パソコンを自作する際には、マザーボードやCPUといったさまざまなパーツが必要ですが、特にこだわりたいのが「PCケース」。パソコンパーツの収納性や拡張性を左右するだけでなく、冷却性能や静音性などにも関わる重要パーツのひとつです。

そこで今回は、フルタワーPCケースのおすすめモデルをご紹介します。PCケースを選ぶときのポイントも解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

フルタワーPCケースのメリットは?

By: amazon.co.jp

PCケースの大きさによって、内部に搭載できるパーツの規格が異なります。フルタワーPCケースは、PCケースのなかでも大きいモデルのため、大型のATXマザーボードや電源、グラフィックボードなどを搭載できるのがメリットです。

一般的に、パーツは大きいほど性能が高い傾向にあるため、ハイスペックなパソコンを作りたい場合はフルタワーPCケースがおすすめ。スペースに余裕があるので、デザインや性能を重視して好きなパーツを選べます。

また、内部が広いとネジ止めや配線作業などを行いやすく、初心者の方でも組み立てやすいのがポイント。パーツ交換やファンの清掃などのメンテナンスをしやすいのもメリットです。

パーツ同士が干渉しにくく、パソコン内部のエアフローを確保しやすいのも嬉しい点。内部に熱がこもりにくいため、高温によるパフォーマンス低下のリスクを軽減できます。

ほかの種類のPCケースも気になる方は、こちらもチェックしてみてください。

フルタワーPCケースの選び方

マザーボードの規格をチェック

マザーボードにはさまざまなサイズがありますが、スタンダードな規格がATX。フルタワーPCケースに収納可能で、高性能なチップセットが搭載されていることからハイスペックパソコンを自作する方に人気があります。

ATXを小型化したMicro-ATXも人気のマザーボード。さらに小さなMini-ITXもあります。拡張性の高いフルタワーPCケースのメリットを活かすためには、Micro-ATX以上のマザーボードがおすすめです。 

ATXをさらに大きくしたE-ATXやXL-ATXといった大型の規格も存在しますが、フルタワーPCケースのなかには対応していないモデルもあるので念のため確認しておきましょう。

簡易水冷CPUクーラーやグラボが入るサイズかチェック

By: amazon.co.jp

簡易水冷CPUクーラーとは、CPUの温度を下げるパーツのことです。ラジエーターと呼ばれる部品が用いられ、面積が広いほど高い冷却能力を発揮します。発熱量の多い高性能CPUには大きめのラジエーターがおすすめです。

ラジエーターには、主に120mm・240mm・280mm・360mmの4サイズがあり、複数取り付けるのが一般的。取り付けに対応しているフルタワーPCケースであれば、搭載可能なサイズや個数が記載されているのでチェックしてみてください。

また、グラフィックボードも製品によって長さや厚さが異なります。長さが244mmのモノは、フルタワーPCケースでも入らない場合があるため、事前にサイズを確認することが重要です。あらかじめ使いたいパーツが決まっている場合は、パーツサイズに合ったフルタワーPCケースを選んでみてください。

拡張性をチェック

拡張スロット

By: amazon.co.jp

パソコンの機能を高性能化するために欠かせないのが拡張カード。グラフィックボードやサウンドカードなどさまざまな種類があります。たとえば、パソコンで高画質なPCゲームを遊びたい場合、これらの拡張カードは必須です。

また、3Dゲームなどを快適にプレイするためには、2つのグラフィックボードを使用する方も少なくありません。このようなニーズに応えるため、フルタワーサイズのPCケースは8〜11ほどの拡張スロットを搭載しているのが一般的です。

さらに、拡張スロットの数だけでなく、スロットに装着できるカードのサイズも確認しましょう。高性能グラフィックボードのなかには長さが300mmを超えるモノもあります。お気に入りのカードを収納できるかチェックしておきましょう。

ドライブベイ

By: amazon.co.jp

SSDやHDD、ブルーレイドライブなどを設置する箇所をドライブベイと呼びます。ドライブベイはサイズによって、5.255インチベイ・3.55インチベイ・2.5インチベイの3つのタイプがあります。5.25インチベイは主としてブルーレイドライブなどの光学ドライブ用で、SSDやHDDは3.5インチベイ、または2.5インチベイに設置するのが基本です。

フルタワーPCケースでは5.25インチベイが3つ、3.5インチベイと2.5インチベイが合わせて8つ前後のモデルが一般的です。動画などを大量に保存したい方やディスクのコピーやダビングのために複数の光学ドライブを設置したい方は、ドライブベイの数およびサイズを確認しておきましょう。

電源ユニットの設置台数

By: amazon.co.jp

設置できる電源ユニットの台数も重要なポイントです。自作PCの場合、電源の個数は1個で十分な場合がほとんど。しかし、HDDやドライブを増やしたい場合は、電源が1つでは足りないことも考えられます。

そのため、ハイスペックな自作PCを組む可能性がある方には、複数の電源ユニットを設置できるフルタワーPCケースがおすすめ。拡張性も考慮したい方は、ぜひチェックしておきましょう。

前面端子があると便利

By: amazon.co.jp

多くのフルタワーPCケースには、背面パネルにさまざまな端子が集中して配置されています。USBメモリなどの周辺機器は抜き差しを頻繁に行う場合が多いので、端子がPCケースの背面にあると使用が面倒になりがち。

ワンランク上の利便性を求めるのであれば、よく使う端子がフロントパネルにも搭載されたフルタワーPCケースがおすすめです。

冷却重視ならファンの搭載可能数をチェック

By: amazon.co.jp

パフォーマンスが高いグラフィックボードやCPUを搭載していると、各パーツや電源ユニットから熱が発生するので冷却する必要があります。フルタワーPCケースの冷却性能は、備えられるファンの数がポイント。冷却性能を重視する場合は、たくさんのファンを搭載できるタイプがおすすめです。

なお、小さいファンで大きな熱を冷却しようとすると、回転数が増えて騒音が発生しやすいため注意が必要。大きいファンを設置することで、回転数と騒音を抑えながら冷却できます。

静音性を重視するなら防音素材を採用したモノを

By: fractal-design.com

回転数の多いファンを採用していたり、PCケース本体がメッシュ素材など熱を逃がしやすい構造になっていたりすると、ファンの稼働音が大きい場合があります。そのため、騒音を抑えたい方には、防音素材を採用したモデルがおすすめです。

なかには、PCケースの開口部を減らして静音性能を高めているモノや、防音パネルを搭載したモノなどもあります。特に、家族暮らしをしている方やマンションに住んでいる方であれば、静音性に優れたフルタワーPCケースを選んでみてください。

メンテナンス性能をチェック

By: amazon.co.jp

ケース選びの際に意外と見落としがちなのがメンテナンス性能。前面パネルやサイドパネルからケース内へアクセスできるかをチェックしておきましょう。ドライブベイなどの取り付けネジが手回しタイプの場合、工具が必要ないのでドライブの交換も容易です。

また、空冷式PCケースはファンによって冷却しているため、通風口からホコリやゴミが入りやすくなっています。ケースファンにはフィルターが使用されていますが、フィルターにホコリが溜まると冷却性能が低下する可能性があるので注意しましょう。フィルターが取り外しできるPCケースであれば掃除も簡単です。

デザインをチェック

By: amazon.co.jp

フルタワーPCケースはサイズが大きいので部屋に置いておくと目立ちます。インテリアとの調和を重視する方はPCケースのデザインにもこだわってみましょう。メタルの素材感を活かしたシンプルデザインから、近未来的なモノまでさまざまなデザインのPCケースがラインナップしています。

また、ケース内のパーツが見られるショーケースのような個性的なPCケースも要チェック。LEDを使った光るパーツを装着すればイルミネーションとして楽しめます。ケースを選ぶときは、堅牢性や冷却性能、静音性などのバランスを考えて選びましょう。

フルタワーPCケースのおすすめメーカー

サーマルテイク(Thermaltake)

By: amazon.co.jp

サーマルテイクは、台湾の老舗PCパーツメーカーです。斬新なデザインのPCケースを数多く扱っているのが特徴。強化ガラスパネルを採用したモデルのほか、ショーケース型、オープンフレーム型などの個性的な製品を展開しています。

自作PC初心者からベテランまで幅広く人気があるメーカーで、入門にもおすすめ。コスパのよい製品が多いため、PCケース代を抑えたい方にも向いています。

クーラーマスター(Cooler Master)

By: amazon.co.jp

クーラーマスターは、台湾に本社を置く総合PCパーツメーカー。ヨーロッパやアメリカにも拠点を置いており、世界中で人気のあるブランドです。自作PC向けの周辺機器を開発・販売しているメーカーで、PCケース以外の製品も数多く扱っています。

名前のとおり冷却・放熱に関するパーツ性能が高く、CPU・GPUクーラーなどが優秀なことでも有名。PCケースでも冷却面を考慮した設計が施されており、高温になりやすいハイエンドPCを組みたい場合におすすめです。

フラクタルデザイン(Fractal Design)

By: amazon.co.jp

フラクタルデザインは、スウェーデンに本社を置くPCパーツメーカーです。シンプルかつエレガントな北欧デザインが特徴的。大人っぽいシックなデザインのPCケースが好きな方におすすめです。

機能性も兼ね備えており、エアフローや静音性を重視したPCケースを扱っているのが魅力のひとつ。フルタワーPCケースの種類も多く、選択肢が豊富なのが嬉しいポイントです。

フルタワーPCケースのおすすめ|おしゃれ・デザイン重視

サーマルテイク(Thermaltake) View 51 Tempered Glas CA-1Q6-00M

ゲーミング仕様のPCを組み立てたい方におすすめ

トップ・左サイド・フロントの3面に強化ガラスパネルを採用した、おしゃれなフルタワーPCケース。グラフィックボードやCPUクーラーなど内部パーツを光らせて、ゲーミング仕様のPCを組み立てたい方におすすめです。

200mmファン2基と120mmファン1基を標準搭載しているのもポイント。ファンはマザーボードLEDと同期可能なアドレサブルRGBを搭載しており、色や光り方を変えられます。ケースファンは最大13基設置可能です。

E-ATXマザーボードや最大360mmサイズの水冷ラジエーターを取り付けられるケースの大きさも魅力。細部まで分解可能な「Dismantlable Modular Design」を採用しており、本格水冷の組み込みも行いやすい設計が施されています。カラーはブラック・ホワイトの2種類です。

サーマルテイク(Thermaltake) The Tower 900 CA-1H1-00F1WN-00

見栄えを重視する方におすすめのPCケース

ショーケース型のデザインが目を引くフルタワーPCケースです。マザーボードなどを上面部に設置する倒立レイアウトを採用しているのが特徴。普通のPCケースに飽きてしまった方や、見栄えを重視したい方におすすめです。

本格水冷に対応しているのも魅力。両側面に最大560mmサイズの水冷ラジエーターを設置できるほか、水冷用のリザーバータンク用ブラケットを2つ備えており、デュアルループ水冷システムを構築できます。

拡張性も高く、最長400mmまでの拡張カードや全高260mmまでのCPUクーラーを搭載可能。ただし、本体が752×423×483mmとかなり大きく、重量も24.5kgあるため、設置場所を考慮して組む必要があります。

クーラーマスター(Cooler Master) HAF 700 EVO H700E-IGNN-S00

冷却性能に特化したフルタワーPCケース

冷却性能に特化したクーラーマスターのフルタワーPCケースです。高温になりやすいパーツを使用する場合やハイエンドPCを組む場合におすすめ。フロントにはCPU温度などを表示できる丸型モニターを搭載しており、ゲーミング仕様に仕上がっています。

サイドパネル部分には、最大480mmの大型水冷ラジエーターを搭載可能。ボトムのファンやラジエーターの角度を変えられるブラケットも付属しており、見栄えを重視したカスタムができるのもポイントです。

グラフィックボードを垂直・水平のどちらでも取り付けられる自由度の高さも魅力。トップパネルを外せるため、一度組んだ後でも必要に応じてストレージなどを追加しやすいメリットがあります。

PWM/ARGBハブを搭載しており、本体でファンの制御とライティングを設定可能です。

フラクタルデザイン(Fractal Design) Pop XL Air RGB TG FD-C-POR1X

エアフロー性能に優れたフルタワーPCケースです。六角形のメッシュフロントパネルを採用しており、内部を冷却しやすくしているのが特徴。ダストフィルターの役割もあり、前面から取り外して簡単にファンやメッシュ部分の手入れを行えます。

120mmのRGBファンをフロントに3基、リアに1基標準搭載しており、対応したマザーボードを使用すれば光らせることも可能。シンプルな見た目のため、カスタマイズ次第でゲーミングPCやおしゃれな見栄えのPCに組み立てられるのが魅力です。

フロントパネルにはUSB 3.0ポートを2つとオーディオ端子を搭載。USB Type-Cポートもありますが、使用するには別売りのアップグレードキットが必要になるため注意が必要です。

コルセア(Corsair) iCUE 7000X RGB 強化ガラスフルタワー ATX PC ケース CC-9011226-WW

フロントとリアに合計4基の140mmファンを搭載したフルタワーPCケースです。最大6基のファンを制御できるファンコントローラーを標準搭載しているのが魅力。拡張すれば温度のモニタリングやほかのiCUEデバイスとの結合も可能です。

80Lを超えるケース内部には、120mmファンを12基もしくは140mmファンを7基設置可能。360mmの水冷ラジエーターも同時に3基搭載できます。ストレージは2.5インチSDDを最大3つ、3.5インチHDDを最大6つ設置可能です。

フロントパネルにUSB 3.0ポートを4つとUSB Type-Cポートを1つ備えているのも嬉しいところ。背面までケーブルが届かない機器も前面で接続できます。配線スペースも広く備えているため、組み立て作業を快適に行えるのもポイントです。

エナーマックス(ENERMAX) MAKASHI II MKT50 ECA-MKT50-BB-ARGB-01

ライン状のライティングがかっこいいフルタワーPCケースです。マザーボードがアドレッサブルRGBに対応していなくてもPCケース側から照明パターンを切り替えられるのが魅力のひとつ。スタイリッシュなゲーミングPCを組みたい方におすすめです。

左側サイドパネルには強化ガラスを採用しており、内部をおしゃれにカスタマイズできるのもポイント。E-ATXマザーボードに対応しているほか、最大360mmの水冷CPUクーラーや最長410mmのグラフィックボードを取り付け可能です。

また、ケース下部にボトムカバーが付いており、内部がセパレート構造になっているのも特徴。PC電源などを下部に収納するため、グラフィックボードやCPUの冷却を効率的に行えるメリットがあります。

取り付け可能なストレージは3.5インチHDD×2もしくは2.5インチHDD・SSD×6です。

リアンリー(Lian Li) フルタワーPCケース O11 DYNAMIC XL

左側サイドパネルとフロントパネルに強化ガラスを採用したフルタワーPCケース。ライン状のライティングとメタリックな逆L字型のパネルがスタイリッシュで、ケース内部をおしゃれにカスタマイズしたい方におすすめです。

前面にUSB 3.0ポート4つとUSB Type-Cポート1つのほか、リセットボタンなども備えているのが嬉しいポイント。ケースファンはトップ・ボトム・サイド・リアの4方向に取り付けられ、120mmファンの場合、最大10基搭載可能です。

最大10台のストレージを取り付けられる広々とした内部も魅力。背面からドライブを着脱できる便利な仕様で、サーバー用ケースとして運用もできます。ネジなしでトップパネルの開閉を行えるため、組み立ても簡単です。

Sharkoon ELITE SHARK CA300T

近未来的なフロントデザインがかっこいいフルタワーPCケースです。側面にはRGBライト付きI/Oコントロールパネルが設置されており、USB 3.0ポート2つとUSB Type-Cポート1つ、オーディオ端子1つを備えています。

120mmファンが前面に3基、背面に1基標準搭載されているのもポイント。フロントパネルもメッシュ素材を採用しており、エアフロー性能に期待できます。ケース内部には最大420mmの水冷ラジエーターも取り付け可能です。

側面が強化ガラスパネルのため、ケース内部のライティングを生かせるのも魅力。カラーはブラック・ホワイトの2種類です。デザインにこだわったゲーミングPCを組みたい方に向いています。

フルタワーPCケースのおすすめ|機能性重視

サーマルテイク(Thermaltake) Core P8 Tempered Glass Full Tower Chassis CA-1Q2-00M1WN-00

拡張性に優れたフルタワーPCケースです。3面の強化ガラスは取り外しが可能で、ユーザーの希望に合わせて閉じた状態と開いた状態を使い分けられるのが魅力。取り付け方法も直立型と壁掛け型の2パターンあります。

90°回転が可能な拡張スロットを採用しており、グラフィックボードを垂直に配置可能。広々とした内部には、最大480mmの大型水冷ラジエーターも取り付けられます。拡張カードは最大320mmまで搭載可能です。

また、フロントやトップに120mmのケースファンを4連で設置できるのもポイント。最大18基まで搭載できます。理想のPCがある方や拡張性を重視したい方におすすめです。

クーラーマスター(Cooler Master) Cosmos C700P MCC-C700P-KG5N-S00

洗練されたデザインと高い拡張性が魅力のフルタワーPCケースです。マットブラックで統一されたデザインが特徴的。サイドの強化ガラスパネルにはスモークがかかっており、ライトアップをしたときに映えるデザイン設計が施されています。

追加のリアパネルが付属しており、通常とは異なるレイアウト構成やグラフィックボードの垂直設置にも対応可能。マザーボードトレイも脱着でき、希望に沿ったレイアウトを行える柔軟性がポイントです。

内部には最大420mmまでの水冷ラジエーターや最大9基のケースファンを搭載できます。一部のE-ATXにも対応していますが、使用できない配線機構が出る可能性もあるため、事前にマザーボードのサイズを確認しておきましょう。

フラクタルデザイン(Fractal Design) Meshify 2 XL TG FD-C-MES2X

エアフローを重視したフルタワーPCケースです。フロントに角形のメッシュパネルを採用しており、冷却性能に優れているのが特徴。前面・背面には「Dynamic X2 GP-14」140mmファンを3基搭載しています。ファンは最大11基搭載可能です。

最大480mmの大型水冷ラジエーターを取り付けられるため、ハイエンドPC用のケースとしても利用可能。裏スペースには「Nexus+ 2ファンハブ」も搭載しており、マザーボード経由でファンの速度やライティングを制御できます。

また、マルチブラケットを搭載しているのもポイント。使用しないファン部分に3.5/2.5インチSSDやHDD、ポンプを取り付けられます。使い方に合わせたカスタマイズが可能で、冷却性能を重視したPCを組みたい方におすすめです。

フラクタルデザイン(Fractal Design) Define 7 XL Solid FD-C-DEF7X

静音性を重視したい方におすすめのフルタワーPCケースです。サイドパネルにスチールパネルを採用した、シックなデザインが特徴。落ち着いたデザインのPCケースを探している方におすすめです。

高密度の防音素材を搭載しており、防音性能の高さが魅力のひとつ。冷却面も考慮されており、高耐久性と低騒音を実現した「Dynamic X2 GP-14」140mmファンを3基標準搭載しています。水冷ラジエーターの取り付けも可能です。

内部はE-ATXマザーボードを取り付けできるほど広く、5.25インチベイ×2、3.5・2.5インチ共用ベイ×6、2.5インチベイ×2を搭載。ただし、奥行きが604mmと大きめかつ本体重量も16.53kgと重いため、留意しておきましょう。

クーガー(COUGAR) フルタワーPCケース PANZER MAX

ゲーミングデバイスを扱うクーガーのフルタワーPCケースです。ゲーミングPCを組む場合におすすめのPCケースで、長さが最大390mmのグラフィックボードを搭載できます。工具不要でカバーを開閉できるため、手軽にメンテナンス可能です。

フロントパネルにファン速度の制御スイッチが付いているのもポイント。ゲームをしているときなど、負荷が高くなった際にボタンで回転速度を調節できます。前面・天面がメッシュのため、エアフローにも期待できる製品です。

ケースファンは最大8基搭載可能。水冷ラジエーターの場合は120~360mmのモノに対応しています。設置可能ストレージは、2.5インチSSD×6、もしくは2.5インチSSD×4と3.5インチHDD×2です。

コルセア(Corsair) Obsidian Series 1000D スーパータワーケース SKU CC-9011148-WW

シンプルでスマートな見た目が特徴的なフルタワーPCケースです。E-ATXとMini-ITXマザーボードの2台設置を行えるのが魅力。電源ユニットも2セット内蔵できるため、ゲームと配信などを分けて行えます。

冷却性能にも力を入れており、フロント部分にケースファンを8基搭載可能。合計18基の120mmファンもしくは最大480mmの水冷ラジエーターを4基設置できます。ストレージスペースも広く、最大11個設置可能です。

ただし、サイズは693×307×696mmと縦・奥行きが長めなので、置き場所には注意が必要。本体が大きく、マザーボードの裏側も観音開きになるため、配線やストレージの管理、メンテナンスは簡単に行えます。

シルバーストーン(SilverStone) ALTA F1 SST-ALF1

効率的に冷却を行えるスタック効果設計を採用したフルタワーPCケースです。マザーボードを90°回転させ、冷気を下から上に流れるようにした構造が魅力のひとつ。負荷の高い作業を行う場合でも、パフォーマンスの低下を軽減できます。

最大360mmの水冷ラジエーターをボトム部分に設置できるのもポイント。標準で3基の140mmファンと排気用の120mmファンが1基搭載されています。ストレージは3.5インチHDDを2つ、2.5インチSSDを4つ取り付け可能です。

カラーは黒・白の2種類。フロントにはUSB Type-Cポートと3.5mmオーディオジャックを搭載しています。フルタワーPCケースのなかではややコンパクトですが、デザインと機能性を兼ね備えたPCケースを探している方におすすめです。

フルタワーPCケースのAmazonランキングをチェック

フルタワーPCケースのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。