使いやすいサイズと拡張性の高さを両立した「ミドルタワーPCケース」。PCケースのなかでは一般的なサイズであり、静音性に特化したモデルやスタイリッシュなデザインを採用したモデルなど、さまざまな種類の製品が販売されています。

そこで今回は、おすすめのミドルタワーPCケースをご紹介。選び方もあわせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

ミドルタワーPCケースとは?

By: amazon.co.jp

ミドルタワーPCケースは、自作PC用ケースの種類のひとつ。主にミニタワー・ミドルタワー・フルタワーの3種類があり、ミドルタワーPCケースは3種類のなかで中間にあたる、一般的なサイズです。

適度なサイズなので圧迫感が少ない一方、内部が広いためハイスペックなゲーミングPCも自作可能。種類が非常に豊富で、自作PC初心者の方にもおすすめです。

ミドルタワーPCケースの選び方

作りたいPCに合ったモノをチェック

静音性を重視するなら遮音材付きがおすすめ

By: coolermaster.com

高性能なCPUやグラフィックボードは温度が上がりやすく、強力に冷却する必要があるので、振動や音が発生してしまいます。できるだけ音を抑えたい場合は、メッシュ加工が少なく密閉されたタイプのケースがおすすめ。

ケース内部に遮音材が搭載されていると、より高い防音効果が期待できます。ただし、密閉すると内部の温度が上がりやすくなるため、採用するパーツは慎重に選びましょう。

冷却性能を重視するならメッシュ加工された通気性のよいモノがおすすめ

By: owltech.co.jp

PCケース内部にスムーズなエアフローを確保し、効率的に冷却したい場合は、メッシュ加工されたタイプがおすすめ。フロントはもちろん、モデルによってはトップやボトム、サイドなどさまざまな場所にメッシュ加工が施されています。

ホコリの侵入を防ぐ、ダストフィルターを搭載したモデルが便利。ただし、メッシュ加工が施されているモノは通気性を確保できるものの、各パーツから発生するノイズが聞こえやすくなる点に注意が必要です。

内部のLEDパーツを鑑賞したいならアクリル・強化ガラスケース製のモノを

By: msi.com

ミドルタワーPCケースには、サイドパネルが透明なモデルも。グラフィックボードやファン、水冷システムなどにLEDを搭載したパーツを採用すれば、透明なサイドパネルからきれいなライティングを鑑賞できます。

サイドパネルの素材は主に、アクリルと強化ガラスの2種類。デザインを重視する方は、サイドパネルにも注目してみてください。

ドライブベイの種類と数をチェック

By: amazon.co.jp

HDDやSSDなどのストレージを取り付けるなら2.5インチ・3.5インチベイ

PCを長期的に使用する際に注目したいのがストレージの拡張性。3.5インチサイズのストレージはHDDが主流で、2.5インチサイズのストレージはSSDに多く見られます。

3.5インチHDDは比較的安価な傾向があるので、コストパフォーマンスに優れたストレージの拡張を将来的に行いたい方は3.5インチベイの数に注目してPCケースを選ぶのがおすすめです。

2.5インチベイは小型なので3.5インチベイと比べて多く搭載されていますが、ストレージを拡張する予定がある方は搭載数に注目。また、裏配線に隠しながらSSDを搭載するシャドウベイ以外にも、外から見える位置に配置するフロントベイもあるので、見た目を気にする方はストレージベイの位置に注意しましょう。

DVDドライブやCDドライブを取り付けるなら5.25インチベイ

DVDドライブやCDドライブを取り付けたい方には、5.25インチベイを搭載したPCケースがおすすめ。最近はDVDドライブやCDドライブを取り付けできるPCケースが少なくなっているので、取り付けを考えている場合は5.25インチベイの有無をしっかりと確認しましょう。

5.25インチベイにはDVDドライブやCDドライブ以外にも、USBハブを備えた内蔵カードリーダーなども販売されているので、USB機器で拡張するよりもPC周りの配線を減らせます。

GPUを搭載するならカードサイズをチェック

By: amazon.co.jp

3Dゲームや動画編集、モデリングなどのハードな作業を行いたいなら、グラフィックボードが欠かせません。ハイスペックなグラフィックボードは大きいサイズのモデルが多く、搭載するにはスペースにある程度の余裕が必要です。

多くのPCケースは、対応しているカードサイズを公開しています。取り付けたいグラフィックボードのサイズと照らし合わせながら選んでみてください。

水冷式ラジエーターに対応しているかチェック

By: thermaltake.com

重たいゲームや動画編集など負荷のかかる作業を想定しており、高性能なCPUを搭載したい場合は、水冷式ラジエーターを取り付けられるかどうか確認しておきましょう。

水冷式ラジエーターは、一般的な空冷ファンよりも効率よくCPUを冷却できる点がメリット。一方で、サイズが大きいモデルが多く、PCケースによっては取り付けられない場合もあります。

内部のスペースに余裕があるかだけでなく、どのサイズまでの水冷式ラジエーターをサポートしているかをチェックしてから選んでみてください。

工具不要の製品ならメンテナンスが楽に

By: amazon.co.jp

メンテナンスのしやすさも事前にチェックしておきましょう。パーツを交換したり不具合の原因を切り分けたりする際、工具不要でPCケースを開けられると、メンテナンスにかかる手間を減らせます。

ファンやラジエーター用にブラケットが用意されていると、取り付けや取り外しが簡単。メンテナンスをできるだけ手軽に行いたい方は、ラッチやマグネットなどが用いられた、できるだけ工具を使わないPCケースを選んでみてください。

裏配線に対応しているかチェック

By: rakuten.co.jp

裏配線に対応しているかどうかも、ミドルタワーPCケースを選ぶ際に重要なポイント。PCを自作する際はさまざまなパーツをマザーボードやPCケースに取り付けるため、意識しないとPCケース内が配線で散らかってしまいます。

裏配線に対応していればケーブルを見えない位置に逃がせるので、PCケース内部をスッキリとレイアウト可能。メンテナンスのしやすさにも繋がるため、裏配線に対応したPCケースが便利です。

フロントパネルに必要な端子が搭載されているかチェック

By: amazon.co.jp

フロントパネルに搭載されている端子の種類も、チェックしておきたいポイントのひとつ。USBメモリやカードリーダーなどを使用したい場合は、USBポートが複数搭載されているモデルが便利です。

有線のイヤホンやヘッドホンを使用する場合は、オーディオ端子の有無も重要。所有しているスマートフォンやタブレットの種類によっては、USB Type-Cポートが搭載されているとケーブルを統一できます。

ミドルタワーPCケースのおすすめ

フラクタルデザイン(Fractal Design) Define 7 Compact FD-C-DEF7C-01

前面、上面、側面に産業グレードの防音素材を配置し、高い静音性が特徴のミドルタワーPCケース。天面が外れるオープンアクセスに対応しているので、手軽に取り付けや配線が可能です。トップパネルは静音性重視のスチールパネルと換気性重視のパネルに交換でき、ナイロン製フィルターを採用しているのでほこり対策もしっかりとされています。

PCの内部ストレージとして2台のHDDと2台のSSDが搭載できるので、ストレージが足りなくなっても簡単に拡張できます。

また、PSUシュラウド上にショーケースストレージとして2台のSSDが搭載できるので、裏のストレージスロットが埋まってしまってもストレージを追加可能です。

PCケース天面部には最大240mmのラジエーターが搭載可能で、前面部は最大360mm/280mmのラジエーターが搭載可能なので、水冷システムの導入も快適に行えます。

フラクタルデザイン(Fractal Design) Vector RS Tempered Glass FD-C-VER1A-01

3面に搭載されたスクリューレス強化ガラスパネルが特徴のミドルタワーPCケース。天面部の強化ガラスパネルはエアフロー重視のフィルターパネルへ交換可能で、鋭角デザインの吸気口はPC内部から発せられるノイズを抑えつつエアフローを実現しています。

サイドパネルの両側にはプッシュロック式のラッチを設けているので、簡単に内部へアクセス可能です。

さらに、PCケース内部前面には6個のHDDと2個のSSDを搭載可能なラックが用意されており、標準搭載のラックに加えて別売りのオプションを使用すると追加で5個のHDDと2個のSSDが搭載できます。

水冷システム用の空間も用意されており、天面部は420mm、前面は360mm、底面部は280mmまでのラジエーターがスムーズに取り付け可能です。

フラクタルデザイン(Fractal Design) Define S2 Vision RGB FD-CA-DEF-S2V-RGB-BKO-TGD

側面、天面、前面の4面に採用したダークカラーの強化ガラスが特徴のミドルタワーPCケース。前面の大きな吸気口により冷却性能に優れたエアフローを実現し、ケース各所に簡易水冷に使用する水冷ラジエータ用のスペースが用意されています。

また、水冷システム用のリザーバータンクやポンプの取付スペースも確保してあるので、本格的な冷却システムも導入可能です。

初めから搭載されているアドレサブルRGB LEDを搭載した140mm PWMファンは、付属のAdjust R1 RGBコントローラーを使用することで操作可能です。

内部ストレージとして防振型3.5インチHDDマウント3個とSSDブラケット2つが付属しているので、記録容量の拡張性にも優れています。

フラクタルデザイン(Fractal Design) Meshify 2 Compact Dark Tempered Glass FD-C-MES2C-02

前面のエアフローを重視した角形メッシュパネルが特徴のミドルタワーPCケース。オープンレイアウトデザインを採用しているのでPCケースの内部へアクセスしやすく、組み込みや配線作業が簡単に行えます。

USB 3.1 Gen 2 Type-Cポートを1個とUSB Type-Aポートを2個搭載しているので、Type-Cポートを利用した高速な通信が可能です。

2台の3.5インチドライブと2台のSSDブラケットを搭載。水冷システムのラジエーターサイズは最大360mmまで対応し、「Dynamic X2」シリーズのケースファンが標準搭載しているので高い静音性が期待できます。

クーラーマスター(Cooler Master) Silencio S600 TG MCS-S600-KG5N-S00

シンプルなSilencioデザインと強化ガラスを採用したミドルタワーPCケース。ケース外装の内側には特定の周波数に効果のある防音材が配置されているので、内部とケースから発するノイズを抑えることで高い静音性を実現しています。

天面は静音カバーと冷却性能の高いダストカバーの2種類を取り替えられるので、ほこりの侵入防止からエアフローの改善まで自由自在です。

PCケースの左右に4個の3.5インチHDDと5個のSSDを搭載できるので、内部ストレージの拡張性に優れているのも魅力のひとつ。また、水冷システムのラジエーターサイズは最大280mmに対応しており、大型のラジエーターを採用している簡易水冷システムも導入可能です。

ノイズを抑えるラバーパットを備えたケースファンのSilencio FP 120mm PWMを標準搭載しているので、静音を保ちながら冷却効率に優れた風圧を生み出しています。

クーラーマスター(Cooler Master) MasterCase H500M MCM-H500M-IHNN-S00

天面と前面にプレミアムアルミニウムパネルを採用したミドルタワーPCケース。前面のパネルには通気性重視のメッシュパネルと見た目を重視したガラスパネルの2種類が付属しているので、用途に合わせて自由に取り付け可能です。

前面に取り付けられたケースファンは、静音性に優れた200mmアドレサブルRGBファンを2個標準搭載しており、付属のアドレサブルRGBコントローラを使用してケースの光り方を調節できます。

最大360mmまでのラジエーターに対応しているので、簡易水冷から水冷ポンプを扱うような本格的な水冷PCを組めます。PCケース前方にUSB 3.1 Gen 2 Type-Cポートを1つ、USB 3.0ポートを4つ搭載しているのでUSB機器の拡張性にも優れています。

クーラーマスター(Cooler Master) MasterCase H500P Mesh White ARGB MCM-H500P-WGNN-S01

拡張性の高さに特化したミドルタワーPCケース。PCケース前面には大型の200mm ARGBファンを2基標準搭載しているので、静音性と冷却性能に優れています。また、付属のARGB コントローラーを使用することで、ケースファンの光り方を調節可能です。

前面のパネルにはダストフィルター用の細かいメッシュと、強度を増すためのスチールメッシュの2層構造を採用しているので、空気の流れを妨げることなく吸気できるのもポイントのひとつです。

強化ガラスを採用した側面は内部のパーツを見せるために、側面に強化ガラスを採用。ケース裏側の配線スペースやケーブルや電源を隠すPSUシュラウドによりケーブルをきれいに収納可能です。

クーラーマスター(Cooler Master) MasterBox MB530P MCB-B530P-KHNN-S01

前面と側面の強化ガラスパネルが特徴のミドルタワーPCケース。PC内部のパーツを見せるように設計されており、右側面は裏配線を隠すケーブルカバーと裏配線用のスペースなどで隠すことが可能です。強化ガラスは配線部分を隠すためにパターンデザインが施されているので、外から見える裏配線は最低限に抑えられます。

前面のパネルは吸気性を高めるためにサイドにメッシュを採用し、十分な空気の流れを確保しています。水冷ラジエーターは、最大360mmまでのサイズに対応に対応しているため、本格的な水冷システムの導入にもぴったりです。

クーラーマスター(Cooler Master) MasterBox CM694 TG MCB-CM694-KG5N-S00

前面から天面を覆うカーブ状メッシュパネルが特徴のミドルタワーPCケース。ブランドロゴをイメージしたひし形のパターンで構成された細かなメッシュにより、通気性と優れたフィルター性能を両立しています。

HDDとSSDを同時に収納できるモジュラー型ドライブケージを標準搭載しているので、最大6個のHDDと8個のSSDを同時に搭載可能です。水冷ラジエーターを前面に搭載する場合はドライブケージを2個外す必要はありますが、最大360mmまでのラジエーターサイズに対応しています。

コルセア(Corsair) 275R Airflow Tempered Glass CC-9011181-WW

強力なエアフローが特徴のミドルタワーPCケース。前面にはスリット入りのパネルと、背面と合わせて3つの120mmファンを標準搭載しています。加えて、内部は空気の流れを生み出すフラットなレイアウトを採用しているので、空気を大量に取り込み効率的なエアフローを実現。また、天面、前面、下面に搭載された3つのフィルターにより、ほこりから内部のパーツを保護します。

側面の裏側にはHDD2個とSSD4個を搭載可能な耐久性に優れたドライブトレイが用意されているのでストレージの拡張も可能です。また、裏に伸びた配線は直線的に収納できる設計なので、初心者の方でも簡単に裏配線を整えられます。

コルセア(Corsair) iCUE 465X RGB CC-9011188-WW

縁のない強化ガラスパネルを前面と側面に搭載したミドルタワーPCケース。前面の大きく空いた吸気口から3基のCORSAIR LL120 RGB ファンを利用して空気を大量に吸い込み、フラットな内部構造により冷却効率に優れたエアフローを生み出しています。

前面、天面、下面に搭載された3つのフィルターにより、内部のパーツをほこりから保護します。側面裏には2個のHDDと4つのSSDを搭載でき、直線的に配線が可能な設計となっているので、すっきりとした裏配線が可能です。

コルセア(Corsair) Carbide 678C Tempered Glass CC-9011167-WW

おしゃれなデザインで静音性、拡張性、冷却効率を兼ね備えたミドルタワーPCケース。前面、天面、側面のパネルには高密度EVAフォームが配置されており、内部で発生したノイズを吸収します。また、天面のパネルはほこりの侵入を防ぐフィルターに交換できます。

ストレージオプションとして付属している6台のモジュラートレーを使用することでHDDを最大6個と3基のSSDを搭載可能です。また、不要な際は外して内部のエアフローを考慮した配置に変更もできます。

コルセア(Corsair) iCUE 5000X RGB CC-9011212-WW

優れた冷却性能と内部を透過する4枚の強化ガラスパネルが特徴のミドルタワーPCケース。ケース前面には標準搭載のCORSAIR SP RGB ELITE ファン3個が搭載されており、エアフローに優れたフラットな構造の内部を効率的に冷却します。また、ケース側面にも最大360mmのラジエーターを搭載でき、自由度の高い冷却オプションのレイアウトが可能です。

付属しているPWM ファンリピーターにケースファンを接続すると、最大6個のファンを同時に制御できるのでマザーボードの4ピンコネクタが足りなくなることはありません。

NZXT H510I CA-H510I-W1

白を基調としたシンプルなデザインとハイレベルな冷却性能が特徴のミドルタワーPCケース。PC内部を見せる強化ガラスの裏側に大きな吸気口があり、そこから内部を冷却するのに十分な空気を取り込み適切なエアフローを生み出しています。

LEDコントローラーとファンコントローラーを統合した「Smart Device V2」が標準搭載されており、ケースファンをコントローラーに接続することで全体の照明やファンの回転数を調節できます。

ファンやラジエーター用にブラケットが用意されており、工具不要で強化ガラスを開けて内部にアクセスできるので、初心者の方でも簡単かつスムーズにメンテナンスが行えます。

シルバーストーン(SilverStone) FARA SST-FAR1W-G

冷却性能に特化したミドルタワーPCケース。前面と天面にメッシュ素材を採用し、広い面積から空気を吸い込むことで高い冷却効率を実現しています。最大6基のケースファンを搭載でき、フラットな内部構造により滑らかなエアフローで内部を冷却可能です。

最大1個のHDDと4個のSSDを搭載可能なスペースが確保されており、コンパクトなサイズながら最大322mmのグラフィックボードを搭載できます。

シルバーストーン(SilverStone) PS14-E SST-PS14B-EG

ハイエンドな冷却システムに対応したミドルタワーPCケース。標準搭載ファンは120mmファン1基のみですが、最大6基の120mmファンを搭載できます。また、最大360mmのラジエーターにも対応しているので、冷却効率に優れた水冷システムを導入できます。

グラフィックボードのデザインを活かす縦置きに対応したサポーターが付属しており、歪みから守りながら見せる配置が可能です。

ビークワイエット(be quiet!) PURE BASE 600 BGW20

静音性と冷却性能に特化したミドルタワーPCケース。ケースの前面にPure Wings 2 140mmファンが1基と背面にPure Wings 2 120mmファン1基が標準搭載されており、独自デザインの9枚のブレードにより効率的なエアフローと静音性を実現しています。

また、3段階式のファンコントローラーも内蔵しているので、冷却性能と静音性のバランスを調節することが可能です。

サーマルテイク(Thermaltake) H200 TG Snow RGB CA-1M3-00M6WN-00

前面のパネルに搭載されたRGBライトが特徴のミドルタワーPCケース。光り方は入出力ポート部分に搭載されたコントロールスイッチを操作することで、19種類のライティングモードを切り替えることが可能です。

前面には最大280mmサイズの水冷ラジエーターを取り付け可能なので、簡易水冷を活用した冷却システムも導入可能です。また、PC内部は遮るモノのないフラットな構造で効率的なエアフローを生み出しています。

また、PC内部には3.5インチベイ2つと2.5インチベイを3つ採用。最大320mmの拡張カード搭載スペースが確保されているので拡張性にも優れています。

アンテック(ANTEC) P7 Silent

静音性と拡張性に優れたミドルタワーPCケース。両側面のパネルには2層構造の遮音パネルを採用し、内側に遮音材を貼り合わせることで内部から発生するノイズを低減しています。

5.25インチデバイスに対応したドライブベイ1つと3.5インチベイ2つ、2.5インチベイ2つを搭載し、最大390mmの拡張カードに対応したスペースが確保されているので、大型のPCパーツを利用した拡張も可能です。

マザーボード裏には大型のCPUカットアウトが採用されているので、CPUクーラーを交換する際にマザーボードを取り外す手間が省け、簡単に取り付けられます。また、裏配線スペースもしっかりと備えているので、整った配線によりエアフローを効率化することが可能です。

エムエスアイ(MSI) MAG VAMPIRIC 010

4mmの強化ガラスとRGBライティングに対応したフロントパネルが特徴。側面に搭載された4mmの強化ガラスが内部のPCパーツを見せるシンプルなデザインです。

PC内部は最大6つのシステムファンを搭載できる設計を採用し、効率的なエアフローで安定した動作が期待できます。3.5インチベイ2つと2.5インチベイが2つ用意されており、最大350mmのグラフィックボードが搭載可能です。

Sharkoon NIGHT SHARK RGB

高いカスタマイズ性が特徴のミドルタワーPCケース。ケース内部はエアフローを意識したフラットな構造を採用しており、最大420mmのグラフィックボードと最大360mmの水冷ラジエーターに対応しているので、スペースを最大限に活かしたカスタマイズが可能です。

また、最大3つの3.5インチベイと最大5つの2.5インチベイが用意されているので、ストレージの拡張性にも優れています。

ミドルタワーPCケースのAmazonランキングをチェック

ミドルタワーPCケースのAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。