手軽に旅行を楽しむ方法のひとつである「車中泊」。最近では、軽自動車を車中泊仕様にカスタマイズしている場合が多く、「軽キャンパー」と呼ばれる方が増えてきています。

座席を倒して横になって就寝するよりも、座席をフラットにしてマットを敷き寝袋を活用したほうが快適。そこで今回は、車中泊をする際におすすめの寝袋をご紹介します。興味がある方はぜひチェックしてみてください。

車中泊に適した寝袋の選び方

季節に合った形状を選ぶ

春夏は布団感覚で使える連結・分離可能な封筒型

By: amazon.co.jp

封筒型(レクタングラー)は布団のような感覚で眠れるタイプ。圧迫感がなく開放的な寝心地で、その名の通り、封筒のような形をしているのが特徴です。

L字型のファスナーを開閉することで温度調節が可能。寒い時期はファスナーを閉めて保温性をケアでき、暑い時期はファスナーを開け涼しく眠れます。また、モデルによってはファスナーを全開にして掛け布団としても使用可能。ただし、重さやサイズがやや大きいので、軽量さや収納時のコンパクトさを求める方は留意しておきましょう。

秋冬には首元までしっかりカバーできるマミー型

By: amazon.co.jp

マミー型は保温性に優れた寝袋。身体への密着性が高く、隙間を作りにくいため、暖かく寝られるのが特徴です。首まで閉まるファスナーであたたかい空気を閉じ込め、秋冬の寒い時期でも比較的快適に眠れるのも魅力。軽量でコンパクトに収納できるタイプが多く、持ち運びも容易です。

ただし、密着性が高いため寝返りがしにくいほか、価格が総じて高価なのがデメリット。なお、圧迫感が気になる方は、伸縮性のあるタイプを選ぶことで改善が期待できます。登山や冬季に使用する方、機能性重視で寝袋を選びたい方におすすめです。

素材の特徴から選ぶ

洗濯しやすい化学繊維

By: amazon.co.jp

中綿に化学繊維を使用している寝袋はリーズナブルで、メンテナンスが簡単。水に強く、家庭用洗剤でも洗濯できるのがメリットです。

化学繊維にはいくつかの種類があります。例えば、一般的なポリエステルよりも保温性を高めた「ホローファイバー」や軽量性に優れた「ダイナチューブファイバー」など、それぞれ特徴があるので、性能にこだわりたい方はしっかりとチェックしておきましょう。

保温性に優れたダウン

By: amazon.co.jp

中綿にダウンを使用した寝袋は、保温性の高さが魅力。秋から冬に活躍します。また、柔らかくふかふかとした寝心地もダウンのメリット。軽量・コンパクトに収納できるので、持ち運びにも便利です。

ただし、化学繊維に比べてコストが上がるほか、洗濯に専用洗剤が必要。また、カビを防ぐために定期的なメンテナンスが欠かせません。寝袋の使用回数が多い方や、冬季の使用を考えている方、登山やツーリングでも使いたいという方におすすめです。

大きさで選ぶ

By: amazon.co.jp

寝袋には適用身長があり、身長プラス5cmが自分に適したサイズです。自分の適用身長よりも大きすぎる寝袋を選んでしまうと、隙間ができて保温効果が下がってしまいます。

一方で、小さすぎると圧迫感を覚えてしまう場合も。寝苦しさを感じてしまうため、サイズ選びには十分注意しましょう。

車中泊に適した寝袋のおすすめメーカー

ナンガ(NANGA)

By: amazon.co.jp

ナンガは日本の滋賀県に本社を置くアウトドアブランド。1941年に「横田縫製」を創業したのち、独立ブランドとして立ち上げ、1995年に現在の「ナンガ」となりました。

ダウン製品に注力し、なかでも寝袋とダウンジャケットはクオリティが高く、愛用者が多いのが特徴。安全性と質にもこだわっており、汚れや菌、臭いにも配慮しています。また、一度購入した寝袋の修理は無料で永久保障している点も、安心して購入できる理由のひとつです。

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

1975年に創業した日本のアウトドアメーカー。「Light & Fast」と「Function is Beauty」をコンセプトに数多くのアウトドアグッズを製造・販売しています。

アメリカやスイスなど世界各国に拠点があり、グローバル展開しているのもポイント。寝袋に関してはラインナップも多く、中綿にダウンを使用している「ダウンハガー」シリーズや、中綿に化繊を使用した「バロウバッグ」シリーズが有名です。

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

アメリカに本社を置くアウトドアメーカー。テントやチェアなどのキャンプ用品はもちろん、アウターやバッグなどのファッションアイテムまで、幅広いジャンルの製品をリリースしています。

寝袋に関してはメンテナンスの容易なポリエステルを素材に採用していることが多いほか、内側をフリース素材にした寝袋など、ユーザー目線で作った使いやすい寝袋が多いのも特徴です。

車中泊に適した寝袋のおすすめ|封筒型

ナンガ(NANGA) RABAIMA BAG S 600 N1RCZZN3

ファスナーの素材に蓄光樹脂を採用している寝袋です。暗闇でも光るので、スムーズにファスナーを操作可能。噛み込みによる生地の劣化を防ぐために、特殊パーツをファスナースライダーに取り付けているのも特徴です。

上面の素材にはスペイン産ダックダウンを、中綿にはポリエステルを使用しています。また、ダウンの保温性能を活かすために、ボックスキルト構造を採用しているのもメリット。表地と裏地の間に通気性のあるメッシュを配置し、片寄りを防いでいます。

サイズは80×215cm。重量は約1600gです。収納時は、直径26×50cmとコンパクトに収まります。

コールマン(Coleman) パフォーマーlll C5 2000034774

洗濯機で丸洗いができる寝袋。使用後に洗えば、より清潔に保てるのが特徴です。素材には、ポリエステルを使用しています。快適温度は5℃以上なので、春・秋シーズンで使用するのにおすすめです。圧迫感が少なく開放的な寝心地が得られます。

使用時のサイズは、約80×190cm。重量は1400gです。ケースが付属しており、収納時は約直径24×41cmに収まります。

スノーピーク(snow peak) セパレートシュラフ オフトンワイド BD-103

アウトドアアイテムを幅広く扱う「スノーピーク」の寝袋です。「掛け+敷き」の布団というコンセプトのもと開発されたのが特徴。使用シーンに合わせて「掛け」「敷き」を完全に分離したり、連結させたりできます。

また、高機能保温素材アモノフォロファイバーを採用しているのも魅力。下限温度5℃と高い保温性があります。抗菌・消臭加工が施されており、清潔に保ちやすいのもおすすめポイント。サイズは、掛け部分が110×200cm・敷き部分が105×210cmです。重量は2600g。収納ケースに入れれば、直径28×52cmに収まります。

ロゴス(LOGOS) ミニバンぴったり寝袋・-2 72600240

幅広い世代に人気のアウトドアブランド「ロゴス」の寝袋です。ミニバンサイズにぴったりなアイテム。分離させれば、2つの寝袋として使用可能です。表素材には汚れにくいモイスポリを使用しており、丸洗いもできます。

また、独自のデザインパターンを採用し、通気性を確保。肌面素材にはサーマブレスクロスを使用しており、優しい肌触りが特徴です。さらに、中綿には保温性がありながらも速乾性に優れているダイナチューブファイバーを使用しています。

サイズは、約142×190cm。重量は約3600gです。収納時は約49×24×36cmとコンパクトに収まります。

ロゴス(LOGOS) ROSY 丸洗い寝袋・15 72600600

丸洗いが可能な寝袋。清潔に保ち続けたい方に向いているモデルです。表素材にはモイスポリを使用しています。ポリエステル織物に撥水加工を施すことで、汚れが付きにくいのが特徴。熱圧力加工によって表面の隙間をつぶし、通気性を確保しています。

中綿には保温性・軽量性に優れたダイナチューブファイバーを採用。独自のシリコン加工によってふかふかな触り心地が得られます。また、ダブルフェイスジップトップを採用しているので、寝袋の内・外側両方からジッパーを開閉できるのもメリット。寝袋を干す際に引っ掛けられるハンガーループも付いています。

サイズは約75×185cm。重量は約950gです。収納袋に入れれば約20×37cmとコンパクトサイズに収まります。

ロゴス(LOGOS) 丸洗い寝袋・5 72600013

汚れに強いモイスポリを使用している寝袋です。汚れが付いても洗濯機で洗えるので、寝袋を清潔に保ち続けやすいのがメリット。中綿にはダイナチューブファイバーを使用しており、保温性を高めています。

サイズは、約幅80×奥行190cm。重量は約1600gです。使用温度の目安は約5℃まで。付属の収納バッグにしまえばコンパクトサイズに収まります。

YOKITOMO 寝袋

保温性に優れたホローファイバーと中空繊維綿を採用している寝袋です。布団のような柔らかい触り心地が魅力。通気性もよいので、寝心地を重視したい方に向いています。また、外布にはポリエステルを使用しているため、防水性に優れているのも特徴です。

洗濯機で丸洗いが可能なのもメリット。汚れが付いても簡単に落とせます。寝袋を清潔に保ち続けやすいのもおすすめポイントです。さらに、足元部分だけ開けられるデザインなので、足元を自由にできるのも特徴。噛み込み防止機能が付いており、ジッパーの噛み込みを防げます。

サイズは、210×75cm。付属のキャリーバッグにしまえば、約35×20cmとコンパクトサイズに収まります。

HIGH LIFE ワイドサイズ 寝袋

ゆったりワイドな設計が特徴の寝袋です。サイズは長さ230×90cm。広げれば掛け布団代わりにもなるので、防災アイテムとしてもおすすめです。また、保温力を高く保ちやすい中綿素材ホローファイバーを使用しています。

通気性にも優れているため、暑い季節でも快適な寝心地を実現。内側にはサラサラした生地を採用しており、水分をすぐに吸い込むので、暖かさが持続しやすいのもメリット。首周りのドローコードや足元から開封できるダブルファスナーを開ければ温度調節できます。

付属のキャリーバッグにしまえば、37×28cmとコンパクトに収まるため、携帯性に優れているのも魅力です。

CANWAY 寝袋

身体にフィットしやすく、高い保温性を保てる寝袋です。肌面素材には、通気性に優れた素材を使用。夏でも快適な寝心地を維持できます。洗濯機で洗浄できるので、汚れが付いても簡単に落とせます。

また、ファスナーを連結させれば、2人用として使えるのもメリット。キャリーバッグが付属しており、ストラップを利用して袋に収納すれば、34×18cmとコンパクトに収まります。サイズは210×80cm。重さは1900gです。

カラーは、ダークグリーン・オレンジ・ブルー・エメラルドブルー・グレーの5種類がラインナップされています。

EYUM 寝袋

表面に210T撥水加工を施したポリエステルを採用しているのが特徴の寝袋。水に濡れてもさっと拭くだけで乾くので、快適な寝心地を維持可能です。丸洗いもできるため、清潔に保ちやすいのもメリット。中綿にホローファイバーと中空繊維綿を使用しており、保温性に優れているのも魅力です。

長さは縦180+頭部30cmで、横は75cm。持ち運びしやすいよう、ポータブル収納バッグが付属しています。

Cozyone 寝袋

マミー型のフィット感と、封筒型の開放感を組み合わせた構造が特徴の寝袋です。寝返りがしやすく、圧迫感のないモデルを探している方におすすめ。ダブルファスナーを採用しており、上下内外のどこからでも開閉できるので、温度調節が簡単なのもメリットです。

また、裏地にはポリエステルマイクロファイバーを採用しているため、肌触りがよいのもポイント。丸洗いも可能なので、寝袋を清潔に保つことも可能です。付属の収納バッグにしまえばコンパクトサイズに収まります。

車中泊に適した寝袋のおすすめ|マミー型

ナンガ(NANGA) AURORA light 750 レギュラー DX N17DBW11

ボックス同士が支え合う台形ボックスキルト構造を採用している寝袋です。ダウンのロフトを最大限に引き出すことで、片寄りを防ぎます。放熱量を軽減させ、効率的に保温できるのもメリットです。素材には樹脂を使用することで、軽量化を図っています。

また、暗闇でも開閉操作をしやすいように蓄光機能が付いているのもおすすめポイント。さらに、特殊パーツをファスナースライダーに取り付けることで、噛み込みの要因である隙間が生まれにくいのも魅力です。

素材には、スペイン産ダックダウンを使用。サイズは最大長210×最大肩幅80cmです。重量は約1280gあります。収納時は直径19×31cmとコンパクトに収まるので、持ち運びやすいモデルを探している方にぴったりです。

モンベル(mont-bell) バロウバッグ #3 1121273

特許取得のスーパースパイラルストレッチシステムを搭載した寝袋です。生地の繊維方向を斜めに配置し、ステッチ部分には糸ゴムを使用しています。ストレッチ性に優れており、隙間のないフィット感と窮屈感の軽減を両立しているのが特徴です。寝心地のよい寝袋を探している方に向いています。

また、保温力に優れているのもおすすめポイント。3種類の異なる太さの繊維を複雑に絡み合わせているので、あたたかい空気を蓄えることが可能です。さらに、ポリエステル繊維の1本1本にシリコーンコーティングを施しているため、撥水性・速乾性が高いメリットもあります。

適応身長は183cmまで。収納時は付属のスタッフバッグに入れれば、直径18×36cmとコンパクトサイズに収まります。

モンベル(mont-bell) シームレス ダウンハガー800 Women’s #5 1121371

ウィメンズ向けに設計されている寝袋です。女性の体型に合わせて肩部分の幅を狭くしているのが特徴。余分なスペースを省くことで保温効率を高めています。

また、暖かさと軽さを両立した800フィルパワー・EXダウンを採用しているのもメリット。熱の動きを遮断するデッドエアを豊富に蓄えているので、保温性にも優れています。

さらに、隔壁がなくてもコールドスポットが発生しにくい「スパイダーバッフルシステム」を採用しているのもおすすめポイント。隔壁を縫い留める縫製が不要なため、高い気密性を実現しています。「スーパースパイラルストレッチシステム」も搭載しているので、気持ちのよい寝心地が得られやすいのも魅力です。

適応身長は173cmまで。重量は419gと軽量です。付属のスタッフバッグにしまえば、直径11×21cmとコンパクトに収まります。

スノーピーク(snow peak) BACOO 350 BDD-021

底面と側部に防水透湿素材を採用することで結露するのを防いでいる寝袋。シュラフカバーが不要なのが特徴です。中綿にはダックダウン350gを使用しています。保温性が高く、秋冬での利用にぴったりです。

また、ジッパーを上部に設けることで、横になったままスムーズに開閉できるのもおすすめポイント。さらに、首元に隙間が空かないよう、寒気にさらされないデザインを採用しているのもメリットです。

サイズは、最大内寸長210×内寸肩幅85cm。身長の目安は180cm程度まで。収納袋に入れれば、直径16×25cmとコンパクトに収まります。

番外編|車内で快適に眠るための工夫

マットを兼用する

By: amazon.co.jp

マットの役割は、クッション材となり車の床面の凹凸や硬さをやわらげることです。さらに、保温効果を高めることも挙げられます。

車の床面は思いのほか冷えるため、秋冬の車中泊ではウレタンマットがおすすめ。高い断熱効果によって、底冷えをしっかりとカバーします。

枕を使用する

By: amazon.co.jp

枕は寝違え防止に便利なアイテム。軽量・コンパクトに収納できて、保管時もスペースを取りにくいモノがおすすめです。

また、空気の量を増減させることで、硬さや高さを調節できるかどうかも注目ポイント。車中泊をする際は自分に合った枕を用意しておきましょう。

秋冬はブランケットを兼用

By: amazon.co.jp

秋冬の車中泊ではブランケットが活躍します。マットと寝袋を使用しても寒いときに、寝袋の中に入れば、毛布のような役割をして保温性をアップ。足元まで暖かく快適に過ごせます。

ほかにも、シートの凹凸を埋める役割や、膝掛けや肩掛けとして活躍するのがポイント。ぜひチェックしてみてください。