ミラーレス一眼や一眼レフを持っている方なら1本は持っておきたい「望遠レンズ」。野鳥や鉄道など、遠くに離れた被写体を撮影する際に役立つアイテムです。ただし、製品ラインナップが豊富で購入する際に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ニコンやキヤノンをはじめ、各メーカーのおすすめ望遠レンズをご紹介します。選び方も合わせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

望遠レンズとは?

「望遠レンズ」は望遠鏡のように遠くを撮影したり、近距離にある被写体を大きく撮影したりするときに使うカメラレンズです。画角が狭いので、映り込む背景の範囲も狭くなり、より被写体を強調した撮影ができます。

また、遠近感が喪失する現象「圧縮効果」を起こせるのも望遠レンズの特徴。近くの被写体と遠くの被写体の距離感を圧縮することで、遠くの被写体が大きく映り、よりインパクトのある写真が撮れます。

さらに、ピントの合う範囲「被写界深度」が浅いため、被写体の距離が同じ場合は広角レンズよりも望遠レンズの方がボケやすいのもポイント。被写体にしっかりピントを当て、それ以外の背景を幻想的に撮りたい場合は活用しましょう。

一方、写真がブレやすくなるのがデメリット。思い通りの1枚を撮影するためには、「三脚」や「一脚」などを使ってカメラをしっかり固定するのがおすすめです。

望遠レンズの種類

中望遠レンズ

中望遠レンズとは70〜135mm程度の焦点距離を持つレンズのこと。被写体(撮影対象)となる人物や静物と一定の間合いを保ちつつ、気になる部分を適度にクローズアップして撮影するのが得意なので、ポートレートやテーブルフォトの撮影におすすめです。

中望遠レンズでメジャーな焦点距離は85mmと135mm。特に、85mmはモデルと会話をしながら撮影するのに適した間合いが得られるので、ポートレート撮影用として人気があります。また、料理や花の強調したい部分を大きく切り撮る用途にもぴったりです。

135mmは撮影時に被写体と数メートルの間合いを空ける必要があるのがポイント。街角風景の一部分を切り撮るスナップや物語性のあるポートレート作品を撮影するのに向いています。

望遠レンズ

望遠レンズとは、150〜300mm程度の焦点距離を持つレンズのこと。遠くの被写体を大きく引き寄せて撮影するのが得意なので、屋内スポーツや鉄道の撮影におすすめです。また、遠近感の圧縮効果が顕著に現れるため、風景撮影で背景を整理して被写体を強調する用途にも向いています。

望遠レンズでメジャーな焦点距離は200mmと300mm。200mmは10mほど離れた被写体を大きく引き寄せられるので、室内競技や運動会、演劇発表会などの撮影に向いています。

300mmは風景のなかを走行する鉄道をクローズアップしたり、編成写真を撮影したりするのにおすすめ。また、地平線に沈む夕日や山頂から見るご来光などの撮影にも重宝します。

超望遠レンズ

超望遠レンズとは、400mm以上の焦点距離を持つレンズのこと。近付けないほど遠くにあり、かつ目視では小さく見える被写体を拡大して、臨場感たっぷりに撮影するのが得意。屋外スポーツ・野鳥・飛行機の撮影におすすめです。

超望遠レンズでメジャーな焦点距離としては400mmや500mmが挙げられます。400mmは屋外スポーツ撮影で多用される焦点距離で、サッカーや野球などの試合でスポーツ選手が活躍する白熱のシーンを切り撮るのにおすすめです。

500mmは、野鳥や飛行機の撮影で最低限必要な焦点距離。野鳥なら息遣いが感じられるほど、飛行機ならエンジン音が聞こえそうなほど大きく写せます。名前の通り、遠くにある被写体をキレイに写したい方におすすめです。

望遠レンズの選び方

用途に合わせて焦点距離をチェック

野鳥・スポーツ撮影

バスケットボールや新体操などの屋内スポーツを撮影する場合は200mm程度の望遠レンズがあると便利。10mほど離れた位置でプレイする選手も画面内に程よい大きさで写せます。

サッカーや野球などの屋外スポーツを撮影する場合は最低でも300mm以上の望遠レンズを使用するのがおすすめ。400mm以上の超望遠レンズがあれば、遠くで繰り広げられる白熱したシーンも臨場感たっぷりに記録できます。

野鳥の撮影には最低でも500mm以上の超望遠レンズを用意するのが必須。野鳥はサイズが小さいうえに、近づきすぎると逃げてしまうため、超望遠レンズを駆使すれば気付かれることなく躍動する様子を切り取れます。より大画面に記録したい場合は、テレコンと組み合わせて800mmや1000mmで撮影するのもおすすめです。

鉄道・風景撮影

鉄道写真を撮影する際は焦点距離100〜400mmの超望遠ズームレンズを使用するのが一般的です。風景のなかを疾走する鉄道をバランスの取れた構図で撮影する場合には100mm前後の中望遠が活躍。また、鉄道の車体を大きくクローズアップしたり、編成写真を記録したりする場合には300mmを超える超望遠が重宝します。

風景写真を撮影する際には焦点距離70〜300mmの望遠ズームレンズがあると便利。70mm前後の中望遠は風景の一部分を強調して切り取る際に多用します。また、圧縮効果を風景写真に活用したい場合は200mmを超える望遠も効果的。城の背後に来た満月を大きく写したいときなどに重宝します。

ポートレート撮影

By: nikon-image.com

ポートレート撮影では中望遠の単焦点レンズを使用するのが一般的。特に、85mmと135mmの焦点距離に人気が二分しています。

85mmは撮影時に被写体のモデルとの間に適度な間合いが生じるのがポイント。モデルと円滑にコミュニケーションを取りながら撮影を進められるので、ポージングや表情などをリアルタイムで突き詰めながら作品作りを行うのに重宝します。

135mmは間合いがさらに開くと同時に望遠レンズの圧縮効果がより強調されるのが特徴。テーマや世界観を重視したこだわりのポートレート作品や、街角で市井の人が暮らす様子をさりげなく捉えるスナップポートレートの撮影などに活躍します。

レンズの構造をチェック

交換レンズを構造的な特徴で分けると、ズームレンズと単焦点レンズの2種類に大別されます。それぞれに一長一短があるので撮影目的やシーンに応じて使い分けましょう。

ズームレンズはズーミングによって焦点距離を変更できるレンズのことです。1本で複数の焦点距離をカバーできるため、運動会など撮影地点が限られるシーンでも構図を柔軟に変更できます。ただし、レンズの明るさを示す開放F値が大きめなので、高速シャッターを使って暗いシーンで動く被写体を捉える用途にはやや不向きなのが難点です。

単焦点レンズは焦点距離が1つに固定されているレンズのことです。構造がシンプルなのでズームレンズと比べて小型軽量なのが特徴。また、開放F値も小さいため高速シャッターを活用した動体撮影やボケ味を強調した撮影にもおすすめです。ただし、ズーミングができないため、構図を変更する際はフットワークで補う必要があります。

サイズと重量をチェック

望遠レンズは標準域や広角域のレンズと比較すると、設計の関係で大きく重くなる傾向が強いので注意。同じ画角をカバーするレンズでも、対応するイメージセンサーのサイズが大きくなるほど、レンズの明るさを示す開放F値が小さくなるほど、望遠レンズのサイズや重量は大きくなります。

手持ちで軽快に撮影を楽しみたい場合は、重くても1.5kg以下のモノを選ぶのがおすすめ。2kgを超えると手持ちでの長時間の撮影は体力的に難しくなるため、三脚に搭載して使用するのが基本になります。携帯性やフットワークを重視したい場合は、持ち運びや手持ち撮影が苦にならないかも確認しておきましょう。

手ブレ補正の性能をチェック

望遠レンズでは手ブレの影響が標準域や広角域のレンズよりも顕著になるのも特徴。手ブレせずに撮影するためには一般的に「1/フルサイズ換算の焦点距離」よりも速いシャッター速度を確保する必要がありますが、レンズに手ブレ補正機構が搭載されていれば少し遅めのシャッター速度でも余裕を持って撮影に臨めます。

手ブレ補正機構にはカメラ内補正とレンズ内補正の2種類がありますが、望遠域での撮影ではレンズ内補正の方が有利。ファインダー像が安定するので、超望遠域で動く被写体を狙うときも見失わずに捕捉しやすくなります。また、手ブレ補正効果の強さも重要で、シャッター速度換算で4段分以上の補正効果を持つ望遠レンズがおすすめです。

自分のカメラに対応したモデルを選ぼう

望遠レンズを購入する際は必ず使用したいカメラのマウント規格に対応したモデルを選びましょう。マウントとはカメラとレンズの接合部のことで、メーカーやカメラのタイプごとに異なる形状や通信方式が採用されています。

マウント規格が一致しないと同じメーカーのカメラとレンズでも装着ができないので注意。例外としてマウントアダプターという機材を使えば装着できることもありますが、AFやAEなどの機能が制限される場合が多いのが難点です。高速かつ繊細なピント合わせが必要な望遠域の撮影では、極力カメラと同じマウント規格を採用する望遠レンズを使いましょう。

望遠レンズのおすすめモデル|キヤノン

キヤノン(Canon) 望遠ズームレンズ RF100-400mm F5.6-8 IS USM

優れたコスパと機動力を兼ね備えたフルサイズミラーレス一眼用の望遠レンズです。100〜400mmまでの幅広い望遠域をカバー。高精度の手ブレ補正機構も内蔵しており、望遠域で安定した撮影が楽しめます。

超望遠ズームながら取り回しに優れるのも特徴。重さ約1315g、全長約164.7mmと、一眼レフ用の類似レンズよりも軽量コンパクトなので、小型のカメラバッグにも手軽に収納可能です。

対応テレコンと併用することで最長800mmまで焦点距離を延長できるのも魅力。本格的にスポーツ・乗り物・動物・野鳥などの動体撮影に挑戦したい方にもおすすめです。

キヤノン(Canon) 中望遠マクロ単焦点レンズ RF85mm F2 MACRO IS STM

ハーフマクロ撮影も手軽に楽しめるフルサイズミラーレス一眼用の望遠レンズです。被写体に圧迫感を与えず適度な間合いで撮影できる中望遠85mmの焦点距離を採用。入門用のポートレートレンズとしてもおすすめです。

開放F2の明るさを生かしたボケ味を味わえるのもポイント。また、最大撮影倍率0.5倍、最短撮影距離0.35mの優れた近接撮影性能も備えているため、テーブルフォトやスナップの撮影で被写体にクローズアップしたい際にも重宝します。

さらに、カメラ本体との協調制御によってシャッター速度換算で8段分の手ブレ補正効果を発揮するのも魅力。協調制御に非対応のカメラでもレンズ単体で最高5段分の効果が得られるので、暗所や夜間でもブレを抑えて安定した撮影が可能です。

キヤノン(Canon) 望遠単焦点レンズ RF600mm F11 IS STM

本格的な超望遠撮影が軽快に楽しめるフルサイズミラーレス一眼用の望遠レンズです。特殊レンズや開放F値11の固定絞り構造などを採用。600mmの超望遠をカバーしながら約930gの軽さを実現しています。

シャッター速度換算5段分の手ブレ補正機構も内蔵しているため、軽快なフットワークを生かして手持ちで超望遠撮影が行えるのもポイント。野鳥や飛行機の撮影に挑戦したい初心者の方にもおすすめです。

さらに、鏡筒に沈胴構造を採用しているのも魅力。使わないときはコンパクトに収納できるので、野鳥を探して山中を移動する際などにも重宝します。また、対応テレコンと組み合わせれば、最長1200mmまでの延長も可能です。

望遠レンズのおすすめモデル|ニコン

ニコン(Nikon) 望遠ズームレンズ AF-P DX NIKKOR 70-300mm f/4.5-6.3G ED VR

運動会や発表会の撮影にも重宝するAPS-C一眼レフ用の望遠レンズです。35mm換算で105〜450mmの幅広い望遠域をカバー。重さ約415g、全長125mmと軽量コンパクトなので、家族イベントで軽快に望遠撮影を楽しみたい方にもおすすめです。

AF駆動システムに「ステッピングモーター」を搭載しているのも特徴。スムーズなAF駆動を実現し、高速かつ静粛なピント合わせが行えるため、周囲に配慮しつつ決定的瞬間を撮影するのに便利です。静音のため動画の撮影にも重宝します。

コンパクトながらシャッター速度換算で最高4段分の手ブレ補正機構を内蔵するのも魅力。超望遠撮影時でも安定して被写体をしっかりと狙えます。

ニコン(Nikon) 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

200〜500mmまでの幅広い望遠域をカバーするフルサイズ一眼レフ用の望遠レンズです。超望遠ながら、開放F値が全域でF5.6と一定なのが特徴。超望遠域でも高速シャッターが使用可能なので、スポーツ・乗り物・動物・野鳥など、さまざまな動体撮影におすすめです。

また、4.5段分の補正効果を持つ手ブレ補正機構を内蔵するのもポイント。通常の補正モードに加えて、動体撮影に特化した「SPORT」モードも搭載しており、安定したファインダー像で高速連写や流し撮りが行えます。

電磁絞り機構の採用によって高速連写時でも安定した露出を確保できるのも魅力。重さは三脚座含めて約2.3kgです。

ニコン(Nikon) 中望遠単焦点レンズ NIKKOR Z 85mm f/1.8 S

自然な立体感の描写が楽しめるフルサイズミラーレス一眼用の望遠レンズです。ポートレート撮影に適した中望遠85mmの焦点距離を採用。近距離から遠距離まで高画質な描写が得られるため、テーブルフォトやスナップの撮影にもおすすめです。

開放F値がF1.8と明るく、ボケの美しさにこだわって設計されているのもポイント。ピント面から滑らかなグラデーションを描く柔らかで自然なボケ味が堪能できます。周辺部まで玉ボケをきれいに再現可能なので、夜景を背景にしたポートレート撮影にも重宝します。

重さは約470g、全長約9.9cmで持ち運びが手軽なのも魅力。逆光のシーンに強い「ナノクリスタルコート」や、防塵・防滴に配慮した利便性の高い機能も搭載しています。

望遠レンズのおすすめモデル|オリンパス

オリンパス(OLYMPUS) 望遠ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

気軽に超望遠撮影が楽しめる小型軽量の望遠レンズです。フルサイズ換算で最長600mmの超望遠域をカバーできるのが特徴。超望遠が手軽に楽しめるので、運動会や家族旅行で迫力のあるシーンを撮影したい方にもおすすめです。

全長116.5mm、重さ423gと軽量コンパクトなのもポイント。旅行先でも持ち運びが苦になりません。手ブレ補正は非搭載ですが、OM-Dシリーズのボディ内手ブレ補正と組み合わせることで、初心者でも快適に使用が可能です。

また、反射の写り込みを防ぐ「ZEROコーティング」をレンズ表面に施しているのも特徴。逆光のシーンでもクリアな描写で撮影できます。価格が安いのも嬉しいポイントです。

オリンパス(OLYMPUS) 望遠ズームレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS

ネイチャー撮影にも適した望遠レンズです。望遠域は100〜400mm。3.5mm換算なら200〜800mm相当です。別売のテレコンを装着することで最長1600mmの超望遠域でも使用できます。野鳥撮影に使用する入門用の超望遠レンズとしてもおすすめです。

ズーム全域で最短撮影距離が1.3mと短いので、足元の被写体にもピントを合わせやすいのもポイント。野鳥の撮影中でも足元に咲く花なども手軽にマクロ撮影できます。

重さは三脚座を除くと1120gで、800mmの超望遠ズームとしては軽いのも魅力。さらに、3段分の手ブレ補正機構と防塵・防滴構造を採用しているため、アウトドアシーンでの超望遠撮影にも適しています。

望遠レンズのおすすめモデル|ソニー

ソニー(SONY) 望遠ズームレンズ SEL70350G E 70-350mm F4.5-6.3 G OSS

幅広い撮影に対応するAPS-C用の超望遠ズームレンズです。35mm換算で105〜525mmの焦点距離をカバー。5倍ズームを搭載しながら全長142mm、重さ約625gと小型軽量なので、スポーツ・乗り物・動物の撮影を軽快に楽しみたい方にもおすすめです。

「Gレンズ」はソニーのハイスペックなレンズシリーズに属しており、シャープな描写と美しいボケ味を両立しているのもポイント。上質な写りが楽しめるため、望遠域を活用した本格的な作品撮りにも重宝します。

防塵・防滴に配慮した設計を採用しているため、アウトドアシーンでも気兼ねなく使用できるのも魅力。「瞳AF」など、任意の機能を割り当てられる「フォーカスホールドボタン」も搭載しています。

ソニー(SONY) 望遠ズームレンズ SEL200600G FE 200-600mm F5.6-6.3 G OSS

優れた描写性能と操作性を兼ね備えたフルサイズ用の超望遠ズームレンズです。重さ約2115gのボディで超望遠600mmまでをカバー。野鳥や飛行機など容易には近づけない動体の撮影にもおすすめです。

カメラ側と連携する強力な手ブレ補正機構を内蔵するのもポイント。さらに、通常駆動のMODE1、流し撮り対応のMODE2、動体撮影時にもファインダー像が安定するMODE3の3種類からなる補正モードをシーンに応じて使い分けられます。

ズーム時に鏡筒の長さが変わらない「インナーズーム構造」を採用しているのも魅力。さらに、合焦範囲を限定することで素早いフォーカスを実現する「フォーカスレンジリミッター」も備えているので、快適な望遠撮影が楽しめます。

ソニー(SONY) 中望遠単焦点レンズ SEL85F18 FE 85mm F1.8

印象的なポートレート撮影が手軽に楽しめるフルサイズ用の中望遠単焦点レンズです。ポートレート撮影に重宝する中望遠85mmを採用。比較的価格もリーズナブルで入手しやすいので、ポートレート撮影初心者の方にもおすすめです。

開放F値がF1.8と小さいのがポイント。画面周辺までシャープな描写と自然で美しい背景ボケを両立するため、被写体が浮き出るような立体的な写りで撮影できます。

ダブルリニアモーターの搭載によって高速・高精度なAF駆動が可能なのも特徴。駆動音も静かなので、静かな撮影シーンに便利です。また、「フォーカスホールドボタン」を活用すれば、ピントを固定したまま構図の調節がスムーズに行えます。

望遠レンズのおすすめモデル|ペンタックス

ペンタックス(PENTAX) 望遠ズームレンズ HD PENTAX-DA 55-300mmF4.5-6.3ED PLM WR RE

防滴構造を備えるアウトドア対応のAPS-C用超望遠ズームレンズです。焦点距離55〜300mmをカバー。広い望遠域を備えるため、家族イベントやキャンプに携帯する望遠レンズとしてもおすすめです。

新設計のAF駆動システムを採用しているのもポイント。AFがより高速化し、静音性も向上しているので、自然のなかで動物や野鳥の撮影をする際にも重宝します。駆動音が入りにくいため動画撮影に活躍するのも魅力です。

重さ約442g、全長89mmと軽量コンパクトなのも特徴。望遠ズームながら最短撮影距離が0.95mと短いので、望遠マクロレンズとして花や昆虫の撮影も手軽に楽しめます。

ペンタックス(PENTAX) 中望遠単焦点レンズ HD PENTAX-DA 70mmF2.4 Limited

味のある描写を堪能できるポートレートに適したAPS-C用望遠レンズです。35mm換算で107mmの中望遠に対応。一点を凝視する感覚を表現します。独特な焦点距離を採用し近づきすぎず遠ざかりすぎない絶妙な間合いでの撮影が可能です。

開放F値2.4と、シャープさとボケが調和した美しい描写も魅力。全長26mm、重さ131gと小型軽量なので、軽快にポートレート撮影を楽しめます。スナップ撮影にもおすすめです。

スタイリッシュな外観デザインもポイント。鏡筒・レンズフード・キャップに削り出しのアルミ素材を使用しており、上質な写りと同時に所有感を満たす高品位な佇まいも楽しめます。

望遠レンズのおすすめモデル|シグマ

シグマ(SIGMA) 望遠ズームレンズ 150-600mm F5-6.3 DG DN OS | Sports

優れた運動性能とコスパを備えたフルサイズミラーレス一眼用の望遠レンズです。「高精度磁気センサー」を搭載することで、高速・高精度なAF駆動を実現。超望遠域での本格的な作品撮りを行いたい方にもおすすめです。

「デュアルアクションズーム」に対応するのもポイント。画角変更をズームリング操作と直進ズーム操作の2通りで行えるため、目的の焦点距離を素早く直感的に調節可能です。また、耐久性が高く、防塵・防滴構造も備えているので、小雨などでの撮影でも安心して使用できます。

シグマ(SIGMA) 大口径中望遠単焦点レンズ 135mm F1.8 DG HSM | Art

広角から望遠まで対応するフルサイズ用の中望遠単焦点レンズです。開放F値1.8の大口径レンズが生み出す大きなボケ味が特徴。テーマ性の高いポートレート作品などを撮影したい方にもおすすめです。

「大型ハイパーソニックモーター」を採用することで、撮影距離に応じた快適なAF撮影を実現しているのもポイント。AFからMFへの移行がシームレスに行える「フルタイムマニュアル機構」も搭載しているため、ピントの微調整も素早く行えます。

さらに、ゴミなどが侵入しやすいマウント部には簡易防塵防滴構造を採用しているのも嬉しいポイントです。