道具の進化に伴い、冬でも楽しむ方が増えているキャンプ。アウトドア初心者にとってはややハードルが高いものの、最適なアイテムを選べば充実したひと時を過ごすことができます。特に冬用寝袋の選び方は重要で、快適温度や使用可能温度をしっかりとチェックしておくことがポイントです。

そこ今回は冬用寝袋のおすすめモデルをご紹介。朝晩の冷え込みは想像以上に厳しいので、冬キャンプにトライしたい方は夏用の寝袋を代用するのはなく、ぜひ別途購入を検討してみてください。

冬用寝袋の選び方

寝袋の中に入っている「綿」をチェック

ダウンタイプ

By: amazon.co.jp

ダウンは芯がなくフワフワとした羽毛のこと。軽量性に優れているほか、保温効果が高いのが特徴です。柔らかく寝心地がよいため冬用寝袋の素材にぴったり。ただ、水に弱くカビが生えやすいのがデメリットなので、保管方法には注意が必要です。

化学繊維タイプ

By: amazon.co.jp

化学繊維は耐久性が高く、濡れても乾きやすいのが特徴。また、リーズナブルなモノが多いので気軽に購入できます。しかし、ダウンタイプと比べると大型でかさばりがちなので、持ち歩く際にはややストレスになります。その点は留意しておきましょう。

寝袋の形をチェック

封筒型

By: amazon.co.jp

封筒型は、その名の通り封筒のような形をした寝袋です。布団で寝ている感覚で使用できるのが特徴。また、側面にジッパーが付いており、広げて掛け布団のように使用できるのもポイントです。

マミー型

By: amazon.co.jp

マミー型は、英語でミイラを意味する”mummy”がその名の由来。頭まですっぽりと被れるため、寝袋と身体の間に隙間ができにくく、保温性に優れています。また、軽くてコンパクトなので持ち運びやすいのも魅力です。

寝袋が洗えるかをチェック

寝袋を選ぶ際には、洗濯ができるかどうかも重要。就寝時は汗をかくので、寝袋は思っている以上に汚れているものです。使用後は必ずお手入れをするように心掛けましょう。

「丸洗いOK」の記載があるモノを選ぶと、洗濯機が使えるので便利。なお、寝袋の乾かし方も重要で、直射日光を当てて乾かすと中綿を傷めてしまいます。日光が当たらない風通しのよい場所にしっかりと広げて干すのがコツです。また、製品によっては裏地だけを取り外して洗えるタイプもあるので、購入の際は事前にチェックしておきましょう。

冬用寝袋のおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

コールマンは、アメリカの老舗キャンプ用品メーカーです。現在は日本用に製造されたアイテムも取り扱っており、テントや寝袋を始め、ランタンや折りたたみ式テーブル、キャンプ用調理道具などアウトドアの必需品を幅広くリリースしています。

初心者向けから上級者向けまで豊富に取り揃えており、用途や好みに合わせて選べるのが特徴です。また、高い品質を誇りながらも価格帯は比較的安く、気軽に購入できるのもポイント。キャンプ用品を購入する際にはしっかりとチェックしておくべきブランドです。

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

モンベルは、日本発のアウトドア総合メーカーです。1975年の設立以来、「機能美」と「軽量、迅速」をコンセプトとして時代を先取るアイテムを数多くリリースしています。

同メーカーの製品は機能性が高く、使いやすいのが特徴。寝袋に関しては、よく伸びて身体にしっかりフィットするタイプや保温性を追求したタイプなど、幅広いラインナップを取り揃えています。さらに、高性能でありながらリーズナブルなので、アウドドア初心者でも手が出しやすいブランドです。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

ロゴスは、日本発のアウトドア総合ブランド。同メーカーの寝袋は、かさばりがちな封筒型でありながらコンパクトに収納できるモノや、足元に専用の湯たんぽを入れることで暖かく使えるモノなど高い機能性が特徴です。また、カラフルなモノや柄物など凝ったデザインが多いのもポイント。使いやすくおしゃれな寝袋が欲しい方におすすめのブランドです。

ナンガ(NANGA)

By: amazon.co.jp

ナンガは日本の滋賀県に本社を置くアウトドアブランド。1941年に「横田縫製」を創業したのち、独立ブランドとして立ち上げ、1995年に現在の「ナンガ」となりました。

ダウン製品に主力をおいており、なかでも寝袋とダウンジャケットはクオリティが高く、愛用者が数多くいるのが特徴。安全性と質にもこだわっており、汚れや菌、臭いにも配慮しています。また、一度購入した寝袋の修理は無料で永久保障している点も、安心して購入できる理由のひとつです。

冬用寝袋のおすすめモデル

コールマン(Coleman) タスマンキャンピングマミー

 

「タスマンキャンピングマミー」は、身体にフィットするマミー型でありながら、足元はゆったりとした仕様なので快適に寝返りができる冬用寝袋です。また、フード部分をしっかりと閉められるほか、ファスナー内側にも中綿が詰まったチューブを設けているため、-15℃まで対応できます。

コンパクトに収納できる専用ケースが付いているので、車に積み込みやすく車中泊にもぴったり。なお、洗濯機で丸洗い可能なのでメンテナンスが簡単なのも魅力です。機能性、保温性ともに優れていながら、価格が安いのもポイント。コスパ抜群の冬用寝袋を探している方におすすめです。

コールマン(Coleman) sleeping bag Mummy Style

-18℃まで使用できる高い防寒性が特徴のマミー型冬用寝袋です。2wayジッパー使用なので、開閉しやすく温度調節が簡単にできるのもポイント。

なお、フカフカで暖かいぶんボリュームがあるため、コンパクトに収納したい方は留意が必要です。車で荷物を持ち運べるオートキャンプや、荷物の少ない登山シーンでの使用がおすすめ。暖かさ重視の方はぜひチェックしてみてください。

モンベル(mont-bell) アルパイン ダウンハガー 800 #0

 

中綿の保温性能を示すフィルパワー(FP)が800FPと高く、優れた品質の”グースダウン”を使用した保温力抜群の冬用寝袋です。国内3000m級の冬の山岳でも使用できるのが魅力。また、世界トップレベルの撥水性を誇る”ポルカテックス加工”を採用することで、ダウンを湿気から守ります。

なお、伸縮率120%で快適な寝心地を叶える”スパイラルストレッチシステム”を採用しているのもポイント。コンパクトで軽量性にも優れているため、持ち運びにも重宝します。最低使用温度は-18℃まで、快適使用温度は-10℃まで対応。高い保温性と携帯性を兼ね備えたおすすめアイテムです。

ロゴス(LOGOS) NEWダウンアリーバ

600フィルパワーと保温性が高く、調湿機能が充実している羽毛「ホワイトダックダウン」を使用している冬用寝袋。首元と顔回りはサイズを調整しながら絞り込める仕様なので、冷気をシャットダウンして暖かさを閉じ込め、-15℃まで使用できます。

また、通気性に優れた素材「モイスポリライト」を採用することで汗や水分をスムーズに逃がしてくれるほか、足元を圧迫しない「フットアングルストラクチャー」設計で快適に眠れるのもポイント。持ち運びしやすい専用バッグも付いています。暖かさ、快適さともに良好の冬用寝袋です。

ロゴス(LOGOS) ウルトラコンパクトアリーバ-15

軽量性に優れたコンパクトな冬用寝袋。極薄でありながら強度が高い「モイスポリウルトラライト」を素材に採用することで、持ち運びに便利なアイテムです。

-15℃まで使用できるのもポイント。また、高い保温性と撥水性のある「ダイナファインファイバー」を中綿に使用しているため、水分が染み込んでも暖かさをキープできます。なお、洗濯機で丸洗いもできるので、お手入れが容易なのも魅力。冬のキャンプにおすすめの冬用寝袋です。

ナンガ(NANGA) オーロラライト 600DX

 

保温性能760フィルパワーで、-30℃まで使用できる冬用寝袋。表生地には、防水透湿性に優れた「多孔質ポリウレタン防水コーティング」を素材に採用しています。

ポリウレタン樹脂のコーティング膜の中にたくさんの微細孔が形成されており、雨の粒子が寝袋に侵入するのを防ぎながらも水蒸気をしっかりと放出するため、快適に寝られるのがポイントです。

ナンガ(NANGA) ダウンバッグ900STD(650FP) レギュラー PLM(プラム)

 

ホワイトダックダウンを900g使用した保温性能650フィルパワーのマミー型冬用寝袋。国内工場で縫製されたしっかりとした作りと、-12℃まで使用できる優れた保温性が特徴のほか、表面に凹凸がないボックスキルト構造になっているのもポイントです。

また、肩口からの冷気の侵入を防いでくれる「ショルダーウォーマー」が付いているのもポイント。価格は高いものの、その分クリティも高い冬用寝袋です。

ナンガ(NANGA) UDD BAG 810DX

 

「UDD BAG 810DX」は、保温性能770FPのダウンを810g使用した、保温性抜群の冬用寝袋です。なお、ダウンには超撥水加工を施すことで水濡れを克服しているほか、表裏どちらの生地にも撥水加工を施しているため、天候を気にせずに使用できるのもポイント。

なお、台形ボックスキルト構造とショルダーウォーマーを採用することで冷気をしっかりシャットダウンしてくれます。快適使用温度はマイナス13℃まで、使用可能温度はマイナス34℃までと厳寒期のキャンプや登山シーンにも最適な、おすすめの冬用寝袋です。

イスカ(ISUKA) エア 810EX

「イスカ」は、高い品質を誇る寝袋専門メーカー。保温性の高いダウンや上部にゆとりを持たせて圧迫感を軽減する構造など、快適な使い心地を追求し続けている人気のブランドです。本製品は羽毛量が810gで、保温性能は800フィルパワーと高く、最低使用温度に関しては-25℃まで対応できます。

また、首をしっかり温めるマフラーの働きをする「ショルダーウォーマー」を採用しているほか、フード部分にはダウン入りのチューブを設けて冷気をシャットダウンしてくれます。生地には耐摩耗性、耐熱性の高いナイロンを採用。厳冬期の雪山でも使えるアイテムです。

イスカ(ISUKA) スーパースノートレック1500

ポリエステル中綿を1500gも使用し、-15℃まで使用できる冬用寝袋です。首回りには心地よい肌触りのポリエステル起毛素材を採用。暖かさを保ち、首元から侵入する冷気をシャットダウンしてくれます。

また、ファスナーは足元からも開閉できるため、靴を履いたまま使用できるのもポイント。さらに、広げるとダブルサイズでゆったり使えるので、冬のキャンプシーンはもちろんのこと、車中泊や室内での仮眠用にもおすすめのアイテムです。

タケモ(Takemo) スリーピングバッグ 7 ストリージバッグ付

寝袋専門店タケモの冬用寝袋。ホワイトダックダウンを700g使用し、750フィルパワーと保温性が高いのが特徴です。さらにダウンの保温性能を最高限まで引き出すボックス構造を採用しており、-15℃まで使用できます。

また、ファスナーには温度調節がしやすいコイルファスナーを採用。Lサイズのストリージバッグも付いてくるため、保管や持ち運びにも重宝します。冬のキャンプや登山シーンに活躍してくれるおすすめの冬用寝袋です。

スノーピーク(snow peak) グランドオフトン シングル1000 BD-050

スノーピークは、“自らもユーザーの立場になる”ことをモットーとしているアウトドアメーカー。クオリティの高いアイテムを次々とリリースしているほか、アフターケアが充実しているのも特徴です。

本製品は心地よい寝心地が魅力。掛布団とマットがセットになっており、中綿にダックダウン80%、フェザー20%のウォッシャブルダウンを1000g使用することで高い保温性をキープできます。-15℃まで使用可能なので、冬場のキャンプシーンにぴったりです。

掛布団用の収納ケースのほか、マット用ポンプの収納ケースも付いてくるため持ち運びにも便利。暖かな布団に包まれたような感覚で眠れる、おすすめの冬用寝袋です。

ホワイトシーク(WhiteSeek) シュラフ マミー型 コンパクト収納 抗菌タイプ

洗濯ができるのに加え、抗菌加工も施されている冬用寝袋。清潔に使用できるのが特徴です。また、防水加工もされているので突然の雨や霧にもスムーズに対応。中綿には3Dファイバーを採用しているほか、冷気の侵入を防ぐドラフトチューブやトンネルフードが付いているため保温性が高く、-15℃まで使用できます。

なお、付属のファスナーガードによって、寝ている間にファスナーが開いてしまうことも回避。機能性は十分でありながら価格はリーズナブルなので、コスパ優先で冬用寝袋を選びたい方は要チェックです。

Shamo Camel 軽量 封筒型 寝袋

使用可能温度は-20℃まで、快適温度は-10℃と防寒性が高い冬用寝袋。中綿に高級アヒル羽毛を1000g使用しているほか、保温材入りのショルダーウォーマーやフードが付いているため保温性が高く、冷気をしっかりシャットダウンしてくれます。

また、ゆったりとした作りの封筒型なので、ストレスなく寝返りができるのもポイント。なお、外生地には防水性に優れたナイロン100%の生地を、内生地には吸水性と通気性に優れた生地を採用しているため、寝心地は快適です。

スナグパック(SNUGPAK) ソフティー18 アンタークティカ(ANTARCTICA) センタージップ レッド

「スナグパック」はイギリス発のアウトドア総合メーカー。本製品は軽量保温繊維である「Softie Premier」を中綿に使用しているのが特徴で、-30℃まで使用できる保温性の高い冬用寝袋です。

また、生地には撥水性、防風性に優れた素材「PARATEX Light」を採用しているのもポイント。なお、洗濯可能なので衛生面でも安心できるほか、保管に便利な圧縮用バッグも付いてくるのも魅力です。

冬用寝袋のAmazonランキングをチェック

冬用寝袋のAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。