パソコンを動かすために必要不可欠なパーツである「マザーボード」。ひとくちにマザーボードといっても、拡張性の高いモデルからコストパフォーマンスに優れたアイテムまで、さまざまな製品が展開されています。

そこで今回は、マザーボードのおすすめモデルをご紹介。購入を検討している方はぜひ参考にして、自分の用途にあった製品を見つけてみてください。

マザーボードとは?

By: amazon.co.jp

マザーボードとは、CPUやメモリ、グラフィックボードなど、各種パソコンパーツを取り付ける「電子回路基盤」のこと。パソコンの土台ともいえる必要不可欠なパーツであり、選択するモデルによって取り付けられるパーツが異なるので、パソコン自体の性能を大きく左右します。

基盤が大きく、一度取り付けると交換が面倒なため、パソコンを自作する際は拡張性の高さも考慮して選ぶのがおすすめです。

チップセットとは?

By: amazon.co.jp

「チップセット」とは、CPUやメモリを制御したり管理したりする基盤のことです。チップセットにはIntelのモノとAMDのモノの2種類があり、シリーズによってパソコンにもたらす性能が異なります。

IntelのチップセットにはH・B・Zの3シリーズがあります。Hシリーズはパソコンへの負荷が少なく、エントリーモデルとしておすすめ。また、Bシリーズはビジネス用途に、Zシリーズはゲーミングや動画編集用に適しています。

AMDのチップセットはA・B・Xの3種類。Aシリーズは初めてマザーボードを購入する方に適しています。そして、Bシリーズは動画の視聴などに適しており、Xシリーズはハイエンドモデルを探している方におすすめです。

CPUソケットとは?

「CPUソケット」は、CPUをマザーボードに装着するためのパーツです。マザーボードのCPU取り付け場所に搭載されています。

CPUを製造しているメーカーごとに種類が異なるほか、同じメーカーのCPUでも開発された世代によっては取り付けられないことがあるので、対応している規格を確認しておきましょう。

マザーボードの選び方

CPUソケットの種類をチェック

CPUソケットも、チップセットと同様にIntelのモノとAMDのモノに分かれています。IntelのCPUを搭載する場合、世代に応じてソケットを選び分けなければなりません。第9世代までのCPUであれば「LGA1151」、10世代以降なら「LGA1200」、第12世代なら「LGA1700」を選びましょう。

一方、AMDの場合、Ryzenシリーズは世代による違いはないため、「Socket AM4」を選択すれば問題ありません。Ryzen Threadripperシリーズを使用する場合は、第1世代・第2世代では「Socket TR4」を、第3世代では「Socket sTRX4」を選ぶ必要があります。

サイズ(フォームファクタ)で選ぶ

ATX

By: amazon.co.jp

ATXは、Advanced Technology eXtendedの略。マザーボードの構造規格を表しており、サイズは最大305×244mmです。主に中程度の大きさの「ミドルタワーPC」や一回り大きい「フルタワーPC」に搭載されます。

ATXは接続端子の数の豊富さがメリット。PCI ExpressやUSB、SATAケーブルなどの端子を接続して、拡張性を高められます。価格は製品にもよりますが、比較的リーズナブルです。

ただし、コンパクトサイズのPCケースには収まらないので留意しておきましょう。自作するPCケースの大きさに応じて、ATX規格のマザーボードを検討してみてください。

MicroATX

By: asus.com

MicroATXとは、ATXよりもひとつ小さい構造規格のこと。サイズは244×244mmの正方形です。MicroATXは、ミニタワーやミドルタワーのパソコンを自作するときに適しています。

ATXに比べると、接続端子の数がやや少ないのがデメリット。ただし、最低限必要な拡張機能を備えているモノも多く存在します。自作パソコンの性能が著しく低下することはないといわれているため、ATXよりも小さいサイズのモノを探している方はチェックしておきましょう。

Mini-ITX

By: amazon.co.jp

Mini-ITXは、MicroATXよりもさらに一回り小さい構造規格。サイズは170×170mmとコンパクトで、小型のPCケースにちょうど収まりやすいのがメリットです。

デメリットは、価格が高めでほかのサイズよりも拡張性に劣る点。通常のパソコンと同じように自作するには、接続数が少ないので注意が必要です。Mini-ITXは、サブマシン用途のコンパクトなパソコンを自作したい方におすすめです。

メモリスロットをチェック

マザーボードを購入する際、メモリスロットも事前にチェックしておきましょう。メモリスロットとは、メモリモジュールを差し込むスロットのこと。2本や4本のモデルが主流ですが、ハイスペックモデルのなかには6本以上の規格を採用しているモノもあります。

また、マザーボードを選ぶ際は、現在主流のメモリ規格である「DDR4」に対応しているかどうかも併せて確認しましょう。旧規格である「DDR3」を使用したい場合、 専用のモデルが必要になる点は留意しておいてください。

用途で選ぶ

ゲーミングや動画編集

ゲームや動画編集など処理の重い作業をする場合は、従来のマザーボードよりもスペックの高い「ハイエンドマザーボード」を選ぶのがおすすめです。

ハイエンドマザーボードには、複数のGPUを組み合わせてグラフィック性能を上げる「マルチGPU」や、定格以上の周波数でCPUを動作させる「オーバークロック」など、パソコンの処理能力を向上させる機能が備わっているので、3Dゲームや高解像度の動画編集もサクサク快適に行えます。

なお、長時間作業を続けるとマザーボードの温度が上昇し、パフォーマンスに影響を与える場合があるため、マザーボードの冷却性能もしっかりとチェックしておきましょう。

ネットサーフィンや動画視聴

ネットサーフィンをしたり動画を視聴したりする程度であれば、ゲームプレイや動画編集でパソコンを使うときほどマザーボードの性能を気にする必要はありません。そのため、スタンダードな「ミドルレンジマザーボード」やコストパフォーマンスに優れた「ローエンドマザーボード」を選ぶのがおすすめです。

両方とも基本性能に差は少ないものの、ミドルレンジマザーボードには処理能力の高いチップセット、ローエンドマザーボードにはコストを抑えた廉価版チップセットを使用しているのが一般的。パフォーマンスを重視するならミドルレンジマザーボード、価格の安さを重視するならローエンドマザーボードを選びましょう。

インターフェースで選ぶ

PCI Express

「PCI Express」は、グラフィック性能を向上させたり新たな機能を追加したりと、パソコンを拡張するうえで重要なインターフェースのひとつです。PCI Expressにはいくつかの種類が存在し、それぞれ特徴が異なります。

特に、パソコンのグラフィック性能を上げたい場合は「PCI Express×16」がおすすめ。高性能グラフィックボードに対応しているので、ゲームプレイ時や動画編集時に適しています。

Serial ATA(SATA)

「Serial ATA」は、マザーボードにハードディスク・SSD・光学ドライブを接続するためのインターフェース。搭載されている数は、製品によってさまざまです。

転送速度もモデルによって異なり、なかには10GB/sなどの高速データ転送に対応したモノもあります。大きなファイルのやり取りも快適に行えますが、製品価格が高い傾向にあるため、予算を考慮しながら検討してみてください。

マザーボードのおすすめメーカー

エイスース(ASUS)

By: rakuten.co.jp

「エイスース」は、台湾に本社を置く大手海外メーカー。主にパソコン関連の製品を扱っており、マザーボードに関しては世界トップクラスのシェアを占めています。

低価格で買えるローエンドマザーボードから、オーバークロック対応のハイエンドマザーボードまで、さまざまな種類のモデルを取り扱っているのが魅力。自作パソコン初心者にはもちろん、上級者にもおすすめのメーカーです。

アスロック(ASRock)

By: amazon.co.jp

「アスロック」は、2002年に誕生したメーカー。主力製品であるマザーボードをはじめ、無線LANルーターや業務用ワークステーションなど、さまざまな製品を取り扱っています。

個性が強いモデルを数多く展開しているため、独自性のあるパソコンを自作したい方におすすめです。

ギガバイト(GIGABYTE)

By: amazon.co.jp

「ギガバイト」は、ゲーミングデバイスやグラフィックカード、PCケースなどパソコン関連の製品を多く展開している台湾のメーカーです。

マザーボードに関しては、エイスースやアスロックと同じく世界で高い人気を集めています。パフォーマンスに優れているだけではなく、耐久性の高いモデルを揃えているのが魅力です。

エムエスアイ(MSI)

By: amazon.co.jp

「MSI」は、1986年に台湾で生まれた老舗マザーボードメーカー。最近ではプロゲーマーをターゲットとしたゲーミングマザーボードの開発に力を入れており、国内はもちろん世界中のユーザーから高い支持を集めています。ゲーム用途のパソコンを組み立てたい方におすすめです。

マザーボードのおすすめ|Intel用

エイスース(ASUS) PRIME B560-PLUS

LGA1200ソケットを搭載しており、第10世代と第11世代のIntel Coreプロセッサに対応しているATXマザーボードです。電圧の降下を即時に制御できる「DIGI+電圧レギュレーターモジュール」を搭載。優れた安定性を実現しています。

複数のヒートシンクとファンを搭載していることもあり、冷却性の高さも良好。負荷の大きな作業も安心して行えます。加えて、専用ソフトウェア「Fan Xpert 2+」を使うことで、冷却を最適化できるのも特徴です。

エイスース独自の「ASUS OptiMem テクノロジー」が用いられており、メモリの安定性と互換性を同時に実現しているのもポイント。また、合計2つのM.2スロットを搭載しており、アプリの起動やロード時間を短縮できるのも魅力です。

エイスース(ASUS) TUF GAMING H570-PRO

USB 3.2 Gen 2×2 Type-Cをはじめ、数種類のUSBポートを搭載しているATXマザーボードです。複数の周辺機器と接続できます。最大20Gbpsの帯域幅と伝送速度を実現。データのやり取りを素早く行えるのが特徴です。

LGA1200ソケット採用で、第10世代と第11世代のIntel Coreプロセッサに対応。チップセットにはパソコン本体への負荷が少ないHシリーズのモデルを採用しています。また、複数のヒートシンクを搭載しており、冷却性の高さも良好です。

マイクと音声出力のノイズを低減するノイズキャンセリング機能を備えているのもポイント。クリアな音声でボイスチャットなどのコミュニケーションが楽しめます。MMORPGやFPS用のゲームPCを自作したい方におすすめのアイテムです。

エイスース(ASUS) TUF B365M-PLUS GAMING

By: asus.com

Bシリーズのシングルチップセットを搭載しているMicroATXマザーボードです。ソケットはLGA1151を採用要しており、第8世代と第9世代のIntel CoreやPentium Gold、Celeronプロセッサに対応しています。

エイスース独自のPCI Expressスロットである「SAFESLOT CORE+」を搭載。破損を防ぐためにステンレス製のブレースで耐久性を向上させているのが特徴です。グラフィックカードをしっかりと取り付けでき、衝撃から保護します。

「Fan Xpert 2+ソフトウェア」を搭載しており、複数のセンサーを用いてファンを制御できるのもポイント。熱くなりすぎない状態を保ちつつ、長時間使用できます。手軽にゲーミングPCを自作したい方におすすめのアイテムです。

エイスース(ASUS) ROG STRIX Z690-I GAMING WIFI

ゲーミングや動画編集用に適しているZシリーズのチップセットを搭載したMini-ITXマザーボードです。ソケットにはLGA1700を採用しており、第12世代のIntel CoreやPentium Gold、Celeronプロセッサに対応しています。

メモリの動作チェックツールであるMemTest86がプリインストールされているのも特徴。メモリに問題が発生した場合でも、簡単な操作で原因が突き止められます。なお、レポートはBIOSアーカイブから確認が可能です。

拡張カードが付属しており、4つのSATAポートやARGBライティングヘッダーなどの機能を追加できるのもポイント。サイズが170×170mmと小さく、コンパクトなゲーム用PCを自作したい方におすすめのアイテムです。

アスロック(ASRock) X299 Taichi CLX

LGA2066ソケットやIntel Core Xシリーズのプロセッサに対応しているATXマザーボードです。DDR4規格のメモリに対応しており、PCI Express 3.0×16スロットを搭載。性能の高いグラフィックボードが使用できます。

USB 3.2 Gen2x2 Type-Cポートを搭載し、最大20Gbpsの転送速度を実現。短時間でのデータ送受信が可能です。加えて、Intel Wi-Fi 6 802.11axアダプターを搭載しているため、解像度の高い映像配信にも適しています。

効果的に放熱を行うアルミニウム製のヒートシンクトップカバーを搭載。また、独自のライティング効果が作成できる機能も備わっています。動画投稿サイトへの投稿や、負荷の高いオンラインゲームを楽しむのにおすすめの製品です。

アスロック(ASRock) Z690 Taichi

第12世代のIntel Coreプロセッサに対応したLGA1700ソケットを採用しているATXマザーボードです。PCI Express 5.0×16をはじめ、複数のスロットを搭載。ハイエンドモデルのグラフィックボードが使用できます。

スマートパワーステージテクノロジーが採用されているのも特徴。CPUに安定した電力を供給することで、優れたオーバークロック性を実現しています。加えて、熱伝導率に優れたサーマルパッド付きで、冷却性の高さも良好です。

Thunderbolt 4/USB4テクノロジーやUSB Type-Cポートを搭載しており、最大40Gbpsの速度で転送できるのもポイント。データのやり取りが素早く行えます。ゲームPCを自作したい方におすすめのアイテムです。

ギガバイト(GIGABYTE) B660 AORUS MASTER

USB 3.2 Gen.2×2 Type-Cポートを搭載しているATXマザーボードです。最大20Gbpsの転送速度を実現しているため、接続機器と素早くデータのやり取りが行えます。加えて、Wi-Fi 6 802.11ax対応で、動画のストリーミングがスムーズなのも魅力です。

チップセットには、ビジネス用途に適したBシリーズのモデルを採用。LGA1700ソケット採用で、第12世代のIntel Coreプロセッサに対応しています。テレワークからゲームまで、さまざまな用途で使用できるPCを自作したい方におすすめのアイテムです。

ギガバイト(GIGABYTE) Z690 AORUS PRO

CPUに適した電圧を供給するデジタルPWMコントローラを搭載したATXマザーボードです。16+1+2のデジタル電源フェーズ設計を採用しているのが特徴。周波数が高く、負荷の大きな環境下でも優れた安定性を実現しています。

LGA1700ソケットを採用しており、第12世代のIntel Coreプロセッサに対応。チップセットはZシリーズのモデルを搭載しています。動画を編集したり、オンラインゲームを楽しんだりするのにおすすめです。

大型のヒートシンクや放熱効率の高い設計を採用しているなど、冷却性の高さも良好。また、Intel Wi-Fi 6 802.11axに対応しており、2.4Gbpsまでのデータ転送速度を実現しています。スペックの高いゲーミングマザーボードを探している方におすすめのアイテムです。

エムエスアイ(MSI) MPG Z490 GAMING CARBON WIFI

2.5GbpsLANを搭載しているATXマザーボードです。高速かつ快適なネット通信が行えます。加えて、オンラインゲームを自動的に識別する「MSI GAMING LAN MANAGER」を採用。遅延の少ないプレイを楽しめるのも魅力です。

8+4ピンの電源コネクタや6層のPCB基盤、デジタルPMWを搭載しているのも特徴。性能の高いプロセッサでも安定して動かせます。加えて、PCI Expressの破損を防ぐ「PCI-E Steel Armor」が組み込まれているのもポイントです。

DSD方式のハイレゾオーディオや、Hi-Fiオーディオが楽しめるのも魅力。また、1680万色のカラーから、自由にエフェクトが変更できます。コストパフォーマンスに優れており、初めてPCを自作する場合にもおすすめのアイテムです。

エムエスアイ(MSI) MPG Z690 CARBON WIFI

LGA1700ソケットを採用しており、第12世代Intel Coreプロセッサに対応しているATXマザーボードです。チップセットにはZシリーズのモデルを採用。オンラインゲームで遊んだり、動画編集を楽しんだりするのにおすすめです。

ヒートシンクやヒートパイプを組み合わせた「VRM Cooling」や、放熱性に優れた「PCB Cooling」などを採用しており、冷却性の高さも良好。また、PCI Express5.0×16を採用しているため、性能の高いグラフィックボードも搭載できます。

マザーボードのおすすめ|AMD用

エイスース(ASUS) ROG STRIX B550-A GAMING

M.2スロットを2つ搭載しており、うち1つがPCI Express4.0に対応しているAMD用のATXマザーボードです。性能の高いグラフィックボ―ドが搭載できるため、臨場感のある映像でオンラインゲームや動画の視聴が楽しめます。

VRMヒートシンクやチップセットヒートシンクなどを搭載しており、冷却性の高さも良好。長時間でも熱がこもりにくく、プレイに集中可能です。加えて、混線を低減する「OptiMem II」搭載で、負荷の大きな作業もスムーズに処理できます。

2つのUSB 2.0ポートやUSB 3.2 Gen 2ポートを搭載しているなど、接続性に優れているのもポイント。さらに、オーディオジャックも5つ搭載しています。テレワークから趣味まで、さまざまな用途におすすめのアイテムです。

エイスース(ASUS) ROG Strix X570-E Gaming

2.5GイーサネットとIntel Wi-Fi 6 802.11axを採用しているAMD用のATXマザーボードです。ゲーム中に遅延が発生しにくいため、FPSなどにおすすめです。また、ビデオのストリーミングや、オンライン上でのデータ送受信にも役立ちます。

S1220Aコーデックを使用した「SupremeFX」を採用。フラットな周波数応答の提供を実現した設計を採用しているため、原音に近いサウンドが楽しめます。さらに、8mmのヒートパイプを使用するなど、冷却性の高さも良好です。

AM4ソケットを採用しており、USB 3.2 Gen2やAMD StoreMIなどを搭載した第2世代・第3世代のAMD Ryzenプロセッサに対応。PCの自作が初めての方から自作経験が何度もある方まで、幅広いユーザーにおすすめのアイテムです。

エイスース(ASUS) PRIME A520M-A

第3世代AMD Ryzenプラットフォームに対応したAMD用のMicroATXマザーボードです。チップセットには、パソコン本体への負荷が少ないAシリーズを採用。複数のファンや温度センサーを搭載しているなど、冷却性の高さも良好です。

PCI Express 3.0対応で、性能の高いグラフィックボードを搭載できるのもポイント。最大32Gbpsのデータ転送速度も実現しています。ゲームやネットサーフィンなど、幅広い用途に適しており、初めてPCを自作する方におすすめのアイテムです。

エイスース(ASUS) ROG Strix X570-I Gaming

AM4ソケットを採用しており、第2世代・第3世代のAMD Ryzenプロセッサに対応しているAMD用のMini-ITXマザーボードです。チップセットには、ハイエンド向けのXシリーズのモデルを採用。オンラインゲームや動画の編集に適しています。

複数のヒートシンクや冷却技術、冷却設計を採用しているのもポイント。また、ゲームのロード時間を短縮する「RAMCache」も備わっています。長時間ゲームに没頭できるPCを自作したい方におすすめのアイテムです。

アスロック(ASRock) TRX40 Taichi

Socket sTRX4を採用しており、第3世代のAMD Ryzen Threadripperプロセッサに対応しているAMD用のATXマザーボードです。2.5Gb/s LAN プラットフォームを搭載しているのがポイント。さまざまなシーンで活躍します。

アルミニウム合金製のヒートシンクや冷却ファンを搭載しているなど、冷却性の高さも良好。また、PCI Expressスチール製スロット付きで、グラフィックボードをしっかりと固定できます。ゲームや動画編集用のPCを自作したい方におすすめのアイテムです。

アスロック(ASRock) X399 Phantom Gaming 6

CPUソケットにSocket TR4を採用し、Ryzen ThreadripperシリーズのCPUに対応しているAMD用のATXマザーボードです。PCI Express 3.0×16に対応しているため、スペックの高いグラフィックボードも搭載できます。

イルミネーション機能の採用に加え、RBGヘッダーを備えているのもポイント。好みに応じてライティングが変更できます。加えて、アルミ製のヒートシンクとヒートパイプを搭載しており、冷却性の高さも良好です。

ギガバイト(GIGABYTE) B550 AORUS PRO AX

AMD Ryzen3000・4000・5000シリーズのプロセッサに対応しているAMD用のATXマザーボードです。12+2フェーズのデジタル電源設計を採用しており、安定性に優れているのが特徴。高いパフォーマンスを発揮します。

802.11axに対応しており、最大2.4Gbpsの通信速度を実現しているのもポイント。また、複数のヒートシンクを搭載しているので、長時間の使用にも適しています。ビジネスからゲームまで、幅広く使えるPCを自作したい方におすすめです。

ギガバイト(GIGABYTE) X570S AORUS PRO AX

チップセットにファンレス・ヒートシンク設計を採用しているAMD用のATXマザーボードです。ファンの破損を気にせず使用できます。加えて、動作音が少ないため、時間帯を気にせず使用できるPCを自作する場合におすすめです。

12+2フェーズ・デジタル電源設計を採用しており、優れた安定性が備わっているのもポイント。また、3つのPCI Express4.0スロットと3つのM.2スロット付きで、帯域幅不足を気にすることなくグラフィックボードが搭載できます。

エムエスアイ(MSI) MEG B550 UNIFY-X

PCI Express4.0に対応しており、1秒間に最大64GBの伝送速度を実現しているAMD用のATXマザーボードです。性能の高いグラフィックボードも搭載できます。加えて、14+2フェーズとスペックの高い回路が備わっているのも特徴です。

2.5G LANやWi-Fi 6が備わっており、高速な通信環境が実現できるのもポイント。大容量のデータもスムーズにやり取りできます。オンラインゲームや動画の視聴用にPCを自作したい方におすすめのアイテムです。

エムエスアイ(MSI) MPG X570S CARBON MAX WIFI

幅広い技術を取り入れているAMD用のATXマザーボードです。ヒートパイプ付きのヒートシンクや水冷ポンプなどを搭載しており、冷却性の高さは良好。また、ファンレス仕様のため、動作音が小さいのも魅力です。

PCI Express4.0×16スロットを搭載しており、スペックの高いグラフィックボードを搭載できるのもポイント。加えて、Wi-Fi 6Eや2.5G LAN対応で、高速通信環境も構築できます。大容量データのやり取りが行えるPCを自作したい方におすすめのアイテムです。

マザーボードの売れ筋ランキングをチェック

マザーボードのランキングをチェックしたい方はこちら。