パソコンを動かすために必要不可欠なパーツである「マザーボード」。ひとくちにマザーボードといっても、拡張性の高いタイプから1万円以下で買えるコストパフォーマンスに優れたアイテムまで、さまざまなモデルが展開されています。

そこで今回は、マザーボードのおすすめモデルをご紹介。購入を検討している方は本記事を参考にして、自分の用途に合う製品を見つけてみてください。

マザーボードとは?

By: amazon.co.jp

マザーボードは、CPUやメモリ、グラフィックボードなど、各種パソコンパーツを取り付ける電子回路基盤の名称。パソコンの土台ともいえる必要不可欠なパーツであり、選択するモデルによって取り付けられるパーツが異なるので、パソコン自体の性能が大きく左右します。

基盤が大きく、一度取り付けると交換が面倒なので、パソコンを自作する際は拡張性の高さも考慮して選択するのがおすすめです。

チップセットとは?

チップセットとは、取り付けたCPUやメモリを制御、管理するための基盤です。チップセットの規格によって、搭載できるCPUやメモリが異なるので注意が必要。現在市販されているパソコン用のCPUは、IntelとAMDの製品が主流ですが、どちらの製品を使用する場合でも、CPUに応じたチップセットを選ぶ必要があります。

Intelのチップセットであれば、上位モデルである「Z390」やミドルクラスの「H370」、リーズナブルな「H310」が人気。AMDのチップセットは、ハイエンドモデルにあたる「X570」やエントリークラスからミドルクラス向けのコスパに優れた「B450」がおすすめです。

また、CPUにRyzen Threadripperシリーズを使用したい方は、「X399」が対応チップセットなので、注意しましょう。メモリもCPUと同様で、チップセットの種類によって対応しているクロック数や規格が異なります。マザーボードを購入する際は、搭載予定のCPUやメモリに対応したチップセットを判別して選択しましょう。

CPUソケットとは?

By: amazon.co.jp

マザーボードのCPU取り付け場所に搭載されているのが「CPUソケット」。CPUを製造しているメーカーごとに異なるだけでなく、CPUが開発された年代によっても種類が違ってきます。IntelのCore iシリーズを使用するのであれば「LGA1151」が主流。第7~9世代のIntel Core iシリーズを取り付けられます。

対して、AMDのRyzenシリーズには「Soket AM4」が対応。高性能なRyzen Threadripperシリーズには、「TR4」が対応しています。

マザーボードの選び方

CPUソケットの種類をチェック

CPUをマザーボードに装着するパーツがCPUソケットです。Intel・AMDによって異なるのはもちろん、同じメーカーのCPUでも開発された世代によっては取り付けられないことがあります。

Intel製CPUで主流なのが、ソケット「LGA1151」。第6世代以降のCPUを取り付けできます。第5世代以前の古いCoreiシリーズのCPUソケットは「LGA1150」です。

AMDのCPUソケット形状は「AM4」「AM3+」「FM2+」などがありますが、主流は「AM4」。Ryzenなど、同社から現在リリースされているCPUは「AM4」ソケットを採用しています。

Intel製CPUならソケット「LGA1151」、AMD製CPUを使いたい場合はソケット「AM4」を搭載したマザーボードをチェックしましょう。

サイズ(フォームファクタ)で選ぶ

ATX

By: amazon.co.jp

ATXはAdvanced Technology eXtendedの略。マザーボードの構造規格を表したもので、サイズは305×244mmと決められています。中程度の大きさの「ミドルタワーPC」や一回り大きい「フルタワーPC」に搭載されることが多いタイプです。

ATXは接続端子の数が豊富なのがメリット。PCI ExpressやUSB、SATAケーブルといった端子を接続して、拡張性を高められます。価格は、同じ性能の製品と比べると比較的リーズナブルです。

一方で、コンパクトサイズのPCには収まらないのがデメリット。自作するPCケースの大きさに応じてATX規格のマザーボードを選択しましょう。

MicroATX

By: amazon.co.jp

MicroATXとはATXよりもひとつ小さい構造規格のこと。サイズは244×244mmの正方形です。MicroATXは、ミニタワーやミドルタワーといったPCケースを自作するときに適しています。

デメリットは、ATXに比べると接続端子の数がやや少なめな点。ただし、最低限必要な拡張機能は備えていることが多いので、自作PCの性能が著しく低下することはありません。

Mini-ITX

By: amazon.co.jp

Mini-ITXとは、MicroATXよりもさらに一回り小さい構造規格のこと。サイズは170×170mmとコンパクトサイズで、小型のPCケースを自作するときにちょうど収まるのがメリットです。

デメリットは、価格が高く、拡張性に劣る点。通常のパソコンと同じように自作しようと考えたら、接続数が少なく不便さを感じてしまいます。Mini-ITXは、サブマシン用途のPCを自作する方におすすめです。

メモリスロットをチェック

By: amazon.co.jp

搭載されているチップセットによって、マザーボードに取り付けられるメモリは異なります。Intel・AMDを問わず、現在主流のチップセットが対応しているのはDDR4規格のメモリ。そのため、最新のパーツでPCを組みたい場合は、DDR4対応のマザーボードを選ぶのがおすすめです。

使っていたパソコンの古いDDR3メモリを使い回したい時などは、DDR3対応のマザーボードを用意する必要があります。ただし、そのようなマザーボードはチップセットが旧式なことが多く、PCのスペックが低くなる恐れがあるので注意しておきましょう。

また、旧モデルのマザーボードは、将来CPUを換装したいときに新型CPUを装着できないこともあります。メモリ自体はほかのパーツに比べてそれほど高価ではないため、現在主流のDDR4対応マザーボードを選んだ方がパーツを組み替える時に安心です。

用途で選ぶ

ゲーミング・動画編集

ゲームをしたり動画を編集したりと処理の重い作業をする場合は、従来のマザーボードよりもスペックの高い「ハイエンドマザーボード」がおすすめです。

ハイエンドマザーボードには、複数のGPUを組み合わせてグラフィック性能を上げる「マルチGPU」や、定格以上の周波数でCPUを動作させる「オーバークロック」などパソコンの処理能力を向上させる機能が付いているので、3Dゲームや高解像度の動画編集もサクサク快適に行えます。

なお、長時間作業を続けているとマザーボードの温度が上昇してパフォーマンスに影響を与える可能性があるため、マザーボードの冷却性能もしっかりとチェックしておきましょう。

ネットサーフィン・動画視聴

ネットサーフィンをしたり動画を視聴したりする程度であれば、ゲームプレイ・動画編集でパソコンを使うときほどマザーボードの性能を気にする必要がありません。そのため、スタンダードな「ミドルレンジマザーボード」やコストパフォーマンスに優れた「ローエンドマザーボード」を選ぶのがおすすめです。

どちらも基本性能はあまり変わりませんが、ミドルレンジマザーボードには処理能力の高いチップセット、ローエンドマザーボードにはコストを抑えた廉価版チップセットを使用しているのがポイント。パフォーマンスを重視するならミドルレンジマザーボード、価格の安さを重視するならローエンドマザーボードを選びましょう。

インターフェースで選ぶ

By: amazon.co.jp

PCI Express

By: amazon.co.jp

「PCI Express」は、グラフィック性能を向上させたり新たな機能・装備を追加したりと、パソコンを拡張するうえで重要なインターフェースのひとつです。現在は「PCI Express x16」「PCI Express x8」「PCI Express x4」「PCI Express x3」「PCI Express x1」の5種類が採用されており、それぞれのタイプごとに特徴が大きく異なります。

パソコンのグラフィック性能を上げたい場合は「PCI Express x16」または「PCI Express x8」がおすすめ。この2つは高性能グラフィックボードに対応しているので、ゲームプレイ時や動画編集時に最適です。

「PCI Express x4」や「PCI Express x3」「PCI Express x1」は、転送速度が遅いためグラフィックボードの拡張には向いていませんが、その分サイズが小さいのでコンパクトなパソコンを組み立てたいときに適しています。

Serial ATA(SATA)

By: amazon.co.jp

Serial ATAは、マザーボードにハードディスク・SSD・光学ドライブを接続するためのインターフェースです。現在は主に「SATA」「SATA Express」の2種類が採用されています。

転送速度を重視するなら次世代規格の「SATA Express」がおすすめです。最大10Gb/sの高速データ転送に対応しており、大きなファイルのやり取りも快適に行えます。ただし、SATA Expressを搭載したマザーボードは価格が高いため、予算に余裕があれば選ぶようにしましょう。

一方で「SATA」は多くのマザーボードで採用されている規格。転送速度が最大6.0Gb/sなのでSATA Expressに比べると遅いですが、その分マザーボード本体や周辺機器の価格が安いため、コストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

マザーボードのおすすめメーカー

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

エイスースは台湾に本社を置く大手海外メーカー。主にパソコン関連の製品を扱っており、マザーボードに関しては現在世界トップクラスのシェアを有しています。

低価格で買えるローエンドマザーボードから、オーバークロック対応のハイエンドマザーボードまで、さまざまな種類のモデルを取り扱っているのが魅力。自作PC初心者にはもちろん上級者にもおすすめのメーカーです。

アスロック(ASRock)

By: amazon.co.jp

アスロックは2002年に誕生したメーカー。主力製品であるマザーボードをはじめ、無線LANルーターや業務用ワークステーションなどさまざまな製品を取り扱っています。個性が強いモデルを数多く展開しているため、独自性のあるパソコンを自作したい方におすすめです。

ギガバイト(GIGABYTE)

By: amazon.co.jp

ギガバイトは、ゲーミングデバイス・グラフィックカード・PCケースなどパソコン関連の製品を多く展開している台湾のメーカーです。

マザーボードに関しては、エイスースやアスロックと同じく世界で高い人気を集めています。パフォーマンスに優れているだけではなく、耐久性の高いモデルを揃えているのが魅力です。

エムエスアイ(MSI)

By: amazon.co.jp

エムエスアイは、1986年に台湾で生まれた老舗マザーボードメーカー。最近ではプロゲーマーをターゲットとしたゲーミングマザーボードの開発に力を入れており、国内はもちろん世界中のゲーミングユーザーから高い支持を集めています。ゲーム用途のパソコンを組み立てたい方におすすめです。

マザーボードのおすすめ|Intel用

エイスース(ASUS) ROG STRIX Z390-F GAMING

エイスース(ASUS) ROG STRIX Z390-F GAMING

第8・9世代のIntel CPUに対応したマザーボードです。CPUソケットはLGA1151を採用。メモリは最大64GBまで搭載でき、「DDR4-4266(O.C)」までに対応しています。

フォームファクタはATXを採用しており、2基のM.2ポートやPCI Express x16を搭載。また、SATA 6Gb/sコネクターを6基備えているので、拡張性にも優れています。

サウンド面では、オンボードながら高音質なオーディオ機能「SupremeFX」を搭載しているので、ナチュラルで温かみのある忠実なサウンド再生が可能。ユーザーの好みやヘッドセットの特性に応じて、音響をカスタマイズできる「Sonic Studio Ⅲ」を搭載している点もおすすめです。

エイスース(ASUS) PRIME H310M-E

エイスース(ASUS) PRIME H310M-E

リーズナブルな価格が魅力のマザーボードです。第9世代のIntel CPUに対応しているにも関わらず、低価格で購入可能。フォームファクタはMicroATXを採用しているので、コンパクトなパソコンを自作したい場合にもおすすめです。

搭載できるメモリの最大容量は32GB。SATA 6Gb/sコネクターに加えて、M.2スロットを搭載しているのもポイントです。また、冷却制御機能を搭載しており、「Fan Xpertソフト」やBIOSからの設定が可能。専用の温度センサーでモニタリングし、冷却ファンの回転数コントロールが行える点もおすすめです。

アスロック(ASRock) H370M-ITX/ac

アスロック(ASRock) H370M-ITX/ac

U.2タイプのSSDが取り付けられるマザーボードです。M.2やSATA3 6.0 Gb/sコネクターだけでなく、2.5インチながらPCI Express規格を利用するU.2 SSDにも対応しています。

インターフェースには、4基のUSB3.1 Gen 2ポートが搭載されており、外部デバイスとの高速なデータ伝送が可能。標準で802.11ac Wi-Fiモジュールが搭載されているので、ワイヤレスネットワークやBluetooth v4.2が利用できる点もおすすめです。

ギガバイト(GIGABYTE) H370 HD3 rev.1.0

ギガバイト(GIGABYTE) H370 HD3 rev.1.0

Optaneテクノロジーをサポートしたマザーボードです。SATAで接続したHDD・SSDのデータ伝送を高速化するキャッシュメモリであるIntelの「Optaneメモリ」が搭載可能。ストレージに保存してあるデータの読み書きが効率よく行える点が魅力です。

チップセットにはH370、CPUソケットにはLGA1151を採用。第8世代のIntel CPUに対応しています。インターフェースにUSB Type-CやUSB3.1 Gen 2対応のUSB Type-Aを搭載。別売りの「Intel CNVi Wi-Fi アップグレード・キット」を取り付ければ、インターネットの無線接続が可能です。

映像出力ポートには、HDMI・D-Sub・DVI-Dを備えており、複数の外部ディスプレイに同時に映像出力が行えます。また、本製品は2つのBIOSチップを搭載した「DualBIOS」仕様なので、ウイルス攻撃やハードウェアの故障、オーバークロック不良、アップデート時の電源喪失によるBIOSの故障を防止できる点もおすすめです。

エムエスアイ(MSI) INTEL H310 マザーボード H310M PRO-VDH PLUS

エムエスアイ(MSI) INTEL H310 マザーボード H310M PRO-VDH PLUS

USBで接続したデバイスのデータ伝送を高速化できるMicroATXマザーボードです。「X-BOOST」と呼ばれる機能により、USB接続したストレージを自動的に検知し最適化してくれるので、スムーズなデータのやり取りが可能です。

チップセットにはH310、CPUソケットにはLGA1151を採用しており、第8・9世代のIntel CPUに対応。メモリはDDR4に対応しており、2666・2400・2133MHz周波数が使用可能です。32GBまで搭載できるので、ネットサーフィンや動画視聴も快適にこなせます。

また、電源供給コネクターの横にある「EZ Debug LED」によって、パソコンが正常に起動しない際の問題点が確認できるのも魅力。初めてパソコンを組み立てる方にもおすすめのモデルです。

マザーボードのおすすめ|AMD用

エイスース(ASUS) PRIME B450M-A

エイスース(ASUS) PRIME B450M-A

高い保護機能や拡張性を備えたマザーボードです。CPUソケットはAM4を採用。第1~3世代のRyzenシリーズに対応しており、メモリは最大「DDR4-3466(O.C)」まで対応しています。

フォームファクタはMicroATXを採用しているので、ミニタワーやミドルタワーのパソコンに最適です。拡張スロットはPCI Express x16を採用。M.2スロットを使用したストレージにも対応しています。

インターフェースには、USB3.1 Gen1を6基とUSB3.1 Gen2を2基、USB2.0を4基搭載。過電圧からマザーボードを守る回路保護電源設計や、メモリを過電流から守るDRAM過電流保護、静電気方各種端子を守る機能など、多彩な保護機能を備えた、おすすめのマザーボードです。

エイスース(ASUS) PRIME X399-A

エイスース(ASUS) PRIME X399-A

Ryzen Treadripperに対応したマザーボードです。チップセットにX399、CPUソケットにはTR4を採用。128GBまでのDDR4メモリにも対応しています。また、グラフィックボードを複数搭載するマルチGPUにも対応しているので、ゲーミングパソコンや動画編集用パソコンにおすすめのマザーボードです。

ストレージはM.2 SSDに加えて、U.2 SSDにも対応。合計で10のUSBポートを備えているのもポイントです。「5-Way Optimization」と呼ばれる冷却性能を自動で最適化してくれるシステムを搭載。CPUやGPUに負荷がかかっていない場合には、冷却ファンの回転数が抑えられるので、静音性を重視したい方にもおすすめです。

アスロック(ASRock) B450 Steel Legend

アスロック(ASRock) B450 Steel Legend

耐久性能に加えて、マザーボードとしての基本性能を高いレベルで兼ね備えたモデルです。CPUソケットは、Ryzenシリーズ対応のAM4を採用。メモリは、最大で「DDR4-3533+(O.C)」までに対応しています。

フォームファクタはATXなので、拡張性の高さを求める方にもおすすめ。スチールで強化されたPCI Express x16スロットは、重量のある高性能グラフィックボードの取り付けに最適です。また、ストレージはSATA 6Gb/sだけでなく、M.2タイプにも対応しています。

カラフルな照明システムが構築できる「POLYCHROME SYNC」にも対応。チップセットはミドルクラスのB450を使用していますが、ゲーミングパソコンを自作したい方にもおすすめです。

ギガバイト(GIGABYTE) B450 AORUS PRO Wi-Fi rev.1.0

ギガバイト(GIGABYTE) B450 AORUS PRO Wi-Fi rev.1.0

マルチディスプレイ環境に最適なマザーボードです。インターフェースにHDMI 2基とDisplayPort 1基を搭載。複数の外部ディスプレイに同時映像出力が可能です。CPUは第1~3世代のRyzenシリーズに対応。合計32GBまでのDDR4メモリが取り付けられます。

フォームファクタはMini-ITXを採用しているので、コンパクトなPCケースに最適。小型のマザーボードながら、M.2スロットを搭載しているのもポイントです。SATA 6Gb/sコネクターは4基搭載。バックパネルのUSBポートも4基備えています。

また、「RGB Fusion 2.0 アプリ」を使用すれば、対応しているパソコンパーツの照明効果をカスタマイズ可能。ケースファンや冷却ファンの回転数を設定できる「New Smart Fan5 Software」 が使用できる、おすすめのモデルです。

エムエスアイ(MSI) AMD X570 マザーボード MEG X570 UNIFY

エムエスアイ(MSI) AMD X570 マザーボード MEG X570 UNIFY

冷却性能や耐久性、拡張性に優れたハイエンドモデルのマザーボードです。CPUは第2、第3世代のRyzenシリーズに対応。「Ryzen 9 3950X」や「Ryzen 9 3900X」が搭載でき、メモリは最大で「DDR4-4600+(O.C)」に対応しているので、高性能パソコンを自作したい方におすすめです。

また、マザーボードのフォームファクタはATXなので、拡張性に優れているのもポイント。PCI Express x16を搭載しており、M.2ポートは3基備えています。インターフェースには、前後面合計で11のUSBポートを搭載。LANポートでのインターネット接続だけでなく、Wi-Fi通信用のアンテナ取り付け端子を備えている点も魅力です。

金属製の拡張ヒートシンクカバーやチップセット冷却用ファンも搭載。高性能なゲーミング用パソコンや、動画編集用パソコンが発する熱を効率よく冷却できる設計もおすすめです。

マザーボードのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

マザーボードのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。