マウス本体を動かすことなくカーソル操作ができる「トラックボール」。デスク上のスペースを有効に利用できるだけでなく、手首や肘にかかる負担を軽減したい場合にも便利です。

ただし、ロジクールやぺリックスなどさまざまなメーカーから発売されており、購入する際にはどれを選んでよいか迷ってしまいがち。そこで今回はおすすめのトラックボールをご紹介します。選び方のコツもあわせて参考にしてみてください。

トラックボールとは?

By: logicool.co.jp

「トラックボール」とは、本体に搭載されているボールを転がすことでカーソルを操作できるマウス。通常のマウスのように本体を動かさずに使えるのがメリットです。

また、長時間パソコン作業を行う場合にもおすすめ。腕や手にかかる負担を軽減したい場合に便利です。トラックボールは親指・人差し指・中指・手のひらなどを使ってボールを回すので、正確にカーソルを操作できます。

トラックボールの魅力

By: kensington.com

トラックボールは、一般的なマウスのように本体を動かす必要がなく、デスク上のスペースが限られている場合にも便利。ノートや筆記具が散乱しているデスク上はもちろん、太ももの上などに置いても使用できます。

また、マウスを動かす音が気になる場合におすすめ。ボールを回す際の操作音が小さめで静音性に優れており、作業に集中したい場合にも適しています。さらに、手首や肘にかかる負担を軽減できるのもトラックボールのメリット。長時間連続で作業を行う場合におすすめです。

トラックボールの選び方

トラックボールの位置に注目

初心者には親指で操作するタイプがおすすめ

By: logicool.co.jp

トラックボールに搭載されているボールは、製品ごとに位置が異なります。親指で操作するトラックボールは、マウスのサイドにボールを備えているタイプ。クリックボタンやホイールは一般的なマウスと同じ位置にあるので、初心者でも操作しやすいのがポイントです。

ただし、カーソル操作は親指1本で行うので、負担が集中しやすい点には注意しましょう。

人差し指や中指で操作するタイプはサイドボタンが豊富

By: elecom.co.jp

人差し指や中指でカーソルを操作するトラックボールは、豊富なサイドボタンを備えたモデルが多い傾向があります。各サイドボタンにキーボードで操作するコマンドをあらかじめプログラムしておけば、作業を効率よく進められます。

また、人差し指や中指を使って操作するので、カーソルの可動域を広くとれるのもポイント。一般的なマウスでは、クリックボタンを押す人差し指や中指でボールを操作するので慣れは必要ですが、カーソルを大きく動かす作業におすすめです。

手のひらで操作するタイプは大きなカーソル移動も簡単

By: amazon.co.jp

手のひらでカーソルを操作するトラックボールは、マウスの中央付近にボールを搭載しているタイプです。マウスを握った際に手のひらにボールがあたるデザインが採用されています。

人差し指や中指で操作するタイプと同じく、カーソルを大きく動かしたい場合に便利。カーソルを動かす幅によって手を動かす必要はありますが、指を自由に使える点もメリットです。

接続方法をチェック

By: logicool.co.jp

トラックボールの接続方式には、通常のマウスと同じくワイヤレス接続と有線接続の2種類が存在します。パソコンとワイヤレスで接続できるトラックボールは、BluetoothやUSBレシーバーを利用するのが一般的。USBポートを使いたくない場合にはBluetooth、安定した接続を求める場合にはUSBレシーバータイプが便利です。

一方で、有線接続式の製品は、ケーブルを利用してパソコンと接続するタイプ。Bluetoothで接続する製品のように設定を行う必要はなく、ケーブルをつなぐだけで使用できるのがメリットです。

ボタンの数や配置をチェック

By: kensington.com

トラックボールは、製品ごとに搭載されているボタンの数や位置が異なります。作業効率を高めたい場合には、多数のボタンを搭載したモデルが便利。基本的にマウスに搭載されているボタンは左右のクリックボタンとホイールですが、本体のサイドや上部に多数のボタンを備える機能的な製品も展開されています。

ブラウザの「戻る」や「進む」のほか、「コピー」「切り取り」「貼り付け」など好みの操作を割り当てて使用したい場合におすすめです。

ワイヤレスタイプは給電方式もチェック

By: logicool.co.jp

ワイヤレスで接続できるトラックボールの給電方式には、充電式と電池式の2種類が存在します。充電式の製品は、マウス本体にバッテリーを内蔵しているタイプ。バッテリーが切れた際に充電する必要はありますが、ランニングコストを削減したい場合に便利です。

電池式を採用している製品は、本体に電池を入れて使用するタイプ。ランニングコストはかかりますが、電池が切れても交換すれば続けて作業を行えます。

細かな操作をするなら「DPI」の数値をチェック

By: perixx.co.jp

トラックボールでカーソルを正確に操作したい場合には、「DPI」の数値を事前にチェックしておくのが重要なポイント。DPIは、ボールを1インチ動かした際にカーソルがどの程度移動するかを表したスペックです。

DPIの数値が高いほど、少ない操作で大きくポインターを動かすことが可能。行う作業にあわせて、DPIを数段階で切り替えられるモノも存在します。

トラックボールのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: amazon.co.jp

「ロジクール」は、1981年にスイスで設立されたロジテックの日本法人です。キーボードやPCスピーカー、Webカメラなど幅広い製品を取り扱っているのが特徴。トラックボールのラインナップは少なめですが、品質の高さで人気を集めています。

ロジクールが製造するトラックボールは、親指でボールを操作する製品を多く展開。一般的なマウスと同じくクリックボタンを人差し指や中指で押せるので、初心者にもおすすめです。

ケンジントン(Kensington)

By: amazon.co.jp

マウスやキーボード、ドッキングステーションなど多彩な製品を取り扱う「ケンジントン」は、世界100ヶ国以上で展開されているメーカーです。

ケンジントンが製造するトラックボールはラインナップが豊富。親指でカーソルを操作するタイプだけでなく、人差し指や中、手のひらで操作するタイプも多く販売されています。

エレコム(ELECOM)

By: elecom.co.jp

1986年に設立された「エレコム」は、パソコン周辺機器やガジェット類を製造している日本国内のメーカーです。エレコムの製品は、リーズナブルな価格ながら高い性能を備えているコスパの高さが魅力。トラックボールも比較的低価格なモデルを多く展開しており、購入しやすいのがポイントです。

また、ラインナップを豊富に取り揃えているのもポイント。左利き用のトラックボールも製造されています。

トラックボールのおすすめ|親指操作モデル

ロジクール(Logicool) MX ERGOアドバンス ワイヤレス トラックボール MXTB1s

手のひらの形状にあわせて設計されている親指操作モデルのトラックボールです。一般的なマウスと比較して、手・手首・前腕の筋緊張を20%程度軽減すると謳われているのがポイント。0~20°の間でトラックボール本体の角度が調節できるので、好みや作業に応じて適切な持ち方ができます。

本体上部の素材にはソフトラバーを採用。グリップ感に優れており、快適な作業が可能です。また、プレシジョンモードと高速トラッキングモードを作業にあわせて変更できます。

OSはWindowsだけでなく、macOSにも対応。複数のパソコンをシームレスにコントロールできる点もおすすめです。接続方式はワイヤレス式を採用。BluetoothとUSBレシーバーの両方に対応しています。給電方式は充電式を採用。1度フル充電しておけば、最長で4ヶ月間バッテリーが持続するのも魅力です。

ロジクール(Logicool) ERGO M575Sワイヤレス トラックボール m575s

人間工学に基づいてデザインされている親指操作モデルのトラックボールです。手首を動かさずに親指のみでカーソルを操作できます。腕や肩にかかる負担が軽減できる点がおすすめです。

マウス本体のサイドに表面の滑らかなトラックボールを搭載。また、オプティカルセンサーを採用しており、精度の高いトラッキングが行えます。

OSはWindowsとmacOSの両方に対応。接続はワイヤレス式を採用しており、Bluetoothや付属のUSBレシーバーでの接続に対応しています。給電方式は電池式を採用。単三乾電池1本で最長2年間使用できます。

耐久性に優れているのもポイント。300万回のクリックに耐えられる設計なので、長期間愛用しやすいおすすめのアイテムです。

エレコム(ELECOM) ワイヤレストラックボール 親指操作タイプ M-XT3DR

ボールを支える支持球に直径2.5mmの大型人工ルビーを採用した、親指操作モデルのトラックボール。親指で操作がしやすく、手あかなどのゴミが埋もれにくいのも魅力です。

また、マウス本体に窪みやふくらみを設けたデザインも魅力。さらに、高性能な光学式センサーを搭載しているのも特徴。カーソルの追従性に優れており、快適に作業が行えます。

ボールの前部分には、Webページの「進む」および「戻る」ボタンを配置。薬指があたる部分にはファンクションボタンを備えており、好みのコマンドをプログラムできます。左右のクリックボタンにはOMRONのスイッチを採用。クリック感に優れているだけでなく、耐久性が高い点もおすすめです。

DPIは1500と750の2段階で切り替えが可能。速度変更スイッチで簡単に切り替えできます。比較的リーズナブルな価格で購入できるので、初心者にもぴったりなトラックボールです。

エレコム(ELECOM) Bluetoothハンディトラックボール M-RT1BRX

手に持って使用するコンパクトなサイズのトラックボールです。本体サイズは幅40.7×奥行111.5×高さ56.6mm。重量も約77gと軽く、携帯性に優れているのが魅力です。接続方式はワイヤレス式を採用。Bluetooth通信を利用した接続方式に対応しており、パソコンやタブレットなどと簡単に接続できます。

また、ボール表面にクリアコーティングが施されているのもポイント。反射型レンズ搭載光学式センサーを備えており、カーソルの追従性が高いのもメリットです。

本体は小型ながら、合計で10個のボタンを搭載している点も魅力。左右のクリックボタン・スクロールホイール・「進む」「戻る」ボタン・メディアコントロールボタンなどを備えており、すべてのボタンに好みのコマンドを割り当てられます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) Bluetoothトラックボール MA-BTTB130

手の置き心地を追求して設計されている親指操作モデルのトラックボールです。人間工学に基づいたエルゴノミクスデザインを採用しているのが特徴。手のひらへのフィット感に優れており、快適に操作できます。

また、本体に15°の傾斜がつけられているのもポイント。自然な手首の角度でマウスを握りやすい設計です。接続方式はワイヤレス式を採用。Bluetooth接続に対応しており、半径10mの広い範囲で安定した接続が期待できます。

OSはWindowsやmacOSのほか、Androidにも対応。パソコンだけでなく、タブレットで使用できる点もおすすめです。さらに、各ボタンを押した際の音が小さめに設計されているのもメリット。静音性が高く、深夜や早朝に作業を行う場合にも便利です。

トラックボールのおすすめ|人差し指・中指操作モデル

エレコム(ELECOM) ワイヤレストラックボール 人差し指操作タイプ M-DT2DR

多数のボタンを搭載した、人差し指または中指操作モデルのトラックボールです。左右のクリックボタンだけでなく、「進む」「戻る」ボタンや機能割り当てボタン、チルトホイールを搭載。好みのコマンドがプログラムできるボタンは、3つ備えています。

ボールの動きを検知するセンサーには、高性能な光学式センサーを採用。カーソルの追従性に優れている点もメリットです。ボールを支える支持球には、直径2.5mmの大型人工ルビーを使用。操作がしやすいだけでなく、ゴミが埋もれにくいのもポイントです。また、ボールを取り外してメンテナンスも行えます。

DPIは1500と750の2段階で切り替えが可能。作業にあわせて簡単に変更できる点もおすすめです。

エレコム(ELECOM) トラックボール 人差し指・中指操作タイプ M-HT1URX

直径52mmの大型ボールを搭載した、人差し指または中指操作モデルのトラックボール。一度の操作でカーソルを大きく動かすことが可能です。

また、本体上面部分にパームレストを備えているのもポイント。使用時に手首や手のひらをのせておけば、長時間のパソコン作業も快適に行えます。無料ダウンロードが可能なソフト「エレコム マウスアシスタント」を利用すれば、ボタンへの機能割り当てが可能。合計10個搭載されているボタンすべてに好みのコマンドをプログラムできます。

裏面には穴が設けられており、ボールが取り出せる設計。ボールやボール受けのメンテナンスを手軽に行えるおすすめのアイテムです。

エレコム(ELECOM) トラックボール DEFT PRO 人差し指操作タイプ M-DPT1MR

長寿命なパーツが採用されている、ハイスペックな人差し指または中指操作モデルのトラックボールです。指の可動範囲が広い人差し指や中指でボールをコントロールできます。ゲーミング向けの高性能光学式センサーを備えており、正確なカーソル操作が可能です。

また、合計10個のボタンを搭載している点もメリット。左右のクリックボタンだけでなく「進む」「戻る」ボタン、機能割り当てボタン、チルトホイールなどを備えており、「エレコム マウスアシスタント」ソフトを利用して好みのコマンドをプログラムできます。

スクロールホイールは稼働時に部品の摩耗が少ない光学式エンコーダを採用。接続方式はワイヤレス式と有線式の両方に対応。接続機器や使用環境にあわせて、接続方法を変更できる点もおすすめです。

ケンジントン(Kensington) オービットワイヤレスモバイルトラックボール KT-2352

2.4GHzのワイヤレスナノレシーバーが付属している人差し指または中指操作モデルのトラックボールです。レシーバーを使用しない際は、本体内部に収納が可能。外出先で使用したい場合にも便利です。

また、ボールを囲むようにタッチスクロールを備えているのもポイント。リングに指を滑らせれば、Webページやドキュメントを簡単にスクロールできます。さらに、高性能なオプティカルセンサーが採用されているのもメリット。精度が高く、作業効率の向上が期待できます。

無料でダウンロードできる「Kensington TrackballWorks」ソフトを利用すれば、2つのボタンに多彩な機能を割り当て可能。カーソルやスクロールの速度の調節も行えます。

トラックボールのおすすめ|手のひら操作モデル

ケンジントン(Kensington) Expert Mouse Wired Trackball K64325JP

WindowsとmacOSの両方に対応している手のひら操作モデルのトラックボールです。接続方式は有線式を採用。ケーブルをパソコンに接続するだけで使用できるので、トラックボール初心者にもおすすめです。

また、取り外しができるパームレストが付属しているのもポイント。長時間パソコン作業を行う際に手首にかかる負担を軽減したい場合に便利です。ボールのサイズは直径55mmと大きめ。ダイアモンドアイオプティカルテクノロジーも採用されており、操作性が高いだけでなく正確なカーソルコントロールが可能です。

「Kensington TrackballWorks」ソフトを利用すれば、4つのボタンのカスタマイズが可能。使用頻度の高いコマンドを割り当てておける点も魅力です。

ケンジントン(Kensington) オービットトラックボールウィズスクロールリング K72337JP

Webページやドキュメントのスクロールが簡単に行えるスクロールリングを備えている、手のひら操作モデルのトラックボールです。ブルーカラーのボールは直径40mmのミディアムサイズ。表面の硬度が高く完全な球体に設計されているので、正確なトラッキングが可能です。

また、「Kensington TrackballWorks」ソフトを利用すれば、多彩なカスタマイズが可能。左右に備えている2つのボタンに好みの機能を割り当てられるだけでなく、カーソルやスクロールの速度も調節できます。

さらに、取り外し可能なリストレストが付属しているのもポイント。人間工学に基づいたデザインによって、手や手首をやさしく支えられる点もおすすめです。

ケンジントン(Kensington) スリムブレードトラックボール K72327JP

流線型の美しいデザインが採用されている手のひら操作モデルのトラックボールです。人間工学に基づいて設計されており、快適に使用できるのが魅力。腕や手首の動きを抑えられるので、長時間作業時でも疲れにくいのが特徴です。

ボールの直径は55mmと大型。レーザーセンサーで正確なトラッキングができ、カーソルを自在にコントロールできます。「Kensington TrackballWorks」ソフトを利用すれば、4つのボタンに機能の割り当てが可能です。

接続方式は有線式を採用。左右対称なデザインになっている点もおすすめです。

トラックボールのおすすめ|左利き用モデル

エレコム(ELECOM) ワイヤレストラックボール 左手・親指操作タイプ M-XT4DR

左利き用に設計されている親指操作モデルのトラックボールです。ボールの動きを検知するセンサーには、ゲーミング向けの高性能光学センサーを採用。カーソルの追従性に優れています。

支持球には直径2.5mmの人工ルビーを採用。ボールの操作性を向上させているだけでなく、手あかなどのゴミが埋もれにくいのもメリットです。薬指があたる位置には、ファンクションボタンを配置。「エレコム マウスアシスタント」を利用して、簡単に機能を割り当てられる点もおすすめです。

ケンジントン(Kensington) オービットオプティカルトラックボール K64327JP

左右対称なデザインを採用しているトラックボールです。左利きだけでなく右利きにも対応できるのが特徴。コンパクトなサイズが採用されており、デスク上のスペースを有効に活用できるのが魅力です。

グレーカラーのボールは直径が40mm。高性能なオプティカルセンサーで正確に操作できる設計です。接続方式は有線式を採用しています。

ペリックス(Perixx) ワイヤレス トラックボールマウス PERIPRO-706

ジェル入りのパームレストが付属したトラックボールです。100×168×42mmのパームレストで、しっかりと手首を支えられるのが特徴。パソコン作業を長時間行う場合にも便利です。

光学センサーは800DPI。直径25mmのボールを備えており、快適にカーソルをコントロールできます。また、ボールの下部に左右のクリックボタンやスクロールホイールを備えているのもポイント。一般的なマウスに近い操作性を有している点もおすすめです。

トラックボールマウスのAmazon・楽天市場・Yahoo!ランキングをチェック

トラックボールマウスのAmazon・楽天市場・Yahoo!の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。