カフェや喫茶店で飲むような、香り高いコーヒーを味わえる「サイフォン」。熱源や容量など、製品ごとに特徴が異なるため、使いやすさや自分の用途に合わせて選ぶことが大切です。

そこで今回は、サイフォンのおすすめアイテムをピックアップ。選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

サイフォンとは?

By: amazon.co.jp

サイフォンとは、フラスコ内の水を沸騰させて、気圧の変化を利用しながらコーヒーを抽出するアイテムです。サイフォンで淹れるコーヒーは、ロートの中でコーヒー粉と高温のお湯を混ぜながら抽出する「浸漬法」を採用しており、香り高くてまろやかな口当たりを楽しめます。

ドリップ式との違いは味わいです。ドリップ式は、コーヒー粉にお湯を注いで抽出する「透過法」を採用。コーヒーの成分がストレートに溶け出すので、コクのある味わいを楽しめます。一方、サイフォンはコーヒー粉とお湯を一定時間浸すため、ペーパードリップ式よりも味ブレをおさえられるのが魅力です。

サイフォンは、ロートやフラスコなど専用器具を用いてコーヒーを抽出します。ガスやアルコールランプを使用するモデルなら、淡い炎やポコポコと沸騰する心地良い音色を楽しめるのポイントです。

サイフォンの選び方

熱源で選ぶ

ガス

By: amazon.co.jp

ガスタイプは、火のはたらきで加熱します。着火装置が搭載しており、ライターやマッチを使用せずに火を起こすことが可能。ほかの熱源よりも強い火力で加熱できるのも魅力です。

一般的なカセットコンロ用のガスボンベも使用できるモノも存在するため、気軽にサイフォンで抽出したコーヒーを楽しめます。ただし、ガスを使用するときは、周囲に燃えやすいモノを置かず子供の手の届かないように保管するなど、安全面に配慮しましょう。

ハロゲン

By: amazon.co.jp

光の熱でお湯を沸かすタイプです。お湯が美しく輝くため、抽出過程を楽しみたい方にもおすすめ。火力調節や保温機能を搭載するなど、見た目だけではなく機能性に優れたモノも販売されています。

ガスやアルコールランプのように直火を使用しないため、火傷のリスクを減らせるのも特徴です。ただし、ほかの熱源よりも高価な製品が多いので、購入するときは予算も考慮しましょう。

アルコールランプ

By: amazon.co.jp

燃料用アルコールを浸した芯に火をつけて加熱するタイプです。芯の出し方で火加減を調節可能。ラインナップも豊富なので、自分の目的や用途にあった製品を見つけやすいのが魅力です。交換用アルコールも購入しやすいため、燃料が切れてしまっても手軽に補充できます。

アルコールランプは、風の影響を受けて炎が揺れやすいのがデメリット。窓を開けていたりエアコンをつけていたりすると、沸騰するまでに時間がかかってしまう場合もあります。また、着火のためにライターやマッチが必要なので、あらかじめ準備しておきましょう。

電気式

By: thanko.jp

安全かつ手軽にサイフォンを楽しみたいなら、電気式がおすすめ。ガスやアルコールランプのように直火を扱わないので、リスクを減らせるのも魅力です。抽出したコーヒーを冷めにくくする保温機能や、再加熱機能を搭載した製品も登場しています。

ガスボンベやライターなど、消耗品がないので経済的に使い続けられるのもポイントです。一方、直火式のように細かく火力調節ができる製品は多くないため、留意しておきましょう。

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

市販のサイフォンは、1〜5人用が一般的。容量ごとに本体サイズも異なるので、設置場所や人数によって容量を選びましょう。

1人用は、ほかの製品に比べてサイズがコンパクトなので、省スペースでもコーヒーを抽出できます。1人用は使用できる熱源の種類が限られる場合もあるため、対応している熱源を確認しておきましょう。また、コンパクトな製品はロートやフラスコも小さめに設計しされているので、洗いづらいと感じる場合もあります。

使いやすさを求めるなら、2〜3人用がおすすめ。付属品の種類も多く、豊富なラインナップから製品を選択できます。5人用のサイフォンはサイズが大きい分洗いやすいのが特徴。ただし、じっくり時間をかけて抽出するので、苦味が強くなり、濃い味わいになる傾向があります。飲みやすくするために、粗挽きのコーヒー豆や差し湯をして調節してみてください。

付属品の入手しやすさをチェック

By: amazon.co.jp

サイフォンを購入するときは、熱源や容量だけではなく付属品の入手しやすさも大切です。本体のロートやフラスコは主にガラス製のため、落としたりぶつけたりすると割れてしまう場合があります。付属品だけを他社のメーカーに買い替えると、設置できない場合もあるので注意しましょう。

また、交換用パーツは、なるべく同メーカーで揃えるのがおすすめです。製品によっては、販売終了になるケースも珍しくありません。あらかじめメーカーの在庫状況も確認しておくのがおすすめです。

手入れのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

サイフォンは製品ごとに大きさや形状が異なります。コンパクトサイズのサイフォンは少量のコーヒーを抽出するのに適していますが、内部に手を入れて掃除をするのが難しいのがデメリットです。

しっかり手入れができないと、コーヒーのシミや水垢などが付いてしまいます。そのため、サイフォンを選ぶときは、手入れのしやすさも重視しましょう。ボールが広くてスポンジが入りやすい製品なら、抽出後の汚れも落とせます。

サイフォンのおすすめメーカー

ハリオ(HARIO)

By: amazon.co.jp

「ハリオ」は、1921年創業の耐熱ガラスメーカー。耐熱ガラスの技術を活かして、ドリッパー・サーバー・サイフォン・急須などさまざまなアイテムの製造と販売を手がけています。

ハリオのサイフォンは、シンプルデザインで使い勝手に優れているのが特徴です。サイフォン初心者でも手軽に抽出できます。また、交換用パーツの販売もおこなっているので、パーツ単位の購入も可能です。

ボンマック(bonmac)

By: amazon.co.jp

「ボンマック」は「ラッキーコーヒーマシン株式会社」が1982年に立ち上げたブランド。「高品質でリーズナブルな機器開発」をモットーに掲げている通り、コストパフォーマンスに優れた製品が豊富です。

ボンマックは、ラグジュアリーな印象を与えるゴールドカラーのサイフォンなどを販売しています。デザイン性に優れているため、カフェや喫茶店に導入するのもおすすめ。また、シンプルな設計を採用しているため、初めての方でも直感的な操作が可能です。

ツインバード工業(TWINBIRD)

By: twinbird.jp

「ツインバード工業」は、1984年から家電事業を展開している日本の家電メーカー。サイフォンだけでなく、洗濯機・掃除機・ドライヤーなどの家電製品も展開しています。シンプルなデザインの製品が多く、インテリアに馴染みやすいのが特徴です。

ツインバードは、電気式サイフォン「CM-D854BR」を手がけています。アルコールランプやガス式のように直火が発生しないので、火傷のリスクを抑えられるのが魅力です。多機能化が進むなかで、あえてシンプルな設計を採用。余計な装飾を無くすことで、サイフォン特有のクラシックな印象を与えます。

サイフォンのおすすめ製品

ハリオ(HARIO) テクニカ TCA-2

2杯分のコーヒーを抽出できるサイフォンです。熱源はガスバーナーとアルコールランプどちらにも対応しているので、自分の好みに合わせて使い分けられます。容量は約2杯分。コンパクトかつスタンド設計のため、設置しやすいのも魅力。1〜2人用のサイフォンを探している方におすすめです。

上下にクリアなガラスボールを採用。コーヒーの芳醇な香りを漂わせながら、コーヒーを抽出する過程を楽しめます。また、抽出時間が同じであれば、味に差が出にくいのも特徴です。

交換用パーツの販売もおこなっているので、パーツ単位の購入も可能。万が一、上下のガラスボールが破損しても手軽に取り替えられます。

ハリオ(HARIO) モカ MCA-3

ガスバナーとアルコールランプの熱源に対応したサイフォンです。クリアなガラスボールを上下に2つ備えており、じっくり時間をかけて抽出する過程を楽しめます。

容量は約3杯分なので、1〜3人用におすすめ。また、ハリオのコーヒーサイフォンはガラスボールや各部品を単体で販売しているので、部品ごとの交換もできます。さらに、上下のガラスボールと蓋は手で丸洗い可能。コーヒーの色移りやニオイなども落とせます。

ハリオ(HARIO) ミニフォン DA-1SV

スタイリッシュなデザインが特徴の一人用サイフォンです。ほかのシリーズと同様に機能性に優れながら、コンパクト設計を実現。ワンルームのキッチンでも、省スペースでコーヒーを抽出できます。

熱源はアルコールランプとガスによる直火に対応。使用場所や自分の好みに合わせて使い分けられます。メーカー推奨の粒度は中挽き。サイフォンのようにお湯に浸している時間が長い場合、コーヒー豆を細かくしすぎると雑味が出やすくなります。サイフォンで使用するコーヒー豆を挽くときは、少し粗めにするのがおすすめです。

ハリオ(HARIO) ハリオソムリエ SCA-5

ワインのデキャンタージュをモチーフにしたサイフォンです。デザイン性に優れているのが魅力。キッチンのインテリアとしてもおすすめです。スタイリッシュなスタンド設計のため、省スペースに収納できます。

容量は約5杯分。大容量なので、家族用や来客時にも活用できます。上ボールの注ぎ口が大きいため、抽出後にコーヒーの香りが広がりやすいのも魅力です。

熱源は、アルコールランプまたはガスによる直火に対応しています。ガラスのみ食洗機使用可能です。

ボンマック(bonmac) ゴールドサイフォン TCA-3GD-BM

ゴールドのフレームを採用したサイフォンです。レトロかつラグジュアリーな印象を与えるので、キッチンのインテリアとしても活躍します。容量は約3杯用と、1〜3人分のコーヒーを抽出したいときにおすすめです。

熱源はアルコールランプとハロゲンによる抽出が可能。ガラスボール内が鮮やかに輝くので、抽出過程を楽しみたい方にもおすすめです。ただし、アルコールランプの炎は風の影響を受けやすいので、使用するときは窓を閉めたりエアコンを切ったりと対策しましょう。

ツインバード工業(TWINBIRD) サイフォン式 コーヒーメーカー CM-D854BR

電気式のサイフォン式コーヒーメーカーです。ヒーター部はアルコールランプをイメージしたデザインを採用しています。アルコールランプやガス式のように直火を使用しないのも魅力です。

ロート・サーバーはハリオの製品を使用しています。本製品には、かくはん用の竹べらが付属。コーヒー粉とお湯をムラなくかき混ぜられるので、コーヒー本来の味や香りを楽しめます。

コードはマグネット式プラグを採用。万が一、手や足をコードに引っ掛けてしまったときもサイフォン本体からコードが抜けるため、サイフォンが転倒する心配を軽減します。また、サーバーを外すと自動的に電源がオフになるのもポイントです。

ボダム(bodum) イーペボ サイフォン式コーヒーメーカー 1208-01

重厚感のあるデザインが特徴のサイフォンです。本体はステンレス製の二重構造を採用。熱の放出を防ぐため、保温効果に期待できます。持ち手が大きくて握りやすい設計なので、コーヒーを注ぐときにこぼしにくいのも魅力です。

また、ペーパーフィルターやコーヒーカプセルを必要としないため、経済的に使用できます。さらに、ガラス部分は丸洗い可能。食洗機にも対応しているため、家事の時間を短縮できます。

ボダム(bodum) イーペボ サイフォン式コーヒーメーカー 11822-01JP-320

真空ろ過方式を採用した電気式のサイフォンです。高温短時間抽出で、香り高くてすっきりした味わいに仕上がります。容量は0.5Lとカップ約4杯分相当なので、家庭用サイフォンとしてもおすすめです。

本製品は全自動タイプを採用。コーヒー粉と水を入れたら、スイッチを押すだけで抽出可能です。コーヒーに関する知識や抽出技術がなくても、美味しい一杯を味わえます。

また、最大30分の保温機能が搭載しているので、抽出から時間が経っても淹れたての温度と風味を楽しめるのが魅力です。握りやすくて使いやすいソフトラバー製ハンドルを採用するなど、機能性だけではなく利便性にもこだわっています。

BAOSHISHAN コーヒーサイフォンセット TL408

赤外線のはたらきによって加熱するハロゲンタイプのサイフォンです。ハロゲンランプと石英ガラスにより、すばやく蓄熱できるのが特徴。本体に搭載しているノブで、5段階の温度調節が可能です。

容量は約3杯分で、1〜3人分のコーヒーを抽出する場合に適しています。また、耐熱ガラスは約170℃の温度に耐えられるため、安全面に配慮されているのも魅力です。

ほかにも、滑らかな曲線のカップ壁の採用もポイント。コーヒー粉がつきにくく、お手入れが簡単です。

YJINGRUI サイフォンコーヒーメーカー

電気式を採用したサイフォンです。オートタイマー機能を搭載しているので、コーヒーの知識や抽出の技術がなくても美味しい一杯を味わえます。容量は約1〜3人分。フラスコに目盛りがついており、分量をひと目で把握できます。

本体に搭載している操作ボタンは、保温・電源・タイマーキーの3つ。シンプルな操作性で手軽にコーヒーを抽出できます。お茶や紅茶など、さまざまなメニューも作成可能。シンプルな見た目ながら多機能なのも魅力です。

フラスコの底にはシリカゲル製の滑り止めパッドを搭載するなど、安全面にも配慮された設計が施されています。また、パーツは細かく分解できるため、お手入れも簡単です。

VANOW サイフォンポット

アルコールランプの炎でじっくりコーヒーを抽出するサイフォンです。フィルターはステンレス製を採用。コーヒーオイルがフィルターに吸い取られないので、コーヒー豆の香りや味わいをダイレクトに楽しめます。

また、ペーパータイプのように取り替える必要がないため、経済的なのも魅力です。さらに、フラスコにはハンドルを搭載しているので、抽出後にそのままカップにコーヒーを注げます。各パーツは細かく分解できるため、お手入れも簡単です。

本製品で、高温かつじっくり抽出するなら、コーヒー豆は中挽きがおすすめ。雑味をおさえて、芳醇な風味に仕上がります。

サンコー(THANKO) 火を使わない電気式サイフォンコーヒーメーカー おうち純喫茶 CCESCMBK

ヒーターであたためる電気式のサイフォンです。アルコールランプやガス式のように直火を扱わないので、火傷のリスクをおさえられます。容量は約2〜3杯分。保温機能はありませんが、再加熱によって冷めてしまったコーヒーをあたため直せます。

湯温やかくはんの時間を表示する電気プレートを搭載。電源・加熱・再加熱・かくはんなどの操作ボタンを文字で表示しているので、初めての方でも直感的に操作できます。また、自動で電源がオフになるため、切り忘れの心配もありません。

ロートやフラスコは分解可能。奥までスポンジを入れて洗えるため、清潔な状態を保てます。

JACKBAGGIO コーヒーサイフォンポット

レトロかつ高級感のあるデザインが特徴のサイフォンです。熱源はアルコールランプを採用。灯心の周囲には風防がついているので、アルコールランプの弱点である風の影響を受けにくく、じっくり時間をかけてコーヒーを抽出できます。

フラスコにはハンドルが搭載しており、抽出後そのままコーヒーカップに注げます。また、ゴムガスケットやステンレスベースなど、耐久性と安定性のあるパーツが付属しているのも魅力です。

また、フィルター・フラスコ・ロートは取り外し可能。手入れも簡単なので、清潔な状態を保ちやすいのも嬉しいポイントです。

サイフォンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

サイフォンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。