登山ウェア(トレッキングウェア)はその名の通り、登山中の快適さを維持するためのモノ。悪天候もしっかりカバーできるので使い勝手がよく、最近はタウンユースでも活用する方が増えています。

そこで今回は登山ウェアのおすすめモデルをご紹介。国内外の人気の高い定番ブランドをピックアップしたので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

登山ウェアとは?

重ね着による温度調節がキーになる登山ウェア。山では温度が低くなる一方で、行動中は暑くなるため温度調節に気を配らなければなりません。つまり、保温性と温度調節機能の充実が登山ウェアには重要となります。

また、山では天候が変わりやすいので、急な雨や強い風から身を守れることもポイント。そのため、登山ウェアには防水性・防風性が求められます。

さらに発汗した状態をそのままにしておくと身体を冷やしてしまうので、透湿性や通気性が良好であるかどうかも確認しておきましょう。

登山ウェアの主な種類

アウターレイヤー

By: amazon.co.jp

アウターレイヤーとはシェルとも呼ばれ、いちばん外側に着用するウェアです。風・雨・雪から身を守る防風・防水性や、内側の湿気を外に排出する透湿性が求められます。また、岩に擦れたり木の枝に引っ掛けたりしても破れにくいタフな素材であることも重要です。

アウターレイヤーは主に、丈夫で防風性・防寒性・防水透湿性に優れた「ハードシェルジャケット」、着心地と動きやすさを重視した「ソフトシェルジャケット」、防風性が高く防寒をメインとした「ウインドブレーカー」、水滴の侵入を防ぎ内側をドライに保つ「レインウェア」の4種類に分けられます。

素材や生地の厚み、機能性が異なるため、天候や目的に適したアウターレイヤーを選ぶことが大切です。

ミドルレイヤー

By: amazon.co.jp

ミドルレイヤーは中間着(インサレーション)とも呼ばれ、気温が低いときや休憩中に着る「保温着」と行動中に着る「行動着」の2タイプに分けられます。いずれも保温性に加え、内部を快適に保つ透湿性・速乾性を重視したウェアです。

なかでもフリースは保温性・通気性・伸縮性に優れているため行動着にベスト。普段着としても使えるのがポイントです。また、断熱性が高いダウンジャケットは、保温着としても寒い時期の行動着としても活躍します。コンパクト収納が可能で携帯性も抜群です。

ベースレイヤー

By: amazon.co.jp

ベースレイヤーは肌に直接触れるインナーで、レイヤリングの基本となるウェアです。肌をドライに保つ重要な役割を担っており、吸湿性・速乾性が求められます。また、肌触りや着心地、動きやすさなどの快適性、体温を維持する保温性などにも注目して選びましょう。

素材はメリノウールや化学繊維が主流です。メリノウールは吸湿性・保温性が高く、冬にも夏にも対応する調温機能を備えているほか、防臭・抗菌にも効果が期待できます。なめらかな肌触りで着心地も良好です。

ポリエステルのような化学繊維はメリノウールに比べ保温性は劣りますが、軽くて耐久性があり吸汗速乾性に優れています。消臭やUVカット機能があったり、厚手・薄手に分かれていたりとバリエーションが豊富です。リーズナブルな価格で購入しやすいのも魅力。気温が高い時期は化学繊維、寒い時期はメリノウールと使い分けるのがおすすめです。

登山ウェアの選び方

レイヤリングを考慮して選ぶ

By: webshop.montbell.jp

登山ウェアにはさまざまな機能が要求されます。一枚のウェアではその機能を実現できないため、ベースレイヤー・ミドル・アウターの順にレイヤリング(重ね着)するのが基本の着こなし方です。季節や天候にあわせて調節することで、快適に登山を楽しめます。

アウターレイヤーは防水透湿性や耐摩耗性をチェック

By: patagonia.jp

アウターレイヤーを選ぶ際に重要視したいのが防水透湿性。雨や雪など水滴の侵入を防ぎつつ、汗による内部の蒸れを外へ排出する機能です。防水・撥水・透湿性の3つを備えた「防水透湿素材」を採用した登山ウェアを選ぶようにしましょう。これまでゴアテックスが主流でしたが、最近では各メーカー独自の防水透湿素材も増えています。

また、快適かつ安全な登山を行うためには耐摩耗性に優れたタフな素材であることも大切。山登りでは、岩や木の枝、氷などウェアを傷付けるモノが多いため、登山ウェアを選ぶ際は耐摩耗性もチェックしておきましょう。

ミドルレイヤーは脱ぎ着しやすいモノがおすすめ

By: patagonia.jp

寒暖差が激しい山では、登山ウェアで体温調節を行います。「行動中に暑くなったら脱ぎ、休憩中冷えてきたら着る」を繰り返すため、脱ぎ着のしやすさは重要です。脱ぎにくいからと面倒になり寒さや暑さを我慢すると、体力が消耗したり集中力が低下したりして怪我につながる場合もあります。

ジップタイプのフリースやダウンジャケットであると、脱ぎ着しやすく体温調節もしやすいのでおすすめ。特にダウンジャケットは軽量でコンパクトに収納できるため、携帯性にも優れます。

また、春や秋の登山ならベストも視野に入れるのもおすすめ。袖がないため微妙な気温でも体温調節しやすく脱ぎ着のしやすさも抜群です。

ベースレイヤーは吸水速乾性を重視

By: patagonia.jp

ベースレイヤーはレイヤリングにおいて、快適性の決め手となる重要なウェアです。汗を吸収し素早く発散する「吸水速乾性」が求められます。綿(コットン)は肌触りがよく汗を吸収しますが、乾きにくいので低体温症のリスクが高まるためなるべく避けましょう。

ベースレイヤーにはポリエステルなどの化学繊維やメリノウールがおすすめ。化学繊維は吸水速乾性に特化しており、モデルによってUVカットや防臭機能などが備わっています。メリノウールは調温・防臭機能、保温性に優れていますが、価格が高めなのが難点です。

登山ウェアのおすすめブランド・メーカーランキング

第1位 ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

ザ・ノース・フェイスは1968年にアメリカ・サンフランシスコで創業された総合アウトドア用品メーカー。名前は、山の北面(ノース・フェイス)に由来しています。それだけに、厳しい条件下での使用に耐える登山ウェアや寝袋・テントなど信頼性の高いマウンテンギアを取り揃えており、人気のブランドです。

登山ウェアも多くの商品がラインナップしています。機能性はもちろん、デザインやカラーバリエーションが豊富なのが魅力です。タウンユースしてもファッション性が高いのがメリット。メンズはもちろん、レディースやキッズ向け登山ウェアも幅広く展開しているので、家族で登山やアウトドアアクティビティを楽しむ方にもおすすめのブランドです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ヌプシダウンジャケット

1990年代からザ・ノース・フェイスを代表するダウンジャケット。ダウンの品質は600フィルパワー、一般に高品質とされる550フィルパワーを大きく上回っているハイクオリティな登山ウェアです。

表地の丈夫なナイロンは撥水加工が施され、ショルダー部にはナイロンによって補強されています。Lサイズの重量は650g。タウンユースから雪山登山まで対応できる信頼性の高い、おすすめのダウンジャケットです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ドットショットジャケット


防水型ハードシェルでありながら軽量なのが魅力の登山ウェア。2.5レイヤー構造で防水透湿性を確保して、強風もしっかり防いでくれます。そのため、キャンプや低山トレッキングをはじめ、3000m級の登山にも対応できるおすすめのウェアです。

表地はナイロン100%、裏地にはポリウレタンコーティングが施されています。重量は380gと軽量。ゆったりとした形状で軽いので、厚手の中間着を身に付けてもかさばることなく動きやすいのもメリットです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) マウンテンレインテックスジャケット


ゴアテックスを使用した3レイヤー構造のレインウェアです。耐久性や防水透湿性に優れているばかりでなく、肌触りが心地よいのも特徴です。

防寒・防風性にも優れ、デザイン性も良好。レインウェアとしてだけでなくハードシェルとしても利用可能な汎用性の高さも魅力なおすすめの登山ウェアです。

重量450gと軽く、ゆとりのあるデザインなので厚手のミドルレイヤーを着込んでも動きやすいのもポイント。袖口はマジックテープでとめられ、フードも収納可能で便利です。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) バーブパンツ

汎用性の高いトレッキングパンツをお求めの方におすすめできる定番パンツ。オーソドックスなストレートシルエットで伸縮性が高く、歩きやすいのがメリットです。

表面には撥水性と防風性があり、左右にベンチレーションを備えているので、多少の雨では蒸れることなく行動できます。素材には適度な保温性と厚みがあってオールラウンドで利用できる人気のパンツ。タウンユースや軽運動でも利用したい方におすすめです。

第2位 モンベル(mont-bell)

モンベルは1975年に設立された日本の総合アウトドアブランドです。創業者の辰野勇氏は日本のトップクライマーとして1970年には日本初のクライミングスクールを開校しています。“Function is Beauty (機能美)”をコンセプトとする日本を代表するブランドです。

商品のバリエーションが広く、海外メーカーに比べてリーズナブルな価格設定も魅力。日本の気候や風土に配慮しているメーカーだけに、初心者にも安心しておすすめできる登山ウェアのブランドです。

モンベル(mont-bell) ストームパーカ

モンベルを代表するハードシェルの登山ウェア。表地にはモンベル独自素材のドライテックを採用しており、透湿性や撥水性が良好なのが特徴です。

保温材としては、薄手ながらも保温力が高いシンサレートを使用。繊維の密度が高いので、風を通しにくいのもメリットです。表地は滑らかな繊維にねじり加工してあり、雪面での滑り止め効果が期待できるのもポイント。コンパクトに収納できるスタッフバッグもついていて携行に便利な登山ウェアです。

モンベル(mont-bell) ウインドブラストパーカ

重さ174gと軽量なモンベルのウインドブレーカー。収納サイズが5×9×17.4cmとコンパクトなので携行しやすいのもメリットです。

身体にフィットするデザインを採用しているので、強い風でもバタつきにくいのも特徴。脇下にベンチレーションを配置してあるので、内部の空気を放出して蒸れにくくなっています。撥水性能も高く、安心して使えるおすすめのウインドブレーカーです。

モンベル(mont-bell) ストームクルーザー ジャケット

防水透湿性が高いゴアテックスの3レイヤー構造を採用したモンベルのレインウェア。裏地にはニット素材が使われ、しなやかな着用を体感できるのが特徴です。

モンベルオリジナルのシェル素材「バリスティックナイロン」により、引き裂き強度はナイロンの約2倍と耐久性も良好。多くの方におすすめできる定番の登山ウェアです。

モンベル(mont-bell) ストームクルーザー パンツ

GORECニットバッカーテクノロジーを採用することで、しなやかな着心地が感じられるパンツ。縫製箇所を減らして、スッキリしたデザインに仕上がっているのが特徴です。

ボトムジッパーは裾が大きく開くので、着脱が容易なのもポイント。登山ウェアとしてはもちろん、キャンプや釣りなど幅広いアウドドアシーンで活躍してくれる便利なアイテムです。

モンベル(mont-bell) メリノウールプラスアクション ジップネック

ベースレイヤー素材としては最適とされる高品質なメリノウールを採用したモンベルのインナー用登山ウェア。ジップネックタイプのTシャツなので、温度調節がしやすいのもメリットです。

デザイン性も高いので、部屋着としても利用することが可能。登山ウェアとしてインナーにとどまらない汎用性の高さが魅力なので、機能性の高い肌着を求めている方におすすめです。

第3位 パタゴニア(patagonia)

パタゴニアは1965年にアメリカで創業されたアウトドアメーカー。登山用品やサーフィン用品を製造しています。環境活動に熱心であることでも知られており、パタゴニアのフリースにはペットボトル再生品が使われています。

同メーカーはモルデン・ミルズ社(現在のポーラテック社)が1979年に開発したフリース素材に注目し、登山ウェアにいち早く取り入れたのがことでも有名。フリース素材の登山ウェアを豊富に取り揃えています。

また、それまでグリーンやタンなどのアースカラーが主流であった登山ウェアにコバルトブルーやレッドなどの鮮やかな色を採用。登山ウェアのデザイン性が高いことでも定評がある、アウトドアメーカーです。

パタゴニア(patagonia) メンズ クラウド・リッジ・ジャケット

シンプルなデザインが魅力のパタゴニアのアウターシェル登山ウェア。ポリエステルの3レイヤー構造で防水性や透湿性に優れているうえ、肌触りがよいのが特徴です。

フードはヘルメットの着用にも対応。手を入れるポケットは裏地にメッシュ生地を採用しているほか、防水加工のジッパーを採用しており使い勝手は良好。シンプルながら細部にまで配慮が行き届いたおすすめの登山ウェアです。

パタゴニア(patagonia) フリース R2ジャケット

パタゴニアのフリースジャケットの中でも、通気性と速乾性が良好の登山ウェア。特徴は2種類のフリース素材を用いたハイブリッド構造で、軽量かつ吸湿拡散性を備えているうえに、伸縮性が高い素材「ポーラテック・サーマル・プロ・ポリエステル」を採用しているのがポイントです。

重量は405g。手を入れるポケットはハーネスの装着にも対応しています。スリムフィットのフリースジャケットなので、スムーズに重ね着にも対応できるおすすめの登山ウェアです。

パタゴニア(patagonia) メンズ・ライトウェイト・シンチラ・スナップT・プルオーバー


パタゴニアの軽量フリース。4つのスナップがついたプルオーバータイプで、寒い時でも首回りの保温性が高いのが特徴です。

左胸のポケットにはナイロンの縁取りがついて滑りやすく、物の出し入れがスマートにできるのもポイント。重量は405gと軽量なので、タウンユースにもおすすめの登山ウェアです。

第4位 マムート(MAMMUT)

マムート(MAMMUT)

マムートは1862年にロープ作りのために創業されたスイスのクライミング用品メーカー。信頼性の高い用品を取り揃えているブランドとして知られており、登山ウェアにおいても、ハイクオリティで機能性があるグッズがラインナップしています。また、ヨーロッパのブランドらしく洗練されたデザインも人気の理由です。

マムート(MAMMUT) SOFtech TREKKERS Pants Men

裾に向かってシェイプし、シルエットがきれいなトレッカー向けのパンツ。膝から下の部分が細身に見えますが、伸縮性が高いので動きやすいおすすめの登山ウェアです。

撥水性や防風性も良好で、裏面は起毛されているのもポイント。バックルベルト付きで、ウエストのサイズ調整も容易です。デザイン性が高いので、普段使いの利用でも違和感がないので、汎用性の高いアイテムを探している方におすすめです。

第5位 アークテリクス(ARC’TERYX)

地元クライマーたちによって1989年に設立されたカナダのアウトドアメーカー「アークテリクス」。社名は始祖鳥の学名にちなんでつけられており、ロゴは化石をモチーフにしています。同社の登山ウェアは、高機能かつ洗練されたデザインで多くの人を魅了しており、アウトドアシーンに限らずタウンユースとしても人気です。

アークテリクス(ARC’TERYX) ベータ AR ジャケット メンズ 21782

機能性とデザイン性を兼ね備えたオールラウンドな登山ウェアです。ゴアテックスプロの採用により、高レベルの防水性と透湿性を発揮し全天候に対応。摩擦や引き裂きにも強く耐久性も抜群です。

内襟付きのフードやヘルメット対応のドロップフードを採用しているほか、ベンチレーションを備えレイヤリングにも対応。登山やクライミング、スキーなどさまざまなシーンで着用できます。適度なヒップ丈とシンプルなデザインで着回しがよく、タウンユースにもおすすめです。

第6位 ミレー(Millet)

ミレーは1921年にフランスで創業し、縫い目のないナイロン製のバックパックやクライミング用ウェアを初めて開発した老舗メーカーです。バックパックのイメージが強いですが、ウェアやシューズ、寝袋など豊富にラインナップしており登山に必要なギアが揃っています。

アウトドア用品に限らず、旅行や通勤にも適したウェアやバックパックも展開。ソフトなカラーリングとベーシックなデザインで普段使いにもおすすめです。

ミレー(MILLET) ティフォン 50000 ウォーム ストレッチ ジャケット MIV01554-0247

圧倒的な透湿性を誇る独自開発の素材「ドライエッジ ティフォン50000」を採用した登山ウェアです。代表的な防水透湿素材の透湿性が「約13500g/m2/24h」であるのに対し、本製品は驚異の「約50000g/m2/24h」を実現。さらに、耐水圧約20000mmと雨を凌ぐのに十分な防水性を備えています。

裏地にはトリコット起毛を配置して保温性を高めているほか、伸縮性があり動きやすさも抜群です。街での着用も意識したスタイリッシュなデザインも魅力。アウトドアからタウンユースまで幅広く使えるおすすめの登山ウェアです。

第7位 カリマー(karrimor)

カリマーは1946年に設立されたイギリスの老舗アウトドアブランドです。ブランド名の語源「carry more(もっと運べる)」を追求し、先鋭的な製品開発と登山家、冒険家たちのサポートを行っています。

ユーザーからのフィードバックを生かした製品開発により、機能性・デザイン性に優れているのが特徴です。リュックサックを主軸に、アウトドアからタウンユースまで幅広く対応したウェアを展開しています。

カリマー(Karrimor) サミットジャケット

通気性・耐水性に優れたシンプルな登山ウェアです。独自の防水透湿素材「weathertite stormy」の採用により、耐水圧約20000mmを実現。フロントフラップと止水ファスナーを装備し、裾のスティッチをなくすことで防水性を高めているのがポイントです。

ウェア内の湿気を外に排出する性能も持ち合わせており、汗による肌のベタつきを抑えドライに保ちます。フードはヘルメット装着を考慮し首振りの可動域を確保しているほか、不使用時はロールアップ収納が可能。ミニマル仕様ながら高機能を実現したおすすめの登山ウェアです。

第8位 マーモット(Marmot)

1974年にアメリカ・コロラド州で誕生した老舗アウトドアブランド「マーモット」。業界で先駆けて防水透湿素材「ゴアテックス」を採用し、「マーモット・メンブレン」や「ナノプロ」など画期的なオリジナル素材を次々と開発しています。デザインにもこだわっており、斬新で個性的な登山ウェアを多数展開。高機能ながらリーズナブルな価格で手に入れやすいのも魅力です。

マーモット(Marmot) 1000レスター ダウンパーカー TOMMJL33

約1000FPの良質なマザーグースダウンを約120g充填した登山ウェアです。羽毛に撥水加工を施し、弱点である湿気に対応。シンプルなデザインにより軽量化を実現し、重量のほとんどがダウンになるように設計されています。携帯に便利な収納袋が付属しており、ダウン着用時はサコッシュとして使用可能。軽量かつ保温力抜群のおすすめの登山ウェアです。

第9位 チャムス(CHUMS)

チャムスは1983年にアメリカ・ユタ州で誕生したカジュアルアウトドアブランド。人懐こい「ブービーバード」をメインキャラクターにしており、フレンドリーで親しみやすいブランドを目指しています。

ポップで独創的なカラーリングとカジュアルなテイストが特徴。品質の高さに定評があり、男女問わず幅広い層から支持を得ています。登山・キャンプ・フェスなどのアウトドアシーンはもちろん、普段使いにもおすすめです。

チャムス(CHUMS) アルパインパーティダウンジャケット CH04-1069

耐水圧約10000mmで悪天候にも対応するオールラウンドな登山ウェアです。撥水加工を施した生地の中に約650FPのダウンを封入し、機能性と保温性を両立。シームテープと止水ファスナーを使用した水滴が侵入しにくい仕様です。

一見シンプルなジャケットですが、ブービーバードのくちばしをモチーフにしたデザインがさりげなく入っていたり、裏地にビビッドなカラーを採用したり、チャムスらしい遊び心が感じられます。胸元にブービーフェイスロゴが入っているのもポイント。着用するだけで気分を盛り上げてくれるおすすめの登山ウェアです。

第10位 ミズノ(MIZUNO)

ミズノは1906年に創業された日本の老舗総合スポーツ用品メーカー。創業当初からスポーツ振興に注力し続け、さまざまなスポーツの大会やイベントに協賛しています。スポーツ用品はもちろん、アウトドアにも対応したウェアやザック、シューズなども展開。高品質・高機能ながらリーズナブルな価格設定も魅力です。

ミズノ(MIZUNO) ベルグテックEXストームセイバーVI レインスーツ メンズ A2MG8A01

独自の防水透湿素材「ベルグテックEX」を採用したハイスペックな登山ウェア。耐水性・透湿性・撥水性に優れているのに加え、簡単に体温調節が行える2層構造のベンチレーションポケットを搭載しています。

袖部分は立体的な形状で動かしやすく、パンツは太めの設計で靴を履いたままでも着脱が可能。持ち運びに便利な収納袋が付属していますが、トップスとパンツはまとめてフード内にも収納できます。登山ウェア選びで悩んでいる初心者の方におすすめです。

登山ウェアのメンズコーデ

雪山登山なら視認性の高い暖色系をチョイス

By: wear.jp

雪山では赤やオレンジなど暖色系の登山ウェアやザックがおすすめ。雪の中で映える色のため視認性が高く、滑落や遭難などがあった場合に発見が容易になります。また、無風・快晴の雪山は夏並に暑くなる場合もあるので、ジャケットは動きやすく通気性のよいソフトシェルが快適。ボトムスは溶けた雪で濡れやすいため、ハードシェルが安心です。ニット帽や目出し帽を合わせると、寒さだけでなく紫外線や日差し対策にもなります。

動きやすさ重視の本格登山スタイル

By: wear.jp

マウンテンパーカー×ハーフパンツ×タイツで運動性が高い本格登山スタイル。赤のザックをメインにブラック系でスタイリッシュに仕上げています。初心者の方は同じブランドで統一するのがおすすめ。レイヤリングしやすく、テイストを合わせてバランスよくまとめられます。タイツは血流改善や運動性を高める機能が備わったモノを選ぶようにしましょう。

レイヤリングが基本のキャンプスタイル

By: wear.jp

キャンプでもレイヤリングが基本となるため、登山ウェアが活躍します。マウンテンパーカーにインサレーションカーディガンを合わせて保温性を確保。登山ウェアはレイヤリングや動きやすさを考慮して、サイズに余裕があるモノを選ぶのがおすすめです。ショートパンツの場合はタイツを合わせて紫外線・虫対策もしておきましょう。

登山ウェアとカジュアルなボトムスでフェススタイル

By: wear.jp

爽やかなブルーの登山ウェアに花柄のショートパンツを合わせたフェススタイル。山間部や海辺などで行われる野外フェスの場合は、朝晩の寒暖差や天候の変化に対応しやすい登山ウェアがおすすめです。不使用時はコンパクトに収納できるので邪魔になりません。色味や柄は会場の雰囲気や季節に合わせて行くとよいでしょう。

モノトーンでまとめた大人の休日コーデ

By: wear.jp

登山ウェアにラフなスウェットパンツを合わせた、動きやすさ重視のコーデです。グレー×ブラックのモノトーンでまとめて大人の男を演出。クールなオールブラックもよいですが、グレーを取り入れることでソフトな印象に仕上がります。高機能な登山ウェアはタウンユースにもおすすめです。