キャンプの夜のお楽しみと言えば「焚き火」。揺らめく炎を見たり、薪が燃える音を聞いたりするだけでも癒されますが、さらに美味しい料理とお酒があれば万全で、まさに“至福のひと時”と言えます。

近年はキャンパーの増加に伴い、気軽にキャンプファイヤーができる「焚き火台」のラインナップも豊富です。一方で、自分にピッタリの焚き火台はどれなのか迷ってしまう方も多いはず。そこで今回は焚き火台のおすすめモデルをご紹介。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

焚き火台をキャンプに持っていくメリット

By: uniflame.co.jp

最近は地面で直接火を焚くと芝や土を焼いてしまうことから、直火を禁止するキャンプ場が増えています。そこで、注目されるようになったのが焚き火台。焚き火台の上で薪や炭を燃やせば、手軽かつ安全に火を焚くことができます。ぜひ活用しましょう。

焚き火台の選び方

サイズと重量で選ぶ

By: amazon.co.jp

焚き火台を選ぶ際に重要なのは、まずサイズを確認すること。大型モデルには焚き火台の定番品が数多くあり、バーベキューにも対応することが可能です。サイズ的にはオートキャンプ向きだと言えます。

小型モデルには1kg未満の軽量タイプもあり、持ち運びしやすいのが魅力。手軽に焚き火を楽しめるのがメリットです。なお、小型モデルの中には簡単な調理が行えるモデルもありますが、本格的に調理を行いたい場合は大型モデルの方が使い勝手は良好。焚き火台は、調理優先か手軽さ重視かのバランスを考慮して選ぶようにしましょう。

料理に対する設計で選ぶ

By: amazon.co.jp

焚き火台をバーベキューやダッチオーブンなどの調理に使いたい場合はそれぞれの用途に配慮されているかどうかを確認しておきましょう。

焚き火台には、グリル用の焼き網を載せることを想定しているモノとそうでないモノがあります。グリル用に設計されており、焼き網も付属しているモデルならすぐにバーベキューができて便利です。そのままでは焼き網を載せられないモデルでも、別売りのスタンドと組み合わせてグリル用に使える場合もあるので、ぜひチェックしてみてください。

モデルによってはジャストサイズのいろり型テーブルが別売りされているモノもあり、オプションパーツの豊富さで選ぶのもおすすめ。大人数でのバーベキューをより快適に楽しめます。

ダッチオーブンでの調理を行いたい方は焚き火台の耐重量や強度もポイント。ダッチオーブンの多くは5〜8kgほどの重量があるので、耐重量がそれより大きいモノやダッチオーブン対応と表示しているモノがよいでしょう。

機能で選ぶ

By: coleman.co.jp

焚き火台には製品によって使い勝手が異なります。トライポット(鍋吊り)をスムーズに設置できるか、空気穴や空気の通り道が設けられている着火アシスト設計が施されているかなどは確認しておきましょう。

なお、焚き火台のなかには耐火性の高い布地を張ったモデルもあります。これは持ち運びに便利で、見た目も美しいですが、調理には向きません。購入を検討する際は留意しておきましょう。

焚き火台のおすすめメーカー

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: uniflame.co.jp

「ユニークな炎(フレーム)を創造する」という理念のもと創設されたユニフレームは、日本人のニーズに合ったアウドドアグッズを作り続けている国内メーカーです。

1985年、鋳物職人の街として名高い新潟県燕市で誕生したユニフレームは、品質の高さとリーズナブルな価格帯が好評で、“コスパ良好”の製品を数多く取り揃えているのが特徴。なかでも焚き火台はド定番のアイテムです。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

「ロゴス」はメイプルリーフをモチーフにしたロゴが印象的な、アウトドア総合ブランド。キャンプ用品を幅広く手がけるロゴスの焚き火台は、焚き火台の定番として人気の高い製品です。

ロゴスの焚き火台は数種類あり、それぞれに特色があります。どのモデルも使い勝手にこだわって設計されており、設営と撤収が容易に行える便利なモデルやかまど調理や吊り鍋調理ができるモデルなどラインナップが多彩です。

また、ロゴスの焚き火台はテーブルや吊り鍋用スタンドなどのオプションパーツが豊富なのもポイント。アウトドア初心者から上級者まで、ぜひチェックしておきたいブランドです。

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

「スノーピーク」は金属加工で有名な新潟県燕三条で生まれた人気アウトドアメーカーです。いわゆる“オートキャンプスタイル”の定着に貢献したアウトドアブランドとして知られており、焚き火台の普及にも一役を担った存在です。

スノーピークの焚き火台は多くのアウトドアファンに愛されてきた製品なのでその性能はお墨付き。オプションパーツのラインナップが豊富なため、自分好みに使いやすくカスタマイズできるのもポイントです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

「キャプテンスタッグ」はアウトドア用品の総合ブランドです。日本にキャンプやバーベキューの文化を広めたブランドとしても有名。使いやすさとお手頃価格に配慮された製品は、多くのアウトドアファンから支持されています。

キャプテンスタッグの焚き火台は、頑丈でコストパフォーマンスに優れていると評判。定番モデルのひとつなので、どの焚き火台を購入するか悩んでいる方は検討してみることをおすすめします。

焚き火台のおすすめモデル

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル No.683040

本モデルは、焚き火台の名品と名高い人気製品です。リーズナブルでありながら高い強度を持ち、最大約20kgの重量に耐えられます。

焚き火やバーベキュー、ダッチオーブン調理が可能。本体の四隅はあえて隙間が設けられており、熱による変形を防ぎ、空気を取り入れて燃焼を促進する働きをします。付属の焼き網は炉に斜めに載せる設計で、調理中に炭を足しやすいのもポイントです。

パーツは土台本体にまとめてコンパクトに収納でき、重量が約2.7kgと軽いので携行性にも優れています。長年に渡りアウトドアファンから愛されてきた製品で、耐久性が高いので長期に渡って使えると評判。コストパフォーマンスに優れた、高性能でおすすめの焚き火台です。

ロゴス(LOGOS) 焚火ピラミッドグリルEVO-L No.81064102

ロゴスの焚き火台を代表するモデル。本モデルは約39×39×26cmのLサイズで、他にMサイズとXLサイズが販売されており、自分に適した大きさを選べます。

1台で焚き火、バーベキュー、ダッチオーブン料理が楽しめる高性能なアイテム。ダッチオーブンは12インチの大きさまで設置可能です。本体にはステンレスを用いており、錆びにくく耐久性に優れています。

折りたたみ式で、薄くコンパクトに収納できるのもポイント。組み立てと撤収共に10秒で行えると謳っており、設営が簡単なのでエントリーモデルとしてもおすすめです。付属のキャリーバックでまとめて収納でき、総重量は約3.2kgなので1人でも持ち運べます。

オプションパーツも豊富で、いろり型のテーブルや吊り鍋調理を可能にするスタンドなども別途用意することが可能。幅広いニーズに応えられる焚き火台です。

ロゴス(LOGOS) KAGARIBI L No.81064142

ロゴスの高性能な焚き火台です。スタンドの高さを調節でき、ロースタイルとスタンディングスタイルの2通りを使い分けられるのが特徴。焚き火、バーベキュー、ダッチオーブン調理の3WAYを想定しており、さまざまな用途に応じた使い方ができます。

大人数でバーベキューを楽しむときはスタンディングスタイル、みんなで夜に焚き火を囲むときはロースタイルと、状況に応じて焚き火台を存分に楽しめるのもポイント。付属の網は太さ3mmの「極太ステンレスタイプ」で、錆びにくく汚れを落としやすい設計なのも魅力です。

組み立て時は約46×42×66cmの大型タイプですが、撤収時はパーツを取り外し、折り畳んで約42×41×12cmのコンパクトなサイズに収納可能。焚き火台を幅広いシーンに活用したいという方におすすめのモデルです。

ロゴス(LOGOS) the KAMADO No.81064150

焚き火台で本格的な料理を楽しみたい方におすすめなモデル。焚き火はもちろん、鍋料理やオーブン料理、バーベキューなどの多彩な調理が行えます。

上部はかまどの仕組みを利用した構造で、熱を逃がさず10インチのダッチオーブンを効率よく加熱。スープやカレーなどの煮込み料理、炊飯などの鍋料理が可能です。

下部のオーブン部分は石窯の仕組みを利用しており、対流熱の発生を促進することでピザやナン、鶏の丸焼きなどを美味しく焼き上げます。上部の覆いを外し、下部パーツにオプションの焼き網をセットすればバーベキューも可能です。

総重量は約8.5kgと重さがあるのでオートキャンプにおすすめ。焚き火だけでなく、さまざまな調理を楽しみたい方に最適な製品です。

スノーピーク(snow peak) 焚火台 M ST-033R

スノーピークの焚き火台です。本モデルはMサイズで2、3人での使用に適しています。サイズは約35×35×25cmで、重量は3.5kg。他にS、Lサイズがあり、使用人数や用途に合わせて適切なサイズを選びましょう。

1.5mm厚の丈夫なステンレス鋼を使用しており、ステンレスパイプの4本足が焚き火による衝撃をしっかり受け止めます。折り畳まれていた状態から開くだけで簡単に設営が可能。薄くコンパクトに収納できるので、持ち運びやすいのもポイントです。

焚き火台の上部に設けられた空気穴は燃焼をアシスト。焚き火だけでなく、オプションパーツのグリルブリッジをセットすればバーベキューができます。焚き火台を囲めるいろり型テーブルなど、オプションパーツが豊富なのも魅力です。

大きな熱量にも耐えうる耐久性の高さがメリット。使い込むほどに金属の色味が味わい深くなる、おすすめの定番モデルです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ヘキサ ステンレス ファイアグリル M-6500

キャプテンスタッグの焚火台。焼き網が付属しており、焚き火、バーベキュー、ダッチオーブン調理が楽しめます。サイズは約48×41×30cmで、25cmまでのダッチオーブンが使用可能。ある程度の大きさがあり、大勢で囲みやすい六角形の形状を採用しているのもポイントです。

錆びにくく耐久性のよいステンレス鋼を採用しており、長期に渡り使えると評判。本体とスタンドは取り外し可能で、それぞれを薄く折り畳んで収納できます。設営が簡単な上、付属のバッグにまとめて容易に持ち運べるのも魅力です。

頑丈な作りで焚き火はもちろん、ダッチオーブンを含むさまざまな調理に対応することが可能。使い勝手のよいおすすめの焚き火台です。

コールマン(Coleman) ステンレスファイアープレイスⅢ 2000023233

コールマンの焚き火台です。キャンプファイヤーを彷彿とさせる井げた式で、空気の流れを作る燃焼効率の高い構造が特徴。焼き網が付属しているので焚き火だけでなく、バーベキューもスムーズに対応できます。

重量は約5.7kgとやや重めですが、その分ステンレスを用いた堅牢な作りであるため、長時間の焚き火も対応。また、ダッチオーブン調理も可能です。

コールマン(Coleman) ファイアーディスク(TM) 2000031235

アウトドアビギナーが簡単に焚き火を行えるように考案されたモデルです。焚き火台のエントリーモデルとしておすすめ。錆びにくく丈夫なステンレス製で、耐重量は約30kgと強度も十分です。オプションパーツのダッチオーブンスタンドを使えば、ダッチオーブン調理もできます。

焼き網が付属しており、バーベキューも可能。焼き網が調理中でも炭を足しやすい設計なのもポイントです。収納時には厚さ約10cmのコンパクトなサイズにまとめられ、約1.6kgと軽いので持ち運びもラクラク。手軽に焚き火を楽しめる製品です。

ソト(SOTO) エアスタ ベース&ウイングMセット ST-940/ST-940WM

バーナー関連製品を手がける人気アウトドアブランド「ソト」。同メーカーの焚き火台は優れた着火アシスト設計による使い勝手のよさが魅力です。

「エアアシストスタートシステム」により、中央の筒の下から空気を取り込み薪の燃焼を促します。焚き火を行うにあたって意外と難しい着火の工程をアシストしてくれるので、キャンプビギナーの方にもおすすめです。

本モデルはMサイズで、2〜4人の使用に適しています。総重量は約2.7kgで付属のケースに折り畳んで収納でき、持ち運びも容易。ぜひチェックしてもらいたいモデルです。

プリムス(PRIMUS) カモト オープンファイアピット S P-C738060

プリムスの設営が容易な焚き火台です。フラットに折り畳まれた状態から開くだけでスムーズにセットできます。ステンレスとパウダーコーティングされたスチールを用いて製造されており、しっかりとした頑丈な作りです。

焼き網が付属しており、焚き火だけでなくバーベキューも行えます。本モデルはSサイズで、ソロキャンプや少人数での手軽な焚き火台としておすすめです。

笑’s(SHO’s) 焚き火グリルB-6君 3点セット

焚き火台に力を入れる「笑’s」の人気モデルです。小型の焚き火台であり、組み立て時は約22×12×17cmのサイズ。収納時はさらに約18mmの厚みに薄く折り畳め、約500gと軽いので携行性に優れているのが特徴です。

本製品は本体の他に、焼き調理ができるグリルプレートと火力の大きな焚き火にも耐えるハードロストルを含んだ3点セット。簡単なバーベキューや熱燗などの調理が楽しめます。

リーズナブルで小型ながら、十分に焚き火ができると評判。ツーリングやソロキャンプなどで手軽に焚き火を行いたい方におすすめです。

焚き火台のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

焚き火台のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。