一眼レフを持っている方なら1本は持っておきたい「望遠レンズ」。野鳥や鉄道など、カメラマンから遠くに離れた被写体を撮影する際に役立つアイテムです。ただし、製品ラインナップが豊富で購入する際に迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、キヤノンやニコンをはじめ、各メーカーのおすすめ望遠レンズをご紹介します。選び方も合わせて解説するので、購入を検討している方はチェックしてみてください。

望遠レンズとは?

「望遠レンズ」とはカメラレンズのひとつで、望遠鏡のように遠くを撮影したり、近距離にある被写体を大きく撮影したりするときに使うモノです。画角が狭いので、映り込む背景の範囲も狭くなり、より被写体を強調した撮影ができます。

遠近感が喪失する現象「圧縮効果」を起こせるのも望遠レンズの特徴。近くの被写体と遠くの被写体の距離感を圧縮することで、遠くの被写体が大きく映り、よりインパクトのある写真が撮れます。

また、ピントの合う範囲「被写界深度」が浅いため、被写体の距離が同じ場合は広角レンズよりも望遠レンズの方がボケやすいのもポイント。被写体にしっかりピントを当て、それ以外の背景を幻想的に撮りたい場合は活用しましょう。

一方、写真がブレやすくなるのがデメリット。思い通りの1枚を撮影するためには、「三脚」や「一脚」などを使ってカメラをしっかり固定するのがおすすめです。なお、手ブレ補正機構を採用した望遠レンズもあるので、手ブレが気になる方は製品選定をする際にしっかりとチェックしましょう。

望遠レンズの選び方

焦点距離で選ぶ

スポーツシーンの場合

室内でのスポーツシーンを撮影する場合は、焦点距離70〜300mの望遠レンズで対応可能。サッカーなど屋外のスポーツで、客席から撮影したい場合は300mm以上が目安です。選手の顔をハッキリと映したいのであれば、500mm程度の望遠レンズを選びましょう。

ポートレートの場合

By: amazon.co.jp

ポートレート撮影など、比較的近距離の被写体を撮るときは焦点距離が短い中望遠レンズがおすすめ。なかでも、焦点距離85mmのレンズは適度なボケ感が出せます。

風景写真の場合

風景写真を撮影する場合は、焦点距離70〜300mm程度の望遠レンズを選ぶのがおすすめ。初心者の方は、フレーミングがしやすい望遠ズームレンズを選んでおくと、あちこち移動する必要がないので便利です。

F値をチェックしよう

F値とはレンズに取り込む光量を調節する絞りの大きさを示す数値。F値が小さいほど取り込める光量が増えるため、高速シャッターが切れるようになって動体撮影が有利になるほか、背景や前景を大きくぼかせます。逆にF値が大きくなるほど光量が減るので、低速シャッターで動きの軌跡を表現できるなど、広い範囲でピントの合った写真が撮影可能です。

なお、ひとつのレンズで使える最も小さいF値を開放F値と呼びます。運動会や旅行などの一般的な用途や携帯性を重視する場合は、F4.5-5.6など開放F値が大きめで焦点距離によって変わる望遠レンズでも十分。しかし、ボケ表現を活用するポートレートや暗所での撮影、高速シャッターが必要な動体撮影では、開放F値がF2.8以下の大口径望遠レンズがおすすめです。

サイズや重量もチェック

望遠レンズは焦点距離の短いレンズと比べてサイズや重量が大きくなります。特にフルサイズ用の望遠レンズともなると望遠鏡並みに重量級のモノが多いのが難点です。

自家用車などを利用できる場合は別ですが、徒歩や公共交通機関が主な移動手段となる場合や、運動会などフットワークを重視しつつ手持ちで撮影したい場合は最高でも1.5kgまで、できれば1kg以下の望遠レンズがおすすめ。それ以上になると疲労を早く感じやすくなるので手持ちで長時間の撮影は難しくなります。

また、サイズが大きすぎるとかさばるので、カメラバッグへの収納が難しくなり持ち運びもひと苦労です。携帯性を重視する場合は、できれば全長が20cm以下の望遠レンズを選びましょう。

ニコン(Nikon)の望遠レンズおすすめモデル

ニコン(Nikon) AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR

ニコン(Nikon) AF-P NIKKOR 70-300mm f/4.5-5.6E ED VR

初心者でも手軽に使えるFマウント・フルサイズ一眼レフカメラ用の望遠ズームレンズです。焦点距離300mmまでをカバーしながら、重さが約680gと軽量設計なのが特徴。フルサイズ用にも関わらず軽快なフットワークで撮影できるので、フルサイズ一眼レフユーザーが初めて選ぶ望遠レンズとしてもおすすめです。

シャッター速度換算で最大4.5段分の補正効果が得られる手ぶれ補正機構を搭載しており、補正モードはプロ用の望遠レンズにも採用されている「SPORT」にも対応。運動会やスポーツイベントなど、動きの変化が激しい被写体を狙う場合でも安定したファインダー像が得られるので、迷いなく構図を定めて狙った瞬間をよりしっかりと切り取れます。

ニコン(Nikon) AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

ニコン(Nikon) AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

多彩なシーンの撮影で活躍できるFマウント・フルサイズ一眼レフカメラ用の望遠ズームレンズです。焦点距離は70-200mmで、開放F値は全焦点域でF4通しなのが特徴。重さも約850gと軽く扱いやすいので、高い機動力を生かしてポートレートから風景まで幅広くこなせます。

また、プロからも定評のある高度な反射防止コーティング「ナノクリスタルコート」を採用しているのもポイント。太陽が画面正面から映り込むような完全逆光の構図でも、余分な光の映り込みを極力抑えて透明感のある高画質が得られるので、撮影時に構図の制限がない自由な望遠表現が楽しめます。シャッター速度換算で最大4段分の手ぶれ補正機構を内蔵しているのも魅力です。

キヤノン(Canon)の望遠レンズおすすめモデル

キヤノン(Canon) EF70-300mm F4-5.6 IS II USM

キヤノン(Canon) EF70-300mm F4-5.6 IS II USM

快速AFで動く被写体の撮影が楽しめるEFマウント・フルサイズ一眼レフカメラ用の望遠ズームレンズです。焦点距離は70-300mmで、重さは約710gと軽く取り回しに優れるのが特徴。鏡筒には小型の液晶モニターを搭載しているのもポイントで、撮影距離・被写界深度・揺れ量など撮影時に役立つ情報を表示してくれます。

新しく開発した独自の超音波モーター「ナノUSM」を搭載しているのも特徴。静止画の撮影におけるAF駆動速度の大幅な向上と、動画の撮影時におけるスムーズで滑らかなピント合わせを実現しています。鉄道や登山中に見かけた小動物なども高速かつ高いヒット率でピント合わせができるので、動体撮影用の望遠レンズとしてもおすすめです。

キヤノン(Canon) EF70-200mm F4L IS II USM

キヤノン(Canon) EF70-200mm F4L IS II USM

高画質と機動力のバランスが取れたEFマウント・フルサイズ一眼レフカメラ用の望遠ズームレンズです。焦点距離は70-200mmで、開放F値は全焦点域でF4通しなのが特徴。「Lレンズ」はキヤノンの高級レンズシリーズですが、重さ約780gと比較的軽く扱いやすいので、初めてのLレンズとしてもおすすめです。

シャッター速度換算で最大5段分の手ぶれ補正機構を搭載するのがポイント。光量が少なめのシーンでも手持ちで難なく望遠撮影が可能なので、フットワークを自由に活かした夜景やポートレートなどの撮影が楽しめます。また、防塵・防滴機構や防汚コートが施されているため、アウトドアでの撮影にも対応が可能です。

ペンタックス(PENTAX)の望遠レンズおすすめモデル

ペンタックス(PENTAX) HD PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED WR

リコー(RICOH) HD PENTAX-DA 55-300mmF4-5.8ED WR

アウトドアなど厳しいシーンでも対応できるKマウント・APS-Cサイズ一眼レフカメラ用の超望遠ズームレンズです。フルサイズ換算の焦点距離は84.5-460mmで、重さも約466gと500mlペットボトルよりも軽いのが特徴。超望遠域をカバーしていながら価格も安いので、ハイキングや登山に持っていく入門用の望遠レンズとしてもおすすめです。

低価格帯のレンズにも関わらず防滴構造を採用。内部に水滴が入りにくい設計なので、移動中に急な悪天候に見舞われた場合や、雨天に撮影を決行する場合にも、故障を気にせず使い続けられます。反射防止コーティングの「HDコーティング」も採用しているので、朝焼けや夕焼けの写真もクリアでコントラスの高い描写で撮影が可能です。

ペンタックス(PENTAX) HD PENTAX-DA 70mmF2.4 Limited

リコー(RICOH) HD PENTAX-DA 70mmF2.4 Limited

独特の描写でポートレート撮影が楽しめるKマウント・APS-Cサイズ一眼レフカメラ用の大口径中望遠単焦点レンズです。フルサイズ換算の焦点距離は107mmで、開放F値はF2.4と明るく背景がボケやすいのが特徴。モデルと適度な距離を保ちつつ撮影ができるので、ポートレート用の望遠レンズとしてもおすすめです。

本レンズは絞り値を変えることで描写の変化を楽しめるのもポイント。開放付近では柔らかさが際立つので女性や子供のポートレート撮影に向いています。一方、絞り込むことで被写体を明瞭に捉えられるため、街角で見かけた雑貨やオブジェをスナップ撮影するのにも有効。アルミニウム製の質感に優れたボディの重さは約131gと軽く、持ち歩きやすいのも魅力です。

シグマ(SIGMA)の望遠レンズおすすめモデル

シグマ(SIGMA) 70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports

シグマ(SIGMA) 70-200mm F2.8 DG OS HSM | Sports

コスパに優れたフルサイズ一眼カメラ用の大口径望遠ズームレンズです。焦点距離は70-200mmで、開放F値が全焦点域でF2.8通しなのが特徴。高画質や防塵・防滴機構、カスタマイズ性など、プロスポーツカメラマンの厳しい要求にも対応できる高性能を搭載しています。

通常、開放F2通しの大口径望遠ズームは価格が高価なので、なかなか購入に踏み切れない場合が大半でした。しかし、本レンズはカメラメーカー純正品と同等以上の性能を持っているにも関わらず半額以下の安い価格で購入できるため、比較的手軽に高レベルの描写と機能を入手できます。

対応マウントはニコンFとキヤノンEF。ポートレートから風景まで多彩な被写体の撮影に活用できます。

シグマ(SIGMA) 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

シグマ(SIGMA) 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM | Contemporary

軽快なフットワークで超望遠撮影が楽しめるフルサイズ一眼カメラ用の超望遠ズームレンズです。600mmまでの焦点距離に対応できるのが特徴。極めて長い焦点距離を生かすことで、スポーツや鉄道はもちろん、近づくのが困難な野生動物・野鳥・飛行機などの被写体もしっかり撮り収められます。

600mm対応の超望遠ズームレンズとしては小型軽量なのもポイント。通常、500〜600mmの望遠レンズは2kgを大きく超えるモノもありますが、本レンズは重さが約1930gで取り回しに優れるため、ギリギリ手持ちでも超望遠撮影が楽しめます。

マウントはニコンFとキヤノンEFに対応。価格も安いため、野鳥や飛行機撮影用の入門レンズとしてもおすすめです。

ソニー(SONY)の望遠レンズおすすめモデル

ソニー(SONY) FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS

ソニー(SONY) FE 70-300mm F4.5-5.6 G OSS

高画質な望遠撮影が軽快に楽しめるFEマウント・フルサイズミラーレスカメラ用の望遠ズームレンズです。焦点距離は70-300mm。ソニー独自の「ナノARコーティング」によって光の反射による映り込みが抑えられているので、全焦点域で透明感のある描写が味わえます。

最短撮影距離1.2m、最大撮影倍率0.25倍という優れた近接撮影能力を持つのも特徴。加えて、被写体に近づくほど滑らかで美しいボケ味も得られるため、単なる望遠撮影だけではなく花や昆虫のテレマクロ撮影にも活用できます。

望遠撮影の際に重宝する機能が充実しているのもポイント。ピント位置を固定できる「フォーカスホールド」や、合焦範囲を限定して迅速なピント合わせが可能な「フォーカスリミッター」などを搭載しています。

ソニー(SONY) FE 85mm F1.8

ソニー(SONY) FE 85mm F1.8

柔らかいボケ味のポートレート撮影を手軽に楽しめるFEマウント・フルサイズミラーレスカメラ用の大口径中望遠単焦点レンズです。焦点距離は85mmで、開放F値はF1.8と明るいのが特徴。重さは約371gと軽く、価格も安いため、入門用のポートレートレンズとしておすすめです。

高速で高精度な「ダブルリニアモーター」を搭載。フルサイズでF1.8の撮影は被写界深度が浅いためピント合わせがシビアですが、本レンズはAF時のレスポンスが優れているので、カメラの瞳AFなどの機能を使えば初心者でも適切にピントの合ったポートレートが撮影できます。「フォーカスホールド」にも対応しており、ピント位置を固定することで構図作りに集中できるのも魅力です。

オリンパス(OLYMPUS)の望遠レンズおすすめモデル

オリンパス(OLYMPUS) M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

オリンパス(OLYMPUS) M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II

高い機動力で超望遠撮影が手軽に楽しめるマイクロフォーサーズマウント・ミラーレスカメラ用の超望遠ズームレンズです。フルサイズ換算の焦点距離は150-600mm。OM-Dの強力な手振れ補正機構を組み合わせれば、超望遠焦点域を生かして運動会で白熱する子供の表情をアップで捉えることはもちろん、野鳥や飛行機の撮影にも気軽に挑戦できます。

600mmまで対応する超望遠ズームにも関わらず重さが約423gと軽いのもポイント。全長も11.6cmとコンパクトなので、取り回しが簡単にできるのはもちろん、バッグにも難なく収納できます。加えて、価格が安いのも魅力。フルサイズ用70-300mmズームに比べて安価に購入できるので、入門用の超望遠レンズとしてもおすすめです。

オリンパス(OLYMPUS) M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

オリンパス(OLYMPUS) M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8

子供やペットのポートレート撮影に最適なマイクロフォーサーズマウント・ミラーレスカメラ用の大口径中望遠単焦点レンズです。フルサイズ換算の焦点距離は90mm。開放F値はF1.8と明るいため、背景や前景を柔らかくボケさせた写真が手軽に楽しめます。

また、小型軽量なのも魅力のひとつ。重さは約116gと軽く、全長4.6cmとコンパクトなので、キットのズームレンズと一緒でも難なく持ち歩けます。加えて、光の反射を抑える「ZEROコーティング」の採用によって、逆光状態の構図でも透明感のあるシャープな描写でモデルを撮影できるのもポイントです。

低価格なので、ポートレート初心者用の望遠レンズとしてもおすすめです。