キャンプで睡眠や休息を取るのに欠かせないのが「寝袋(シュラフ)」。睡眠がしっかり取れないと翌日の活動にも支障が出てくるので、キャンプアイテムのなかでも特に気にかけておきたいアイテムです。

今回は、コールマンやモンベルなどの人気メーカーがリリースしているおすすめの寝袋をご紹介します。自分に合った寝袋を選んでアウトドアを満喫しましょう。

寝袋(シュラフ)とは?

By: amazon.co.jp

寝袋(シュラフ)とは、袋状の携帯用寝具のことです。保温材が詰められており、テントの中で快適に寝るためには欠かせないアイテムです。各メーカーからさまざまな特徴を持った寝袋が販売されていますが、ニーズに合ったものを選ばないと寒くて寝られない夜を過ごすこともあるほか、最悪の場合、命の危険に関わる可能性もあります。

なお、寝袋は「形状」と中に入っている「中綿」の種類で大きく保温性が変わるため、アウトドア生活で上質な睡眠と休養が取れるように、利用シーンにぴったり合った寝袋を選ぶことが大切です。

寝袋の選び方

寝袋の種類と特徴から選ぶ

1. 封筒型

By: amazon.co.jp

「封筒型」とは、その名の通り布団が2枚重なったような長方形の寝袋です。ゆったりとしていて中で自由に動けるので、布団に近い感覚で利用できます。

同じタイプの寝袋なら2つ並べて連結できるものもあり、小さな子供を連れたファミリーキャンプにおすすめ。ファスナーを広げてブランケット代わりにもなります。また、洗濯機で丸洗いできるタイプも多いのでお手入れも簡単です。

ただし、保温性はそれほど高くないため、冬のキャンプや登山には向いていません。また、収納スペースも取るので、荷物をひとつでも減らしたい登山やソロキャンプにも不向きです。

2. マミー型

By: amazon.co.jp

「マミー型」とは、ミノ虫のように体をすっぽりと包む形状の寝袋。身体のラインに沿ったデザインで、無駄な隙間がないために体温を逃しにくく「封筒型」より保温性が高いのが特徴です。氷点下の温度に対応した「マミー型」の寝袋があれば、冬のキャンプ場でも寒さをしのいで快適に眠れます。

また、軽量かつコンパクトに収納できるのもうれしいポイント。ソロキャンプや荷物を背負って歩くトレッキングなどにおすすめです。ただし、マミー型の寝袋は体にフィットするため、はじめて使う時にはすこし窮屈に感じるかもしれません。寝心地を求めるなら「封筒型」か「エッグ型」の寝袋がおすすめです。

3. エッグ型

By: amazon.co.jp

「封筒型」と「マミー型」のいいとこ取りをした製品が、「エッグ型」の寝袋です。卵の形をした寝袋で、頭と足元の部分を絞って保温力をアップ。胴体の部分がゆったりとしたデザインなので、寝ている時でも体を自由に動かせる快適さがあります。

収納力は「マミー型」に比べると劣りますが、それでもキャンプで持ち運ぶには申し分ないサイズにまとめられて便利です。

4. 人型

By: amazon.co.jp

「人型」のシュラフは、その名の通り人間の形をした寝袋です。手と足の部分が自由になるので、着たまま外で焚火や料理ができたり、そのままアクティビティを楽しめたりと防寒具としても便利。また、極寒期のキャンプでは、人型の寝袋を着こんでからシュラフに入るとより保温性をアップできます。

キッズサイズも各メーカーから販売されています。寝ている間に寝袋をはいでしまう可能性が低いため、子供用にも嬉しいタイプ。子供と一緒のファミリーキャンプにおすすめです。

中綿の種類をチェック

By: amazon.co.jp

寝袋の中綿に使われている素材は、「ダウン」と「化学繊維」がほとんどです。それぞれメリット・デメリットがあるため、購入時には違いを把握しておきましょう。

ダウンのメリットは、暖かさと軽さです。冬のキャンプでも寒さで震えることなく、快適な睡眠をサポートしてくれます。その一方で、水濡れに弱く、手入れや保管方法に気を使うのが難点。また、「化学繊維」に比べて値段も高く設定されています。

化学繊維のメリットは、ダウンと比べて価格がリーズナブルな点です。濡れや汚れにも強く、家庭用の洗濯機で丸洗いできるモデルも各メーカーから販売されています。

ダウンに比べると保温力は劣りますが、価格やお手入れのしやすさを考慮すると、一般的な家庭でキャンプに使うなら化学繊維の寝袋がおすすめです。

夏・冬・3シーズン用から選ぶ

寝袋には「夏用」「冬用」「3シーズン用」と、大きく3種類に分かれています。間違えて、冬のキャンプに「夏用」の寝袋を持参すると、寒さで眠れぬ夜を過ごすことになります。夏と冬とのキャンプでは温度差があまりにも大きいので、それぞれの季節に合った寝袋を用意しましょう。

「3シーズン用」は、春から秋にかけて長い期間使えるので、汎用性が高いタイプです。初めて寝袋を購入するなら「3シーズン用」が適しています。まずは「3シーズン用」を用意して、その後に冬用、最後に夏用と揃えていくケースがおすすめです。

使用温度目安を確認

メーカーによって表記が少し違いますが、ほとんどの寝袋には「快適温度」と「限界温度」が設定されています。「快適温度」は個人差があるので、キャンプ予定地から+5℃くらいの温度が表示されているシュラフを選ぶと安心です。

「限界温度」は、夏用なら5~10℃、3シーズン用なら-5~5℃、冬用なら-5℃以下が目安。ちなみに、「使用温度」は寝袋を選ぶ時のざっくりとした目安です。キャンプ予定地の気候はもちろん、その日の夜は何℃まで気温が下がるのかを把握し、それに対応できる寝袋を選びましょう。

携行性を重視するなら軽量・コンパクトモデルがおすすめ

By: amazon.co.jp

ファミリーキャンプでは、家族の人数分の寝袋を持ち歩かなければなりません。寝袋がコンパクトであれば、かなりの空きスペースが確保できます。

寝袋に軽量性・コンパクトさを求めるなら、中綿がダウンの「マミー型」がおすすめ。最近では、2Lのペットボトル程の大きさにまとまるものや、手のひらに乗せられるサイズもあります。各メーカーからコンパクトさを追及したさまざまなモデルが販売されているので、チェックしてみてください。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

汗や汚れをそのままにしておくと、カビが生えて寝袋の劣化につながります。自宅で丸洗いできるものを選ぶと、長く快適に使用可能です。

手入れのしやすさでは、洗濯機で丸洗いができる「化学繊維」の寝袋がおすすめ。ダウンも手洗いできますが、専用の洗剤が必要になるので注意しましょう。

寝袋のおすすめモデル|コールマン(Coleman)

キャンプ初心者から、極寒期のキャンプをこなすハードなキャンパーまで、幅広い層に人気があるコールマン。特に「封筒型」の寝袋・シュラフを多く取り扱っています。

封筒型は、同じシリーズのものだと連結できるのでファミリー層に人気。高品質でありながら、リーズナブルな価格設定も嬉しいポイントです。

コールマン(Coleman) タスマンキャンピングマミー/L-15

タスマンキャンピングマミー/L-15

快適温度が-9℃、使用下限温度が-15℃と、冬キャンプに最適な寝袋です。首回りのファスナーを閉めれば外からの冷気を遮断でき、さらに保温性アップ。また、足元がゆったりしたデザインのため、寝返りする時もストレスを感じさせないのが特徴です。

洗濯機で丸洗いできるのも大きな魅力。コストパフォーマンス良好のアイテムなので、冬キャンプ初心者の方におすすめです。

コールマン(Coleman) パフォーマーIII/C5

パフォーマーIII/C5

快適使用温度は5℃以上、使用下限温度は0℃で、春から夏にかけて長い間使える3シーズン用の寝袋です。同モデルならファスナーで連結して、広々としたスペースを確保できます。小さな子供と並んで寝られるので、ファミリーキャンプによく行く方におすすめの寝袋。

内側には、スマホなどの小物を入れるのに便利なインナーポケット付きです。洗濯機で丸洗いできるのも嬉しいポイント。コンパクトにまとめられる収納ケースも付属するので、携帯性も良好です。

コールマン(Coleman) ファミリー 2in1 C5

ファミリー2in1 C5

子供を挟んで川の字になって寝られるので、小さな子供を連れてキャンプに行く方におすすめの寝袋です。柔らかい手触りが特徴的な起毛仕上げのアイテムなので、布団に近い感覚で使用することができます。

同モデルの同じサイズであれば連結できるほか、中央で分割することにより1人用の寝袋として使用できるのも便利なポイント。また、別売りのエアーベッドと組み合わせれば、さらに快適な就寝スペースを確保できます。

洗濯機で丸洗いできるので、いつでも衛生的に利用可能。快適使用温度は5℃以上、使用下限温度は0℃以上で、3シーズン使える寝袋です。

コールマン(Coleman) コルネットストレッチ2

コルネットストレッチ2

優れた伸縮性で、窮屈さを感じさせないマミー型の寝袋。体温調整や脱着がしやすいセンタージップを採用しているほか、手足が出せるデザインのため、着たまま野外で調理ができたりキャンプ場の散策に出かけたりと使い勝手のよいアイテムです。

洗濯機で丸洗いでき、お手入れが簡単な点も魅力。使用下限温度は0℃で春から秋にかけて3シーズン利用できるうえ、購入しやすい価格帯なので、はじめて寝袋を購入する方におすすめです。

コールマン(Coleman) sleeping bag Mummy Style

sleeping bag Mummy Style

使用下限温度が-18℃の冬用の寝袋。頭をすっぽりと覆うフードの採用で保温性のアップを図れるほか、上下から開閉できる2wayジッパーで温度調整も簡単にでき、使い勝手良好な寝袋です。

本格的な冬モデルにも関わらず、購入しやすいリーズナブルな価格もポイント。保温性とコストパフォーマンスの両方を求めている方におすすめの寝袋です。

寝袋のおすすめモデル|モンベル(mont-bell)

大阪に本社を置く、日本の人気アウトドアメーカー・モンベル。同社の寝袋・シュラフの特徴は、寝心地と保温性を追求している点です。モンベル独自のストレッチシステムを採用しており、高い伸縮性がメリット。マミー型でも体を自由に動かせるので、窮屈感のない寝心地を提供してくれます。

また、ダウンの中でも高品質な「EXダウン」を採用しているため、高い保温性を誇り、さまざまなキャンプシーンで活躍可能。さらに軽量・コンパクトさにおいても優秀です。

モンベル(mont-bell) ダウンハガー800#5

ダウンハガー800#5

高い保温性とコストパフォーマンスで人気の高いモデル。800フィルパワーの高品質なダウンを封入しており、夏から秋冬のキャンプまでマルチにこなす使い勝手に優れた寝袋です。

世界トップレベルの撥水加工「ポルカテックス」の採用により、水濡れに強いのが特徴。また、独自のストレッチシステムによりマミー型でも中で自由に体を動かせる伸縮性を実現しています。

収納時のサイズは12×24cm、重さは450gで軽量・コンパクトな点も特徴。長期保存用のストリージバッグがついているのも嬉しいポイントです。使用下限温度4℃、快適温度8℃の3シーズンタイプ。クオリティも高く、長い期間使えるのでおすすめの寝袋です。

モンベル(mont-bell) エクセロフトカモワッチバッグ

エクセロフトカモワッチバッグ

袖がついているので手が自由に動かせ、ジッパーをあげれば足も出るので、自由に動き回ることができる寝袋です。キャンプ時の寝袋として活用するのはもちろん、野外調理やバードウオッチング、寒い季節でのスポーツ観戦などさまざまなシーンで利用できます。

リバーシブル仕様で、裏地はホワイトとレッドの2色を展開。ハンドポケット2個と内側にポケットもついていて、使い勝手に優れた寝袋です。

寝袋のおすすめモデル|イスカ(ISUKA)

イスカは、大阪に拠点を置く寝袋(シュラフ)の専門メーカー。1972年の創業以来、一貫して高品質な寝袋を作り続けています。

きめ細やかな裁縫と、中に入れるダウンの量をエリアごとに調節する「3D構造」を取り入れた「エアシリーズ」は不動の人気製品です。

イスカ(ISUKA) エア 630EX ゴールド

エア 630EX ゴールド

800フィルパワーの高品質なダウンを封入したイスカの人気シリーズ。3D構造の採用により、寒さを感じやすい足元や胸元に多くのダウンを封入し、厳冬期のキャンプでも快適な寝心地を提供してくれる寝袋です。

マフラーのような役割をはたす「ショルダーウォーマー」は、首から暖かい空気が出ないように設計されています。また、表面の生地には撥水性・耐久性に優れた「ナイロン66」を採用しているため、水濡れに強く長く愛用できる寝袋です。

付属のスタッフバッグは少し大きめなので、シュラフカバーやテントシューズなどの小物も一緒に収納可能。使用下限温度は-15℃の本格派モデルです。

イスカ(ISUKA) エア450X 1488

エア450X 1488

エアシリーズの3シーズン用モデル。使用下限温度は-6℃で、夏山から冬の低山キャンプまで使える汎用性の高い寝袋です。800フィルパワーのダウンの採用により高い保温性を確保しつつ、軽量化を実現したアイテム。1年を通して利用できるほか、携帯性に優れているので、はじめて寝袋を購入する方におすすめです。

イスカ(ISUKA) パトロール 600

パトロール 600

中綿に化学繊維を採用したイスカのベーシックモデル。使用下限温度は2℃で、初夏から初秋にかけてのキャンプや、夏の北海道のツーリングに最適な寝袋です。リーズナブルな価格なので、コストパフォーマンスに優れたアイテムを求めている方におすすめ。

なお、サイズは身長180cm対応の一般モデルから、女性向けのショートモデル、さらにキッズモデルの3タイプを展開しています。

イスカ(ISUKA) ウルトラライト

ウルトラライト

使用下限温度が10℃と、夏場に向いている寝袋です。重さ630g、収納サイズが12.5×27cmと、軽量・コンパクトさが魅力。夏のキャンプはもちろん、荷物を少しでも軽くして挑みたい山登りや沢登り、北海道のツーリングやサイクリングにもおすすめです。

夏を中心にアウトドアアクティビティを楽しむ方、3シーズン用の寝袋をもうすでに持っていて、2つめの寝袋をお探しの方はぜひ検討してみてください。

寝袋のおすすめモデル|キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

モノづくりで有名な新潟県燕三条に本社を構える、日本のアウトドアメーカー。常にユーザーニーズに耳を傾け、ハイクオリティなアウトドアグッズを幅広く開発しています。リーズナブルな価格設定も多くのアウトドアファンに愛されている理由です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 洗える人型シュラフ UB-11

洗える人型シュラフUB-11

中綿に速乾性のある「ウルトラファインファイバー」を採用しているため、洗濯機で丸洗いできる人型寝袋。ファスナーを開くと手足が出せるデザインなので、着たまま野外アクティビティを楽しめたり、室内でも自由に動けたり、シーンを選ばず活用できます。

大人サイズのほかに、キッズサイズもラインナップされており、親子や兄弟でお揃いで購入して楽しむのもおすすめ。子供にはぴったりなので、ファミリーキャンプの際には要チェックのアイテムです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) エッグ型シュラフ UB-22

エッグ型シュラフ UB-22

リーズナブルなエッグ型の寝袋。頭部と足元を絞り上げたデザインで保温力をアップさせているほか、首から入ってくる冷気を遮断するドローコードを備えており、暖かい空気を逃しません。

表面には撥水加工を施した生地を採用しており、水濡れに強いのも嬉しいポイント。また、使い勝手のよいダブルファスナーの採用で、上下どちらからでもファスナーの開閉ができます。洗濯機で丸洗いできるので、いつでも清潔に利用可能です。

大人サイズのほかに、キッズサイズも展開しています。使用下限温度は10℃なので、サマーファミリーキャンプに行く方におすすめの寝袋です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アクティブ 600 M-3438

アクティブ 600 グリーン M-3438

リーズナブルな価格が魅力の3シーズン対応のマミー型寝袋。低価格にも関わらず、首回りから入る冷気をブロックする「ショルダーチューブ」のほか、ファスナー部分からも暖かい空気を逃さない「ドラフトチューブ」を採用するなど、細かい保温対策が施されています。

内側には、時計やスマホなどの小物を入れられるポケットがついており、使い勝手も良好です。収納袋が付属するのも嬉しいポイント。安い価格設定なので家族お揃いで購入するのもおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) フォルノ 800 M-3473

フォルノ 800 ダークネイビー M-3473

比較的安い価格で購入できる封筒型の寝袋です。使用下限温度は12℃で、中綿には軽くて保温力の高い「ホローファイバー」を採用。表面の生地には撥水加工が施されているため、多少の水濡れにも対応できます。

同じモデルならファスナーで連結することが可能。上下からファスナー開閉ができるので、暑い夏は足元と首元のファスナーを大きく開けることで、快適な夜を過ごすことができます。

広げればブランケット代わりになったり、災害時の簡易寝袋として活用したりと、さまざまなシーンで利用可能。気軽に買える価格帯なので、2つめの寝袋としてもおすすめです。

寝袋のおすすめモデル|スノーピーク(snow peak)

新潟県・燕三条に本社を置くアウトドアメーカー。革新的なアイデアを反映させ、機能性に優れたアウトドアグッズを多数展開しています。シンプルで無駄のないデザインも人気の理由で、おしゃれなキャンパー達に人気の高いブランドです。

スノーピーク(snow peak) セパレートオフトン ワイド700

セパレートオフトン ワイド700

その名の通り、「日本の布団のような寝袋」というコンセプトのもと開発された寝袋。上下を完全にセパレートすることにより、普段使っている掛布団と敷布団に近い形で使えます。使用下限温度は2℃、快適温度は7℃なので、3シーズンは十分活用できる寝袋です。

暑い季節は、上と下を完全に分離してお腹だけにかけたり、寒い季節は両サイドのファスナーと足元を閉めて寝たりと、使い方を工夫できるのもポイント。中綿はダウンですが、防水加工が施された画期的な素材が採用されているため洗濯ができます。

スノーピーク(snow peak) ミリタリーシュラフ BDD-050OD

ミリタリーシュラフ BDD-050OD

中綿には湿気や濡れに強い化学繊維を採用し、ハードユースにも耐えられるように設計された寝袋です。ヘッドランプやスマホなどが収納できる内ポケットがついているほか、フリースなどの衣類を入れて枕として使用する「ピローポケット」もついています。

付属の収納ケースには圧縮機能がついており、コンパクトにまとめて持ち運びが可能です。使用下限温度は-3℃、快適温度は3℃。実用的な機能が多く備わっており、使い勝手も良好な寝袋です。

寝袋のおすすめモデル|ナンガ(NANGA)

滋賀県米原市に拠点を置く日本のアウトドアメーカー。高品質なダウンと国内生産にこだわり、良質な寝袋を多数ラインナップしています。「永久保証」がついているのも特徴。一生使える寝袋をお探しの方におすすめのメーカーです。

ナンガ(NANGA) オーロラライト 900DX BLU レギュラー AURLT111

オーロラライト 900DX BLU レギュラー AURLT111

コンパクトさを追及しつつも、優れた保温性で人気のシリーズ。中綿には760フィルパワーのダウンを封入し、使用下限温度は-19℃、快適使用温度は-10℃と高性能です。日本の厳冬期から、海外の高山登山までカバーできます。

収納サイズは21×41cmで、保温性を確保しながらもコンパクトにまとまり、携帯性に優れているのが魅力。とにかく軽くて暖かい寝袋が欲しいという方におすすめのアイテムです。

ナンガ(NANGA) UDD BAG 630DX レギュラー udd630dx-yel

UDD BAG 630DX レギュラー udd630dx-yel

ダウンに超撥水加工を施した「UDD」を中綿に採用した寝袋。ダウンは「水濡れに弱い」という懸念点がありましたが、「UDD」はその点を克服した高性能なダウンです。

770フィルパワーのダウンを採用し、使用下限温度は-10℃、快適使用温度は-5℃。春から秋まではもちろん、冬の中級山岳まで使える冬用の寝袋です。収納サイズも17×31cmと、2Lのペットボトル1本分の大きさで収納スペースにも困りません。

寝袋(シュラフ)のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

寝袋(シュラフ)のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:寝袋を家庭で洗濯する方法

中綿が「化学繊維」の場合は家庭用の中性洗剤で洗えますが、「ダウン」の場合は家庭用洗剤を使うと保温性が落ちてしまうので、専用の洗剤を用意する必要があります。

洗濯機で洗える場合は、ネットに入れて洗濯しましょう。手洗いの場合は、湯舟の中にぬるま湯と洗剤を入れ、寝袋のファスナーを閉めた状態で、足で優しく踏み洗いをします。脱水は、強く絞ると中綿が痛んでしまうので、優しく上から押さえるようにして水を切ることが大切です。

寝袋が劣化しないように、直射日光が当たる場所は避けて、風通しのよい日陰で干します。表面が乾いていても、中綿が湿っている場合があるので、何日かかけて、ゆっくり完全に干すことがポイント。乾燥機が使えるタイプは、チャックをしっかり閉めた状態で乾燥機を回しましょう。乾いた後に撥水剤をスプレーすると、より長く愛用できます。