非常時でも聴けるメディアとして活躍する「ラジオ」。音楽番組やトーク番組など多種多様なコンテンツが放送されており、普段の生活でも役に立つ便利なアイテムです。

そこで今回はポータブルラジオのおすすめ人気機種をご紹介します。あわせて選び方についても解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

ポータブルラジオの必要性

By: amazon.co.jp

インターネットが普及したことで、使用頻度が少なくなりつつあるラジオ。しかし、災害時などでも放送を聴ける心強いアイテムです。最近は地域密着型FM局も増えており、非常時には重要な情報源となります。

乾電池さえあれば作動する簡易な製品はもちろん、なかには手回しで発電できるモデルも存在するので、災害時など電源が確保できない状況でも安心です。

なお、勉強や寝るときのお供としてラジオを聴くのもおすすめ。局ごとにさまざまな番組を放送しているので、好みに合わせて楽しめます。

ポータブルラジオの選び方

タイプと大きさの違いで選ぶ

By: amazon.co.jp

ポータブルラジオには、さまざまなタイプと大きさがあります。持ち運びやすさを優先した「ハンディタイプ」は、機能が最小限に絞られたライターほどのコンパクトサイズのラジオで、荷物を増やしたくない通勤通学時に最適です。

イヤホンに加えて、本体に搭載されているスピーカーでも放送を聴けるのが「ポータブルタイプ」のラジオ。手のひらで握りやすいサイズのモデルが多く、気軽に使えます。

また、家に置いておくことが多く、室内での移動がある場合は、「据え置きタイプ」のポータブルラジオがおすすめ。乾電池式のモデルであれば、コンセントの近くに置く必要がないのでシーンに応じて設置場所を選べます。

電源で選ぶ

最近のポータブルラジオは乾電池式の機種が主流です。本体が小さいコンパクトモデルは、単4形アルカリ乾電池2本を使用するタイプがほとんど。据え置きタイプだと、大きな単2~3形電池を使う場合もあります。

手回しや太陽光で充電できる機種を選べば、非常時にも安心。なかには、USBで充電できるモノもラインナップされています。

チューニング方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

ポータブルラジオのチューニング方式には、「シンセチューニング」と「アナログチューニング」の2種類があります。初めてラジオを買う方は、自動で局を合わせるシンセチューニングタイプがおすすめです。

アナログチューニングは自分で局の周波数に合わせて微調整ができるので、シンセチューニングと比べてより多くの放送を楽しめます。

シンセチューニング式ポータブルラジオのおすすめ

ソニー(SONY) ポータブルラジオレコーダー ICZ-R260TV

ソニー(SONY) ポータブルラジオレコーダー ICZ-R260TV

多機能が魅力のポータブルラジオ。AM/FMラジオが聴けるのはもちろん、ワンセグテレビの音声放送も受信できます。ワンセグ専用のアンテナを搭載した高感度設計もポイントです。

豊かな低音再生を可能にした「バスレフ構造」をスピーカーに採用。さらに、独自の「Clear Audio+」機能によるクリアなサウンドも相まって、ポータブルラジオとは思えないほどの高音質が楽しめます。内蔵充電池と乾電池の併用により、最大20時間のスピーカー再生が可能です。

また、ラジオの予約録音も最大20件まで可能。16GBの内蔵メモリに加えて、外部SDカードにも対応しているので多くの番組を録音可能です。ラジオ本体に録音した番組は、ICレコーダーやウォークマンなどに転送できるのも便利。マルチに使えるおすすめのラジオです。

パナソニック(Panasonic) FM/AM・ワイドFM対応ラジオ RF-P155

パナソニック(Panasonic) FM/AM・ワイドFM対応ラジオ RF-P155

厳密なチューニングをしなくても、自動で最寄りの放送局に合わせる「らくらくチューニング」を搭載した人気のポータブルラジオ。選局中のノイズを低減しているので、快適に聴取可能です。

蛍光色ポインターと蓄光機能で光るダイヤルパネルにより、暗闇でも選局しやすいのもポイント。また、電波の弱い場所でもAM放送を聴取できるワイドFMに対応しています。

単3形アルカリ乾電池2本の使用で最大109時間使用できるスタミナも魅力です。持ち運びしやすい「ハンドストラップ」が付いているのも便利。日常使いから非常時の情報収集まで活躍するおすすめのラジオです。

ソニー(SONY) 名刺サイズPLLシンセサイザーラジオ SRF-R356

ソニー(SONY) 名刺サイズPLLシンセサイザーラジオ SRF-R356

独自設計のICを採用し、低消費電力の設計にしたことで、単4形アルカリ乾電池1本の使用で最長100時間の使用が可能なポータブルラジオ。別売の専用キット「BCA-TRG3KIT」を使えば充電式としても使用できます。

また、暗いところでも見やすいバックライト付き液晶画面も搭載。漢字対応の日本語表記により、受信中の国内放送局名を見やすく表示します。現在時刻表示のほか、設定した時刻にブザーを鳴らすアラーム機能も搭載しているので便利。

さらに、巻き取り式のモノラルイヤホンを内蔵。本体と一体化しているため、未使用時はイヤホンをコンパクトに収納できます。市販のステレオイヤホンやヘッドホンを接続すれば、高音質なFMステレオ放送が聴取可能。胸ポケットに入る程度のコンパクトさなので、外出のお供にも最適です。

パナソニック(Panasonic) ワンセグTV音声/FM/AMラジオ RF-ND50TV

パナソニック(Panasonic) ワンセグTV音声/FM/AMラジオ RF-ND50TV

ワンセグテレビ音声受信機能を搭載したポータブルラジオ。ポケットに収まる小型サイズながら、スピーカーを内蔵しているのでイヤホンなしでも放送を楽しめます。また、付属のイヤホンがFM放送受信用のアンテナの役割を果たすので、FM放送を楽しむことも可能。ワンセグテレビ音声を受信するためのアンテナは内蔵式なので、すっきりしたデザインで持ち運びやすいのもポイントです。

人の声の周波数を強調する「快聴音」機能を備えているので、ニュース番組のアナウンスなどがよく聴き取れます。文字が大きくて番組情報が見やすいのも魅力のひとつ。おもにイヤホンでFMを楽しみたい方におすすめの高感度なポータブルラジオです。

オーム電機(OHM) Audio Comm AM/FMポケットラジオ RAD-F300N

オーム電機(OHM) Audio Comm AM/FMポケットラジオ RAD-F300N

リーズナブルながら機能が充実しているAM/FMポータブルラジオ。厚さ15mm・重量約61gと薄型軽量で、イヤホンは音楽番組が高音質で楽しめるステレオに対応しています。電源は単4形アルカリ乾電池池2本を使用。また、別売りのACアダプターを接続して給電するDC3V電源にも対応しています。

時計・アラーム機能・スリープ機能も便利。小型のシンセチューナーラジオをお手頃価格で購入したい方におすすめです。

東芝(TOSHIBA) デジタルチューナーAM/FMラジオ TY-APR4

東芝(TOSHIBA) デジタルチューナーAM/FMラジオ TY-APR4

単4形乾電池が2本で動く乾電池式のポータブルラジオ。AMラジオ・FMラジオどちらにも対応しています。さらに、AM放送の番組が受信しにくい場合にFM放送で補完できる「ワイドFM」対応機器なので、地理・地形的な難聴対策や災害時の対策としても活躍するモデルです。

電波を受信すると同調ランプが光り、受信状況が一目でわかるのもポイント。デジタルチューナーが搭載されているため、簡単に選局できます。また、出力は本体側面にあるスイッチで、イヤホンと内蔵スピーカーの2パターンから切り替え可能です。

ソニー(SONY) ポータブルラジオICレコーダー ICZ-R110

ソニー(SONY) ポータブルラジオICレコーダー ICZ-R110

汎用性の高いポータブルラジオを探している方におすすめのモデル。専用のクレードルを付属しており、接続すればスピーカーからラジオ番組などを流して楽しめます。受信ができる放送局をスキャンして本体に自動登録する「オートプリセット」機能も便利です。

また、ラジオとしてはもちろんICレコーダーとしても使え、ビジネスシーンなどで役に立ちます。録音したファイルの再生スピードを調節できる「デジタルピッチコントロール」、聴きたいところを繰り返しリピート再生できる「A-Bリピート」を搭載。語学学習や会議の議事録作成などに役立ちます。

アナログチューニング式ポータブルラジオのおすすめ

ソニー(SONY) ハンディーポータブルラジオ ICF-P36

ソニー(SONY) ハンディーポータブルラジオ ICF-P36

アナログチューニングタイプのシンプルなポータブルラジオ。単3形アルカリ乾電池2本使用で最大320時間稼働するロングバッテリーが魅力です。スピーカーと付属イヤホンの両方でAM/FM放送が聴取できます。

リーズナブルな価格帯なので気軽に購入できるのもうれしいポイントです。重量は約210gと持ち運ぶには少し重いので、据え置き用に使うのがおすすめ。非常時の備えとして、予備電池と共に置いておけば安心です。

東芝(TOSHIBA) 手回しラジオ TY-JKR5

東芝(TOSHIBA) 手回しラジオ TY-JKR5

電気二重層コンデンサーを採用することで、電池残量がない状態でも長期保管ができるポータブルラジオです。手回し充電可能なので、長期保管後でも、手回しですぐに使えるのが魅力。普段使いはもちろん災害・非常時の防災用にも役立ちます。IP54等級相当の防水・防塵性能なので、アウトドアシーンなどにも持ち出して使用できるのも魅力です。

FM周波数を利用してAM放送を聴ける「ワイドFM」機能を搭載。AMを受信しにくい場所でも活躍します。本体にあるUSB端子を使えば、スマホの充電もできて便利です。

ソニー(SONY) 手回し充電ポータブルラジオ ICF-B99

ソニー(SONY) 手回し充電ポータブルラジオ ICF-B99

非常時に役立つ機能を多く搭載したアナログチューニング式ポータブルラジオ。ハンドルを回して電源を蓄える手回し充電に対応しています。ラジオを聴けるのはもちろんのこと、LEDスポットライトも使用可能。また、モバイルバッテリーとしてスマホへの充電もできます。

FM/AM放送に加え、AM放送を高音質なFMで聴けるワイドFMにも対応しているので、クリアなサウンドで情報が収集できます。単3形アルカリ乾電池2本で動くほか、USBでの給電も可能。ソーラー充電にも対応しているため、普段は据え置きラジオとして、非常時はマルチなツールとして防災用に使えるおすすめモデルです。

オーム電機(OHM) Audio Comm ラジオ RAD-F050M

オーム電機(OHM) Audio Comm ラジオ RAD-F050M

本体サイズが36×75×15mmと、ライターサイズの超小型ラジオ。電池を含まない重量も34gと軽いので、携行性に優れたポータブルラジオを探している方におすすめです。 リーズナブルな価格ながら、イヤホン出力はステレオ対応なのも魅力。FMの音楽番組を高音質で楽しめます。

また、声が聴き取りやすくなる低音強調機能を搭載。周囲が騒々しい場所でも必要な情報を聴き逃しにくくなっています。 電源は単4形アルカリ乾電池1本で、AM/FMともに約60時間使用できるロングバッテリーです。

なお、スピーカー出力は搭載していません。イヤホンやヘッドホンで高音質なラジオを手軽に楽しみたい方はチェックしてみてください。

オーム電機(AudioComm) ハンディたんぱラジオ RAD-H310N

オーム電機(AudioComm) ハンディたんぱラジオ RAD-H310N

AM/FMに加えて、短波ラジオの受信が可能なポータブルラジオ。短波対応のラジオながら手頃な価格が魅力です。FM/SWロッドアンテナを搭載しているので、電波状態の悪い場所でも雑音を抑えて受信できます。

また、選局チューニングやボリューム、電源ボタンなど、すべてダイヤル・スイッチによる操作を採用。動作の確実性を高めるとともに、レトロな雰囲気を演出しています。存在感のある独特なデザインもおすすめポイントです。

単3形アルカリ乾電池池2本で最大127時間使えるロングバッテリーも魅力。収納式スタンドとハンドストラップが付いているので、据え置き・携帯の両方で便利に使えます。

オーム電機(OHM) Audio Comm 豊作ラジオDX RAD-F439N

オーム電機(OHM) Audio Comm 豊作ラジオDX RAD-F439N

IPX4に準拠した防水仕様のアナログチューニング式ポータブルラジオ。「豊作ラジオ」と製品名にあるように、屋外での農作業時に聴くことを想定しているため、ガーデニングやバーベキューなど、庭先での使用に最適。

レトロでかわいいデザインなので、キッチンやお風呂に置くのにもぴったりです。電源は単1形アルカリ乾電池池を4本使用。電池持続時間は約400時間と非常に長いので、電池交換の手間を減らしてヘビーに使いたい方にもおすすめです。

ポータブルラジオのAmazonランキングをチェック

ポータブルラジオのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。