自宅でコーヒーを楽しみたい方におすすめなのが「コーヒーキャニスター」。コーヒー豆の酸化や香りが飛ぶのを防ぎながら、スマートかつおしゃれに保存できます。デザイン性が高いアイテムが揃っており、インテリア小物としてもおすすめです。

そこで今回は、デザイン性と機能性にこだわったおすすめコーヒーキャニスターをご紹介します。ぜひチェックして、お気に入りのモノを見つけてみてください。

コーヒーキャニスターとは?

By: amazon.co.jp

コーヒーキャニスターとは、コーヒー豆の保存容器のこと。素材はガラスやプラスチック、金属、木製と多岐にわたり、大きさや密封性の高さでも選べます。

ただの保存容器としてだけではなく、鮮度を保つことに役立つのも特徴。コーヒーキャニスターに保存することで、コーヒー豆を劣化の原因から守れます。

また、コーヒーキャニスターには見た目がおしゃれなアイテムが多く、置いておくだけでインテリアのアクセントになるのもポイント。美味しいコーヒーを長く楽しむためにも、ぜひコーヒーキャニスターを家カフェのアイテムに加えてみてください。

コーヒーキャニスターの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒー豆を長期間保存すると、少しずつ鮮度や風味が落ちてしまいます。コーヒーキャニスターに入れておけば劣化スピードは遅くなるものの、劣化そのものは避けられません。2週間ほど経つと劣化が始まるといわれているので、コーヒーキャニスターもおおよそ2~3週間で飲み切れる量が入るサイズがおすすめです。

コーヒーを1日1杯飲む場合は、容量300g前後のモノがおすすめ。取り扱いやすいサイズのため、キッチンの邪魔にもならずにコーヒー豆を保管できます。

1日数杯飲んだり2人で飲んだりする方の場合、500gほど入るコーヒーキャニスターを選べば快適に使用可能。コーヒーを飲む人数と消費できる日数を考慮してサイズを選ぶようにしましょう。

密封性で選ぶ

By: amazon.co.jp

密封性の高さも要チェック。密封性が高いほど、酸素や湿気がコーヒーキャニスター内に入ってくるのを防げるので、よりコーヒー豆の鮮度を保ちやすいのが特徴です。

なお、密封性が高い分、コーヒー豆を取り出すのに手間が増えることもあるため注意が必要。使い勝手も考慮して選ぶのがおすすめです。

遮光性で選ぶ

By: amazon.co.jp

コーヒー豆にとって紫外線は大敵。太陽の直射日光が当たる場所や光の影響を受けやすい場所では、遮光性の高いコーヒーキャニスターを使うようにしましょう。内部に光を通さないホーローや金属、陶器製は遮光性が高いのでおすすめです。

なお、陶器やホーロー製などは光を通さない分、重くなるため注意が必要。頻繁にコーヒーを飲む方の場合、重くて取り扱いが大変なこともあるので留意しておきましょう。

素材で選ぶ

ガラス製

By: amazon.co.jp

ガラス製のコーヒーキャニスターは、密封性に優れているのがメリット。透明で中身が見やすく、コーヒー豆の残量を確認しやすいので便利です。シンプルなデザインのタイプが多いため、インテリアに馴染みやすいのも魅力。価格も安く、はじめて購入する方にも適しています。

一方、ガラス製のコーヒーキャニスターは遮光性に劣るのがデメリット。直射日光を浴びないよう、冷暗所に保管するのがおすすめです。

金属製

By: amazon.co.jp

ステンレスをはじめとした金属製のコーヒーキャニスターは、軽くて遮光性に優れているのがポイント。落ち着いたシンプルなデザインのモノが多く、コーヒー豆を入れるのにピッタリです。

なお、金属特有のニオイが移る場合もあるので、金属製のニオイが苦手な方は注意しておきましょう。

プラスチック製

By: amazon.co.jp

プラスチックは軽く、使い勝手がよいのがメリット。強化プラスチック製を採用して割れにくく工夫されたモノなど、優れた機能を有するアイテムが多くラインナップされています。

なお、透明で未加工のモノは遮光性がなく、強い日光に当たればキャニスターが劣化してしまうので注意が必要。さらに、熱さでも変形しやすいため、熱風が当たるオーブンやレンジのそばでの使用は避けるようにしましょう。

木製

By: amazon.co.jp

木製のコーヒーキャニスターは、ナチュラルなデザインが魅力。優しいぬくもりあるコーヒータイムを演出してくれるモノが多く、和の雰囲気が好きな方にピッタリです。

また、湿度を一定に保つことにも優れており、コーヒー豆の湿気を吸ってゆっくりと外に出す役目も果たします。さらに、遮光性に優れているのも魅力です。

陶器製

By: amazon.co.jp

陶器製は遮光性に優れているのが特徴。経年劣化が起こりにくく、長年愛用できる素材です。また、密封性に優れているモノも多くラインナップされています。

なお、ほかの素材のモノと比較すると陶器は重いのが難点。落下させれば割れてしまうので、なるべく小さめの容量を選ぶなど、取り扱いには注意しておきましょう。

ホーロー製

By: amazon.co.jp

ホーローは金属をガラスコーティングした素材のこと。金属の丈夫さと熱伝導率の高さに加え、錆びにくく美しいツヤが魅力です。

金属製と同じく遮光性が高いうえ、ガラスでコーティングされているのでニオイが移りにくいのが魅力。きちんと密封していれば周囲のニオイも吸わないため、そのまま冷蔵庫に入れても安心な利便性の高さもポイント。水もお湯も使えるので手入れも簡単です。

さらに、見た目がレトロでインテリア性も抜群。価格は少し高めですが、おしゃれで機能面にも優れています。なお、持ち手が付いたタイプだと持ち運びしやすいためおすすめです。

コーヒーキャニスターのおすすめメーカー

ハリオ(HARIO)

By: amazon.co.jp

日本の耐熱ガラスメーカー、ハリオ。日本で唯一耐熱ガラス生産工場を持っており、1921年の創業以来、その高いガラス加工の技術で多くの支持を集めているメーカーです。

国内で多くのシェアを占めているのに加えて、コーヒー器具の半分はアメリカで販売されているほど、海外からも高い評価を得ています。クオリティの高い製品を生み出す、知名度のあるメーカーです。

ナルゲン(nalgene)

By: rakuten.co.jp

アウトドアやスポーツで活躍するプラスチックボトル「ナルゲンボトル」で知名度の高いナルゲン。アメリカのニューヨーク州を拠点として、世界中に高品質なアイテムを発信し続けているメーカーです。

1949年の創業以来、自然環境に配慮したシンプルな製品を作り続けているのが特徴。コーヒーキャニスターに関しても、使い勝手がよいアイテムを揃えているおすすめのメーカーです。

ゼロジャパン(ZEROJAPAN)

By: zerojapan.info

ゼロジャパンは「メイドインジャパン」を合言葉に、高品質のモノを作り続けているメーカーです。国内はもちろん、海外でも高い評価を得ています。

コーヒーキャニスターはデザインがシンプルなモノが多く、使いやすいアイテムを多く揃えているのが魅力。カラーバリエーションも豊富なので、見た目にもこだわりたい方におすすめです。

コーヒーキャニスターのおすすめモデル

ハリオ(HARIO) コーヒーキャニスター MCN-300R

容量300gのガラス製キャニスター。1人で毎日コーヒーを飲む方に適したサイズです。耐熱ガラスを採用しているため、食洗器で洗ったり熱湯消毒したりできます。

直径は約9.9cm、本体重量は約340gと軽量かつスリムのため、楽に扱えるのがポイント。透明なガラスと赤いフタのコントラストが美しく、キッチンにあるとおしゃれに見えます。ガラス製でスタイリッシュなモノを探している方におすすめです。

ナルゲン(NALGENE) コーヒービーンズキャニスター 912833

コンパクトなモノを探している方におすすめの製品。150gのコーヒー豆を保存できるため、2~3泊のキャンプに適量のコーヒー豆を持参できます。環境に優しい飽和ポリエステル樹脂を採用しており、軽量なので楽に持ち運ぶことが可能です。

分量が一目で分かるメモリが付いているので、コーヒー豆の量を計りながら入れられるのもポイント。広口でコーヒー豆を出し入れしやすいため、ストレスなく使えます。また、耐熱温度が100℃と高く、お湯で洗えるのもメリット。持ち運びしやすいおすすめのコーヒーキャニスターです。

ゼロジャパン(ZEROJAPAN) スクエアキャニスターM SC-43

セラミック製でデザインがシンプルなキャニスター。フタにはシリコンパッキンが付いており、密閉性が高いためコーヒー豆を湿気から守れます。遮光性もあり、日が当たるキッチンに置いても安心です。ステンレス製のパーツは錆びに強く、耐久性も高いので長く愛用できます。

コーヒー豆は約340g、コーヒー粉は約370g保管することが可能です。また、どんなキッチンにも合うデザインのため、ちょっとしたプレゼントにも最適。大切なコーヒー豆の味や香りをできるだけ損なわず保存したい方におすすめです。

カリタ(Kalita) キャニスター #44267

ガラス製のコンパクトなモノを探している方におすすめの製品。牛乳瓶のようなユニークなデザインと、カリタのロゴが印象的でおしゃれです。茶色のコーヒー豆を入れるとロゴがはっきりと浮き上がります。キャップはシリコン製で密閉性が高く、コーヒー豆の劣化を防ぐことが可能です。

本体サイズは直径5.5×高さ14cmで、1人分のコーヒー豆を入れるのに最適。サイズ違いで3~4人用のモノもあります。 また、価格も安いので、コーヒー好きの方にプレゼントとして贈るのにもおすすめです。

メリタ(Melitta) キャニスター MJ-2156

中身が見えやすい仕様で、コーヒー豆の残量が一目で分かるコーヒーキャニスター。ステンレスを採用したスタイリッシュなデザインで、どんなキッチンにもマッチするのが魅力です。本体サイズは11×11×13cmとコンパクトで、キッチンなどに置いても場所を取りません。

フタは密閉性の高いシリコン製で、コーヒー豆の劣化を防いで保存することが可能。また、コーヒー豆を取り出すのに便利なメジャースプーンも付属しています。さらに、本体の重さは280gと軽いのもポイント。おしゃれで使いやすいコーヒーキャニスターを探している方におすすめです。

高桑金属 キャニスター&メジャースプーン

サビに強いステンレスを使用したコーヒーキャニスターです。サイズはコーヒー豆200gが入れられる、ちょうどよい大きさ。継ぎ目を作らないことで密閉性と遮光性を高めているのが特徴で、コーヒーの鮮度をしっかりと守れます。

ボディは、つや消しをしたマットブラック仕様。シンプルなデザインで、コーヒーマシンと合わせやすいのが魅力です。ダメージ加工が施されたステンレス製のメジャースプーンがセットになっているのもポイント。おしゃれで高級感のあるコーヒーキャニスターを探している方におすすめです。

ブルーボトルコーヒー(Blue Bottle Coffee) 桐箱 コーヒーキャニスター

アメリカのコーヒーメーカー「ブルーボトルコーヒー」と、100年以上の歴史がある関根桐材店がコラボしたモデル。職人によってひとつひとつ丁寧に作られた木製のコーヒーキャニスターで、鮮やかなブルーがアクセントとなっています。

本製品は、日本の伝統素材「桐」を使用しているのがポイント。木材のなかでも湿気に強いのが特徴で、コーヒー豆の鮮度を保ちます。11×11×11cmのボックス状で、ちょっとした隙間などに収納しやすいのもポイント。洋室にも和室にも合わせやすい、おしゃれなコーヒーキャニスターです。

山崎実業 トスカ 陶器キャニスター

ホワイトを基調にした「トスカ」シリーズのコーヒーキャニスターです。コーヒー豆がたっぷりと入る約450mlの大容量サイズ。フタにはシリコン製のパッキンが付いており、密閉性を高めているのが特徴です。

陶器製のボディに「coffee」の文字が入っているのもポイント。コーヒー用のほか、シュガー用とソルト用、無地の4種類をラインナップしています。北欧テイストのおしゃれなコーヒーキャニスターを探している方におすすめです。

キントー(KINTO) コーヒーキャニスター 27669

直射日光を遮る磁器製のコーヒーキャニスター。味のあるブラウンカラーでデザイン性が高いので、キッチンにこだわりのアイテムを揃えている方におすすめです。洋室にも和室にも馴染むデザインで、どんなインテリアにもマッチするのがポイント。色違いでホワイトもあり、使う方の好みで選べます。

フタの内側にはシリコンパッキンが付属。密閉性にも優れており、コーヒーの劣化を防ぐことが可能です。本体サイズは直径11×高さ11.5cmとコンパクトで、片手でも楽に扱えます。落ち着いた雰囲気のおしゃれなコーヒーキャニスターです。

野田琺瑯(NODA HORO) キャニスター TUTU TU-14

真っ白でデザイン性の高いコーヒーキャニスター。遮光性にも優れているので、コーヒー豆の劣化を抑えて保存できます。ホーローならではの高級感があり、キッチンにあるだけでおしゃれに見えるのもポイントです。

シールフタとホーローフタの二重構造のため、湿気や乾燥を防げるのも魅力。コーヒー豆の香りを逃さずに保存したい方におすすめです。本体サイズは11.6×11.6×14cmで1~2人分のコーヒーを保存できます。機能性とデザイン性のどちらにもこだわりたい方はチェックしてみてください。