屋外をはじめ体育館などでも競技ができ、気軽に楽しめるスポーツとして人気のあるフットサル。最近では、ひとりで参加して知らない人同士でプレーをする“個サル”(個人フットサル)も流行するなど、ますます需要が高まっているスポーツのひとつです。

そこで今回は、フットサルシューズのおすすめ製品を人工芝用と屋内用に分けてご紹介。興味がある方はぜひチェックしてみてください。

フットサルシューズの選び方

使用する場所で選ぶ

人工芝用シューズ

人工芝用のフットサルシューズの特徴は、アウトソール全体に突起物が付いており、凸凹していること。突起物が芝に深く食い込むため、滑り止めの役割を果たします。

また、靴底全体が硬めに設計されているので、柔らかい人工芝でも思い切り踏ん張ることが可能です。踏ん張りがきくことで、柔らかい人工芝の上でも急なターンができたり、軸足に力を入れて思い切りシュートを打ったりできます。

人工芝の上であれば、屋内用のシューズでもプレーをすることは可能です。しかし、アウトソールに突起が付いていないと、抵抗力の低い芝の上では非常に滑りやすくなります。滑って怪我をする恐れもあるため、人工芝では専用のフットサルシューズを履くのがおすすめです。

屋内用シューズ

屋内用のフットサルシューズは人工芝用とは異なり、アウトソールが完全にフラットな形状です。バレーやバスケットシューズなどのように、体育館で滑りにくい設計がされています。

体育館の滑りやすいツルツルの床に対応するため、アウトソールに突起物を付けずに、最大限の接地面を確保しているのが特徴。全体的に浅い溝が刻まれており、高いグリップ力を実現しています。そのため、急激な方向転換をしても滑らず踏ん張ることが可能です。

また、人工芝用と比較すると靴底全体が柔らかく設計されているので、細かいボールコントロールがしやすいのも特徴。足と一体化するような感覚でのプレーが可能です。

さらに、屋内用フットサルシューズのアウトソールは、ほとんどの製品が飴色になっています。これは、アウトソールと地面がこすれたときに、色が付かないための設計です。各施設で規定が定められていることもあるので、必ず確認しておきましょう。

サイズとフィット感で選ぶ

By: amazon.co.jp

フットサルシューズを履いて立った際に、足の指が自由に動くかどうか確認しておくことも大切。つま先とフットサルシューズの隙間の目安は、約1.5cm。隙間がなくサイズがピッタリのモノを選ぶと、爪に負担がかかりケガの原因になることもあります。

また、足の甲とシューズの隙間も要チェック。一般的に日本人は甲高といわれており、足の縦のサイズだけで選んでしまうと甲の部分がきつく、疲れやすくなることも考えられます。反対に、甲の隙間が緩すぎてもよくありませんが、ある程度の隙間は靴ひもなどで調節可能です。

さらに、足幅に関しても、欧米人と比べると日本人の足は幅広といわれているため、デザインや機能が気に入ったフットサルシューズでも、幅狭の欧米人向けに作られたモノだと合わないこともあります。そのため、フットサルシューズを選ぶ際は足幅が合うかどうかも確認しておきましょう。

足の甲を覆うアッパーの素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

フットサルに慣れている方がシューズを選ぶ際に注目したいのは、アッパー(足の甲を覆う部分)の素材。フットサルシューズのアッパーは主に「天然皮革」と「人工皮革」に分けられ、それぞれ特徴が異なります。

まず、天然皮革のメリットは伸縮性があり足にフィットしやすいところ。使うたびに馴染んでくるのもポイントです。また、通気性があるため比較的に蒸れにくいところも魅力。その反面、価格が高めで水に弱いといったデメリットもあります。

人工皮革のメリットは、軽量で耐久性に優れているところです。天然皮革と比べるとリーズナブルなところも特徴のひとつ。伸縮性や通気性は若干劣る傾向にありますが、メッシュ素材にするなどして弱点をカバーしているフットサルシューズが多いのも特徴です。

フットサルシューズのおすすめメーカー

ナイキ(NIKE)

By: amazon.co.jp

アメリカ合衆国のオレゴン州に本社があり、世界的にスポーツ関連の製品を展開している「ナイキ」。機能性に優れているだけでなく、スタイリッシュなデザインのアイテムを幅広く手掛けており、日本でも人気を集めるメーカーです。

スポーツシューズでは「エアジョーダン」や「エアマックス」などのモデルシリーズが有名。フットサルシューズにも「マーキュリアル」などの人気シリーズがあり、おしゃれで高機能なモデルが数多く販売されています。

アシックス(Asics)

By: amazon.co.jp

兵庫県神戸市に本社がある、日本の大手スポーツ用品メーカーの「アシックス」。マラソンをはじめとする陸上競技やバレーボール、サッカー、フットサルなどの多くのトッププレーヤーも愛用しています。

アシックスが手掛けるフットサルシューズは、日本人の足に合いやすいサイズのモデルが数多くラインナップ。代表的なモデルには「デスタッキ」シリーズがあり、摩擦係数をコントロールするグリップ性や柔軟性に優れているのが特徴です。

アディダス(adidas)

By: amazon.co.jp

ドイツ・バイエルン州に本社があるスポーツ用品のメーカー「アディダス」。サッカー日本代表チームのユニフォームを製作していることでも有名なメーカーです。「スーパー・スター」や「スタン・スミス」といったシューズのモデルがあり、普段履きとしても人気を集めています。

フットサルシューズにも「プレデター」など、豊富なモデルのシリーズをラインナップ。多くのモデルが、高い性能を備えているのはもちろん、デザインもおしゃれなのが特徴です。

フットサルシューズのおすすめ|人工芝用

ナイキ(NIKE) マーキュリアル ヴェイパー 13 アカデミー TF

スピードや動きやすさを追求した、精巧な設計とデザインが特徴のフットサルシューズです。プレーヤーの動きに基づくデザインに設計されたラバーアウトソールが特徴。人工芝のグランドでも摩擦を高め俊敏な動きが可能です。

また、アッパーは「テスクチャード加工」が施された柔軟な合成素材の人工皮革で、足全体をソフトに包み込むのもポイント。フィット感に優れており、素足でボールをコントロールするような繊細で高速なプレーを実現します。動きやすさを重視する方におすすめのフットサルシューズです。

アシックス(Asics) DESTAQUE TF FF

ミッドソールに「CPS Flyte Foam」を採用し、軽量で高い耐久性を備えた人工皮革製のフットサルシューズ。衝撃緩衝性も高い「GEL」の内蔵により、クッション性にも優れています。

また、アウターソールの素材には、高いグリップ力を発揮する「エヌ・シー・ラバー」を採用。安定感に優れており、力強いキックが可能です。靴型は、標準的な日本人の幅広な足形を基準に設計されているのが特徴。縦のサイズも豊富に展開しています。高性能で、ハイレベルなプレーが楽しめるフットサルシューズを探している方におすすめのモデルです。

アシックス(Asics) CALCETTO WD 7 TF TST335-0090

幅広の甲高なサイズ感で、つま先部分の指まわりもゆとりがある設計のフットサルシューズ。一般的な日本人の足に合いやすいモデルで、履き心地に優れています。

素材には、アッパーに人工皮革と合成繊維を採用。軽量で、耐久性にも優れているのが特徴です。また、比較的価格が安いのも魅力。ワイドタイプで、快適な履き心地のフットサルシューズを探している方におすすめのモデルです。

アディダス(adidas) プレデター19.3TF BTG01 メンズ

洗練させたシャープなデザインで、スタイリッシュにプレーが楽しめる人工皮革のフットサルシューズ。ハイカットタイプで、激しいプレーからしっかりと足首を守ります。

また、前足部の前面にエンボス加工を施した「プライムメッシュアッパー」を採用。グリップ性にも優れ、ボールコントロールの精度も高めます。高性能で価格が安いのも魅力です。スタイリッシュで、コスパに優れたフットサルシューズを探している方はチェックしてみてください。

ミズノ(MIZUNO) バサラ 103 TF メンズ

L字型のスタッドにより高いグリップ性を備えた、人工皮革製のフットサルシューズ。芝が長いロングパイル人工芝のグランドでも俊敏な動作が可能で、力強い踏み出しができます。

また、ソールの内甲側が大胆に巻き上げられており、細かくスピーディな動きをサポート。ボールのコントロールや、切り返しにしっかりと対応します。

さらに、ミッドソールは前足部まで薄底の設計になっているため、素足のような足裏感で爽快な走りとプレーが可能。機動性を重視した方におすすめのフットサルシューズです。

ミズノ(MIZUNO) モナルシーダ FS TF

幅広のタイプで履きやすく、おしゃれなデザインが特徴のフットサルシューズ。軽量で柔軟な人工皮革を採用しており、素足感覚でプレーを楽しめるのが魅力です。

ソール部分がカモフラージュ柄となっているのもポイント。趣味として、おしゃれにフットサルを楽しみたい方におすすめのモデルです。

デスポルチ(Desporte) リオKT DS-440

薄く設計されたアウトソールにより、素足のような足裏感を追求したフットサルシューズ。薄い設計ながらミッドソールに「EVA緩衝材」を搭載しているため、クッション性に優れているのが特徴です。

アッパー素材には、天然皮革のカンガルーレザーと軽量人工皮革のシンセティックレザーに、メッシュの組み合わせ。使い込むほどに天然皮革の素材が馴染み、柔らかいフィット感で優しく足を包みます。

また、メッシュの部分が効果的に配置され、通気性も確保。履き心地も良好です。機能性に優れたフットサルシューズを探している方はぜひチェックしてみてください。

デスポルチ(Desporte) カンピーナスTF3 DS-1441

シンセティックレザーをアッパーに採用することで、高い柔軟性を備えたフットサルシューズ。柔らかく履きやすいので、初心者の方から本格的に競技を楽しむ方まで幅広く人気を集めています。

また、高衝撃吸収素材の「PORON」を中底全体に搭載。さらに、カップインソールにはヒール部緩衝材を、トゥ部には反発素材を採用し、優れた緩衝性と反発性を備えているのもポイントです。足にしっかりとフィットし、快適な履き心地でプレー時の負担とストレスも軽減します。履きやすさを重視する方におすすめのモデルです。

ニューバランス(new balance) TEKELA V1 MAGIQUE TF

履き口の周りはソフトな素材で、足首にフィットしやすく快適な履き心地が特徴的なフットサルシューズ。新開発されたターフコート専用ソールにより、俊敏で軽快なプレーをサポートします。

黒をベースとした、青い網状のカラーがプリントされた独創的なデザインもポイント。履きやすくておしゃれなフットサルシューズを探している方はチェックしてみてください。

フットサルシューズのおすすめ|室内用

ナイキ(NIKE) ファントム VSN アカデミー DF IC

軽量なメッシュ構造の人工皮革製アッパーで、通気性に優れたハイカットタイプのフットサルシューズです。ソールには溝が施されているので、足の動作にあわせて柔軟に屈曲が可能。そのため、動きやすく、ボールコントロールもしやすいのが特徴です。

また、足首部分までの一体構造で、足にしっかりとフィットしやすいのもポイント。履き心地がよく、快適なプレーができるフットサルシューズを探している方におすすめのモデルです。

ミズノ(MIZUNO) モレリア IN 12KF350

ソールにエクストラグレードラバーを採用し、高いレベルのグリップ性と耐久性をバランスよく備えたフットサルシューズ。軽量でクッション性にも優れたモデルです。素足に近い感覚で、軽いフットワークと俊敏な動きをサポートします。

また、アッパーの素材には、天然皮革と人工皮革を採用。シンプルな構造で、ボールコントロールがしやすいのも特徴です。素足感覚で動きやすいフットサルシューズを探している方はチェックしてみてください。

ミズノ(MIZUNO) ランサント SL 4 Q1GA1523

幅広でゆったりとした履き心地が特徴のフットサルシューズ。アッパーにはソフトな人工皮革素材を採用しており、窮屈感を覚えにくいのが特徴です。

ソールは独自のランサメントソールを採用。軽量で高いクッション性を備えているので、素早い動きに対応でき、足への衝撃も軽減します。また、前足部が屈曲性に優れているため、ボールコントロールのしやすさも良好です。

白をベースにピンクのカラーが入ったデザインもおしゃれ。幅広タイプで、ストレスなくプレーが楽しめるフットサルシューズを探している方におすすめのモデルです。

アンブロ(umbro) アクセレイター KTS サラ プロ UF2LJB01

アッパー素材に天然皮革のような柔らさが特徴の人工皮革を採用したフットサルシューズ。足馴染みがよく、動きやすさに優れているのが魅力です。

ヒール内部には、マイクロファイバースエードと低反発フォームも搭載。かかとへのフィット感やグリップ性にも優れているので履き心地もよく、俊敏で力強い動きもサポートします。本格的なフットサルで使用できるハイスペックなモデルを探している方におすすめです。

ニューバランス(new balance) AUDAZO MID IN RS4 msamirs4d

スニーカーとして使用しても違和感のない、シンプルでおしゃれなデザインと高い性能を兼ね備えたフットサルシューズ。「3/4REVLITEミッドソール」により、ハイレベルな足裏でのボールコントロールを可能にします。

また、ガムラバーアウトソールを搭載しているのもポイントです。動きを安定させ、高いグリップ性も発揮。体育館などのインドアコートでのプレーで、俊敏な動きや繊細なフットワークをサポートします。スタイリッシュで高い性能を備え、コスパにも優れたモデルです。

プーマ(PUMA) GAVETTO SALA 103444

屈折性が高いアウトソールにより、足裏でボールコントロールがしやすいフットサルシューズ。低重心のアウトソールで、高いグリップ性を備えているのも特徴です。

アッパー素材は軽量な人工皮革製のため動きやすく、幅広で甲高な設計なので日本人の足にフィットしやすいモデル。また、シュータン部分はメッシュ構造になっているので通気性も良好です。長時間のプレーでも足蒸れを軽減します。

3色をベースにした、個性的でおしゃれなデザインも魅力。履き心地がよく、軽快にプレーが楽しめる体育館用のフットサルシューズを探している方におすすめのモデルです。

ヒュンメル(hummel) ブランカーレ II PG HAS5100

つま先の部分が、足袋のように二股に分かれた形状のフットサルシューズ。指に力を入れやすく、しっかり床をつかんでプレーできるのが特徴です。また、幅広で薄いソール設計のため、素足に近い感覚でボールのタッチやコントロールができます。

アッパー素材には、柔らかく滑らかなスエード調の人工皮革を採用。快適な履き心地で、通気性や耐久性にも優れた素材です。さらに、本製品とあわせて着用できる、足袋型ソックスも付属しています。つま先が痛くなりやすい方や、履き心地を重視する方はチェックしてみてください。

ヒュンメル(hummel) アピカーレβ PRO WIDE PG HAS5110

アッパーに上質な天然皮革を採用し、滑らかな履き心地とフィット感が特徴のフットサルシューズ。ソールにはグリップ性に優れた「NEOパナグリップ」を搭載しています。トップスピードでも力強く安定した切り返しが可能。高いクッション性も備えています。

また、スタイリッシュなデザインも魅力。高いパフォーマンスを実現し、シンプルでおしゃれなデザインのフットサルシューズを探している方におすすめのモデルです。