子どもから大人まで手軽に楽しめるフリスビー。アウトドアシーンにおいては必需品とまでは言いませんが、あると便利なアイテムです。特に大人数が集まるキャンプではテント設営後や食事前など、ちょっとした時間に楽しむと盛り上がるのでおすすめです。

そこで今回は、フリスビーのおすすめモデルをご紹介。遊び方や製品の選び方についても解説しているので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

フリスビーとは?

フリスビーは1940年代のアメリカ・エール大学の学生が大学近くの「フリスビー・パイ」というパイ屋のパイ皿を投げて遊んだのが起源といわれています。その後安全なプラスチック製のディスクが作られ、1959年にワーム・オー社が「Frisbee(フリスビー)」という名前で売り出して世界に広がりました。なお、「フリスビー」という名称もワーム・オー社の登録商標であり、正式名称は“フライングディスク”です。

最初はお遊びだったフリスビーもスポーツとして11種目が考案され、一般名称「フライングディスク」が1984年に制定されました。2020年東京オリンピック追加競技の最終候補にはなりませんでしたが、2024年オリンピック競技を目指す、れっきとしたスポーツです。

アウトドアで盛り上がるフリスビーの遊び方

野球のキャッチボールのようにフリスビーもキャッチ&スローを楽しめますが、フライングディスクの正式種目をアレンジして楽しむのもおすすめ。大人数でプレーしても盛り上がるフリスビーの楽しみ方をご紹介します。キャンプやレジャーの際の参考にしてみてください。

アルティメット(Ultimate)

By: jfda.or.jp

コート内で1チーム7名ずつがプレーする、フリスビーを使ったフットボール形式の種目です。味方同士でパスを繋いでいきながら、コート両端にあるエンドゾーン内でディスクをキャッチできれば得点が入ります。

フットボールと異なる点は、ディスク保持者は走らずにフリスビーを投げながら得点を目指す必要があること。広いスペースを確保できるレジャーシーンにおすすめのゲームです。

ドッヂビー(DODGEBEE)

By: jfda.or.jp

フリスビーを使ったドッジボール形式のゲーム。相手にあたっても危険がないようにウレタンとナイロン製のソフトなディスクを使用します。直接対決するチーム戦なので、キャンプで盛り上がること必至。日本発祥のオリジナル種目です。

アキュラシー(Accuracy)

By: jfda.or.jp

スロー&コントロールの正確さを競う種目。1.5m四方の正方形の枠を“アキュラシーゴール”とし、正面の距離が違う3地点、左右方向それぞれ2ヶ所から各4投し、アキュラシーゴールを通過した数を競います。アウトドアの状況に応じて、自由にアキュラシーゴールを設定して楽しむことが可能です。

フリスビーの選び方

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

フリスビーの素材はプラスチックが一般的。そのほかにはウレタン・ポリカーボネートも使用されています。安定した飛行ができるのはプラスチック製。ドッヂビーや小さなお子さんとプレーされる場合や室内で利用する際は柔らかいウレタンがおすすめです。

サイズ・重量で選ぶ

By: jfda.or.jp

フリスビーの直径は200~270mmほどが主流。一般的には235mmが最も投げやすいサイズとされていますが、お子さんと一緒に遊ぶ場合は、比較的キャッチしやすい大きめのサイズのフリスビーを使用するのがおすすめです。

重量は40~175gと幅広いフリスビーがラインナップされています。重いフリスビーの方が安定した飛行が楽しめるのがメリット。軽いフリスビーは風の影響を受けやすく不安定ですが、お子さんや女性でも扱いやすいので気軽に楽しめます。

フリスビーのおすすめランキング

第1位 ラングスジャパン(RANGS JAPAN) ドッヂビー 235

ラングスジャパン(RANGS JAPAN) ドッヂビー 235

重量65gと軽いので当たっても痛くない、ドッヂビー用のフリスビーです。外側には、軽くて丈夫な「オックスフォードナイロン」を採用。ディスクの表と縁でナイロン糸の太さを変えるなど、軽量化のための工夫が細部まで施されています。

また、芯材にはウレタンを採用しており、縁部分のウレタンをより厚くすることで安定性を実現。バランスよく、遠くまでブレずに飛ばせます。さらに、水に浮くので海や川の近くでも安心して使用できるのも魅力。直径235mmの程よいサイズで快適に飛ばしたりキャッチしたりできる、おすすめのフリスビーです。

第2位 Discraft ウルトラスター アルティメット・スポーツディスク

Discraft ウルトラスター アルティメット・スポーツディスク

世界フライングディスク連盟やアルティメット委員会公認のアルティメット競技用ディスクです。重量は175g、直径は270mmと重くて大きいため、風の影響を受けにくく安定した飛行を得られます。

投げる際にはやや力が必要ですが、遠くまでよく飛ぶので広々とした場所を確保したうえで思いきり楽しんでみましょう。

第3位 ラングスジャパン(RANGS JAPAN) フリスビー マックスコースター

ラングスジャパン(RANGS JAPAN) フリスビー マックスコースター

フリスビーを世界に普及させた「ワーム・オー社」設計の、リング状に大きく穴の開いたフリスビーです。航空力学に基づいたデザインで、力を入れなくても正確に投げられるのが特徴。精密成形されたディスクの縁が長い飛行時間を可能にしているほか、ディスク裏側にはゴルフボールのパターン形状を採用したことで安定性も良好です。

また、ディスク全体が柔らかなラバークッションで包まれているので体に当たっても痛くなく、人が多いキャンプ場でも安心して楽しめるのもポイント。直径254mmの大きめサイズなので快適にキャッチできます。重量は85gと軽く、6歳以上が対象のフリスビーです。

第4位 カイザー(Kaiser) ストーム ディスク KW-413

カイザー(Kaiser) ストーム ディスク KW-413

ポリエステル素材を採用した、柔らかいフリスビーです。直径300mmと大きめサイズなので、子どもでもキャッチしやすいのがメリット。対象年齢は6歳以上です。

さらに、重量は約125gと扱いやすい重さで快適に遊べます。リーズナブルな値段で気軽に購入できるのも魅力。フリスビー初心者でも安心して楽しめる、コスパ抜群のアイテムです。

第5位 X-Com 子供フライングディスク エアロビー

X-Com 子供フライングディスク エアロビー

対象年齢は3歳からと、小さな子どもでも安全に遊べるフリスビーです。重量105gと軽量設計であるのに加え、柔らかな「PUスポンジ素材」を採用しているため体に当たっても痛くなく、子ども連れのレジャーシーンにぴったり。

また、航空力学に基づいた「スポイラーリム構造」により飛行中のバランスが保たれるので、真っ直ぐに飛ばせるのもポイントです。さらに、直径240mmと投げやすくキャッチしやすいサイズであるのも魅力。ケガを心配せずに安心して投げられるおすすめのフリスビーです。

第6位 WHAM-O GPA ガッツディスク

WHAM-O GPA ガッツディスク

「ワーム・オー社」が手掛けた、ガッツ競技用のフリスビー。ガッツとは、各5名ずつの2チームが平行線上に向かい合ってディスクのスローとキャッチを行う競技です。キャッチやスローをミスすると、相手チームにポイントが与えられます。そのため、本製品はキャッチやスローが快適にできる、ガッツに適した飛行性能を備えているのが特徴です。

重量は110gと軽めであり、直径は235mmと最も投げやすいサイズ。安定性がよく、余計な力を入れなくてもまっすぐに飛ばせます。団体でのキャンプシーンでガッツ競技を楽しみたい方はもちろんのこと、フリスビーを上手に投げる練習がしたい初心者の方も要チェックのアイテムです。

第7位 ミカサ(MIKASA) ドッヂビー DBJA

ミカサ(MIKASA) ドッヂビー DBJA

日本ドッヂビー協会認定のドッヂビー用フリスビーです。ディスク外側にはナイロンを、内側にはウレタンを採用したソフトなディスクなので、体に当たっても痛みがありません。また、ディスクの表と縁の素材を工夫して組み合わせることで、摩擦耐久強度が向上しています。

そのほか、縁部分の内材と包材に公式ディスク専用の素材を採用しており、縫製と接合部の強度が高いのもポイント。さらに、縁の高さを40mmとやや高めにしたことで優れた飛行性能を発揮できます。重量約86gと軽いのに加え、直径270mmの大きめサイズでキャッチしやすいため子ども用にもぴったり。高い品質と基本性能を誇るおすすめのフリスビーです。

第8位 エアロビー(AEROBIE) スーパーディスク

エアロビー(AEROBIE) スーパーディスク

圧倒的な飛距離を誇ることで話題の「エアロビーシリーズ」のフリスビーです。本製品は、ディスクの縁をリング状構造にすることで風の影響を受けにくいのが特徴。少ない力でも、真っ直ぐ安定した飛行が得られます。

また、ポリプロピレン製で重量は120gと軽く扱いやすいほか、直径は約245mmとキャッチしやすいサイズであるのもポイント。さらに、水に浮くので水辺のキャンプシーンでも安心して遊べます。障害物のない広い場所で、思う存分楽しめるおすすめのフリスビーです。

第9位 オゴスポーツ(OGOSPORT) オゴディスク ミニ SM001

オゴスポーツ(OGOSPORT) オゴディスク ミニ SM001

これ一つで多彩な遊び方ができる、ユニークなアイテムです。色違いのディスク2枚とボール1つがセットになっており、ディスクをそのまま遠くに投げればフリスビーを、ディスクをラケット代わりにすればテニスを楽しめます。また、一人でも壁にボールを打ち付けて遊んだり、ラケット面を上に向けてボールを弾ませて遊んだりできるのもポイント。

さらに、本体には柔らかく弾力がある「EVA素材」を、ネットには伸縮性に優れた「Lycra Spandex素材」を採用しており、体に当たっても痛くありません。キャンプやバーベキューなどのレジャーシーンに携帯すれば盛り上がること請け合いのおすすめフリスビーです。