パソコンとセットで使うことが多いマウス。長時間使っていると手首や肩などが痛くなることがあります。そんな悩みを抱えているユーザーには「トラックボールマウス」がおすすめ。慣れは必要ですが、画面が広いディスプレイでも的確かつスピーディに操作できて便利です。

そこで今回は、おすすめのトラックボールマウスをご紹介。興味がある方はぜひチェックしてみてください。

トラックボールマウスとは?

By: logicool.co.jp

トラックボールマウスとは、本体に付いている大きなボールを指でくるくると回すことでカーソルを動かせるマウスのこと。手首を動かさず、指のみでコントロールするため、通常のマウスと比べて手への負担を軽減できるのが特徴です。

また、マウス本体を動かさないので置く場所を選ばず、マウスパッドも必要ありません。たとえば積み上がってしまった書類の上や、ソファに座った膝の上でも動かせます。マウスを使う作業が多い方やデスクを広く使いたい方におすすめです。

トラックボールマウスの選び方

接続方法で選ぶ

無線接続(Bluetooth)

By: rakuten.co.jp

PCとマウスを繋ぐ、わずらわしいコード類がなくマウスを動かしやすいほか、デスク上がすっきりとするのが無線接続。トラックボールマウスに省スペース性を求めている方におすすめの接続方法です。

無線接続には、Bluetoothと2.4GHzの2種類があります。Bluetoothに対応しているPCであれば、ペアリングするだけで簡単に接続可能。レシーバーを挿す必要がなく、USBポートを埋めないのが利点です。また、USBポートのないタブレット端末やスマートフォンなどで使用できるのも特徴です。

2.4GHzは、受信側のUSBポートに専用レシーバーを挿してマウスと接続します。Bluetoothと比べてUSBポートが1つ埋まってしまうのが難点ですが、ペアリングの必要がなくレシーバーを挿すだけで接続可能です。なお、製品によっては1つのレシーバーでマウスとキーボードなど複数の機器を登録できるモノもあります。

有線接続

By: rakuten.co.jp

PCとマウスをUSBコードで直接繋いで使用するのが有線接続です。無線接続に比べてコードがある分、マウスを動かす際や持ち運びにデメリットがありますが、コードから電源を取るため電池や充電の必要がありません。

また、無線接続に比べてレスポンスが早いのも特徴です。最近では無線接続の技術が向上して、レスポンス速度の差はほぼないといわれています。しかし、音楽制作や動画編集などの用途で使う場合は、少しの遅延が原因で作業効率が下がる恐れがあるため、有線がおすすめ。

また、無線接続に比べて価格が安いほか、BIOS画面で使用できるのも有線接続のメリットです。

ショートカットを多用する方はボタンの数をチェック

By: elecom.co.jp

トラックボールは通常のマウスとは操作が異なるので、事前にボタンの数を確認しておきましょう。よく使うショートカットキーなどをカスタマイズすることで、より効率的に作業できます。

なお、ゲーム用などで使用する場合、特にMMOなどの操作が複雑なゲームを楽しむ際は、ゲーム内のスキルをマウスのボタンに設定できるため、非常に便利です。

使い勝手を左右するトラックボールの位置

親指タイプ

By: sanwa.co.jp

親指でボールを動かしてカーソル操作をするタイプは、左右のクリックボタンとホイールの位置がマウスと同じため、トラックボールが初めての方でも違和感なく使えるのが特徴です。

ただ、カーソルの移動をすべて親指だけで操作するため、親指に負担がかかることは留意しておきましょう。通常のマウスと形状に大きな違いがないので、マウスとトラックボールを併用したい方におすすめです。

人差し指タイプ

By: rakuten.co.jp

ボールを人差し指や中指で動かしてカーソル操作をするタイプは、親指タイプに比べて可動範囲が広く、カーソルを大きく移動しやすいのが特徴。

マウスの左クリックの機能が親指に割り当てられるため最初は違和感がありますが、慣れればしっかりと対応できるようになります。ボールを人差し指と中指のどちらでも動かせるので、疲れにくく長時間使用でも快適です。

手のひらタイプ

By: amazon.co.jp

指の腹から手のひら全体でボールを動かしてカーソル操作をするタイプは、ボールを大きく動かしやすく、カーソルを画面全体に素早く動かせるのが特徴。また、左右対称デザインのモデルが多いので、利き手がどちらでも操作が可能です。

DPI切り替えの有無をチェック

By: amazon.co.jp

「DPI」とは、「Dots Per Inch」の頭文字を取った言葉で、マウスを1インチ動かした際にカーソルが動く速さを意味します。たとえば、800DPIに対応したモデルの場合、マウスを1インチ動かすと、画面内のカーソルの位置が800ドット移動するということです。

DPIの値が上昇するごとに、カーソルが移動するスピードも比例して増加します。ウェブブラウジングであれば、600~800dpiに設定しておくのがおすすめ。一方、トラックボールマウスをゲーミング用として使いたい場合は1600DPI以上に対応したモデルが便利です。

トラックボールマウスのおすすめメーカー

ロジクール(Logicool)

By: logicool.co.jp

ロジクールは、コンピュータ周辺機器などのデジタルデバイスを製造・販売する会社です。特にマウスやキーボードの評判が高く、1982年から現在に至るまでさまざまな人気製品を生み出しています。

1989年に世界で初めて親指で操作するタイプのトラックボールマウスを発売。以降、トラックボールマウスの豊富なラインナップを取り揃えている人気ブランドです。

エレコム(ELECOM)

By: elecom.co.jp

エレコムは、大阪府に本社を置く大手コンピュータ周辺機器メーカーです。エレコムのマウスは、オフィスで長時間使用することを想定し、人間工学に基づいてデザインされた手や腕にやさしいモデルがラインナップ。また、ライトユーザー向けの低価格モデルなども多様に取り揃えています。

特に手のひらが当たるパームレスト部分に低反発素材を使用したモデルは、手首が疲れにくいと人気。長時間PCを使用する方におすすめです。

ケンジントン(Kensington)

By: amazon.co.jp

米国カリフォルニア州に本社を置き、コンピュータ周辺機器を製造・販売する企業です。ケンジントンのトラックボールマウスは、他ブランドに比べて安定感を重視した大きめの作りが特徴です。

また、すべてのトラックボールマウスがシンメトリーに作られており、左右どちらが利き手でも使えます。手のひら全体でボールを動かすモデルもあり、長く愛用する方も多いブランドです。

トラックボールマウスのおすすめ|ワイヤレス・Bluetooth

ロジクール(Logicool) MX ERGO ワイヤレス トラックボール MXTB1s

バッテリー性能に優れたトラックボールマウスです。 1回のフル充電で最長4ヵ月間、さらに1分の充電で約1日の使用を可能。 また、BluetoothとUSBレシーバーによるワイヤレス接続に対応しており、Windows・Macの両方で使用できます。

握りやすさを重視する方にもおすすめ。通常のマウスと比べて、筋肉の活動量を減少させることで、長時間使用による手の負担を軽減します。メーカー専用ソフトウェア「Logicool Options」も魅力で、自分好みにボタンのカスタマイズを行えるモデルです。

エレコム(ELECOM) ワイヤレストラックボール(親指操作タイプ) M-XT3DRBK

支持球に直径2.5mmの大型ルビーを搭載したトラックボールマウスです。操作性に優れているほか、細かいゴミが入りにくく、メンテナンスの頻度を抑えられます。また、本体裏面からボールを取り出すことで、内部の掃除を簡単に行えるのが魅力。

ゲーミンググレードの高性能光学式センサーを搭載しています。 新型の高性能レンズと周辺の光学設計の最適化によって、精度の高いカーソル移動が可能です。2.4GHzのワイヤレス方式を採用し、 非磁性体で約10m、スチールデスクなど磁性体上でも約3mの範囲で操作できるモデルです。

エレコム(ELECOM) トラックボール“EX-G PRO”(親指操作タイプ) M-XPT1MRBK

計8つのボタンが魅力のトラックボールマウスです。「左右のクリックボタン」や「進む・戻るボタン」に加え、チルトホイールと3つの機能割り当てボタンが搭載されています。これらはメーカー専用のソフトウェア「エレコム マウスアシスタント」によって、ゲーミングや作業用途に合わせてカスタマイズが可能です。

また、本体裏面の穴から簡単にボールを取り出せるため、汚れが付着した際にも素早く拭き取れるのがポイント。日々のメンテナンスも便利に行えます。さらに、1000万回クリックしても故障しにくい高耐久スイッチを採用しており、長期に渡って使用しやすいモデルです。

エレコム(ELECOM) ワイヤレスハンディトラックボール M-RT1DRBK

操作性を重視する方におすすめのハンディタイプのトラックボールマウスです。左右どちらの手でも握りやすいように、それぞれのボタンが適切な位置に配置されているのがポイント。また、専用のソフトウェアを使用することで、自由にボタンの割り当てが可能。

本体側面に電源スイッチを搭載し、使用していないときの電力消費を抑えられます。さらに、電池残量表示ランプによって、交換時期をひと目で確認できるのも魅力です。コンパクトサイズで、出張や旅行への持ち運びにも便利なモデルです。

ケンジントン(Kensington) ExpertMouse ワイヤレストラックボール K72359JP

左右対称デザインが特徴のトラックボールマウスです。利き手を問わず使用可能であるほか、55mmの大型ボールを搭載しており、快適に操作を行えます。また、取り外し可能なパームレストによって、長時間の作業でも手首に疲れが残りにくいのが魅力です。

メーカー独自のソフトウェア「TrackballWorks」も注目したいポイント。カーソル移動の調節からボタン操作までさまざまなカスタマイズが可能です。さらに、4つのボタンと組み合わせで最大6つまで機能を割り当てられます。

ナカバヤシ(Nakabayashi) Digio2 トラックボールマウス Z8372

コンパクトサイズのトラックボールマウスです。88×95×47mmの寸法は、手の小さな方でも握りやすいのが特徴。左右のクリックボタンに加えて、「進む・戻るボタン」を搭載しており、快適にウェブブラウジングを楽しめます。

静音性も魅力的なポイントで、図書館やカフェなど音を出しにくい環境でも安心して作業が可能。さらに、トラックボールの動きに合わせてポインターが動く「おまかせ機能」によって、450~1200DPIの速度で自動的に調節されます。

トラックボールマウスのおすすめ|有線

エレコム(ELECOM) トラックボール (人差し指・中指操作タイプ) M-HT1URBK

長時間の作業におすすめのトラックボールマウスです。低反発素材のパームレストが取り付けられており、マウス操作による手首の疲れを抑えられます。また、52mmの大型ボールを採用しており、人差し指や中指を使って、広範囲にポインターを移動できるのが魅力。ウェブブラウジングに便利な「進む・戻るボタン」も搭載しています。

さらに、左右にスクロール可能なチルトホイールも本製品の特徴。専用のソフトウェアを使用することで、計10箇所まで機能を自由に割り当てられる利便性に優れたモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 有線トラックボール MA-TB128BK

エルゴノミクスデザインのトラックボールマウスです。本体全体に15°の傾斜角が設けられており、自然な状態のまま手のひら全体で握れます。また、34mm中型サイズのボールを搭載し、力まずに操作できるのもポイント。

機能性に優れていながらも、重さは156gと軽量設計なので外出先での使用にもおすすめ。さらに、静音スイッチを採用しており、図書館・カフェといった音を発しにくい場所でも作業に打ち込めるモデルです。

ケンジントン(Kensington) SlimBlade Trackball 72327JP

精度の高い操作を行うクリエイターにおすすめのトラックボールマウスです。デュアルレーザーセンサーと55mmの大型ボールを搭載しており、正確なトラッキングが可能。また、ボール部分にスピンをかけることで、広いページでも快適にスクロール移動できます。

スタイリッシュなデザインも本製品の特徴。本体サイズは150×133×60mmと省スペースでも設置できるほか、外出先への持ち運びにも便利。さらに、4つのボタンで最大6つまで機能を割り当てられるカスタマイズ性に優れたモデルです。

ケンジントン(Kensington) OrbitTrackball with Scroll Ring 72337JP

ウェブブラウジングに便利なトラックボールマウスです。スクロールリングを搭載しており、ウェブページや文書閲覧をする際の操作を簡単に行えます。また、取り外し可能なリストレストを使用することで、長時間の作業による手首の疲れを軽減できるのが魅力。

利き手を選ばない左右対称のデザインも特徴で、右手・左手どちらでもマウスにフィットしやすく、ストレスなく使用できます。さらに、USBケーブルを差し込むだけで動作する「プラグアンドプレイタイプ」であるため、専用ドライバーのインストールも不要です。

ペリックス(Perixx) トラックボール 有線マウス PERIPRO-506

パームレストを搭載したトラックボールマウスです。手の形に合わせてフィットし、長時間の作業による腕全体の疲れを軽減できます。また、聞き手を問わずに使用できる左右対称のデザインで、疲労に応じて操作する手を切り替えられるのがポイント。ボール部分は25mmの光学式トラックボールを採用しています。

カーソル速度は800DPIで、デザインなど高い精度を要する作業にもぴったり。専用ドライバーのインストールが不要なため、パソコンを使い分けている方にもおすすめのモデルです。

ナカバヤシ(Nakabayashi) Digio2 Q トラックボール 有線マウス 48365

静かな場所での作業に適したトラックボールマウスです。すべてのボタンが静音設計されており、音を発しにくい図書館・カフェでも周囲を気にせず操作できます。また、88×95×47mmのコンパクトサイズで、狭いスペースでの使用にも安心。

トラックボールの動きに合わせて、カーソル速度が変わる「おまかせ機能」も本製品の特徴です。450〜1200DPIで自動的に調節されるほか、600DPIでの固定も可能。さらに、進む・戻るボタンを搭載しており、ウェブブラウジングを快適に楽しめるモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ごろ寝マウス 400-MA083

親指で操作するトラックボールマウスです。握りやすいトリガータイプの形状を採用しており、横になりながらでも使用できます。また、利き手に依存しない左右対称デザインで、右手と左手を使って交互に操作することも可能です。

400・600・800・1200DPIの4パターンからカーソル速度を選べます。さらに、ダブルクリックボタンを搭載しており、無駄な動作を減らせるのも便利。トラックボールを取り出すことで、いつでも本体内部のメンテナンスを行えます。

トラックボールのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

トラックボールのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。