使いやすいサイズと拡張性の高さを両立した「ミドルタワーPCケース」。PCケースのなかでは一般的なサイズで、静音性に特化したモデルやスタイリッシュなデザインを採用したモデルなど、さまざまな種類の製品が販売されています。

そこで今回は、おすすめのミドルタワーPCケースをご紹介。選び方もあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

ミドルタワーPCケースとは?

By: amazon.co.jp

ミドルタワーPCケースは、自作PC用ケースの種類のひとつ。主にミニタワー・ミドルタワー・フルタワーの3種類があり、ミドルタワーPCケースは3種類のなかで中間にあたる、一般的なサイズです。

適度なサイズなので圧迫感が少ない一方、内部が広いためハイスペックなゲーミングPCも自作可能。種類が非常に豊富で、自作PC初心者の方にもおすすめです。

ミドルタワーPCケースの選び方

作りたいPCに合ったモノをチェック

静音性を重視するなら遮音材付きがおすすめ

By: rakuten.co.jp

高性能なCPUやグラフィックボードは温度が上がりやすく、強力に冷却する必要があるので、振動や音が発生してしまいます。できるだけ音を抑えたい場合は、メッシュ加工が少なく密閉されたタイプのケースがおすすめです。

ケース内部に遮音材が搭載されていると、より高い防音効果が期待できます。ただし、密閉すると内部の温度が上がりやすくなるため、採用するパーツは慎重に選びましょう。

冷却性能を重視するならメッシュ加工された通気性のよいモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

PCケース内部にスムーズなエアフローを確保し、効率的に冷却したい場合は、メッシュ加工されたタイプがおすすめ。フロントはもちろん、モデルによってはトップやボトム、サイドなどさまざまな場所にメッシュ加工が施されています。

ホコリの侵入を防ぐ、ダストフィルターを搭載したモデルが便利。ただし、メッシュ加工が施されているモノは通気性を確保できるものの、各パーツから発生するノイズが聞こえやすくなる点に注意が必要です。

内部のLEDパーツを鑑賞したいならアクリル・強化ガラスケース製のモノを

By: amazon.co.jp

ミドルタワーPCケースには、サイドパネルが透明なモデルも。グラフィックボードやファン、水冷システムなどにLEDを搭載したパーツを採用すれば、透明なサイドパネルからきれいなライティングを鑑賞できます。

サイドパネルの素材は主に、アクリルと強化ガラスの2種類。デザインを重視する方は、サイドパネルにも注目してみてください。

ドライブベイの種類と数をチェック

HDDやSSDなどのストレージを取り付けるなら2.5インチ・3.5インチベイ

PCを長期的に使用する際に注目したいのがストレージの拡張性。3.5インチサイズのストレージはHDDが主流で、2.5インチサイズのストレージはSSDに多く見られます。

3.5インチHDDは比較的安価な傾向があるので、コストパフォーマンスに優れたストレージの拡張を将来的に行いたい方は、3.5インチベイの数に注目してPCケースを選ぶのがおすすめです。

2.5インチベイは小型のため、3.5インチベイと比べて多く搭載されていますが、ストレージを拡張する予定がある方は搭載数に注目してみてください。また、裏配線に隠しながらSSDを搭載するシャドウベイ以外にも、外から見える位置に配置するフロントベイもあるので、見た目を気にする方はストレージベイの位置に注意しましょう。

DVDドライブやCDドライブを取り付けるなら5.25インチベイ

DVDドライブやCDドライブを取り付けたい方には、5.25インチベイを搭載したPCケースがおすすめ。最近はDVDドライブやCDドライブを取り付けできるPCケースが少なくなっているので、取り付けを考えている場合は5.25インチベイの有無をしっかりと確認しましょう。

5.25インチベイにはDVDドライブやCDドライブ以外にも、USBハブを備えた内蔵カードリーダーなども販売されているため、USB機器で拡張するよりもPC周りの配線を減らせます。

GPUを搭載するならカードサイズをチェック

3Dゲームや動画編集、モデリングなどのハードな作業を行いたいなら、グラフィックボードが欠かせません。ハイスペックなグラフィックボードは大きいサイズのモデルが多く、搭載するにはスペースにある程度の余裕が必要です。

多くのPCケースは、対応しているカードサイズを公開しています。取り付けたいグラフィックボードのサイズと照らし合わせながら選んでみてください。

水冷式ラジエーターに対応しているかチェック

By: ask-corp.jp

重たいゲームや動画編集など負荷のかかる作業を想定しており、高性能なCPUを搭載したい場合は、水冷式ラジエーターを取り付けられるかどうか確認しておきましょう。

水冷式ラジエーターは、一般的な空冷ファンよりも効率よくCPUを冷却できる点がメリット。一方で、サイズが大きいモデルが多く、PCケースによっては取り付けられない場合もあります。

内部のスペースに余裕があるかだけでなく、どのサイズまでの水冷式ラジエーターをサポートしているかをチェックしてから選んでみてください。

工具不要の製品ならメンテナンスが楽に

By: rakuten.co.jp

メンテナンスのしやすさも事前にチェックしておきましょう。パーツを交換したり不具合の原因を切り分けたりする際、工具不要でPCケースを開けられると、メンテナンスにかかる手間を減らせます。

ファンやラジエーター用にブラケットが用意されていると、取り付けや取り外しが簡単。メンテナンスをできるだけ手軽に行いたい方は、ラッチやマグネットなどが用いられた、できるだけ工具を使わないPCケースを選んでみてください。

裏配線に対応しているかチェック

By: links.co.jp

裏配線に対応しているかどうかも、ミドルタワーPCケースを選ぶ際に重要なポイント。PCを自作する際はさまざまなパーツをマザーボードやPCケースに取り付けるため、意識しないとPCケース内が配線で散らかってしまいます。

裏配線に対応していればケーブルを見えない位置に逃がせるので、PCケース内部をスッキリとレイアウト可能。メンテナンスのしやすさにも繋がるため、裏配線に対応したPCケースが便利です。

フロントパネルに必要な端子が搭載されているかチェック

By: amazon.co.jp

フロントパネルに搭載されている端子の種類も、チェックしておきたいポイントのひとつ。USBメモリやカードリーダーなどを使用したい場合は、USBポートが複数搭載されているモデルが便利です。

有線のイヤホンやヘッドホンを使用する場合は、オーディオ端子の有無も重要。所有しているスマートフォンやタブレットの種類によっては、USB Type-Cポートが搭載されているとケーブルを統一できます。

ミドルタワーPCケースのおすすめ|冷却機能性重視

クーラーマスター(Cooler Master) MasterBox E501L MCB-E501L-KN5N-S00

クーラーマスター(Cooler Master) MasterBox E501L MCB-E501L-KN5N-S00
リアのファンにより優れた冷却性能を実現

ベーシックなデザインでビジネスシーンでも使いやすい、おすすめのミドルタワーPCケース。フロントには、通気性に優れたメッシュパネルを採用。グラデーション状のメッシュ加工が、デザインのアクセントになっています。

リアに120mmのファンを備えているのもポイント。内部には最大で3基までファンを搭載できるほか、120~280mmまでの水冷式ラジエーターの取り付けにも対応しており、優れた冷却性能を実現しています。

最大で410mmまでのGPUを搭載可能。内部が広いので、高さ165mmまでのCPUクーラーや、390mmまでの電源ユニットも配置できます。

クーラーマスター(Cooler Master) MasterBox MB511 ARGB MCB-B511D-KGNN-RGA

クーラーマスター(Cooler Master) MasterBox MB511 ARGB MCB-B511D-KGNN-RGA
メッシュパネルを採用して通気性を確保

効率的なエアフローを実現した、おすすめのミドルタワーPCケース。フロントにはメッシュパネルを採用しており、通気性を確保しています。サイドパネルには透明な強化ガラスを採用。裏配線用のスペースも確保されており、内部を見せたい方にもおすすめです。

長さ410mmまでのGPUや高さ165mmまでのCPUクーラなどを取り付け可能。ファンを7基までセットできるほか、大型の水冷式ラジエーターにも対応しているため、ハイスペックなゲーミングPCも構築できます。

RGBファンが3基付属するのも特徴。付属のコントローラーやマザーボードの設定から、ライティングをカスタマイズできます。

クーラーマスター(Cooler Master) MasterBox CM694 TG MCB-CM694-KG5N-S00

クーラーマスター(Cooler Master) MasterBox CM694 TG MCB-CM694-KG5N-S00
大型のGPUを搭載したい方におすすめ

大型のGPUも安定して取り付けられる、おすすめのミドルタワーPCケース。トップとフロントにメッシュパネルを採用しています。内部にはドライブケージが標準で3つ搭載されており、GPUや水冷式ラジエーターの有無によって移動可能です。

GPUを支えるガイドが付属している点も特徴。大型のGPUを搭載したときの本体やマザーボードの歪みを抑えられます。ケースを移動させる際の振動による負荷も軽減できるので、大型GPUの搭載を検討している方におすすめです。

フラクタルデザイン(Fractal Design) Torrent Compact FD-C-TOR1C-01

フラクタルデザイン(Fractal Design) Torrent Compact FD-C-TOR1C-01

冷却性能を重視して設計された、おすすめのミドルタワーPCケースです。ユニークなオープングリルデザインを採用しており、効率的なエアフローとスタイリッシュなデザインを両立。フロントとボトムには、フィルターも搭載されています。

SSD専用のブラケットが3台付属。大型のGPUを水平に保つためのサポートブラケットも用意されているので、ハイスペックなマシンを構築したい方にもおすすめです。

面ファスナー付きの配線クリップや着脱できるトップベゼルなどの採用もポイント。配線が容易なほか、スッキリと設置できます。

フラクタルデザイン(Fractal Design) Focus G FD-CA-FOCUS

フラクタルデザイン(Fractal Design) Focus G FD-CA-FOCUS

幅広い冷却方法に対応できる、おすすめのミドルタワーPCケース。サイドには大型のクリアパネルを採用しているので、内部パーツを見せて楽しめます。また、接続不良やホコリの溜まり具合など、内部の様子をチェックしやすい点も魅力です。

120mmのLEDファンを搭載。ファンを搭載できる位置が合計6箇所も用意されているほか、複数のラジエーター構成にも対応しています。フロントやトップ、ボトムの通気口にはフィルターも搭載。キレイに配線をまとめるための工夫も施されています。

ZALMAN Z10 CS8510

ZALMAN Z10 CS8510

エアフローを重視して設計された、おすすめのミドルタワーPCケース。フロントパネルは全面がメッシュ状なので、効率よく外の空気を取り込めます。トップやサイドにもメッシュパーツを採用。ダストフィルターを搭載しており、ホコリの侵入を防ぎます。

大型のGPUを支えるガイドも付属。GPU本体はもちろん、取り付けるマザーボードへの負担も軽減できます。トップとフロントには360mmまでの水冷式ラジエーターを取り付けられるため、優れた冷却性能を実現可能です。

エイスース(ASUS) TUF Gaming GT502

エイスース(ASUS) TUF Gaming GT502

ゲーミングPC向けのミドルタワーPCケースを探している方におすすめの1台。フロントとサイドにクリアパネルを採用しているので、内部を2つの角度からチェックできます。サイドパネルを工具不要で取り外せる仕組みも魅力です。

CPUとGPU向けに内部のエリアを分け、効率的に冷却できる点が特徴。背面には360mmのブラケットが用意されているため、ストレージやファンなど好みに合わせたカスタマイズが可能です。

コルセア(Corsair) 5000D Airflow CC-9011210-WW

コルセア(Corsair) 5000D Airflow CC-9011210-WW

冷却性能が優れているうえデザインもおしゃれな、おすすめのミドルタワーPCケース。フロントにはメッシュパネル、サイドには強化ガラス製のクリアパネルを採用しています。裏配線スペースも幅25mmとゆとりがあり、スムーズに配線可能です。

右のサイドパネルには、360mmのラジエータか3基の120mmファンを搭載できます。簡易水冷だけではなく本格的な水冷にも対応できるため、水冷マシンにチャレンジしてみたい方におすすめです。

コルセア(Corsair) 275R Airflow Tempered Glass CC-9011181-WW

コルセア(Corsair) 275R Airflow Tempered Glass CC-9011181-WW

デザインも冷却性能も優れたおすすめのミドルタワーPCケース。前面のパネルにはユニークなデザインのスリットが入っており、スタイリッシュな見た目に仕上げられています。クリアパネルも搭載されているので、内部の見栄えを重視したい方にもおすすめです。

取り付けられるケースファンは、最大で6基。フロントには360mmの水冷式ラジエーターも搭載可能です。正面や天面から、GPU・CPUなどの熱源までダイレクトに冷気を届ける効率的なエアフローを実現しています。

NZXT H7 Flow CM-H71FW-01

NZXT H7 Flow CM-H71FW-01

拡張性に優れたおすすめのミドルタワーPCケース。サイドやフロントのパネルは工具なしで着脱できるように設計されているので、組み立てやメンテナンスをスムーズに行えます。内部のさまざまな場所に、スッキリと配線できる工夫が施されている点も魅力です。

トップやフロントには、360mmの簡易液冷クーラーを取り付け可能。CPUクーラーは、高さ185mmまでのタイプに対応しています。

ミドルタワーPCケースのおすすめ|デザイン重視

フラクタルデザイン(Fractal Design) Pop Silent FD-C-POS1A-01

フラクタルデザイン(Fractal Design) Pop Silent FD-C-POS1A-01

ミニマルなデザインを採用したおすすめのミドルタワーPCケース。フロント・サイド・トップ全てに目立つ装飾が施されておらず、フラットに仕上げられています。ホワイトとブラックの2色を展開。デスク周りのカラーを統一したい方にもおすすめです。

機能性の高さも魅力。ケーブルの固定ポイントや面ファスナーを利用したストラップなどを用意しており、スムーズに配線できます。5.25インチベイも2台搭載。必要に応じて、マグネット式のカバーでスッキリと隠せます。

120mmのファンが3基付属するのもポイント。フロント・トップ・サイドのパネルには吸音フォームが貼り付けられているので、ファンの音も抑えられます。

フラクタルデザイン(Fractal Design) North FD-C-NOR1C-01

フラクタルデザイン(Fractal Design) North FD-C-NOR1C-01

おしゃれなデザインで人気のメーカーから販売されている、天然素材を使用したおすすめのミドルタワーPCケースです。フロントに天然の木材を使用しており、生活空間に溶け込みやすいデザインを実現。ホワイトとブラックの2色が用意されています。

内部が広々と設計されているのも魅力。対応しているマザーボードの規格は、ATX・mATX・ITXの3種類です。最大で355mmのGPUや360mmのフロントラジエーターを取り付けられるため、ゲーミングPCにも適しています。

前面にUSB Type-Cポートを搭載。Type-Aも2ポート搭載されているので、スマホやタブレットなどとのデータのやり取りや周辺機器の接続などをスムーズに行えます。

フラクタルデザイン(Fractal Design) Define 7 FD-C-DEF7A-01

フラクタルデザイン(Fractal Design) Define 7 FD-C-DEF7A-01

拡張性に優れたおすすめのミドルタワーPCケース。ヘアライン加工が施された、スタイリッシュなデザインのフロントパネルを採用しています。トップパネルの手前には、USB Type-Cポートを搭載。最大10Gbpsの高速転送に対応しています。

内部には広い空間を確保。柔軟性の高いデュアルレイアウト構造を採用しています。大型のラジエーターを取り付けられるオープンレイアウトと、大量のストレージを搭載できるストレージレイアウトを切り替え可能。作りたいPCのコンセプトに合わせた使い方ができます。

フロント・トップ・サイドパネルには、吸音素材を搭載。優れた冷却性能と高い静音性を両立しています。また、サイドパネルはスクリューレス設計。特別なツールを使わず、スムーズに内部にアクセスできます。

サーマルテイク(Thermaltake) VIEW 31 TG RGB CA-1H8-00M1WN-01

サーマルテイク(Thermaltake) VIEW 31 TG RGB CA-1H8-00M1WN-01

おしゃれなうえ、拡張性や冷却性能にも優れたおすすめのミドルタワーPCケース。両サイドにクリアタイプの強化ガラスを使用しているので、内部のパーツを見せて楽しめます。使われている強化ガラスが4mmと厚く、頑丈なのも魅力です。

冷却性能の高さが特徴。最大360mmサイズの水冷式ラジエーターをトップ・フロントに取り付けられるほか、ファンを9基まで設置できます。大型のGPUを取り付けられるスペースも確保されているため、ゲーミングPCにもおすすめです。

内部のレイアウトに合わせてドライブベイを自由に付け外し可能。1台でさまざまなスタイルに対応できます。

クーラーマスター(Cooler Master) MasterBox Q500L MCB-Q500L-KANN-S01

クーラーマスター(Cooler Master) MasterBox Q500L MCB-Q500L-KANN-S01

設置場所を選びにくいおすすめのミドルタワーPCケース。フロント・トップのパネルに幾何学模様のダストフィルターを採用しています。ダストフィルターにはマグネットを搭載。汚れが気になる場合はスムーズに取り外しできます。

ケースの側面にゴム脚を配置。縦置きはもちろん、横置きにも対応しているため、デスク周辺のスぺースに合わせて設置できます。内部は、最大360mmまでの拡張カードを取り付けられるほど広々とした設計です。

ケーブルマネジメント用のスペースも確保。スッキリと配線しやすいので、クリアパネルを活かして内部を見せたい方にもおすすめです。価格の安さも魅力のひとつ。自由度が高く多機能ながら価格が抑えられているため、デザイン性やコスパを重視する方にぴったりです。

クーラーマスター(Cooler Master) MasterBox 540 MB540-KGNN-S00

クーラーマスター(Cooler Master) MasterBox 540 MB540-KGNN-S00

華やかなライティングを楽しみたい方におすすめのミドルタワーPCケースです。ダークミラー仕様のフロントパネルにアドレサブルRGBストリップを搭載。付属のコントローラーでライティングを調節できるほか、対応マザーボードとの同期も可能です。

サイドパネルだけではなく、トップパネルを取り外せる点が特徴。内部にアクセスしやすい設計のため、メンテナンスやカスタマイズを簡単に行えます。

拡張性の高さも魅力。410mmまでのGPUを取り付けられるほか、トップとフロントには最大360mmの水冷式ラジエーターもセットできます。CPUクーラーは高さ165mmまで対応しているので、高性能なゲーミングPCの組み立てにおすすめです。

クーラーマスター(Cooler Master) Silencio S600 MCS-S600-KN5N-S00

クーラーマスター(Cooler Master) Silencio S600 MCS-S600-KN5N-S00

ミニマルでスッキリとしたデザインが魅力のミドルタワーPCケースです。静音性を重視した設計もポイント。ケース内には防音材が搭載されているので、内部から外に漏れ出す音を軽減する効果が期待できます。

3.5インチベイを4台、2.5インチベイを5台まで取り付け可能。また、5.25インチベイも1台までセットできます。GPUは最大398mmまでのサイズに対応。120~280mmまでであれば、水冷式ラジエーターも装着できます。

NZXT H510 Black & Black CA-H510B-B1

NZXT H510 Black & Black CA-H510B-B1

内部のパーツを見せたい方におすすめのミドルタワーPCケース。強化ガラスを使用したサイドパネルを搭載しており、内部のパーツをしっかりとアピール可能です。色を統一したりライティングしたりなど、多彩なデザインを楽しめます。

配線を隠しやすい構造を採用。裏面にケーブルガイドが用意されているほか、ケーブルカバーも利用できるため、キレイで見栄えのよい配線を実現できます。また、電源ユニットが隠れる構造もポイント。余ったケーブルが目立ちにくい設計です。

ケースファンは、前面に2基、上部と背面に1基ずつ取り付けられます。前面のファンマウンターは着脱でき、280mmサイズの水冷用ラジエーターも取り付け可能。また、側面や底面には、ダストフィルター付きの吸気用開口部も設けられています。

アンテック(ANTEC) P10 FLUX

アンテック(ANTEC) P10 FLUX

スタイリッシュなデザインを採用した、おすすめのミドルタワーPCケース。フロントパネルは、マグネットによる開閉に対応しています。右開きと左開きを任意で切り替えられる点も特徴。設置場所に合わせて柔軟にスタイルを変更できます。

おしゃれなデザインながら、冷却性能に優れている点も魅力。5基の120mmファンを標準搭載しているほか、合計で6基までの取り付けにも対応しています。吸気口も複数搭載されているため、効率的に冷気を取り込みながら利用可能です。

静音性の高さもポイント。両サイドとフロント、トップパネルには防音パネルが搭載されており、動作音が外に漏れにくいように設計されています。トップパネルには、使用頻度の高い電源スイッチやUSBポート、ファンコントロールのスイッチなどを配置。使い勝手は良好です。

ZALMAN Z3 Iceberg CS8141

ZALMAN Z3 Iceberg CS8141

ユニークな多角形デザインが印象的なミドルタワーPCケース。サイドパネルには厚さ4mmの強化ガラスを採用し、内部のパーツを見せるスタイルにもおすすめです。

アドレサブルRGBファンを2基標準搭載。マグネットで着脱できる専用コントローラーも用意されており、ライティングのカスタマイズが行えます。

E-ATX・ATX・microATX・Mini-ITXのマザーボードに対応。最大315mmのGPUや最大360mmの水冷式ラジエーターを取り付け可能です。シンプルな設計からゲーミングやクリエイター向けのPCまで、幅広い構成にマッチします。

ミドルタワーPCケースのAmazonランキングをチェック

ミドルタワーPCケースのAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。