サッカーの練習やウォーミングアップの際に使用するのが「サッカー用トレーニングシューズ」です。試合用のスパイクとは異なり、靴底がスタッドではなく小さなポイントが並んでいたり、浅い溝がついていたりします。室外用と室内用に分かれ、足首などへの負担を軽減できるアイテムです。

今回は、おすすめのサッカー用トレーニングシューズをご紹介します。人気のメーカーについても解説するので、チェックしてみてください。

サッカー用トレーニングシューズの選び方

自分に合ったサイズをチェック

足の形や大きさは人それぞれなので、普段履いている運動靴やスパイクを購入するときと同様、サッカー用トレーニングシューズを選ぶときもサイズ選びが重要です。サイズが合っていないと、ケガの原因になったり十分にパフォーマンスを発揮できなかったりする恐れがあります。

自分の足に合うモノを選ぶためには、足の大きさだけでなく足幅も確認しておくのがおすすめ。サイズだけでなく幅の広さの展開があるモデルもあるので、ぜひチェックしてみてください。

素材をチェック

By: adidas.jp

サッカー用トレーニングシューズに使われる素材は、大きく天然皮革と合成皮革の2種類に分けられます。

カンガルーなどから作られた天然皮革は、柔らかく足にフィットしやすいのが特徴。ボールタッチの感触をしっかり感じられるのがメリットです。ただし、天然皮革は合成皮革と比べて価格が高くなる傾向にあるうえ、変形しやすく水に弱いのが懸念点。さらに、小まめに手入れをする必要があり、耐久性もやや低いのがデメリットです。

ナイロンやポリエステルなどに合成樹脂を塗って作られた合成皮革は、耐久性と耐水性に優れているのが特徴。天然皮革のモノと比べるとリーズナブルなアイテムが多く、デザインも幅広く揃っています。一方で、伸縮性やフィット感は天然皮革より劣るのがデメリットです。

好みの色やデザインをチェック

By: amazon.co.jp

サッカー用トレーニングシューズは、白や黒といった定番カラーを基調としたモノだけでなく、幅広いカラーリングやデザインを施したアイテムが揃っています。ユニフォームやトレーニングウエアなどに合わせたり好みの色を選んだりと、コーディネートを楽しみやすいのが魅力です。

お気に入りのデザインを選べば練習のモチベーションアップにもつながりやすいため、サッカー用トレーニングシューズを選ぶ際は機能面だけでなく、見た目にもこだわって選んでみてください。

サッカー用トレーニングシューズのおすすめメーカー

ナイキ(NIKE)

By: rakuten.co.jp

アメリカ発の世界的ブランドである「ナイキ」。サッカーをはじめとする数多くのスポーツにおいて、存在感を発揮しています。革新的でおしゃれなデザインが魅力で、性別や世代を問わず幅広い層から高い支持を得ているブランドです。

同ブランドのサッカー用トレーニングシューズはクッション性が高いモノが多く、足への衝撃を和らげやすいのがメリット。また、足幅がやや細めの作りなので、スピードや加速性能を重視している方におすすめです。

アディダス(adidas)

By: rakuten.co.jp

アディダスは1948年にドイツで誕生した人気スポーツメーカー。トップアスリートからスポーツ初心者まで多くの愛用者がいることで知られています。

同メーカーのサッカー用トレーニングシューズは、さまざまな特徴を持ったモデルやシリーズ展開が魅力。履く方の運動能力に合わせて選びやすいので、ぜひチェックしてみてください。

ミズノ(MIZUNO)

By: rakuten.co.jp

日本発祥の人気メーカー「ミズノ」。サッカーだけでなく多くのスポーツイベントに携わり、スポーツ振興を支える老舗メーカーです。技術力の高さで多くの方から支持を得ています。

日本発のメーカーなだけに、足が幅広な方が多い日本人向けのモデルを数多く展開。また、成長途中である子供用のアイテムも充実しており、足の保護に配慮したプレーヤーファースト精神も魅力です。

アシックス(Asics)

By: rakuten.co.jp

アシックスは、1977年に日本で発祥したメーカー。日本だけでなく世界中に愛用者がいる有名なメーカーです。サッカーをはじめとしたトレーニングシューズやスパイクは、日本人の足型を研究し日本人の足にフィットしやすいモデルが多いのが特徴。全体的に幅広な設計で、前足部にゆとりを持たせてあります。

フィット性と耐久性を重視しているため、動きやすく繊細なボールタッチもしやすいメリットがあります。幅広なサッカー用トレーニングシューズを探している方におすすめです。

サッカー用トレーニングシューズのおすすめ

ナイキ(NIKE) リアクト ファントム GT プロ TF CK8468-160

正確なボールコントロールをしやすいよう設計された、サッカー用トレーニングシューズです。シューレース位置をサイドにずらし、スイートスポットを広めに確保。アッパーは、ボールの軌道をコントロールしやすくスピンもかけやすいのが魅力です。

ソール部分には反発力の高い素材を採用しているので、耐久性に優れています。また、シンプルなカラーリングながら、ロゴの部分が挿し色となっておしゃれ。アグレッシブなプレースタイルの方におすすめです。

アディダス(adidas) メネシス 19.3 TF ターフ用 IB699

ソフトなメッシュアッパーが特徴のサッカー用トレーニングシューズです。足をしっかりホールドでき、俊敏性を確保しながら、足に吸い付くようなボールタッチを実現すると謳われています。トップスピードのままキレのある動きがしやすいのもポイントです。

また、フィット感に優れているためシューズの横ずれも気になりにくいのが特徴。軽量設計のため、長時間履いても足に負担がかかりにくいのも魅力です。ドリブルの練習をしたい方や人工芝でのプレー機会が多い方は、チェックしてみてください。

アディダス(adidas) プレデター フリーク.3 TF LER02

コーティングを施したメッシュアッパーが特徴のサッカー用トレーニングシューズ。快適な履き心地に加えて、ローカットモデルなので着脱も簡単です。

「デーモンスケール3Dプリント」を施したボールコントロールゾーンにより、高精度のボールタッチが可能。パスやシュートなどキックの質を高めやすいのもポイントです。シューレース部分が少ないためキックやトラップなどに影響が出にくく、ボールコントロールを重視したい方におすすめです。

ミズノ(MIZUNO) モナルシーダ NEO II SELECT AS P1GD2105

足に沿うワイドフィットが魅力のサッカー用トレーニングシューズです。足の甲を覆うアッパーパターンにこだわっており、柔らかな足入れが可能でフィット感がアップしています。

高いグリップ力を有する「ZEROGLIDE LITE カップインソール」を搭載。通常の約1.5倍のグリップ性を備えています。表地にはフェイクレザーを採用し、優れた軽量性と耐久性を兼ね備えているのが特徴。動きやすさを重視している方におすすめです。

ミズノ(MIZUNO) レビュラ CUP SELECT AS P1GD2175

幅広設計のサッカー用トレーニングシューズです。インソールはグリップ力を高め、しっかり吸い付くような着用感が魅力。シューズ内で足が横ズレしてしまうのを抑えると謳われています。

長時間履いても負担がかかりにくい設計でハードな動きにも対応できるため、試合だけでなく長時間のトレーニングにもぴったり。幅が広く快適な履き心地なので、一般的なサッカー用トレーニングシューズだと足が窮屈に感じる方におすすめです。

ミズノ(MIZUNO) モレリア TF Q1GB2001

素足のような履き心地を感じられるアイテムです。アッパーの素材には、人工皮革と天然皮革のウォッシャブルカンガルーレザーを採用。柔らかく軽量なので、足に心地よく馴染んだフィット感が得られ快適に履けます。

ミズノ独自設計であるL字スタッドはグリップ感に優れているのが魅力です。ロングパイル人工芝の上でも、滑りにくい仕様が特徴。人工芝で練習や試合をする際に使用したい方におすすめです。

アシックス(Asics) DS LIGHT TF SL 1101A023

履き口まわりにメッシュ素材を採用しているサッカー用トレーニングシューズ。「成型E.V.A.ミッドーソール」も搭載されており、快適な履き心地が魅力です。また、アウトソール全体に優れたグリップ性を持たせるよう工夫を施した設計に仕上げています。

前足部の指まわりにゆとりを持たせているため、足の幅が広く甲高な方も履きやすいのがポイントです。足首へのフィット感の高さと足全体を包み込むような履き心地が特徴。耐久性に優れた人工皮革仕様なので、長時間履いても快適なサッカー用トレーニングシューズを探している方におすすめです。

アシックス(Asics) CALCETTO WB 8 TF 1113A008

ワイドな作りを採用したサッカー用トレーニングシューズです。前足部は広く、中足部からかかと部分にかけてしっかりホールドする設計。足に負担がかかりにくく、幅広で甲高な足でも快適に履けます。

グリップ力に優れたラバーソールなので、人工芝でサッカーやフットサルをプレーするときにおすすめです。動きやすく、パフォーマンスを維持しやすいのが特徴。シンプルなデザインのためコーディネートしやすく、ウェアやソックスを選ばないので使いやすいのもポイントです。

アシックス(Asics) C3 FF TF 1113A032

アッパーがフルカンガルーレザー仕様のサッカー用トレーニングシューズです。天然皮革の特徴であるフィット感のある履き心地が魅力。ミッドソールには軽量性と耐久性に優れた「CPS FLYTEFORM」を採用しています。

また、かかと部にキック時の軸足の踏み込み動作分析に基づき配置した「GEL」を内蔵。衝撃を吸収して足への負担を軽減します。シンプルながら高級感とクラシック感のあるデザインで、足元のおしゃれにもしっかりこだわりたい方におすすめです。

プーマ(PUMA) フューチャー Z 4.1 TT 106392

ソフトで柔軟性に優れたアッパー設計のサッカー用トレーニングシューズです。ボールタッチの感触を繊細に感じ取りやすく、ドリブルなどを行いやすいのが魅力。高い密着感が出るように設計されているため、シューズの中で足が滑ったりズレたりするのを防ぎます。

自由な動きが可能なアウトソールは、ダイナミックな動きの変化にも対応。滑りやすい芝でのトレーニングにもぴったりです。つま先とかかと部分に「プーマ」のビッグロゴが施されているのもポイント。おしゃれにこだわりたい方におすすめです。

プーマ(PUMA) クラシコ C II サラ 104801

優れたグリップ力を発揮するサッカー用トレーニングシューズです。屈曲性が高く低重心のアウトソールを採用し、足裏でのボールコントロールも行いやすいのが特徴。クッション性を保ちながら、足裏の感覚が鈍るのを防いでいます。

シュータンはメッシュ素材を使用して通気性を確保し、長時間トレーニングを行っても不快感が少なくプレーに集中しやすいのも魅力。室内でサッカーのトレーニングを行う方やフットサルで使えるモノを探している方にもおすすめです。

プーマ(PUMA) ラピド II TT 106062-03

ドイツ発の人気ブランド「プーマ」のサッカー用トレーニングシューズです。アッパーは柔らかい素材の人工皮革を採用しているので履き心地がよく、激しいプレーにも対応できる耐久性の高さが魅力。固い土や人工芝でのウォーミングアップやトレーニングにぴったりです。

低重心アウトソールを使用しているほか、ローカットなので足首まわりがすっきりしてフレキシブルに動きやすいのもポイント。スタイリッシュなデザインがおしゃれなアイテムです。

ニューバランス(new balance) 442 TEAM TF MSCFTWB1

アメリカ発の人気メーカー「ニューバランス」のサッカー用トレーニングシューズです。足馴染みのよい「ソフトフルグレインレザー」と呼ばれる素材を採用。試合から練習まで幅広いシーンで使えます。

アッパー部分に人工皮革と天然皮革を組み合わせることで、耐久性をアップ。ソールはグリップ力の高いラバー素材を使い、動きやすさも兼備しています。シンプルなカラーリングはさまざまなサッカーウェアと合わせやすいのも魅力です。

ニューバランス(new balance) FURON DISPATCH TF MSF3TS65-2E

足入れのしやすさを向上した履き口のニット編みが特徴のサッカー用トレーニングシューズ。フィット感を重視した設計で、履き心地のよさを追求したモデルです。

耐久性に優れたシンセティックレザーをアッパーに採用し、アウトソールは土から人工芝まで対応できるラバーソールを使用。スピードを活かしたい方やパワフルなプレースタイルが得意な方などにおすすめです。

また、おしゃれでスタイリッシュなデザインで、モチベーションアップにつながりやすいのもポイント。ストライカー向けのサッカー用トレーニングシューズを探している方はぜひチェックしてみてください。

アンブロ(umbro) UMBクロス-TR クラブ UU2PJB02WB

世界中の強豪サッカーチームやサッカー選手をサポートする人気メーカー「アンブロ」のサッカー用トレーニングシューズ。クロストレーニング専用デザインを使い、前足部とシュータンに通気性とクッション性がある3Dメッシュを採用しています。

中足部にはレイヤードメッシュを使い、優れたホールド性と通気性を実現。また、セパレートタン構造を採用して、着脱しやすい設計にしているのもポイントです。サッカーのパフォーマンス向上のため、質の高いウォーミングアップやトレーニングをしたい方はチェックしてみてください。

ヒュンメル(hummel) ユトランド TF HAS3114

デンマーク発の人気メーカー「ヒュンメル」のサッカー用トレーニングシューズ。アッパーには人工皮革を採用し、軽量かつ柔らかいのが特徴です。

ミッドソールにはクッションを搭載し、足への衝撃の軽減が期待できます。ソールはラバー素材でグリップ力があるのがポイントです。また、北欧メーカーらしいシンプルなデザインも魅力。汎用性が高くコストパフォーマンスに優れたサッカー用トレーニングシューズです。

スボルメ(Svolme) KELTRE 181-70162

2006年に東京で誕生した「スボルメ」のサッカー用トレーニングシューズです。アッパーに合成繊維と人工皮革を組み合わせることで、柔らかく軽量な仕上がりを実現しています。インソールにはウレタン発泡カップ新ソールを採用し、取り外しが可能です。

製品の名前である「ケルトレ」は蹴るトレーニングシューズのこと。サッカーのテクニック系のトレーニングに対応するだけでなく、基本的なランニング機能も備わっています。側面に施されたスターマークがポイントで、おしゃれにこだわりたい方におすすめです。

サッカー用トレーニングシューズのおすすめ|キッズ・ジュニア

ナイキ(NIKE) ジュニア マーキュリアル ヴェイパー 13 アカデミー TF AT8145 906

素足のようなフィット感が特徴の裏地を有する、サッカー用トレーニングシューズ。ヒールからつま先まで、素材をふっくら柔らかくするテクスチャード加工を施した合成素材を採用し、より正確なボールタッチが可能です。

本製品には、グリップ力に優れたラバーアウトソールを採用。ナイキのスポーツ研究所がプレーヤーの動きを細かく分析し、その結果に基づいてデザインしています。滑りやすい人工芝でも多方向へスムーズに動きやすいのが魅力です。

また、軽量フォームのソックライナーにより、長時間快適に履ける設計。スピードやテクニックを活かしたい方におすすめです。

アディダス(adidas) エックス ゴースト.4 FZ3749

機敏な動きがしやすい設計を追求したサッカー用トレーニングシューズです。「CARBITEX カーボンプレート」と呼ばれる軽量フレームにより、加速力や推進力を伴った動きが可能。スピード感のあるプレースタイルの方にぴったりです。

また、足の形状にぴったりフィットする「フルロスキン」という素材を採用。ダイレクトなボールタッチを実現すると謳われています。発色のよいおしゃれなカラーリングで、華やかなデザインのアイテムを探している方におすすめです。

ミズノ(MIZUNO) レビュラ CUP CLUB KIDS AS P1GE2176

幅広甲高設計で作られているサッカー用トレーニングシューズです。甲まわりの寸法が通常よりも6mm大きいワイドフィット設計を採用。幅が広めに設計されているのもポイントです。

また、ゴム紐とベルトで締めつけ具合を調節できるのもポイント。フィット感を得やすいうえ、トレーニングシューズの着脱も簡単に行えます。幅や甲まわりにゆとりのあるサイズ感なので、一般的なサッカー用トレーニングシューズだときつく感じる子供におすすめです。

アシックス(Asics) DS LIGHT 3 Jr TF 1104A001

足にやさしい機能と快適な足入れを追求したサッカー用トレーニングシューズです。ジュニア世代の足形分析により生まれた専用設計を採用し、優れたフィット感を実現しています。

また、動作分析を行って搭載した専用のアウトソールもポイント。かかと部外側には階段形状のスタッドを施し、スムーズな重心移動が可能です。さらに、アシックス独自の設計手法により中足部を補強。運動時にねじれが生じやすい中足部の剛性を強化しています。子供の体型や成長を考慮した構造が魅力です。

アンブロ(umbro) ヴェロ―チタV SB JR WIDE UU4RIB22

着脱が簡単な1本ベルトタイプのサッカー用トレーニングシューズ。地面からの突き上げを感じやすいかかと部分に衝撃緩衝材である「U/メモリーF」を搭載しています。足にやさしく負担を軽減できるのが特徴です。

また、グリップ力と耐久性に優れたラバーソールを採用し、軽快なフットワークや俊敏な動きが可能。ミッドソールには反発性のある「インジェクションEVA」を使用しています。EVAカップインソールは取り外し可能なので、洗って清潔に使えるのもメリットです。