登山ウェア(トレッキングウェア)はその名の通り、登山中の快適さを維持するためのモノ。悪天候もしっかりカバーできるので使い勝手がよく、最近はタウンユースでも活用する方が増えています。

そこで今回は、登山ウェアのおすすめモデルをご紹介。国内外の人気の高い定番ブランドをピックアップしたので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

登山ウェアとは?

重ね着による温度調節がキーになる登山ウェア。山では温度が低くなる一方で、行動中は暑くなるため温度調節に気を配らなければなりません。つまり、保温性と温度調節機能の充実が登山ウェアには重要となります。

また、山では天候が変わりやすいので、急な雨や強い風から身を守れることもポイント。そのため、登山ウェアには防水性・防風性が求められます。

さらに、発汗した状態をそのままにしておくと身体を冷やしてしまうので、透湿性や通気性が良好であるかどうかも確認しておきましょう。

登山ウェアの主な種類

アウターレイヤー

By: amazon.co.jp

アウターレイヤーとはシェルとも呼ばれ、いちばん外側に着用するウェアです。風・雨・雪から身を守る防風・防水性や、内側の湿気を外に排出する透湿性が求められます。また、岩に擦れたり木の枝に引っ掛けたりしても破れにくいタフな素材であることも重要です。

アウターレイヤーは主に、丈夫で防風性・防寒性・防水透湿性に優れた「ハードシェルジャケット」、着心地と動きやすさを重視した「ソフトシェルジャケット」、防風性が高く防寒をメインとした「ウインドブレーカー」、水滴の侵入を防ぎ内側をドライに保つ「レインウェア」の4種類に分けられます。

素材や生地の厚み、機能性が異なるため、天候や目的に適したアウターレイヤーを選ぶことが大切です。

ミドルレイヤー

By: amazon.co.jp

ミドルレイヤーは中間着(インサレーション)とも呼ばれ、気温が低いときや休憩中に着る「保温着」と行動中に着る「行動着」の2タイプに分けられます。いずれも保温性に加え、内部を快適に保つ透湿性・速乾性を重視したウェアです。

なかでもフリースは保温性・通気性・伸縮性に優れているため行動着にベスト。普段着としても使えるのがポイントです。また、断熱性が高いダウンジャケットは、保温着としても寒い時期の行動着としても活躍します。コンパクト収納が可能で携帯性も抜群です。

ベースレイヤー

By: amazon.co.jp

ベースレイヤーは肌に直接触れるインナーで、レイヤリングの基本となるウェアです。肌をドライに保つ重要な役割を担っており、吸湿性・速乾性が求められます。また、肌触りや着心地、動きやすさなどの快適性、体温を維持する保温性などにも注目して選びましょう。

素材はメリノウールや化学繊維が主流です。メリノウールは吸湿性・保温性が高く、冬にも夏にも対応する調温機能を備えているほか、防臭・抗菌にも効果が期待できます。なめらかな肌触りで着心地も良好です。

ポリエステルのような化学繊維はメリノウールに比べ保温性は劣りますが、軽くて耐久性があり吸汗速乾性に優れています。消臭やUVカット機能があったり、厚手・薄手に分かれていたりとバリエーションが豊富。リーズナブルな価格で購入しやすいのも魅力です。

登山ウェアの選び方

レイヤリングを考慮して選ぶ

By: webshop.montbell.jp

登山ウェアにはさまざまな機能が要求されます。一枚のウェアではその機能を実現できないため、ベースレイヤー・ミドル・アウターの順にレイヤリング(重ね着)するのが基本の着こなし方です。季節や天候にあわせて調節することで、快適に登山を楽しめます。

アウターレイヤーは防水透湿性や耐摩耗性をチェック

By: patagonia.jp

アウターレイヤーを選ぶ際に重要視したいのが防水透湿性。雨や雪など水滴の侵入を防ぎつつ、汗による内部の蒸れを外へ排出する機能です。防水・撥水・透湿性の3つを備えた「防水透湿素材」を採用した登山ウェアを選ぶようにしましょう。これまでゴアテックスが主流でしたが、最近では各メーカー独自の防水透湿素材も増えています。

また、快適かつ安全な登山を行うためには耐摩耗性に優れたタフな素材であることも大切。山登りでは、岩や木の枝、氷などウェアを傷付けるモノが多いため、登山ウェアを選ぶ際は耐摩耗性もチェックしておきましょう。

ミドルレイヤーは脱ぎ着しやすいモノがおすすめ

By: patagonia.jp

寒暖差が激しい山では、登山ウェアで体温調節を行います。「行動中に暑くなったら脱ぎ、休憩中冷えてきたら着る」を繰り返すため、脱ぎ着のしやすさは重要です。脱ぎにくいからと面倒になり寒さや暑さを我慢すると、体力が消耗したり集中力が低下したりして怪我につながる場合もあります。

ジップタイプのフリースやダウンジャケットであると、脱ぎ着しやすく体温調節もしやすいのでおすすめ。特にダウンジャケットは軽量でコンパクトに収納できるため、携帯性にも優れます。

また、春や秋の登山ならベストも視野に入れるのもおすすめ。袖がないため微妙な気温でも体温調節しやすく脱ぎ着のしやすさも抜群です。

ベースレイヤーは吸水速乾性を重視

By: patagonia.jp

ベースレイヤーはレイヤリングにおいて、快適性の決め手となる重要なウェアです。汗を吸収し素早く発散する「吸水速乾性」が求められます。綿(コットン)は肌触りがよく汗を吸収しますが、乾きにくいので低体温症のリスクが高まるためなるべく避けましょう。

ベースレイヤーにはポリエステルなどの化学繊維やメリノウールがおすすめ。化学繊維は吸水速乾性に特化しており、モデルによってUVカットや防臭機能などが備わっています。メリノウールは調温・防臭機能、保温性に優れていますが、価格が高めなのが難点です。

登山ウェアのおすすめブランド

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

ザ・ノース・フェイスは1968年にサンフランシスコで生まれたブランド。常に高品質を目指しており、快適に使用できる最低気温を表す「最低温度規格表示」を使用したことでも有名です。

創業以来、厳しい寒さに耐えられる寝袋や登山ウェア、テントなどを作り続けているのが特徴。世界中の登山家やアウトドアアクティビティを楽しむ方から信頼を得ています。

登山ウェアは女性・男性・子供向けの幅広い製品をラインナップ。高い通気性・保温性を有しています。また、カラーバリエーションが豊富でファッション性が高いのも魅力のひとつです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) クライムベリーライトジャケット

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) クライムベリーライトジャケット

耐水性と軽量性に優れた「13デニールリップストップナイロン」を使用した3層構造のアウターレイヤーです。止水ファスナーを採用するなど細部までこだわることで、極めて高い防水性能を実現。

裏地にはベタつきを抑えて快適な着心地を維持する「C-KNITバッカー」を採用し、優れた透湿性能を有しています。重量は250gと超軽量で、着用したまま眠れるほどの快適な着心地が特徴です。

また、柔軟な生地なのでバックパックを背負ったままでも動きやすく、高い運動性を備えています。着用時のシルエットがタイトに仕上がっているため、おしゃれに着こなせるのも魅力のひとつです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) キャンプシェラショート

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) キャンプシェラショート

1969年に発売したマウンテンパーカーの原型ともいえる「シェラショート」のリバイバルモデルです。特殊な洗浄技術で処理を施した羽毛は保温性に優れ、見た目のボリュームとは裏腹にとても軽量な登山ウェアになっています。

表面は引裂き強度が高いヴィンテージナイロンを使用。耐摩耗性に優れているほか、撥水加工を施してあるため多少の雨や雪を弾くことができます。フード部分は取り外し可能であるため、気分や天候によって変更可能です。

裏地には極細のナイロン糸を高密度に織り上げた「QUANTUM」を使用しているため、着用時のフィット感が心地よいのもポイント。着用時のスリムなシルエットはおしゃれで人気が高く、登山ウェアとしてはもちろん、冬場の普段着としてもおすすめの1着です。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) アーバンアクティブフレックスクルー

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) アーバンアクティブフレックスクルー

アウトドア用アウターとしても活用できるロングスリーブシャツです。裾に備えられたアジャスターコードでシルエットの変更が可能。高い伸縮性を持つ「4WAYストレッチ素材」を使用しているほか、ゆとりのある着幅なので着心地がとてもよくなっています。

撥水加工が施されていることにより、突然の雨や水しぶきを弾くため、天候が安定しない日の登山ウェアとして活用可能。また、静電気の発生を抑える「静電気ケア」付きなのもポイントです。生地は厚手なので秋から冬の乾燥した肌寒い時期におすすめ。快適な着心地と体温を保つおすすめの登山ウェアです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ベントリックスゼファーカーディガン

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ベントリックスゼファーカーディガン

アウトドアや登山はもちろん、街中での着用も考慮したおしゃれなミドルレイヤーです。撥水性があるポリエステル100%の中わたを採用。春先の涼しい季節にはアウターとして、冬場の肌寒い時期はコート下のインナーダウンとして活用できます。

表素材は伸縮性に優れ、撥水性が高い「ハイストレッチ・リップストップ・ナイロン」を採用。裏地には肌触りがよく軽量な「ナイロンストレッチタフタ」を使用しています。「ベンチレーションホール」を備えており、通気性を保っているのもポイント。

停まっている時は体温を保ち、動いてる時は蒸れを排出して快適性を保ちます。オールシーズン活躍するおすすめの登山ウェアです。

モンベル(mont-bell)

モンベルは1975年、辰野勇氏が2人の登山仲間と共に「株式会社モンベル」を大阪で設立したのが始まりです。「Function is Beauty(機能美)」と「Light & Fast(軽量と迅速)」をコンセプトに、世界で愛される登山用具やアウトドアグッズの開発を行なっています。

モンベルの製品は、同重量の他素材に比べて保温性・透湿性に優れた新素材を積極的に取り入れているのが特徴です。厳しい天候変化への対応力があり、気温差が激しい環境でも耐えられる登山ウェアなどの製品を多く展開しています。

モンベル(mont-bell) クリマプラス200 ライニングジャケット

モンベル(mont-bell) クリマプラス200 ライニングジャケット

防風性が高いアウタージャケットです。中厚手のフリース素材を使用して保温性・保湿性を維持し、裏地には耐久性に優れたバリスティックナイロン素材を使用。防風性だけでなく、帯電防止加工が施されているのもポイントです。

また、背中と袖部分には斜め方向への伸縮性に優れた「バイアスストレッチ」を採用。しなやかな着心地が特徴で、重ね着にも対応できます。

表素材はポリエステル製であるため、耐水性に優れ、濡れても生地が伸びてしまうことがありません。さらに、耐水性や保温性に優れているにも関わらず、内側からの蒸れを放出しやすい構造となっているのもポイント。寒暖差の激しい日に登山ウェアとして用意しておくと重宝する1着です。

モンベル(mont-bell) ストームクルーザー ジャケット

モンベル(mont-bell) ストームクルーザー ジャケット

防水性に優れたモンベルのアウターレイヤーです。300g未満と軽量なため動きやすく、バードウォッチングやトレッキングなどに適しています。

モンベルオリジナルのゴアテックス「ファブリクス3レイヤー」を採用。ほかのナイロン製品と比べて、同重量で約2倍の引き裂き強度を誇り、高いレベルでの防水性と軽量性を実現しています。

裏地にはとても薄いニットを使用したニットバッカーテクノロジーを採用。しなやかで肌触りがよいため着用しやすく、透湿性を向上させる役割も担っています。

防寒性能はあまり高くないため、寒冷地などで使用する場合は内側にフリースなどの保温着を組み合わせるのがおすすめ。レインウェアとして役立つ、春から秋にかけて活躍する1着です。

モンベル(mont-bell)ジオラインL.W.Tシャツ

モンベル(mont-bell)ジオラインL.W.Tシャツ

オールシーズン着用できる速乾性の高いベースレイヤーです。素材はモンベルが独自に開発した「ジオライン」を採用。汗を素早く吸い上げて即座に拡散するので、ベタつきをなくし、快適な着心地を維持できます。

また空気を多く含み、断熱性に優れた「ストレッチスパン糸」を採用。暖かさを保つ上に、高い放熱性を備えているのも特徴です。

気温が高い日も熱がこもらないため、夏場の登山などアクティビティに重宝します。また、強力な防臭効果が半永久的に持続するのもポイント。機能性の高いベースレイヤーを探している方におすすめの登山ウェアです。

パタゴニア(patagonia)

パタゴニアは1965年、もともと鍛冶屋としてクライミング用のギアを作っていたイヴォン・シュイナードが創業しました。後に、シュイナードが航空技師のトム・フロストと共にシュイナード・イクイップメントを経営したのが始まりです。

徹底的な品質追求と環境へ配慮した製品づくりで有名なパタゴニアは、クライミングのほかにスキー、サーフィン用品なども手がけています。アウトドア全般において、本物志向を追求する消費者に広く支持されているブランド。

また、パタゴニアの登山ウェアは耐久性・防水透湿性などの機能性に優れているだけでなく、デザイン性も高い製品が多いのが特徴です。

パタゴニア(patagonia) メンズ ライトウェイト シンチラ スナップT フーディ

パタゴニア(patagonia) メンズ ライトウェイト シンチラ スナップT フーディ

パタゴニア特有の「リサイクル・ポリエステル」による心地よい暖かさと快適な運動性が特徴のフーディ。登山ウェアに必要な保温性と通気性を備えているのが特徴です。

吸湿発散性・速乾性・保温性に優れた「シンチラ・ポリエステル・フリース素材」を使用。ベルベットのようになめらかなフリース生地は耐摩耗性に優れ、高い伸縮性も備えています。また、袖口と裾は身体にフィットするため、暖かさを逃がしません。

デザイン性も高いため、登山好きの男性へのプレゼントにもおすすめ。寒暖差が激しい登山での使用にぴったりのアイテムです。

パタゴニア(patagonia) メンズ トレントシェル ジャケット

パタゴニア(patagonia) メンズ トレントシェル ジャケット

耐摩耗性・防水性・透湿性を施した「H2Noパフォーマンススタンダードシェル」を採用したレインウェアです。

袖口のテープ留めが極限まで湿気の侵入を防御するため、防水性に優れているほか、ポケットには撥水加工を施しています。身体をドライに保つことができるので、雨天時の登山やトレッキングにおすすめです。

フード部分はつばを備えており、かぶりやすいほか雨をしっかり防げるのがポイント。使用しない時は付属のコードとフックで留めておけます。また、裏地の首にあたる部分にはマイクロフリースを施し、肌触りを向上させて快適な着心地を実現。

さらに、343gと軽量で、使用しない時はそのままカラビナ用ループ付きのハンドウォーマーポケットに収納できます。天候が変わりやすい場所での使用に適した持ち運びに便利なアイテムです。

パタゴニア(patagonia) メンズ ナノ パフ フーディ

パタゴニア(patagonia) メンズ ナノ パフ フーディ

撥水処理を施した「リップストップ・リサイクル・ポリエステル」を100%使用しているため、防風性・防水性に優れたアイテム。肌寒い日に重宝するフーディジャケットです。

伸縮性に優れた裾と袖口にはドローコードが備わっており、風を遮断して体温をしっかりと保ちます。また、フードも撥水性と伸縮性に優れているため、両耳を包み徹底的に体温の低下を防ぎます。

内側のカラビナ用ループ付チェストポケットにはジッパーが付いており、コンパクトに本体を収納可能。363gと軽量で携行性が高いのも魅力のひとつです。

ロゴス(LOGOS)

ロゴスは、1928年に柴田実昭氏が大阪で「大三商会」を発足したのが始まりです。あまり標高の高くない山を登る時など、軽めのアウトドアシーンを想定した製品が多いのが特徴。

ロゴスの製品開発には妥協がなく、高い伸縮性・防水性・通気性を有しています。また、オールシーズンで着用できるような製品が多いのも魅力のひとつです。登山やアウトドアを楽しむことで家族全員が笑顔になれるような製品づくりを心がけています。

ほかのアウトドア用品メーカーに比べて安い価格帯の製品が多く、カジュアルな着こなしを求める特に若い世代へおすすめのブランドです。

ロゴス(LOGOS) トレッキング クライミング ジョガーパンツ

ロゴス(LOGOS) トレッキング クライミング ジョガーパンツ

登山ウェアやトレッキングウェアにおすすめのクライミングジョガーパンツです。生地は撥水性・伸縮性に優れたポリエステルとポリウレタンの混合素材を使用。耐摩耗性を備えつつ良好な機動性と防水性を兼ね備えています。

ウエストはアジャスターベルト付きなので簡単にサイズ調整が可能。また、リブ付きの裾は異物の侵入を防ぐこともできます。さらに、普段着と同様に自宅で洗濯が可能なのもポイントです。

本アイテムはおしゃれに着こなせる高いファッション性も魅力のひとつ。価格も安いため、登山ウェアや普段着として複数の色を用意しておくのもおすすめです。

ロゴス(LOGOS) カラフル ボア フルジップ ジャケット

ロゴス(LOGOS) カラフル ボア フルジップ ジャケット

左胸のカラフルなジップポケットが特徴的な、ロゴスのカジュアルなボアジャケットです。登山ウェアだけではなく普段着としてもおしゃれに着用できます。

素材は疎水性の高いポリエステルを全体に使用しており、水に濡れても縮むことがないため長く使用できます。高い伸縮性・保温性・通気性を有し、登山ウェアはもちろん、さまざまなアウトドアシーンでの応用が可能です。

秋から冬の寒い時期は通気性と保温性を活かしてインナーダウン変わりに、春先や秋などの涼しい時期はおしゃれなアウターとして活用できます。

ロゴス(LOGOS) ネオステンジャケット

ロゴス(LOGOS) ネオステンジャケット

シンプルなデザインとカラーが特徴のフルジップジャケットです。肌寒い時に羽織るジャケットとしても、ウインドブレーカーとしても活用可能。

本アイテムは防風性を高めるため、フロントはジップボタンになっています。全て閉じると首元までしっかりとガードできるのがポイント。全体の素材は疎水性の高いポリエステルに撥水コーティングを施し、防水性を高めています。

裏地は保温性の高い「マイクロフリース素材」を使用。さらに、通気性を高めるため「ベンチレーションホール」を施し、蒸れを発散します。高い伸縮性を有しているため、運動性を損なわない快適な着心地が魅力。秋から冬の登山やアウトドアで活用できるおすすめの1着です。

登山ウェアのメンズコーデ

雪山登山なら視認性の高い暖色系をチョイス

By: wear.jp

雪山では赤やオレンジなど、暖色系の登山ウェアやザックがおすすめ。雪の中で映える色のため視認性が高く、滑落や遭難などがあった場合に発見が容易になります。また、無風・快晴の雪山は夏並に暑くなる場合もあるので、ジャケットは動きやすく通気性のよいソフトシェルが快適。

ボトムスは溶けた雪で濡れやすいため、ハードシェルが安心です。ニット帽や目出し帽を合わせると、寒さだけでなく紫外線や日差し対策にもなります。

動きやすさ重視の本格登山スタイル

By: wear.jp

マウンテンパーカー×ハーフパンツ×タイツで運動性が高い本格登山スタイル。赤のザックをメインにブラック系でスタイリッシュに仕上げています。初心者の方は同じブランドで統一するのがおすすめ。レイヤリングしやすく、テイストを合わせてバランスよくまとめられます。タイツは血流改善や運動性を高める機能が備わったモノを選ぶようにしましょう。

レイヤリングが基本のキャンプスタイル

By: wear.jp

キャンプでもレイヤリングが基本となるため、登山ウェアが活躍します。マウンテンパーカーにインサレーションカーディガンを合わせて保温性を確保。登山ウェアはレイヤリングや動きやすさを考慮して、サイズに余裕があるモノを選ぶのがおすすめです。ショートパンツの場合はタイツを合わせて紫外線・虫対策もしておきましょう。

登山ウェアとカジュアルなボトムスでフェススタイル

By: wear.jp

爽やかなブルーの登山ウェアに花柄のショートパンツを合わせたフェススタイル。山間部や海辺などで行われる野外フェスの場合は、朝晩の寒暖差や天候の変化に対応しやすい登山ウェアがおすすめです。不使用時はコンパクトに収納できるので邪魔になりません。色味や柄は会場の雰囲気や季節に合わせるとよいでしょう。

モノトーンでまとめた大人の休日コーデ

By: wear.jp

登山ウェアにラフなスウェットパンツを合わせた、動きやすさ重視のコーデです。グレー×ブラックのモノトーンでまとめて大人の男を演出。クールなオールブラックもよいですが、グレーを取り入れることでソフトな印象に仕上がります。高機能な登山ウェアはタウンユースにもおすすめです。