地震などの災害があった際には避難手段ともなる車中泊。最近ではアウトドアシーンで活用している方もいますが、車内はデコボコしていたり、脚が伸ばせなかったりするなど、十分な準備をしないと快適な空間とはなり得ないのが事実です。

また、天候や気温に影響されることも多いため、アイテム選びはかなり重要です。そこで今回は、車中泊をできるだけ安全で快適に過ごすための車中泊グッズをご紹介。ぜひ参考にしてください。

車中泊グッズを選ぶ際のポイント

防犯・プライバシー対策ができる車中泊グッズを選ぶ

車の中は外から簡単に覗けるので、車内に金目のモノがあったり女性が着替えをしていたりする際は危険が伴います。よって、イタズラや盗難などの被害を防ぐために車をロックすることはもちろん、車内のプライバシーを確保することも大切です。

そのためには、なるべく人目がある安全な場所で車を停めながらもサンシェードや車用のカーテンなどの車中泊グッズを活用して、安全対策をしましょう。

防暑・防寒対策ができる車中泊グッズ

エアコンがついた車内は夏は涼しく冬は暖かいですが、車のエンジンを1日中つけっぱなしにするのは危険です。特に就寝中にエンジンをつけていると、誤ってアクセルを踏んでしまうことやバッテリーの負担が大きくなることもあり、エアコン以外での防寒対策をすることが大切。

夏は乾電池やUSB充電式の扇風機、冬は電気毛布やカイロを用意するなどの防暑・防寒対策ができる車中泊グッズを用意しましょう。ただし、真夏の暑い時期や真冬の寒すぎる時期は健康的にも危険。マフラーに雪が積り塞がれてしまうと排気ガスが逆流する可能性もあります。趣味などで車中泊をする際は時期を考慮することは怠らないようにしてください。

快適な就寝環境を確保できる車中泊グッズを選ぶ

車内でなるべく快適に寝るためにはエコノミー症候群に注意して、使い勝手のよいマットや寒さを防ぐ寝袋などを使うことが重要。車の大きさや人数によっては寝転がれない場合もあるので、なるべくストレスにならない車中泊グッズを選びましょう。

緊急時に対応できる車中泊グッズを選ぶ

By: amazon.co.jp

車中泊グッズを選ぶ際は、災害などの万が一の事態に備える準備も大切です。例えば、車のルームランプは長時間の使用でバッテリーが上がり、故障の原因になることもあります。車中泊をする際は、ルームランプの代わりになる照明器具を車中泊グッズとして準備しておきましょう。また、電源を作り出すインバーターも携帯すれば、モバイル機器の充電などにも対応することができます。

車中泊に必要なおすすめグッズ
防犯・プライバシー確保用

VULCANS スバル フォレスター SG5/SJ サンシェード

盗難防止や日除け対策におすすめの車中泊グッズ「サンシェード」。遮光機能があるので、エアコンをより効果的に使うことが可能です。車の燃料効果アップにも繋がります。

素材には軽量のクッションが採用されており、ガラスの傷防止対策にもなるなど使い勝手は良好。本製品はスバルのフォレスターSJ用の製品で、梱包サイズは約43.5x32.5x18.5cm、重さは約2kg。なお、同シリーズには他の車種にも対応するアイテムもラインナップしています。

ボンフォーム 車用 シャットカーテン 普通車用 7901

車内のプライバシー保護におすすめの車中泊グッズ「シャットカーテン」。仮眠を取るときなど活躍します。軽自動車やセダン、ステーションワゴンなど幅広い種類の車で活用できるのが魅力。素材はポリエステル100%なので、お手入れがしやすいのもポイントです。

ウインドーネット 2枚入り 虫よけ 車中泊 車用網戸 遮光サンシェード

日除け対策だけでなく、虫よけにもなる車用の網戸。直射日光を防ぎつつ風が通るので、夏の湿気対策やエアコンが苦手な方にもおすすめの車中泊グッズです。取り外しが簡単な点やコンパクト収納可能な点も魅力。紫外線も防げるので、夏におすすめの車中泊グッズです。

車中泊に必要なおすすめグッズ
防暑・防寒用

Keynice USB扇風機 卓上 クリップ型

暑さ対策におすすめの車中泊グッズ「USB扇風機」。車のエンジンを止めた際でも活用できるのが特長です。充電はモバイルバッテリーやUSB充電器などで対応可能。クリップ式のため、さまざまな場所に取付けられます。

角度が360度調整できるのもポイント。風量は2段階調節ができ、必要最低限の機能が備わっているので、あると便利なアイテムです。

シェアスタイル 車載用ヒートブランケット シガーソケット対応

寒さ対策におすすめの車中泊グッズ「ヒートブランケット」。サイズは150×110cmなので、足元から上半身までを温められます。エアコンとは違いCO2の排出や空気乾燥もしないので、エアコンが苦手な方におすすめです。

プラグは車での使用が想定されたシガーソケット対応製品。常に車に積んでおけば、いざという時に使える便利なアイテムです。

車中泊に必要なおすすめグッズ
就寝・飲食用

ロゴス(LOGOS) エアマットM 72882114

車内での快適な眠りをサポートする車中泊グッズ「エアマット」。凹凸のある車内の寝床をカバーするウェーブ構造が特長です。サイズは、トヨタのヴォクシーやニッサンのセレナなどのミニバンカー向けなので、購入する際は目安としてください。なお、付属品にはミニポンプや収納バッグが付いており、持ち運びにも便利な車中泊グッズです。

ホワイトシーク(WhiteSeek) 寝袋 シュラフ マミー型

車中泊だけでなく、キャンプなどのアウトドアシーンでも活躍する車中泊グッズ「寝袋(シュラフ)」。洗濯機で洗えてコンパクト収納できる点が特長です。収納時のサイズは43×22cmと、車の中に入れてもスペースを取らないおすすめの車中泊グッズです。

大木製作所 アルポット 005115

アウトドアシーンはもちろん、緊急時にも活躍してくれる着火タイプの「湯沸ポット」。ガスや電気不要で使えるのがポイントです。1度に約800ccまでのお湯を沸かせ、カップラーメンや米2合を炊くことが可能。長めの旅をする際の車中泊グッズとしてはもちろん、災害時の備えとしておすすめのアイテムです。

ニューイング(NEWING) バッテリーレスキュー乗用車用 BR-001S

車のバッテリーが上がってしまった際に使える「ジャンプスターター」。スマホなどの充電もできるため、緊急時のことも考えて持っておきたいおすすめの車中泊グッズです。

LEDライトが左右に付いており、作業がしやすい点も魅力。サイズは約29.6×17.8×8.8cm、本体の重さは約1.6㎏とコンパクトで軽量なおすすめの車中泊グッズです。

ジェントス LED ランタン エクスプローラー EX-313CW

白色ライトで300ルーメンの明るい光を放つ「LEDランタン」。暗い夜道などでも活躍します。単1乾電池3本仕様で、Highモードなら22時間、Lowモード44時間稼働。いざという時の安心の「SOSパターン点滅」機能が付いているので、災害時にも活躍する車中泊グッズです。

ジェントス LED 懐中電灯 充電式 閃 337 SG-337R

USB充電が可能な「LED懐中電灯」です。照射距離は最大で約120m。暗い車内を照らしたり夜道を歩いたりする際にあると便利なだけでなく、身を守る安全対策グッズとしても活躍します。本体サイズは約32.3×147.5mm、本体の重さ約155g。片手で簡単に操作できるので、緊急時にもすぐ活躍するおすすめの車中泊グッズです。

車中泊のメリット

宿泊費が節約できる

宿泊費が節約できるのはポイント。就寝環境よりも節約重視という方や一時的な仮眠場所としてならば、選択肢としてアリです。ただし、車内はストレスや疲れを蓄積することが考えられるので、短期的ではあっても体調管理には十分注意しましょう。

ペットと一緒に旅ができる

ペットを連れていくための準備は必要ですが、ペットと一緒の旅がしやすいのも車中泊のメリット。ただし、閉鎖的な生活環境はペットにとってもストレスになるので、配慮は怠らないようにしましょう。