荷物を運ぶ際にあると便利なのが「キャリーカート」。キャンプなどのアウトドアシーンはもちろん、大型ショッピングセンターでの買い物にも活躍するアイテムです。とはいえ、本体サイズや防水対応の有無などは製品によって異なるため、どれを選べばよいのか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのキャリーカートをご紹介します。選び方についても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

キャリーカートの選び方

耐荷重をチェック

By: amazon.co.jp

キャリーカートは、モノによって耐荷重が異なります。重い荷物や多くの荷物を運ぶシーンで使用する場合は、耐荷重が大きいモノが便利です。

一方で、耐荷重が大きいモノほど本体の重量も大きい傾向にあるので注意が必要。荷物の量に対して耐荷重が大きすぎるモノを選んでしまうと、移動するのに体力を消耗してしまう場合もあります。キャリーカートをどのようなシーンで使用するのか、運ぶ荷物の量や重さはどれくらいかを事前に把握しておくのがおすすめです。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

キャリーカートは、運搬する荷物の種類や大きさに合うサイズのモノを選びましょう。荷物が少ない場合や、単体の荷物を運搬する際はコンパクトタイプがおすすめ。ワゴンタイプに比べて軽量なため、運びやすく取り扱いやすいのが魅力です。

一方、荷物が多い場合はワゴンタイプがおすすめ。底が深くて本体サイズが大きいので、一度に多くの荷物を運べます。家族や友人など、複数人の荷物を運搬したい方におすすめです。

タイヤサイズをチェック

By: amazon.co.jp

キャリーカートは、使用する場所に応じて最適なタイヤサイズのモノを選びましょう。キャリーカートのタイヤは、直径が大きいほど安定感が増します。舗装されていないような凸凹道で使用することが想定される場合は、タイヤの直径が大きいモノがおすすめです。

また、タイヤの幅もチェックしておきましょう。タイヤの幅が広いモノはタイヤが沈みにくくなるため、芝や砂地で使用することが想定される方におすすめ。一方、タイヤの幅が細いモノであれば、小回りがきくので使い勝手に優れています。

折りたたみ式なら収納性も高くおすすめ

By: amazon.co.jp

収納性を重視したい方は、折りたたみ式のキャリーカートがおすすめです。収納時に場所を取らないだけでなく、車への積み下ろしの際にも便利。玄関脇に置いておけるほどのサイズに折りたためるモノもあるので、収納場所があまり取れない方にも最適です。事前に収納するスペースと、購入を検討しているモデルの折りたたみ時のサイズを確認しておきましょう。

キャリーカートのおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

アメリカ発のコールマンは、日本でも人気のキャンプ用品メーカー。テントやタープ、食器など、多くのキャンプ用品を扱っています。

キャリーカートは作りが丈夫で、車からテントサイトまで距離がある場合でも、一度にたくさんの荷物を運ぶことが可能。タイヤのストッパーや荷物を固定するリングなどの工夫も多く、使いやすさに定評があるメーカーです。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

ロゴスは日本のキャンプ用品メーカー。創業当時は主に船舶用品を扱っていましたが、現在では本格的な登山専門やキャンプ用品まで幅広く展開しています。

ロゴスの製品は、ほかにはないユニークさが魅力。アイスクリームを長時間保存できるクーラーボックスや、AC電源でも電池でも使える扇風機などが人気です。キャリーカートは安定感と扱いやすさを重視しており、ラクラク運搬作業ができます。

ディーオーディー(DOD)

By: amazon.co.jp

ディーオーディーのキャンプ用品は「ワクワクしながら外で過ごすこと」をコンセプトにして作られています。デザイン性の高いチェアや、初心者でも簡単に扱えるタープなどが人気です。

キャリーカートは手軽に荷物が運べるよう、細かい部分まで配慮されているのが特徴。どの製品もファッション性が高く、使っているだけでテンションが上がるのでキャンプがより楽しくなります。

キャリーカートのおすすめ|キャンプ・アウトドア向け

コールマン(Coleman) アウトドアワゴン

大量の荷物を運搬するのに便利なコールマンのキャリーカートです。本体重量は約11kg、耐荷重は100kg。タイヤが大きいため、凸凹道でも安定して運搬できるのが魅力です。また、両サイドにはDリングが付いているので、荷物を固定できるのもポイント。運搬時に荷物が落下するのを防ぎます。

なお、本製品には収納ケースが付属しているのも魅力。収納時のサイズは幅18×奥行き40×高さ77cmとコンパクトになるので、携帯性を重視したい方はチェックしてみてください。

ロゴス(LOGOS) 丸洗い長いモノOKキャリー

デザイン性に優れたキャリーカートを探している方におすすめのモデルです。カラフルなストライプ柄が特徴で、アウトドアシーンをおしゃれに彩ります。また、機能性に優れているのも魅力。容量は117Lで、耐荷重は約11kgと大量の荷物を運搬できます。

後部の仕切りが倒れる仕様のため、テントやタープなど長い荷物を運べるのもポイント。太めのタイヤを採用しているので、悪路でも快適に運搬できます。さらに、タイヤにはストッパーが付いているのも魅力。一時的に不安定な場所に置いておくことも可能です。

ワンタッチで開閉できるため、誰でも簡単に使えるのもポイント。なお、本体生地は取り外しが可能なので、汚れたら丸洗いも可能です。折りたたみ式で、おしゃれな収納カバーも付属しているため、収納場所がない場合はそのまま玄関に自立させて置いておけます。

ロゴス(LOGOS) 丸洗いスマートキャリー with クーラーバッグ

荷物と一緒に食材や冷たい飲料を運搬したい方におすすめなのが、ロゴスの丸洗いスマートキャリーwithクーラーバッグ。容量は120Lで、耐荷重は走行時80kg、静止時105kgです。10mmの断熱材を使ったクーラーバッグを備えているのが特徴。取り外し可能なので、クーラーボックス単体として使えます。

また、本体生地には、厚くて破れにくいポリエステルオックスを採用。取り外して丸洗いできるため、キャリーカートを清潔に保てるのも魅力です。

さらに、ワンタッチで開閉できるので、使い勝手がよいのもポイント。タイヤにはストッパーを備えているため、思わぬ事故を防げます。なお、収納時のサイズは幅36×奥行き35×高さ78cmとコンパクトになるのも魅力です。

ディーオーディー(DOD) アルミキャリーワゴン

携帯性に優れている、ディーオーディーのキャリーカートです。フレームにはアルミを採用。重量は8.6kgと軽量ながら、耐荷重100kgで大量の荷物を運搬できるのが特徴です。

また、未使用時は幅30×奥行き25×高さ69cmのサイズに折りたためるうえ、転がして運べます。自立するので、収納スペースがない方にもおすすめです。さらに、タイヤと本体生地を取り外せるのも魅力。外で使った後に汚れても洗えるため、清潔に保つことが可能です。

ディーオーディー(DOD) フォールディングキャリーワゴン C2-46

機能性に優れたキャリーカート。タイヤには、大型のノーパンクラバータイヤを採用しており、芝や砂地でも運搬しやすいのが特徴です。

キャリーカートはキャンプ場や悪路で使用すると劣化してきますが、本製品はタイヤを取り替えられるため、長く使い続けられるのも魅力。また本体生地は、汚れたら取り外して洗えます。

さらに、フロアマットが付属しているのもポイント。底面に敷けば、荷物をより安定させることが可能です。加えて、トップシートも付属。キャリーカート上部に取り付けることで雨から荷物を守ったり、荷物の落下を防いだりするのに役立ちます。

なお、本体重量は約14kg、耐荷重は100kgです。折りたたんで付属の収納カバーに入れれば、幅20×奥行き30×高さ80cmとコンパクトに収まります。

タンスのゲン キャリーワゴン

コスパに優れているキャリーカートです。本体重量は約9.5kg、耐荷重は120kgのため、大量の荷物を運べます。荷物の多いキャンプはもちろん、公園や釣りなどの用具入れとしても使用可能です。

高さを変えられるハンドルもポイント。また、タイヤの幅は10cmと広いので、舗装されていない凸凹道でも安定感があります。さらに、カートの前部分にはメッシュポケットが付いており、スマホをはじめとした小物を入れておくことも可能です。

本体生地とフレームは面ファスナーで固定されているため、簡単に取り外しができます。汚れたら洗えるので、キャリーカートを清潔に保ちたい方にもおすすめです。

なお、本製品は折りたたみでき、幅57×奥行き20×高さ74cmのサイズに収まります。収納に場所を取らず、車にも積み込みやすいモデルです。

DesertFox キャリーワゴン 折りたたみ

収納性に優れたキャリカートを探している方におすすめのモデルです。折りたたみ式で、収納時のサイズは幅23×奥行き25×高さ73cmとコンパクト。折りたたんでも自立するため、収納スペースがない場合でも玄関にそのまま置いておくことが可能です。

本体の重量は約9kgで、耐荷重は80kg。フレームにはスチールを採用しているので、耐久性にも優れています。また、表面には傷が付いても目立ちにくいハンマートーン加工が施されているのもポイントです。

さらに、ハンドルは独立可動システムを採用しているため、方向転換がしやすく、快適に運搬できます。ワンタッチ設計で簡単に組み立てられるのも魅力。使い勝手のよさも人気の理由です。

なお、アウトドアシーンに合うおしゃれなデザインなのも魅力のひとつ。色はオレンジ・ブルー・イエローから選べます。

ダバダ (DABADA) キャリーカート

シンプルな見た目で、キャンプや釣りなど、さまざまなアウトドアシーンで使用できるキャリーカートです。本体重量は10.7kgで、耐荷重は150kg。重たい荷物でも安心して運搬できます。

大型のタイヤを採用しているうえ、前輪が360°回転するため、小回りがきくのが特徴。芝や舗装されていない凸凹道でも快適に運搬できます。また、外側に2つ、内側に1つポケットが付いているので、小物を収納できるのもポイント。カバーは取り外しできるため、洗濯も可能です。

さらに、傷が目立ちにくいハンマートーン加工が施されており、傷や汚れが目立ちにくいのも魅力。使わないときは折りたたんで収納できます。

キャリーカートのおすすめ|旅行・日常使い向け

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) NEWビッグハウンドキャリー type2 M-1708

扱いやすいキャリーカートを探している方におすすめのモデルです。ハンドル部分にはウレタン素材を採用しており、手にかかる負担を軽減しています。また、車輪の外側には厚手のゴムが巻かれているため、凸凹した道でも安定感を維持したまま運搬が可能です。

フック付きのゴムひもが付いてくるので、荷物を固定できるのもポイント。耐荷重は40kgなので、クーラーボックスをはじめとした大きめの荷物でも安心して運搬できます。

なお、折りたためば幅30.5×奥行き14×高さ58.5cmとコンパクトに収まるのも魅力。場所を取らず保管できるおすすめアイテムです。

JPROYI 超コンパクトキャリーカート

使いやすく耐久性が高いキャリーカートです。重量約2kgと軽量にもかかわらず、耐荷重は50kg。後輪には4WD耐性のタイヤが使われているため、凸凹した道でも快適に持ち運ベます。また、前輪は後輪よりも小さいので、小回りがききやすいのも魅力です。

さらに、ゴムロープとゴムフックが2本付属しており、荷物をしっかり固定できるのもポイント。荷台には、滑り止め効果が期待できるPPS塗装が施されおり、荷物の落下を防ぎたい方にもおすすめです。

なお、ハンドル部分は、身長に合わせて3段階に調節可能。折りたたむと幅10×奥行き25×高さ48cmとコンパクトサイズに収まるので、収納性にも優れています。

SHUNHE キャリーカート

右に3個、左に3個、計6個のタイヤが付いているため、段差がある場所でも快適に運搬できるキャリーカート。平面で使用する際は常に4個のタイヤが地面に接し、階段をはじめとした段差では6個のタイヤが機能するので、場所を選ばず安定した運搬が可能です。

また、振動や衝撃を吸収するゴム製の車輪を採用しているため、運搬時に騒音を立てる心配は不要。本体にはアルミ材質を採用しており、重量は3.15kgと軽量ながら、耐荷重は68kgと大きい荷物を運搬できるのも魅力です。さらに、固定ロープが付属しているのもポイント。荷物をしっかりと固定できるおすすめアイテムです。

Energy 折りたたみ式 キャリーカート

荷物が少ない場合や単体の荷物を運搬する際に最適なコンパクトサイズのキャリカートです。重量は2kgながら耐荷重は約50kg。荷台サイズは縦25×横23.5cmで、クーラーボックスや雑誌などを運ぶのに便利です。後輪には4WD耐性のタイヤを採用しているので、耐久性にも優れています。

また、ハンドルは身長に合わせて3段階に調節可能。さらに、ゴムハンドルが付属するため、荷物を固定でき、落下を防げるのもポイントです。折りたたみも可能で、持ち運びのしやすさを重視している方もチェックしてみてください。

シフレ(siffler) キャリーカート NR-200

低価格で購入できるシンプルなデザインのキャリーカートです。荷台サイズは幅35×奥行き30cmで、耐荷重は30kg。荷物が少ない場合や、単体の荷物を運搬する際に活躍します。

また、消音ラバーが付いているタイヤが搭載されているため、運搬中のタイヤ音を軽減するのも特徴。さらに、荷物を固定するゴム製のベルトが付いてくるので、荷物の落下も防げます。

なお、重量は約2kgで、折りたたんだときのサイズは幅30×奥行き11×高さ52cm。コスパに優れたアイテムを探している方はチェックしてみてください。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) トーランド ワイドタイヤキャリー UL-1008

安定感を重視したい方におすすめのモデルです。タイヤの幅が8cmと大きく、地面との接地面が広いのが特徴。コンディションが悪い道での運搬のストレスを軽減します。

また、ハンドルがウレタン製のため、長時間運搬して手に負担がかかりにくいのも魅力。さらに、収納時は幅56×奥行き20×高さ63cmとコンパクトに収まり、自立するので収納スペースがない場合は玄関に立てておけます。

なお、本体重量は4.3kgで、耐荷重は60kg。付属する120cmのロープを使用すれば、よりしっかりと荷物を固定できます。

FIELDOOR バギーチェア

キャリーカートとチェアが一体化した便利なモデルです。フレームには軽量かつ錆びに強いアルミを採用。タイヤの幅は幅7.5cmで安定感があり、場所を選ばずに使用できるのが魅力です。耐荷重は150kgあるため、重たい荷物でも安心して運べます。

また、チェアとして使用する際は、日よけを使用できるのもポイント。日焼けを避けられるので、旅行だけでなく、釣りや海水浴などさまざまなアウトドアシーンで役立ちます。

さらに、収納性に優れているのもポイント。タイヤを取り外せばより平らになるため、楽に車へ積み込みできます。かわいらしいアイテムを探している方はチェックしてみてください。