キャンプやBBQにおいて重要な役割を果たすアイテム「焚き火台」。暖を取ったり、明かりや調理に使ったりなど用途はさまざまです。また、使用される材質や大きさなども多岐にわたり、選び方次第でより快適なアウトドアシーンを演出できます。

ここでは、焚き火台の種類や選び方についてご紹介。アウトドアシーンの予定に合わせ、適したアイテムを見つけてみてください。

焚き火台は必要?

By: uniflame.co.jp

焚き火台は、ゆっくり焚き火を楽しむほかにも、調理用として利用したり、夜間の明かりを灯したりと便利なアイテム。また、最近では地面への直火が禁止のキャンプ場も増えています。火を使う予定がある場合は、最低でも1台は焚き火台を用意しておくのがおすすめです。

そして、焚き火台のなかにはコンパクトに収納可能な、持ち運びの負担が少ないモデルも多数販売されているのがポイント。大掛かりなBBQコンロよりも少ない手間で周到な準備ができるので、BBQの火力としても重宝します。

焚き火台の選び方

調理に使用できるかチェック

By: uniflame.co.jp

焚き火台の用途は大きく分けて2種類。薪を燃やして明かりや暖を取る場合と、炭火で調理をする場合に分けられます。基本的にはどのモデルでも同じような使い方が可能なものの、用途に合わせたモノを選ぶことで使い勝手が大きく異なるのがポイントです。

また、もともと調理に向いているモデルは焼き網や、鍋などをのせる「ゴトク」が搭載されているモノが多くあります。炭をのせる高強度の網「ロストル」を扱いやすいモデルなら、火力の調節がしやすく灰の後片付けやメンテナンスも容易なのでおすすめです。

サイズと重量をチェック

By: amazon.co.jp

焚き火台を選ぶ場合は、使用する目的や人数にあわせて適切な大きさのモデルを選ぶのがおすすめ。例えば、2〜4人程度でキャンプやBBQを楽しみたい場合は、本体サイズ30×30cm以上の大きさが目安です。

そして、ソロキャンプなどで使用するモノを選ぶ場合は、20×20cm以下のコンパクトなモデルを選ぶと持ち運びやすいのでおすすめ。折りたたみ式やキャリーケース付属のタイプを選ぶと便利です。

お湯を沸かしたり、インスタントラーメンを作ったりする程度の目的であれば10×10cm程度のモノでも充分に使えます。なかには、重量約125gの超軽量タイプもあるため、荷物の重量を軽減したい方におすすめです。

折りたたみ・分解できるモノなら収納も簡単

By: amazon.co.jp

焚き火台を選ぶ際には、収納しやすいかどうかもしっかりチェックしましょう。脚や網を分解して収納バックにまとめられるモノや本体が折りたためるモノを選べば、収納しやすいだけでなく持ち運びも楽にできます。特に収納場所に余裕がない場合は、できるだけコンパクトなモノを選んだほうが快適です。

焚き火台のおすすめメーカー

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

スノーピークは、キャンプ・登山・アパレルを中心としたアウトドア用品総合メーカー。厳しい自然に耐えられるよう設計された、ハイスペックな製品を数多くラインナップしています。

スノーピークの焚き火台は非常に多くのアウトドアファンから人気があるのも特徴のひとつ。高機能なオプションパーツのラインナップも多く、自分のスタイルでアウトドアを楽しみやすいのが魅力です。

また、現在では広く浸透している「オートキャンプ」スタイルも、スノーピークのアウトドアブランドによって定着させたともいわれています。

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: uniflame.co.jp

新潟県燕市に本社を置く、新越ワークスが展開するアウトドア用品ブランド、ユニフレーム。ブランド名は「ユニークな炎(フレイム)」に由来して付けられました。

また、ユニフレームは、キャンプやBBQなどで使えるアウトドア用品を提供しており、高品質でコストパフォーマンスのよいラインナップが特徴です。

そして、ユニフレームの焚き火台は使い勝手がよく耐久性に優れているモノが多いのが特徴。耐荷重性に優れ、ダッチオーブンなど重量のある調理器具にも対応できるタイプもあります。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

メイプルリーフをモチーフにしたロゴが特徴の、大阪に本社を置くアウトドアメーカー、ロゴス 。ファミリーでも楽しみやすいキャンプ用品などを多数手がけているのも特徴のメーカーです。

また、カジュアルでおしゃれなアウトドアウェアも若者層に人気があり、初心者でも楽しみやすいのも魅力のひとつ。さらに、上級者までカバーした製品ラインナップもあり、焚き火台も使い勝手のよさから高い人気を獲得しています。

なかには、魚などの串を立てて焼き上げられる「串焼きプレート」を備えていたりするモノもあり、用途によって切り替えられるので便利です。

焚き火台のおすすめモデル

スノーピーク(snow peak) 焚火台Lスターターセット SET-112S

焚き火に必要なアイテムがセットになっている便利な製品。本体の下に敷くベースプレートが付属しており、芝生や土に熱が伝わるのを防ぎます。炭底に敷く鋳鉄のプレートを使うことで木炭や薪の燃焼効率が上がるため、火力の強い焚き火を楽しめるのがポイントです。

焚き火台は丈夫なステンレス製で衝撃や熱をしっかり受け止めることが可能。パイプは溶接加工でしっかり接合されています。使用後に折りたたんで付属の収納ケースに入れれば片付けや移動も楽。使い勝手を重視して設計された焚き火台です。

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064

コンパクトで軽量なソロキャンプやツーリング用におすすめの製品。丸めて収納ケースに入れられる特殊耐熱鋼メッシュを採用しているため、バイクの荷台に積んだりバックパックに入れたりするのにぴったりです。重さは490gと軽量で楽に持ち歩けます。

設営が簡単で素早く暖を取れるのがポイント。メッシュの網目は0.96mmと細かく、炭火を下に落としにくく焚き火ができます。また、メッシュを外せば4脚スタンドとして湯を沸かすなど簡単な調理も可能。携帯性に優れたコンパクトな焚き火台です。

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリルsolo 683095

使用時のサイズが幅約29.5×奥行29.5×高さ18cmと、1~2人でのキャンプで活躍する焚き火台。ステンレス製の焼き鋼が付いており、焚き火台としてだけでなくバーベキューコンロとしても使用できます。使用後は付属の収納ケースに入れて素早く撤収することが可能です。

脚を取り外して本体内に格納できるため、手軽に移動したり車に積んだりできます。焼き網のスペアパーツも付属しており、肉などが焦げ付いてもすぐに交換することが可能。シンプルなデザインもおしゃれで、価格も安いので初めて焚き火台を購入する方にもおすすめです。

ロゴス(LOGOS) LOGOS theピラミッド篝火 L 81064192

高さのある焚き火台で暖を取りながら調理もしたい方におすすめの製品。高さは66cmと29cmの2段階に調節できるため、テーブルや椅子の高さに合わせて使えるのが魅力です。焼き網を外すと鍋がのせられるため、寒い日にあたたかい料理を作れるのも魅力。丈夫なステンレス製で耐久性が高いため、長く愛用できます。

丸串と平串の両タイプに対応する串焼きプレートが付いており、肉や魚を炭火で焼いて楽しむことが可能。焼き網はセパレート型で半面だけ取り外せるため、バーベキューをしながら湯を沸かしたり、スムーズに炭を継ぎ足したりできます。バリエーション豊かなアウトドア料理を楽しめる焚き火台です。

ロゴス(LOGOS) ROSY 卓上ミニたき火グリル 81064051

卓上で焚き火もバーベキューも楽しめる焚き火台。主要なパーツは5個だけで約10秒で簡単に組み立てできるので、寒い日に素早く暖を取ることが可能です。重さは約690gと軽くサイズも幅18×奥行18×高さ15.5cmと小さいので、ソロキャンプにもおすすめ。折りたたんで収納すると厚さが3cmとコンパクトになります。

火床にはサビに強いステンレスを採用し、耐久性が高いのもポイント。本体下部にある灰受皿はスライド式で、残灰もスムーズに処分できます。シンプルなデザインとロゴスのロゴの組み合わせもおしゃれ。価格も安いのでひとつ持っていると重宝します。

コールマン(Coleman) ファイアーディスクプラス 2000031235

素早く使える便利な焚き火台。折りたたみ式のテーブルのように脚を広げるだけで設営できるため手間がかかりません。本体サイズは直径45×高さ23cmで、足を折りたたむと高さが8.5cmと薄くなるのがポイント。付属の収納バックに入れて手軽に持ち運べます。

付属の焼き網は炭を入れやすい形状になっており、外さずに炭の補充ができます。オールステンレスの頑丈な造りで耐荷重が30kgのため、重いダッチオーブンを使って調理をすることも可能。3〜4人で暖を取ったりバーベキューをしたりするのにおすすめの製品です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CSブラックラベル ヘキサステンレスファイアグリルM UG-70

おしゃれなキャンプ用品にこだわりがある方におすすめの製品。ブラックカラーの焚き火台は空間をスタイリッシュに演出します。本体と脚を広げるだけで簡単に組み立てができ、使用後も素早く撤収ができるので便利です。

本体サイズは幅30×奥行26.5×高さ22cmとコンパクトでソロキャンプや小人数でのキャンプにおすすめ。焼き網も付いており肉や野菜を焼いたり簡単な調理をしたりすることが可能です。収納バックは持ち手が長くて肩に掛けやすいため移動も楽にできます。庭先でバーベキューを楽しむのにも適した製品です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 7Wayマルチファイアグリル UG-69

バーベキューだけでなく、ピザも焼ける焚き火台。本体内部にスライド式のトレーがあり、24cmまでのピザをこんがり焼き上げます。トップオープンシステムにより上から加熱ができるため、ピザ生地がふっくら焼きあがるのが魅力です。

焼き面の両サイドにある穴を使って串焼きを楽しむことも可能。本体には25cmサイズのダッチオーブンが入るので、グリル料理や鍋料理も調理できます。高さを72cmと34cmの2段階に調節できるのも便利。1台7役でさまざまなアウトドア料理を楽しめる製品です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ステンレスイージーファイアベース UG-6

寒さを感じたときにパッと広げて炭や薪を燃やせる便利な焚き火台。本体を広げて脚を取り付けるだけで組み立てられるため、複雑な作業が苦手な方におすすめです。使用後も素早く折りたたんでコンパクトに収納できます。ソロキャンプでの携帯にも適したサイズです。

ステンレス製で長く愛用できるのもポイント。脚付きの網などと組み合わせれば、お湯を沸かしたり調理したりすることが可能です。価格も安いので、ひとつ持っていると安心して冬場のアウトドアを楽しめます。コンパクトで簡単に使えるコスパのよい製品です。

ディーオーディー(DOD) ぷちもえファイヤー Q1-760-SL

国語辞書ほどのコンパクトサイズでカバンやリュックに入れて携帯できる焚き火台。荷物を減らしたいソロキャンプやツーリングにおすすめです。一次燃焼で燃えきらなかった可燃性ガスに熱風を吹き付けて二次燃焼をさせる構造のため、コンパクトでもパワフルな火力で暖を取れます。

燃焼効率が高く拾った枝なども燃やすことが可能。二次燃焼により煙と灰が少ないため、快適に使えるだけでなく後片付けも簡単にできます。小鍋がのせられるゴトクが付いており、お湯を沸かしたり簡単な調理をしたりするのに便利。小さくても火力が強いモノを探している方におすすめです。

ディーオーディー(DOD) ライダーズファイアクレードル FT1-477

1台でさまざまな用途に使えるトライポッド型の焚き火台。軽くて強いアルミ合金製のポールを組み立てるだけで簡単に設営できるので、素早く暖を取れます。フックの耐荷重は8kg、焚き火網の耐荷重は3kgで鍋を吊るして調理をしたり湯を沸かしてコーヒーを淹れたりすることが可能です。

高さを3段階に調節できるため、テーブルやイスの高さに合わせることが可能。ポールを分解して収納バックに入れると、直径6×長さ29cmとコンパクトになり、重さも717gと軽量なのでバックパックに入れて携帯できます。ソロキャンプにも便利な使い勝手のよい焚き火台です。

キャンピングムーン(CAMPING MOON) スマートグリル MT-035

網の高さを3段階で調節できる焚き火台。しっかり火を通したい肉などは網を低くして焼くことが可能です。網を高くしてホイル焼きなどを作れば、程よい火加減で美味しく仕上がります。食材に合わせた温度でグリルできるため、本格的なアウトドア料理を楽しみたい方におすすめです。

丈夫なステンレスを採用しており、耐久性が高いのもポイント。サイズは幅35×奥行39×高さ33cmで、3~4人でバーベキューを楽しめます。別売のグリルプレートを使えば、焼きそばや鉄板焼きを作ることも可能。オリジナル収納バックも付属しており、収納や携帯がしやすいのも魅力です。

TokyoCamp 焚火台

軽量でコンパクトながら本格的な焚き火ができる製品。A4サイズの収納ケースに収まる大きさでカバンやリュックに入れて携帯できるため、キャンプだけでなく登山や釣りなどに持参するのもおすすめです。組み立て方法も簡単で素早く暖を取れます。

一方向に薪や炭をくべる構造のため、空気の通りがよく高い燃焼性を保つことが可能。点火もしやすいため、薪が少なくても楽に焚き火を起こせます。本体もパーツも水洗いでき、使用後の撤収も簡単で扱いやすいのが魅力。さまざまなアウトドアシーンで便利に使える焚き火台です。

笑’s コンパクト焚き火グリル SHO-0004-10-25

バーベキューやグリル料理を楽しめるコンパクトな焚き火台を探している方におすすめの製品。本製品には本体のほかにグリルプレートとハードロストルが付属しているため、暖を取りながら簡単な調理を楽しめます。折りたたむと厚みが1.8cmほどと薄くなるため、携帯性が高いのも魅力です。

本体中央に開閉式の窓があり、炭や薪を簡単に追加することが可能。厚さのあるスチール製の敷き板が付属しているので、火力が強くなっても本体に影響がありません。ソロキャンプやツーリングにも適したサイズの焚き火台です

焚き火台のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

焚き火台のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。