視聴したりできるアプリ「SmartVision」に対応しているのもポイント。加えて、ヤマハのスピーカーとシステムが採用されており、臨場感のあるサウンドで、さまざまなコンテンツが楽しめます。

CPUには、高速かつ省電力のAMD Ryzen 7000シリーズ プロセッサを採用。負荷の大きな作業もスムーズにこなせます。プライベートやビジネスなど、さまざまなシーンで活躍するおすすめのモデルです。

日本電気(NEC) LAVIE A2355/GAB オールインワンデスクトップPC PC-A2355GAB

日本電気(NEC) LAVIE A2355/GAB オールインワンデスクトップPC PC-A2355GAB 2023

フルハイビジョンが楽しめる23.8インチの一体型PCです。ワイドフルHD IPS液晶が採用されているため視野角が広く、斜めから見ても美麗な映像が楽しめます。さらに、画面の高さと角度が見やすい位置へ簡単に変えられるのも特徴です。

低音再生技術「FR-Port」を内蔵したヤマハのスピーカーを搭載。加えて、ヤマハAudioEngine搭載の「YAMAHAサウンドシステム」が採用されており、自然かつ臨場感のあるサウンドが楽しめます。

CPUには、処理が早く消費電力の少ないAMD Ryzen 7000シリーズ プロセッサを採用。また、ボディの背面には、仕事用のPCが接続できるHDMI入力端子やUSBポートなどが備わっています。仕事も遊びも快適に行えるおすすめの人気モデルです。

ヒューレット・パッカード(HP) All-in-One 24

ヒューレット・パッカード(HP) All-in-One 24

CPUにAMD Ryzen 7000シリーズモバイルプロセッサが採用されている一体型PCです。高いグラフィックス性能と優れた省電力性を同時に実現しています。加えて、PCIe NVMe M.2 SSDの採用で、素早く立ち上げられるのも特徴です。

遅延の少ないWi-Fi6に対応しており、安定性に優れています。Bluetooth 5.3もサポートしているため、有線の位置を気にせず設置できます。また、有線LANポートも備わっているため、環境に左右されることなくゲームや動画を安定した状態で楽しみたい方にもおすすめです。

斜めからも見やすい23.8インチのIPSパネルが採用されているのもポイント。光の映り込みが少ないノングレア加工が施されているため、長時間画面に集中できます。そのほか、タッチ機能に対応しているため、直感的な操作が行えるのも魅力です。

ヒューレット・パッカード(HP) Pavilion All-in-One 24

ヒューレット・パッカード(HP) Pavilion All-in-One 24

第13世代インテル Coreプロセッサが採用されている一体型PCです。ストレージは、SSDに加えてHDDも搭載。大容量のデュアルチャネルメモリが搭載されているため、マルチタスクも快適に行えます。ワイヤレスのキーボードとマウスが付属しているのが特徴です。

ノングレアの23.8インチワイドディスプレイを採用。タッチ機能に対応しているため、直感的な操作が行えます。ディスプレイの上部には約500万画素の高精細Webカメラを内蔵。ワンタッチで収納できるため、プライバシーを守りながら使えます。

ホワイトを基調とした清潔感のある見た目も魅力。また、ノイズキャンセル機能付きのデュアルマイクも搭載されています。機能性とデザイン性の両方に優れたおすすめの人気モデルです。

デル(Dell) Inspiron 24 オールインワン AI557A-DNLB

デル(Dell) Inspiron 24 オールインワン AI557A-DNLB 2023

ディスプレイにフリッカー防止パネルが採用されている一体型PCです。ブルーライト抑制が期待できる「ComfortView Plus」機能が搭載されています。加えて、ベゼルが狭く、快適なスクリーン体験を楽しめるのも魅力です。

デュアル5Wスピーカーが内蔵されているのもポイント。「Dolby Atmos」による立体音響技術も搭載されており、クリアで臨場感のあるサウンドが楽しめます。さらに、Bluetooth機能付きなので、スマホの音楽が流せるモデルを探している方にもおすすめです。

ストレージの容量は512GBあり、動画や音楽といった容量の大きなデータがたくさん保存できるのもポイント。また、5つのUSBポートやHDMI端子が備わっているため、さまざまなインターフェースと接続できます。

一体型PCのおすすめ|安い・コスパ重視

レノボ(Lenovo) IdeaCentre AIO 370i F0GG0049JP

レノボ(Lenovo) IdeaCentre AIO 370i F0GG0049JP 2023

第12世代インテル Core iプロセッサと512GBのSSDが搭載されている一体型PCです。マルチタスクやファイル転送などの作業がスムーズかつ素早く行えます。一体型PCのなかでも安価で、コスパを重視する方におすすめです。

21.5インチのFHD IPS液晶とHarman Kardonステレオスピーカーが搭載されているのもポイント。クリアな映像と迫力のあるサウンドで、動画やゲームなどのコンテンツが楽しめます。加えて、720pのWebカメラが備わっているのも特徴です。

ボディ背面にUSBポートやHDMIなどの接続端子を搭載。仕事用のPCを接続すれば、ディスプレイとしても活用できます。プライベートやビジネスなど、さまざまなシーンで活躍するおすすめのアイテムです。

レノボ(Lenovo) IdeaCentre AIO 570i F0GR00AFJP

レノボ(Lenovo) IdeaCentre AIO 570i F0GR00AFJP

CPUに第12世代のインテルCore i5プロセッサが採用されているコスパ重視の一体型PCです。マルチタスクをスムーズに行える性能を有しています。インテル Iris Xeグラフィックスを搭載しており、動画や写真を編集するのにもぴったりです。

色域と視野角が広いフルHDディスプレイが採用されているのもポイント。さらに、JBLステレオスピーカーも備わっているため、鮮明な映像と臨場感のあるサウンドでゲームや動画などのコンテンツが楽しめます。

500万画素のIRカメラが搭載されており、顔認証でログインできるのも魅力。高画質でテレビ会議も行えます。ポートも豊富に備わっており、プライベートシーンでもビジネスシーンでも活躍するおすすめのモデルです。

エイスース(ASUS) ASUS A3402

エイスース(ASUS) ASUS A3402 2022

CPUに第12世代インテル Core i3が採用されているコスパ重視の一体型PCです。Wi-Fi 6に対応しているため、高速かつ安定性の高いワイヤレス接続が行えます。加えて、ストレージの容量が512GBあり、容量の大きなデータが多く保存できるのも特徴です。

狭額ベゼルが搭載されており、ディスプレイの画面占有率が最大88%あるのもポイント。ワイドビューテクノロジーも搭載されており、動画やゲームなどのコンテンツが迫力のある映像で楽しめます。

SD カードリーダーやHDMI、USBポートなどが搭載されており、接続性の高さも良好。仕事用のPCを繋げば、ディスプレイとしても活用できます。価格が安いため、初めて一体型PCを購入する方にもおすすめのアイテムです。

エイスース(ASUS) ASUS M3400 M3400WYAK-WA066W

エイスース(ASUS) ASUS M3400 M3400WYAK-WA066W 2023

フルHDに対応した23.8インチのディスプレイが搭載されているコスパ重視の一体型PCです。狭額ベゼルを採用することで、約82%の画面占有率を実現。高い没入感と迫力のある映像で、動画やゲームなどのコンテンツが楽しめます。

4つのUSBポートや有線LANポートなどが搭載されており、インターフェースが充実しているのもポイント。また、HDMIも備わっているため、外部モニターとしても使用できます。遊びにも仕事にも活用できるおすすめのモデルです。

エイスース(ASUS) ASUS E3402 E3402WBAK-BA344X

エイスース(ASUS) ASUS E3402 E3402WBAK-BA344X

CPUに第12世代のCore i5プロセッサが採用されているコスパ重視の一体型PCです。メモリは8GBあり、必要最低限の作業ができる性能を有しています。狭額ベゼルを採用した23.8インチのディスプレイにより、複数のウインドウを開いた作業も快適に行えるのも魅力です。

AIノイズキャンセリング機能付きのマイクを搭載しているのが特徴。その場で会話をしているような音質でコミュニケーションが可能です。さらに、物理的にカメラを塞ぐシールドも備えているため、プライバシーを確保しながら使えます。

USB Type-CポートやUSB Type-Aポート、DCジャックなどが搭載されており、インターフェースが充実しているのもポイント。HDMIポート付きで、外部ディスプレイとしても使用できるおすすめのモデルです。

一体型PCのおすすめ|高性能・スペック重視

日本電気(NEC) LAVIE A2365/GAB オールインワンデスクトップPC PC-A2365GAB

日本電気(NEC) LAVIE A2365/GAB オールインワンデスクトップPC PC-A2365GAB 2023

CPUにAMD Ryzen 7000シリーズのプロセッサが採用されている一体型PCです。負荷のかかる作業もスムーズに行えます。加えて、ストレージには高速かつ省エネ性に優れたSSDを採用。PCでの作業が必要な際、すぐに使い始められます。

「Microsoft Office Home & Business 2021」がプリインストールされているのもポイント。仕事用のPCが接続できるHDMI入力端子が搭載されているため、マルチ画面でドキュメントやデータ資料などの作業が行えます。

ヤマハのスピーカーとオーディオエンジンを搭載した「YAMAHAサウンドシステム」の採用により、臨場感のあるサウンドを楽しめるのもポイント。ビジネスでもプライベートでも活躍するおすすめのモデルです。

日本電気(NEC) LAVIE A2377/GAB オールインワンデスクトップPC PC-A2377GAB

日本電気(NEC) LAVIE A2377/GAB オールインワンデスクトップPC PC-A2377GAB 2023

高精細な映像を映し出す23.8インチのワイドディスプレイが搭載されている一体型PCです。広い視野角を持つIPS液晶が用いられているため、斜めからでもキレイな映像を楽しめます。画面の高さと角度が簡単に変更でき、使いやすい状態に調整して使えるのも特徴です。

ブルーレイディスクドライブが搭載されているのもポイント。加えて、地上波やBS、110°CSデジタル番組にも対応したダブルチューナーも備わっています。「YAMAHAサウンドシステム」搭載で、臨場感のあるサウンドで映像が楽しめます。

ストレージの容量が約1TBあるため、動画や音楽など、容量の大きなデータがたくさん保存することが可能。さまざまな用途で使えるおすすめのアイテムです。

デル(Dell) Inspiron 27 オールインワン AI779T-DNLBC

デル(Dell) Inspiron 27 オールインワン AI779T-DNLBC

フルHDに対応したIPSディスプレイが採用されている一体型PCです。CPUには、第13世代のインテルCore i5を採用。OSにはWindows 11が採用されています。仕事で使用する資料の確認や動画の視聴、ゲームなどが快適に行うことが可能です。

加えて、ブルーライトの発生を抑える「ComfortView Plus」機能が備わっているのも特徴。長時間使用することを考慮した設計です。

また、5つのUSBポートやHDMIポートなどが搭載されており、接続性の高さも良好。無線接続は高速かつ通信安定性に優れたWi-Fi 6Eに対応しています。高い機能とスタイリッシュなデザインを同時に実現した、おすすめのアイテムです。

ヒューレット・パッカード(HP) HP EliteOne 870 G9

ヒューレット・パッカード(HP) HP EliteOne 870 G9

27インチのIPSディスプレイが採用されている一体型PCです。CPUは第13世代のインテル Core i7-13700を搭載しています。ブルーライトを軽減する「HP Eye Ease」に対応しており、目への負担が少ない仕様。長時間の使用にもぴったりのおすすめモデルです。

オンライン会議に特化した機能を多数搭載。周囲の音を低減するオーディオや、3m先の声まで拾うマイク、人の動きに追従するカメラなど、Web会議に便利な機能を備えています。使用環境を判断して見え方も調整するので、オンライン会議でのわずらわしさを感じにくく、会議の内容に集中できます。

画面の表面に、清潔さを保つための工夫が施されているのもポイント。エタノールを含むシートで約1000回拭いても耐えられる加工が施されています。清掃時の誤入力を防ぐソフトウェア「HP Easy Clean」により、電源を付けた状態でスクリーンや接続しているキーボードをお手入れできるのも魅力です。

アップル(Apple) iMac 2023年

アップル(Apple) iMac 2023年 2023

4.5K Retinaディスプレイが採用されている一体型PCです。高い解像度と500ニトの明るさが備わっています。P3の広色域に対応しており、臨場感のある映像で動画やゲームなどのコンテンツを楽しめるのが魅力です。

1080p FaceTime HDカメラが搭載されているのもポイント。加えて、ハウリングを低減するビームフォーミングテクノロジーが採用されたマイクも採用しています。テレビ会議や曲作りなど、さまざまなシーンで活躍するのが特徴です。

2組のフォースキャンセリングウーファー搭載で、迫力のあるサウンドを楽しめるのもポイント。また、ディスプレイが11.5mmと薄いため、空間を圧迫せずに設置できます。機能性とデザイン性の両方に優れたおすすめモデルです。

一体型PCの売れ筋ランキングをチェック

一体型PCのランキングをチェックしたい方はこちら。