キャンプで焚き火をする際にあると便利なのが「鉈(なた)」。長持ちする火を起こすためには薪を使いますが、鉈があれば薪を適切なサイズに割ることができるほか、細かい木の枝を切ったり皮を剥いだりと、さまざまな用途で活用することができます。

そこで今回は鉈のおすすめ製品をご紹介。アウドドアシーンで参考となる薪の割り方や長く使い続けるためのお手入れ方法についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

鉈の選び方

鉈の種類で選ぶ

ブレード先端が尖っている「剣鉈(けんなた)」

By: amazon.co.jp

「剣鉈」はブレード先端が尖っていることや刃から指先を守るためにツバ付きの輪が使用されているのが特徴です。薪を割ったり細かい木の枝を切ったり皮を剥いだりと火を起こすために使用できるのはもちろんのこと、肉を切ったり魚を捌いたりと包丁代わりに使ったり細かい作業をしたりと汎用性に優れています。

刃が長方形の「腰鉈(こしなた)」

By: amazon.co.jp

「腰鉈」は刃が長方形であることや刃と柄の間に丸い輪が用いられているのが特徴です。刃の重さを利用し、ハンマーのように振り下ろして使用することがポイント。ちょっと力を加えるだけでも薪を叩き割ることができるのが特徴です。

刃の形状で選ぶ

薪割り作業には刃をまっすぐ入れられる「両刃」

By: amazon.co.jp

右左面の両方に刃が付いている「両刃」は右利き左利きに関わらず扱えるが特徴。薪や竹を縦割りするのに適しており、切り口を真っ直ぐに入れられるというメリットがあります。一方で刃が欠けやすいのがデメリット。また、研ぐときに左右対称に整えなければならないので、お手入れにも手間がかかります。

木の皮を剥いだり枝を払ったりするのに適した「片刃」

By: amazon.co.jp

木の皮を剥いだり枝を払ったりするのには鋭利な「片刃」がおすすめ。なお、利き手によって製品を使い分けなければならないので、その点には留意しておきましょう。

鉈の重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

薪割りをする際は鉈だけでなく、斧も候補となりますが、前者は薪に切れ込みを入れてから地面に叩きつけるようにして割り、後者は頭上から振り下ろして薪を割るので、使い方が異なります。

鉈はそれ自体に重量があると比較的割りやすいものの、重た過ぎると手首への負担になるので、注意が必要。薪割り用に使うのであれば、重量500g前後の鉈がおすすめです。

鉈の刃渡りをチェック

By: amazon.co.jp

太くて大きな薪を割りたいときは、刃渡りの長い鉈がおすすめ。おおむね160〜200mm程度あれば十分です。ちなみに、刃渡りが長すぎると収納性に難があり、持ち運びにも支障が出てくるので、その点は考慮しておきましょう。

柄の持ちやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

柄の持ちやすさは、鉈の太さや形状、材質などさまざまな要素が関係してきます。しっかりと手に馴染む鉈を選べば、長時間使用しても疲れにくいのでおすすめ。握るときに滑らせて怪我をしてしまう危険も未然に防げます。なお、綺麗な丸型の柄よりも、楕円形の柄の方が握りやすいので、確認しておきましょう。

鉈のおすすめメーカー

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: amazon.co.jp

「ユニフレーム」は1985年に新潟県燕市で誕生したアウトドアメーカー。以前は同名が社名でしたが、2014年からは「株式会社新越ワークス」に変更しています。

本社のある新潟県燕市はもともと鋳物職人の街として名高い土地で、品質は良好。リーズナブルな価格帯も好評なので、コスパ重視で備品を揃えたい方におすすめです。

豊国鍛工場

By: amazon.co.jp

「豊国鍛工場」は1946年に高知県で創業された和式刃物専門ブランド。江戸時代から伝わる製法を400年以上に渡って代々引き継いでおり、会社としても70年以上の歴史がある老舗として知られています。

CADや3Dプリンターといった技術を駆使しているのもポイント。昔ながらの刃物を作りつつ時代に合わせた刃物の開発にも力を入れています。

鉈のおすすめ

ユニフレーム(UNIFLAME) つるばみ鉈 684115

片刃の腰鉈。なだらかな曲線の「はまぐり刃」が特徴です。刃に厚みがあるため耐久性に優れ、長く使い続けることができます。

刃先が鈍角なので細かい作業には不向きですが、力が伝えやすく、僅かな力で対象物を分断できるのもポイント。薪を割る時に大いに役立ちます。

本体サイズは全長約350mm、刃長は約165mm。重量が500gと薪や竹を割るのに適した重さになっており、コンパクトで持ち運びにも便利です。

豊国鍛工場 間伐腰鉈 bip013-005

刃の素材に白鋼を採用した腰鉈。本製品は両刃仕様となっているほか、全長は370mmと手頃なサイズで、扱いやすいのが特徴です。

持ち手には頑丈で重みのある樫(カシ)を採用し、しっかりと力が伝わるのも魅力。切れ味は鋭いので、ある程度鉈の使い方に慣れたキャンパーにおすすめの製品です。

豊国鍛工場 土佐鍛ダマスカス豆山遊鉈 bip-802

携帯性に優れているほか、切れ味も鋭いオールマイティな剣鉈。本体サイズは全長200mm、刃渡り80mm、重量は150gとコンパクトなので、ナイフのように扱えるのが魅力です。

薪や竹を細かく切り落とすことができるので、焚き火用の材木を作ったりするのに最適。なお、本製品は鉈としてはもちろん、魚を捌いたり野菜を切ったりと包丁の方な使い方をすることも可能です。

刃の素材にはダマスカス鋼が採用されているほか、厚さも4mmと十分なので耐久性は良好。汎用性の高いキャンプ道具を求めている方におすすめです。

ほんまもん 火造り鉈 210mm

竹や薪を細かく切るのに適した両刃の腰鉈。刃の素材には硬くて、切れ味の鋭い青紙鋼を採用しており、わずかな力でもスムーズに木を切ったり割ったりすることができます。板厚が均一なので、刃のどの部分を使っても切れ味が変わらないのも魅力です。

本体サイズは全長約365mm、刃長は約210mm。重量は約560gと軽く、力を伝えやすい構造になっているので女性でも扱えます。初めて鉈を購入するという方におすすめのアイテムです。

ほんまもん 本場土佐 火造り鉈

艶やかな両刃の腰鉈。刃の素材には白紙鋼を採用しているほか、職人によって火造りされたアイテムなので、長く使い続けることができるのが特徴です。

本体サイズは全長約420mm、刃渡り約210mm、重さは約560g。効率よく力が伝わるよう設計バランスに配慮されているので、スムーズに薪や竹を割ることができます。満足度の高い鉈を求めている方におすすめです。

ほんまもん 東周作 本場土佐 極上

鋭い切れ味と耐久性を兼ね備えた片刃の腰鉈。職人がひとつひとつ火造りしているのが特徴です。全長約420mm、刃渡り約210mm、重量約460gと長さがと重さもバランスが良好。扱いやすいサイズになっているので、安心して作業することができます。

刃の素材には青紙鋼を採用しており、軽く力を入れただけで薪や竹を簡単に割ることが可能。価格帯としては高めの製品ですが、その価値は十分にあるおすすめのアイテムです。

千吉(Senkichi) 金賞 小型石付きエビ鉈 全鋼

耐久性の高い両刃の腰鉈。刃の素材には全鋼を採用しているほか、刃先についている石部分が刃を保護してくれるので、安心して薪割りに集中できるのが特徴です。

サイズは全長285mm、刃長は135mm、重量は360gとコンパクトで軽量なのもポイント。非力な方や女性でも十分扱えます。小型で使い勝手のよい鉈を探している方はぜひチェックしておきましょう。

千吉(Senkichi) 腰鉈 両刃 SGKN-6

薪割りや枝打ち、枝払いに適した両刃の腰鉈。刃の素材には全鋼が採用されており、耐久性に優れています。両刃仕様で本鍛造仕上げになっているので切れ味が長く続くのも魅力です。

本体寸法は全長約340mm、刃渡り約165mm。重量は約420g。ベルト通し付収納ケースが付属しているので持ち運びにも便利です。取り回し良好な鉈を求めている方はぜひ候補として検討してみてください。

モノラル(MONORAL) 小割銀鉈 MT-0018

小型の両刃鉈。ナイフよりも頑丈で、斧よりも扱いやすいアイテムを探している方におすすめの製品です。本体サイズは全長230mm、刃渡り90mm、重量は約295gとコンパクトで携行性に優れています。

刃には先端処理が施されているほか、職人によって火造りされているので使い勝手は良好。使い込んでいくことで、製品自体に味わいが出てきます。長く使える鉈を求めている方におすすめです。

冒険倶楽部(BOHKEN CLUB) なたとのこ NS-180

鉈とノコギリ(鋸)の2本セットながら価格が2000円前後とリーズナブルな製品。初めて鉈を購入するという方におすすめです。薪を割る時には鉈で、角材を切る時にはノコギリと使い分けができるのが魅力です。

まとめて持ち運べる専用ケースが付属しているのもポイント。どちらともに刃の材質に鋼を採用しており、切れ味が鋭く、耐久性に優れています。キャンプなどのアウドドアシーンではかなり重宝するセットアイテムです。

シルキー 鉈 両刃 555-21

持ち手の素材にゴムを採用した両刃の腰鉈。グリップ力に優れているので滑りにくく、また、使った時の衝撃を吸収してくれるのが魅力です。

専用の鞘が付属しており、携帯性に優れているのもポイント。刃の素材には強靭な合金ハガネを採用しており、薪や竹を割る際はひと振りで深くまでしっかりと刃が入るので、使い勝手は良好です。

なお、本製品のブレードは交換式で、ねじを使わず簡単に交換することが可能。メンテナンスもお手軽なおすすめ製品です。初めて鉈を購入したいと検討している方はぜひチェックしてみてください。

味方屋 日野浦刃物工房 黒剣鉈

全長425mm、刃渡り245mmと大きめの片刃剣鉈。見た目は包丁ですが、鉈としては食い込みがよく、研ぎやすいので長く使えるアイテムです。

刃には極軟鉄に鋼を接合した特殊な素材を採用。欠けにくいほか、お手入れが容易なのも特徴です。薪や竹を割るといった鉈本来の使い方以外にも、野菜を切ったり肉を切ったりすることも可能。フレキジブルに使えるキャンプ備品を求めている方は要チェックです。

ナチュラルスピリット(natural spirit) 山鉈 165mm 14210

鍛冶職人によって丁寧に手作りされた腰鉈。刃渡りが165mmとやや小さめなので、女性でも簡単に扱えます。あらかじめ割っておいた薪や竹を細かくしたり、焚き付けを作ったりするのに適した製品です。

刃の素材にはSK鋼を採用。耐摩耗性や堅牢性に優れるのでいつまでも長く使い続けられます。持ち手には天然木の樫(カシ)が使われており、グリップ性も良好。オーソドックスな鉈を探している方におすすめです。

五十嵐刃物工業 マスコット鉈 110mm C-13

全長245mm、刃長110mmとコンパクトな片刃の腰鉈。薪や竹を割ることはもちろん、それらをさらに小さくするといった細かい作業にも使える製品です。

刃の素材に炭素鋼を採用することにより耐摩耗性に優れているので、ハードに使い倒せるのもポイント。柄には堅くて丈夫な白樫を使用しており、グリップ性も良好です。価格は2000円台とリーズナブルなので「とりあえず鉈がほしい」という方にとっては候補となる製品です。

高儀(takagi) 村国

枝打ちや薪割りなどに適している腰鉈。刃幅は約180mm、刃厚は約5.5mmで、刃の素材にはSK鋼を採用しているので、タフに使えるのが特徴です。

柄の素材には樫を採用。ほどよい重量感で、力を伝えやすいのも魅力。また、ベルトやボタンがあしらわれた専用の鞘が付属しており、リュックサックに収納したり腰からぶら下げたりして携帯することも可能です。価格としては比較的リーズナブルなので、コスパ重視で製品を探している方はぜひチェックしておきましょう。

近与 安全鉈

安全性に配慮している両刃の腰鉈。「打ち込み防止ガード」が備わっているので、刃を含む各パーツをある程度ケアしつつも、力強く打ち込めるのが特徴です。

本体サイズは全長350mm、刃渡り150mm、重量は360g。ずっしりと重さは感じるものの、しっかりと薪割りができます。鉈の使用頻度が高い方におすすめのアイテムです。

花酔 サヤ付鉈 土佐 両刃 青鋼 180mm

切れ味がよく、お手入れが容易な両刃の腰鉈です。刃の素材には鋭利性と耐久性を兼ね備えた青鋼を採用。本製品は水研ぎで丁寧に仕上げられており、メンテナンスがスムーズに行えるのも魅力です。

柄の素材にはコブ付きの樫(カシ)を採用。グリップ性に優れ、滑りにくい形状を採用しているのもポイントです。しっかりと使い込める鉈を探している方はぜひチェックしておきましょう。

番外編:鉈を使った薪の割り方

下準備をする

薪割りの際にはまず土台を用意します。手頃なものがなければ平らな薪を並べて土台にするのもアリです。なお、薪を素手で持つとささくれを起こしてしまうので、軍手はしっかり用意しておきましょう。

薪を土台の上に寝かせて置く

By: amazon.co.jp

薪割りといえば、薪を立てて鉈や斧を一気に振り下ろすイメージを持っている方も多いかと思いますが、特に慣れていないアウドドア初心者はなかなかうまく割れないので、事前に使い方は確認しておきましょう。

手順としては、まず薪を土台にセットし、薪の中央部に鉈を添えた後軽く振り下ろして刃を食い込ませます。

鉈の刃が薪に食い込んだら、鉈と薪をセットとして土台に叩きつけます。このとき思いっきり振りかぶって叩き込むと怪我をする危険性があるので、力は入れつつも加減には配慮するようにしましょう。

ポイントとしては一撃で割ろうとせず、複数回に分けて割るようにするこがコツ。不慣れな方はやり続けると手にマメができたり、皮が破けたりするので、その点はぜひ注意しておきましょう。

番外編:鉈のお手入れ方法

洗う

鉈も包丁と同じように使用後は汚れを落とします。なお、そのままではサビでしまうので、洗った後はタオルなどで水気をしっかり拭き取りましょう。

新聞紙にくるんで保管する

洗い終わったら、除湿効果のある新聞紙にくるんで湿気のあまりない所に保管しましょう。湿度のあるところに保管しておくと切れ味が劣化しまうので注意が必要です。長時間使わないのであればお手入れ用の油も用意しておきましょう。

研ぐ

By: amazon.co.jp

どんなに優れた鉈でも、使い続けると切れ味が悪くなってしまいます。劣化を感じてきた際には包丁やナイフと同じように研ぎましょう。

手順としては、まず砥石を5〜6分水に浸しておきます。次に利き手で鉈の柄を持ち、反対の手で鉈の腹の部分を押さえて安定させます。この時、砥石と刃の角度は15〜20°が目安。力まずに研いでいきましょう。