2006年の登場以来、音楽ファンやミュージシャンを中心に根強く愛されている「ビーツ(Beats)」のヘッドホン。プロも満足できる高い音質とファッショナブルなデザインが人気の理由です。

また、2014年にAppleに買収されてからは、iPhoneやiPadなどのApple製品との親和性が強化されているのも特徴。今回はBeatsのヘッドホンについて、選び方を踏まえつつおすすめの人気モデルをご紹介します。

Beatsとは?

Beatsは、2006年に音楽プロデューサーのDr.Dreと、起業家のJames Iovineによって設立された、アメリカのオーディオブランドです。2014年にAppleに買収され、その後さらに国内外で製品が注目されるようになりました。

Beatsはヘッドホンをはじめ、イヤホン・スピーカーを合わせた、合計3種類のオーディオ機器をラインナップ。洗練されたブランドデザインと、業界のプロフェッショナルによって認められた音質が、多くの愛用者を生み出しています。

Beatsのスピーカーは、Bluetooth接続を採用した「Beats Pill+」を展開。イヤホンにおいては、スポーツをしながら装着できる「Powerbeats Pro」や、Bluetoothで音楽を楽しめる「BeatsX」が人気を博しています。

Beatsのイヤホンについて詳しく知りたい方はこちら

Beatsのヘッドホンの特徴

Beatsのヘッドホンは、ヒップホップやロックと親和性の高い、重低音の音質を重視しているのが特徴。底から迫りくるような、迫力ある楽器の音を楽しめるのが魅力です。そのため、クラシックミュージックのように生の音を重視する音楽には向いていません。

また、デザイン性の高さから、ストリートファッションのアイテムとして使用されることも。Beatsのヘッドホンは、プロサッカー選手やファッショニスタなど、各方面の著名人が愛用するほどに、絶大な支持を受けています。

さらに、iPhoneやiPadといったAppleのモバイル端末との互換性に優れ、ワンタッチ操作でペアリングできるのもポイント。特にiPhoneユーザーの方におすすめです。

Beatsのヘッドホンの選び方

接続方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

Beatsヘッドホンの接続方式には、有線と無線の2種類があります。有線モデルは、スマホや音楽プレーヤーと常時ケーブルで接続しているのでケーブルを管理する煩わしさはあるものの、遅延や音飛びがなく、高い音質で音楽を聴けるのが特徴です。

一方、ワイヤレスモデルは、スマホや音楽プレーヤーとBluetooth通信を介して接続します。コードレスで軽快に音楽が聴けるため便利です。なお、Beatsでは無線モデルのヘッドホンにもケーブルが付属するので、バッテリーを節約したいときや音質にこだわりたいときは有線ヘッドホンとしても使用できます。

装着タイプで選ぶ

By: biccamera.com

Beatsヘッドホンの装着タイプには、オンイヤー型とオーバーイヤー(アラウンドイヤー)型の2種類があります。

オンイヤー型は耳に乗せるような形で装着するのが特徴です。耳を覆う部分のパーツが不要な分、ヘッドホンとしては比較的小型で軽量。しかし、頭への固定はバンド部の圧力だけで行うことから、長時間使用していると締め付けで耳が痛くなるので注意が必要です。

一方、オーバーイヤー型は耳全体を覆うような形で装着するため、装着時の安定性が高く、音の響きも豊かなのが魅力。しかし、耳を覆う分のパーツが必要なので、オンイヤー型と比べて大きく重くなってしまうという弱点もあります。装着感や音質を重視したい方におすすめです。

急速充電機能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

Beatsヘッドホンのワイヤレスモデルは、最低でも10時間以上の連続使用が可能。そのため、一日中使用していてもバッテリーが切れてしまうことはほとんどありません。

また、急速充電機能の「Fast Fuel」を搭載したモデルであれば、5分程度の充電でも約3時間の再生が可能です。充電し忘れた際に慌てる必要もなくなります。ヘッドホンを頻繁に使う方はチェックしましょう。

リスニング機能で選ぶ

音楽体験をさらに充実できる多彩な機能が搭載されているのも、Beatsヘッドホンの魅力。ノイズキャンセリング機能の「ANC(アダプティブノイズキャンセリング)」に対応したモデルであればノイズを遮断できるので、周囲の環境音が騒がしい状況でも音楽に没頭できます。

また、「リアルタイムオーディオキャリブレーション」も人気の機能。再生する音楽のタイプに応じて、ヘッドホンがサウンド出力を自動調節し最適化します。細かなチューニングには対応していませんが、優れたサウンド体験を手軽に楽しみたい方におすすめです。

Beatsのヘッドホンおすすめモデル|ワイヤレス

ビーツ(Beats) Beats Studio3 Wireless

リアルタイムオーディオキャリブレーション機能を搭載したワイヤレスヘッドホン。クリアで幅広い音域を維持できます。リアルタイムでそれぞれの音に合わせて自動で調節するノイズキャンセリング機能を備えており、サウンドの出力を最適化。クリアでプレミアムなサウンドを楽しめます。

本製品はオーバーイヤー型のヘッドホンで、人間工学に基づいて設計されたイヤーカップを採用。長時間使用しても疲れにくいのが特徴です。多機能なイヤーカップで、bボタンを押せば通話や曲の切り替え、音量の変更やボイスアシスタントの起動が直感的に行えます。

ノイズキャンセリング機能がオンの場合は最大22時間、オフの場合は最大40時間持続するバッテリーを搭載しており、長時間使用したい方におすすめ。Fast Fuel機能付きで、10分の充電で約3時間の連続再生が可能です。

ビーツ(Beats) Beats Solo3 Wireless

洗練されたデザインで、コンパクトに折りたためるヘッドホンです。Class1BluetoothとApple W1チップにより、Appleデバイス間での設定や切り替えがスムーズに行えるのも魅力。対応レンジが広く、ドロップアウトしにくいのもポイントです。

長時間の使用でも疲れにくい、オンイヤークッションを採用。快適なクッション付きのイヤーカップがフィットすることで、耳に負担がかかりにくいのが特徴です。耐久性にも優れ、専用のキャリングケースに入れればコンパクトに持ち運べます。

さらに、長時間駆動するバッテリーを搭載しており、通勤や通学などで毎日使いたいと考えている方におすすめ。LEDでバッテリー残量が表示されるため、バッテリー残量を確認しながら使用できます。

Beatsのヘッドホンおすすめモデル|有線

ビーツ(Beats) Beats EP

はじめてBeatsのヘッドホンを使う方におすすめのモデルです。ほかのモデルと比べ、比較的安い価格で購入できるのがポイント。Beatsの洗練されたデザインや迫力ある音質を手ごろに体感できます。

また、プロによって精巧なチューニングが施されているのも特徴。Beats独特の低音域に加え、高音域の音まで快適に楽しめます。

さらに、頑丈かつ軽量なので、外へ持ち運びしやすいのもうれしいポイント。上部のヘッドバンドが頭部をしっかりと固定し、ヘッドホンのズレ落ちを防ぎます。コスパ重視でBeatsのヘッドホンを探している方におすすめです。

番外編:Beatsのイヤホンおすすめモデル

ビーツ(Beats) Beats flex

独自の複層構造ドライバを採用したワイヤレスイヤホンです。音響プラットフォームを採用することで、ゆがみを極限まで低減。緻密な低音域の出力が魅力です。タップするだけで、ほかのBeatsヘッドホンやAirPodsなどと同期してオーディオを共有できます。

自動再生と一時停止機能を備えたマグネット式のイヤーパッドで、イヤホンを耳から外すと自動的に音楽が一時停止。耳に付け直すとまた続きから自動的に再生されるため、毎回操作する必要がありません。FastFuel機能により、10分の急速充電で1.5時間の連続再生が可能なイヤホンです。

ビーツ(Beats) Powerbeats Pro

耐汗性・耐水性を強化したデザインが魅力の製品です。タフなワークアウトにも対応するため、スポーツやアウトドアが好きな方におすすめ。自由に調節可能なイヤーフックと、複数のサイズから選べるイヤーチップでより耳にフィットします。

左右どちらかのイヤーパッドでも、自動的に音楽の再生や一時停止、音量やトラックをコントロールできるのがポイント。また、Apple H1チップによる単独接続も行えます。

専用の充電ケースを使えば、合わせて24時間以上の連続再生が可能。高音質で迫力のあるサウンドを自由に楽しみたい方におすすめの製品です。

Beatsのイヤホンについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。