DIYや庭木の剪定、粗大ごみの解体など幅広いシーンで活躍する「のこぎり」。さまざまな素材を切断できるモデルもあり、1本あると重宝するアイテムです。しかし、ひとくちにのこぎりといっても多くの製品が展開されているため、どれを選べばよいのか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめののこぎりをご紹介します。おすすめのメーカーや選び方についてもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

のこぎりの選び方

用途に合った種類をチェック

木材をまっすぐ切るなら「両刃のこぎり」

By: amazon.co.jp

両刃のこぎりは、刃渡りの両端に「縦びき用の刃」と「横びき用の刃」の2種類が付いているタイプです。木材の木目の繊維に沿って切るときは縦びき用、木目に対して直角・斜め方向に切るときは横びき用を使います。

1本で複数の引き方ができるため、使い勝手に優れているのがメリット。効率的に木材の切断をしたい方におすすめです。

精密に切るなら「胴付きのこぎり」

By: amazon.co.jp

胴付きのこぎりは、刃の背の部分に背金が付いたタイプののこぎりです。刃が細かく刻まれており、なめらかな切り口に仕上がるのが特徴。なお、薄い刃を補強するために背金が使われているので、切断できる厚みには上限があります。

細かい刃を採用しているため、精密なカッティングにもぴったり。また、切り口がきれいに仕上がるので、ささくれやすい薄い木材などの使用におすすめです。

曲線状に切るなら「引き回しのこぎり」

By: amazon.co.jp

引き回しのこぎりは廻し引きのこぎりとも呼ばれており、のこ刃が細いのが特徴です。木材に突き立てて使用するため、切断箇所が見やすいのがメリット。また、簡単に木材を曲線や直線状に切断できます。

刃渡りが短いので、細かな作業にもおすすめ。切り始める箇所にドリルで穴あけをすれば、板の中央から四角や円状に切り抜くことも可能です。

折りたたみできる「折込のこぎり」

By: amazon.co.jp

折込のこぎりは、刃を折りたたんで収納できるのが特徴です。ケースがなくても持ち運びができるので、キャンプといった屋外での使用にも適しています。

また、ボタンを押さない限り開閉できないオートロック式を採用しているモノを選べば、不意に開閉することがなく安心。安全性に配慮したい方にもおすすめです。

鉄などの金属を切断したいなら専用の製品をチェック

By: amazon.co.jp

金属を切断したい場合は、金属用ののこぎりを選びましょう。木工用ののこぎりで金属を切断すると、刃を傷める可能性があるので注意が必要です。

金属用ののこぎりは、ハイス鋼を刃に使用しているモノや刃に焼き入れ加工を施しているモノなど、耐久性に優れているのが特徴。電動工具が使えない場所や騒音を出せない場所での作業に便利です。

刃渡りをチェック

By: amazon.co.jp

のこぎりを選ぶときは刃渡りをチェックすることも重要です。刃渡りとは、刃の先端から手元までの長さのことを指します。切断する素材に厚みがある場合は、刃渡りが長いモノを選ぶと1回の切断量が多くスムーズに作業可能です。

一方で、薄い素材や精密な作業を行いたい場合は、小回りが利く刃渡りが短いモノが適しています。DIY用ののこぎりを初めて購入する方は、250mm前後のモノが使いやすくおすすめです。

替刃式ならお手入れがラク

By: amazon.co.jp

替刃式ののこぎりは、切れ味が落ちたときや刃が傷んだときに簡単に新しい刃と交換できるのがメリット。刃を研ぎ直す必要がなく、初心者でも簡単にお手入れできるので便利です。

また、同じメーカーのモノであれば、異なる種類の刃を付けられる製品も存在。異なる刃を取り付けることで、切断する素材によって使い分けられるのがおすすめポイントです。

のこりぎのおすすめメーカー

神沢精工

By: amazon.co.jp

「神沢精工」は、兵庫県三木市にある金物メーカーです。早くなめらかに切れるのこぎりを多数展開しており、日本だけでなく海外でも人気があります。

なかでも「サムライシリーズ」は、ナイフで削るような切れ味が特徴ののこぎり。最新のコンピュータシステムによって効率よく切断できるように設計されています。スムーズに切れるのこぎりを使いたい方におすすめのメーカーです。

ユーエム工業

By: amazon.co.jp

「ユーエム工業」は、兵庫県小野市に本社があるのこぎりメーカーです。剪定・大工・DIY用など多数ののこぎりを展開しています。なかでもシルキーシリーズは「アサリなし」の刃を採用しており、なめらかな切り口に仕上がるのが特徴です。

また、「未来目」という特殊目立てを施すことにより、アサリがなくても楽に切断しやすいのもメリット。きれいな切り口に仕上がるのこぎりを使いたい方におすすめのメーカーです。

岡田金属

By: amazon.co.jp

「岡田金属」は兵庫県三木市にあるメーカーです。自動化設備を使って品質の高い製品を多数ラインナップしています。

「衝撃焼き入れ」技術をのこぎり刃に応用しているのがポイントです。大工職人をはじめとしたプロの方にも愛用されています。

のこぎりのおすすめ

神沢精工 サムライ 騎士 FC-240-LH

スムーズに枝を切断できる折込のこぎりです。折りたためるので携帯しやすく、キャンプなどの屋外作業にぴったり。また、ストッパーはボタンを押さない限り開閉しないオートロック式を採用しており、安全性に配慮されているのもポイントです。

刃渡りは240mm、ピッチは荒目の4.0mm。20~50mmの枝を剪定するのに適しています。造園・果樹剪定やアウトドアで使いやすい折込のこぎりを探している方におすすめです。

神沢精工 サムライ 侍大将 GCW-330-LMH

15~100mmまでの幅広い木や枝などに対応できるのこぎりです。先端から中央にかけては3.0〜3.5mmピッチの刃、中央から手前側にかけては4.0mmピッチの刃を搭載。中目と荒目の複合モデルとなっており、木や枝の太さによって持ち替えせずに作業できるのが魅力です。

また、手前から先端に向かって下向きに曲線を描く曲刃を採用。押さえなくても木に切れ込んでいくため、軽くスムーズに作業が行えます。さまざまな太さに対応可能なのこぎりを探している方におすすめです。

神沢精工 サムライ 一番 GC-240-LH

パワフルでなめらかな切り口が特徴の替刃式のこぎりです。刃渡りは240mmでピッチは4.0mmと荒目。剪定や乾燥した木材の切断に適しています。なお、替刃式なので、切れ味が落ちたときや刃が傷んだときに新しい刃と交換できるのがメリットです。

ハンドルは人間工学に基づいて作られており、握りやすいのもポイント。アサリなしの刃を採用することで、きれいな切り口を実現しています。さらに、刃先には衝撃焼入加工が施されており、鋭い切れ味が長く続くのも魅力。丈夫で切り口が美しく仕上がる替刃式のこぎりを探している方におすすめです。

神沢精工 サムライ チャレンジ GCM-240-MH

硬めの木も切りやすい替刃式ののこぎりです。刃胴部の幅を狭くすることで、枝と枝との隙間に入り込みやすい仕様。「万能目」とも呼ばれる3.0mmピッチの刃を採用しており、枝の太さや堅さにかかわらずカットしやすいのが魅力です。

コンピューターによる研磨機を使用しているため、アサリなしでも摩擦抵抗のないスムーズな切れ味を実現。さまざまな枝や木に使える替刃式ののこぎりを探している方におすすめです。

ユーエム工業 シルキー ポケットボーイ DIY 130 338-13

刃渡りが130mmと小型な折込のこぎりです。薄板・ベニヤ・化粧板・塩ビパイプといった素材の切断に適しています。重さは175gと軽量なので持ち運びやすいのもメリット。また、刃の先端部分を使えば穴あけ作業が行えるのも特徴です。

アサリなしの刃に「未来目」という特殊目立てを施しており、縦・横・斜めに切れるのもポイント。さらに、同じサイズのポケットボーイであれば異なる種類の刃を取り付けられます。コンパクトでDIYに適した折込のこぎりを使いたい方におすすめです。

ユーエム工業 シルキー ゴムボーイ 万能目 210 121-21

ゴムグリップのハンドルを採用し、手にフィットしやすい折込のこぎりです。独自の特殊目立てである「未来目」を施しており、縦・横・斜めといったさまざまな方向からスムーズに切断可能。繊維の交わった枝の根元や、縦横の繊維が混在したコンパネなどの切断に適しています。

刃先に衝撃焼き入れを施しており、耐久性に優れているのも魅力。また、鏡面研磨仕上げされたアサリなし刃を採用しているため、なめらかな切り口に仕上がります。DIYから木や枝の選定まで幅広いシーンで使える折込のこぎりを探している方におすすめです。

ユーエム工業 シルキー ズバット 270 270-27

曲線の刃を採用することでスムーズに切断が行えるのこぎりです。カーブした刃によって切る方向に力が働くため、引くだけで切り進められるのが魅力。アサリのない鏡面研磨仕上げの刃によって、きれいな切り口に仕上がるのもポイントです。

付属のサヤは上下にローラーを搭載しており、ラクに出し入れができます。また、「落下防止ロック機構」を採用しているので、逆さまになってものこぎりが抜け落ちにくいのもメリットです。

ユーエム工業 シルキー カタナボーイ 500 403-50

刃渡り500mmと長いため、1回の切断量が多い折込のこぎりです。刃に切断砥石カット目立てを施しており、丸太や太い枝などの切断が可能。高い場所の枝の切断にも活躍します。

ストッパー固定ネジが付いているので、不意に開閉することなく安心して使えるのもメリット。加えて、ハンドルにはゴムグリップを採用しており、しっかりと握りやすいのも特徴です。

のこぎりを収納できる肩掛けショルダーが付属するので、持ち運びしやすいのもポイント。丸太や高い場所の枝を切断できるのこぎりを使いたい方におすすめです。

岡田金属 ゼットソー ハンディ150精密目 07041

目が細かく薄いプラスチックやアルミといった軽金属の切断に適した替刃式のこぎりです。刃渡りは157mm、ピッチは0.9mmと細かく、スムーズな切れ味が魅力。刃先にはハード・インパルス処理が施されており、耐久性に優れているのもポイントです。

グリップは滑りにくいエラストマー樹脂製で、しっかり握れるのも特徴。建物の内装に用いられる見切り材の仕上げや、精密さが必要な作業で活躍します。また、替刃式なので刀を研ぐ必要がないのもメリット。薄い素材をきれいに切断できるのこぎりを探している方におすすめです。

岡田金属 ゼットソー265 18401

アルミ柄とゴムグリップを採用し、重さ288gと軽量な折込のこぎりです。刃渡りは265mm、ピッチは1.75mm。縦・横・斜めの切断ができます。また、刃の先が細くなる「先細形状」で、隙間にも入りやすいのが特徴です。

柄の角度を2段階に変更できるため、作業環境や切断する素材に合わせて力の入れやすい角度に調節しやすいのもポイント。加えて、刃には「衝撃焼き入れ加工」が施されており、耐久性を備えています。丈夫で機能性に優れた折込のこぎりを探している方におすすめです。

岡田金属 ハイスパイマンP1.4 08104

刃先に耐久性を備えている、ハイス鋼を使用した金属切断用のこぎりです。刃渡りは225mm、ピッチは細目の1.41mm。鉄・アルミ・銅・真鍮の切断が可能で、騒音を出せない場所や電動工具が使えない場所での作業で活躍します。

フレームがなく狭い場所での切断ができるのもメリットです。さらに、替刃式で刃が欠けたり、切れ味が落ちたりしたときに簡単にお手入れできます。さまざまな金属を切断できる、丈夫な金属用のこぎりを探している方におすすめです。

岡田金属 ライフソークラフト145 30023

刃にアサリがなく、左右に開いていないため、切断箇所以外に傷が付きにくい替刃式のこぎりです。ネジ頭を隠す埋め木の切断に適しています。刃渡りは150mmとコンパクトで、ピッチは1.2mmと目が細かくなめらかな切り口が特徴です。

刃の素材には、無電解ニッケルリンメッキを使用。耐摩耗性・耐食性に優れています。小型で周りに傷を付けにくい、替刃式のこぎりを使いたい方におすすめです。

岡田金属 ミニパネルソー導突目150 07012

ピッチが1mmと細かく、きれいな切り口に仕上がる胴付きのこぎりです。刃渡りは150mmで、薄い木材や小型素材の切断に適しています。また、精密な作業や細工にもおすすめ。木目に対して直角や斜め方向に切れる横びき用タイプです。

刃にハードインパルス処理が施されており、耐久性が高いのもメリット。なめらかな切り口に仕上がる小型の胴付きのこぎりを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

岡田金属 ゼットソー ノココ

木材用・金属用・段ボール用・缶の穴あけ用の4種類の刃がセットになった折込のこぎりです。物干しさお・パイプ椅子・プラスチック・木製家具など、さまざまな素材を切断できるため粗大ごみの解体にも役立ちます。また、刃がホールドできるタイプで作業中にぶれないのもメリットです。

コンパクトな設計を採用しており、しっかりと握りやすいのも魅力。キャンプなどのアウトドアシーンでも活躍します。小型で多機能な折込のこぎりを探している方におすすめです。

角利産業(KAKURI) 日曜大工鋸 41300

木材や集成材、合板の切断に適した両刃のこぎりです。刃渡りは210mmと使いやすいサイズ。加えて、両端に「縦びき用の刃」と「横びき用の刃」が付いており、効率的に切断作業ができます。

縦びき用の刃は、上目を施すことで挽き曲がりを予防可能。また、横びき用の刃には衝撃焼き入れを施し、切れ味が長続きするのが魅力です。刃先をカバーできる収納ケース付きで安全に使用しやすいのもメリット。木材をきれいに切れる両刃のこぎりを探している方におすすめです。

彗斬(SUIZAN) 両刃鋸 木工用

用途に合わせて使い分けられる縦びき・横びき用の刃が付いた両刃のこぎりです。刃に品質の高い日本鋼を採用。鋭い切れ味が長く続くのが魅力です。

刃渡り240mm、ピッチ1.67mmのオーソドックスなサイズで、初めてのこぎりを購入する方にもおすすめ。さらに、替刃式なので簡単にメンテナンスできるのもメリットです。

玉鳥産業 レザーソー ZA型 本体 306

0.3mmと薄い刃を長い背金で固定した胴付きのこぎりです。最大30mmまでの厚みの素材を切断可能。刃渡りは240mmで使いやすい長さを採用しています。木材の切断はもちろん、木工・竹細工にもぴったりです。

刃の先端にカーブ状の刃が付いた「先端R目立て」により、平面部に穴を開けることも可能。精密な作業ができる胴付きのこぎりを探している方におすすめです。

エスケー11(SK11) 替刃式折込鋸120 引廻し S120-H

比較的リーズナブルな価格が魅力の引き回しのこぎりです。折りたたみ可能で携帯性に優れているのもメリット。刃渡りは120mmで木材はもちろん、ベニヤ・石膏ボードも切断できます。また、替刃式なので、切れ味が落ちた場合は簡単に交換できるのもポイントです。

グリップは、滑りにくいエラストマー樹脂を使用しています。刃の仕上げにはクリアー塗装が施されており、錆びにくいのも特徴。安い価格で購入できる引き回しのこぎりを探している方におすすめです。

オルファ(OLFA) カッター挽き廻し鋸 217B

のこぎりとM厚型刃のカッターナイフを一本にした引き回しのこぎりです。石膏ボード・木材・ベニヤ板の切断はもちろん、ケーブルの被膜カットにも使えるのがメリット。刃は茨目かつ丁寧な目立てで、押しても引いても切れます。

先端は細く鋭利なため、穴あけにも使用可能。また、グリップ側面にはエラストマーの滑り止め付きで、しっかりと握れます。使いやすくきれいに切れる引き回しのこぎりを探している方におすすめです。

WORKPRO 折込のこぎり

柄の部分に刃を収納しコンパクトに持ち運びできる折込のこぎりです。ロックボタンを搭載しており、不意に開閉する心配が少ないのもポイント。また、三面歯状の刃を採用し、きれいな切り口に仕上がるため、庭木の剪定などにもおすすめです。

ハンドルには手にフィットしやすいエラストマー樹脂グリップを使用。しっかり握れるので、長時間の作業でも疲れにくいのが魅力です。コンパクトでスムーズに切断できる折込のこぎりを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

のこぎりの売れ筋ランキングをチェック

のこぎりのランキングをチェックしたい方はこちら。

番外編|のこぎりの使い方

By: amazon.co.jp

まずは、安定する場所に素材を置きます。のこぎりの刃が作業台に当たらないように切断する箇所は浮かせ、片手でしっかりと押さえましょう。切る所にのこぎりをあてたら、そのまま押して溝をつけます。

のこぎりは引くときに切断できるため、引く動作で力を入れるのがポイントです。このとき、刃の全体を使うように大きく動かすとスムーズに作業が行えます。まっすぐに切るためには、刃を約30°の角度で素材にあてるのがコツです。

素材の切り終わりに差し掛かったら、ゆっくりと動かしましょう。そのままのスピードで作業を行うと、のこぎりを引く衝撃と素材の重さによって最後まで切れずに素材が落ちてしまうことも。きれいな仕上がりにするためには、切り始めと切り終わりをゆっくり丁寧に行うことが重要です。