荷物を運ぶ際にあると便利なのが「キャリーカート」。キャンプなどのアウトドアシーンはもちろん、大型ショッピングセンターでの買い物にも活躍するアイテムです。とはいえ、本体サイズや防水対応の有無などは製品によって異なるので、購入する際は違いを把握しておきましょう。

そこで今回は、おすすめのキャリーカートをご紹介します。選び方についても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

キャリーカートを選ぶポイント

積載重量や耐荷重をチェック

By: amazon.co.jp

キャリーカートには、何kgの荷物まで運べるのかを表した「積載重量」や「耐荷重」が設定されています。何度も小分けにして運ぶのを避けるためにも、重い荷物を運ぶ場合は積載重量や耐荷重が十分なモノを選ぶのがおすすめです。

また、積載重量や耐荷重が大きいモノほど本体のサイズも大きくなる傾向があるので、選ぶ際は用途を考慮して、オーバースペックにならないように注意しましょう。

本体の重さと収納時のサイズをチェック

By: amazon.co.jp

キャリーカートは大きくてかさばるため、収納時のサイズにも配慮する必要があります。また、車載することを想定している方は、本体の重さや収納時の形状もチェックしておきましょう。

路面の状態に対応するモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

キャンプ場や砂浜などでの利用を考えている場合は、太めのタイヤを搭載したキャリーカートがおすすめ。凸凹による振動を抑えられるほか、安定感があるので安心して運べます。

一方、舗装された道での使用をメインに考えている場合は、細めのタイヤを搭載したモデルがおすすめ。本体が比較的軽いことから扱いやすく、小回りも効くので快適に運搬できます。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

キャリーカートのデザインは、アウトドアシーンで映えるアイテムから街中での使用でも違和感のないモデルまで、さまざまなタイプがあります。

派手なアイテムは存在感があるため、キャンプシーンなどでは見分けが付きやすくて便利ですが、街中ではかえって目立ち過ぎてしまうことも考えられます。あまり気にする必要はありませんが、TPOに合わせて選ぶとベターです。

キャリーカートのおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

アメリカ発のコールマンは、日本でも人気のキャンプ用品メーカー。テントやタープ、食器など、多くのキャンプ用品を扱っています。

キャリーカートは作りが丈夫で、車からテントサイトまで距離がある場合でも、一度にたくさんの荷物を運べます。タイヤのストッパーや荷物を固定するリングなどの工夫も多く、使いやすさに定評があるメーカーです。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

ロゴスは日本のキャンプ用品メーカー。創業当時は船舶用品を主に扱っていましたが、現在では本格的な登山専門やキャンプ用品をメインに扱っています。

ロゴスの製品は、ほかにはないユニークさが魅力。アイスクリームを長時間保存できるクーラーボックスや、AC電源でも電池でも使える扇風機などが人気です。キャリーカートは安定感と扱いやすさを重視しており、楽に運搬作業ができます。

ディーオーディー(DOD)

By: amazon.co.jp

ディーオーディーのキャンプ用品は「ワクワクしながら外で過ごすこと」をコンセプトにして作られています。デザイン性の高いチェアや、初心者でも簡単に扱えるタープなどが人気です。

キャリーカートは手軽に荷物が運べるよう、細かい部分まで配慮しているのが特徴。どの製品もファッション性が高く、使っているだけでテンションが上がるのでキャンプがより楽しくなります。

キャリーカートのおすすめ|アウトドア向け

コールマン(Coleman) アウトドアワゴン

コールマン(Coleman) アウトドアワゴン

耐荷重が約100kgの折りたたみ式キャリーカート。大型タイヤを装備し、キャンプ場や砂浜などでもスムーズに走行できます。ストッパー付きで、安定した状態で荷物を出し入れできるのもメリット。本体の両サイドにはDリングが付いており、簡単に荷物を固定できるのも嬉しいポイントです。ラバーバンドが付属しているので、別売のバンドを購入しなくてもすぐに荷物を固定できます。

使用時のサイズは約幅106×奥行53×高さ100cm。荷台サイズが幅88×奥行42×高さ31cmと重心が低いため、子供や力が弱い方でも運搬しやすいのが特徴です。折りたたむと約幅18×奥行40×高さ77cmとコンパクトになり、車や玄関などに保管しやすいのも魅力。保管用のカバーが付属し、すっきりと収納できるのもおすすめです。

ロゴス(LOGOS) neos ラゲージキャリー 84720721

ロゴス(LOGOS) neos ラゲージキャリー 84720721

ポップなデザインがおしゃれな折りたたみ式キャリーカート。本体は約幅84×奥行53×高さ55cmと程よいサイズで、本格的なアウトドアだけでなくピクニックなどにも気軽に使用できます。耐荷重は約100kg、容量は約88Lと重い荷物をたくさん収容できるのが特徴です。

ひし形ブロックのタイヤを採用。ひし形パターンをタイヤに施し、滑りやすい地面でも安定して荷物を運搬できます。ワンアクションで組み立て・撤収できるのもおすすめ。ワゴンの先端を開閉するだけで、組み立てたりコンパクトに折りたたんだりできます。ハンドルの高さは2段階に調節でき、積載量に応じて長さを変えられるのも便利です。

ディーオーディー(DOD) アルミキャリーワゴン C2-534

ディーオーディー(DOD) アルミキャリーワゴン C2-534

アルミ合金製のフレームを採用した軽量なキャリーカート。本体重量8.6kgと片手で持てる軽さで、スムーズに車へ積み込んだり持ち運んだりできます。折りたたみ時には幅30×奥行25×高さ69cmとコンパクトになり、車の荷台や玄関に収納しやすいのも魅力です。

耐荷重100kg、約160Lと大容量で、一度に多くの荷物を収容できるのがメリット。3mm厚の丈夫なフロアマットが付属し、底面をフラットにできるため荷物を安定させて運搬できます。本体にはポケットを備えており、スマホなどの小物類を分けて収納可能。生地・タイヤは取り外しでき、消耗したら交換できるのも便利です。

クイックキャンプ(QUICK CAMP) アウトドア キャリーワゴン QC-CW90

クイックキャンプ(QUICK CAMP) アウトドア キャリーワゴン QC-CW90

大型ホイールを採用した折りたたみ式キャリーカート。直径21×幅8.5cmの特大ホイールを装備し、しっかりと接地できるため、悪路でもスムーズに荷物を運搬できます。タイヤの中央にはラバーを採用。床を傷つけにくいため、グランピングなどのアウトドアでも使いやすいのが特徴です。

耐荷重100kg、ワゴン容量が120Lあり、一度に多くの荷物を運搬できるのも魅力。本体のサイドにはDリングを設置し、付属のゴム紐で荷物をしっかりと固定できます。伸縮式のハンドルを搭載。93cmまで伸長して斜め使いすれば、運搬時に足がホイールに接触するストレスを軽減できます。

ワック(WAQ) アウトドアワゴン

ワック(WAQ) アウトドアワゴン

耐荷重150kg、ワゴン容量が106Lと最高クラスの積載量を備えたキャリーカート。本体フレームに頑丈なスチール、直径21×幅8.5cmのワイドタイヤを使用することで、悪路でも重い荷物を安定して運搬できます。

ハンドルには、重い荷物を運んでも手が痛くなりにくい丸型を採用。独立して左右に可動する設計で、方向転換しやすく砂浜や砂利道でもスムーズに走行できます。

コンパクトに折りたたみでき、狭いスペースでも収納しやすいのが特徴。4点を折りたたむ収束式で、約幅34cm×奥行28cm×高さ75cmとコンパクトに収納できます。専用の収納カバーには持ち手が付いており、折りたたんだまま走行できるのも便利です。

フィールドア(FIELDOOR) ワイルドマルチキャリー タフ

フィールドア(FIELDOOR) ワイルドマルチキャリー タフ

豊富なカラーバリエーションが魅力の折りたたみ式キャリーカート。耐荷重150kgと積載量が多く、テントやタープ、テーブルなどのキャンプアイテムを一度で運搬できます。耐久性が高いスチールフレームを採用し、ワゴン底部をフレーム構造でカバー。厚さ4mmの底板で補強することで、大容量ながらタフな構造を実現しています。

前輪が360°回転する大型タイヤを装備。未舗装の道でも、安定して荷物を運搬できます。ハンドルにはグリップを設けており、握りやすく快適に使用できるのも魅力です。

生地には、丈夫なポリエステルを採用。シートとフレームは簡単に着脱でき、汚れても取り外してお手入れできます。折りたたむと約25cmとコンパクトになり、車載・収納しやすいのもおすすめポイントです。

山善(YAMAZEN) キャンパーズコレクション エブリデイキャリー EMC-80

山善(YAMAZEN) キャンパーズコレクション エブリデイキャリー EMC-80

操作性に優れた折りたたみ式キャリーカート。本体サイズが幅94×奥行50.5×高さ71cmと深型の設計で、キャンプアイテムを縦置きに積載しやすいのが特徴です。組み立て不要で、簡単に展開・折りたたみできるのもメリット。折りたたむと、幅20×奥行39×高さ71cmとコンパクトになるのも嬉しいポイントです。

直径18cmのタイヤを装備。わずかな段差であればラクに走行できます。前輪にはストッパーを設けているので、荷物の積載時や未使用時に固定できるのも便利。ハンドルには握りやすいT字型を採用し、両サイドに設置したボタンで長さを調節できます。耐荷重80kgと十分な積載量ながら、本体重量9kgと軽量なのも魅力です。

タンスのゲン 折りたたみ キャリーカート 45600000

タンスのゲン 折りたたみ キャリーカート 45600000

ハードな状況下でのアウトドアにもおすすめのキャリーカート。幅10cmと大型のタイヤを装備し、登山などでの悪路や悪天候でも安定して走行できます。フレームにはハンマーストーン加工を施し、傷が付いても目立ちにくいのが魅力。傷を気にすることなく、ハードに使用できます。

耐荷重約120kg、ワゴン容量89Lと十分な積載量があるのもポイント。キャリーカートの前面にはメッシュポケットを設けており、ペットボトルなどを収納できます。ハンドルの高さは無段階で調節でき、使う人や積載量に合わせて使い分けられるのも便利です。お手入れしやすいのもおすすめのポイント。フレームにマジックテープで生地を固定した構造で、簡単に取り外して水洗いできます。

ダバダ(DABADA) アウトドアワゴン キャリーカート

ダバダ(DABADA) アウトドアワゴン キャリーカート

耐荷重150kg、ワゴン容量95Lと一度に多くの荷物を積載できる折りたたみ式キャリーカート。直径16.5×幅9.5cmの大型タイヤを装備し、未舗装の道でも安定して荷物を運搬できます。前輪が360°回転する構造で、小回りが利くためスムーズに方向転換できるのが特徴。収納部の内側・外側には計3つのメッシュポケットを設けており、ペットボトルや小物類などを小分けして収納できます。

簡単に展開・折りたたみできるのも魅力。マジックテープを使用したシンプルな構造で、本体を広げるだけで設営でき、折りたたむだけで撤収できます。ピンクやネイビー、イエローなど、カラフルなカラーが揃っているのも嬉しいポイントです。

Moon Lence 折りたたみキャリーカート

Moon Lence 折りたたみキャリーカート

耐荷重150kg、ワゴン容量が約120Lと最高クラスの積載量を備えたキャリーカート。頑丈なスチール製のフレームを採用し、フロアマットも付属するため、重い荷物も安定して運搬できます。前輪が360°回転する構造で、方向転換しやすいのもメリット。ストッパー付きのため、坂道でもしっかりと固定できます。

収納時には、約幅20×奥行25×高さ72cmとコンパクトになるのも魅力。折りたたんだまま走行でき、キャンプ内などでラクに移動できます。生地は取り外し可能で、お手入れしやすいのもポイントです。

キャリーカートのおすすめ|旅行・日常使い向け

フィールドア(FIELDOOR) 折りたたみキャリーカート

フィールドア(FIELDOOR) 折りたたみキャリーカート

買い物などにおすすめの折りたたみ式キャリーカート。耐荷重35kgのモデルで、2Lのペットボトルを12本程度収納できます。組み立てやすく、コンパクトに折りたためるのがメリット。収納時には、約幅44×奥行9×高さ45cmとハンドバッグのような形状になり、片手でラクに持ち運べます。

フタ付きなのも嬉しいポイント。運搬時に荷物が飛び出すのを防いだり、フタの上に荷物を積載したりできます。レジャー時には、テーブルとして使用できるのも便利。フタを外して使用したいときには、本体の側面に固定できます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) NEWビッグハウンドキャリー type2 M-1708

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) NEWビッグハウンドキャリー type2 M-1708

軽くて使いやすい折りたたみ式のキャリーカート。耐荷重約40kgのモデルで、箱入りのペットボトルや灯油タンク、お米などをラクに運搬できます。フック付きのゴム紐が付属し、クーラーボックスなどの大きい荷物を固定できるのも便利です。

車輪の外側には、厚手のゴムを装着。ガタガタした道路でも、スムーズに走行できます。折りたたみ時には、約幅30.5×奥行14×高さ58.5cmとスリムになるのも魅力。付属のゴムを巻き付けると、立てかけたままで保管できます。シンプルな構造で、1台あればいろんなシーンで重宝するアイテムです。

JPROYI キャリーカート

JPROYI キャリーカート

コンパクトに折りたためるキャリーカート。収納時には幅30×奥行10×高さ48cmのサイズに折りたたみでき、リュックや旅行バッグなどに入れて持ち運びできます。本体重量が約2.1kgと軽量なのも嬉しいポイントです。

耐荷重55kgと、ビールケースや灯油タンクなどの重い荷物を積載できるのも魅力。ハンドルは押しボタンで3段階に調節でき、積載量やシーンに応じて使い分けできます。フック付きゴムロープを備えており、大きな荷物を固定できるのもおすすめポイント。ストラップ1本が付属しているので、大容量の荷物も安定して運搬できます。

Aoomiya キャリーカート 折りたたみ

Aoomiya キャリーカート 折りたたみ

最大200kgまでの荷物を運搬できる折りたたみ式キャリーカート。荷台には丈夫な強化プラスチックを採用し、重い荷物の運搬に耐えられる構造を実現しています。荷台のサイズは、約45.4~59.5cmまで調節可能。フック付きのゴム紐が付属し、大容量の荷物も安定して運搬できます。

360°回転する4つの自在輪、2つの固定輪の計6本のタイヤを装備。自在輪のうち2本にはストッパーを設けており、坂道などの走行時にブレーキをかけられるので安心です。

ハンドルは、41・68・93cmの3段階に調節可能。手前に倒せる構造で、走行時にありがちな肩や腕への負担を軽減できます。折りたたむと幅32×奥行11×高さ45cmとコンパクトになり、狭いスペースに収納できるのも便利です。

バンドック(BUNDOK) キャリー カート M

バンドック(BUNDOK) キャリー カート M

携帯性・収納性が高い折りたたみ式キャリーカート。本体重量が約2.3kgと軽量で、約幅31×奥行14×高さ58cmとコンパクトに収納できるため、買い物・旅行などに持ち運びしやすいのが特徴です。40kgまでの荷物を積載でき、灯油タンク・ペットボトル・ビールケースなどを十分に運搬できます。

組み立てやすいのも魅力。荷台を開き、ハンドルを上げて固定するだけで使用できます。ゴムバンドが付属し、荷物を固定できるのも便利です。

オウルテック(Owltech) ふた付き折りたたみキャリーカート OWL-VAFC01

オウルテック(Owltech) ふた付き折りたたみキャリーカート OWL-VAFC01

利便性が高い折りたたみ式キャリーカート。フタと持ち手付きで、荷物を持ち運びしやすいのが特徴です。レジャー時のテーブルとして使用したり、車内の荷物置き場として利用したりできるのもメリット。折りたたむと約幅45×奥行8×高さ46cmとコンパクトになり、車のトランクに常備しやすいのもおすすめです。

耐荷重は30kgで、ペットボトルや食品などをまとめて運搬可能。ピンクやブルーなど、カラフルなカラーが揃うのも嬉しいポイントです。

シフレ(siffler) キャリーカート G6000

シフレ(siffler) キャリーカート G6000

使い勝手がよい折りたたみ式のキャリーカート。シンプルな構造ながら、20kgの耐荷重を備えています。約直径9cmの大型キャスターを搭載し、スムーズに走行できるのも魅力。キャリーバンド付きで、荷物を固定できるのも便利です。

折りたたむと約幅30×奥行9.5×高さ52cmとスリムになり、収納時にかさばらないのも特徴。本体重量は約1.6kgと軽量で、片手でラクに持ち運びできます。レッドやイエローなど、カラーバリエーションが豊富なのもポイント。比較的安い価格で購入でき、1台あればショッピングや旅行、アウトドアなどシーンを問わず重宝します。

Lagurus 軽量コンパクトキャリーカート

Lagurus 軽量コンパクトキャリーカート

軽量で操作性に優れた折りたたみ式キャリーカート。本体重量が約1.7kgと軽量ながら、50kgと十分な耐荷重を備えているのが特徴です。弾力性が高いゴムロープと専用フックで積載物を固定する構造で、大容量の荷物もしっかりとホールドして運搬できます。

後輪には、耐久性・安定性に優れた大型タイヤを採用。静音設計により、走行時の音が気になりにくいのもメリットです。ハンドルは2段階に調節でき、積載量に合わせて長さを使い分けできます。

専用の収納バッグが付属するのも嬉しいポイント。使用後はコンパクトに折りたたんで、バッグ内で保管したり持ち運んだりできるので便利です。

ドレイス(DOREIS) 折りたたみキャリーカート

ドレイス(DOREIS) 折りたたみキャリーカート

コンパクトに収納できる折りたたみ式のキャリーカート。折りたたむと約W23×D8×H44cmとスリムになり、玄関や車のトランクに常備しやすいのが特徴です。25kgの耐荷重を備え、買い物・旅行時などの荷物を十分に運搬できます。ロープ付きで、荷物をしっかりと固定できるのも便利です。

静音設計のタイヤを装備。買い物・旅行中に使用しても、周囲の方に騒音で迷惑をかけにくい設計です。ハンドルの長さは、44・65・96cmの3段階に調節可能。操作性が高く、子供から大人まで手軽に荷物を運搬できるのもメリットです。

Roovego キャリーカート 折りたたみ式

Roovego キャリーカート 折りたたみ式

耐荷重100kgと重い荷物を十分に積載できる折りたたみ式キャリーカート。後輪には4WD耐性のゴムタイヤ、前輪には360°回転する小型タイヤを装備しているので、地面からの衝撃を緩和してスムーズに走行できます。パイプ部分には、頑丈な鋼鉄材質を採用。表面を焼付塗装しており、サビ・水に強いのが特徴です。

ハンドルは、43・73・93cmの3段階に調節可能。ボタンを押すと簡単に調節でき、荷物に応じて快適な長さに設定できます。折りたたむと、幅32×奥行15×高さ46cmとコンパクトになるのもメリット。リュックやキャリーバッグに収納できるサイズで、旅行・アウトドア時に持ち運んで利用するのもおすすめです。