スポーツウォッチは機能がシンプルなモデルから、各種スポーツのトレーニングアプリを利用できるモデルまでラインナップされています。モデルによって、機能の違いが大きいのが特徴。そのため、必要な機能をしっかり把握しておくことが大切です。

そこで今回は、スポーツウォッチの機能と選び方を解説します。さらに、主要なメーカーと人気のモデルをご紹介。目的に応じて分かれる最適なスポーツウォッチ選びの参考にしてみてください。

スポーツウォッチとは?

By: garmin.co.jp

スポーツウォッチの最も基本的な機能は、ラップタイムやスプリットタイムなどの時間データを記録できることです。ランニングなどのスポーツ時に装着するモノなので、軽量かつ防水機能を有したモデルがラインナップされているのもポイント。さらに、直射日光下やサングラス越しでも見やすいように、視認性を高めています。

高機能モデルになると、GPSや心拍計測機能を搭載したスポーツウォッチもラインナップ。GPS搭載モデルには現在地に加えて距離やルートが確認できる場合もあり、ランニングをはじめとしたアウトドアアクティビティに活用できます。

また、心拍計測機能付きモデルは、身体にかかる負荷を計測できるのがメリット。心拍数の上下を設定しておくと、その範囲を超えた時にアラームで知らせてくれるモデルもあります。過剰なトレーニングを予防するためにも安心の機能です。

スポーツウォッチの機能

GPS機能

By: garmin.co.jp

ランニング・サイクリング・水泳・登山などでスポーツウォッチを使用する場合、GPS機能を搭載していると便利です。特に登山などのアウトドアシーンでは、現在位置に加えて移動距離やルート確認ができれば、より安全性を高めることができます。

心拍数計測機能

By: garmin.co.jp

内蔵センサーで心拍数を計測できるモデルもおすすめです。なかには、単に心拍数をリアルタイムで確認できるだけでなく、データをもとにして効率的なトレーニングができるモデルもあります。

例えば、高負荷と低負荷トレーニングを繰り返す際に便利な「インターバル機能」は、切り替えのタイミングをアラームで通知。また、心拍数の上下値を設定する「目標心拍機能」は、心拍数が目標のゾーンを超えた場合にアラームの通知を得られます。

さらに、「リカバリータイム機能」も心拍センサーを利用した代表的な機能。体調が回復するまでの所要時間を推測します。スポーツウォッチの心拍数計測機能は、体調管理と効率的なトレーニングのためにも便利な機能です。

ソーラー機能

By: casio.jp

乾電池を電源とするスポーツウォッチの場合、乾電池の交換時期を見極めるのが難しい点がデメリットです。さらに、乾電池交換の際には、乾電池代や工賃などのランニングコストもかかります。

ソーラー充電機能付きスポーツウォッチは便利です。特に、登山やキャンプなど、乾電池交換するのが難しいアウトドアシーンでは安心。一度フル充電すれば、数ヶ月稼働できるモデルもラインナップしています。

スポーツウォッチの選び方

軽さで選ぶ

By: garmin.co.jp

一般的なスポーツウォッチの重量は約30〜70gほどです。ベゼルや風防には樹脂パーツを、ベルトにはウレタンやシリコンなどの素材を使用して軽量化が図られています。

機能が限られたベーシックなモデルは軽量ですが、GPS機能搭載モデルやスマートウォッチなど高機能なスポーツウォッチほど重くなるので注意が必要です。重量と機能性を総合的に判断して選びましょう。

防水性の高さで選ぶ

スポーツウォッチの多くのモデルは、アウトドアや水泳での使用を想定して5〜10気圧の防水性能を備えています。5気圧防水は水泳、雨の中のサッカー、登山などでの使用は可能ですが、ウインドサーフィンやスキンダイビングなどでは使用できません。

ハードなマリンアクティビティで使用したい際は、10気圧防水モデルを選びましょう。ただし、スキューバダイビングには対応していないので注意が必要です。

駆動時間で選ぶ

By: garmin.co.jp

スポーツウォッチは、使用する電源で2つのタイプに分かれます。1つ目は、通常の腕時計と同様に乾電池を電源とするタイプ。乾電池式の場合、電池寿命は約2〜10年と製品によって異なります。

2つ目は、充電式のスポーツウォッチです。トレーニングアプリなど各種アプリや心拍計測機能や備えたスマートウォッチが該当します。充電式タイプは、通常の使い方なら5〜10日間駆動可能。しかし、GPS機能や心拍計測機能などを使用すると、5〜36時間ほどと駆動時間が短くなる場合もあります。

スポーツウォッチのおすすめブランド

ガーミン(GARMIN)

By: amazon.co.jp

ガーミンは、エンジニアであるゲイリー・バレルとミン・H・カオによって1989年に設立されたアメリカに本社を置くGPS機器メーカーです。1990年代には世界初となる、航空機用携帯GPS機器やGPS内蔵携帯電話を発表。現在は、航空・海洋をはじめ自動車やアウトドアそしてフィットネスなど、幅広い市場において高性能なGPS機器をリリースしています。

スポーツウォッチ分野では、ランニング中のフォーム解析ができる「ランニングダイナミクス機能」を搭載した「ForeAthlete」シリーズが人気です。また、GPSスマートウォッチ「vívoactive」シリーズもラインナップ。高機能かつデザイン性の高いGPSスポーツウォッチを探している方におすすめのブランドです。

カシオ(CASIO)

By: casio.jp

方位・気圧・温度のトリプルセンサーを搭載した「プロトレック」、そして高い耐衝撃性を備えた「Gショック」など、アウトドアシーンにおける信頼性が高い腕時計で定評があるカシオ。カシオのスポーツウォッチは「フィズ」と「スポーツギア」シリーズがラインナップされています。

GPSや心拍センサーを搭載した製品はありませんが、ラップタイム・スプリットタイムを最大60〜150本記録可能なモデルが多いのが特徴。ソーラー時計や電波時計の品揃えも豊富です。

エプソン(EPSON)

By: amazon.co.jp

パソコンのエンデバーシリーズやプリンターで有名なエプソンからも、高機能なスポーツウォッチ「WristableGPS」がリリースされています。心拍数から最大酸素摂取量(VO2max)を算出。それをもとに、5・10km走、そしてハーフマラソンやフルマラソンのレースタイムを予測する機能など、効率的にトレーニングを行う機能が充実しています。

また、GPSや心拍計測機能を利用しても36時間という長時間駆動できるモデルがラインナップしているのがポイント。トレイルランやトライアスロンなど、長時間のレースをされる方にとっては、見逃せないブランドです。

ナイキ(NIKE)

By: apple.com

ナイキのスポーツウォッチを代表するモデルが、Apple社とコラボした 「アップルウォッチナイキ+」シリーズ。世界的なスポーツブランドとITメーカーが協力してリリースしているだけあって、高機能なのが魅力です。GPSや心拍計測機能に加えて、セルラー機能を搭載したモデルも登場しています。

また、ランニングをはじめ、各種フィットネス用のアプリが充実しているのもポイント。本格的にトレーニングする方におすすめのスポーツウォッチです。

アシックス(Asics)

By: rakuten.co.jp

1949年に創業した日本を代表する総合スポーツ用品メーカー。アシックスのスポーツウォッチは、軽量性や防水性といった基本性能が充実したランニング用ウォッチが多いのもポイントです。モデルのなかには、タップするだけの簡単操作でライト点灯やモード切り替えができるモデルもラインナップしています。

また、カラーバリエーションが豊富なのが特徴。ほとんどの製品がリーズナブルなことも魅力のブランドです。

スポーツウォッチのおすすめモデル

ガーミン(GARMIN) fenix 5 Plus Sapphire Ti Gray

ガーミン(GARMIN)  fenix 5 Plus Sapphire Ti Gray

Music Player機能や支払いの決済に使用できる「GARMIN Pay」を搭載したGPS機能スポーツウォッチ。機能の充実したワンランク上のモデルを探している方におすすめです。音楽データは最大500曲まで転送可能。Bluetoothイヤホンとペアリングすればランニングをしながら音楽を楽しめます。

稼働時間はウォッチモードと光学心拍計の使用時で約10日間。合わせて音楽を聴きながら使用した場合でも約7時間稼働できるので、満充電しておけばトレーニングやランニング中に充電切れで困ることはありません。

防水性能は100m防水。スイムやトライアスロン、スキーなど濡れるシチュエーションでも安心して使用できます。

ガーミン(GARMIN) ForeAthlete 645 Music

ガーミン(GARMIN) ForeAthlete 645 Music

ガーミン独自テクノロジー「ランニングダイナミクス機能」を搭載した高性能GPSスポーツウォッチです。ランニングをしているときの上下の動き・路面との接地時間・バランス・歩幅などのデータを計測し、フォームの改善に役立つランニング指標を入手できます。

さらに、スイムで泳いだ距離やペース、ストローク数なども計測。ランニングのみならず、あらゆるトレーニングに活用したい方におすすめです。また、最大500曲もの音楽データを収録できるのも魅力。Bluetoothイヤホンに接続して好きな音楽を楽しみながらトレーニングを楽しめます。

ガーミン(GARMIN) Instinct

ガーミン(GARMIN)  Instinct

アメリカ国防総省MIL規格「MIL-STD-810G」に準拠した耐水・耐熱・耐衝撃性を兼ね備えたミリタリースペックのGPSスポーツウォッチです。強度と耐久性に優れた繊維強化ポリマーケースや、耐摩擦性に優れた化学強化ガラスを採用。

トライアスロン・トレイルラン・クロスバイクなど過酷なアウトドアシーンでの使用を想定している方におすすめです。タフネスなだけではなく、機能も充実。複数の衛星測位システムに対応しており、電波を受信しにくい状況下でも正確な測位を実現しています。

また、精度の高い心拍センサーを内蔵しており、日々の心拍数や歩数などを正確にモニタリング。ランニング・スイム・ヨガなどさまざまな内蔵アプリによってトレーニングデータの取得も可能です。

ガーミン(GARMIN) ForeAthlete 230J

ガーミン(GARMIN)  ForeAthlete 230J

バッテリー駆動時間が長いのが特徴のGPSスポーツウォッチ。トレーニングモード時で約16時間もの稼働時間を実現しており、突然の充電切れも心配がありません。ランニング用ウォッチとしての機能も充実。複数受信方式により正確にデータを計測し、スマホとの連携によりデータ管理も容易です。

また、視認性に優れたカラーディスプレイの採用、屋内でもデータ計測ができる「Gセンサー」を内蔵しているなど、ランナーのトレーニングを徹底的にサポート。2万円を切るリーズナブルな価格ながら、上位機種レベルの高い機能性を持つモデルなので、GPSスポーツウォッチを初めて購入する方におすすめです。

ガーミン(GARMIN) vivoactive3

ガーミン(GARMIN)  vivoactive3

ランニング・水泳・ゴルフ・ヨガなど15以上のスポーツアプリを内蔵したGPS機能付きスポーツウォッチです。心拍数の変動を記録してストレスレベルを測定してくれる光学式心拍計を装備。ストレスレベルが上昇すると警告してくれるため、過度なストレス状態を防ぐ効果が期待できます。

また、ランニング時に財布を持ち歩かずに済む機能「Garmin Pay」にも対応。クレジットカードやデビットカードを登録しておけば、カードリーダーに手首をかざすだけでスマートに決済が可能です。

カシオ(CASIO) スポーツギア タフソーラー LW-S200H-1AJF

カシオ(CASIO) スポーツギア タフソーラー LW-S200H-1AJF

ソーラー充電システム「タフソーラー」を搭載したスポーツウォッチです。太陽光で充電できるため電池交換が不要。キャンプや登山などのアウトドアシーンで使いたい方におすすめします。また、世界48都市のワールドタイム機能や時刻アラーム機能を搭載するなど、普段使いでも使い勝手のよいモデルです。

ランニングを楽しむ際の機能も充実。ラップタイプやスプリットタイムを最大120本まで記録できるほか、マラソンなど長距離ランでのタイム計測でも活躍します。さらには、オートリピート機能付きタイマー機能により、一定間隔で自動測定するインターバル計測も可能です。

カシオ(CASIO) フィズ タフソーラー STW-1000-1JF

カシオ(CASIO) フィズ タフソーラー STW-1000-1JF

フル充電で約9ヶ月ソーラー発電なしで使用し続けられるスポーツウォッチです。暗い状態が一定時間経過すると表示を消して節電してくれる「パワーセービング」状態であれば、約33ヶ月もの長時間の動作を可能にします。

バッテリー残量を確認できるバッテリーインジケーターを搭載しており、ソーラー発電のタイミングをチェックできるのもポイントです。ランニング時に欠かせないラップやスプリットタイムなどの計測機能も搭載。

ラップタイプはラップ番号や最高ラップの表示もできるので便利です。また、大型ワイド液晶パネルや高輝度均一発光LEDを採用しているため、夜間の視認性も抜群。夜間にランニングを楽しんでいるランナーにおすすめのモデルです。

カシオ(CASIO) プロトレック 電波ソーラー PRW-7000-8JF

カシオ(CASIO) プロトレック 電波ソーラー PRW-7000-8JF

山・川・海など、タフなアウトドアシーンでの使用を想定して開発された「プロトレック」シリーズのスポーツウォッチです。ソーラー充電式で時刻も電波で自動受信するため、わずらわしい充電や時刻合わせから開放されます。

方位・気圧と温度・高度を計測できるトリプルセンサーを内蔵。防水は20気圧防水なので、カヤックやSUPなどのウォータースポーツを安心して楽しめるのもポイント。アウトドアスポーツに特化しておりランニング向けではありませんが、日常使いから本格的なトレッキングまで、活用できるおすすめモデルです。

エプソン(EPSON) Wristable GPS SF-720G

エプソン(EPSON)  Wristable GPS SF-720G

国産の準天頂衛生システム「みちびき」に対応したスポーツウォッチです。みちびきは日本の真上を通過する衛生なので、電波が建物などにさえぎられにくいのが特徴。しっかりとした測位によって、ランニングのデータをより正確に収集したい方におすすめのモデルです。

さらに、複数の電波を受信することにより障害を及ぼす現象「マルチパス」にも対応。都市部や山間部でも安定した測位が可能なモデルです。また、ランニングをサポートする機能も充実。

信号待ちや休憩の停止時に、ペース、ラップタイプなどの計測をストップする「オートポーズ機能」を搭載しており、無駄な電力の消費を抑えます。

エプソン(EPSON) WristableGPS J-300B

エプソン(EPSON)  WristableGPS  J-300B

ランニングやマラソンレースで使い勝手のよい機能を搭載したスポーツウォッチです。受信障害の起こりにくい高性能GPSチップを内蔵しており、距離やペースを正確に記録します。また、ペース走の負荷チェックやインターバル走での緩急の確認ができる心拍センサーを内蔵。高度な心拍トレーニングで役立ちます。

トレーニングの記録はアプリ「Epson View」で効率的に管理できるのもポイント。スマホやパソコンを利用してトレーニングデータをアップロードし、次のレースに向けた計画や中長期的なトレーニング計画を立てる際に便利です。

ランニングのみならず、バイク・水泳・ウォーキングなどのデータ記録も可能。さまざまなスポーツを楽しんでいる方におすすめのモデルです。

エプソン(EPSON) WristableGPS Q-10G

エプソン(EPSON) WristableGPS Q-10G

GPS計測機能のスポーツウォッチの操作に不安を持っている人におすすめのモデル。どの画面からでも左下のボタンを2回押すだけで計測スタート。自動的にGPS信号をサーチしてすぐに走り出せます。また、距離やペースの計測も高い精度で記録。難しい操作は不要です。

電源は充電式。約3.5時間で満充電でき、GPS計測時の稼働時間は約13時間。心拍センサーなどは内蔵されていないので、その分長い期間充電することなく使用できます。

リーズナブルなモデルながら、ランニングに便利なスプリットタイムや距離・ラップペース・消費カロリーなど機能も充実。重さも41gと軽量で装着感も抜群なので、初めてGPSウォッチを購入するランナーにおすすめのモデルです。

セイコー(SEIKO) PROSPEX SBEF029

セイコー(SEIKO) PROSPEX SBEF029

ソーラー充電機能を搭載したランニング用ウォッチです。時計に光が当たらないままで無操作状態が続くと電力消費をおさえる「パワーセーブ機能」が便利。夜間にランニングをすることが多い方におすすめします。また、フル充電で約20ヶ月もの長期間作動するため、突然の電池切れの心配もありません。

ランナーに必要不可欠なストップウォッチ機能はもちろん、最大300ものラップメモリー機能を搭載するなど機能性も抜群。さらに、ポリウレタン製バンドの裏目に施された溝によってフィット感が高められており、装着感も快適です。

アップル(Apple) アップルウォッチナイキ+ 4 GPS + セルラーモデル MTXG2J/A

ナイキ(NIKE) アップルウォッチナイキ+ 4 GPS + セルラーモデル MTXG2J/A

ナイキとApple社がコラボしたスポーツウォッチ。携帯電話通信機能を搭載しているのが特徴で、通話やメッセージの送受信に加えて電子マネーSuicaも利用可能です。最大のポイントは、ナイキトレーニングクラブとナイキランクラブのアプリを内蔵していること。

ナイキのトレーナーによる180種類のトレーニングアプリが無料で利用でき、さらにナイキランクラブのアプリではコーチの音声ガイドが受けられます。電気式と光学式の2つのセンサーを内蔵しており、収集した心拍データやトレーニングデータのチェックも簡単。

ランニングやフィットネスの質をより高めたいと考えている方におすすめです。なお、スマホと連携した通信機能を利用する場合は、使用しているiPhoneと同じ通信事業者を利用する必要があるので注意してください。

アシックス(Asics) AR05ランニングウォッチ CQAR05.03

アシックス(Asics) AR05ランニングウォッチ CQAR05.03

カラフルでオシャレなデザインが印象的なスポーツウォッチ。使いやすさにこだわって開発されたモデルで、降雨時やスイミングに使用できる「5気圧防水」「最大100のラップメモリー機能」「バックライト」など、ランニングを楽しむのに欠かせない機能を搭載しています。電池の寿命は約2年。電池切れを心配せず安心して使用できます。

重さはバンドを含んでもわずか31g。小ぶり軽量で使いやすく、ランニング用に特化したモデルなので大会で完走を目指すランナーにおすすめです。