荷物を運ぶ際にあると便利なのが「折りたたみ式のキャリーカート」。キャンプなどのアウトドアシーンはもちろん、大型ショッピングセンターでの買い物でも活躍してくれるアイテムです。

とはいえ、本体サイズや防水対応の有無などは各製品によって異なるので、購入する際は違いを把握しておくことが重要。そこで今回はおすすめの折りたたみ式キャリーカートをご紹介します。選び方についても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

キャリーカートを選ぶポイント

荷物の量に合ったモノを選ぶ

荷台の有無

By: amazon.co.jp

キャリーカートには荷台があるモノとないモノとに分かれています。荷台が付いているモノは耐荷重性や積載重量に優れ、1度に多くの荷物を運べるのが魅力です。ただ、本体は重く、折りたためるモデルであっても収納スペースを要してしまうので、その点は留意しておきましょう。

一方、荷台が付いていないモノは小回りが利き、本体も軽いので女性や子どもでも気軽に持ち運べるのが魅力。コンパクトに収納できるのもポイントです。しかし、荷台が付いているモノと比べると耐荷重性や積載重量が不十分な場合も考えられるので、使うシーンによってはストレスを感じることもあります。

家族でキャンプに行くなど多くの荷物を運ぶ場合は荷台が付いているモノを、小旅行や出張など荷物が少ない場合は荷台が付いているモノをチョイスするのがおすすめです。

積載重量や耐荷重をチェック

By: amazon.co.jp

積載重量や耐荷重が大きいほど、1度にたくさんの荷物を運ぶことができます。何度も小分けにして運ばなければならないという事態を避けるためにも、荷物が多い場合は耐荷重が十分なモノを選ぶのがおすすめです。

一方で、積載重量や耐荷重が大きいモノほど本体のサイズも大きくなるので、選ぶ際は用途を考慮してオーバースペックにならないように注意しましょう。

本体の重さと収納時のサイズ

By: amazon.co.jp

キャリーカートは大きくてかさばるため、収納時のサイズにも配慮する必要があります。また、車載することを想定されている方は本体の重さや収納時の形状もチェックしておきましょう。

路面の状態に対応するモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

キャリーカートは4輪と2輪とにタイプを分けることができます。4輪は運搬が安定しているのがポイント。よりタイヤが太いモデルであれば、砂利道や野原などの凹凸のある場所でも気兼ねなく使うことができます。一方で、2輪は本体が軽くコンパクトなので、街中での買い物などで使うには十分です。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

キャリーカートのデザインはアウトドアシーンで映えるアイテムから街中での使用でも違和感のないモデルまで、さまざまなタイプがあります。

ド派手なアイテムは存在感があるため、キャンプシーンなどでは見分けがつきやすいですが、街中ではかえって目立ち過ぎて使うのをはばかられることも考えられます。さほど気にある必要はありませんが、最低限のTPOはわきまえて選ぶようにしましょう。

アウトドアにおすすめの折りたたみ式キャリーカート

ロゴス(LOGOS) ストライプ キャリートラック 84720711

悪路に対応しているキャリーカート。ワンタッチで開閉できるのが特徴です。フレームの主素材に頑丈なスチールを採用し、キャリー部には極太タイヤを搭載していることもあって、舗装されていない道でも気にせずに引っ張れます。

最大積載重量は80kg、ワゴン容量は約130L。使用時のサイズは1160×610×660mm、収納時のサイズは840×580×215mm。キャンプやお花見で活躍してくれるおすすめのキャリーカートです。

ロゴス(LOGOS) 丸洗いスマートキャリー with クーラーバッグ 84720716

クーラーボックスが付いている折りたたみ式のクーラーボックス。冷たい飲み物を一度に大量に運べます。最大積載重量は80kg、ワゴン容量は約120Lと大容量。バーベキュー用グリルやテーブルを運ぶ際にも便利です。

本体重量が10.7kgと少し重いですが、折りたたみが簡単かつワンタッチで開閉することが可能なので力があまりない方や女性でも使用できます。キャリーの生地は取り外して丸洗いできるので、汚れてしまっても安心。家族など複数人でキャンプをする際におすすめのアイテムです。

テントファクトリー(TENT FACTORY) キャリーワゴン TF-MXWTC-DBR

折りたたみ式で、コンパクトに収納可能なキャリーカート。キャンプやバーベキューなどのアウトドアシーンはもちろん、ショッピングでも役立つ汎用性の高いアイテムです。

最大積載重量は60kg。運搬に便利な取っ手が付いており、重いものを運ぶのに便利な点もポイントです。フレームの主素材に頑丈なスチールを採用。タイヤには樹脂製のノーパンクタイヤを搭載しており、耐久性や堅牢性に優れます。

小さめに作られた前輪は回転するので小回りが利き、降臨は固定されているので安定性も兼ね備えています。初めてキャリーカートを購入するという方にもおすすめのアイテムです。

テントファクトリー(TENT FACTORY) キャリーワゴン TF-MXCW

折りたたみ式のキャリーカート。最大積載重量は80kg、ワゴン容量は約100Lと1度に多くの荷物を運べるのでキャンプ用のテーブルや椅子の運搬に適しています。

フレームは収納部底部を包み込むように構造されており、耐久性に優れているのもポイント。本体収納部カバーは取外し可能で、丸洗いできるのも魅力です。

折りたたみ時の寸法は530x210x750mmと、かなりコンパクトになるのでちょっとしたスペースにも収納可能。また、本体重量は9.8kgで、女性でも難なく扱えるのもポイントです。

コールマン(Coleman) アウトドアワゴン 2000021989

大量の荷物を1度に運べる簡単収束型の折りたたみ式キャリーカート。大型タイヤを搭載しているので、楽に運べるのが特徴です。

また、ストッパー付きなのでトラブル対策にも配慮。荷台のサイズは約880×420×310mmと多くの荷物を1度に運べるほか、収納用カバーも用意されているので、荷崩れや荷物の落下もケアできます。

使用時のサイズは約1060×530×1000mmと大きいものの、収納時には約180×400×770mmとコンパクトにまとまるのもポイント。耐荷重も100kgあるので、キャンプなどのアウトドアシーンで大いに役立つアイテムです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アウトドアワゴン UL-1031

大量の荷物を安全に運搬できる折りたたみ式のキャリーカート。前輪にストッパーが付いているので傾斜でもしっかりとブレーキをかけられます。タイヤはパンクレスで大型のモノを採用しており、段差や砂利道でも楽に移動できるのもポイントです。

耐荷重は80kg。キャンプ道具を運ぶ際にも便利です。収束型なのでコンパクトに収納できるほか、本体カバーは取り外して丸洗いできるのでお手入れも簡単。使い勝手のよいワゴンタイプのキャリーカートを求めている方におすすめです。

ディーオーディー(DOD) カスタムキャリーワゴン C2-46

カラーバリエーションが豊富な折りたたみ式のキャリーカート。最大積載重量は100kg、ワゴン容量は約150Lと大量の荷物を運ぶことが可能で、キャンプなどのアウトドアシーンや運動会などのイベントでも大いに役立ちます。

使用時のサイズは950×530×600mm、収納時のサイズは300×200×800mmと棒状に折りたためるのもポイント。汎用性に優れたおすすめのアイテムです。

ディーオーディー(DOD) カスタムキャリーワゴン CF2-419

フレーム部分やワゴン生地の色、オプションパーツを組み合わせることで、960通りの中からオリジナルの折りたたみ式のキャリーカートが作成できます。パーツだけの購入ができるので、破損した部品や変更したい箇所だけの交換をすることが可能。レインカバーを付けたり、ベルトを付けたりと、自由にカスタマイズできるのが魅力です。

ワゴン容量は約150Lと大容量。キャンプやバーベキューといったレジャーからショッピングまでの日常生活までさまざまな用途で使用できます。本体収納部には水や汚れに強い強化メッシュを採用。耐走行試験、耐荷重試験を何度も行っており強度十分です。

フィールドア(FIELDOOR) ワイルドマルチキャリー

さまざまなカラーバリエーションがあるキャリーカート。種類はオレンジやターコイズなど10以上あります。最大積載重量は120kgあり、ワゴンのそこには厚さ4mmの板が敷かれているのもポイント。耐久性に優れているのもポイントです。

大型で幅広のタイヤを採用しており、舗装されていない道や河原、砂浜でもスムーズに引くことが可能。別売りのロールテーブルを取り付ければ机として使用することができます。川遊びや海水浴にも対応できる便利なアイテムです。

ニュートラルアウトドア(NEUTRAL OUTDOOR) オフロードキャリアワゴン 31910

アウトドアシーンでの使用を目的に作られた折りたたみ式キャリーカート。耐久性良好で、悪路でもスムーズに移動できます。

最大積載重量は60kgと荷物を大量に運べるほか、サイドポケット付きで小物の収納・運搬も可能。幅広で溝が付いた大きめのタイヤを搭載しており、キャンプサイトでも難なく牽引できます。自然な素材感と快適な使い心地を兼ね備えたおすすめの1台です。

レイチェル(Raychell) グランドキャリアワゴン 32400

大型タイヤを採用することで安定感のある折りたたみ式キャリーカート。あらゆるシーンでスムーズに持ち運びできるのが魅力です。

タイヤにはポリウレタン製のノーパンクタイヤを搭載し、フレームの素材には丈夫なスチールを採用。耐久性にも優れています。

最大積載重量は60kg、ワゴン容量は約92Lとたくさんの荷物を運ぶことが可能。本体側面にはポケットが付いており、ちょっとした小物を収納するのに便利です。満足度の高いキャリーカートを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

タンスのゲン Raxus OFF ROAD

悪路にも対応している折りたたみ式のキャリーカート。幅950mmと大型のパンクレスタイヤが搭載されており、舗装されてない道やキャンプサイトでも難なく移動させられます。最大積載重量は120kg、ワゴン容量は約108Lと大量の荷物を1度に運べるのも魅力的です。

本体のフレームには傷がついても目立たないようにハンマーストーン加工が施されているので、少々ハードに使用しても安心。また、本体収納部分は取り外しでき、丸洗い可能なのでお手入れも簡単です。

旅行や日常使いにおすすめの折りたたみ式キャリーカート

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) NEWハウンド type2 M-7432

重たいモノを運ぶ際におすすめの折りたたみ式キャリーカート。最大積載重量は約30kg、固定用のロープも付いているので、アウトドア用品を買う際や飲料を箱買いする時などに便利です。グリップは手に負担のかかりにくいウレタン製を採用しているので、女性や子どもでも無理なく運搬できます。

収納時のサイズは305×510×90mm。フラット仕様になるので、収納性も良好です。車載用のキャリーカートを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャリー ショッピングカート UL-1000

汎用性が高いワイドタイプの折りたたみ式キャリーカート。荷台の幅が395mmと広く、荷物はゴムひもで固定できるので大きなモノでも難なく運べます。

合成ゴムを素材に用いた幅広のタイヤを採用し。走行の安定性にも配慮しています。本体の材質にはエポキシ樹脂塗装を施した鉄を採用。リーズナブルながら使い勝手のよいおすすめのアイテムです。

フィールドア(FIELDOOR) 折りたたみキャリーカート

さまざまなシーンで役立つ折りたたみ式キャリーカート。キャンプなどのアウトドアシーンはもちろん、スーパーでの買い物やガーデニングでも使いやすいアイテムです。

収納時は厚さが90mmとコンパクトになるので収納は容易。車に積む際もスムーズに対応できます。組み立て方法としてはまず本体側面にあるロックを外し、カゴを完全に広げます。次に底面のロックパーツを外し、それを側面にはめ込み、ハンドルを伸ばした完成です。手軽さ重視でキャリーカートを選びたい方はぜひ検討してみてください。

ゴーウェル(gowell) スマートカート 01079

買い物や小旅行に最適なキャリーカート。最大積載重量は18kgあるので、小旅行や短期間の出張、買い物などにおすすめです。シンプルな構造となっており、誰でも簡単に使いこなせるのもポイント。ワンタッチで足が出るので使いたい時にすぐ使えるのが魅力です。

使用時のサイズは965x310x205mmとそこそこのサイズがあるものの、収納時には315x175x65mmまで小さくなります。本体の重量も900gしかないので、使わない時にはバックにしまって持ち運ぶことも可能。とにかくコンパクトなキャリーカートを求めている方におすすめです。

ロゴス(LOGOS) クイックキャリー 84720750

コンパクトに収納できるのが魅力の折りたたみ式キャリーカート。ハンドルは3段階調節が可能なほか、台座フレームが折りたためるのもポイントです。

ハンドルは最大990mmまで伸ばすことができ、最大積載重量は静止時で38kgなので高さのある荷物を運ぶのに適しています。また、横揺れが少なく、荷物をしっかり固定できることのもポイント。クーラーボックスなど重たくて大きい荷物を運ぶ際にも便利なアイテムです。

オウルテック(Owltech) 折りたたみ式 キャリーカート フタ付 OWL-VAFC02

フタ付きの折りたたみ式キャリーカート。運動会や野外でのバーベキューなどをする際にあると便利なアイテムです。

最大積載重量は約30kg、内寸は380x320x340mm。2Lのペットボトルが12本入れられます。牽引用の取っ手が付いているので、運搬する際もスムーズ。カラーは5色をラインナップしているので、用途別に使い分けたい方は複数まとめて購入するのもおすすめです。

Energy 折りたたみ式キャリーカート

荷物をゴムで固定して運搬できる折りたたみ式キャリーカート。重たい荷物でも比較的安定して運搬できるのが特徴です。

ハンドルの高さが3段階に変えられるのもポイント。最大積載重量は約50kgです。タイヤには耐久性の高いノーパンクタイヤを搭載しており、舗装されていない道でも比較的安心して使えるのも魅力です。クーラーボックスや灯油タンク、水を運搬するのに適しているので、災害時でも使えるアイテムを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

バンドック(BUNDOK) キャリー カート BD-335K

収納性・携帯性に優れた折りたたみ式キャリーカート。最大積載重量は約40kgあり、ゴムバンドで荷物を固定できるので、クーラーボックスや灯油、箱買いした飲み物などを運ぶのに適しています。

本体重量が2.3kg。女性や子どもでも楽に取り扱えるのも魅力です。リーズナブルな価格もポイント。コスパ重視でキャリーカートを選びたい方におすすめです。

オガワ(ogawa) アルミカート125 7011

最大積載重量が125kgもある耐荷重性に優れた折りたたみ式のキャリーカートです。本体には軽くて丈夫なアルミ製の金属フレームを使用しており、耐久性と扱いやすさを兼ね備えています。

持ち手にはラバー素材を採用しており、滑りにくくなっているのもポイント。本体重量は5.2kgで、非力な女性でも持ち運ぶことができます。荷台のプレートを上げ下げするだけで簡単に収納・展開することが可能。価格はやや高めですが、重たいものを運搬する際に重宝する1台です。

ドレイス(DOREIS) キャリーカート

タイヤの素材に特殊ゴムを採用した折りたたみ式のキャリーカート。静音設計になっており、スマートに使えるのが魅力です。シンプルな構造で使いやすく、子どもから年配者まで誰でも容易に扱えます。

持ち手の高さは440mm、650mm、960mmの三段階に調節することが可能。最大積載重量が25kg、価格はとてもリーズナブルなので「とにかく安いキャリーカートがほしい」という方におすすめです。

武田コーポレーション ショッピングカート SC303

頑丈な折りたたみ式のキャリーカート。本体の素材には軽くて丈夫なスチールパイプを採用しており、多少ハードなシーンでも安心して使えます。タイヤはラバー製で転がしてもあまり音が鳴らず、気にならないのもポイントです。

本体寸法は約470×370×855mm、最大積載重量が25kgと多くの荷物を1度に運搬できるサイズながらも、折りたたみ時には約470×150×970mmとスリムにまとまります。ちょっとした用途で使うには十分なアイテムです。

アララギ(ARARAGI) コンパクト折りたたみ式キャリーカート 改良型

収納時はA4サイズより少し大きめ程度のサイズと、とてもコンパクトな折りたたみ式キャリーカート。組み立ては簡単な3ステップで、リュックにもすっぽり入れることが可能です。また、タイヤとカートにロック機能が施されているため、操作がしやすい設計も魅力。

軽量コンパクトながら対荷重は30kgで、荷物がかさばった時などに重宝します。旅行のほか、アウトドアやイベント時の搬入などにもおすすめのキャリーカートです。

アップカート キャリーカート

片側に3輪ずつ車輪を備え、階段移動や安定した運搬が可能なキャリーカート。簡単に折りたたむことが可能で、車や玄関先などに収納しても邪魔にならないサイズ感が魅力です。

耐荷重は45kgなので、ドリンクのまとめ買いや新聞紙のゴミ出しなどあらゆるシーンで大活躍します。ハンドルは10cm刻みで3段階の高さ調節が可能。荷物や身長に合わせて調節できるおすすめのキャリーカートです。