自分でPCを組み立てる際に必須の「PCケース」。最近のPCケースは、LEDを搭載したものや、熱暴走を抑えるために幾つかファンが搭載されているものなど、ラインナップが豊富に取り揃えられています。

そこで今回は、おすすめのPCケースをピックアップ。組み込むパーツを考慮した選び方も解説するので、興味のある方はチェックしてみてください。

自作PCケースの選び方

By: amazon.co.jp

マザーボードや記録媒体など、PCに必要なパーツを収納するPCケース。ただの箱と思われがちですが、冷却性や静音性といったPC性能を左右する重要なアイテムのひとつです。将来的に機能を拡張する際にも大きく関わってくるので、慎重に選ぶ必要があります。

基本的にPCケースは、サイズが大きいほど拡張性が高いのがポイント。例えば、大型ケースには小型パーツを入れることができますが、その逆はできないので注意しましょう。ただし、サイズが大きいと置き場所が限られてくるので一概に大きければよいとは言えません。

ゲーミングPCならば大型または中型、最低限の機能でよければ小型など、目的によって適したケースが異なります。まずはどのようなPCを組みたいのか決めておきましょう。

PCケースのサイズで選ぶ

フルタワー

By: amazon.co.jp

フルタワーは、主にサーバー用マシンやゲーミングマシンを組み立てたいときにおすすめのサイズです。拡張性が高いため、超高性能マシンの組み立てが可能。電源ユニットを2つ搭載できるものや、ストレージとグラフィックボードを複数搭載できるものなど、装着できるパーツが多いのが特徴です。

ミドルタワー

By: amazon.co.jp

自作ゲーミングPCで主流なのがミドルタワー。フルタワーよりもコンパクトなので設置にスペースを取らず、初心者でも組み立てが容易です。

マザーボードはATX規格に対応したものがほとんどで、ケース本体に搭載できるHDDの数も多く、拡張性の高さが魅力。排熱性・拡張性が高いので、ライトゲーマーからヘビーゲーマーまで幅広く対応可能です。

マザーボードの規格で選ぶ

By: amazon.co.jp

ATX

ATXは基盤面積が広いマザーボード。コネクタやスロット数が多く、高い拡張性が特徴。自作PCでは主流サイズのため、デザインの種類も豊富にラインナップされている規格です。基本的なサイズは305×244mmが多く、拡張スロット数は最大7つ、メモリースロットは4~8つ搭載可能。ATXはフルタワー・ミドルタワーケースでの組み立てが可能です。

ATXに対応したPCケースには、5インチベイや3.5インチベイが多く用意されています。ただし、基本的にミニタワーのケースには取り付けられないので注意が必要です。

Micro-ATX

Micro-ATXは、ATXをやや小型化したサイズのマザーボードです。製品数は少なめですが、コンパクトなので設置しやすいのが特徴。

基本的なサイズは244×244mmの正方形で、メモリースロットは2~4、拡張スロットは最大4つまで搭載できます。Micro-ATXのマザーボードはミニタワーのケースで使用することが多いですが、対応していればミドルタワーのケースでも組み立て可能です。

Mini-ITX

Mini-ITXはMicro-ATXよりさらに小型の規格で、コンパクトなマザーボードです。拡張スロットは1本で、組み立てがやや難しいと言われています。限られたスペースに小さいパソコンを設置したい方におすすめです。

冷却性能で選ぶ

By: amazon.co.jp

冷却性能の高いケースは熱がこもりにくいため、熱暴走によるパフォーマンスの低下やパーツの劣化を軽減できます。温度管理やパフォーマンスを重視する方は冷却性能の高いものを選びましょう。

冷却重視のケースは風通しのよいメッシュを使用していることが多く、ファンの設置箇所も多いのが特徴です。各所に14cm角などの大口径ファンを固定できるため、冷却性能をより高めることができます。

静音性で選ぶ

By: amazon.co.jp

自作パソコンで気になるのが、各種ファンなどから発せられる動作音です。これを軽減したい方におすすめなのが、静音性重視のPCケース。

前面からのノイズは、ドアを1枚挟むことで緩和でき、ドア裏に吸音材や制振シートが貼ってあるものを選べばより静音性は上がります。また、静音性を重視したケースは密閉性が高いため、内部にホコリがたまりにくいのも特徴です。

サイドパネルの素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

最近はマザーボードやファンにLEDパーツが付いているものが多くあります。これらのパーツを組み込み、鑑賞できるようにしたい方にはサイドがアクリルや強化ガラス製のパネルになっているものがおすすめ。

また、内部が見えるサイドパネルであればPCケースを開けなくても内部の状態が確認できるので、ホコリのたまり具合やパーツの不調を把握しやすくなるのもメリットです。

内蔵ベイの種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

ベイとは、PCケースにおいて、HDDやSSD、光学ドライブなどを設置する場所です。ベイの数が多くなるほど設置できるパーツが増えますが、それにともなってPCケースは大きくなります。ベイは設置できるパーツの大きさによって、5.25インチベイ、3.5インチベイ、そして2.5インチベイの3種類に分けることができます。

5.25インチベイはCD・DVD・Blu-rayなどの光学ドライブを設置できます。最近は通信技術の発達によって、PCソフトや音楽・映像コンテンツをダウンロード購入する方が増えており、光学ドライブを使う機会は少なめです。5.25インチベイを搭載していないPCケースも増えているので、購入前にしっかり確認するようにしましょう。

3.5インチベイは、デスクトップPC用の3.5インチHDDなどを搭載できます。そして、2.5インチベイはノートPC用の2.5インチHDDをはじめ、SSDなどを搭載することが可能です。

また、2.5インチのパーツを3.5インチまたは5.25インチベイに装着するための変換パーツもあります。今後拡張する予定がある場合は、大きめのベイがあるとさまざまなパーツに対応できるので安心です。

自作PCケースのおすすめメーカー

NZXT

By: amazon.co.jp

NZXTは幅広いサイズのPCケースを取り揃えているPCパーツメーカー。なかでもシンプルで洗練されたデザインと使いやすさを両立した「Hシリーズ」や、静音性を重視したミドルタワー「Phantomシリーズ」が人気です。

フルタワーやミドルタワーはもちろん、大型のウルトラタワー、さらに大きなスーパーウルトワタワーといった幅広いサイズのPCケースを取り揃えています。

クーラーマスター(Cooler Master)

By: amazon.co.jp

自作PCケースメーカーのなかでも人気の高いメーカー。デスクトップPCとして考えられる最上位のパーツ構成を想定した「COSMOSシリーズ」やハイスペック向けの「HAFシリーズ」のほか、外装と内装の両方を自由に組み立てることができる「MasterCaseシリーズ」や冷却性の高い「Centurionシリーズ」などが人気です。

電源を標準搭載したスリム・ブック型の「Miniシリーズ」など、小型サイズのケースも数多く取り揃えています。

コルセア(Corsair)

By: amazon.co.jp

メカニカルキーボードやゲーミングマウス、ワイヤレスヘッドセットなどの幅広いPC関連製品を扱うメーカーです。PCケースも種類が豊富で、高品質なのが特徴。機能面も優秀で、革新的なデザインと高いパフォーマンスを両立したスタイリッシュなPCケースが人気を集めています。

おすすめのおしゃれ自作PCケース|フルタワー

クーラーマスター(Cooler Master) STRYKER SE SGC-50000W-KWN2

クーラーマスター(Cooler Master) STRYKER SE SGC-50000W-KWN2

内蔵する部品を魅せるパーツにできるフルタワーPCケース。SSDの表面が見られるように取り付けられるほか、グラフィックボードを垂直に取り付けられるPCIスロットがリア部分に配置されています。

サイドパネルは傷がつきにくい強化ガラス製。ライトスモーク仕様で、クールな印象を与えます。PCケース上部には持ち運び用のハンドルグリップを装備。上質なグリップデザインと、大型ケースを移動させる際の安全性を両立しています。

ケース上面のインターフェイス部分には「ファンスピードコントローラー」を配置。LEDインジケータ搭載の冷却ファンを6段階のスピードに調整できます。

本体サイズは約578.5×250×605.6mm。内部スペースが十分に取られているので、水冷式CPUファンを組み込んだ自作PCを想定している方におすすめです。

フラクタルデザイン(Fractal Design) DEFINE XL R2 Titanium Grey FD-CA-DEF-XL-R2-TI

フラクタルデザイン(Fractal Design) DEFINE XL R2 Titanium Grey FD-CA-DEF-XL-R2-TI

余計な主張を省いた北欧デザインのフルタワーPCケース。シンプルなデザインで、違和感なく部屋に溶け込みます。美しく高級感のあるボディで、インテリアとの相性は抜群。ゲーミングPCのようなメカニックな雰囲気が苦手な方におすすめです。

DEFINE XL R2シリーズは、「ModuVentデザイン」と呼ばれる設計で、静音性能重視と通気性重視の2パターンを選択可能。内蔵されている2つのHDDケースの上部を取り外せば通気性アップに期待できます。

また、サイドパネルには高密度吸音材を採用。冷却ファンやHDDが出す音を軽減できるので、雑音に悩まされず作業に集中できます。冷却ファンには「Silent Series R2ファンモジュール」が3基付属。流体軸受け採用で滑らかな回転を実現しており、騒音の発生を抑制します。フルタワーの拡張性は活かしたまま、高い静音性・通気性を備えたおすすめのモデルです。

サーマルテイク(Thermaltake) TT Premium The Tower 900 CA-1H1-00F1WN-00

サーマルテイク(Thermaltake) TT Premium The Tower 900 CA-1H1-00F1WN-00

ショーケースのような美しい外観を持つフルタワーPCケース。前面と両側面の3面に5mm厚の強化ガラスパネルを採用し、ケース内部のパーツを展示するようなデザインをしています。

マザーボードはインターフェイス部分がケース上部に来る倒立レイアウト。一般的なPCケースのようにインターフェイス部分が背面に来ておらず、個性的なレイアウトを採用しています。

ケース本体のパーツは自由に組み上げ可能。PCパーツの構成に合わせて、内部構造を自由にカスタムできるので、唯一無二の専用PCケースを作り上げられます。

ハイエンドな自作PCにぴったりな拡張性を実現。最大で400mmまでのグラフィックボードや、高さ260mmまでのCPUファンの取り付けができ、2.5インチドライブを8台まで搭載できるスペースを備えています。最大で560mmサイズの水冷ラジエータに対応。高スペックなPCを自作予定の方におすすめのケースです。

コルセア(Corsair) Obsidian Series 1000D スーパータワーケース CC-9011148-WW

コルセア(Corsair) Obsidian Series 1000D スーパータワーケース CC-9011148-WW

スッキリとした外観でRGBライティングを引き立たせるフルタワーPCケース。フロント・両サイドがスモークガラス製パネルで囲まれたスタイリッシュなボディは、設置する部屋にマッチしやすいデザインです。

前面取り付け用のRGBファンを3基搭載。Corsairの統合ソフトである「iCUE」によって、自分好みにライティングコントロールができます。アルミ製のトッププレート・サイドパネル部の取っ手がアクセント。内蔵パーツや冷却ファンのライティングが際立ち、高級感を漂わせます。

PCケース上部には着脱可能なホコリフィルターを装備。ケースを解体することなく、清潔を保てます。ストレージは、3.5インチを2つと2.5インチを3つ搭載可能。取り付けが簡単に行え、保存するデータ容量に合わせて増設できます。

余分なケーブル類はマザーボード裏に収納可能。配線ルートがしっかりとしており、ケース内をスッキリと整理できます。デザイン面と拡張性を重視する方におすすめの自作用PCケースです。

シルバーストーン(SilverStone) Fortressシリーズ FT03 SST-FT03S

シルバーストーン(SilverStone) Fortressシリーズ FT03 SST-FT03S

フルタワーながら省スペースに設置できるPCケース。前後左右の4面にケーブルがなく、奥行きを短くしたことで設置スペースの縮小化を実現しています。

対応マザーボードは「Micro-ATX」「Mini-DTX」「Mini-ITX」の3種類。使用できるマザーボード規格は限られていますが、フルタワータイプのCPUクーラーを取り付けるスペースやケーブル類の取り回しスペースは、しっかりと確保されています。

2.5mm厚のアルミニウムケースはシルバー以外にも2種類のカラーラインナップが存在。ブラックやチタンカラーのボディを選択すれば、個性的なデザインがより一層際立ちます。

ケース内部のエアフローは高温上昇気流を利用。煙突型のケース内部を下から上に空気が流れ、CPUやグラフィックボードが発する熱を効率的に冷却できるよう考えられています。ほかとは違う個性的なデザインのPCケースとしておすすめのモデルです。

おすすめのおしゃれ自作PCケース|ミドルタワー

サーマルテイク(Thermaltake) Versa H26 Tempered Glass Edition Mid-Tower Chassis CA-1J5-00M1WN-00

サーマルテイク(Thermaltake) Versa H26 Tempered Glass Edition Mid-Tower Chassis CA-1J5-00M1WN-00

コストパフォーマンスの高さが人気のミドルタワーPCケース。サイドパネルに4mm厚の強化ガラスパネルを採用しており、ケース内部のビジュアルが楽しめます。LEDカラーや水冷クーラメント液のカラーにこだわりたい方におすすめ。ドレスアップしたパーツが、しっかりと映える設計です。

本体サイズは約220×493×464mm。付属ファンは背面の120mmファンが1基のみですが、上面に3つ・前面に3つの計6つのファンを追加できます。CPUファンに水冷式を採用した場合には、360mmまでのラジエータを上面・前面のどちらでも取り付け可能です。

フロントパネルはおしゃれなメッシュ加工。デザイン性を高めるとともに外部からの空気取り入れがスムーズに行え、効率よくPCケース内部を冷却できます。上部にはマグネット式のメッシュパネルを搭載。簡単に取り外しできるので、PCケース内の掃除も便利です。

また、価格は6千円ほどなので、初めての自作PCに最適。よりコストを下げたい場合は、サイドパネルがアクリル素材のバージョンがおすすめです。

NZXT H700i CA-H700W-WB

NZXT H700i CA-H700W-WB

重厚さと高級感を併せ持つデザインのミドルタワーPCケース。ボディ素材にスチールを採用し、静音性・強度・デザインの3つの要素を高めています。サイドパネルには強化ガラスを採用。傷がつきにくく頑丈であるとともに、ケース内部のビジュアルを存分に楽しめる設計です。

大型のケーブルルーティングキットを搭載。PCケース内部の見た目を損ないがちなケーブル類を美しく配線できる仕様で、自作PC初心者に優しい作りになっています。

本体サイズは約230×516×494mm。EATX規格のマザーボードに充分対応でき、本格的な水冷式CPUクーラーが取り付け可能です。ケース内部の空間を最適化することで、エアフロー効果を損なわない設計。ストレージを電源ユニットシュラウド上に取り付けることで、空気の通り道を確保しています。重厚で存在感のあるデザインと高い冷却性能を探している方におすすめです。

ザルマン(ZALMAN) Z9 Neo

ザルマン(ZALMAN) Z9 Neo

冷却性能と拡張性を両立したシックなデザインのミドルタワーPCケース。5つの120mmファンを標準で装備しており、ケース内部の空気循環効率を高めています。また、電源ユニット搭載部分をセパレート構造にすることで熱源の分離を図り、温度の上昇を抑制する設計です。

防音パッドを備えた開閉式のフロントパネルを装備。開閉式なので、DVD・Blu-rayなどの設置時に便利です。パネルのカラーであるシルバーがアクセントとなり、シックな雰囲気をより一層際立たせています。

ミドルケースながら広い内部スペースを確保。約420mmまでのハイエンドグラフィックボードが搭載できます。

ストレージを配置する3.5インチベイはツールレスに対応。ドライバーやネジを使うことなくHDDの取り付けができます。また、2.5インチストレージはネジが必要となりますが、同じベイに取り付け可能です。ミドルタワーながら優れた拡張性を備えているので、フルタワーが大きすぎるという方におすすめです。

エムエスアイ(MSI) MAG VANPIRIC 010

エムエスアイ(MSI) MAG VANPIRIC 010

美しいライティングが楽しめる「アドレッサブルRGBファン」を搭載したミドルタワーPCケース。RGB LEDをカスタマイズ・コントロールする「MSI MYSTIC LIGHT」ソフト対応で、好みのライティング効果が得られます。

サイドパネルには4mm厚の強化ガラスを採用。衝撃や傷に強い上、内部PCパーツのライティングを外部から鑑賞しやすく設計されています。冷却システムは空冷式・水冷式の両方に対応。ケース上部には280mmまで、ケース前面には360mmまでのラジエータを取り付けられます。

ケースファンは最大6基搭載可能。ケース内部のエアフローが最適化される設計で、効率的な冷却が期待できます。ケース上部には磁石固定型フィルタを装備。ケース内部にアクセスすることなくホコリの除去ができるので、定期的なメンテナンスを欠かさない方におすすめです。

RAIJINTEK THETIS SILVER WINDOW 0R2000054

RAIJINTEK THETIS SILVER WINDOW 0R2000054

アルミニウムボディと3.0mm厚の強化ガラスパネルからなる上質なデザインのミドルタワーPCケース。ヘアライン加工が施されたアルミボディは高級感を感じさせ、落ち着いた印象を与えます。

本体サイズは約210×360×366mm。ミドルタワーPCケースとしては、比較的高さの抑えられた設計なので、PC設置スペースが限られている方におすすめです。

標準搭載の120mmケースファンはO-Type LEDタイプを採用。あらゆる方向から均一の色彩と輝度を鑑賞できるLEDリングが装備されており、品のあるライティングが楽しめます。

省スペース設計のため、5インチベイは非搭載。DVDやBlu-rayディスクドライブを使用する場合は外部接続する必要があります。5インチベイを使用しない方や外部接続用ドライブを所有している方、小さめのミドルタワーPCケースを探している方におすすめです。

自作PCケースのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

自作PCケースのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。