パソコンを自作する際には、マザーボードやCPUといったさまざまなパーツが必要ですが、特にこだわりたいのが「PCケース」。パソコンパーツの収納性や拡張性を左右するだけでなく、冷却性能や静音性などにも関わる重要パーツのひとつです。

そこで今回は、PCケースを選ぶときのチェックポイントとともに、おすすめのモデルをご紹介します。コスパに優れたシンプルなモデルはもちろん、派手なゲーミングモデルもピックアップしているので、ぜひチェックしてみてください。

フルタワーPCケースの特徴

By: amazon.co.jp

フルタワーPCケースは、拡張性やメンテナンス性が高いのが大きな特徴のPCパーツです。通常よりも大型のCPUクーラーを搭載できたり、グラフィックボードを複数枚搭載できたりと、PCの機能をフルに発揮できます。

またサイドパネルを開けたときの空間が広く、配線をしやすいのもポイント。一方で、ミニタワーやミドルタワーと比べるとサイズが大きいため、設置場所を広く確保する必要があります。フルタワーPCケースは、グラフィックボードやドライブを複数搭載し、PCの性能を向上させたい方におすすめです。

ほかの種類のPCケースも気になる方は、こちらもチェックしてみてください。

フルタワーPCケースの選び方

マザーボードの規格をチェック

マザーボードにはさまざまなサイズがありますが、スタンダードな規格がATX。フルタワーPCケースに収納可能で、高性能なチップセットが搭載されていることからハイスペックパソコンを自作する方に人気があります。

ATXを小型化したMicro-ATXも人気のマザーボード。さらに小さなMini-ITXもあります。拡張性の高いフルタワーPCケースのメリットを活かすためには、Micro-ATX以上のマザーボードがおすすめです。 

ATXをさらに大きくしたE-ATXやXL-ATXといった大型の規格も存在しますが、フルタワーPCケースのなかには対応していないモデルもあるので念のため確認しておきましょう。

拡張性をチェック

拡張スロット

By: amazon.co.jp

パソコンの機能を高性能化するために欠かせないのが拡張カード。グラフィックボードやサウンドカードなどさまざまな種類があります。たとえば、パソコンで高画質なPCゲームを遊びたい場合、これらの拡張カードは必須です。

また、3Dゲームなどを快適にプレイするためには、2つのグラフィックボードを使用する方も少なくありません。このようなニーズに応えるため、フルタワーサイズのPCケースは8〜11ほどの拡張スロットを搭載しているのが一般的です。

また、拡張スロットの数だけでなく、スロットに装着できるカードのサイズも確認しましょう。高性能グラフィックボードのなかには長さが300mmを超えるモノもあります。お気に入りのカードを収納できるかチェックしておきましょう。

ドライブベイ

By: amazon.co.jp

SSDやHDD、ブルーレイドライブなどを設置する箇所をドライブベイと呼びます。ドライブベイはサイズによって、5.25・3.5・2.5インチベイの3つのタイプがあります。5.25インチベイは主としてブルーレイドライブなどの光学ドライブ用で、SSDやHDDは3.5または2.5インチベイに設置するのが基本。3.5と2.5インチベイは兼用できるモデルが多くあります。

フルタワーPCケースでは5.25インチベイが3つ、3.5と2.5インチベイが合わせて8つ前後のモデルが一般的です。動画などを大量に保存したい方やディスクのコピーやダビングのために複数の光学ドライブを設置したい方は、ドライブベイの数およびサイズを確認しておきましょう。

電源ユニットの設置台数

By: amazon.co.jp

フルタワーPCケースは容量の大きさを活かし、複数枚のドライブを搭載可能です。一方、たくさん搭載することで電源が足りなくなることも考えられます。

製品のなかには電源ユニットを2つ搭載できるモノがあるので、後々のトラブルを防ぐためにあらかじめ設置可能台数を確認しておきましょう。

前面端子に対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

パソコンに外部機器を接続する入出力端子の位置もチェックしておく必要があります。常時接続する機器はPCケース背面に接続すればよいのですが、VRゴーグルやヘッドホンなどは出力端子が前面パネルにあると、抜き差しするたびに背面に手を回さなくてよいので便利です。端子の種類としてはUSBやHDMI、アナログオーディオ端子などがあります。

冷却性能をチェック

By: nzxt.jp

CPUやグラフィックボードなどは動作中に高い熱を発します。そのため、ケース内の熱を排出する熱対策は非常に重要です。特に、CPUなどを規定値以上の周波数で作動させるオーバークロッキングを行う方は注意しましょう。

フルタワーPCケースは内部のスペースに余裕があり通気性には優れていますが、多くのパーツを組み込む場合は設置できるケースクーラー数なども確認しておくと安心です。ケースにメッシュを用いて通気性を高めたモデルもあります。高い冷却性能を備えた水冷式ラジエーターを使用する予定の方は、水冷式ラジエーターが搭載できるかもチェックしておきましょう。

メンテナンス性能をチェック

By: amazon.co.jp

ケース選びの際に意外と見落としがちなのがメンテナンス性能。前面パネルやサイドパネルからケース内へアクセスできるかをチェックしておきましょう。ドライブベイなどの取り付けネジが手回しタイプの場合、工具が必要ないのでドライブの交換も容易です。

また、空冷式PCケースはファンによって冷却しているため、通風口からホコリやゴミが入りやすくなっています。ケースファンにはフィルターが使用されていますが、フィルターにホコリが溜まると冷却性能が低下する可能性があるので注意しましょう。フィルターが取り外しできるPCケースであれば掃除も簡単です。

デザインをチェック

By: amazon.co.jp

フルタワーPCケースはサイズが大きいので目に入りやすいものです。インテリアとの調和を重視する方はPCケースのデザインにもこだわってみましょう。メタルの素材感を活かしたシンプルデザインから、近未来的なモノまでさまざまなデザインのPCケースがラインナップしています。

また、ケース内のパーツが見られるショーケースのような個性的なPCケースも。LEDを使った光るパーツを装着すればイルミネーションとして楽しめます。通気性を高めたメッシュモデルもおすすめです。ケースを選ぶときは、堅牢性や冷却性能、静音性などのバランスを考えて選びましょう。

フルタワーPCケースのおすすめメーカー

クーラーマスター(Cooler Master)

By: amazon.co.jp

クーラーマスターは、1992年に台湾で設立したPCパーツメーカー。最上位のパーツ構成を想定したフラッグシップモデル「COSMOSシリーズ」から、機能性と拡張性に優れた「MasterCaseシリーズ」まで、豊富なラインナップが魅力です。

コントロール機能付きのケースファンや、通気性に優れたメッシュパネルなど、高い冷却性能を備えたモデルも人気。自作PC初心者から、細かな部分までこだわりたい本格派まで、幅広いユーザーにおすすめのメーカーです。

コルセア(Corsair)

By: rakuten.co.jp

コルセアはコンパクトで扱いやすい「Crystal Series」や、機能性に優れた「Carbide Series」など、さまざまなタイプのPCケースを取り揃えているメーカー。クオリティが高く拡張性にも優れているので、世界中の自作PCユーザーから高い人気を集めています。

フルタワーのPCケースが充実しているのもポイントなので、機能やデザインにこだわりたい方にもおすすめ。価格の高いモノから気軽に購入できる安価なモノまで、幅広い価格帯の製品を扱っているのも特徴です。

NZXT

By: nzxt.jp

NZXTは、PCケースをはじめ冷却ファンや電源ユニットなど、幅広いPC周辺機器を取り扱っているメーカー。フルタワーPCケースでは、デザイン性と実用性を兼ね備えた「Phantomシリーズ」や、拡張性を重視した「Sourceシリーズ」が人気です。

フルタワーだけでなく、ウルトラタワーやミドルタワーなど、幅広いサイズのPCケースを扱っているのもポイント。価格の安いモデルが充実しているため、コストパフォーマンス重視で選びたい方にもおすすめです。

フルタワーPCケースのおすすめモデル

ディープクール(Deepcool) CS7608 DP-EATX-QUADSTLR

スタイリッシュなデザインと高い拡張性を備えたフルタワー型のPCケースです。グラフィックボード・電源ユニット・マザーボード・ストレージ用の4つの独立したチャンバーを採用。チャンバー間の熱干渉を排除して最大限の冷却効率を実現しています。

専用アプリ「QuadStellar」を使えば、フロントパネルのRGB LEDライティングをカスタマイズしたり、ケース内の温度をリアルタイムでチェックしたりも可能。

2スロットサイズのグラフィックボードが最大3台まで取り付けられるグラフィックボードブラケットや、2.5インチドライブ2台と3.5/2.5インチドライブ8台を同時搭載できるドライブケージなど、拡張性の高さも魅力です。

サーマルテイク(Thermaltake) VIEW 51 TG ARGB

デュアルチャンバー構造を採用したフルタワー型のPCケースです。マザーボードと電源ユニットの搭載部を仕切ることで、優れた冷却性能と組み込みしやすい高い拡張性を実現。細部まで分解できる「Dismantlable Modular Design」を採用しているのも大きなポイントです。

360mmサイズの水冷ラジエーターに対応しているほか、最大13基のケースファン取り付けにも対応。I/Oポート部に搭載したLEDコントロールスイッチを使えば、ライティングモードの切り替えも簡単に行えます。

トップ・フロント・左サイドの3面には厚さ4mmの強化ガラスパネルを採用しているので、水冷クーラント液のカラーや、内部パーツのLEDカラーを組み合わせて、豊かなドレスアップを楽しむことも可能です。

サーマルテイク(Thermaltake) AH T600 CA-1Q4-00M1WN-00

ヘリコプターをイメージした特徴的なデザインのフルタワー型のPCケースです。シャーシを細部まで分解できる「Dismantlable Modular Design」や、グラフィックボードの垂直配置が可能な特許取得済の拡張スロット構造を採用。

最大440mmのグラフィックボードが搭載できる優れた拡張性も魅力です。E-ATX・ATX・microATX・Mini-ITXマザーボードに対応しているほか、最大10基のケースファンや、480mmサイズの水冷ラジエーターの取り付けにも対応。

カラーバリエーションはブラック・ホワイトの2色から選べるため、PCケースの色にこだわりたい方にもおすすめです。

フラクタルデザイン(Fractal Design) Define 7 XL Solid FD-C-DEF7X-01

機能性とデザイン性のバランスに優れたフルタワー型のPCケースです。スクリューレスで簡単に着脱できるラッチ構造のサイドパネルをはじめ、取り外し可能なダストフィルター、ケーブルマネジメント用の専用スペースを設けているのが魅力。優れたメンテナンス性で面倒なお手入れも簡単です。

オプションのドライブ用アクセサリを使えば、2.5インチドライブを最大5台、3.5/2.5インチドライブを最大18台搭載できるのも大きなポイント。フロントパネル・トップパネル・両サイドパネルには、動作音を大幅に軽減する高密度の防音素材を採用しているので、静音性が気になる方でも安心して使えます。

コルセア(Corsair) Obsidian 1000D CC-9011148-WW

ワンランク上の拡張性を備えたコルセアの人気モデル。最大4つの480mmラジエーターと最大18個のファンマウントを同時に設置することができ、PC内部を冷却可能です。

USB 3.0ポートやUSB 3.1 Gen-2 Type-C ポートなど、多様な規格に対応したフロントパネルも魅力。Mini-ITXシステムとE-ATXシステムを1台ずつ搭載することも可能なので、ゲームプレイしながら別のシステムで配信をするようなマルチな使い方もできます。

工具が不要で取り付けできるモジュール式のラジエーター固定トレイや、システムのあらゆる側面を制御できる「Corsair iCUE ソフトウェア」など、使いやすさを重視して作られているのも大きなポイントです。

クーラーマスター(COOLER MASTER) COSMOS C700P Black Edition MCC-C700P-KG5N-S00

基本性能が充実したフルタワー型のPCケース。薄くスモークがかった強化ガラス製サイドパネルを採用しており、PC内部をスタイリッシュに見せられます。水冷ラジエータブラケットをフラットにすることで、メンテナンス性が向上しているのも大きなポイントです。

煙突効果による効率的な冷却ができる「チムニーレイアウト」や、外から取り込んだ空気をCPU・GPUにダイレクトに当てる「インバート レイアウト」など、マザーボードのさまざまなレイアウトに対応しているのも魅力です。

フロントパネルには、USB3.1Type-Cポート・USB 3.0・ファン速度コントロールボタン・RGBコントロールボタンを搭載。付属の追加リアパネルを使えば、グラフィックボードの垂直マウントも可能です。

サーマルテイク(Thermaltake) Core P90 TG CA-1J8-00M1WN-00

機能性に優れたスタイリッシュなフルタワー型のPCケースです。厚さわずか5mmの強化ガラスパネルと、トライアングル構造のシャーシを組み合わせることで、多面的なドレスアップを楽しむことが可能。

設置スペースに合わせて、縦置き・横置き・壁掛けの3種類から選択できるのも大きなポイントです。ケース本体をまるごとDIY可能な「FullyModularDesign」に対応しているので、細かな部分までこだわりたいギークユーザーにもおすすめ。

右シャーシに最大5基・背面部分に最大2基搭載できる豊富なストレージ搭載スペースや、最大320mmのグラフィックボードが搭載できる拡張カード搭載スペースなど、拡張性の高さも特徴です。

サーマルテイク(Thermaltake) LEVEL 20 HT CA-1P6-00F1WN-00

本格水冷の組み込みに最適なフルタワー型のPCケースです。最大10基のケースファン取り付けに対応するほか、側面と底面に最大360mmサイズの水冷ラジエータを搭載することが可能。

底面のラジエーターには、リザーバータンク用のブラケットを2つ搭載しているので、気軽にデュアル水冷システムを構築することもできます。フロント・トップ・両サイドの4面には厚さ4mmの強化ガラスパネルを採用しているので、PC内部をおしゃれに見せたい方にもおすすめ。

最新のUSB 3.1 Gen 1 Type-Cポートや、細部まで分解可能な「Dismantlable Modular Design」に対応しているのも嬉しいポイントです。

サーマルテイク(Thermaltake) VIEW 71 TG CA-1I7-00F1WN-00

価格と性能のバランスに優れたフルタワー型のPCケースです。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現していながら、トップ・フロント・両サイドの4面に厚さ5mmの強化ガラスパネルを搭載。PC内部のドレスアップパーツをスタイリッシュに見せられます。

内部レイアウトに合わせてドライブケージが取り外せる「FullyModularDesign」や、グラフィックボードを垂直配置できる垂直配置用ブラケット、3.5/2.5インチドライブを4基まで搭載できるHDDケージなど、拡張性に優れているのも大きなポイント。

フロントとトップには最大420mmの水冷ラジエータが取り付けられるため、本格的な水冷の組み込みにもおすすめです。トップ・フロント・ボトムには取り外し可能なダストフィルターを採用しており、いつでも手軽にメンテナンスができます。

NZXT Phantom

近未来的デザインが特徴的なNZXTのロングセラーモデル。水冷用の240mmデュアルラジエーターや、200mmのファンを最大7基搭載できる冷却性能の高さが魅力です。トップパネルのI/Oポートには、USB3.0・USB2.0・E-SATA・MIC・AUDIOを搭載。

スクリューレスガイドの5.25ベイを採用していたり、マザーボードトレイの裏にケーブルホールを設置していたりなど、細かなところまで配慮して作られているのも大きなポイントです。

カラーバリエーションは、ホワイト・ブラック・レッドの計3色から選択が可能。ファッション感覚で自分の好きな色を気軽に選ぶこともできます。

フルタワーPCケースのAmazonランキングをチェック

フルタワーPCケースのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。