2006年の登場以来、音楽ファンやミュージシャンを中心に根強く愛されているのが「ビーツ(Beats)」のヘッドホン。プロも満足できる高い音質とファッショナブルなデザインが人気の理由です。

また、2014年にアップルに買収されて以来、iPhoneやiPadなどのアップル製品との親和性が強化されているのも特徴。今回はそんな魅力あふれるBeatsのヘッドホンについて、選び方を踏まえつつおすすめの人気モデルをご紹介します。

ビーツのヘッドホンの特徴

By: beatsbydre.com

Beatsは2006年にジミー・アイオヴォン氏が設立した音響機器メーカー。彼はヒップポップ界で大きな成功を収めたドクター・ドレやエミネム、レディー・ガガを輩出したレコード会社の社長であることでも知られています。Beatsのヘッドホンにはそんな音楽を知り尽くした彼だからこそ監修できる魅力が多く取り込まれているのが特徴です。

特徴的なのは重低音重視の音質。Beatsのヘッドホンは低音域がよく響くように設計されているため、ヒップポップやロックで迫力のあるサウンドを楽しめます。一方で、高音域が軽視されているわけではなく、低音域から高音域までクリアなサウンドが聴けるので、クラブミュージックやテクノポップなどの電子音楽にもおすすめです。

加えて、アップル製品との親和性が高いのも特徴。2014年のアップル買収以降に発売されたW1チップ搭載モデルは、iPhoneやiPadなどと簡単にワイヤレス接続ができ、機器の切り替えもスムーズにできます。

また、Beatsのヘッドホンはデザイン性が高いことも魅力。「b」の特徴的なロゴマークやシンプルなデザイン、豊富なカラーバリエーションなどが人気の理由です。

ビーツのヘッドホンの選び方

接続方式で選ぶ

By: beatsbydre.com

Beatsヘッドホンの接続方式には有線と無線の2種類があります。有線モデルはスマホや音楽プレーヤーと常時ケーブルで接続しているのでケーブルを管理する煩わしさはあるものの、遅延や音飛びがなく、高い音質で音楽を聴けるのが特徴です。

一方、ワイヤレスモデルはスマホや音楽プレーヤーとBluetooth通信を介して接続します。コードレスで軽快に音楽が聞けるので便利です。Bluetoothの進化によって音質や遅延も以前よりかなり改善されています。なお、Beatsでは無線モデルのヘッドホンにもケーブルが付属するので、バッテリーを節約したいときや音質にこだわりたいときは有線ヘッドホンとしても使用可能です。

装着タイプで選ぶ

By: beatsbydre.com

Beatsヘッドホンの装着タイプにはオンイヤー型とオーバーイヤー(アラウンドイヤー)型の2種類があります。

オンイヤー型は耳に乗せるような形で装着するため、耳を覆う部分のパーツが不要な分、ヘッドホンとしては比較的小型で軽量なのが特徴。しかし、頭への固定はバンド部の圧力だけで行うので、長時間使用していると締め付けで耳が痛くなるので注意が必要です。

一方、オーバーイヤー型は耳全体を覆うような形で装着するので、装着時の安定性が高く、音の響きも豊かなのが特徴。しかし、耳を覆う分のパーツが必要となるため、オンイヤー型と比べて大きく重くなってしまうという弱点もあります。装着感や音質を重視したい方におすすめです。

急速充電機能の有無で選ぶ

By: beatsbydre.com

Beatsヘッドホンのワイヤレスモデルは最低でも10時間以上の連続使用が可能なので、一日中使用していてもバッテリーが切れてしまうことはほとんどありません。また、急速充電機能の「Fast Fuel」を搭載したモデルであれば、5分程度の充電でも約3時間の再生が可能です。そのため、充電し忘れた際に慌てる必要もなくなります。急速充電は最新モデルのみに搭載されている機能ですが、ヘッドホンを頻繁に使う方には特に便利な機能です。

リスニング機能で選ぶ

By: beatsbydre.com

音楽体験をさらに充実できる多彩な機能が搭載されているのもBeatsヘッドホンの魅力。ノイズキャンセリング機能の「ANC(アダプティブノイズキャンセリング)」に対応したモデルであればノイズを遮断できるので、周囲の環境音が騒がしい状況でも気にせず音楽に没頭できます。

また、「リアルタイムオーディオキャリブレーション」も人気の機能。再生する音楽のタイプに応じてヘッドホンがサウンド出力を自動調整して最適化してくれます。細かなチューニングには対応していませんが、最適なサウンド体験を手軽に楽しみたい方におすすめです。

ビーツのヘッドホンおすすめモデル|ワイヤレス

ビーツ(Beats) Solo Pro

ビーツ(Beats) Solo Pro

ノイズキャンセリング機能が搭載された、オンイヤー型のヘッドホンです。周囲の雑音を遮断する「ピュアアダプティブノイズキャンセリングテクノロジー」を採用しているので、臨場感あふれるサウンドを好きな場所で楽しめます。

iOSデバイスと接続した際、音声アシスタントのSiriによって、ハンズフリーコントロールができることも特徴。さらに、さまざまなデバイスの音声機能を「b」ボタンで操作できるので、スタイリッシュに音楽を楽しめます。また、「リアルタイムオーディオキャリブレーション機能」を使用することによって、より理想的な音質に近づけることが可能です。

人間工学に基づいたスタイリッシュなデザインで、長時間使用していても快適な着け心地が感じらます。最長で22時間の再生ができ、ノイズキャンセリングと外部音の取り込みをオフにした場合、最長40時間の再生が可能です。ヘッドホンの開閉によって自動的に電源をオン・オフできる手軽さも魅力のひとつです。

ビーツ(Beats) Beats Studio3 Wireless

ビーツ(Beats) Beats Studio3 Wireless

電波強度が高い「Class1 Bluetooth」に対応したオーバーイヤー型ワイヤレスヘッドホン。スマートフォンやデジタルオーディオプレイヤーなどとの距離が離れていても、安定した再生ができます。

「Fast Fuel機能」を搭載しており、10分程度の充電で約3時間にわたって音楽を再生できるのも魅力のひとつ。すばやく充電したい際に便利です。また、Appleデバイスとのスムーズな接続を実現する「Apple W1チップ」を採用。端末を近づけるだけで簡単にペアリングでき、デバイスの切り替えも簡単に行えます。

さらに、外部の騒音を遮断する「ピュアアダプティブノイズキャンセリング機能」を搭載しているのもポイント。ノイズキャンセリング使用時で最長22時間、OFFにした状態で、最大40時間駆動できます。

「リアルタイムオーディオキャリブレーション機能」で、再生する曲にあわせて最適なサウンド調節を行えるのもポイント。「サンドデューン」や「レジスタンス・ブラックレッド」などといった豊富なカラーバリエーションで、おしゃれにクリアなサウンドを楽しみたい方におすすめです。

ビーツ(Beats) Beats Solo3 Wireless

ビーツ(Beats) Beats Solo3 Wireless

クリアで迫力ある高音質が楽しめる、オンイヤー型ワイヤレスヘッドホン。繊細なチューニングが施されていることにより、コンパクトながらパワフルなサウンドを実現します。

「Apple W1チップ」の搭載によって、省電力化を実現。最大で40時間駆動でき、プレイリスト再生中に途中で途切れるといったストレスを軽減します。5分の充電で約3時間の音楽再生が可能な「Fast Fuel機能」にも対応しているうえ、多機能のオンイヤーコントロールで、通話への応答や音楽の操作、Siriの起動ができるのもポイントです。

快適なフィット感のクッション付きのイヤーカップは、毎日着用しても負担にならない設計。外音の遮断にも役立っているうえ、折り畳んで付属のキャリングケースに収納できるので、スタイリッシュに外出したい方におすすめです。

充実した機能を搭載していながらリーズナブルな価格で購入できる、人気のヘッドホンです。

ビーツのヘッドホンおすすめモデル|有線

ビーツ(Beats) Beats EP

ビーツ(Beats) Beats EP

精巧にチューニングされたサウンドが魅力のオンイヤー型有線ヘッドホンです。幅広い音域とクリアなサウンドで、バランスのよい細やかな原音の再生を実現します。安価に購入できるので、初めてビーツのヘッドホンを購入する方に最適です。

ケーブルには、「RemotoTalkケーブル」を採用。マイク内蔵のコントローラーが搭載されているので、iOSデバイスで音楽の再生をする際のサウンドコントロールや通話の応答などの操作に便利です。

本体フレームには、ステンレススチールを採用しており、頑丈なうえに軽量なのも魅力。ヘッドバンドには耳の高さにあわせて上下に調整可能なスライダーも搭載されており、使用中の負担を抑えた設計になっています。

さらに付属のキャリングポーチは折り畳み可能なので、使わないときはコンパクトに収納できるのもポイント。バッテリー残量を気にせずヘッドホンを使用したい方や、面倒な設定を避けたい方にもおすすめです。