「寝袋(シュラフ)」は、キャンプや登山のアウドドアシーンに欠かせないアイテムです。コールマンやモンベルなどさまざまなメーカーから発売されていますが、持ち運びしやすく季節にあったモデルを選ぶのがポイント。一方で、モデルが多すぎて初めて寝袋を買う方にとっては選ぶのが難しいアイテムでもあります。

そこでこの記事では、寝袋の選び方やブランド・おすすめのモデルを封筒型・マミー型・人型のタイプ別にご紹介します。

寝袋(シュラフ)の種類

保温性が高く冬に適した「マミー型」

「マミー」とは、英語で「ミイラ」を表す言葉です。名前の通り、寝ている姿がミイラに似ていることが名前の由来といわれており、身体との密着度が高く保温性に優れているのが特徴。冬用の寝袋として使用できるのはもちろん、季節を問わず使用できるモデルも発売されています。

また、マミー型の寝袋はコンパクトに収納できる軽量のモノが多いのもおすすめポイント。キャンプだけでなく、登山やトレッキングにも最適です。初心者におすすめのタイプでもあります。

動きやすく使いやすい「封筒型」

By: amazon.co.jp

ゆったりとした寝心地を得られるのが、封筒型の寝袋です。長方形のモデルが多く、布団のようにリラックスしやすいのが魅力。モデルによっては、寝袋同士をくっつけることが可能なので、子供連れでアウトドアを楽しみたいファミリーや車中泊をよくする方に最適です。

なお、ファスナーを全開にすると、ひざ掛けになるのもおすすめポイント。一方で、身体との密着度が低いのがデメリットです。冬や寒冷地での使用には相性が悪いため、春や秋の涼しい時期に使用するタイプとしておさえておきましょう。

着たまま自由に動ける「人型」

By: amazon.co.jp

人型の寝袋は、服のように着たまま移動したり、料理などの作業をしたりできるのが特徴。着る寝袋とも呼ばれており、機能性に優れているのが魅力です。場所を問わず常に体をあたためておけることから、最近では家の中の部屋着として採用する方も増えてきています。

また、デザインが豊富なので、自分好みのモデルが探せるのもおすすめポイントです。寝袋を買う際に見た目にこだわりたい方に最適。夏用の半袖タイプも発売されているので、使用する季節に合わせて選べます。

寝袋(シュラフ)の選び方

中綿の素材と特徴をチェック

化学繊維素材

コストパフォーマンスを重視したい方は、化学繊維素材が使われたモデルを選ぶのがおすすめです。手頃な価格ながら耐久性が高く洗濯できるモデルが多いため、汚れたら洗うことが可能。水に強い傾向があるため、雨の日でも使用できます。

一方で、ダウン素材と比較すると、収納時にかさばりやすいのが難点。登山やトレッキングの際は荷物がかさばる原因のひとつになる場合もあります。化学繊維素材の寝袋は、利用シーンを想定したうえで購入しましょう。

ダウン素材

ダウン素材は、羽毛を重ねることで空気の層を作ることが可能。化学繊維よりも軽いうえに、保温性が高いため人気の素材です。また、折りたたむとコンパクトになるため、持ち運びしやすいのも魅力。一方で、化学繊維よりも価格が高く設定されている傾向にあるので、購入前は予算を考慮して検討しましょう。

水に弱いのもダウン素材のデメリットですが、最近では洗濯可能なモデルも発売されています。気になる方は購入時にチェックしてみてください。

快適温度は「+5℃」が目安

寝袋には、快適に使用できる温度が記載されているため、購入前に必ず確認しておきましょう。一般的には、夏用なら5~10℃、冬用なら-15〜-5℃、春〜秋の3シーズン用なら-5~5℃のモデルが最適といわれています。

一方で、体感温度は個人差があり、実際に使用状況によって快適度は異なります。そのため、使用シーン+5℃を目安として選ぶのがおすすめです。

コンパクトに収納できるモデルがおすすめ

By: captainstag.net

登山や、自転車やバイクでのキャンプに寝袋を持っていくなら、コンパクトに収納できるかどうかチェックしておくのがおすすめ。購入時は、収納サイズの確認も忘れないようにしましょう。収納サイズが小さいモデルほど、持ち運びや家での保管に適しています。

なかでも、マミー型の寝袋は、軽量でコンパクトに収納できるモデルが多いのが特徴。なお、化学繊維が使用されているモデルは、長方形に折りたたんだ後に足元から頭に向かって巻くと、空気が抜けやすく小さく畳めます。

ダウン素材の寝袋は、足元から押し込んで収納するとコンパクトに収納可能です。

寝袋(シュラフ)のおすすめブランド

モンベル(mont-bell)

登山家である辰野勇氏により設立された日本のアウトドアブランド「モンベル」。「Function is Beauty(機能美)」をコンセプトとして掲げており、高性能な製品を世に送り出しています。なお、モンベルの寝袋は、デザインがシンプルなモデルが多いのが特徴。機能性も高いので、初心者から上級者までに愛されています。

登山やキャンプなどシーンを選ばずに使用できるモデルを探している方におすすめのブランドです。

コールマン(Coleman)

コールマンは、1901年に創業されたアメリカで人気のブランドです。もともとはランタンを扱っていることで有名ですが、アウトドアアイテムも幅広く取り扱えており、世界各国から支持されています。

なお、コールマンの寝袋はマミー型や封筒型などラインナップが豊富なのが特徴。用途に合うモデルを見つけられます。製品の耐久性が高いため、長く使える寝袋を探している方はチェックしておきたいブランドです。

ナンガ(NANGA)

By: amazon.co.jp

羽毛にこだわりを持つ日本の羽毛製品メーカー「ナンガ」は、滋賀県米原市で創業されたブランドです。寝袋以外にも、ジャケットやパンツなどの国産登山アパレルを生産しています。

なお、ナンガの寝袋は、質の高いダウン素材が使用されているモデルが多いのが特徴です。熟練職人の縫製技術によって、軽いながらも保温性が高く仕上げられています。高品質な寝袋を探している方は、ぜひナンガの寝袋をチェックしてみてください。

ロゴス(LOGOS)

ロゴスは「水辺5メートルから標高800メートルまで」をブランドポリシーに、豊富なアイテムを展開するアウトドアの総合メーカー。テントやタープ、ハンモックなどアウドドアシーンをより楽しむためのアイテムを取り扱っています。

おしゃれかつ機能性が高いアイテムが多いことから、初心者から上級者まで幅広く愛されているブランドです。なお、ロゴスの寝袋は、ファッショナブルな見た目が特徴。寝袋を選ぶ際にデザインも重視したいという方はぜひチェックしてみてください。

冬キャンプにおすすめの寝袋(シュラフ)

コールマン(Coleman) マルチレイヤースリーピングバッグ

フリース・ミッドレイヤー・アウトレイヤーと3つのレイヤーを組み合わせているのが特徴の寝袋です。それぞれのレイヤーを分割して使用できるのが魅力。春・秋は、アウトレイヤーとフリース、夏はミッドレイヤーとフリース、冬はレイヤーを全て組み合わせて使用すると、快適な寝心地を得られます。

サイズは、横90×縦200cm。アウトレイヤーはファスナーを合わせることで連結させられるので、ファミリーでの使用にもおすすめです。また、収納バッグが付属しており、持ち運び時は約52×39×38cmとコンパクトに収まります。丸洗いも可能なので、汚れを落としやすいのもおすすめポイントです。

ロゴス(LOGOS) neos シュラフ 丸洗いアリーバ

保温性と快適性を両立させている寝袋です。中綿の素材にはポリエステル繊維をマカロニのように中空にしたダイナチューブファイバーを使用しており、空気を蓄えられるため高い保温性を有しています。適正温度目安は-15℃なので、冬のキャンプや登山に最適です。

また、汗をはじめとした水分をスムーズに外部へと排気するモイスチャーマネジメントを採用することで、快適な寝心地を維持できるのも魅力。さらに、ジッパー部分にドラフトチューブをバックアップすることで、冷気が侵入するのを防いでいるのもおすすめポイントです。

そのほか、足元の圧迫を和らげストレスがかかりにくいよう、フットアングルストラクチャー構造を採用しているのも人気の理由。なお、サイズは幅約80×210cm、折りたたむと約31×31×52cmとコンパクトに収まります。

ホワイトシーク(White Seek) KRATOS 寝袋

ホワイトシークは、価格が安いアウトドアアイテムを取り扱っているメーカーです。本製品も、コストパフォーマンスが高いのが魅力。素材には3Dホローファイバーを1500g使用しているので、保温性が高いのが特徴です。

また、内側には肌触りのよい生地が使用されているため、快適な寝心地を維持できます。噛み込み防止ファスナートップが採用されているうえ、内側からもファスナーを開けられるので、スムーズに着脱可能。さらに、寝ている間にファスナーが開かないよう、ファスナーガードが付いているのもおすすめポイントです。

なお、サイズは幅75×長さ225cmと一人用ですが、開いて使えば幅150cmとなり、掛け布団や敷布団として使用することも可能。ブラックや迷彩などアウトドアシーンに映えるカラーを選べます。

LEEPWEI  寝袋

210Tポリエステル素材を採用し防水コーティングを施すことで、防水性・保温性・速乾性を高めた寝袋です。中綿には防寒性に優れたシルクコットンを使用。野外使用時に雨が降っても、内部をあたたかく保てます。

また、肌に触れる裏地には通気性がよく柔らかい素材を使用しているので、快適な寝心地を保つことが可能。さらに、フードには伸縮できる手縄が付いており、首元や頭部を圧迫感なくしっかり包み込みます。約2分でコンパクトに折りたためるため、持ち運びにも苦労しにくく、使い勝手のよい寝袋です。

ホークギア(HAWK GEAR) 丸洗いできる寝袋

機能性が充実している寝袋を探している方におすすめのモデルです。広範囲ジップを採用しているため、体勢を変えたり、寝返りを打ったりできるのが特徴。また、首元はドローコードで調節することで密閉が可能で、冷気の侵入を防ぎます。

さらに、防水性もあるため、雨が降っても保温できるのもおすすめポイント。汗をかいても自動的に排出するため、内部の蒸れを防げます。なお、中綿素材には中空ホローファイバーを採用しており、限界使用温度-15℃と冬に使用するのに最適。丸洗いも可能です。

Tooge 寝袋

中綿にコットンを使用している寝袋です。対応可能な最低温度目安は-25℃に設定されているため、冬のアウトドアシーンに最適。表面には撥水生地を使用しているので、雨が降っても保温性を保てます。また、内側には吸水性・通気性に優れた生地を使用しているので、寝心地も快適です。

さらに、ドローファスナーやファスナーガード・噛み込み防止パーツなどのパーツがついており、機能性に優れているのもおすすめポイント。なお、サイズは幅80×長さ210cmで、付属の収納バッグにしまえば25×45cmとコンパクトに収まります。収納バッグはハンドル付きなので、持ち運びしやすいのも魅力です。

寝袋(シュラフ)のおすすめ|マミー型

モンベル(mont-bell) アルパイン ダウンハガー  800

中綿に800フィルパワーの高品質ダウンを使用した寝袋です。ダウン素材がボックス構造で封入されているので、ダウンの片寄りを防げるのが特徴。快適温度は-8℃で、特に、冬のテント泊や車中泊に適しています。

トンネルフードやネックバッフルなどの寒気を遮断する構造によって、保温性が高いのも魅力。また、モンベル独自の生地の繊維方向を斜めに配置する「スパイラルストレッチ」が採用されているのもおすすめポイントです。使用した時に身体にフィットしやすく、寝ている間に動きを制限しないので、窮屈感を感じにくいモデルを探している方にも人気があります。

なお、頻繁に洗濯すると生地にダメージを与える可能性があるため注意が必要。洗濯後は水気を切り、風通しのよい場所で乾燥させましょう。

イスカ(ISUKA) 寝袋 エア 450

夏の登山から冬の登山まで幅広く対応しているイスカの寝袋です。素材には800フィルパワーを高品質のダウンが使用されています。また、冷気の侵入を防ぐチューブがジッパーの内側に配置されており、内部のあたたかい空気の流出を防ぐショルダーウォーマーも搭載されているため、保温性の高さも魅力です。

さらに、足元を先端方向に傾斜させている形状によって、足元にゆったりとしたスペースを作っているのもポイント。3D構造が採用されていることで、身体の形状にフィットしやすいデザインとなっています。保温性と快適性の両方を求めたい方は、ぜひ購入を検討してみてください。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ブルーカズー NBR41800

高品質の700フィルパワーの撥水プロダウンが使用されている、ザ・ノース・フェイスの寝袋です。圧力が集中しやすい頭部・背部・臀部・踵部に、熱効率を高める「クライマシールドプリズム」を配置しているのが特徴。また、足先まで血行を妨げにくく、保温効率を高める「ボルテッド・フットボックス」を採用しているため、保温性に優れたモデルです。

下限温度は-9℃で、春〜秋の3シーズンに対応可能。ヘッドランプや腕時計などを収納できるファスナーポケットや、暗がりでも使いやすい蓄光素材のファスナーがついており、機能性にも長けています。なお、ストレージバッグが付属しており、収納時は44×23cmとコンパクトに収まるので、持ち運びしやすいのも人気の理由です。

ナンガ(NANGA) オーロラ500STD

ダウン素材が使われているうえに、防水コーティング加工が施された「オーロラテックス」を採用している寝袋。ナンガの寝袋のなかでも、代表的なシリーズのひとつです。快適温度は1℃で、下限温度が-4℃と、3シーズンに対応しています。

特に、夏の低山や低地のキャンプ地での利用に適しており、シュラフカバーがなくても保温性をキープできるため、キャンプ初心者におすすめのモデルです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アクティブ シュラフ 600

コストパフォーマンスを重視したい方におすすめなのが、キャプテンスタッグのシュラフです。ほかのモデルよりも手頃な価格ながら機能性が高いのが魅力。素材にはポリエステルが使用されているため、水に強いのも特徴です。また、ファスナー部分からの放熱や冷気の侵入を防ぐドラフトチューブが採用されているため、保温性を高く保てます。

さらに、表地には撥水性と通気性に優れた「リップストップポリエステル70D」を採用しているので、内部の蒸れを防ぐことも可能。快適な寝心地をキープできるのも魅力です。なお、使用時のサイズは約幅80×長さ210cm。適応温度は5〜25℃で、春・夏・秋の3シーズンに対応しています。

付属の収納バッグにしまえば、20×40cmとコンパクトになるため、持ち運びも簡単です。

寝袋(シュラフ)のおすすめ|封筒型

ロゴス(LOGOS) 封筒型シュラフ ミニバンぴったり寝袋

サイズが約幅142×奥行き190cmと、ミニバンの室内サイズに合うため、車中泊をよくする方におすすめのモデル。テント泊で大きめのサイズの寝袋を探している方にも最適で、分割することで1人用の寝袋として使用することも可能です。表面の素材には丸洗いできる「モイスポリ」を使用しており、簡単にお手入れができます。

また、通気性に優れているのも魅力のひとつ。肌面素材にはポリエステルファイバーを起毛させた「サーマブレスクロス」を使用しています。さらに、中綿には、繊維同士が独立する加工が施された「ダイナチューブファイバー」を採用。かさ高を保ちやすいモデルとしても人気です。

コールマン(Coleman) パフォーマーIII/C5 2000034774

裏地を表に出す「コンフォートカフ」を採用している、コールマンの寝袋です。快適な寝心地を得られるモデルを探している方におすすめ。快適温度は0〜5℃のため、春〜秋の3シーズンで使用できます。

また、機能性に優れているのもおすすめポイント。内側に配置されたポケットには、スマートフォンなどの小物を収納しておくことが可能です。さらに、中綿にはポリエステルを採用しており、洗濯機で丸洗いできるため、汚れたらすぐに洗えるのも魅力のひとつ。コンパクトに収納できる付属の専用ケースに収納すれば、簡単に持ち運びできます。

なお、使用時のサイズは約幅80×奥行き190cmのため、主にソロキャンパーに適しているモデルです。

コールマン(Coleman) ファミリー2in1 C10

幅が約168cmと広いため、2人で使用してもゆったり横になれるのが魅力の封筒型寝袋です。ファミリーやカップルで使用できるモデルを探している方におすすめ。上下を分割すれば、1人用の寝袋として使ったり、マットレスとして使ったりできます。

使用可能温度が5〜10℃のため、春・夏・秋の3シーズンに対応しているのもおすすめポイント。表地と裏地が起毛仕上げされているため、肌触りが優しいのも人気の理由です。首元には、冷気を遮断してあたたかさを保持する「サーマルスプリットカラー」が採用されているので、しっかり防寒できます。

なお、中綿にはポリエステルが使用されているため、洗濯機で丸洗い可能。イージーキャリーケースが付属しているので、持ち運びしやすいのも魅力のひとつです。

スノーピーク(snow peak) 寝袋 SSシングル BD-105GY

初めて寝袋を買う方におすすめのスノーピークのエントリーシュラフ。サイズは78×196cmと1人用で、付属の収納ケースにしまえば49×38×20cmとコンパクトになります。収納後はクッションとして使用できるのも魅力です。

また、ファスナーを開ければひざ掛けとして使用できるのもおすすめポイント。さまざまな用途で使える利便性の高さも人気の理由です。なお、快適温度は13℃、下限温度は5℃に設定されており、特に、春夏のキャンプにぴったりです。

買い求めやすい価格設定がされているため、コスパを気にする方もぜひ購入を検討してみてください。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CSブラックラベル クッションシュラフ

裏地に肌触りのよいフランネル加工が施されているのが特徴の寝袋です。快適な寝心地を得られるモデルを探している方におすすめ。中綿には中空ポリエステルを使用しており、綿が片寄りにくいキルト縫製を採用しているため、軽量かつ保温力が高いのが魅力です。使用温度目安は7℃以上に設定されており、春・夏・秋の3シーズンに対応しています。

本体のファスナーは上下から開閉できる仕様で、気温が高い場合には足側のファスナーを開けるなど、温度調節が可能です。また、クッションとして使用できるのもおすすめポイント。シュラフとして使用する際のサイズは約幅85×奥行き200cmで、クッション使用時のサイズは約幅45×奥行き45×高さ20cmです。おしゃれなデザインで、見た目にこだわりたい方にも人気があります。

寝袋(シュラフ)のおすすめ|人型

KingCamp 人型寝袋

楽に着脱できる寝袋を探している方におすすめのモデル。襟元から股上までファスナーが搭載されており、上下と内外側、さまざまな方向から開閉できます。体温調節が簡単なので、温度の急な変化にも対応可能です。

また、表面に撥水加工がされているため、結露を避けたい方にもおすすめ。洗濯機で丸洗いしても、比較的素早く乾くため、お手入れがしやすいのも人気の理由です。さらに、中綿には軽いうえに、保温性の高い「ホロファイバー」を使用しています。快適使用温度は3〜8℃で、春・夏・秋の3シーズンに対応可能なモデルです。

WE DO 着る寝袋

保温性に優れた人型の寝袋を探している方におすすめの着る寝袋です。中綿にはあたたかく軽量なホロファイバーが使われているため、着用している間体をあたためておくことが可能。撥水加工が施されているので、雨天時でも快適に使用できます。

また、腹部の下までファスナーが搭載されているため、脱ぎ着しやすいのもおすすめポイント。さらに、両手を自由に出せるデザインなので、読書や家事、スマートフォンの操作も可能です。ポケットには、貴重品を収納できます。

なお、当モデルのサイズはM・L・XLの3つから選べます。買い求めやすい価格のため、はじめて寝袋を購入する方も、ぜひ検討してみてください。

Ladia Fox 動けるあったか寝袋

両脇にファスナーがついているので、内部が蒸れるのを防げる人型の寝袋です。表面の素材には撥水加工が施されたポリエステルが使用されているので、雨に濡れても快適に使用可能。手洗いもできるため、すぐに汚れを落とせます。

また、中綿には特殊繊維のホロファイバーが使われているので、保温性にも優れています。さらに、簡単に手が出せるため、キャンプでの調理や作業の際にも便利。ポケットが2つついており、スマートフォンをはじめとした小物を収納しておくことも可能です。

なお、専用の収納袋にしまえば、簡単に持ち運びできます。

V-Lap あったかシリーズ 着る寝袋

中綿に軽量かつ保温性の高い素材である「V-Lap」が使われている人型の寝袋です。「V-Lap」は布団にも使われており、アコーディオン状のすき間が縦方向に成形されることで空気をため込み、保温することが可能。また、表側には風を通しにくいポリエステル生地、肌側には肌触りがよい綿ニット生地を使用した3層構造なのも特徴です。

さらに、2WAY仕様なのもおすすめポイント。寝袋スタイルと、裾がめくれ上りにくいつなぎスタイルをシーンごとに使い分けることが可能です。なお、汚れれば洗濯機で丸洗いできるため、常に清潔に保てるのも人気の理由。折りたためばコンパクトサイズに収まるので、持ち運びしやすいモデルです。

ミツバショップ ペンギン寝袋

ペンギンデザインが特徴の人型寝袋です。見た目がかわいい寝袋を探している方におすすめ。内生地には通気性が高いポリエステルを使用しているため、内部が蒸れるのを防ぎます。また、表面生地には、防水性に優れた「300Tポリエステル」を使用。雨や結露で濡れても保温性を保ち、快適な寝心地をキープすることが可能です。

さらに、ドローコードが付いているため、冷気を通さないのもおすすめポイント。ファスナーを全開にすれば、クッションとしても使用できます。なお、当モデルは洗濯機で丸洗いできるので、寝袋を清潔に保ちたい方にもおすすめです。

快適温度は0〜5℃のため、春や秋の使用に適しています。