夏場のアウトドアで人々を不快にさせる蚊・蛾・蜂などの害虫。高温多湿な気候の日本は虫が多く、最近ではデング熱やジカ熱など蚊を媒介とする感染症の危険性も指摘されています。

イヤな虫から身を守り、アウトドアで快適に過ごすためのアイテムが「モスキートネット」です。今回は、モスキートネットの選び方やおすすめモデルをご紹介するので、参考にしてみてください。

モスキートネットとは?

By: amazon.co.jp

モスキートネットは、蚊をはじめとする虫から身を守るためのネットです。目の細かさが約1mm前後のネットで作られており、通気性がよく、小さな虫も遮断するため快適に過ごせます。作業中や就寝時に活躍するため、虫が苦手な方や蚊取り線香を使いたくない方にもおすすめです。

また、直射日光を遮ったり、結露を防止したりと、不快な問題を解決するためにもモスキートネットは役に立ちます。

モスキートネットの選び方

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

モスキートネットを選ぶ際は、まずサイズを確認しましょう。使う人数に合わせてソロ用から4~6人で使えるファミリータイプまで豊富にそろっています。なお、あまり小さすぎる製品を使用すると、寝ている間に体が触れてしまい、ネット越しに虫に刺されることがあるので注意が必要です。そのため、使うテントの大きさや、参加する人数に合わせてサイズを選ぶことをおすすめします。

素材をチェック

By: rakuten.co.jp

麻は通気性が高く、シャツなどにも用いられる素材です。麻でできたモスキートネットは風通しに優れており、夏の夜の寝苦しさを回避しながら虫刺されも防止したい際におすすめの素材です。

強度に優れており、天然素材のなかではトップクラスの強度を誇ります。また、速乾性が高いので雨や朝露で濡れてもすぐに乾きやすいことも麻の魅力です。コットンやナイロンに比べるとコストが高くなりがちなのが欠点ですが、使用感に優れています。

コットン

By: amazon.co.jp

コットンは、モスキートネットに扱われる素材のなかでも柔らかな手触りが魅力。肌を刺激しにくいので敏感肌の方におすすめの素材です。

麻に負けず劣らず通気性が高い素材なので、夏のキャンプに適しています。しかしその一方で、保温性が高いことも特徴。繊維の中心が空洞になっているので、熱が放出されにくくなっています。そのため少し肌寒い日のキャンプにもおすすめです。

一方で、吸水性が高く、乾くと縮む性質があるので取り扱いには注意が必要。天候が不安定な日は雨が当たりにくい木陰で使用するなど、なるべく濡れないように取り扱いましょう。

ナイロン

By: amazon.co.jp

ナイロンはモスキートネットのなかでも特にポピュラーな素材。さまざまなデザインの製品が販売されているほか、安価な製品も多くラインナップされています。

また、軽くて丈夫な素材なうえ、麻やコットンと違い虫食いやカビなどが少ないのが魅力。また、使用や使用後の保管で特に気を遣う必要がないこともナイロンのメリットです。

なお、麻やコットンに比べると通気性が低く熱がこもりやすいので、熱帯夜でのキャンプだと寝苦しさを感じることもあります。そのため、テント内で電池式の扇風機などを使って、通気性の低さをカバーしましょう。

形状をチェック

蚊帳タイプ

By: rakuten.co.jp

蚊帳タイプのモスキートネットは、上部4点を木などに吊り下げて使います。形状は直方体に近く、古くから日本の家屋で使われる蚊帳に似ていることから蚊帳タイプと呼ばれています。

4点を吊り下げて使うので頭上の空間が広く、複数人で使用しても窮屈に感じにくいのが魅力です。頭上を見上げたときに視界を妨げにくいので、寝転がりながら星空を見たいときにおすすめします。

テントタイプ

By: amazon.co.jp

テントタイプは上部1点か2点を木などに吊り下げて使うモスキートネットです。吊り下げるポイントが少ないので、設営する場所に困りにくいのが特徴。設営する時間も短めのため、初心者におすすめです。

また、フライシートを被せれば簡易的なテントとして使用できることも魅力。モスキートネットとしてもインナーテントしても活躍が期待できる、便利なタイプです。

ドームタイプ

By: rakuten.co.jp

ドームタイプはポールを交差させて立てるモスキートネットです。吊り下げるのではなくポールで支えるので、どんな場所でも設営できるのが強み。海や開けた場所にあるキャンプ場など、吊り下げるポイントが少ない場所に向いています。

ドームタイプもテントタイプのように、フライシートを被せてテントとして活用するのも人気です。1人だと設営が少し難しいのが弱点。ワンタッチ式のものもあるため、1人で使用する方はチェックしてみてください。

ハンモックタイプ

By: amazon.co.jp

モスキートネットのなかには、ハンモックに装着するタイプも展開されています。装着すれば虫の多い森の中でも気にせず休憩ができるので、ハンモックを頻繁に利用する方におすすめしたいアイテムです。

また、あらかじめモスキートネットが装着されているものもラインナップされています。まだハンモックを持っていない方や、使用するたびに装着・分解するのが面倒に感じる方にはあらかじめモスキートネットが付いたハンモックもおすすめです。

モスキートネットのおすすめモデル

アウトドアリサーチ(OUTDOOR RESEARCH) バグ ビビィ

アウトドアリサーチ(Outdoor Research) バグ ビビィ

寝袋の形状にワイヤーを付け、シュラフの全体を包み込む形状のモスキートネット。ポールと合わせても総重量約454gという軽さで、登山やソロキャンプなどに便利です。

組み立ては付属のポールを入れるだけで自立するので簡単。背部には、シュラフを固定するためのストラップを2箇所設けてあり、寝返りをうってもずれにくい仕様になっています。コンパクトながらも使いやすい工夫が施されたおすすめのモスキートネットです。

キカー(KIKAR) モスキートネット

キカー(KIKAR) モスキートネット

吊り下げ式のスタイリッシュなモスキートネット。天頂部は2点で吊り下げる構造になっており、頭部にマチを設けることで空間が生まれ、蒸し暑い夏の夜も結露を気にすることなく快適に過ごせます。1〜2人で使用できるのも魅力です。

収納ケースと本体を合わせても重量は約315gと非常に軽量で、荷物を軽量化したい登山やアウトドアに役立ちます。汚れたら家で手洗いし、日陰干しするだけなのもおすすめポイントです。

カンタンタープ(KANTAN TARP) ポップアップメッシュテント

カンタンタープ(KANTAN TARP) ポップアップメッシュテント

袋から取り出して開くだけで自立するメッシュテント。ワンボックスカー内で広げたときにピッタリのサイズなので、直置きのほか、テント泊や車中泊。コットの上に乗せるなど多様な使い方ができます。

出入り口は大きめのU字型を採用。オープンファスナーで開閉でき、コットの上や車内でも出入りが簡単です。底部はメッシュを採用し、蒸れにくい構造。収納袋には畳み方や収納の手順がプリントされているので、スムーズに片付けができます。幅は230cmとゆとりがあり、長身の方が寝ても窮屈に感じにくい製品です。

アライテント(ARAI TENT) カヤライズ

アライテント(ARAITENT) カヤライズ

アライテントでシリーズ化されているモスキートネットテント。サイズ展開は、カヤライズ1が1~2人用・カヤライズ2が2~3人用・カヤライズ3は3~4人用の3サイズ。グラウンドシート以外はすべてメッシュで作られており、四隅にはナイロン素材の立ちあがりを設け、地面からの熱・湿気、下からの虫の侵入も防ぎます。

ポール2本で支えるドームテント型で、より通気性を高めるベンチレーション付き。広い空間の中で、虫の侵入を気にすることなく快適に過ごせます。ポールやフライシートは同メーカーのエアライズ・ゴアライズと共通サイズで、カヤライズは本体のみの販売のため、あわせてチェックしてみてください。

ディンプレス エクセル(Dimples Excel) アウトドア モスキートネットシングル

ディンプレス エクセル(Dimples Excel) アウトドア モスキートネットシングル

吊り下げ式テントタイプの1人用モスキートネットです。細かい網目で、蚊・ハエ・アリなど小さな虫の侵入を防ぎながらも、通気性もしっかりと確保。フロアは220×120cmと広く、圧迫感がありません。

頭と足の向きが区別できるようエンドリングが色分けされており、迷わず設営ができます。本体を吊り下げる紐の長さは3mあり、自由に調節が可能。重量は170gと軽量なうえ、耐久性があるので長く愛用できる製品です。

フライフライゴー(FLYFLYGO) モスキートネット

フライフライゴー(FLYFLYGO) モスキートネット

両側面に1箇所ずつ大きい出入り口がある、パップテント型のモスキートネットです。フロアは「210Dオックスフォード素材」を採用し、1500mmの防水機能を備えています。出入り口のメッシュは下へ丸めて固定する仕様なので間口が大きく、出入りのストレスを軽減してくれます。

フロアから天頂までの高さは110cmあり、荷物の整理や就寝の準備などもスムーズに行えるのもポイントです。ポールは手持ちのトレッキングポールやテントポールでも代用が可能。スタイリッシュで飽きのこないデザインも魅力のモスキートネットです。

レンザイ(Lenzai) 蚊帳付きハンモック

レンザイ(Lenzai) 蚊帳付きハンモック

本体とモスキートネットが一体となっており、ハンモックとモスキートネットが同時に展開される便利なアイテムです。通気性・速乾性に優れているのがポイント。

付属のロープとペグで地面に固定すれば、左右にゆとりをもたせられるうえに、安定させることができます。アースカラー系のブラウンが自然に溶け込む、おしゃれな風合いの製品です。

Q-Yuan モスキートネット

Q-Yuan モスキートネット

側面のみにメッシュを採用し、頭部と足部はナイロンを用いたモスキートネット。人目を避けたい方や日焼け対策をしたい方におすすめです。設営は簡単で、四隅をペグダウンし、本体即部のポケットにトレッキングポールやテントポール、木の枝などを縦に差し込むだけで完成します。

出入り口が広く、ファスナーで開閉可能。フロアも広いので、荷物整理や就寝準備などの動きを妨げません。収納袋に入れたときの重量は約700gと軽量で、ソロキャンプや登山に最適です。

ユニジア(unigear) モスキートネット

ユニジア(unigear) モスキートネット

高密度メッシュを採用した吊り下げ式のモスキートネット。紐にはネットを吊り下げるためのフックと長さを調節するストッパーが付いており、使用する環境に合わせて高さを自由に変更できます。地面に固定するペグ用のループは頭部と足部で色分けされており、設営するときに便利です。

フロアには折り返しがあり、ネットを地面に密着させることで、下からの虫の侵入も防ぎます。サイズはMとLがありますが、身長が高い方や2人で使う予定がある方は幅と高さにゆとりがあるLサイズがおすすめです。

フィールドア(FIELDOOR) タープテント専用バグガード

フィールドア(FIELDOOR) タープテント専用バグガード

タープテント専用のモスキートネット。4本の柱にしっかりと固定するため、風でネットが揺れても体にまとわりつく心配がありません。ネットは簡単に脱着できるよう、取り付け部に大きめの面ファスナーを採用。出入り口は左右に大きく開いて固定でき、出入りや大きな道具の搬入・搬出も楽に行えます。

最小サイズでも2×2mで、組み立てるとオールメッシュの広々とした空間が完成。飛びまわる虫の侵入を気にすることなく開放的な気分を味わえます。広さがあるのでロースタイル・ハイスタイルのどちらでも自由に設営が可能。海水浴やキャンプなどさまざまなアウトドアシーンに活用する製品です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) プレーナメッシュタープセット M-3154

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) プレーナメッシュタープセット M-3154

組み立てると3.1×3.3mにもなるファミリーサイズのモスキートネット。高さが2mあるので、立ったままの作業も楽にできます。虫の侵入だけでなく直射日光も遮るため、1日中快適。ネットを巻き上げればスクエアタープとしても使用できます。

天井部にはシームレス加工を施した防水性のあるナイロン素材の屋根を採用。虫・雨・日差しに対応できる、ファミリーキャンプにおすすめの製品です。

クレイジーファイヤー(CrazyFire) モスキートネット

クレイジーファイヤー(CrazyFire) モスキートネット

手軽にモスキートネットを使用したい方におすすめのポップアップ式モスキートネットです。袋から取り出して広げるだけで簡単に設営が完了。畳んだときにワイヤーの跳ね返りで開いてしまわないよう、付属のゴムで固定できるため、撤収もスムーズに行えます。

フロアに蚊に刺され防止布が付いるので、ロースタイルで就寝してもネット越しに手足を虫に刺される心配がありません。汚れても手洗いできるので便利。デイキャンプからテント泊、ワゴンタイプの車中泊でも利用できるお手軽なモスキートネットです。

植田蚊帳株式会社 蚊帳 4.5畳用

植田蚊帳株式会社 蚊帳 4.5畳用

天井から4点を吊り下げて使う日本製の蚊帳。横・縦糸ともに綿100%の天然素材で作られており、化学物質が苦手な方におすすめです。

大人2人が寝られる十分な広さと、直射日光や蛍光灯などの光を和らげる優しい生成り色が魅力。アウトドア専用アイテムではありませんが、蚊帳タイプの製品を探している方におすすめです。