一眼レフを持っている方ならば1本は持っておきたい「望遠レンズ」。野鳥や鉄道など、カメラマンから遠くに離れた被写体を撮影する時に役立つアイテムです。

とはいえ、製品ラインナップが豊富で購入する際に迷ってしまう方も多いはず。そこで今回は、キヤノンやニコンをはじめ、各メーカーのおすすめ望遠レンズをご紹介します。

望遠レンズとは?

By: amazon.co.jp

「望遠レンズ」とはカメラレンズのひとつで、望遠鏡のように遠くを撮影したり、近距離にある被写体を大きく撮影したりするときに使うモノです。画角が狭いので、映り込む背景の範囲も狭くなり、より被写体を強調した撮影ができます。

遠近感が喪失する現象「圧縮効果」を起こせるのも望遠レンズの特徴。近くの被写体と遠くの被写体の距離感を”圧縮”することで、遠くの被写体が大きく映り、よりインパクトのある写真が撮れます。

また、ピントの合う範囲「被写界深度」が浅いため、被写体の距離が同じ場合は広角レンズよりも望遠レンズの方がボケやすいのもポイント。被写体にしっかりピントを当て、それ以外の背景を幻想的に撮りたい場合はぜひ活用しましょう。

一方、写真がブレやすくなるのがデメリット。思い通りの1枚を撮影するためには、「三脚」や「一脚」などを使ってカメラをしっかり固定するのがおすすめです。なお、手ブレ補正機構を採用した望遠レンズもあるので、手ブレが気になる方は製品選定をする際にしっかりとチェックしましょう。

望遠レンズの選び方

焦点距離で選ぶ

望遠レンズは一般的に、焦点距離が135mmまでのタイプを「中望遠レンズ」、300mmまでのタイプを「望遠レンズ」、400mm以上のタイプを「超望遠レンズ」と分類しています。何を撮影するのか、そして被写体までの距離は大体どれくらいなのかを把握することが大切です。

スポーツシーンの場合

室内でのスポーツシーンを撮影する場合は、焦点距離70〜300mの望遠レンズで対応可能。サッカーなど屋外のスポーツで、客席から撮影したい場合は300mm以上が目安です。選手の顔をハッキリと映したいのであれば、500mm程度の望遠レンズがあるとよいでしょう。

ポートレートの場合

ポートレート撮影など、比較的近距離の被写体を撮るときは焦点距離が短い中望遠レンズがおすすめ。中でも、焦点距離85mmのレンズは適度なボケ感を出すことができます。

風景写真の場合

風景写真を撮影する場合は、焦点距離70〜300mm程度の望遠レンズを選ぶのがおすすめ。初心者の方は、フレーミングがしやすい望遠ズームレンズを選んでおくと、あちこち移動する必要がないので便利です。

焦点距離とF値をチェックしよう

By: amazon.co.jp

レンズにはさまざまな種類がありますが、選ぶ際は「焦点距離」と「F値」をチェックしましょう。焦点距離によってそれぞれ大まかに「広角レンズ」「標準レンズ」「望遠レンズ」に分類できます。

標準レンズの焦点距離は50mm。これは人の肉眼にもっとも近いとされている焦点距離なので、より自然な1枚が撮影できます。なお、スマホカメラの焦点距離は機種によって多少の違いはありますが、およそ30mm前後です。

一方、F値はレンズの明るさを表す数値。F値が小さいほど光を多く取り込むので、明るく写すことができます。F値の大きさによって”ボケ”の大小が変化するのも特徴です。F値が小さいとボケが大きくなり、反対にF値が大きいとボケが小さくなります。レンズを絞ってボケのない写真を撮りたい場合は、F値の大きいレンズがおすすめです。

また、望遠レンズに「超望遠レンズ」があるように、広角レンズにも「超広角レンズ」というタイプが存在します。背景を広く映せるので、広大な自然の風景などを撮りたいときに最適。屋内撮影にも向いています。

ニコンのおすすめ望遠レンズ

ニコン(Nikon) 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II

41kc7zjbbpl

商品価格 ¥ 237,480

無限遠から至近距離まで、安定した高い描写力が人気の望遠ズームレンズ。焦点距離は70〜200mmで、広い望遠域をカバーしています。開放F値は2.8で比較的明るめ。FXフォーマットに最適化された光学性能により、写真の中心部から周辺部まで高画質です。

また、レンズの反射を防止する「ナノクリスタルコート」を採用することで、フレアやゴーストの発生を抑えて鮮明な画像に仕上がるのもポイント。さらに、高い手ブレ軽減効果がある「VR機構」によって、夜景や天体を撮影する際にもおすすめできる望遠レンズです。

ニコン(Nikon) 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 300mm f/2.8G ED VR II

41m5uddch1l

商品価格 ¥ 607,766

開放F値が2.8と明るい大口径の望遠単焦点レンズ。多くのプロカメラマンから支持されているモデルです。VR機構を採用しており、効果的にブレを軽減。ナノクリスタルコートを採用することで、フレアやゴーストの少ない1枚を撮影できます。明るいレンズと高速シャッターが必要になるハイエンドクラスのレンズです。

ニコン(Nikon) 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

41kkbbk7lcl

商品価格 ¥ 147,680

VR機構を採用しており、高い手ブレ補正効果で気軽に超望遠が楽しめるズームレンズ。開放F値は5.6で、焦点距離は200~500mmまであり、望遠域から超望遠域までをカバーしています。EDレンズの採用により色収差を抑え、高い光学性能を全域で実現した使い勝手のよいモデルです。

動体撮影に適している「SPORTモード」を搭載しているほか、電磁絞り機構によって高速連続撮影時のAE機能も安定しているので、野鳥や飛行機などをしっかり捉えた写真を撮影したい方におすすめします。

▼撮影イメージ

キヤノンのおすすめ望遠レンズ

キヤノン(Canon) 望遠ズームレンズ EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM フルサイズ対応 EF100-400LIS2

51j8hxxnpml

商品価格 ¥ 230,183

広いズームレンジを持ち、安定した性能を備える人気の望遠ズームレンズ。実像とレンズの色収差を抑えて良好に補正し、高画質な撮影が可能。また、キヤノン独自のコーティング技術「ASC」により、フレアやゴーストを大幅に抑制することで画質をさらに向上させているため、キレイな1枚が撮影できます。

また、回転式ズームや4段階の手ブレ補正効果によって、スムーズかつ瞬時なズーム操作に対応。高速CPUとアルゴリズムにより、オートフォーカスも最適化されており、ストレスフリーな撮影ができます。

キヤノン(Canon) 望遠ズームレンズ EF70-200mm F2.8L IS II USM

41rxcccqd6l

商品価格 ¥ 224,980

高い防塵防滴性能を備えており、水やホコリの侵入をしっかり防いでくれる大口径タイプの望遠ズームレンズ。光学系には「蛍石レンズ」と「UDレンズ」を採用しており、残存色収差をしっかり補正してくれるので、ズーム全域で高画質に仕上がります。手ブレ補正機構もしっかりしているので、スポーツなどの決定的シーンを撮影したい方におすすめです。

キヤノン(Canon) 単焦点超望遠レンズ EF600mm F4L IS II USM

415cv5eh2dl

商品価格 ¥ 1,109,783

手ブレ補正機構を採用している大口径の超望遠単焦点レンズ。光学系に「蛍石レンズ」を2枚使用しており、色収差を抑えたシャープな写真が撮れます。

レンズ表面にはフッ素コーティングが施されていて、レンズ表面に付着した汚れを簡単に取り除くことも可能。動物やスポーツなど、素早く動く被写体を捉えたい方におすすめです。

ペンタックスのおすすめ望遠レンズ

ペンタックス(PENTAX) 望遠ズームレンズ HD PENTAX-DA55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE Kマウント APS-Cサイズ 21277

51zjcfdrqkl

商品価格 ¥ 55,872

高い性能を備えていながら、比較的リーズナブルな価格帯の望遠ズームレンズ。焦点距離は200〜500mmまで広くカバーしており、本格的な望遠撮影が楽しめます。また、手ブレをしっかり補正してくれるので、ブレの少ないキレイな1枚を撮りたい方におすすめです。

色収差を抑える「EDレンズ」を3枚使用しているため、遠くの被写体でも対応が可能。なお、静止画の撮影に適した「NORMALモード」と、動く被写体の撮影に適した「SPORTモード」の2種類を搭載しており、シチュエーションに合わせて使い分けられます。

▼撮影イメージ

ペンタックス(PENTAX) 望遠単焦点レンズ DA50mmF1.8 Kマウント APS-Cサイズ 22177

焦点距離50mmの望遠単焦点レンズ。開放F値1.8でとても明るく、クリアな写真が撮れます。また、「円形絞り」を採用しているため、周りをキレイにぼかした幻想的な1枚を撮影可能です。

焦点距離が短いため全長38.5mm、重さ約122gの軽量コンパクト設計も魅力。ペンタックスユーザーならぜひ持っておきたいおすすめのレンズです。

▼撮影イメージ

その他メーカーのおすすめ望遠レンズ

タムロン(TAMRON) 超望遠ズームレンズ SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD G2 キヤノン用 フルサイズ対応 A022E

410krrgkul

商品価格 ¥ 133,650

手持ち撮影ができる超望遠ズームレンズ。焦点距離は600mmです。高い光学性能に加えて、オートフォーカスの高速化や手ブレ補正効果の強化を実現しているほか、防汚コートの採用により安心して撮影を楽しめます。

また、ズームリングのロックと解除を同時に行う「フレックスズームロック機構」や、焦点距離を調節できる「専用テレコンバーター」の開発など、超望遠撮影時に求められる要素をとことん追求しているのが特徴。機動性にも優れているため、野生の生き物や飛行機、鉄道などを撮影するのにおすすめです。

▼撮影イメージ

ニコン(Nikon) 望遠ズームレンズ AF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VR


焦点距離55~300mmと約5.5倍の高倍率を誇るニコンの望遠ズームレンズです。重量は約581gと高倍率望遠ズームとしては軽量コンパクトなので、ポートレートや風景などさまざまなシーンで利用しやすいのがメリットです。

コントラストの高い鮮明な画像が楽しめる「高屈折レンズ」を採用しているのも特徴。また、ニコン独自の手ブレ補正機構はニコン独自の「VR機構」を搭載しており、ブレを軽減したキレイな写真が撮影できます。ただし、ニコンDXフォーマット専用のためフルサイズのFXフォーマットカメラしか持っていないという方は注意してください。

▼撮影イメージ

キヤノン(Canon) 望遠ズームレンズ EF70-300mm F4-5.6 IS USM


キヤノンのズーム倍率4.3倍の高倍率望遠ズームレンズです。フルサイズカメラにも対応でき、焦点距離70~300mmの望遠域をカバーしてくれます。

色収差補正効果の高い「UDレンズ」を2枚採用した高い画質が魅力です。手ブレ補正機構は補正効果3段分の「IS」を搭載。レンズ駆動用モーターには高速で静音性の高い「USM」を装備しているため、素早くスムーズにピントを合わせられます。

ペンタックス(PENTAX) ズームレンズ DA18-135mmF3.5-5.6ED Kマウント


焦点距離18~135mmで、広角での集合写真や風景撮影から、中望遠でのポートレートや風景撮影まで対応できます。7.5倍の高倍率ズーム、F値が最大F3.5と明るめなのが魅力。

重量404gと軽量なので、街歩きでも気軽に使えます。さらに、内部に水が侵入しにくい防滴構造を採用し、雨で多少濡れてしまったという場合でも安心です。

タムロン(TAMRON) 高倍率ズームレンズ 18-400mm F3.5-6.3 DiII VC HLD キヤノン用


ズーム比22.2倍という超高倍率を実現したタムロンの望遠ズームレンズです。広角での植物撮影から、中望遠のポートレート、そして超望遠域のスポーツや風景撮影までカバーできる実用性の高さがポイント。

超望遠高倍率レンズでありながら、長さ121.4mm、質量705gという軽量コンパクトなのもメリット。APS-Cサイズのキヤノンおよびニコン用がリリースされています。その他のカメラにはマウントアダプターが必要になるので注意しましょう。

▼撮影イメージ

シグマ(SIGMA) 望遠ズームレンズ APO 70-300mm F4-5.6 DG MACRO キヤノン用


焦点距離70~300mm、ズーム倍率4.3倍の中望遠と望遠域をカバーするシグマの望遠ズームレンズです。重量549gと軽量なのもメリット。

また、スイッチを切り替えることで最短距離が短縮されるので、マクロ撮影にも対応できます。レンズボディに撮影倍率目盛が表示されていているので初心者の方でも使いやすのが魅力。キヤノン用の他にもニコン、シグマ、ソニー、ペンタックスマウントに対応したモデルもラインナップしています。