キャンプで焚き火をする際にあると便利なのが「鉈(なた)」。長持ちする火を起こすためには薪を使いますが、鉈があれば薪を適切なサイズに割ることができるほか、細かい木の枝を切ったり皮を剥いだりと、さまざまな用途で活用することができます。

そこで今回は鉈のおすすめ製品をご紹介。アウドドアシーンで参考となる薪の割り方や長く使い続けるためのお手入れ方法についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

鉈の選び方

鉈の種類で選ぶ

ブレード先端が尖っている「剣鉈(けんなた)」

By: amazon.co.jp

「剣鉈」はブレード先端が尖っていることや刃から指先を守るためにツバ付きの輪が使用されているのが特徴です。薪を割ったり細かい木の枝を切ったり皮を剥いだりと火を起こすために使用できるのはもちろんのこと、肉を切ったり魚を捌いたりと包丁代わりに使ったり細かい作業をしたりと汎用性に優れています。

刃が長方形の「腰鉈(こしなた)」

By: amazon.co.jp

「腰鉈」は刃が長方形であることや刃と柄の間に丸い輪が用いられているのが特徴です。刃の重さを利用し、ハンマーのように振り下ろして使用することがポイント。ちょっと力を加えるだけでも薪を叩き割ることができるのが特徴です。

刃の形状で選ぶ

薪割り作業には刃をまっすぐ入れられる「両刃」

By: amazon.co.jp

右左面の両方に刃が付いている「両刃」は右利き左利きに関わらず扱えるが特徴。薪や竹を縦割りするのに適しており、切り口を真っ直ぐに入れられるというメリットがあります。一方で刃が欠けやすいのがデメリット。また、研ぐときに左右対称に整えなければならないので、手入れの際にも手間がかかります。

木の皮を剥いだり枝を払ったりするのに適した「片刃」

By: rakuten.co.jp

木の皮を剥いだり枝を払ったりするのには、両刃に比べて薄く鋭利な「片刃」がおすすめ。薄くまっすぐに切断できるため、細かな作業をする際に持っておくと便利です。ただし、刃の使い方にコツがいるので、上級者向けのアイテムと言えます。なお、利き手によって製品を使い分けなければならないので、その点には留意しておきましょう。

鉈の重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

薪割りをする際は、鉈だけでなく斧も候補となりますが、前者は薪に切れ込みを入れてから地面に叩きつけるようにして割り、後者は頭上から振り下ろして薪を割るので、使い方が異なります。

鉈はそれ自体に重量があると比較的割りやすいものの、重過ぎると手首への負担になるので、注意しましょう。薪割り用に使うのであれば、重量500g前後の鉈がおすすめです。

鉈の刃渡りをチェック

By: amazon.co.jp

太くて大きな薪を割りたいときは、刃渡りの長い鉈がおすすめ。おおむね160〜200mm程度あれば十分です。ちなみに、刃渡りが長すぎると収納する際にかさばり、持ち運びにも支障が出てくるので、その点は考慮しておきましょう。

柄の持ちやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

柄の持ちやすさは、鉈の太さや形状、材質などさまざまな要素が関係してきます。しっかりと手に馴染む鉈を選べば、長時間使用しても疲れにくいのでおすすめ。握るときに滑らせて怪我をしてしまう危険も未然に防げます。なお、綺麗な丸型の柄よりも、楕円形の柄の方が握りやすいので、より握りやすい鉈を求めている方はチェックしてみてください。

鉈のおすすめメーカー

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: amazon.co.jp

「ユニフレーム」は1985年に新潟県燕市で誕生したアウトドアブランド。2014年からは社名が「株式会社新越ワークス」に変更しています。

本社のある新潟県燕市はもともと鋳物職人の街として名高い土地で、品質は良好。リーズナブルな価格帯も好評なので、コスパ重視で備品を揃えたい方におすすめです。

豊国鍛工場

By: amazon.co.jp

「豊国鍛工場」は1946年に高知県で創業された和式刃物専門ブランド。江戸時代から伝わる製法を400年以上に渡って代々引き継いでおり、会社としても70年以上の歴史がある老舗として知られています。

CADや3Dプリンターといった技術を駆使しているのもポイント。昔ながらの刃物を作りつつ時代に合わせた刃物の開発にも力を入れています。

鉈のおすすめ

ユニフレーム(UNIFLAME) つるばみ鉈

ユニフレーム(UNIFLAME) つるばみ鉈

アウトドアメーカーによる人気の腰鉈です。越後刃物の伝統製法で作られており、手作業ならではのシャープな切れ味と独特の風合いが魅力。重量は約500gとほどよい重さがあるため、刃の重みを利用してラクに薪を叩き割れます。

全長は約350mmで、刃渡りは約165mm。太く大きな薪にも対応しやすいベーシックなサイズです。刃の厚みが約6mmあり、しっかりとした作りなのもメリット。柄には木材のカシを使用しており、握りやすい楕円形に設計されています。

また、ブレードを安全に保護する収納ケースも付属しているのもポイント。国内メーカーによる高品質な鉈としておすすめです。

ユニフレーム(UNIFLAME) TSURUBAMI ちび鉈 片刃二寸三分

ユニフレーム(UNIFLAME) TSURUBAMI ちび鉈 片刃二寸三分

携行性に優れたコンパクトな腰鉈です。全長は約185mmで刃渡りが約70mmと短く、取り回ししやすいのが特徴。さらに、重量が約290gと軽いうえ、便利なブレードの収納ケースが付属しているため、キャンプなどのアウトドアで気軽に持ち歩ける鉈としておすすめです。

越後刃物の伝統製法による鋭い切れ味もポイント。また、小ぶりな鉈でありながら刃の厚みが約6mmあり、しっかりとした実用性を備えています。柄にはカシ材を採用しており、端部が太く設計されているので握りやすいのも魅力です。ミニサイズの鉈を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

豊国鍛工場 間伐腰鉈 6寸 両刃 白鋼 bip013-002

豊国鍛工場 間伐腰鉈 6寸 両刃 白鋼 bip013-002

プロの山師にヒアリングして作られた高性能な腰鉈です。全長は約370mmで、刃渡りは約180mmであり、太い薪にも難なく対応できます。刃の形状は両刃タイプで、重量は約550gとほどよい重さがあるため、薪や竹を叩き割る用途におすすめの鉈です。

ブレードの素材に白鋼を使用しているのもポイント。耐衝撃性に優れているうえ、シャープな切れ味が長く続くので、長期に渡って快適に使用できます。柄に頑丈なカシ材を使用しているのも魅力のひとつ。プロ仕様の腰鉈としておすすめの製品です。

豊国鍛工場 間伐腰鉈 7寸 両刃 白鋼 bip013-005

豊国鍛工場 間伐腰鉈 7寸 両刃 白鋼 bip013-005

長さのある腰鉈としておすすめのモデルです。全長は約425mmで、刃渡りは約210mmと長めに設計されているのが特徴。重量は約580gであり、長く重さのある鉈を探している方におすすめです。

柄から刃にかけて緩やかに弧を描いているため、遠心力を利用して薪や竹をラクに叩き割れるのも魅力。刃の形状は両刃タイプで、約6.5mmの厚みがあるしっかりとした作りです。

刃の素材には白鋼を採用しており、切れ味が鋭い上研ぎ直ししやすいのもメリット。柄には硬く丈夫なカシ材を使用しています。大きな薪も割りやすいプロフェッショナルモデルの腰鉈です。

豊国鍛工場 曲がり焚き火鉈 magarit-001

豊国鍛工場 曲がり焚き火鉈 magarit-001

手軽に薪を割りやすく、初心者におすすめの腰鉈です。ブレードは焼き入れの際に泥を塗り、焼き戻しの際に油へ入れる「黒仕上げ」を採用しているのが特徴。美しい黒色と鋼を保護する効果が得られます。ブレードの素材には青紙二号鋼を使用しているため、切れ味が鋭く耐久性に優れているのもメリットです。

刃の形状は両刃タイプで、薪割りにおすすめ。また、刃渡りが約150mmと短く、重量が約400gと軽めなのもポイントです。取り回ししやすく、手軽に薪や竹を割る用途に適しています。ベルトに取り付けられる木製の鞘が付属しているので、山歩きの際も容易に携行可能です。

柄には丈夫なカシ材を使用しており、滑り止めの手彫りチェッカー加工が施されています。ツバが付いているため、万が一手を滑らせた場合に怪我をしにくいのも魅力。初心者の薪割り用に適した腰鉈としておすすめです。

ダッチウエストジャパン(Dutchwest Japan) 越乃火匠 久八 厚鉈 KK-NTA

ダッチウエストジャパン(Dutchwest Japan) 越乃火匠 久八 厚鉈 KK-NTA

新潟県三条市の斧鍛治職人によって作られた小型の腰鉈です。重量が約850gあり、ずっしりとした重みで手斧のように使えるのが特徴。全長が約375mmであるのに対し刃渡りが約135mmと短く、柄が長めに設計されているので、遠心力を利用してラクに薪を叩き割れます。

ブレードに独自の曲面仕上げを施しているのもポイント。柔らかく丸みをもたせた形状によって、刃こぼれしにくく粘り強い刃に仕上がっています。刃の形状は両刃タイプなので、薪や竹を簡単にまっすぐ縦割りすることが可能です。

柄には国産の天然木を使用しており、柄職人の手で滑らかな曲線に削り出されているため、快適な握り心地なのもメリット。重量のある腰鉈を探している方におすすめの製品です。

ダッチウエストジャパン(Dutchwest Japan) 越乃火匠 久八 朱入れ片刃鉈 KK-NTS

ダッチウエストジャパン(Dutchwest Japan) 越乃火匠 久八 小嘴鉈 KK-NTK

割る・切る・削るといったさまざまな作業に使える腰鉈です。全長は約355mmで刃渡りが約165mmであり、重量は約540g。オーソドックスな片刃の腰鉈として、薪割りや焚き付け作り、枝払い、枝打ちなどに活用できます。

ブレードは数百年の歴史を持つ伝統技術で鍛えられているため、シャープな切れ味を備えているのもポイント。ブレードの裏面には朱色で1本の線が刻まれており、山仕事の安全を祈願する意味が込められています。

革職人の手仕事によって作られた革製の収納ケースが付属しているのも魅力。汎用性に優れた高品質な腰鉈としておすすめです。

ダッチウエストジャパン(Dutchwest Japan) 越乃火匠 久八 小嘴鉈 KK-NTK

ダッチウエストジャパン(Dutchwest Japan) 越乃火匠 久八 小嘴鉈 KK-NTK

独特の形状が魅力の小型鉈です。ブレードの先端に突起が付いており、割った薪を手元に引き寄せたり、枝を集めたりと便利に使えるのが特徴。全長は約315mmで、刃渡りは約115mmであり、小さな薪や焚き付け作りにおすすめです。

重量が400gと軽く、ブレードの革製収納ケースが付属しているため、持ち運びやすいのもメリット。ブレードには曲面仕上げが施されているので刃こぼれしにくく、鋭い切れ味で快適に作業を進められます。

柄には硬く弾力のある国産白樫材を使用。また、真田幸村が武具や甲冑に用いたと言われる「真田紐」を柄の端部に取り付けているのもポイントです。

真田紐は強く丈夫な上美しい織柄なのが特徴で、手首に通したり鉈を壁に吊り下げたりと便利に活用できます。小型で使い勝手のよい鉈として、ぜひチェックしてみてください。

高儀(TAKAGI) 村国 ナタ サヤ入 全鋼 165mm

高儀(TAKAGI) 村国 ナタ サヤ入 全鋼 165mm

人気の高い片刃タイプの腰鉈です。刃渡りは約165mmで、木の皮を剥いだり枝打ちをしたりといった用途におすすめ。柄には頑丈なカシ材を使用しており、端部が太くなる楕円形で握りやすいのも魅力です。

刃を保護して気軽に持ち歩ける便利な収納ケースも付属しています。コストを抑えて片刃タイプの腰鉈を入手したい方におすすめです。

藤原産業(FUJIWARA) 千吉金賞 小型石付きエビ鉈 全鋼

藤原産業(FUJIWARA) 千吉金賞 小型石付きエビ鉈 全鋼

ブレードを刃こぼれから保護する石付きの鉈です。ブレードの先端に突起が付いており、薪割りの際にブレードが地面に当たって欠けてしまうのを防ぎます。全長は約285mmで刃渡りが約135mmと短く、取り回しが容易。両刃タイプなので薪の小割りにおすすめです。

重量は約360gと軽く、容易に携行できるのもメリット。石が多い地面でも気軽に薪割りを行える、便利な鉈としておすすめです。

近与 安全鉈 大 150mm

近与 安全鉈 大 150mm

安全面に配慮した使い勝手のよい腰鉈です。ブレードの先端が「打ち込み防止ガード」という刃付けされていない形状なので、薪割りの際にブレードや台を傷めにくいのが魅力。刃渡りは約150mmで、刃の形状は両刃仕様のため、小さめの薪を叩き割る用途におすすめです。

また、ほどよい重量があり、小さな力でラクに薪割りを行えるのもメリット。安全性に優れた腰鉈を探している方は、ぜひ検討してみてください。

ほんまもん 火造り鉈 最高級 両刃 白紙鋼 165mm

ほんまもん 火造り鉈 最高級 両刃 白紙鋼 165mm

高知・土佐の伝統技術によって仕上げられた高品質な腰鉈です。鍛治職人の手で丁寧に1丁1丁作られているのが特徴。高級刃物に使われる白紙鋼と呼ばれる炭素鋼をブレードに使用しており、切れ味と耐久性に優れているのが魅力です。

刃の厚みが5mmの両刃タイプなので、薪や竹の縦割りにおすすめ。全長は約370mmで刃渡りが約165mmあるため、大きな薪にもラクに対応できます。

また、片刃タイプや刃渡りのサイズ違いも用意されており、細かく用途に適したモデルを選べるのもポイント。使い勝手のよい大きさの薪割りに適した腰鉈としておすすめです。

ほんまもん 火造り鉈 極上 青紙鋼 竹割り鉈 180mm

ほんまもん 火造り鉈 極上 青紙鋼 竹割り鉈 180mm

竹割りや薪の小割りにおすすめの腰鉈です。鉈鍛治職人が1つ1つ手作業で鍛造火造りした鉈であり、板厚が均一で背部や刃先がまっすぐに仕上げられています。ブレードには硬く粘り強い青紙鋼を使用。鋭い切れ味が長く続き、刃こぼれなく長期間快適に使用できるのが魅力です。

全長は約340mmで、刃渡りは約180mmと長めに設計されています。刃の形状は両刃タイプで、スムーズに薪割りを行うことが可能。重量は約290gと軽めであり、キャンプや釣り、登山などさまざまなアウトドアに携行して便利に使えます。ハイクオリティな腰鉈としておすすめです。

日野浦刃物工房 味方屋作 鞘鉈180mm片刃

日野浦刃物工房 味方屋作 鞘鉈180mm片刃

新潟県三条市の鉈鍛治職人によって作られた腰鉈です。地金と鋼を叩いて組み合わせる伝統手法の「鋼付け」を採用しており、粘り強くシャープな切れ味のブレードに仕上がっているのが特徴。しっかりと手入れをすると一生物の鉈として使えるのが魅力です。

刃渡りは約180mmと長めで、片刃タイプのため枝払いや山歩きにおすすめ。柄は緩やかにカーブした握りやすい形状なので、快適かつ安全に作業を行えます。木製の鞘が付属しているのもメリット。長く使える片刃の腰鉈を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

シルキー(Silky) シルキーヨキ 570-27

シルキー(Silky) シルキーヨキ 570-27

木や竹の枝払いにおすすめの鉈です。刃先がカーブした独特の形状によって、枝を引き寄せて払ったり、切った枝を集めたりと便利に使えます。ブレードには強靭な合金鋼を使用しており、厚みが約2.75mmと薄いため、切断抵抗が小さくラクに枝を払えるのも魅力です。

ブレードに防錆メッキを施しているのもポイント。錆を防ぐだけでなくヤニや木屑がつきにくくなるので、快適に使用できます。刃渡りは約270mmで、別売りの替え刃を用意することでブレードの交換も可能です。

また、柄に独自の「ゲンキグリップ」を採用することで、手に加わる衝撃を軽減しているのもメリット。枝払いに特化した鉈として、ぜひチェックしてみてください。

豊国鍛工場 土佐狩猟剣鉈 s-006

豊国鍛工場 土佐狩猟剣鉈 s-006

日本刀と同じ鍛造方法で作られたハイクオリティな剣鉈です。ブレードの素材には白鋼を使用しており、青鋼と同等の硬度を備えているのが特徴。切れ味や耐久性に優れているのが魅力で、砥石で研ぎ直すことで簡単に鋭い切れ味を取り戻せます。長く愛用できる剣鉈を探している方におすすめです。

また、全長は約480mmで、刃渡りは約300mmと長めに設計されています。ブレードは約6mmの厚みがあり、両刃仕様なのでラクに薪割りを行えるのもメリットです。柄には丈夫なカシ材を採用しており、ステンレスのツバ輪が取り付けられているので、安全に握れます。ベルトに取り付けられる木鞘が付属しているのもポイント。山仕事や登山で重宝するおすすめの剣鉈です。

豊国鍛工場 土佐鍛ダマスカス山遊鉈 皮ケース biptdy-101

豊国鍛工場 土佐鍛ダマスカス山遊鉈 皮ケース biptdy-101

道具としての美しさと実用性を両立したおすすめの剣鉈です。ブレードにダマスカス鋼材を使用しており、側面に表れる15層の美しい積層模様が特徴。シャープな切れ味が持続し、研ぎ直しも容易に行えます。

ブレード側面の上部には細かな凹凸の槌目仕上げが施されており、手仕事ならではの風合いを楽しめるのも魅力です。全長は約320mmで、刃渡りは約180mmと長めに設計されています。両刃タイプなので薪の小割りをスムーズに行えるほか、キャンプで魚をさばく用途にもおすすめです。

柄には頑丈なカシ材を採用しており、汚れを防ぐオイルステン仕上げが施されているのもポイント。また、ブラックの革製収納ケースが付属しているため、ベルトに取り付けて手軽に持ち歩けます。実用性だけでなく、工芸品のような美しさを備える剣鉈としてもおすすめです。

ほんまもん 狩猟剣鉈 磨き 6寸 ケース付

ほんまもん 狩猟剣鉈 磨き 6寸 ケース付

高品質な剣鉈としておすすめの製品です。熟練した鉈鍛治職人の高度な技術によって、ブレードが均一の厚みかつ一直線に仕上げられているのが特徴。青紙鋼を使用した鋭い刃付けで、薪の小割りやアウトドアでの調理といった作業を快適に行うことが可能です。

全長は約350mmで、刃渡りは約180mm。重量は約250gと軽く、木製の鞘が付属しているため、キャンプや登山などのアウトドアで気軽に持ち歩けます。刃の形状は両刃仕様で、利き手を問わないのもポイント。工芸品のような美しさと実用性を兼ね備えた剣鉈として、ぜひチェックしてみてください。

耕作 ツバ付両刃鉈 剣型 210mm

耕作 ツバ付両刃鉈 剣型 210mm

白紙鋼を使用した高品質な剣鉈です。本焼き入れされているため、ブレードが硬くまっすぐに仕上がっているのが特徴。優れた切れ味を備えており、定期的に研ぎ直すことで長く使い続けられます。全長は約430mmで刃渡りが約210mmと長く、サイズの大きな剣鉈を探している方におすすめです。

刃の形状は両刃タイプを採用しており、重量が約540gあるので薪や竹の縦割りに適しています。また、ツバが付いているためブレードに触れることなく安全に握れるのもメリット。持ち歩きや収納に便利な鞘も付属しています。キャンプなどのアウトドアで薪割りや調理に使えるおすすめの剣鉈です。

番外編:鉈を使った薪の割り方

下準備をする

薪割りの際にはまず土台を用意します。手頃なものがなければ平らな薪を並べて土台にするのもおすすめです。なお、薪を素手で持つとささくれを起こしてしまうので、軍手はしっかり用意しておきましょう。

薪を土台の上に寝かせて置く

By: amazon.co.jp

薪割りといえば、薪を立てて鉈や斧を一気に振り下ろすイメージを持っている方も多いかと思いますが、特に慣れていないアウドドア初心者はなかなかうまく割れないので、事前に使い方は確認しておきましょう。

手順としては、まず薪を土台にセットし、薪の中央部に鉈を添えた後軽く振り下ろして刃を食い込ませます。

鉈の刃が薪に食い込んだら、鉈と薪をセットとして土台に叩きつけます。このとき思いっきり振りかぶって叩き込むと怪我をする危険性があるので、力は入れつつも加減には配慮するようにしましょう。

ポイントとしては一撃で割ろうとせず、複数回に分けて割るようにすることがコツです。不慣れな方はやり続けると手にマメができたり、皮が破けたりするので注意しておきましょう。

番外編:鉈のお手入れ方法

洗う

鉈も包丁と同じように使用後は汚れを落とします。なお、そのままではサビでしまうので、洗った後はタオルなどで水気をしっかり拭き取りましょう。

新聞紙にくるんで保管する

洗い終わったら、除湿効果のある新聞紙にくるんで湿気のあまりない所に保管しましょう。湿度のあるところに保管しておくと切れ味が劣化しまうので注意が必要です。長時間使わないのであればお手入れ用の油も用意しておきましょう。

研ぐ

By: amazon.co.jp

どんなに優れた鉈でも、使い続けると切れ味が悪くなってしまいます。劣化を感じてきた際には包丁やナイフと同じように研ぎましょう。

手順としては、まず砥石を5〜6分水に浸しておきます。次に利き手で鉈の柄を持ち、反対の手で鉈の腹の部分を押さえて安定させます。この時、砥石と刃の角度は15〜20°が目安。力まずに研いでいきましょう。