1975年創業の総合アウトドアメーカー「モンベル」。ラインナップ製品である寝袋は、保温性や速乾性の高さが特長で、登山ツールとしても支持されています。

そもそも寝袋は中綿の素材によって分けられ、代表的なものはダウンと化学繊維(化繊)の2種。モンベルはどちらも取り揃えているので選択肢に幅があるのも魅力です。そこで今回は、モンベルの寝袋の特長を解説したのち、快適な寝心地を追求したモンベルのおすすめの寝袋をご紹介します。

モンベルの特徴

By: about.montbell.jp

モンベルは1975年創業の日本の総合アウトドアメーカーです。"Function is Beauty(機能美)"と"Light & Fast(軽量と迅速)"をコンセプトに、ウェアやバックパック、テントなどのアウトドア製品全般を手がけています。

日本人の体型に合わせたサイズ展開もモンベルの特長で、日本の気候に合わせた設計も施されています。海外の人気アウトドアブランドよりもリーズナブルな価格でアフターケアが充実しているのもポイントです。

さらに、自然保護活動や社会福祉活動などのボランティア活動も積極的に取り組んでおり、「寄付つき商品」を買うと売上の一部が自然保護団体に寄付できたり、メンバーズポイントで寄付することが可能。東日本大震災や、熊本地震の時には「アウトドア義援隊」として募金をはじめ、無料でテントや寝具を貸し出したりなど、支援活動を行っていました。また、山岳保険も販売していたり、アウトドアイベントの企画運営も行なっています。

モンベルの寝袋がおすすめな理由

By: rakuten.co.jp

モンベルの寝袋がおすすめな理由として、まず伸縮性が優れている点が挙げられます。素材が伸びて身体が楽な姿勢を維持できるにも関わらず、寝袋内の暖かい空気は逃がさないように身体にしっかりとフィットします。

また、モンベルの寝袋は素材へのこだわりも魅力です。保温性に優れた軽量で高品質なダウンや、リーズナブルでお手入れが簡単にできる化学繊維の中綿など、幅広くラインナップしています。

さらに、寝袋の暖かさのレベルが明確に番号で表示してあるので、初心者でも用途に合わせて選びやすいのもポイントです。

モンベルの寝袋の選び方

伸縮性で選ぶ

モンベルの寝袋の特長は伸縮性の高さです。主に「スーパースパイラルストレッチシステム」と「スパイラルストレッチシステム」の2種類から選べます。

「スーパースパイラルストレッチシステム」は、生地の繊維をななめ方向に配置し、ステッチ部分に糸ゴムを採用することで伸縮率は135%。寝袋の中での寝返りもストレスなくできます。また、糸ゴムが収縮して隙間を作らないので保温力も高く、フィット感も良好です。

「スパイラルストレッチシステム」は伸縮率120%の緩やかな伸びと軽量性を考慮したタイプ。生地本来の伸縮性を生かすため、繊維をななめ方向に配置しています。また、軽量化するため、ゴムなどの伸縮素材は使用していません。

「スーパースパイラルストレッチシステム」は、身長が170cm以上の方、「スパイラルストレッチシステム」は170cm以下の方におすすめです。

保温性を確認する

モンベルの寝袋には番号がついています。番号が小さいほど保温性が高く、大きいほど夏期使用向けのものになるので、目安としては「#0」「#1」は冬山・高山、「#2」「#3」はスリーシーズン対応、「#5」「#7」は夏山・サマーキャンプ向けです。登る山や季節など、用途をしっかりと決めてから選びましょう。

モンベルの寝袋おすすめ人気モデル

モンベル(mont-bell) バロウバッグ #0 ロング 1121275

3種類のポリエステル繊維をブレンドした保温性の高い寝袋です。超耐久撥水加工を施した素材を採用しており、濡れにも強いのが魅力。国内の3000m級の冬山でも使用できるので、寒い時期や高山での使用を考えている方におすすめです。

本製品はロングモデルなので、適応身長が190cmまでとなっています。身長180cm以上の高身長の方はロングモデルを選ぶと快適です。

モンベル(mont-bell) ファミリーバッグ #1 1121188

リーズナブルな価格帯でゆったりとした寝心地が特長の封筒型寝袋です。本製品は「ホローファイバー」という速乾性に優れた素材を採用。
また、ジッパーをフルオープンにするとブランケットとしても活用できます。

同一のモデルをジッパーでつなげて併用することも可能。家族でのキャンプや車中泊などさまざまなシーンで活用可能な寝袋です。

モンベル(mont-bell) ダウンハガー800 #3 1121291

3シーズン対応の寝袋。“POLKATEX”というハイレベルの撥水加工が施してあるので、製品をドライに保つことができつつも、保温性はしっかりカバーできるのが特長です。

表地には、軽量化と強度をもつ「バリスティックエアライト」を採用。さらに、繊維自体に縮れを加えることで伸縮性を確保し、肌に触れる際の冷たさを軽減させています。軽量感と高い保温性を備えた寝袋なので、荷物を軽量化したいにおすすめです。

モンベル(mont-bell) ホローバッグ マミー型 #3 1121191

フィット感があるマミー型と、開放感のある封筒型とをうまく組み合わせた寝袋です。L字型ジッパー採用で、足元を開閉できたり、フルオープンすればブランケットにもなります。自宅で洗濯ができるので、アウターケアも容易です。

モンベル(mont-bell) ファミリーバック #3 1121189

封筒型の寝袋。速乾性に優れたホローファイバーを採用しているため、濡れてもすぐにカバーできます。また、接触冷感の少ない生地なので、肌触りも良好です。

ジッパーで同アイテムをつなげれば、複数人で一緒に寝ることも可能。価格もリーズナブルなので、ファミリーでキャンプの際に持っておきたい寝袋です。

モンベル(mont-bell) バロウバッグ #3 1121273

3シーズン対応のバロウバックモデルの寝袋。保温性の高い「エクセロフト」という繊維を採用しているほか、抜群の伸縮性を持った「スーパースパイラルストレッチシステム」によって、寝る時の姿勢を制限せずに快眠をサポートします。自宅で洗っても中綿の片寄りが起こらず、汚れや不快な臭いにも対応可能です。

モンベル(mont‐bell) エクセロフト カモワッチ バッグ 1321101

ミリタリー柄の寝袋。腕を動かすことができ、ジッパーを足元から開いて、裾を内側に折り曲げスナップボタンで留めれば、自由に歩くこともできます。

見た目通り、森林におけるカムフラージュ効果が期待できるタイプなので、昼夜問わず野生動物の撮影をしたいユーザーにとっては便利なアイテムです。

モンベル(mont-bell) ダウンハガー800 #5 1121292

モンベルの寝袋の代名詞とも言えるのが「ダウンハガー」モデル。"800"という数字はダウンの品質を示す数字で、数値が大きいほど高品質であることを示します。

ダウンの品質は「フィルパワー」という単位で表し、一般的に700以上が高品質の基準。800~1000フィルパワーの「EXダウン」は、多くの暖かい空気を蓄え、高い保温性を保持します。

本製品は軽量でコンパクトに収納でき、快適性も備えたモデル。「ポルカテックス」という加工を採用したことで中綿をドライに保ち、保温性を保持することが可能。また、伸縮性のある「スーパースパイラル」構造で圧迫感なく快適に眠れます。秋冬のキャンプにおすすめの寝袋です。

モンベル(mont-bell) アルパイン バロウバッグ #5 1121284

登山に適した軽量感と、化学繊維の中綿で楽にお手入れができる、初心者の方におすすめのコスパの高い寝袋です。速乾性に優れており、通気性もあるので、蒸し暑い時期でも快適に過ごせます。

本製品は伸縮性のある生地を採用。身体にフィットする保温性の高いマミー型で、寒くなり始めた秋のキャンプにも有効です。

モンベル(mont-bell) アルパイン バロウバッグ #7 1121285

寝袋を入れた後に圧縮することができる「スタッフバッグ」が付いているので、コンパクトに収納できます。総重量も700gと軽量。荷物をなるべく少なくしたい夏のキャンプやフェス、自転車やバイクでのキャンプツーリングの際におすすめの寝袋です。

また、緩やかに伸縮する「スパイラルストレッチシステムを採用しているので、寝袋の中でも楽に寝返りを打つことができます。