キャンプで睡眠や休息を取るのに欠かせないのが「寝袋(シュラフ)」。睡眠がしっかり取れないと翌日の活動にも支障が出てくるので、キャンプアイテムのなかでも特に気にかけておきたいアイテムです。

今回は、コールマンやモンベルなどの人気メーカーがラインナップしている、おすすめの寝袋をご紹介します。自分に合った寝袋を選んでアウトドアを満喫しましょう。

寝袋(シュラフ)の種類

封筒型

By: amazon.co.jp

名前の通り長方形の封筒形状をした寝袋です。布団に近い感覚で寝られるのが特徴で、寝袋初心者の方でも違和感なく使い始められます。寝返りを打てる、ゆったりとした寝心地が魅力。足元側のファスナーを開け閉めすることで、温度調節も簡単です。

また、ファスナーを使い2つを連結できるタイプの寝袋も販売されています。子供と一緒に寝られるため、小さな子供連れのファミリーキャンパーなどにもおすすめです。

マミー型

By: amazon.co.jp

高い保温性が特徴のマミー型寝袋は、寝ている姿がミイラ(Mummy)に似ていることからネーミングされました。体に密着し、顔以外の部分を覆うような構造をしているため、体温が外に逃げにくくなっているのが特徴。夜が冷え込む春先から、秋・冬のキャンプに最適です。

封筒型と比べて軽量で、コンパクトに収納できるのもマミー型の魅力。できるだけ荷物を少なくしたい、登山やキャンプツーリングなどにもおすすめです。ただし、封筒型のように寝袋の中で自由に動けないので、慣れるまでに時間を要する場合があります。初めてマミー型を購入する方は留意しておきましょう。

寝袋(シュラフ)の選び方

中綿の種類をチェック

By: amazon.co.jp

寝袋の中綿に使われている素材は、「ダウン」と「化学繊維」がほとんどです。それぞれメリット・デメリットがあるため、購入時には違いを把握しておきましょう。

ダウンのメリットは、暖かさと軽さです。冬のキャンプでも寒さで震えることなく、快適な睡眠をサポートします。その一方で、水濡れに弱く、手入れや保管方法に気を使うのが難点。また、「化学繊維」に比べて値段も高く設定されています。

化学繊維のメリットは、ダウンと比べて価格がリーズナブルな点です。濡れや汚れにも強く、家庭用の洗濯機で丸洗いできるモデルも各メーカーから発売されています。ダウンに比べると保温力は劣りますが、価格やお手入れのしやすさを考慮すると、一般的な家庭でキャンプに使うなら化学繊維の寝袋がおすすめです。

夏・冬・3シーズン用から選ぶ

寝袋には「夏用」「冬用」「3シーズン用」と、大きく3種類に分かれています。間違えて、冬のキャンプに「夏用」の寝袋を持参すると、寒さで眠れぬ夜を過ごすことになります。夏と冬とのキャンプでは温度差があまりにも大きいので、それぞれの季節に合った寝袋を用意しましょう。

「3シーズン用」は、春から秋にかけて長い期間使えるので、汎用性が高いタイプです。初めて寝袋を購入するなら、「3シーズン用」であれば、ロングシーズンで使えます。その後に冬用、最後に夏用と揃えていくのがおすすめです。

使用温度目安を確認

メーカーによって表記が少し違いますが、ほとんどの寝袋には「快適温度」と「限界温度」が設定されています。「快適温度」は個人差があるので、キャンプ予定地から+5℃くらいの温度が表示されているシュラフを選ぶと安心です。

「限界温度」は、夏用なら5~10℃、3シーズン用なら-5~5℃、冬用なら-5℃以下が目安。ちなみに、「使用温度」は寝袋を選ぶ時のざっくりとした目安です。キャンプ予定地の気候はもちろん、その日の夜は何℃まで気温が下がるのかを把握し、対応できる寝袋を選びましょう。

携行性を重視するなら軽量・コンパクトモデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

ファミリーキャンプでは、家族の人数分の寝袋を持ち歩かなければなりません。寝袋がコンパクトであれば、空きスペースが確保できます。

寝袋に軽量性・コンパクトさを求めるなら、中綿がダウンの「マミー型」がおすすめ。最近では、2Lのペットボトル程の大きさにまとまるモノや、手のひらに乗せられるサイズもあります。各メーカーからコンパクトさを追及したさまざまなモデルがラインナップされているので、チェックしてみてください。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

汗や汚れをそのままにしておくと、カビが生えて寝袋の劣化につながります。自宅で丸洗いできるモノを選ぶと、長く快適に使用可能です。

手入れのしやすさでは、洗濯機で丸洗いができる「化学繊維」の寝袋がおすすめ。ダウンも手洗いできますが、専用の洗剤が必要になるので注意しましょう。

寝袋(シュラフ)のおすすめブランド

コールマン(Coleman)

By: coleman.co.jp

1901年にアメリカで創業した、アウトドア用品の老舗ブランドです。元々はランプのレンタルやガソリンランタンの開発・販売を主に行っていましたが、第一次世界大戦中に米軍へ供給したガソリンストーブの評価が高く、知名度が一気に向上しました。

戦後のアウトドアブームをきっかけに、取り扱い製品のラインナップを拡充。現在ではランタンだけでなく、テント・シュラフ・タープ・クーラーボックスなど、さまざまなアウトドア関連製品を扱う一大ブランドに成長しています。

スノーピーク(snow peak)

By: snowpeak.co.jp

新潟県の三条市に本社を持つ、アウトドア用品のブランドです。日本のオートキャンプブームを牽引した会社としても有名で、いわゆる「野遊び」のための高品質な製品を展開しています。

製品に保証期限を設けないのも同ブランドの特徴。モノ作り上の問題に起因する不具合については、期間関係なく無償での修理・交換に対応するなど、顧客本位の経営姿勢を貫いています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: rakuten.co.jp

新潟県に本社を構える「パール金属」が展開する、アウトドア用品の総合ブランドです。1975年のアメリカ視察で、創業者が見た「バーベキュースタイル」を日本でも再現したいとの思いから、アウトドア用品の開発がスタートしています。

設立当初はキャンプで使用する調理器具や食器類を販売していましたが、現在ではシュラフ・テント・カヌーなど、さまざまなアウトドア関連製品を幅広く取り扱っています。

冬用寝袋(シュラフ)のおすすめモデル

コールマン(Coleman) フリースフットイージーキャリースリーピングバッグ

コールマン(Coleman) フリースフットイージーキャリースリーピングバッグ

ひざ下部分にフリース生地を使用し、足元をしっかりと温めてくれる封筒型の寝袋。快適温度は5℃以上で、気温が下がってくる秋から冬にかけてのキャンプで利用できます。

洗濯機で丸洗いができ、お手入れが簡単なのもポイント。また、同モデルの同じサイズならファスナーで連結でき、小さな子供と一緒に寝られるので便利です。

使用時サイズは約84×190cmと、大きめサイズなので、ゆったりとした寝心地も魅力。収納時は、約直径28×42cmで、付属しているキャリーケースでコンパクトにまとまります。小さな子供を連れてファミリーキャンプに行く方や、快適な寝心地の寝袋を探している方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) セパレートオフトン ワイド1400 BDD104

スノーピーク(snow peak) セパレートオフトン ワイド1400 BDD104

「日本の布団のような寝袋」をコンセプトに開発された寝袋です。上下で「掛け」と「敷き」に分離でき、家のお布団で寝ているような感覚で使えるのが特徴。汗ばむ季節は、セパレートで使ってお腹に掛けたり、冬のキャンプでは上下をファスナーで接続して保温性を高めて使用したりと、さまざまな使い方ができる寝袋です。

中綿には、ダウン素材自体に防水加工を施した画期的な素材「ウォッシャブルダウン」を採用しているので、洗濯が可能。抗菌・消臭加工も施されているため、快適に利用できます。

快適温度は-2℃、下限温度は-8℃で、冬のキャンプでも安心。寝心地を重視したい方におすすめです。

フィスカー(Fisker) 寝袋

フィスカー(Fisker) 寝袋

高品質なダウンを1800g封入し、保温性に優れた封筒型の寝袋。快適温度は-10~8℃、限界温度は-30℃で、冬のキャンプに最適な寝袋です。表側には、耐引裂性と防水性に優れたポリエステル生地を採用。ハードユースにも耐えられる生地で、アウトドアシーンで重宝します。

ダウンにもかかわらず、ドラム式洗濯機で丸洗いができるのも嬉しいポイント。また、同じモデルであれば、ファスナーで連結もできます。価格も比較的リーズナブルなので、お揃いで購入して家族で使うのもおすすめです。

ニコアウト(NIKOAUT) 寝袋

ニコアウト(NIKOAUT) 寝袋

洗濯機で丸洗いでき、お手入れが簡単な封筒型の寝袋。中綿は繊維内に空洞のある「中空化学化繊」を使用し、使用時には空気を含んで温かく、ふわふわと柔らかい寝心地が特徴です。外側には耐久性が高く、防水性に優れた「190Tポリエステル生地」を採用。結露や多少の濡れに強いのも魅力のひとつです。

ファスナーを開けて足元だけ自由に動かせたり、ファスナーが噛みにくいようにシーリングベルトが設計されていたりと、使い勝手にこだわって作られた寝袋。限界温度は-10℃で、冬のキャンプでも安心して使用できます。リーズナブルな価格も魅力なので、気になる方はこの機会にぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) SILVERTON

コールマン(Coleman) SILVERTON

リーズナブルな価格ながら、限界温度が-17.8℃以上と保温性が高く、冬のキャンプに利用できる寝袋です。188cmまで対応しているので、身長が高い方でもゆったりと寝られるのが魅力。中綿はポリエステルを使用し、汚れが気になったときに洗濯できるのもポイントです。

収納サイズは約43×32×32cmと、やや大きめですが、収納袋が付属しているので携帯性も良好。コスパの高い寝袋を探している方におすすめです。

コールマン(Coleman) sleeping bag Mummy Style

コールマン(Coleman) sleeping bag Mummy Style

快適温度が-18℃~で、冬のキャンプでも安心して寝られるマミー型の寝袋。サイズは約208x81cmで、体の大きな男性もゆったりと横になれる大きめサイズが特徴です。2wayジッパーを採用しているため、使い勝手も良好。収納サイズはやや大きめですが、持ち運びに便利な収納袋が付属しています。保温性重視の方におすすめの寝袋です。

スノーピーク(snow peak) BACOO

スノーピーク(snow peak) BACOO

結露から寝袋が濡れてしまうのを防ぐため、底と側面にハイブリッドな「防水透湿素材」を採用しているのが特徴。睡眠中に発した汗を効率よく排出する仕様で、さらさらとした快適な寝心地を提供します。中綿にはダックダウンが550g封入され、限界温度は-7℃です。

ジッパーラインを上部にオフセットしているため、開閉が楽で使い勝手も良好。肩まですっぽり覆うデザインで、首元からくる冷気を遮断できます。また、優れた防水透湿性のためシュラフカバーも必要なく、テントからくる結露に悩まれている方におすすめの寝袋です。

ナンガ(NANGA) UDD BAG 810DX レギュラー

ナンガ(NANGA) UDD BAG 810DX レギュラー

高品質ダウンに「超撥水加工」を施し、ダウンにも関わらず、濡れに強い人気のモデル。ダウンの品質はフィルパワー(FP)で表示され、一般的に700FP以上が高品質とされています。本モデルは、770FPのダウンを封入しており、羽毛の品質が高く、保温性に優れた寝袋です。

快適温度は-7℃、限界温度は-13℃で、国内であればほとんどの厳冬期のキャンプで使用できます。収納サイズは19×31cm、重さ1260gで、軽くコンパクトにまとまるのもポイント。冬のキャンプに備えて高品質な寝袋を探している方におすすめです。

ナンガ(NANGA) DOWN BAG 1100

ナンガ(NANGA) DOWN BAG 1100

同ブランドのなかで、コストパフォーマンスに優れているのが「DOWN BAGシリーズ」です。本アイテムは、DOWN BAGシリーズにおけるハイエンドクラスのモデル。650FPのホワイトダッグダウンとナイロンを絶妙なバランスで組み合わせ、使い勝手と保温性に優れた寝袋です。

限界温度は-18℃で、厳冬期の国内キャンプなどにも十分対応できます。また、丈夫で破れにくい生地を採用しているため、本格派の方でも満足できる寝袋です。

MIABOO 寝袋

MIABOO 寝袋

中綿に、保温性・通気性・透湿性に優れたホローファイバーを使用したマミー型の寝袋。外側には、高い撥水性を持つ生地を採用しているため、結露や急な雨にも安心して対応できます。また、強度もあるので破れにくいのもポイントです。

幅広の大きめサイズなので、寝返りもでき、布団に近い感覚で寝られるのも魅力。また、洗濯機で丸洗いでき、お手入れも簡単です。初めて寝袋を使う方にも馴染みやすいので、キャンプにチャレンジしたい方は、この機会にぜひチェックしてみてください。

タケモ(Takemo) スリーピングバッグ 7

タケモ(Takemo) スリーピングバッグ 7

コスパのよさと性能の高さで、キャンパーから人気のタケモ。本アイテムは、750FPのホワイトダックダウンを700g封入しているほか、ダウンのかさ高性を最大限に引き出せる「ボックス構造」の採用で、優れた保温性が特徴の寝袋です。生地には撥水加工が施されており、軽くて丈夫なのも嬉しいポイントです。

長期保管に最適なストレージバッグがついているのも魅力。限界温度は-15℃で、秋から冬にかけての2000~3000m級の山岳キャンプにも使用できます。本格的な冬キャンプを楽しみたい方におすすめの寝袋です。

夏用寝袋(シュラフ)のおすすめモデル

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 封筒型シュラフ プレーリー 600

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 封筒型シュラフ プレーリー 600

下限温度は15℃で、夏のキャンプに最適な寝袋です。中綿には、軽くて保温性に優れた「中空ポリエステル」を封入。表地と裏地には撥水加工が施されており、テントから発生する結露から寝袋を守ります。本体の重さは約600gと軽く、付属しているケースで約20×38cmとコンパクトに収納可能。軽くてコンパクトに収納できる封筒型の寝袋を探している方におすすめです。

同じモデルであればファスナーで連結できるのもポイント。家族で並んで横に寝られるので、ファミリーキャンプによく行く方はチェックしてみてください。

Coleman(コールマン) パフォーマーIII/C5

Coleman(コールマン) パフォーマーIII/C5

洗濯機で丸洗いできる封筒型の寝袋。同ブランドの定番で、人気の高い寝袋です。快適温度は5℃、限界温度は0℃で、夏のキャンプはもちろん、春先から秋まで使えます。価格もリーズナブルなうえ、同じモデルであれば連結もできるため、ファミリーで購入するのもおすすめ。お手入れが簡単で、ファミリーユースに向いている寝袋を探している方は、チェックしてみてください。

LEEPWEI 寝袋

LEEPWEI 寝袋

中綿に中空化学繊維を採用し、軽くて暖かい封筒型の寝袋です。使用時は空気を含んで、柔らかな寝心地と温かさをキープ。収納時には空気が抜け、コンパクトにまとまります。快適温度は10℃、限界温度は5℃で、夏のキャンプに最適な寝袋です。

頭部を包み込む立体型フードの採用のほか、ドローコードもついているので首元からくる冷気をしっかりと防ぎます。また、洗濯機で丸洗いできるため、お手入れが簡単なのもポイントです。カラー展開も豊富なので、好みの寝袋をチョイスしてみてください。

イスカ(ISUKA) エア 300SL

イスカ(ISUKA) エア 300SL

720FPの高性能なダウンと、超軽量のナイロンを採用した寝袋。ダウンのかさ高を引き出す独自の「ボックス構造」の採用により使い続けてもへたりにくく、高い保温性が特徴です。限界温度は2℃で、3000mクラスの夏山や、春秋キャンプに最適。1年を通して長い期間使え、汎用性に優れた寝袋です。

重さは570g、収納サイズは14×24cmと、軽量コンパクトさも魅力。登山やツーリングなど、荷物を少しでも減らしたい方におすすめです。

ネイチャーハイク(Naturehike) 高級ダウン寝袋

ネイチャーハイク(Naturehike) 高級ダウン寝袋

800FPの高級ガチョウ羽毛を封入し、保温性に優れた寝袋です。約570gと軽量で、収納時サイズは約12×26cm。付属している収納袋で気軽に持ち運びができます。

表側には、撥水加工が施された生地を採用しているため、濡れに強くドライな寝心地がポイント。中のダウンが偏らない独自の「スリーディー縦型構造」を採用しているので、快適な睡眠をサポートします。また、同じモデルであれば、ファスナーで連携してダブルで使用することも可能です。

快適温度は5~15℃なので、夏の低地キャンプにぴったり。コンパクトにまとまる夏用の寝袋を探している方におすすめです。

モンベル(mont-bell) アルパイン ダウンハガー650 #3 バルサム

ネイチャーハイク(Naturehike) 高級ダウン寝袋

独自の「スパイラルストレッチシステム」を採用し、緩やかな伸びと軽量性に優れた寝袋。伸縮率120%とメーカーでは謳っており、体の動きに合わせて生地が伸び、窮屈感の少ない快適な寝心地を提供する寝袋です。

快適温度は5℃、限界温度は0℃と、夏の高山から冬の低山キャンプまで、3シーズンを通して使える寝袋。本体重さも788gと軽く、付属している収納ケースで気軽に持ち運びができます。価格・性能面でバランスのとれたモデルなので、はじめての寝袋におすすめです。

ロゴス(LOGOS) 寝袋 ウルトラコンパクトシュラフ

ロゴス(LOGOS) 寝袋 ウルトラコンパクトシュラフ

保温性とコンパクトさの両方を併せ持つ寝袋です。中綿には、優れた保温性の「ダイナファインファイバー」を使用。表面と肌面には、極薄で強度のある素材「モイスポリウルトラライト」を採用し、コンパクトさも追及した寝袋です。

洗濯機で洗えるほか、同モデルであれば連結も可能。また、圧縮ベルトを使用すれば、約21×26cmにコンパクトにまとまります。限界温度は-2℃で、春夏秋と使える汎用性の高いタイプ。はじめての寝袋や、コンパクトさを重視している方におすすめです。

寝袋(シュラフ)のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

寝袋(シュラフ)のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。