車中泊はキャンプや長距離移動をする際に役立つ、手軽な宿泊方法のひとつです。しかし、一晩だけの辛抱と思っていても、車内は足が伸ばせなかったり、空調の調節がうまくいかなかったり、何かと不便。今回は車の中を快適に過ごすためのおすすめ車中泊グッズをご紹介します。

車中泊のおすすめグッズ|寝具系

フィールドア(FIELDOOR) 車中泊マット

後部座席を倒して設置するタイプのマット。バルブを開くだけで自然に膨らむので、空気入れを使ったり、自力で空気を吹き込んだりする手間がかからない車中泊グッズです。

片付ける時は、空気を抜いてコンパクトに収納可能。中材は高密度ウレタンを使用しているので、クッション性が高く、凹凸の多い車内でも快適に休めます。

キングキャンプ(KingCamp) 車中泊マット KM35322

取り付けると後部座席を拡張してベッドにできるアイテム。製品下部についている突起が前座席と後部座席の間を埋め、横になれるスペースを作り出します。

肌に触れる部分には、さらりとして快適な起毛素材を使用。使わない時は専用のバッグに入れてコンパクトに移動が可能です。膨らませて使う枕も付属しており、すぐに快適な休憩スペースが確保できます。

WAQ 車中泊マット

約8cmの厚みがあり、車内や地面の凹凸を気にせず休める車中泊用マットです。ミニバンの後部座席をフルフラットにした状態にぴったりフィット。数分放置するだけで膨らむので、面倒な準備なしで使い始められます。

裏面に滑り止め加工が施してあるため、横滑りせず安心。表面には耐水性があるので、汚れてもお手入れが簡単です。

LATTCURE 寝袋

肌寒い季節の車中泊も暖かく快適に過ごせる封筒型シュラフ。ファスナーを全て閉めれば、冷たい空気の侵入を防いで暖かく、暑くなってきたら足の部分だけを開けて温度調整もできます。

寝袋としてだけでなく、フルオープンにすればブランケットやマットとしても使える優れモノ。使わない時は専用の袋に入れてコンパクトに収納できるので、万が一の時に備えて車に積んでおくのもおすすめの車中泊グッズです。

ゼンポー(Zenpo) 車用 着脱簡単カーテン

フロントやリア部分に取り付けて使う着脱可能なカーテン。車の天井にある隙間にフックを差し込むだけで簡単に取り付けられるので、キャンプ場などの人通りのある場所で車中泊をする場合もプライベートを守ることが可能です。車の仕様によってはフックが掛けられない場合もあるので、購入前に確認することをおすすめします。

車中泊のおすすめグッズ|食事系

イワタニ(Iwatani) カセットフー 達人スリム CB-AS-1


持ち運びに便利な薄型のカセットコンロ。約70分連続使用が可能で、軽めの食事を用意するにはぴったりの製品です。炎の出口はタテ長になっているので炎が横に広がらずに、無駄なく温めます。表面には高性能プレコートフッ素鋼板を採用。

汚れてもさっと拭き取るだけで手入れができます。車中泊で使用する際には、屋外で用いたり、周りに気をつけたりと、使用方法を守って安全に使いましょう。

マグナ(MAGNA) 折り畳み式 シングル カトラリー

折り畳み式のカトラリーセット。組み立て式の箸や折りたたみ式のナイフ・フォークは携帯性に優れており、車中泊はもちろん、キャンプの際にもおすすめです。使い終わったらメッシュ製の袋に収納可能。通気性がよいため、生乾きの状態で収納しても、付属のカラビナを使って吊り下げておけば、そのまま乾かせます。

Miletech トラベラー カップホルダー

缶やビンを入れておくだけで適温の飲み物が飲める、保冷・保温両方の機能を備えた製品。車内のインテリアのひとつとしても使えるスタイリッシュなデザインが魅力です。

シガーソケットから給電して使用できるので、ドリンクホルダーに入れたまま使えます。ワンタッチで簡単に温冷の切り替えができる簡単設計もポイントです。

New Styler 車内用炊飯器

シガーソケットの電気でご飯が炊ける車内用炊飯器。容量は1.3Lで、2〜3人分の食事が用意できます。専用のスチームプレートを使うことで蒸し料理にも対応。冷めてしまった料理も温め直せるので、レンジの代わりとしても使用できます。釜は5層の多層鋼を採用しており、本格派の炊きたてご飯を車内でも楽しみたい方におすすめのグッズです。

スノーピーク(snow peak) アルミパーソナルクッカーセット SCS-020

屋外での調理や食事に適したハンドル付きのクッカー・食器セット。調理器具としてはもちろん、器としても使用でき、1セットで幅広く活躍します。開口部が広く作られており、調理の際はかき混ぜやすく、洗うのも簡単。

収納性が高く、1番大きなクッカーの中に全てのアイテムを入れて持ち歩けます。1人で車中泊をする方におすすめの製品です。

イワタニ(Iwatani) ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB


カセットガスを使用するコンパクト設計のバーナーです。自動点火機構を採用しているので、ワンプッシュで自動点火が可能。電池やマッチを使わずにすぐ使えます。1Lの水を約4分で沸騰させられる高い加熱能力があり、素早い調理が可能。五徳は炎の出口を囲むように配置されており、風を防いで効率的に加熱します。

スペースを取らずに持ち運べる調理器具を探している方におすすめ。 なお、車内での使用は危険があるため注意が必要です。

ジェーピーエヌ(JPN) 直流湯沸器 ワクヨさん JPN-JR022

シガーソケットからの給電でお湯を沸かせる電気ポット。400mlの水をおよそ30分で沸騰させます。デジタル表示の温度計がついており、沸くタイミングを目で確認が可能です。ポットの内側は特殊ガラス製で、水に製品のニオイ移りがないことも魅力。

好みの温度に指定して沸かすこともできるので、熱い飲み物やカップ麺を作る時はもちろん、赤ちゃんのミルクを作る時などにもおすすめの車中泊グッズです。

車中泊のおすすめグッズ|電気系

ベステック(BESTEK) カーインバーター MRI3010BU-E04

自動車のバッテリーを使用し、定格消費電力300Wの電子機器を使えるインバーター。出力オーバー保護、異常温度保護をはじめとする6種類の保護機能を備えており、安全に使用できる点が特徴です。

スマホやPCの充電から、車載冷蔵庫まで、比較的消費電力の高い電子機器にも使えます。車中泊をする際はもちろん、災害時にもおすすめの車中泊グッズです。

アンカー(ANKER) Anker PowerDrive 2 A2310012

超コンパクトサイズのUSB充電器。2つのポートから24Wを出力でき、スマホやタブレットの充電ができます。全長約65mmの小型ボディが特徴です。

シガーソケットに挿し込み、通電可能な状態になるとLEDライトが光るので、暗い車内での使用にも便利。温度調整機能を備えており、長時間使用する場合でも安全に使えておすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 2WAYハンディライト 2WHL

発光部分が伸び縮みし、2WAYで使えるライト。発光部分を短くすると懐中電灯として使え、伸ばした状態だとテーブルに置いたり、吊り下げたりしてランタンとして使えます。

約105gと軽量で、持ち運びも簡単。車中泊でもグリップやバックミラーなどの高い位置に固定すると車内の広い範囲を照らしてくれるのでおすすめです。

ベステック(BESTEK) 冷温庫 家庭 車載両用 ミニ冷蔵庫 BTCR08

1台でオールシーズン使えるミニ冷温庫。AC/DCどちらの電源も使えるので、コンセントはもちろん、シガーソケットに接続しても使えます。あくまでも目安ですが、周囲温度25℃の時、約13℃の保冷、約55℃の保温が可能。コンパクト設計のボディは車内でも場所を取らずに置けることがポイント。少人数での使用がおすすめです。

車中泊のおすすめグッズ|季節用品

夏を快適に過ごすための車中泊グッズ

Yxaomite 車用網戸

車のドアの枠に上から被せるだけで使える袋状のウィンドウネット。窓の開閉部分に直接接着させていないので、窓を開けることができ、日除けとしての役割のほかに、虫除けとしても使えます。

夏場の車中泊の際、車内でエアコンを付けっ放しにしておくと、燃料代がかさんだり、冷房の風で喉を痛めたりすることもあるので、定期的に自然な空気を取り入れるのがおすすめです。

KEYNICE 車載扇風機 KN-F300

車載のUSBポートやモバイルバッテリーで給電しながら使えるファン。双頭タイプなので、風量も多く、効率よく車内の空気を循環させます。また、ファンは好きな角度に調整できるので、座っている席を問わず快適に過ごすことが可能です。

付属のスポンジを冷水に浸し、スポンジボックスに入れると冷たい空気が出てきます。ポータブルバッテリーなどの電源を使えば、屋外でも使用できるので、汎用性の高い製品を探している方におすすめです。

Kmmin サンシェード CAR015-150

直射日光を防ぐサンシェードとしてだけでなく、外からの視線を遮る仕切りとしても使用できる製品です。フロントガラスに貼り付けると車内の温度が上昇するのを防げるので、冷房の効果を感じやすくしてくれます。

両面に酸化亜鉛・酸化銅を吹き付けて加工しているため、消臭や抗菌効果も発揮。使わない時は折り畳んで収納できることもポイントです。

冬でも暖かく過ごすための車中泊グッズ

山善(YAMAZEN) USB発熱シート付 2WAY ブランケット YHK-UB60

USBコネクタに接続すると発熱するブランケット。通電式のシートをブランケットについているポケットに入れて使用します。ブランケットは柔らかいボア素材でできており、気持ちいい触り心地。

膝掛けや、肩に掛けるケープとして利用でき、軽量でスペースを取らないので、持ち運びも簡単です。

プロモート コードレス湯たんぽ ほっと湯 TAN-331

充電式の電気湯たんぽ。一般的な湯たんぽのように、毎回お湯を入れる必要がないので、安全で手軽なことが特徴です。約15分の充電で、布団の中であれば約8時間、膝の上であれば約6時間の使用が可能。

車内のUSBポートで充電すれば、エアコンを消してしまっても湯たんぽで手足や腹部などを保温できます。

I.T outlet 車用 リアホットシート AZ-RIA-SEAT

座席に敷いてシガーソケットに挿すだけ使えるヒーター内蔵シート。温度調節機能で熱くなりすぎず、適度な温度に変えながら使える車中泊グッズ。車中泊ではスペースが限られているので十分な寝具を持ち込むのは難しいです。

ヒーター内蔵の製品を使えば薄手の寝具でも暖かく過ごすことが可能。車の大きさによってはケーブルが届かない場合もあるので、先に確認しておくことをおすすめします。

車中泊のおすすめグッズ|その他

Sutekus 車載用テーブル

ハンドルやヘッドレスト部分に掛けて使う車内用テーブル。車内での書き物や、PCで作業をしたい時などに便利です。高さ・角度を調整できるので、膝や座席に置いておくよりも楽な姿勢を保てます。

引き出すタイプのサイドテーブルはより広くスペースを使いたい時や、マウスを操作する際に便利。部屋と同じように車内でも快適な環境を整えたい方におすすめの車中泊グッズです。

星光産業 リアトレイ EB-191

ヘッドレスト部分に差し込んでテーブルとして使用できる製品。ドリンクホルダーと小物を置くトレイを使えば、誤って飲み物をこぼしたり、スマホや鍵などの小物をなくしたりしづらくなります。

使用しない時はシートに沿わせる形で収納可能。シートのヘッドレスト部分がシートと一体型の場合や、1本足タイプでは使用できないので、注意が必要です。

スマートタップ(SmartTap) EasyOneTouch2 HLCRIO121

指で軽く押し込むだけでスマホが固定されるオートホールド機能を搭載したスマホホルダー。粘着性の強いゲルパッドを採用しているので、シボ感の強いダッシュボードにも対応しています。

アームは230°回転するので、さまざまな角度のダッシュボードで使用可能。車中泊で映画を鑑賞する際のような、長時間の利用でも手が疲れないのでおすすめです。

真由美 トラベルポーチ

洗面具や化粧品などの小物を取り出しやすく収納できるトラブルポーチ。フックがついており、グリップ部分などに吊り下げておけるので、スペースを取りにくいのがポイントです。

ポケットはクリア素材や、メッシュ素材を使用しているので、どこに何が入っているか一目で確認が可能。夜間になると暗くなり、探し物がしづらい車内では、小物を一箇所にまとめて管理することをおすすめします。

槌屋ヤック(TSUCHIYA YAC) マルチグリップバー RV-51

車内のグリップにフックを掛けるだけでマルチに使えるバー。約85~140cmに伸縮し、車に合わせて調整可能です。ハンガーや使ったタオルなどを掛けるもの干し竿として、天井部分の空間を有効利用できます。表面にはハンガーの横滑りを防ぐゴムリングがついていることもポイントです。