キャンプや登山に欠かせない「寝袋(シュラフ)」。より快適にアウトドアを楽しむためには、コンパクトかつ季節に合ったモデルを選ぶのがポイントです。しかし、最近では各メーカーからさまざまな種類のモノが発売されており、初心者にとって選ぶのが難しいアイテムでもあります。

そこで今回は、寝袋のおすすめモデルを封筒型・マミー型・人型のタイプ別にご紹介。あわせて、人気メーカーや寝袋の選び方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

寝袋(シュラフ)の選び方

形状で選ぶ

封筒型

封筒型の寝袋は布団に近い形をしており、ゆったりした寝心地が特徴。製品によっては寝袋同士を連結できるモノもあります。特に、子供連れでキャンプに出かけるファミリーや車中泊をする方におすすめです。

また、ファスナーを全開にすれば、ひざ掛けとしても使用できて便利。ただし、身体との密着度が低いため、冬や寒冷地にはあまり向きません。春や秋の涼しい時期に適したタイプの寝袋です。

マミー型

By: amazon.co.jp

マミー型の寝袋にはコンパクトに収納できる軽量のモノが多く、持ち運びしやすいのが特徴。キャンプはもちろん、登山やトレッキングにもぴったりです。

また、身体との密着度が高く保温性に優れているため、しっかり防寒できます。冬用の寝袋としてはもちろん、1年を通して使用できるモノもあるので、初めて寝袋を買う方にもおすすめです。

ちなみに、「マミー」は英語で「ミイラ」を表す言葉。マミー型寝袋は、寝ている姿がミイラに似ていることが名前の由来といわれています。

人型

By: amazon.co.jp

人型のフォルムをした寝袋は「着る寝袋」とも呼ばれ、高い機能性が魅力。服のように着たまま移動したり、料理などの作業をしたりできるので、体あたたかく保てるのが特徴です。最近では、家の中で部屋着として活用する方も増えています。

また、デザインが豊富なのもポイントです。おしゃれなモノも発売されているため、見た目にこだわりたい方にもおすすめ。なかには、夏用の半袖タイプも存在するので、使用する季節に合わせて選べます。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

寝袋は製品によってサイズが異なるので、自分の身長に合うモノを選ぶことが重要です。寝袋が大きすぎると足元に隙間が生まれてしまい、あたたまりにくくなります。

一方、小さすぎると中綿の膨らみを圧迫してしまい、断熱力を低下させる場合もあるため、注意が必要です。

一般的な寝袋には適用身長が記載されているので、購入前に確認しておくのがおすすめ。記載されていない場合、身長から±20cmの大きさで選ぶと快適に使用できるといわれているため、ひとつの目安にしてみてください。

中綿の素材で選ぶ

ダウン

ダウンは、化学繊維よりも軽量かつ保温性が高い素材です。また、羽毛を重ねることで空気の層を作りだしているため、収納時はコンパクトになるのも魅力。特に、持ち運びやすさを重視したい方に適しています。

ただし、化学繊維に比べて製品価格が高い傾向にあるので、予算を考慮して検討するのがおすすめ。また、水濡れに弱いのも難点です。最近では洗濯できるモデルも発売されているため、気になる方はあわせてチェックしてみてください。

化学繊維

By: amazon.co.jp

化学繊維の魅力は価格がリーズナブルなこと。コスパを優先したい方に人気の素材です。また、手軽に洗濯できるため、メンテナンスしやすいのも特徴。耐久性が高く、濡れても保温性を保ちやすいので、長く使える寝袋を探している方にもおすすめです。

ただし、ダウンに比べて、収納時にかさばりやすく重いモノが多いため、登山やトレッキングには向かない場合があります。化学繊維を使用した寝袋の購入を検討している場合は、利用シーンを事前に想定しておきましょう。

耐久温度(快適温度)で選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的に、シュラフには耐久温度(快適温度)が示されています。3シーズン用や冬用など、さまざまな種類のモデルがラインナップされていますが、夏用なら5~10℃、冬用なら-15〜-5℃、春・夏・秋の3シーズン用なら-5~5℃のモノがおすすめです。快適に使用するための、ひとつの目安として参考にしてみてください。

ただし、メーカーによって温度の測定基準が異なる点には要注意。表記されている数字が同じでも、保温力が異なる場合もあるため、素材や中綿の量もあわせて確認するようにしましょう。

コンパクトに収納できるかで選ぶ

寝袋は、モノによって収納時にかさばる場合があります。できるだけ楽に持ち運ぶために、収納時のサイズも事前に確認しておくのがおすすめです。

なかでも、マミー型の寝袋は、軽量でコンパクトに収納できるモノが多く発売されています。さらに、ダウン素材なら、より軽量で収納しやすい大きさに圧縮できるため、登山やキャンプにぴったりです。

手入れのしやすさで選ぶ

使用した後の寝袋は、寝ている間にかいた汗や、テント内に結露した水を吸収している場合があります。手入れを怠るとカビが生えるおそれもあるため、メンテナンスしやすいモノを選ぶのがおすすめです。

特に、化学繊維を用いた寝袋は洗濯可能なモノが主流で、手入れしやすい傾向があります。一方、最近では丸洗いできるダウン素材の寝袋も発売されているので、使用する場所や、使用頻度に応じて検討してみてください。

寝袋(シュラフ)のおすすめメーカー

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

コールマンは、1901年に創業したアメリカの人気ブランド。もともとはランタンで有名なブランドですが、アウトドアアイテムも幅広く取り扱っています。

コールマンの寝袋はマミー型や封筒型などラインナップが豊富なため、用途に合うアイテムを見つけやすいのが特徴です。また、製品の耐久性が高いのも魅力。長く使える寝袋を探している方におすすめです。

モンベル(mont-bell)

モンベルは、山を愛する辰野勇氏により設立された日本のアウトドアブランド。「Function is Beauty(機能美)」をコンセプトとして掲げており、高性能ながら低価格で購入できる製品を多く発売しています。

寝袋においては、シンプルなデザインのモノを多くラインナップ。さまざまなシーンで使いやすい寝袋も多く、アウトドアの初心者におすすめです。

ナンガ(NANGA)

By: amazon.co.jp

ナンガは、羽毛にこだわりを持つ日本の羽毛製品メーカーです。滋賀県米原市で創業し、寝袋のほかにも、ジャケットやパンツなどの登山アパレルを国内で生産しています。

ナンガの寝袋は、質のよいダウンを使用しているのが特徴です。また、熟練職人の縫製技術により、軽量かつ保温性が高く仕上げられているのも魅力。高品質な寝袋を探している方におすすめのメーカーです。

寝袋(シュラフ)のおすすめモデル|封筒型

コールマン(Coleman) パフォーマーIII/C5 2000034774

コールマン(Coleman) パフォーマーIII/C5 2000034774

機能性に優れた封筒型の寝袋です。裏地を表に出す「コンフォートカフ」を採用し、快適な寝心地を実現しているのが特徴。内側にはポケットが搭載されており、スマートフォンなどの貴重品を収納できます。

中綿には、ポリエステルを使用。洗濯機で丸洗いができるので、手入れしやすいのも魅力です。使用時のサイズは約幅80×奥行き190cmで、ソロキャンパーに適しています。

本製品の快適温度は0〜5℃のため、春〜秋の3シーズンで使用可能。さらに、コンパクトに収納できる専用ケースが付属するので、持ち運びも快適です。

コールマン(Coleman) ファミリー2in1 C10

コールマン(Coleman) ファミリー2in1 C10

ファミリー向けの封筒型寝袋。幅が約168cmと広く、2人でもゆったり横になれるのが特徴です。また、上下を分割して1人用の寝袋として使ったり、マットレスとして使ったりもできるため、さまざまなシーンで活躍します。

表地と裏地が起毛仕上げで、肌触りが優しいのも魅力。首元には、冷気を遮断してあたたかさを保持する「サーマルスプリットカラー」が採用されているので、防寒性能にも優れています。

使用可能温度が5〜10℃のため、春・夏・秋の3シーズンで使えるのもポイント。さらに、中綿がポリエステルで丸洗いでき、手入れも簡単です。そのほか、イージーキャリーケースが付属しているので、快適に持ち運べます。

スノーピーク(snow peak) 寝袋 SSシングル BD-105GY

スノーピーク(snow peak) 寝袋 SSシングル BD-105GY

初めて寝袋を買う方におすすめの、スノーピークのエントリーシュラフです。快適温度は13℃、下限温度は5℃に設定されており、春夏のキャンプにぴったり。2枚用意して連結させれば2人で一緒に使えるため、ファミリーキャンプにも適しています。

また、収納ケースに入れればクッションとして使用でき、ファスナーを全開にすればひざ掛けとしても使用可能。さまざまなシーンで活用できます。さらに、価格が安いので、コスパ重視の方にもおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CSブラックラベル クッションシュラフ

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CSブラックラベル クッションシュラフ

クッションとしても使用できる寝袋です。シュラフ使用時のサイズは約幅85×奥行き200cmで、クッション使用時のサイズは約幅45×奥行き45×高さ20cm。使用温度目安は7℃以上に設定されており、春・夏・秋の3シーズンに適しています。デザインがおしゃれなため、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

また、裏地に肌ざわりのよいフランネル加工が施されているのもポイント。中綿には中空ポリエステルを使用しており、綿が片寄りにくいキルト縫製を採用しています。軽量かつ保温力が高いのも魅力です。

本体のファスナーは上下から開閉できる設計で、暑いときは足側のファスナーを開けるなど、温度調節が可能。さらに、丸洗いにも対応しているので、手入れしやすい寝袋を探している方も、ぜひ検討してみてください。

ロゴス(LOGOS) 封筒型シュラフ ミニバンぴったり寝袋・-2

ロゴス(LOGOS) 封筒型シュラフ ミニバンぴったり寝袋・-2

ミニバンの室内サイズに合わせて作られた寝袋です。車中泊はもちろん、テント泊で大きなサイズの寝袋を探している方にもおすすめ。サイズは約幅142×奥行き190cmです。分割すれば、1人用の寝袋としても使えます。

収納時はクッションになるため、シーンに合わせて使い分けられるのも魅力。表面の素材には丸洗いできる「モイスポリ」を使用しており、手入れも簡単です。

また、肌面素材にポリエステルファイバーを起毛させた「サーマブレスクロス」を使用しているので、通気性にも優れています。さらに、中綿には「ダイナチューブファイバー」を採用。繊維同士が独立する加工を施すことで、かさ高を保ちやすい仕様です。

JUYEE 寝袋 ダウン シュラフ 冬用

JUYEE 寝袋 ダウン シュラフ 冬用

布団のような、ふかふかの寝袋が欲しい方におすすめのモデルです。サイズは約幅80×奥行き210cmで、高身長の方にもぴったり。中綿に1800gものダウンが使われているので、やわらかく、保温性にも優れています。

本製品は冬用で、快適温度は-5〜10℃。寒い場所でも、快適な寝心地をサポートします。また、封筒型のため、広げればマットとして、畳めばクッションとして使えるのも魅力。シーンに合わせて、さまざまな用途で活用します。

ダウンをたっぷり使用した寝袋ながら価格が安いので、コスパにこだわりたい方もぜひチェックしてみてください。

寝袋(シュラフ)のおすすめモデル|マミー型

モンベル(mont-bell) アルパイン ダウンハガー 650

モンベル(mont-bell) アルパイン ダウンハガー 650

モンベル独自の「スパイラルストレッチシステム」を採用した寝袋です。生地の繊維方向を斜めに配置することで、フィット感の向上と窮屈感の解消を同時に実現しています。保温性を保ちつつ、寝ている間の動きを制限しないため、快適に使用可能です。

また、中綿には650フィルパワーの高品質ダウンを使用。ボックス構造で封入されているので、かさ高を保ちながらダウンの片寄りを防ぎます。さらに、トンネルフードやネックバッフルなどの、寒気を遮断する構造も魅力。快適温度は-8℃で、冬のテント泊にもぴったりです。

なお、本製品にはダウンが使用されているため、頻繁に洗濯すると生地にダメージを与えてしまう場合があります。洗濯後はしっかり水気を切り、風通しのよい場所で乾燥させるのがおすすめです。

モンベル(mont-bell) バロウバッグ ロング

モンベル(mont-bell) バロウバッグ ロング

夏の高山から冬の低山キャンプまで、幅広く対応できる寝袋です。モンベル独自の「エクセロフト」技術を採用しているのが特徴。3種類の異なる太さの繊維を複雑に絡み合わせることで、あたたかい空気を蓄え、高い保温性を実現しています。

また、水を吸収しにくい繊維が採用されているため、汗や雨で濡れてもかさ高を保ちやすいのが魅力。快適な寝心地をキープできます。さらに、繊維にシリコンコーティングを施しているので、速乾性に優れているのも特徴です。

なお、本製品は手洗いができるため、メンテンスも簡単。付属のスタッフバッグを使用すればコンパクトに収納でき、携帯性にも優れています。

ナンガ(NANGA) オーロラ500STD

ナンガ(NANGA) オーロラ500STD

ナンガの寝袋のなかでも、代表的なモデルです。快適温度が1℃で下限温度が-4℃と、3シーズン使用できるのが魅力。夏の低山や低地のキャンプに適しています。カラーはレッド・パープル・イエロー・ODグリーンの4色展開です。

素材に防水コーティング加工を施した「オーロラテックス」を使用しているのも特徴。シュラフカバーがなくても保温性をキープできるため、キャンプ初心者にもおすすめです。

イスカ(ISUKA) 寝袋 エア 810EX

イスカ(ISUKA) 寝袋 エア 810EX

-25℃まで対応できる、厳冬期用の寝袋です。標高が高い場所でのテント泊におすすめ。3D構造と台形のボックス構造を採用しているため、圧迫感が少なく、高い保温性を維持します。

また、調節可能なショルダーウォーマーが付いているのも特徴。マフラーのようなはたらきで、首からの放熱を防ぎます。重量は1320gと重めですが、滑りのよい専用スタッフバッグが付いており、収納は簡単です。

スノーピーク(snow peak) BACOO 550

スノーピーク(snow peak) BACOO 550

寝心地のよい寝袋を探している方におすすめのモデル。中綿にはダックダウンが550g使用されており、下限温度は-7℃です。表生地には防水透湿ハイブリッド素材を使用。結露からダウンを守るため、シュラフカバーは必要ありません。

体から発散された湿気が中央部の通気パネルから排出されるので、快適に使用できるのも魅力。さらに、ジッパーラインが上部にオフセットされているのも特徴です。肩口を包み込むようなデザインで、しっかり防寒できます。

そのほか、ショルダーウォーマーは平形、フードのドローコードは丸型と、それぞれ形状が異なるため、暗がりで使いやすいのもポイントです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ブルーカズー NBR41800

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ブルーカズー NBR41800

ヒートロスを軽減した、機能性の高い寝袋です。使用時に圧力が集中しやすい頭部・背部・臀部・踵部に、潰れにくく、熱効率を高める「クライマシールドプリズム」を配置しているのが特徴。底冷えしにくく、快適な寝心地を得られます。

また、特に冷えやすい足先には「ボルテッド・フットボックス」を採用。足を自由に動かせるため、血行を妨げにくく、保温効率を高めます。さらに、蓄光素材のファスナーを採用しており、暗がりでも使いやすい設計です。

本製品の下限温度は-9℃で、春〜秋の3シーズンに適しています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アクティブ シュラフ 600

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アクティブ シュラフ 600

機能性が高く、コスパに優れた寝袋。使用時のサイズは約幅80×長さ210cmです。適応温度は5〜25℃で、春・夏・秋の3シーズンで使用可能。ドラフトチューブを採用しており、ファスナー部分からの放熱や冷気を軽減します。また、内側にはポケットが搭載されているため、貴重品を収納できて便利です。

中綿にはポリエステルが使われているので、濡れても保温性をキープ可能。さらに、表地には撥水性と通気性に優れた「リップストップポリエステル70D」を採用しているため、快適な寝心地が得られます。そのほか、収納バッグが付属するので、持ち運びも簡単です。

寝袋(シュラフ)のおすすめモデル|人型

ロゴス(LOGOS) 寝袋 ダウンワンピースシュラフ・-6

ロゴス(LOGOS) 寝袋 ダウンワンピースシュラフ・-6

中綿にダウンを使用した人型寝袋。サイズは約幅85×長さ210cmです。ダウンがあたたかい空気を蓄え、高い保温性を維持。下限温度は-6℃で、冬の使用に適しています。

本体のさまざまな箇所にファスナーが搭載されており、開閉しやすいのが特徴。胸元には斜めに切り込んだファスナーを設けているため、簡単に着脱できます。また、足に設けられたファスナーは、靴を脱ぎ履きする際に便利です。

なお、本製品にはダウンを使用しているので、頻繁な洗濯は避けましょう。使用後は、風通しのよい場所に収納しておくのがおすすめです。

KingCamp 人型寝袋

KingCamp 人型寝袋

使い勝手のよい人型寝袋。襟元から股上までファスナーが搭載されているため、楽に着脱できるのが魅力です。上下と内外側、さまざまな方向から開閉できるので、体温調節も簡単。急な温度の変化にも対応できます。

中綿には、軽量で保温性のある「ホロファイバー」を使用。快適使用温度は3〜8℃で、春・夏・秋の3シーズン使えます。また、表面に撥水加工がされているため、結露が気になる方にもおすすめです。

さらに、サイズがXS・S・M・Lから選べるのもポイント。幅広い体型に対応できます。そのほか、本製品は洗濯機で丸洗いできるので、衛生的に使える寝袋を探している方も、ぜひ検討してみてください。

ミツバシショップ ペンギン寝袋

ミツバシショップ ペンギン寝袋

かわいらしいペンギンデザインの人型寝袋です。表面に防水性の高い「300Tポリエステル」が使われており、雨や結露で濡れても保温性をキープできるのが魅力。また、内側には通気性のよい素材を使用しているため、蒸れを防いで快適な寝心地を得られます。

さらに、ファスナーを全開にすれば、クッションとしても使用可能。そのほか、洗濯機で丸洗いできるので、寝袋を清潔に保ちたい方にもおすすめです。なお、本製品の快適温度は0〜5℃のため、春や秋の使用に適しています。

WE DO 着る寝袋

WE DO 着る寝袋

保温性に優れた人型の寝袋。中綿にあたたかく軽量な「ホロファイバー」が使われているため、着用している間に高い保温性を維持できます。また、撥水加工が施されているので、雨天時でも快適に使用可能です。

さらに、腹部の下までファスナーが搭載されているため、着脱しやすいのも特徴。そのほか、両手を自由に出しやすい設計なので、着用したまま快適に読書や料理が行えます。ポケットも搭載されているため、貴重品の収納にも便利です。

価格も比較的安いので、コスパにこだわりたい方はぜひ検討してみてください。