パフォーマンスの高いプレーを目指す子供に重要なジュニア用の「サッカースパイク」。さまざまなメーカーから展開されており、機能性やフィット感に違いがあります。また、スタッドの種類により適応するグラウンドも違うため、選び方に迷う方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、ジュニア用サッカースパイクのおすすめアイテムをご紹介。選び方やメーカーについても解説します。

小学生低学年はトレーニングシューズを。高学年からスパイクを使用するのがおすすめ

小学生の低学年のうちは、サッカースパイクではなくトレーニングシューズを使用するのがおすすめです。トレーニングシューズは「ポイント」と呼ばれる小さな突起が、アウトソール一面に付いているのが特徴。体重をアウトソール全体で支えることができるため、成長期の子供の足に負担をかけにくく、動きやすさに優れています。

そして、高学年になれば体が成長し、プレーのスピードやパワーが上がります。トレーニングシューズに比べて、グリップ力に優れたスパイクを使うのがおすすめです。

スパイクはアウトソールに「スタッド」と呼ばれる突起が付いており、地面をとらえて優れたグリップ力を発揮。滑りにくく、キレのあるプレーに貢献します。高学年からは練習用にトレーニングシューズ、試合用にスパイクと両方持っておくと便利です。

ジュニア用サッカースパイクの選び方

足のサイズに合ったモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

ジュニア用サッカースパイクは、足のサイズに合ったモノを選ぶのが大切です。サイズの合わないシューズでサッカーをすると、怪我の原因になったり、充分にパフォーマンスが発揮できなかったりします。

成長期の子供は足のサイズが短期間で大きくなるので、こまめに測定するのも重要です。適切なサイズかを確認するために、まずはかかとを合わせます。かかとで軽く地面を叩き、かかとが浮かないかチェックしましょう。

次に、つま先に0.5~1cmのゆとりがあり、足の指を動かしやすいかを確認します。歩いて違和感がないかも試してみてください。また、左右で足の大きさが異なることもあるため、両足履いて確かめてみるのがおすすめです。

幅広かどうかも重要

By: amazon.co.jp

サッカースパイクの購入時は、足の大きさだけでなく足幅も確認しましょう。足の幅に合わないスパイクを履いていると、靴ずれなどのトラブルにつながる場合があります。

国内で展開されているスパイクは、E~4Eの足幅で設計されたモデルが一般的。Eは幅が狭く、2Eがレギュラー、3Eや4Eと数字が大きくなるほど幅広に作られています。足幅が表記されているメーカーもあるため、表記を目安に選んでみてください。

アッパーの素材をチェック

人工皮革

By: amazon.co.jp

合成繊維やポリウレタン樹脂などから作られる「人工皮革」。軽量さと優れた耐久性が魅力の素材です。水に強く型崩れもしにくいため、手入れの手間がかかりにくいのもメリット。価格も天然皮革と比べてリーズナブルです。

ジュニア用では、人工皮革を使ったモデルが一般的。ただし、天然皮革と比べると、硬い素材である点や蒸れやすい点には注意が必要です。なかには、天然皮革のような柔軟性を実現した人工皮革や、通気性に優れたモデルも存在します。各製品の特徴を比較し、ニーズに合わせて選んでみてください。

天然皮革

By: amazon.co.jp

天然皮革は、人工皮革よりも使い込むほど足になじみやすいのが魅力。フィット感を重視したいプレイヤーにおすすめです。

主に「カンガルー革」と「牛革」に分けられます。カンガルー革は、非常にやわらかく足なじみがよい素材。きめ細やかで通気性にも優れており、サッカースパイクでは高級素材として用いられます。

もう一方の牛革は、カンガルー革と比較して厚みがあり、耐久性に優れているのがポイント。生後6ヶ月以内の仔牛の革である「カーフ」や、生後6ヶ月以上2年以内の仔牛と成牛の間の革「キップ」、成牛の革「ステア」などがあります。

ただし、人工皮革に比べて高価なのがデメリット。水のによる悪影響を受けやすいので、雨などの濡れたフィールドでの使用には適さない素材です。また、こまめに手入れをしないと型崩れしたり、カビが生えたりします。使用後のケアが必要な点に留意しておきましょう。

アウトソールの素材もチェック

By: amazon.co.jp

アウトソールと呼ばれる靴底の素材には、主に「ゴム製」と「樹脂製」があります。ゴム製は樹脂製に比べてやわらかく、プレー中の足への衝撃緩衝性に優れているのが特徴。サッカーを始めたばかりのジュニア選手にもおすすめです。

一方、樹脂製はゴム製に比べて摩耗に強く、耐久性に優れています。プレー頻度の高い選手にピッタリ。ジュニア向けのサッカースパイクには、樹脂製でもやわらかい素材のモノや、スタッドが沈み込んで衝撃を緩衝するのに役立つモデルもあります。

グラウンドに合ったモノを選ぶ

グラウンドに合ったモノを選ぶのも重要です。サッカースパイクは、「スタッド」と呼ばれる足裏の突起の形状により、プレーに向いているグラウンドが異なります。

小石交じりの硬いハードグラウンド用には、硬めで多くのスタッドを備えているのが特徴です。一方、天然芝などのファームグラウンド用には、芝へしっかり刺さるよう細長いスタッドで、数は少なく設置されています。

また、人工芝などのアーティフィシャルグラス用は、低めのやわらかいスタッドが特徴です。サッカースパイクは、どのグラウンド用に開発されたか表記されていることが多いため、購入前に確認してみてください。なかには、スタッドの形状を工夫し、土と人工芝を兼用できるアイテムもあります。

ローカットかハイカットかもチェック

By: amazon.co.jp

ジュニア用サッカースパイクには、「ローカット」「ミドルカット」「ハイカット」などがあります。ローカットは、アウトソールから履き口部分までの丈が短いタイプのこと。足首をスパイクのパーツで覆わないため、動きやすさを求める選手におすすめです。

ミドルカットやハイカットは、履き口までの丈が長いタイプ。足首まで覆われているので、足首の安定感を求める選手にピッタリです。

サッカースパイクの場合、ハイカット部は靴下のようなニット素材が一般的。バスケットボールシューズのように硬いアッパー素材ではないため、伸縮性がよく足へのフィット感に優れています。

また、ローカットのように丈が短いタイプにも、履き口部分にニット素材を採用したモデルがあります。ニーズに合わせて選択してみてください。

ジュニア用サッカースパイクのおすすめメーカー

アシックス(Asics)

By: amazon.co.jp

「アシックス」は日本発祥のメーカー。日本国内はもちろん海外にも数多くの愛用者が多く存在します。アシックスが開発するシューズは、スポーツの種類によって「ラスト」という靴型を変えているのが特徴です。

足囲は、標準の「スタンダード」、広めの「ワイド」、さらに広めの「エキストラワイド」など多種多様で、足幅が広めの選手でもフィットしやすいのが魅力。ジュニア専用ラストも用意されており、製品バリエーションが豊富です。

ナイキ(NIKE)

By: nike.com

アメリカ発のブランド「ナイキ」。スポーツ関連の靴や、アパレルをはじめとしたグッズを幅広く展開しています。革新的で、スタイリッシュなデザインが魅力。性別や年齢を問わず、人気の高いブランドです。

ナイキのジュニア用サッカースパイクは、アッパーのデザインを考慮しキックの精度を高めたモノや、軽量性を高めスピード感のあるプレーをサポートするモノなどを展開。欧米基準の規格のため、比較的足幅の狭いモデルが多いのも特徴です。よりフィット感を高め、スピードプレーを追求する選手にもおすすめです。

ミズノ(MIZUNO)

By: amazon.co.jp

大阪に本社を置く、日本の大手スポーツメーカー「ミズノ」。1906年の創業以降、長年にわたりサッカーをはじめとした数多くのスポーツイベントに携わってきた老舗メーカーです。

同メーカーのサッカースパイクは、3E相当の幅広モデルも展開。欧米規格のスパイクでは横幅にきつさを感じてしまう選手におすすめです。また、成長期の子供の足を考慮したモデルも充実。軽量さやフィット感にこだわった製品も展開しています。

アディダス(adidas)

By: adidas.jp

1948年にドイツで生まれた人気スポーツメーカー「アディダス」。サッカー日本代表のユニフォームを製作していることでも有名です。

同メーカーのジュニア用サッカースパイクは、選手の特性やポジションに合わせたモデルを選びやすいのが特徴です。ボールコントロールを追求した「プレデターシリーズ」、フィット感を高めボールタッチのよさにつなげる「コパシリーズ」、軽量さでスピード感のあるプレーを叶える「エックスシリーズ」などが揃っています。より選手のニーズに合わせた製品を選ぶことが可能です。

プーマ(PUMA)

By: puma.com

1948年にドイツで生まれたスポーツメーカー「プーマ」。サッカー界でも高い人気があり、世界レベルのアスリートに愛されてきたメーカーです。

同メーカーのジュニア用サッカースパイクは、主に2つのシリーズが展開されています。フィット感やサポート力を追求した「フューチャーシリーズ」と、軽量さに優れスピード感あるプレーを可能にする「ウルトラシリーズ」です。選手のニーズや求めるプレーに応じて、好みのモデルを選んでみてください。

ジュニア用サッカースパイクのおすすめモデル

アシックス(Asics) DS LIGHT JR GS 1104A019

アシックスを代表する人気シリーズ「DSライト」のジュニアモデル。多本数のスタッドを配置し、成長期の足への衝撃を緩衝するのに役立ちます。

また、かかと部には階段形状のスタッドを採用。着地の安定性をサポートします。さらに、子供の足を考慮した足型「ジュニア専用ラスト」を使っているのも魅力です。

サイズは19cmから展開しており、幅広い年齢のジュニア選手に対応可能。中敷きは取り外しができるため、清潔に保つのに便利です。

アシックス(Asics) ULTREZZA 2 JR GS 1104A042

芝生上でのキレのあるプレーを追求したい選手におすすめのジュニア用サッカースパイク。アウターソールパターンを工夫することで、芝生上でのトラクション向上に貢献しています。

また、快適なフィット感と、高い耐久性が期待できる合成皮革のアッパーを採用。ミッドソールには優れたクッション性を備え、快適なプレーに役立ちます。大事な試合に備えたいジュニア選手にピッタリの製品です。

ナイキ(NIKE) ジュニア マーキュリアル ヴェイパー 14 アカデミー HG DJ2855

スピードプレーを追求する選手におすすめのジュニア用サッカースパイク。切り返しや急停止に対応するようデザインされた、円錐形のスタッズを配置しているのが特徴です。

また、アッパーは合成素材を採用。テクスチャード加工を施したパターンで、より正確なボールコントロールを実現します。まばらな芝や硬い土、砂利などのグラウンドに対応。裏地はつなぎ目のない伸縮性のある素材を採用し、なめらかなフィット感が魅力です。

さらに、インソールはクッション性のある素材を使用。鮮やかなクロリンブルーのカラーリングも魅力です。

ナイキ(NIKE) ジュニア ティエンポ レジェンド 9 アカデミー HG DB0445

軽量さにこだわって設計されたジュニア用サッカースパイクです。プレートとアッパーの設計を改良し、スマートなフォルムを実現。誰よりもすばやくゴールに向かうことを追求する、アタッカータイプの選手におすすめです。

また、アッパーの内側にはフォームポッドを配置。パス・ドリブル・シュートの精度を高めることに貢献します。足裏に配置されたスタッズは、トラクションを発揮。すばやくキレのあるプレーをサポートします。

アッパー素材には、やわらかくしなやかなレザーを採用。クッション性のあるインソールとパッド入りのシュータンで、快適なプレーが可能。まばらな芝・硬い土・砂利などのグラウンドに対応した製品です。

ナイキ(NIKE) ナイキ ジュニア ファントム GT2 アカデミー HG DC0809

シュートの精度を追求する選手におすすめのジュニア用サッカースパイク。シュート回数の多いストライカータイプの選手や、ボールの操作性を高めたい選手にピッタリです。

アッパーの甲部分に、グリップ性のある素材を配置。より正確なボールコントロールにつなげます。留め具はオフセンターの靴紐タイプで、キックゾーンを確保。さらに強力なシュートをサポートします。

また、耐久性に優れた合成皮革を採用。汚れを落としやすいのも魅力。硬い土などのハードグラウンドに対応した製品です。

ミズノ(MIZUNO) モナルシーダNEO II SELECT Jr P1GB2225

3E相当のワイドフィットで幅広の選手におすすめのジュニア用サッカースパイク。サイズ19cmから展開しており、トレ―ニングシューズからステップアップしたい選手のスパイクとしてもピッタリです。

インソールには「ZEROGLIDE LITE」を採用。ほどよいグリップ力を発揮し、シューズの中での足の横ブレを抑制します。さらに、キレのあるプレーや、球際でのプレーをサポート。より高いパフォーマンスにつなげます。

また、天然芝・土・人工芝のグラウンドに対応。22cmのシューズで、片方約160gという軽量さも魅力です。

ミズノ(MIZUNO) モナルシーダNEO II PRO Jr P1GB2220

軽量性に優れたジュニア用サッカースパイク。22cmのシューズで、片方約145gです。スピード感あるプレーを求める選手におすすめです。

3E相当の幅広タイプなので、足幅が広めの選手にも向いています。また、「エンジニアードフィットラストネオ」と呼ばれる、より現代のプレーヤーにフィットするような足型を採用。さらなるフィット感の高さを追求しています。

本製品は、天然芝・土・人工芝のグラウンドに適した設計。ZEROGLIDE LITEカップインソール搭載し、すばやい切り返しのプレーに貢献する製品です。

ミズノ(MIZUNO) レビュラ CUP SELECT Jr P1GB2075

グリップ力を高める新素材「FT GRIP」を搭載したジュニア用サッカースパイク。アッパーのマイクロファイバー人工皮革に「FT GRIP」を施し、スピードに乗ったファーストタッチをサポートします。

より精度の高いボールコントロールを追求する選手におすすめ。比較的幅広の3Eワイド設計のため、足幅にゆとりが欲しい選手にも向いています。

また、インソールは「ゼログライドライトカップインソール」を採用。取り外して手軽に洗えるので、清潔に保つことができます。

ミズノ(MIZUNO) モレリアII JAPAN P1GA2001

軽量・柔軟・素足感覚がコンセプトのサッカースパイク。ウォッシャブルカンガルーレザーをアッパーに採用しているため、より優れたフィット感を追求する選手におすすめです。

さらに、カンガルーの裏材に高密度タフタを使用。天然皮革の伸びすぎを抑制するのに役立ちます。また、1足ずつ人の手で作り上げる日本製なのも魅力。足幅は2E相当対応で、ピッタリした履き心地を求める選手にも適しています。

大人用モデルですが、22cmのサイズから展開しているので、ジュニア世代にも活用可能。ボールタッチの精度を高めたい選手にもおすすめです。

アディダス(adidas) プレデター フリーク.3 HG/AG J FY6305

足首へのサポート性が期待できるミッドカットデザインのジュニア用サッカースパイクです。土や人工芝のグラウンドで、機敏な動きに貢献。耐久性に優れているのもポイントです。

また、幅広いエリアに「デーモンスケール3Dプリント」を施しているのも特徴。より正確なボールコントロールを追求する選手におすすめです。

足幅はレギュラーフィットの靴紐タイプ。デザイン性が高いため、かっこいいスパイクを求める選手にもピッタリです。

アディダス(adidas) プレデター 20.3 HG/AG J EG0928

ソフトな人工繊維を採用したミッドカットアッパーが魅力のジュニア用サッカースパイク。足首をやさしくサポートするため、ハイカットのような足首の安定性を求める選手におすすめです。

マルチグラウンド対応モデルで、硬い土から人工芝まで幅広い種類のピッチでキレのあるプレーが可能。つま先周辺に施したデーモンスケール3Dプリントが、より精度の高いシュートを実現します。精密で計算されたプレーを追求する選手にピッタリの製品です。

アディダス(adidas) コパ センス.4 AI1 J GW7400

フィット感の高い合成素材のアッパーを採用し、足に吸い付くようなボールタッチに貢献するジュニア用サッカースパイク。天然芝・人工芝・硬い土などの各種グラウンドに対応し、さまざまなシーンで切れのあるプレーをサポートします。

サイズは17cmから展開しており、トレーニングシューズに慣れた選手へのファーストスパイクにもピッタリ。カラーは、爽やかなブルーを基調にしているのが特徴。ユニフォームとのコーディネートを楽しみたい選手にも向いています。ボールタッチの精度をより追求したい選手におすすめの製品です。

アディダス(adidas) エックス スピードフロー.4 AI1 J GW7519

スピード感のあるプレーで、ほかの選手との差をつけたい選手におすすめのジュニア用サッカースパイク。履き心地のよさに貢献する、ソフトで軽い合成素材のアッパーを採用。前へ進む推進力をサポートします。

天然芝・人工芝・硬い土などに適した、マルチグラウンド対応モデル。汎用性の高いアウトソールは、さまざまなピッチでキレのある動きが可能です。さらに、リサイクル素材を一部に使用しているのも特徴。環境にも配慮した製品です。

プーマ(PUMA) フューチャー 4.3 HG 106778

グリップ力の高いスタッドを配置した、プレートタイプのアウトソールが特徴のジュニア用サッカースパイク。試合中や練習中により高いパフォーマンスを求める選手におすすめです。

固い土や人工芝など、硬めのグラウンドに向いたモデル。メリハリのあるカラーリングは、おしゃれにもこだわりたい選手にピッタリです。

ヒールカウンターやフロント部分に、ロゴのプーマキャットが配置されているのも魅力。スマートなフォルムで、足元に心地よくフィットします。

プーマ(PUMA) キッズ ウルトラ 4.4 HG 106744

スピードプレーを追求する選手におすすめのジュニア用サッカースパイクです。合成素材のアッパーは軽量で耐久性に優れているのが特徴。足さばきのよさを求める選手や、素足感覚の軽さを求める選手にピッタリです。

また、高いグリップ力を発揮する、円錐形のスタッド付きラバーソールを採用。キレのある動きに貢献します。独立したシュータンは、快適なフィット感と着脱のしやすさを可能にする設計。ドット柄グラフィックプリントと凹凸感のあるデザインも魅力です。

プーマ(PUMA) キッズ ウルトラ 3.4 FG/AG 106738

スピード重視の設計が魅力のジュニア用サッカースパイク。ワンランク上の力を発揮したい選手にピッタリです。自然なグリップを可能にする軽量ソールが機敏な動きに貢献します。

また、紐なし設計なのもポイント。面ファスナーなどの留め具もなく、すばやくスムーズに履くことができます。約8~16歳の選手におすすめの製品です。

アンブロ(umbro) アクセレイター SL JR WIDE HG UU4SJA02WB

合成皮革素材でありながら、やわらかさと足なじみのよさが特徴の「カンガルータッチスキン」を採用したモデル。素足のようなフィット感を求める選手におすすめです。

また、足幅はワイドラスト設計。幅広の選手でも選びやすいのがポイントです。さらに、人工芝・天然芝・ハードグランドなど、さまざまなグラウンドに対応可能。環境の変化に左右されず安定したパフォーマンスを発揮します。

ニューバランス(new balance) FURON Dispatch JNR HG JSF3HA65

情熱的なオレンジデザインが魅力のジュニア用サッカースパイク。足の指先にゆとりを持たせた「ジュニア用ワイドラスト」で、成長期の選手の足をサポートします。

さらに、独立したシュータンはフィット調節をしやすい構造。アッパーには「シンセティックレザー」、アウトソールには合成樹脂素材を採用し、高い耐久性を追求しているのも魅力です。

本製品は、試合から練習まで幅広いシーンで使用可能。足幅はやや細い~標準タイプなので、フィット感の高さを求める選手にもおすすめです。

ジュニア用サッカースパイクの売れ筋ランキングをチェック

ジュニア用サッカースパイクのランキングをチェックしたい方はこちら。

番外編:ジュニア用トレーニングシューズのおすすめモデル

アディダス(adidas) エックス スピードフロー.4 H&L TF J GW7524

面ファスナー採用で紐なしのため、着脱が手軽なジュニア用トレーニングシューズです。まだ靴紐を上手に結べない子供にもピッタリ。軽量感に優れた合成アッパーを採用し、練習中でもスピードに乗ったプレーを追求する選手におすすめです。

サイズ展開は17~24.5cmで、幅広い年齢のジュニア世代に対応。突起を配置したアウトソールで、機敏な動きにも対応可能です。鮮やかなカラーリングで、芝生の上でも映えるデザインが魅力。アッパーの一部にリサイクル素材を使用し、環境にも配慮しています。

ミズノ(MIZUNO) レビュラ CUP CLUB KIDS AS P1GE2276

ゴム紐とベルトで手軽に固定が可能な、キッズ用トレーニングシューズ。サイズは16cmから展開しており、サッカーを始めたばかりの選手のファーストトレシューとしてもおすすめ。インパクトのある配色で、芝生や土グラウンドでの視認性も期待できます。

19cmのシューズで、片方約145gと非常に軽量な設計。幅広の3E設計で、成長期の足をやさしくサポートします。アウトソールはゴム底なので、練習中の足への負担をやわらげたい選手にもおすすめです。

アスレタ(ATHLETA) CDB Treinamento Velcro T008J 2S 21008J

ベルクロストラップと伸縮性のよいシューレースで、着脱のしやすさが魅力のジュニア用トレーニングシューズ。やわらかなマイクロファイバーアッパーと、衝撃緩衝性が期待できるソールで、ジュニア世代の足をサポートします。

また、中底と中敷き、EVA素材ミッドソールの三層構造により、クッション性を高めているのもポイント。中敷きは取り外して洗えるため、清潔な状態キープするのに便利です。

本製品は、18cmのシューズで約120gと軽量なモデル。気軽に練習を始めたいジュニア選手にピッタリです。