自分でPCを組み立てる際に必須の「PCケース」。最近のPCケースは、LEDを搭載したモノや、熱暴走を抑えるためにいくつかファンが搭載されているモノなど、ラインナップが豊富に取り揃えられています。

そこで今回は、おすすめのPCケースをピックアップ。組み込むパーツを考慮した選び方も解説するので、興味のある方はチェックしてみてください。

自作PCケースの選び方

By: amazon.co.jp

マザーボードや記録媒体など、PCに必要なパーツを収納するPCケース。ただの箱と思われがちですが、冷却性や静音性といったPC性能を左右する重要なアイテムのひとつです。将来的に機能を拡張する際にも大きく関わってくるので、慎重に選ぶ必要があります。

基本的にPCケースは、サイズが大きいほど高い拡張性を有しているのがポイント。ただし、大きなサイズのモデルは置き場所が限られてくるので一概に大きければよいとはいえません。

ゲーミングPCならば大型または中型、最低限の機能でよければ小型など、目的によって適したケースが異なります。まずはどのようなPCを組みたいのか決めておきましょう。

PCケースのサイズで選ぶ

ミドルタワー

By: amazon.co.jp

自作ゲーミングPCで主流なのがミドルタワー。フルタワーよりもコンパクトなので設置にスペースを取らず、初心者でも組み立てが容易です。

マザーボードはATX規格に対応したモノがほとんどで、ケース本体に搭載できるHDDの数も多く、拡張性の高さが魅力。排熱性や拡張性が高いので、ライトゲーマーからヘビーゲーマーまで幅広く対応可能です。

フルタワー

By: amazon.co.jp

フルタワーは、主にサーバー用マシンやゲーミングマシンを組み立てたいときにおすすめのサイズです。拡張性が高いため、超高性能マシンの組み立てが可能。電源ユニットを2つ搭載できるモノや、ストレージとグラフィックボードを複数搭載できるモノなど、装着可能なパーツが多いのが特徴です。

小型(コンパクトケース)

By: amazon.co.jp

ミドルタワーやフルタワーと比べて、設置スペースを取らないコンパクトケース。ミニタワー型やスリム型、キューブ型など、多彩なタイプがラインナップされています。省スペースモデルなので拡張性やPC自体の性能は制限されますが、デザイン性の高さが人気。

設置スペースが限られている方はもちろん、インテリアとマッチするPCケースを求めている方におすすめです。

マザーボードの規格で選ぶ

ATX

By: amazon.co.jp

ATXは基盤面積が広いマザーボード。コネクタやスロット数が多く、高い拡張性が特徴。自作PCでは主流サイズのため、デザインの種類も豊富にラインナップされている規格です。基本的なサイズは305×244mmが多く、拡張スロット数は最大7つ、メモリースロットは4~8つ搭載可能。ATXはフルタワー・ミドルタワーケースでの組み立てが可能です。

ATXに対応したPCケースには、5インチベイや3.5インチベイが多く用意されています。ただし、基本的にミニタワーのケースには取り付けられないので注意が必要です。

Micro-ATX

By: amazon.co.jp

Micro-ATXは、ATXをやや小型化したサイズのマザーボードです。製品数は少なめですが、コンパクトなので設置しやすいのが特徴。

基本的なサイズは244×244mmの正方形で、メモリースロットは2~4つ、拡張スロットは最大4つまで搭載できます。一般的にMicro-ATXのマザーボードはミニタワーのケースで使用しますが、対応していればミドルタワーのケースでも組み立て可能です。

Mini-ITX

By: amazon.co.jp

Mini-ITXはMicro-ATXよりさらに小型の規格で、コンパクトなマザーボードです。拡張スロットは1本で、組み立てがやや難しいといわれています。限られたスペースに小さいPCを設置したい方におすすめです。

冷却性能で選ぶ

By: amazon.co.jp

冷却性能の高いケースは熱がこもりにくいため、熱暴走によるパフォーマンスの低下やパーツの劣化を軽減できます。温度管理やパフォーマンスを重視する方は冷却性能の高いモデルを選びましょう。

冷却重視のケースは風通しのよいメッシュを使用していることが多く、ファンの設置箇所も多いのが特徴です。各所に14cm角などの大口径ファンを固定できるため、冷却性能をより高められます。

静音性で選ぶ

By: amazon.co.jp

自作PCで気になるのが、各種ファンなどから発せられる動作音です。これを軽減したい方におすすめなのが、静音性重視のPCケース。

前面からのノイズは、ドアを1枚挟むことで緩和でき、ドア裏に吸音材や制振シートが貼ってある製品を選べばより静音性は上がります。また、静音性を重視したケースは密閉性が高いため、内部にホコリがたまりにくいのも特徴です。

サイドパネルの素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

最近はマザーボードやファンにLEDパーツが付いているモノが多くあります。パーツを組み込み、鑑賞したい方にはサイドがアクリルや強化ガラス製のパネルになっているモノがおすすめ。

また、内部が見えるサイドパネルであればPCケースを開けなくても内部の状態が確認できるので、ホコリのたまり具合やパーツの不調を把握しやすくなるのもメリットです。

内蔵ベイの種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

「ベイ」とは、PCケースにおいてHDDやSSD、光学ドライブなどを設置する場所です。ベイの数が多くなるほど設置できるパーツが増えますが、それにともなってPCケースは大きくなります。ベイは設置できるパーツの大きさによって、5.25、3.5、2.5インチベイの3種類に分けられます。

5.25インチベイはCDやDVD、Blu-rayなどの光学ドライブを設置可能。最近は通信技術の発達によって、PCソフトや音楽や映像コンテンツをダウンロード購入する方が増えており、光学ドライブを使う機会は少なめです。5.25インチベイを搭載していないPCケースも増えているので、購入前にしっかり確認するようにしましょう。

3.5インチベイは、デスクトップPC用の3.5インチHDDなどを搭載できます。そして、2.5インチベイはノートPC用の2.5インチHDDをはじめ、SSDなどを搭載することが可能です。

また、2.5インチのパーツを3.5インチまたは5.25インチベイに装着するための変換パーツもあります。今後拡張する予定がある場合は、大きめのベイがあるとさまざまなパーツに対応できるので安心です。

自作PCケースのおすすめメーカー

NZXT

By: amazon.co.jp

NZXTは幅広いサイズのPCケースを取り揃えているPCパーツメーカー。なかでも、シンプルで洗練されたデザインと使いやすさを両立した「Hシリーズ」や、静音性を重視したミドルタワー「Phantomシリーズ」が人気です。

フルタワーやミドルタワーはもちろん、大型のウルトラタワー、さらに大きなスーパーウルトワタワーといった幅広いサイズのPCケースを取り揃えています。

クーラーマスター(Cooler Master)

By: amazon.co.jp

自作PCケースメーカーのなかでも人気の高いメーカー。デスクトップPCとして考えられる最上位のパーツ構成の「COSMOSシリーズ」やハイスペック向けの「HAFシリーズ」のほか、外装と内装の両方を自由に組み立てられる「MasterCaseシリーズ」や冷却性の高い「Centurionシリーズ」などが人気です。

電源を標準搭載したスリム・ブック型の「Miniシリーズ」など、小型サイズのケースも数多く取り揃えています。

コルセア(Corsair)

By: amazon.co.jp

メカニカルキーボードやゲーミングマウス、ワイヤレスヘッドセットなど、幅広いPC関連製品を扱うメーカーです。PCケースも種類が豊富で、高品質なのが特徴。機能面も良好で、革新的なデザインと高いパフォーマンスを両立したスタイリッシュなPCケースが人気を集めています。

自作PCケースのおすすめ|ミドルタワー

NZXT H510ELITE CA-H510E

NZXTのベストセラーPCケース「Hシリーズ」を代表するモデルです。LEDコントローラーの機能とファンコントローラーの機能を併せもつ「Smart Device V2」やLEDストリップを搭載。自作PCケースのライティングを楽しみたい方に最適です。

本体前面はフラットなデザイン。サイドには強化ガラスパネルを採用しており、高級感ある外観を有しています。本体の下部はカバーで覆われているので、電源ユニットやケーブル類を収納可能。

ビデオカードの垂直取り付けにも対応しているので、デザインにこだわりたい方にもおすすめです。LEDとファンはNZXTサイトからダウンロードできる「CAM」ソフトで設定可能。ハードウェアモニタ機能も搭載されており、CPUやGPUの温度確認も簡単に行えます。

クーラーマスター(COOLER MATER) MASTERBOX Q500L

ATX対応ながら比較的コンパクトなサイズのPCケースです。縦置きだけでなく、横置きにも対応可能。収納するシステムにあわせて、電源ユニットの位置を変更できます。

上下に位置を調節すれば、水冷ラジエータやグラフィックカードの取り付けスペースを確保可能。トップ・フロント・リア・ボトムの4面にパンチング加工が施されており、パソコン内部に空気が取り入れやすくなっている点もおすすめです。

コルセア(Corsair) Carbide Series 275R SKU CC-9011132-WW

必要最小限のミニマルなデザインが人気のPCケースです。サイドパネルには強化ガラスを採用。水冷ラジエータは、前面に最大360mmまでのモデル、上面に最高240mmまでのモデルを取り付けできます。

冷却ファンは、120mmサイズであれば合計で6基搭載可能。専用の「ケーブルコンパートメント」を利用して、ケーブルをすっきりと配線できる点もおすすめです。

エイスース(ASUS) ROG Strix Helios

優れたデザインと美しさをもつミドルタワーPCケースです。3つの強化ガラスパネルとつや消しのアルミフレームを使用したクールな外観が特徴。フロントにはRGBライティングも搭載されています。

グラフィックボードを固定もできる多機能カバーが、配線したケーブルを隠す設計。マザーボードはATXやExtended ATXに対応しています。ケースの背面にあるリリースボタンを押せば、サイドパネルのロックを簡単に解除可能。軽い力で開閉ができる蝶番式のパネルを採用している点もおすすめです。

be quiet! DARK BASE 700 BGW23

ATX規格のマザーボードを上下反転させて設置できるミドルタワーPCケースです。負荷のかかりやすいグラフィックカードを高い位置、CPUを最適なエアフロー位置に取り付け可能。ハイエンドな性能を有するパソコンを自作する予定の方におすすめです。

サイドには強化ガラスパネルを搭載。傷がつきにくいだけでなく、ケース内部のライティングを楽しめる点も魅力です。フロントパネルにはRGB対応のLEDを搭載。6つの発光カラーと32種類のライティングパターンを簡単に切り替えられます。

本製品は静音性に優れた「Silent Wings 3 140mm PWMファン」を標準で搭載。滑らかに動く6極モーターと耐久性に優れた流体動圧ベアリングだけでなく、最適なエアフローが実現できるファンブレードが搭載された冷却ファンです。

サーマルテイク(Thermaltake) Versa H26 CS7070 CA-1J5-00M1WN-01

リーズナブルな価格で購入できるサーマルテイクの日本オリジナルPCケースです。アクリル製のサイドパネルを採用しているので、パソコンパーツのライティングを楽しみたい方に最適。マザーボードは、ATX・MicroATX・Mini-ITXに対応できます。

最大7基のケースファンや360mmサイズの水冷ラジエータが取り付けられるので、冷却性能を重視する方にもおすすめ。最大310mmまでの拡張カード搭載スペースを有しているのもポイントです。

ケース裏側にケーブルを配線でき、電源カバーも搭載されているので、内部もすっきりと見せられます。トップやボトム部に取り外し可能なダストフィルターが付属しているので、メンテナンスの手間を省きたい方にもおすすめです。

アンテック(ANTEC) P7 Silent

優れた拡張性を備えたATXマザーボード対応のPCケースです。サイドに2重構造の遮音パネルを採用した静音モデル。パソコン内部で駆動する冷却ファンの騒音を軽減できるので、作業やゲームに集中したい方に最適です。

水冷ラジエータは最大280mmのモデルまで搭載可能。5.25インチの拡張ベイが付いており、デバイスを挿し込むだけで簡単に固定できるのもポイントです。約390mmの拡張カードスペースがあるので、ハイエンドモデルのグラフィックカードも搭載できます。

3.5インチベイは2基搭載。2.5インチストレージデバイスを固定するためのネジ穴も開いています。CPUを本体裏側から取り付けるための穴が確保されている点もおすすめです。

エムエスアイ(MSI) MAG VANPIRIC 010 FIRST BLOOD IN SHADOW

サイドに4mm厚の強化ガラスパネルを採用したPCケースです。RGBファンが標準で付属しており、「MSI Mystic Light」を使ったライティングカスタマイズが楽しめる仕様。水冷ラジエータは上部に最大280mmのモデル、前部に最大360mmまでのモデルを搭載可能。

また、冷却ファンは最大で6基まで搭載できます。トップパネルには磁石固定型のフィルターを搭載。リーズナブルな価格で購入できるので、初めて自作PCを作る方にもおすすめです。

JOSBO U4シリーズ U4

シンプルなデザインのアルミニウム筐体が特徴のPCケースです。左側のサイドパネルには5mm厚の強化ガラスパネルを採用。120mmの冷却ファンが標準で付属していますが、フロントに2基、底面に1基の合計3基を追加で取り付けられます。

フロントにはUSBポートを2基とヘッドホンジャック、マイク入力端子を搭載。ボディカラーがブラックやシルバーなどから選択できるので、好みのカラーで自作PCを製作したい方におすすめです。

ザルマン(ZALMAN) S5シリーズ S5 ATX Mid-Tower Computer Case

フラットデザインのフロントパネルにRGB LEDストリップライトを搭載したPCケースです。インターフェイスのLEDコントロールボタンからライティングの操作が可能。サイドに強化ガラスパネルを採用しているので、内蔵するパソコンパーツのライティングを楽しみたい方にもおすすめです。

筐体内部にはケーブルマネジメント用のスペースが確保されており、すっきりとした配線が可能。前面と背面に120mmのファンを1基ずつ搭載している点もおすすめです。

自作PCケースのおすすめ|フルタワー

コルセア(Corsair) Graphite Series 780T White フルタワーPCケース SKU CC-9011059-WW

9つのドライブベイと12基の大型冷却ファンを収容できるフルタワーPCケースです。マザーボードは、Extended ATXやXL-ATXに対応。デュアル360mmラジエータを搭載するスペースもあるので、冷却性能を重視する方におすすめです。

サイドパネルはラッチ式なので、工具や複雑な手順を踏む必要なく、簡単にパソコン内部にアクセス可能。角のないすっきりとしたデザインも魅力的です。吸気用のデュアル140mmファンと排気用の140mmファンを標準で搭載しているのもポイント。

フロントパネルにファンコントローラーやUSBポート4口が搭載されている点もおすすめです。

フラクタルデザイン(Fractal Design) Define XL R2 FD-CA-DEF-XL-R2

冷却性・通気性・拡張性に優れたデザインのフルタワーPCケースです。可動式のHDDケージを導入し、9枚の拡張カードと水冷ラジエータ取り付けスペースを確保。「ModuVentデザイン」は、ユーザーが静音性能と通気性のどちらを高めるか選択できる設計です。

水冷装置は、ケース前方・上部・背面・底面に取り付け可能。3速ファンコントローラーがフロントパネルに搭載されているので、簡単に冷却性能を変更できます。耐久性の高い流体軸受けを採用した冷却ファンは標準で3基付属。

比較的リーズナブルな価格で購入できる点もおすすめです。

Deepcool GAMER STORM QUADSTELLAR SMART CASE FULL-TOWER FOUR CABIN DP-EATX-QUADSTLR

アプリを使ってRGBライティングや放熱システムのカスタマイズができるフルタワーPCケースです。マザーボードや複数のグラフィックボード、電源ユニットなどを独立した4つのコンパートメントに収納可能。

各コンパートメント間の熱干渉が予防できるので、優れた冷却性能が発揮できます。ボディフレームは精密に設計されたアルミニウムを使用して製造。最大3枚のグラフィックボードが搭載できるコンパートメントを搭載しているので、負荷の高い映像処理作業を行う方におすすめです。

ゴールデンフィールド(GOLDEN FIELD) SILVER FOX FULLER TOWER COMPUTER CASE MODEL 5300

個性的なデザインのフルタワーPCケースです。垂直空気流設計により、CPUやGPU、マザーボード、メモリなどを効率よく冷やせる仕様。水冷ラジエータは最大360mmのモデルまで取り付けられます。

CPUファンは高さが最大180mmの製品まで搭載可能。グラフィックボードは360mmのモデルまでが収納できます。トップパネルの前面には3基のUSBポートやヘッドホンジャック、マイク入力端子を搭載。4面に強化ガラスパネルが使われている点もおすすめです。

クーガー(COUGER) PANZER MAX

多彩なマザーボードに対応できるフルタワーPCケースです。Mini-ATXからXL-ATXまで幅広いサイズのマザーボードが搭載可能。最大390mmのグラフィックボードを8スロット分まで収納できるスペースもあります。

前面と天面のメッシュパネルは、ワンプッシュで着脱可能。サイドパネルを開かなくても簡単なメンテナンスが行えます。サイドパネルにはワンタッチで開閉できるハンドル方式を採用。ケースの天面に、キーボードトレイやヘッドホンフックが搭載されている点もおすすめです。

自作PCケースのおすすめ|小型

NZXT H1 CA-H16WR-W1-JP

垂直デザインを採用したMini-ITX対応小型PCケースです。シンプルなデザインの縦方向に長い美しい外観が特徴。フルサイズのGPUが搭載できるので、負荷の高い映像処理作業やゲームをプレイする方におすすめです。

SSDトレイやライザーカードは工具を使わず取り付け可能。配線済みのケーブルはケース底部にまとめられるので、内部をすっきりと見せたい場合にも最適です。本製品には、専用の電源と簡易水冷クーラーが付属しているので、組み立ても簡単。

側面のパネルはメッシュ構造を採用しており、外部から新鮮な空気を取り込んで、発熱のあるPCパーツを効率よく冷却できる点もおすすめです。

ライジンテック(RAIJINTEK) METIS PLUS

シンプルなキューブ型デザインが人気のMini-ITX対応小型PCケースです。ボディには、陽極酸化処理とヘアライン加工が施されたアルミニウムを使用。コンパクトなサイズながら、ATX電源に対応しており、高さ約160mのCPUクーラーも搭載できます。

グラフィックカードは、最大170mmのサイズまでに対応。冷却ファンは、背面にLEDファン1基が付属していますが、オプションでトップに120mmファン1基を追加できます。サイドパネルにエアフローを確保するための大型通気口も配置。

2.5インチドライブ4基と3.5インチドライブ1基、または2.5インチドライブ2基と3.5インチドライブ2基を搭載できるスペースがある点もおすすめです。

フラクタルデザイン(Fractal Design) Era ITX FD-CA-ERA-ITX

おしゃれなデザインが魅力のMini-ITX対応の小型PCケースです。マグネット式のトップパネルとラッチ式のサイドパネルを採用しているので、パソコン内部へのアクセスが簡単。最大200mmのSFX電源やATX電源が搭載できます。

トップパネルのカラーは、ケースの色にマッチするように考慮したデザイン。メンテナンスの手間が省けるように、ナイロン製のフィルターを上面・側面・底面に配置できるのもポイントです。

2台のストレージ用ブラケットが付属しており、3.5インチHDD1台、または2.5インチSSD2台をマウント可能。静音性に優れた80mmの「Fractal Design SSR3ファン」が付属している点もおすすめです。

サーマルテイク(Thermaltake) Core V21 CA-1D5-00S1WN-00

リアパネルとサイドのアクリルパネルを除く4面にダストフィルターを搭載したMicroATX対応小型PCケースです。サイド・トップ・ボトムのパネルは入れ替えが可能。90°傾けての設置にも対応しているので、スペースにあわせて配置方法を考慮できます。

ケース側面や上面にファンやラジエータを取り付けるためのレールガイドが2組付属。ケース各所にエアフローを考慮したメッシュ加工が採用されているのもポイントです。2段重ねての設置もできるので、パソコンを複数台自作する場合にもおすすめ。

コンパクトながら、最大350mmまでのグラフィックボードが搭載できる点も魅力です。

IN WIN A1 PLUS

650Wの電源ユニットが付属したMini-ITX対応の小型PCケースです。GPUコネクタが2本付いているので、ハイエンドモデルにも対応可能。トップパネルにはQi規格のワイヤレスチャージャーも搭載されています。

冷却ファンは「Sirius Loop ASL120」が標準で2基付属。ケース底部にRGB LEDを搭載しているので、ライティングを楽しみたい方にもおすすめです。

自作PCケースのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

自作PCケースのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。