生パスタを自宅で簡単に作れる「パスタマシン」。カッターでパスタを切断する切り出しタイプや、比較的手軽に楽しめる押し出しタイプなど、さまざまな製品が存在します。駆動方式も手動式と電動式の2種類があるため、購入する際はどれを選んでよいか悩んでしまいがちです。

そこで今回は、おすすめのパスタマシンをご紹介。選び方のコツも解説しているので、参考にしてみてください。

パスタマシンの選び方

動力をチェック

手動タイプ

By: amazon.co.jp

「手動タイプ」のパスタマシンは、手でハンドルを回してパスタを製麺するのが特徴。電動タイプに比べると、リーズナブルな価格で購入できるモデルが多く、初心者にもおすすめです。

ハンドルを回す際の力加減やスピード、手応えを調節しながら製麺できるので、手作りの醍醐味を味わえるのが魅力。電動タイプよりも製麺に時間を要するため、大人数のパスタを作るよりも、少人数のパスタを作る場合に適しています。

電動タイプ

By: amazon.co.jp

「電動タイプ」のパスタマシンは、短時間でパスタを製麺したい場合や、多人数のパスタを作りたい場合にぴったり。ボタンを押すだけで簡単にパスタを作れるのが魅力です。また、スピーディに製麺できるだけでなく、手動タイプのように手や腕に負担がかからない点もメリットです。

電動タイプは、手動タイプに比べて均一な太さのパスタを作れるのもポイント。なるべく手間をかけずにキレイなパスタが作りたい場合におすすめです。価格は手動タイプよりも高い傾向にありますが、低価格で販売されているモデルも存在します。

製麺方法をチェック

押し出しタイプ

By: amazon.co.jp

「押し出しタイプ」のパスタマシンは、生地を本体に入れて、ところてんのようにパスタを押し出すタイプ。麺が押し出される部分の「製麺カップ」を取り替えるだけで、簡単にパスタの太さを調節できるのが魅力です。付属している製麺カップの種類や数は製品ごとに異なるので、購入する際は事前に確認しておくのがおすすめです。

また、押し出し式のパスタマシンには、手動と電動の両タイプが存在。手動の場合は、麺を押し出す際にある程度の力が必要な点に留意しておきましょう。

切り出しタイプ

By: amazon.co.jp

「切り出しタイプ」のパスタマシンは「ローラーカッタータイプ」とも呼ばれ、生地をローラーに通して均等に伸ばしてからカッターでカットするタイプです。

ハンドルを手で回して製麺する切り出しタイプの場合は、麺が途中で切れやすいので要注意。回すスピードに気をつけながら製麺しましょう。自分でパスタの厚みや幅を調節して、手作りパスタの楽しみを味わいたい方におすすめです。

手動タイプでうまく製麺できない場合には、電動の切り出しタイプを選択しましょう。

素材をチェック

金属製

By: amazon.co.jp

「金属製」のパスタマシンは、デザイン性に優れたモデルが多いのが魅力。見た目がおしゃれで、インテリアとしても楽しめる製品が多数ラインナップされています。また、樹脂製やプラスチック製のパスタマシンに比べて、重量があり安定感に優れている点もメリット。手動タイプの製品で、力を入れてハンドルを回したい場合に便利です。

ただし、金属製のモデルは水洗いに対応していない場合があるので要注意。水を使ってお手入れしたい場合には、サビに強いステンレス製のモデルを選ぶのがおすすめです。

樹脂・プラスチック製

樹脂やプラスチックなどの素材を採用したパスタマシンは、軽量で扱いやすいのが魅力。金属製に比べるとニオイはつきやすいものの、水洗いしても錆びる心配がなく気軽にお手入れが行えます。

金属製よりもラインナップは少なめですが、リーズナブルな価格で購入できるモデルも多数存在。コスト重視でパスタマシンを探している方にもおすすめです。

お手入れの方法をチェック

By: amazon.co.jp

パスタマシンを使い終わったら、しっかり洗浄してから収納するのがおすすめ。パスタの粉が残ったまま長時間放置してしまうと、カビが発生してしまうことがあります。衛生的にパスタマシンを使うには、定期的なお手入れが必要。メンテナンスの手間をなるべく省きたい場合は、洗浄しやすい製品を選ぶのがおすすめです。

手動タイプのパスタマシンには、丸洗いに対応しているモノも存在します。また、パーツを分解して水洗いできるモデルも販売されているので、事前に確認しておくのが重要。なお、電動タイプや金属製の製品には洗浄できないモデルもあるため、留意しておきましょう。

アタッチメントをチェック

By: amazon.co.jp

パスタマシンは、製品ごとに付属している「アタッチメント」の数や種類が異なります。複数種類のカッターが同梱されているモデルであれば、カッターを取り替えるだけでパスタの太さ調節が可能。幅広い種類のパスタに対応できるだけでなく、うどんやラーメン、そばなどが作れる製品も存在します。

また、アタッチメントが別売りされている製品もあるので、購入する際は必要なアタッチメントが付属しているかも確認しておきましょう。一般的なパスタ作りに慣れてから、追加でアタッチメントを購入するのもおすすめです。

機能をチェック

幅調節機能

By: amazon.co.jp

カッターをつけ替えられるモデルや幅を変更できるモデルであれば、パスタの幅も簡単に調節できます。カッターがつけ替えられる製品の場合は、同梱されているアタッチメントの種類や数を事前に確認しておくのがおすすめ。幅が調節できる製品の場合は、事前に調節可能な幅をチェックしておきましょう。

また、「幅調節機能」を備えたパスタマシンのなかには、断面が楕円形の「リングイネ」や平打ち麺の「フェットチーネ」などが作れる製品も存在します。

厚み調節機能

By: amazon.co.jp

本体にローラーを搭載している切り出しタイプのパスタマシンで製麺する場合には、2つのローラーで生地を挟んで伸ばす工程が存在します。ローラー同士の間隔を調節できるモデルであれば、製麺するパスタの厚み調節が可能。一般的なパスタだけでなく、平打ち麺の「フェットチーネ」など、幅広いパスタに対応できます。

ローラーの間隔を調節できる幅は製品ごとに異なるので、購入前に確認しておくのがおすすめです。

テーブル固定機能

By: amazon.co.jp

ハンドルを回して製麺する手動タイプを選ぶ場合は、「テーブル固定機能」を搭載しているモデルが便利です。力を入れてハンドルを回すと、パスタマシンがテーブル上で動いてしまいがち。特に小型のパスタマシンの場合は、横滑りや転倒などのトラブルが発生してしまうこともあります。

クランプがついている製品を使用すれば、本体をテーブルにしっかりと固定可能。しっかりと力を込めてハンドルが回せるので、短時間で製麺できるだけでなく、安心して使用できるのが魅力です。子供と一緒にパスタ作りを楽しみたい場合にも適しています。

パスタマシンのおすすめモデル|手動

NEWHT 製麺機 TX-222

コスパに優れた押し出しタイプのパスタマシン

7種類の製麺カップが付属した、手動タイプの押し出し式パスタマシンです。パスタはもちろん、中華麺やラーメン、うどんなどにも対応可能。人間工学に基づいた形状のハンドルが採用されており、しっかりと力を入れてパスタを押し出せるのが魅力です。

また、比較的リーズナブルな価格で購入できるのもメリット。コスパに優れた押し出しタイプのパスタマシンを求めている方におすすめです。

Pure Vie 手動式パスタマシン 2jpnoodlesmaker-003

操作が快適で、耐久性も高いおすすめ商品

長めのハンドルを備えた、手動タイプのパスタマシンです。本体の素材にはステンレスを採用。品質に優れているだけでなく、耐久性も高いので安心して使用できます。7種類の製麺カップが付属しているため、幅広いパスタに対応可能。1.5mm・2.5mm・3.2mm・1×1.5mm・2×5mm・5mmサイズのパスタが製麺できます。

ハンドルは人間工学に基づいてデザインされており、快適に使用できるのが魅力。比較的軽い力で麺を押し出せるのもメリットです。また、生地の代わりに柑橘類を入れれば、ジューサーとしても使用できます。

Anjing ステンレス製回転式押パスタマシーン XJJPZJ0328

ニオイがつきにくく、サビにも強い

リーズナブルな価格で購入できる、手動タイプの押し出し式パスタマシンです。材質にはステンレス鋼を使用。ニオイがつきにくいだけでなく、サビに強いのが魅力です。本体上部のT字型ハンドルを時計回りに回せば、麺が押し出される仕組み。比較的軽い力で製麺できるのがメリットです。

本製品はパスタマシンとしてだけでなく、ジューサーとしても使用可能。低価格なので、押し出しタイプのパスタマシンを試してみたい方にもおすすめです。

Hanchen 手動パスタメーカー ZH-389-A

さまざまな種類の麺が作れる、手動タイプのパスタマシンです。1.5mm・2.5mm・3mm・4mm・2×6mmの製麵カップに加えて、中央が空洞になった麺を作れる特殊な製麺カップも付属。パスタだけでなく、中華麺やうどんなどにも対応できます。

本製品は押し出しタイプのパスタマシンですが、長めのハンドルを搭載しているので、軽い力で製麺が可能。ダブルベアリング構造が採用されており、製麺時に手や腕にかかる負担を軽減できる点も便利です。

麺が接触する麺桶の素材には、ステンレスを使用。サビに強く衛生的なのがメリットです。水洗いできるため、お手入れも簡単。使用する頻度が高い場合にもおすすめです。

マルカート(MARCATO) アトラス パスタマシーン MAR020412

コシのある本格的なパスタが作れる、手動タイプのパスタマシンです。家庭用のパスタマシンや製菓用品で知られるイタリアメーカーのマルカートが製造。日本でも長年にわたって販売されており、高い人気を集めています。

デザイン性に優れているので、キッチンに設置すれば見た目も楽しめるのが魅力。フレームにはクロームメッキスチールを使用しており、軽量ながら堅牢性に優れています。

標準で付属しているカッターだけで、複数種類のパスタが作れるのもメリット。リボン型のパスタ「タリオリーニ」や平打ち麺の「フェットチーネ」が作れます。オプションでカッターを追加すれば、12種類ものパスタに対応可能。生地の厚さは、約0.2~2mmの間で10段階の調節ができ、ロングパスタ・ラザニア・ラビオリに加えて、そばやうどんも作れます。

インペリア(imperia) 手動式パスタマシン SP-150

イタリアの老舗メーカー、インペリアが製造する手動タイプのパスタマシンです。本体サイズは幅150×奥行110×高さ110mm。比較的コンパクトなサイズながら重量は3.3kgあり、安定感にも優れています。

本体の素材には、クロームメッキが施されたスチールを使用。堅牢性に優れているので、安心して使用できます。デザイン性も高く、外観にもこだわったパスタマシンが欲しい方におすすめです。

インペリア(imperia) IMPERIA MANUAL PASTA MACHINE R-220

本体の材質にスチールクロムメッキを使用した、手動タイプのパスタマシンです。耐久性に優れているだけでなく、お手入れが簡単にできる点も魅力です。

2つのローラーの隙間は、0~5mmの間で調節可能。細長いリボン状の「タリアテッレ」や平打ち麺の「フェットチーネ」、リボン状の幅広麺「パッパルデッレ」など幅広いパスタに対応できるのもメリットです。本体の重量は10.5kgと重め。安定感があり、力を入れてハンドルが回しやすい仕様です。

エスアイエス(SIS) パスタマシン QF-150-Q

クランプでテーブルに固定して使える、手動タイプのパスタマシンです。本体サイズは約幅210×奥行200×高さ158mm。重量は2.68kgと比較的軽量ながら、テーブルに固定して使用すれば安定した製麺が可能です。

本体の素材には、ニッケルメッキが施されたスチールを使用。軽量なだけでなく堅牢性に優れている点も魅力です。標準で付属しているカッターの幅は、1.5mmと6.5mmの2種類。麺の太さを簡単に変えられるのがメリットです。

パール金属(PEARL METAL) ピアッティー パスタメーカー C-119

生地の厚さを9段階で調節できる、手動タイプのパスタマシンです。0.4~3.9mmまで、さまざまな厚みのパスタに対応できるのが魅力。カッターは約1.5mmと6.5mmの2種類が搭載されており、一般的なパスタはもちろん、平打ち麺の「フェットチーネ」も作れます。

本製品にはクランプも付属。テーブルにしっかりと固定して使えます。また、力を入れてハンドルを回した際に、パスタマシン本体が横滑りするトラブルを防ぎやすいのもポイントです。本体サイズは幅205×奥行200×高さ145mmとコンパクト。収納スペースが限られている場合にも便利です。

Okuguy パスタマシン

ポップな外観が魅力的な、手動タイプのパスタマシンです。本体中央はシルバー、側面はレッドでカラーリングされており、デザイン性に優れているのがポイント。見た目で楽しめる点もメリットです。

また、チューブ状のパスタ「マニコッティ」用のカッターや、ラザニアが作れる麺生地シーターなどを搭載している点も魅力。生地の厚さは6段階で調節でき、幅広いパスタに対応できます。本体サイズは205×180×125mmとコンパクト。収納場所や設置場所などのスペースが限られている場合にも便利です。

SEISSO 水洗えるパスタマシン 001

水洗いが可能な手動タイプのパスタマシンです。本体サイズは約幅176×奥行126×高さ145mm。素材にはステンレス鋼を使用しており、耐久性だけでなく衛生面にも優れています。標準で付属しているカッターの幅は2mmと4mmの2種類。生地の厚さもダイヤルを回すだけで7段階に調節でき、パスタだけでなくうどんやそば、中華麺などにも対応できます。

また、本製品にはクランプも付属。テーブルにしっかりと固定して使えるので、パスタマシンの横滑りや転倒を防ぎたい場合におすすめです。

Focket パスタメーカーマシン

耐久性の高いステンレス鋼を使用した、手動タイプのパスタマシンです。リーズナブルな価格ながら、堅牢性が高く長期間使用できるのがポイント。コスパに優れたパスタマシンを求めている方にもおすすめです。

人間工学に基づいたデザインを採用しており、安定性に優れているのもメリット。底面にラバーマットがついているほか、クランプも付属しているので、テーブルにしっかりと固定して使えます。

標準で搭載されているカッターの幅は、2~3mmと4~5mmの2種類。幅広いパスタに対応できる点も魅力です。

池永鉄工 製麺機 SEM-01

安定性に優れた鋳物製の製麺機。本格的なパスタやうどん、そば、ラーメンを簡単に作れます。幅2mmの麺を切り出す切刃ロールを搭載しているのが特徴です。

また、切刃ロールなどの材質はステンレスを採用しているため、サビに強いのがポイント。耐久性の高いパスタマシンを求める方にもおすすめです。そのほか、本体のサイズは、約幅300×奥行290×高さ280cmです。

G&G 家庭用製麺機

1台でさまざまな麺などを作れる家庭用製麺器。パスタやうどん、ラーメン、そば、餃子の皮に対応しています。両面ブレードにより、厚さは0.5〜6mmで調節できるのが特徴です。

また、2種類の金型を付属しています。取り替えることで、幅2.5mmの丸麺と幅4mmの平麺を作れるのがポイントです。好みに合わせて幅を変えられるパスタマシンを探している方にもおすすめ。そのほか、本体のサイズは約幅350×奥行300×高さ360mmです。

パスタマシンのおすすめモデル|電動

フィリップス(Philips) ヌードルメーカー HR2365/01

ヘッドホンや電動シェーバーで有名なフィリップスが製造する、電動タイプのパスタマシン。4種類の製麺用キャップが付属しており、1台でさまざまな麺に対応できるのが魅力です。

約300gの生麺を作るのに要する時間は約10分。麺を押し出す際にかかる力は最大720kgと強く、スピーディにパスタが作れます。また、生地を混ぜる工程やこねる工程が自動で行える点もメリット。プログラムを選んで開始ボタンを押すだけなので、操作も簡単です。手間をかけずに本格的なパスタが楽しめます。

小麦粉の種類を変更できるほか、ほうれん草やハーブなどの具材を加えたパスタを製麺することも可能。さらに、製麺用のカップはワンプッシュで洗浄できる設計です。お手入れに手間をかけたくない場合にもおすすめ。製麺用キャップやクリーニングキットは本体下部に収納できます。収納する際のスペースを取りにくい点も魅力です。

インペリア(imperia) 電動パスタマシン モデル720

電動タイプのおしゃれなパスタマシンです。本体サイズは220×180×270mm。スタイリッシュなデザインが採用されており、見た目で楽しめる点も魅力です。

本製品には2種類のカッターが付属。カッターをつけ替えるだけで、2mm幅と6.5mm幅のパスタ2種類が作れます。厚さは0~5mmの間で調節可能。一般的なパスタだけでなく、平打ち麺の「フェットチーネ」にも対応できます。

価格はやや高めですが、電動タイプらしくスピーディな製麺が可能。家族や友達など、多人数でパスタを楽しむ場合にもおすすめです。

マルカート(MARCATO) 電動パスタマシン アトラスモーター

デザイン性に優れたマルカートのパスタマシン「アトラス」にモーターを取りつけた、電動タイプの製品です。手動タイプのパスタマシンでうまく製麺できない方におすすめ。スイッチ1つで、簡単かつスピーディに本格的なパスタが作れます。

本体の素材にはクロームメッキスチールを使用。軽量ながら堅牢性に優れており、安心して使用できます。ローラー麺帯幅は145mm。1.5mmと6.5mm2種類のカッターが付属し、生地の厚さは0.2~3mmの間で9段階に調節可能です。幅広い種類のパスタに対応できます。

本体サイズは330×210×152mm。電源コードの長さが2mあり、コンセントから距離がある場所にも設置しやすいのがメリットです。

BAOSHISHAN パスタマシン TY–043

本体に安全性の高い素材を使用した、電動タイプのパスタマシンです。ウォーターカップや哺乳瓶などにも使われるPC素材を採用。使用後のお手入れもしやすいので、衛生面が気になる場合にもおすすめです。

麺が押し出される部分のカッターは9種類付属。さまざまなパスタに対応できるだけでなく、餃子の皮も作れます。また、高性能な純銅モーターが搭載されており、スピーディな製麺が可能。短時間で手間をかけずにパスタを作れるのが魅力です。

容量は500gで、一度で約5人分のパスタを製麺可能。家族でできたてのパスタを楽しみたい場合にも適しています。

RELICIA 自動製麺 ヌードルメーカー

パワフルなモーターを搭載した、電動タイプのパスタマシンです。本体上部から粉と水を入れれば、生地をこねる工程から自動で行う仕様。6種類の製めんカップが付属しているので、パスタだけでなく、うどん・そば・ラーメンなどにも対応できます。

また、各パーツを分解できるのもポイント。使用後のお手入れに手間がかかりにくい点もおすすめです。

キッチンエイド(KitchenAid) 5-Piece Pasta Deluxe Set KSMPDX

レトロでかわいらしい印象のスタンドミキサーに、4種類のカッターと生地を伸ばすローラーが付属した製品。ローラーやカッターをスタンドミキサー本体にセットし、生地を上からセットする仕様です。

4種類のカッターを使い分けられるほか、本体前面のレバーを操作すれば、生地の厚さも調節できます。価格はやや高めですが、パスタマシンとしてだけでなく、スタンドミキサーとしても使用可能です。

パスタマシンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

パスタマシンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:パスタマシンで作れるおすすめ料理レシピ

手打ちうどん

中力粉で手打ちうどん用の生地を作れば、パスタマシンを利用して伸ばせます。まな板の上である程度伸ばしてからパスタマシンを使うと、スムーズに生地が入るのでおすすめ。生地自体がべたつく場合には、追加で中力粉をふりかけましょう。

生地をある程度伸ばせたら、再びパスタマシンを利用してカット。カットした麵を茹でて水でしめれば、できたての手打ちうどんを楽しめます。

餃子

パスタマシンは、餃子の皮作りにも便利。うどんと同様に中力粉で生地を作ったら、パスタマシンで伸ばします。手や綿棒で薄く伸ばす場合に比べて、手や腕にかかる負担が軽く、よりスピーディに作業を行えるのがメリットです。

生地を伸ばしたら打ち粉を薄く振って、適当なサイズにカット。好みの具を入れて包めば、餃子ができあがります。焼き餃子や水餃子、揚げ餃子など、好みの餃子を作ってみましょう。

中華麺(ラーメン)

強力粉に塩や重曹を加えて中華麺用の生地を作り、パスタマシンで薄く伸ばします。生地を充分に伸ばせたら、好みの細さにパスタマシンでカットしましょう。カットした麺はキッチンペーパーに包んで密封袋に入れ、口を開けたまま冷蔵庫で乾燥熟成させます。

乾燥熟成した中華麺の茹で時間は、約1分。冷麺の場合は、茹でたあとに冷水でしめれば完成します。好みのスープと合わせて、手作り中華麺を楽しんでみてください。

ワンタン

中華麺と同じように、強力粉に塩や重曹を加えて生地を作ります。まな板の上である程度まで伸ばしたら、パスタマシンに投入。ワンタンに適したサイズまで伸ばせたら、直角三角形にカットして少量の具を入れます。

具を入れたら生地を折りたたみ、重なった部分に水をつけて密着させるのがコツ。中華麺と同様に、1分ほど茹でればワンタンの完成です。