テレビを自宅の壁に設置する際に欠かせないアイテムが「テレビ壁掛け金具」です。テレビの下にテレビ台を設置する必要がなくなるので部屋のスペースを有効活用できます。

ただし、テレビ壁掛け金具にもさまざまなモデルが販売されているため、初めて購入する方は迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、テレビ壁掛け金具の選び方を踏まえたうえで、おすすめのモデルをご紹介します。

テレビ壁掛け金具のメリット

テレビ壁掛け金具の主なメリットは、部屋のスペースを有効活用できる点です。省スペース設計のテレビでも大きなテレビ台の上に置くとスペースを取ってしまうのが難点。テレビ壁掛け金具を使えばテレビ台を設置する必要がなくなるので、テレビ下のスペースを自由に活用できます。

また、耐震性を向上できるのもテレビ壁掛け金具のポイントです。テレビが壁にしっかり固定されるため、テレビ台の上に置くよりも揺れに強くなるのがポイント。地震対策の効果も期待できるほか、子供やペットがいたずらで衝突しても転倒などの事故も予防できます。

ほかにも、絵画のようにおしゃれな雰囲気を演出できるのも魅力。また、テレビ台を使うよりも視聴距離を広く取れるので、画面がワンサイズ大きなテレビを設置しても快適に視聴できます。

テレビ壁掛け金具の選び方

テレビを見る場所に合ったタイプを選ぶ

主に正面から見るなら「角度固定タイプ」

By: amazon.co.jp

正面から見ることが多いなど、主な視聴場所が決まっている場合には、角度固定タイプのテレビ壁掛け金具がおすすめです。金具の厚みが薄く、壁にぴったり固定できるので、テレビを壁に一体化させた状態ですっきり見せられるのが特徴。また、アームなどの可動する部品も少ないため、摩耗や劣化に強く、長期間にわたって使用できます。

ただし、角度固定タイプのテレビ壁掛け金具は角度や高さの調節ができないので、さまざまな場所からテレビを見たい方には不向きなのが難点。加えて、金具が薄く、テレビと壁との間のスペースがほとんどなくなるため、テレビ裏に接続している配線が多い場合や、大きな段差がある場合には、設置が不可になる場合もあります。

高い場所に設置するなら「上下角度調節タイプ」

By: amazon.co.jp

目線までの高さに家具があるなど、正面の壁に設置するのが難しい場合には、上下角度調節タイプのテレビ壁掛け金具がおすすめです。画面を上下にチルトできるのが特徴。下向きの角度に調節しておけば、壁の高い位置にテレビを設置した状態でも快適にテレビを視聴できます。

金具に厚みがあるので、テレビと壁との間のスペースを取れるのもポイント。接続ケーブルが多い場合にも配線がしやすく、端子の抜き差しも比較的簡単に行えます。また、高さを確保することで、画面の反射を抑えやすいのも魅力です。

ただし、上下角度調節タイプのテレビ壁掛け金具は左右の角度調節には非対応なのが難点。視聴場所は主に正面に限られます。

上下左右の角度が変えられる「アームタイプ」もおすすめ

By: amazon.co.jp

ダイニングテーブルからソファに移動するなど、さまざまな場所からテレビを見たい場合には、アームタイプのテレビ壁掛け金具がおすすめです。一体型のアームを動かすことで、視聴場所に合わせて上下左右に画面の角度を自在に調節できるのが特徴。自由なスタイルでテレビ視聴が楽しめます。

テレビと壁との間のスペースを上下角度調節タイプよりも広く取れるため、配線が多い場合に対応しやすいのもポイント。また、アームによる左右の傾きを活用すれば、壁の角にテレビを設置する場合にも重宝します。

一方で、アームタイプのテレビ壁掛け金具は、左右に動かすと反対の位置から形状が目立ちやすくなるのがデメリットなので、注意しましょう。

テレビのサイズに合ったモノを選ぶ

使用するテレビのサイズに適しているかもテレビ壁掛け金具選びでは重要です。金具を装着する際は、テレビの裏にブラケットという補強用の支持部品を取り付ける必要があるので注意。ブラケットはテレビ裏のネジ穴を利用しますが、画面サイズが異なるとネジ穴の間隔も変わるため、適合しないモノは取り付けできない場合もあります。

テレビ裏にあるネジ穴の間隔は、主に「VESA規格」という国際標準規格に沿って設計されているのがポイント。大半のテレビはVESA規格を採用しており、画面サイズに応じてネジ穴の間隔が一定に決められています。

耐荷重をチェック

耐荷重の確認もテレビ壁掛け金具を選ぶ際のポイントです。耐荷重とは金具全体が支えられる限界重量のこと。テレビ壁掛け金具の耐荷重よりもテレビの重量があると十分に支えられないため、金具や壁を破損したり、重さに耐えきれずテレビが落下したりする恐れもあります。

対応サイズ内に収まっていても、テレビの重量がテレビ壁掛け金具の重量を上回っていると危険なので注意。必ず対応サイズと耐荷重両方の条件を満たしているかを確認しましょう。

地震などの災害にも備えて、大きめの耐荷重に対応するテレビ壁掛け金具を選ぶのも重要。例えば、30インチ以下の小型テレビを設置する場合でも、耐荷重に余裕を持たせて25kg以上に対応できるモデルを選ぶと安心です。

部屋に合ったカラーをチェック

By: rakuten.co.jp

インテリアに合ったカラーのテレビ壁掛け金具を選ぶと、部屋の雰囲気を損ないにくいのでおすすめです。斜めの位置からテレビを見ると金具が目に付きやすくなるのが難点。金具が気になる方は、カラーにもこだわりましょう。

白色の壁紙や家具などを基調とした部屋では、同じく白色の配色を施したテレビ壁掛け金具がぴったり。違和感なく馴染みやすいため、明るい日中でも使用できます。

配色にブラックを採用したモデルを選ぶ場合は、テレビの質感と合うように塗装を施したモノがおすすめです。同じ黒色でも高級感のある仕上がりになるので、テレビ壁掛け金具が見えてもシックでおしゃれな雰囲気を醸し出せます。

テレビ壁掛け金具のおすすめ

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 薄型テレビ壁掛け金具 100-PL022

コンパクトに設置できる上下角度調節タイプのテレビ壁掛け金具です。スリムデザインの採用によって壁からの出っ張りがわずか5cmと短いのが特徴。また、幅42×高さ42cmと省スペース設計なので、32インチなどの小型テレビでの使用にもおすすめです。

薄型ながら耐荷重45kgを備えているのもポイント。対応するVESA規格は縦横100〜400mmで、最大70インチまでのテレビが設置が可能です。また、壁面ブラケット左右の突起と下側のねじ締めによって落下のリスクを軽減できます。

上下の角度調節に対応するのも特徴。上向きに5°、下向きに15°チルトできます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) テレビ壁掛け金具 上下角度調節 100-PL002

大型テレビも見やすい位置で視聴できる上下角度調節タイプのテレビ壁掛け金具です。下向きに15°、上向きに5°の角度調節を行えるのが特徴。設置後でも角度の調節がしやすく、壁の高い位置にテレビを設置する場合にもおすすめです。

幅85×高さ43cmとワイド設計が採用されており、耐荷重も最大60kgまでと頑丈なのもポイント。将来的により大きなサイズのテレビに買い替える場合でも、柔軟に対応が可能です。

壁とテレビ背面の間に8.5cmのスペースを確保できるのも魅力。背面や側面の配線が行いやすいため、ネット回線やレコーダーなどとの有線接続が設置後も手軽に行えます。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) テレビ壁掛け金具 ダブルアームタイプ 32~52インチ対応 100-PL005

見やすい角度にクイック調節できるアームタイプのテレビ壁掛け金具です。テレビを手前に引き出すことで、上下方向に合計20°、左右方向に合計88°の角度調節が可能。部屋のどこからでも見やすい向きに調節でき、部屋の角にテレビを設置する場合にも重宝します。

アームを使えば前後の位置調節が行えるのもおすすめポイント。壁から7〜45.7cmまで引き出せるので、いつもよりやや遠くから視聴する場合でも見やすくなります。また、アームは折りたためばコンパクトに収納が可能です。

ダブルアーム構造の採用によって耐荷重50kgと頑丈なのも魅力。付属のケーブルタイを使ってアームにケーブルを固定すれば、テレビ後方の配線をすっきり整頓できます。

スタープラチナ(STAR PLATINUM) TVセッター壁美人 Lサイズ TI300

壁にほとんど跡を残さず使用できる上下角度調節タイプのテレビ壁掛け金具です。ピンが刺せる石膏ボードの壁のみ対応可能ですが、ホッチキスで手軽に取り付けられるのが特徴。取り付けの跡が目立ちにくいので、賃貸住宅での設置も可能です。

ホッチキスのみで固定しているにもかかわらず、耐荷重25kg以下と強固なのもポイント。さらに、震度7の揺れを想定した耐震検査もクリアしていると謳われています。

対応するVESA規格は縦横100〜400mmで、最大65インチまでの大画面テレビが取り付けられるのも魅力。加えて、上向き15°と下向き15°の角度調節も行えます。

スタープラチナ(STAR PLATINUM) TVセッターチルト Mサイズ RK100

収納スペースを備えた上下角度調節タイプのテレビ壁掛け金具です。収納スペースは5cmの厚さがあり、番組録画用の外付けHDDなどを置くのに便利。下部にはコードホールもあるので、周辺機器や配線をスマートに整頓したい方にもおすすめです。

角度を上向きに12°、下向きに12°調節できるのもポイント。フリーロック式を採用しているため、設置後も簡単に見やすい位置へ変更できます。

カラーはマットブラックとホワイトの2種類をラインナップ。インテリアに合ったモノを選べます。対応するVESA規格は縦横100〜400mm、耐荷重は最大35kgで、最大65インチまでのテレビが取り付け可能です。

スタープラチナ(STAR PLATINUM) TVセッターアドバンス Mサイズ AR126

外観の美しさと滑らかな操作感を兼ね備えたアームタイプのテレビ壁掛け金具です。部材の一部に高品位なアルミ合金を使用。白い壁に馴染むホワイトを採用したモノもラインナップされているので、インテリアに合うおしゃれなテレビ壁掛け金具を探している方にもおすすめです。

滑らかに動かせるダブルアームを備えているのもポイント。上下方向に20°、左右方向に120°の角度調節が行えるほか、前方向には5.3〜51.8cmまで引き出せます。加えて、耐荷重30kgの堅牢性を備えており、37〜65インチのテレビが設置可能です。

スタープラチナ(STAR PLATINUM) TVセッターフリースタイル Mサイズ VA226

便利な機能が充実したアームタイプのテレビ壁掛け金具です。壁に固定するベースの上部に外付けHDDなどの周辺機器を収納できるポケットを搭載。加えて、フレーム内にコードを通せるので、配線もスマートに整頓できます。

テレビを引っ掛けるだけで簡単に固定できる、自動ロック機構を備えているのもポイント。さらに、ブラケットの上部には凹凸があり、緩みや重みでテレビが横にずれるのを防げます。耐荷重は35kgで、最大65インチのテレビに使用が可能です。

アームは可動式で、上下方向14°と左右方向90°の角度調節に加えて、前後方向に6.5〜48cmの引き出しなどにも対応します。

スタープラチナ(STAR PLATINUM) TVセッターハイライン Mサイズ HA124

高い質感と堅牢性を有するプレミアム仕様のアーム型テレビ壁掛け金具です。高級感のある外観の美しさと優れた強度を兼ね備えたアルミ合金をアームやブラケットに使用。側面から見えても陳腐さを感じさせないので、デザインにこだわりのある方にもおすすめです。

独自の首振り機構を備えるのもポイント。一般的なアームと違って、アームを固定させたままその場で左右60°の首振りが可能なため、安定性を保ったまま角度を調節できます。また、上下30°のチルトや、前後10.5〜55cmの引き出しも可能です。

対応するVESA規格が縦100〜500mm、横150〜810mmと幅広いのも魅力。耐荷重は50kgで、37〜65インチまでのテレビが取り付けられます。

イオーノ(Eono) テレビ壁掛け金具 26〜55インチ対応 PL2361-K

コスパに優れた角度固定タイプのテレビ壁掛け金具です。低価格ながら耐荷重45.5kgまで対応し、VESA規格は縦横75〜400mmの範囲で調節が可能。汎用性が高く、安心して使えるテレビ壁掛け金具を探している方にもおすすめです。

壁からの厚さが28mmと省スペース設計を採用しているのもポイント。また、横方向の動きを制限できるストッパーも備えているので、ガタつきの解消にも役立ちます。

ストラップを引き下げるだけでテレビの固定と取り外し可能なロック機構を搭載しているのも魅力。テレビ裏面の掃除や、完了後の再設置が手軽に行えます。

アマゾンベーシック(AmazonBasics) テレビ壁掛け金具 デュアルアーム 37〜80インチ用 S63A

手頃な価格ながら大画面テレビにも対応できるアームタイプのテレビ壁掛け金具です。優れた耐久性を持つ頑丈なスチールを素材に使用しているのが特徴。シンプルな外観ながら最大約60kgの耐荷重に対応しており、65インチを超える大画面テレビの壁掛けにもおすすめです。

一体型のアームを使って自由に角度を調節できるのもポイント。上下方向は6〜10°の範囲で傾きを調節できるほか、左右方向は180°の旋回が可能なので、好みの場所から快適にテレビの視聴が楽しめます。

付属品が充実しているのも魅力。取り付けに必要な金具とドリル穴テンプレートに加えて、長さ1.8mのHDMIケーブルや日本語の説明書も同梱されています。

テレビ壁掛け金具のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

テレビ壁掛け金具のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。