道具の進化に伴い、冬でも楽しむ方が増えているキャンプ。アウトドア初心者にとってはややハードルが高いものの、最適なアイテムを選ぶことで楽しいひとときを過ごせます。

そこで今回は、冬用寝袋のおすすめモデルをご紹介。朝晩の冷え込みは想像以上に厳しいので、冬キャンプにトライしたい方は夏用の寝袋を代用するのではなく、ぜひ別途購入を検討してみてください。

冬用寝袋の選び方

寝袋の中に入っている「綿」をチェック

ダウンタイプ

By: amazon.co.jp

ダウンは芯がなくふわふわとした羽毛のこと。軽量性に優れているほか、保温効果が高いのが特徴です。柔らかく寝心地がよいため冬用寝袋の素材にぴったり。ただ、水に弱くカビが生えやすいのがデメリットなので、保管方法には注意が必要です。

化学繊維タイプ

By: amazon.co.jp

化学繊維は耐久性が高く、濡れても乾きやすいのが特徴。また、リーズナブルなモノが多いので気軽に購入できます。しかし、ダウンタイプと比べると大型でかさばりやすいというデメリットがあります。

寝袋の形をチェック

封筒型

By: amazon.co.jp

封筒型は、その名の通り封筒のような形をした寝袋です。布団で寝ている感覚で使用できるのが特徴。また、側面にジッパーが付いており、広げて掛け布団のように使用できるのもポイントです。

マミー型

By: amazon.co.jp

マミー型は、英語でミイラを意味する「mummy」がその名の由来。頭まですっぽりと被れるため、寝袋と身体の間に隙間ができにくく、保温性に優れています。また、軽くてコンパクトなので持ち運びやすいのも魅力です。

寝袋が洗えるかをチェック

寝袋を選ぶ際には、洗濯ができるかどうかも重要。就寝時は汗をかくので、寝袋は思っている以上に汚れてしまいます。使用後は必ずお手入れをするように心掛けましょう。

基本的には「丸洗い可」の記載があるモノを選ぶと、洗濯機で洗えて便利です。寝袋の乾かし方も重要で、直射日光を当てて乾かすと中綿を傷めてしまうことがあります。日光が当たらない風通しのよい場所に、しっかりと広げて干すのがコツです。

また、製品によっては裏地だけを取り外して洗えるタイプもあるので、購入の際は事前にチェックしておきましょう。

冬用寝袋のおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

コールマンは、アメリカの老舗キャンプ用品メーカーです。現在は日本用に製造されたアイテムも取り扱っており、テント・寝袋・ランタン・折りたたみ式テーブル・キャンプ用調理道具など、アウトドアの必需品を幅広くラインナップしています。

寝袋は初心者向けから上級者向けまで豊富に取り揃えており、用途や好みに合わせて選べるのが特徴です。また、高い品質を誇りながらも価格帯は比較的リーズナブルで、気軽に購入できるのもポイント。チェックしておきたいおすすめブランドです。

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

モンベルは、日本発のアウトドア総合メーカーです。1975年の設立以来、“Function is Beauty(機能美)とLight & Fast(軽量と迅速)”をコンセプトに、時代を先取るアイテムを数多く発売しています。

同メーカーの製品は機能性が高く、使いやすいのが特徴。寝袋に関しては、よく伸びて身体にしっかりフィットするタイプや保温性を追求したタイプなど、幅広いアイテムを取り揃えています。さらに、高性能でありながらリーズナブルなので、アウドドア初心者でも手が出しやすいブランドです。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

ロゴスは、日本発のアウトドア総合ブランド。同メーカーの寝袋は、かさばりがちなマミー型でありながらコンパクトに収納できるモノや、足元に専用の湯たんぽを入れることで暖かく使えるモノなど高い機能性が特徴です。

また、カラフルなモノや柄物など、凝ったデザインが多いのもポイント。使いやすくおしゃれな寝袋が欲しい方におすすめのブランドです。

ナンガ(NANGA)

By: rakuten.co.jp

ナンガは日本の滋賀県に本社を置くアウトドアブランド。1941年に「横田縫製」を創業したのち、独立ブランドとして立ち上げ、1995年に現在の「ナンガ」となりました。

ダウン製品に主力をおいており、なかでも寝袋とダウンジャケットはクオリティが高く、多くのファンから愛用されています。自社工場の強みを活かして、一度購入した寝袋は基本無償で永久保障しているのも大きな魅力です。

冬用寝袋のおすすめモデル

ナンガ(NANGA) UDD BAG810DX

ナンガ(NANGA) UDD BAG810DX

保温性に優れ、水にも強い高品質ダウン素材「770FP」を採用。快適使用温度は-7℃、下限温度は-13℃まで使用できる、厳冬期におすすめの冬用寝袋です。国内の冬キャンプや登山において、ほとんどの場所で使用可能なのがポイント。

本製品は立体的なフォルムを維持するため、本体の型崩れを防ぐ「台形ボックスキルト構造」を採用。窮屈感のない快適な寝心地が魅力です。冷えやすい足元には、多めに保温材を詰め込むことで、暖かさを保てるよう設計されています。

さらに、フードも立体的な構造なので、ジッパーを開閉しやすく、やさしく包み込むような使用感も特徴。快適に使えるおすすめのモデルです。

ナンガ(NANGA) UDD BAG1000DX

ナンガ(NANGA) UDD BAG1000DX

快適使用温度は-16℃、下限温度は-37℃と極低温でも使用できる、優れた保温性が特徴の冬用寝袋です。撥水加工が施された高品質なダウン素材「770FP」を使用しているので、中綿が濡れにくく、ダウンの優れた保温性能と耐水性を兼ね備えているのが魅力。

化学繊維タイプの冬用寝袋に比べてコンパクトなため、収納スペースが少なく済むのも嬉しいポイントです。また、ジッパーにはYKKの特殊スライダーを採用しているので噛みにくく、使用時のロスを極限まで抑えたい方にもおすすめ。

さらに、高い反発力を有するので素早く使用でき、寒さから素早く身を守れるのも魅力です。そのほか、ドラフトチューブとショルダーウォーマーの2重構造によって冷気を遮断。内部の暖かさを保ち、極寒地でも快適さを維持できます。厳冬期における標高が高い山での登山におすすめの寝袋です。

ナンガ(NANGA) AURORA light 600 SPDX

ナンガ(NANGA) AURORA light 600 SPDX

軽さと高い防水性を備えたナンガの「オーロラライト」シリーズにおけるSPDXモデル。SPDXとはスーパーデラックスの略で、極上のダウンを使用しているのが特徴です。

下限温度は-18℃までで、中綿は860FP。適応身長は178cmまでで、収納サイズは17×31cm、重さは1100gとなっています。

チタンスパッタリング材をボックスキルト構造に採用しているのもポイント。素材がもつ蓄熱・保温効果によって寒さに耐えうる暖かさをしっかりキープできるのも魅力です。ハイエンドクラスの寝袋を求めている方はぜひチェックしておきましょう。

ロゴス(LOGOS) 2in1 Wサイズ丸洗い寝袋

ロゴス(LOGOS) 2in1 Wサイズ丸洗い寝袋

寝袋の内側と外側のどちらからでも開閉可能な「ダブルフェイスジップトップ」を搭載。2つの封筒型寝袋をそれぞれ個別に使用でき、場合によっては結合してダブルサイズとしても使用できます。キャンプなどの際にペアで冬用寝袋の使用を考えている方におすすめ。

本製品は水に強い素材を使用しているので、大型の洗濯機で丸洗いができます。また、陰干しに便利なハンガーループを備えているため、お手入れも簡単なのが魅力。

さらに、表素材には肌ざわりのよい「モイスポリ」、中綿には高密度シリコン加工が施された「ダイナチューブファイバー」を使用。軽量で断熱性に優れ、ほどよい通気性で快適に使用できる冬用寝袋です。

ロゴス(LOGOS) ウルトラコンパクトアリーバ

ロゴス(LOGOS) ウルトラコンパクトアリーバ

携行性を重視した、冬の登山におすすめの冬用寝袋です。中綿には極細繊維の「ダイナファインファイバー」を使用。優れた保温性を有しており、収納時には約直径17×長さ37cmに収まります。

また、付属の圧縮ベルトを使うことで手のひらサイズまで小さくできるのもポイントです。さらに、本製品は表面と裏面の両方に肌ざわりがよく極薄の「モイスポリウルトラライト」を採用。

-2℃の低温環境まで対応でき、適度な通気性を保てるので、快適な使い心地が魅力です。さらに、洗濯機で丸洗いが可能なので衛生的。多湿環境や雨上がりでも、気兼ねなく使用できる冬用寝袋を探している方におすすめです。

コールマン(Coleman) COLD WEATHER MUMMY SILVERTON350 SLEEPING BAG

コールマン(Coleman) COLD WEATHER MUMMY SILVERTON350 SLEEPING BAG

コールマンの極寒地向け、マミー型の冬用寝袋です。-17.8℃の低温でも使用できる優れた保温性を有しているので、冬の登山などにも適しています。

また、表素材には耐水性に優れたポリエステル生地を採用しており、結露に強いのもポイント。洗濯も可能なため、キャンプなどのアウトドアはもちろん、雨上がりなどの汚れが心配な場所で使用したい場合にもおすすめです。

本製品は約幅81×長さ208cmとゆったりサイズで、足元もボックスタイプで広々としているのが魅力。さらに、2WAY式のジッパーにより、通気性を自由に調節できます。

コールマン(Coleman) アドベンチャースリーピングバッグ

コールマン(Coleman) アドベンチャースリーピングバッグ

ミニバンにぴったり合うサイズで、秋冬の車中泊やキャンプにおすすめ。上下で分割可能なので、必要に応じてひとり用の冬用寝袋を2つ用意できます。

本製品は表生地から中綿までポリエステル製のため水に強く、洗濯機でそのまま洗えて衛生的。小さな子供とキャンプを楽しむときも安心の冬用寝袋です。

また、シンプルな構造で使いやすく、価格が安く抑えられているのも魅力。コストパフォーマンスのよい冬用寝袋を探している方におすすめです。

コールマン(Coleman) コルネットストレッチII

コールマン(Coleman) コルネットストレッチII

使用下限温度-5℃以上で、優れた伸縮性による心地よいフィット感が魅力の冬用寝袋です。着用したまま手足を出して移動できる便利な機能を備えているので、寒いなかでも寝袋から出ずに作業できるのがポイント。

本製品は、表生地から中綿まで素材にポリエステルを採用。結露しやすい環境でも安心して使用できる、優れた耐水性を有しています。

さらに、専用の収納ケースを使用することにより約直径45×長さ25cmのコンパクトサイズに収まるため、荷物の多い山岳登山などにおすすめです。

コールマン(Coleman) タスマンキャンピングマミー L-15

コールマン(Coleman) タスマンキャンピングマミー L-15

使用時の程よい開放感が心地よい、人の身体にぴったり合うマミー型の冬用寝袋。本製品は保温性を保ちながらスムーズに寝返りがうてるようになっているのが特徴です。

快適使用温度は-9℃、下限温度は-15℃と、極寒環境でも使用できるので、冬の登山やキャンプにおすすめ。また、ジッパー部分の内部にも中綿を詰め込んだ「ジップドラフトチューブ」を備えており、冷気の侵入をしっかり防ぎます。

さらに、本製品は生地と中綿のすべてにポリエステルを使用。水に強く、洗濯機で丸洗いができるので、衛生的に使用できます。付属の収納ケースとコンプレッションベルトにより、コンパクトでスムーズに収納可能です。

イスカ(ISUKA) アルファライト 700X

イスカ(ISUKA) アルファライト 700X

冬用寝袋としてはもちろん、秋から春までの3シーズンに対応できるモデルです。ポリエステルを使用した生地は、耐久性と耐水性に優れています。また、平均重量は約1300gと軽量で、急な移動の多い山岳登山にもおすすめ。

中綿は、冷気が侵入する原因となるコールドスポットをなくす「瓦ぶき構造」を採用。さらに、温まった空気の流出を防ぐために肩を包み込む「ショルダーウォーマー」構造を備え、-6℃の低温まで使用できる優れた保温性を有しています。

本製品は高い軽量性・保温性・耐久性を備え、そしてダウンを使用した製品よりも安価なのがポイント。コストパフォーマンス重視で冬用寝袋を探している方にもおすすめの製品です。

イスカ(ISUKA) AIR 700SL

コールマン(Coleman) タスマンキャンピングマミー L-15

3000m級までの山岳登山におすすめ。-15℃の低温環境まで使用可能な冬用寝袋です。本製品の台形断面構造は、寝袋上部に余裕のある3D構造を有し、ほどよい広さと優れた保温性を両立しています。

また、冷えやすい足元には多めの保温材が詰め込まれており、暖かくゆったりとした心地よい使用感が魅力です。

さらに、サイドのジッパー部分から暖かさが逃げるのを防ぐ「ドラフトチューブ」と、肩の暖かさを保つ「ショルダーウォーマー」を有しているのもポイント。

耐久性に優れたナイロン生地を表裏の両面に使用しているため、冬用寝袋として繰り返し使用できます。

ニーモ・イクイップメント(NEMO) キャノン-40

ニーモ・イクイップメント(NEMO) キャノン-40

アメリカのアウトドアブランド「ニーモ・イクイップメント」の寝袋。本製品は北米大陸の氷雪地帯に住む「イヌイット」のアークティックパーカを模したアイテムで、極暖仕様となっているのが特徴です。

縦型のバッフル構造を採用することによって体型に沿うように設計。表面生地全体に耐久撥水のDWR加工が施されているほか、フットボックスとフードには防水透湿素材が使われているのもポイントです。

下限温度は-40°Cまでで、中綿は850FP。適応身長は183cmまでで、収納サイズは56×33cm、重さは2kgです。口周りが暖かくも呼吸に支障がない「ストーブパイプトンネルフード」やアームジッパーから腕を出せるなど使い勝手にも配慮。過酷な状況下でも安心して眠れるおすすめモデルです。

カリンシア(Carinthia) Defence 4

カリンシア(Carinthia) Defence 4

フィンランドの極寒地域遠征軍にも愛用されている、-16.1℃まで快適さを維持できる冬用寝袋です。本製品に使用されている素材「G-Loft」は、濡れても保温性を損なわないように加工されているのが特徴。水に弱いという中綿の欠点を克服し、ダウンの優れた保温性能を維持しています。

そのほか「G-Loft」は縫い目から中綿が抜けにくい構造をしているのもポイント。洗濯機でそのまま洗うこともできるため、衛生的に使用できます。

また、NASAの特殊技術から生まれた高機能素材「サーモリフレクト」を生地に採用。従来製品よりも約11%高い保温性能を有し、付属のドローコードを使用して密着度を高めることで冷気の侵入を防ぎます。

さらに、YKK製の噛まないジッパーを備えているため開閉がスムーズ。機能性・携行性・耐久性を兼ね備えたハイスペックな冬用寝袋を求める方におすすめです。

シートゥーサミット(SEA TO SUMMIT) スパークSpIV

シートゥーサミット(SEA TO SUMMIT) スパークSpIV

軽量コンパクトでありながら保温性も高い寝袋。中綿は850+FBのウルトラドライプレミアムグースダウンを採用しているほか、ボックスバッフル構造によって多くのダウンを封入しているのが特徴です。

マミー型で下限温度は-36°C。適応身長は183cmまでで、重さは880gと1kgを切っているのも魅力。また、ダウンは撥水トリートメントが施されており、水分に強いのも魅力。外部からの水蒸気や内部の結露もしっかりと防げます。持ち運びに配慮しつつも、暖かさもしっかりと保てるおすすめモデルです。

冬用寝袋のAmazonランキングをチェック

冬用寝袋のAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。