使いやすいサイズと拡張性の高さを両立した「ミドルタワーPCケース」。PCケースのなかでは一般的なサイズで、静音性に特化したモデルやスタイリッシュなデザインを採用したモデルなど、さまざまな種類の製品が販売されています。

そこで今回は、おすすめのミドルタワーPCケースをご紹介。選び方もあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

ミドルタワーPCケースとは?

By: amazon.co.jp

ミドルタワーPCケースは、自作PC用ケースの種類のひとつ。主にミニタワー・ミドルタワー・フルタワーの3種類があり、ミドルタワーPCケースは3種類のなかで中間にあたる、一般的なサイズです。

適度なサイズなので圧迫感が少ない一方、内部が広いためハイスペックなゲーミングPCも自作可能。種類が非常に豊富で、自作PC初心者の方にもおすすめです。

ミドルタワーPCケースの選び方

作りたいPCに合ったモノをチェック

静音性を重視するなら遮音材付きがおすすめ

By: amazon.co.jp

高性能なCPUやグラフィックボードは温度が上がりやすく、強力に冷却する必要があるので、振動や音が発生してしまいます。できるだけ音を抑えたい場合は、メッシュ加工が少なく密閉されたタイプのケースがおすすめ。

ケース内部に遮音材が搭載されていると、より高い防音効果が期待できます。ただし、密閉すると内部の温度が上がりやすくなるため、採用するパーツは慎重に選びましょう。

冷却性能を重視するならメッシュ加工された通気性のよいモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

PCケース内部にスムーズなエアフローを確保し、効率的に冷却したい場合は、メッシュ加工されたタイプがおすすめ。フロントはもちろん、モデルによってはトップやボトム、サイドなどさまざまな場所にメッシュ加工が施されています。

ホコリの侵入を防ぐ、ダストフィルターを搭載したモデルが便利。ただし、メッシュ加工が施されているモノは通気性を確保できるものの、各パーツから発生するノイズが聞こえやすくなる点に注意が必要です。

内部のLEDパーツを鑑賞したいならアクリル・強化ガラスケース製のモノを

By: msi.com

ミドルタワーPCケースには、サイドパネルが透明なモデルも。グラフィックボードやファン、水冷システムなどにLEDを搭載したパーツを採用すれば、透明なサイドパネルからきれいなライティングを鑑賞できます。

サイドパネルの素材は主に、アクリルと強化ガラスの2種類。デザインを重視する方は、サイドパネルにも注目してみてください。

ドライブベイの種類と数をチェック

HDDやSSDなどのストレージを取り付けるなら2.5インチ・3.5インチベイ

PCを長期的に使用する際に注目したいのがストレージの拡張性。3.5インチサイズのストレージはHDDが主流で、2.5インチサイズのストレージはSSDに多く見られます。

3.5インチHDDは比較的安価な傾向があるので、コストパフォーマンスに優れたストレージの拡張を将来的に行いたい方は、3.5インチベイの数に注目してPCケースを選ぶのがおすすめです。

2.5インチベイは小型なので、3.5インチベイと比べて多く搭載されていますが、ストレージを拡張する予定がある方は搭載数に注目してみてください。また、裏配線に隠しながらSSDを搭載するシャドウベイ以外にも、外から見える位置に配置するフロントベイもあるので、見た目を気にする方はストレージベイの位置に注意しましょう。

DVDドライブやCDドライブを取り付けるなら5.25インチベイ

DVDドライブやCDドライブを取り付けたい方には、5.25インチベイを搭載したPCケースがおすすめ。最近はDVDドライブやCDドライブを取り付けできるPCケースが少なくなっているので、取り付けを考えている場合は5.25インチベイの有無をしっかりと確認しましょう。

5.25インチベイにはDVDドライブやCDドライブ以外にも、USBハブを備えた内蔵カードリーダーなども販売されているので、USB機器で拡張するよりもPC周りの配線を減らせます。

GPUを搭載するならカードサイズをチェック

3Dゲームや動画編集、モデリングなどのハードな作業を行いたいなら、グラフィックボードが欠かせません。ハイスペックなグラフィックボードは大きいサイズのモデルが多く、搭載するにはスペースにある程度の余裕が必要です。

多くのPCケースは、対応しているカードサイズを公開しています。取り付けたいグラフィックボードのサイズと照らし合わせながら選んでみてください。

水冷式ラジエーターに対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

重たいゲームや動画編集など負荷のかかる作業を想定しており、高性能なCPUを搭載したい場合は、水冷式ラジエーターを取り付けられるかどうか確認しておきましょう。

水冷式ラジエーターは、一般的な空冷ファンよりも効率よくCPUを冷却できる点がメリット。一方で、サイズが大きいモデルが多く、PCケースによっては取り付けられない場合もあります。

内部のスペースに余裕があるかだけでなく、どのサイズまでの水冷式ラジエーターをサポートしているかをチェックしてから選んでみてください。

工具不要の製品ならメンテナンスが楽に

By: amazon.co.jp

メンテナンスのしやすさも事前にチェックしておきましょう。パーツを交換したり不具合の原因を切り分けたりする際、工具不要でPCケースを開けられると、メンテナンスにかかる手間を減らせます。

ファンやラジエーター用にブラケットが用意されていると、取り付けや取り外しが簡単。メンテナンスをできるだけ手軽に行いたい方は、ラッチやマグネットなどが用いられた、できるだけ工具を使わないPCケースを選んでみてください。

裏配線に対応しているかチェック

By: amazon.co.jp

裏配線に対応しているかどうかも、ミドルタワーPCケースを選ぶ際に重要なポイント。PCを自作する際はさまざまなパーツをマザーボードやPCケースに取り付けるため、意識しないとPCケース内が配線で散らかってしまいます。

裏配線に対応していればケーブルを見えない位置に逃がせるので、PCケース内部をスッキリとレイアウト可能。メンテナンスのしやすさにも繋がるため、裏配線に対応したPCケースが便利です。

フロントパネルに必要な端子が搭載されているかチェック

By: amazon.co.jp

フロントパネルに搭載されている端子の種類も、チェックしておきたいポイントのひとつ。USBメモリやカードリーダーなどを使用したい場合は、USBポートが複数搭載されているモデルが便利です。

有線のイヤホンやヘッドホンを使用する場合は、オーディオ端子の有無も重要。所有しているスマートフォンやタブレットの種類によっては、USB Type-Cポートが搭載されているとケーブルを統一できます。

ミドルタワーPCケースのおすすめ|冷却機能性重視

フラクタルデザイン(Fractal Design) Define R6 FD-CA-DEF-R6

静音性に優れた、おすすめのミドルタワーPCケース。サイド・パネル・フロントのパネルに、防音素材が採用されています。トップパネルには、防音性に優れたスチールカバーとフィルター付きのマルチファン換気システムを使用しているのが特徴です。

2つの吸気ファンと1つの排気ファンを標準搭載。大型の水冷ユニットもサポートされており、トップには最大約420mm、フロントには約360mm、ベースには最大約280mmのラジエーターを配置できます。

シャーシレイアウトを変更できる仕組みも特徴のひとつ。ストレージプレートを使用すると標準レイアウトとオープンレイアウトを切り替えられるため、利用したいパーツに合わせて柔軟に使用できます。

コルセア(Corsair) Carbite 100R Silent CC-9011077-WW

静音性にこだわりたい方におすすめのミドルタワーPCケース。シンプルなデザインを採用しているので、自宅はもちろんオフィス用としても違和感を抑えて使用できます。サイドパネルに、防音シートが貼り付けられている点も魅力です。

120mmのファンが2基標準搭載されています。ファンの回転を制御できるコントローラーの搭載も特徴。3段階の調節に対応しているため、騒音を軽減したいときやパフォーマンスを維持したいときなど、臨機応変に使用できます。

また、高品質ながら低価格なのもポイント。コストパフォーマンスに優れたミドルタワーPCケースを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

コルセア(Corsair) 5000D AIRFLOW CC-9011210-WW

優れた拡張性と冷却性能を両立した、おすすめのミドルタワーPCケース。効率的なエアフローのために最適化されたフロントパネルを採用しています。裏配線にも対応。片方の側面には、透明な強化ガラスパネルが搭載されています。

内部スペースに余裕があり、120mmの冷却ファンであれば最大10基、140mmの場合は最大で4基まで搭載可能。フロントまたはサイドには、360mmのラジエーターも取り付けられます。

また、トップパネルに使用頻度の高いUSB Type-Aポートのほか、Type-Cポートが搭載されている点も魅力です。

サーマルテイク(Thermaltake) Divider 300 TG Air CA-1S2-00M1WN-02

優れた冷却性能とおしゃれなデザインを両立した、おすすめのミドルタワーPCケース。左のサイドパネルに三角形の強化ガラスを搭載した、ユニークなデザインが特徴です。フロントのメッシュパネルにも、おしゃれな形状を採用しています。

3.5インチと2.5インチの共用ベイを2つ、2.5インチベイを5つ搭載。対応しているマザーボードはATX・microATX・Mini-ITXの3種類です。また、最大390mmの拡張カードの取り付けにも対応しています。

クーラーマスター(Cooler Master) MASTERBOX CM694 MCB-CM694-KG5N-S00

冷却性能に優れた、おすすめのミドルタワーPCケース。フロントやトップは、ブランドロゴをイメージした菱形パターンのメッシュパネルに覆われています。デザイン性に優れているのはもちろん、ホコリの侵入を防ぎながら通気性を確保している点が特徴です。

SSDとHDDを同時にセットできる、モジュラー型ドライブケージの採用も魅力のひとつ。3つのドライブケージが標準で搭載されており、GPUや水冷ラジエーターなどのサイズに合わせて自由に移動させたり取り外したりできます。

トップのI/Oポートが充実しているのもポイント。USB Type-Aポートのほか、Type-Cポートも用意されています。また、サイドには強化ガラスを搭載。内部のパーツを見て楽しめます。

クーラーマスター(Cooler Master) MasterBox MB600L V2 MB600L2-KN5N-S00

シンプルながら便利な、おすすめのミドルタワーPCケース。フロントパネルの両サイドにメッシュ状の吸気口が搭載されており、通気性が確保されています。上部には、5.25インチのODDベイを搭載。光学ドライブを取り付けたい方におすすめです。

取り付けられるファンの数は、最大で6基。フロントやトップ、リアには水冷ラジエーターもセット可能です。対応しているGPUのサイズは、最長約400mmまで。内部の拡張性が高く、本格的なゲーミングマシンの構築にも適しています。

アンテック(ANTEC) ミドルタワーPCケース P10 FLUX

冷却性能だけではなく静音性にも優れた、おすすめのミドルタワーPCケースです。両サイドのほか、フロントとトップに防音パネルを搭載。ケース内で発生する各パーツによる動作音を抑え込み、できるだけ静かな動作を実現します。

フロントパネルの開閉には、マグネットを利用。最大で約145°まで開けるほか、右開きと左開きを自由に切り替えられるので、設置場所に合わせたカスタマイズが可能です。

フロント・ボトム・右サイドパネルの開口部には、ダストフィルターも搭載。着脱式のため、汚れが気になる場合は気軽に取り外して清掃できます。

エムエスアイ(MSI) MPG QUIETUDE 100S

高性能で便利な、おすすめのミドルタワーPCケース。強化ガラス製の左サイドパネルには、スムーズに開閉しやすいヒンジ構造を採用しています。フロントパネルは、マグネットで固定する仕様。フロントパネルの内側には、ダストフィルターも搭載されています。

トップ・フロント・サイドに吸音材が取り付けられている点も特徴。背面に搭載された120mmのファンも静音設計なので、しっかりと内部を冷やしながら騒音を軽減できます。

内部には、最大約380mmのGPUを取り付け可能。重量のあるGPUを支えるための、サポートブラケットも搭載されています。

Sharkoon ミドルタワーPCケース SHA-VS4-V

シンプルなデザインながら高機能な、おすすめのミドルタワーPCケース。ケースの正面にUSB Type-Aポートを2基とオーディオジャックを搭載しているので、USBメモリやイヤホン、マイクなどよく使う周辺機器をスムーズに着脱できます。

内部の空間は広く、裏配線用スペースも確保。ケースフロントには120mmのファンが1基搭載されているほか、必要に応じてフロントやサイド、リアにファンを増設可能です。

オウルテック(Owltech) ミドルタワーATX PCケース TAB02

シンプルで扱いやすい、おすすめのミドルタワーPCケース。本体にスチール素材が採用されており、優れた耐久性を実現しています。正面には、USB Type-Aポートを2基搭載。さまざまなアクセサリーを簡単に接続できます。

フロントオープンベイが充実している点も魅力のひとつ。5インチオープンベイは3つ、3.5インチオープンベイが1つ搭載されているので、必要に応じて光学ドライブも取り付けられます。

ミドルタワーPCケースのおすすめ|デザイン重視

フラクタルデザイン(Fractal Design) Pop Air Solid FD-C-POA1A-01

おしゃれながら冷却性能にも優れた、おすすめのミドルタワーPCケース。フロントのメッシュパネルに、ハニカムデザインを採用しています。ケース下部には、マグネットカバーで隠せる5.25インチベイを搭載。小物入れとしても使用できます。

ケースの前面と背面には、合計で3基のファンを標準搭載。内部には合計で5基までファンを増設できるほか、120~280mmまでの水冷ラジエーターの取り付けにも対応しています。また、ケースの各所にダストフィルターが搭載されているのも魅力です。

NZXT ミドルタワーPCケース H510 CA-H510B

スタイリッシュでおしゃれな、おすすめのミドルタワーPCケース。コンパクトな設計なので、限られたスペースにも無理なく設置しやすい点が魅力です。サイドパネルはガラス製。LEDを搭載したパーツを取り付ければ、内部を見て楽しめます。

コンパクトながら、奥行き最長381mmのGPUの取り付けに対応。フロント部分には、280mmのラジエーターや140mmのケースファンを2台取り付けられます。

配線のしやすさも魅力のひとつ。本体の下部がカバーで覆われており、電源ユニットや電源ケーブルなどを隠せます。裏配線にも対応しており、初心者でも配線が目立ちにくいスマートなPCを組み立て可能です。

NZXT ミドルタワーPCケース H710 CA-H710B

フラットな形状がおしゃれな、おすすめのミドルタワーPCケース。透明な強化ガラス製のサイドパネルを採用しています。側面の縁には、吸気口を搭載。前面ファンや電源ユニット部にはダストフィルターも用意されています。

対応しているマザーボードの規格は、E-ATX・ATX・microATX・Mini-ITXの4種類。前面には120mmファンを3基、背面には140mmファンを1基搭載しています。また、余ったケーブルを隠す構造により、スッキリと配線可能です。

クーラーマスター(Cooler Master) Master MasterBox Q500L MCB-Q500L-KANN-S00

おしゃれかつコンパクトな、おすすめのミドルタワーPCケース。フロントやトップに取り付けられる、マグネット式のダストフィルターが特徴です。ダストフィルターには、おしゃれな幾何学模様がデザインされています。

縦置きだけではなく、横置きにも対応。サイドパネル固定用のパーツを脚として、ケースを横に置いて使用可能です。ケースの設置向きに応じてI/Oパネルの取り付け場所を変更できるので、スペースに応じた自由な使い方ができます。

取り付けるマザーボードのサイズに合わせて、内部のレイアウトを柔軟に変更できる点も特徴。また、裏配線用のスペースも確保されているため、スッキリとした見た目の自作PCを手軽に組み立てられます。

サーマルテイク(Thermaltake) Versa H26 CA-1J5-00M6WN-01

スタイリッシュなデザインが魅力のミドルタワーPCケース。サイドにはアクリル製の透明なサイドパネルが搭載されており、内部パーツのライティングを見て楽しめるように設計されています。

デザイン重視のPCケースながら、冷却性能が優れている点も特徴。最大で7基のケースファンを取り付けられるほか、最大360mmの水冷ラジエーターにも対応します。また、120mmのファンがフロントとリアに1基ずつ標準搭載されているのも魅力です。

電源カバーの搭載もポイント。ケース内のケーブルをまとめてスッキリと配線可能です。また、電源ユニットと同じスペースにHDDトレイをセットでき、3.5インチドライブや2.5インチドライブを取り付けられます。

ZALMAN ミドルタワーPCケース T8

スッキリとしたデザインが魅力的な、おすすめのミドルタワーPCケース。耐久性に優れた銅板をシャーシの素材に採用し、全体にブラックの塗装が施されています。シンプルなデザインのアクセントに取り入れられた、RGBライトも特徴です。

ケースは、最大で4つのファンの取り付けに対応。背面にはファンが1基取り付けられています。5.25インチベイの取り付けに対応しているのもポイント。DVDドライブやCDドライブなどを取り付けたい場合にも適しています。

3.5インチベイは2つ、2.5インチベイは4つ搭載。上段のインターフェースには電源ボタンやイヤホン、マイクなどの端子のほか、USB3.0ポートも搭載されているので、外付けのストレージを気軽に付け外ししたい方にもおすすめです。

ZALMAN ミドルタワーPCケース Z3 Iceberg White

ミニマルなデザインが魅力的な、おすすめのミドルタワーPCケース。氷山にインスパイアされたという、多角形デザインのフロントパネルを搭載しています。全体的に白を基調として仕上げられており、明るくおしゃれなのが魅力です。

全高163mmまでのCPUクーラーに対応。最大315mmのGPUや最大210mmの電源ユニットも取り付け可能です。また、ケース前面に最大360mmの水冷ラジエーターをセットできるので、冷却性能にこだわりたい方にも適しています。

ARGBファンを2基標準搭載しているのもポイント。マグネットで着脱できる専用のコントローラーも用意されており、ライティングのカスタマイズにも対応しています。

アンテック(ANTEC) ミドルタワーPCケース DA601

左側面に強化ガラスパネルを採用したおすすめのミドルタワーPCケース。2.5インチ専用シャドウベイを4つ、3.5インチシャドウベイを2つ搭載しています。3.5インチシャドウベイはツールレス仕様なので、手間を抑えて簡単にドライブを増設可能です。

裏配線スペースが確保されている点も魅力のひとつ。ケーブルホールも用意されているため、余分なケーブルを目立たないようにスッキリと配線できます。CPUクーラーを簡単に取り付けられる、大型のCPUカットアウトの存在も特徴です。

ARGBファンを制御するコントローラーが搭載されている点も特徴。マザーボードベース背面のコントローラーにARGBファンを接続すると、トップに搭載されたスイッチからイルミネーションを制御できます。

アンテック(ANTEC) P120 Crystal White

メンテナンスしやすいおすすめのミドルタワーPCケース。清潔感のホワイト基調で、側面には強化ガラスも搭載されています。スイングドア構造の採用もポイント。工具を用意しなくても、ワンタッチで開閉できます。

取り付けられるGPUのサイズは、最大約450mmまで。付属のアルミニウム製VGAステーを利用すれば、重量のあるGPUも安定した状態で取り付け可能です。底面やサイドには360mmのラジエーターを搭載できるので、本格水冷にも適しています。

サイドと底面に、ダストフィルターが搭載されている点も特徴。底面のフィルターは本体を動かさずに正面から簡単に引き出せるため、メンテナンスにかかる手間も軽減できます。

エムエスアイ(MSI) MAG VAMPIRIC 100R

優れたデザイン性と機能性が両立した、おすすめのミドルタワーPCケース。本体正面にユニークなデザインのメッシュパネルと、ARGBが搭載されています。ARGBファンの色やエフェクトは、上部のボタンで簡単に切り替え可能です。

サイドパネルには、強化ガラスを採用。カラフルな内部パーツを、外から見て楽しめます。本体上部に搭載されている、マグネットダストフィルターもポイント。ホコリの侵入を防ぎ、メンテナンスの手間を抑えられます。

最大で6基のファンの搭載に対応。効率的なエアフローを実現するように設計されているため、ケース内部の温度上昇も軽減できます。また、最大240mmのラジエーターを取り付けられる点も魅力です。

ミドルタワーPCケースのAmazonランキングをチェック

ミドルタワーPCケースのAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。