キャンプで睡眠や休息を取るのに欠かせないのが「寝袋(シュラフ)」。睡眠がしっかり取れないと翌日の活動にも支障が出てくるので、キャンプアイテムのなかでも特に気にかけておきたいアイテムです。

今回は、コールマンやモンベルなどの人気メーカーがリリースしているおすすめの寝袋をご紹介します。自分に合った寝袋を選んでアウトドアを満喫しましょう。

寝袋(シュラフ)の種類

封筒型

By: amazon.co.jp

名前の通り長方形の封筒形状をした寝袋です。布団に近い感覚で寝られるのが特徴で、寝袋初心者の方でも違和感なく使い始められます。寝返りを打てる、ゆったりとした寝心地が魅力。足元側のファスナーを開け閉めすることで、温度調節も簡単です。

また、ファスナーを使い2つを連結できるタイプの寝袋も販売されています。子供と一緒に寝られるため、小さな子供連れのファミリーキャンパーなどにもおすすめです。

マミー型

By: amazon.co.jp

高い保温性が特徴のマミー型寝袋は、寝ている姿がミイラ(Mummy)に似ていることからネーミングされました。体に密着し、顔以外の部分を覆うような構造をしているため、体温が外に逃げにくくなっているのが特徴。夜が冷え込む春先から、秋・冬のキャンプに最適です。

封筒型と比べて軽量で、コンパクトに収納できるのもマミー型の魅力。できるだけ荷物を少なくしたい、登山やキャンプツーリングなどにもおすすめです。ただし、封筒型のように寝袋の中で自由に動けないので、慣れるまでに時間を要する場合があります。初めてマミー型を購入する方は留意しておきましょう。

寝袋(シュラフ)の選び方

中綿の種類をチェック

By: amazon.co.jp

寝袋の中綿に使われている素材は、「ダウン」と「化学繊維」がほとんどです。それぞれメリット・デメリットがあるため、購入時には違いを把握しておきましょう。

ダウンのメリットは、暖かさと軽さです。冬のキャンプでも寒さで震えることなく、快適な睡眠をサポートしてくれます。その一方で、水濡れに弱く、手入れや保管方法に気を使うのが難点。また、「化学繊維」に比べて値段も高く設定されています。

化学繊維のメリットは、ダウンと比べて価格がリーズナブルな点です。濡れや汚れにも強く、家庭用の洗濯機で丸洗いできるモデルも各メーカーから販売されています。

ダウンに比べると保温力は劣りますが、価格やお手入れのしやすさを考慮すると、一般的な家庭でキャンプに使うなら化学繊維の寝袋がおすすめです。

夏・冬・3シーズン用から選ぶ

寝袋には「夏用」「冬用」「3シーズン用」と、大きく3種類に分かれています。間違えて、冬のキャンプに「夏用」の寝袋を持参すると、寒さで眠れぬ夜を過ごすことになります。夏と冬とのキャンプでは温度差があまりにも大きいので、それぞれの季節に合った寝袋を用意しましょう。

「3シーズン用」は、春から秋にかけて長い期間使えるので、汎用性が高いタイプです。初めて寝袋を購入するなら「3シーズン用」が適しています。まずは「3シーズン用」を用意して、その後に冬用、最後に夏用と揃えていくケースがおすすめです。

使用温度目安を確認

メーカーによって表記が少し違いますが、ほとんどの寝袋には「快適温度」と「限界温度」が設定されています。「快適温度」は個人差があるので、キャンプ予定地から+5℃くらいの温度が表示されているシュラフを選ぶと安心です。

「限界温度」は、夏用なら5~10℃、3シーズン用なら-5~5℃、冬用なら-5℃以下が目安。ちなみに、「使用温度」は寝袋を選ぶ時のざっくりとした目安です。キャンプ予定地の気候はもちろん、その日の夜は何℃まで気温が下がるのかを把握し、それに対応できる寝袋を選びましょう。

携行性を重視するなら軽量・コンパクトモデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

ファミリーキャンプでは、家族の人数分の寝袋を持ち歩かなければなりません。寝袋がコンパクトであれば、かなりの空きスペースが確保できます。

寝袋に軽量性・コンパクトさを求めるなら、中綿がダウンの「マミー型」がおすすめ。最近では、2Lのペットボトル程の大きさにまとまるモノや、手のひらに乗せられるサイズもあります。各メーカーからコンパクトさを追及したさまざまなモデルが販売されているので、チェックしてみてください。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

汗や汚れをそのままにしておくと、カビが生えて寝袋の劣化につながります。自宅で丸洗いできるものを選ぶと、長く快適に使用可能です。

手入れのしやすさでは、洗濯機で丸洗いができる「化学繊維」の寝袋がおすすめ。ダウンも手洗いできますが、専用の洗剤が必要になるので注意しましょう。

寝袋(シュラフ)のおすすめブランド

コールマン(Coleman)

By: coleman.co.jp

1901年にアメリカで創業した、アウトドア用品の老舗ブランドです。元々はランプのレンタルやガソリンランタンの開発・販売を主に行っていましたが、第一次世界大戦中に米軍へ供給したガソリンストーブの評価が高く、知名度が一気に向上しました。

戦後のアウトドアブームをきっかけに、取り扱い製品のラインナップを拡充。現在ではランタンだけでなく、テント・シュラフ・タープ・クーラーボックスなど、さまざまなアウトドア関連製品を扱う一大ブランドに成長しています。

スノーピーク(snow peak)

By: snowpeak.co.jp

新潟県の三条市に本社を持つ、アウトドア用品のブランドです。日本のオートキャンプブームを牽引した会社としても有名で、いわゆる「野遊び」のための高品質なアイテムを展開しています。

販売した製品に、保証期限を設けないのも同ブランドの特徴。モノ作り上の問題に起因する不具合については、期間関係なく無償での修理・交換に対応するなど、顧客本位の経営姿勢を貫いています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: rakuten.co.jp

新潟県に本社を構える「パール金属」が展開する、アウトドア用品の総合ブランドです。1975年のアメリカ視察で、創業者が見た「バーベキュースタイル」を日本でも再現したいとの思いから、アウトドア用品の開発がスタートしています。

設立当初はキャンプで使用する調理器具や食器類を販売していましたが、現在ではシュラフ・テント・カヌーなど、さまざまなアウトドア関連製品を幅広く取り扱っています。

寝袋(シュラフ)のおすすめモデル

コールマン(Coleman) アドベンチャース スリーピングバッグ C5 2000022260

コールマン(Coleman) アドベンチャース スリーピングバッグ C5 2000022260

本製品は横幅が約150cmある、ダブルサイズの寝袋です。小さな子供連れのキャンプだけでなく、ミニバンで車中泊をする機会が多い方にもおすすめのモデル。大人1人なら布団のような感覚で、ゆったりと眠ることが可能です。

分割して、2人分の寝袋として使用できるのも魅力。1人用の寝袋として使ったり、子供と一緒に寝たりと、シーンに応じて使い分けができるので重宝します。また、洗濯機での丸洗いが可能。手入れが簡単なため、いつでも清潔な状態に保っておけます。快適温度は5℃以上なので、春先から秋までの長い期間活躍するモデルです。

スノーピーク(snow peak) セパレートオフトン ワイド1400 BDD104

スノーピーク(snow peak) セパレートオフトン ワイド1400 BDD104

本製品は「日本の布団のような寝袋」をコンセプトに、スノーピークが開発。寒い季節だけでなく、暑い季節も快適に眠られるのが特徴。掛け・敷きの両面を分離することができるため、掛け布団や敷き布団のように使えます。横向きにお腹の部分だけ掛けることも可能なので、暑い季節も快適。

また、足元や胸元だけを開けて寝ることもできるなど、温度調節のしやすさも魅力です。敷き側の足元には大きなポケットを装備。掛け側をポケットにしまい込み、ファスナーを閉めれば、夜が冷え込む季節でも暖かく眠ることが可能です。下限温度は-8℃なので、冬場のキャンプでも安心。オールシーズン快適に使えるモデルです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 封筒型シュラフ プレーリー 600

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 封筒型シュラフ プレーリー 600

本製品は、中綿に600gのホローファイバーを使用した、封筒型の寝袋です。本体重量は、約910gととても軽量。また、収納サイズは約20×38cmとコンパクトなため、車の中でもかさばりません。小さく収納できて持ち運びが楽な、封筒型寝袋を探している方におすすめのモデルです。

最低使用温度は15℃なので、気候のよい春・夏のキャンプに最適。表面には撥水加工が施されており、結露などで多少濡れてしまっても安心です。寝袋同士の連結機能を搭載。同タイプの製品であれば、ファスナーで連結してダブルサイズの寝袋として使用可能なため、小さな子供づれのキャンプなどで重宝します。

コールマン(Coleman) フリースフット イージーキャリースリーピングバック C0

コールマン(Coleman) フリースフット イージーキャリースリーピングバック C0

ひざ下部分に肌触りがよく暖かい、フリース素材を採用した封筒型の寝袋です。足元が暖かいため、冷え込む夜でも快適に寝られます。中綿にポリエステル素材を採用しており、快適温度は0℃以上。寒い時期でもキャンプを楽しみたい方におすすめのモデルです。

洗濯機での丸洗いに対応しているのが特徴。手入れが簡単なので、いつでも清潔にしておけるのが魅力です。使用サイズは約84×190cmあり、大柄の男性でもゆったりと寝られます。収納サイズは約32×42cm、重量は約2.6Kgとやや大きくて重めですが、専用の「EZキャリーケース」が付属しており、持ち運びに便利です。

コールマン(Coleman) マルチレイヤー スリーピングバッグ 2000034777

コールマン(Coleman) マルチレイヤー スリーピングバッグ 2000034777

本製品は、1年中キャンプを楽しみたい方におすすめの封筒型寝袋です。フリース・ミッドレイヤー・アウターレイヤーの3層構造を採用しているのが特徴。各レイヤーを単独で使用したり、組み合わせたりすることで、オールシーズンに対応します。全てのレイヤーを合わせた時の快適温度は-5℃以上なので、真冬のキャンプでも安心です。

使用時の寸法は約90×200cmと大きめサイズ。大柄な大人でも寝返りを打つことが可能で、布団に近い感覚で寝られるため、初めて寝袋を使う方にも馴染みやすいのが魅力です。専用の収納ケースは付属していますが、重量は4.9Kgと重いため、オートキャンプ用に向いています。

Asanagi 封筒型 シュラフ

Asanagi 封筒型 シュラフ

頭部を覆えるカバーの付いた、封筒型の寝袋です。マミー型のようにドローコードで絞れるため、頭部から侵入する冷気を遮断し保温性を確保できるのが特徴。快適温度は10〜25℃と、基本は春から秋にかけての3シーズン用になりますが、屋内であれば冬場でも使用できます。

ファスナーでフルオープンにすると、横幅150cmの敷き布団としても使用可能。内側には柔らかくて肌触りのよい、フランネル素材を採用しています。

また、洗濯機で丸洗いができるのも魅力です。手入れが簡単なので、複数の寝袋を所有しているファミリーにも最適。キャンプなどのアウトドア用途だけでなく、防災用の備えとしてもおすすめの寝袋です。

モザンビーク(Mozambique) 封筒型 シュラフ

モザンビーク(Mozambique) 封筒型 シュラフ

フランネル素材の裏地を採用した、封筒型の寝袋です。フルオープンにすると幅168cmの、肌触りがよい敷き布団としても使用可能。同型の寝袋であれば、2つを連結することもできます。子供達用の寝袋として使ったり、親子で一緒に寝たりと、さまざまな使い方ができるのが魅力です。

ファスナーガードを装備しており、就寝中にジッパーが開いて冷気が侵入するのを防ぎます。肩口の部分をドローコードで絞れるのもポイント。快適な作りの寝袋です。

CANWAY オールシーズン スリーピングバッグ

CANWAY オールシーズン スリーピングバッグ

本製品は手頃な価格で購入可能な、オールシーズン使える寝袋を探している方におすすめのモデルです。中綿には高級コットン素材を採用し、快適温度は5〜15℃。外生地に撥水性のあるポリエステル素材を採用しているため、結露による多少の水濡れなら心配いりません。

洗濯機での丸洗いができるのもポイント。手入れが簡単なので、寝袋をいつも清潔な状態に保っておけます。使用時の寸法は210×80cmとゆったりサイズのため、身長の高い方でも快適に眠ることが可能です。内側にはマジックテープで閉じられるポケットを装備しています。就寝時にスマホや財布などを入れておけるので便利です。

Ohuhu 2人用 封筒型シュラフ

Ohuhu 2人用 封筒型シュラフ

本製品は使用時のサイズが150×220cmの、ダブルサイズの封筒型寝袋です。ファスナーで分離し、1人用の寝袋としても使用可能。1人でゆったりと使用したり親子で一緒に寝たりと、シーンに応じて使い分けができるモデルです。

柔らかな枕が2個付属しているため、家の布団に近い感覚で快適に眠れます。最低使用温度は-5℃、快適温度は0〜10℃と、オールシーズン活躍する寝袋です。

Norsens 秋春用 軽量シュラフ

Norsens 秋春用 軽量シュラフ

中綿に中空化学繊維を使用した、軽くて暖かい封筒型の寝袋です。快適使用温度は10℃以上なので、春から秋にかけてのキャンプにおすすめ。重量は2Kgと、封筒型寝袋としては軽量クラスです。

専用の収納袋が付属しており、持ち運んだり保管の際に重宝します。内側には肌触りがよく、暖かいフランネル素材を採用。230×83cmと大きめのサイズなので、寝返りも打ちやすく快適に眠れる寝袋です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アクティブ 600 M-3438

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アクティブ 600 M-3438

3シーズンに対応した、マミー型の寝袋です。中綿にホローファイバーを600g使用しており、適用温度は5〜25℃。春から秋にかけてのキャンプにおすすめのモデルです。ショルダーチューブを備えており、肩口の保温性を確保。ドローコードを絞ることにより、頭部から侵入する冷気を遮断できます。

内側に小物ポケットを装備しているのもポイント。就寝時にも手元においておきたい、財布などの貴重品やスマホを入れておくなど便利に使えます。重量は約1.1Kgと軽量で、専用の収納袋も付属しているため、キャンプツーリングにも最適な寝袋です。

コールマン(Coleman) タスマンキャンピングマミー L-15 2000022267

コールマン(Coleman) タスマンキャンピングマミー L-15 2000022267

本製品は、保温性と可動性を両立したマミー型の寝袋。マミー型でありながら、寝返りも打てる快適さが魅力です。使用可能温度は-15℃以上、快適温度-8℃以上と、真冬のキャンプにも対応可能。寒い季節のキャンプに使用可能な、寝心地のよい寝袋を探している方におすすめです。

また、ファスナーの内側に中綿のたっぷり詰まったチューブを設けることで、外の冷気を遮断し保温性を確保しています。丸洗いができるのも魅力。オフシーズンの手入れが簡単にできるので便利です。コンプレッションベルトと収納ケースが付属しており、持ち運びや保管の際に重宝します。

コールマン(Coleman) キッズマミーアジャスタブル C4

コールマン(Coleman) キッズマミーアジャスタブル C4

本製品は、身長に合わせて約140cmと170cmの2段階に調節ができる、小学生用のマミー型寝袋です。サイズを調節することにより余分な空間がなくたるため、保温性を確保できるのが特徴。子供の成長に合わせて長い期間快適に使える、ファミリーキャンパーにおすすめのモデルです。

本製品は寝袋への出入りがしやすい、センターファスナーを採用しています。また、フットファスナーも装備しており足元の開閉が可能なため、温度調節がしやすく便利。幅広の「横型EZキャリーケース」が付属するなど、子供だけで簡単に収納ができる工夫も施された寝袋です。

ロゴス(LOGOS) neos アリーバ・-6 72940330

ロゴス(LOGOS) neos アリーバ・-6 72940330

アウトドア用品の総合ブランド、ロゴスが販売するマミー型寝袋です。低温環境でも使用可能な、保温性の高さが特徴で適正温度は-6℃。就寝時の足の形に合わせた「フットアングルストラクチャー」を採用しており、マミー型でありながらも開放感のある寝心地が魅力です。

また、圧縮ベルト付きの専用収納袋が付属しています。通常の収納サイズは約28×50cmですが、圧縮すればさらにコンパクト。持ち運びの時や、保管の際にかさばらないおすすめの寝袋です。

ハスキー(Husky) シュラフ Anapurna

ハスキー(Husky) シュラフ Anapurna

ハスキーは1977年に、チェコで設立されたアウトドアブランド。ヨーロッパの軍隊や登山家に寝袋やテントを提供するなど、性能と品質の高さが魅力です。本モデルの適用温度は、快適温度が-12℃で、下限温度は-19℃。真冬でもキャンプや登山を楽しみたい、アウトドア好きの方におすすめの寝袋です。

表地には「リップストップ」ナイロン素材を採用。万が一破れてしまっても破損の進行を防ぐ生地のため、登山途中で使用不能になってしまうリスクを防げます。洗濯ネットを使用すれば、洗濯機で洗うことも可能。手洗いする手間が省け、手入れが楽なので便利です。

スノーピーク(snow peak) バクー BACOO 200

スノーピーク(snow peak) バクー BACOO 200

悪夢を食べるといわれている伝説の生き物「バク」から名付けられた、スノーピークのマミー型寝袋です。防水透湿のハイブリッド素材を採用しているのが特徴。睡眠中に発生した湿気は透湿素材の上面から逃がすため、内部がジトジトして不快な思いをすることはありません。

また、防水素材の底面や側面は、結露による水濡れから寝袋を守ってくれます。湿気や結露を気にせず快適に眠れるのが魅力です。

内側にはジッパー付きの小物ポケットを装備。ヘッドランプやスマホを入れておけるので便利です。快適温度は10℃、極限温度は-6℃なので、平地であれば春先や秋のキャンプで活躍します。

メルモンド(MerMonde) ダウンシュラフ

メルモンド(MerMonde) ダウンシュラフ

本製品は、中綿に高級ダックダウンを1,500g使用した、マミー型の寝袋です。快適温度は-15℃と、真冬でも快適に寝られるのが魅力。

また、高い保温性能を持ちながらも、収納寸法は約24×50cmとコンパクト。専用の収納袋が付属しており持ち運びも簡単なため、キャンプや登山だけでなく、冬の天体観測などにも活躍します。

両面ファスナーを採用しており、寝袋への出入りも容易。また、天日干しに便利なハンガーループを搭載するなど、手入れのしやすさも魅力です。

ホークギア(HAWK GEAR) マミー型 シュラフ

ホークギア(HAWK GEAR) マミー型 シュラフ

丸洗いが可能な、マミー型の寝袋です。中綿には極太の中空ホローファイバーを約1,620g使用。冬のキャンプにも対応できる、手頃な価格の寝袋を探している方におすすめのモデルです。

ドローコードを絞ることで、頭部から侵入する冷気を遮断。就寝中にコードが緩まないよう、ほどけ防止テープが装備されています。本体カラーはブラック以外にも、カーキー・グレー・ネイビーなど豊富にラインナップ。色違いで家族の人数分揃えるのもおすすめです。

寝袋(シュラフ)のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

寝袋(シュラフ)のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。