自分でPCを組み立てる際に必須の「PCケース」。最近のPCケースは、LEDを搭載したモノや、熱暴走を抑えるためにいくつかファンが搭載されているモノなど、ラインナップが豊富に取り揃えられています。

そこで今回は、おすすめのPCケースをピックアップ。組み込むパーツを考慮した選び方も解説するので、興味のある方はチェックしてみてください。

自作PCケースの選び方

By: amazon.co.jp

マザーボードや記録媒体など、PCに必要なパーツを収納するPCケース。ただの箱と思われがちですが、冷却性や静音性といったPC性能を左右する重要なアイテムのひとつです。将来的に機能を拡張する際にも大きく関わってくるので、慎重に選ぶ必要があります。

基本的にPCケースは、サイズが大きいほど高い拡張性を有しているのがポイント。ただし、大きなサイズのモデルは置き場所が限られてくるので一概に大きければよいとはいえません。

ゲーミングPCならば大型または中型、最低限の機能でよければ小型など、目的によって適したケースが異なります。まずはどのようなPCを組みたいのか決めておきましょう。

PCケースのサイズで選ぶ

ミドルタワー

By: amazon.co.jp

自作ゲーミングPCで主流なのがミドルタワー。フルタワーよりもコンパクトなので設置にスペースを取らず、初心者でも組み立てが容易です。

マザーボードはATX規格に対応したモノがほとんどで、ケース本体に搭載できるHDDの数も多く、拡張性の高さが魅力。排熱性・拡張性が高いので、ライトゲーマーからヘビーゲーマーまで幅広く対応可能です。

フルタワー

By: amazon.co.jp

フルタワーは、主にサーバー用マシンやゲーミングマシンを組み立てたいときにおすすめのサイズです。拡張性が高いため、超高性能マシンの組み立てが可能。電源ユニットを2つ搭載できるモノや、ストレージとグラフィックボードを複数搭載できるモノなど、装着可能なパーツが多いのが特徴です。

小型(コンパクトケース)

By: amazon.co.jp

ミドルタワーやフルタワーと比べて、設置スペースをとらないコンパクトケース。ミニタワー型やスリム型、キューブ型など、多彩なタイプがラインナップされています。省スペースモデルなので拡張性やPC自体の性能は制限されますが、デザイン性の高さが人気。

設置スペースが限られている方はもちろん、インテリアとマッチするPCケースを求めている方におすすめです。

マザーボードの規格で選ぶ

ATX

By: amazon.co.jp

ATXは基盤面積が広いマザーボード。コネクタやスロット数が多く、高い拡張性が特徴。自作PCでは主流サイズのため、デザインの種類も豊富にラインナップされている規格です。基本的なサイズは305×244mmが多く、拡張スロット数は最大7つ、メモリースロットは4~8つ搭載可能。ATXはフルタワー・ミドルタワーケースでの組み立てが可能です。

ATXに対応したPCケースには、5インチベイや3.5インチベイが多く用意されています。ただし、基本的にミニタワーのケースには取り付けられないので注意が必要です。

Micro-ATX

By: amazon.co.jp

Micro-ATXは、ATXをやや小型化したサイズのマザーボードです。製品数は少なめですが、コンパクトなので設置しやすいのが特徴。

基本的なサイズは244×244mmの正方形で、メモリースロットは2~4つ、拡張スロットは最大4つまで搭載できます。一般的にMicro-ATXのマザーボードはミニタワーのケースで使用しますが、対応していればミドルタワーのケースでも組み立て可能です。

Mini-ITX

By: amazon.co.jp

Mini-ITXはMicro-ATXよりさらに小型の規格で、コンパクトなマザーボードです。拡張スロットは1本で、組み立てがやや難しいといわれています。限られたスペースに小さいPCを設置したい方におすすめです。

冷却性能で選ぶ

By: amazon.co.jp

冷却性能の高いケースは熱がこもりにくいため、熱暴走によるパフォーマンスの低下やパーツの劣化を軽減できます。温度管理やパフォーマンスを重視する方は冷却性能の高いモデルを選びましょう。

冷却重視のケースは風通しのよいメッシュを使用していることが多く、ファンの設置箇所も多いのが特徴です。各所に14cm角などの大口径ファンを固定できるため、冷却性能をより高められます。

静音性で選ぶ

By: amazon.co.jp

自作PCで気になるのが、各種ファンなどから発せられる動作音です。これを軽減したい方におすすめなのが、静音性重視のPCケース。

前面からのノイズは、ドアを1枚挟むことで緩和でき、ドア裏に吸音材や制振シートが貼ってある製品を選べばより静音性は上がります。また、静音性を重視したケースは密閉性が高いため、内部にホコリがたまりにくいのも特徴です。

サイドパネルの素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

最近はマザーボードやファンにLEDパーツが付いているモノが多くあります。パーツを組み込み、鑑賞したい方にはサイドがアクリルや強化ガラス製のパネルになっているモノがおすすめ。

また、内部が見えるサイドパネルであればPCケースを開けなくても内部の状態が確認できるので、ホコリのたまり具合やパーツの不調を把握しやすくなるのもメリットです。

内蔵ベイの種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

「ベイ」とは、PCケースにおいてHDDやSSD、光学ドライブなどを設置する場所です。ベイの数が多くなるほど設置できるパーツが増えますが、それにともなってPCケースは大きくなります。ベイは設置できるパーツの大きさによって、5.25、3.5、2.5インチベイの3種類に分けられます。

5.25インチベイはCDやDVD、Blu-rayなどの光学ドライブを設置可能。最近は通信技術の発達によって、PCソフトや音楽・映像コンテンツをダウンロード購入する方が増えており、光学ドライブを使う機会は少なめです。5.25インチベイを搭載していないPCケースも増えているので、購入前にしっかり確認するようにしましょう。

3.5インチベイは、デスクトップPC用の3.5インチHDDなどを搭載できます。そして、2.5インチベイはノートPC用の2.5インチHDDをはじめ、SSDなどを搭載することが可能です。

また、2.5インチのパーツを3.5インチまたは5.25インチベイに装着するための変換パーツもあります。今後拡張する予定がある場合は、大きめのベイがあるとさまざまなパーツに対応できるので安心です。

自作PCケースのおすすめメーカー

NZXT

By: amazon.co.jp

NZXTは幅広いサイズのPCケースを取り揃えているPCパーツメーカー。なかでも、シンプルで洗練されたデザインと使いやすさを両立した「Hシリーズ」や、静音性を重視したミドルタワー「Phantomシリーズ」が人気です。

フルタワーやミドルタワーはもちろん、大型のウルトラタワー、さらに大きなスーパーウルトワタワーといった幅広いサイズのPCケースを取り揃えています。

クーラーマスター(Cooler Master)

By: amazon.co.jp

自作PCケースメーカーのなかでも人気の高いメーカー。デスクトップPCとして考えられる最上位のパーツ構成の「COSMOSシリーズ」やハイスペック向けの「HAFシリーズ」のほか、外装と内装の両方を自由に組み立てられる「MasterCaseシリーズ」や冷却性の高い「Centurionシリーズ」などが人気です。

電源を標準搭載したスリム・ブック型の「Miniシリーズ」など、小型サイズのケースも数多く取り揃えています。

コルセア(Corsair)

By: amazon.co.jp

メカニカルキーボードやゲーミングマウス、ワイヤレスヘッドセットなど、幅広いPC関連製品を扱うメーカーです。PCケースも種類が豊富で、高品質なのが特徴。機能面も優秀で、革新的なデザインと高いパフォーマンスを両立したスタイリッシュなPCケースが人気を集めています。

自作PCケースのおすすめ|ミドルタワー

サーマルテイク(Thermaltake) Versa H26 Tempered Glass Edition CA-1J5-00M1WN-00

リーズナブルな価格が魅力のミドルタワーPCケースです。フルサイズのアクリルサイドパネルを採用しており、PCパーツのライティングや水冷クーラメントのカラーを楽しみたい方にも最適。最大310mmまでのグラフィックボードを搭載でき、ボディ上面と前面に最大360mmサイズの水冷ラジエータを取り付けられます。

120mmの空冷ファンであれば、最大7基搭載可能。フロントとリアに120mmのファン2基が付属しているのもポイントです。また、ボディ下部に電源カバーを搭載しているので、ケーブル類をすっきり整理したい場合にもおすすめ。

ボディ上面や下面に取り外し可能なダストフィルターが付属しており、PCケースをホコリから守れる点もメリットです。

フラクタルデザイン(Fractal Design) Define R7 FD-C-DEF7A-02 CS7695

ミドルタワー型ながら、E-ATXマザーボードも搭載できるPCケースです。最大で14台のHDDや4台のSSDを搭載可能。空冷ファンは最大9基、水冷ラジエータは420mmまでのモデルが収納できます。汎用性の高いマルチブラケットを採用しているので、未使用のファン取り付け位置にHDDやSSD、ポンプなどを配置できるのもポイントです。

フロントパネルはマグネット式タッチを採用しており、簡単に開け閉めが可能。トップパネルを取り外せるのでケース内部へのアクセスも簡単です。シンプルなデザインなのでインテリアともマッチしやすく、ブラックとホワイト、2色のボディカラーが選択できる点もおすすめ。

また、トップパネルが静音性重視のスチールタイプから、冷却性重視の換気パネルに変更できるのも魅力です。

NZXT H510ELITE CA-H510E-B1

シンプルながら高性能なNZXTのベストセラーPCケースです。LEDライティングと空冷ファンコントローラーを統合した「Smart Device V2」を内蔵。NZXTの公式サイトから「CAM」ソフトをダウンロードすれば、LEDのカラーや光らせ方、ファンの回転数を簡単に設定できます。

ミドルタワー型ながら、グラフィックボードの垂直配置に対応しているのもポイント。フラットなフロントパネルや強化ガラスのサイドパネルなど、個性的かつ落ち着いたデザインもおすすめです。

オウルテック(Owltech) FSP ATX/MicroATX対応ミドルタワー PCケース CMT240

人間工学に基づいたインターフェイスデザインが特徴のPCケースです。前面のI/Oパネルに傾斜をつけて操作性を向上。USB3.0ポート×2・USB2.0ポート×2・オーディオ端子・電源スイッチなどが搭載されています。

ケース上面には取り外しできるマグネット式のメッシュカバーを搭載。メンテナンスの手間を省きたい方におすすめです。120/140mmの空冷ファンであれば最大6基収納可能。280mmの水冷ラジエータであれば、2台収納できるスペースを有しています。

クーラーマスター(Cooler Master) MasterBox MB600L

フロントパネルのヘアライン加工が美しいPCケースです。ケース内部は全面ブラック塗装されており、電源ユニットカバーも搭載。サイドのアクリルパネル越しにPCパーツの景観を楽しめる設計です。

マザーボードはATX・Micro-ATX・Mini-ITXの3種類が使用可能。標準で付属しているリアの空冷ファンに加えて、最大4基までファンを増設できます。グラフィックボードは400mmサイズまで対応しており、ハイエンドモデルも収納可能。

シンプルな外観なので、インテリアや部屋にマッチしやすい点もおすすめです。

コルセア(Corsair) CARBIDE 275R CS7223 CC-9011132-WW

ミニマルなデザインながら使いやすいPCケースです。サイドパネルに強化ガラスを採用しており、PCパーツのライティング機能を楽しみたい方に対応。柔らかな照明と美しい曲線を描くボディラインが高級感を漂わせます。

空冷ファンは最大6基まで搭載でき、前面に360mm、上面に240mm、背面に120mmの水冷ラジエーターを収納可能。耐久性の高いドライブトレイは、3.5インチ×2基または2.5インチ×4基備えています。

ケース内を流れる空気がドライブケージに邪魔されない設計なので、冷却性能を重視する方にもおすすめです。

エムエスアイ(MSI) MAG VAMPIRIC 010 CS7477

RGBファンが付属したミドルタワーPCケースです。ライティングは「MSI Mystic Light」を使用したカスタマイズに対応。ドラキュラをイメージしたボディ外観が、PCゲームへの没入感を高めてくれます。

サイドパネルには4mm厚の強化ガラスを採用。最大6つの空冷ファンを搭載でき、ケース上部には280mm、前部には360mmの水冷ラジエータが収納可能です。ケーストップには磁石固定型のフィルタが付属しているので、メンテナンスも簡単。デザイン性の高いゲーミングPCを自作したい方におすすめです。

アンテック(ANTEC) P101 Silent

各パーツが出す騒音を効果的にシャットアウトできるミドルタワーPCケースです。フロント・トップ・サイドパネルの内側に吸音材を採用してノイズを吸収。ケーストップに備えられたファンコントロールスイッチで、空冷ファンの回転数を操作できるのもポイントです。

フロントパネルにはサイドスリットが設けられており、遮音性は維持しながら、ケース内部に効率よく空気を取り込み可能。サイドには、簡単に開閉できる「SNAP-ON SIDE PANEL」が採用されています。

最大で450mmの拡張カードが使用できるので、ハイエンドなグラフィックボードを使用したい方にもおすすめです。

自作PCケースのおすすめ|フルタワー

コルセア(Corsair) Graphite Series 780T フルタワーPCケース SKU CC-9011063-WW

ハイエンドゲーマーに最適なフルタワーPCケースです。ボディの四隅が丸みを帯びた美しいデザイン。ラッチ付きのサイドパネルを採用しているので、ケース内部へのアクセスも簡単です。

ボディ上部には、USB3.0ポート×2とUSB2.0ポート×2に加え、「3モードファンコントローラー」を搭載。手軽にファンの回転スピードを調節できるのが魅力です。空冷ファンは最大12台搭載でき、360mmの水冷デュアルラジエーターを収納可能。高さ200mmまでのCPUクーラーを搭載できる点もメリットです。

サイドには大型のアクリルウィンドウを採用。PCパーツのライティングを楽しみたい方にもおすすめです。

サーマルテイク(Thermaltake) View 71 Tempered Glass Edition CA-1I7-00F1WN-00

フルタワー型ながらリーズナブルなPCケースです。ボディ4面に5mm厚の強化ガラスパネルを使用。内部に組み込んだPCパーツのライティングが映えるデザインです。スイング式ドアパネルを両サイドに採用しており、内部パーツへのアクセスが容易にできるのもポイント。

取り外し可能なドライブゲージ「FullyModularDesign」により、HDDやSSDの取り外しが手軽に行える設計です。また、大型のグラフィックボードやリザーバータンクを搭載する場合には、マザーボードベース部のドライブが利用できます。

最大410mmまでのグラフィックボードを搭載でき、垂直配置用のブラケットも標準で付属。トップ・フロント・ボトム部に取り外し可能なダストフィルターも搭載しています。最大9基の空冷ファンや最大420mmの水冷ラジエータが搭載できるので、冷却性能を重視する方にもおすすめです。

クーガー(COUGAR) PANZER MAX

ゲーミングデバイスメーカーが製造したフルタワーPCケースです。最大4つの水冷ラジエータや最大8基の空冷ファンを取り付けられるので、ハイエンドなゲーミングPCを自作したい方におすすめ。グラフィックボードは、390mmモデルを最大8スロットまで搭載可能。

ファン速度制御スイッチをフロントパネルに搭載しており、アイドル時や高負荷時に手動で切り替えできる点もメリットです。ケース天面にはキーボードトレイを搭載。ヘッドホンフックも備えているので、ゲーミングデバイスをまとめて収納しておけます。

ミリタリースタイルで統一されたデザインなので、FPSゲーマーにおすすめのPCケースです。

ゴールデンフィールド(GOLDEN FIELD) 5300

本体内部のエアフローを考えて設計されたフルタワーPCケースです。3つのチャンバーを利用し、ドライブや電源に邪魔されず各PCパーツに冷たい空気を送れる仕様。最大360mmの水冷ラジエーターを搭載できるので、液体冷却システムの導入を考えている方にもおすすめです。

サイドには4mm厚の強化ガラスと2mm厚のメタルパネルの2種類が付属。好みに応じて簡単に付け替えられます。ゲーミングPCらしいライティングを楽しみたい方にも最適です。

DEEPCOOL GAMER STORM QUADSTELLAR CS7608 DP-EATX-QUADSTLR

個性的なデザインが特徴のフルタワーPCケースです。マザーボードはE-ATXに対応。ライティングや空冷ファンのコントロールができるスマホ用のアプリも付属しています。グラフィックボードは最大3枚まで搭載可能。専用のコンパートメントを備えており、映像処理性能の高い自作PCを製作したい方におすすめです。

金属製のボディは剛性が高く、重量のある高性能PCパーツの搭載に最適。特徴的な形状はデザイン性だけでなく、空気の流れも計算して設計されています。

シャークーン(Sharkoon) ELITE SHARK CA200M ATX CASE

グラフィックカードを垂直方向に設置できるフルタワーPCケースです。グラフィックカードホルダーは表面にゴム素材を採用。蝶ネジで簡単に取り付けられます。空冷ファンは最大7基、水冷ラジエータは最大420mmのモデルをフロントパネルに1基、最大360mmのモデルをトップパネル下に1基収納可能。

ヒンジ付きのサイドパネルには強化ガラスを採用しており、内部へのアクセスが簡単なだけでなく、ライティングも楽しめる設計です。フロントパネルには2本の内蔵LEDストリップを搭載。リアパネルに取り付けられている空冷ファンもLED機能を備えています。

最大420mmのグラフィックボードを搭載できるので、ゲーミングPCや動画編集用PCの自作にもおすすめです。

リアンリー(LIAN LI) O11Dynamic XL ROG Certified O11DXL-X

ASUSのハイエンドマザーボードに対応するフルタワーPCケースです。オプションバーを利用すれば、奥行きの長いEEBマザーボード「ROG Dominius Extreme」を搭載可能。側面と前面には強化ガラスパネルを採用しており、内部に搭載するPCパーツを簡単に確認できます。

トップ・ボトム・サイドの3面には、120mmの空冷ファンをそれぞれ3基搭載可能。また、水冷ラジエータも最大360mmまでのモデルを3面に搭載できます。2.5/3.5インチドライブベイが、サイドパネルを開けずにアクセスできる「ホットスワップ」に対応している点もおすすめです。

自作PCケースのおすすめ|小型

インウィン(INWIN) CE Series IW-CE685

MicroATX対応のスリム型PCケースです。本体サイズは約334×97×402mm。横幅が狭くスリムなデザインなので、デスク上に設置するPCに最適です。メッシュ形状のフロントから空気を吸い込み、リアから排出する設計なので、コンパクトながら効率の良いエアフローを実現しています。

トップカバーはワンタッチで簡単に開閉可能。ブラケットなしで2.5インチのHDDやSSDが固定できるのも魅力です。フロントには、USB3.0x2とUSB2.0x2の計4ポートを搭載しています。価格は高めですが、80PLUS BRONZEを取得した高効率な300W電源が付属している点もおすすめです。

ライジンテック(RAIJINTEK) METIS PLUS

Mini-ITX対応のキューブ型PCケースです。170mmのグラフィックカードが搭載できるので、コンパクトなゲーミングPCを自作したい方にも最適。CPUクーラーは高さ160mmまでのモデルを収納できます。

ケース後部には空冷ファンを標準で搭載しており、オプションでトップに120mmファンを搭載できます。陽極酸化処理とヘアライン加工が施されたアルミニウムボディは、高級感漂うデザイン。カラーラインナップが豊富で、8色から好みのボディカラーを選択できる点もおすすめです。

クーラーマスター(Cooler Master) SILENCIO S400 CS7618 MCS-S400-KN5N-S00

静音性能を重視して設計されたコンパクトなPCケースです。サイドパネルは、強化ガラスとスチール遮音パネルの2種類から選択可能。左右両開き対応のスチールフロントパネルが採用されているのもポイントです。

外装の外側には防音材が配置されており、ケース自体が共鳴して発生するノイズも抑える仕様。通気性を向上させたい場合には、トップパネルの遮音カバーを付属のダストカバーに変更可能できます。

標準装備している120mmの空冷ファンは、騒音を軽減するラバーパッドを搭載。シンプルでミニマルなデザインなので、インテリアにマッチしやすい点もおすすめです。

フラクタルデザイン(Fractal Design) Node 202 FD-CA-NODE-202

縦置きと横置きの両方に対応するスリム型のPCケースです。コンパクトでスタイリッシュな設置場所を選ばないデザイン。熱を発するパーツ同士を離して設置でき、ケース内部が過熱しない設計です。

マザーボードはMini-ITXに対応。電源はSFXに対応しています。長さ310mmまでのグラフィックカードを使用できるので、映像処理能力にこだわりたい方にもおすすめです。

シルバーストーン(Silver Stone) SUGOシリーズ SG13 SST-SG13

120/140mmサイズの空冷ファンに対応したキューブ型のPCケースです。本体サイズは約222×181×285mmとコンパクトながら、270mmのグラフィックボードを搭載可能。マザーボードはMini-ITX/Mini-DTXに対応しており、2.5/3.5インチのHDDやSSDも搭載できます。

フロントパネルにオーディオ端子やUSB3.0ポートを2基搭載している点も使い勝手がよくおすすめです。

自作PCケースのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

自作PCケースのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。