夏場のアウトドアで人々を不快にさせる蚊や蛾、蜂などの害虫。高温多湿な気候の日本は虫が多く、最近ではデング熱やジカ熱など蚊を媒介とする感染症の危険性も指摘されています。

イヤな虫から身を守り、アウトドアで快適に過ごすためのアイテムが「モスキートネット」です。そこで今回は、モスキートネットの選び方やおすすめモデルをご紹介。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

モスキートネットとは?

By: amazon.co.jp

モスキートネットは、蚊をはじめとする虫から身を守るためのネットです。目の細かさが約1mm前後のネットで作られており、通気性がよく、小さな虫も遮断するので快適に過ごせます。作業中や就寝時に活躍するので、虫が苦手な方や蚊取り線香を使いたくない方にもおすすめです。

また、直射日光を遮ったり、結露を防止したりと、不快な問題を解決するためにもモスキートネットは役に立ちます。

モスキートネットの選び方

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

モスキートネットを選ぶ際は、まずサイズを確認しましょう。使う人数に合わせてソロ用から4~6人で使えるファミリータイプまで豊富に揃えています。なお、あまり小さすぎる製品を使用すると、寝ている間に体が触れてしまい、ネット越しに虫に刺されることがあるので注意が必要です。使うテントの大きさや、参加する人数に合わせて選んでみてください。

素材をチェック

ナイロン

By: amazon.co.jp

ナイロンは、モスキートネットのなかでも特にポピュラーな素材。さまざまなデザインの製品が販売されているほか、安価な製品も多くラインナップされています。

また、軽くて丈夫な素材なうえ、麻と違い虫食いやカビなどが少ないのが魅力。さらに、使用や使用後の保管で特に気を遣う必要がないのもナイロンのメリットです。

なお、麻に比べると通気性が低く熱がこもりやすいので、熱帯夜でのキャンプだと寝苦しさを感じることもあります。そのため、テント内で電池式の扇風機などを使って、通気性の低さをカバーするようにしましょう。

By: rakuten.co.jp

麻は通気性が高く、シャツなどにも用いられる素材。麻でできたモスキートネットは風通しに優れており、夏の夜の寝苦しさを回避しながら虫刺されも防止したい際におすすめです。

強度に優れており、天然素材のなかではトップクラスの強度を誇ります。また、速乾性が高いので、雨や朝露で濡れてもすぐに乾きやすいのも魅力です。ナイロンに比べるとコストが高くなりがちなのが欠点ですが、使用感に優れています。

形状をチェック

テントタイプ

By: amazon.co.jp

テントタイプは、上部1点か2点を木などに吊り下げて使うモスキートネットです。吊り下げるポイントが少ないので、設営する場所に困りにくいのが特徴。設営する時間も短めのため、初心者におすすめです。

また、フライシートを被せれば簡易的なテントとして使用できるのも魅力。モスキートネットとしてもインナーテントしても活躍が期待できる、便利なタイプです。

ドームタイプ

By: rakuten.co.jp

ドームタイプはポールを交差させて立てるモスキートネットです。吊り下げるのではなくポールで支えるので、どんな場所でも設営できるのが強み。海や開けた場所にあるキャンプ場など、吊り下げるポイントが少ない場所に向いています。

ドームタイプもテントタイプのように、フライシートを被せてテントとして活用するのもおすすめ。なかにはワンタッチ式のモノもあるため、1人で使用する方はチェックしてみてください。

蚊帳タイプ

By: amazon.co.jp

蚊帳タイプは、上部4点を木などに吊り下げて使用するモスキートネットです。形状は直方体に近く、古くから日本の家屋で使われる蚊帳に似ていることから蚊帳タイプと呼ばれています。

4点を吊り下げて使うので頭上の空間が広く、複数人で使用しても窮屈に感じにくいのが魅力。頭上を見上げたときに視界を妨げにくく、寝転がりながら星空を見たいときにおすすめです。

ハンモックタイプ

By: amazon.co.jp

モスキートネットのなかには、ハンモックに装着するタイプも展開されています。装着すれば虫の多い場所でも気にせず休憩ができるので、ハンモックを頻繁に利用する方に適したアイテムです。

また、ハンモックを持っていない方や、使用するたびに装着・分解するのが面倒に感じる方には、あらかじめモスキートネットがついたハンモックもチェックしてみてください。

モスキートネットのおすすめモデル

ユニジア(unigear) モスキートネット

1点吊りで設営が簡単なモスキートネットです。紐には高さを調節できるストッパーがついており、さまざまなシーンに応じた設営が可能。付属のペグで4角を固定でき、安定感に優れているのもポイントです。

生地には高密度メッシュを採用しており、蚊やブヨなどの侵入を防ぎ快適に休めます。また、付属の収納ケースでコンパクトにまとまるので、キャンプやハイキング、登山などにおすすめです。

サイズは、ソロキャンプに適したMサイズと、2人用のLサイズをラインナップ。リーズナブルな価格も魅力で、モスキートネットをはじめて購入する方もぜひチェックしてみてください。

Eletorot モスキートネット

4角にペグを打ち込んで、2ヵ所吊り下げるだけで設営ができるモスキートネット。高密度のメッシュ生地を採用しているほか、フロアシートには3000mmの高い防水性を備えており、地面が濡れていても快適に過ごせます。

正面と側面の2ヵ所に入口が設けてあり、出入りしやすいのもポイント。中には小物が入れられるポケットがついており、使い勝手に優れているのも魅力です。

使用時サイズは長さ200×幅125×高さ110cmで、ゆっくりと横になれる設計。コスパに優れたモスキートネットを探している方におすすめです。

MUXSAM 1人用モスキートネット

4角にペグを打ち込み、2点で吊り下げるタイプのモスキートネット。使用時サイズは200×65×高さ50cmで、ソロ向けのアイテムです。

フロアシートにはシリコンコーティングが施されているため、耐久性の高さに優れているのもポイント。また、防水性能も備えており、下からの不快な濡れも防ぎます。重量230gと軽量なのも魅力のひとつです。

MUXSAM 2人用モスキートネット

ワンポールテントと一緒に使ったり、単独で使ったりできるおすすめのモスキートネット。設営は4角をペグで打ち込み、ポールを1本立てるだけなので、設営に不安のある方でも安心して使用できます。

フロアシートに採用されている「40Dナイロン」は、高い耐久性が特徴。また、使用時サイズは240×120×高さ145cmで、2人で横になってもゆとりのある設計なのも魅力です。重さは550gと軽量で、付属のキャリーバッグでコンパクトにまとまります。

シートゥサミット(SEA TO SUMMIT) ナノモスキートネット シングル 1700342

虫よけ加工が施されているモスキートネットです。使用時サイズは、高さ100×奥行220×幅120cmで1人用におすすめ。収納時サイズは7×12cm、重さは約82gと、軽量コンパクトなのもポイントです。

1点吊り下げタイプで、設営が簡単なのも魅力のひとつ。ソロキャンプや登山などで、コンパクトさを重視している方はぜひチェックしてみてください。

ディンプレス エクセル(Dimples Excel) ポップアップモスキートネット

収納袋から出して広げるだけで、簡単に設置できるポップアップ式のモスキートネットです。超微細メッシュと、防水コーティングが施されたオックスフォードクロス生地を採用。虫と雨をブロックし、快適な環境を確保できます。

使用時のサイズは長さ220×幅85×高さ80cmで、体の大きな方でもゆっくり休めるのが魅力。折りたたんでコンパクトにまとまり、付属の収納ケースで気軽に持ち歩けます。設営が簡単なモスキートネットを探している方におすすめです。

アルパインデザイン(Alpine DESIGN) ポップアップメッシュシェルター

収納袋から出して開くだけで自立する、ポップアップ式のモスキートネットです。使用時サイズは約203×63×高さ65cm。付属のキャリーケースにコンパクトに収納できるので、気軽に持ち運べるのが魅力です。

ぱっと広げて単独で使ったり、シングルサイズのコットと合わせて使ったりと、さまざまなシーンで利用できます。コットと使う場合は、ずれないように接続ベルトがついているのも嬉しいポイント。テント泊やタープ泊、車中泊など、オールラウンドで活躍するおすすめのモスキートネットです。

COVESUN モスキートネット

1人でも簡単に設置できるスモーキーネットです。フロアシートには防水コーティングが施されており、濡れているフィールドでも安心して使えるのが特徴。また、UPF50の紫外線カット機能も備えているのもポイントです。

使用時サイズは、長さ210×幅100×高さ100cm。収納時サイズは45×14.5×9cmと、付属のキャリーケースにコンパクトにまとまります。軽量コンパクトで、自立もできるスモーキーネットを探している方におすすめです。

VASLON ワンタッチ蚊帳

ポップアップ式で簡単に設営できるモスキートネット。全面にメッシュを採用しているほか、底つきタイプなので床からの虫の侵入もブロックします。

また、2ヵ所入口が設けられており、出入りが楽なのもポイント。外からも中からも開けられる両面ファスナーを採用しているため、使い勝手に優れています。

使用時サイズは、奥行200×幅150×高さ145cm。使わないときは折りたたんでコンパクトに収納できます。自宅はもちろん、テント内でも利用できるおすすめのモスキートネットです。

フライフライゴーアウトドア(FLYFLYGO OUTDOOR) モスキートネット

側面にメッシュを採用した、ファミリーユース向けのドーム型モスキートネット。組み立ても簡単で、ペグを打たなくてもしっかり自立します。

使用時サイズは340×340×230cmで、食事したり、ゆっくりくつろいだりできる広々とした設計が魅力。大型のモスキートネットのなかでは比較的価格が抑えられているので、コスパの高いアイテムを探している方におすすめです。

コフラン(Coghlan’S) B.W.モスキートネット

4点吊り下げ式の、蚊帳タイプのモスキートネットです。頭上の空間が広く、解放感のあるスペースが作れるのが魅力。使用時サイズは81×200×150cm、重さは280gです。

シングルサイズのコットと合わせてアウトドアで使ったり、車中泊に使ったりと、さまざまなシーンで使えるアイテム。場所を問わず利用できるモスキートネットを探している方におすすめです。

Magarrow モスキートネット

リーナブルな蚊帳式のモスキートネットです。使用時サイズは198×88×180cm。軽くて持ち運びが簡単なので、コットと合わせてキャンプで使ったり、ハイキングの昼食のときにさっと出して使ったりと、さまざまなシーンで利用できます。

アウトドアシーンだけでなく、家の中の寝室でも使えるのも魅力。気軽に購入できる価格帯のため、モスキートネットの使い心地を試してみたい方におすすめです。

リネンハウス 4.5畳 本麻 蚊帳

天井から吊り下げて使う日本製の蚊帳です。高品質な本麻を生地に使っており、手触りのよさと型崩れしにくいのが特徴。白を基調とした、柔らかな色合いも魅力です。

広さは4.5畳ほどで、大人が2人横になったり、子供と川の字になって寝たりするのにおすすめ。昔ながらのアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

Unigear ハンモック専用モスキートネット

ハンモック全体をカバーして、虫の侵入を防ぐハンモック専用のモスキートネット。サイズは335×140cmと大きく、1人用はもちろん、2人用のハンモックにも利用できます。

横方向にファスナーがついていて出入りが楽なほか、ハンモックへのとりつけも簡単です。収納時は13×14×17cmにまとまり、付属のキャリーケースでどこにでも気軽に持ち歩けます。さまざまなサイズのハンモックに対応できるおすすめアイテムです。

ウィーキャンテュルー(Wecamture) モスキートネットつきハンモック

ハンモックとモスキートネットが一体型になったアイテム。ハンモックを設置した後に紐を引っ張るだけで、モスキートネットがハンモックの上に設営できます。また、モスキートネットが必要ないときは、裏を返してハンモック単体で使えるのもポイントです。

生地には、軽くて耐久性に優れたパラシュート素材を採用。ハンモック本体の耐荷重は350kgあるので、大柄な方でも安心して使用が可能です。さらに、通気性もよいため蒸れにくく、蒸し暑い夏の夜でも快適に過ごせます。

収納ケースは本体に縫いつけられており、ハンモックを展開した際には小物ポケットとして使えるのもメリット。収納時はケースに本体を丸めて入れ、約12×13×21cmと、コンパクトにまとまります。カラビナと専用ベルトも付属しているおすすめアイテムです。

DDSGG モスキートネットつきトラベルハンモック

ビビッドなカラーがおしゃれな、モスキートネットつきハンモック。デザイン性重視の方や、個性のあるアイテムを探している方におすすめです。

生地にはパラシュートにも使われている素材を採用し、耐久性と通気性に優れているのがポイント。耐荷重は300kgあり、大柄な方でも安心してスウィングできます。

展開時サイズは260x140cmで、収納ケース・スチールカラビナ・ロープが付属しています。カラーラインナップも豊富なので、好きなデザインをチョイスしてみてください。