キャンプの醍醐味でもある焚き火は、揺らめく炎を見たり、薪が燃える音を聞いたりするだけでも癒されるもの。さらに、美味しい料理とお酒があれば、至福のひとときを楽しめます。

最近はキャンパーの増加に伴い、気軽に扱える「焚き火台」のラインナップも豊富。しかし、自分にぴったりの焚き火台がどれなのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、焚き火台のおすすめモデルをご紹介します。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

焚き火台を使うメリット

By: amazon.co.jp

焚き火台の魅力は、火にあたりながらゆったりとした時間を過ごせること。また、暖をとるだけでなく、調理道具として使えることも大きな特徴です。

焚き火台に網やゴトクをセットすれば、フライパン料理やダッチオーブン調理、バーベキューなど、さまざまなアウトドア料理を楽しめます。さらに、モノによってはスタンドを揃えて吊り鍋調理ができるので、アウトドアならではのワイルドな調理を楽しめるのもポイントです。

焚き火台の選び方

人数に合ったサイズを選ぶ

ファミリーキャンプ

By: amazon.co.jp

家族でキャンプを楽しみたい方は、2~4人向け以上の焚き火台を選ぶようにしましょう。本体サイズは30×30cm以上が目安で、薪も30cm程度の長さがくべられると、充分に暖を取れます。

また、ファミリー向けの焚き火台は、焼き網やダッチオーブンに対応したモデルが多いのが特徴。サイズが大きいため、薪などの燃料を多く使えて火力が調節しやすく、家族分の料理をするスペースも確保できます。

サイズが30×30cmよりも小さい製品の場合は、持ち運びに便利ですが、大人数であたたまるほどの火力は期待できません。

ソロキャンプ

By: amazon.co.jp

ソロキャンプでの焚き火台は、折りたたんでリュックに収納しやすいモデルが便利です。火力をしっかり確保したいなら、20×20cm程度のモノがおすすめ。お湯を沸かしたり、インスタントラーメンを作ったり、簡単な調理のみをしたい場合は、10×10cm程度の製品が適しています。

20×20cmより小さいサイズの製品には、本体の分解や折りたたみができるモデルが多く、携帯性も良好。ファミリー向けの製品にもコンパクトなモノは存在しますが、ソロキャンプ向けの製品よりもかさばってしまいます。

荷物の量が限られるソロキャンプでは、なるべくサイズが小さく、持ち運びやすいモノを選ぶようにしましょう。

収納時のサイズや重量もチェック

By: amazon.co.jp

焚き火台を選ぶ際は、収納時のサイズと重量もチェックしておきましょう。コンパクトで軽量のモノは、キャンプに限らず、登山やツーリングなどのアウトドアシーンでも負担が少なく済みます。専用の収納ケースが付属しているモノは、保管や携帯に便利。また、焚き火台が汚れても、ほかの道具に汚れが付くことなく持ち運べます。

一方、重量があるモノやサイズがかさばるモノは、自宅の庭など移動距離が少ない場所に適しています。ただし、キャンプサイトに移動するときは手間がかかるので、注意が必要です。

調理に使えるモデルが便利

By: amazon.co.jp

焚き火だけでなく調理にも使える焚き火台を選べば、一石二鳥で楽しむことが可能。調理機能を備えている製品には、主にゴトクや焼き網が搭載されています。

焚き火のみに特化したモノでも、製品によっては、別途オプションを用意することで調理に使用可能です。ただし、荷物が増えて持ち運ぶ際の負担になりやすいので、注意が必要。もともとゴトクや焼き網が付属している製品なら、収納時にまとめて保管でき、携帯性も良好です。

焚き火台のおすすめメーカー

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

「スノーピーク」は、金属加工が有名な新潟県燕三条で生まれたアウトドアメーカー。いわゆる「オートキャンプ」というスタイルを定着させた人気のアウトドアブランドで、焚き火台の普及に大きく貢献したといわれています。

スノーピークの焚き火台は多くのアウトドアファンに愛されており、性能も良好。オプションパーツのラインナップが豊富なため、自分好みにカスタマイズできるのもポイントです。

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

「ロゴス」は、メイプルリーフをモチーフにしたロゴが印象的なアウトドア総合ブランド。キャンプ用品を幅広く手がけるロゴスの焚き火台は、定番アイテムとして人気の製品です。

また、ロゴスの焚き火台は、使い勝手にこだわって設計されているのが特徴。設営・撤収が容易に行える便利なモデルや、かまど調理・吊り鍋調理ができるモデルなど、豊富にラインナップされています。

テーブルや吊り鍋用スタンドなど、オプションパーツが充実しているのもポイント。アウトドアビギナーから上級者まで、チェックしておきたいブランドです。

コールマン(Coleman)

By: rakuten.co.jp

「コールマン」は、1900年頃にアメリカのオクラホマ州で創業されたアウトドアメーカー。老舗の定番ブランドとして数多くのアイテムを展開しているのが特徴です。

当初はガソリン式ランプのレンタル業からスタートし、徐々に事業を拡大していきました。コールマンの焚き火台は、デザイン・機能・耐久性・価格のトータルバランスに優れた製品がラインナップされています。

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: uniflame.co.jp

「ユニフレーム」は、日本人のニーズに合ったアウドドアグッズをつくり続けている国内メーカー。1985年、「ユニークな炎(フレーム)を創造する」という理念のもとに、鋳物職人の街として名高い新潟県燕三条で誕生しました。

ユニフレームの焚き火台は、品質の高さとリーズナブルな価格帯が好評。焚き火台以外にも、コスパのよい製品を数多く取り揃えているのが特徴です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

「キャプテンスタッグ」は、アウトドア用品の総合ブランドです。日本にキャンプやバーベキューの文化を広めたブランドとしても有名。使いやすさに配慮したお手頃価格の製品が多く、全国のアウトドアファンから支持を集めています。

キャプテンスタッグの焚き火台は、頑丈でコストパフォーマンスに優れていると評判。定番アウトドアブランドのひとつなので、どの焚き火台を購入するか悩んでいる方はぜひチェックしておきましょう。

焚き火台のおすすめモデル

スノーピーク(snow peak) 焚火台 M ST-033R

スノーピーク(snow peak) 焚火台 M ST-033R

シンプルな折りたたみ式の焚き火台。本体を開くだけで設営が可能なモデルです。薪や炭の燃焼効率を向上させる設計で、調理にも充分な火力を備えています。

材質にはステンレスを採用しており、造りが強固なのが特徴。脚の骨組みにも、丈夫なステンレスパイプを用いています。また、設置部にスリットを設けているため、安定性も良好。収納時は折りたたんで脚をハンドル代わりにできるので、持ち運びが簡単です。

本製品は幅35×奥行35×高さ24.8cmのMサイズですが、ほかにも、5~6人のファミリーキャンプに適したLサイズや、ソロキャンプに適したSサイズがラインナップされています。人数に合わせて選べるのもポイントです。

ロゴス(LOGOS) LOGOS the ピラミッドTAKIBI L

ロゴス(LOGOS) LOGOS the ピラミッドTAKIBI L

オプションが豊富で、調理に適したファミリー向けの焚き火台。メイプルリーフがモチーフのブランドロゴをあしらった、おしゃれなデザインが特徴です。使用時のサイズは幅39×奥行35×高さ22cm程と大きめながらも、重量は2.2kgの軽量。収納時は分解してコンパクトにできるうえ、専用の収納バッグが付属しているため、携帯性も良好です。

付属のゴトクは耐荷重に優れており、ダッチオーブンのような重い調理器具にも対応。本体の端には串焼きプレートを搭載しているので、魚や肉を炙るのにもぴったりです。

オプションの「ファイアーラック」と「BBQ用焼き網」を使えば、片方は鍋料理、もう片方はBBQといった楽しみ方も可能。別売りの「クワトロポッド」を用いれば、釣り鍋式の調理もできます。本体下部には灰受け皿が配置されており、キャンプ場を汚しにくく片付けが簡単なのも嬉しいポイントです。

ロゴス(LOGOS) ROSY 卓上ミニたき火グリル

ロゴス(LOGOS) ROSY 卓上ミニたき火グリル

ソロキャンプで活躍する、小型の焚き火台。収納時のサイズが幅18.5×奥行3×高さ19cmとコンパクトなので、簡単に持ち運びが可能です。使用時のサイズは18×18×15.5cmで、付属の焼き網を使えば安定して焼き物を載せられます。

本体下部にはスライド式の灰受け皿が搭載されており、使用後の後片付けもスムーズ。また、本体は主要パーツが少なく構造もシンプルなため、約10秒で設営・撤収が可能です。

メイン素材に錆びにくいステンレスと亜鉛メッキ鋼板を採用しているので、長く愛用できるのもポイント。アウトドア初心者でも手軽に焚き火を楽しめる、おすすめの製品です。

コールマン(Coleman) 焚火台 ファイアーディスク

コールマン(Coleman) 焚火台 ファイアーディスク

初心者でも扱いやすく、設置と撤収がスムーズに行える焚き火台です。製品名の通り、ディスクのような形状で、脚を開閉するだけで設置・撤収が完了。付属の焼き網を使えば、BBQにも対応できます。焼き網の一部にスキマを設けているので、炭の調節も簡単です。

本体サイズは直径約45×高さ約23cmと、ファミリーでの使用に適した大きさ。収納時は高さ8.5cm程の薄型になり、専用ケースに入れて持ち運びが可能。重量が1.6kgと比較的軽量なのもポイントです。

本体の素材には丈夫なステンレスを採用しており、耐荷重は約30kgまで対応可能。なお、別売りの「ダッチオーブンスタンド」を用いれば、ダッチオーブンでの調理にも使用できます。

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアグリル

強固な造りのステンレス製焚き火台です。使用時のサイズは幅43×奥行43×高さ33cm程で、ファミリーキャンプにぴったり。耐荷重は約20kgに対応しており、重いダッチオーブンを使った料理にも適しています。

価格がリーズナブルなため、本製品を2台用意して、焚き火とダッチオーブンでの並行調理をするのもおすすめ。スタッキングが可能で、2台でも収納サイズが1台のときと変わらないのもポイントです。

付属の焼き網は、本体のツメに載せて使う仕様で、炉と網の間から炭の調節がしやすいのが魅力。ロストルを搭載しているので、通風性も良好です。効率よく火力を引き出せるため、焚き火やBBQを手軽に楽しめます。

ユニフレーム(UNIFLAME) ネイチャーストーブ

ユニフレーム(UNIFLAME) ネイチャーストーブ

小枝や落ち葉、松ぼっくりなどの自然燃料を使用して、焚き火を楽しめる製品です。収納時のサイズは幅13×奥行13×高さ1.5cm程で、重量は約320gと小型軽量。ソロキャンプへの持ち込みにぴったりです。専用の収納ケースも付属しており、本体の汚れを気にせず携帯できます。

本体の脚部がX形状で、吹き込む風を取り込む仕様になっているのもポイント。取り込んだ風を利用して火力を上昇させる仕組みのため、小型ながら充分な火力を発揮します。

小型のクッカーを置けるゴトクが付属しており、手軽な調理にも対応可能。自然のエネルギーを用いて焚き火ができるので、炭などの荷物が増えずに済むのも魅力です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ヘキサステンレスファイアグリル 焚火台 M-6500

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ヘキサステンレスファイアグリル 焚火台 M-6500

1台で焚き火・BBQ・ダッチオーブンが楽しめる製品です。本体と脚のパーツがそれぞれ一体型なので、展開して乗せるだけで組み立てが完了します。底板や目皿を置けば焚き火台として使用でき、初心者でも扱いやすい仕様。素材にはステンレスを採用しており、錆びや汚れに強いのも魅力です。

本体サイズは幅47.5×奥行41×高さ30cmで、ファミリーでの使用にぴったり。収納時は分解してコンパクトにできるうえ、専用のキャリーバッグが付属しているため、持ち運びにも便利です。

また、本体の幅や底が大きいので、直径25cmのダッチオーブンがすっぽりと収まります。専用の焼き網も付属しており、BBQが手軽に楽しめるのもポイントです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ヘキサ 火起し ストーブ UG-7

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ヘキサ 火起し ストーブ UG-7

ソロキャンプでの焚き火や、バーベキューの火起こしなどに使いやすい焚き火台です。使用時のサイズが幅21.5×奥行19×高さ30cmと小さ目で、バーベキュー台に収まりやすいサイズ。収納時はたたんで専用の収納バッグに入れれば、コンパクトに持ち運べます。

重量が約1.3kgと軽く、リュックなどに入れても負担になりにくいのがポイント。ソロでアウトドアを楽しみたい方におすすめです。本体下部には空気穴が設けられており、燃焼効率を向上させる効果が期待できます。

本体の材質には、錆びに強く耐久性の高いステンレスを採用。組み立ても簡単で、初心者が扱いやすいのもポイントです。

ソト(SOTO) エアスタ ベース&ウイングLセット ST-940/ST-940WL

ソト(SOTO) エアスタ ベース&ウイングLセット ST-940/ST-940WL

大人数向けの焚き火台です。独自の着火システムで、簡単に燃焼可能。本体中央の筒が、下から空気を効率よく取り込み、安定的に種火を燃焼させる仕組みです。

本体サイズは幅45×奥行き45×高さ28.5cm程で、薪を安定して入れられる大きさ。オプション品の「エアスタ 焼き網」や「エアスタ グリル」を用いれば、調理も楽しめます。本体の筒上部をキャップで塞げば、炭火にも対応可能です。

ソト(SOTO) ミニ焚き火台 テトラ ST-941

ソト(SOTO) ミニ焚き火台 テトラ ST-941

ソロキャンプに適した、ポケットサイズの焚き火台。手軽に焚き火を楽しみたい方におすすめです。本体サイズは幅8.8×奥行き8.8×高さ7.9cmと小型で、重量は125gと軽量。本体を分解すると板状になり、付属の収納ベルトを使えばバラさずに持ち運べて便利です。

手持ちのシェラカップを用いて、あたたかい飲み物やインスタントラーメンなどの調理もできます。無風時に燃焼させれば、水500mlを約15分で沸騰させることが可能。固形燃料の台にも適しています。

Moon Lence バーベキューコンロ 焚き火台 収納ケース付き A101

Moon Lence バーベキューコンロ 焚き火台 収納ケース付き A101

リーズナブルに焚き火やBBQを楽しみたい方におすすめの焚き火台。使用時のサイズは幅39×奥行38.5×高さ22cmで、2~4人向けのモデルです。安い価格ながら、携帯に便利な収納ケースとキャリーバッグも付属しています。収納ケースは脚の下に配置すれば灰受けになるので、キャンプスペースを汚しにくい点も魅力です。

本体と焼き網の素材には、丈夫なステンレスを採用。汚れに強いため、お手入れも簡単です。また、各パーツは直感的に組み立てられるほか、日本語の取り扱い説明書が付属しているので、初心者でも安心して扱えます。

Moon Lence バーベキューコンロ 焚き火台 D039

Moon Lence バーベキューコンロ 焚き火台 D039

ソロキャンプに適した大きさで、携帯性も良好な焚き火台。収納時のサイズが幅17×奥行5.5×高さ23cmとコンパクトなうえ、キャリーバッグも付属しているため、容易に持ち運び可能です。本体は折りたたみ式で、組み立ても簡単。本体を展開してロストルを下ろし、灰受けと焼き網をセットするだけで使用できます。

本体側面のロストルから薪や枝をくべる仕様なので、火力の調節がしやすいのもポイントです。使用時の焼き面積は13.3×13.3cm程で、小型のクッカーなら安定して設置可能。本体と付属の焼き網に丈夫なステンレスを採用しており、耐久性も良好な製品です。

Kalili バーベキューコンロ・焚火台

Kalili バーベキューコンロ・焚火台

特殊耐熱仕様のメッシュシートを搭載した焚き火台。通気性に優れたメッシュ生地を採用しているので、火起こしが簡単に行えます。また、メッシュ生地の目は非常に細かいため、灰が地面に落ちにくく、キャンプスペースを快適に使える点も魅力です。

組み立て方法は、スタンドにメッシュシートのピンを差し込むだけのシンプル設計。収納時は直径6×高さ65cm程になり、専用のケースが付属しているので、楽に持ち運べます。コンパクトで軽量のため、身軽なソロキャンプにもおすすめです。

また、使用した薪はほぼ燃え尽きて灰になるので、後処理が簡単なのもメリット。調理には不向きですが、手軽に焚き火を楽しみたい方に適しています。

バーゴ(VARGO) ステンレススチール ヘキサゴンウッドストーブ T-423

バーゴ(VARGO) ステンレススチール ヘキサゴンウッドストーブ T-423

おしゃれなデザインが特徴の、折りたたみ式焚き火台です。使用時のサイズが直径約12.7×高さ約10cmの小型モデル。ソロキャンプで焚き火を楽しみたい方に適しています。本体が一体型のため、組み立ての方法が分かりやすく、パーツがバラバラにならない設計です。

専用の収納ケースが付属しているのもポイント。本体の汚れを気にすることなく持ち運びできます。小枝や落ち葉などの自然燃料で焚き火を楽しめるほか、アルコールストーブなどの風除けとして使用するのもおすすめ。材質がステンレス製で錆びにくく、重量は210gと軽量なのもポイントです。

ソロストーブ(Solo Stove) キャンプファイヤー

ソロストーブ(Solo Stove) キャンプファイヤー

軽くて丈夫なステンレス製の焚き火台。二重壁構造で燃焼効率が高いので、小枝や落ち葉、松ぼっくりなどの自然燃料で簡単に焚き火が楽しめます。

本体サイズは直径17.8×高さ23.5cmで、2〜3人でのキャンプに適した大きさ。ゴトクが付属しているため、調理もできます。火力が必要な料理にもおすすめ。重量は約1kgで、安定性が高いのもポイントです。

焚き火台のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

焚き火台のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。