写真を始めるとさまざまなカメラアクセサリーをそろえたくなりますが、なかでも代表的なのが三脚の雲台です。カメラと三脚を繋ぐ重要なアイテムで、使用する雲台の良し悪しは作品作りに影響します。

しかし、雲台のサイズが使用するカメラや三脚と比べてバランスが悪かったり、被写体に適していなかったりすると三脚の性能を存分に発揮できません。そこで今回は、雲台の選び方と種類ごとにおすすめのモデルをご紹介します。

雲台とは?

By: amazon.co.jp

雲台とは三脚の上部に装着してカメラと三脚を連結するために使用する台座のこと。カメラを三脚に搭載するときは、雲台にカメラを置いて固定します。

ただし、雲台のサイズが使用するカメラや三脚の大きさに適していないと、三脚の性能を十分に発揮できないので注意が必要。機材を十分に支えられずブレを抑えきれなかったり、過剰にかさばって持ち運びが難しくなったりするため、適切なサイズの雲台を使用するのがおすすめです。

また、雲台にはカメラを固定する以外の機能があるのもポイント。撮影する際の構図を微調整できたり、動画に視点の動きを与えるパンやチルトなどの操作をスムーズに進められたり、種類によって異なる機能があります。

雲台の種類

3way雲台

By: rakuten.co.jp

3way雲台とは、三脚のキットとして付属することも多いもっとも基本的な種類の雲台です。垂直・水平方向の調節に加えて、回転によって横位置から縦位置への構図変更にも対応するのが特徴。3軸それぞれの調節を独立したレバーで行い構図を細かく追い込めるので、風景やテーブルフォトなど構図の緻密さが求められる撮影におすすめです。

ただし、3way雲台は柔軟で素早い操作には不向き。垂直・水平・回転の調節を別々に行わなければいけないため、撮影に入るまで時間がかかります。また、構図の変更にも手間がかかるため、構図を頻繁に変えつつ撮影を進めるスタイルには向きません。

自由雲台

By: amazon.co.jp

自由雲台とは、球体状の調節機構(ボールヘッド)を内蔵した雲台のことで、別名で「ボールヘッド雲台」とも呼ばれています。ボールヘッドは垂直・左右・縦横の3軸方向へシームレスに動かせるのが特徴。カメラを手で持ちながら柔軟に構図を変更できるので、頻繁に構図を変えつつフットワークを生かして撮影する旅行やポートレートなどの撮影におすすめです。

ただし、3way雲台と違って自由雲台は緻密な構図作りが苦手。ボールヘッドは3軸方向の調節を別々に行えないため、構図の正確さが求められる撮影には向きません。しかし、最近は調節時の可動方向を限定できるロック機構を備えたモデルも発売されているため、対応力は向上しています。

ビデオ雲台

By: amazon.co.jp

ビデオ雲台とは、動画撮影に特化した機構を持つ雲台です。雲台内の可動部にグリス塗布が施されており、上下や左右の構図移動が滑らかに進められるのが特徴。視点の動きを動画に加えるチルトやパンなどの操作がしやすく、違和感のない構図作りに必須の水平取りが簡単に行えることから、映像制作の現場で重宝されています。

また、ビデオ雲台はスポーツ・野生動物・野鳥・飛行機などの撮影を得意とするのもポイント。3way雲台と違って縦横方向の回転操作には対応していませんが、超望遠レンズなど重いレンズを重量級のカメラに装着した状態でも重心が安定するので、ハンドルひとつで構図を迅速に調節できます。

雲台の選び方

カメラの取り付け方をチェック

By: amazon.co.jp

カメラを雲台に取り付ける方式には「直付け」と「クイックシュー」の2種類があります。直付けタイプは雲台の本体にカメラを直接取り付ける方式。取り付け部分の遊びがないので、より高い精度でブレを抑えられます。フルサイズ一眼レフや望遠レンズなど重い機材を使用する場合には特におすすめです。

クイックシュータイプは、カメラと雲台の脱着にプレート状のパーツ(クイックシュー)を使用する方式。あらかじめクイックシューをカメラの底部に装着しておけば、雲台にはめるだけで取り付けが素早くできるため、手持ち撮影から三脚撮影への移行などがスムーズに行えます。

クイックシューの形状はメーカーごとに異なるのが難点。ただし、複数メーカーをまたいで使用したい場合は、業界共通の規格である「アルカスイス規格」のクイックシューに対応したモデルを選ぶのがおすすめです。

耐荷重をチェック

耐荷重とは、雲台が最大で支えられる機材の総重量のこと。耐荷重を超える総重量の機材を雲台に搭載すると、ぐらついてブレを十分に抑えきれなかったり、パンやチルトなどの操作が滑らかにできなかったりします。最悪の場合、雲台が破損して大切な機材が落下してしまうこともあるので注意しましょう。

耐荷重で雲台を選ぶ際は、搭載する機材の総重量が雲台の耐荷重内に収まるモデルを選んでみてください。できれば余裕を持って、搭載する機材の総重量と比較して2倍程度の耐荷重を確保しているモデルを選ぶのがおすすめです。

また、使用する三脚とのバランスも重要。どんなに立派で耐荷重の大きな三脚でも、耐荷重の小さい雲台を装着すると性能を十分に発揮できません。逆に、三脚に対して雲台の耐荷重が小さすぎる場合も同様で、持ち運びもしにくくなります。

雲台のおすすめメーカー

マンフロット(Manfrotto)

By: rakuten.co.jp

マンフロットは1960年代末にフォトリポーターのリノ・マンフロットによって創業されたイタリアの名門三脚メーカーです。元々はライトスタンドなどのスタジオ機材の製造から事業をスタートしましたが、現在は三脚や雲台に加えて、多彩なブランドのカメラバッグや照明機材も取り扱っています。

マンフロットの雲台は優美で機能的なデザインが魅力。その美しさと使いやすさはプロカメラマンからも強く支持されています。また、世界で初めて3wayギア付き雲台や油圧システム搭載の自由雲台を発売するなど、最新技術の開発に積極的なのも特徴です。

ベルボン(Velbon)

By: amazon.co.jp

ベルボンは東京の中野に本社を置く、1955年に創業した老舗の国産三脚メーカーです。創業以来「Made in Japan」ならではの高品質な三脚・一脚・雲台を製造し続けており、モノづくりに対するひた向きな姿勢と強いこだわりは国内外で高く評価されています。

ベルボンの雲台はユーザーの使いやすさを第一に考えた設計が特徴。「QRAシステム」や「リボルビング機構」など、利便性を向上させる独自の機能が積極的に搭載されています。また、種類ごとに初心者向けからプロ向けまでラインナップが豊富に用意されているのも魅力です。

マーキンス(Markins)

By: rakuten.co.jp

マーキンスは韓国のソウルに本社を置く自由雲台の専門メーカーです。機械工学を専門とするカメラマンである創業者が、自らの体験を元にトラブルのない自由雲台を開発するため、1997年に設立しました。同社の自由雲台は、韓国国内ではもちろん、ドイツやロシアなどの有名カメラ雑誌でも「最高の自由雲台」と評価されており、日本でも知名度が徐々に上がっています。

マーキンスの自由雲台は軽量かつ耐久性に優れるのが特徴。航空機にも使われる素材を材料に使用することで、耐荷重を維持しつつ従来の自由雲台と比べて重量を半分程度に抑えています。また、独自機構の「BV-HEAD」によってビデオ雲台のように垂直・水平の移動が滑らかに行えるのもポイントです。

3way雲台のおすすめモデル

マンフロット(Manfrotto) 293折り畳み式3ウェイ雲台 MH293D3-Q2

携帯性を重視したい方におすすめの3way雲台です。材質にテクノポリマー素材の「ADAPTO」を使用しているのが特徴。耐荷重4kgの頑丈さを実現しながら、重量が約570gと軽く、軽快に持ち歩けます。

3軸それぞれでの独立した調節ができるハンドルを搭載。3つのハンドルは長めの設計のため扱いやすいのが特徴です。また、縦位置用のハンドルは90度手前に回せるので、コンパクトに収納できます。

水平出しなどの構図作りをサポートするバブル水準器を搭載。取り付けにはクイックリリースプレートを使用するため、脱着が迅速かつスムーズにできます。価格が安いのも魅力です。

マンフロット(Manfrotto) XPRO3ウェイギア雲台クイックプレート付き MHXPRO-3WG

精密な構図作りにこだわりたい本格派のカメラマンから人気の特殊機構を採用した3way雲台です。独自の「マイクロメートルノブ」機構を採用しているのが特徴。ノブで3軸それぞれのギア(歯車)を回すことでmm単位の微調整ができるので、風景や建築など構図の精密な追い込みが必要な撮影で重宝します。

また、通常のハンドルによる大まかな構図変更もできるため、目的に応じてギア調節との使い分けが可能。テクノポリマー素材「ADAPTO」の採用により、約750gと軽量にもかかわらず、4kgの耐荷重を実現しているのもポイントです。

ベルボン(Velbon) リボルビング機構搭載3way雲台 PHD-66Q

横から縦へ構図を頻繁に変更する方におすすめの特殊機構を採用した3way雲台です。独自の「リボルビング機構」を採用しているのが特徴。光軸のズレを最小限に抑えながら縦位置に構図を素早く変更できます。

加えて、カメラの重心が三脚の中央付近に保たれるので、縦位置構図でも安定性が損なわれないのも魅力。風景やテーブルフォトの撮影などで大幅な構図修正をする際に便利です。

材質には軽量かつ頑丈なマグネシウム合金を採用。2way水準器を搭載するほか、プレート装着部で水平位置の微調整もできます。耐荷重は3kgで、耐久性が高いのもポイントです。

スリック(SLIK) 高精度3WAY雲台 SH-806 N

フルサイズ一眼レフなどの重い機材を扱う方におすすめの3way雲台です。ハンドルの締め付け方式に「コマ締め方式」を採用しているのが特徴。一般的な雲台で見られる「割り締め方式」と違って、締め付け後に雲台が動いて構図がずれにくいので、より正確な構図を決定できます。

カメラの取り付けに直付け方式を採用しているのもポイント。さらに、カメラ台前面を大きく切り欠くデザインで、大きなレンズでも雲台に接触しにくいため、大口径の望遠レンズなども安心して使えます。

耐荷重は5kg。3軸水準器を搭載しているので、風景撮影での水平出しも正確に行えます。

自由雲台のおすすめモデル

マンフロット(Manfrotto) XPROボール雲台Q6付き MHXPRO-BHQ6

旅行などで素早く撮影を進めたい方におすすめの自由雲台です。独自の「トリプルロッキングシステム」によって、ボールロックレバーが締められた際に適切な位置でロックするように設計されています。

また、グリスを使用しないポリマーリングの採用により、ボールヘッドの動きが確実かつ滑らかなのもポイント。ブレを最小限に抑えつつ、狙った構図でカメラ位置を固定しやすいので、テンポよく迅速な構図変更ができます。

耐荷重10kgと頑丈ながら、重さが約500gと軽いのも特徴。さらに、アルカスイス互換のクイックシュープレートを採用しているため、他社製品との互換性もバッチリです。

ベルボン(Velbon) 自由雲台 B51D

小型かつ軽量で初心者にも扱いやすい自由雲台です。材質には高い剛性と軽量性を両立させた特殊樹脂製の新素材を使用。重量約192gにも関わらず、最大2.5kgというミラーレスカメラには十分な耐荷重を実現しています。

取り付けはクイックシュー方式。シュープレートは縦横どちらの向きでも取り付けが可能なので、カメラやレンズの三脚座の形状に合わせて自由に調節できます。価格が安いため、他タイプの雲台からの乗り替えで自由雲台を試してみたい方にもおすすめです。

ベルボン(Velbon) トルク調整機構搭載自由雲台 QHD-S5AS

ベルボンで人気のトラベル三脚「UT(C)-50」シリーズ用に最適設計された高精度な旅行用の自由雲台です。重さ約318gの軽量ボディでありながら、耐荷重4kgを実現しています。

ベース部に独立した「水平パン独立機構」を搭載しているのも特徴。滑らかなパン操作ができるので、風景パノラマやタイムラプス動画の撮影にも活用できます。また、「トルク調整機構」を備えているのもポイント。ボールヘッドを動かす際の重さを調節できるため、狙った構図でカメラ位置を正確に留められます。

アルカスイス互換のクイックシューを採用。プレート裏面には脱落防止用のピンも搭載されています。

マーキンス(Markins) 自由雲台 Q3iQ

風景だけではなく野鳥の撮影などにも挑戦したい行動派の方におすすめの自由雲台です。材質にはアルミ合金を採用。質量約379gと軽量にも関わらず、超望遠レンズの重量にも対応できる約30kgの耐荷重を実現しています。

高度なフリクション機構も特徴。滑らかな動きと高い制動力を両立しているので、狙った構図でカメラ位置を容易に留められます。別売アクセサリーの「BV-HEAD」を装着すれば縦横回転の動きが制限されるため、ビデオ雲台と同じような感覚で運用できます。

ビデオ雲台のおすすめモデル

マンフロット(Manfrotto) XPROフルードビデオ雲台 MHXPRO-2W

本格的な動画制作に挑戦したいカメラマンにおすすめのビデオ雲台です。動作に油圧によるフルード機構を搭載しているのが特徴。動画撮影で必要不可欠なパンやチルトの操作が流れるように滑らかにできます。

上下チルトの動きは2段階で重さが調節できるのもポイント。超望遠レンズを使用する際に自重で機材が急に前へ倒れるのを防げるので、大きなレンズを使ったスポーツや野鳥などの撮影でも重宝します。

材質にはテクノポリマー素材の「ADAPTO」を採用。重さ約760gの軽量ボディで耐荷重4kgを実現しています。静止画用雲台にも使われているモノと共通のクイックシュープレートが採用されているため共用も可能です。

ベルボン(Velbon) ビデオ撮影用フリュード雲台 FHD-43M

ホームビデオなど気軽に動画撮影を楽しみたい方におすすめの小型ビデオ雲台です。粘性のある特殊グリスによるオイルフリュード機構を搭載。パンやチルトの操作時に低速で滑らかな動きが得られるので、動画の撮影で重宝します。

操作がシンプルなのも特徴。パンとチルト両方の調節ノブが側面に同軸で配置されているため、片手での制御が簡単にできます。また、パンハンドルの取り付け位置は左右自由に変更が可能なので、左利きの方でも安心です。重さは約285gで、耐荷重は1.5kg。取り付けにはクイックシュープレートを使用します。