登山ウェア(トレッキングウェア)はその名の通り、登山中の快適さを維持するためのモノ。悪天候もしっかりカバーできるため使い勝手がよく、最近はタウンユースでも活用する方が増えています。

そこで今回は、登山ウェアのおすすめモデルをご紹介。国内外の人気の高い定番ブランドをピックアップしたので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

登山ウェアとは?

登山ウェアとは、登山中の快適性を保つためのウェアのこと。山では温度が低くなる一方で、行動中は暑くなるため温度調節に気を配らなければなりません。つまり、保温性と温度調節機能が登山ウェアには重要となります。

天候が変わりやすい山において、急な雨や強い風から身を守れるのが特徴。防水性や防風性に優れたモノが多くラインナップされています。なお、発汗した状態をそのままにしておくと身体を冷やしてしまうので、透湿性や通気性が良好であるかどうか確認することも大切です。

登山ウェアの主な種類

アウターレイヤー

By: amazon.co.jp

アウターレイヤーとはシェルとも呼ばれ、外側に着用するウェアです。風・雨・雪から身を守る防腐性や防水性、さらには内側の湿気を外に排出する透湿性が求められます。また、岩に擦れたり木の枝に引っ掛けたりしても破れにくいタフな素材であることも重要です。

アウターレイヤーは主に、丈夫で防風性・防寒性・防水透湿性に優れた「ハードシェルジャケット」、着心地と動きやすさを重視した「ソフトシェルジャケット」、防風性が高く防寒をメインとした「ウインドブレーカー」、水滴の侵入を防ぎ内側をドライに保つ「レインウェア」の4種類に分けられます。

素材や生地の厚み、機能性が異なるため、天候や目的に適したアウターレイヤーを選ぶことが大切です。

ミドルレイヤー

By: amazon.co.jp

ミドルレイヤーは中間着(インサレーション)とも呼ばれ、気温が低いときや休憩中に着る「保温着」と、行動中に着る「行動着」の2タイプに分けられます。いずれも保温性に加え、内部を快適に保つ透湿性や速乾性を重視したウェアです。

なかでもフリースは、保温・通気・伸縮性に優れているため行動着にベスト。普段着としても使えるのもポイントです。また、断熱性が高いダウンジャケットは、保温着としても寒い時期の行動着としても活躍します。コンパクトに収納できるので携帯性も良好です。

ベースレイヤー

By: amazon.co.jp

ベースレイヤーは肌に直接触れるインナーで、レイヤリングの基本となるウェアです。肌をドライに保つ重要な役割を担っており、吸湿性・速乾性が求められます。また、肌触りや着心地、動きやすさなどの快適性、体温を維持する保温性などにも注目して選びましょう。

素材はメリノウールや化学繊維が主流です。メリノウールは吸湿性・保温性が高く、冬にも夏にも対応する調温機能を備えているほか、防臭・抗菌効果も期待できます。なめらかな肌触りで、着心地も良好です。

ポリエステルのような化学繊維はメリノウールに比べ保温性は劣りますが、軽くて耐久性があり吸汗速乾性に優れています。消臭やUVカット機能があったり、厚手・薄手に分かれていたりとバリエーションが豊富。リーズナブルな価格で購入しやすいのも魅力です。

登山ウェアの選び方

レイヤリングを考慮して選ぶ

By: montbell.jp

登山ウェアにはさまざまな機能が要求されます。1枚のウェアではその機能を実現できないため、ベースレイヤー・ミドル・アウターの順にレイヤリング(重ね着)するのが基本の着こなし方です。季節や天候にあわせて調節することで、快適に登山を楽しめます。

アウターレイヤーは防水透湿性や耐摩耗性をチェック

By: patagonia.jp

アウターレイヤーを選ぶ際に重要視したいのが防水透湿性。雨や雪など水滴の侵入を防ぎつつ、汗による内部の蒸れを外へ排出する機能です。これまでゴアテックスが主流でしたが、最近では各メーカー独自の防水透湿素材も増えています。

また、快適かつ安全な登山を行うためには、耐摩耗性に優れたタフな素材であることも大切。山登りでは、岩や木の枝、氷などウェアを傷付けるモノが多いので、登山ウェアを選ぶ際は耐摩耗性もチェックしておきましょう。

ミドルレイヤーは脱ぎ着しやすいモノがおすすめ

By: patagonia.jp

登山中は行動中に暑くなったら脱ぎ、休憩中冷えてきたら着るといったことを繰り返すため、脱ぎ着のしやすさは重要です。脱ぎにくいからと面倒になり寒さや暑さを我慢すると、体力が消耗したり集中力が低下したりして怪我につながる場合もあります。

ジップタイプのフリースやダウンジャケットであると、脱ぎ着しやすく体温調節もしやすいのでおすすめ。特にダウンジャケットは軽量でコンパクトに収納できるので、携帯性にも優れています。

また、春や秋の登山ならベストも要チェック。袖がないため、微妙な気温でも体温調節しやすく脱ぎ着のしやすさも良好です。

ベースレイヤーは吸水速乾性を重視

By: patagonia.jp

ベースレイヤーはレイヤリングにおいて、快適性の決め手となる重要なウェアです。汗を吸収し素早く発散する「吸水速乾性」が求められます。綿(コットン)は肌触りがよく汗を吸収しますが、乾きにくく、低体温症のリスクが高まるためなるべく避けるようにしましょう。

ベースレイヤーには、ポリエステルなどの化学繊維やメリノウールがおすすめ。化学繊維は吸水速乾性に特化しており、モデルによってUVカットや防臭機能などが備わっています。メリノウールは調温・防臭機能、保温性に優れていますが、価格が高めなのが難点です。

登山ウェアのおすすめブランド

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

ザ・ノース・フェイスは1966年に創業されたアメリカのアウトドアブランドです。ランニングやスキー、スノーボードなどのスポーツ用品からトラベル・キャンプ用品まで、幅広いシーンに適したアイテムを製造・販売しています。

ザ・ノース・フェイスの登山ウェアは、登山に最適な機能性を備えているのはもちろん、デザイン性に優れているのも魅力。タウンユースできるモノが多いため、見た目にもこだわりたい方におすすめです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) クライムライトジャケット NP11503

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) クライムライトジャケット NP11503

軽量で防水性に優れているザ・ノース・フェイスのメンズ用アウターウェア。重量270gの超軽量設計です。ゴアテックスマイクログリットバッカーを採用しているため、雨や雪など水滴が侵入しにくいのが特徴。また、コンパクトに収納できるのも魅力です。

さらに、風のバタつきを軽減するスリムなシルエットなのもポイント。パックを背負ったままでも身動きが取れやすいので、運動性と快適さの両方を求める方におすすめです。タウンユースできるため、普段使いできるアウターウェアとしてもチェックしてみてください。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) カットソー ロングスリーブホットジップクルー

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) カットソー ロングスリーブホットジップクルー

登山時のベースレイヤーにおすすめのアイテムです。起毛・光電子サーマスタットの厚い生地が高い保温力を生み出すため、防寒に最適。また、汗をかいてもすぐに吸い上げられ、蒸発する仕組みなのも特徴です。

吸水速乾性に優れているので、低体温症のリスクを軽減できるのも魅力。カラーはブラック・アスファルトグレー・クラッシュドプラムの3色展開です。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) キャンプシェラベストNY81932

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) キャンプシェラベストNY81932

メンズ用のダウンベストです。中わたには、プリマロフトラックスを採用。わたの偏りを抑えられるため、空気の層を確保することで保温性を保てるのが魅力です。表面には撥水加工がされているので、雨天時にも使用可能。登山時はミドルレイヤーに取り入れるのが主流です。

また、フードはシーンに合わせて取り外しできるのもポイント。カラーバリエーションも豊富なため、普段着としてもコーディネートしやすいおすすめアイテムです。

モンベル(mont-bell)

モンベルは、シンプルかつ高品質なアイテムを取り揃えている日本のブランドです。「Function is Beauty(機能美)」をコンセプトのひとつとして掲げており、機能性にも優れていながら低価格で購入できるのが特徴。登山の初心者におすすめのブランドです。

また、登山ウェアの取り扱い種類が豊富なのもモンベルの魅力。季節や利用するシーンに合わせてアイテムを選べます。

モンベル(mont-bell) Men`s EDGAR Ⅱ Down Vest Jacket

モンベル(mont-bell) Men`s EDGAR Ⅱ Down Vest Jacket

春や秋の登山に最適なモンベルのメンズ用ダウンベストです。表面には撥水加工がされており、水を弾きやすいのが特徴。通気性も保てるため、小雨でベストに水滴が付着しても蒸れにくく、快適に過ごせるのが魅力です。

また、軽量で携帯性に優れているのもポイント。手軽に脱いだり着たりできるので、ミドルレイヤーのアイテムとしておすすめです。カラーはシンプルなブラック・ベージュの2色。ほかの服とコーディネートしやすいおすすめアイテムです。

モンベル(mont-bell) Men`s DOWNY Ⅱ jacket メンズフリースジャケット

モンベル(mont-bell) Men`s DOWNY Ⅱ jacket メンズフリースジャケット

ジップタイプで、ミドルレイヤーのアイテムとしておすすめのメンズ用フリースジャケットです。着用時に腕が絡まないようウーブン生地を採用しており、脱ぎ着しやすいのが特徴です。

また、ポリエステルも採用しており、軽くて耐久性があるのも魅力のひとつ。カラーは使いやすいグレー・ブラック・ネイビーの3色から選べます。ほかのアイテムと合わせやすいため、おしゃれにこだわりたい方はチェックしてみてください。

パタゴニア(patagonia)

パタゴニアは登山だけでなく、サーフィンやアウトドア用品など、幅広いアウトドアアイテムを取り扱うアメリカのブランドです。環境に配慮されたアイテムで知られており、環境問題に取り組むグループの助成も行っています。

また、「H2No素材」やゴアテックスを使用した、快適な着用感も特徴のひとつ。さらに、機能性だけでなくデザイン性にも優れているため、普段使いできるアイテムとしても人気を集めています。

パタゴニア(patagonia) メンズ・ダウン・セーター 84674

パタゴニア(patagonia) メンズ・ダウン・セーター 84674

ミドルレイヤーにおすすめのダウンセーターです。素材にはポリエステルが使われており、耐久性撥水加工が施されています。雨や雪を弾くため、悪天候時に着用できます。

また、ナイロンで縁取りした伸縮性のある袖口と裾のドローコードも特徴のひとつ。風の浸入を防ぐので、保温性が高いのもポイントです。さらに、ジッパー式ハンドウォーマーポケットが2つ付いているのも魅力。機能性に優れたおすすめアイテムです。

パタゴニア(patagonia) メンズ・キャプリーン・ミッドウェイト・クルー 44427

パタゴニア(patagonia) メンズ・キャプリーン・ミッドウェイト・クルー 44427

ベースレイヤーにおすすめのパタゴニアの登山ウェアです。肌に触れる面にダイアモンド型のグリッド・パターンを備えており、保温性・通気性・吸湿発散性に優れているのが魅力。また、防臭加工が施されているため、臭いが気になりにくいのも特徴です。

さらに、表面が滑らかなので、レイヤリングしやすいのもポイント。ほかのアイテムとの組み合わせることで、おしゃれも楽しめます。

ロゴス(LOGOS)

ロゴスは、大阪に本社を置くロゴスコーポレーションのアウトドアブランドです。「水辺5メートルから標高800メートルまで」をポリシーとしており、山岳グッズからビーチグッズまで、幅広く取り揃えているのが最大の特長。高機能ながらリーズナブルな価格帯のアイテムを製造・販売しています。

ロゴスの登山ウェアは、軽めのアウトドアシーンを想定した製品が多く、そこまで標高が高くない山を登る際に最適。また、オールシーズンで着用できる製品が多いのも魅力のひとつです。

ロゴス(LOGOS) ストレッチレインスーツ

ロゴス(LOGOS) ストレッチレインスーツ

レインウェアを探している方におすすめの、ロゴスのストレッチレインスーツです。ストレッチ生地が動きに合わせて伸びるよう設計されているため、快適な着心地を得られるのが魅力。生地裏にはエンボス加工がされているので、ベタつきにくいのもポイントです。

また、通気口を常にオープンの状態にしておける設計のため、排気性にも優れています。カラーはターコイズ・チャコール・ネイビーの3色展開です。

サロモン(SALOMON)

サロモンは、1947年にフランスのアルプス地方で創業されたフランスのブランド。主にマウンテンスポーツ用品を手掛けており、四季を通じて山を楽しむためのアイテムを取り扱っているのが特徴です。

サロモンの登山ウェアは、デザイン性のあるモノが豊富。落ち着いた色からカラフルなモノまで幅広く取り扱っているので、おしゃれにこだわりたい方はチェックしてみてください。

サロモン(SALOMON) STORMRACE JKT M

サロモン(SALOMON) STORMRACE JKT M

動きやすく耐久性の高いサロモンのアウトレイヤー用ジャケットです。ストレッチ性の高い素材が使われていることに加えて、サロモン独自の技術により、スムーズな動作をサポートします。また、雨・雪・風をシャットアウトしながらも、内側にこもる湿気を放出する仕様のため快適です。

さらに、内側にはポケットが付いているのもポイント。カラーバリエーションも豊富なので、おしゃれにこだわりたい方はチェックしてみてください。

サロモン(SALOMON) GRID FZ MID M

サロモン(SALOMON) GRID FZ MID M

機能性に優れたサロモンの登山ウェアです。素材にはポリエステル製グリッドファブリックを採用しており、裏面を起毛させています。保温性に優れているのはもちろん、速乾性にも優れているのが特徴です。

また、フルジップタイプのため、脱いだり着たりしやすいのも魅力。さらに、季節によって使い分けが可能で、秋〜冬の防寒が必要な季節にはミドルレイヤーとして、春や秋の涼しい季節にはアウターレイヤーとして使えます。

ミズノ(MIZUNO)

ミズノは、大阪府に本社を置く日本を代表する総合スポーツ用品メーカー。独自の技術開発によって野球やゴルフなど、さまざまな分野のアイテムを製造・販売している世界的にも有名なブランドです。

登山ウェアは、高機能にもかかわらず手頃な価格で手に入るため、初心者から上級者まで幅広い層に人気があります。普段使いできるデザインのモノも取り揃えているので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

ミズノ(MIZUNO) ベルグテックEXストームセイバーVI レインスーツ メンズ

ミズノ(MIZUNO) ベルグテックEXストームセイバーVI レインスーツ メンズ

多機能なミズノのレインウェアです。ミズノ独自の3層構造を採用しており、撥水性・防水性・透湿性・耐久性に優れているのが特徴。耐久性にも優れており、岩に擦れたり木の枝に引っ掛けたりしても破れにくいのも魅力です。

また、軽量でコンパクトなフード内収納が付いていたり、ひさしの高さを調節するアジャスターが付いていたりと、使い勝手がよいのも魅力のひとつ。手入れも簡単なため、長く使えるアウターウェアを探している方におすすめです。

ミズノ(MIZUNO) ブレスサーモアンダーウェア

ミズノ(MIZUNO) ブレスサーモアンダーウェア

ベースレイヤーにおすすめのアイテム。袋編みと裏起毛の重層化構造を採用しており、保温性に優れているのが特徴です。また、素材に吸湿発熱素材である、ミズノ独自の「ブレスサーモ」を採用しているのも魅力。汗を吸収して発熱効果をもたらすため、冬の防寒用アイテムとしておすすめです。

さらに、ストレッチ性が高いのもポイント。動きやすく締め付けを感じにくいので、快適に着用できるアイテムを探している方はぜひチェックしてみてください。

登山ウェアのメンズコーデ

ナイロンジャケットをシックに着こなす大人コーデ

By: wear.jp

シックで大人の雰囲気を演出したい方におすすめのコーデ。ブラックのナイロンジャケットに、同じくブラックのボトムスを合わせることで、すっきりとしたシルエットにまとめています。また、ブラウンのシューズを取り入れることで、全体のバランスを取っている技ありコーデです。

その日の気分に合わせて、カラフルなシューズやリュックなど、合わせる小物を工夫するのもおすすめ。気分に合わせておしゃれを楽しめるコーデです。

誰でも似合うネイビージャケットのモノトーンコーデ

By: wear.jp

ネイビーのジャケットを基調にしたコーデ。ブラックのボトムスを合わせることで、全体をすっきりとまとめており、スタイルがよく見えます。洋服の組み合わせで外したくないといった日におすすめです。

また、アウトドアときれいめのバランスが絶妙なのもポイント。ジャケットでアウトドアの印象を醸し出しつつ、インナーに白を取り入れることで、好感度高めのスタイリングに仕上がっています。

シャツの存在感が際立つあったかコーデ

By: wear.jp

防寒しつつ、おしゃれを楽しめるコーデです。ブラックのダウンに、同じくブラックのボトムスとシューズを合わせることで、中のシャツの存在感を引き立てているのがポイント。同系色のシャツを取り入れているため、落ち着いた大人コーデに仕上がっています。

また、その日の気分に合わせてシャツを変えればよりおしゃれを楽しめるので、アレンジしやすいコーデとして参考にしてみてください。

王道のミリタリーコーデ

By: wear.jp

カーキのボトムスに、ブラックのダウンジャケットを合わせたミリタリーコーデです。インナーにはグレーのカットソーを取り入れることで、上品な雰囲気を演出しているのがポイント。また、ニット帽を被ることで、やわらかさとおしゃれ感を演出しています。

足元にはサッカーシューズを取り入れることで、個性的なコーデに仕上げているのもポイント。上級者向けのおすすめコーデです。