キャンプやバーベキューで使用する重い荷物を運ぶのは大変な作業。特に車から離れた場所に運ぶ場合は時間も労力もかかります。「キャリーカート」があれば一度に多くの荷物を運べるため便利です。

そこで今回は、キャリーカートの選び方とおすすめ製品をご紹介。移動や収納のことを考えると重さやサイズも重要なので、ぜひチェックしてみてください。

キャリーカート(アウトドアワゴン)とは?

By: amazon.co.jp

キャリーカートとは多くの荷物を載せて運搬できるタイヤ付きのカートのこと。手の力だけで重い荷物を楽に移動できるので、さまざまなシチュエーションで便利に使えます。キャンプやバーベキューなどで使用するテントやテーブルなどの重量物も、キャリーカートを使えば移動時の負担を減らすことが可能です。

キャリーカートにはさまざまな大きさや形のモノがあり、それぞれの耐荷重も異なります。また、本体の重さや折りたたんだときの大きさも製品によって違うため、自分の使い方に合うモノを選ぶのがおすすめです。

キャリーカート(アウトドアワゴン)の選び方

荷物の量に合わせてタイプを選ぶ

ワゴンタイプ

By: amazon.co.jp

4輪タイヤを搭載したワゴンタイプは、荷台スペースが広いので一度にたくさんの荷物を運べます。また、フレームや収納部に頑丈な素材を採用し耐荷重が60~100kgほどと丈夫なアイテムが多数。4人家族全員のイスとテーブルを一気に運んだり、重いテントやタープも載せたりできるため、アウトドアの荷物が多い方におすすめです。

ワゴンタイプには大量の荷物が落ちないようにネットで覆う製品もあります。背面部に高さがある場合は、サーフボードも載せられるので海のレジャーに便利です。砂や泥の汚れが気になる方は、収納部を取り外して洗えるモノを選びましょう。

コンパクトタイプ

By: amazon.co.jp

コンパクトタイプの多くは車輪が2つ付いており、ハンドルを持って本体を斜めにして移動します。荷物を入れるボックスが付いているモノは、食器やドリンクなどの小さい荷物を運ぶのに便利です。ボックスが付いていないタイプにダンボールなどを載せる場合は、荷物固定用のロープを使うのがおすすめ。ロープを数本使用すれば、重い荷物もしっかり固定できます。

コンパクトタイプは本体の重さが2~3kgと軽く、つくりもシンプルで、価格が安いのも魅力です。また、折りたたむとスリムになるため車の荷台や物置に入れてもかさばりません。アウトドアだけでなく普段の買い物にも使用できるので、1つ持っていると便利です。

耐荷重をチェック

ワゴンタイプの耐荷重は60~100kg程度、コンパクトタイプは20~50kg程度です。キャリーカートを選ぶ際には、運びたい荷物が大体どのくらいの重さなのかを把握しておきましょう。荷物の重さが分からない方や重いモノも軽いモノも運びたい方は、耐荷重が大きいタイプを選んでおくのがおすすめです。

折りたたんだときのサイズをチェック

By: dod.camp

キャリーカートは製品によって折りたたみサイズが異なるため、車の荷台や収納場所のスペースを考慮したうえで選ぶのがおすすめ。ワゴンタイプで耐荷重が大きいモノは荷物をたくさん積めますが、つくりが重厚なので折りたたみサイズが大きくなります。コンパクトタイプは耐荷重が小さくなりますが、折りたたむとスリムになり車の荷台でもかさばらないのが魅力です。

キャリーカートに載せる荷物の量ばかり考えてしまうと、いざ収納しようと思ったときに困ることも。キャリーカートの本体容量と耐荷重に加え、折りたたみサイズにも注意して選んでみてください。

タイヤの大きなモデルほど安定性が高い

By: amazon.co.jp

タイヤの幅と直径が大きいキャリーカートは、キャンプ場のデコボコ道や砂利道などの悪路をスムーズに移動可能。特に重い荷物を運ぶ場合は、タイヤの大きさがキャリーカートの安定性に大きく影響します。せっかくキャリーカートを買ってもタイヤが華奢だと荷物が運びにくくなるため、タイヤのサイズもチェックしてみてください。

タイヤの中央部分にゴムを採用しているモノは、滑りにくく衝撃も伝わりにくいので安定感があります。タイヤの溝が深いモノは、砂利道や未舗装の道をしっかり捉えて運搬可能です。

付属品をチェック

By: amazon.co.jp

収納ケースが付いているモデルは、持ち運びしやすいうえに、すっきりと保管できるのがメリット。また、なかにはストラップが付いているモデルもあり、荷台に積んだ荷物が落ちるのを防ぐことが可能です。

付属品の有無によって使い勝手が変わるため、キャリーカートを選ぶ際は、事前に付属品についてもチェックしてみてください。

キャリーカート(アウトドアワゴン)のおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

アメリカで1990年頃に創業したコールマンは、世界各国で人気があるアウトドアメーカー。テントやタープを中心に、さまざまなアウトドア製品の製造と発売を行っています。

コールマンの製品は機能性が高く使いやすいのが魅力。おしゃれなデザインにもこだわっているので、幅広い世代に支持されています。

ディーオーディー(DOD)

By: dod.camp

ディーオーディーは「ドッペルギャンガーアウトドア」の略称で、マスコットロゴが特徴的なアウトドアメーカー。2018年にディーオーディーに変更されています。

個性的なデザインと使う人のニーズを捉えた高い機能性が魅力。ナチュラルなカラーリングの製品が多く、おしゃれに使えるのもポイントです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

キャプテンスタッグは新潟県三条市に本社を置く「パール金属」のグループ企業。バーベキューコンロや食器の製造・発売から始まり、現在はシュラフやテントも扱っています。

金物で有名な燕三条の職人技にこだわり、さまざまな製品に高品質なステンレスを採用。耐久性が高く使いやすいので、長く愛用できます。

キャリーカートのおすすめモデル|ワゴンタイプ

コールマン(Coleman) アウトドアワゴン 2000021989

おしゃれなデザインながらも耐荷重は約100kg

大型の4輪タイヤを搭載した耐荷重約100kgのパワフルなキャリーカート。タイヤはストッパー付きで、傾斜がある場所で荷物を積んだり下ろしたりする際に便利です。ハンドル部分は滑りにくくて握りやすいT字型で、荷物が重くても安定して運べます。

本体の両サイドにあるDリングで荷物を固定することが可能。荷物の量が多い場合は、付属の荷物固定用ラバーバンドでしっかり固定できます。折りたたんで収納ケースに入れるとサイズが幅18×奥行40×高さ77cmとコンパクトになるため、ちょっとした空きスペースにも収納できるのがポイント。デザインもおしゃれなキャリーカートです。

ディーオーディー(DOD) アルミキャリーワゴン C2-534

軽量で軽自動車やコンパクトカーの荷台にもばっちり

アルミ合金製のフレームを採用し、重さを約10.1kgに軽量化したキャリーカート。車への積み込みや使用後の片付けに負担がかからないのが魅力です。折りたたんでキャリーバッグに入れるとサイズが約幅30×奥行25×高さ69cmとコンパクトになるので、軽自動車やコンパクトカーの荷台にも積めます。

耐荷重が100kgで容量が160Lあるため、キャンプやバーベキューの重い荷物をたっぷり運ぶことが可能。小物を収納できるポケットもあり、工具などの紛失しやすい道具を入れるのに便利です。本体が汚れた場合は収納部を取り外してきれいに洗えます。

高級感がありスタイリッシュなデザインながらもコスパ良し

全体をブラックで統一したスタイリッシュなキャリーカート。ホワイトのブランドロゴが映えておしゃれに見えるだけでなく、高級感もあるのが魅力です。折りたたんで収納バッグに入れるとコンパクトになるので、車や物置への収納もスマートにできます。

耐荷重は約80kgでテントやシュラフなども積むことが可能。頑丈な大型の4輪タイヤを搭載し、デコボコ道や砂利道もスムーズに移動できます。前輪にはストッパーがあり、傾斜での積み荷や荷下ろしの際に便利。砂や泥で収納部が汚れても取り外してきれいに洗えます。コスパもよいので初めてキャリーカートを購入する方にもおすすめです。