寒い季節に食べる機会が多くなるお餅料理。つきたてのお餅で作ればよりおいしいお餅料理が楽しめますが、杵と臼でわざわざお餅をつくのは手間と労力がかかってしまいます。

そんなときにあると便利なのが「家庭用餅つき機」。杵と臼がなくても、つきたてのふわふわなお餅がすぐに食べられます。そこで今回は、餅つき機の選び方とおすすめのモデルをご紹介。パン生地やうどんなど、お餅以外のレシピを作れるモデルもあるのでチェックしてみてください。

家庭用餅つき機の選び方

作れる容量をチェック

By: amazon.co.jp

作りたい容量に適した餅つき機を選ぶのがおすすめです。家庭用の餅つき機には少ないモノで1升分、多いモノで3升分のもち米に対応するモデルが発売されています。

1升は10合に相当しますが、1升のもち米からは約2kgの餅が調理可能。30gの丸餅に置き換えると約67個、50gの切り餅に分けた場合は約40個作れます。

1度に多くの量を作りすぎると食べ切れず、保存にも手を焼いてしまうのが難点。餅つき機で1度に作れる量を確認したうえで、作りたい餅の量に適したモデルを選びましょう。

サイズをチェック

By: rakuten.co.jp

餅つき機を選ぶ際は本体のサイズにも注目。餅つき機は同じ容量の炊飯器と比べても1〜2回りほど容積が大きいため、快適に使用するためにはキッチンにある程度のスペースが必要になります。

また、使わない期間に保管する収納場所の広さも重要。正月など特別な行事にだけ使うような場合、十分なスペースが確保できないと収納の際に困ります。使用したいキッチンスペースに適したサイズのモデルを選びましょう。

主要機能をチェック

By: amazon.co.jp

餅つき機には「蒸す」「こねる」「つく」の3つの主要機能があります。餅つき機に入れたもち米をやわらかく「蒸す」機能、蒸したもち米を「こねる」機能、こねたもち米を「つく」機能のすべてが揃っている製品を選ぶと、ボタンひとつで簡単においしいつきたてのお餅を味わえるのでおすすめです。

一方、蒸す機能が付いていないと炊飯器でもち米を炊いてから移す必要があり、手間がかかるため留意しておきましょう。

マイコン制御機能の有無チェック

By: amazon.co.jp

マイコン制御機能とは「蒸す」「こねる」「つく」の加減を調節する機能です。マイコン制御機能があれば、お餅を作るための基本作業を自動で調節できるので、手軽においしいお餅を作れます。

また、麺やおこわなど、お餅以外のモノを作るときも便利。汎用性が高い製品が多いため、ぜひチェックしてみてください。

お餅以外も作りたい方は付加機能をチェック

焼きたてパンが作れる「ホームベーカリー兼用モデル」

ホームベーカリー兼用モデルなら、つきたてのお餅だけでなく焼きたてのパンも楽しめます。夜寝る前にパンの材料をセットし、タイマーをかけておけば翌朝には焼きたてパンが食べられるのでおすすめ。ホームベーカリータイプはこねる機能が優れているモノが多く、ピザ生地やうどんなどの麺も作れるため人気です。

また、餅つき機をキッチンに置いたままにするなら、餅つき機能だけでなくパンや麺も作れた方が活用範囲も広がります。寒い日のおやつにはおしるこに入れてみたり、友人が来た日は焼きたてのパンを振舞ったり、日曜のランチにうどんを作ったりするなど、機能をフル活用してみてください。

味噌作りが楽しめる「みそ羽根搭載モデル」

By: amazon.co.jp

最近の餅つき機には、味噌作りができるモノもあります。味噌が作れるモデルには、「みそ羽根」という大豆をつぶしてこねる部品が付属。餅つき機の仕様書にも味噌作り機能の有無について記載があるので、購入前にチェックしておきましょう。

つきたてのお餅に自家製味噌で作ったタレをかけて来客に振るまったり、塩分の少ない味噌を作ってプレゼントしたりもできます。自分で味噌を作ってみたい方は、みそ羽根付きのモデルを選んでみてください。

家庭用餅つき機のおすすめメーカー

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

炊飯器や電気ケトルなどを製造・販売しているメーカー。数々のヒット製品を生み出してきた技術を活かし、使いやすい家庭用餅つき機を開発しています。

象印が得意とするマイコン機能を餅つき機にも採用しているのもポイント。「蒸す」から「つく」までをキーひとつで自動運転できます。難しい操作は必要なく簡単に扱えるので、餅つき機を初めて購入する方にもおすすめのメーカーです。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: amazon.co.jp

魔法瓶の開発で培った技術を炊飯器や電気ポットに応用している調理家電メーカー。親しみやすいデザインと使い勝手のよさで多くの人気製品を生み出しています。

家庭用の餅つき機は1升用~3升用までラインナップ。ひと目でわかる操作性のよさがタイガーの餅つき機の特徴です。

エムケー精工

By: rakuten.co.jp

さまざまな分野の業務用機器を取り扱うメーカー。洗車機や映像機器の開発技術を、家庭用の調理家電にも活かしています。ホームベーカリーや精米機などは手頃な価格で人気です。家庭用餅つき機は、使う人のニーズに応えられるよう3合用~3升用まで揃っています。

東芝(TOSHIBA)

By: rakuten.co.jp

1971年に国内に先駆けて家庭用の餅つき機「もちっ子」を発売した東芝。初代モデルの大きな特徴は、「蒸す」と「つく」の2つの機能を有しているところで、後に爆発的な売れ行きを記録しました。

現モデルのなかでは、もち米を水につける時間を短縮できる「一気ひたし機能」が特徴。お餅作りが効率的に速くできるおすすめのメーカーです。

家庭用餅つき機のおすすめモデル

象印マホービン(ZOJIRUSHI) もちつき機 力もち BS-ED10

蒸すからつくまで全自動で簡単に行える1升用の家庭用餅つき機です。「マイコン全自動」機能を搭載しているのが特徴。水に浸したもち米を臼に入れてボタンを押すだけで手軽に餅が作れるので、初めて餅つき機を購入する方にもおすすめです。

蒸す・つく・こねる・つぶすの4動作に1台で対応。餅をつくだけではなく、赤飯を蒸したり、通常は力仕事が必要なパン・ピザ・うどんなどのこね作業を行ったりも可能です。

臼の底に茹でた大豆をかき集めて細かくすりつぶす「みそ羽根」を搭載しているのもポイント。自家製の味噌作りも手軽に楽しめます。臼の淵には2個の取っ手が付いているため、つき終わった餅の取り出しや臼の洗浄が簡単にできるのも魅力です。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) もちつき機 力もち BS-GC20

1度に大量の餅がまとめて作れる2升用の家庭用餅つき機です。蒸す・つく・こねるの3動作が1台で行えるのが特徴。餅や赤飯などを蒸すのはもちろん、力仕事であるパン生地やうどん生地のこね作業が材料を入れてボタンを押すだけで簡単にできます。

アクセサリーとして「蒸し板」が付属するのもポイント。臼の中に入れて使えば食材を蒸気で調理できるようになるので、茶碗蒸し・しゅうまい・ふかし芋などのメニューを作る際にも活躍します。

大容量タイプなため、サイズは幅約43.5×奥行32×高さ35cmとやや大きめ。ただし、臼の内側には食材がこびりつきにくいフッ素加工が施されているので、お手入れが簡単に行えます。

タイガー魔法瓶(TIGER) 餅つき機 SMG-A360

作り終わった餅が簡単に取り出せる、2升用の家庭用餅つき機です。付属品としてもちとり器が同梱しているのがポイント。もちとり器をつき終わった餅の上に置いて押し出すだけで、餅を臼からワンタッチできれいに取り出せるので調理がスムーズに進められます。

蒸す・つく・こねるの3役が1台でこなせるのも特徴のひとつ。もち米を蒸し終わった後にブザー音が鳴るため調理のタイミングがわかりやすく、つくとこねるの工程も約10分で仕上げられます。操作性がシンプルなので、餅つき機を初めて使う方でも使いやすいのが魅力です。

別売アクセサリーにはみそ羽根も用意。餅メニューはもちろん、自家製味噌の調理にも家庭で手軽に挑戦できます。

タイガー魔法瓶(TIGER) 餅つき機 SME-A540

つく工程に特化した超大容量タイプの家庭用餅つき機です。5.4Lに相当する最大3升のもち米をつけるのが特徴。正月行事やホームパーティーなどで大量の餅メニューを1度にまとめて調理する際などにおすすめです。

操作ボタンは電源オフと「つく」の2つだけとシンプル。機械操作が苦手な方でも簡単に使えます。なお、つく専用の餅つき機のため、蒸すやこねるなどの機能は省略。餅を作る際は事前にもち米を蒸しておく必要があります。

サイズは幅約43.2×奥行41.2×高さ37cm。つき終わった餅を臼から簡単に取り出せるもちとり器が付属します。超大容量タイプながら価格が安いのも魅力です。

エムケー精工 家庭用ミニもちつき機 ミニもっち RM-05MN

小型軽量で収納も簡単にできる、小容量タイプの家庭用餅つき機です。5合に相当する最大0.5升のもち米をつけるのが特徴。少人数の家庭でもぴったりの食べ切りサイズで餅が作れるので、夫婦だけの家庭や小さな子供のいる家庭におすすめです。

食べたいと思ってから最短2時間で餅が作れるのもポイント。ひたし60分・蒸す30分・つく8〜12分で済むため、前日からのひたし工程は不要でいつでも手軽に餅が調理できます。また、独自技術「上蒸し式」を採用しているので、もち米を蒸す際に熱ムラができにくいのもポイントです。

サイズは幅31×奥行23×28cmとコンパクトで、コードは内部に収納が可能。安い価格ながら、蒸し料理に使える蒸し台も付属しています。

エムケー精工 もちつき機 かがみもち RM-201SN

こだわりの蒸し機能を搭載した2升用の家庭用餅つき機です。上方向からの蒸気でもち米を均等にムラなく蒸し上げる「上蒸し式」を採用。余分な水分を取り込まないのでベタつきにくく、雑煮にしても煮崩れしにくいコシの強い餅が作れます。

操作パネルは電源オフ・むす・つく/こねるのボタン3つだけとシンプル。蒸し上がりやつき上がりの際はブザー音が鳴るため、初めて餅つき機を使用する方でもタイミングを誤って失敗する心配がないのがポイントです。

臼の内側には餅離れのよいフッ素樹脂加工が施されているのも魅力。また、取手も付いているのでつき終わった餅の取り出しも簡単です。オプションには、自家製味噌が作れるみそ羽根も用意されています。

東芝(TOSHIBA) もちつき機 PFC-M116

本格的なパン作りも楽しめる1升用の家庭用餅つき機です。つく・蒸す・ねるに「発酵」を加えた4工程を、マイコンで自動制御できるのが特徴。餅作りはもちろん、発酵の下ごしらえが必要なパンやピザの生地作りにも活躍します。

「マイコン一気ひたし機能」を使えば、通常6〜12時間かかるもち米のひたしも約40分で可能。つき上がりまで合計で約90分しかかからないので餅の時短調理に便利です。コシの強さを2コースから選べる機能や、つき始めの慣らし時に生地に蒸気を当ててふっくらに仕上げる「もちもちスチーム」機能も搭載しています。

「マイコンパン生地機能」を搭載しているのもポイント。生地練りから一次発酵まで自動でおまかせできるため、発酵し終わった生地を成型するだけで簡単においしいパンが作れます。

東芝(TOSHIBA) もちつき機 AFC-216

1度に大量の餅が手軽に作れる大容量タイプの家庭用餅つき機です。3.6Lに相当する最大2升のもち米をつけるのが特徴。また、パン生地作りにも対応しており、1kgの小麦粉から最大で食パン4斤分の生地が用意できます。

つく・蒸す・ねるの3役に1台で対応。また、操作ボタンは3つだけとシンプルなので、複雑な操作が苦手な方でも簡単に使いこなせます。

サイズは幅39.8×奥行31×高さ37.5cm。オプション品には自家製味噌を作る際に重宝する「みそ用はね」も用意されています。

みのる産業 家庭用餅つき機 つき姫

小型軽量で、持ち運びも簡単にできるスタイリッシュな家庭用餅つき機です。サイズが幅21×奥行22×高さ30cmとコンパクトなので、置き場所や収納場所に困りません。また、重さも約4.5kgと軽く、持ち手付きのため、片手で持って楽に移動できます。

前日にひたしたもち米をセットしたら、蒸し約15分、つき約10分の合計約25分の短時間で餅が作れるのもポイント。操作ボタンも「むす」と「つく」の2つだけなので、初めて餅つき機を使う方でも簡単に餅が作れます。

容量は3合に相当する約0.3升。丸餅が約10個分作れるため、余らせることもなく手頃な量で餅つきが楽しめます。

パナソニック(Panasoni) ホームベーカリー SD-MT3

コシの強い餅も作れる高性能なホームベーカリーです。インバーターモーターによってねりの速度を巧みに変える「達人ねり」を実現。低速ねりで作るマーブルパンから、高速ねりが必要なピザ生地まで多彩なパンが作れます。

餅つき機として使う場合、最大3合に相当する約0.3升のもち米に対応。蒸し機能はなく、作れる量も少なめですが、普段は本格的なパン作りを楽しみつつ、正月行事では餅も作りたいといった方におすすめです。

本場フランスの味が堪能できる「パン・ド・ミ」が簡単に作れるのがポイント。また、無添加のドライ天然酵母食パンや、グルテン・乳製品フリーのパンなども作れる「オートメニュー機能」も搭載しています。

餅つき機のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

餅つき機のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:家庭用餅つき機のおすすめレシピ

磯辺焼きやおしるこなどにぴったりの「のし餅」

餅つき機で作ったやわらかいお餅を伸ばしてのし餅にしておくと、さまざまな料理に活用できたり保存したりできるので便利です。また、のし餅をカットする際に食べやすい大きさにしておくと調理も格段にラクになります。

のし餅の作り方は簡単。餅とり粉(上新粉や片栗粉)を四角い容器に広げ、仕上がったお餅をのせます。手とのし棒にも餅とり粉をつけてお餅を平らに伸ばし、そのままの状態で1~2日保管。少し硬くなったことを確認したら、包丁で食べやすい大きさに四角く切り分けます。

数日以内に食べるのし餅は保存袋に入れてしっかり空気を抜き、冷蔵庫で保存しておきましょう。すぐに食べない分は保存袋のまま冷凍保存しておくと日持ちさせられます。

豆の食感が楽しめる「豆餅」

コリっとした食感の豆が香ばしくておいしい豆餅も人気のレシピ。もち米と一緒に大豆を入れて蒸すだけで簡単に豆餅が作れます。大人にも子供にも喜ばれるレシピです。

もち米8合に対し、大豆120g・塩小さじ1・水400mlを用意。もち米は6時間以上水に浸した後に30分水切りします。大豆はよく洗ってから2時間水に浸して軽く水切りしておきましょう。臼にもち米を入れて平らにならし、その上に大豆を均一に広げてのせてから蒸します。蒸し終わったら塩を少しずつ加えて約10分つくと完成です。

豆餅を作るには「蒸し」と「つき」の機能が独立しているモノを使うのがおすすめ。大豆の代わりに黒豆や小豆などを入れてもおいしく仕上がります。食べきれなかった分は、のし餅にして保管しましょう。

香りがさわやかな「よもぎ餅」

さわやかなよもぎの香りが魅力のよもぎ餅は、大人も子供も大好きなレシピ。もち米と一緒によもぎを入れるだけなので作り方も簡単です。

1升のもち米に対し、よもぎ100g・水300mlを用意。もち米は8時間以上水に浸して20分水切りします。最初にもち米だけを普通に蒸し、蒸し終わったもち米の上にやわらかく茹でて細かく刻んだよもぎをまんべんなく広げ、つきコースで10分つけばよもぎ餅のできあがり。よもぎの代わりにモロヘイヤなどの健康野菜を使うのもおすすめです。

甘くておやつにピッタリ「バター餅」

By: rakuten.co.jp

北秋田市の郷土菓子であるバター餅。ついたお餅にバターをたっぷり入れるので、時間が経ってもやわらかいままの食感が人気です。甘くてまろやかな味はおやつにもぴったり。キレイな淡い黄色とバターの香りが食感をそそります。

1升のもち米に対し、バター100g・小麦粉1カップ・砂糖1カップ・塩小さじ1・卵黄1~2個分・片栗粉適量を用意。前日から水に浸したもち米に適量の水を入れ、自動コースでお餅をつきます。仕上がったお餅にバターを入れてよく混ぜたら、小麦粉・砂糖・塩を入れてしっかりねりましょう。

材料をよく混ぜ、最後に卵黄を入れます。卵黄がしっかりお餅に混ざったら片栗粉をつけてのし餅にし、好みの大きさにカットして完成です。バター餅は腹持ちがよくほんのり甘いので、子供のおやつにすると喜ばれます。