自宅でティータイムを楽しむときに欠かせないアイテムが「ティーポット」。ティーポットにこだわることで、紅茶のおいしさやテーブルのおしゃれさが格段にアップします。しかし、ティーポットは種類が豊富に存在するため、何を選べばよいか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのティーポットをご紹介。素材や形状といった選び方のポイントについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

ティーポットの選び方

素材で選ぶ

ガラス

By: amazon.co.jp

ガラス製のティーポットは透明なので茶葉の動きが見やすく、茶葉の状態を確認しながら紅茶を淹れられるのが特徴。香りが付きにくいため、さまざまな種類の紅茶を淹れられるのも魅力です。

一方、ガラス製のティーポットはほかの素材と比べると冷めやすいのがデメリット。ガラス製のモノを使用する場合は、ポットを保温できるティーコージー(ポットカバー)と併せて使うのがおすすめです。

陶磁器

陶磁器は、多くのティーポットに採用されている素材です。ほかの素材と比べて厚みがあり、保温性に優れているのが特徴。お湯がすぐに冷めないため、じっくりと茶葉を蒸らせます。さらに、デザイン性が高く、おしゃれな製品が多いのも魅力です。

ステンレス

By: rakuten.co.jp

ステンレス製のティーポットは錆びにくく、丈夫で割れにくいのが特徴です。また、比較的軽量で持ち運びやすく、汚れが落ちやすいのも魅力。タンブラーや水筒などの素材としても使用されており、お手入れも簡単です。

熱伝導率が高く、素早く紅茶が抽出できますが、同時にティーポット自体も熱くなるので注意しましょう。高級感のあるアンティーク調のモノや、シンプルでスタイリッシュなモノなど、デザイン性の高いアイテムが豊富です。

形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

ティーポットを選ぶときは、形状にこだわるのもおすすめ。紅茶の味にこだわりたい方は、丸い形状のモノを選んでみてください。

紅茶をおいしく淹れるためには、茶葉がお湯の中で浮き沈みする「ジャンピング」と呼ばれる現象が必要。丸い形状のティーポットはお湯を対流させやすく、ジャンピングによって紅茶の旨味や香りを引き出しやすいのが特徴です。

そのほか、デザイン性を重視したい方は、インテリアに合う形状のティーポットを選ぶのもおすすめ。上から見ると四角形になっているスクエア型や、細長い筒型のティーポットもラインナップされているので、チェックしてみてください。

容量をチェック

By: amazon.co.jp

ティーポットの容量は1杯分を約150mlとして考えましょう。2杯分なら約300mlで1~2人分、4杯分なら約600mlで3~4人分が目安です。ただし、来客のときに便利だからと、必要以上に大きめサイズを選ぶのは避けましょう。

紅茶をおいしく淹れるためにはしっかりとジャンピングさせることが大切です。大きいサイズのティーポットに低水位のお湯で紅茶を淹れると、ジャンピングがすぐに終わってしまう恐れがあります。

また、ポットの容量が大きいと、ポット自体が重くなる傾向にあるので、扱いにくく感じることも。ティーポットを選ぶ際は、日常的に使用する人数に対応したジャストサイズを選ぶのがおすすめです。

洗いやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

お茶を淹れるティーポットは、内側に茶渋が付いたり茶葉が残ったりしやすいため、洗いやすいモノを選ぶことが大切。内側に手を入れて洗える形状の製品や、柄の付いたスポンジなどで洗えるタイプがおすすめです。

漂白剤を使ってお手入れをしたい方は、ティーポットの素材が漂白剤に対応しているかどうかも要チェック。多くのガラス製品は漂白可能ですが、陶器・金属製品のなかには漂白剤が使えないモノもあるため、購入前によく確認しておきましょう。

ティーポットのおすすめブランド

ハリオ(HARIO)

By: amazon.co.jp

「ハリオ」はガラス製品を取り扱うメーカーです。国内に耐熱ガラス工場を持ち、キッチン用品や理化学用品などを製造しています。

ハリオのティーポットは、大きさや形状が異なる耐熱ガラス製のモデルを豊富に取り揃えているのが特徴。食洗機や電子レンジで使用できる製品もラインナップされているので、手軽に使えるティーポットを探している方におすすめです。

ウェッジウッド(WEDGWOOD)

By: rakuten.co.jp

「ウェッジウッド」は1759年にイギリスで創業した、歴史ある陶磁器メーカーです。高級食器やインテリア雑貨を取り扱い、世界中で愛されています。白地に野イチゴの実と花が描かれた「ワイルドストロベリー」は代表的なデザインです。

ウェッジウッドのティーポットは、美しいフォルムの本体に絵柄が繊細にデザインされているのが特徴。来客時のテーブルに映えるティーポットを探している方におすすめです。

キントー(KINTO)

By: amazon.co.jp

「キントー」は1972年に滋賀県で創業した、キッチン用品を中心とした生活雑貨を取り扱うメーカー。機能性とデザイン性を兼ね備えた、おしゃれなテーブルウェアが人気です。ティーポットは、ガラス製および陶磁器製のモノが数多く展開されています。

無駄のないシンプルなデザインで使いやすく、食洗機に対応しているモノも多いので、普段使いにぴったりです。独創的でおしゃれなデザインはプレゼントにも適しています。

ティーポットのおすすめ|ガラス

ハリオ(HARIO) 茶茶急須 丸 CHJMN

人気の耐熱ガラス製ティーポットです。ハリオは耐熱ガラスを専門に扱うメーカーで、耐久性が良好。透明なガラス製は、紅茶の色合いが目で楽しめるのもポイントです。紅茶だけでなく、ハーブティーなどのカラフルな色味も存分に堪能できます。

茶葉が広がりやすい大きめの茶こしで、しっかり旨味を抽出。茶こしを外すと、電子レンジでのあたため直しもできます。口が広く内側に手を入れて洗えるため、清潔に保ちやすいのが特徴。450mlの容量は2~3人での使用に適しています。

普段使いにぴったりで、価格が安いので初心者でも購入しやすいおすすめのアイテムです。

ハリオ(HARIO) ジャンピングティーポット JP

丸い形状で、茶葉の軽快なジャンピングを促すティーポット。耐熱ガラスで有名なハリオの製品で、注ぎ口にはステンレス24金メッキの茶こし付きです。

ころんとしたフォルムに茶こしのゴールドカラーがアクセントとなり、エレガントな雰囲気に仕上がっています。茶こしは注ぎ口に引っ掛ける構造になっており、茶こしを外すと電子レンジであたため直しが可能です。

紅茶の旨味や香りをしっかり抽出して本格的な味わいを楽しめる、かわいいティーポットを探している方に適しています。

キントー(KINTO) UNITEA ワンタッチティーポット

シンプルで美しいフォルムがテーブルに映える、キントーのティーポットです。特徴は、フタ部分とストレーナーが一体化したデザイン。ポット内に茶こしがないので茶葉のジャンピングを邪魔せず、おいしい紅茶が淹れられます。茶葉が開く様子を眺めて楽しむことも可能です。

大きなハンドルは手が大きな方でもしっかり握れ、注ぎ心地に安定感があります。また、パーツが少ないのでお手入れが簡単。食洗機も使用でき、普段使いのティーポットにおすすめです。

イワキ(iwaki) レンジのポット KT863

イワキは耐熱ガラス製品の老舗メーカー。保存容器のカテゴリーでも人気があります。「レンジのポット」は、茶こしを外せば電子レンジの利用が可能なティーポット。フタやハンドル、底部分はプラスチック製で、扱いやすいのがポイントです。

本製品は茶こしを立てて置くことが可能。キッチンのスペースに余裕がない方にもおすすめです。また、パーツは取り外して洗えるので、簡単なお手入れでティーポットを清潔に保てます。カラーは、グリーン・ブラック・ピンクの3色展開です。

ボダム(bodum) ASSAM ティープレス 1812-01

ボダムはデンマークのキッチンウェアブランド。無駄な装飾を省き、シンプルで機能的なアイテムを数多く製造しています。フレンチプレスコーヒーメーカーの機能を生かして英国紅茶協会のためにデザインされたティーポットは、本格的な紅茶を楽しみたい方におすすめ。

フィルターの底部にはメッシュになっていない部分があり、必要以上に茶葉を抽出しないようストップできる仕組みです。自分好みの濃さをキープできるので、ゆっくりティータイムを楽しめます。

ステンレス製のフィルターは頑丈でニオイ移りしにくく、長い期間快適に使用可能。丁寧にお手入れするのが面倒な方におすすめです。

PluieSoleil ティーポット

角型のおしゃれなデザインで人気のティーポットです。茶こしはステンレス製で耐久性に優れ、長く使えるのがポイント。中身が見えやすいので、紅茶の色合いが美しく映え、テーブルを華やかに演出します。フタと茶こしを外せば、電子レンジの使用が可能です。

角型はインテリアとしても映えるスタイリッシュな見た目が魅力。来客時に使用するなど、ティーポットの見た目にこだわりたい方におすすめです。

吉谷硝子 ティーフォーツー ウェーブ YF

吉谷硝子は切子などの伝統的なガラス食器をはじめ、オリジナルのガラス製品を多数手掛けているメーカーです。ティーフォーツーのティーポットは、アンティークなデザインが魅力。フリルのように見える縦のラインがキュートで、紅茶を淹れておくだけでテーブルが華やぎます。

2~3人で楽しむのにぴったりな500mlの容量。ティーポット全体が透明なので、フルーツやハーブを入れた、カラフルで美しいフレーバーティーの色合いを楽しみたい方にもおすすめです。

メニュー(menu) ケトルティーポット

マグカップでたくさん飲みたい方にぴったりな大容量1500mlのティーポットです。メニューはデンマーク王室御用達のブランド。ティーポットは、フタから垂れ下がったカプセル状の茶こしが特徴です。

紅茶を好みの濃さに抽出したあとは、シリコン製の紐を引っ張って茶こしを引き上げておくと、余計な渋みが出るのを抑えられます。液ダレにしにくいよう、注ぎ口の先端が細く垂れ下がっているのもポイントです。

さらに、注ぎ口に付けるシリコン製のフタが付属しているため、ホコリの侵入を防ぎ、保温性を高めることが可能。専用のティーウォーマーを使うと、いつでもあたたかい紅茶が楽しめます。おしゃれなデザインと斬新な機能性は、プレゼントにもおすすめです。

ティーポットのおすすめ|陶磁器

ウェッジウッド(WEDGWOOD) ワイルドストロベリー ティーポット

全面に繊細でかわいいストロベリーの絵柄が散りばめられた、ウェッジウッドのティーポットです。シンプルな作りながら、細部に高級感のあるゴールドカラーが使われており、優雅なアフタヌーンティーにもぴったり。

棚に並べるだけでもインテリアとしての存在感を放つので、使わないときもディスプレイとして楽しめます。高価ですが、一生モノとして使えるティーポットとして、紅茶好きな方におすすめです。結婚祝いや新築祝いなどのプレゼントにも喜ばれます。

ロイヤル・コペンハーゲン(Royal Copenhagen) ティーポット ブルーフルーテッド ハーフレース

北欧を代表するブランド、ロイヤル・コペンハーゲンのティーポットです。絵付けはすべて手描き。「ブルーフルーテッド」には3種類あり、ハーフレースは美しいブルーの地模様にエレガントなレースの縁取りが特徴です。

落ち着いた上品さのあるデザインは、エレガントで大人な雰囲気のティータイムにおすすめ。1000mlの容量は5~6杯分に相当し、家族で紅茶を飲むときや来客時に重宝します。

本製品は茶葉を受け止めるため、注ぎ口に複数の穴が開いた特徴的な形状。電子レンジや食洗機も使用可能で、使い勝手に優れています。

ノリタケ(NORITAKE) シェール ブラン ティーポット

日本を代表する食器ブランド、ノリタケによる硬質磁器製のティーポットです。ノリタケの白磁器素材は硬さと、白色度の高い輝きが特徴。「シェール ブラン」のティーポットは純白の色合いに、繊細な編目模様のレリーフが非常におしゃれです。

飾らないシンプルな上品さで、愛着を持って長く使えるのが嬉しいポイント。来客時のおもてなしにも適しています。気取らず日常使いできるデザインは、日々の暮らしをより楽しむアイテムとしておすすめです。

同シリーズには、ティーカップやプレートをはじめ、クリーマーやシュガーポットなど多数揃っているので、コーディネートも楽しめます。

ル・クルーゼ(LE CREUSET) ティーポット&マグ 2個入りセット

優れた機能性とポップなカラーで人気のル・クルーゼ。陶器と磁器のメリットを合わせたようなストーンウェアは、耐熱性に優れ、色移りしにくいのがポイントです。

電子レンジをはじめ、オーブンや食洗機にも対応。保温性に優れており、あたたかい紅茶が楽しめます。マグカップ2個とセットになっているので、結婚祝いなどにもおすすめです。

同ブランド特有の美しいカラーとあたたかみのある風合いは、置いてあるだけでもインテリアのアクセントになります。

ゼロジャパン(ZEROJAPAN) ユニバーサルティーポット BBN

ステンレス製のフタに、丸くてかわいい陶器製の本体が印象的なティーポットです。最大の魅力は豊富なカラーバリエーション。鮮やかでポップなカラーから、ほんのりとしたニュアンスカラーまで、さまざまな色味のなかから好みのモノが選べます。

シンプルなデザインはどんなシーンとも相性がよく、和洋中あらゆる食卓にマッチするのでおすすめです。3人用はカップ約3杯分の450ml。フタはクリップ式で本体に固定され、片手で持ったままフタを開けて注げます。

さらに、フタを取り外してコーヒードリッパーのサーバーとしても使用可能。さまざまシーンで使いやすいユニバーサルなデザインのティーポットです。

西海陶器(SAIKAI TOKI) コモン ポット

コモンは長崎県の波佐見焼をベースに作られたシリーズ。軽くて丈夫なことに加え、手触りや口当たりもよく人気があります。

シンプルかつおしゃれなデザインのティーポットで、あたたかみのある風合いは北欧風の部屋にもぴったり。どっしりとした安定感のある形状で、安心して普段使いできます。カラーによって雰囲気が違うので、インテリアに馴染むモノを選んでみてください。

イッタラ(iittala) ティーマ ティーポット

イッタラはフィンランドでガラス製品のメーカーとして創業しました。現在はガラス製のほか、陶磁器製のアイテムも多数展開し、北欧を代表するテーブルウェアのブランドのひとつです。

ティーマはイッタラの代表的なデザインで、どんなシーンにもおしゃれに馴染むのでおすすめ。本シリーズは1952年の発売以来愛され続けています。

無駄がそぎ落とされたシンプルなデザインは、使いやすさや洗いやすさも良好。電子レンジや食洗機にも対応しており、普段使いに適しています。

ロンドンポタリー(London Pottery) ティーポット

本製品の素材は炻器で、発色がよく、陶器より軽いのが特徴。ころんとしたフォルムはあたたかみがあり、ナチュラルで素朴な雰囲気に仕上がっています。

茶こしには大きめのつまみが付いているので着脱しやすいのがポイント。フタとともにティーポットにセットするとロックが掛かり、傾けてもフタが外れにくくなります。

カラーバリエーションが豊富で、手持ちのカップや部屋の雰囲気に合わせて選ぶのがおすすめです。ニット帽のようなフォルムの専用ティーコージーも非常にかわいいので、保温性を高めて紅茶をゆっくり飲みたい方はぜひチェックしてみてください。

白山陶器 麻の糸

深い色合いのインディゴと、艶やかな白磁とのコントラストが美しいティーポットです。ツマミがハンドル寄りに設置されているので、親指でフタを押さえながら片手で紅茶を注げます。

茶葉を入れたりお湯を注いだりするときは、ポットのフチにフタを引っ掛けておくことも可能。実用性とデザイン性を兼ね備えたティーポットとしておすすめです。シンプルですっきりとしたデザインは、日本茶や中国茶用としてもしっくり馴染みます。

ティーポットのおすすめ|ステンレス

本間製作所 仔犬印 エルム型ティーポット

モノづくりで有名な新潟県燕市にあるメーカーのステンレス製ティーポットです。ツマミ部分までステンレスで仕上げられており、マットな光沢のある佇まいはクラッシックでおしゃれ。本体と注ぎ口を一体に見せるデザインに職人の技が光ります。

ステンレス製なので、衝撃に強く割れにくいことに加え、錆びにくく耐久性に優れているのがポイント。ひとつのティーポットを長く使いたい方におすすめです。1人用・2人用・5人用・8人用のサイズ展開があり、家族構成や用途に応じて選べます。

和田助製作所(Wadasuke) 菊渕 ティーポット

光を反射して輝く本体が美しいステンレス製のティーポットです。ポットを縁取る模様や、丸みのあるハンドルがアンティークな雰囲気を醸し出しています。光沢のある佇まいは高級感があるので、来客時に映えるティーポットを探している方にもおすすめ。

容量は370mlで、約2杯分の紅茶を淹れられます。和田助製作所はホテルやレストランなどで使われる業務用の金属製品を多数取り扱っているメーカー。プロが扱う確かな品質の製品を使いたい方は、ぜひチェックしてみてください。

藤田金属(FUJITA METAL MFG) ポピーケトルティーポット

ケトルとしてもティーポットとしても使用できる製品です。ガス火やIHなどの熱源に対応。ハンドルが大きく波型になっているので持ちやすく、茶こしも付いた使い勝手のよいティーポットです。

容量は800mlで、ケトルと兼用したい一人暮らしの方にもぴったりなサイズ。ステンレス製で耐久性があり、サビにも強く、長く使えます。

山下工芸(YAMASHITA KOGEI) ダイヤ型ティーポット

アラジンの物語に出てくるランプのようなフォルムで、エキゾチックな雰囲気が漂うティーポットです。高品質なステンレス製なので、丈夫で耐久性があります。

ステンレスは熱伝導率に優れているため、素早く茶葉の旨みや香りを抽出できるのがポイント。高級感のあるティーポットは、来客時や特別な日を彩るキッチンウェアとしておすすめです。

ティーポットのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ティーポットのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。