気温が低く、雨や雪など厳しい環境下で楽しむ「冬キャンプ」。冬のアウトドアを敬遠する方もいますが、寒い時期ならではの澄んだ空気や、みんなで暖を取りながら話をするのも醍醐味のひとつです。

しかし、安全に楽しむためには、ほかの季節よりも一層持ち物に気を配る必要があります。今回の記事では、そんな冬キャンプに必要なアイテムを一挙にご紹介。冬キャンプにトライしたい方は、持ち物に不備がないか確認しておきましょう。

冬キャンプは防寒対策が重要

By: amazon.co.jp

冬のキャンプ場は、街中よりもさらに気温が下がることが予想されるので、防寒対策は念入りにしておきましょう。せっかくのキャンプも、防寒対策を怠ると楽しめません。夜も体が冷えた状態だとなかなか眠れず、体力を消耗する一方です。

服装は、なるべく肌を空気中に触れないようにすることで、冷えを緩和できます。また、インナーは吸湿速乾性の高いモノを着るようにしましょう。汗を吸っても乾きにくい素材は、体が余計に冷えてしまうため注意が必要です。アウターは突然の雨や雪にも対応できるよう、防水性のあるモノだと安心。

寝袋(シュラフ)も対応温度が0℃以下の製品を選ぶようにしましょう。寝袋にはマミー型と封筒型がありますが、マミー型のほうが体に密着するぶん保温性は高いため、冬キャンプでの使用に適しています。

冬キャンプの持ち物リスト|必需品

コールマン(Coleman) ワンポールテント エクスカーションティピー 210

本製品は、ソロキャンプに最適なサイズのティピー型テントです。使用時は約210×150×170cm、収納時は約φ17×50cmのサイズになり、1~2人用として使えます。耐水圧はフライとフロア、どちらも1500mmと防水性能を完備。

扉はメッシュとクローズ状態どちらにも対応しているため、冬場でのキャンプで風を通したくない場合でも問題なく使用できます。足元にはベンチレーション窓もあり、自由に換気の調節が可能。

開閉時、テント内に雨の侵入を防ぐ前室を備えているのも魅力のひとつです。スペースを利用することで、靴を置くのにも便利なほか、キャンプで使用する荷物を置くのにも適しています。

コールマン(Coleman) テント タフワイドドームIV 300

広くて快適な定員4~6人用のグループやファミリー向けのテント。テント上部を大きく押し上げる構造になっており、トップの高さは185cmなので大人でもかがむ必要がありません。

コーナー部も広さだけでなく、高さも確保できる点が魅力です。300×300cmの床面積により4人であれば荷物スペースも広々と確保できます。

耐水圧はフライシート、フロアシートともに約2000mmに対応しており、雨や冬場での雪でもしっかり防水。テント内で電気カーペットなどの防寒器具を使う場合に便利なAC電源コードの引き込み口も完備しています。

また、風対策も万全で、補強用ロープを張ることにより抵抗力がアップ。テントの設営は初心者でも簡単にでき、公式サイトでも設営動画が配信されているので安心です。

コールマン(Coleman) SILVERTON

寝袋(シュラフ)選びは、凍える冬キャンプで快適な睡眠を得るためにも重要です。寝袋にはマミー型と封筒型の2タイプがありますが、冬キャンプで使うなら保温性の高いマミー型がおすすめです。マミー型は体への密着性が高く、隙間が少ないため身動きが取りにくいものの、封筒型よりも体温を逃がしにくいことが特徴。

本製品は最適温度が-17.8℃以上に対応したマミー型の寝袋で冬場でもあたたかい性能です。サイズは約81.3×208.3cmと大きめで、身長の高い方でもゆったりと休めます。

素材はポリエステル製で手洗いに対応しているので清潔に使用可能。専用の収納袋付きでコンパクトにすることもできますが、収納時のサイズは約43×32×32cmと大きめなので注意が必要です。

コロンビア(Columbia) シュガードームジャケット フルジップフリース

フリースはアウターとしてだけでなく、インナーにも使えるため、冬キャンプでは重宝するアイテム。アウトドアだけでなくタウンユースとしても使える、おしゃれなフルジップタイプのフリースです。

ボア素材であたたかみのある風合いで、軽量かつ保温性も良好。左胸の部分には異素材を使った胸ポケットもあり、機能性にも優れています。袖口と裾は、メイン素材と配色を変えることで、目を引くデザインに仕上がっています。

コロンビア(Columbia) ワイルドカード ダウンジャケット

冬キャンプでは、厳しい寒さをしのぐためにも防寒用のジャケットは必須アイテム。防水性を備えたジャケットだと、突然の雨や雪などの悪天候でも対応できます。

本製品は、そんな冬キャンプに適した、防水性のあるダウンジャケットです。比較的濡れやすい、フードや肩の縫い目には止水処理を施しており、お腹や袖口はステッチレス仕様になっており高い防水性が魅力。

雪の侵入を防ぐためのパウダーガード、袖口のインナーカフに加えて、左腕にはリフトICポケットも搭載されているので、ウィンタースポーツを楽しむ際にも活躍します。機能はアウトドアに特化しているものの、デザインはタウンユースでも使える万能な製品です。

コロンビア(Columbia) ポコモーク フォールズ ロングスリーブ ハーフジップ インナー

厳しい寒さの冬キャンプでも、厚着で作業をしていると汗をかくこともあります。そのため、着用するインナーは吸湿速乾性のあるモノがおすすめ。インナーが乾きにくいモノだと、汗を吸収して濡れたままの状態が続き、汗が引いたあとに、より一層体温が下がるので注意が必要です。

本製品はコロンビア独自の「オムニウィック」を採用したインナー。吸湿速乾性に優れたオムニウィックは、アウトドアだけでなくスポーツシーンでも使用できます。また、紫外線を遮断する「オムニシェイド」や防虫素材の「スコーン」も採用しており、機能性の高さが魅力です。

カラーバリエーションもあり、好みの色を選択可能。いずれも落ち着いたデザインでアウターとも合わせやすいインナーです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ヌプシ ブーティー ウォータープルーフ VI ショート

保温性が高く防水仕様のウィンター用ブーツ。積雪のある冬キャンプや多少の雨にも対応でき、普段使いでも活躍します。テックプルーフ防水メンブレンを採用し、サーモライトの中わたで軽量かつ保湿性を有しているのも魅力。摩耗強度を高めたリップストップナイロンに、撥水加工を施した素材をアッパー部に使用しています。

日本人に合う広めの足幅で設計されており、足首もしっかりとホールドされるので、フィット感があるのも魅力です。また、アウトソールは雪や氷に覆われた路面でも硬化しにくい素材になっているので、防滑性と耐久性も良好。雪が目詰まりしにくい凹凸のソールデザインで、安全性にも配慮しています。

服装を選ばない合わせやすいカラーで、性別・年齢問わず使用できるおすすめの製品です。

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル

焚き火台は、寒さをしのぐためだけでなく、バーベキューコンロとしても機能する、冬キャンプに必須の持ち物です。焚き火をすることで、日が暮れたあとも暖を取りながら、冬ならではの虫の音の少ない静かな雰囲気を楽しめます。

本製品は本体にステンレスを採用しており、強度があるだけでなく、サビや汚れにも強い焚き火台。セッティングもスタンドを立てて炉とロストル、焼網を乗せるだけなので初心者にもおすすめです。炉内にパーツをしまえるため、収納性も良好。

本製品は使用時のサイズが約430×430×330mmと4人までの使用に最適。もう1サイズ大きいラージサイズは、大人数で使用するのに適しています。

ミズノ(MIZUNO) ブレスサーモ アツデパイルソックスM

冬キャンプでは体が冷えないように、なるべく肌を出さないようにしましょう。特に足元は冷えやすいので、靴下は長めかつ分厚いモノを穿くと、冷えを抑えられます。

本製品はスポ-ツメーカーのミズノにより開発されたあたたかいウール素材の靴下です。体から発する水分を吸収、発熱する効果が期待できる「ブレスサーモ」機能により、あたたかい状態をキープ。

スポ-ツメーカーならではの、汗を発散しドライな状態を維持できる靴下なので、冬キャンプにおすすめです。

桐灰化学 はる

カイロがあれば気温の低い冬キャンプでもあたたかく過ごせます。なかでも使い捨ての貼るタイプなら、首や腰、お腹などに貼ることで全身をあたためる効果が。電子機器のカイロだと充電式で経済的に使えますが、使い捨てタイプは安価なので手軽に購入できるほか、取り扱いに気を遣う必要もなく、すぐにあたたまるので便利です。

本製品の桐灰カイロは開封してから14時間あたたかく使えます。桐灰カイロにはほかにも、さらにあたたかいタイプの「マグマ」や足裏に貼るタイプのモノなどさまざまな製品をラインナップしています。

Vantozon LEDランタン

明かりのないキャンプ場ではランタンも必須の持ち物です。夜のテント内でも使用することを想定したモノを選ぶようにしましょう。

本製品は、USBからの充電、もしくは乾電池式と2種類の給電方法があるLEDランタン。キャンプに行く前に、パソコンなどから充電しておくことで経済的に使用可能。充電をし忘れても乾電池を使えば、すぐに明かりを灯せます。

点灯方法は本体の蓋を引き延ばして開けるだけなので扱いも簡単。電源ボタンを押せば懐中電灯としても使えます。簡易防水性もあり、多少の水滴などでは本体に影響なく使えるので安心。

底面には強力なマグネットが付いているので、鉄製の箇所に貼り付けることもできます。SOS緊急信号用として、赤いランプの点滅も可能で、キャンプだけでなく災害時の緊急用ライトとしても使える製品です。

ソト(SOTO) スライドガストーチ

調理時や焚き火の際に必要ながストーチ。火おこし器具は持ち物として必須の持ち物ですが、低温や風があるときでも着火しやすいモノだとストレスなく使えます。

本製品は火口が自在に伸び縮みする小型強力バーナーとして使用。収納時には火口を縮めておくことで収納しやすく、使用する際は最大75mmまで伸ばして火を付けられるので安全です。

炎の温度は1300℃の強力仕様でアウトドアシーンに最適。耐風性にも優れているので、風のあるときでも心配ありません。燃料についてはカセットコンロで用いられるCB缶から充填できるため経済的。OD缶で充填する場合は、別売の「フィルアダプター(SOD-450)」を使うことで充填できます。

冬キャンプの持ち物リスト|あると便利なアイテム

コールマン(Coleman) XPヘキサタープMDX

雨や雪などの悪天候の対策としてタープを使用する方法があります。タープを設営することで、雨や雪からテーブルなどを守ってくれるので便利。また、悪天候の際にタープでテントを覆えば、雨などから汚れることがなくなるため、お手入れが楽になります。

ただし、タープは雨が溜まったり雪が積もったりすると負荷がかかるので、雨や雪が落ちるように斜面を作っておきましょう。

本製品は耐水圧約1500mmと防水性に優れています。形状はヘキサタイプとなっており、使用時のサイズは約420×420×230cm、収納時が約φ17×74cm。高さ調節はクロスポールを広げるだけでできるので、初心者でも扱いやすい製品です。

コールマン(Coleman) テーブル ナチュラルウッドロールテーブル

本製品は、4~6人用として使えるサイズのテーブルで、グループやファミリーでの使用に最適です。サイズは約125×70cmの広さで、高さは70cmもしくは40cmと調節が可能。通常のテーブルとして使えるほか、ロースタイルでのキャンプも楽しみたい方におすすめの製品です。

折りたたみ式で、収納時のサイズは約18×20×70cmでコンパクト。重量も約5.1kgと軽量で、収納袋もあるので持ち運びに便利です。ただし耐荷重が30kgのため、重たいモノを載せるのには注意が必要。天板は天然木を使用しており、冬場でもあたたかみのある風合いが特徴の製品です。

ANCHEER アウトドアチェア

本製品は、リュックに入れて持ち運ぶこともできるアウトドアチェアです。収納時のサイズは約34×11×10cmと非常にコンパクト。折りたたみ時は場所を取らないので、車に常備しておくのにも適しています。

組み立てはアルミポールとシートを組み合わせる必要がありますが、およそ30秒でセット可能。深く座ることでシートが体にフィットし、快適に座れます。シートは背中とお尻の横にメッシュ生地を採用しており、通気性は良好。防水加工も施されているため、雨や雪で濡れてしまっても、すぐに拭き取れるので安心です。

本製品は同類のアウトドアチェアのなかでも比較的安価ですが、耐荷重は150kgまで対応。ホールド感にも優れており、コスパのよい製品です。

マイギア(MyGear) カトラリーセット

キャンプでの食事をするのに必要なカトラリーセット。日頃使っているモノをキャンプに持ち運ぶとかさばりがちです。本製品はカラビナ付きのメッシュケースに収納可能な折りたたみ式タイプ。総重量も160gと軽量でキャンプ用カテラリーとしておすすめです。

セット内容は、カラビナ付きメッシュケース・お箸・フォーク・スプーン・ナイフ・栓抜き。お箸はつなぎ式となっており、分割できるのでコンパクトに収納可能です。フォーク・スプーン・ナイフ・栓抜きはマルチツール型で使いたいタイプに切り替えして使用します。

カトラリーセットの材質はいずれもステンレス製でサビにも強い点がメリット。ケースがナイロン製メッシュになっているので、カトラリーセットを洗ったあとはケースに収納し、付属のカラビナで吊るして干すこともできます。

ソト(SOTO) レギュレーターストーブ FUSION ST-330

焚き火台を使用せずに調理する、または手軽にお湯を沸かしたいときにカセットコンロがあると役立ちます。本製品は折りたたみ式のカセットコンロで持ち運びやすく、荷物のスペースを取りません。重量も、本体のみで245gと軽量です。

マイクロレギュレーターを搭載することにより、連続での使用や、低温時の圧力が低下したときでも火力が安定することが可能。ゴトクは4本式で中型の鍋を支えるのにも安定して自立します。また、約300個の炎口から出る炎と、すり鉢状のバーナーヘッドにより耐風性能にも優れた製品です。

使用燃料はCB缶対応ですが、冬で使用する場合は、家庭ガスコンロ用のCB缶だと火が付きにくいため、なるべく低温でも機能するCB缶を選ぶようにしましょう。

ソト(SOTO) パワーガス 3本パック ST-760

持ち物にガスコンロなどがある場合は、必ずガスボンベを持参しましょう。ガスボンベはガスコンロだけでなく、製品によっては火を付けるためのトーチにも使用可能です。

本製品は家庭用コンロで使用するガスボンベとは違い、低温の環境下でも使用でき、高い火力を維持できるので、冬場のキャンプに重宝します。また、CB缶のタイプのため、家庭でのガスコンロにも使用できるなど、汎用性が高いことが特徴。頻繁にキャンプに行かない初心者の方におすすめです。