ビジネス手帳は、仕事の予定やタスクを管理する際に便利に使えるアイテムです。たくさんの情報を書き込めたり、時間単位でスケジュールを管理できたりするなど、ビジネスシーンに役立つ工夫を凝らしています。

そこで今回は、おすすめビジネス手帳を「綴じ手帳タイプ」と「システム手帳タイプ」に分けてご紹介。選び方と、仕事の効率アップに繋がる使い方も解説しているので、参考にしてみてください。

ビジネス手帳の選び方

用途に合ったタイプを選ぶ

スケジュールやメモ・アドレス帳などが1冊にまとまった「綴じ手帳」

By: amazon.co.jp

最初からビジネス手帳に必要なページがすべて揃っているタイプが、綴じ手帳です。ページが綴じられているため、後から増やしたり減らしたりする必要がありません。何を追加するか考えずに済み、リフィルを交換する手間も省けるのがメリットです。一方、ページ数が決まっているのでメモ用紙などを追加できない点は留意しましょう。

自分好みにカスタマイズできる「システム手帳」

By: amazon.co.jp

バインダータイプのビジネス手帳に後からリフィルをセットできるのが、システム手帳です。自身に必要なリフィルを追加できるため、自分好みのビジネス手帳を作り上げられます。ページが不要になったら取り外すことも可能なのが魅力。ただし、リフィルの取捨選択を自分でしなければならないのがデメリットです。

中身を入れ替えれば複数年にわたって使えるのもポイント。一方、革を使った製品が一般的なため、価格が高い製品が多い点は留意しましょう。

携帯性や書きやすさを考慮してサイズを選ぶ

コンパクトで持ち運びやすいA6サイズ

By: amazon.co.jp

A6のビジネス手帳は、148×105mmの文庫本サイズです。A6はコンパクトで、携帯性に優れているのが特徴。かさばらずに持ち運べます。携帯性を重視するのであれば、A6サイズのビジネス手帳を選んでみてください。

ただし、小さいサイズの手帳であれば、それだけ書き込むスペースも小さく、予定やタスクを小さい字で書かなければなりません。書きやすさも重視してビジネス手帳を選びたい方は、もう少し大きめのモノを選ぶ必要があります。

種類が多く人気の高いB6・A5サイズ

By: rakuten.co.jp

182×128mmのB6や210×148mmのA5は、種類が多いため豊富な選択肢のなかから好きなビジネス手帳を選べます。B6は単行本サイズで、携帯性に優れていながら、書きやすさも兼ね備えているのがメリットです。

A5は教科書と同じ程度のサイズで、やや大きく携帯性には劣りますが、たくさんの情報を書き込めます。普段持ち歩くバッグが大きめで、書きやすさを重視してビジネス手帳を選びたい方はA5サイズを選ぶようにしましょう。

複数のスケジュール管理に適したB5サイズ

By: amazon.co.jp

B5は257×182mmで、一般的なノートに用いられるサイズなので十分な量の情報を書き込めるのがメリット。携帯性はやや劣りますが、書きやすさを重視する方におすすめです。

予定を書き込むだけでなく、打ち合わせの際にメモ帳として活用したり、日記をつけたりするためにビジネス手帳を使いたい方から人気を集めています。

たくさん書き込めるA4サイズ

By: amazon.co.jp

書き込むスペースがたくさん欲しい方は、A4サイズのビジネス手帳を選ぶのがおすすめです。297×210mmと大きく、予定を書きやすいのが特徴。また、たくさんの情報を詰め込んでも読みにくくならないのも魅力です。

会社でA4サイズの資料をよく使う場合は、資料を折らずにそのまま挟めるのもポイント。ただし、大きさがあるため携帯性には劣ります。バッグのサイズによっては入らないこともあるので注意しましょう。

レイアウトの内容で選ぶ

By: amazon.co.jp

ビジネス手帳はレイアウトの種類が数多くあります。月間タイプであれば、月間ブロックタイプや月間リストタイプがおすすめです。月間ブロックタイプは、1ヵ月の予定がひと目でわかります。月間リストタイプは複数のプロジェクト管理をする際に便利です。

週間タイプは週間レフトタイプや週間バーチカルタイプなどが挙げられます。週間レフトタイプは左側が1週間のスケジュール、右側がノートの仕様。週ごとの予定を把握しながら、メモ帳としても使いたい方におすすめです。週間バーチカルタイプは、見開きの横軸に1週間分のスペース、縦軸に時間が記載されている仕様。時間単位で予定を管理する方に向いています。

TPOを考慮してカバーの色やデザインを決める

By: amazon.co.jp

1年を通して使うビジネス手帳だからこそ、好みのデザインのモノを選びたいところです。しかし、取引先など外に持ち出すことが多い方は、TPOを考慮したデザインのモノを選ぶ必要があります。

派手過ぎない落ち着いた色やデザインのビジネス手帳であれば、社内でも取引先でも問題なく取り出すことが可能。カバーの色やデザインの種類も多岐にわたりますが、シンプルなビジネス手帳を選んでおくのがおすすめです。

丈夫な素材を選ぶ

By: amazon.co.jp

意外と見落としがちなポイントが、ビジネス手帳の素材です。長期間使い続けたい方は、丈夫で耐久性に優れた素材でできているモノを選びましょう。

表紙がプラスチックなどでできている場合は、割れてボロボロになってしまうことがあります。合皮のカバーが取り付けられたビジネス手帳は、丈夫で扱いやすくおすすめです。

2022年版ビジネス手帳のおすすめ|綴じ手帳

高橋書店 ビジネス日誌

シンプルさと機能性にこだわる方に

非常にシンプルかつシックなデザインが魅力のビジネス手帳です。B5サイズとやや大きめで、内容を書き込みやすく、書き込んだあとも見やすいのが特徴。たくさんメモを取りたい方にもおすすめです。

構成は、月間ページと週間ページに分かれており、月単位と週単位でスケジュールを細かく把握できるのも魅力のひとつ。月間ページは1ヶ月を1ページに収めており、仕切りの罫線が入っているので、プロジェクトごとに管理できます。週間ページは見開きのセパレート形式を採用。1日単位の記入も可能です。

シンプルかつ機能的なビジネス手帳を探している方はチェックしてみてください。

ノルティ(NOLTY) バーチカル ベルノ 6132

メモスペースが充実

メモをたくさん書き込めるビジネス手帳。シンプルなデザインのためさまざまなシーンで使いやすいのが特徴です。構成は、月間ページと週間ページを採用。月間ページはベーシックなブロックタイプで、カレンダーと同じ感覚で書き込めます。週間ページは、見開きのバーチカルタイプを採用。1日に複数予定が入っても管理しやすいのが魅力です。

B5サイズとやや大きめなので、たくさんメモを書き込んでも見やすいのもおすすめポイント。スケジュールをしっかり管理できます。

ノルティ(NOLTY) エクセルカジュアル1

汎用性が高く初心者にもおすすめ

スーツの胸ポケットやパンツのポケットにもすっきり入れて持ち運べるビジネス手帳です。必要なときにサッと取り出して使えるのが特徴。使い勝手がよいので、初心者の方にもおすすめです。

構成は月間ページと週間ページに分かれており、月単位でも週単位でもスケジュールを管理可能。月間ページはベーシックなブロックタイプを採用しており、カレンダーのようにタスクを書き込めます。週間ページは見開きのレフトタイプを採用。予定とメモをバランスよく使えるのが魅力です。

汎用性の高いコンパクトなビジネス手帳を探している方も検討してみてください。

ノルティ(NOLTY) バーチカルキャレル1

豊富なカラーバリエーションをラインナップしたビジネス手帳です。落ち着いたカラーから明るめのカラーまで揃っているので、自分の好みやシーンに応じて選べるのが特徴。B6サイズとコンパクトのため、スマートに持ち運べます。

レイアウトは月間カレンダーと週間バーチカルを採用しており、スケジュールを管理しやすいのも魅力。月間カレンダーは、一般的なカレンダーのように書き込めるので、初心者でも簡単に扱えます。週間バーチカルは見開きで時間軸まで配置されているため、細かいスケジュールを書き込み可能。おしゃれかつ機能性に優れたビジネス手帳です。

ミドリ(MIDORI) ビジネスダイアリー AM-3 32170006

上質なデザインがビジネスシーンにぴったりのビジネス手帳です。リングでおしゃれに綴じてあるため、見開きしやすいのが特徴。書き味のよいオリジナルの筆記用紙を採用しているので、スラスラ書き込めます。

A5サイズとやや大きめのため、たっぷり書き込めるだけでなく、あとから見返しやすいのも魅力。1日を時系列で管理でき、見開きで1ヶ月を把握できます。右側にはメモスペースがあるため、自由に図形や文字を書き込めるのもポイントです。高級感のあるビジネス手帳を探している方はチェックしてみてください。

ミドリ(MIDORI) フラットダイアリー 22147006

カバーの素材に軽量かつ丈夫な発泡PPを採用したビジネス手帳です。A4サイズと大きめのため、たっぷり書き込んでもあとから見返しやすいのが特徴。持ち運んでも劣化しにくいので、毎年リフィルを入れ替えて使えます。

また、A4サイズの資料などもそのまま折らずに挟み込めるのも魅力のひとつ。見開き1ページには月間ブロックと縦型のカレンダーが配置されているため、予定も見やすく書き込めます。大きめのビジネス手帳を探している方におすすめです。

ミドリ(MIDORI) プロフェッショナルダイアリー PRD-3 27067006

豊富なカラーバリエーションをラインナップしたビジネス手帳です。利用シーンを考慮したうえで、自分好みのカラーを選べるのが特徴。高級感のあるシックなデザインから、かわいらしいパステルカラーまであるので、男女問わずおすすめです。

A5サイズのスリムデザインで持ち運びしやすいのも魅力のひとつ。A4書類を三つ折りにして収納できるポケットを備えているのもポイントです。また、書き味のよさを追求したオリジナルの筆記用紙を採用しているので、スラスラ書き込めます。実用性だけでなく、見た目にこだわりたい方もチェックしてみてください。

レイメイ藤井 グローワル手帳 22GCR61

複数のタスクを管理しやすい月間リストタイプを採用したビジネス手帳です。コンパクトサイズのため、胸ポケットなどにもすっきり収納可能。使いたいときにサッと取り出して使えます。

また、さまざまなペンの種類に対応できる汎用性の高い上質紙を採用しているのも魅力のひとつ。機能性に優れながら非常にシンプルなフォーマットなので、初心者でも手軽に扱えます。

比較的リーズナブルに購入できるのもうれしいポイント。コスパを重視している方もチェックしてみてください。

2022年版ビジネス手帳のおすすめ|システム手帳

レイメイ藤井 システム手帳 ダ・ヴィンチ グランデ ロロマクラシック 聖書サイズ DB3011

革独特の風合いの変化が楽しめる

「革を楽しむ」をテーマに作られた高級システム手帳。日本産の成牛の革を植物性タンニンで2回なめし、オイルとワックスをたっぷりと染み込ませてあります。堅牢で摩耗に強く、独特の風合いの変化が楽しめるのが魅力です。

豊富な種類のリフィルが付属しているのもおすすめポイント。持ち運びがしやすいサイズで、カバンに入れてもかさばりません。カラーバリエーションも豊富なので、性別や世代を問わず使えるビジネス手帳です。

レイメイ藤井 システム手帳 ダ・ヴィンチ スタンダード DSA3001

中身をしっかり守るラウンドファスナータイプ

ラウンドファスナータイプで、中身をしっかり守りながら持ち運べるシステム手帳。スーパーロイスと呼ばれる柔らかい牛革を採用しており、持ったときに手によく馴染むのが魅力です。

カバーの内側には最大約14mm径のボールペンが入れられるホルダーやちょっとしたメモなどを入れられるポケットが付いており、収納性にも優れています。

マンスリーリフィルやチェックリストリフィルなど、付属しているリフィルの内容が充実しているのも特徴。手帳としての機能性と革小物としての味わい深さを兼ね備えたおすすめの1冊です。

レイメイ藤井 システム手帳 デュアルリングバインダー

2種類のリフィルを同時に見られる

2つのリングが付いており、2種類のリフィルをセットできるシステム手帳。ジャバラ形状の本体を採用しているため、横に開けば2種類のリフィルを同時に見られます。

仕事の予定を確認しながら、プライベートの予定を書き込むといった使い方ができて便利。ほかにも、マンスリーリフィルとウィークリーリフィルを組み合わせたり、スケジュール用のリフィルとメモ用のリフィルを組み合わせたりと、自分好みにカスタマイズできます。

また、内蔵されているマグネットで固定しておけば、どちらか一方だけのリフィルを開くことも可能。フラットで書きやすい形状を採用しているほか、利き手によって開く向きを変えられるなど、細かいところまで配慮されているおすすめの1冊です。

モノボックスジャパン システム手帳 A5monobizone2 ステッチシリーズ

ノートとしても活用できる、豊富なリフィルセット

カバーのステッチ柄が目を引くおしゃれなビジネス手帳です。本製品の特徴は、スケジュール管理だけでなく、ノートとしても使えること。フリーマンスリーとフリーウイークリーのほか、罫線ページや無地ページなども収録しています。

リングサイズは標準の内径20mmで、約150枚のリフィルが収納可能。ペンフォルダが2ヵ所付いているので、種類の異なるペンも入れられます。下敷きや20cm定規なども付属しており、図や表などをきれいに書きたい方にもおすすめです。

モノボックスジャパン システム手帳 A5 monobasic4

たくさんの情報を書き記したい方におすすめ

たくさんの情報を書き記したい方やノートとして手帳を使いたい方におすすめの手帳。フリーマンスリーとフリーウイークリーだけでなく、罫線ノート・無地ノート・アドレス帳なども付属しています。

高級PUレザーを使用した、なめらかな手触りと耐久力のあるカバーもポイント。片手で支えてもページがよれにくく、立った姿勢のままでも筆記しやすいように作られています。

さらに、8ヵ所のポケットが付属しており、名刺や書類などの収納に便利。ペンホルダーは可動式で大きさの調節ができるので、ペンのサイズを選ばずに収納できます。機能面だけでなくデザインも高級感があり、場所を選ばずに使えるビジネス手帳です。

フェリス(felice.) システム手帳 A5

柔らかな手触りを楽しめるシステム手帳

柔らかいPUレザーを採用した、本革のような手触りを楽しめるシステム手帳。ペンホルダーのほか、カードやメモを入れられるポケットが付いています。正面に印字されたロゴもおしゃれです。

フラップ部分にマグネットが内蔵されており、しっかりと閉じておくことが可能。透けにくい高品質な方眼メモリフィルが100枚付属しているのも特徴です。

ALion-ots システム手帳 A5サイズ

手触りが繊細で手に馴染みやすいPUレザーを素材に採用したシステム手帳です。A5サイズとやや大きめで、余裕をもって書き込めるのが特徴。耐久性も優れているので、長期的に使いたい方にもおすすめです。

カードホルダー3つ、写真ホルダー1つ、メモ挟み1つ、ペンホルダー1つと収納に優れているのも魅力。また、豊富なカラーバリエーションをラインナップしており、好みで選べるのもポイントです。いずれも上質なデザインのため、さまざまなシーンで使えます。

実用性・デザイン性ともに優れながら比較的リーズナブルに購入できるのも魅力。コスパを重視している方もぜひチェックしてみてください。

Toplive システム手帳 A6

携帯性に優れたA6サイズのシステム手帳です。6穴タイプの用紙を100〜120枚収納できるため、たくさんメモしたい方にもおすすめ。ペンホルダーが付いているので、ペンを挿しておけば、すぐに情報を書き込めます。

また、カードホルダーや収納ポケットを備えており、名刺や領収書、小さな書類などを一緒にしまえるのもうれしいポイント。素材には上質なPUレザーを採用しているため、上品な光沢感があります。さらに、耐久性も高いので、長く愛用できるのもメリットです。実用性とデザイン性を兼ね備えたモノを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

番外編:仕事の効率アップに繋がるビジネス手帳の使い方

ただのスケジュール帳として使っている場合は、ビジネス手帳のよさを活かしきれていません。ビジネス手帳にはスケジュールだけでなく、目標やToDoリストを記入する専用スペースや余白が豊富に存在します。仕事を捗らせるためにも、やるべきことや目標を手帳に書き込んで可視化させておきましょう。

また、忘れてはいけない重要なタスクを付箋で貼ったり、決められている制限時間を記入したりすることで、仕事の効率アップにつながります。使い勝手のよい機能が盛り込まれているビジネス手帳を活用して、仕事の質を高めてみてください。