「スポーツウォッチ」は機能がシンプルなモデルから、各種スポーツのトレーニングアプリを利用できるモデルまでラインナップされています。モデルによって、機能の違いが大きいのが特徴。そのため、必要な機能をしっかり把握しておくことが大切です。

そこで今回は、スポーツウォッチの機能と選び方を解説します。さらに、主要なメーカーと人気のモデルをご紹介。目的に応じて最適なスポーツウォッチ選びの参考にしてみてください。

スポーツウォッチとは?

By: garmin.co.jp

スポーツウォッチの基本的な機能は、ラップタイムやスプリットタイムなどの時間データを記録できることです。ランニングなどのスポーツ時に装着するモノなので、軽量かつ防水機能を有したモデルがラインナップされているのもポイント。さらに、直射日光下やサングラス越しでも見やすいように、視認性を高めています。

高機能モデルになると、GPSや心拍計測機能を搭載したスポーツウォッチもラインナップ。GPS搭載モデルには現在地に加えて距離やルートが確認できる場合もあり、ランニングをはじめとしたアウトドアアクティビティに活用できます。

また、心拍計測機能付きモデルは、身体にかかる負荷を計測できるのがメリット。心拍数の上下を設定しておくと、その範囲を超えたときにアラームで知らせてくれるモデルもあります。過剰なトレーニングを予防するためにも安心の機能です。

スポーツウォッチの機能

GPS機能

By: garmin.co.jp

ランニングやサイクリング、水泳、登山などでスポーツウォッチを使用する場合、GPS機能を搭載していると便利です。特に登山などのアウトドアシーンでは、現在位置に加えて移動距離やルート確認ができれば、より安全性を高められます。

心拍数計測機能

By: garmin.co.jp

内蔵センサーで心拍数を計測できるモデルもおすすめです。なかには、単に心拍数をリアルタイムで確認できるだけでなく、データをもとにして効率的なトレーニングができるモデルもあります。

例えば、高負荷と低負荷トレーニングを繰り返す際に便利な「インターバル機能」は、切り替えのタイミングをアラームで通知。また、心拍数の上下値を設定する「目標心拍機能」は、心拍数が目標のゾーンを超えた場合にアラームが鳴ります。

さらに、「リカバリータイム機能」も心拍センサーを利用した代表的な機能。体調が回復するまでの所要時間を推測します。スポーツウォッチの心拍数計測機能は、体調管理と効率的なトレーニングのためにも便利な機能です。

ソーラー機能

By: casio.jp

ボタン電池を電源とするスポーツウォッチの場合、電池の交換時期を見極めるのが難しい点がデメリットです。さらに、電池交換の際には、電池代や工賃などのランニングコストもかかります。専用のケーブルで充電するタイプなら電池交換の手間はありませんが、コンセントなど充電できる環境が必要です。

一方、ソーラー充電機能付きスポーツウォッチは、登山やキャンプなど電池交換や充電環境の確保が難しいアウトドアシーンでも安心。一度フル充電すれば、数ヶ月稼働できるモデルもラインナップしています。

スポーツウォッチの選び方

用途に合わせて選ぶ

By: amazon.co.jp

スポーツウォッチは、スポーツのトレーニングやアウトドアレジャーなどで使用されることが多いアイテムです。選ぶ際に重要なのが、どんなスポーツ・アクティビティに使うのかということ。ランニングや水泳、ダイビングや登山などどんなシーンで使用するかによって必要な機能は違ってくるため、用途に合ったモデルを選びましょう。

また、激しいスポーツやアウトドアアクティビティを楽しむ際には耐久性もポイントです。外部からの強い衝撃にも耐えられるモデルを選びましょう。

軽さで選ぶ

By: garmin.co.jp

一般的なスポーツウォッチの重量は約30〜70gほどです。ベゼルや風防には樹脂パーツを、ベルトにはウレタンやシリコンなどの素材を採用して軽量化が図られています。

機能が限られたベーシックなモデルは軽量ですが、GPS機能搭載モデルやスマートウォッチなど高機能なスポーツウォッチほど重くなるので注意が必要です。重量と機能性を総合的に判断して選びましょう。

防水性の高さで選ぶ

スポーツウォッチの多くのモデルは、アウトドアや水泳での使用を想定して5〜10気圧の防水性能を備えています。5気圧防水は水泳、雨の中のサッカー、登山などでの使用は可能ですが、ウインドサーフィンやスキンダイビングなどでは使用できません。

ハードなマリンアクティビティで使用したい際は、10気圧防水モデルを選びましょう。ただし、スキューバダイビングには対応していないので注意が必要です。

駆動時間で選ぶ

By: garmin.co.jp

スポーツウォッチは、使用する電源で2つのタイプに分かれます。1つ目は、通常の腕時計と同様にボタン電池を電源とするタイプ。ボタン電池式の場合、電池寿命は約2〜10年と製品によって異なります。

2つ目は、ケーブルなどで充電するタイプのスポーツウォッチです。トレーニングアプリなど、各種アプリや心拍計測機能や備えたスマートウォッチが該当します。充電タイプは、通常の使い方なら5〜10日間駆動可能。しかし、GPS機能や心拍計測機能などを使用すると、5〜36時間ほどと駆動時間が短くなる場合もあります。

スマホアプリ対応かどうかをチェック

スポーツウォッチのモデルのなかには、スマートフォンと連動するモデルもあります。Bluetoothを搭載しているモデルなら、アプリにデータを送信して登録しておけば、時系列データを比較してパフォーマンス向上のために役立てられます。

ただし、iPhoneかAndroidかによって、記録できる情報が異なるなど使い勝手が変わるため、購入する際には十分確認してから選びましょう。

スポーツウォッチのおすすめブランド

ガーミン(GARMIN)

By: amazon.co.jp

ガーミンは、エンジニアであるゲイリー・バレルとミン・H・カオによって1989年に設立されたアメリカに本社を置くGPS機器メーカーです。1990年代には世界初となる、航空機用携帯GPSやGPS内蔵携帯電話を発表。現在は航空・海洋をはじめ、自動車やアウトドアそしてフィットネスなど、幅広い市場において高性能なGPS機器をリリースしています。

スポーツウォッチ分野では、ランニング中のフォーム解析ができる「ランニングダイナミクス機能」を搭載した「ForeAthlete」シリーズが人気です。また、GPSスマートウォッチ「vívoactive」シリーズもラインナップ。高機能かつデザイン性の高いGPSスポーツウォッチを探している方におすすめのブランドです。

カシオ(CASIO)

By: casio.jp

方位・気圧・温度のトリプルセンサーを搭載した「プロトレック」、そして高い耐衝撃性を備えた「G-SHOCK」など、アウトドアシーンにおける信頼性が高い腕時計で定評があるカシオ。カシオのスポーツウォッチは「フィズ」と「スポーツギア」シリーズがラインナップされています。

GPSや心拍センサーを搭載した製品はありませんが、ラップタイム・スプリットタイムを最大60〜150本記録可能なモデルが多いのが特徴。ソーラー時計や電波時計の品揃えも豊富です。

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

パソコンのエンデバーシリーズやプリンターで有名なエプソンからも、高機能なスポーツウォッチ「WristableGPS」がリリースされています。心拍数から最大酸素摂取量(VO2max)を算出。それをもとに、5・10km走、そしてハーフマラソンやフルマラソンのレースタイムを予測する機能など、効率的にトレーニングを行う機能が充実しています。

また、GPSや心拍計測機能を利用しても36時間と、長時間駆動できるモデルがラインナップされているのもポイント。トレイルランやトライアスロンなど、長時間のレースをされる方にとっては見逃せないブランドです。

ナイキ(NIKE)

By: apple.com

ナイキのスポーツウォッチを代表するモデルが、Apple社とコラボした 「アップルウォッチナイキ+」シリーズ。世界的なスポーツブランドとITメーカーが協力してリリースしているだけあって、高機能なのが魅力です。GPSや心拍計測機能に加えて、セルラー機能を搭載したモデルも登場しています。

また、ランニングをはじめ、各種フィットネス用のアプリが充実しているのもポイント。本格的にトレーニングする方におすすめのスポーツウォッチです。

アシックス(Asics)

By: rakuten.co.jp

1949年に創業した日本を代表する総合スポーツ用品メーカー。アシックスのスポーツウォッチは、軽量性や防水性といった基本性能が充実したランニング用ウォッチが多いのもポイントです。なかには、タップするだけの簡単操作でライト点灯やモード切り替えができるモデルもラインナップしています。

また、カラーバリエーションが豊富なのが特徴。ほとんどの製品がリーズナブルなことも魅力のブランドです。

スポーツウォッチのおすすめモデル

ガーミン(GARMIN) ランニングウォッチ GPS ライフログ ForeAthlete 230J

ガーミン(GARMIN) ランニングウォッチ GPS ライフログ ForeAthlete 230J

スタイリッシュで高性能なGPS搭載のランニングウォッチ。大画面のディスプレイには距離やペース、タイムや心拍数などを表示します。スマホアプリとの連携もでき、ランニング初心者から上級者の方までレベルに応じてトレーニングのサポートが可能です。

また、位置の受信機能もGPSをはじめ、ロシア宇宙軍の衛星測位システム「GLONASS」や日本衛星測位システムの「みちびき」にも対応しています。そのため、森の中や高層ビル付近での位置捕捉も可能です。

さらに、加速度計が内蔵されており、GPSの受信ができない場所でもデータを取得できるので、トレッドミルなどの屋内トレーニングで使いたい方にも適しています。

ランニングやトレーニング時以外にも、歩数や距離、ステップ数や消費カロリーなど一日のデータを計測するライフログ機能も搭載。普段からトレーニングを心がけている方におすすめです。

ガーミン(GARMIN) ランニングウォッチ GPS ForeAthlete 235J

ガーミン(GARMIN) ランニングウォッチ GPS ForeAthlete 235J

心拍数計測機能に優れたランニングウォッチ。ランナーの心拍数を基に最大酸素摂取量である「VO2Max」を計測できるほか、疲労回復までの時間を表示してくれる「リカバリーアドバイザー」機能も備えています。

また、「VO2Max」から導き出して、5km・10km・ハーフマラソン・フルマラソンを走った場合の予想タイムを推定可能。さらに、内蔵Gセンサーの加速度計により、GPSの受信ができない場所でのデータ計測ができます。トレーニング以外での運動量計測機能もあり、一日の目標達成率まで表示可能です。

一定時間運動がない場合には、適度なトレーニングを促す「ムーブバー」がお知らせしてくれます。手首に装着しているだけで心拍数やさまざまなデータを計測できる、手軽で高機能なスポーツウォッチを探している方におすすめです。

ガーミン(GARMIN) マルチ スポーツウォッチ fenix5 Sapphire 010-01688-66

ガーミン(GARMIN) マルチ スポーツウォッチ fenix5 Sapphire 010-01688-66

光学式心拍計や高度測定など、さまざまな機能を備えたスポーツウォッチ。光学式心拍計「Elevate」はトレーニングやフィットネスでのステップ数などをカウントしたり、睡眠中のデータを計測したりできます。心拍数に応じたカロリー消費情報の表示もでき、活動強度の測定も可能です。

また、パフォーマンスの向上に役立つ高度なトレーニング機能も搭載しており、有酸素運動や無酸素運動の効果をしっかりと確認可能。「VO2Max」の計測機能やリカバリーアドバイザーも備えています。

さらに、GPSナビゲーション機能やトラッキングシステムも搭載。高度計・気圧計・コンパスとしても活躍するため、大自然でのアウトドアにも適しています。さまざまなスポーツに対応しているマルチスポーツウォッチです。

ガーミン(GARMIN) GPS ゴルフナビゲーション ウォッチ Approach S20J

ガーミン(GARMIN) GPS ゴルフナビゲーション ウォッチ Approach S20J

国内で約5000以上、全世界で約40000以上のコースに対応したゴルフ専用のスポーツウォッチ。高感度GPSにより、プレーしているコースデータをディスプレイに表示してくれます。ショットのヤード数測定やスコアの記録も可能。スイングデータの測定ができる機能も備えています。

iPhoneやAndroid端末とのBluetooth連携もできて便利。スマートフォンをしまっているときでも、メッセージなどの通知を表示してくれます。また、GPSモードでも最大15時間駆動するバッテリーを搭載しており、長いラウンドでも充電切れを気にせずにプレー可能です。

体調面の管理ができるライフログ機能も搭載されているので、健康的な生活を維持するのにも役立ちます。ゴルフのお供としてだけではなく、普段から着用する腕時計としてもおすすめです。

ガーミン(GARMIN) ゴルフナビ Approach S60

ガーミン(GARMIN) ゴルフナビ Approach S60

ヤーデージ計測機能を搭載しており、水平距離だけでなく高低差の情報も表示できるゴルフ専用スポーツウォッチ。画面をタッチすれば、水平と高低差の距離表示を切り替えられます。全世界のゴルフコース40000以上に対応しているのが魅力です。

さらに、ショットの位置や使用した番手、飛距離も自動的に記録します。ラウンド終了後には、ガーミンのモバイルサービス「Garmin Connect」にアップロードして、ラウンド周回も記録可能。アプリと連携し、データからプレー内容の確認と分析もできます。

バッテリーはGPSモードで最大10時間、時計モードでは最大10日間駆動するので、長時間のプレーも安心です。また、心拍数・消費カロリー・歩数を計測できるランニング機能やサイクリング機能も備えています。5気圧相当の防水性能も搭載されており、スイミングでの活用にもおすすめです。

カシオ(CASIO) 腕時計 フィズ LAP MEMORY 60 STR-300J-1AJF

カシオ(CASIO) 腕時計 フィズ LAP MEMORY 60 STR-300J-1AJF

重量が30gと非常に軽量で、操作もしやすい手軽さが魅力のスポーツウォッチ。大型のボタンが配置されていて、トレーニング中でも簡単に操作できます。設定した歩幅や、トレーニングのペース合わせて音を発する「ペース報音」機能を搭載。自分のペースに合わせて楽しくトレーニングができます。

ストップウォッチでの計測は1/100秒、10時間以上では1秒単位、合計で99時間59分59秒まで可能です。また、腕を傾けるとライトが自動的に点灯する「オートライト」機能により、夜間のトレーニングでも安心。5気圧防水性能も備えているため、雨天でのトレーニングもできて、汚れを水洗いできます。

さらに、バッテリーは約10年持つ長寿命。価格も安いことから、手ごろで長く使えるスポーツウォッチを求めている方におすすめです。

カシオ(CASIO) プロトレックスマート WSD-F30-BU

カシオ(CASIO) プロトレックスマート WSD-F30-BU

高度や気圧、気温や地図などの情報が表示されるアウトドア用のスポーツウォッチ。GPS・GLONASS・みちびきの衛生3測位対応で、位置情報の記録とオフラインでのカラー地図表示が可能です。「Wear OS by Google」をインストールしてBluetoothでペアリングすれば、スマートフォンとの連携もできます。

機能を絞って消費電力を抑える「エクステンドモード」が搭載され、1回の充電で最大3日間使うことが可能。さらに、スマートフォンとの通信などを制限する「マルチタイムスピード」機能を使えば、約1ヶ月間駆動します。2泊3日から長期間の登山に使用するのにおすすめのスポーツウォッチです。

カシオ(CASIO) スポーツギア タイドグラフ ソーラー W-S210H-1AJF

カシオ(CASIO) スポーツギア タイドグラフ ソーラー W-S210H-1AJF

海釣りやマリンスポーツでの使用に適したスポーツウォッチ。潮の満ち引き時間や、月の満ち欠けもわかる「タイドグラフ」と「ムーデータ」を搭載しています。10気圧の防水性能もあり、海はもちろん、深いプールなどでのスイミングにも使用可能です。

また、太陽や蛍光灯などの光を電力に変換するソーラー充電システム「タフソーラー」を備えているのも特徴。世界48都市の時刻表示ができる「ワールドタイム機能」も備えていて、旅行時にも便利なアイテムです。

海での釣りやスポーツが好きな方をはじめ、普段から便利に使用できるスポーツウォッチを探している方はぜひチェックしてみてください。

ナイキ(NIKE) Apple Watch Nike Series 5

ナイキ(NIKE) Apple Watch Nike Series 5

洗練されたデザインと高い性能が魅力のスポーツウォッチ。ディスプレイには専用の文字盤があり、ランニング用計測アプリ「Nike Run Club」を起動してスタートボタンを押せば、簡単にデータの計測が可能です。もちろん、計測したデータのチェックや分析もできます。

また、バンドには反射糸で織られた「Nikeスポーツループバンド」を採用。光が当たったときに反射して見えるため、夜など暗い時間帯でのランニングに使いたい方もぜひチェックしてみてください。

アシックス(Asics) ASICS RUNNING WATCH AR01

アシックス(Asics) ASICS RUNNING WATCH AR01

重量38gと軽量で操作も簡単なランニング用のスポーツウォッチ。本体の左下にボタンが配置されており、スタート時とストップ時の操作が楽に行えます。

ランニング中も、フロント部分に配置されたラップボタンにより、わかりやすく確実に操作が可能。ディスプレイが広いほか、拡大表示モードも搭載しており、タイムや必要な情報を見やすいのが魅力です。

また、500本のラップとスプリットデータの記録ができます。フラッシュメモリを採用しており、電池交換をしても記録したデータが消失しないため安心です。

スント(SUUNTO) アンビット3 ラン

スント(SUUNTO) アンビット3 ラン

高性能なランニングサポート機能を備えたスポーツウォッチ。GPS信号により、スピードやペース、距離や高度などのあらゆるデータを計測し、画面に表示します。Bluetoothでスマートフォン連携させれば、専用アプリを使用してトレーニング計画を立てることも可能です。

ランニングケイデンス表示に対応しており、フォームやトレーニング効果などをトレーニング後に分析することもできます。本格的なランニングをサポートしてくれるスポーツウォッチを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

スント(SUUNTO) トラバース アンバー SS021844000

スント(SUUNTO) トラバース アンバー SS021844000

最大100時間駆動するバッテリーを備えたスポーツウォッチ。GPSとGLONASSによるナビゲーションで、ハイキング計画を立てたりルート検索をしたりすることが可能です。

進んできたルートを確認できる「自動ブレッドクラム機能」や、高度・距離・速度を計測する機能も搭載。厳しい環境での登山や、トレッキングなどのアウトドアシーンで使用するのにおすすめのアイテムです。

ソーマ(SOMA) RunONE 100SL

ソーマ(SOMA) RunONE 100SL

爽快な装着感と使いやすさが魅力のスポーツウォッチ。薄型かつ軽量で快適に使えるのが魅力です。30°の傾きがある文字盤を採用しているほか、ラップタイムとスプリットタイムの表示切替もボタンひとつで便利に行えます。

個性的でおしゃれなデザインも魅力のアイテムです。価格も比較的リーズナブルなので、手ごろなスポーツウォッチを探している方はぜひチェックしてみてください。