キャンプの夜のお楽しみと言えば焚き火。揺らめく炎を見ているだけで心が癒され、さらに美味しい料理とお酒があれば、まさに“至福のひと時”と言えます。

近年はキャンパー増加に伴い、気軽にキャンプファイヤーができる「焚き火台」のラインナップも豊富に取り揃っています。一方で、自分にピッタリの焚き火台はどれなのか迷ってしまう方も多いはず。そこで、今回は焚き火台のメリットと選び方、そしておすすめモデルをご紹介します。

焚き火台をキャンプに持っていくメリット

By: uniflame.co.jp

近年は地面で直接火を焚くと、芝や土壌を傷めてしまうことから、直火を禁止するキャンプ場が増えています。そこで、注目されるようになったのが焚き火台です。台の上で薪や炭を燃やせば、自然環境に配慮しつつも安全に火を焚くことができます。焚き火を楽しみたい方はぜひ持っていきたいアイテムです。

焚き火台の選び方

By: coleman.co.jp

焚き火台を選ぶ際には、まず使用目的を考えましょう。焚き火で暖をとりたい場合や、燃え上がる炎を眺めていたいという方には、炎が美しく燃え上がる四角型のストーブタイプがピッタリ。調理に使いたい場合は、焼き網をセットできるすり鉢型の焚き火台がおすすめです。

また、サイズも重要です。焚き火台は基本的にS・M・Lの3タイプに分けられています。SとMサイズは、ツーリングなど荷物をなるべく減らしたいときや、一人または少人数でゆったりと炎を眺めたいときにピッタリのサイズです。Lサイズは火力が強く、グリル性能が高いのがポイント。複数人でワイワイとBBQをしたいときにおすすめです。

焚き火台は直接火に触れるため、ある程度の耐久性が求められます。選ぶ際には使われている素材もしっかりチェックしましょう。おすすめはステンレス。強度が高いだけでなく、メンテナンスしやすいというメリットがあります。

キャンプにおすすめの焚き火台

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル

ユニフレームのベストセラー製品「ファイアグリル」。リーズナブルな価格帯でありながら、焚き火はもちろん、BBQやダッチオーブンなどの料理にも対応できます。アウトドアレジャーの楽しみが広がる、汎用性の高いアイテムです。

重さは20kgまで耐えられるのでハードな使用にも対応。コンパクトに収納できて、別売りの専用ケースに入れれば簡単に持ち運べます。エントリーモデルとしておすすめの焚き火台です。

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2

シンプルなデザインの「ファイアスタンド2」。薪を置く火床には特殊な耐熱鋼メッシュを採用しているほか、通気性が高いため使い勝手良好です。網目は0.96mmと細かく、隙間から灰が落ちることも少なめ。鍋などを吊るす三脚スタンド(別売り)と組み合わせることで、煮炊きに対応できるのも魅力です。

重さは約490gと軽量で、使い終わった後は巻いて収納できます。場所を取らないので持ち運びにも便利。コンパクトな焚き火台を探している方におすすめです。

ユニフレーム(UNIFLAME) 薪グリル

かまど型の焚き火台です。ゴトクをセットすれば、鍋やダッチオーブンなどを乗せることができます。また、別売りの薪グリルブリッジを使えば網焼きにも対応可能です。

サイドには別売りのトレーを取り付けられ、トングや調味料を置くのに便利。焚き火だけではなく、本格的にアウトドア料理を楽しみたいという方におすすめの焚き火台です。

スノーピーク(snow peak) 焚火台 L

多くのキャンパーから支持されている人気アウトドアメーカー「スノーピーク」の焚き火台です。開閉機構を採用しており、使うときは開いて置くだけ。使い終わったらコンパクトに畳んで収納できます。

サイズはS・M・Lの3種類。オプションのグリルブリッジをセットすればBBQにも対応できます。シンプルな構造なので、故障しにくいのも魅力的。長く使えるおすすめ焚き火台です。

コールマン(Coleman) ステンレスファイヤープレイス3

キャンプではお馴染みのメーカー「コールマン」の焚き火台です。井桁式のボディは空気を取り入れやすく、燃焼効率が高め。持ち手は内側に倒すことでゴトクになるので、鍋やフライパンを使って調理する際にも使いやすいのが特長です。

折りたたんでコンパクトに収納できるのもポイント。収納ケース付きのため、持ち運びも簡単です。素材にはステンレススチールを採用しており、耐久性も良好。キャンプのお供としてぜひ持っていきたい焚き火台です。

コールマン(Coleman) ファイアーディスク

ユニークなデザインの焚き火台。ビギナー向けに作られたオールインワンモデルで、わずか数秒で設営できるの手軽さが特長です。素材にはステンレスが使われており、耐久性も良好。初心者の方はもちろん、キャンプの頻度が多いヘビーユーザーにもおすすめです。

脚をたたむと厚さ約10cmになるため、持ち運びも簡単。コンパクトサイズの焚き火台を探している方は購入候補です。

ロゴス(LOGOS) ピラミッドグリル EVO-XL

総合アウトドアブランド「ロゴス」の焚き火台です。これ1台で焚き火やバーベキュー、ダッチオーブン料理の3役をこなします。構造もシンプルで、素早く組み立てられるのも特長です。

焼き網は折り畳み式のため、本体と同様にコンパクトに収納できます。エントリーモデルとしてもおすすめの焚き火台です。

ソト(SOTO) エアスタ ベース&ウイングLセット ST-940/ST-940WL

中央部の筒から横風を取り入れることで、種火への着火をアシストしてくれる「エアアシストスタートシステム」を採用した焚き火台です。初めて焚き火をする方でも、簡単に火起こしができます。

また、ウイング部分を交換するだけで焚き火台のサイズを変更できるのもポイント。家族や友人たちと大勢でキャンプへ行くときはLサイズのウイング、少人数で焚き火をするときはMサイズのウイングを付けるなど、シーンごとに使い分けられるので便利です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ヘキサステンレス ファイア グリル M-6500

焚き火、BBQ、ダッチオーブン料理の3役に使える焚き火台です。組み立て時は、本体とスタンドをセットするだけ。片付けもスムーズにできます。本体はステンレス製のため、サビにくいのもポイント。特別なメンテナンスもほとんど必要ないので、使い勝手のよい焚き火台を探している方におすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) カマド スマートグリル UG-34

焚き火台とグリルが一緒になったモデルです。ゴトクと網が付いているので、焼き物や煮炊き、BBQなど、さまざまな料理に対応できます。ドライバーなどのツールを使わず、簡単に組み立てられるのもポイント。必要な時にすぐ使えるのが魅力です。

折りたたむとB6サイズに収納できるので、持ち運びにも便利。ソロキャンプやバイクツーリングにおすすめの焚き火台です。

プリムス(PRIMUS) カモト オープンファイアピット S P-C738060

スウェーデン生まれの燃焼器具メーカー「プリムス」の焚き火台です。使用時の高さは33cmありますが、使わないときは折りたたむことで高さ6㎝まで低くなります。フラットに収納できるので、場所を取りません。

また、BBQに必要な焼き網が付属しているのもポイントです。別売りのグリルパンを使えば、鉄板焼きや焼きそばなども作れます。大自然の中で本格的な料理を楽しみたい方におすすめです。

笑's(sho's) コンパクト焚き火グリル B-6君 SHO-0004-10-25

板金職人が生み出したこだわりの焚き火台です。名前のとおりB6サイズに収納することが可能で、折りたたむと厚さがわずか18mmになる超コンパクト設計。また、重さも約500gと軽量なのも注目ポイントです。

小さいながらも、静止耐荷重は10kgとかなり頑丈。サイズが合えば、やかんやフライパンなども載せることができます。ソロキャンプまたは2人用の焚き火台としておすすめです。

ペトロマックス(PETROMAX) ホーボストーブBK1

ドイツのブランド「ペトロマックス」がリリースする焚き火台。ボディにたくさん穴が空いているのは通気性をよくするためで、煙突効果によって、小さな種火からでも効率よく燃やすことができます。

コンパクトサイズですが耐久力が高く、サイズさえ合えばダッチオーブンを使用することも可能。収納性だけではなく、性能にもこだわりたい方におすすめの焚き火台です。

モノラル(MONORAL) WireFlame MT-001

2010年に創業したアウトドアブランド「モノラル」の焚き火台。火床には特殊な耐熱クロスを使用しています。特殊クロスは約50時間の使用を目安に交換が必要です。

アーム部分には軽量化が施されていて、すべてを含めて1kg以下というのは魅力的。クロスは丸めて収納できるので荷物も圧迫しません。山奥でキャンプをする際におすすめです。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) 秘密のグリルちゃん Q1-506

若者に人気のブランド「ドッペルギャンガー」の焚き火台です。火床にメッシュの焚き火網を使用したタイプで、ステンレススチールの本体と組み合わせるだけで、簡単に設営できます。焼き網をセットすればBBQをすることも可能です。

ポイントは携帯性。重量はたったの590gで、収納時はポケットに入るほど小さくなります。持ち物が限られるツーリングや登山などのシーンにおすすめです。