パソコンとセットで使うことが多いマウス。とはいえ、ある程度の操作スペースが必要になることや長時間使っていると手首や肩などが痛くなるなど、ストレスを感じることもあります。

そんなユーザーには「トラックボール」がおすすめ。慣れは必要ですが画面が広いディスプレイでも的確かつスピーディに操作できるので、スマートにPC作業を行いたい方には便利なアイテムです。

そこで今回は、トラックボールのおすすめ人気モデルをワイヤレスタイプと有線タイプに分けてご紹介します。初心者にも選びやすいよう選び方も解説するので、購入の際はぜひ参考にしてみてください。

トラックボールとは

614pobsjt3l-_sl1001_

By: amazon.co.jp

そもそもトラックボールとは付属のボールでモニターのポインターを操作するモノ。見た目は通常のマウスと同様ながら、親指でカーソルをコントロールするのが特長です。また、本体を動かす必要がないため、手や肩に負担が少なく疲れにくいと言われています。

トラックボールのメリット

hand-1366938_640

トラックボールには次のようなメリットがあります。

・マウス本体を動かす必要がないので、机のスペースを有効活用できること
・ボールを転がすだけの操作なので、腕や手首や肩などの負担が少なく疲れないこと
・画面の端から端に移動するとき、ボールを転がすだけでスピーティに操作できること
・ボールを中央に配置されたトラックボールは左右対称なモノもあり、左利きの方でも対応できること

トラックボールのデメリット

41qspvvvfql

By: amazon.co.jp

メリットが多いトラックボールですが、逆にデメリットとしては、通常のマウス操作に慣れている方が使う場合、操作に慣れるまで時間がかかるということです。なお、通常のマウスよりもやや価格が高いこと、そして製品のバリエーションが少ないことなども留意しておきましょう。

トラックボールの選び方

有線かワイヤレスか

By: amazon.co.jp

有線タイプの場合は給電方法がUSBなどの方式なため、電池を消耗することがありません。そのため、長く使えば使うほどワイヤレスタイプのトラックボールよりもランニングコストを抑えることができます。

また、ワイヤレスやBluetoothの場合はタイムラグが生じる可能性があります。ゲーミング用途などで使う場合など、コンマ1秒の操作が必要となる場合は有線タイプのトラックボールがおすすめです。

一方、ワイヤレスタイプはすっきりと使えるのが魅力。通常のマウス同様、バッテリーには気を使いますが、トラックボール自体マウスを動かさずに使うことができるため、デスクスペースをスマートにできるのがポイントです。

ボタンの数

By: amazon.co.jp

通常のマウスとは操作が異なるので、事前にボタンの数を確認しておきましょう。よく使うショートカットキーなどをカスタマイズすることで、より効率的に作業できます。

なお、ゲーム用などで使用する場合、特にMMOなどの操作が複雑なゲームを楽しむ際はゲーム内のスキルをマウスのボタンに設定することができるため、非常に便利です。

トラックボールの位置

By: amazon.co.jp

トラックボールの位置は操作性を大きく左右するポイント。自分が操作しやすい指を把握してから選びましょう。基本的にトラックボールの位置は2種類。マウス側面にある親指タイプと、マウスの中央に配置されている人差指・中指タイプです。

トラックボールのおすすめ|ワイヤレス・Bluetooth

ロジクール(Logicool) ワイヤレストラックボール M570t

ボタンが5つ搭載されており、普段使いだけではなくFPSやMMOなどのゲームにも使用できるトラックボールです。電源は単3乾電池1本で最大18か月使用することが可能。ステータスインジケーターも備えているため、急な電池切れの心配もありません。

マウス本体のデザインは緩やかな曲線を描いた疲れにくい形状。長時間マウスを使った作業をする方におすすめのトラックボールです。

ロジクール(Logicool) MX ERGO ワイヤレス トラックボール MXTB1S

ロジクールの高性能トラックボール。使い勝手を考慮し、本体自体の傾斜を調節できるのが特長です。従来のトラックボールは水平の状態でしか使用できませんが、本製品は20度の傾斜角をつけて使用することも可能。長時間マウスを使った作業をする方におすすめです。

また、1分ほどの充電で約8時間の使用が可能な点も魅力的。OSもWindows・Macともに対応しているため、使い勝手良好なトラックボールです。

ケンジントン(Kensington) ワイヤレストラックボール K72359JP

左右対称な形状のため、利き手を選ばずに使用することができるトラックボール。取り外し可能なパームレストを採用し手首の負担を軽減するなど、人間工学に基づいた疲れにくデザインを採用し、長時間使用するユーザーの負担を軽減します。

Bluetooth 4.0 LEと2.4GHz USB接続にも対応。トラックボール自体が大きく作られているため、スムーズに操作することが可能です。

エレコム(ELECOM) トラックボールマウス ワイヤレス M-HT1DRBK

トラックボールの動きを察知するセンサーにゲーミングと同じグレードの高性能センサーを採用したトラックボール。普段使いだけではなく、FPSやMMOなどのゲームにも使用できます。

トラックボールも直径52mmの大型設計になっており、人差指・中指で操作できるようになっています。また、支持球が大型なためゴミなどがたまりにくく、メンテナンスにも手間が掛かりません。

エレコム(ELECOM) ワイヤレスマウス トラックボール M-XT4DRBK

左利き用のトラックボール。OSはMacからWindows10まで使える仕様です。ポインターの速度を2段階に切り替えられるスイッチを搭載しているため、使用中でも簡単に設定が変更できます。

電池残量ランプとON/OFFスイッチを搭載しているため、無駄な待機電力を抑えることができ、持ち運びでの用途にも最適です。

トラックボールのおすすめ|有線

ケンジントン(Kensington) OrbitTrackball with Scroll Ring 72337JP

41y1yomyvvl

利き手を選ばないUSB接続タイプのトラックボール。ケンジントン製品特有のスクロールリングを本製品も搭載しており、操作は快適です。
取り外し可能なリストレストが付属し、長時間の作業による疲れを軽減。5年間の保証が付いているのもポイントです。

ロジクール(Logicool) Trackman Marble TM-150r

41ozxqujivl

両手どちらでも使えるトラックボール。USB接続が基本ですが、付属の変換コネクタを挿せばPS/2ポートにも接続できます。

ボタンは4つで、専用ソフトでそれぞれ機能を割り当てることが可能。シンプルな操作なので、初めてトラックボールを使う方におすすめです。なお、スクロールボタンがついていない点には留意しておきましょう。

ケンジントン(Kensington) SlimBlade Trackball 72327JP

417cjcs-bml

カーソル・ビュー・メディアの3つのモードを備えたUSBトラックボール。カーソルモードでは、トラックボールとしてカーソルを動かす動きに加え、ボールを横に動かすことで上下のスクロールが可能です。

ビューモードでは画像などのズームイン/アウト、360度スクロールなど、メディアモードでは再生や一時停止、ボリューム調節などの操作がマウスでカバーできます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) MA-TB44

41uj6lbw4rl

ボールの動く速度に合わせカーソル速度が変わるカウント自動調整機能付きのトラックボール。速度変更が変わるカウント数は400・800・1200・1600の4種類で好みのカーソル速度に変更可能です。

また、800・1200・1600の数値に設定した場合、ボールを動かす速度を遅くすれば、ボールの動きに合わせてカウント数が自動調整されます。これによってカーソル速度が遅くなり、細かいマウス操作にも対応できます。

ダイヤテック(DIATEC) Clearly Superior Technologies(CTS) CST2545W

41lps7xpo1l

57mmの大きなトラックボールを搭載したUSBマウス。読み取り解像度を示すカウント数は400・800・1600と設定を調節することが可能。なお、高解像度であるほど、わずかな動きを読み取りポインターを正確に動かすことができます。

トラックボールとしてはやや高価ですが、ボールが大きいため操作性は良好。本体ボディも大きく安定感があるので手が大きめの方にもおすすめです。