カメラやビデオカメラ、スマホ、タブレットなどを三脚に固定して撮影する場合に使用する「雲台」。三脚を購入した際に付属している場合もありますが、撮影シーンにあわせてアイテムを選ぶことで、より快適に写真や映像が記録できます。

そこで今回は、おすすめの雲台をご紹介。選び方のコツやおすすめのメーカーも解説しているので、参考にしてみてください。

雲台とは?

By: widetrade.jp

雲台とは、三脚や一脚に取りつけてカメラやビデオカメラを固定するアイテムです。カメラの向きや傾きを調節する際に便利。雲台には動画撮影に適したモデルや写真撮影に適したモデルなど、さまざま製品が存在します。撮影するシーンにあわせて使えば、風景や夜景を撮影する場合はもちろん、自撮り写真を撮りたい場合にも便利です。

雲台の種類

3way雲台

「3way雲台」は、市販されている三脚に付属していることも多いスタンダードなタイプの雲台です。垂直と水平方向に位置を調節できるだけでなく、雲台を回転して横から縦への構図変更が可能。レバーが搭載されており、操作性に優れている点もおすすめです。

ただし、構図を決める際に垂直・水平・縦横方向をそれぞれ自身で調節する必要がある点には注意。風景や夜景を撮影する際など、じっくりと構図を決めたい場合に便利なタイプです。

自由雲台

By: amazon.co.jp

「自由雲台」とは、球体状の調節機構を搭載している雲台のこと。ボール雲台とも呼ばれており、垂直・水平・縦横の3軸で位置調節できるのが特徴です。頻繁に構図を変更して撮影したい場合に適しています。

ポートレート撮影やスポーツの撮影など、幅広いシーンで使用できるのが魅力です。

ビデオ雲台

By: amazon.co.jp

動画撮影のために設計されているのが特徴の「ビデオ雲台」。カメラを上下に傾けるためのティルトや左右の調節ができるパンなどの操作が行いやすく、動画撮影時にスムーズなフレーム移動が可能です。

また、スポーツ撮影を行う場合にも便利。可動部にグリスが塗布されていることで、上下左右へ滑らかに位置を調節できるフリュード機構を搭載した製品が多く、ハンドル1つで構図を素早く調節しやすいのも魅力です。

雲台の選び方

カメラの取りつけ方をチェック

安定感がある「直付けタイプ」

取り付け時の安定感を重視したい場合は直付けタイプの雲台がおすすめです。カメラを搭載する部分であるカメラ台からネジが直接出ているのが特徴。クイックシュータイプのように取り付け部に遊びがなく、カメラと雲台を強く固定できるため、構図の精度が重要となる風景・建築・テーブルフォトなどの撮影に重宝します。

ただし、直付けタイプの雲台は毎回ネジを使って取り付ける必要があるので、カメラの脱着に時間がかかるのが難点。手持ちから三脚への移行を頻繁に行う撮影スタイルにはあまり向きません。固定力を高めつつ、取り付け時の手間を軽減したい場合は、カメラネジを独立して回転できる機構を備えた雲台を選びましょう。

脱着が容易な「クイックシュータイプ」

By: amazon.co.jp

カメラの脱着をスムーズに行いたい場合はクイックシュータイプの雲台がおすすめです。あらかじめカメラの底面に専用のクイックシュープレートを装着しておくことで、雲台への脱着がワンタッチで行えるのが特徴。三脚設置の準備に時間がかからないため、機動力を重視する旅行・スポーツ・動画などの撮影に重宝します。

ただし、取り付けには専用のクイックシュープレートが必要なので、忘れてしまうと雲台に固定できないのが難点。複数台の三脚を併用する場合は、アルカスイス互換のクイックシューを採用した雲台を選びましょう。同じ規格の雲台間でクイックシュープレートを共用できるほか、両側から強く挟み込む形でカメラをしっかり固定できます。

耐荷重をチェック

雲台が支えられるカメラやビデオカメラの重量は、製品ごとに異なります。購入する際はスペック表の耐荷重を事前に確認しておきましょう。耐荷重を超える機材を雲台に取りつけると、安定感が得られず、撮影時にブレが気になってしまう場合があります。

また、カメラやビデオカメラにアクセサリー類を取りつける場合は、総重量を確認しておくのも重要なポイントです。機材の総重量が雲台の耐荷重内に収まるように、気をつけて使用しましょう。

雲台のおすすめメーカー

マンフロット(Manfrotto)

By: amazon.co.jp

イタリアの老舗三脚メーカーとして知られる「マンフロット」。照明機材やカメラバッグ、ジンバルなど多彩な製品を扱っているメーカーですが、雲台も豊富なラインナップを取り揃えています。

3way雲台・自由雲台・ビデオ雲台ともに、エントリーモデルからハイエンドモデルまでさまざまな製品を展開。好みにあうモノを選びやすい点もおすすめです。

ベルボン(Velbon)

By: amazon.co.jp

日本国内の老舗三脚メーカーとして有名な「ベルボン」。三脚や一脚はもちろん、三脚アクセサリーなども多数販売しており、品質に優れているのが魅力です。ベルボンの雲台はユーザーの使いやすさを考慮して設計されているのが特徴。初めて雲台を購入する方にもおすすめのメーカーです。

また、比較的リーズナブルな価格で購入できる製品が多い点もメリット。コスパに優れた雲台を求めている場合にも適しています。

マーキンス(Markins)

By: amazon.co.jp

韓国の自由雲台専門メーカー「マーキンス」。韓国だけでなくアメリカなど世界各国でも高い評価を得ており、日本でも注目を集めているメーカーです。マーキンスの自由雲台は、軽量な設計にもかかわらず耐久性に優れているのがポイント。携行性の高い、便利なアイテムを展開しています。

また、「BV-HEAD」と呼ばれる独自機構が採用されている点も魅力。ビデオ雲台のように滑らかな垂直・水平移動が行える、自由雲台を販売しています。

3way雲台のおすすめモデル

マンフロット(Manfrotto) XPRO3ウェイ雲台 クイックプレート付き MHXPRO-3W

2本のハンドルが短めに設計されているのが特徴

コンパクトなデザインで持ち運びがしやすい3way雲台です。2本のハンドルが短めに設計されているのが特徴。「リトラクタブルレバー」と呼ばれる収納式のハンドルと重量1kgの軽量設計により、収納や携帯がしやすいのも魅力です。

水平と垂直の2軸には、滑らかな動きで微細な調節が可能な「フリクションコントロール」機能を搭載。水準器は3つ備えており、構図を細かく調節して正確な撮影が行えます。本体の素材には、軽量かつ丈夫なアルミニウムを使用。コンパクトながら、最大耐荷重8kgと耐久性に優れている点もおすすめです。

マンフロット(Manfrotto) 293折り畳み式3ウェイ雲台 MH293D3-Q2

細かく構図を調節できるのがメリット

正確なフレーミングが可能な3way雲台です。3軸それぞれを独立してコントロールでき、細かく構図を調節できるのが特徴。本体にはパンとティルト共通のハンドルに加えて、縦位置用のハンドルが搭載されています。収納する際は縦位置用のハンドルを90°手前に回転し、コンパクトな形状にできるので、携行性も良好です。

本体の重量は570gと軽量ながら、耐久性に優れているのもポイント。軽くて頑丈なテクノポリマー素材「アダプト」が採用されており、最大で4kgまでの機材を取りつけられます。カメラ台横にはバブル水準器を搭載。視認性も高く、構図を決める際に便利です。

また、クイックシュー方式が採用されている点も本製品のメリット。三脚とカメラの脱着が簡単に行える点もおすすめです。

マンフロット(Manfrotto) befree 3ウェイライブ雲台 MH01HY-3W

写真と動画両方の撮影で活躍できるハイブリッド仕様の3way雲台です。滑らかな動作でパンとティルトを操作できる「フルードドラッグシステム」を採用。ビデオ雲台の特性も兼ね備えているので、写真撮影から動画撮影への移行がスムーズに行えます。

精密なフレーミング調節や縦位置への構図変更が行えるのもポイント。縦位置での風景写真やスマホ用動画を撮影する場合にも重宝します。また、クイックシュー側面には3軸水準器を搭載しており、別売りのレベリングポールと併用すれば、迅速な水平出しも可能です。

マンフロットRC2とアルカスイス両方の規格に対応したクイックシュープレートが付属するのも魅力。雲台の耐荷重は最大6kgで、befreeシリーズの三脚を使ってミラーレス一眼での本格的な作品撮りに挑戦したい方におすすめです。

ベルボン(Velbon) 3Way雲台 PHD-66Q

カメラの着脱がワンタッチでできるシステム搭載

カメラの位置を横方向から縦方向に変更できる「リボルビング機構」を備えた3way雲台です。一般的な雲台で横から縦に構図を変更する場合の動きとは異なり、可動軸を支点に位置変更できるのが特徴。カメラを縦方向にしても構図が崩れにくく、修正の手間を省けるのがメリットです。

また、縦方向で使用する際にシュープレートのゆるみを予防できる背当てを備えているのもポイント。カメラの落下トラブルを防げるだけでなく、安定した撮影が可能です。左右方向に加えて上下方向の水平位置も把握できる2wayタイプの水準器も搭載しており、構図を決める際に活躍します。

さらに、本製品はカメラの着脱がワンタッチでできる「QRAシステム」を搭載。軽量かつスリムなデザインのクイックシュープレートを採用し、常時カメラに取りつけていても気になりにくいのが魅力です。本体には強度や安定性、振動吸収性に優れたマグネシウム素材を使用しています。

ベルボン(Velbon) 3Way雲台 PH-G40D N

比較的手頃な価格で購入できるコスパに優れた3way雲台です。カメラ台のサイズは57×37mmで、小型一眼レフやミラーレス一眼におすすめ。サイドティルトハンドルが短めに設計されており、携帯性に優れている点も魅力です。

本製品は、マグネシウム製のクイックシュープレートを搭載。ワンタッチで三脚とカメラを取り外しできるので、頻繁に手持ち撮影を行う場合はもちろん、カメラとビデオカメラの両方を使用する場合にも便利です。

シュープレートにはカメラネジつまみがついており、工具やコインを使用せずともカメラの取りつけが可能。簡単に脱着できるのが魅力です。また、カメラの水平確認が容易に行える丸型の水準器を搭載しているのもポイント。視認性が高く、構図を決める際に役立ちます。グリップにしっかりと握れる丸型タイプを採用している点もおすすめです。

スリック(SLIK) エイブル300 ST N雲台 206379

リーズナブルな価格で購入できる点が魅力の3way雲台です。耐荷重は4kgで、中型の三脚に対応する1ハンドルタイプの製品。シンプルな構造を採用しており、使いやすいのも魅力です。携帯する際は、ハンドルを外さずともケースに収納可能。重量も550gと軽く、頻繁に持ち運ぶ場合にも便利です。

取りつけはダブルナットのカメラネジ式を採用。ネジがカメラ側に押されるようにスプリングが内蔵されているので、簡単に取りつけができます。

自由雲台のおすすめモデル

マーキンス(Markins) Q3iQ レバーシュー 自由雲台

フリクション機能が搭載された自由雲台です。滑らかな動きでカメラの角度が調節できるだけでなく、位置が決まればしっかりとボールヘッドを固定可能。操作性が高いので使いやすく、安定した撮影が行えます。

本製品は取りつけにクイックシュー方式を採用。業界共通の「アルカスイス規格」に対応しており、互換性が高い点もおすすめです。コンパクトかつ軽量ながら耐荷重は30kg。耐久性に優れた、使い勝手のよいアイテムを探している方はぜひチェックしてみてください。

ジッツオ(GITZO) センターボール雲台1型QD GH1382QD

フランスのカメラ関連製品メーカー「ジッツオ」が製造する自由雲台です。コンパクトな形状ながら、高精度な位置調節が可能。球体表面に潤滑特性に優れた二硫化タングステンのコーティングを施しているため、滑らかにコントロールができます。また、「フリクションコントロール」機能が搭載されている点も魅力です。

精密度の高いロック機構と独立型のパンロックを採用しており、撮影時のブレを軽減できるのもポイント。パノラマ写真を撮影する場合や構図の水平調節を行う場合にも便利です。さらに、本製品はクイックリリースシステムも搭載。コンパクトで軽量なクイックシュープレートを採用しているので、常時カメラに取りつけておきたい場合にも便利です。

グレーの艶消しメッキが施されたデザインも人気。外観にもこだわって雲台を探している方におすすめです。

スリック(SLIK) SBH-150 DQ N 206485

サイズの大きいクイックシューを備えた自由雲台です。本体の全高は87mm、重量は235gとコンパクトかつ軽量ながら、48×48mmのカメラ台を搭載。最大耐荷重は2.5kgで、エントリークラスのデジタル一眼レフに対応できます。

クイックシュー取りつけ部分には、2軸水準器を搭載。カメラの水平位置を調節したい場合に便利です。本製品にはダブルネジアダプターが付属。U1/4ネジとU3/8ネジの両方に対応できるので、三脚や一脚の幅広いモデルで使用できます。

スモールリグ(SmallRig) アルミ製ボールヘッド雲台 3034

耐久性に優れた耐荷重5kgの自由雲台です。アルミ合金CNC加工製の素材を使用しているのが特徴。手頃な価格で購入できるにもかかわらず、丈夫で壊れにくいのが魅力です。本体には2つの独立したコントロールノブを搭載。ノブを引っ張れば角度が変更できるので、操作も簡単に行えます。

本製品は取りつけにクイックシュー方式を採用。「アルカスイス規格」準拠のクイックリリースクランプを搭載しており、メーカーの異なる三脚や一脚に取りつけられるのもポイントです。また、クイックシュープレートにはカメラを保護するゴムがついており、脱落防止用のネジも搭載。安全性を考慮した機能も充実しています。

本体下部には360°回転するダイヤルも採用。広角レンズなしで広視野角に対応できるため、パノラマ写真の撮影にもおすすめです。

NEEWER Neewer Metal 自由雲台 78088671

リーズナブルな価格で購入できる自由雲台です。コスパに優れた三脚で人気を集める中華メーカー「NEEWER」の製品。調節用のノブを3つ搭載しており、カメラの角度を細かく調節できます。

また、クイックリリースプレートも搭載されているので、カメラと三脚を素早く着脱可能。手持ちで撮影する頻度が高い場合にも役立ちます。水平方向と垂直方向を測定できる2つの水準器がついている点もメリット。構図や角度を決める際に便利です。

低価格ながら滑らかな位置調節ができるため、初めて自由雲台を購入する場合にも適しています。

ベルボン(Velbon) 中型自由雲台 QHD-53

サイズを超えた高い固定力を持つ自由雲台です。新しく設計された肉厚ボディを採用しており、重さ198gと軽量ながらワンランク上の固定力を実現。耐荷重は最大4kgまで対応できるため、フルサイズミラーレスを活用した撮影にもおすすめです。

高精度に加工されたアルマイトボールを可動部に搭載しているのもポイント。また、ボール軸周りの間口に余裕を持たせて設計されているので、可動範囲が広く、自由な方向へスムーズにカメラを動かせられます。

カメラ台から独立した状態でカメラネジだけを回転できる構造を採用しているのも魅力。取り付け時はカメラをカメラ台に直付けしますが、ダイヤルを回すだけと簡単なため、固定力を保ちつつ素早いセットアップが可能です。

ビデオ雲台のおすすめモデル

マンフロット(Manfrotto) プロフルード ビデオ雲台 60mm フラットベース MVH500AH

軽量かつコンパクトなデザインで使い勝手に優れたビデオ雲台です。本体重量は900gと軽量ながら、耐荷重は8kg。カウンターバランスは2.4kg以内の機材を取りつけている状態であれば、機材を傾けて手を放してもそれ以上傾かないよう設計されています。

フルード液の抗力によって手の振動を抑えられる「フルードドラッグシステム」により、滑らかなパンやティルト動作が可能。ブレの少ない安定した動画が撮影できる点もおすすめです。

本製品は取りつけにクイックシュー方式を採用。「サイドロックシステム」によって、カメラをスライドさせずに上からはめ込むだけでセットできます。また、「Easy Link 3/8インチコネクター」が搭載されている点もメリット。外部モニターやアクセサリー機器類を取りつける際に便利です。

ベルボン(Velbon) フリュード雲台 FHD-66A

定速で滑らかな操作が可能なビデオ雲台です。可動部に粘性のある特殊なグリスが塗布されており、滑らかにコントロールできるのがポイント。グリスは-20℃の環境にも対応できるので、寒い地域での撮影にも適しています。

クイックシュープレートは前後にスライドする仕様。カメラネジも同様にスライドするため、取りつける機材にあわせて前後のバランスが調節できます。クイックシュープレートにはカメラネジつまみを搭載。カメラの脱着に工具やコインが必要なく、手間を省ける点もおすすめです。

カメラが傾く力を打ち消す特殊なスプリングが内蔵されている点も魅力。カウンターバランス機構により、ティルト動作時に手にかかる負担を軽減できます。

ジッツオ(GITZO) フルードジンバル雲台 GHFG1

ジンバル式の構造を採用したビデオ用の雲台です。スマホやアクションカメラを取りつけて使用するジンバルと、ビデオ雲台の長所を取り入れて設計されているのが特徴。ジンバル機能によって重量のある機材の前後バランスと垂直バランスを調節できるため、カメラを傾けた際にロックしなくても静止します。

ビデオ雲台らしく動きも滑らかなので、微細な構図の調節やブレの少ない動画撮影が可能。「ウイップ・パン」と呼ばれる機構が採用されており、素早いパン動作を行った際に軸のドラッグが解除されるため、三脚がズレにくい点もおすすめです。

本製品は「アルカスイス規格」準拠のクイックリリースプレートが付属しています。ラバーが貼りつけられており、カメラを傷つけにくい点も魅力です。雲台本体の素材にはマグネシウムを使用。高圧高温ダイカストによる製造で、耐久性を高めているのもメリットです。

シルイ(SIRUI) ビデオ雲台 VH-10

本体重量は900gながら、耐荷重6kgと使い勝手のよいビデオ雲台です。コンパクトなデザインで携帯性に優れていながら、重量のある一眼レフカメラでの動画撮影にも対応が可能。素材には、軽量かつ耐久性に優れたアルミニウムが使用されています。

本製品は取りつけにクイックシュー方式を採用。カメラを三脚から取り外して撮影する頻度が高い場合に便利です。

NEEWER Neewer Heavy Duty 10090237

垂直方向は-70~90°、水平方向は360°の角度調節が可能なビデオ雲台です。比較的手頃な価格で購入できるのが魅力。低価格ながらクイックシュープレートが付属しており、カメラと雲台をスピーディに脱着できます。

ハンドルには滑り止めがついており、しっかりと握れる仕様。また、ハンドルは右側だけでなく左側にも取りつけできるので、利き手にあわせて使える点もおすすめです。

ワイドトレード(Wide Trade) VTR用雲台 Leofoto BV-1R

コスパ良好で初心者でも扱いやすいビデオ雲台です。重さ433gと軽量コンパクトながら耐荷重3kgまで対応が可能。ミラーレス一眼を使ったVlog撮影はもちろん、双眼鏡やフィールドスコープと組み合わせた野鳥観察やスポーツ観戦にもおすすめです。

固定力と互換性に優れたアルカスイス規格のクイックシューを採用しているのもポイント。また、カメラ台だけを独立して回転できる「パンニングクランプ機構」を搭載しているので、取り付け後にカメラと三脚の向きを合わせる場合にも重宝します。

雲台の内部にグリスが封入されており、滑らかな動作でパンとティルトが可能なのも魅力。加えて、ハンドルから手を離してもスプリングの反動によってカメラが不意に傾くのを防げるため、ビデオ雲台を初めて使用する方でも安心して撮影が楽しめます。

雲台のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

雲台のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。