アウトドアグッズの進化に伴い、冬にもキャンプを楽しむ方が増えています。初心者にとってはややハードルが高いものの、しっかり防寒できるアイテムを選ぶことで、楽しいひとときを過ごすことが可能です。

そこで今回は、「冬用寝袋」のおすすめモデルをご紹介します。選び方についてもあわせて解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

冬用寝袋の選び方

寝袋に詰められている中綿の種類をチェック

ダウン

By: amazon.co.jp

ダウンとは、水鳥の胸部分にある羽毛のこと。芯がないため、フワフワで軽量性に優れているほか、保温効果に優れているのが特徴です。柔らかく寝心地がよいので、冬用寝袋の素材に適しています。

ただし、水濡れに弱いのがデメリット。お手入れの仕方や保管方法には注意しておきましょう。

化学繊維

By: amazon.co.jp

化学繊維は耐久性が高く、濡れても乾きやすいのが特徴。また、リーズナブルなモノが多いので、気軽に購入できます。ただし、ダウンを採用したモノと比べると、大型でかさばりやすいのがデメリットです。

寝袋の形をチェック

封筒型

By: amazon.co.jp

封筒型は、名前の通り、封筒のような形をした寝袋です。布団で寝ている感覚で使用できるのが特徴。また、側面にジッパーが付いており、広げて掛け布団のように使用できるのもポイントです。

マミー型

By: amazon.co.jp

マミー型は、英語でミイラを意味する「mummy」が名前の由来。頭まですっぽりと被れるため、寝袋と身体の隙間ができにくく、保温性に優れています。また、軽くてコンパクトなので、持ち運びやすいのも魅力です。

寝袋の洗いやすさをチェック

By: amazon.co.jp

寝袋を選ぶ際は、本体を洗濯ができるかどうかも大切。就寝時は汗をかきやすいため、思っている以上に寝袋が汚れてしまいます。使用後は、必ずお手入れをするように心掛けましょう。

一般的に、「丸洗い可」の記載があるモノを選べば、洗濯機で洗えて便利です。ただし、寝袋は乾かし方も重要。直射日光を当てて乾かすと、中綿を傷めてしまう場合があります。日光が当たらない風通しのよい場所に、しっかりと広げて干すのがポイントです。

冬用寝袋のおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

コールマンは、アメリカの老舗キャンプ用品メーカーです。現在は日本用に製造されたアイテムも多く、テントやランタン、折りたたみ式テーブル、キャンプ用調理道具など、アウトドアの必需品を幅広く取り扱っています。

寝袋においても、初心者向けから上級者向けまでを豊富にラインナップ。用途や好みに合わせて選べるのが特徴です。また、高品質ながら価格帯は比較的リーズナブルで、気軽に購入できるのもポイント。ぜひチェックしておきたい、おすすめのブランドです。

モンベル(mont-bell)

By: montbell.jp

モンベルは、日本で創業したアウトドア用品の総合メーカーです。1975年のスタート以来、「Function is Beauty(機能美)とLight & Fast(軽量と迅速)」をコンセプトに、時代を先取るようなアイテムを数多く発売しています。

同メーカーの製品は機能性が高く、使いやすいのが特徴。寝袋においても、伸びがよく身体にしっかりフィットするタイプや、保温性を追求したタイプなど、幅広いアイテムを取り揃えています。さらに、高性能ながらリーズナブルなので、アウドドア初心者でも手を出しやすいブランドです。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

ロゴスは、日本発のアウトドア総合ブランド。同メーカーの寝袋は、一般的にはかさばりやすいマミー型でもコンパクトに収納できるモノなど、機能性の高さが特徴です。

また、カラフルな色や柄モノなど、凝ったデザインのアイテムが多いのもポイント。使いやすくておしゃれな寝袋を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ナンガ(NANGA)

By: amazon.co.jp

ナンガは日本の滋賀県に本社を置くアウトドアブランド。1941年に「横田縫製」として創業したのち、独立ブランドを立ち上げ、1995年に現在の「ナンガ」となりました。

同社はダウン製品に注力しており、なかでも寝袋とダウンジャケットはクオリティが高く人気を集めています。自社工場の強みを活かして、製品のアフターサービスを充実させているのも魅力です。

冬用寝袋のおすすめモデル

コールマン(Coleman) マルチレイヤースリーピングバッグ 2000034777

春夏秋冬の4シーズンに対応した、汎用性の高いモデルです。本製品は封筒型の寝袋で、アウトレイヤー・ミッドレイヤー・フリースの3層構造を採用。冬用として使う場合は、すべてのレイヤーを重ねることで、使用下限温度-11℃に対応できます。

それぞれのレイヤーは個別に丸洗いもできるので、汚れが付いても清潔に使用可能。また、キャリーケースが付属しており、持ち運びのしやすさに配慮されているのも魅力です。

コールマン(Coleman) タスマンキャンピングマミー L-15 2000022267

マミー型ながら、寝返りがうてるほどの可動性を有した冬用寝袋。寝袋内部のあたたまった空気を逃しにくい設計で、保温性に優れています。

本製品の使用可能温度は-15℃以上で、冬での登山でも十分に活用可能。また、コンパクトに収納できる収納ケースとコンプレッションベルトも備えており、持ち運びや保管にも便利です。

素材は、表地・裏地・中綿すべてにポリエステルを採用。洗濯機での丸洗いにも対応し、使い勝手に優れたおすすめアイテムです。

モンベル(mont-bell) アルパインダウンハガー800 #2 #1121374

伸縮性に特化した素材、「スパイラルストレッチシステム」を搭載した冬用寝袋。体の動きに追随し、快適な寝心地を実現しています。また、軽量性と強度を備えた「バリスティックエアライト」素材を採用しているのも特徴。重量は712gと軽量で、持ち運びに便利です。

ダウン素材を採用しているため、保温性に優れているのもポイント。さらに、長期保管用にストリージバッグが付属しているのも魅力です。

モンベル(mont-bell) アルパイン バロウバッグ #2 #1121307

保温性・撥水性・速乾性に優れた「エクセロフト」を採用している冬用寝袋。スタッグバッグからの出し入れや洗濯を繰り返しても、保温力や風合いを損ないにくいのがポイントです。

生地は伸びやすくできており、使用時に体の動きを追随。窮屈感を覚えにくく、快適な寝心地を実現しています。重量は1420gと軽量。コンプレッション可能なスタッフバッグも付属し、持ち運びのしやすさにも配慮されています。快適に眠りたい方におすすめのモデルです。

ロゴス(LOGOS) プレミアム ダウンコンフォート3セパレーター・-2 72600550

防寒性と肌触りのよさを追求した冬用寝袋。掛部・インナーシュラフ・敷部の3種に分かれたセパレートタイプで、外気温に合わせて温度調節が可能です。

掛部・インナーシュラフ・敷部のすべてを組み合わせた状態だと、適正温度は-2℃。インナーなしの状態は適正温度0℃まで、インナーのみは適正温度15℃までに対応しています。それぞれは分離できるため、ブランケットとしても使用可能です。

寝袋は外側だけでなく、内側からもジッパーの開閉が可能。また、ダブルファスナー式で、使い勝手は良好です。季節問わずに、同じ寝袋を使いたい方はぜひチェックしてみてください。

ロゴス(LOGOS) ミニバンぴったり寝袋・-2 72600240

ミニバンの室内サイズに合わせた冬用寝袋。適正温度目安は-2℃までで、寒冷期の車中泊をするのにおすすめのモデルです。特大サイズの寝袋ですが、分離して使えば2つの寝袋としても使用可能。分離した1つの寝袋は、敷物としても使えます。

素材は表面にモイスポリ、肌面にサーマプレスクロス、中綿にダイナチューブファイバーをそれぞれ採用。汚れにくく、通気性や水分に強い素材ながら優しい肌触りを実現しています。また、丸洗いが可能で、清潔に使えるのもポイントです。

ロゴス(LOGOS) neos 丸洗いアリーバ・-15 72940340

頭まで体を覆うことが可能な、あたたかさを追求した冬用寝袋。最低温度帯-15℃までに対応し、寒冷地での使用に適した製品です。ファスナー部分はドラフトチューブを内蔵し、冷気の流入を防ぎます。また、ダブルファスナーを採用しているため、温度調節がフレキシブルにできるのもポイントです。

素材は表面にモイスポリ、中綿にダイナチューブファイバーを採用しています。モイスポリはポリエステル織物に撥水加工を施し、汚れがつきにくい仕様。ダイナチューブファイバーは繊維の中に空気を蓄えることで、保温性と軽量化を実現しています。

本製品は、「フットアングルストラクチャー構造」により、足元の圧迫を和らげることも可能。就寝時の足の傾きに合わせて空間を設けており、快適性を求める方におすすめです。

ナンガ(NANGA) オーロラライト 750DX B07TMZPX1S

快適使用温度は-8℃、下限温度は-16℃に対応している冬用寝袋です。寝袋内部は台形ボックスキルト構造を採用。ボックス同士が支えあう構造で、蓄熱・保温効果に優れています。

重量は1280gと軽量で、持ち運びしやすいのもポイント。カラーバリエーションも豊富で、レッド・ブラウン・グリーンの全3種類をラインナップしています。

ナンガ(NANGA) UDD BAG 630DX B00NHFCHTC

高機能ダウンを採用し、撥水性に優れた冬用寝袋です。スパニッシュダックダウンに超撥水加工を施し、寝袋の弱点である水濡れに対応。化繊の寝袋と比較すると軽くてコンパクトなほか、保温性に優れているのが特徴です。

重量は1045gと比較的軽量で、登山などで持ち運ぶのにも適しています。強い反発力を持つモデルのため、収納袋から取り出した際に、膨らむ時間が短縮されているのもポイントです。カラーはレッド・イエロー・ブルーの全3色をラインナップしています。

イスカ(ISUKA) エアプラス 810 1525

-25℃の厳しい環境にも使用可能な、高い保温性を有する冬用寝袋。寝袋に台形ボックス構造を採用し、保温性に優れています。また、フードチューブとショルダーウォーマーの機能により、外部への放熱を防げるのもポイントです。

本製品は、3D構造のシルエットを採用したモデル。ダウンの量をエリアごとに最適化することで、軽量性と保温効率を向上しています。足元も睡眠時のストレスが少ないように、ゆとりを持たせた設計なのも魅力です。

寝袋は強力な撥水性能も有し、結露などによる濡れを防止。耐久性や耐摩耗性にも優れたコーデュラ素材を採用しているので、ハードなアウトドアでの使用におすすめです。

イスカ(ISUKA) スーパースノートレック1500 1232

ポリエステル製の中綿を1500g使用した、保温性重視の冬用寝袋です。中綿を交互に配置した「ダブル構造」を採用。寝袋内部の熱をキープし、冷気の侵入を防ぎます。ショルダーウォーマーとドラフトチューブも搭載し、保温性に配慮されているのもポイントです。

足元部分は逆台形形状を採用し、多めのダウンを封入。先端方向に傾斜を持たせることで、ゆとりのある快適な睡眠を実現しています。

本製品は、フロントジッパータイプで、完全に広げてマットのように使うことも可能。使い勝手に優れたおすすめのモデルです。

イスカ(ISUKA) アルファライト1300EX 1258

-20℃の寒さにも対応し、厳冬期の山岳にも使用可能な冬用寝袋です。マイクロ繊維と中空ポリエステルを組み合わせた素材により、保温性に優れながらも、コンパクトかつ軽量さを実現しています。

本製品は、フードチューブ・ドラフトチューブ・ショルダーウォーマーを搭載。頭部とジッパー部からの放熱ロスを最小限に抑えます。

寝袋内部の構造は3Dシルエットにより、上部に余裕を持たせた設計。ダウンの量をエリアごとに最適化しており、保温効率と軽量性を向上しています。厳しい寒さのなかでも、快適な寝心地を求める方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) グランドオフトン シングル1000 下限温度-15度 BD-050

布団のような、快適な寝心地を実現した冬用寝袋です。掛け布団には、両サイドと下部に折り返しがあり、寝返りをしても隙間が生まれにくい設計。肩口にもダウンチューブを搭載し、冷気の侵入を極力抑えます。暑いときには、ずらして温度調節も可能です。

マットは、厚さ5cmのインフレータブルマットを採用。冬キャンプでもぐっすり眠りたい方におすすめのモデルです。

スノーピーク(snow peak) バクー BACOO 550 BDD-022

防水透湿素材を採用し、シュラフカバーを必要としない冬用寝袋です。テントに発生した結露を気にすることなく眠れます。汗による湿気は、本体中央にある通気パネルから排出可能です。

ジッパーラインは腕に無理な動きをさせない位置にあるため、開閉がスムーズ。また、側面はすっきりと収まり、肩口を包み込むようにして使えます。さらに、本製品にはドラフトチューブとショルダーウォーマーを搭載しているので、保温性に優れているのもポイントです。

冬用寝袋のAmazonランキングをチェック

冬用寝袋のAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。