冬のキャンプでは、就寝時の防寒対策が重要なポイントです。特に標高の高い山岳の冷え込みは想像以上の場合があるため、震えながら夜を過ごす恐れがあります。

そこで、今回は冬キャンプでも温かい状態で安心してグッスリと眠れる寝袋をピックアップ。選び方とおすすめの製品をご紹介します。

保温性が高い冬用寝袋の選び方

形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

寝袋の形状は「マミー型」と「封筒型」の2タイプに分けることができます。マミー型は、身体をすっぽり包み込むタイプの寝袋。寝ている姿がミイラ(mummy)に似ているのが由来です。寝袋と身体のあいだにほとんど隙間がないので、保温性が良好。また、マミー型はコンパクトなため、持ち運びにも便利。荷物が限れられてしまう登山やツーリングにおすすめです。

一方、封筒型は長方形の寝袋です。マミー型とくらべて保温性や携帯性は劣りますが、布団で寝ているような感覚で使えるのが魅力。暑い時はジッパーを広げて掛け布団のようにして使うなど、容易に温度調節ができます。

封筒型は夏場のキャンプにはおすすめですが、冬場だと少し肌寒く感じてしまいます。冬用の寝袋を探している方は「マミー型」を選ぶようにしましょう。

素材で選ぶ

寝袋の中綿に採用されている素材によっても保温性が大きく異なるため注意が必要です。主な素材としては「ダウン」と「化学繊維」が挙げられます。

ダウンとは、たんぽぽの綿のようなフワフワとした羽毛のこと。化学繊維と比べて軽く、保温性に優れているのが特長です。ただし、湿気に弱いというデメリットがあります。

一方、化学繊維はリーズナブルなのが特長。耐久性が高く、メンテナンスも容易です。ただし、ダウンと比べて大型になりがちなので、登山をするときは留意しておきましょう。

冬用寝袋のおすすめ

イスカ(ISUKA) エア 810EX

寝袋の専門メーカー「イスカ」の冬用モデルです。詰め物には高品質のホワイトグースダウンを使用。生地には耐摩耗性や耐熱性に優れたナイロンが使われています。

また、冷えに敏感な胸側や足元にはダウンが多めに詰められているのもポイント。厳しい寒さの冬山キャンプにも対応します。軽量コンパクトながら耐久性に優れた寝袋は、高い保温性能を追求するキャンパーにおすすめです。

モンベル(mont-bell) ダウンハガー650 #1

ウェアやテント、シュラフなど幅広い登山・キャンプ用品を取り扱う国内アウトドアブランド「モンベル」。独自の「スーパースパイラルストレッチ」システムを採用しているのが特長です。

隙間が少ない構造で保温性が高く、伸縮性にも富んでいることから寝心地も良好。国内2000m級の冬山登山にも持っていけるおすすめの寝袋です。

モンベル(mont-bell) アルパイン ダウンハガー800 #0

モンベルの寝袋。表地には、軽量性に優れた素材「バリスティックエアライト」を採用しています。高い保温性を維持しながら、重さは1150gと軽量クラス。サイズもコンパクトに収まっており、携帯性も良好です。

また、ハイレベルな撥水加工が施されているのも特長。湿気による保温性の低下や、重量の増加を抑えてくれます。冬山登山にも対応できる温かい寝袋です。

ナンガ(NANGA) オーロラ 500

国内生産にこだわっているメーカー「ナンガ」。良質の羽毛を使っているだけでなく、縫製の技術も高いことから、幅広いユーザーから支持されています。

同社のフラッグシップモデルである「オーロラ」は、表地に防水素材「オーロラテックス」を使用しているのが特長。通常、寝袋は防水性を高めると湿気がこもりがちになるのですが、多数の微細孔を設けたオーロラテックス素材を使うことで、蒸気透湿性を高めています。

ナンガ(NANGA) UDD BAG 810DX

撥水加工済みの高品質ダウンを使用した「UDD(ウルトラドライダウン)BAG」シリーズ。水分を吸いにくいのが特長で、雨や霧、朝露などにも対応できるのが特長です。

また、立体構造を採用しているのもポイント。マミー型特有の高い保温性を維持しつつ、ほどよいスペースを確保しています。温かさだけではなく、寝心地も重視している方におすすめの寝袋です。

コールマン(Coleman) タスマンキャンピングマミー L-15

アメリカ生まれのアウトドアブランド「コールマン」の寝袋。ファスナー部分の内側に中綿が詰まったチューブを設けることで、冷気をシャットアウトするのが特長です。また、外気が入り込みやすいフード周辺もしっかりとガードされているため、寒さが厳しい場所でも快適に眠ることができます。

本製品は化学繊維を採用しているのがポイント。マイナス15度以上にも対応できる高い保温性を備えながら、価格はとてもリーズナブル。コスパ良好のアイテムを求めている方におすすめです。

ロゴス(LOGOS) NEWダウンアリーバ・-15

さまざまなアウトドアグッズをリリースしてい「るロゴス」。本製品は、保温性と湿度調節機能に優れた羽毛「ホワイトダックダウン」を採用している寝袋です。適正温度はマイナス15度。同性能の化学繊維タイプと比べると重さは半分以下。重量を重視する方におすすめです。

また、足の部分には「フットアングルストラクチャー」構造を採用。足の自然な傾きを維持できるように空間設計されているので、圧迫感によるストレスがありません。登山ビギナーはもちろん、上級者やベテランの方にもおすすめのモデルです。

サーマレスト(THERMAREST) Antares R

アメリカのアウトドアブランド「サーマレスト」。本製品の特長は、寝袋とマットレスを連結できるところです。断熱性の高いマットレスによって保温性を向上させています。クッション性も高いため、良質な睡眠を取れるのも魅力です。

また、マミー型でありながら、胴回りのスペースが比較的ゆったりしているのもポイント。肩・肘・腰を動かしやすく、寝返りなどの睡眠時の動きにも対応できます。保温性と快適性の両方を重視している方におすすめの寝袋です。

ドイター(deuter) ネオスフィア-15

長年アウトドア用品をリリースしてきた世界的ブランド「ドイター」。本製品は伸縮性に富んだストレッチシステムを採用した寝袋です。体にぴったりとフィットするので保温性が良好。さらに手や足を動かしやすいので、寝心地にも優れています。

また、台形チャンバーを上下に組み合わせた「トラペゾイド構造」を採用しているのもポイント。中綿のダウンが偏らず、熱が逃げにくくなっています。寒さが厳しいシーズンにも対応できるおすすめの寝袋です。