一眼レフを持っている方なら1本は持っておきたい「望遠レンズ」。野鳥や鉄道など、遠くに離れた被写体を撮影する際に役立つアイテムです。ただし、製品ラインナップが豊富で購入する際に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ニコンやキヤノンをはじめ、各メーカーのおすすめ望遠レンズをご紹介します。選び方も合わせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

望遠レンズとは?

「望遠レンズ」とはカメラレンズのひとつで、望遠鏡のように遠くを撮影したり、近距離にある被写体を大きく撮影したりするときに使うモノです。画角が狭いので、映り込む背景の範囲も狭くなり、より被写体を強調した撮影ができます。

遠近感が喪失する現象「圧縮効果」を起こせるのも望遠レンズの特徴。近くの被写体と遠くの被写体の距離感を圧縮することで、遠くの被写体が大きく映り、よりインパクトのある写真が撮れます。

また、ピントの合う範囲「被写界深度」が浅いため、被写体の距離が同じ場合は広角レンズよりも望遠レンズの方がボケやすいのもポイント。被写体にしっかりピントを当て、それ以外の背景を幻想的に撮りたい場合は活用しましょう。

一方、写真がブレやすくなるのがデメリット。思い通りの1枚を撮影するためには、「三脚」や「一脚」などを使ってカメラをしっかり固定するのがおすすめです。なお、手ブレ補正機構を採用した望遠レンズもあるので、手ブレが気になる方は製品選定をする際にしっかりとチェックしましょう。

望遠レンズの種類

中望遠レンズ

中望遠レンズとは70〜135mm程度の焦点距離を持つレンズのこと。被写体(撮影対象)となる人物や静物と一定の間合いを保ちつつ、気になる部分を適度にクローズアップして撮影するのが得意なので、ポートレートやテーブルフォトの撮影におすすめです。

中望遠レンズでメジャーな焦点距離は85mmと135mm。特に、85mmはモデルと会話をしながら撮影するのに適した間合いが得られるので、ポートレート撮影用として人気があります。また、料理や花の強調したい部分を大きく切り撮る用途にもぴったりです。

135mmは撮影時に被写体と数メートルの間合いを空ける必要があるのがポイント。街角風景の一部分を切り撮るスナップや物語性のあるポートレート作品を撮影するのに向いています。

望遠レンズ

望遠レンズとは、150〜300mm程度の焦点距離を持つレンズのこと。遠くの被写体を大きく引き寄せて撮影するのが得意なので、屋内スポーツや鉄道の撮影におすすめです。また、遠近感の圧縮効果が顕著に現れるため、風景撮影で背景を整理して注目した被写体を強調する用途にも向いています。

望遠レンズでメジャーな焦点距離は200mmと300mmです。200mmは10mほど離れた被写体を大きく引き寄せられるので、室内競技・運動会・演劇発表会などの撮影に向いています。

300mmは風景のなかを走行する鉄道をクローズアップしたり、編成写真を撮影したりするのにおすすめ。また、地平線に沈む夕日や山頂から見るご来光などの撮影にも重宝します。

超望遠レンズ

超望遠レンズとは、400mm以上の焦点距離を持つレンズのこと。近付けないほど遠くにあり、かつ、目視では小さく見える被写体を拡大して、臨場感たっぷりに撮影するのが得意。屋外スポーツ・野鳥・飛行機の撮影におすすめです。

超望遠レンズでメジャーな焦点距離としては400mmや500mmが挙げられます。400mmは屋外スポーツ撮影で多用される焦点距離で、サッカーや野球などの試合でスポーツ選手が活躍する白熱のシーンを切り撮るのにおすすめです。

500mmは、野鳥や飛行機の撮影で最低限必要な焦点距離。野鳥なら息遣いが感じられるほど、飛行機ならエンジン音が聞こえそうなほど、大きく写せます。名前の通り、遠くにある被写体をキレイに写したい方におすすめです。

望遠レンズの選び方

焦点距離をチェック

By: amazon.co.jp

焦点距離とは、レンズの中心からイメージセンサーに結像するまでの距離のことで、mmという単位で表記されます。望遠レンズでは焦点距離が長くなるほど画角(写る範囲)が狭くなり、遠くの被写体をより大きく引き寄せて撮影できるのが特徴です。また、焦点距離が長くなるほど遠近感の圧縮効果が強くなる性質もあります。

なお、同じ焦点距離の望遠レンズでもイメージセンサーのサイズによって画角が変わるので注意が必要。例えば、焦点距離100mmの中望遠レンズを使用した場合、35mm判フルサイズ機では100mmそのままの画角が得られますが、APS-C機では1.5倍の150mm相当(キヤノン機は1.6倍の160mm相当)、マイクロフォーサーズ機では2倍となる200mm相当の画角になります。

F値をチェック

F値(絞り値)とは、レンズの明るさを示す指標として用いられる数値で、「F+数値」で表記されます。レンズの内部には「絞り」という機構がありますが、絞りの開き具合によってイメージセンサーに取り込む光の量を調節しているのがポイントです。

F値を小さくすると絞りが開いてより多くの光を取り込め、高速なシャッター速度が使えるようになるので、被写体の動きを写し止めるのに有利になります。一方、F値を大きくすると絞りが閉じて取り込める光量が制限されるので、低速シャッターを活用して残像感を加えつつ被写体の動きを動感豊かに表現するのにおすすめです。

なお、使用するレンズで設定できるもっとも小さいF値を「開放F値」と言いますが、望遠ズームレンズのなかには全焦点域で開放F値が変動しないモノも発売されています。やや高価なのが難点ですが、全ての焦点距離で一定の明るさが確保できるため、最望遠時でも高速シャッターを使えるのが特徴です。

サイズと重量をチェック

望遠レンズを選ぶ際はサイズや重量も大切です。焦点距離が大きくなるほど、また、開放F値が小さくなるほど、レンズのサイズと重量は大きくなります。

幅広い焦点距離と小さい開放F値をカバーしたハイスペックな望遠レンズは、被写体への対応力や画質を重視する際には重宝します。しかし、一方で携帯性が低下するため、全てのシーンに適しているというわけではありません。

軽快なフットワークを維持しつつ望遠撮影を楽しみたい場合は、重量が1kg以下の望遠レンズがおすすめ。1.5kgを超えると手持ちでの長時間撮影は難しくなるので、旅行や運動会で使用する場合は特に注意しましょう。

手ぶれ補正の性能をチェック

手持ちで撮影することが多い場合は手ぶれ補正機構の有無を確認しましょう。特に、極端に狭い画角を切り撮る超望遠撮影では、手元がわずか1mmずれただけでも致命的なミスに繋がるので、手ぶれ補正機構は重要です。

また、補正効果の強さも要チェック。補正効果が弱いと手ぶれを十分に補正しきれないため、望遠撮影時に失敗の頻度が多くなります。できればシャッター速度換算で最低4段分以上の手ぶれ補正効果を持つ望遠レンズがおすすめです。

なお、メーカーやカメラの機種によってはカメラボディ内に手ぶれ補正機構を搭載する機種や、レンズ側の補正ユニットと連携して強力に手ぶれを補正できる機種も発売されています。望遠レンズを購入する際は装着するカメラの仕様も確認しましょう。

自分のカメラに対応したモデルを選ぼう

By: amazon.co.jp

望遠レンズを選ぶ際は自分のカメラに装着できるかが重要です。レンズとカメラの接合部分を「マウント」と呼びますが、マウントの規格がカメラ側とレンズ側で一致していないと装着できないので注意しましょう。

各カメラメーカーによって独自のマウント規格が採用されており、同じメーカー内でも機種によってはマウント規格が異なる場合があるのもポイント。せっかく望遠レンズを購入しても使用できなくては意味がないので、購入前にレンズのスペック表で忘れずに確認しましょう。

また、使用するカメラのイメージセンサーサイズに適したレンズを選ぶのも重要。例えば、APS-C機用のレンズをフルサイズ機で使用した場合、マウント規格が同じモノでも画面の周辺部が影になったり、画像の記録画素数が少なくなったりするなどの制限があります。

ニコン(Nikon)の望遠レンズおすすめモデル

ニコン(Nikon) AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR

ニコン(Nikon) AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR

初心者でも手軽に使えるFマウント・フルサイズ一眼レフカメラ用の望遠ズームレンズです。焦点距離300mmまでをカバーしながら、重さが約680gと軽量設計なのが特徴。フルサイズ用にも関わらず軽快なフットワークで撮影できるので、フルサイズ一眼レフユーザーが初めて選ぶ望遠レンズとしてもおすすめです。

シャッター速度換算で最大4.5段分の補正効果が得られる手ぶれ補正機構を搭載しており、補正モードはプロ用の望遠レンズにも採用されている「SPORT」にも対応。運動会やスポーツイベントなど、動きの変化が激しい被写体を狙う場合でも安定したファインダー像が得られるので、構図を定めて狙った瞬間をしっかりと切り取れます。

ニコン(Nikon) AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

ニコン(Nikon) AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

多彩なシーンの撮影で活躍できるFマウント・フルサイズ一眼レフカメラ用の望遠ズームレンズです。焦点距離は70-200mmで、開放F値は全焦点域でF4通しなのが特徴。重さも約850gと軽く扱いやすいので、高い機動力を生かしてポートレートから風景まで幅広くこなせます。

また、プロからも定評のある高度な反射防止コーティング「ナノクリスタルコート」を採用しているのもポイント。太陽が画面正面から映り込むような完全逆光の構図でも、余分な光の映り込みを極力抑えて透明感のある高画質が得られるので、撮影時に構図の制限がない自由な望遠表現が楽しめます。シャッター速度換算で最大4段分の手ぶれ補正機構を内蔵しているのも魅力です。

キヤノン(Canon)の望遠レンズおすすめモデル

キヤノン(Canon) EF70-300mm F4-5.6 IS II USM

キヤノン(Canon) EF70-300mm F4-5.6 IS II USM

快速AFで動く被写体の撮影が楽しめるEFマウント・フルサイズ一眼レフカメラ用の望遠ズームレンズです。焦点距離は70-300mmで、重さは約710gと軽く、取り回しに優れるのが特徴。鏡筒には小型の液晶モニターを搭載しているのもポイントで、撮影距離や被写界深度など、撮影時に役立つ情報を表示できます。

新しく開発した独自の超音波モーター「ナノUSM」を搭載しているのもポイント。静止画の撮影におけるAF駆動速度の向上と、動画の撮影時におけるスムーズで滑らかなピント合わせを実現しています。鉄道や登山中に見かけた小動物なども高速かつ高いヒット率でピント合わせができるので、動体撮影用の望遠レンズとしてもおすすめです。

キヤノン(Canon) EF70-200mm F4L IS II USM

キヤノン(Canon) EF70-200mm F4L IS II USM

高画質と機動力のバランスが取れたEFマウント・フルサイズ一眼レフカメラ用の望遠ズームレンズです。焦点距離は70-200mmで、開放F値は全焦点域でF4通しなのが特徴。「Lレンズ」はキヤノンの高級レンズシリーズですが、重さ約780gと比較的軽く扱いやすいので、初めてのLレンズとしてもおすすめです。

シャッター速度換算で最大5段分の手ぶれ補正機構を搭載するのがポイント。光量が少なめのシーンでも手持ちで望遠撮影が可能なので、フットワークを自由に活かした夜景やポートレートなどの撮影が楽しめます。また、防塵・防滴機構や防汚コートが施されているため、アウトドアでの撮影にもおすすめです。

ペンタックス(PENTAX)の望遠レンズおすすめモデル

ペンタックス(PENTAX) HD PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED WR

リコー(RICOH) HD PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED WR

アウトドアなど厳しいシーンでも対応できるKマウント・APS-Cサイズ一眼レフカメラ用の超望遠ズームレンズです。フルサイズ換算の焦点距離は84.5-460mmで、重さも約466gと500mlペットボトルよりも軽いのが特徴。超望遠域をカバーしていながら価格も安いので、ハイキングや登山に持っていく入門用の望遠レンズとしてもおすすめです。

低価格帯のレンズにも関わらず防滴構造を採用。内部に水滴が入りにくい設計なので、悪天候での撮影を想定している方におすすめです。また、反射防止コーティングの「HDコーティング」を採用しているのもポイント。朝焼けや夕焼けの写真もクリアでコントラストの高い描写で撮影が可能です。

ペンタックス(PENTAX) HD PENTAX-DA 70mmF2.4 Limited

リコー(RICOH) HD PENTAX-DA 70mmF2.4 Limited

独特の描写でポートレート撮影が楽しめるKマウント・APS-Cサイズ一眼レフカメラ用の大口径中望遠単焦点レンズです。フルサイズ換算の焦点距離は107mmで、開放F値はF2.4と明るく背景がボケやすいのが特徴。モデルと適度な距離を保ちつつ撮影ができるので、ポートレート用の望遠レンズとしてもおすすめです。

本レンズは絞り値を変えることで描写の変化を楽しめるのもポイント。開放付近では柔らかさが際立つので女性や子供のポートレート撮影に向いています。一方、絞り込むことで被写体を明瞭に捉えられるため、街角で見かけた雑貨やオブジェをスナップ撮影するのにもおすすめ。アルミニウム製の質感に優れたボディの重さは約131gと軽く、持ち歩きやすいのも魅力です。

シグマ(SIGMA)の望遠レンズおすすめモデル

シグマ(SIGMA) 70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports

シグマ(SIGMA) 70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports

コスパに優れたフルサイズ一眼カメラ用の大口径望遠ズームレンズです。焦点距離は70-200mmで、開放F値が全焦点域でF2.8通しなのが特徴。高画質や防塵・防滴機構、カスタマイズ性など、プロスポーツカメラマンの厳しい要求にも対応できる高性能を搭載しています。

通常、開放F2通しの大口径望遠ズームは価格が高価なので、なかなか購入に踏み切れない場合が大半でした。しかし、本レンズはカメラメーカー純正品と同等以上の性能を持っているにも関わらず、半額以下の安い価格で購入できるため、比較的手軽に高レベルの描写と機能を入手できます。

対応マウントはニコンFとキヤノンEF。ポートレートから風景まで多彩な被写体の撮影に活用できるおすすめの望遠レンズです。

シグマ(SIGMA) 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

シグマ(SIGMA) 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

軽快なフットワークで超望遠撮影が楽しめるフルサイズ一眼カメラ用の超望遠ズームレンズです。600mmまでの焦点距離に対応できるのが特徴。極めて長い焦点距離を生かして、スポーツや鉄道はもちろん、近づくのが困難な野生動物や野鳥、飛行機などの被写体もしっかり撮り収められます。

600mm対応の超望遠ズームレンズとしては小型軽量なのもポイント。通常、500〜600mmの望遠レンズは2kgを大きく超えるモノもありますが、本レンズは重さが約1930gとギリギリ手持ちでも超望遠撮影が楽しめます。マウントはニコンFとキヤノンEFに対応。価格も安いため、野鳥や飛行機撮影用の入門レンズとしてもおすすめです。

ソニー(SONY)の望遠レンズおすすめモデル

ソニー(SONY) FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS

ソニー(SONY) FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS

高画質な望遠撮影が軽快に楽しめるFEマウント・フルサイズミラーレスカメラ用の望遠ズームレンズです。焦点距離は70-300mm。ソニー独自の「ナノARコーティング」によって光の反射による映り込みが抑えられているので、全焦点域で透明感のある描写が味わえます。

最短撮影距離0.9m、最大撮影倍率0.31倍という優れた近接撮影能力を持つのも特徴。加えて、被写体に近づくほど滑らかで美しいボケ味も得られるため、単なる望遠撮影だけではなく花や昆虫のテレマクロ撮影にも活用できます。

望遠撮影の際に重宝する機能が充実しているのもポイント。ピント位置を固定できる「フォーカスホールド」や、合焦範囲を限定して迅速なピント合わせが可能な「フォーカスレンジリミッター」などを搭載しています。

ソニー(SONY) FE 85mm F1.8

ソニー(SONY) FE 85mm F1.8

柔らかいボケ味のポートレート撮影を手軽に楽しめるFEマウント・フルサイズミラーレスカメラ用の大口径中望遠単焦点レンズです。焦点距離は85mmで、開放F値はF1.8と明るいのが特徴。重さは約371gと軽く、価格も安いため、入門用のポートレートレンズとしておすすめです。

高速で高精度な「ダブルリニアモーター」を搭載。フルサイズでF1.8の撮影は被写界深度が浅いためピント合わせがシビアですが、本レンズはAF時のレスポンスが優れているので、カメラの瞳AFなどの機能を使えば初心者でも適切にピントの合ったポートレートが撮影できます。「フォーカスホールド」にも対応しており、ピント位置を固定することで構図作りに集中できるのも魅力です。

オリンパス(OLYMPUS)の望遠レンズおすすめモデル

オリンパス(OLYMPUS) M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

オリンパス(OLYMPUS) M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

高い機動力で超望遠撮影が手軽に楽しめるマイクロフォーサーズマウントの超望遠ズームレンズです。フルサイズ換算の焦点距離は150-600mm。OM-Dの強力な手振れ補正機構を組み合わせれば、超望遠焦点域を活かして運動会で白熱する子供をアップで捉えることはもちろん、野鳥や飛行機の撮影にも気軽に挑戦できます。

600mmまで対応する超望遠ズームにも関わらず重さが約423gと軽いのもポイントです。全長も11.6cmとコンパクトなので、取り回しが簡単にできるのはもちろん、バッグに収納しやすいのも魅力。フルサイズ用70-300mmズームに比べて安価に購入できるので、入門用の超望遠レンズとしてもおすすめです。

オリンパス(OLYMPUS) M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

オリンパス(OLYMPUS) M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

子供やペットのポートレート撮影に最適なマイクロフォーサーズマウントの大口径中望遠単焦点レンズです。フルサイズ換算の焦点距離は90mm。開放F値はF1.8と明るいため、背景や前景を柔らかくボケさせた写真が手軽に楽しめます。

また、小型軽量なのも魅力のひとつ。重さは約116gと軽く、全長4.6cmとコンパクトなので、キットのズームレンズと一緒に持ち運べます。また、光の反射を抑える「ZEROコーティング」の採用によって、逆光状態の構図でも透明感のある描写が可能。低価格なので、ポートレート初心者用の望遠レンズとしてもおすすめです。