パソコンを動かすためには必要不可欠なパーツである「マザーボード」。ひとくちにマザーボードといっても、拡張性の高いタイプから1万円以下で買えるコストパフォーマンスに優れたアイテムまで、さまざまなモデルが展開されています。

そこで今回は、マザーボードのおすすめモデルをご紹介。購入を検討されている方はぜひ参考にしていただき、自分の用途に合う製品を見つけてください。

マザーボードとは?

By: amazon.co.jp

マザーボードとはCPUやメモリなどの各種パーツを取り付ける基盤のことで、パソコンを動かすためには必要不可欠なパーツ。どのマザーボードを選ぶのかによってパソコンの性能が大きく左右されます。

他のパーツと異なり、取り付けると後から交換するのが非常に面倒なので、パソコンを自作する場合は拡張性の高さも考慮した上で最適なマザーボードを選びましょう。

マザーボードの選び方

用途で選ぶ

マザーボードを選ぶときは用途を考慮することがとても重要です。目的に合ったモデルを選ばないとその性能が十分に引き出せないので注意しましょう。

ゲームをする・動画を編集する

ゲームをしたり動画を編集したりと処理の重い作業をする場合は、従来のマザーボードよりもスペックの高い「ハイエンドマザーボード」がおすすめです。

ハイエンドマザーボードには、複数のGPUを組み合わせてグラフィック性能を上げる「マルチGPU」や、定格以上の周波数でCPUを動作させる「オーバークロック」などパソコンの処理能力を向上させる機能が付いているので、処理の重い3Dゲームや高解像度の動画編集もサクサク快適に行えます。

なお、処理の重い作業を長時間続けているとマザーボードの温度が上昇してパフォーマンスに影響を与える可能性があるため、マザーボードの冷却性能もしっかりとチェックしておきましょう。

ネットサーフィンをする・動画を視聴する

ネットサーフィンをしたり動画を視聴したりする程度であれば、ゲームプレイ・動画編集でパソコンを使うときほどマザーボードの性能を気にする必要がありません。そのため、スタンダードな「ミドルレンジマザーボード」やコストパフォーマンスに優れた「ローエンドマザーボード」を選ぶのがおすすめです。

どちらも基本性能はあまり変わりませんが、ミドルレンジマザーボードには処理能力の高い「チップセット」、ローエンドマザーボードにはコストを抑えた「廉価版チップセット」を使用しているのがポイント。パフォーマンスを重視するならミドルレンジマザーボード、価格の安さを重視するならローエンドマザーボードを選ぶとよいでしょう。

CPUソケットの種類で選ぶ

マザーボードには、CPUを取り付けるための部品「CPUソケット」が付いています。このCPUソケットは製品ごとにかたちやピンの数が異なり、基本的にマザーボード側とCPU側が同じかたちでなければ取り付けられません。そのため、マザーボードを選ぶときはCPUソケットの種類をしっかりとチェックしましょう。

CPUソケットの種類を確かめる方法はいくつかありますが、「ソケット形状」を確認するのが比較的ラクです。たとえばIntel社の場合は「LGA1155」、AMD社の場合は「Socket FM3+」というように通常アルファベットと数字の組み合わせで表記されています。

基本的にはこの表記が同じマザーボード・CPU間であれば問題なく使えるため、確認しながら選んでみてください。

メモリースロットの種類で選ぶ

By: amazon.jp

マザーボードには、記憶装置であるメインメモリーを差し込むための「メモリースロット」という部品があります。現在、マザーボードに搭載されているメモリースロットの種類は大きく分けて「DDR4 SDRAM」「DDR3 SDRAM」「DDR2 SDRAM」の3つです。

転送速度を重視するなら「DDR4 SDRAM」、価格と性能のバランスで選ぶなら「DDR3 SDRAM」、リーズナブルさを重視するなら「DDR2 SDRAM」が搭載されているマザーボードを選ぶのがおすすめです。

また、メモリースロットはそれぞれの規格ごとに物理的な形状が異なるので、基本的にはメモリ本体とメモリスロットが同じでなければ使用できません。そのため、マザーボードを選ぶときは必ずメモリースロットの互換性をチェックしましょう。

インターフェースで選ぶ

By: amazon.co.jp

マザーボードは製品ごとにインターフェースの種類や数が異なります。部品をたくさん取り付けてカスタマイズしながら使用したい方は、インターフェンスに関しても考慮しながら選ぶのがおすすめです。

PCI Express

「PCI Express」は、グラフィック性能を向上させたり新たな機能・装備を追加したりと、パソコンを拡張する上で重要なインターフェイスのひとつです。現在は「PCI Express x16」「PCI Express x8」「PCI Express x4」「PCI Express x1」の4種類が採用されており、それぞれのタイプごとに特徴が大きく異なります。

パソコンのグラフィック性能を上げたい場合は「PCI Express x16」または「PCI Express x8」がおすすめ。このふたつは高性能グラフィックボードに対応しているので、ゲームプレイ時や動画編集時に最適です。

「PCI Express x4」や「PCI Express x1」は、転送速度が遅いためグラフィックボードの拡張には向いていませんが、そのぶんサイズが小さいためコンパクトなパソコンを組み立てたいときに適しています。

Serial ATA(SATA)

Serial ATAは、マザーボードにハードディスク・SSD・光学ドライブを接続するためのインターフェイス。現在は主に「SATA」「SATA Express」の2種類が採用されています。

転送速度を重視するなら次世代規格の「SATA Express」がおすすめです。最大10Gb/sの高速データ転送に対応しており、大きなファイルのやり取りも快適に行えます。ただしSATA Expressを搭載したマザーボードは価格が高いため、予算に余裕があれば選ぶようにしましょう。

一方で「SATA」は多くのマザーボードで採用されている規格です。転送速度が最大6.0Gb/sなのでSATA Expressに比べると遅いですが、そのぶんマザーボード本体や周辺機器の価格が安いため、コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

サイズ(フォームファクタ)で選ぶ

マザーボードのサイズは「フォームファクタ」と呼ばれる規格で決められており、現在「ATX」「MicroATX」「Mini ITX」の3種類があります。大きければ大きいほど拡張性は高くなりますが、サイズが合わなくてPCケースに入らないと本末転倒なので要注意です。

ATX

ATXは305mm×244mmの大きなタイプ。USBポート・PCI・Expressなど各種インターフェイスが充実しているので、拡張性の高さを重視したい方におすすめです。

価格は比較的高めなので、コストパフォーマンスを重視する方は気をつけましょう。また、サイズが大きいため小さなパソコンを組み立てたい方も注意してください。

MicroATX

MicroATXは244mm×244mmのコンパクトなタイプです。ATXと比べてサイズがひと回り小さいため、省スペースでも置けるパソコンを組み立てたい方におすすめ。コストパフォーマンスに優れているので、予算をあまりかけないでパソコンを自作したい方にも適しています。

MicroATXサイズのマザーボードは取り付けられるパーツの数が少ないため、拡張性を重視する方にはあまり向いていません。また、パソコン内部が狭くて熱がこもりやすいため、ゲームプレイや動画編集など高負荷な作業をしたい方も要注意です。

Mini-ITX

より小さなタイプを探している方は170mm×170mmのMini-ITXがおすすめ。このタイプに対応しているPCケースはおしゃれなモノが多いので、デザイン性に優れたパソコンを組み立てたい方に適しています。

ただし、インターフェースの数が少ないので拡張性はあまり期待できません。メインのパソコン用というよりはサブのパソコン用に使うのがよいでしょう。

マザーボードのおすすめメーカー

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

エイスースは台湾に本社を置く大手海外メーカー。主にパソコン関連の製品を扱っており、マザーボードに関しては現在世界トップクラスのシェアを誇ります。

低価格で買えるローエンドマザーボードから、オーバークロック対応のハイエンドマザーボードまでさまざまな種類のモデルを取り扱っているのが魅力。マザーボード初心者の方はもちろん上級者の方にもおすすめのメーカーです。

アスロック(ASRock)

By: amazon.co.jp

アスロックは2002年に誕生したメーカー。主力製品であるマザーボードをはじめ、無線LANルーターや業務用ワークステーションなどさまざまな製品を取り扱っています。個性が強いモデルを数多く展開しているため、独自性のあるパソコンを自作したい方におすすめです。

ギガバイト(GIGABYTE)

By: amazon.co.jp

ギガバイトは、ゲーミングデバイス・グラフィックカード・PCケースなどパソコン関連の製品を多く展開している台湾のメーカーです。マザーボードに関しては、エイスースやアスロックと同じく世界で高い人気を集めています。ただパフォーマンスに優れているだけではなく、耐久性の高いモデルを揃えているのが魅力です。

エムエスアイ(MSI)

By: amazon.co.jp

エムエスアイは、1986年に台湾で生まれた老舗マザーボードメーカー。最近ではプロゲーマーをターゲットとしたゲーミングマザーボードの開発に力を入れており、国内はもちろん世界中のゲーミングユーザーから高い支持を集めています。ゲーム用途のパソコンを組み立てたい方におすすめです。

マザーボードのおすすめ

エムエスアイ(MSI) Z370 GAMING PRO CARBON

パソコンでゲームを楽しむなら、エムエスアイの「Z370 GAMING PRO CARBON」がおすすめ。グラフィック性能を向上させる「マルチGPU」やネットワークの遅延が少ない「MSI GAMING LAN」、マザーボードの温度を一定に保つ「ファンコントロール機能」を搭載しているので、最新の3DゲームやVRコンテンツもストレスなく快適に楽しめます。

スマートフォンやタブレットを素早く充電できる「MSI Super Charger」機能も便利。また、マザーボードを好きな色に変えられるので自分好みにカスタマイズ可能です。

エイスース(ASUS) PRIME H270-PRO

「PRIME H270-PRO」はエイスースが展開しているミドルレンジマザーボード。CPU・メモリ・ビデオカードなど約1000種類を超えるPCパーツに対応した互換性の高さが特長です。

冷却ファンの回転数を調節したり省エネ仕様に切り替えたりとさまざまな設定が行えるのも魅力。静電気や過電圧からマザーボードを守る機能「5X Protection III」が搭載されているので、耐久性を重視したい方に適しています。

エムエスアイ(MSI) H110M PRO-VH PLUS

リーズナブルな価格で高性能パソコンを組み立てたい方におすすめのローエンドマザーボード。わずか6000円前後のモデルでありながら「DDR4 Boost」に対応しており、メモリの性能を最大限に引き出してくれます。

どんな環境でも安定した動作が可能な「DARK CHOKE」や、高い信頼性と耐久性を実現した「SOLID CAP」など各種パーツにもこだわっているので、マザーボードの品質を重視したい方におすすめです。

エイスース(ASUS) ROG RAMPAGE VI EXTREME

パフォーマンスを追求したい方にはこのハイエンドマザーボード「ROG RAMPAGE VI EXTREME」がおすすめ。最新のCPUソケット「LGA2066」を装備している他、最大128Gbpsの高速ストレージを可能にする「Intel VROC」が搭載されています。「5-WAY OPTIMIZATION」機能により、各PCパーツの性能を最大限に引き出してくれる点も魅力です。

また、ゲーム内で音のする方向を画面上に表示してくれる「Sonic Radar III」や、その場にいるような先入観が体験できる「SONIC STUDIO III」、ゲームを中断せずにインターネットやSNSが楽しめる「OVERWOLF」などゲームプレイに特化した機能が充実しています。ゲーム用のパソコンを組み立てたい方におすすめのマザーボードです。

ギガバイト(GIGABYTE) X399 DESIGNARE EX

ギガバイトが展開しているマザーボード「X399 DESIGNARE EX」。膨大なタスクを超高速で処理する「AMD Ryzen Threadripper」が搭載されています。

最大4枚のグラフィックカードを装着できる「4-Wayグラフィックス」や、ストレージの転送速度を引き出す「Triple PCIe Gen3 x4 M.2」により幅広い用途で活躍してくれるのが魅力です。

アスロック(ASRock) X299 OC Formula

CPUの性能を最大限に引き出すオーバークロック向けマザーボード「X299 OC Formula」。13フェーズVRM電源設計により安定した電力供給ができる他、最長12000時間の高寿命を可能にした12Kブラックコンデンサが採用されているので、初心者の方でも安心してオーバークロックが楽しめます。

オプションの「RGB LED」を使えば、好みに合わせてマザーボードの色を自由に変えることも可能。カスタマイズ性の高いおすすめモデルです。

マザーボードのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

マザーボードのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。