自分でPCを組み立てる際に必須の「PCケース」。最近のPCケースは、LEDを搭載したモノや、熱暴走を抑えるためにいくつかファンが搭載されているモノなど、ラインナップが豊富に取り揃えられています。

そこで今回は、おすすめのPCケースをピックアップ。組み込むパーツを考慮した選び方も解説するので、興味のある方はチェックしてみてください。

自作PCケースの選び方

By: amazon.co.jp

マザーボードや記録媒体など、PCに必要なパーツを収納するPCケース冷却性や静音性といったPC性能を左右する重要なアイテムのひとつです。将来的に機能を拡張する際にも大きく関わってくるので、慎重に選ぶ必要があります。

基本的にPCケースは、サイズが大きいほど高い拡張性を有しているのがポイント。ただし、大きなサイズのモデルは置き場所が限られてくるため、一概に大きければよいとはいえません。

ゲーミングPCならばミドルタワーまたはフルタワー、最低限の機能でよければ小型など、目的によって適したケースが異なります。まずはどのようなPCを組みたいのか決めておきましょう。

PCケースのサイズで選ぶ

ミドルタワー

By: msi.com

自作ゲーミングPCで主流なのがミドルタワー。フルタワーよりもコンパクトなので設置にスペースを取らず、初心者でも組み立てが容易です。

マザーボードはATX規格に対応したモノがほとんどで、ケース本体に搭載できるHDDの数が多く、拡張性の高さも魅力。十分な排熱性も確保できるので、ゲームや動画編集などの負荷がかかりやすい作業を行う方にぴったりです。

フルタワー

By: corsair.com

フルタワーは、主にサーバー用マシンやゲーミングマシンを組み立てたいときにおすすめのサイズ。拡張性が高いため、超高性能マシンの組み立てが可能です。

電源ユニットを2つ搭載できるモノや、ストレージとグラフィックボードを複数搭載できるモノなど、装着可能なパーツが多いのも特徴。ただし、ほかのケースタイプと比べてサイズが大きいので、設置場所を確保できるか事前に確認する必要があります。

小型(コンパクトケース)

By: fractal-design.com

ミドルタワーやフルタワーと比べ、設置スペースを取らないコンパクトケース。ミニタワー型やスリム型、キューブ型など、多彩なタイプがラインナップされています。

設置スペースが限られている方はもちろん、インテリアとマッチするPCケースを求めている方におすすめです。ただし、拡張性やPC自体の性能は制限されるので注意しましょう。

マザーボードの規格で選ぶ

ATX

By: amazon.co.jp

ATXは基盤面積が広いマザーボード。コネクタやスロット数が多く、高い拡張性が特徴。自作PCでは一般的なサイズのため、デザインの種類も豊富にラインナップされている規格です。

基本的なサイズは305×244mmが多く、拡張スロット数は最大7つ、メモリースロットは4~8つ搭載可能。ATXはフルタワー・ミドルタワーケースでの組み立てができます。

ATXに対応したPCケースには、5インチベイや3.5インチベイが多く用意されているのもポイント。ただし、基本的にミニタワーのケースには取り付けられないので注意が必要です。

Micro-ATX

By: amazon.co.jp

Micro-ATXは、ATXを少し小型化したサイズのマザーボード。製品数は少なめですが、コンパクトなので設置しやすいのが特徴です。

基本的なサイズは244×244mmの正方形で、メモリースロットは2~4つ、拡張スロットは最大4つまで搭載可能。一般的に、Micro-ATXのマザーボードはミニタワーのケースで使用しますが、対応していればミドルタワーのケースでも組み立てられる場合があります。

Mini-ITX

By: amazon.co.jp

Mini-ITXはMicro-ATXよりさらに小型の規格で、コンパクトなマザーボード。小型のPCに搭載でき、省スペースで設置したい方におすすめです。

ただし、拡張スロットは1本しか搭載できないため、ほかのケースタイプよりも拡張性に劣るのが難点。さらに、PCケースの組み立てがやや難しいといわれているので、上級者に適しています。

冷却性能で選ぶ

By: amazon.co.jp

冷却性能の高いケースは熱がこもりにくいため、熱暴走によるパフォーマンスの低下やパーツの劣化を軽減できます。温度管理やパフォーマンスを重視する方は、冷却性能の高いモデルを選びましょう。

冷却重視のケースは、風通しのよいメッシュを使用していたり、ファンの設置箇所も多かったりするのが特徴です。各所に140mm角などの大口径ファンを固定できるモデルであれば、冷却性能をより高められます。

静音性で選ぶ

By: amazon.co.jp

自作PCで気になるのが、各種ファンなどから発せられる動作音。動作音を軽減したい方には、静音性重視のPCケースがおすすめです。

前面からのノイズはドアを1枚挟むことで緩和でき、ドア裏に吸音材を貼っている製品を選べば、より静音性は上がります。また、静音性を重視したケースは密閉性が高いため、内部にホコリがたまりにくいのも特徴です。

サイドパネルの素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

最近はマザーボードやファンにLEDパーツが付いているモノが多くあります。内部のパーツを見えるようにしたい方には、サイドにアクリルや強化ガラスを採用しているモノがおすすめです。

また、内部が見えるサイドパネルであれば、PCケースを開けなくても内部の状態を確認できます。ホコリのたまり具合やパーツの不調を把握しやすいのもメリットです。

内蔵ベイの種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

「ベイ」とは、HDDやSSD、光学ドライブなどを設置する場所です。PCケースによって内蔵ベイの大きさが異なり、主に5.25・3.5・2.5インチベイの3種類に分類されます。

5.25インチベイはCDやDVD、Blu-rayなどの光学ドライブを設置可能。ただし、最近はダウンロードの普及により、光学ドライブを使う機会が減っています。5.25インチベイを搭載していないPCケースも増えているので、購入前にしっかり確認するようにしましょう。

3.5インチベイは、デスクトップPC用の3.5インチHDDなどを搭載できます。一方、2.5インチベイはノートPC用の2.5インチHDDをはじめ、SSDなどを搭載可能です。

また、2.5インチのパーツを3.5インチまたは5.25インチベイに装着するための変換パーツもあります。今後拡張する予定がある場合は、大きめのベイがあるとさまざまなパーツに対応できるので安心です。

自作PCケースのおすすめメーカー

NZXT

By: amazon.co.jp

NZXTは幅広いサイズのPCケースを取り揃えているPCパーツメーカー。なかでも、シンプルで洗練されたデザインと使いやすさを両立した「Hシリーズ」が人気です。

フルタワーやミドルタワーはもちろん、小型も含めた幅広いサイズのPCケースを取り揃えています。用途に適したサイズが選べるので、ぜひチェックしてみてください。

クーラーマスター(Cooler Master)

By: amazon.co.jp

クーラーマスターはPCをはじめ、通信機器の放熱・冷却に関する製品の世界的なメーカー。高品質パーツを使用した「COSMOSシリーズ」や、機能性に優れた「MasterBoxシリーズ」などが人気です。

クーラーマスターの自作PCケースはデザインと機能性を両立しているのが特徴。ミドルタワーはもちろん、フルタワーから小型まで幅広いモデルを取り揃えています。

コルセア(Corsair)

By: amazon.co.jp

コルセアは、メカニカルキーボードやゲーミングマウス、ワイヤレスヘッドセットなど、幅広いPC関連製品を扱うメーカー。PCケースも種類が豊富で、高品質なのが特徴です。

機能面に優れているだけでなく、革新的なデザインと高いパフォーマンスを両立したスタイリッシュなPCケースが人気を集めています。見た目も重視したい方はチェックしてみてください。

自作PCケースのおすすめ|ミドルタワー

NZXT H510 CA-H510B

剛性の高い金属製の筐体を採用しているPCケースです。本体サイズは幅210×奥行428×高さ460mmのミドルタワー型ながら、比較的コンパクト。フラットデザインでスタイリッシュな印象を与えられる点も魅力です。

ARGB発光パーツや冷却ファンは「Smart Device V2」で制御が可能。サイドパネルには強化ガラスが使われており、PCケース内のライティングも楽しめます。

また、フロントパネルに280mmサイズのラジエータを取り付けられるのもポイント。空冷システムを採用する場合には、140mmの冷却ファンを2基搭載できます。空冷と水冷の両方に対応できる点もおすすめです。

クーラーマスター(Cooler Master) MASTERBOX CM694 MCB-CM694-KG5N-S00

フロントからトップまでにカーブ状のメッシュパネルを採用しているPCケースです。通気性に優れているので、PCケース内に効率よく外部の空気を取り込めます。また、細かなメッシュによって、ホコリの侵入を予防できるのもメリットです。

さらに、3個のモジュラー型ドライブケージを備えているのもポイント。1段に2基のトレイが付いており、SSDとHDDの両方を搭載できます。大型のグラフィックボードや水冷ラジエータを取り付ける際は、モジュラー型ドライブケージの移動または取り外しが可能。拡張性に優れている点もおすすめです。

クーラーマスター(Cooler Master) SILENCIO S600 MCS-S600-KN5N-S00

筐体に遮音性を高める素材を使用しているおすすめのPCケースです。外装の内側に防音材を配置しているのが特徴。冷却ファンの騒音だけでなく、共鳴によってケース自体から発生するノイズも抑制できます。

また、トップパネルは、遮音カバーからダストフィルターに変更が可能。効率のよいエアフローを確保し、排熱性能を高めたい場合にも便利です。さらに、開閉方向を左右どちらにも変更できるスチール製のフロントパネルを備えているのもポイント。スチール部分には緩衝材、ヒンジ部分にはマグネットとゴムパッドが付いており、パーツが接触する部分の振動も軽減できます。

コルセア(Corsair) iCUE 465X RGB ミッドタワー ATX スマートケース CC-9011188-WW

多彩な内蔵ベイを備えており、拡張性に優れているおすすめのPCケースです。最大で3.5インチのHDDを2基と、2.5インチのSSDを4基搭載できるのが特徴。動画や高画質な写真などを多数保存しておきたい場合にも便利です。

フロントと左側のサイドパネルには強化ガラスを使用。筐体の素材にはスチールが採用されており、耐久性に優れている点もメリットです。また、ケースファンが標準で3基付属しているのもポイント。RGB LEDは、「CORSAIR iCUE ソフトウェア」で簡単にカスタマイズできます。

アンテック(ANTEC) DA601

4基のARGBファンが付属しているPCケースです。専用のファンコントローラーを利用すれば、簡単にファンの制御が可能。鮮やかなイルミネーションを楽しみたい場合にも便利です。

フロントやトップには、360mmサイズまでの大型ラジエータを取り付け可能。拡張カードスペースは400mm確保されており、高性能なグラフィックボードにも対応できます。左側のサイドパネルには強化ガラス素材を使用。フルスクリーン設計によって、PCケース内を簡単に確認できる点もおすすめです。

サーマルテイク(Thermaltake) Versa H26 CA-1J5

ミドルタワー型ながら比較的リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れたPCケースです。フルサイズのアクリルサイドパネルを採用しているのが特徴。PCケース内のパーツを確認しやすいだけでなく、ライティングも楽しめます。

マザーボードは、ATX・Micro-ATX・Mini-ITXなどに対応。最大で7基のケースファンを取り付けられます。また、脱着可能なダストフィルターが付属しているのもポイント。PCケース内にホコリが混入し、ショートなどのトラブルが発生してしまうのを予防できる点もおすすめです。

サーマルテイク(Thermaltake) LEVEL 20 MT ARGB CA-1M7-00M1WN-00

「アドレサブルRGBファン」を標準で3基搭載しているPCケースです。エイスース・ギガバイト・MSIなどのマザーボードとLEDの同期が可能。マザーボードのLEDコントロールソフトウェアを利用すれば、冷却ファンのライティングも簡単に制御できます。

左サイドとフロントには4mm厚の強化ガラスパネルを採用。PCケース内を一目で確認できる設計です。フロントパネルには、最大で360mmサイズの水冷ラジエータを取り付け可能。エアフローを考慮したデザインにより、CPUやグラフィックボードなどを効率よく冷却できる点もおすすめです。

エムエスアイ(MSI) MAG VAMPIRIC 100R

フロントにメッシュパネルを採用しているPCケースです。通気性に優れており、PCケース内のパーツをしっかりと冷却したい場合に便利。エアフローを重視してPCケースを探している場合にもおすすめです。

また、左側のサイドパネルに透明な強化ガラスを採用しているのもポイント。水冷クーラーやマザーボード、グラフィックボードなどのライティングも楽しめます。天面にはマグネットフィルターを搭載。ケース内へホコリが侵入してしまうトラブルを予防できるだけでなく、手入れを簡単に行える点も魅力です。

エムエスアイ(MSI) MPG VELOX 100P AIRFLOW

4基のケースファンを標準で搭載しているPCケースです。ケース内のエアフローを考慮したデザインを採用。最大で7基のファンを取り付けられるので、冷却性能を重視する場合にも便利です。

フロントには通気性に優れたメッシュパネルを使用。ARGB照明も備えており、美しいライティングも楽しめます。また、グラフィックボードを縦置きする際に使用するブラケットが付属しているのもポイント。高性能かつ大型で、重量のあるグラフィックボードを採用している場合にもおすすめです。

Sharkoon ATX PC CASE VS4-W

3基の5.25インチベイを備えているミドルタワー型のPCケースです。CDやDVDドライブなどを複数搭載したい場合に便利。2基の5.25インチベイはツールフリー機構が採用されており、工具を使わずにドライブ類が取り付けられます。

冷却ファンはフロントとリアに1基ずつ搭載。PCケース内のエアフローを強化したい場合には、フロントに120mmファンを1基追加できます。また、膨らみデザインのサイドパネルを採用しているにもポイント。大型のCPUクーラーと干渉しにくい点もおすすめです。

自作PCケースのおすすめ|フルタワー

クーラーマスター(Cooler Master) MASTERCASE H500 MCM-H500P-MGNN-S00

サイドパネルの素材にスモーク仕様の強化ガラスを採用しているPCケースです。フロントとトップのパネルには、透明なプラスチックカバーを使用。クールでかっこいい印象を与える外観を実現しています。

フロント部分には、200mmの大型ファンを2基搭載。冷却性能を重視する場合にも便利です。また、縦向きの拡張スロットを搭載しているのもポイント。別売りのライザーケーブルを利用して、グラフィックボードを縦に取り付けられる点もおすすめです。

クーラーマスター(Cooler Master) COSMOS C700P BLACK EDITION MCC-C700P-KG5N-S00

高品質なパーツを採用している「COSMOSシリーズ」に属するPCケースです。一般的なレイアウトだけでなく、マザーボードを上下反対に取り付けられるのが特徴。ケース外から取り込んだ空気をCPUやグラフィックボードに直接あてられるのが魅力です。

フロントパネルには複数のUSBポートを搭載。USB Type-C×1基とUSB Type-A×4基に加えて、ファンコントロールボタンやRGBコントロールボタンも配置されています。

コルセア(Corsair) Graphite Series 780T White フルタワーPCケース CC-9011059-WW

ストレージや大型冷却ファンを多数収納できるPCケースです。PCケース内のスペースを広めに確保しているのが特徴。ハイスペックなゲーミングPCを自作したい場合にも便利です。

ラッチ付きのサイドパネルはツールレスで取り外しが可能。ケース内のパーツにアクセスする頻度が高い場合にも便利です。また、フロントパネルにUSB3.0×2基とUSB2.0×2基のポートを備えているのもポイント。USBケーブルの抜き差しを簡単にできる点もおすすめです。

コルセア(Corsair) 7000D AIRFLOW フルタワー ATX PC ケース CC-9011219-WW

エアフローを考慮して設計されているフルタワー型のPCケースです。スチール製のフロントパネルには、メッシュ形状を採用。3基の「140mm AirGuide ファン」によって、PCケース内にしっかりと空気を取り込めます。

また、ケーブル類をマザーボード背面に収納しておけるのもポイント。開閉式のスチールドアで配線を簡単に隠せるので、ケース内をすっきりと見せたい場合にも便利です。デザインはシンプルながらスタイリッシュ。機能性だけでなく、外観にこだわりたい場合にもおすすめです。

フラクタルデザイン(Fractal Design) Define XL R2 Titanium D-CA-DEF-XL-R2-TI

北欧デザインを採用しているおしゃれなPCケースです。サイドパネルに高密度吸音材を備えているのが特徴。静音性を重視する場合にも魅力的です。HDD用の内蔵ベイは位置の調節が可能。取り外して使用すれば、通気性を高められます。

HDDおよびSSDは最大8台まで搭載が可能。ストレージを多数収納できるので、動画や高画質な写真など容量の多いデータを保存しておく場合にも便利です。

ケース内部には「Silent Series R2ファンモジュール」を搭載。フロントパネルに配置されている3速ファンコントローラーによって、簡単に制御できる点もメリットです。

アンテック(ANTEC) P101 Silent

フロントから漏れる騒音を軽減できるフルタワー型のPCケースです。遮音性の高いフロントドアを備えているのが特徴。吸音材も配置されており、静音性に優れているのが魅力です。

CDやDVDなどの光学ドライブを取り付けられる5.25インチベイも搭載。3.5/2.5インチシャドウベイは8基、2.5インチシャドウベイは2基備えており、サーバー用のPCを自作する場合にも便利です。

フロントには120mmファンを3基、リアには140mmを1基搭載。ケーストップにあるファンコントローラーを利用して、HIGH・STOP・LOWの3段階でファン回転数を調節できる点もおすすめです。

サーマルテイク(Thermaltake) View 51 Tempered Glass Snow ARGB Edition CA-1Q6-00M6WN-00

3面強化ガラスパネルを採用しているPCケースです。トップ・フロント・左サイドパネルに4mm厚の強化ガラスを使用。マザーボードLEDと同期できるアドレサブルRGBファンも3基付属しており、美しいライティングも楽しめます。

グラフィックボードは、水平でも垂直でも取り付けが可能。デュアルPCI-Eとステント設計によって、グラフィックボードの傾きを予防できる点も便利です。天面と底面には、大面積防塵フィルタを配置。PCケース内部にホコリが侵入してしまうトラブルを防ぎたい場合にもおすすめです。

サーマルテイク(Thermaltake) Core P8 Tempered Glass Full Tower Chassis CA-1Q2-00M1WN-00

90°回転する拡張スロット構造が採用されているPCケースです。グラフィックボードの取り付け向きを柔軟に変更できるのが特徴。高性能かつ大型なグラフィックボードをインストールする場合にも便利です。

また、ケース本体を自分で組み立てる「Dismantlable Modular Design」を採用しているのもポイント。内蔵するパーツの構成や自作するパソコンの性能に応じて、好みにあうケースを組み立てられる点もおすすめです。

クーガー(COUGAR) COUGAR PANZER MAX

マザーボードの規格に幅広く対応できるPCケースです。Mini-ITX・MicroATX・ATX・CEB・L-ATX・E-ATX規格のマザーボードを取り付けられるのが特徴。自作するパソコンにあわせて、自由にマザーボードを選択できるのが魅力です。

また、グラフィックボードを最大8スロット分取り付けられるのもポイント。複数のグラフィックボードを利用したい場合にも便利です。さらに、ミリタリースタイルのデザインが採用されているのもメリット。堅牢性に優れている点もおすすめです。

エイスース(ASUS) ASUS TUF Gaming GT501 White Editionケース

クールでかっこいいデザインが採用されているPCケースです。金属製のフロントパネルやスモーク処理が施された4mm厚の強化ガラス製のサイドパネルを備えているのが特徴。ゲーミングPCらしい外観を実現している点も魅力です。

天面部分にはコットン製のハンドルを2本搭載。30kgまでの重量をサポートしており、PCケースの位置変更を簡単にできるのがポイントです。トップパネルにはマグネット式のダストフィルターを取り付け可能。フロントや底面にもダストフィルターを備えており、ホコリの侵入をしっかりと予防できる点もおすすめです。

自作PCケースのおすすめ|小型

NZXT H1 Version2 CS-H11BW-JP

750Wの電源や水冷クーラーが付属しているPCケースです。本体サイズはコンパクトながら、大容量電源ユニットを備えているのが魅力。水冷システムによってPCパーツをしっかりと冷却できるので、ハイスペックなパソコンを自作したい場合にも便利です。

また、USB 3.2 Gen2 Type-Cポートを搭載しているのもメリット。高速なデータ転送に対応できる点もおすすめです。

クーラーマスター(Cooler Master) MASTERBOX MB400L WITH ODD MCB-B400L-KG5N-S00

機能性の高い「MASTERBOXシリーズ」に属するPCケースです。フロントパネルの側面には、メッシュ吸気口を配置。PCケース内のエアフローをしっかりと確保できるのが魅力です。

また、5.25インチベイを備えているのもポイント。CDやDVDなどの光学ドライブを取り付けたい場合にも便利です。さらに、移動可能なドライブケージを搭載しているのもメリット。大型の電源ユニットに対応できる点もおすすめです。

クーラーマスター(Cooler Master) MASTERBOX NR200 MCB-NR200-WNNN-S00

シンプルでスタイリッシュなデザインが採用されているPCケースです。インテリアや部屋にマッチしやすいデザインを求めている場合に便利。本体サイズは奥行376×幅185×高さ292mmと比較的コンパクトなので、設置スペースが限られている場合にもおすすめです。

また、3スロット占有のグラフィックボードに対応できるのもポイント。ゲームや動画編集用のPCを自作したい場合にも魅力的なケースです。

RAIJINTEK METIS

優雅なデザインを採用しているキューブ型のPCケースです。筐体の素材には、陽極酸化処理やヘアライン加工が施されたアルミニウムを使用。ケース内部には黒色コーティングが施されており、パーツのライティングを楽しめる設計です。

グラフィックボードは、170mmまでのサイズを搭載可能。CPUクーラーは、高さ160mmのモデルまでに対応できます。また、HDD取り付け用防振ゴムが付属しているのもポイント。HDD稼働時の振動をしっかりと吸収できる点もおすすめです。

SILVERSTONE SUGO 14

左側のパネルにフルサイズのグラフィックボードを取り付けられるおすすめのPCケースです。右側のパネルには最大240mmのラジエータを搭載可能。本体サイズは幅247×高さ215×奥行368.1mmと比較的コンパクトながら、ハイスペックなPCパーツを使用できるのが魅力です。

両サイド・天面・底面のパネルは着脱が可能。ケースの組み上げを簡単に行えるだけでなく、パーツのアップグレードを図りたい場合にも便利です。

フラクタルデザイン(Fractal Design) Era ITX FD-CA-ERA-ITX

上品でおしゃれなデザインを採用しているPCケースです。本体サイズは奥行325×幅166×高さ310mm。筐体の素材にはアルミニウムを使用。ホワイトオーク柄の天板も備えており、インテリアや部屋にマッチしやすいのが魅力です。

トップパネルは磁石式なので、簡単に取り外しが可能。サイドパネルもラッチ式が採用されており、PCケース内にアクセスしやすいのもポイントです。また、着脱可能なラジエーターブラケットを備えているのもメリット。240mmまたは120mm×2基のラジエータユニットに対応できる点もおすすめです。

サーマルテイク(Thermaltake) Core V21 CA-1D5-00S1WN-00

2段スタックや90°傾けた設置にも対応できるPCケースです。本体サイズは高さ336×幅320×424mmとコンパクト。縦置きでも横置きでもスペースにあわせた設置が可能です。

また、リアパネルやサイドのアクリルパネルを除いた面にダストフィルターを備えているのもポイント。PCケース内にホコリが侵入してしまうトラブルを予防したい場合にもおすすめです。

サーマルテイク(Thermaltake) Versa H17 CA-1J1-00S1NN-00

リーズナブルな価格で購入できるミニタワー型のPCケースです。シンプルかつスタイリッシュなデザインが魅力。低価格ながら拡張性やメンテナンス性が高く、自作PC初心者にもおすすめです。

また、最大350mmまでのグラフィックカードに対応できるのもポイント。ケースファンは最大で5基取り付けられるので、優れた冷却性能も確保できます。

IN Win CHOPIN

スリムなデザインが採用されているPCケースです。本体サイズは高さ244×幅84×奥行217mm。限られたスペースにすっきりと設置できるので、デスク上にパソコンを置きたい場合にも便利です。

筐体のフレーム素材には、アルミ合金を採用。シャープかつクリアな印象を与えられるだけでなく、インテリアや部屋にマッチしやすいのもポイントです。また、150Wの電源ユニットが付属しているのもメリット。別途電源ユニットを購入する手間やコストを削減できる点もおすすめです。

アンテック(ANTEC) P5

静音性に優れたミニタワー型のPCケースです。2重構造の遮音パネルに加えて、フロントドアを備えているのが特徴。パソコンでの作業中に冷却ファンの騒音がストレスになる場合にも便利です。

フロントドアの内側には、2重構造のフィルタを搭載。塵やホコリがPCケース内部に侵入してしまうトラブルも予防できます。また、5.25インチベイを備えているのもメリット。CD・DVD・BDなどの光学ドライブを取り付けたい場合にもおすすめです。

自作PCケースのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

自作PCケースのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。