「スポーツウォッチ」は機能がシンプルなモデルから、各種スポーツのトレーニングアプリを利用できるモデルまでラインナップされています。モデルによって、機能の違いが大きいのが特徴。そのため、必要な機能をしっかり把握しておくことが大切です。

そこで今回は、スポーツウォッチのおすすめモデルをご紹介。機能や選び方も解説するので、目的に合ったスポーツウォッチを選んでみてください。

スポーツウォッチとは?

スポーツウォッチの基本的な機能は、ラップタイムやスプリットタイムなどの時間データを記録できることです。ランニングなどのスポーツ時に装着するモノなので、軽量かつ防水機能を有したモデルがラインナップされているのもポイント。さらに、直射日光下やサングラス越しでも見やすいように、視認性を高めています。

高機能モデルになると、GPSや心拍計測機能を搭載したスポーツウォッチもラインナップ。GPS搭載モデルは、現在地に加えて距離やルートが確認できる場合もあり、ランニングをはじめとしたアクティビティに活用できます。

また、心拍計測機能付きモデルは、身体にかかる負荷を計測できるのがメリット。心拍数の上下を設定しておくと、その範囲を超えたときにアラームで知らせるモデルもあります。過剰なトレーニングを予防するためにも安心の機能です。

スポーツウォッチの機能

GPS機能

ランニングやサイクリング、水泳、登山などでスポーツウォッチを使用する場合、GPS機能を搭載していると便利です。特に登山などのアウトドアシーンで現在位置に加えて移動距離やルートの確認ができれば、より安全性を高められます。

心拍数計測機能

内蔵センサーで心拍数を計測できるモデルもおすすめです。なかには、単に心拍数をリアルタイムで確認できるだけでなく、データをもとにして効率的なトレーニングをおすすめする機能付きのモデルもあります。

例えば、高負荷と低負荷トレーニングを繰り返す際に便利な「インターバル機能」は、切り替えのタイミングをアラームで通知。また、心拍数の上下値を設定する「目標心拍機能」は、心拍数が目標のゾーンを超えた場合にアラームが鳴ります。

さらに、「リカバリータイム機能」も心拍センサーを利用した代表的な機能。心拍が回復するまでの所要時間を推測します。スポーツウォッチの心拍数計測機能は、体調管理のために便利な機能です。

ソーラー機能

ボタン電池を電源とするスポーツウォッチの場合、電池の交換時期を見極めるのが難しい点がデメリットです。さらに、電池交換の際には、電池代や工賃などのランニングコストもかかります。専用のケーブルで充電するタイプなら電池交換の手間はありませんが、コンセントなど充電できる環境が必要です。

一方、ソーラー充電機能付きスポーツウォッチは、登山やキャンプなど電池交換や充電環境の確保が難しいアウトドアシーンでも安心。一度フル充電すれば、数ヶ月稼働できるモデルもラインナップしています。

スポーツウォッチの選び方

用途に合わせてタイプを選ぶ

By: amazon.co.jp

スポーツウォッチのなかには、通常の腕時計にスポーツ向けの機能が付いたモデルもあります。スポーツ用としてだけではなく、日常使いできるモデルを探している方におすすめです。

また、なかにはスマートウォッチもラインナップされています。心拍を計測して専用のアプリでデータを分析したり、音楽の再生や停止がスマホを取り出すことなくおこなえたりと、利便性が高いのが特徴。使用目的に合わせて選ぶことで、よりスポーツウォッチを使いこなすことが可能です。

軽さで選ぶ

一般的なスポーツウォッチの重量は約30〜70gほどです。ベゼルや風防には樹脂パーツを、ベルトにはウレタンやシリコンなどの素材を採用して軽量化が図られています。

機能が限られたベーシックなモデルは軽量ですが、GPS機能搭載モデルやスマートウォッチなど高機能なスポーツウォッチほど重くなるので注意が必要です。重量と機能性を総合的に判断して選びましょう。

防水性の高さで選ぶ

スポーツウォッチの多くのモデルは、アウトドアや水泳での使用を想定して5〜10気圧の防水性能を備えています。5気圧防水は雨のなかのサッカーや登山などで使用できますが、ダイビングでは使用できません。

マリンアクティビティで使用したい際は、10気圧防水モデルを選びましょう。ただし、スキューバダイビングには対応していないので注意が必要です。

駆動時間で選ぶ

ボタン電池を電源とするタイプの場合、電池寿命は約2〜10年と製品によって異なります。

一方、ケーブルなどで充電するタイプの場合、通常の使い方なら5〜10日間駆動可能。しかし、GPS機能や心拍計測機能などを使用すると、5〜36時間ほどと駆動時間が短くなる場合もあります。使いたい機能に合わせて確認してみてください。

スマホアプリ対応かどうかをチェック

スポーツウォッチのなかには、スマートフォンと連動するモデルもあります。Bluetoothを搭載しているモデルなら、アプリにデータを送信して登録しておけば、時系列データを比較してパフォーマンス向上のために役立てることも可能。

ただし、iPhoneかAndroidかによって、記録できる情報が異なるなど使い勝手が変わるため、購入する際には十分確認してから選びましょう。

スポーツウォッチのおすすめブランド

ガーミン(GARMIN)

By: rakuten.co.jp

ガーミンは、1989年にアメリカで設立された、海洋や自動車、アウトドアなど幅広い製品を製造・販売しているブランド。ガーミンのスポーツウォッチは、航空業界で使用されるGPSナビゲーションを提供していたこともあり、機能性に優れているのがポイントです。

GPS技術や加速度など、各センサーを統合したモデルが多いので、より正確にデータを計測したい方はガーミンのスポーツウォッチをチェックしてみてください。

カシオ(CASIO)

カシオは、1946年に東京都で創業された腕時計のメーカーです。当初は計算機の生産を主にしていましたが、1974年に時計産業にも進出しました。以降、さまざまなモデルの腕時計を発売し、現在では世界有数の時計メーカーとして知られています。

カシオのスポーツウォッチは、ウェアに合うようなファッション性の高いモデルが多く、初心者向けの機能が付いているのが魅力。また、電池寿命が長いモデルも多いので、機能性よりも耐久性や利便性を重視する方におすすめです。

スント(SUUNTO)

By: amazon.co.jp

スントは、創業者のトーマス・ヴォホロネンが「溶液充填コンパス」の大量生産に成功したのをきっかけにフィンランドで創業したメーカーです。以来、スポーツやアウトドアシーンで活躍する精密機器を世に送り出しています。

スントのスポーツウォッチは歩数やカロリーの記録、週・月・年の期間推移表示が可能なモデルなど、高精度かつ高機能なのが特徴です。また、長時間バッテリー駆動が可能なGPS搭載モデルやスマホと連携できるモデルなど、利便性に優れたモデルも取り扱っています。

スポーツウォッチのおすすめモデル

ガーミン(GARMIN) GPSスマートウォッチ vivoactive4S 010-02172

ランニングやバイク、ヨガなど20種類以上のスポーツアプリを利用できるスポーツウォッチです。液晶ディスプレイにワークアウト画面を表示でき、筋トレや有酸素運動をサポートします。ランニングのアドバイスを無料で受けられる「GARMIN COACH」も便利です。

Spotify・Amazon Music・LINE MUSICから直接音楽をダウンロード可能。ワイヤレスヘッドホンを用意すれば、スマホを携帯せずに音楽を聴きながらトレーニングできます。Suicaにチャージできる点にも注目。普段使用しているクレジットカードを登録しておけばチャージできるため、ランニング中に財布を携帯したくない方にもおすすめです。

ガーミン(GARMIN) GPSランニングウォッチ ForeAthlete 245

有酸素運動や無酸素トレーニングの効果をフィードバックするスポーツウォッチ。ワークアウトが持久力やスピード、体力に与える影響をチェックできるおすすめモデルです。最大酸素摂取量「VO2 max」を測定できるのもポイント。エクササイズ履歴と比較すれば、適切なトレーニング量を把握できます。

「Garmin Connectオンラインフィットネスコミュニティ」を活用すれば、無料でワークアウトをダウンロードしたり作成したりすることが可能。身体のエネルギー状況を視覚で確認できる「Body Battery」機能により、トレーニングとインターバルの時間配分を考慮した適切な計画が立てられます。

ガーミン(GARMIN) アウトドアウォッチ Instinct Tactical

アメリカ国防総省MIL規格「MIL-STD-810G」に準拠したスポーツウォッチです。耐熱性と耐衝撃性に優れているのが最大の特徴。また、10気圧防水のため登山やトレイルランニング、ウインタースポーツなどアクティブなスポーツシーンにおすすめのモデルです。

GPSをはじめGLONASSやみちびきなど、複数のナビゲーション衛星に対応した高精度位置情報システムを搭載。内蔵の3軸電子コンパスと気圧高度計の採用と相まって、より正確な位置情報の把握が可能です。心拍測定機能を搭載しており、効果的なトレーニングをおこないたいときに役立ちます。

ガーミン(GARMIN) fenix 6 Sapphire

スマートウォッチモードで最大13日間稼働するスポーツウォッチです。充電の手間をなるべく減らしたい方におすすめ。カスタマイズできる「パワーマネージャーモード」により、節約モードなど、バッテリーの管理がしやすいのが特徴です。

ランニングや水泳、バイクなど、さまざまなアクティビティプロフィールを使用可能。高度・気圧・電子コンパスで構成される「ABCセンサー」により、慣れない場所でのトレーニングをサポートします。事故の発生を検知して、緊急連絡先へ位置を送信する機能も便利です。

ガーミン(GARMIN) スマートウォッチ vivoactive3

光学心拍計を搭載しているスポーツウォッチ。心拍数の変化や間隔を継続的に監視して、体の状態を数値でディスプレイに表示します。安静時心拍数や過去4時間の最大・最低心拍数なども記録可能。VO2 maxの予測もできるため、心拍数を把握した効率的なトレーニングをおこないたい方におすすめのモデルです。

スマホ専用アプリ「Garmin Connect Mobile」を活用すれば、日々の体調やトレーニング記録を管理しやすいのも注目ポイント。加速度計を内蔵しており、GPSを受信できない場所のトレーニングデータもしっかりと記録できます。USBポートから給電する充電式で、スマートモード7日間、GPSモードで13時間の駆動が可能です。

カシオ(CASIO) スポーツギア LAP MEMORY 60 W-734J-7AJF

電池寿命約10年のスポーツウォッチ。価格が安いため、初心者の方にもおすすめのモデルです。ラップ・スプリットタイムを最大60本まで記録できるのが特徴。ラップ番号や走行距離、ピッチ、歩幅などを記録でき、ランニングのレベルアップに役立ちます。

10気圧防水により、スイムトレーニングに活用も可能。オートライトと残照機能付きのLEDバックライトを内蔵しており、薄暗い場所や夜間のランニング時に便利です。

カシオ(CASIO) PHYS STW1000

独自のソーラー充電システム「タフソーラー」を採用したスポーツウォッチ。太陽光はもちろん、蛍光灯の灯りでも充電可能。フル充電で約9か月駆動します。

電波受信機能によって時刻を自動修正して正確な時刻を表示。世界48都市の時刻をチェックできるほか、サマータイム機能も搭載しています。ラップ・スプリットタイムを最大120本まで記録できる点にも注目。タイム計測中に現在時刻や計測時間を表示可能です。

10気圧防水で雨天時のランニングやスイムトレーニングにもおすすめ。明暗を自動で感知して暗いときだけ点灯するフルオートライトは、夜間のランニングで役立ちます。

カシオ(CASIO) PHYS STR-300J

アスリート向けに開発された人気シリーズ「フィズ」にビビットなカラーリングを施したスポーツウォッチ。ファッションにもこだわりたいランナーにおすすめです。

計測ボタンをフロント上下に配置した、操作性重視のブラインドオペレーション構造を採用。ラップ・スプリットは最大60本記録できます。電池寿命約10年と、電池交換の手間を省けるのもおすすめポイントです。

スント(SUUNTO) スマートウォッチGPS SUUNTO7

さまざまな機能を搭載したスポーツウォッチ。70種類以上のスポーツに対応しており、ボタンを1回押すだけでスポーツ機能がスタートします。GPSを利用してランニングやサイクリングのデータを記録する人気アプリ「Strava」に対応。仲間とSNSを利用して交流したい方にもおすすめです。

「Wear OS by Google」を搭載し、お気に入りのアプリをダウンロードしてカスタマイズできるのも魅力。ウォッチ本体でメールや着信を受けられるほか、Wi-Fiに接続すればソフトウェアの更新を自動的におこないます。最大48時間ものロングバッテリーを搭載。時計のみの使用なら最大40日間使用可能です。

スント(SUUNTO) スマートウォッチ SUUNTO 3

トレーニングプラン「アダプティブトレーニングガイダンス」を搭載しているスポーツウォッチです。現在のフィットネスレベルを評価して、トレーニング履歴やレベルに合わせて推奨エクササイズを修正。実際のアクティビティに合わせて、自動的にトレーニングプランを調節します。

歩数や消費カロリーを自動的に記録するほか、睡眠時もチェック可能。スントアプリを活用すれば、睡眠やフィットネスの傾向を最新データで確認できます。スマホのGPS機能を利用して速度や距離、ルートの追跡ができるのも注目ポイントです。

スント(SUUNTO) スマートウォッチ SUUNTO5

GLONASSやみちびき、Galileoなど複数の衛星測位システムに対応したスポーツウォッチです。電波の届きにくい山間部やビル街でも安定した測位を可能にします。スピードや距離、ラップを計測できるため、ランニング用としてもおすすめ。そのほか、80種類以上のスポーツに対応しています。

毎日の歩数や消費カロリーなど日常生活のデータも記録可能。心拍計を備えており、睡眠時も追跡できます。フィンランドの本社工場で製造された、シンプルでスタイリッシュなノルディックデザインも魅力です。

スント(SUUNTO) スマートウォッチ SUUNTO9

GPS機能と加速度センサーの組み合わせでトラッキングする「FUSEDTRACKテクノロジー」機能を搭載したスポーツウォッチです。GPSによるバッテリー消費を防ぐために加速度センサーを活用。GPS取得回数を減らしても距離と軌跡をより正確に記録できる、山間部でのトレイルランニングにおすすめのモデルです。

エクササイズ中にバッテリー残量の減少を検知すると、自動的にバッテリーモードの変更を提案。GPS取得回数を減らしてバッテリーを長持ちさせます。GPSをオフにしてもライフログ機能を使用でき、カロリー消費や歩数計も表示可能です。

スント(SUUNTO) SPARTAN TRAINER WRIST HR

画面直径46mmの軽量コンパクトなスポーツウォッチ。ランニングやスイミングなど80種類以上のスポーツに対応し、GPS信号を取得して速度・距離・軌跡を記録します。視認性に優れたカラー液晶ディスプレイにより、多彩なグラフ表示でデータのチェックが可能です。

光学式心拍計を内蔵しており、手首から心拍数をより正確に測定可能。トレーニングの質向上に活かせるほか、睡眠時の心拍数を把握して管理したい場合にもおすすめです。Bluetooth接続でスマホアプリを活用できるのも魅力。トレーニングの負荷や回復状況などを追跡できるほか、トレーニングに役立つツールもダウンロードできます。

ウィジングズ(Withings) Steel HR Sport HWA03B

アナログとデジタルのハイブリッド表示が特徴のスポーツウォッチです。30種類以上のスポーツから自動検知してカロリーを記録するスポーツ自動検知機能を搭載。スマホのGPS機能と連携すれば、ランニングのコースや距離、ペースなどを記録できます。

50m防水で、雨の日のジョギングにもおすすめです。日々の体調管理に便利なヘルスメイトアプリを利用できる点にも注目。アクティビティや睡眠、体重などを記録して推移を把握すれば、健康づくりや体調管理に役立ちます。

フィットビット(Fitbit) スマートウォッチ Versa2 FB507BKBK-FRCJK

24時間、継続的に心拍数を測定できるスポーツウォッチです。心拍数や睡眠時間、寝返りの回数や頻度、呼吸から睡眠スコアを表示できると謳っています。睡眠時の体の状態を把握したい方におすすめのモデルです。

アプリ画面を見ながらエクササイズできるコーチ機能を搭載し、自宅で手軽にトレーニングをはじめたい人にも適しています。データベースを活用して同性かつ同年齢の平均値と比較できるほか、世界中のユーザーとフィットネスSNS機能を利用して情報のシェアも可能です。

セイコー(SEIKO) スーパーランナーズ ソーラー

ランナーに役立つ機能が充実しているスポーツウォッチです。1/100秒計測のスポーツウォッチ機能や最大300本タイムを記録可能。記録したデータを残しておくブロックメモリ機能や計測中に最速ラップ、平均ラップをチェックできるなど、データをトレーニングに活用したい方におすすめのモデルです。

ソーラー充電機能を備えており、パワーセーブ機能付きでフル充電すれば約20ヶ月駆動可能。10気圧防水で雨のなかでのランニングでも安心です。プールで利用できるほか、トレーニング後に装着したままシャワーを浴びられます。

ポラール(POLAR) Vantage M

同社の心拍テクノロジー「Precision Primeセンサー」を搭載したスポーツウォッチ。手首に装着するだけで高精度な心拍データ計測をおこないます。心拍機能を活用して、睡眠による身体とメンタル部分の総合的な回復度を分析できるのがポイント。睡眠状態の解析をランニングのパフォーマンスアップに活かしたい方におすすめのモデルです。

GLONASSに対応したGPS機能を内蔵。より正確な速度・距離・軌跡を記録するほか、補助GPSで随時誤差を修正する機能も備えています。ランニング能力をスコア化する「ランニングインデックス機能」にも注目。ランニング中のVO2 maxの推定値で評価し、マラソンやハーフマラソンの予測タイムもチェックできます。

ポラール(POLAR) GPSランニングウォッチ M430

手首型6LED心拍計を内蔵しているスポーツウォッチ。心拍数から24時間の活動量やリカバリータイムを表示する、ランニング用としておすすめのモデルです。パソコンとモバイルで利用できるアプリ「POLAR FLOW」を利用すれば、トレーニングの記録や進捗状況をチェックできます。

活動量と睡眠を記録して、体力づくりに活用できるのもポイント。「SLEEP PLUS」を活用すれば、睡眠時の体の状態を分析し、可視化できます。

ファーウェイ(HUAWEI) スマートウォッチ GT2e

ステンレスフレームを採用した、おしゃれなデザインが魅力的なスポーツウォッチです。液晶ディスプレイには光・色・モーションで表現されるライブウォッチフェイスを採用。好みのデザインにカスタマイズできるなど、ファッション性を重視したい方におすすめのモデルです。

ランニングやサイクリングなど15種類のワークアウトモードを搭載。GLONASS対応のGPS機能を利用して、より正確なルートトラッキングを可能にしています。デュアルチップ設計と省電力アルゴリズム2.0により、バッテリー消費を自動的に最適化。最大約2週間の長時間駆動を実現しています。

ファーウェイ(HUAWEI) スマートウォッチ Band 4

人間工学に基づいて設計されたリストバンド型のスポーツウォッチ。光学式心拍計を内蔵しており、心拍数を24時間リアルタイムに計測します。心拍数が最大平均心拍数を超えたら振動で知らせる機能を搭載しているなど、心拍数をトレーニングに活用したい方におすすめのモデルです。

USBポートに直接接続でき、ケーブルなしで充電できるのも魅力。1回のフル充電で約9日間使用できます。

ベルトを含まない重さが約12gの超軽量モデルで、常時装着したままでも重さを感じにくいのもおすすめポイント。5気圧防水を備え、汗や雨で濡れても問題ありません。

ラドウェザー(LAD WEATHER) スポーツウォッチ lad001

重さ31gの軽量スポーツウォッチです。ランニングウォッチとして必要な機能だけを搭載して軽量化を実現。腕への負担が気になるランナーにおすすめのモデルです。やわらかい素材のバンドで腕への負担を軽減しているほか、ベルト穴の広がりを抑える加工が施されています。

最大100ラップまで記録できるラップタイム計測機能や、最大9本のランデータを保存できるのも便利。記録日時や運動時間、移動距離、平均ペース、最高速度など、履歴をチェックしてパフォーマンス向上に役立てられます。買い求めやすい低価格も魅力で、初心者がはじめて購入する1本としてもおすすめです。

スポーツウォッチのAmazonランキングをチェック

スポーツウォッチのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。