自宅でコーヒーを楽しみたい方におすすめなのが「コーヒーキャニスター」。コーヒー豆の酸化や香りが飛ぶのを抑えながら、スマートかつおしゃれに保存できます。デザイン性が高いアイテムが揃っており、インテリア小物としてもおすすめです。

そこで今回は、デザイン性と機能性にこだわったおすすめコーヒーキャニスターをご紹介します。ぜひチェックして、お気に入りのモノを見つけてみてください。

コーヒーキャニスターとは?

By: amazon.co.jp

コーヒーキャニスターはコーヒー豆を保存するための収納容器。コーヒー豆の鮮度を維持したまま保存できるのが特徴で、コーヒーの味にこだわりのある方におすすめです。

コーヒーキャニスターのサイズやデザインのバリエーションは豊富。ガラス・プラスチック・金属・木・陶器・ホーローなど、素材にもさまざまな選択肢があります。

コーヒーキャニスターを使うメリット

By: amazon.co.jp

コーヒーキャニスターは密閉性に優れた保存容器です。コーヒー豆の劣化を早める原因となってしまう湿気や酸素をシャットアウトすることで、内部の鮮度を維持できます。

また、コーヒーキャニスターはおしゃれなデザインのモノが多く、見せる収納としても活躍するのが魅力。キッチンのインテリアにこだわりのある方も、ぜひチェックしてみてください。

コーヒーキャニスターの選び方

消費量に合わせたサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒーキャニスターを選ぶ際は1か月分の消費量を目安にしてみてください。12gのコーヒー豆を使って1日1杯のコーヒーを楽しむ方には、400gほどのコーヒー豆が入るモノがおすすめです。

1日2杯以上のコーヒーを淹れる場合は、大きめのサイズのモノがおすすめ。なお、大容量のコーヒーキャニスターに豆を少量のみ保存してしまうと、酸化が起こりやすくなるため注意しておきましょう。

密封性の高さや真空保存できるモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒー豆は空気に触れると酸化して味が落ちてしまうため、美味しさをより長くキープしておきたいのであれば、密封性の高さもチェックしておきたいポイント。

蓋にシリコーンパッキンがついているモノであれば、高い密封性を保てるのでおすすめです。最近では、バルブ式で真空状態にできるキャニスターも人気のため、気になる方はぜひチェックしてみてください。

遮光性で選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒー豆にとって紫外線は大敵。太陽の直射日光が当たる場所や光の影響を受けやすい場所では、遮光性の高いコーヒーキャニスターを使うようにしましょう。内部に光を通さないホーローや金属、陶器製は遮光性が高いのでおすすめです。

素材の特徴をチェック

ガラス製

By: amazon.co.jp

ガラス製のコーヒーキャニスターは、密封性に優れているのがメリット。透明で中身が見やすく、コーヒー豆の残量を確認しやすいので便利です。シンプルなデザインのタイプが多いため、インテリアに馴染みやすいのも魅力。価格が安く、はじめて購入する方にも適しています。

一方、ガラス製のコーヒーキャニスターは遮光性に劣るのがデメリット。直射日光を浴びないよう、冷暗所に保管するのがおすすめです。

金属製

By: amazon.co.jp

ステンレスをはじめとした金属製のコーヒーキャニスターは、軽くて遮光性に優れているのがポイント。落ち着いたシンプルなデザインのモノが多く、コーヒー豆を入れるのにピッタリです。

なお、金属特有のニオイが移る場合もあるので、苦手な方は注意しておきましょう。

プラスチック製

By: amazon.co.jp

プラスチックは軽量で、使い勝手がよいのがメリットです。万が一落としてしまっても割れにくく、気軽に使えるのも魅力。子供やペットがいる家庭など、安全性に配慮したい場合にもおすすめの素材です。

なお、透明で未加工のモノは遮光性がなく、日光に当たるとキャニスターが劣化してしまう場合があるので注意が必要。熱さでも変形しやすいため、オーブンやレンジの近くでの使用は避けるようにしましょう。

木製

By: amazon.co.jp

木製のコーヒーキャニスターは、ナチュラルなデザインが魅力。優しいぬくもりあるコーヒータイムを演出できるモノが多く、和の雰囲気が好きな方にピッタリです。

また、湿度を一定に保つことにも優れており、コーヒー豆の湿気を吸ってゆっくりと外に出す役目も果たします。さらに、遮光性に優れているのも魅力です。

陶器製

By: amazon.co.jp

陶器製は遮光性に優れているのが特徴。経年劣化が起こりにくく、長年愛用できる素材です。また、密封性に優れているモノも多くラインナップされています。

なお、ほかの素材のモノと比較すると陶器は重いのが難点。落下させると割れてしまうので、なるべく小さめの容量を選ぶなど、取り扱いには注意しておきましょう。

ホーロー製

By: amazon.co.jp

ホーローは金属をガラスコーティングした素材のこと。金属の丈夫さと熱伝導率の高さに加え、錆びにくく美しいツヤが魅力です。

金属製と同じく遮光性が高いうえ、ガラスでコーティングされているのでニオイが移りにくいのが魅力。きちんと密封していれば周囲のニオイも吸わないため、そのまま冷蔵庫に入れても安心です。水もお湯も使えるので簡単に手入れできます。

さらに、見た目がレトロでインテリア性も良好。価格は少し高めですが、おしゃれで機能面にも優れています。持ち手がついたタイプだと持ち運びしやすいためおすすめです。

コーヒーキャニスターのおすすめメーカー

ニトリ

北海道札幌市に本社を構え、日本全国に店舗を展開している家具・インテリアの大手メーカー。良心的な価格で質の高いインテリアグッズを豊富にラインナップしています。

ニトリのアイテムは、シンプルなデザインと実用性の高さが特徴。リーズナブルな価格で、飽きの来ないコーヒーキャニスターを探している方におすすめのメーカーです。

ハリオ(HARIO)

By: amazon.co.jp

日本の耐熱ガラスメーカー、ハリオ。日本で唯一耐熱ガラス生産工場を持っており、1921年の創業以来、その高いガラス加工の技術で多くの支持を集めているメーカーです。

国内で多くのシェアを占めているのに加えて、コーヒー器具の半分はアメリカで販売されているほど、海外からも高い評価を得ています。クオリティの高いコーヒーキャニスターを探している方におすすめのメーカーです。

野田琺瑯(NODA HORO)

By: nodahoro.com

1934年の創業以来、ホーロー一筋でものづくりに取り組んでいる老舗ホーローメーカー。同メーカーが作るホーロー製品は、品質が高く、どこか懐かしい雰囲気を感じさせるデザインが魅力です。

コーヒーキャニスターも、シンプルでおしゃれなデザインのモノをラインナップしています。インテリアにこだわりたい方は要チェックのメーカーです。

コーヒーキャニスターのおすすめ|おしゃれ

野田琺瑯(NODA HORO) TUTU TU-11


ホーロー製で湿気や乾燥から守る

つるっとした丸みのあるデザインが魅力の、ホーロー製コーヒーキャニスターです。本体と蓋ともに白を基調としたデザインを採用。圧迫感がなく、すっきりと使いたい方に適しています。遮光性が高く、豆を紫外線から守れるのが特徴です。

蓋の内側にシール蓋も備えており、コーヒー豆の湿気や乾燥を抑えられます。常温だけではなく、冷蔵庫や冷凍庫で保存できるのも魅力。蓋を外せば、そのまま直火にかけて調理やあたため直しも可能なため、汎用性が高いのもメリットです。

また、口が広いため、お手入れしやすいのもポイント。水洗いでき、清潔さも保てます。万が一欠けるなどして保存容器の機能性を失った場合でも、キッチンツールスタンドやペン立てなどとして使用可能。機能性と佇まいにこだわりたい方へおすすめの製品です。

ナルゲン(nalgene) コーヒービーンズキャニスター


残量がひと目で分かるクリアなボトル

クリアなボトルとコーヒーのイラストがおしゃれなキャニスター。豆の残量が、ひと目で分かります。蓋は、本体のねじ山がしっかりと食い込んで空気の入りを防げる仕様。密閉性に優れているものの、パッキンが不要なため洗いやすいのが特徴です。

本体には「飽和ポリエステル樹脂」が採用されており、環境に優しいのも魅力。耐久性と軽量性に優れており、長期的に使用できます。

さらに、「g」と「ml」の目盛りが備わっているのも便利なポイント。豆の保存だけではなく、コーヒーを注いで持ち運びたい場合にも適しています。

デザイン性に優れたコーヒーキャニスターを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

スターバックス(Starbucks) リザーブ コーヒーキャニスター

マット調のデザインがお洒落で耐久性も抜群

スターバックス リザーブのロゴがあしらわれているコーヒーキャニスター。マット調のシックな本体に黄金のロゴが映える、おしゃれなデザインです。

本体と蓋ともにスチール製で、耐久性が高いのも特徴。密閉性が保たれるため、コーヒー豆の酸化や風味の劣化を防げます。また、遮光性にも優れているため、豆を紫外線から守れるのも魅力です。

コーヒー豆は、約250gを保存可能。コーヒーを少量ずつ楽しみたい方や、豆をこまめに入れ替えたい方に適しています。落ち着きのあるスタイリッシュなデザインのコーヒーキャニスターを探している方におすすめの製品です。

Coffee Gator コーヒーキャニスター 1910ml

ステンレスとスチール素材が採用されている、スタイリッシュなコーヒーキャニスター。高いデザイン性に加え、優れた耐久性もメリットです。

蓋には、「月」と「日」を示す目盛りが備わっているのも特徴。保存期間を確認しやすく、コーヒー豆の鮮度をしっかりと把握できます。

また、蓋には留め具が採用されており、密封性に優れているのも魅力。口が広いため豆が取り出しやすく、お手入れがしやすい設計です。

本製品には、計量用のスプーンが付属しています。カラーバリエーションも豊富なため、キッチンのテイストに合わせたコーヒーキャニスターを選びたい方におすすめです。

ゼロジャパン(ZEROJAPAN) コーヒーキャニスター200


ツヤのあるデザインが特徴の、陶器製コーヒーキャニスター。遮光性に優れているため紫外線を通しにくく、コーヒー豆の劣化を防げます。コーヒー豆は、約200g保存可能。コーヒーを少量ずつ楽しみたい方や、豆を頻繁に入れ替えたい方に適しています。

蓋にパッキンが備わっているため、密閉性が高いのもメリット。コーヒー豆を湿気からしっかりと守れます。留め具式が採用されているため、片手で操作しやすいのも特徴です。

本製品は豊富なカラーバリエーションをラインナップしているのも魅力。シンプルなホワイトをはじめ、アイボリー・スチールグレイ・ウーロンティー・トマト・ブラックを展開しており、キッチンに合わせたカラーを選択できます。機能性とデザイン性に優れている、おすすめのコーヒーキャニスターです。

ゼロジャパン(ZEROJAPAN) スクエアキャニスター SC-44

つるっとした質感がおしゃれな、陶器製のコーヒーキャニスター。紫外線を通しにくく、コーヒー豆の劣化を防げます。蓋には、シリコーンのパッキンが採用されているのも魅力。密閉性が高く、コーヒー豆を酸化から保護できます。

留め具はフリップトップ式で、簡単に開閉できるのがメリット。空気の侵入をしっかりと防いで、コーヒー豆の鮮度を保ちやすくできます。

インテリア性に優れているため、キッチンをスタイリッシュに演出できるのもポイント。シンプルですっきりとしたコーヒーキャニスターを求めている方に、おすすめの製品です。

カリタ(Kalita) キャニスター All Clear Bottle 250 44271

すとんとしたフォルムが愛らしいコーヒーキャニスター。メーカーのロゴが中心に施された、おしゃれなデザインです。

ガラス製のためニオイ移りが少なく、快適に使いやすいのがメリット。透明で中身が見えやすく、コーヒー豆の残量を手軽に確認できるのもポイントです。さまざまな種類のコーヒー豆を詰め替えて楽しみたい方に適しています。

蓋には、抗菌パッキンを採用。湿気などを通さず、衛生的にコーヒー豆の鮮度を保てます。また、広口仕様のため、内側の底までしっかりとお手入れしやすいのも特徴です。

専用のメジャーカップが付属されているため、軽量の際も便利。インテリア性のある使いやすいコーヒーキャニスターを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

メリタ(Melitta) ステンレス キャニスター MJ-2156

シンプルなシルバーカラーが魅力のコーヒーキャニスター。中央にはメーカーのロゴが施されており、ワンポイントとしておしゃれなデザインです。

ステンレス製で、遮光性に優れているのもポイント。コーヒー豆を紫外線からしっかりと保護し、新鮮さを保ちやすい仕様です。蓋が透明なため、コーヒー豆の残量を上から確認もできます。

また、蓋にシリコーンが採用されているのもメリット。密閉度が高く、湿気を防げます。豆は200g収納できるため、コーヒーを少しずつ楽しみたい方におすすめです。洗練されたデザインのコーヒーキャニスターを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

カルディ カルディオリジナル キャニスター缶

マットなブラックの本体にロゴが映える、シンプルかつおしゃれなコーヒーキャニスター。裏面には、カルディのオリジナルマスコット「ヤギべえ」がさりげなくプリントされています。

蓋には、きっちりと閉まりやすいシリコーンゴムパッキンを採用。湿気を防いで、コーヒーの鮮度を保てます。200〜250gのコーヒー豆が収納できる設計のため、省スペースで保管したい方におすすめです。

本体と蓋ともにスチール素材が採用されており、優れた遮光性を持つのもメリット。モダンなコーヒーキャニスターを探している方におすすめの製品です。

キントー(KINTO) BOTTLIT キャニスター 27682

インテリアのアクセントにもなる、耐熱ガラス製のコーヒーキャニスター。ボトル状のため、片手で傾ければ中身を手軽に取り出せるのが魅力です。

蓋はコルク製を採用しており、開閉しやすいのがメリット。かわいらしいフォルムで、複数並べて飾ればキッチンのアクセントになるのも魅力。透明なタイプで中身が見えるため、残量が確認しやすい仕様です。

150ml・300ml・600mlと、使い方に合わせてサイズを選択できるのもポイント。デザイン性と収納性を兼ね備えた、使い勝手のよいコーヒーキャニスターです。

籐芸 木のキャニスター MTCA90

木製ならではのあたたかみが魅力なコーヒーキャニスター。優しい雰囲気を醸し出す木目調の器が、ぬくもりあるコーヒー時間を演出します。

湿度を一定に保てるため、コーヒー豆の湿気を吸ってゆっくりと外に出せるのもメリット。コーヒー豆の劣化を抑えられます。遮光性に優れているのもポイント。贈り物としてもぴったりなコーヒーキャニスターを探している方におすすめです。

下村企販 珈琲考具 ステンレスキャニスター

お手入れしやすいサイズのコーヒーキャニスター。蓋が丸く盛り上がっているおしゃれな設計で、インテリアとしても映えます。大きすぎない持ちやすいサイズで、手の小さな方にもおすすめです。

ステンレス製でサビに強く、衛生面を保ちながら使用できるのもメリット。本体の表面にはツヤ消し加工も施されています。

また、蓋の重なる箇所は凹凸が少ないため、汚れやホコリが溜まりにくい仕様。手軽に掃除が可能です。開閉もスムーズにできるため、扱いやすい製品です。

コーヒーキャニスターのおすすめ|大容量

ニトリ Easyレバーキャニスター L-2400

コーヒー豆がすっきりと収まるキャニスター。レバーを倒すだけで簡単に蓋をロックできる、優れた操作性が魅力です。

プラスチック製のため軽量で扱いやすいのが特徴。万が一落下した場合も破損しにくいため、子供やペットのいる家庭などに適しています。

270ml・400ml・500mlと3種類のサイズが展開されており、好みに合わせて選択可能。それぞれスタッキングできるので、省スペースで置けます。シンプルで使いやすいコーヒーキャニスターを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ハリオ(HARIO) 珈琲キャニスター MCN-200B

ハリオが展開している、密閉性の高いコーヒーキャニスター。豆を入れてフタのツマミを上げた状態でセットし、そのままツマミを下げればしっかりと閉まります。蓋に備わっているパッキンはシリコーンゴム製で、空気の侵入をより防げるのが特徴です。

本体は耐熱ガラスなのもメリット。汚れやすい底の方まで、すっきりと洗えます。また、広口設計で奥まで手を入れて洗浄しやすく、清潔に保ちやすいのもポイントです。

蓋はABS樹脂を採用しており、耐久性に優れています。シンプルながら機能性が高く、コーヒー豆の鮮度をキープしながら保管したい方におすすめの製品です。

澤井珈琲 コーヒー専用 保存缶

たっぷり500gの豆を保存できるコーヒー。コーヒーを袋ごとすっぽり収められるため、お手入れや入れ替えを手軽に行いたい方に適しています。

サイズは直径13×高さ18cm。しっかりとした蓋を採用しており、ホコリなどを防いで、コーヒーの風味を逃がさず保存できます。上部につまみが備わっているため、開閉しやすいのも特徴です。

シックな色合いにイラストとロゴが映えるおしゃれなデザインで、インテリア性も良好。存在感のある大容量のコーヒーキャニスターを探している方におすすめです。

Ken’s Kitchen コーヒーキャニスター

容量1200mlのコーヒーキャニスターです。広口でコーヒー豆が取り出しやすいのが特徴。ホウケイ酸ガラスが採用されているため、熱に強く、耐久性に優れているのがメリットです。

竹製でしっかりとした質感が魅力の蓋には、シリコーンリングを搭載。空気や水分が中に入るのをしっかりと防げます。取り外して洗浄できるため、衛生面を保ちやすいのもポイントです。

さらに、バックル式のロックが採用されており、操作性に優れているのもポイント。大容量かつ実用的で、使いやすいコーヒーキャニスターを探している方はぜひチェックしてみてください。

オクソー(OXO) プラスチック保存容器

容量約4.2Lのキャニスター。蓋の中心にあるボタンをワンプッシュするだけで、簡単に開閉できます。裏蓋全体は柔らかいシリコーンで覆われているため、よりしっかりと密封可能です。

また、蓋は簡単に取り外して水洗いできます。パッキンは食洗機に対応しているため、衛生面を保ちやすいのもポイントです。

さらに、さまざまなサイズが展開されているのも、本製品の魅力。収納棚やキッチンのつくりに合わせて、適切なサイズを選択できます。シンプルで使いやすいコーヒーキャニスターを求めている方におすすめの製品です。

KKC ガラス密閉保存瓶

容量1150mlが2個セットのコーヒーキャニスター。ガラス製で残量を確認しやすいデザインが特徴です。竹製のラックに設置可能で、スプーンも付属しています。

キャニスターはかわいらしい丸形で、インテリア性に優れているのも魅力。あたたかみのある木目調の蓋にはパッキンが採用されており、しっかりと密封して湿気から豆を守ります。

また、広口のため中身が取り出しやすいのもメリット。汚れやすい側面や底面まで、しっかりとお手入れできます。すっきりとまとめて設置できるため、大容量のコーヒー豆をおしゃれに保管したい方におすすめの製品です。

タケヤ化学工業(TAKEYA) フレッシュロック ホワイト角型 1.7L

軽量かつ耐久性に優れている、容量1.7Lのコーヒーキャニスター。中身が取り出しやすい広口タイプで、たっぷりのコーヒー豆も取り出しやすい設計です。プラスチック製のため落としても割れにくく、怪我のリスクが少ないのもメリットといえます。

蓋はワンタッチで手軽に開閉可能。上蓋がクリア仕様なため中身の確認がしやすく、コーヒー豆の残量を簡単に確認できます。また、パッキンにはシリコーンゴムが採用されているため、しっかりと密閉できるのもメリットです。

本体は汚れが付着しにくいため、豆を収納してインテリアとして設置したい方はぜひチェックしてみてください。

岩崎工業 スクリュートップキーパー B-2275KN

容量1000mlのコーヒーキャニスター。透明な容器に分かりやすい目盛りがプリントされており、コーヒー豆の残量が手軽に確認できます。

蓋にはシリコーンパッキンが採用されているため、密封性に優れているのが特徴です。パッキンは耐熱性があるのもポイント。さらに、食洗機に対応しており、衛生面も保ちやすいのもメリットです。

ハンドルを回して手軽に開閉できる仕様で、操作性も良好。コーヒー豆に限らず、ドレッシング作りや調理用具としても活用できます。サイズ展開が豊富なうえ、それぞれ入れ子収納が可能なため、省スペースで保管できるのもポイントです。

使い勝手のよいキャニスターを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

Frcolor ガラス保存容器

容量約750mlのコーヒーキャニスター。ガラス製で中身の確認がしやすく、コーヒー豆の残量を確認しやすい設計です。ホウケイ酸ガラスを採用しているため、耐久性に優れています。

天然木の蓋にはリングが付いており、開閉しやすい仕様。コロンと丸いフォルムで、インテリアとしてもおすすめです。

気密性が高く、コーヒー豆を湿気などからしっかりと保護できるのもポイント。大量のコーヒー豆をおしゃれに保管したい方はチェックしてみてください。

コーヒーキャニスターのおすすめ|真空

富士商 Felio エアリデューサー F9476

空気弁を開けて下に押すだけで真空保存ができるコーヒーキャニスター。余分な空気をしっかりと抜いて密閉でき、コーヒー豆の酸化を防いでより長く保存できます。

ほどよいサイズ感で、手の小さな方でも扱いやすいのが魅力。液体を入れてもこぼれる心配がないため、コーヒー豆だけではなく浅漬けや果実酒に使えるなど、汎用性の高さもメリットです。

本体はガラス製で、ニオイ移りが少ないのもメリット。種類の異なるコーヒー豆を移し替えても、それぞれの風味を楽しめます。S・M・L・LLとサイズ展開も豊富なため、用途やコーヒーを飲む頻度に合わせて選択しやすいのもポイントです。

富士商 Felio ステンレスキャニスター F20427

コーヒー豆をたっぷりと保存できる、ステンレス製のコーヒーキャニスター。耐久性に優れており軽量なため、アウトドアなどに持ち運びたい場合にも適しています。

蓋を下に押して空気を抜き、空気弁を閉めれば密閉可能。空気弁を開けて引っ張ると、簡単に蓋が取れます。コーヒー豆はもちろん、肉の下味付けやお菓子、茶葉、パスタなどさまざまな食材を保存できるのも魅力です。

密閉度が高いため、コーヒー豆の酸化を防いで新鮮さを保ちやすいのがメリット。スタイリッシュなデザインで、洗練されたコーヒーキャニスターを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

エアエスケープ(Airscape) 真空キャニスター

空気の入りをしっかりと防げる真空キャニスター。コーヒー豆の劣化を防いで、コーヒー豆本来の風味を保ちやすくできます。中身を確認しやすいのも特徴。コーヒー豆の残量を把握したい場合に便利です。

ステンレス製で耐久性に優れており、扱いやすいのもメリット。おしゃれなデザインでインテリアとしても活用できます。スマートなデザインの真空キャニスターを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

セーロブ(Cielob) 真空キャニスター VAF1P1

どっしりとしたフォルムが魅力な、用量2.5Lのコーヒーキャニスター。蓋にはパッキンが採用されており、よりしっかりと密閉できるのもポイント。ガラス製のため、中身がひと目で確認しやすいのも魅力です。

サイズやシリーズ展開が豊富なため、用途に合わせて選択しやすいのもメリット。スタイリッシュな見た目で、インテリア性にも優れています。

別売の電動バキュームポンプとキャニスター本体とをセットし、電源ボタンを押せば、容器内の空気が自動で抜けて真空状態にできます。常温の場合、コーヒー豆は約2〜3ヶ月保存可能。密閉性の高いキャニスターで保管したい方におすすめな製品です。