良質なダウン製品を多数ラインナップしているアンドドアメーカーの「ナンガ」。なかでも、長年培ってきた技術とノウハウを凝縮したシュラフ(寝袋)はクオリティが高く、世界中の登山家やキャンパーから支持されています。

そこで今回はナンガのおすすめのシュラフをピックアップ。「冬用」「夏用」「春・秋用」の3タイプに項目を分けてご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

ナンガ(NANGA)とは?

By: nanga.jp

「ナンガ」は滋賀県米原市に拠点を置くアウトドアメーカー。国内生産とダウンの質にこだわっているのが特徴です。

高品質なヨーロッパ産のダウンを使用しているほか、洗浄加工に関しては羽毛加工メーカー「河田フェザー」が担当しているのもポイント。自社工場で職人によりひとつずつ丁寧に裁縫されたシュラフは、軽量かつ保温性に優れています。

また、永久保証に対応しているのも魅力。何かトラブルがあった時にスピーディーに対応できるのも同メーカーの強みです。長く愛用できるシュラフを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

ナンガのシュラフの特徴

By: nanga.jp

ナンガのシュラフの特徴は上質なダウンを採用していること。成熟した水鳥の羽毛を採用することで、丈夫で保温性に優れたシュラフに仕上がっています。

また、メーカー独自の「立体構造」を採用し、ダウンの偏りを防いているのもポイント。軽量化を図りつつも、寒さを感じやすい足元に羽毛を多く封入するなど、使い勝手に配慮しているのも魅力です。

ナンガのシュラフの選び方

使用する季節で選ぶ

By: nanga.jp

シュラフの多くは温かさの目安となる「快適使用温度」と「下限温度」が表示されています。ただし、各メーカーによって基準が異なるので、あくまでも目安として考えるようにしましょう。

ナンガのシュラフは、EU諸国で規定された「ヨーロピアン・ノーム13537」に基づき、快適使用温度と下限温度を設定しており、前者を「一般的な成人女性が寒さを感じることなく寝ることができる温度域」、後者を「一般的な成人男性が寝袋の中で8時間寝ることができる温度域」としています。

特に下限温度に関しては健康に関わる部分なので、冬用なら-5℃以下、夏用なら5~10℃あたりを目安に選ぶのがおすすめ。シュラフを使用する場所や季節を考慮して判断するようにしましょう。

ダウンの種類で選ぶ

DX

By: amazon.co.jp

ヨーロッパ産のホワイトダックダウンを、国内で洗浄したもののみを使用したダウン。全体量の90%がダウン、10%がフェザーの割合で、コストパフォーマンスに優れた高品質ダウンです。

UDD

By: amazon.co.jp

DXの羽毛に超撥水加工を施したダウン。撥水剤と羽毛を結合し、細かな粒子の壁を作ることで水の侵入をブロックするのが特徴です。従来のダウンは「水に弱い」という懸念点がありましたが、UDD(ウルトラドライダウン)はその弱点を克服した高性能なダウンです。

ナンガのシュラフおすすめ|冬用

ナンガ(NANGA) オーロラライト 600 DX

ナンガ(NANGA) オーロラライト 600 DX

優れた防水性と透湿性で人気のシリーズ。本製品は立体構造を採用しており、コンパクトさを追求しつつも保温力をより一層アップしたモデルです。

快適使用温度は-4℃、下限温度は-11℃。760フィルパワーの高品質なヨーロピアンダックダウンを封入しており、冬の登山やキャンプに適しています。収納サイズは17×31cmで、2Lのペットボトル1本分というコンパクトさです。

また、表面に防水透湿性の高いオーロラテックスを採用しています。濡れや湿気に強いので、シュラフカバーも必要ありません。

ナンガ(NANGA) オーロラライト900DX

ナンガ(NANGA) オーロラライト900DX

オーロラライトシリーズにおけるハイエンドモデル。快適使用温度は-10℃~、下限温度は-19℃で、国内の厳冬期キャンプはもちろん、海外の高山にも利用できる本格化モデルです。

収納サイズは21×41cmで、重さ1350g。760フィルパワーのDXを封入しており、保温性重視の方におすすめのアイテムです。

ナンガ(NANGA) UDD BAG 810DX

ナンガ(NANGA) UDD BAG 810DX

超撥水加工を施したUDDのシュラフです。収納サイズは19×31cmで、重さ1260g。770フィルパワーのダウンを封入し、濡れに強く、軽量コンパクトなのが特徴です。

快適使用温度は-7℃~、下限温度は-13℃で、国内のほとんどの厳冬期のキャンプで使用可能なモデル。多少の濡れや雪の付着にもストレスを感じさせない使い心地で、雪山キャンプに挑戦したい方におすすめのアイテムです。

ナンガ(NANGA) UDD BAG 1000DX

ナンガ(NANGA) UDD BAG 1000DX

UDD BAGシリーズの厳冬期に対応したモデル。超撥水加工を施した770フィルパワーのダウンを封入し、頭まで包み込むフードを採用。快適使用温度-9℃、下限温度-16℃で、国内から海外の高山登山までカバーする保温効果の高いシュラフです。

通常の羽毛よりも傷みにくく、乾燥時間も短く済みます。長く利用するうえで、手入れが簡単なのもうれしいポイント。収納サイズは、21×41cm、重さ1450gでコンパクトにまとまります。

ナンガ(NANGA) DOWN BAG 900

ナンガ(NANGA) DOWN BAG 900

ナンガのシュラフのなかでも、コストパフォーマンスに優れたシリーズ。650フィルパワーのホワイトダックダウンとナイロンを絶妙に組み合わせたシュラフです。

収納サイズは23×34cm、重さ1,550g。快適使用温度は-12℃~、下限温度は-25℃で、冬季の中級山岳や冬のキャンプ、車泊泊用としても最適なモデルです。

ナンガ(NANGA) DOWN BAG 1000

ナンガ(NANGA) DOWN BAG 1000

DOWN BAGシリーズにおけるハイクラスモデル。快適使用温度は-18℃、下限温度は-35℃で、国内高山から海外の高山まで、あらゆる条件の局地に対応するシュラフです。丈夫で破れに強いため、ハードユースにも耐えられます。

収納サイズは、35c×23m、重さ1750g。レギュラー、ショート、ロングの3サイズが展開されています。

ナンガのシュラフおすすめ|夏用

ナンガ(NANGA) オーロラ300DX

ナンガ(NANGA) オーロラ300DX

生地には防水透湿性の高いオーロラテックスを採用し、濡れや汚れに強い使い勝手のよいシュラフ。快適使用温度7℃、下限温度5℃で、夏の登山やキャンプに最適なモデルです。

760フィルパワーのダウンを封入。保温性も確保しつつ、適度に蒸れを逃すので、夏の夜でも快適に利用できます。さらに体温調整に便利なセンタージップとフード形状を採用し、使いやすさ良好のアイテムです。

ナンガ(NANGA) UDD BAG 180DX

ナンガ(NANGA) UDD BAG 180DX

収納サイズ12×20cm、重さ450g。軽さとコンパクトさを追求した夏用シュラフです。荷物をひとつでも減らしたいソロキャンプやサイクリング、ツーリングキャンプなどにおすすめ。

超撥水加工を施したUDDを採用しているので水に強く、ちょっとした濡れも気にならない使い心地です。快適使用温度は11℃、下限温度は7℃です。

ナンガ(NANGA) DOWN BAG 250 STD

ナンガ(NANGA) DOWN BAG 250 STD

コストパフォーマンスに優れたDOWN BAGシリーズで夏に最適なシュラフ。下限温度は4℃、収納サイズ14×24cm、重さ690gと、夏の低山キャンプやツーリングで活躍するコンパクトモデルです。

気軽に持ち運べ、寒い季節にもブランケットとして利用できるので、冬用シュラフをすでに持っている方にもおすすめ。

ナンガ(NANGA) ラバイマーバッグW 400

ナンガ(NANGA) ラバイマーバッグW 400

春先から夏の終わりまで使える封筒型のシュラフです。ゆったりとしていて中で自由に動けるので、体を包む形状のマミー型のシュラフでは窮屈さを感じる方におすすめ。

大人2人や、小さな子どもを挟んで川の字になって横になれるので、ファミリーキャンプに最適。両サイドのファスナーを広げればブランケットとしても利用できます。

ナンガのシュラフおすすめ|春・秋用

ナンガ(NANGA) ミニマリズム 250

ナンガ(NANGA) ミニマリズム 250

「より小さく、より遠くへ」というコンセプトのもとに開発された同シリーズ。収納サイズは13×25cm、重さ415gと軽量でコンパクトサイズにまとまっているのが特徴です。

930フィルパワーの最高級シルバーグースダウンを封入し、コンパクトさだけでなく、高い保温性も確保。想定温度は同社基準で-5℃で、春から秋にかけての3シーズンには十分利用できます。

ナンガ(NANGA) オーロラライト 350 DX

ナンガ(NANGA) オーロラライト 350 DX

同社のシュラフにおける軽量・コンパクトを追求した同シリーズ。本製品は快適使用温度は5℃、下限温度0℃で、春から秋にかけて使えるアイテムとして人気です。

高い防水透湿性のオーロラテックス素材を採用し、濡れに強いのが特徴。撥水加工を施している生地を表面に採用しているので、シュラフカバーなしで使用できます。

また、立体構造で効率的に保温できるため、ストレスを感じることなく快適な睡眠をサポート。使い勝手のよいおすすめのシュラフです。

ナンガ(NANGA) オーロラ 500 STD

ナンガ(NANGA) オーロラ 500 STD

オーロラテックスの採用で濡れや汚れに強い同シリーズ。本製品は、快適使用温度は1℃、下限温度は-4℃で、肌寒さが感じる春や秋にも使える汎用性の高いモデルです。

650フィルパワーのホワイトダッグダウンを封入。限られた羽毛量でもしっかりと保温性を確保しています。センタージップとフード形状を採用し、使い勝手に優れているのもポイントです。

ナンガ(NANGA) UDD BAG 450 DX

ナンガ(NANGA) UDD BAG 450 DX

超撥水加工を施したUDD BAGシリーズのなかで、春から秋までの3シーズン利用可能なモデル。快適使用温度は1℃、下限温度は-4℃と、あらゆるシーンで利用できる汎用性の高いシュラフです。

濡れに強く、従来のダウンの弱点を克服。水に強いとされてきた同クラスのシュラフと比べても、コンパクトで保温性は良好です。汎用性が高く、トータルバランスのよいおすすめのアイテムなので、長く使える寝袋を探している方はぜひチェックしておきましょう。

ナンガ(NANGA) DOWN BAG 450 STD

ナンガ(NANGA) DOWN BAG 450 STD

ナンガのシュラフのなかでも、安く価格設定がされているDOWN BAGシリーズ。本製品の快適使用温度は-4℃、下限温度は-8℃で、同シリーズのなかでは、早春から秋口まで幅広く利用できるモデルです。収納サイズは18×29cmとコンパクトにまとまり、使い勝手良好のアイテムです。

ナンガ(NANGA) DOWN BAG 600 STD

ナンガ(NANGA) DOWN BAG 600 STD

春秋はもちろん、雪のまだ降っていない初冬のキャンプにまで使えるオールシーズンモデル。本製品の快適使用温度は-6℃、下限温度は-12℃で、同社のシュラフのなかでも価格が安く抑えられているのも特徴です。

保温性をアップするボックスキルト構造で、あらゆる環境でストレスのない睡眠をサポート。使い勝手もよく、コストパフォーマンスに優れているのもおすすめポイントです。

ナンガ(NANGA) ラバイマーバッグW 600

ナンガ(NANGA) ラバイマーバッグW 600

春先から晩秋まで使用できる封筒型のシュラフ。従来の封筒型のシュラフは収納スペースに困るという懸念点がありましたが、本製品の収納サイズは25×40cmとコンパクトにまとまっているのが特徴です。

650フィルパワーのホワイトダックダウンを封入し、保温性も良好。ファミリーキャンプやカップルにおすすめのシュラフです。