キャンプや登山の夜を快適に過ごすにはシチュエーションに合った寝袋を選ぶことが大切です。寒い季節は保温性、暑さが残る季節は速乾性や通気性を重視して選ぶと快眠を得られます。しかし、実際に寝袋を選ぼうと思うと何がいいのか悩むもの。

そこで今回は寝袋のラインナップが豊富なモンベルの製品を紹介します。極寒の冬山に対応するモノから真夏の暑さでも快適に使えるモノまで揃っているので、用途に合わせて選んでみてください。

モンベル(mont-bell)とは?

By: amazon.co.jp

モンベルは1975年に大阪市にて創業したアウトドアメーカーです。「Light & Fast Function is Beauty」をコンセプトとしたテントや寝袋などのキャンプ用品を始め、バックパックやレインジャケットなどの小物や衣類も手がけています。

軽量で保温性に優れたダウンジャケットやフリースなどの防寒着も人気。ほかのアウトドアメーカーと比較すると、機能性が高くコスパがよいという魅力があり、多くの人に支持されています。

「モンベルクラブショップ」は国内外に幅広く展開。日本ではショッピングモールやアウトレットモールに多くの店舗を出店しています。アメリカやスイスにも現地法人を設立し、グローバルに活動しているアウトドアメーカーです。

モンベルの寝袋の特徴

モンベルの寝袋はとにかくバリエーションが豊富です。高品質ダウンを中綿に封入した「ダウンモデル」と、独自開発の化学繊維を中綿に使用している「エクセロフトモデル」の2タイプがあり、それぞれに-15℃から15℃まで対応するラインナップを揃えています。

また、どの製品も保温性と速乾性に優れており、温かい眠りを得られるだけでなく体から出る水分を適度に蒸発させて寝袋の中を快適に保てるのがポイント。「伸びる寝袋シリーズ」は生地の繊維を斜めに配置した「バイアス・ストレッチ」により、就寝中の体の動きが妨げられずに快適な眠りを得られます。

また、極細繊維で構成された肌触りのよい「スーパーマルチ・ナイロン・タフタ」を生地に採用しているモノは、強度も高く長い間使い続けることが可能。世界最高レベルのはっ水性を誇る「ポルカテックス」を生地に施したモノは、中綿の濡れによる保温性の低下や重量増が抑えられるので使用感が抜群です。

身長150cmの女性から190cmの男性まで対応したサイズ展開も魅力。軽量タイプはスタッフバッグに収納するとコンパクトになり携帯に便利です。ジッパーが両サイドに付いているモノや、寝袋同士をジョイントできるモノもあるので、工夫次第でテントの中に快適な寝室を作れます。

モンベルの寝袋の選び方

季節で選ぶ

モンベルの寝袋は商品名の後ろに保温能力を数字で記載しています。一番の保温力を持つモノは「EXP」、その次は「0#」から「7#」まであり、数字の低い方がより保温力が高いという意味です。この数字と合わせて寝袋の仕様欄にある快適に過ごせる温度を指す「コンフォート温度」と使用する限界の温度を表す「リミット温度」を確認し、使用する季節に合わせて選びましょう。

-15℃前後の冬山には「EXP」が最適。-10~0℃の冬季キャンプでは「0#」か「1#」のモノを使用するとしっかり防寒できます。夏の高山や冬の低山キャンプなどで一年を通して使いたい方は、スリーシーズン対応の「2#」か「3#」がおすすめです。

初夏から秋になる手前までのキャンプや、夏山登山には「#5」または「#7」が最適。「#7」はコンフォート温度が12℃、リミット温度が8℃なので、夏のキャンプだけでなく熱気がこもりやすい車中泊にも便利です。薄手で折りたたむとコンパクトになるため、バイクツーリングの携帯用にも向いています。

素材で選ぶ

羽毛

モンベルが寝袋の素材として採用している羽毛は、寒暖差の激しい自然環境で育てられた水鳥から採取しているため、保温に優れているのが特徴。1つの羽毛のサイズが一般的なものより大きいため、少ない封入量でも高い保温力を実現しています。極寒の冬山や真冬のキャンプで寒さをしのぐには、ダウン(羽毛)の寝袋が最適です。

一般的にダウンの品質はフィルパワー(FP)で表示され、600~700FPが良質、700FP以上が高品質とされています。モンベルのダウンシリーズは、900FP、800FP、650FPの3種類。いずれも羽毛の品質が高く保温性に優れていますが、寒さが苦手な方はFP値が高い寝袋を選んだ方が快適に眠れます。

羽毛の寝袋は体にフィットするほどよい弾力と柔らかさが特徴。横たわったときに体が包み込まれる感覚を好む方に向いています。羽毛を使用しているため価格はやや高価ですが、保温性を最優先したい方にはダウンシリーズがおすすめです。

化学繊維

By: montbell.jp

モンベルが独自開発した化学繊維の「エクセロフト」は、ほかにはない抜群の保温力と耐久性が特徴。極細繊維がそれぞれの空間を埋め尽くして温かい空気を保持するため、高い保温性を実現しています。3種類の異なるポリエステル繊維綿をブレンドすることで、優れたかさの高さとふくらみの回復性を兼ね備えているのもポイントです。

「0#」から「#3」には、化学繊維の中綿を交互に重ねた「瓦葺き構造」を採用しており、縫い目からの放熱を防止するため冬でも快適に使えます。「#5」と「#7」は縫い目が表地から裏地に貫通しないようにジグザグに中綿を配置する「ジグザグ構造」になっており、通気性の高さが特徴です。

太さの異なる3つのポリエステル繊維綿がほかの繊維の働きを助ける構造のため、適度に弾力があるのもポイント。ダウンシリーズでは柔らかすぎる方や腰痛が気になる方にはエクセロフトシリーズが向いています。また、ポリエステルは吸湿性が低くダニや細菌が発生しにくいと謳われているので、アレルギー体質の方にも最適です。

モンベルの寝袋おすすめ

モンベル(mont-bell) ダウンハガー800 #3 1121291

「スーパースパイラルストレッチシステム」による抜群の伸縮性と軽量性を備えた高品質モデル。重量600gでコンパクトに収納できるので、キャンプの荷物を減らしたい方におすすめです。800FPのEXダウンで軽量性だけでなく保温性にも優れています。

コンフォート温度は3℃、リミット温度は-2℃なので、夏山から冬の低山キャンプまで一年を通して使えるモノを探している方におすすめ。同モデル同士でジョイントもできるため、子供と一緒に1つの寝袋で寝ることも可能です。

生地には極細のバリスティックナイロン糸を高度な技術で織り上げた「バリスティック エアライト」を採用。抜群の軽量性と十分な強度を備えています。「箱マチ」構造でダウンの片寄りと縫い目からの放熱を防止している点もポイント。初夏から初冬のキャンプで快適に使える高性能な寝袋です。

モンベル(mont-bell) ダウンハガー800 ウィメンズ#5 1121179

女性が快適に睡眠できるように設計された寝袋。筋肉が少なく発熱量が少ない女性の足の冷えを解消するために、足元のダウンを20%アップして封入されています。肩部分の幅を狭くすることで余計なスペースを省き、保温力を高めているのもポイントです。

スタッフバッグは少ない力でも収納できる構造のため、女性だけでなく小学校高学年から高校生が使うのにも最適。スーパーストレッチシステムにより、寝返りを妨げない快適な眠りができるのもポイントです。

生地にははっ水加工の「ポルカテックス」が施されており、汚れや濡れに強く扱いやすさがあります。女性や体の小さな人が楽に扱えて心地よく眠れる寝袋を探している方におすすめです。

モンベル(mont-bell) ダウンハガー650 #5 1121258

650FPダウンを使用し、軽量性と快適性を追求したモデルです。伸縮率135%の「スーパーストレッチシステム」を採用しており、保温性が高く窮屈感を感じないのがポイント。スペックとコスパのよさを兼ね備えた使いやすいモノを探している方におすすめです。

コンフォート温度は10℃、リミット温度6℃で、夏山キャンプから気温が高い地域での秋冬キャンプに対応できます。同モデルとジョイントもできるので、数人でまとまって車中泊する際にも便利です。

生地にはしなやかでソフトな肌触りの「スーパーマルチ・ナイロン・タフタ」を採用。ダウンの偏りと縫い目からの放熱を防止する「箱マチ」構造も全面に施されているため、快適な使い心地を得られます。

モンベル(mont-bell) バロウバッグ #3 1121273

モンベルが独自開発した化学繊維の「エクセロフト」を中綿に使用しているバロウバッグは、メンテナンスが簡単で扱いやすいのが特徴。繊維自体が吸水しないため濡れに強く、中綿のかさ高さを損なわずに保温力を保てます。

生地には抜群の伸縮率で体の動きを妨げない「スーパースパイラルストレッチシステム」を採用。今まで使っていた寝袋では寝苦しい方や寝相の悪い方におすすめです。コンフォート温度は6℃、リミット温度は1℃なので、1年を通して快適に使えます。

中綿は瓦葺きの原理で交互に重ねられているため、縫い目からの放熱が少なく保温力にも優れたモデル。2万円以下で買えるコスパのよさと、保温力や扱いやすさを兼ね備えた寝袋を探している方におすすめです。

モンベル(mont-bell) アルパインバロウバッグ #7 1121285

自転車やバイクのキャンプツーリングに最適なコンパクトモデルを探している方におすすめのモデル。スタッフバッグに収納するとコンパクトになり重量も700gと軽量なので、自転車やバイクのサイドバッグにも容易に収まります。

生地には「スパイラルストレッチシステム」が施されており、寝心地が快適なのもポイント。中綿の「エクセロフト」は保温性と速乾性に優れているため、メンテナンスも簡単で扱いやすいのがメリットです。

コンフォート温度は13℃、リミット温度は10℃なので、夏山登山やキャンプにも最適。生地に施された超耐久はっ水加工の「スーパーマルチ・ナイロン・タフタ」により、多少の汚れや濡れも気にせずに使えます。

モンベル(mont-bell) ファミリーバック#3 1121189

テントでの使用だけでなく、ロッジや車中泊でも活用できる便利な封筒型タイプの寝袋です。中綿の「ホローファイバー」は速乾性に優れており、朝露で濡れても素早く保温力を回復するので季節を問わずに使えます。汎用性に優れたモノを探している方におすすめです。

快適睡眠温度域は7℃以上なので、夏山や秋の低山キャンプに最適。サイドのL型ジッパーを開放するとブランケットとして使ったり、同一モデルとジョイントしたりできるので、寝袋としてだけでなく布団のように使えて便利です。

生地には肌触りがよく接触冷感が少ない「ポリエステル・タフタ」を採用しているため心地よく眠れます。5000円台の安さも魅力で、さまざまなシチュエーションに合わせて多様に使える快適な寝袋です。

モンベル(mont‐bell) ダウンハガー800 #1 1121289

800FPのEXダウンで保温力に優れたモデル。800~1000FPのEXダウンはかさの高さに優れており、わずかな重量の羽毛でも多くの暖かい空気を溜め込むことができるため、軽量でも極めて高い保温性を持つのが特徴です。同モデルとジョイントが可能なので、大きさを拡張できます。

コンフォート温度は-4℃で、リミット温度-10℃なので、冬山の寒い夜も快適。生地には伸縮性が高い「スーパースパイラルストレッチシステム」を採用しており、すき間のないフィット感で心地よく眠れます。楽に寝返りができるだけでなく保温効率が高いのも特徴です。

「フローゲート・テクノロジー」によりダウンの片寄りを防げるため、長期間快適に使えるのもポイント。世界最高レベルのはっ水性を誇る「ポルカテックス」加工を生地に施し、中綿の濡れによる保温性の低下や重量増を抑えているので容易に扱えます。保温力と軽量性を兼ね備えた寝袋を探している方におすすめです。

モンベル(mont-bell) アルパインダウンハガー800 #3 1121302

超軽量でコンパクトにもかかわらず、高い快適性を実現したモデル。ダウンハガーよりもライトな使い心地があり、季節を通して使えるバランスのよいモノを探している方におすすめです。軽量でも800FPのEXダウンを使用しているため、冬の低山キャンプに十分対応できます。

コンフォート温度は5℃で夏の高山での使用も快適。リミット温度は0℃で初秋のキャンプでもしっかり保温できます。「スパイラルストレッチシステム」を採用したアルパインシリーズは、軽量性と緩やかな伸びを実現。体の動きを制限しない快適な眠りを得られます。

生地には十分な強度と抜群の軽量性を備えた「バリスティック エアライト」を採用し、世界最高レベルのはっ水性を誇る「ポルカテックス」を施しているのもポイント。保温性と軽量性を備え一年を通して使えるモデルです。