タブレットを使用する際、自分の手で持たなくてもホールドして画面を見やすくできる「タブレットスタンド」。デスクの上はもちろん、ベッドの上や車の中でも快適にタブレットを使えるのが魅力です。

そこで今回は、タブレットスタンドのおすすめモデルをご紹介します。選び方もあわせて解説するので、ぜひチェックしてみてください。

タブレットスタンドの魅力

タブレットを片手に持って操作していると、両手で作業ができず不便な思いをしたり、手が疲れたりすることがあります。タブレットスタンドは端末を固定しておけるため、両手が自由に使えるのが魅力です。

ソファやベッドに寝転んで動画や映画を楽しむ際にも、タブレットスタンドがあると適した角度で視聴できるのでおすすめ。仕事でパソコンの横にタブレットを置いて操作するときにも使いやすいところに置けるため、作業効率が上がります。

デバイスの保管場所として活用できるのもポイント。スタンドを定位置にすることで、誤って踏んだり落としたりするトラブルを防げます。

タブレットスタンドの種類

スタンダードな「スタンドタイプ」

By: moftjapan.com

スタンドタイプのタブレットスタンドは、最もスタンダードなタイプ。基本的にはデスクに設置して使用します。角度を調節できるタイプも多くラインナップされており、タイピングやイラスト制作などに適したモデルがある点も特徴です。

コンパクトなモデルであれば、気軽に持ち運びも可能。折りたたみに対応したモデルや専用のポーチが付属したモデルなど、タブレットと一緒に持ち運びやすいようにデザインされたモデルもあります。

種類が多いのもスタンドタイプの魅力のひとつ。コストパフォーマンスに優れた安価なモデルも見つけやすく、予算や用途に応じて多くの選択肢から選べます。

寝ながらでも使える「アームタイプ」

By: amazon.co.jp

アームタイプは、柔軟性に優れている点が特徴のタブレットスタンド。複数の関節を搭載していたり無段階で向きや角度を調節できるフレキシブルアームを搭載したりしているので、設置場所によっては寝ながらでも使える点が魅力です。

頑丈な土台を搭載したタイプのほか、デスクや支柱にクランプで固定できるタイプもあります。タブレットが宙に浮く形になるため、揺れやすい点には注意。タイピングやイラストではなく、動画や電子書籍を楽しみたい方におすすめです。

車で使うなら「車載ホルダー」

タブレットを車で使いたい場合は、車載ホルダータイプのタブレットスタンドがおすすめ。ダッシュボードに吸盤で取り付けるタイプのほか、エアコンの吹き出し口に取り付けるタイプやシートレールを活用するタイプなどがあります。

大画面を活かしてカーナビ代わりにしたり、移動の多い仕事の場合は停車してすぐにメールをチェックしたりなど、さまざまな使い方が可能。ヘッドレストにタブレットを固定できるタイプであれば、長時間車で移動する際の子供の退屈しのぎとしても活用できます。

タブレットスタンドの選び方

対応サイズをチェック

タブレットスタンドは製品によって対応サイズが異なるため、自分のタブレットに合ったモノを選ぶことが大切です。4~13インチまで幅広く対応できるモデルもあれば、10インチ程度までしか対応しないモデルもあります。購入前に対応サイズを調べておきましょう。

なかには、スマホに対応している製品もあります。タブレット以外のスタンドとしても使いたい場合は、それぞれのサイズに対応しているかも確認することが重要です。特に、携帯性に優れた小型のタブレットスタンドは対応サイズの範囲が狭いので、自分が所有する機器で使用できるかを確認しておきましょう。

角度を調節できるモノが人気

By: sanwa.co.jp

フレキシブルアームやボールジョイントを搭載することで、角度や向きを調節できるモデルが人気を集めています。角度や向きを自由に調節できれば、さまざまな姿勢で使えて便利。ソファやベッドに寝転びながらでも、快適に操作できます。

縦置きと横置きの両方に対応しているモノなら、画面の方向を変えたいときに取り外す手間を省くことが可能。また、スタンドに設置したままタブレットで絵を描いたり、文字を書いたりしたい方は、操作しやすい無段階調節可能なモデルがおすすめです。

安定感で選ぶ

タブレットスタンドを選ぶ際には、安定感も重要なチェックポイント。設置したタブレットを操作した際にぐらついたり倒れたりする可能性があるモノは、操作性が悪いだけでなく大切なタブレットを落とす危険性があります。

スタンドの土台に滑り止めが付いているモノや、土台の設置面積が広いモノは、安定感があるので安心して使用可能。特にサイズが大きいタブレットを使っている場合は、安定感のあるスタンドを使った方が操作性も高まります。

アームタイプや車載タイプを選ぶ場合は、タブレットをしっかりと固定できるかを確認しておきましょう。アームタイプは机などにしっかり固定できるクリップやクランプがあると安心。車載タイプは、ヘッドレストやエアコンの吹き出し口にしっかり固定できるかをチェックしてから選びましょう。

使いながら充電できるモデルが便利

By: archisite.co.jp

タブレットを長時間使用する方は、スタンドに乗せながら充電できるかもチェックしておきましょう。縦横関係なく設置できるモノであれば、充電しながら使えるので便利です。

iPadのように本体下部に充電ポートが設置されているタブレットを使用している場合、縦置きだと充電できないこともあります。縦に設置するタイプを選ぶ際は、アーム部分に充電ケーブルを挿せる隙間があるモノがおすすめです。

持ち運んで使うならコンパクトに折りたためるモデルを

By: moftjapan.com

タブレットスタンドを外出先で使う機会が多い方は、カバンにスマートに収納できる、折りたためるモノや軽量なモノがおすすめです。

折りたたみに対応したモデルはスタンドタイプに多いのが特徴。インテリアとして使いやすいよう、耐久性を重視してコンパクトにできないモノもあるため、購入前に確認しておきましょう。

アルミニウムなど金属製のタブレットスタンドは、耐久性は高いものの、重い傾向があります。耐久性より軽さを重視する場合は、プラスチック製のモノを選ぶのがおすすめです。使用目的に応じて選びましょう。

タブレットスタンドのおすすめ|スタンドタイプ

モフト(MOFT) MOFT X 多機能タブレットスタンド

スリムで持ち運びやすい、おすすめのタブレットスタンド。タブレットの背面に取り付けて使用するので、常にタブレットと一緒に持ち歩けます。非常に薄く設計されているため、違和感を抑えて使用できる点が魅力です。

縦向きだけではなく、横向きで使えるのもポイント。縦向きの場合は60°・40°・25°、横向きの場合は60°・40°・30°の角度調節に対応しています。耐荷重は、縦向きの場合は最大3.2kg、横向きの場合は最大5.4kgです。

タブレットホルダーとして使える点も特徴のひとつ。腕を通してタブレットを掴めば安定感が増しやすいので、タブレットのサイズによっては片手でもしっかりと掴めます。デザインもスタイリッシュなため、見た目を重視する方にもおすすめです。

モフト(MOFT) MOFT Snap Floatスタンド MD003M-1

タブレットを浮かせながら使用できる、おすすめのタブレットスタンド。付属のシールをタブレットの背面に貼り付けると、マグネットで着脱できます。背面がフラットな形状のタブレットであれば、7.9〜12.9インチまでのモデルで使用可能です。

高さや角度の調節に対応している点も特徴のひとつ。ヒンジ部分が頑丈に設計されているため、タブレットを最大8cmの高さに浮かせて使用できます。目線に合わせて角度を変えられるので、動画視聴や読書など、用途に合わせて使いやすいのも魅力です。

取り外しに対応しているのもポイント。使わないときに外したり、タブレットと分けて持ち歩いたりもできます。取り外したスタンドは折りたたみにも対応しており、スリムな状態で収納可能です。

UGREEN タブレットスタンド 40393

スタイリッシュで頑丈なおすすめのタブレットスタンド。最大で約12.9インチ程度までのタブレットに対応しています。タブレットだけではなく、スマートフォンやゲーム機などもセットできるので、幅広い使い方が可能です。

タブレットを乗せる部分には、シリコン製のパッドを搭載。セットしたタブレットを傷から保護し、より安全に固定できます。もちろん、角度の調節にも対応。調節できる軸が2ヶ所用意されているため、用途に応じて柔軟に動かしながら使用できます。

上質で高級感のあるデザインも魅力のひとつ。折りたたみにも対応しているので、使わないときはコンパクトな状態にして収納したり、カバンに入れてタブレットと一緒に持ち運んだりできます。

UGREEN タブレットスタンド 90396

安定感に優れたおすすめのタブレットスタンド。タブレットをセットする場所が広く設計されており、約4.7~12.9インチのタブレットを立て掛けられます。耐荷重は、約3kg。大型のタブレットも安定して設置できる点が魅力です。

タブレットがズレにくいように、シリコンパッドも搭載。タブレットは縦向きでも横向きでも設置できるほか、アームの中央部分にはスペースが空いているので、充電しながらでも使用可能です。また、角度も柔軟に調節できます。

背面に設けられた隙間も特徴のひとつです。加えて、本体の素材が冷却性に優れたアルミのため、背面の隙間との組み合わせにより効率的な放熱をサポート。タブレットのパフォーマンスを高く維持する効果に期待できます。

エレコム(ELECOM) ドローイング・タイピング向けタブレットスタンド TB-DSDRAWL

絵を描いたり文字を入力したい方におすすめのタブレットスタンドです。約9.7~12.9インチのタブレットに対応。通常のタブレットのほか、イラスト用の液晶ペンタブレットや小型のノートパソコンなどとも組み合わせて使用できます。

ホルダー部分にシリコンの滑り止めを搭載。セットしたタブレットが滑るのも防止し、より安定した状態で使えるようにサポートします。角度調節は7段階。絵を描いたりタイピングしたりする際に丁度よい角度に調節できます。

折りたたみに対応しているのもポイント。スリムな形状に変形できるため、限られたスペースにも無理なく収納できます。また、持ち手が搭載されているのも特徴。本体を直接持って移動できます。

エレコム(ELECOM) タブレット用コンパクトスタンド TB-DSCMP

価格が安く人気のあるおすすめのタブレットスタンドです。折りたたみに対応しており、折りたたむと約幅82×奥行き140.9×高さ23.3mmと非常にコンパクト。自宅で使いやすいのはもちろん、気軽に持ち運んで外出先でも使用できます。

自由度の高い角度調節機能が特徴のひとつ。可動域が約300°と広いので、動画視聴やゲーム、タイピングなど用途に合わせて細かく調節しながら使用できます。また、本体が開きやすく、必要なときにスムーズに使いやすい点も魅力です。

安定感があり使いやすいうえ、価格が安いのもポイント。コストパフォーマンスに優れたタブレットスタンドを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

エレコム(ELECOM) タブレット用スチールスタンド TB-DSCHARC

素材に頑丈なスチールを採用した、おすすめのタブレットスタンド。取り外しできる背面パーツが付属しており、取り付ける位置によって角度を調節できます。取り付け位置は4ヶ所用意されているので、4段階の角度調節が可能です。

タブレットを乗せるホルダー部分に、穴が開けられている点が特徴のひとつ。穴には充電ケーブルを通せるため、タブレットを充電しながら使用できます。また、ケーブルが目立ちにくくスッキリと配線しやすいのも魅力です。

ホルダー部分に、約10mmのマチ幅があるのもポイント。薄型のケースであれば、タブレットに装着したままでも使用できます。また、スタンドの底面にはゴム製パーツも搭載。滑りにくく、より安定した状態で使えます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) タブレット用モバイルスタンド PDA-STN63

スリムで使いやすい、おすすめのタブレットスタンド。最大で約18cmの幅に広げて使用でき、約12.9インチまでのタブレットをセットできます。タブレットの高さを目線に合わせやすいので、子供向けタブレットのスタンドとしてもおすすめです。

角度は、10段階の調節に対応。動画視聴やゲーム、イラスト制作など用途に応じて細かく角度を変えられます。また、タブレット以外にも本を立て掛けたり資料を固定したりなど、さまざまなシーンで活用できるのも特徴です。

コンパクトかつスリムに折りたためる点も魅力のひとつ。持ち運びや収納に便利な、フランネル素材を使用した専用の収納ポーチも付属しています。ポーチを使用すれば、フックに引っかけて保管も可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) タブレットスタンド付きUSBドッキングハブ USB-3TCH29

USBハブが組み合わさったおすすめのタブレットスタンド。角度を調節できるポイントが2ヶ所用意されているので、柔軟な使い方ができます。根本から折り曲げるとコンパクトに畳めるため、持ち運びたい方にもおすすめです。

USB Type-CポートとType-Aポート、HDMIやSDカードスロットなど、豊富なインターフェースが用意されている点も特徴。タブレットとTyep-Cケーブルで接続すれば、別の機器とデータをやり取りしたり画面を出力したりできます。

タブレットを乗せる部分に、約13mmのマチ幅が設けられている点も魅力のひとつ。厚みのあるタブレットを設置できるのはもちろん、薄型であればケースを付けた状態でもスタンドにセットして使用できます。

ラトレ(Latree) PADスタンド PL1DEN-0330150

使い勝手に優れたおしゃれなタブレットスタンド。全体が木材で構成されており、あたたかみのあるデザインを実現しています。本体サイズは、約幅150×奥行き159×高さ69mm。さまざまなサイズのタブレットをセットできます。

2通りの角度で使用できる点も特徴。動画視聴やゲーム、タイピングなど用途に応じて使い分けられます。ケーブルを通せる構造のため、充電しながらでも使用可能です。

安定感があるのもポイント。セットしたタブレットをしっかりと支えられます。縦にも置けるので、使わないときはちょっとしたスペースに収納可能です。

タブレットスタンドのおすすめ|アームタイプ

アーキス(ARCHISS) ARM-STAND BY ME AS-AMBM

角度を柔軟に調節できる、おすすめのタブレットスタンドです。約4~12.9インチのスマートフォンやタブレットを固定できる、バネ式のホルダーを搭載。ホルダーにはケーブルホールも搭載されており、タブレットを充電しながら固定できます。

可動軸が3つ用意されている点も魅力のひとつ。角度や高さを柔軟に調節できるので、動画を見たりノートパソコンの隣でサブモニターのように使ったりなど、自由な使い方ができます。ホルダーが360°回転するため、縦横問わず使用できる点も特徴です。

アームの長さは、最長で約325mm。高い目線にも合わせられます。台座部分は約1kgと重く、大型のタブレットをしっかりと支えられる設計。台座の底面にはシリコンラバーも貼り付けられているので、デスクへの傷と使用中のズレを防止できます。

エレコム(ELECOM) Zアーム型タブレットスタンド TB-DSZARM

さまざまな場所に固定しやすい、おすすめのタブレットスタンド。クランプ式の取り付け方法を採用しているので、デスクや棚などさまざまな場所に設置できます。ベッドサイドでタブレットを使いたい方にもおすすめです。

フレキシブルアームを採用しているのもポイント。高さを自由に調節できるのはもちろん、前後の距離も自由に変更できるため、設置場所に応じて柔軟に使用できます。また、ホルダーはボールジョイントで接続されているので、角度も自由に調節可能です。

対応しているタブレットのサイズは、約12.9インチまで。約5インチ以上のサイズであれば、スマートフォンも取り付けて使用できるため、ベッドでスマートフォンを使いたい方にも適しています。

エレコム(ELECOM) タブレット用Zアーム型床置式スタンド TB-DSZARMF

床置式のタブレットスタンド。床に直接設置して使用するので、デスクの周辺はもちろん、リビングやベッドサイド、キッチンなど場所を問わずさまざまなスペースでタブレットを利用できます。

ホルダーとアームが、ボールジョイントで接続されている点も特徴。ホルダーを自由に動かせるため、タブレットを縦向き・横向きの両方で使用可能です。フレキシブルアームの採用により、前後や上下にも自由に位置を調節できます。

ホルダーに取り付けられるデバイスは、5~12.9インチのスマートフォンやタブレットなど。底面には床への傷を防止するための樹脂素材が貼り付けられています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) iPad・タブレット用アーム CR-LATAB1N

シンプルながら使いやすい、おすすめのタブレットスタンド。クランプ式の取り付け方法を採用しているので、挟めるポイントがあればさまざまな場所に設置できます。クランプ部分が対応しているデスクの厚さは、15~60mmです。

フレキシブルアームの採用が特徴のひとつ。無段階で自由に形を変えられるほか、変えた形のまましっかりと固定できます。パソコンモニターの横でサブモニターのように使いたい場合におすすめです。

ホルダーとアームの接続には、ボールジョイントを採用。タブレットを自由に傾けられます。ホルダーは7~11インチのタブレットに対応しており、さまざまなiPadを横向きで固定可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 7~11インチ対応iPad・タブレット用支柱取付けアーム CR-LATAB22

タブレットを支柱に取り付けられる、おすすめのタブレットスタンド。クランプ式を採用しており、10×10~30×30mmまでの角パイプや直径8~50mmまでの丸パイプなどに取り付けられます。もちろん、デスクの天板にも固定可能です。

柔軟性に優れたフレキシブルアームを採用しているのもポイント。複数の関節を好みの方向に向けて、しっかりと固定できます。ホルダー部は、回転機能にも対応。縦と横を自由に変更できるので、用途に応じて切り替えながら使用できます。

取り付けられるタブレットのサイズは、約7~11インチ。ホルダーは合計で5つのL字クリップとV字クリップが組み合わされており、左右からタブレットをしっかりと挟み込んで安定した状態で固定できます。

タブレットスタンドのおすすめ|車載ホルダー

Unique Spirit 車載ホルダー

車の中でも安定してタブレットを支えられる、おすすめのタブレットスタンド。バネ式のホルダーを採用しており、3点でしっかりとタブレットを挟み込めます。4~10.5インチの機器に対応。タブレットだけではなくスマートフォンにも利用できます。

伸縮式のアームを搭載している点が特徴のひとつです。ボールジョイントの採用によりホルダー部分を360°自由に回転させられるほか、アームも最大約180°の調節に対応。タブレットの位置や向きを、使いやすいようにコントロールできます。

車への取り付けには、ゲル吸盤を採用。多少の凹凸があっても固定できるほか、吸着面にホコリが付いて吸着力が弱まった場合は、水洗いすると復活します。また、取り付け位置に吸盤の跡が残りにくい点も魅力です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 車載用タブレットスタンド CAR-SPHLD2L

停車したらすぐにタブレットを確認できる、おすすめのタブレットスタンドです。助手席のシートレールを利用して固定する仕組みを採用。ボルトで留めるため安定感に優れており、振動する車内でも倒れずにしっかりとタブレットを支えられます。

伸縮や角度調節に対応しているのもポイント。ホルダー部分の回転にも対応しているため、縦向き・横向きを問わずに使用できます。停車中に素早くメールをチェックしたり、カーナビ代わりに使ったりなど、さまざまな用途に活用可能です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) タブレット車載ホルダー 200-CAR090

車の後部座席でタブレットを使いたい場合におすすめのタブレットスタンド。ヘッドレストに固定して使用します。工具不要で取り付けられる点が特徴。シャフトの直径が10~18mm、シャフト間の距離が約160mmまでのヘッドレストに取り付けられます。

関節が2ヶ所用意されている点が魅力のひとつ。角度を柔軟に調節できるので、大人でも子供でも無理のない姿勢で動画やゲームなどのコンテンツを楽しめます。また、充電ポートを塞がないためタブレットを充電しながら固定可能です。

対応しているタブレットのサイズは、約7~12.9インチ。耐荷重は、約750gです。タブレットはもちろん、大型のiPhoneシリーズも取り付けられるほか、薄型であればタブレットにケースを付けたままでも固定できます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) タブレット車載ホルダー 200-CAR010

タブレットをカーナビのように扱える、おすすめのタブレットスタンド。粘着性のあるゲル素材の吸盤を採用しており、車のダッシュボードに取り付けられます。吸盤のそばには、レバーも搭載。レバーをスライドすると吸盤内が真空状態に近くなり、しっかりと固定されます。

ボールジョイント構造の採用も特徴のひとつ。取り付けたタブレットを360°自由に動かせるので、縦向きでも横向きでも使用できます。また、上下左右の角度調節にも対応。角度は無段階で調節できるため、見やすく操作しやすい位置にセットできます。

高さや左右の位置をスライドさせて調節できるのもポイント。車のスイッチ類やレバーに干渉しにくいように配慮されています。底面にはケーブル用のスリットも搭載。充電しながら使いたい場合でも、スッキリと配線できます。

woleyi 車載ホルダー X158-new

車でもタブレットを使いたい方におすすめのタブレットスタンド。エアコンの吹き出し口に固定するスタイルを採用しています。頑丈な素材の採用により、安定感に優れている点が特徴。落下のリスクも抑えられています。

角度調節に対応しているのもポイント。運転席や助手席から見やすいように、タブレットの向きを自由に変更できます。また、ボールジョイント方式が採用されているので、縦向きと横向きの両方で利用できる点も魅力です。

電源ボタンやスピーカー、コネクターなどが覆われない設計を採用。車にUSBポートが搭載されていれば、タブレットを充電しながら固定できます。

タブレットスタンドの売れ筋ランキングをチェック

タブレットスタンドのランキングをチェックしたい方はこちら。