キャンプで焚き火をする際にあると便利な「鉈(なた)」。長持ちする火を起こすためには、薪を使うのが一般的です。鉈があれば薪を適切なサイズに割れるほか、細かい木の枝を切ったり皮を剥いだりと、さまざまな用途で活用できます。

そこで今回は、鉈のおすすめ製品をご紹介。アウドドアシーンで参考となる薪の割り方や、長く使い続けるためのお手入れ方法についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

鉈の選び方

鉈の種類で選ぶ

ブレード先端が尖っている「剣鉈(けんなた)」

「剣鉈」は、ブレードの先端が尖っているのが特徴です。薪割りはもちろん、細かい木の枝を切ったり皮を剥いだりと、細かい作業にも対応できます。また、調理・木工・ロープの切断など、通常のナイフとして使用することも可能。汎用性に優れているのが魅力です。

刃が長方形の「腰鉈(こしなた)」

By: amazon.co.jp

刃が長方形の鉈を「腰鉈」と呼びます。焚き火や薪ストーブ用の薪を割ったり、細かい枝や藪を払ったりするのに適したタイプです。使用時は刃の重さを利用して、ハンマーのように振り下ろすのがポイント。少し力を加えるだけでも斧のように薪を叩き割れるので、初心者の方でも使いやすいのが魅力です。

刃の形状で選ぶ

薪割り作業には刃をまっすぐ入れられる「両刃」

By: amazon.co.jp

右左面の両方に刃が付いている「両刃」タイプの製品は、右利き・左利きにかかわらず扱いやすいのが特徴。薪や竹を縦割りするのに適しており、切り口がまっすぐになるメリットがあります。一方で、刃が欠けやすいのがデメリット。また、研ぐときは左右対称に整える必要があります。手入れにやや手間がかかっても、使い勝手にこだわりたい方におすすめです。

木の皮を剥いだり枝を払ったりするのに適した「片刃」

By: amazon.co.jp

木の皮を剥いだり枝を払ったりするのには、両刃に比べて薄く鋭利な「片刃」タイプの製品がおすすめ。薄くまっすぐに切断しやすいため、細かい作業をする際に便利です。ただし、刃の使い方にはコツがいるので、上級者向けのアイテムといえます。また、利き手によって製品を使い分ける必要がある点にも留意しておきましょう。

鉈の重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

鉈を使用する際は、薪に切れ込みを入れてから地面に叩き付けるようにして割るのが一般的。鉈自体に重量があると勢いが付き、薪を割りやすくなります。ただし、本体が重過ぎると手首に負担がかかることもあるので要注意。薪割り用に使うなら、重量500g前後の扱いやすい鉈がおすすめです。

鉈の刃渡りをチェック

太く大きい薪を割りたいときは、刃渡り160〜200mm程度の鉈を選ぶのがおすすめ。遠心力を利用して、少ない力で薪を割れます。ただし、刃渡りが長すぎると収納する際にかさばったり、持ち運びに支障が出たりするので、バランスを考慮しましょう。

柄の持ちやすさで選ぶ

柄の持ちやすさは、鉈の太さ・形状・材質などさまざまな要素によって異なります。しっかりと手に馴染む鉈を選べば、長時間使用しても疲れにくくおすすめです。また、握るときに滑らせてケガをしてしまうリスクも軽減できます。柄の形状は、丸型よりも楕円形のほうが握りやすいので、グリップ性能を重視している方はチェックしてみてください。

鉈のおすすめメーカー

豊国鍛工場

By: amazon.co.jp

「豊国鍛工場」は、1946年に高知県で創業された和式刃物専門ブランド。江戸時代から伝わる製法を400年以上にわたって引き継いでおり、会社としても70年以上の歴史がある老舗として知られています。

鉈などの製品開発の際に、CADや3Dプリンターなどの技術を駆使しているのもポイント。昔ながらの刃物を作りつつ、時代に合わせたアイテムの開発にも力を入れています。

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: uniflame.co.jp

「ユニフレーム」は、1985年に新潟県燕市で誕生したアウトドアブランド。以前は社名とブランド名が同じでしたが、2014年には社名が「株式会社新越ワークス」に変更されました。

本社のある新潟県燕市はもともと鋳物職人の街として名高い土地で、鉈においても品質は良好。性能と価格のバランスに優れているのが魅力です。

鉈のおすすめ

豊国鍛工場 野遊鉈 dime-002

神秘的な模様が表面に浮かぶ、ダマスカス鋼を刃の素材に採用した剣鉈。ダマスカス鋼は剣刀などの素材に用いられており、強靭で優れた切れ味を備えているのが特徴です。本製品は、片面に7層ずつの鉄と鋼材を重ねた鋳造製法によって仕上げられ、さらに切れ味の鋭さを高めています。

また、柄には高級なクルミ材を採用。木材独特の質感で味わい深く、手に優しくフィットして握りやすいのも魅力です。サイズは、全長が260mmで刃渡りが120mmとコンパクト。重量も285gと軽量で収納ケースも付いているので、携帯性にも優れています。

豊国鍛工場 土佐鍛ダマスカス豆山遊鉈 腰鉈 bip-801

取り回しがしやすい小型の鉈。サイズは全長200mmで刃渡りは80mmと非常にコンパクトなため、取り扱いがしやすく、繊細な作業が行えます。ナイフのように野菜の皮をむくなどの調理作業にも活用可能。

また、長方形の刃を備えた腰鉈タイプなので、小さな薪割りをはじめ、小枝を払ったり燃えやすく薄めに割いたりといった使い方にも適したモデルです。さらに、素材に樫の木を採用した湾曲形状の柄が備わっているのもポイント。握りやすいうえ、前方に荷重がかかりやすく、軽い力で薪を割りやすい仕様です。

柄にはチェッカリング加工が施されており、細かい凹凸によって滑りを抑えながら操作性を高めています。キャンプなどのアウトドアで、便利に活用したい方におすすめです。

豊国鍛工場 鍛造竹割鉈鋼 take3-006

優れた切れ味と耐久性を備えている鉈。伝統の「土佐自由鍛造」によって鍛えぬかれた鉄と鋼を素材に採用しています。本格的な切れ味により、プロはもちろん美術大学や工芸専門学校などでも幅広く使われているモデルです。

サイズは、全長390mmで刃渡りが240mmと大型。重量は620gあるため、大きな薪や竹もスムーズに切断できます。柄の素材には樫を採用しており、手に馴染みやすい楕円形でしっかり握れるのも特徴です。

刀身は細身で、竹割りがしやすく設計されています。竹製のバッグ・竹筒・竹籠といった、さまざまな竹細工や加工に使用するのもおすすめです。

ユニフレーム(UNIFLAME) TSURUBAMI ちび鉈 片刃二寸三分 684078

高性能で幅広いキャンプ用品などを取り扱う人気のアウトドアブランド、「ユニフレーム」が販売している小型の鉈。職人の手作りによって丹念に仕上げられたモデルです。柄の素材に樫の木材を用いた、ぬくもりのある味わい深いデザインも魅力。

片刃タイプなので切れ味が鋭く、薪をまっすぐに切断したい場合に適しています。サイズは全長が約185mmで刃渡りは約70mm、重量は約290g。コンパクトで軽量なうえ、収納ケースも付属しているため便利に持ち運べます。キャンプなどへ携帯しやすく、小型で取り扱いのしやすい鉈を探している方におすすめです。

千吉(Senkichi) レジャー鉈 SGKN-3

高い強度の鋼を素材に採用し、本鍛造によって仕上げられた剣鉈。耐久性が高く、鋭い切れ味を備えているモデルです。両刃タイプなので、利き腕に関係なく使用可能。薪の縦割りや、枝打ち、枝払いといった用途で力を発揮します。

サイズは全長325mmで、刃渡りは145mmと比較的コンパクト。重量も約320gと軽量なうえ、ベルト通しができる収納ケースも付いており、持ち運びにも便利です。また、価格が安いため、手軽に使いやすいのも魅力。コスパを重視して選びたい方におすすめです。

シルキー(Silky) NATA 両刃 210mm 555-21

特殊合金鋼製の強靭な刃が備わった、鋭い切れ味が続きやすい腰鉈。焼き入れを刃全体に施しているのが特徴です。また、グリップエンドまで達するブレードを柄で挟んだフルタング設計で、高い耐衝撃性を備えています。

柄を取り外せば、切れ味が落ちたり破損したりした刃を交換可能。さらに、素材にゴムを採用したグリップが滑りにくく、操作性も良好です。薪割りなどでの手への衝撃を抑え、負担を軽減しながら作業が行えます。薪割りや木材の切断作業などで、使用頻度が高い方におすすめの腰鉈です。

ダッチウエストジャパン(Dutchwest Japan) 越乃火匠 久八 大嘴鉈 KK-NTO

先端部分に突起が搭載された鉈。焚き付け用に小割りにした木材を、手元へ引き寄せるのに便利です。また、薪割りなどの切断作業で、硬い部分に当たった際の刃こぼれを防ぐのにも役立ちます。キャンプなどのアウトドアシーンで小枝を払ったり、山歩きでツルを切ったりするのに適したモデルです。

サイズは全長が365mmで、刃渡りが160mm。比較的大きな薪を割るのにも使えます。重量は700gと重めなので、大きな薪でも勢いよくスムーズに割りやすいのがポイント。利便性の高さや使い勝手のよさを重視する方におすすめの鉈です。

千吉金賞 小型石付きエビ鉈 ゼンコウ

刃の素材に鋼を採用した、耐久性の高い鉈。先端に備わっている「石部分」により、刃先が硬い部分に当たって欠けるのを防ぎます。両刃タイプのため、利き腕に関係なく使用可能。薪などを縦割りする場合にも適しています。

価格も安いので、手軽に使いやすいのも魅力。コスパの高さにこだわって選びたい方におすすめの鉈です。

富田刃物(TOMITA CUTLERY) 仁作 ステンレス製 竹ナタ No.4165

鋭い切れ味を備えた腰鉈。刃の素材には、頑丈な「高硬ステンレス鋼」を採用しています。刃部には鏡面仕上げが施されており、汚れを落としやすいのが特徴。耐錆性にも優れているため、手入れも簡単です。

グリップにはストラップが付いているので、手首に引っ掛けて使用可能。作業中の落下やすっぽ抜けを防ぎ、安全性に配慮されているのもポイントです。サイズは、全長315mmで刃渡りが165mmと比較的大型。大きめの薪や竹を割るのに適しています。

中林製作所 冒険倶楽部 なたとのこ 2丁組 NS-180

多用途で使える、鉈とノコのセット。キャンプでの薪割りや、庭木の剪定、DIYなど幅広く活用できます。鉈のサイズは、全長が350mmで刃渡りは165mmと比較的大型。重量は380gと軽量で、操作性に優れているのも特徴です。

また、鉈とノコを一緒に収納できるケースも付属。アウトドアにも便利に持ち運べます。キャンプから家庭までさまざまなシーンで幅広く使える、汎用的なツールセットを探している方におすすめです。

シルキー(Silky) ヨキ 570-27

カーブを描いた刃先により、枝の引き寄せや払いがスムーズにできる鉈です。刃の素材には特殊合金鋼を採用。強靭なうえ、鋭利な薄刃構造のため切断抵抗が少なく、優れた切れ味を備えているのも特徴です。

サイズは、全長490mmで刃渡りが270mmと大型。重量は520gあり、太めの薪を割ったり枝をバラしたりするのに適しています。また、ゴム製の柄によって滑りを抑え、手への衝撃も軽減可能。さらに、フルタング構造なので切断時の衝撃にも強く、切れ味が落ちた刃の交換も簡単にできます。

近与(KONYO) 安全鉈

刃の上部と下部に「打ち込み防止ガード」が搭載された、安全性の高い腰鉈。薪割り作業で、刃の打ち込みによって刃と台が傷むリスクを抑え、安心して力強い作業が行えます。刃渡りは約150mmと比較的コンパクトで取り扱いがしやすく、薪割りだけでなく枝払いなどに使いやすいのも特徴です。

また、両刃タイプなので、右利き・左利きのどちらでも使用可能。まっすぐな切り口で、スムーズに薪割りができます。さらに、価格が安めで手軽に求めやすいのも魅力。コスパが高く、初心者の方にもおすすめの鉈です。

ベアボーンズ(BAREBONES) ジャパニーズナタアックス 2.0

ビンテージ感のある、おしゃれなデザインを採用した鉈。刃渡りが非常に長いのが特徴です。耐久性に優れたステンレススチール製のブレードを備えているのもポイント。枝や雑草を払ったり木を削ったりといった作業をはじめ、食材のカットなど多用途に活用できます。

柄の素材には、クルミ材を採用。落ち着きのある褐色で、味わい深い質感も魅力です。さらに、指にフィットして握りやすいグリップ形状で、作業中の安定感や操作性を高めます。重量は520gで勢いを付けやすく、スムーズな切断をサポート。細めの薪を割るのにも使用できます。

豊稔企販(HOUNEN KIHAN) 豊稔光山作 安来鋼青紙付 片刃腰鉈 HT-3519

刃渡り210mmと、非常に長い刃を備えた大型の腰鉈です。鋭い切れ味を備えた「安来鋼青紙」を素材に採用しているのが特徴。強度の高い刃により薪割りがしやすく、枝打ちや枝払いになど幅広い作業で威力を発揮します。スムーズに切断でき、作業効率を高められるのが魅力です。

また、鋭利な片刃タイプのため、木の皮を剥ぐなどの繊細な作業にもぴったり。高い強度と切れ味の鋭さを兼ね備え、本格的な薪割り作業に使えるおすすめモデルです。

鋼典(Kanenori) 両刃竹割鉈 C-12

熟練の職人よって丹念に仕上げられた腰鉈です。刃の素材には純度の高い鋼を採用。火打ち鍛造によって鍛えあげられた、鋭い切れ味を備えたモデルです。

サイズは、全長が315mmで刃渡りは165mmと比較的大型。大きく太い薪を割る際にも使用できます。大型ながら重量は285gと軽量で、扱いやすいのも特徴。また、柄の長さが150mmあるため、力強く切断する作業や繊細な作業など、用途によって握るポイントを調節できます。

さらに、両刃タイプで利き腕に関係なく使用でき、薪をまっすぐにきれいに割りやすいのもメリット。価格も安いのも魅力で、コスパの高さを重視する方や、初心者の方にもおすすめです。

五十嵐刃物工業 鍔付最高級ナタ 鋼典 C-20

高級感のあるデザインが特徴の鉈です。柄の部分には深いブラウンの渋染が、刃の部分には光沢を抑えたマット仕上げが施されています。落ち着きのある外観が好みの方にぴったりです。

柄は180mmと長く、握りやすい製品を探している方にも適しています。付属のバンドを活用すれば、衣服やバッグなどに取り付けて携帯することが可能。デザインだけでなく、使いやすさにも優れた製品がほしい場合はチェックしてみてください。

浅野木工所 手打鋼付 サヤ付鉈 07010

職人の手作業により熱処理や鍛造が行われているのが特徴の鉈です。固い鋼だけでなく、極軟鋼と呼ばれる柔らかい鋼を採用しているのが特徴。長期間切れ味を維持しやすいため、キャンプなどで頻繁に利用する方におすすめです。用具などが揃っていれば、セルフメンテナンスで切れ味を維持させることもできます。

柄の素材には、強度のある樫を使用。耐久性に優れた製品を探している方はチェックしてみてください。

番外編:鉈を使った薪の割り方

下準備をする

薪割りの際には、まず土台を用意します。手頃なモノがなければ、平らな薪を並べて土台にするのもおすすめです。なお、薪を素手で持つとささくれを起こしてしまう場合があるので、軍手を用意しておきましょう。

薪を土台の上に置いて割る

薪を土台にセットして、薪の中央部に鉈を添えた後、軽く振り下ろして刃を食い込ませます。鉈の刃が薪に食い込んだら、鉈と薪をセットとして土台に叩き付けます。このとき、思いきり振りかぶって叩き込むとケガをするおそれがあるので、力は入れつつも、加減には配慮するようにしましょう。一撃で割ろうとせず、複数回に分けて少しずつ割るのがコツです。

番外編:鉈のお手入れ方法

洗う

鉈も包丁と同じように、使用後は洗って汚れを落とします。そのままではサビでしまう場合があるので、洗った後はタオルなどで水気をしっかり拭き取りましょう。

新聞紙にくるんで保管する

洗い終わったら、除湿効果のある新聞紙にくるんで、湿気の少ない場所に保管しましょう。湿度の高い場所に保管しておくと切れ味が劣化することもあるので、注意が必要です。長時間使わない場合は、お手入れ用の油も用意しておきましょう。

研ぐ

By: rakuten.co.jp

どんなに優れた鉈でも、使い続けると切れ味が悪くなってしまうもの。劣化を感じてきた際には、包丁やナイフと同じように刃を研ぎましょう。

砥石をセットしたら、利き手で鉈の柄を持ち、反対の手で鉈の腹の部分を押さえながら研いでいきます。このとき、砥石と刃の角度は15〜20°が目安です。なお、両刃の場合は裏表を均等に研がないと、薪割りなどの際に刃が折れたり曲がったりしてしまうので注意してください。