野外での飲食を楽しむのは、アウトドアの醍醐味でもあります。中でも、まだ気温の低い早朝に、冷たい外気に包まれながら飲むらコーヒーは格別です。アウトドアでのリラックスタイムとして、コーヒーを飲むのが楽しみのひとつとなっている方も多いはず。

今回はアウトドアでコーヒーを楽しむための道具をご紹介。選び方のポイントもお伝えするので、ぜひ参考にして至福のコーヒーブレイクを楽しんでください。

アウトドアでコーヒーを楽しむために必要な道具

ドリッパー

By: rakuten.co.jp

ケトルでお湯を注ぎコーヒーを淹れるハンドドリップ。この方法でコーヒーを作るならドリッパーは必需品です。アウトドア用に、軽量かつコンパクトな携行性の高いアイテムが多数販売されています。

ドリッパーには大きく分けて台形型と円錐型があるので、形に合わせてフィルターを購入しましょう。台形型と円錐型の違いによって、コーヒーが抽出される際のお湯の落ち方が異なり、味わいにも違いが生まれます。慣れてきたら使い分けて違いを楽しむのもおすすめです。

マグカップ

By: amazon.co.jp

アウトドアでコーヒーを楽しむなら、マグカップもこだわりたいアイテム。アウトドア向けに耐久性の高いチタンやステンレス・ホーロー・プラスチックなど、マグカップの素材も豊富です。アウトドアならマグカップに直接ドリッパーをのせて、そのままサーバーとして使う方もいます。

気分を盛り上げてくれるおしゃれなデザインのモノや、保温性の高いモノがおすすめ。コーヒーだけでなくスープやホットカクテルなどにも使えるので、ひとつあると重宝します。

コーヒープレス

By: rakuten.co.jp

コーヒープレスは、円筒状の容器にコーヒーの粉とお湯を入れ、プランジャーと呼ばれるピストンのようなパーツで粉をこしてコーヒーのみを抽出する方法です。代表的なのは、紅茶にも使われるフレンチプレス式。最近は空気の圧力によってコーヒーの抽出を行うモデルも販売されており、注目を集めています。

コーヒープレスはハンドドリップのようなドリップ技術が不要なため失敗が少なく、豆の味がダイレクトに味わえる方法です。アウトドアでは、コンパクトで携行性に優れたアイテムがおすすめです。

パーコレーター

By: amazon.co.jp

アウトドアでコーヒーを作る道具として、根強い人気を持つのがパーコレーターです。急須に似た構造を持ち、水を入れて火にかけ、沸騰したら中のバスケットにコーヒーの粉を淹れて蓋をします。上部の透明ノブでコーヒーの色が確認できるので、十分に抽出されたら完成です。

お湯を沸かしながら高温で抽出するため、味わいは強め。一般的に家庭やカフェで使用されることは少なく、アウトドアならではのアイテムです。パーコレーターはお湯を沸かすケトルとしても使えます。

ケトル

By: rakuten.co.jp

ハンドドリップやコーヒープレスに必要なのが、お湯を沸かすケトル。ハンドドリップは細いお湯の注ぎ口が必要なため、ケトルを用意するのがおすすめです。

コーヒープレスであれば、鍋などを代用して湯を沸かしてもよいでしょう。ケトルはかさばると感じるかもしれませんが、アウトドア向けに軽量でコンパクトなモノも開発されているので、ぜひ検討してみてください。

コーヒーミル

By: amazon.co.jp

コーヒーの味わいにこだわる本格派にオススメしたいのがコーヒーミルです。コーヒー豆は挽いた瞬間から風味が落ちていくので、できれば飲む直前に挽くのがおすすめ。

コーヒーは粒度と呼ばれる粉の細かさによって味わいが変わり、コーヒーの淹れ方によっても適した粒度が異なります。いろいろと試しながら好みの味わいを見つけるのも、楽しみのひとつです。

アウトドア向けコーヒー道具の選び方

好みの味わい

コーヒーはハンドドリップやコーヒープレスなどの抽出方法によって味わいが異なります。ハンドドリップならすっきりとした雑味の少ない味わい、コーヒープレスなら油分を含みコクのある豆本来の味わいです。パーコレーターは、高温で抽出するため豆の強い味わいを楽しめます。

同じ道具でも淹れ方によって味わいは変化し、もちろん豆によっても異なります。道具の個性を踏まえつつ、いろいろと試してみるのもおすすめです。

一度に淹れる杯数

By: amazon.co.jp

アウトドアでコーヒーを淹れる際、一度にどのくらいの量が必要なのか想定してみましょう。大人数で飲むなら、一度に数杯分作れるパーコレーターがおすすめです。

ハンドドリップは1人もしくは少人数での使用に向いています。コーヒープレスは、モデルによって一度に作れる量にばらつきが見られるので、購入前にチェックしてみてください。

耐久性と携行性

By: amazon.co.jp

アウトドアに使用する道具は耐久性が重要です。破損しにくいステンレスやチタン、プラスチックなどの素材を採用しているモノを選び、コーヒーの道具に多く見られるガラス製のモノは避けましょう。

また、携行性も大切なポイント。コンパクトに携行できるよう考慮されているモノや、軽量化されているモノがおすすめ。コーヒーを淹れるため以外の用途にも兼用して使える道具であれば、荷物の削減に効果的です。

アウトドアでコーヒーを楽しむ道具

ミュニーク(MUNIEQ) テトラドリップ01P

ポリプロピレンを使用した、重量わずか12gの超軽量ドリッパー。折りたためるため携行性にも優れており、アウトドアに最適です。

円錐型のフィルターに対応しており、一度に1.5杯分のコーヒーが作れます。スマートなデザインも人気であり、アウトドアでも愛用者が多い製品。リーズナブルでコストパフォーマンスのよいアイテムです。

ユニフレーム(UNIFLAME) コーヒーバネット cute

コンパクトに収納可能な円錐型のドリッパーです。ステンレス製であり、付属のケースに薄くたたんで収納できます。コンパクトながら一度に2人分のコーヒーが作れ、重量は約46gと軽量なのでアウトドアにおすすめです。

フィルターはユニフレームの専用フィルターか、市販の円錐型フィルターが使用可能。コーヒー抽出時に発生するガスをフィルターから外気へ逃がせるので、雑味のない味わいが楽しめると評判です。

リバーズ(RIVERS) マイクロコーヒードリッパー

同社のタンブラー「ウォールマグ デミタ」にセットし、直接ドリップが行えるドリッパーです。フィルターがステンレス製のメッシュになっており、繰り返し使用できます。

シリコン製のホルダーはフィルターから取り外せるので、折りたたんでタンブラー内に収納して持ち運べます。キャンプなどのアウトドア用に開発された製品であり、リーズナブルで人気の高いアイテムです。

リバーズ(RIVERS) ウォールマグ デミタ

同社の「マイクロコーヒードリッパー」をセットできるタンブラーです。重量約100gと軽く、容量は350mLなので1杯分のコーヒーを飲むのに最適。素材にポリプロピレンとシリコンゴムを用いており、破損しにくいのもポイントです。

二重構造がコーヒーの熱を和らげ、快適に使用できます。カラバリも豊富であり、リーズナブルで高性能なおすすめアイテムです。

スノーピーク(snow peak) チタンダブルマグ300 フォールディングハンドル

人気アウトドアブランドであるスノーピークによるチタン製マグカップ。職人の手によってひとつずつ製造されており、重量約92gの軽さが魅力です。

二重構造を採用しているため、保温性に優れながらもハンドルは熱くなりにくく快適です。コーヒーを熱いまま飲めるだけでなく、冷たい飲み物もしっかり保冷するので、ビールを飲むのにもおすすめ。人気の高いベストセラーアイテムです。

エアロビー(AEROBIE) エアロプレスコーヒーメーカー

コーヒー通からの注目を集めているエアロプレス。甘みと酸味のバランスがよく、豆そのものの味を楽しめます。コーヒープレスの一種であり、空気の圧力を利用したコーヒーの抽出が可能です。

使い方は、コーヒーの粉とお湯を入れて軽くかき混ぜ、フィルターをセットした蓋を閉めて、マグカップにセット。少し時間をおいてからプランジャーを押すと、おいしいコーヒーを抽出できます。

このアイテムは扱いに少し慣れが必要。しかし、バリスタの中にも愛用者がいるほど優れた道具であり、携行性が高いためアウトドアにもおすすめです。

スタンレー(STANLEY) 真空コーヒーシステム0.5L

アメリカ発のブランドであるスタンレーは、高性能な水筒で有名です。このアイテムはアウトドアを想定して開発されており、フレンチプレス式のコーヒーを淹れられます。

フレンチプレスのプランジャーとポット、真空ボトルがセットになっており、ポットは鍋代わりとして火にかけることも可能。簡単に2人分のコーヒーを作れるアイテムです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 18-8ステンレス製パーコレーター3カップ M-1225

人気アウトドアブランド、キャプテンスタッグによるパーコレーター。約3杯分である540mLのコーヒーを一度に作れる人気モデルです。

重量は約390gと比較的軽量。持ち手部分に木を使用し熱が伝わりにくいよう配慮されています。外側にメモリが付いているので分量が測りやすいアイテムです。

月兎印 スリムポット0.7L

ホーローの質感がおしゃれなケトルです。1点ずつ熟練の職人が手作業で製作しており、カラバリも豊富な人気アイテム。ハンドドリップに適しているため、コーヒー愛飲家から高い支持を受けています。

使い込むうちに風合いが増し味わい深くなるのも、ホーロー製品を使う楽しみのひとつ。アウトドアの雰囲気を盛り上げてくれるアイテムです。

ポーレックス(PORLEX) コーヒーミルミニ

コーヒー通の中にも愛用者の多いコーヒーミル。一度に約2杯分である20gの豆を挽けるのが魅力です。粒度調節機能を搭載しており、好みに合わせて細挽きから粗挽きまで粒度を選択できます。

サイズは直径5×高さ17cmとコンパクトで、重量も235gと軽量なのでアウトドアにもおすすめ。刃にはセラミックを使用しているため磨耗しにくく、簡単に取り外して洗浄できます。