屋外をはじめ体育館などでも競技ができ、気軽に楽しめるスポーツとして人気のあるフットサル。近年では、ひとりで参加して知らない人同士でプレーをする“個サル”(個人フットサル)も流行するなど、ますます需要が高まっているスポーツのひとつです。

そこで今回は、フットサルシューズのおすすめ製品を人工芝用と屋内用に分けてご紹介。興味がある方はぜひチェックしてみてください。

フットサルシューズの選び方

使用する場所で選ぶ

人工芝用シューズ

人工芝用のフットサルシューズの特徴は、アウトソール全体に突起物が付いており、凸凹していること。突起物が芝に深く食い込むため、滑り止めの役割を果たします。

また、靴底全体が硬めに設計されているため、柔らかい人工芝でも思い切り踏ん張ることが可能です。踏ん張りがきくことで、柔らかい人工芝の上でも急なターンができたり、軸足に力を入れて思い切りシュートを打ったりすることもできるようになります。

人工芝の上であれば、屋内用のシューズでもプレーをすることは可能です。しかし、アウトソールに突起が付いていないと、抵抗力の低い芝の上では非常に滑りやすくなります。滑って怪我をする恐れもありますので、人工芝では専用のフットサルシューズを履くのがおすすめです。

屋内用シューズ

屋内用のフットサルシューズは人工芝用とは異なり、アウトソールが完全にフラットな形状です。バレーやバスケットシューズなどのように、体育館で滑りにくい設計がされています。

体育館の滑りやすいツルツルの地面に対応するため、アウトソールに突起物を付けずに、最大限の接地面を確保しているのが特徴。全体的に浅い溝が刻まれており、高いグリップ力を実現しています。そのため、急激な方向転換をしても滑らず踏ん張ることが可能です。

また、人工芝用と比較すると靴底全体が柔らかく設計されているので、細かいボールコントロールがしやすいのも特徴。足と一体化するような感覚でのプレーが可能です。

さらに、屋内用フットサルシューズのアウトソールは、ほとんどの製品が飴色になっています。これは、アウトソールと地面がこすれたときに、色が付かないための設計です。各施設で規定が定められていることもあるので、必ず確認しましょう。

サイズとフィット感で選ぶ

By: nike.com

フットサルシューズのサイズを確認する際に大切なポイントは主に3つ。まずは、フットサルシューズを履いて立った際に「足の指が自由に動くかどうか」です。つま先とフットサルシューズの隙間の目安は、約1.5cm。つま先とフットサルシューズに隙間がなくサイズがピッタリのモノを選ぶと、爪に負担がかかりケガの原因になることもあります。

つぎに「足の甲とシューズの隙間」です。一般的に日本人は甲高と言われており、足の縦のサイズだけで選んでしまうと甲の部分がきつく疲れやすくなることも考えられます。反対に、甲の隙間が緩すぎてもよくありませんが、ある程度の隙間は靴ひもなどで調整することもできます。

最後に「足幅」です。欧米人と比べると日本人の足は比較的に幅広と言われているため、デザインや機能が気に入ったフットサルシューズでも幅狭の欧米人向けに作られたモノだと合わないこともあります。そのため、フットサルシューズを選ぶ際は足幅が合うかどうかも確認しましょう。

足の甲を覆うアッパーの素材で選ぶ

By: nike.com

フットサルに慣れている方がシューズを選ぶ際に注目したいのは、アッパー(足の甲を覆う部分)の素材。フットサルシューズのアッパーは主に「天然皮革」か「人工皮革」に分けられ、それぞれ特徴が違います。

まず、天然皮革のメリットは伸縮性があり足にフィットしやすいところ。使うたびに馴染んでくるのもポイントです。また、通気性があるため比較的に蒸れにくいところも魅力です。その反面、価格が高めで水に弱いというデメリットもあります。

人工皮革のメリットは、軽量で耐久性に優れているところです。天然皮革と比べるとリーズナブルなところも魅力。伸縮性や通気性は若干劣る傾向にありますが、メッシュ素材にするなどして弱点をカバーしているフットサルシューズが多いのも特徴です。

フットサルシューズのおすすめメーカー

アシックス(Asics)

By: amazon.co.jp

スポーツシューズをはじめ、スポーツウェアなどスポーツ総合ブランドとして人気のあるアシックス。アシックスのシューズは、日本人の足にフィットするように作られているのが特徴です。

フットサルシューズである「DESTAQUE(デスタッキ)」シリーズは、高機能なことからプロ選手にも好評。一般プレイヤーのフットサルシューズとして、トップクラスのフットサルシューズとも言えます。

ナイキ(NIKE)

By: amazon.co.jp

ネイマールやクリスティアーノ・ロナウドなど、海外のプロサッカー選手が専属契約していることも多いナイキ。形やカラーリング、質感などデザイン性の高さが特徴です。また、ハイカットモデルの展開なども魅力。

アメリカのブランドということもあり、靴幅が狭めに作られているモデルが多いので注意が必要です。

アンブロ(umbro)

By: amazon.co.jp

イギリスのスポーツ用品ブランドであるアンブロ。国内では日本代表の国際Aマッチ最多出場記録保持者でもある遠藤保仁選手や、スペインリーグで活躍する柴崎岳選手も着用しています。

海外メーカーではありますが、幅広甲高の日本人向けに作られたモデルも販売するなど、日本国内のフットサルプレイヤーにも愛用者が多いのが特徴です。

フットサルシューズのおすすめ|人工芝

アシックス(Asics) DESTAQUE TF FF

アシックス(Asics) DESTAQUE TF FF

剛性感と安定性を兼ね備えているため、足元が不安定な初心者の方におすすめしたいフットサルシューズ。ミッドソール内に衝撃緩衝性に優れたGEL(ゲル)を組み込んでいることにより、衝撃が足に伝わるのを抑えてくれるのが魅力です。

また、軽量な素材を使用しているため、足にかかる負担が少ないのも嬉しいポイント。フットサルで使う足の筋肉ができあがっていない初心者の方に特に適しています。

さらに、運動中に特にねじれが起こりやすい中足部の剛性感を向上させたことにより、走りやすさを力強くサポート。高い剛性感と安定性によって、急なターンの繰り返しや長時間の走行にも耐えられるフットサルシューズです。

ナイキ(NIKE) スーパーフライ X 6 アカデミー TF ah7370-060

ナイキ(NIKE) スーパーフライ X 6 アカデミー TF ah7370-060

スッキリとした足へのフィット感を得られるフットサルシューズ。バスケットシューズのような、ハイカットで細口の「Dynamic Fit」が特徴であり、足を入れた瞬間に包み込まれるようなフィット感を感じます。

また、かかと部分の裏地が足を強く固定するため、急激な方向転換で足がずれるのを防ぐのもポイントです。靴と足が一体となったような感覚で、自分が思うようにクイックに動けるのが魅力。

さらに、ラバースタッズ付きのアウトソールを備えていることにより、より一層人工芝での滑りにくさを実現しています。激しく動く、ハードワーカーに向いているフットサルシューズです。

アンブロ(umbro) リーガサラ ネオ TF

アンブロ(umbro) リーガサラ ネオ TF

まるでスニーカーのようなポップなデザインが特徴のフットサルシューズ。カジュアルなデザインなので、個性を出したい方にもおすすめです。

クッション性能や反発性能の高い、EVAという素材をミッドソールに使用しており、フットサルにおける強い衝撃から足を保護します。

また、アウトソール全体に大小さまざまな円形を配置した「マルチスタッドラバーソール」により、360°全方向の動きに対して高いグリップ性能を実現。フットサルにおける頻繁な攻守の入れ替えや、切れ味の鋭い深いターンをサポートしてくれます。

ミズノ(MIZUNO) モレリア TF

ミズノ(MIZUNO) モレリア TF

アッパー部分にウォッシャブルカンガルーレザーを使用したフットサルシューズ。突起物や硬い素材である分重くなりがちな、人工芝用フットサルシューズの軽量化に成功しています。まるで素足のような感覚で、ストレスフリーにプレーをすることが可能です。

また、アウターソールの突起は独自設計のL字スタッドとなっており、芝が長いロングパイル人工芝でも滑りにくいのが魅力。さらに、靴底全体が硬めに設計されている人工芝用のなかでも、本製品は比較的柔らかい素材を採用しています。足にフィットする、ダイレクト感を重視する方におすすめです。

デスポルチ(Desporte) リオKT DS-440

デスポルチ(Desporte) リオKT DS-440

クッション性能よりも、足先の感覚を優先したいという上級者の方におすすめの1足。本製品は、まるで地面と足が直接触れているかのような感覚が特徴のフットサルシューズです。

ソールが薄い設計であるため、足裏と地面がより近い距離となり、まるで素足でボールを扱っているかのような感覚が魅力。ミッドソールには高いクッション性能を持つEVA素材が使用されており、薄いソールながらも衝撃吸収性能も併せ持ちます。

フットサルシューズのおすすめ|室内・インドア

ミズノ(MIZUNO) モナルシーダ FS SALA

ミズノ(MIZUNO) モナルシーダ FS SALA

高いフィット感を得られることが特徴のフットサルシューズ。「ミズノ史上最薄のアウトソール」と謳われているように、とても軽量で素足のような感覚でプレーできるのが最大の魅力です。

足裏に感覚を研ぎ澄ますことができ、よりダイレクトな感覚でボールを操ることが可能になります。ボールと足の繊細なタッチ感覚を得ることを重視する、テクニック系のプレイヤーにおすすめしたい製品です。

また、比較的横幅に余裕がある設計となっているので、足の幅が大きい方にも最適。より繊細な足先コントロールが可能となります。安価な価格設定なので、これからフットサルを始める初心者の方にもピッタリです。

アシックス(Asics) CALCETTO WD 8

アシックス(Asics) CALCETTO WD 8

足の形が甲高で幅広の方におすすめしたいアシックスのフットサルシューズ。横幅のサイズが広く設計されており、窮屈さを感じないことが特徴です。締め付け感がないため、ストレスフリーでプレーに集中することが可能です。

アッパー部分は人工革皮で作られており、耐久性にも優れています。また、クッション性が高いため、足が疲れにくいのも魅力です。より一層繊細な足先感覚でボールコントロールが可能。価格も比較的安価であることから、初心者にもおすすめのフットサルシューズです。

アシックス(Asics) TOQUE 6

アシックス(Asics) TOQUE 6

本製品は、とにかく高いフィット感覚を重視したい方におすすめです。アッパー部分にマイクロファイバー素材を取り入れることにより、人工革皮でありながら高い柔軟性を確保しており、非常に高いフィット感覚を得られるのが魅力。

また、前足部には高い屈曲性能を実現しているため、足の動きに追従するような、自由自在なダイレクト感を得られるのも魅力のひとつです。素足のような繊細な感覚でボールタッチをすることができます。

また、かかと部分に厚めのクッションがあることで、足の疲れを軽減してくれるのも特徴。激しく動いて個人技を魅せる、テクニック型のプレイヤーにおすすめです。

アンブロ(umbro) アクセレイターサラ SL UF2LJB04

アンブロ(umbro) アクセレイターサラ SL UF2LJB04

鮮やかなデザインが特徴のアンブロのフットサルシューズです。ブルー・レッド・ネイビー・ネイビーピンクブラックなど、色鮮やかなカラーのなかから選択できます。

また、同メーカーの人工芝用「リーガサラ」と同様に、軽量性と弾力性に優れたEVA素材をミッドソールに使用することにより、高いクッション性能を実現しています。

さらに、アッパーパターンは足のフィッティングを考慮して設計されているため、動きやすさも確保。足が疲れにくいので、初心者だけでなく長時間のトレーニングを行う方にも最適なフットサルシューズです。

ナイキ(NIKE) ブラバータ X II IC

ナイキ(NIKE) ブラバータ X II IC

まるで足袋を履いているかのようなフィット感を得られるナイキのブフットサルシューズです。ほかのフットサルシューズと比較して、横幅がスリム設計となっているため、足に完全にフィットして非常に動きやすいことが魅力。

また、アッパーがマイクロテクスチャー加工という、細かい凸凹を施しているため、ボールとの摩擦を生みます。摩擦が生じることによってシューズへの食いつきがよくなり、思いのままにボールコントロールをすることが可能です。

横幅が狭いため足が窮屈に感じることもありますが、非常に高いフィット感とマイクロテクスチャーによるボールコントロールのしやすさで、テクニック重視の上級者の方におすすめです。