手軽に旅行を楽しむ方法のひとつである「車中泊」。かつては大型キャンピングカーの専売特許でしたが、最近は軽自動車を車中泊仕様にカスタマイズしている方も多く、“軽キャンパー”と称される機会も増えてきています。

就寝する際は座席を倒してそのまま横になる方も多くいますが、理想としては座席をフラットにしてマットを敷き、寝袋を活用したいもの。そこで今回は車中泊をする際におすすめの寝袋をご紹介します。興味がある方はぜひチェックしてみてください。

車中泊に適した寝袋の選び方

季節に合った形状を選ぶ

春夏は布団感覚で使える連結・分離可能な封筒型

By: amazon.co.jp

封筒型(レクタングラー)は布団のような感覚で眠れるタイプ。圧迫感がなく開放的な寝心地で、その名の通り、封筒のような形をしているのが特徴です。

L字型のファスナーを開閉することで温度調整が可能。寒い時期はファスナーを閉めて保温性をケアすることができ、暑い時期はファスナーを開け涼しく眠ることができます。また、モデルによってはファスナーを全開にして掛け布団としても使用することも可能。ただし、重さやサイズがやや大きいので、軽量さや収納時のコンパクトさを求める方は留意しておきましょう。

秋冬には首元までしっかりカバーできるマミー型

By: amazon.co.jp

マミー型は保温性に優れた寝袋。身体への密着性が高く、隙間を作りにくいため、暖かく寝られるのが特徴です。首まで閉まるファスナーで温かい空気を閉じ込め、秋冬の寒い時期でも比較的快適に眠れるのも魅力。軽量でコンパクトに収納できるタイプが多く、持ち運びも容易です。

ただし、密着性が高いために寝返りがしにくいほか、価格が総じて高価なのがデメリット。なお、圧迫感が気になる方は、伸縮性のあるタイプを選ぶことで改善されます。登山や冬季に使用する方、機能性重視で寝袋を選びたいという方におすすめです。

素材の特徴から選ぶ

洗濯しやすい化学繊維

By: amazon.co.jp

中綿に化学繊維を使用している寝袋はリーズナブルで、メンテナンスが簡単です。水に強く、家庭用洗剤でも洗濯できるのがメリット。化学繊維には、いくつかの種類があり、例えば「ダイナロフト」は保温性に優れており、「モイスNライト」は軽量でしなやかな素材です。他にも、汚れに強い「モイスポリ」など、それぞれ特徴があるので、性能にこだわりたい方はしっかりとチェックしておきましょう。

保温性に優れたダウン

By: rakuten.co.jp

中綿にダウンを使用した寝袋は、保温性の高さが魅力。秋から冬に活躍します。また、柔らかくふかふかとした寝心地もダウンのメリット。軽量・コンパクトに収納できるので、持ち運びにも便利です。

ただし、化学繊維に比べてコストが上がるほか、洗濯に専用洗剤が必要。また、カビを防ぐために定期的なメンテナンスが欠かせません。寝袋の使用回数が多い方や、冬季の使用を考えている方、登山やツーリングでも使いたいという方におすすめです。

大きさで選ぶ

By: amazon.co.jp

寝袋には適用身長があり、身長プラス5cmが自分にあったサイズです。自分の適用身長よりも大き過ぎる寝袋を選んでしまうと、隙間ができて保温効果が下がってしまいます。逆に小さすぎると、圧迫感で寝苦しく、ストレスを感じます。サイズ選びには注意しましょう。

車中泊に適した寝袋のおすすめメーカー

ナンガ(NANGA)

By: amazon.co.jp

ナンガは日本の滋賀県に本社を置くアウトドアブランド。1941年に「横田縫製」を創業したのち、独立ブランドとして立ち上げ、1995年に現在の「ナンガ」となりました。

ダウン製品に主力をおいており、なかでも寝袋とダウンジャケットはクオリティが高く、愛用者が数多くいるのが特徴。安全性と質にもこだわっており、汚れや菌、臭いにも配慮しています。また、一度購入した寝袋の修理は無料で永久保障している点も、安心して購入できる理由のひとつです。

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

1975年に創業した日本のアウトドアメーカー。“Light & Fast” “Function is Beauty”をコンセプトに数多くのアウトドアグッズを製造・販売しています。

アメリカやスイスなど世界7ヶ所に拠点をもち、グローバル展開しているのもポイント。寝袋に関してはラインナップも多く、中綿にダウンを使用している「ダウンハガー」シリーズや、中綿に化繊を使用した「バロウバッグ」シリーズが有名です。

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

アメリカに本社を置くアウトドアメーカー。テントやチェアなどのキャンプ用品はもちろん、アウターやバッグなどのファッションアイテムまで、幅広いジャンルの製品をリリースしています。

寝袋に関してはメンテナンスの容易なポリエステルを素材に採用していることが多いほか、内側をフリース素材にした寝袋など、ユーザー目線で作った使いやすい寝袋が多いのも特徴です。

車中泊に適した寝袋のおすすめ|封筒型

ナンガ(NANGA) DREAM

アウトドアや車中泊はもちろん、ファスナーをあけると家でもダブルサイズの羽毛布団として使用できる寝袋。厳選した高品質の羽毛が1800gも入っており、最低使用温度約-12℃と高い保温性をもっています。

国内で洗浄した羽毛は抗菌防臭加工を施しているで、羽毛独特の臭いが苦手な方にもおすすめ。さらに、菌の増殖も抑え、安心して使用できるのも利点です。

ナンガ(NANGA) オーロラ 500

国内生産にこだわっているメーカー「ナンガ」の夏用モデル。良質の羽毛を使っているだけでなく、縫製の技術も高いことから、幅広いユーザーから支持されています。

表地に防水素材「オーロラテックス」を使用しているのが特徴。快適使用温度は-4℃、使用可能限界温度は-20℃です。通常、寝袋は防水性を高めると湿気がこもりがちになるのですが、多数の微細孔を設けたオーロラテックス素材を使うことで、蒸気透湿性を高めているのもポイントです。

コールマン(Coleman) アドベンチャースリーピングバッグ/C5

同ブランドのなかでも人気の高い寝袋。150×190cmとサイズが大きいので、車内で子供と添い寝のできる寝袋を探している方におすすめです。子どもが大きくなったら、二つに分けて一人用の寝袋としても使用可能。幼児期から大人になるまで、長年愛用できるのも魅力です。

かわいい柄も特徴。快適温度5℃以上と保温性もあるため、春先から秋口までの車中泊で使えます。付属の収納ケースに入れれば車内でクッションとしても使用することが可能です。

コールマン(Coleman) コールマンパフォーマーⅡ C15

機能性に優れたモデル。コンォートカフシステム搭載で、裏地を折り返すと首元の快適性と保温性がアップします。サイズは80×190cmとゆとりのあるサイズでありながら、収納サイズは15×40cmとコンパクトにまとめることが可能。700gと軽量なので、持ち運びも便利です。

また、収納時に便利なロールコントロールTMストッパーを採用し、ロールアップ中のずれを防止。素早く、容易に収納することができます。

ファスナーで連結すれば、横幅160cmの広々したサイズでゆったり眠ることも可能。コストパフォーマンスにも優れているので、多機能でリーズナブルな寝袋を探している方におすすめです。

Odoland 寒い天気40F寝袋

手足を出すための穴を設けているのが特徴。寝袋に入ったまま歩行することや、スマホを操作することができ、エンジンのオンオフも寝袋に入ったままできます。動きの制限がなく、開放的に眠れる点もメリット。繊維内部に空気孔を作ることで使用時に空気を含み、保温性と通気性をアップしています。

重量1.15kgと軽いので、身体への負担も低めです。寝袋に入ったまま多くのことができるため、車内という限られたスペースを有効活用できる点も魅力。車中泊からアウトドアまで、アクティブなシーンで活躍するおすすめの寝袋です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) フォルノ 800

リーズナブルなキャンプ用品が揃うキャプテンスタッグのシュラフです。ファスナーが上下から開閉できるため、お腹だけ覆うこともでき、夏場の温度調節にも最適。表地は撥水加工を施したポリエステル生地を採用。裏地には、木綿のような肌触りのポリエステルマイクロファイバーを使用しており、リラックスした気分で眠りにつけます。

保温性が高いのも特徴で、秋口の車中泊でも暖かく快適に使用できます。リーズナブルでありながら機能性も高く、ファスナーで連結して使用することも可能なため、家族で使用する寝袋を探している方におすすめです。

ベアーズロック(Bears Rock) FX-403K

従来の封筒型寝袋よりも30cmほどサイズをアップしており、横幅90cm、展開時180cmのキングサイズ寝袋で広々と眠ることができる寝袋。膝曲げや寝返りも楽にでき、横幅が広いので子どもとの添い寝に使う寝袋をお探しの方におすすめです。

保温性も高く、-15℃にも対応するので、冬季の車中泊にも対応。足元だけファスナーを開けることもでき、汗ばむ季節には体温調節も可能。夏場は、フルオープンでシートに敷き、敷布団としても使用できます。多機能でありながらリーズナブルでおすすめの寝袋です。

車中泊に適した寝袋のおすすめ|マミー型

ナンガ(NANGA) UDD BAG 810DX

厳冬期などの厳しい環境でも使用可能な高機能モデル。水分を吸いにくいのが特徴で、雨や霧、朝露などにも対応できるのが特徴です。

快適使用温度-13℃、使用可能限界温度は-34℃。立体構造を採用しているのもポイントで、マミー型特有の高い保温性を維持しつつ、ほどよいスペースを確保しています。温かさだけではなく、寝心地も重視している方におすすめの寝袋です。

モンベル(mont‐bell) ダウンハガー800 # 1

同ブラントにおける高機能な寝袋。繊維方向を斜めに配置し、ゴム糸を使用することで、バロウバッグよりも伸縮性をアップ。伸びがよいため窮屈感がなく、寝つきが悪くなりがちな車中泊でも快適に眠れます。

また、撥水性の高さもポイント。中綿を常にドライな状態に保ち、ダウンの保温性をキープします。撥油性で汚れにも強いため洗濯の回数も軽減でき、メンテナンスも容易です。最低使用温度-10℃と高い保温性も魅力。寒冷地や標高の高いエリアでの車中泊でも活躍してくれます。

モンベル(mont-bell) ダウンハガー800 #3

By: webshop.montbell.jp

モンベルで人気の高い「ダウンハガー」シリーズの寝袋です。伸縮率135%のスーパースパイラルストレッチシステムを採用し、密着性は残しながら睡眠時の動きに追従する窮屈感のない寝袋です。

最低使用温度は-2℃で、春先から秋口で使いやすいのもポイント。表面にサラサラとした肌触りのよい10デニールバリスティックエアライトを使用しており、羽抜けも少なく、心地よい眠りをサポートします。静電気を軽減する帯電防止加工を施しているので、特に冬場に多いパチパチという嫌な痛みも解消。車内の静電気に悩んでいる方にもおすすめの寝袋です。

コールマン(Coleman) タスマンキャンピングマミー/L-15

高機能でリーズナブルな寝袋。使用可能温度-15℃と優れた保温性が魅力で、山や冬季の車中泊で活躍します。冷気が入りやすいファスナー部内側には中綿を詰め込んだ3インチのチューブを設置しており、冷気の侵入をシャットアウト。保温効果をアップします。

マミー型では狭くなりがちな足元を大きく作り、寝返りをうつ際の不便さを解消。可動域を広く設けることで窮屈感を軽減。汚れた際は、洗濯機で丸洗いできるのもメリットです。

ホワイトシーク(White Seek) 寝袋

最低使用温度-15℃で、寒冷地での車中泊にも使用できる寝袋です。ドローコードで首周りのフィット感を調整し、ファスナー部分に中綿入りのドラフトチューブを設置することで冷気をカット。内部の暖かい空気も閉じ込めるので、寒い時期の車内でも安心して使えるのが特徴です。
  
さらに、トンネルフードと襟巻きの役割をするネックバックルで首元や顔まわりの保温性をアップ。就寝中のファスナーの動きを防ぐファスナーガードまで設置し、徹底した寒さ対策を施している寝袋です。

番外編|車内で快適に眠るための工夫

マットを兼用する

By: amazon.co.jp

マットの役割は、クッション材となり車の床面の凹凸や硬さをやわらげること、さらには保温効果を高めることとが挙げられます。車の床面は思いのほか冷えるため、秋冬の車中泊ではウレタンマットがおすすめ。高い断熱効果によって、底冷えをしっかりとカバーしてくれます。

枕を使用する

By: amazon.co.jp

枕(スリーピングピロー)は寝違え防止に便利なアイテム。軽量・コンパクトに収納できて、保管時もスペースをとらないモノがおすすめです。また、空気の量を増減することで、硬さや高さを調整できるかどうかもポイント。車中泊をする際は自分に合った枕も用意しておきましょう。

秋冬はブランケットを兼用

By: amazon.co.jp

秋冬の車中泊ではブランケットが活躍します。マットと寝袋を使用しても寒いときに、寝袋の中に入れれば、毛布のような役割をして保温性をアップ。足元まで暖かく快適に過ごせます。それ以外にも、シートの凸凹を埋める役割や、膝掛けや肩掛けとして活躍するアイテムです。