キャンプやBBQなどのアウトドアシーンはもちろん、大型ショッピングセンターでの買い物にも活躍する「キャリーカート」。最近ではコールマンやディーオーディーなど、各メーカーからさまざまなモデルがラインナップされているため、悩んでしまう方も多いでしょう。

そこで今回は、おすすめのキャリーカートをご紹介します。選び方についても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

キャリーカートのメリット

By: coleman.co.jp

キャリーカートは、テントやキャンプ用品、食材などを、一度に運べるのが最大のメリット。荷物の運搬のために何度も往復する必要がないため、時短にもつながります。また、キャンプ中の荷物置きとしても使用できるので、アウトドアシーンには欠かせないアイテムです。

さらに、大型ショッピングセンターでの買い物などにも重宝。お店から駐車場が離れている場合でも、ラクに荷物を持ち運べます。

キャリーカートの選び方

荷物の種類や量に合わせてタイプを選ぶ

ワゴンタイプ

By: amazon.co.jp

ワゴンタイプのキャリーカートは本体サイズが大きいので、一度に多くの荷物を運べるのが特徴。特に、ファミリーや、大人数でキャンプ・BBQを楽しみたい方にぴったりです。

ワゴンタイプのなかには、カバーが取り外せて丸洗いできるモノや耐荷重が100kg前後のモノなど、さまざまな種類がラインナップ。用途に合わせて選びましょう。

コンパクトタイプ

By: amazon.co.jp

コンパクトタイプのキャリーカートは、クーラーボックスなど単体の荷物を運ぶ際にぴったりです。本体が軽量なモデルが多いので、力に自信のない方でも取り扱いしやすいのが魅力。さらに、折りたためるため、使用しないときでも場所を取らずに保管しておけます。

コンパクトタイプのなかでも箱型のモノと荷台のみのモノに分かれるため、運びたい荷物の種類に合わせて適したモデルを選ぶのがおすすめです。

コンパクトに折りたためると収納も簡単

By: amazon.co.jp

収納性に優れたモデル探している方は、折りたたみ式のキャリーカートがおすすめです。収納時に場所を取らないだけでなく、車への積載も簡単。なお、玄関脇に置いておけるほどのコンパクトサイズに折りたためるモノもあるので、収納場所を確保できない方はチェックしてみてください。

事前に収納する場所のサイズや、購入を検討しているモデルの折りたたみ時のサイズを確認しておくとスムーズです。

タイヤのサイズや数をチェック

By: amazon.co.jp

キャリーカートを選ぶときは、タイヤのサイズも重要。塗装されていない道での使用が想定される場合は、タイヤの直径が大きいモデルを選ぶのがおすすめです。ビーチや芝などで使用する場合は、タイヤの幅が広いモノを選びましょう。一方で、タイヤの幅が細いモデルは、小回りが利きやすいメリットがあります。

さらに、タイヤの数も要チェック。安定感が欲しい方には4輪のモデル、小回りが利くモデルが欲しい方は2輪のモデルが適しています。キャリーカートをどのようなシーンで使用するかを想定したうえで、適したモデルを選びましょう。

キャリーカートのおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: coleman.co.jp

コールマンは創業から100年以上の歴史をもつ、アメリカのアウトドアブランド。日本でも人気があり、テントやタープ、食器など、多くのキャンプ用品を扱っているのが特徴です。

コールマンのキャリーカートは耐久性に優れているため、長きにわたって使用できるモデルを探している方におすすめ。使いやすさにも定評があるメーカーです。

ディーオーディー(DOD)

By: dod.camp

ディーオーディーは“圧倒的な遊び心を持ち続けることで、よい意味でクレイジーな大人を増やすこと”をコンセプトに、アウトドア用品を提供し続けているメーカー。なかでも、デザイン性の高いチェアや、初心者でも簡単に扱えるタープなどが人気です。

ディーオーディーのキャリーカートは、ユーザーが扱いやすいように細かい部分にまで配慮されているのが特徴。また、デザインにもこだわって作られているので、おしゃれなモデルを探している方におすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

キャプテンスタッグは、使いやすくリーズナブルな製品を扱うメーカーです。アウトドア関連製品のほかにもサイクリングやガーデニング用品など幅広いアイテムが揃っています。

キャプテンスタッグのキャリーカートは、コスパに優れているのが特徴。また、扱いやすいモデルも多いため、初めてキャリーカートを買う方はチェックしてみてください。

キャリーカートのおすすめモデル|ワゴン

コールマン(Coleman) アウトドアワゴン

耐荷重約100kgで大量の荷物を運搬するのに適したキャリーカートです。使用時のサイズは約幅106×奥行53×高さ100cmで、本体重量はわずか11kg。大きいタイヤが付いているので、デコボコした道でも比較的安定して運搬できます。

折りたたみ可能で、付属の収納ケースにしまえば、約幅18×奥行き40×高さ77cmとコンパクトに収まるのもポイント。積載がしやすいうえに、使用しないときは場所を取らずに保管できます。さらに、両サイドにDリングが付いているのも魅力のひとつ。荷物を固定できるので、運搬時に荷物が落下してしまうのを防ぎます。

レッドのほか、インディゴやナチュラルカモなどおしゃれなデザインをラインナップ。好みに合わせて選んでみてください。

ディーオーディー(DOD) アルミキャリーワゴン

運搬のしやすさを重視したい方におすすめのアイテムです。フレームにはアルミを採用しているため、重量が8.6kgと軽いのが特徴。軽量ながら耐荷重は100kgなので、一度に多くの荷物を運搬できます。

また、折りたためば幅30×奥行き25×高さ69cmとコンパクトに収納可能。収納バッグにはディーオーディーのロゴが描かれており、見た目もおしゃれです。収納後は本体のハンドルで転がして移動でき、さらに自立するので、玄関横をはじめちょっとしたスペースに置いておけます。

なお、タイヤと本体生地を取り外せるのも当モデルの魅力。汚れが気になる箇所をサッと洗えるので、清潔に使用できます。

ディーオーディー(DOD) フォールディングキャリーワゴン C2-46

機能性に優れたキャリーカートを探している方におすすめのモデルです。容量わずか125L、耐荷重は100kgと大量の荷物を運び可能。折りたたんで付属の収納カバーにしまえば、幅30×奥行き20×高さ80cmとコンパクトに収まります。

さらに、フロアマットが付属しているので、荷物をより安定させた状態で運搬できるのも魅力。付属のトップシートを取り付ければ、荷物を雨から守ったり、荷物が落ちるのを防いだりできます。また、大型のノーパンクラバータイヤを採用しているため、悪路はもちろん、芝や砂地などタイヤがハマりやすい道で運搬しやすいのもポイントです。

なお、キャリーカートは使用するごとに汚れが目立ったり劣化が気になったりすることがありますが、本製品はタイヤやフレームなど、パーツを取り替え可能。長く使用できるモデルを探している方は本製品をチェックしてみてください。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CSブラックラベル 収束型4輪キャリー UL-1031

4輪全てが大型タイヤなので、段差や芝をはじめとした舗装されていない道でもラクに運搬できるキャリーカートです。前輪のタイヤにはストッパーが付いているため、傾斜がある場所に置いておくことも可能。フレームには鉄が採用されており、重量は約10.8kgです。

また、折りたためるので、幅18×奥行35×高さ76cmとコンパクトに収められるのもポイント。自立するため、自宅に収納スペースがない方にも適しています。

さらに、カバーは取り外しができるので、簡単にお手入れ可能。キャリーカートを清潔に使いたい方は、購入を検討してみてください。

ダバダ(DABADA) キャリーカート 110L

タイヤ幅が広く前輪が360°回転するため、悪路でも小回りが利きやすいキャリーカートです。キャンプはもちろん、BBQや釣りなどさまざまなアウトドアシーンで活躍します。

フレームにはハンマートーン加工が施されているので、傷や汚れが目立ちにくいのも魅力。さらに、外側に2つ、内側に1つポケットが付いているため、小物を収納できるのもポイントです。

耐荷重は150kgのため、重たい荷物も安心して運搬できます。カバーは取り外しでき、汚れたら丸洗い可能。レッドやグリーン、カモなどカラーバリエーションが豊富なのも人気の理由です。

ロゴス(LOGOS) 丸洗いスマートキャリー with クーラーバッグ

荷物と一緒に食材や冷たい飲料を運搬したい方におすすめのキャリーカートです。容量はわずか120Lで、耐荷重は走行時80kg、静止時105kg。取り外し可能な10mmの断熱材を使ったクーラーバッグが付いているのが特徴です。

本体生地には耐久性に優れたポリエステルオックスを採用。取り外して丸洗いできるため、キャリーカートを清潔に保ちたい方にもぴったりです。

さらに、ワンタッチで開閉できる折りたたみ式で、収納時のサイズは幅36×奥行き35×高さ78cm。携帯性に優れているのもポイントです。デザインもおしゃれなので、見た目にこだわりたい方はチェックしてみてください。

ロゴス(LOGOS) 丸洗い長いモノOKキャリー

見た目がおしゃれなキャリーカートを探している方におすすめのモデルです。カラフルなストライプ柄は、置いておくだけでもキャンプやBBQなどのキャンプシーンを華やかに演出します。

容量はわずか117Lで、耐荷重は走行時約80kg、静止時約105kgと大量の荷物を運搬可能。タイヤが太いため、舗装されていない道でも安定して使用できるのも魅力です。さらに、タイヤにはストッパーが付いているなど、安全性にも配慮されています。

また、後部の仕切りが倒れるので、テントやタープなどの長い荷物も持ち運び可能。ワンタッチで開閉できる折りたたみ式のため、誰でも簡単に使えます。

なお、収納場所がない場合は付属の収納ケースに入れてそのまま玄関に自立させて置いておくことも可能。生地はフレームから取り外せて、汚れたら丸洗いできます。

キャリーカートのおすすめモデル|コンパクト

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) NEWビッグハウンドキャリー type2 M-1708

ハンドル部分にウレタン素材を採用することで、手にかかる負担を軽減する効果が期待できるアイテムです。車輪には厚手のゴムが巻かれているため、段差や悪路でも安定して荷物を運搬できるのが魅力。操作性に優れたキャリーカートを探している方におすすめです。

また、荷物を固定する際に便利なフック付きのゴムひもが付属しているのもポイント。クーラーボックスをはじめとした大きめの荷物でも、落下を防いで運搬できます。

耐荷重は40kg。折りたたむことで幅30.5×奥行き14×高さ58.5cmとコンパクトに収まるので、場所を取らず保管できるのも魅力です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) トーランド ワイドタイヤキャリー UL-1008

コンパクトタイプのなかでも、幅8cmのワイドなタイヤを採用したモデル。地面との接地面が広いので、舗装されていない悪路でも快適に荷物を運搬できます。付属のロープを使用すれば、運搬中に荷物が落下するのを防ぐことが可能。

ウレタン製のハンドルを採用しているため、長時間運搬しても手が疲れにくいのもポイントです。さらに、折りたためば、幅56×奥行き20×高さ63cmとコンパクトに収納可能。自立するため、保管にスペースを取らないのも魅力のひとつです。

JPROYI 超コンパクトキャリーカート Small

ほかのモデルに比べて価格が安く、コスパを重視したい方におすすめのキャリーカートです。重量わずか2kgながらも50kgまでの荷物を運搬できます。収納時は幅10×奥行き25×高さ48cmとコンパクトサイズに収まるのも魅力。

さらに、後輪に4WD耐性のタイヤが使われているのもポイント。悪路でも快適に荷物を持ち運ベます。前輪は後輪よりも小さいため、小回りが利きやすいのも魅力のひとつです。

なお、本製品にはゴムロープとゴムフックが2本付属しており、荷台には滑り止め効果が期待できるPPS塗装が施されています。リーズナブルな価格のモデルを探している方は、チェックしてみてください。

シービージャパン(CB JAPAN) キャリーカート

キャンプをはじめとしたアウトドアシーンはもちろん、旅行や普段の買い物にも活躍するキャリーカートです。タイヤの直径は約14cmと大きめなので、段差のある道でも快適に荷物を運搬できます。また、フックバンドが付いているため、荷物をしっかり固定しておけるのもポイントです。

さらに、折りたたみが可能なのも魅力のひとつ。幅約53×奥行31×高10cmとコンパクトに収まるので、車への積載時や、収納時に場所を取りません。なお、カラーは、ベージュやカーキ、ネイビーなどがラインナップされています。

Energy 折りたたみ式 キャリーカート

ちょっとした荷物を運搬したいときにおすすめのコンパクトなキャリーカートです。荷物の落下を避けるためのゴムハンドルが付属しており、特に、クーラーボックスや雑誌などを運ぶのに適しています。

また、本体の重量は約2kgと軽量ですが、最大50kgまでの荷物を運搬可能。後輪には4WD耐性のタイヤを採用しているので、耐久性も良好です。

さらに、ハンドルは誰でも使用しやすいよう、身長に合わせて3段階で調節可能。コンパクトで使いやすいアイテムを探している方におすすめのキャリーカートです。

SHUNHE キャリーカート

SHUNHE キャリーカート

右と左に計6個のタイヤを備えたキャリーカートです。平面で使用する際は4個のタイヤが、段差では6個のタイヤが地面に接する構造のため、場所を選ばずに使用できます。

また、フレーム部分にはアルミ材質を使用しているので、重量はわずか3.1kgと軽量なのも魅力。耐荷重は68kgなので、大きい荷物でも運搬できます。付属の固定ロープで荷物を固定すれば、運搬中に荷物が落ちるのを防ぐことが可能です。

車輪がゴム製のため、地面からの振動や衝撃を吸収するのもポイント。運搬時の音を軽減する効果が期待できます。

kalili キャリーカート

立方体のデザインが特徴的なキャリーカートです。わずか54Lの大容量で荷物をたっぷり収納可能。耐久性の高い素材で作られており、付属の蓋をすれば耐荷重約70kgのチェアやテーブルとしても使用できます。キャンプから釣りまで、さまざまなアウトドアシーンで活躍するモデルです。

大きいタイヤが付いているので、コンディションの悪い道でも安定して運搬可能。グリップにはアルミが使われており、軽量かつ頑丈に作られています。

なお、組み立てが簡単なので、初心者の方でも扱いやすいのがポイント。折りたためば47×46.5×10.5cmとコンパクトに収まるため、保管スペースを取らずに収納しておけます。