キャンプのテントなどで就寝する際に使う「寝袋(シュラフ)」。布団は厳しくとも寝るだけであればタオルケットや毛布でも十分と思われがちですが、快適さや持ち運び用途を考えると専用に作られた寝袋のほうが便利です。

そこで今回は、寝袋のおすすめモデルをご紹介します。種類や素材の違いなども含め、購入時に必要な情報をまとめているので、ぜひバイヤーズガイドとして活用してみてください。

寝袋(シュラフ)の種類

保温性が高く冬に適した「マミー型」

By: amazon.co.jp

「マミー型」は芋虫型の寝袋。「マミー」とは英語で、日本語でいう「ミイラ」を指したもので、形が似ていることからそう呼ばれています。比較的タイトめで熱が逃げにくく、保温性が高いのが特徴。一方、暖かさをキープする代わりに窮屈さがあり、寝苦しさを感じる場合もあります。

暑い季節は中に入らず、上から掛ける程度で十分。山間の夜は冷えるので、冬はもちろん、底冷えが懸念される春や秋にも使えます。寝袋のなかでは主流のタイプなので、購入を検討する際はまずマミー型から検討してみてください。

動きやすく使いやすい「封筒型・レクタングラー型」

By: amazon.co.jp

「封筒型・レクタングラー型」は長方形の寝袋。レクタングラーは英語で長方形という意味で、日本ではその見た目から封筒型と呼ばれています。比較的ゆとりがあるので、ある程度手足を動かせるのがポイント。1枚に広げれば掛け布団として使えるのも特徴です。

一方、ゆとりがある分、熱が逃げやすく、保温性はマミー型よりは劣ります。また、製品によってはかさばりやすい点には留意しておきましょう。

着たまま自由に動ける「人型」

「人型」は全身ダウンジャケットのような寝袋。体にフィットしている分、動きやすいのが特徴で、着た状態のまま立ったり、座ったりすることもできます。

自由度は高めですが、内部に湿気がこもりやすく、汗ばむこともあるので注意。また、手足が出ていることが多く、場合によっては手袋や靴下などの末端部分をケアする必要があります。

寝袋(シュラフ)の選び方

中綿の素材と特徴をチェック

化学繊維素材

By: amazon.co.jp

価格の安さと耐久性を求めるのであれば、ポリエステルなどの化学繊維素材がおすすめ。水に強く、濡れても乾きやすいのが特徴で、丸洗い可能なモデルもあります。

暖かさや軽さ、まとまりやすさなどは他素材ほどではありません。内包量が少なければある程度それらをカバーできますが、保温性との兼ね合いもあるので、犠牲になる部分でもあります。特に、化学繊維素材を採用した大型の寝袋はかさばりやすいので注意しておきましょう。

ダウン素材

By: amazon.co.jp

品質を求めるのであればダウン素材がおすすめ。ダウンとはフワフワとした羽毛ことで、柔らかさ・まとまりやすさ・軽さ・保温性に優れており、寝袋としての使い勝手のよさ、寝心地のよさが特徴です。

品質はフィルパワーという単位で示され、この数値が高いほど、高品質。価格とも比例する部分なので、購入を検討する際はあわせてチェックしてみてください。

使用する人に合ったサイズをチェック

By: amazon.co.jp

寝袋はテント内で寝るための道具なので、身長や体型に合うアイテムを選ぶのが重要。身長2mの方が80×190cmの寝袋を使おうとすると当然はみ出でしまいます。製品によっては実寸ではなく、適応身長などが記載されている場合もあるので、しっかりとチェックしておきましょう。

快適温度は「+5~10℃」が目安

By: amazon.co.jp

寝袋にはどれくらいの気温であれば快適に寝られるかという「快適温度」や「適正温度」が示されている場合があります。寝袋を使うシーンが日本国内のキャンプであれば「+5~10℃」のアイテムを選んでいくのがおすすめです。

ただし、春や秋、さらには寒さ厳しい冬でも寝袋を使いたい方は、より快適温度の低い寝袋が購入候補。なお、寝袋の寒さ対策は荷物にはなりますが、衣類を着込めばなんとかなる場合もあるので、それらも加味して選んでみてください。

限界使用温度もチェック

寝袋には、どれほどの寒さにまで耐えられるかという「限界使用温度」も表示されている場合があります。メーカーによっては「下限温度」「リミット温度」とも言いますが、いずれも意味としては同じです。なお、快適温度と限界使用温度の間の数値として「使用可能温度」を設けていることもあります。

寒さの厳しい場所や冬の時期にも対応できる寝袋は、限界使用温度が氷点下に設定されているのが特徴。購入を検討する際は使用するシーンと限界使用温度がミスマッチしないように注意しておきましょう。

なお、最近はパネルヒーターを内蔵した寝袋「ヒートシュラフ」も続々とリリースされています。要領は電気毛布と同じですが、多くの場合モバイルバッテリーを電源に活用します。電熱に直接的な暖かさを求める方はチェックしてみてください。

登山やキャンプなどで使うならコンパクトに収納できるモノを

By: coleman.co.jp

寝袋はアウトドアシーンに持ち運んで使うことが多いので、軽くてコンパクトなモノが便利。寝泊まり用や車載用として置きっぱなしする場合を除き、収納サイズや重さはしっかりとチェックしておくべきポイントです。

また、購入時の寝袋は小さくまとまっていますが、実際に1度使って元に戻そうとすると以前より大きくなってしまうことが多々あります。心配な方は事前に折りたたみの練習や、収納の手順を確認しておくと安心です。

寝袋(シュラフ)のおすすめブランド

モンベル(mont-bell)

「モンベル」は1975年に創立した日本のアウトドア総合ブランド。テントなどのキャンプ用品やバッグパックなどの登山グッズ、ウェアなど、さまざまなアイテムを揃えています。

同社では寝袋を「スリーピングバッグ」と呼称。これまで培ってきた技術とノウハウが踏襲されており、細部の使い勝手にまで配慮されています。素材はダウンとエクセロフト(化学繊維綿)に分かれ、それぞれ複数シリーズをラインナップ。使用温度によって細分化されているのも魅力です。

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

「コールマン」は1901年に創業したアメリカのアウトドアブランド。ランタンの取り扱いからスタートし、現在はテントやタープなどのキャンプ用品のほか、リュックやアパレルなども取り扱っています。

寝袋は比較的リーズナブルな価格のアイテムをラインナップ。大人サイズだけでなく、キッズサイズも用意されています。アウトドア初心者の方はぜひチェックしておきましょう。

ナンガ(NANGA)

By: amazon.co.jp

「ナンガ」は寝袋を主軸とした日本のアウトドアメーカー。滋賀県米原市に拠点があり、長年培ってきた、羽毛の選定・洗毛・管理のノウハウをいかして、クオリティの高い製品を作り続けています。

寝袋のダウンには高品質なヨーロッパ産を使用し、生産は自社工場の職人によってひとつずつ丁寧に裁縫。また、永久保証に対応しており、寝袋の修理であれば基本無償で引き受けてくれるのもポイントです。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

「ロゴス」は日本のアウトドアブランド。前身としては1928年、会社としては1953年、同ブランドとしては1985年のスタートで、多くのキャンプ用品を取り揃えているのが特徴です。

寝袋は比較的価格帯が控えめ。また、落ち着いたカラーをラインナップしているのもポイントです。また、キッズモデルも用意されており、バリエーションも豊富。手軽にアウトドアグッズを揃えたい方にもおすすめです。

寝袋(シュラフ)のおすすめ|夏用

モンベル(mont-bell) シームレス アルパイン バロウバッグ #7

夏用のマミー型寝袋。素材には同社の化学繊維綿「エクセロフト」採用しており、速乾性と耐久性に優れながらも比較的低価格なのが特徴です。

本製品の快適温度は12℃、限界使用温度は9℃。適応身長は183cmまでが目安です。スタッフバッグを含めた重さは635gで、収納サイズは14×28cmの3.8L。サマーキャンプ向けのおすすめモデルです。

モンベル(mont-bell) シームレス ダウンハガー800 #3

800フィルパワーの高品質ダウンを採用したマミー型の寝袋。本製品の快適温度は4℃、限界使用温度は-1℃と、夏用としてはかなり涼しげな場所で使うモデルで、言い方を変えれば春から秋まで使えるのが特徴です。

適応身長は183cmまでが目安。収納サイズは13×26cmの3.0Lで、スタッフバッグを含めた重さは555gと軽めです。汎用性の高い寝袋を求めている方はぜひチェックしておきましょう。

モンベル(mont-bell) ホローバッグ Kid’s #7

子供向けの夏用寝袋です。マミー型と封筒型をミックスしたような形状で、フィット感と開放感のバランスに配慮されているのが特徴。本製品の快適温度は13℃からで、限界使用温度は10℃と、サマーキャンプ向けのアイテムです。

素材には、ポリエステル綿のホローファイバーを採用しています。サイズは75×195cmで、適応身長は155cmまでが目安。スタッフバッグを含めた重さは960gで、収納サイズは33×20×20cmの13.2Lです。

なお、同シリーズには「ホローバッグ Kid’s #3」も用意。こちらの快適温度は7℃、限界使用温度は2℃で、春や秋で使うのにおすすめです。

コールマン(Coleman) コージーII C5

夏用の封筒型寝袋。洗濯機での丸洗いに対応しているのが特徴で、寝汗でしっとりと濡れた場合でも次回清潔に使えます。素材には、化学繊維のポリエステルを採用しており、価格控えめなのも魅力です。

本製品の快適温度は5℃以上で、使用時サイズは約84×190cm、収納時サイズは約26×42cm。重さは2000gです。ゆとりあるサイズ感、洗濯可能、コスパなどに優れたおすすめのアイテムです。

コールマン(Coleman) ファミリー2in1/C5

夏用の封筒型寝袋。2つで1つの2in1タイプで、それぞれ単体で使うのはもちろん、2枚繋ぎ合わせで使えば複数人川の字で寝られるのが特徴です。セットサイズは約168×190cm、単体は約84×190cm。収納時は2つまとめて約35×42cm、重さは約3700gです。

快適温度は5℃以上。洗濯機での丸洗いが可能なのもポイントです。素材はポリエステルがメインですが、表地・裏地ともに起毛仕上げで、心地よい眠りをサポートします。

コールマン(Coleman) スクールキッズ/C10

子供用におすすめの寝袋。快適温度10℃以上と夏向けのアイテムで、形状はマミー型と封筒型のミックスを採用しています。

使用時サイズは約65×180cmで、収納時サイズは約17×34cm。素材はポリエステルで、重さ約700gと軽くはありませんが、価格は控えめです。カラーはブルーとピンクの2色をラインナップしています。

コールマン(Coleman) キッズマミー アジャスタブル/C4

子供用のマミー型寝袋。使用時サイズは約65×140〜170cmと、身長に合わせてサイズを調節できるのが特徴です。

素材はポリエステルを採用。快適温度は4℃以上で、夏でも涼しい避暑地などに適したアイテムです。収納時サイズは約24×37cm、重さ約1250gとやや大きく重め。カラーはネイビーとオレンジの2色をラインナップしています。

ナンガ(NANGA) オーロラ ライト 350DX

760フィルパワーの高品質ダウンを350g使用したマミー型の寝袋。本製品の快適温度は4℃、限界使用温度は0℃と、夏用としてだけでなく、春・秋にも使えるのが特徴です。

サイズは身長165cmまでのショート、身長178cmまでのレギュラー、身長185cmまでのロングと3タイプ。収納サイズ13×25cm、重さは約750gです。

ロゴス(LOGOS) 抗菌防臭 丸洗いシュラフ 5

抗菌・防臭加工が施された封筒型の寝袋。アメリカの化学メーカー「デュポン」の「シルヴェイダー」という技術を用いた生地を使っているのが特徴です。洗濯機による丸洗いも可能で、清潔に使い続けられるのもポイント。快適温度は5℃までの夏用です。

使用時サイズは約75×185cm、収納時サイズは約24×39cmで、総重量は1500kg。中綿は化学繊維のダイナチューブファイバーを採用しており、やや大きく重ためですが、価格は控えめです。

ロゴス(LOGOS) くまさんシュラフ

オーソドックスな寝袋ではなく、かわいらしい寝袋がほしい方におすすめのアイテム。表面と肌面にはサラサラした手ざわりのシルキーモイスクロスを採用しており、快適に寝られるのが特徴です。

使用時サイズは約75×200cm、収納時サイズは約24×40cmで、総重量は約1450kg。中綿にはポリエステル繊維をマカロニのような形状にしたダイナチューブファイバーを採用しています。保温性の高さと寝心地のよさもポイントです。

適正温度目安は6℃まで。キャンプのテントはもちろん、普段使いのお昼寝用としてもおすすめです。

イスカ(Isuka) エア ドライト 290

夏でも涼しい地域や3000mクラスの山岳などに対応するマミー型寝袋。使用可能温度は2℃で、猛暑のキャンプではオーバースペックですが、朝夜肌寒さを感じるシーンにマッチするのが特徴です。

750フィルパワーのタウンを290g使用し、トータルの重さは560gと軽め。 使用サイズは78×210cmで、 収納サイズは14×24cmとコンパクトなのも魅力です。

ハイランダー(Hilander) ダウンシュラフ 400

650フィルパワーのダウン素材を採用したマミー型寝袋です。限界使用温度は5℃の夏用。収納サイズは約16×32cm、重さは約680gと、コンパクトかつ軽量なのが特徴です。

使用サイズは約80×210cmで、適応身長は170〜185cmが目安。使い勝手・サイズ感・価格帯のトータルバランスがよく、幅広いユーザーにおすすめです。

なお、もうひとランク暖かい寝袋を求める方は同シリーズの「ダウンシュラフ 600」がおすすめ。サイズ感はほぼ同等ですが、使用されているダウンの量が異なり、重さと暖かさに違いがあります。検討する際はチェックしてみてください。

スノーピーク(snow peak) SSシングル

使い勝手のよい封筒型寝袋。収納時は49×38×20cmのクッションサイズになるのが特徴で、シュラフとしての用途だけでなく、枕や寄りかかりグッズとしても使えるのが特徴です。

素材には化学繊維のポリエステルを採用しており、限界使用温度は5℃。使用サイズは78×196cmで、掛け布団としても使えます。

重さは1800gと重めですが、比較的低価格なのもポイント。コスパ重視で寝袋を選びたい方にもおすすめです。

ネイチャーハイク(NatureHike) M180

マミー型と封筒型をミックスしたような形状の寝袋。快適温度は12℃、限界使用温度は5℃の夏用モデルで、手頃な価格帯とそれに見合う機能性を備えているのが特徴です。

素材は化学繊維のポリエステルを採用し、使用サイズは約80×210cm(本体部190cm+頭部30cm)。収納サイズは約20×43cm、重さは約1200gと持ち運ぶにはやや大きめです。

なお、もうひとランク暖かい寝袋を求める方は同シリーズの「M300」がおすすめ。使用サイズ感はほぼ同じですが、快適温度は6℃、限界使用温度は1℃、収納サイズや重さも大きくなるので留意しておきましょう。

ビジョンピークス(visionpeaks) 封筒型シュラフ リバーシブル シュラフ15

リーズナブルな封筒型寝袋。快適温度15℃の夏用アイテムで、普通に使うのはもちろん、就寝時かなり暑い場合は腹掛け程度で使うのもおすすめです。

使用サイズは約75×190cmで、収納サイズは22×38cm。素材は化学繊維のポリエステルを採用しており、重さは約1000gと重めです。

また、リバーシブル使用が可能なのもポイント。洗濯は手洗いが推奨されています。価格重視で寝袋を選びたい方はぜひ購入候補として検討しておきましょう。

寝袋(シュラフ)のおすすめ|冬用

モンベル(mont-bell) シームレス バロウバッグ #0

適応身長183cmまでが目安となる冬用のマミー型寝袋。価格控えめな化学繊維綿タイプながら本製品の快適温度は-8℃、限界使用温度は-15℃に設定されており、しっかりと寒さに耐えられるのが特徴です。

スタッフバッグを含めた重さは2157g、収納サイズは22×44cmの14.8Lと、重たく大きめ。持ち運びは可能ですが、登山時などは負担になる場合があります。購入を検討する際は意識しておきましょう。

コールマン(Coleman) マルチレイヤースリーピングバッグ

3レイヤー仕様の封筒型寝袋。アウトレイヤー・ミッドレイヤー・フリースを重ね合わせているアイテムで、幅広いシーズンに対応できるのが特徴です。

快適温度はアウトレイヤー+ミッドレイヤー+フリースであれば-5℃と冬用に対応。なお、アウトレイヤー+フリースであれば5℃、ミッドレイヤー+フリースであれば12℃が目安となり、組み合わせ次第で暖かさを調節できるのが魅力です。

使用時サイズは約90×200cm、収納時サイズは約52×29×38cmで、重さは4900g。中綿はポリエステルを採用しており、大きく重ためですが、価格は控えめです。

ナンガ(NANGA) オーロラ ライト 450DX

760フィルパワーの高品質ダウンを450g使用したマミー型のおすすめ寝袋。本製品の快適温度は0℃、限界使用温度は-5℃と、 冬用のなかでも暖冬向きのアイテムで、春・秋にも使えるのが特徴です。

収納サイズは14×30cm、重さは約865g。持ち運び用途としては若干大きめですが、その分汎用性が高く、幅広いシーンで使えるのが魅力です。サイズは身長165cmまでのショート、身長178cmまでのレギュラー、身長185cmまでのロングと3タイプを展開されています。

ナンガ(NANGA) オーロラ ライト 600DX

冬用におすすめのマミー型寝袋。760フィルパワーの高品質ダウンを600gも使用しているのが特徴で、快適温度は-4℃、限界使用温度は-11℃と、 寒さにもしっかりと対応できるのが特徴です。

収納サイズは17×31cm、重さは約1050gが目安で、防寒できる分大きさに反映されています。サイズは身長165cmまでのショート、身長178cmまでのレギュラー、身長185cmまでのロングと3タイプを展開しているので、適したモノをチェックしてみてください。

ロゴス(LOGOS) はらぺこあおむし 添い寝シュラフ 2

大型封筒タイプの寝袋。使用サイズは約140×190cmと広々としており、単体として使うのはもちろん、大人と子供が一緒に寝るのにも適しています。

収納サイズは約32×50cmで、一般的な掛け布団と同程度の大きさ。総重量は約3100gと重ためです。適正温度目安は2℃まで。キャンプでは春秋向けのアイテムですが、冬で使うのであればメインの寝袋の上からさらに布団を掛ける感覚で使うのもおすすめです。

ニーモ・イクイップメント(NEMO) ディスコ 15

650フィルパワーの高品質ダウンを625g使用したマミー型の寝袋。一般的なマミー型よりも肩・膝周りにゆとりをもたせているのが特徴です。本製品の限界使用温度は-10℃の冬用。適応身長は183cmまで、収納サイズは23×30cm、重さは1220gです。

また、首回りの優れた温度調節ができる「ブランケットフォールド」や、内部の熱気を緩やかに排出して温度調節ができる「アジャスタブルサーモギル」が備わっているのもポイント。表面生地は全体にDWR(耐久撥水)加工が施されているほか、足先とフード部には防水透湿性生地が採用されています。

スナグパック(Snugpak) ベースキャンプ スリープシステム

マミー型と封筒型をミックスしたような形状の寝袋。インナーとアウターと2レイヤー仕様で、それぞれ単体で使えるのはもちろん、重ねて使うことも可能なモデルです。

素材は化学繊維のポリエステルを採用しており、インナーはフードなしで快適温度は-2℃。アウターはフードありで快適温度は3℃で、合わせて使うと快適温度は-12℃が目安となります。

サイズはインナーが220×154cmで、重さは1750g。アウターは220×160cmで、重さは1400g。トータルでの重さは約3200gとやや重めですが、シーズン通して使えます。持ち運び用途を求めたフットワーク重視のアイテムとは言えませんが、コスパや汎用性の高さを求める方に適しています。

ハイランダー(Hilander) ダウンシュラフ 800

650フィルパワーのダウン素材を800g採用したおすすめのマミー型寝袋です。限界使用温度は-5℃。冬用ながら価格が安く、コスパが高いのも特徴です。

使用サイズは約87×210cmで、適応身長は170〜185cmが目安。収納サイズは約20×36cm、重さは約1220gで、持ち運び用途としてもおすすめです。

ニュートラルアウトドア(NEUTRAL OUTDOOR) ヒートシュラフ

マミー型の寝袋。電気ヒーターが付いた「ヒートシュラフ」で、別途モバイルバッテリーと接続すると、内部温度の調節ができるのが特徴です。

パネルヒーターは首・腰・足元の3カ所。3つのモードが使用可能で、低温なら約7時間・40〜45℃、中温なら約5時間・45〜50℃、高温なら約3時間・50〜55℃の仕様です。

ヒーター使用時の快適使用温度は5℃、下限使用温度は0℃、限界温度は-10℃。なお、ヒーター未使用時の快適使用温度は15℃、下限使用温度は10℃、限界温度は0℃が目安です。

使用サイズは80×200cmで、適応身長は140〜190cm。収納サイズは25×40cm、重さは約2000gで、素材は化学繊維のポリエステルを採用しています。

surnews USB給電式 加熱寝袋

足首・脚部・腰・胸の4カ所に加熱ヒーターを内蔵した寝袋。別途モバイルバッテリーと接続することで暖かくなり、温度調節ができるのが特徴です。

調節は3段階で、低温なら30〜35℃、中温なら35〜40℃、高温なら40〜50℃が目安。形状としてはマミー型と封筒型のミックスタイプで、素材は化学繊維のポリエステルを採用しています。

ヒーター使用時の限界温度は-25℃を謳っていますが、あくまでも耐寒範囲としての目安。使用サイズは75×210cm(本体部190cm+頭部30cm)。収納サイズは30×45cm、重さは2400gと持ち運ぶには大きめです。

SNAWEN 着たまま動きまわることの出来るあったか寝袋

着ぐるみのような人型寝袋。中綿は化学繊維のポリエステルホロファイバーを採用しており、暖かく過ごせるのが特徴です。

サイズは2つで、S〜Mサイズは身長150〜165cmが目安で、重さは1300g。もう一方のL〜LLサイズは身長165〜180cmが目安で、重さは1500gとオーソドックスな冬用寝袋と同程度の重さです。

また、撥水加工が施されているほか、手洗いが可能なのもポイント。キャンプなどのアウトドアシーンはもちろん、氷上のワカサギ釣りなどで使うのもおすすめです。

寝袋(シュラフ)のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

寝袋(シュラフ)のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。