野外での飲食は、アウトドアの醍醐味です。なかでも、まだ気温の低い早朝に、冷たい外気に包まれながら飲むコーヒーは格別。キャンプ中のリラックスタイムに、コーヒーを飲むのが楽しみという方も多くいます。

そこで今回は、アウトドアでコーヒーを楽しむためのおすすめアイテムをご紹介。選び方のポイントも解説するので、ぜひ参考にして至福のコーヒーブレイクを楽しんでください。

アウトドアでコーヒーを楽しむために必要な道具

ドリッパー

By: amazon.co.jp

アウトドアでコーヒーを楽しむ方法として主流なのが、ケトルでドリッパーにお湯を注いでコーヒーを淹れる「ハンドドリップ」。アウトドア用のドリッパーには、軽量かつコンパクトな携行性の高いアイテムが多数ラインナップされています。

ドリッパーには大きく分けて台形型と円錐型が存在するので、フィルターも形に合ったモノを購入しましょう。形によってお湯の落ち方が異なり、コーヒーの味わいにも違いが生まれます。慣れてきたら、使い分けて違いを楽しむのもおすすめです。

マグカップ

By: amazon.co.jp

アウトドアでは、コーヒーを飲むマグカップにもこだわりたいところ。アウトドア向けマグカップの素材には主に、耐久性の高いチタンやステンレス、ホーロー、プラスチックなどが採用されています。マグカップに直接ドリッパーをのせて、そのままサーバーとして使用することも可能です。

また、気分を盛り上げるおしゃれなデザインのモノや、保温性の高いモノを選ぶのがおすすめ。コーヒーだけでなく、スープやホットカクテルなどにも使えるので、ひとつあると重宝します。

コーヒープレス

By: amazon.co.jp

テクニックいらずで本格的な味わいを楽しみたい方は、コーヒープレスを使ってコーヒーを淹れるのがおすすめ。円筒状の容器にコーヒーの粉とお湯を入れ、「プランジャー」と呼ばれるパーツで粉をこして抽出する方法です。最近では、空気の圧力によってコーヒーの抽出を行うモデルも販売されており、注目を集めています。

コーヒープレスはハンドドリップのようなドリップ技術が不要なため、失敗が少なく、豆の風味をダイレクトに楽しめるのがメリット。アウトドアで使用する際は、コンパクトで携行性に優れたアイテムがおすすめです。

パーコレーター

By: amazon.co.jp

アウトドアでコーヒーを淹れる道具として人気なのが、パーコレーター。「急須」に似た構造をしているのが特徴です。使い方としては、まず水を入れて火にかけ、沸騰したら内部のバスケットにコーヒーの粉を入れて蓋をします。上部の透明ノブからコーヒーの色を確認し、十分に抽出されたら完成です。

お湯を沸かしながら高温で抽出するため、味わいは強め。一般的に家庭やカフェで使用されることは少なく、アウトドアならではのアイテムです。また、パーコレーターはお湯を沸かすケトルとしても使えます。

ケトル

By: amazon.co.jp

ハンドドリップやコーヒープレスでコーヒーを淹れる際には、お湯を沸かすケトルも必須のアイテム。また、ハンドドリップには細いお湯の注ぎ口が必要なため、コーヒーを淹れるのに特化したケトルを用意するのがおすすめです。

コーヒープレスの場合は、鍋などを代用して湯を沸かすのもひとつの手。ケトルはかさばるイメージがありますが、アウトドア向けに軽量コンパクトなモノも販売されているので、ぜひ検討してみてください。

コーヒーミル

By: amazon.co.jp

コーヒーの味わいによりこだわりたい場合は、コーヒーミルで豆を挽くのがおすすめ。コーヒー豆は挽いた瞬間から風味が落ちていくので、飲む直前に挽くのがベストです。

また、コーヒーは「粒度」と呼ばれる粉の細かさによって味わいが変わり、適した粒度はコーヒーの淹れ方によっても異なります。いろいろと試しながら好みの味わいを見つけるのも、楽しみのひとつです。

アウトドア向けコーヒー道具の選び方

好みの味わい

コーヒーは抽出方法によって味わいが大きく異なります。ハンドドリップはすっきりとした雑味の少ない味わい、コーヒープレスは油分を含んだコクのある豆本来の味わいが特徴。パーコレーターは高温で抽出するため、豆の強い味わいを楽しむことが可能です。

また、同じアイテムでも淹れ方によって味わいは変化し、もちろん豆によっても異なります。アイテムの特徴を踏まえつつ、さまざまな抽出方法を試してみてください。

一度に淹れる杯数

By: amazon.co.jp

アウトドアでコーヒーを淹れる際は、一度に必要な量を事前に想定しておきましょう。大人数で飲む場合は、一度に数杯分を淹れられるパーコレーターがおすすめです。

ハンドドリップは1人もしくは少人数での使用に向いています。コーヒープレスは、一度に淹れられる量が製品によって異なるので、購入前にチェックしてみてください。

耐久性と携行性

By: amazon.co.jp

アウトドアに使用するアイテムは、耐久性も重要なポイントです。破損しにくいステンレスやチタン、プラスチックなどの素材を採用しているモノがおすすめ。一方、コーヒー用品に多く見られるガラス製のモノは避けるようにしましょう。

また、携行性も要チェック。なかには、コンパクトに携行できる構造のモノや、軽量なモノも多数存在します。コーヒーを淹れる以外の用途にも兼用して使えるモノなら、荷物を減らせて便利です。

アウトドアでコーヒーを楽しむおすすめアイテム

E-PRANCE コーヒードリッパー ステンレスフィルター

機能性に優れたコーヒードリッパー。ステンレスメッシュフィルターを採用しており、コーヒーの風味をダイレクトに抽出できるのが魅力です。

また、ペーパーフィルターが不要なのもポイント。経済的なのはもちろん、環境に配慮しながら使用できます。本体はステンレス製で、コーヒーを淹れるのに理想的な温度を保ちやすい仕様。長い間使用し続けられる耐久性も兼ね備えています。

シリカゲル製ハンドルを備えているのも特徴。思わぬ火傷を防ぐのに役立ちます。さらに、掃除に便利な専用ブラシも付属。本体をキレイに保ちやすいほか、目詰まり対策にも役立ちます。

コールマン(Coleman) パルテノン コーヒードリッパー

ペーパーフィルターを使用せずに、1人用のコーヒーを淹れられるドリッパーです。容器にコーヒー粉を入れ、穴の開いた容器をかぶせてお湯を注ぐだけでコーヒーが完成します。

ソロキャンパーをはじめ、1人でアウトドアレジャーを楽しみたい方におすすめ。野外でも、コーヒーの風味やコクをじっくり楽しめます。ステンレス製のため、長く使用できるのもポイントです。

メリタ(Melitta) アロマフィルター AF-M 1×2

台形タイプのドリッパーです。お湯が広範囲に浸透してからコーヒーが抽出される仕組みで、コク深い味わいを楽しみたい方におすすめ。1つ穴方式で抽出時間のコントロールがしやすく、好みの味わいを再現しやすい設計です。

本製品はコーヒー2〜4杯用のため、家族や友人とコーヒーを楽しみたい方にもぴったり。プラスチック製なので、アウトドアシーンでも気軽に取り扱えるほか、価格もリーズナブルです。ハンドドリップ初心者の方にも適しています。

カリタ(Kalita) ウェーブドリッパー155

すっきりとした味わいが好きな方におすすめの、円錐タイプのドリッパーです。3つ穴式を採用しており、フィルターとウェーブゾーンにコーヒー液が留まりにくい設計。より雑味の少ないコーヒーを淹れられます。

本体はステンレス製で丈夫なため、キャンプや登山などのアウトドアシーンにぴったりです。ウェーブ模様があしらわれた、おしゃれなデザインも人気の理由。なお、本製品は1〜2人用のコーヒーを淹れるのに適したサイズです。

スノーピーク(snow peak) チタンシングルマグ

耐久性と利便性に優れたマグカップです。1枚のチタンプレートから形成されたシングルウォール仕様で、重量は50gと軽量。ひとつずつ職人によって丁寧に作られており、丈夫なのが魅力です。シンプルかつスタイリッシュな見た目で、アウトドアシーンをおしゃれに演出します。

ハンドル部分は折りたたみ可能で、収納しやすいのも特徴。また、口当たりのよさを考慮し、カップの縁部分にカール処理を施しているのもポイントです。

ジェントルマン ハードウェア(GENTLEMEN’S HARDWARE) エナメルマグ

おしゃれなマグカップでコーヒーを飲みたい方におすすめのアイテムです。落ち着きのある色合いに描かれたシンプルなイラストが、レトロ感を演出。容量は400mlで、コーヒーをたっぷり楽しめます。

本体には、保温性や耐久性に優れているホーロー素材を採用。汚れを落としやすいため、清潔な状態に保ちたい方にもぴったりです。

チャムス(CHUMS) キャンパーマグカップ

チャムスらしい色使いが魅力の、かわいらしいマグカップです。カラーは、ブラックやイエロー、ベージュなどをラインナップ。アウトドアシーンでよく映える、おしゃれなアイテムです。

機能性に優れているのもポイント。素材には、軽くて割れにくいポリプロピレンが採用されています。持ち手には2つの穴を設けており、持ちやすいのも特徴。アウトドアコードの紐にカラビナを付ければ、より持ち運びしやすくなります。

本製品は-10〜110℃に対応しているため、コーヒーはもちろん、冷えたドリンクを飲む際にもぴったり。キャンプや登山など、さまざまなアウトドアシーンで活用できます。

コールマン(Coleman) ステンレス パーコレーター Ⅲ

容量1.3Lで、一度に約6杯分のコーヒーを淹れられるパーコレーターです。家族や大人数でキャンプに出かける方におすすめ。ストレーナーステンレス製で、耐久性に優れているのが特徴です。

デザイン性が高いのも魅力。高級感があり、おしゃれなインテリアアイテムとしても活躍します。機能性だけでなくデザイン性も重視したい方は、ぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) 14-Cup Enamelware コーヒーパーコレーター

家族や友人など、大人数でアウトドアを楽しみたい方におすすめのパーコレーター。最大14杯分のコーヒーを淹れられます。本体に2重のエナメルコーティングが施されているため、傷付きにくく、壊れにくいのが魅力です。

上部の縁部分には、ステンレススチールを採用。欠けたり塗装が剥がれたりするのを防ぎます。長く使い続けられるパーコレーターを探している方に、ぴったりのアイテムです。

スノーピーク(snow peak)ステンレスパーコレーター6カップ PR-006

ステンレス製で、耐久性が高く破損しにくいパーコレーター。使い勝手を考慮して、ハンドルを握りやすく設計しているのが特徴です。

本体の重量は200gでメッシュケースが付属しているため、持ち運びにも便利。ブランドロゴがあしらわれてた、高級感のあるデザインもおすすめのポイントです。

ボダム(bodum) ケニヤ フレンチプレスコーヒーメーカー 10682-01

コーヒープレスの定番ブランド「ボダム」の人気アイテム。デザイン性と実用性を兼ね備えているのが特徴です。シンプルながらモダンな見た目で、不使用時はおしゃれなインテリアとしても使えます。

使い方が簡単なのも魅力。お湯を注いで4分程抽出するだけで本格的なコーヒーを味わえるため、コーヒープレスを初めて使う方にも適しています。容量は500mlで、コーヒーを多めに飲みたい方や、2〜3人でコーヒーを楽しみたい方におすすめです。

スタンレー(STANLEY) 真空コーヒーシステム 0.5L

コーヒープレスや真空断熱ボトル、マルチポットが備わった、多機能なアウトドアアイテムです。蓋をカップとして使用でき、中栓はコーヒーの粉を入れるケースとしても使用可能。さまざまな場所でコーヒーを淹れられ、ボトルで保存して持ち運べます。

すべてのパーツをひとまとめに収納できるため、持ち運びにも便利。また、マルチポットはお湯を沸かすだけでなく調理にも使えるので、無駄な荷物を減らせるのがポイントです。

本体はステンレス製のため、耐久性も良好。キャンプはもちろん、登山や釣りなど、さまざまなアウトドアシーンにおすすめのアイテムです。

コールマン(Coleman) パッカアウェイケトル

使い勝手と耐久性に優れたケトル。滑りにくいよう、ハンドルにはシリコンを採用しています。本体を傾けても蓋が外れにくい設計のため、思わぬ火傷を防ぎやすいのも特徴です。

本体は、熱伝導がよいアルミニウム製。コーヒーを淹れたいときに素早くお湯を沸かせるのがポイントです。「ハードアノダイズド加工」により傷が付きにくく、耐久性が高いのも魅力。そのほか、メッシュポーチが付属しているので、携帯性も良好です。

Overmont アウトドアケトル

機能性が高く、コスパのよいケトルです。素材に「硬質陽極酸化アルミニウム」が採用されており、耐擦傷性や耐腐食性に優れているのが特徴。持ち手は火傷を防ぎやすいよう、熱くなりにくい設計です。

本体がフラット型なほか、メッシュバッグが付属するため、持ち運びしやすいのもポイント。キャンプにはもちろん、登山や、ハイキングなどさまざまなアウトドアシーンで使用できます。

カリタ(Kalita) コーヒーミル KH-3

安価で機能性に優れたコーヒーミル。手挽きタイプで、刃には「硬質鋳鉄カッター」を採用しており、切れ味が持続しやすいのが特徴です。コーヒー豆の投入口が広く、最大35gのコーヒー豆を投入できます。

また、本体内部のねじを調節すれば、好みに合った挽き方が選べるのもポイント。さらに、コンパクトかつ軽量なので、持ち運びしやすいのも魅力です。デザインもおしゃれで、不使用時はインテリアとしても使えます。

ハリオ(HARIO) セラミックコーヒーミル・スケルトン MSCS-2B

メンテナンスがしやすいコーヒーミルです。刃の素材にはセラミックを採用しており、本体の金属部分はステンレス製のため、水で丸洗い可能。臼部分はホッパーの下側から抜き取って分解でき、細部までキレイにお手入れできます。

底面にシリコン性の滑り止めカバーが付いているのもポイント。また、コーヒー粉の飛散を防ぎやすい仕様で、初心者でも使いやすいアイテムです。

さらに、ミル部分を取り外して付属のフタを取り付ければ、コーヒー粉の保存容器としても使用可能。無駄な荷物を減らせます。なお、本体サイズは幅172×奥行93×高さ231mmで、一度に挽けるコーヒー粉は最大100gです。

ポーレックス(Porlex) コーヒーミル2ミニ

携帯性に優れたコーヒーミルです。本体サイズが直径5×高さ13.5cmで重量は250gと、軽量かつコンパクトなのが特徴。一度に挽けるコーヒー豆は約20gで、ソロキャンパーや少人数でコーヒーを楽しみたい方におすすめです。

刃の素材には、錆びにくいセラミックを採用。金属独特の臭いがしにくく、磨耗を避けられるため、長く使い続けられます。そのほか、ねじを回せば好みの粒度に調節可能。自分に合う粒度を探す楽しみも味わえます。