パソコンを自作する際には、マザーボードやCPUといったさまざまなパーツが必要ですが、特にこだわりたいのが「PCケース」。パソコンパーツの収納性や拡張性を左右するだけでなく、冷却性能や静音性などにも関わる重要パーツのひとつです。

そこで今回は、PCケースを選ぶときのチェックポイントとともに、おすすめのモデルをご紹介します。コスパに優れたシンプルなモデルはもちろん、派手なゲーミングモデルもピックアップしているので、ぜひチェックしてみてください。

フルタワーPCケースの特徴

By: amazon.co.jp

フルタワーPCケースは、拡張性やメンテナンス性が高いのが大きな特徴のPCパーツです。通常よりも大型のCPUクーラーを搭載できたり、グラフィックボードを複数枚搭載できたりと、PCの機能をフルに発揮できます。

またサイドパネルを開けたときの空間が広く、配線をしやすいのもポイント。一方で、ミニタワーやミドルタワーと比べるとサイズが大きいため、設置場所を広く確保する必要があります。フルタワーPCケースは、グラフィックボードやドライブを複数搭載し、PCの性能を向上させたい方におすすめです。

ほかの種類のPCケースも気になる方は、こちらもチェックしてみてください。

フルタワーPCケースの選び方

マザーボードの規格をチェック

マザーボードにはさまざまなサイズがありますが、最もスタンダードな規格がATX。フルタワーPCケースに収納可能で、高性能なチップセットが搭載されていることからハイスペックパソコンを自作する方に人気があります。

ATXを小型化したMicro-ATXも人気のマザーボード。さらに小さなMini-ITXもあります。拡張性の高さというフルタワーPCケースのメリットを活かすためには、Micro-ATX以上のマザーボードがおすすめです。 

ATXをさらに大きくしたE-ATXやXL-ATXといった大型の規格も存在しますが、フルタワーPCケースのなかには対応していないモデルもあるので念のため確認しておきましょう。

拡張性をチェック

拡張スロット

By: amazon.co.jp

パソコンの機能を高性能化するために欠かせないのが拡張カード。グラフィックカードやサウンドカードなどさまざまな種類があります。たとえば、パソコンで高画質なPCゲームを遊びたい場合、これらの拡張カードは必須です。

また、3Dゲームなどを快適にプレイするためには、2つのグラフィックカードを使用する方も少なくありません。このようなニーズに応えるため、フルタワーサイズのPCケースは8〜11ほどの拡張スロットを搭載しているのが一般的です。

また、拡張スロットの数だけでなく、スロットに装着できるカードのサイズも確認しましょう。高性能グラフィックカードのなかには長さが300mmを超えるモノもあります。お気に入りのカードを収納できるかチェックしておきましょう。

ドライブベイ

By: amazon.co.jp

SSDやHDD、ブルーレイドライブなどを設置する箇所をドライブベイと呼びます。ドライブベイはサイズによって、5.25・3.5・2.5インチベイの3つのタイプがあります。5.25インチベイは主としてブルーレイドライブなどの光学ドライブ用で、SSDやHDDは3.5または2.5インチベイに設置するのが基本。3.5と2.5インチベイは兼用できるモデルが多くあります。

フルタワーPCケースでは5.25インチベイが3つ、3.5と2.5インチベイが合わせて8つ前後のモデルが一般的です。動画などを大量に保存したい方、あるいは、ディスクのコピーやダビングのために複数の光学ドライブを設置したい方はドライブベイの数およびサイズを確認しておきましょう。

電源ユニットの設置台数

By: amazon.co.jp

フルタワーPCケースは容量の大きさを活かし、複数枚のドライブを搭載できますが、その際に電源が足りなくなることも考えられます。

製品のなかには電源ユニットを2つ搭載できるモノがあるので、後々のトラブルを防ぐために、あらかじめ設置可能台数を確認しておきましょう。

前面端子に対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

パソコンに外部機器を接続する入出力端子の位置もチェックしておく必要があります。常時接続する機器はPCケース背面に接続すればよいのですが、VRゴーグルやヘッドホンなどは出力端子が前面パネルにあると、抜き差しするたびに背面に手を回さなくてよいので便利です。端子の種類としてはUSB、HDMI、アナログオーディオ端子などがあります。

冷却性能をチェック

By: amazon.co.jp

CPUやグラフィックカードなどは動作中に高い熱を発します。そのため、ケース内の熱を排出する熱対策は非常に重要です。特に、CPUなどを規定値以上の周波数で作動させるオーバークロッキングを行う方は注意しましょう。

フルタワーPCケースは内部のスペースに余裕があり通気性には優れていますが、多くのパーツを組み込む場合は設置できるケースクーラー数なども確認しておくと安心です。ケースにメッシュを用いて通気性を高めたモデルもあります。高い冷却性能を備えた水冷式ラジエーターを使用する予定の方は、水冷式ラジエーターが搭載できるかもチェックしておきましょう。

メンテナンス性能をチェック

By: amazon.co.jp

ケース選びの際に意外と見落としがちなのがメンテナンス性能。前面パネルやサイドパネルからケース内へアクセスできるかをチェックしておきましょう。ドライブベイなどの取り付けネジが手回しタイプの場合、工具が必要ないのでドライブの交換も容易です。

また、空冷式PCケースはファンによって冷却しているため、通風口からホコリやゴミが入りやすくなっています。ケースファンにはフィルターが使用されていますが、フィルターにホコリが溜まると冷却性能が低下する可能性があるので注意しましょう。フィルターが取り外しできるPCケースなら、掃除も簡単です。

デザインをチェック

By: amazon.co.jp

フルタワーPCケースはサイズが大きいので目に入りやすいものです。インテリアとの調和を重視する方はPCケースのデザインにもこだわってみましょう。メタルの素材感を活かしたシンプルデザインから、近未来的なモノまでさまざまなデザインのPCケースがラインナップしています。

また、ケース内のパーツが見られるショーケースのような個性的なPCケースも。LEDを使った光るパーツを装着すればイルミネーションとして楽しめます。通気性を高めたメッシュモデルもおすすめです。ケースを選ぶときは、堅牢性や冷却性能、静音性などのバランスを考えて選びましょう。

フルタワーPCケースのおすすめモデル

クーガー(COUGAR) PANZER MAX

クーガー(COUGAR) PANZER MAX

最大4枚のグラフィックカードが装着できるフルタワーPCケース。本体サイズは約266×612×556mmで、耐荷重35kgのキャリングハンドルが搭載されています。マザーボードはE-ATXまで対応しており、2.5インチのSSDを6基、または2.5インチのSSD4基と3.5インチのHDD2基を搭載可能。

サイド・フロント・トップのパネル着脱には工具が必要ないので、パソコン内部へのアクセスが簡単です。最大8基の冷却ファンや最大4基の水冷ラジエーターが搭載できるのもポイント。

ファン速度を制御するスイッチがフロントパネルに備えられており、高負荷時にも素早く対応できる点もおすすめです。ヘッドホンフックやキーボードトレイを標準搭載。収納性にも優れたモデルです。

リアンリー(Lian Li) O11D XL O11 DYNAMIC XL

LIAN LI O11D XL O11 DYNAMIC XL

側面と前面に強化ガラスパネルを採用したフルタワーPCケースです。

別売りのエクステンションバーを使用すれば、奥行きの長い「EEBフォームファクター」のマザーボードにも対応可能。エイスースの「ROG Dominus Extreme」を搭載して、高性能な「Intel Xeon W-3175X CPU」を使用したい方に最適です。2.5/3.5インチドライブは最大で10基搭載可能。ケース背面からドライブの着脱ができる点も魅力です。

冷却ファンは、トップ・ボトム・サイドにそれぞれ120mmファンを3基搭載可能。リアに1基搭載できる120mm冷却ファンをあわせると、合計で10基もの冷却ファンを取付けられます。水冷ラジエーターは、トップ・ボトム・サイドに最大360mmまでのモデルを搭載できるので、冷却性能を重視する方にもおすすめです。

コルセア(Corsair) Graphite Series 780T SKU CC-9011059

コルセア(Corsair) Graphite Series 780T SKU CC-9011059

パソコン内部へのアクセスが簡単なフルタワーPCケースです。ラッチ付きのサイドパネルを採用しており、内部にアクセスしやすいのが魅力。中央部が透明なので、内部の確認も簡単に行えます。

360mmの大型ラジエーターに対応しており、ハイエンドな冷却システムの構築におすすめ。冷却ファンは最大で12基まで搭載できます。フロントパネルには、3段階のファンコントローラーと4つのUSBポート、ヘッドホン端子を搭載。デバイスの取り外しが簡単にできるのがポイントです。

丸みを帯びたボディがスタイリッシュで、カラーはブラックとホワイトの選択可能。グラボなどさまざまなPCパーツを必要とするゲーミングパソコンを組み立てたい方におすすめです。

InWin 925 FULL TOWER

InWin 925 FULL TOWER

垂直および水平にグラフィックボードを取付けられるフルタワーPCケースです。サイドパネルには強化ガラスが採用されているので、内部パーツのライティングを楽しみたい方におすすめ。

最大9基のケースファンや2基の水冷ラジエーターを搭載できるスペースがあります。本体サイズは約570×280×608mmで、E-ATXマザーボードにも対応。420mmまでのグラフィックボードを搭載でき、2.5インチドライブが3基、3.5インチドライブが4基取り付けられます。

フラクタルデザイン(Fractal Design) Define XL R2 FD-CA-DEF-XL-R2

フラクタルデザイン(Fractal Design) Define XL R2 FD-CA-DEF-XL-R2

シンプルなデザインでインテリアに馴染みやすいフルタワーPCケース。静音性能と通気性能の2種類から、重視する性能を選択できる「ModuVentデザイン」を採用しています。

2基のHDD用ドライブベイは取り外しが可能。上部のHDDケージを取り外せば通気性が向上し、下部HDDケージの位置を調節すれば、ケース前方に水冷ラジエータが取付け可能になります。

サイドパネルには高密度吸音材が使用されており、内部ファンの音を軽減可能。3速ファンコントローラーがフロントパネルに備えられているのもポイントです。また、標準で搭載されている3基の冷却ファンは、ツールレスで脱着可能。より高性能な冷却ファンを使用したい方におすすめです。

サーマルテイク(Thermaltake) View 71 Tempered Glass RGB Edition CA-1I7-00F1WN-01

サーマルテイク(Thermaltake) View 71 Tempered Glass RGB Edition CA-1I7-00F1WN-01

5mm厚の4面強化ガラスパネルを搭載したフルタワーPCケースです。トップ・フロント・両サイドは、すべて強化ガラスパネルを採用。内部に組み込まれたパーツのライティングを楽しめる設計です。

ドライブベイは、レイアウトにあわせて取り外しが可能。拡張するカードや水冷システムにあわせて、スペースを拡張できるのがポイントです。グラフィックボードの垂直配置用ブラケットは標準搭載。別売りのライザーケーブルを使用すれば、最大410mmまでの拡張カードをサイドパネルに向けて取り付けられます。

ラジエーターやポンプの取付けやすさ、ケーブル配線のしやすさを考慮して設計されており、トップ・フロント・ボトムに脱着可能なダストフィルターが付属している点もおすすめです。

クーラーマスター(Cooler Master) RAISING THE BAR(S) COSMOS C700M

クーラーマスター(Cooler Master) RAISING THE BAR(S) COSMOS C700M

パソコンパーツの多彩なレイアウトが可能なフルタワーPCケース。一般的なマザーボード取り付け向きと同じ「コンベンショナル」だけでなく、煙突効果を利用したケース内部の冷却が可能な「チムニー」や、上下を逆にした「インバース」などのレイアウトが可能です。

グラフィックカード用のライザーケーブルも付属しており、垂直配置にも対応できます。トップパネルからフロントパネルにかけては、ヘアライン仕上げのアルミ素材を使用。ハンドルが付属しているので、持ち運ぶ場合におすすめもです。

フロントパネルには、4極ヘッドホンジャック・マイクジャック・USB3.1(Gen2)Type-Cポート・USB3.0ポート×4基を搭載。冷却ファンの回転速度を調節する「PWMファンスピードボタン」やRGBライティングのコントロールボタンも備えられています。