スポーツウォッチは機能がシンプルなモノから、各種スポーツのトレーニングアプリを利用できるモデルまでラインナップしています。モデルによって、機能の違いが大きいのが特徴。そのため、必要な機能をしっかり把握しておくことが大切です。

そこで、スポーツウォッチの機能と選び方を解説します。さらに、主要なメーカーと人気のモデルをご紹介。目的に応じた、最適なスポーツウォッチ選びの参考にしてください。

スポーツウォッチとは?

By: garmin.co.jp

スポーツウォッチの最も基本的な機能は、ラップタイムやスプリットタイムなどの時間データを記録できることです。ランニングなどのスポーツ時に装着するモノなので、軽量かつ防水機能があることも大切な条件。さらに、直射日光下やサングラス越しでも見やすいように、視認性も考慮されています。

高機能モデルになると、GPSや心拍計測機能を搭載したスポーツウォッチもラインナップ。GPS搭載モデルには現在地に加えて距離やルートが確認できる場合もあり、ランニングをはじめとしたアウトドアアクティビティに便利です。

また、心拍計測機能付きモデルは、身体にかかる負荷を計測できるのがメリット。心拍数の上下を設定しておくと、その範囲を超えた時にアラームで知らせてくれるモデルもあります。過剰なトレーニングを予防するためにも安心の機能です。

スポーツウォッチの機能

GPS機能

By: garmin.co.jp

ランニングやサイクリング、水泳、登山などでスポーツウォッチを使用する場合、GPS機能を搭載していると便利。特に登山などのアウトドアシーンでは、現在位置に加えて移動距離やルート確認ができれば、より安全性を高めることができます。

心拍数計測機能

By: garmin.co.jp

内蔵センサーで心拍数を計測できるモデルもおすすめです。なかには、単に心拍数をリアルタイムで確認できるだけでなく、データをもとにして効率的なトレーニングができるモデルもあります。

たとえば、高負荷と低負荷トレーニングを繰り返す際に便利な「インターバル機能」は、切り替えのタイミングをアラームで通知。また、心拍数の上下値を設定する「目標心拍機能」は、心拍数が目標のゾーンを超えた場合にアラームします。

さらに、「リカバリータイム機能」も心拍センサーを利用した代表的な機能。体調が回復するまでの所要時間を推測します。スポーツウォッチの心拍数計測機能は体調管理はもちろん、効率的なトレーニングをするためにも有用な機能です。

ソーラー機能

By: amazon.co.jp

乾電池を電源とするスポーツウォッチの場合、乾電池の交換時期の見極めるがむずかしい点がデメリットです。さらに、乾電池交換の際には、乾電池代や工賃などのランニングコストもかかります。

ソーラー充電機能付きスポーツウォッチは便利です。特に、登山やキャンプなど、乾電池交換するのがむずかしいアウトドアシーンでは安心。一度フル充電すれば、数カ月稼働できるモデルもラインナップしています。

スポーツウォッチの選び方

軽さで選ぶ

By: garmin.co.jp

スポーツウォッチの重量は約30〜70gほどが一般的。ベゼルや風防には樹脂パーツを、ベルトにはウレタンやシリコンなどの素材を使用して軽量化が図られているのが特徴です。

機能が限られたベーシックなモデルは軽量ですが、GPS機能搭載モデルやスマートウォッチなど高機能なスポーツウォッチほど重くなります。重量と機能性を総合的に判断して選ぶとよいでしょう。

防水性の高さで選ぶ

スポーツウォッチの多くのモデルは、アウトドアや水泳での使用を想定して5〜10気圧の防水性能を備えています。5気圧防水は水泳や雨の中のサッカー・登山などでの使用は可能ですが、ウインドサーフィンやスキンダイビングなどでは使用できません。

ハードなマリンアクティビティで使用したい際は、10気圧防水モデルを選ぶとよいでしょう。ただし、スキューバダイビングには対応していないので注意して下さい。

駆動時間で選ぶ

By: garmin.co.jp

スポーツウォッチは、使用する電源で分けると2つのタイプがあります。1つ目は、乾電池を電源とするタイプ。通常の腕時計と同様のタイプです。乾電池式の場合、電池寿命は約2〜10年と製品によって異なります。

2つ目は、充電式のスポーツウォッチ。トレーニングアプリなど各種アプリや心拍計測機能や備えたスマートウォッチが該当します。充電式タイプは、通常の使い方なら5〜10日間駆動可能。しかし、GPS機能や心拍計測機能などを使用すると、5〜36時間ほどと駆動時間が短くなる場合もあります。

スポーツウォッチのおすすめブランド

ガーミン(GARMIN)

By: garmin.co.jp

ガーミンは、エンジニアであるゲイリー・バレルとミン・H・カオによって1989年に設立されたアメリカに本社を置くGPS機器メーカーです。1990年代には世界初となる、航空機用携帯GPS機器やGPS内蔵携帯電話を発表。現在は、航空・海洋をはじめ自動車やアウトドアそしてフィットネスなど、幅広い市場において高性能なGPS機器をリリースしています。

スポーツウォッチ分野では、ランニング中のフォーム解析ができる、「ランニングダイナミクス機能」を搭載した「ForeAthlete」シリーズが人気です。また、GPSスマートウォッチ「vívoactive」シリーズもラインナップ。高機能かつデザイン性の高いGPSスポーツウォッチを探している方におすすめのブランドです。

カシオ(CASIO)

By: casio.jp

方位・気圧・温度のトリプルセンサーを搭載した「プロトレック」、そして高い耐衝撃性を備えた「Gショック」など、アウトドアシーンにおける信頼性が高い腕時計で定評があるカシオ。カシオのスポーツウォッチは「フィズ」と「スポーツギア」シリーズがラインナップされています。

GPSや心拍センサーを搭載した製品はありませんが、ラップタイム・スプリットタイムを最大60〜150本記録可能なモデルが多いのが特徴。ソーラー時計や電波時計の品揃えも豊富です。

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

パソコンのエンデバーシリーズやプリンターで有名なエプソンからも、高機能なスポーツウォッチ「WristableGPS」がリリースされています。心拍数から最大酸素摂取量(VO2max)を算出。それをもとに、5・10km走、そしてハーフマラソンやフルマラソンのレースタイムを予測する機能など、効率的にトレーニングを行う機能が充実しています。

また、GPSや心拍計測機能を利用しても36時間という長時間駆動できるモデルがラインナップしているのがポイント。トレイルランやトライアスロンなど、長時間のレースをされる方にとっては、見逃せないブランドです。

ナイキ(NIKE)

By: apple.com

ナイキのスポーツウォッチを代表するモデルが、Apple社とコラボした 「アップルウォッチナイキ+」シリーズ。世界的なスポーツブランドとITメーカーが協力してリリースしているだけあって、高機能なのが魅力です。GPSや心拍計測機能に加えて、セルラー機能を搭載したモデルも登場しています。

また、ランニングをはじめ、各種フィットネス用のアプリが充実しているのもポイント。本格的にトレーニングする方におすすめのスポーツウォッチです。

アシックス(Asics)

By: amazon.co.jp

1949年に創業した日本を代表する総合スポーツ用品メーカー。アシックスのスポーツウォッチは、軽量性や防水性といった基本性能が充実したランニング用ウォッチが多いのがポイントです。モデルの中には、タップするだけの簡単操作でライト点灯やモード切り替えができるモノもラインアップしています。

また、カラーバリエーションが豊富なのが特徴。ほとんどの製品の実勢価格が1万円以下というリーズナブルなことも魅力のブランドです。

スポーツウォッチのおすすめモデル

ガーミン(GARMIN) ForeAthlete 645 Music

ガーミン独自の「ランニングダイナミクス機能」を搭載した、高性能なGPSランニングウォッチです。走っている時の上下動や接地時間、バランスや歩幅など各種データを計測。フォームの改善に必要なランニング指標を簡単に入手できます。また、水泳の際には、泳いだ距離やペースそしてストローク数などを記録可能です。

光学式心拍計を搭載しており、手首から心拍数を計測できるのもポイント。過去7日間のトレーニング負荷履歴と比較した上で、最適な負荷の範囲を表示するため、トレーニングが効率的か、過剰かを判断できます。

最大500曲の音楽データを収録できるのもメリット。Bluetoothイヤホンに接続すれば、ランニング中でもスマホなしで音楽を楽しめます。ランニング初心者から上級者まで、パフォーマンス改善ツールとして利用できる高機能スポーツウォッチです。

ガーミン(GARMIN) vívoactive 3 Music

ランニングや水泳をはじめ、ゴルフやヨガなど15以上のスポーツアプリが搭載された、ガーミンのGPS機能付きスマートウォッチ。運動内容や回数、休憩時間を自動で記録します。

また、光学式心拍計を備えているので、心拍数変動を記録してストレスレベルを測定可能。ストレスレベルが上昇すると警告する機能も搭載。過剰なストレスがかかる前に対処できます。

加えて、財布なしでも支払いできる「Garmin Pay」に対応しているのがポイント。主要銀行発行のクレジットカードやデビットカードを使用できます。パスコードの入力後、カードを選んで、カードリーダーに手首をかざすだけで支払い完了。ランニング時に財布を持っていく必要がなくなる便利な機能です。

最大500曲の音楽を保存できるため、Bluetoothイヤホンを利用すれば、ワイヤレスで音楽が聞けます。

カシオ(CASIO) スポーツギア タフソーラー LW-S200H-1AJF

ベゼルやバンドに樹脂素材を使用しており、重量41.5gと軽量なカシオのスポーツウォッチです。防水性能は5気圧に対応。水泳や水辺のアクティビティでも安心です。

ラップタイムやスプリットタイムを最大120本まで記録可能なのがメリット。マラソンなど長距離のランニングでも、こまめにタイムを計測できます。さらに、オートリピート機能付きタイマー機能を備えているので、インターバル計測も可能です。

ソーラー充電システムのタフソーラーを搭載しており、電池交換は不要。世界48都市のワールドタイム機能と時刻アラーム機能もついた、日常生活でも利用しやすいスポーツウォッチです。

カシオ(CASIO) フィズ タフソーラー STW-1000-1JF

フィズシリーズのタフソーラーモデルです。フル充電しておけば、その後ソーラー発電しなくても約9ヵ月使用できます。暗い所で一定時間経過すると表示を消して節電する、パワーセービング状態なら約33ヵ月稼働可能。バッテリー残量を表すバッテリーインジケーターも搭載しています。

ラップやスプリットタイムは最大120本メモリー可能。計測時間と現在時刻を同時に表示できるのもポイントです。ラップタイムはラップ番号や最高ラップも表示できます。表示面には、大型ワイド液晶パネルや高輝度均一発光LEDを採用しており、夜間の視認性も良好。また、LAPボタンは大型タイプなので、ランニング中でも操作しやすいのがメリットです。

10気圧防水に対応しており、水泳やスキンダイビングで使用できます。世界6局の電波に対応した電波受信機能を搭載しているため、時刻合わせの必要がありません。

エプソン(EPSON) GPSランニングウォッチ WristableGPS J-350B

「靴より時計で、走りは変わる」をスローガンとする、エプソンのランナー向けGPSスポーツウォッチ。ランニング中でも見やすい表示と、豊富な計測機能がポイントです。画面は液晶より見やすい新技術「EasyView Display」を採用。解像度が高く、視野角も広いので、直射日光下やサングラス着用時でも視認性が高いのがメリットです。

設定したペースとの時間差を表示する計測機能が「目標ペース機能」。目標ペースと実際のペースがリアルタイムで表示されるため、こまめにペース調整できます。また、高負荷と低負荷運動を繰り返すインターバルトレーニングをする時に便利なのが「インターバル機能」。時間や距離を設定すると、高負荷と低負荷トレーニングの切り替えタイミングをアラームで通知します。

体調が回復するまでの目安時間を表示する「リカバリータイム機能」も搭載。高機能なランナー向けウォッチです。

ナイキ(NIKE) アップルウォッチナイキ+ 4 GPS + セルラーモデル MTXG2J/A

携帯電話通信機能を内蔵した、ナイキのスポーツウォッチ。通話やメッセージ送受信などができます。また、電子マネーSuicaも利用可能。ただし、iOS 12以降を搭載したiPhone 6以降が必要です。

最大の特徴は、ナイキトレーニングクラブとナイキランクラブ両方のアプリを搭載しているところ。ナイキトレーニングクラブは、ナイキのトレーナーによる180種類のトレーニングアプリが無料で利用可能です。また、ナイキランクラブアプリはコーチの音声ガイドや友達の声援を受けられます。もちろん、ランニングデータの分析結果をチェック可能です。

電気式と光学式の2つの心拍センサーを内蔵。心拍数データやトレーニングデータをiPhoneアプリにまとめられるので、データのチェックや管理も簡単です。ベゼルを薄くしたことにより、前モデルと比べて表示画面が35%大きくなり、視認性も向上しています。

アシックス(Asics) ランニングウォッチ AR10 ファンランナー CQAR1004

最大150のラップタイムメモリを備えた、アシックスのランニングウォッチです。1回のランニングで50のラップタイム、3回分のランニングデータを記録できます。

画面をタップすることで操作できるタップスイッチを搭載しているのがポイント。シングルタップでバックライトが点灯、ダブルタップでモードを切り替えできます。バックライトに加え、表示コントラスト調整機能も備えているので、視認性も良好です。防水性能は5気圧防水に対応。重量約35gと軽量なスポーツウォッチです。