Beatsは、ヒップホップ・ミュージシャンの、ドクター・ドレーにより2008年に設立された、アメリカの新興オーディオ機器ブランドです。この短期間にして今やヘッドホンのトップ人気ブランドの一つ。クールなデザインとパワフルな重低音が魅力です。

今回は、そんなBeatsのヘッドホンの奥深い魅力とおすすめ機種をご紹介します。

ビーツ(Beats)とは

aw_featured_left.jpg.large.1x (1)

By: beatsbydre.com

Beatsは、人気ヒップホップミュージシャンのドクター・ドレーによって2008年にアメリカに設立されました。ヘッドホンを中心に、イヤホン、スピーカーも手掛けます。ミュージシャンであるドクター・ドレー自身のセンスと経験に基づいた、デザイン性と機能性を持つヘッドホンがトレードマークです。

これまでのヘッドホン、イヤホンには見られない、クールでスタイリッシュなデザインは、一般ユーザーはもとより、多くのセレブ、有名人も愛用する人気ぶりにつながっています。著名アーティストやアスリートによる監修モデルも多数。それも他社ならありえない、レディー・ガガなどのビッグネームが並びます。

Beatsは、ヘッドホンを「オーディオ機器」から「ファッションアイテム」へと価値観の転換を果たしました。今や、オーディオブランドを超えた新たな文化の担い手と言えるほどの存在です。2014年からは何とアップル傘下に。アップル製品と同等の扱いで開発、販売されています。

Beatsのおすすめヘッドホン

ビーツ(Beats) solo3 wireless

mp582

商品価格 ¥ 32,184

Beatsだけでなく、全てのヘッドホンの中でも屈指の人気を誇る機種、solo2 wirelessの後継機。密閉型のオンイヤータイプです。Beatsらしい、クールでスタイリッシュなデザインとカラーリング、そして低音の充実を中心とした高音質を存分に楽しめます。

Bluetoothワイヤレス接続に対応し、内蔵マイクでのハンズフリー通話ができるのも便利です。イヤーカップに大きくデザインされた「b」ボタンを備えていて、各種操作ができる仕組みもおしゃれ。折り畳みもできるので、携帯もラクラクです。有線接続使用にも対応するので普通のヘッドホンとしても使えます。

solo3では新たにアップルが開発したW1チップを搭載。バッテリー駆動時間をなんと40時間まで延ばし、話題のiPhone 7をはじめ、iOS機とのセットアップも近づけるだけと簡単便利。iPhone 7にはもちろん、Beatsのよさが詰まった代表機としてもおすすめです!

ビーツ(Beats) 密閉型オンイヤーヘッドホン Solo2

61a44YgDqhL._SL1000_

商品価格 ¥ 19,434

上で紹介したSolo3の旧モデルの有線版。ワイヤレスに対応しておらず、また、音質も多少劣りますが、Solo2の音質ももちろん業界屈指のもの。ダイナミックかつ、自然でクリアな音質を響かせてくれます。イヤーカップによって、ノイズをカットしてくれるので、より音楽に引き込まれます。

Solo3がほしいけど手がとどかない、という方におすすめ。また、ワイヤレスは使わないという方にもおすすめです。

ビーツ(Beats) 密閉型オンイヤーヘッドホン Beats EP

31whcqHPUzL

商品価格 ¥ 8,980

Beatsの最新ヘッドホンにして手頃なエントリー機。安くとも15000円以上はしていたBeats。本機では一気に1万円を割る安さ。しかし、全く外観的には上位と遜色がありません。

お得意のデザイン性はもちろん、厚さ1.5mmものステンレスのアームがハウジングを包むように固定する仕様も上位同等。全体の質感も高級機のSolo系とも変わりません。

しかも、やわらかなイヤーパッドによって、オンイヤー型ながら優しい装着感。音は従来のイメージとは異なるナチュラル志向です。Beatsっぽさは後退していますが、幅広くおすすめできる優等生でもあります。新しいBeatsとしておすすめです。

ビーツ(Beats) 密閉型ワイヤレスヘッドホン ノイズキャンセリング対応 Studio Wireless

41QlwcJMrBL

商品価格 ¥ 39,744

ノイズキャンセリングとBluetoothワイヤレスの両方に対応した多機能ヘッドホンです。Beatsが独自開発したDSP、Beats Acoustic Engineにより、力強い低音と、全音域でのエネルギー感のあるビーツサウンドど真ん中を聴かせます。

日常の些細なことを全て忘れて吹き飛ばしてくれるような、音の奔流に圧倒されます。Beatsはまさに、生身の人間による音楽を人間に聴かせるために全力を尽くしているんです。この音の前では多機能もおまけ。そうはいってもAACコーデックに対応するので、iPhoneにもおすすめです。

ビーツ(Beats) 密閉型ヘッドホン ノイズキャンセリング Studio V2

41vfyot1wl

商品価格 ¥ 22,300

上のStudio Wirelessの一年前に発売されたモデル、Studio V2です。ワイヤレスには対応していませんが、その分かなりリーズナブルに購入できます。上と同様に、密閉型のオーバーイヤータイプで、イヤーパッドが耳全体を覆うことで、ゆったりした装着感と、ゆとりとスケール感のある高音質を実現しています。

もちろんノイズキャンセリングにも対応。Beatsのノイズキャンセリングヘッドホンを安価に体験したい方におすすめ。

ビーツ(Beats) 密閉型オンイヤーヘッドホン Mixer

3117sm419yl

商品価格 ¥ 14,288

DJのデヴィッド・ゲッタがプロデュースしたヘッドホン。40mm径ドライバーに独自開発の振動板を採用し、クラブでのDJプレイにおいて精度の高い再生を狙っています。

快適に耳にフィットするソフト・レザーイヤー・パッドと、ハードな使用にも耐えられる頑丈な金属製の鋳造ヘッドバンドも、長時間・長期間使用されるDJ向けならではです。210gと軽量なのも見逃せません。音もクラブDJ向けで低音重視のもの。その上で明瞭なボーカルも魅力。長く付き合えるヘッドホンとして、おすすめです。

ビーツ(Beats) 密閉型プロフェッショナルヘッドホン Pro

41q4akjgpil

商品価格 ¥ 39,800

低音をとことん楽しみたいならこれ! というヘッドホン。密閉型のオーバーイヤータイプの本格大型機。Beatsの上位機として、ワイドレンジ再生と、独自の再現性にこだわっています。定評の重低音は、Beats中でもトップの迫力。負けじと高音もはっきり明瞭に出ています。

低音と高音の突出した、いわゆるドンシャリサウンドを突き詰めた快感が得られますよ。クラブミュージックやテクノ、ハードロックなどに最適です。アルミフレームとレザー仕様イヤーパッドも、高級感があります。Beatsにしか出せない音を求める方にもおすすめです。

Beatsの音質は?

s3w_cards3_retina_1440x1440_V2.jpg.large.1x

By: beatsbydre.com

Beatsの音質は基本的に重低音重視。ヒップ・ホップミュージシャンであるドクター・ドレーの意向が強く反映されています。加えて、クリアな高域、ハリのある中域も持ち合わせています。

ドンシャリと言われるサウンドの一種で、モニター的な原音志向ではありません。しかし、現在主流のポップ・ミュージック、ロックなどの人工的なサウンドを十分に研究した上で、ドクター・ドレーのプロとしての判断の結果。洋楽をはじめ、最新ヒットチャートの曲を聴くには最適な高音質です。

現在はアップル傘下になったことから、より自然な音質傾向の機器も出始め、ブランドの幅は広がっています。

Beatsの「Solo2」と「Solo3」の違い

_0003s_0000_onear_solo2_black-half_folded.jpg.large.1x

By: beatsbydre.com

Solo3 WirelessはSolo2 Wirelessの後継機。わずか1年数ヶ月でモデルチェンジしました。最大の違いは、アップルが独自開発したW1チップの有無。Solo3が搭載しています。これは、従来以上の省電力化とiPhoneはじめiOS機との親和性を高めたもの。

iOS 10を利用すれば、ワンステップで簡単にBluetooth接続が完了。また、iCloudに登録されたアップル端末間でのシームレスな切り替えもできます。また、Solo2では12時間だったバッテリー駆動時間が大幅アップの40時間に。加えて、新たに急速充電Fast Fuel機能にも対応。5分の充電で約3時間再生できます。

これら以外では基本的なデザイン、音質、機能は同様です。なお、無印のSolo2は有線のみのヘッドホンですが、Solo3に有線のみ無印モデルはありません。